湧々堂HOME 新譜速報 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 歌劇 バロック 廉価盤 シリーズ
旧譜カタログ チャイ5 殿堂入り 交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 歌劇 バロック



EURARTE
(イタリア)


イタリア北部、ロンバルディア州レッコ県ヴァレンナに本拠を置く出版社エウラルテが所有するCDレーベル。



品番 内容 演奏者
EA-0001
イタリア・オルガン紀行ロンバルディア Vol.2〜コモ県
(1)ヤコボ・フォリアーノ(1468-1548):リチェルカーレ
ジョヴァンニ・デ・マック(1584-1613):コンソナンツェ・ストラヴァガンティ
カヴァッツォーニ(1510頃-1577):カンツォーナ「Falt d'argens」
サンドーニ(1680頃-1748):ラルゴとアルマンド
(2)ミラノのナルチーゾ神父(1672-18世紀):パストラーレ
 エレヴァツィオーネ/フーガ/ソナタ
(3)フロリアーノ・アッレスティ(17世紀):リチェルカーレ
サバディーニ(17世紀):グラーヴェ
ポラローリ(17世紀):ソナタ第3番ハ長調
フェローチ(1673-1750):エレヴァツィオーネ
ニコラ・ポルポラ(1686-1768):フーガ
(4)不詳(17世紀):ソナタ
コロンナ(1741-1801):フーガ
ガスパリーニ(1668-1728):エレヴァツィオーネの為のソナタ
ゲラルディスキ(1759-1815):ロンド
(5)ルッケージ(1741-1801):ソナタ第2番
プリアーニ(18世紀):フルート管を伴う完全に協奏的なオルガン・ソナタ
ジンガレッリ(1752-1837):ソナタ ハ長調
(1)録音:ポルレッツァ、チーマ教区教会使用楽器:17世紀、カルロ・ピラーティ派(推定)
(2)録音:ヴァルソルダ、カラヴィーナの聖母教会使用楽器:1685年、カルボーネ製
(3)録音:プレージオ、聖フェデーレ教区教会
使用楽器:1846年、フランチェスコ・カルニージ製
(4)録音:ダマーゾ、聖バルトロメオ&ニコラオ神学校主任司祭教会
使用楽器:1839年、リヴィオ・トルナーギ製
(5)録音:ドンゴ、聖ステファノ神学校使用楽器:1856年、セラッシ製

録音時期:データ記載なし
発売:2000年
EA-0004
マルティーニ(1706-1784):オルガン・ソナタ集
ソナタ ニ長調/ソナタ ハ長調
エレヴァツィオーネ変ホ長調
オルガン・ソナタ ハ長調
エレヴァツィオーネ ヘ長調
ポストコムニオ ヘ長調
パストラーレ ハ長調
フルート管を伴うオルガン・ソナタ ヘ長調
エレヴァツィオーネ ヘ長調
オルガン・ソナタ ヘ長調
ポストコムニオ ハ長調
エレヴァツィオーネの為のソナタ ト短調
ポストコムニオ変ロ長調
エレヴァツィオーネ ト短調
ポストコムニオ変ロ長調
フルート管を伴うオルガン・ソナタ ハ長調
エンニオ・コミネッティ(Org)

録音:2000年9月5-7日、モンテカッシアーノ(イタリア)、聖マリア被昇天教会
使用楽器:1775年、カッリード製Op.104
ジョヴァンニ・バッティスタ・マルティーニはボローニャで活躍した作曲家・音楽理論家・神父。モーツァルトの対位法の師でもあります。
EA-0007
不協和音イタリアの現代音楽作品集 Vol.1
(1)サルチーナ(1963-):ディヴェルティスマン(クラリネット、トランペット、ヴァイオリン、ファゴットとチェロの為の)
(2)ダミアーナ・ナターリ(1969-):Movimenti(ピアノの為の)〜リコルド(1992)/アストラーレ(1992)
ムスタファの為の子守歌(ピアノの為の)
(3)マンセルヴィージ:アリア・スピリトゥアーレ(オルガンの為の)
(4)アルベルト・パトロン(1969-):省略(トランペットの為の)
(5)マルコ・モナルディ:スケッチ(ピアノの為の)
(6)ステファノ・ボニラウリ(1964-):練習曲第3番(チェロの為の)
(7)ベッリッシモ(1968-):トッカータ(オルガンの為の)
(8)ジリオーニ(1955-):アルペッジョ(ピアノの為の)
(9)マルコ・テントーリ:1111(電子音&コンクレート作品)
(10)サーラ・トルクアーティ:エヴォケイション(アルトフルートとコントラバスの為の;1997)
(11)フルジェーリ(1935-):小カンタータ(ソプラノ、テノール、バリトン、弦楽、フルートチェンバロの為の)
(12)シルヴェストリーニ:不平(バリトンサクソフォンの為の)
(1)アンサンブル・イアヌア・コエリ
(2ダミアーナ・ナターリ(P)
(3)ダニエラ・コッリアス(Org)
(4)ディエゴ・カル(Tp)
(5)マルコ・モナルディ(P)
(6)マッテオ・マラゴーリ(Vc)
(7)ルーカ・ポッラストリ(Org)
(8)パオロ・ズッコッティ(P)
(9)マルコ・テントーリ(制作)
(10)モニカ・リモンジェッリ(アルトフルート)ダニエーレ・メンカレッリ(Cb)
(11)ボローニャ市立劇場ファルベンメロディー・アンサンブル
ピエトロ・ヴェネーリ(指)
(12)マッシモ・マッツォーニ(バリトンサクソフォン)

録音:データ記載なし
発売:2001年
EA-0010
スピリチュアル&クリスマス・ソング
Nobody knows the trouble I've seen 1 / Joshua fought the battle of Jerico 1
Sussex Carol / The First Nowell 1 / Torches (Joubert)
Go tell in the mountain / Lullay, thou little tiny child
Nobody knows the trouble I've seen 2 / Joshua fought the battle of Jerico 2
I got a home in A-that rock 1 / Sans day Carol / Jingle Bells (Pierpoint)
The First Nowell 2 / I got a Home in A-that rock 2
Sometimes I feel like a motherless child / Go down Moses
Preghiera (Cappelletti)
アッリーゴ・カッペレッティ(P)

録音:データ記載なし
発売:2001年
イタリア出身で世界的に活躍しているのジャズ・ピアニスト兼作曲家アッリーゴ・カッペレッティ(1949年生まれ、同姓同名のクラシック作曲家とはもちろん別人)の編曲(最後の曲は自作)と演奏による黒人霊歌とクリスマス・キャロルの数々。
EA-0012
教会アリア集
モンテヴェルディ:サルヴェ・レジナ
フレスコバルディ:十字架の下のマッダレーナ
ストラデッラ:憐れみたまえ、主よ
ロッシーニ:アヴェ・マリア
シューベルト:アヴェ・マリア
ケルビーニ:アヴェ・マリア
バッハ(グノー編):アヴェ・マリア
トスティ:アヴェ・マリア
ヴェルディ:アヴェ・マリア
サン・サーンス:アヴェ・マリア
フランク:天使の糧
レーガー:マリアの子守歌
レオナルド・アンドレオッティ(T)
シモーネ・ヴァレーリ(Org)

録音:ラパッロ(イタリア)、聖ジェルヴァージオ&プロタージオ・バジリカ教会、時期記載なし
使用楽器:1942年、フラテッリ・マリン製
EA-0014
不協和音イタリアの現代音楽作品集 Vol.2
(1)フランチェスコ・キアーリ(1958-):Vargold(フルート、アルトフルートとチェロの為の;1958)
(2)アントニオ・フライオーリ(1966-):リズム・チェンジ(クラリネットの為の;1999)
(3)アウレリオ・イアコレンナ(1953-):グレゴリオ聖歌の主題による3つの小品(オルガンの為の)
(4)ピコーネ:ギターの為の3つの練習曲
(5)オルネッラ・グイーディ:ミモザ(フルートの為の;1988)
(6)レナータ・ツァッティ(1932-):ピアノ、ヴァイオリンとチェロの為の組曲
(7)レナータ・ツァッティ:あなたの眼差し(アルトフルートと声の為の)
キアーラ・ドルチーニ・ガヤトリー(アルトフルート、声)
(8)ルチアーノ・ロッロ(1969-):ギターの為の組曲「一日」
(9)エンリコ・レンナ(1952-):変化 第2番(電子音の為の)
(1)マウリツィオ・サレッティ(Fl、アルトFl)
エンリコ・ブロンツィ(Vc)
(2)アントニオ・フライオーリ(Cl)
(3)アウレリオ・イアコレンナ(Org)
(4)ジャンルイジ・ピコーネ(G)
(5)キアーラ・ドルチーニ・ガヤトリー(Fl)
(6)レナータ・ツァッティ(P)
アンドレ・マルティン(Vn)
ジャニーヌ・フベール(Vc)
(7)キアーラ・ドルチーニ・ガヤトリー(アルトFl、声)
(8)ルチアーノ・ロッロ(G)

(9)エンリコ・レンナ(制作)

録音:1984年、1999-2002年
EA-0028
オルガンの色彩
ミケル・アンジェロ・ロッシ(1600頃-1656):2つのコッレンテ
不詳(17世紀):パストラーレ
 4つのヴァーセット
ヤコボ・フォリアーノ(1468-1548):リチェルカーダ
ヨゼフ・ゼーガー(1716-1782):クリスマスのフーガ
ベンジャミン・カー(1769-1782):シチリアの聖歌による変奏曲
フォルトゥナート・ケッレーリ(1690-1757):パルティア・パストラーリス
カヴァッツォーニ(1510頃-1577以後):イエス、乙女らの花冠
フランチェスコ・フェローチ(1637-1750):Elevazione in Gsolreut 3b
カヴァッツォーニ:アヴェ・マリス・ステラ(めでたし、海の星)
パガネッリ(1710-1763頃):エレヴァツィオーネによるアリア
ドメニコ・ロニョーニ・"タエッジョ"(16世紀後半-1626頃):カンツォーネ・ダ・ソナール
フレスコバルディ:トッカータ集第2巻 から トッカータ第2番
不詳(17世紀):パヴァーナ
ブリクシ(1732-1771):パストレッラ
エンニオ・コミネッティ(Org)

録音:2004年11月23日、レッジューノ、サッソの聖カテリーナ隠修士修道院
使用楽器:1783年、ドメニコ・アントニオ・ロッシ製(ポジティヴ・オルガン)
EA-0030
イタリア・オルガン紀行ロンバルディア Vol.5〜ローディ県

(1)カヴァッツォーニ(1510頃-1565):証聖者は(賛歌)
アッレスティ(1619-1701):「パンジェ・リングア」によるソナタ=エレヴァツィオーネ
ピッチンニ(1728-1800):オルガンの為のシンフォニア(歌劇「良い娘」序曲)
ゲラルデスキ(1759-1815):ポストコムニオ
不詳(19世紀、ピストイア):平易なミサ から オフェルトリウム
 エレヴァツィオーネ/ポストコムニオ

(2)ジュスティニアーニ(1632頃-):ソナタ(トッカータとフーガ)
フェナローリ(1730-1818):娯楽
アンジェロ・カテラーニ(1811-1866):アダージョ変イ長調
 ピエーノ ト長調/アダージョ イ長調
カンドッティ(1809-1876):「タンクレディ」によるフーガ
ドルジアーニ(1830/1840-?):行進曲
(3)ペシェッティ(1704-1766):ソナタ ハ短調
カンドッティ:アダージョ
エンリコ・ドルジアーニ:アンダンテ
カルロ・フマガッリ(1822-1907):ヴェルディの「椿姫」によるエレヴァツィオーネ
アドルフ・ルボー(1835-1906):ヴェルディの「レクイエム」のレクイエム・エテルナム
カルロ・フマガッリ:ヴェルディの「ジョヴァンナ・ディ・グズマン」によるオフェルトリウム
エンニオ・コミネッティ(Org)

使用楽器(1)1793年、フラテッリ・キエザ製

(2)使用楽器:18世紀後半、アンジェロ・カヴァッリ製

(3)使用楽器:1872年、ルイージ・リッカルディ製

録音:2005年1月31日、2月7日

※バーコードがミスプリントされております。修正されずに出荷されますのでご注意ください。
EA-0031
イタリア・オルガン紀行ロンバルディア Vol.6〜ブレシア県
(1)バッサーニ(1647頃-1716):ヴォランタリー
ヴァレーリ:オルガン・ソナタ
 ヴァーセット/ソナタ第5番(ロンド)
ツィポーリ(1688-1726):オフェルトリウムに
ヴェッキオッティ(1804-1836):オルガン・ソナタ

(2)パンパーニ(1705頃-1775):トッカータ
ブルネッティ(1760-1837):エレヴァツィオーネ
チェルヴェッリーニ(18世紀):ソナタ
サンドーニ(1680-1748):ソナタ第1番

(3)ドメニコ・プッチーニ(1771-1815):ソナタ第9番
ロッシーニ(ドルジアーニ編):慈愛
不詳(19世紀):ポルカ/大オルガンの為の行進曲
ベッリーニ:トッカータ

(4)ベルガモのダヴィデ神父(1791-1863):エレヴァツィオーネ
P・アントニオ・カジーニ(19世紀):ポスト・コムニオ
クイリーチ(1824-1896):書簡朗読の為のアレグレット
 エレヴァツィオーネの為のアンダンティーノ
 オフェルトリウムの為のソナタ
エンニオ・コミネッティ(Org)

使用楽器:(1)1842年、カルロ&ルイージ・ペロリーニ製
(2)使用楽器:1897年、エジディオ・ズグリッタ製
(3)使用楽器:1872年、トノーリ製
(4)使用楽器:1857年、セラッシ製


録音:2005年5月26日、6月13、22日
EA-0032
フルジェーリ(1935-):ピアノ作品集
ピアノ組曲(1960)*
ジョコンダの為の組曲(1965)+
ジュヴェニリア(四手連弾の為の;1980)#
あるセクエンツァによる変奏曲(1992)**
狂詩曲風(2000)++
イラリアの為の8つの小品(第2版;2003)から##
フェデリコの為の8つの音楽的スケッチ(四手連弾の為の;2003)(+/*)
リーナ・チェッリーニ(P)*
ジョヴァンナ・ムジアーニ(P)+
アンドレア・サルティーニ(P(#/##))
アンドレア・カルヴァーニ(P(#/##))
カルロ・マッツォーリ(P)**
チエ・アワカワ=イマイオ++
モニカ・ペトリッロ(P)##9

録音:データ記載なし
発売:2006年
ビアンカマリア・フルジェーリはイタリア北西部のロヴィーゴに生まれ、ゲディーニ(1892-1965)らに師事した作曲家・ピアニスト・オルガニスト・音楽教育者。##は四手連弾曲と独奏曲が混在する曲集
EA-0034
オルガンによる結婚式の為の名曲集
ヘンデル:水上の音楽〜プロセッショナル/アンダンテ
ヴィヴァルディ:「四季」より 「冬」のラルゴ
マルチェッロ:協奏曲ハ短調〜アダージョ
ヘンデル:歌劇「シピオーネ」より 行進曲
ウェスリー(1766-1837):アリアとガヴォット
バッハ:管弦楽組曲第2番〜アリア
シャルパンティエ:テ・デウム〜前奏曲
ヘンデル:合奏協奏曲Op.6-12〜ラルゲット
バッハ(グノー編):アヴェ・マリア
ワーグナー:歌劇「ローエングリン」より 結婚行進曲
アルビノーニ(ジャゾット編):アダージョ
ヘンデル:「セルセ」〜ラルゴ
バッハ:チェンバロ協奏曲第5番〜ラルゴ
シューマン:トロイメライ
フランク:大合唱曲
モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス
不詳(18世紀):ロマンス
メンデルスゾーン:「真夏の夜の夢」〜 結婚行進曲
フランク:ミサ.イ長調〜天使の糧
シューベルト:アヴェ・マリア
モリコーネ:映画「ミッション」より ガブリエルのオーボエ
ヘンデル:王宮の花火の音楽〜フィナーレ
エンニオ・コミネッティ(Org)

録音:2006年3月22日、バルツィオ(イタリア)、聖アレッサンドロ教会
使用楽器:1978年、ヴィンチェンツォ・マショーニ製Op.1016
EA-0055
祝日のオルガン
ゴンザレス(1764-1830):ソナタ ト長調
マイール(1763-1845):オルガンの為の2つのヴァーセット
コリーニ(1805-1865):オルガンの為のマリーニ風アダージョ
ペッツォーリ(1817-1874):3つのリピエーノ〔第2番/第4番/第11番〕
ウィリアム・クロフト(1678-1727):トランペット・コラール
アルビノーニ:協奏曲Op.6-4〜アダージョ
ヘンデル:組曲第5番 HWV430〜アリア
シュテルツェル(1690-1749):あなたは私とともにある(アリア)
ヴェラチーニ(1690-1768):ヴァイオリンと通奏低音の為のソナタOp.2-4〜ラルゴ
モレッティ(1763-1821):オルガンのためにリダクションされたモーツァルトのソナタ
カルロ・フマガッリ(1822-1907):ヴェルディの歌劇によるオルガン・ミサ・ソレムニス
グローリアの為のヴァーセット
「椿姫」によるオフェルトリウム
「椿姫」によるエレヴァツィオーネ
「シチリア島の夕べの祈り」による聖体拝領
「アイーダ」によるミサ後の為の行進曲
エンニオ・コミネッティ(Org)

録音:2008年6月11日、7月7日、ゴットロ・ディ・カルラッツォ(イタリア)、教区教会
使用楽器:1858年、セラッシ製Op.653
気軽なタイトルにしてはマニアックな珍曲を取り揃えたアルバムです。
EA-0064
バッハ:オルガン作品集
カンツォーナ ニ短調 BWV588
アッラ・ブレーヴェ ニ長調 BWV589
パストレッラ ヘ長調 BWV590
私は心から願う(コラール前奏曲)BWV727
甘き喜びのうちに(コラール前奏曲)BWV729
私を憐れんでくださいおお主である神よ(コラール前奏曲)BWV721
私の魂は主をたたえる(コラール前奏曲)BWV733
最愛のイエスよ私たちはここに(コラール前奏曲)BWV731
コレッリの主題によるフーガ ロ短調 BWV579
来たれ異教徒の救い主よ(コラール前奏曲)BWV659
前奏曲とフーガ.ヘ短調 BWV534
オルガン小品 BWV572
エンニオ・コミネッティ(Org)

録音:2009年3月26、30日、ヴァレンナ(イタリア)、聖ジョルジョ司教座聖堂首席司祭教会
使用楽器:1988年、マショーニ製Op.1092
EA-0065
バンキエーリ(1568-1634):オルガン奏法
「オルガン奏法」第1版(1605)
[第1レジストロ]
ソナタ第1番、変格フーガ/ソナタ第2番、三重フーガ
ソナタ第3番、荘重なフーガ/ソナタ第4番、半音階的フーガ
ソナタ第5番、和声的フーガ/第6番、三重フーガ
ソナタ第7番、四分音階的フーガ/ソナタ第8番、フランスのアリアによる
[第2レジストロ]
ソナタ第1番、Ingresso d'vn ripieno
ソナタ第2番、フランスのアリアによる真正のフーガ
ソナタ第3番、対話による/ソナタ第4番、カプリッチョ
ソナタ第5番、フランスのアリアによる、模倣フーガ
[第4レジストロ]
カプリッチョ第1番/カプリッチョ第2番/カプリッチョ第3番
カプリッチョ第4番/デオ・グラツィアスの為のリピエーノ第1番
デオ・グラツィアスの為のリピエーノ第2番
「オルガン奏法」第2巻(1611)
[第5レジストロ]
リチェルカータ第1旋法、使徒のキリエによる
リチェルカータ第2旋法、sopra dui Suggietti/リチェルカータ第3&第4旋法
イタリアのカンツォーネ第1番/イタリアのカンツォーネ第2番
ファンタジア第12旋法または第6旋法+
第11旋法または真正第5旋法への変格
フランス風カンツォーネ第2番/対話 第1番、Acuto & Sopr'acuto
対話 第2番、Acuto & Graue/戦い[La Battaglia]
「オルガン奏法」第3版(1622)
[主日のミサ]*
キリエ、クリステ、キリエ/グローリア/サンクトゥス/アニュス・デイ
イテ・ミサ・エスト−デオ・グラツィアス
Sonata Graue col Principale Alla Leuatione
ビザリア第1旋法、al Graduale col Flauto. All'Ottaua
ビザリア第2旋法、Alla Quarta per il Flauto in duodecima
ファンタジア第7&第8旋法、模倣フーガ
ファンタジア第10&第11旋法、Fuga corrispondente
[第6レジストロ]
ソナタ第1番/ソナタ第2番/ソナタ第3番、スケルツォ
ソナタ第4番、スケルツォ
エンリコ・デ・カピターニ(グレゴリオ聖歌歌唱*)
エンニオ・コミネッティ(Org)

録音:2009年11月5日、12月15、30日、コンシーリオ・ディ・ルーモ(イタリア)、
ブレンツィオ、洗礼者聖ジョヴァンニ教会
使用楽器:17世紀後半、カルロ・プラーティ製
ボローニャに生まれたイタリア・ルネサンス末期からバロック初期を代表する作曲家の一人であるバンキエーリ。優れたオルガニストであり音楽理論家でもあった彼のオルガン曲集「オルガン奏法」は4版を重ねました。第1版から第3版までは内容が微妙に異なっています(死後出版の第4版(1638)の内容は第3版と同じ)が、当盤では出版された全楽曲が重複なく揃うよう工夫されています。

EA-0066
アヴェ・マリア
サン・サーンス:オルガンまたはハルモニウムの為の9つの小品 から 行列*
ヴァヴィロフ(1925-1973):カッチーニのアヴェ・マリア
アルカデルト(1504頃-1568):アヴェ・マリア
ドゥランテ(1684-1755):愛に満ちた処女よ
カレガーリ(1863-1952):トッカータ*
サン=サーンス:アヴェ・マリア
バッハ(グノー編):アヴェ・マリア
デランドル(1840-1911):アヴェ・マリア
オーギュスト・デュラン(1830-1909):アヴェ・マリア
フランク:アヴェ・マリア
サン=サーンス:オルガンまたはハルモニウムの為の9つの小品〜エレヴァツィオーネ*
ケルビーニ:アヴェ・マリア
ヴェルディ:アヴェ・マリア
メルカダンテ:めでたし、マリア
プッチーニ:めでたし、元后[Salve, Regina]
シューベルト:アヴェ・マリアOp.52-6
ボッティリェーロ(1864-1937):神に歓呼せよ[Exultate Deo](オルガン独奏の為の行進曲)Op.45-3*
パオラ・サングィネッティ(S)(*以外)
エンニオ・コミネッティ(Org)

録音:2010年5月31日、7月14日、9月8日、モンテヴェッキア(イタリア)、カルメロの聖母教会
使用楽器:18世紀終わり−19世紀初め、伝エウジェニオ・ビロルディ製
パオラ・サングィネッティはイタリアのパルマに生まれ、同地のアリゴ・ボーイト音楽院で学んだソプラノ。1994年の第15回マッティア・バッティスティーニ国際コンクールで優勝し、1997年から2005年までアンドレア・ボチェッリ(T)のワールド・ツアーに同行しました。

このページのトップへ


このサイト内の湧々堂オリジナル・コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
これを複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます
万一、これと類似するものを他でお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです




Copyright (C)2004 WAKUWAKUDO All Rights Reserved.