湧々堂HOME 新譜速報: 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック 廉価盤 シリーズもの マニア向け  
殿堂入り:交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック SALE!! レーベル・カタログ チャイ5



MEGADISC CLASSICS
(ベルギー)



※「単価=¥0」と表示されるアイテムは廃盤です

※表示価格は、全て税込み。品番結尾に特に表記のないものは、全て1CDです。
品番 内容 演奏家
MDC-7795
クリスティアン・ザネジ(1952-):列車を伴う電子的風景
オーディオ・ヴィザージュ [Audio Visage] (2004)
アンビアンス・マティス [Ambiance Matisse] (2010/2012)
列車を伴う電子的風景 [Paysage electronique avec train] (2006/2014)
クリスティアン・ザネジ(電子音楽制作)
クリスティアン・ザネジはパリ音楽院でピエール・シェフェール他に師事したフランスの作曲家。1977年より「フランス音楽研究グループ」(GRM)に参加し電子音楽に取り組み、CDによる作品発表、ラジオ放送、音楽イヴェント等で活躍を続けています。2015年現在 GRMの芸術監督を務めています。
MDC-7796
ピエール・ブーレーズ:弦楽四重奏の為の書(1948-1949、1954/改訂版;2012)
Ia / Ib / II / IIIa / IIIb / IIIc / V / VI
ディオティマSQ
[ユン・ペン・チャオ、ギヨーム・ラトゥール(Vn)、フランク・シュヴァリエ(Va)
ピエール・モルレ(Vc)]

録音:2014年2月、スタジオ・アクースティク、パッサヴァン・ミュージック、フランス
ブーレーズが弦楽四重奏のために書いた唯一の作品である「弦楽四重奏の為の書」。作曲から60年を経た2011年、ブーレーズはディオティマSQの申し出によりこの作品の最終改訂に取り組み、これが彼がスコアに向かった最後の仕事のひとつとなりました。ディオティマSQは1996年パリ音楽院の受賞者たちにより創設。
MDC-7801
ジョン・ケージ:14-7-10-3
フォーティーン(1990)〜Pf,Fl、
picc&bass,Cl,B-Cl,Hrn,Trp,2Perc,2Vn,Va,Vc,Cb、
セヴン(1988)〜Fl,cl,Perc,Pf,Vn,Va,Vc、
テン(1991)〜Fl,Ob,Cl,Trb,Perc,Pf,2Vn,Va,Vc、
スリー(1991)〜3Perc
ザ・バートン・ワークショップ

録音:2002-2005年
オランダの現代音楽アンサンブル、バートン・ワークショップは、ケージの、数字だけの風変わりなタイトルの作品シリーズ第3弾。数字はどれも演奏者の数を表していて、編成によっていくらか様相は異なるがいずれも全楽器のトゥッティはなく、2、3の楽器が少しずつ弱音で長い音符を奏でてゆく瞑想的な音楽。THREEは3人の打楽器奏者のための作品ですが、シュールな音が最弱音で延々と続きます。こんな音楽だがケージが純然たる打楽器作品を書いたのは久しぶりでした。
MDC-7802
アレクサンドル・ラビノヴィチ=バラコフスキー:協奏交響曲「マイトゥーナ」、
協奏交響曲「ジアオ」〜弦楽オーケストラ,増幅されたヴィブラフォン,鐘,チェレスタ,クラヴィノヴァのための*
ラビノヴィチ=バラコフスキー(指)パドヴァ・ヴェネトO、
ジャン=ポール・デシー(指)ムジク・ヌーヴェル・アンサンブル*

録音:2005年12月17日ミラノ、ライヴ、2004年2月8日*、ベルギー、ライヴ
ラビノヴィチはアルゲリッチとの共演でも知られる作曲家、ピアニスト、指揮者で、最近は何故かラビノヴィチ=バラコフスキーと名乗っている。このアルバムはMEGADISCレーベルでの5枚目の作品集。今回はインドの宗教的なタイトルの作品です。タントラ教は、世界最古の信仰とされ、性愛(性交)を通し、宇宙の最高真理を知る事を目的としているそうですが、実際の音はいつものラビノヴィチ節でミニマルぽくチャカチャカと軽やかに明るく鳴っている作品です。
MDC-7815
ジョン・ケージ:ザ・ファイヴズ(X)FIVE〜任意の5つの楽器のための(この録音では5つのクラリネットで演奏)(1988)、
FIVE[2]〜イングリッシュ・ホルン,2つのクラリネット,バス・クラリネット,ティンパニーのための(1991)
FIVE[3]〜トロンボーンと弦楽四重奏のための(1991)、
FIVE[4]〜ソプラノ・サックス,アルト・サックス,3つの打楽器のための(1991)、
FIVE[5]〜フルート,2つのクラリネット・バス・クラリネット,打楽器のための(1991)
ザ・バルトン・ワークショップ

録音:1999〜2001年
MDC-7818
ドミー・スミルノフ(1948〜):無伴奏チェロのためのエレジー(デニソフの思い出に)Op.97a、
運命の弦(ピアノ・ソナタ第4番)Op.124、
「Es Ist...」(ヴァイオリン・ソナタ第3番)Op.109、
ピアノ三重奏曲Op.23、チェロ・ソナタOp.25、
無伴奏ヴァイオリンのための後奏曲Op.112
パトリシア・コパチンスカヤ(Vn)
アレクサンドル・イワーシキン(Vc)、
イワン・ソコロフ(P)

録音:2001年モスクワ
ベラルーシ、ミンスク生まれのスミルノフは、モスクワ音楽院で作曲をシデルニコフ、管弦楽法をデニソフに師事。3つの交響曲を含む管弦楽曲や歌曲(なんと石川啄木による作品もある!)を中心に精力的に作曲していますが、このアルバムは真摯で静謐な室内楽を集めています。
MDC-7819
ウラディミル・トンハの芸術
スシリン:無伴奏チェロ・ソナタ「理性に反する歌」、
2つのチェロのためのマドリガル、
グバイドゥーリナ:4つのチェロのための4分の1、
10のプレリュード
ウラディミル・トンハ(Vc)
エレーナ・ジュリオヴァ(Vc)他
MDC-7820
リゲティ/ガムランジェルジ・リゲティ:前奏曲集第2巻(1988〜1994 全8曲)、
ガムラン及びケチャ作品(ジャヤ・セメラ序曲、セカール・ジャガット、ケチャ・コーラス、バロング・ドラゴン・ダンス、センドラ・ワッシー)
ヤン・ミチエルス(P)
イ・マデ・バンデム(指)
ゴング・ケビャール・ガムラン・オーケストラ
MDC-7821
リゲティ/バンダ・リンダジェルジ・リゲティ:前奏曲集第1巻(1985 全6曲)、
バンダ・リンダ作品集
(Automne a Varsovie 、Asia U、
Ngouliwa、Techbou
Gandja Tchegate、Akipalia、
Yekezoumo、kroko-Techpakada)
ヤン・ミチエルス(P)
オンド・トゴロデ
(中央アフリカの音楽バンダ・リンダを演奏)
上記2点は、リゲティのピアノ前奏曲と民族音楽をカップリングした興味深いアルバム。
MDC-7822
アレクサンドル・ラヴィノヴィッチ作品集第2弾
時間(4つの増幅楽器のための音楽)、
航海のお話(四重奏のための)
ペルペトゥーム・モービル(増幅チェロとピアノ)、
エクスプレッシヴ・ミュージック(ピアノのための)
マルタ・アルゲリッチ(増幅チェレスタ)
ルシア・ホール(増幅ヴァイオリン)
マルク・ドロヴィンスキー(増幅チェロ)
アレクサンドル・ラヴィノヴィッチ(増幅ピアノ)等
MDC-7831に続く好評のラヴィノヴィッチ作品集第2弾。1曲だけですが、今回もアルゲリッチが参加しています。
MDC-7823(2CD)
ルック・ヴァン・ホーヴ:管弦楽作品集
浜辺のカーニヴァル、
交響曲第2番、ピアノ協奏曲、
トリプティーク(オーボエ協奏曲)、
積み重ねられた時間(エレキ・ギター協奏曲)
エティエンヌ・ジーベンス(指)
フランダースRSO
MDC-7825
アレクサンドル・ラスカートフ作品集
ゲベト(ユダヤの祈祷)、小道の終わりにバラを見るであろう、
儀式
エレナ・ヴァシリエヴァ(S、Perc)
ダネルSQ
MDC-7826
アーヴェト・テルテリャン(1929〜94):交響曲第7、8番 ドミトリ・リス(指)ウラルPO
録音:1999年8月、9月
テルテリャン最後の交響曲。ドン・ドン・ドンと太鼓のような音で開始。大音響と静謐。これぞ現代音楽といいたい過激な世界。演奏者のリス指揮ウラル・フィルは、来日公演も行い、日本人作曲家作品等で話題をさらいました。
MDC-7827(2CD)
リュック・ブレヴァエス:CHAMP D’ACTION、
TALISKER
ケッセルス(指)
CHAMP d’Action(室内アンサンブル)
MDC-7829(2CD)
AMOR(T)〜 カレル・ゴイエヴァエルツ作品集 ケッセルス(指)
ヴィリニュス市立合唱団、
CHAMP d’Action、タヴェルナ(指)BRT響他
MDC-7831
アレクサンドル・ラヴィノヴィッチ作品集
(1)“呪文”(1996年)、
(2)“アポロの白鳥の歌”(1996年)、
(3)“素晴らしき音楽”(1977年)、
(4)“愛の歌”(1980年)
(1)マルタ・アルゲリッチ(チェレスタ、増幅ピアノ)、
神谷百子、和田みつよ、小林なおあき、村瀬秀美(Perc)、鈴木大介(電子G )1998/5/28東京芸術劇場ライヴ、
(2)戸田弥生(Vn)、アルゲリッチ(増幅ピアノ)、ラヴィノヴィッチ(P) 1997/7/12オーチャードホールライヴ、
(3)レーヘル(指)ブタペストRSO 1977/10/9、
(4)アルゲリッチ、ラヴィノヴィッチ(P) 1993/11/24 ベルン
共演者としてもアルゲリッチの信頼あついアレクサンドル・ラヴィノヴィッチ。彼の音楽活動のもう一方の柱、作曲から名作を集めました。このCDはアルゲリッチがほとんどの作品に参加!しかも他では聴けない増幅ピアノやチェレスタを弾いた超レアもの。抜群の技巧と情熱で一気に聞かせます。「呪文」における共演者の豪華なこと!曲調はナイマン風だったり、ストラヴィンスキー風だったりと愛らしい作品ばかりで聴きやすいものです。
MDC-7832
ヴァレンティン・シルヴェストロフ:Stufen〜ヴォーカルとピアノのための作品集他 アレクセイ・リュビモフ(P)、
ジャナ・イヴァニロヴァ(声)、
シルヴェストロフ(p)
MDC-7833
ヴィム・ヘンドリックス:RAGA’S(ラガT〜V) レウェリン(指)ロイヤル・フランダースPO、
デ・ネヴェ(Va)、フランソワ(Perc)
MDC-7834
ルカ・フランチェスコーニ作品集
アンコール/ダカーポ、ソロピアノのためのダカーポ(九つの楽器のための)、マンボ(ピアノのための)アテッサ(金管五重奏のための)、(ソロ・ヴィオラのための)チャーリー・チャン(ソロ・ヴィオラのための)、フィクションの中のプロット(オーボエ、イングリッシュ・ホルンと11の楽器のための)
オクトルス(指)、デ・クラーク(Va)、
プルヴィエ(p)、ヴァン・ボックスタル(Ob)、
イクトゥス(室内アンサンブル)
1956年ミラノ生まれ。シュトックハウゼン、ベリオに師事。アルディッティSQをはじめとするいくつもの名門団体が彼の作品を演奏しました。作風は明るい気風とジャズの影響があり、聴きやすいもの。
MDC-7835
マグヌス・リンドベルイ:リレーテッド・ロックス(2台ノピアノ、2人の打楽器奏者、エレクトロニクスのための)、
クラリネット五重奏曲
イクトゥス(室内アンサンブル)
MDC-7836
ヴァレンティン・シルヴェストロフ:交響曲第5番、
エクセギ・モヌメントム(バリトンと管弦楽のための交響曲)
アンドレイ・ボレイコ(指)ウラルPO、
セルゲイ・ヤコヴェンコ(Br)
MDC-7837
ヴァレンティン・シルヴェストロフ:交響曲第4番、
モノディア、ポストルディウム
アンドレイ・ボレイコ(指)ウラルPO、
イヴァン・ソコロフ(P)
MDC-7838
ウラディミル・タルノポルスキ:カッサンドラ、
アインドルック=アウスドルックU、
過ぎし日のエコー、
イエス・あなたの深い苦しみ
イーゴリ・ドロノフ(指)
スタジオ・フォー・ニューミュージック、
ヴィノグラドフ(指)
モスクワ・ソリスト・アンサンブル
MDC-7839
ティグラム・マンスリアン:チェロ・ソロのためのカプリッチョ、
五つのバガデル、二つのマドリガル、サッシュの影
イーゴリ・ドロノフ(指)
スタジオ・フォー・ニューミュージック
MDC-7840(2CD)
ヴァレンティン・シルヴェストロフ:沈黙の歌(Silent songs) アレクセイ・リュビモス(P)、
アレクセイ・マルティノフ(声)
MDC-7842
ヴァレンティン・シルヴェストロフ:カンタータ集カンタータ(1973)、夜鳴きうぐいすへの賛歌、カンタータ(1977)、ディプティク(1995) ヴィルコ・バレイ(指)キエフ・カメラータ、
サヴチュク(指)ウクライナ国立cho
1937年キエフ生まれ。マニアにはその怪異な容貌とともに知られている。現代音楽の魅力が詰まっている。
MDC-7843
Bereft of a blissful union
1996年2月29日ブリュッセル・ルナ劇場初演(バレエ音楽:ペーター・フェルメーシュ、ジョルジュ・ヴァン・ダム)
X-Legged-Sally(ジャズ七重奏)、
スミス四重奏団
MDC-7844
アレクサンドル・クナイフェル:愚かな馬ロストロポーヴィチのお友達作曲家で一時話題になったクナイフェルの物語歌曲 タチアナ・ミレンティエヴァ(S)、
オレグ・マロフ(P)
MDC-7845
カレル・ゴイエヴァエルツ:連続的作品集
ソナタ第1番、作品2,3、コンポジティ第4,5,6,7番
チェルソ・アントネス(指)シャンプ・ダクション
MDC-7846
アレクサンドル・ラヴィノヴィッチ:暗黒の潮流のためのレクイエム、他 アレクサンドル・ラヴィノッチ(P)
ボルスト(S)、マルカレス(Perc)
ドロヴィンスキー(Vc)
MDC-7847
パトリック・デ・クレルク:カントT〜V、北のエレジー、
カント・ダンゲロ
イーゴリ・ドロノフ(指)
スタジオ・フォー・ニューミュージック
MDC-7848
カレル・ゴイエヴァエルツ:ピアノソロとピアノを含む室内楽作品集 ジャン・ミシェルス(P)IKHOORトリオ、他
MDC-7849
アレクサンドル・ヴスティン:言葉、
10のための音楽、
息子へ、ヒロイック・ララバイ他
イーゴリ・ドロノフ(指)
スタジオ・フォー・ニューミュージック
MDC-7852
ファラディ・カラーエフ:ポストルディア(2台のピアノ版、アンサンブル版)、
ジョージ・クラムへのクラム・オヴ・ミュージック、
痛ましい夜の音
イーゴリ・ドロノフ(指)
スタジオ・フォー・ニューミュージック
MDC-7853
カレル・ゴイエヴァエルツ:DE ZEVEN ZEGELS
, VOOR STRIJKKWARTET
ダネルQ
MDC-7854
ガリーナ・ウストヴォルスカヤ:交響曲第2,3,4,5番 マロフ(指)
サンクト・ペテルブルグ・ソロイスツ、
ディミトリ・リス(指)ウラルPO
MDC-7855
アレクサンドル・クナイフェル:シュラミー・マルシャ,
パッサカリア、ポストルディア、おお素晴らしい王様
オレグ・マロフ(P)
MDC-7856
ガリーナ・ウストヴォルスカヤ:ピアノ協奏曲、交響曲第1番 ディミトリ・リス(指)ウラルPO、
マロフ(P)
MDC-7857
声明 英国四天王寺仏教文化センター、
中田東作(上田流尺八)
ベルギー、ロンドン、大阪で録音された異彩を放つ声明。
MDC-7858
ガリーナ・ウストヴォルスカヤ:トリオ、コンポジション、
交響曲第4番、ソナタ第5番
オレグ・マロフとサンクトペテルブルクソロイスツ
MDC-7859
ティエリー・デ・メイ:KINOK、アンノウンネス、
ヴァイオリン協奏曲、
アモール・コンスタンテ(IRCAM ポンビドー・センター協力)
オクトルス(指)イクトゥス・アンサンブル、
G・ヴァン・ダム(Vn)
MDC-7863
ガリーナ・ウストヴォルスカヤ:チェロとピアノのグランド・デュエット、ヴァイオリンとピアノのデュエット(ディアパゾン・ドール受賞) オレグ・マロフとサンクトペテルブルクソロイスツ
MDC-7865
ガリーナ・ウストヴォルスカヤ:トリオ・ソナタ集 オレグ・マロフとサンクトペテルブルクソロイスツ
MDC-7866
パトリック・ド・クラーク:ピアノ五重奏曲、弦楽三重奏曲他 ダネルSQ
MDC-7867
ガリーナ・ウストヴォルスカヤ:作品集
前奏曲第1番〜12番、コンポジション第1番「ドナ・ノビス・パチェム」,2「ディエス・イレ」,3番「ベネディクトゥス・クイ・ヴェニト」
オレグ・マロフとサンクトペテルブルク・ソロイスツ
MDC-7869
現代フランダースの作曲家の室内アンサンブル作品集
(Logghe、Brewaeys、Visscher、D’Haene、Verstocktの作品)
シャンプ・ダクション(室内アンサンブル)
MDC-7870
パトリシア・ボサール(1965-):停まった時(弦楽五重奏と打楽器の為の)
停まった時 [Temps suspendu] / 密やかな息 [Souffles secrets]
がりがり [Croquements] / 星雲 [Ne:buleuse] / 他所に [Ailleurs]
パトリシア・ボサール(ヴァイオリン、tonatem)
アンニク・ロディ(Vn)
マリー・シュヴァブ(クイントン [5弦ヴィオラ])
サラ・オスヴァルド(Vc)
ジョスリーヌ・ルダシグワ(Cb)
リュック・ミュラー(打楽器、オブジェクト)

録音:2014年7月、スタジオ・アクースティク、パッサヴァン・ミュージック、フランス
パトリシア・ボサールはローザンヌでジャズと現代音楽を、ジュネーヴで電子音楽を、リヨンでヴァイオリンを学んだスイスの作曲家・ヴァイオリニスト。
MDC-7871
シャルルマーニュ・パレスタイン(1947-):言うことは何もない、ただ聴け
Invocationnn* / Masssssssssss+
Benedictionnn#
シャルルマーニュ・パレスタイン(歌*、ピアノ+、打楽器#)

録音:2015年1月26日、ヴィッラ・アンパン(ボゴシアン財団)、ブリュッセル、ベルギー
シャルルマーニュ・パレスタインはニューヨーク(アメリカ合衆国)生まれのアーティスト。ミニマル・ミュージックのミュージシャンから美術と連動した複合サウンド・アーティストへと変貌を遂げ、そのパフォーマンスは常に注目を集めてきました。+は53分17秒途切れず続くピアノ・ソロ作品。ブックレットにはジャケット同様大量のぬいぐるみの写真が掲載されていますが解説は無く、まさにタイトルそものの。
MDC-7872(2CD)
カレル・ゴイエヴァエルツ:リタニー第1,2,3,4,5番 ヴァン・ダンメ(p)、
シャンプ・ダクション、
ヴィス(指)BRTフィル、
MDC-7873
フィリップ・エルサン(1948-):弦楽の為の幻想曲集
11の奇想曲 [Onze Caprices] (様々な編成の二重奏)*
弦楽四重奏曲第2番
ザッハーの名による幻想曲
弦楽五重奏の為の5つの楽章*
フーゴー・ヴォルフSQ
[セバスティアン・ギュルトラー、レジ・ブリンゴルフ(Vn)
ゲルトルート・ヴァインマイスター(Va)
フロリアン・ベルナー(Vc)]
ルイス・ソリタ(Va)*
フィリップ・エルサンはパリ音楽院でアンドレ・ジョリヴェ(1905-1974)他に師事したフランスの作曲家。1993年ウィーンで結成されたフーゴー・ヴォルフSQによる演奏。
MDC-7875(2CD)
コミタス(1869-1935):弦楽四重奏の為の小品&ピアノ曲集
[CD 1] 弦楽四重奏の為の小品(セルゲイ・アスラマジヤン編曲)*
  かわいいショーゲル/木の如くたくましく/おお、ナザン/鶴/私の赤いスカーフ
  シューシクのために/民謡/ヴァガルシャパトの舞曲/歩け歩け/曇った空
  楽しい愛の歌/太陽は君に輝く/春が来た/山うずらの歌
[CD 2] ピアノ曲+
7つの歌
7つの舞曲[Maanushaki(ヴァガルシャパトの舞曲)/Yerangi(エレヴァンの舞曲)/Unabi(シューシの舞曲)/Marali(シューシの舞曲)/Shoushiki(ヴァガルシャパトの舞曲)/Het U Aradj(エルズルムの舞曲)/Shoror(エルズルムの舞曲)]
フーゴー・ヴォルフSQ*
[セバスティアン・ギュルトラー、レジ・ブリンゴルフ(Vn)
トーマス・セルディツ(Va)
フロリアン・ベルナー(Vc)]
アルトゥール・アハロニヤン(P)+
1915年のオスマン・トルコ帝国による「アルメニア人大量虐殺事件」から100周年を記念して制作されたアルバム。アルメニアの音楽家コミタスは奇跡的にこの虐殺を免れましたが、ショックのため精神を病み回復しないままパリで亡くなりました。アルトゥール・アハロニヤンは1961年アルメニアのエレヴァンに生まれたピアニスト・作曲家。
CD 1の収録時間は37分16秒、CD 2は26分27秒で、なぜ1枚に収めなかったか不思議ですが、価格は1枚分です。
MDC-7876
ガリーナ・ウストヴォルスカヤ:ソナタ第1,2,3,4,5,6番 オレグ・マロフ(P)


このページのトップへ


このサイト内の湧々堂オリジナル・コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
これを複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます
万一、これと類似するものを他でお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです




Copyright (C)2004 WAKUWAKUDO All Rights Reserved.