湧々堂HOME 新譜速報: 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック 廉価盤 シリーズもの マニア向け  
殿堂入り:交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック SALE!! レーベル・カタログ チャイ5



UNIVERSAL MUSIC 〜 ITALY,SPAIN
(イタリア、スペイン)




※表示価格は、全て税込み。品番結尾に特に表記のないものは、全て1CDです。
UNIVERSAL MUSIC ITALY
品番 内容 演奏者
476-3038
メンデルスゾーン:ピアノ秘曲集
幻想曲ハ短調−ニ長調(1823)
奇想曲変ホ短調(1823-1824頃)
無言歌ヘ長調(1841頃)
アダージョとプレスト・アジタート変ロ短調(1833)
無言歌変ホ長調(1828)
アルバムの綴り「5月22日」(1830)
無言歌イ長調(1830)
小無言歌イ長調(1837)
アンダンテ.ニ長調(1826頃)
ソナタ ホ長調(1821)
「真夏の夜の夢」〜作曲者自身の編曲によるピアノ版(1844)
スケルツォ/夜想曲/結婚行進曲
ロベルト・プロッセダ(P)

発売:2005年

世界初録音。
476-3074(2CD)
ベートーヴェン:チェロとピアノの為の作品全集
チェロ・ソナタ第1番ヘ長調 Op.5-1
チェロ・ソナタ第2番ト短調 Op.5-2
チェロ・ソナタ第3番イ長調 Op.69
チェロ・ソナタ第4番ハ長調 Op.102-1
チェロ・ソナタ第5番ニ長調 Op.102-2
ヘンデルの「マカベウスのユダ」の「見よ、勇者は帰る」の主題による12の変奏曲 WoO.45
モーツァルトの「魔笛」の「娘か女か」の主題による12の変奏曲 Op.66
モーツァルトの「魔笛」の「恋を知る男たちは」の主題による7つの変奏曲 WoO.46
エンリコ・ディンド(Vc)
ピエトロ・デ・マリア
476-3173
ヴィラ=ロボス:ギター作品全集
5つの前奏曲/ブラジル民謡組曲
12の練習曲
ワルツ−ショーロ/ショーロ第1番
ピエロ・ボナグリ(G)

録音:2008年6月、モンテフィオーレ・コンカ(イタリア)、ファルコン・ヴァレー
※「Comunione e Liberazione」とメジャー・レーベル(イタリア・ローカル)の共同制作シリーズ。
476-4418
リスト:ピアノ作品集
メフィスト・ワルツ第1番 S.514
忘れられたワルツ第1番嬰ヘ長調 S.215
パガニーニによる6つの大練習曲 S.141(1851)
パガニーニの「鐘」によるブラヴーラ風大幻想曲 S.420
ハンガリー狂詩曲第2番嬰ハ短調 S.244
愛の夢 第3番変イ長調 S.541-3
マウリツィオ・バリーニ(P)

発売:2011年
マウリツィオ・バリーニは1975年イタリアのピサ生まれ。2004年以来2014年現在アミアータ・ピアノ・フェスティヴァル(イタリア)の芸術監督を務めています。
476-4422
ブラームス:チェロ・ソナタ第1番ホ短調 Op.38
 チェロ・ソナタ第2番ヘ長調 Op.99
シューベルト:アルペッジョーネ・ソナタ D.821
シルヴィア・キエーザ(Vc)
マウリツィオ・バリーニ(P)

発売:2011年
シルヴィア・キエーザは1966年イタリアのミラノ生まれ。2005年以来マウリツィオ・バリーニとデュオを組んでいます。このCDの後、Sony Classicalから2枚のCD(ニーノ・ロータのチェロ協奏曲/カゼッラ、ピッツェッティのチェロ協奏曲他)をリリースしています。
476-4857
モーツァルト::ピアノ作品集
幻想曲ニ短調 K.397
デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲ニ長調 K.573
ソナタ第4番変ホ長調 K.282
ロンド イ短調 K.511/ロンド ニ長調 K.485
アダージョ ロ短調 K.540/ソナタ ニ長調 K.311
ミハイル・リフィッツ(P)

発売:2012年
ミハイル・リフィッツのデビューCD。
476-5048
ヴィオッティ:祈りならがの瞑想(ヴァイオリンと管弦楽の為の)
ヴァイオリン協奏曲第22番イ短調 W.I-22
ヴァイオリン協奏曲第24番ロ短調 W.I-24
グイード・リモンダ(Vn、指)
カメラータ・ドゥカーレ
グイード・リモンダ(1969年生まれ)はコッラード・ロマーノ、ウート・ウーギに師事したイタリアのヴァイオリン奏者・指揮者。1992年トリノPOおよびカメラータ・ドゥカーレを創設。2014年現在トリノ・G・ヴェルディ音楽院教授。
476-5118(2CD)
メンデルスゾーン:ピアノ作品集
幻想曲(スコットランド風ソナタ)嬰ヘ長調 Op.28 MWV U.92(1833)
ソナタ第1番ホ長調 Op.6 MWV U 54(1826)
ソナタ第3番変ロ長調 Op.106 MWV U 64(1827)
ソナタ第2番ト短調 Op.105 MWV U 30(1821)
ソナタ変ロ短調 MWV U 42(1823)
ロンド・カプリッチョーソ変ホ長調 Op.145 MWV U 67(1824)
幻想曲ホ短調「夏の名残のばら」Op.155 MWV U 74(1827)
3つの幻想曲もしくは奇想曲 Op.16(1829)
3つの奇想曲 Op.33(1836)
スケルツォ ロ短調 MWV U 69(1829)
スケルツォ・ア・カプリッチョ嬰ヘ短調 MWV U 113(1835)
奇想曲嬰ヘ短調 Op.5 MWV U 50
奇想曲ホ長調 Op.118 MWV U 139(1837)
ロベルト・プロッセダ(P)

発売:2012年
476-5190
メンデルスゾーン:初期室内楽作品集
ピアノ四重奏曲第2番ヘ短調 Op.2 MWV Q.13*
ピアノ四重奏曲ニ短調 MWV Q.20*
ピアノ三重奏曲ハ短調 MWV Q.3
ロベルト・プロッセダ(P)
ガブリエーレ・ピエラヌンツィ(Vn)
フランチェスコ・フィオーレ(Va)*
ガブリエーレ・ジェミニアーニ(Vc)
476-5277
メンデルスゾーン:未出版ピアノ作品集
ソナタ ヘ短調(1820)/ソナタ ホ短調(1820)
ソナタ イ短調(1820)/ソナタ ハ短調(1820)
練習曲ハ長調(1820)/練習曲イ短調(1820)
練習曲ニ短調(1820)/フーガ変ホ長調(1826)
フーガ嬰ハ短調(1826)
ロベルト・プロッセダ(P)

発売:2006年
世界初録音。

480-5117(8CD)
アッカルド〜ヴァイオリンに捧げた人生
(1)バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 BWV1041
 ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調BWV1042
 2つのヴァイオリンの為の協奏曲ニ短調BWV1043*
 オーボエとヴァイオリンの為の協奏曲ハ短調 BWV1060+(原曲:2台のチェンバロの為の協奏曲第1番)
 ヴァイオリン協奏曲ヘ短調 BWV1056(原曲:チェンバロ協奏曲第5番/サルヴァトーレ・アッカルド編)
(2)バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ BWV1001-1006
(3)ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」Op.8 Nos.1-4
 4つのヴァイオリンの為の協奏曲ロ短調 RV580
 3つのヴァイオリンの為の協奏曲ヘ長調 RV551
(4)パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調 Op.6*
 パガニーニ:無伴奏ヴァイオリンの為の24の奇想曲 Op.1〜Nos.1,3,4,9,10,11,14,16,17,24
(5)チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.35
(6)パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第2番*
 ヴィターリ:シャコンヌ ト短調
 メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調 *
(7)ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 Op.26
 ヴァイオリンの為の協奏的小品嬰ヘ短調 Op.84
(8)シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47*
 ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲イ短調 Op.53+
全て、サルヴァトーレ・アッカルド(Vn)

(1)マーガレット・バーチャー(Vn)*
ダグラス・ボイド(Ob)+
ヨーロッパ室内O

(3)ナポリ国際音楽週間合奏団(イ・ソリスティ・ディ・ナポリ)

(4)シャルル・デュトワ(指)LPO*

(5)コリン・デイヴィス(指)BC響

(6)シャルル・デュトワ(指)LPO*

(7)クルト・マズア(指)
ライプツィヒ・ゲヴァントハウスO

(8)コリン・デイヴィス(指)
LSO*、
アムステルダム・コンセルトヘボウO+


481-0205
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番ハ長調 Op.15
ピアノ協奏曲第4番ト長調 Op.58
サリーム・アブード・アシュカール(P)
アイヴァー・ボルトン(指) NDR響
サリーム・アブード・アシュカールは1976年ナザレに生まれたパレスチナ系イスラエルのピアニスト。ロンドン王立音楽アカデミー、ハノーファー音楽大学(ドイツ)で学び、17歳でズービン・メータ指揮イスラエルPOと共にチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を演奏しプロ・デビューしました。
481-0025
パガニーニ:24の奇想曲 Op.1 フランチェスカ・デーゴ(Vn)
フランチェスカ・デーゴ(1989年生まれ)はサルヴァトーレ・アッカルド他に師事し、シュロモ・ミンツと出会い大きな影響を受けたイタリアのヴァイオリン奏者。
481-0064
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第11番イ長調 K.331
グルックの歌劇「メッカの巡礼」の「われら愚かな民の思うは」による変奏曲 K.455
ピアノ・ソナタ第17番変ロ長調 K.570
ピアノ・ソナタ第12番ヘ長調 K.332
ダヴィデ・カバッシ(P)
ダヴィデ・カバッシは1976年イタリアのミラノに生まれ、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院を1995年に卒業後、コモ湖のカデナッビア国際ピアノ財団で5年間、ロザリン・トゥレック、レオン・フライシャーに師事。2005年の第12回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール・ファイナリスト。
481-0070
C・P・E・バッハ:チェロ協奏曲イ短調 Wq.170
チェロ協奏曲変ロ長調 Wq.171
チェロ協奏曲イ長調 Wq.172
エンリコ・ディンド(Vc、指)
イ・ソリスティ・ディ・パヴィア

481-0087(2CD)
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ集
ソナタ第1番ト短調 BWV1001
パルティータ第1番ロ短調 BWV1002
ソナタ第2番イ短調 BWV1003
パルティータ第2番ニ短調 BWV1004
ソナタ第3番ハ長調 BWV1005
パルティータ第3番ホ長調 BWV1006
ソニグ・チャケリアン(Vn)
ソニグ・チャケリアン(1960年生まれ)はアルメニア出身のイタリアのヴァイオリン奏者。ジョヴァンニ・グリエルモ、サルヴァトーレ・アッカルド、ナタン・ミルシテインに師事。2009/2010年度より2014年現在ローマのサンタ・チェチーリア音楽院教授。
481-0284(2CD)
ニーノ・ロータ:管弦楽作品集 Vol.1
水晶の山の伝説(1949)
快活な主題による変奏曲(1953)*
弦楽四重奏,オルガンと弦楽合奏の為のフーガ(1923)*
チェロ協奏曲(1925)+*
協奏的アレグロ(1953)*
ハープ協奏曲(1925)#
ハープの為のサラバンドとトッカータ(1945)**
歌劇「フィレンツェの麦藁帽子」序曲(1945-1946)
組曲「サティリコン/ローマ」(1971)*
「ゴッドファーザー」愛のテーマ(ハープの為の;1972)**
チェロ協奏曲第1番(1972)
チェロ協奏曲第2番(1974)
マリオ・シライ・グリゴラート(Vc)+
エレーナ・ピーヴァ(ハープ(#/**))
ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディSO(**以外)
ジュゼッペ・グラツィオーリ(指(**以外))

*世界初録音

481-0313
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
アイマン・ムサハジャエヴァ(Vn)
ウィーンSO
マヌエル・エルナンデス・シルヴァ(指)
アイマン・ムサハジャエヴァはカザフスタン(旧ソヴィエト)のヴァイオリン奏者。第8回チャイコフスキー国際コンクール第7位。カザフスタン共和国国民芸術家として同国の文化交流の場でも活躍しています。
481-0343
ヴィオッティ:ヴァイオリンと管弦楽の為の主題と変奏曲*
ヴァイオリン協奏曲第25番イ短調 W.I-25 G.124
ヴァイオリン協奏曲第12番変ロ長調 W.I-12 G.64
グイード・リモンダ(Vn、指)
カメラータ・ドゥカーレ
*は世界初録音、他2曲はオリジナル・カデンツァによる世界初録音。
481-0394(2CD)
ニーノ・ロータ:管弦楽作品集 Vol.2
組曲「戦争と平和」(1956)
トロンボーン協奏曲(1966)++
富士山を眺めて(1976)
モーツァルトのホルン協奏曲 K.412の為のアンダンテ・ソステヌート(1958-1959)#*
序曲「バーリの市」(1963)*
組曲「アマルコルド」(1973)
組曲「カビリアの夜」(1957)*
ファゴット協奏曲(1974-1977)+
自動車学校(1959)*
カステル・デル・モンテ(ホルンと管弦楽の為のバラード;1974)**
アラーリコ・レンティ(Fg)+
サンドロ・チェッカレッリ(Hrn)#
ジュゼッペ・アマツゥッリ(Hrn)**
ジュリアーノ・リッツォット(Tb)+
ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディSO
ジュゼッペ・グラツィオーリ(指)

*世界初録音。

481-0555
ル・ヴィオロン・ノワール(黒いヴァイオリン)
パガニーニ:魔女たちの踊り(ジュスマイヤーの主題による変奏曲)Op.8
24の奇想曲〜第13曲変ロ長調「悪魔の笑い」*
ラヴェル:亡き王女の為のパヴァーヌ
ルイージ・ジャンネッラ(1778-1817):陰鬱な協奏曲
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ.イ短調 Op.27-2 から 第1楽章「妄執」*
ジョン・ウィリアムズ:映画「シンドラーのリスト」のテーマ
タルティーニ:ヴァイオリン・ソナタ.ト短調「悪魔のトリル」Op.1-4
グルック:歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」〜精霊の踊り
グイード・リモンダ(Vn、指(*以外))
カメラータ・ドゥカーレ(*以外)
481-0556
インヴェンツィオーニ クラリネットと打楽器の為の音楽
アレッサンドロ・アヌンツィアーナ(1968-):儀式
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲
リッカルド・パンフィーリ(1979-7):F for Fake
セロニアス・モンク(1917-1982):モンク組曲
ペドロ・イトゥラルデ(1929-):ギリシャ組曲 [Suite Ellenique]
ジョヴァンニ・ソッリマ(1962-):ミレニアム・バグ
フランク・ザッパ(1940-1993):FZ for Alex
スティーヴ・ライヒ(1936-):木片の為の音楽
ストラヴィンスキー:クラリネット独奏の為の3つの小品
アレッサンドロ・カルボナーレ(Cl)
テトラクティス・ペルクッショーニ(打楽器アンサンブル)
481-0758
ニコライ・カプースチン(1937-):チェロ協奏曲第2番 Op.103
ピアソラ:ブエノスアイレスの四季
 ル・グラン・タンゴ/オブリビオン
 アヴェ・マリア
エンリコ・ディンド(Vc、指)
イ・ソリスティ・ディ・パヴィア
481-0575
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番ホ長調 Op.109
 ピアノ・ソナタ第31番変イ長調 Op.110
 ピアノ・ソナタ第32番ハ短調 Op.111
スクリャービン:練習曲嬰ヘ短調 Op.8-2
マリア・ペロッタ(P)

録音:2013年2月26日、ライヴ、ボッコーニ大学講堂、ミラノ、イタリア
マリア・ペロッタはイタリア南端部カラブリア州コゼンツァに生まれたピアニスト。11歳でベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番のソリストとしてデビュー。ミラノのジュゼッペ・ヴェルディ音楽院、パリのエコール・ノルマル音楽院で学んだ後ローマのサンタ・チェチーリア音楽院を2007年に卒業。2008年ミラノ・シューラ・チェルカスキー国際ピアノ・コンクール優勝。

481-0647
バッハ:2声のインヴェンション BWV772-786
3声のシンフォニア BWV787-801
前奏曲、
フーガとアレグロ変ホ長調 BWV998
序曲ヘ長調 BWV820
組曲イ長調 BWV832
リュート組曲ホ短調 BWV996〜サラバンド
ラミン・バーラミ(P)
ミン・バーラミは1976年イランのテレラン生まれのピアニスト。裕福な家庭に生まれながら1979年のイラン革命により父親は投獄され(1991年に刑務所で死亡)、本人は11歳の時にヨーロッパへの移住を余儀なくされました。在テヘラン・イタリア大使館のはからいで奨学金を得てミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院、イーモラ国際ピアノ・アカデミー、シュトゥットガルト音楽大学で学びました。幼時よりバッハに興味を持っていたラミン・バーラミはすでにバッハの多くの作品を録音しています。
481-0694(2CD)
ニーノ・ロータ(1911-1979):管弦楽作品集 Vol.3
バレエ「想念のモリエール」(1976)*
組曲「オーケストラ・リハーサル」(1978)
ラブレージアーナ(1977)+*
ピアノ協奏曲ホ長調「小さな古代世界」(1978)#
ヴァレンティーナ・コッラデッティ(S)+
シモーネ・ペドローニ(P)#
ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディSO
ジュゼッペ・グラツィオーリ(指)

*世界初録音。
481-0794
ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第1番ニ短調 Op.28
ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調 Op.36
アレクサンドル・ロマノフスキー(P)
アレクサンドル・ロマノフスキーは1984年ウクライナ生まれのピアニスト。1997年イタリアに移住し、イーモラ国際ピアノ・アカデミーでレオニード・マルガリウスに、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージックでドミートリー・アレクセーエフに師事。2007年ローマ法王の御前で演奏。2013年以来2014年現在モスクワの「若いピアニストの為のクライネフ国際コンクール」芸術監督。
481-0797
D.スカルラッティ:16のソナタ
ハ長調 K.515 (L.255)/イ短調 K.383 (L.134)/変ホ長調 K.371 (L.17)
変ロ長調 K.439 (L.47)/ニ長調 K.443 (L.418)/ハ長調 K.159 (L.104)
ヘ短調 K.466 (L.118)/ト長調 K.454 (L.184)/ロ短調 K.173 (L.447)
ニ短調 K.90 (L.106)/変ホ長調 K.162 (L.21)/ト長調 K.477 (L.290)
嬰ヘ長調 K.319 (L.35)/ヘ長調 K.437 (L.278)/ホ長調 K.380 (L.23)
ハ長調 K.460 (L.324)
マウリツィオ・バリーニ(P)
マウリツィオ・バリーニは1975年イタリアのピサに生まれのピアニスト。2004年以来2014年現在アミアータ・ピアノ・フェスティヴァル(イタリア)の芸術監督を務めています。
481-0798
ヴァイオリン・ソナタ集
プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ長調 Op.94bis
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調 Op.108
フランク:ヴァイオリン・ソナタ.イ長調
マスネ:タイスの瞑想曲
アイマン・ムサハジャエヴァ(Vn)
パーヴェル・ギリロフ(P)
481-0800
バッハ:フルート・ソナタ集
フルートとチェンバロの為のソナタ ロ短調 BWV1030
フルートとチェンバロの為のソナタ イ長調 BWV1032
フルートとチェンバロの為のソナタ変ホ長調 BWV1031
フルートとチェンバロの為のソナタ ト短調 BWV1020
音楽の捧げ物 BWV1079 から フーガ(ネヴィル・マリナー版)
フルートと通奏低音の為のソナタ ハ長調 BWV1033 から メヌエット I & II
マッシモ・メルチェッリ(Fl)
ラミン・バーラミ(P)
マッシモ・メルチェッリは1959年イタリアのイーモラに生まれ、アンドレ・ジョネ、マクサンス・ラリューに師事したフルート奏者。19歳でヴェネツィアのフェニーチェ劇場Oに入団。マイケル・ナイマンのフルート協奏曲(2010)の被献呈者・初演者でもあります。
481-0866
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第8番イ短調 K.310
ピアノ・ソナタ第13番変ロ長調 K.333
前奏曲(幻想曲)とフーガ ハ長調 K.394(383a)
ピアノ・ソナタ第17番変ロ長調 K.570
ジャンルカ カシオーリ(P)

481-0910
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第3番変ホ長調 Op.12-3
ヴァイオリン・ソナタ第4番イ短調 Op.23
ヴァイオリン・ソナタ第9番イ長調「クロイツェル」Op.47
フランチェスカ・デーゴ(Vn)
フランチェスカ・レオナルディ(P)
フランチェスカ・レオナルディはロジャー・ヴィニョールズ他に師事したイタリアのピアニスト。
481-0913
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番嬰ヘ短調「月光」Op.27-2
シューベルト:「さすらい人」による幻想曲ハ長調 Op.15 D.760
シューマン:幻想曲ハ長調 Op.17
ジュゼッペ・アルバネーゼ(P)
ジュゼッペ・アルバネーゼは1979年イタリアのレッジョ・カラブリアに生まれ、ペーザロのG・ロッシーニ音楽院、イーモラ国際ピアノ・アカデミーで学んだピアニスト。1997年ヴェネツィア賞国内コンクール1等、2002年フェルッチョ・ブゾーニ国際ピアノ・コンクール最優秀現代作品演奏特別賞、2003年ヴァンドーム賞国際ピアノ・コンクール第1位。
481-0928(2CD)
バッハ:フルート・ソナタ全集
フルートと通奏低音の為のソナタ.ホ長調 BWV1035
フルートと通奏低音の為のソナタ.ハ長調 BWV1033
フルートとチェンバロの為のソナタ.ト短調 BWV1020(C・P・E・バッハ:ヴァイオリンとチェンバロの為のソナタ)
フルートと通奏低音の為のソナタ.ホ短調 BWV1034
フルートとチェンバロの為のソナタ.ロ短調 BWV1030
フルートとチェンバロの為のソナタ変ホ長調 BWV1031
フルートとチェンバロの為のソナタ.イ長調 BWV1032
無伴奏フルートの為のパルティータ イ短調 BWV1013*
2つのフルートと通奏低音の為のトリオ・ソナタ.ト長調 BWV1039+
アンドレア・グリミネッリ(Fl)
フランチェスコ・ガッリジョーニ(ヴィオラ・ダ・ガンバ(*以外))
ロベルト・ロレッジャン(チェンバロ(*以外))
ダヴィデ・フォルミザーノ(Fl)+
アンドレア・グリミネッリ(1959年生まれ)はジャン=ピエール・ランパル、ジェイムズ・ゴールウェイに師事したイタリアのフルート奏者。ジャンルを超えたスター級アーティストとの数々の共演でも知られています。

481-1010(3CD)
メンデルスゾーン:初めから終わりまで ピアノ作品集
[CD 1: 変奏曲、前奏曲とフーガ]
厳格な変奏曲ニ短調 Op.54 MWV U.156(1841)*
4つの厳格な変奏曲(1841)
変奏曲変ホ長調 Op.82 MWV U.158(1841)
変奏曲変ロ長調 Op.83 MWV U.159(1841頃)
6つの前奏曲とフーガ Op.35(1827頃-1837)
 MWV U.116, 66, 129, 105, 131, 91, 122, 108, 126, 106, 135, 128
前奏曲とフーガ ホ短調 MWV U.157, U.65(1841, 1827)
[CD 2: ピアノ小品と練習曲]
7つの性格的小品 Op.7 MWV U.56, 44, 59, 55, 60, 61, 62(1824-1827)
アンダンテとプレスト・アジタート ロ長調・短調 MWV U.141(1838)
6つの子供の小品 Op.72 MWV U.171, 170, 164, 169, 166, 168(1842)
2つのピアノ小品(音楽のスケッチ)MWV U.93, 94(1833)
3つの前奏曲 Op.104a MWV U.132, 123, 127(1836)
3つの練習曲 Op.104b MWV U. 117, 100, 142(1384-1838)
練習曲ヘ短調 MWV U.125(1836)
アルバムの綴り ホ短調 Op.117 MWV U.134(1836頃)
無窮動 ハ長調 Op.119 MWV U.58(1826)
[CD 3: 初期作品と未出版作品]
6つのピアノ小品 MWV U.1-4, 18, 22(1820)(U.1以外*)
(変奏曲)ニ長調 MWV Z.1/119(1820)
(組曲)ト長調・短調 MWV Z.1/105-108(1820)*
ピアノ小品ホ短調 MWV U.12(1820)*
ラルゴ ニ短調 MWV U.9(1820)*
ピアノ小品ヘ短調 MWV U.10(1820)*
アレグロ(練習曲)イ短調 MWV U.28(1821)*
ラルゴとアレグロ・ディ・モルト ハ長調 MWV U.31(1821頃)*
ピアノ小品(ワルツ)ト長調・ニ長調 MWV U.38(1822頃)*
ワルツ ニ長調 MWV U.39(1822頃)*
アンダンテ ホ長調 MWV U.40(1822)*
プレスティッシモ ヘ短調 MWV U.45(1824)
ヴィヴァーチェ ハ短調 MWV U.52(1826)
主題とコーダ イ長調 MWV U.63(1827)*
アンダンテ・マエストーソ ヘ長調 MWV U.81(1830)*
コン・モート イ長調 MWV U.88(1831)*
アレグレット イ短調 MWV U.160(1842)*
カノン嬰ヘ短調 MWV U.163(1842)*
アンダンテ変ホ長調 MWV U.165(1842)*
ソステヌート ヘ長調 MWV U.166(1842)*
ピアノ小品ホ短調 MWV U.173(1842)*
熊の踊り ヘ長調 MWV U.174(1842)*
アンダンテ・コン・モート ホ短調 MWV U.179(1843)*
ピアノ小品イ短調 MWV U.186(1843)*
2声のカノン ロ短調 MWV Y.13(1844)*
Wie die Zeit lauft! ト短調 MWV U.196(1847)
Auf frohliches Wiedersehn, fur Minna Berndt MWV U.197(1847)*
ロベルト・プロッセダ(P)

*世界初録音。
481-1028
シューベル:ピアノ四手連弾作品集
アレグロ・モデラートとアンダンテ イ短調 D.968
4つのレントラー D.814
2つのトリオをもつドイツ舞曲と2つのレントラー D.618
序奏と自作主題による変奏曲変ロ長調 Op.posth.82/2 D.968a
フランスの歌による8つの変奏曲ホ短調 Op.10 D.624
幻想曲ヘ短調 Op.posth.103 D.940
マルコ・スキアーヴォ、
セルジョ・マルケジャーニ(P)
481-1082
メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番ニ短調 Op.49
ピアノ三重奏曲第2番ハ短調 Op.66
エストリオ
[ラウラ・ゴルナ(Vn) 
チェチーリア・ラディチ(Vc)
ラウラ・マンツィーニ(P) ]
481-1083
ヴィオッティ:ヴァイオリン協奏曲第30番イ短調 W.I-30(遺作)*
ヴァイオリン協奏曲第4番イ短調 W.I-4 G.33
ヴァイオリン協奏曲第20番変ロ長調 W.I-20 G.92
グイード・リモンダ(Vn,指)
カメラータ・ドゥカーレ

*=世界初録音

481-1194
バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988 マリア・ペロッタ(P)

録音:2012年1月12日、ライヴ、ロッシーニ劇場、ルーゴ、ラヴェンナ県、イタリア
Cinik Records から発売されている盤とは別の録音です。
481-1214
メンデルスゾーン:ピアノ四重奏曲第3番ロ短調 Op.3 MWV Q.17(1825)
ピアノ四重奏曲第1番ハ短調 Op.1 MWV Q.11(1822)
ピアノと弦楽四重奏の為のラルゴとアレグロ ニ短調 MWV O.1(1820)*
ロベルト・プロッセダ(P)
ガブリエーレ・ピエラヌンツィ(Vn)
ダニエーラ・カマラーノ(ヴァイオリン*)
フランチェスコ・フィオーレ(Va)
シャナ・ダウンズ(Vc)

481-1304(2CD)
バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻 BWV846-869 ピエトロ・デ・マリア(P)
ピエトロ・デ・マリアは1967年ヴェネツィア生まれ。ヴェネツィア音楽院を卒業後ジュネーヴ音楽院でマリア・ティーポに師事し1988年最高栄誉付一等ヴィルトゥオーゾ賞を受賞。バッハからリゲティにわたるレパートリーを擁し、またショパンのピアノ独奏用全作品を公開演奏した最初のイタリア人ピアニストでもあります。

481-1407
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第1番ニ長調 Op.12-1
ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調 Op.12-2
ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調「春」Op.24
ヴァイオリン・ソナタ第8番ト長調 Op.30-3
フランチェスカ・デーゴ(Vn)
フランチェスカ・レオナルディ(P)
フランチェスカ・デーゴ(1989年生まれ)はサルヴァトーレ・アッカルド他に師事し、シュロモ・ミンツと出会い大きな影響を受けたイタリアのヴァイオリン奏者。フランチェスカ・レオナルディはロジャー・ヴィニョールズ他に師事したイタリアのピアニスト。
481-1413(2CD)
ムソルグスキー:ピアノ作品全集
組曲「展覧会の絵」/夢想
情熱的即興曲/古典様式による間奏曲
騎士のポルカ
四手連弾の為のソナタ.ハ長調*
スケルツォ/村で/クリミア南岸で
子供の頃の思い出
瞑想(アルバムの綴り)/涙
気まぐれな女/スケルツィーノ(紡ぎ女)
子供の遊び/子供の頃の思い出 [Souvenir d'enfance]
歌劇「ソロチンスクの定期市」〜市場の情景,ゴパーク
マウリツィオ・バリーニ(P)
ロベルト・プロッセダ(P)*
マウリツィオ・バリーニは1975年イタリアのピサ生まれ。2004年以来2014年現在アミアータ・ピアノ・フェスティヴァル(イタリア)の芸術監督を務めています。2枚組で1枚分の価格です。

481-1437(2CD)
シューベルト:ピアノ・ソナタ第18番ト長調 Op.78 D.894
ピアノ・ソナタ第16番イ短調 Op.42 D.845
ミハイル・リフィッツ(P)
ミハイル・リフィッツは1982年ウズベキスタンのタシケントに生まれたピアニスト。13歳でラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を弾きデビュー。ハノーファー音楽演劇大学でカールハインツ・ケンマーリングおよびベルント・ゲツケに、イーモラ国際ピアノ・アカアデミーでボリス・ペトルシャンスキーに師事。2009年、第57回フェルッチョ・ブゾーニ国際ピアノ・コンクール優勝。2012年、ヴァイオリンのヴィルデ・フラングとともに来日しデュオ・コンサートを行いました。2014年よりスタインウェイ・アーティスト。
481-1489
インティマメンテ・タンゴ〜ピアソラをヴァイオリンとハープで
ピアソラ:リベルタンゴ/天使のミロンガ
天使の死/天使の復活/エスクアロ(鮫)
アヴェ・マリア/ブエノスアイレスの夏
ブエノスアイレスの秋
ブエノスアイレスの冬/ブエノスアイレスの春
タングアンゴ/オブリビオン(忘却)
タンゴの歴史
ボルデル 1900/カフェ 1930
ナイトクラブ 1960/コンサート 1990
マリステッラ・パトゥッツィ(Vn)
フロラレーダ・サッキ(Hp)
アルバム・タイトルの「Intimamente」は「親密な」「懇意の」という意味。気構えなく弾ける愛奏曲ということでしょう。マリステッラ・パトゥッツィは1987年スイスのルガーノに生まれ、ミラノのジュゼッペ・ヴェルディ音楽院、インディアナ大学ブルーミントン校(アメリカ合衆国)、スイス・イタリアーナ音楽院で学んだヴァイオリン奏者。主な師はミリアム・フリード、マーク・カプラン、セルゲイ・クリモフ、カルロ・キアラッパ。2014年に Brilliant Classicsから2タイトルのCDをリリースしています。フロラレーダ・サッキは1978年生まれのイタリアのハープ奏者・作曲家・音楽学者。すでに数多くの録音、著作、校訂譜があります。

481-1508
クラリネットとピアノの為の20世紀フランス音楽
ドビュッシー:狂詩曲第1番
サン・サーンス:クラリネット・ソナタ変ホ長調 Op.167
オネゲル:クラリネット・ソナタ
ミヨー:ソナティナ
プーランク:クラリネット・ソナタ「A・オネゲルの記念に」
フランセ:主題と変奏曲
ファブリツィオ・メローニ(Cl)
吉川隆弘(P)
ファブリツィオ・メローニはミラノのジュゼッペ・ヴェルディ音楽院で学び、1984年以来2015年現在ミラノ・スカラ座POの第1ソリスト(首席)を務めているイタリアのクラリネット奏者。吉川隆弘は1973年兵庫県西宮市生まれのピアニスト。1996年東京藝術大学卒業、1999年同大学院修士課程修了。1999年イタリアに渡り、アルフレッド・コルトーおよびアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリの高弟アニータ・ポリーニに師事するかたわら、ミラノ・スカラ座アカデミーにおいてファブリツィオ・メローニ(Cl)、ダニーロ・ロッシ(Va)をはじめとするスカラ座フィルハーモニーの首席奏者に室内楽を、シルヴィア・ビアンケーラ・ベッティネッリに作曲を学びました。2015年現在ミラノを拠点に活躍。
481-1589
特価
ドビュッシー:前奏曲集(全2巻) ジャンルーカ・カシオーリ(P)

録音:2005年7月、サーラ・マッフェイアーナ、ヴェローナ、イタリア
初出:2006年 再発売:2015年
※GALLERIAシリーズでの再発売。

481-1616
シュトックハウゼン、ベッファ、ストラヴィンスキーの音楽
シュトックハウゼン:ピアノ曲 I/ピアノ曲 II
 ピアノ曲 III/ピアノ曲 IV/ピアノ曲 V
 ピアノ曲 VII/ピアノ曲 VIII/ピアノ曲 IX
カロル・ベッファ(1973-):ピアノまたはチェンバロの為の組曲
ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」からの3楽章
ヴァネッサ・ベネッリ・モーゼル(P)
ヴァネッサ・ベネッリ・モーゼルは1987年イタリアのスカーラ生まれ。3歳でピアノを始め、7歳でイーモラ国際音楽アカデミーに入学しフランコ・スカーラに師事。11歳でパスカル・ロジェに伴われコンサート・デビュー。2007年ミハイル・ヴォスクレセンスキーによりモスクワ音楽院に招かれ彼の指導を受け、同年ロンドン王立音楽カレッジに留学、ドミトリー・アレクセーエフに師事し2011年卒業。ヴァネッサが弾いた「ピアノ曲」の録音を聴いたシュトックハウゼンは彼女を招き直接指導し、「私の音楽を人々に理解させる力を持っている」と絶賛するコメントを出しました。今年で28歳。将来の活躍な楽しみなピアニストです。カロル・ベッファはパリに生まれたポーランド系フランス人作曲家・ピアニスト。
481-1722
シューマン:フモレスケ Op.20
ダヴィッド同盟舞曲集 Op.6
フィリッポ・ガンバ(P)

発売:2015年
フィリッポ・ガンバはイタリアのヴェローナに生まれ、ヴェローナ音楽院で学んだピアニスト。2000年ゲーザ・アンダ国際ピアノ・コンクール第1位。2015年現在バーゼル音楽アカデミー教授。
481-1771(2CD)
カルロ・エンリコ・パスタ(1817-1898):歌劇「アタワルパ」(1875)
(マッテオ・アンジェローニ:オーケストレーション)
アリス・アルギリス(バリトン:アタワルパ)
アリアンナ・バロッタ(ソプラノ:コラ)
イヴァン・マグリ(テノール:エルナンド・デ・ソト)
ヴァシリー・ラデュク(バリトン:フランシスコ・ピサロ)
カルロ・チーニ(バス:ビセンテ・デ・バルベルデ)
ハビエル・フェルナンデス(バリトン:フェルナンド・ピサロ)
フアン・パブロ・マルコス(テノール:探検家)
ロサ・パロディ(ソプラノ:奴隷)
ペルー国立Cho、ペルー国立SO
マヌエル・ロペス=ゴメス(指)

録音:2013年5月23、25日、ライヴ、国立大劇場、リマ、ペルー
カルロ・エンリコ・パスタはイタリアのミラノに生まれた作曲家。ミラノとパリで学んだ後、1855年南米ペルーのリマに移住し、ペルーの作家の台本によるサルスエラやペルーの歴史に題材を採った歌劇等を書きました。「アタワルパ」はスペインの征服者たちにより処刑されたインカ帝国最後の(実権ある)皇帝アタワルパを主役とする歌劇。
481-1851
マリア・ペロッタ・プレイズ・ショパン
夜想曲変ロ短調 Op.9-1
夜想曲変ホ長調 Op.9-2
夜想曲ロ長調 Op.9-3
子守歌 変ニ長調 Op.57
タランテッラ変イ長調 Op.43
アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズ変ホ長調 Op.22
バラード第4番ヘ短調 Op.52
ピアノ・ソナタ第3番ロ短調 Op.58
マリア・ペロッタ(P)

録音:2014年、ライヴ
マリア・ペロッタはイタリア南部のコゼンツァに生まれ、コゼンツァ音楽院、ミラノのG・ヴェルディ音楽院、パリのエコール・ノルマル音楽院、ローマのサンタ・チェチーリア音楽院で学び、2015年現在パリ在住のピアニスト。イタリアDECCAから発売されたベートーヴェンの最後の3つのソナタ(4810575)、バッハのゴルトベルク変奏曲(4811194)のCDが好評です。
481-1853
ヴィオッティ:ヴァイオリン協奏曲第19番ト短調 W.I-19 G.91
ヴァイオリン協奏曲第31番イ長調(断章、遺作)*
ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 W.I-2 G.44
グイード・リモンダ(Vn、指)
カメラータ・ドゥカーレ

発売:2015年
*=世界初録音
ヴィオッティのヴァイオリン協奏曲シリーズ第4弾。
481-1883
チャイコフスキー:ピアノ小品集
「四季」Op.37b
6つの小品 Op.19〜奇想曲(No.5)/夕べの夢(No.1)
6つの小品 Op.51〜感傷的なワルツ(No.6)
12の小品 Op.40 〜ワルツ変イ長調(No.8)/ワルツ嬰ヘ短調(No.9)/遮られた夢(No.12)
マウリツィオ・モレッティ(P)

発売:2015年
マウリツィオ・モレッティはイタリア、サルデーニャ島のカリャリ出身でアルド・チッコリーニ門下のピアニスト。カメラータ・トウキョウへの録音でおなじみ。

481-2008
シューマン:ピアノ三重奏曲第1番ニ短調 Op.63
ピアノ三重奏曲第2番ヘ長調 Op.80
メタモルフォージ三重奏団
[マウロ・ログエリコ(Vn)
フランチェスコ・ペピチェッリ(Vc)
アンジェロ・ペピチェッリ(P) ]
2005年にログエリコとペピチェッリ兄弟により結成されたモディリアーニ三重奏団が2015年、メタモルフォージ三重奏団に改称しました。
481-2042
ダヴィデ・フォルミザーノ/ポートレート
ポール・タファネル:アルベール・トマの「ミニョン」による大幻想曲
ルーセル:笛吹きたち Op.27
ゴーベール(1879-1941):夜想曲とアレグロ・スケルツァンド
サン・サーンス:ロマンス Op.37
デュティユー:フルート・ソナタ
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲 L.86
メシアン:黒つぐみ(1951)
サラサーテ:カルメン幻想曲 Op.25
ダヴィデ・フォルミザーノ(Fl)
フィリップ・モル(P)
ダヴィデ・フォルミザーノは1974年イタリアのミラノに生まれ、シュトゥットガルト音楽大学でブルーノ・カヴァッロとジャン=クロード・ジェラールに、バーゼルでオーレル・ニコレに師事。1993年ジャン=ピエール・ランパル国際フルート・コンクール(パリ)審査員特別賞。1994年ブダペスト国際音楽コンクール第1位。1995年ミュンヘン国際音楽コンクール第2位(1位無し)。1997年から2012年までミラノ・スカラ座OおよびPO首席奏者。2007年以来2015年現在シュトゥットガルト音楽大学フルート科教授。
481-2085
ブラームス:4つのバラード Op.10
パガニーニの主題による変奏曲 Op.35
8つの小品 Op.76
オラーフ・ジョン・ラネリ(P)
オラーフ・ジョン・ラネリはシチリア島に生まれヴェローナ音楽院、イーモラ・ピアノ・アカデミーで学んだスウェーデン系イタリアのピアニスト。1998年第50回ブゾーニ国際ピアノ・コンクール第2位(1位無し)。
481-2102
バッハ:音楽の捧げもの BWV1079 ラミン・バーラミ(P)
サンタ・チェチーリア国立アカデミーO員
[アンドレア・オリーヴァ(Fl)
カルロ・パラッツォーリ、
アルベルト・ミーナ(Vn)
ガブリエーレ・ジェミニアーニ、
カルロ・オノーリ(Vc) ]
ラミン・バーラミは1976年イランのテレラン生まれのピアニスト。裕福な家庭に生まれながら1979年のイラン革命により父親は投獄され(1991年に刑務所で死亡)、本人は11歳の時にヨーロッパへの移住を余儀なくされました。在テヘラン・イタリア大使館のはからいで奨学金を得てミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院、イーモラ国際ピアノ・アカデミー、シュトゥットガルト音楽大学で学びました。幼時よりバッハに興味を持っていたラミン・バーラミはすでにバッハの多くの作品を録音しています。
481-2221
メンデルスゾーン:ピアノ四手連弾&2台のピアノの為の作品全集
2台のピアノの為のソナタ ニ長調 MWV.S1(1820)
2台のピアノの為のソナタ断章ト短調 MWV.S2(1820)
ピアノ四手連弾の為の幻想曲ニ短調 MWV.T1(1824)
ピアノ四手連弾の為のデュエット Op.92 MWV.T4(1841)
ピアノ四手連弾の為のアンダンテと変奏曲変ロ長調 Op.83a MWV.U159(1844)
真夏の夜の夢(作曲者編曲による2台のピアノの為の版)MWV.M13(1844)[序曲/スケルツォ/間奏曲/夜想曲/結婚行進曲]
ロベルト・プロッセダ、アレッサンドラ・アンマラ(P)
メンデルスゾーンのピアノを含む作品の録音に情熱を燃やすロベルト・プロッセダが今回はピアノ・デュオに取り組みました。アレッサンドラ・アンマラは1972年イタリアのフィレンツェに生まれたピアニストでプロッセダ夫人。夫妻は1999年からデュオを組んでいましたが、アレッサンドラが子育てのため一時演奏活動休止を経て2013年に復帰、当録音に臨みました。
481-2271
クリスマスをローマ法王フランシスコと共に
伝承/伝ジョン・フランシス・ウェード(1711-1786):神のみ子は今宵しも [Adeste fideles (O come, all ye faithful)]
伝承:あなたは星から降りてくる [Tu scendi dalle stelle]*
伝承:カレンダ [Kalenda]
グレゴリオ聖歌:主は言われた(聖夜のミサ から イントロイトゥス)
 [Dominus dixit (In Nativitate Domini ad I missam in nocte: Introitus)
伝承:敬礼と悔悟の儀式 [Saluto e atto penitenziale]
グレゴリオ聖歌:クム・ユビロ(シロスのグレゴリオ聖歌集によるミサ第9番)から キリエ/グローリア
 [Cum iubilo (Messa IX dal libro gregoriano di Silos): Kyrie / Gloria]
伝承:今日われらに救い主が生まれたもうた(応唱的詩篇唱)
 [Salmo responsoriale: Oggi e nato per noi il Salvatore]
グレゴリオ聖歌:アレルヤ [Alleluia]
モーツァルト:ミサ ハ短調「大ミサ」K.427 から 聖霊によりてお体を受け [Et incarnatus est]+
プーランク:何を見たのか告げよ、羊飼いたちよ [Quem vidistis pastores dicite]
グレゴリオ聖歌:クム・ユビロ(シロスのグレゴリオ聖歌集によるミサ第9番)から サンクトゥス−ベネディクトゥス
 [Cum iubilo (Messa IX dal libro gregoriano di Silos): Sanctus et benedictus]
グレゴリオ聖歌:われらの父 [Pater noster]
グレゴリオ聖歌:クム・ユビロ(シロスのグレゴリオ聖歌集によるミサ第9番)から
 アニュス・デイ/聖なる輝きのうちに(コムニオ)
 [Cum iubilo (Messa IX dal libro gregoriano di Silos): Agnus Dei / In splendoribus (Communio)]
グレゴリオ聖歌:めでたし、まことのお体(アンティフォナ) [Ave verum corpus (Antifona)]
グレゴリオ聖歌:ポストコムニオ [Post Communio]/イテ・ミサ・エスト [Ite, missa est]
グレゴリオ聖歌:救い主のうるわしき御母(主の受胎告知、聖母マリアのアンティフォナ)
 [Alma Redemptoris Mater (In annuntiatione Domini: Antiphona B.V.M.)]
F・クープラン:静かな夜に [In notte placida]*
チェーザレ・ザネッラ:子守歌 [Ninna nanna]*
ヨハン・ゴットフリート・ヴァルター(1684-1748):ヴィヴァルディによるオルガン独奏の為の協奏曲ロ短調LV133 から アレグロ#
チェン・レイス(S)+
フアン・パラデル・ソレ(オルガン#)
カペッラ・ムジカーレ・ポンティフィチア・システィーナ(無印/+)
マッシモ・パロンベッラ(合唱指揮(無印/+))
プエリ・カントーレス・カペッラ・システィーナ*
マルコス・パヴァン(合唱指揮*)
マンフレート・ホーネック(指)+
481-2376
ハイドン:チェロ協奏曲集
ハイドン:チェロ協奏曲第1番ハ短調 Hob.VIIb:1*
 チェロ協奏曲第2番ニ長調 Op.101 Hob.VIIb:2*
エドムント・アンゲラー(1740-1794):おもちゃの交響曲(伝ハイドン:Hob.II:47)
エンリーコ・ディンド(Vc*、指)
イ・ソリスティ・ディ・パドヴァ
481-2391
シューマン:ピアノ・ソナタ第2番ト短調 Op.22
ピアノ・ソナタ第1番嬰ヘ短調 Op.11
トッカータ Op.7
マウリツィオ・バリーニ(P)
マウリツィオ・バリーニは1975年イタリアのピサ生まれ。2004年以来2016年現在アミアータ・ピアノ・フェスティヴァル(イタリア)の芸術監督を務めています。
481-2469
ラフマニノフ:チェロとピアノの為の作品全集
2つの楽曲 Op.2: 前奏曲,東洋的舞曲
ピアノ協奏曲第1番〜第2楽章
ヴォカリーズ Op.34-14
神秘的な夜の静けさに Op.4-3
前奏曲変ト長調 Op.23-10
ロマンス.ヘ短調 Op.4-4
キリストは起ち上がりぬ Op.26-6
チェロ・ソナタ.ト短調 Op.19
シルヴィア・キエーザ(Vc)
マウリツィオ・バリーニ(P)
シルヴィア・キエーザは1966年イタリアのミラノ生まれ。マウリツィオ・バリーニは1975年イタリアのピサ生まれ。二人は2005年以来デュオを組んでいます。
481-2479(2CD)
リスト:詩的で宗教的な調べ S.173(全曲) ロベルト・プラーノ(P)
ロベルト・プラーノは1978年イタリアのヴァレーゼに生まれたピアニスト。2001年クリーヴランド国際ピアノ・コンクール第1位。

481-2632(2CD)
モーツァルト:ピアノ・ソナタ集
ピアノ・ソナタ第1番ハ長調 K.279
ピアノ・ソナタ第2番ヘ長調 K.280
ピアノ・ソナタ第3番変ロ長調 K.281
ピアノ・ソナタ第4番変ホ長調 K.282
ピアノ・ソナタ第5番ト長調 K.283
ピアノ・ソナタ第6番ニ長調 K.284
ピアノ・ソナタ第6番ニ長調 K.284 から アレグロ(第1楽章の初期形断章 K.205b)
ロベルト・プロッセダ(P)
481-2639
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」Op.8 Nos.1-4 RV269, 315, 293, 297
ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.4-8 RV249
ヴァイオリン協奏曲ヘ長調 Op.4-9 RV284
セルゲイ・クリロフ(Vn、指)
リトアニア室内O
セルゲイ・クリロフは1970年モスクワに生まれたイタリアのヴァイオリニスト。2008年以来2016年現在リトアニア室内O芸術監督兼首席指揮者。
481-2693
クルト・ヴァイル:「三文歌劇」組曲と舞曲
クルト・ヴァイル(1900-1950):吹奏楽組曲「小さな三文音楽」(1928)
フィオレンツォ・カルピ(1918-1997):サーカス組曲(ダリオ・フォの戯曲の為の場面音楽;1978-1984)
ニーノ・ロータ(1911-1979):Ogni anno punto e da capo(エドゥアルド・デ・フィリッポの喜劇の為の場面音楽;ピアノの為のオリジナル版;1971)*
ルト・ヴァイル:「三文歌劇」の主題による4つの舞曲
ステファノ・ボルサット(P)*
ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディSO(*以外)
ジュゼッペ・クラツォオーリ(指揮(*以外))
フィオレンツォ・カルピはイタリアのミラノに生まれ、ミラノ音楽院でアッリーゴ・ペドロッロ(1878-1964)、ジョルジョ・フェデリコ・ゲディーニ(1892-1965)に師事した作曲家。1947年ミラノ小劇場(Il Piccolo Teatro di Milano)の共同創立者となり、同劇場および国内外の劇場で上演される舞台作品の為の音楽や映画音楽を数多く書きました。*はロータの秘曲とも言える作品で、もちろん世界初録音。
481-2763
アツィオ・コルギ(1937-):肉と天の間に [Tra la Carne e il Cielo]*
バッハ風フィリグラーナ [Filigrane Bachiane]
選り抜きの5つの歌に倣って [D'apres Cinq Chansons d'Elite]+
 カルマニョール [La Carmagnole]
アンリ4世万歳 [Vive Henri IV]
魅惑的なガブリエル [Charmante Gabrielle]
愛国のロマンス [Romance patriotique]
ああ! すべてはうまく行く(ア・サ・イラ) [Ah! ca ira!]
ヴァレンティーナ・コラドナート(S)*
オメロ・アントヌッティ(朗読*)
シルヴィア・キエーザ(Vc(*/+))
マウリツィオ・バリーニ(P)
トリノPO
ティート・チェッケリーニ(指)
アツィオ・コルギはブルーノ・ベッティネッリ(1913-2004)に師事したイタリアの作曲家。フィリグラーナとは非常に細い金銀の針金で細工された工芸品のこと。
481-2772
コンテンポラリー・クラリネット
シュトックハウゼン(1928-2007):「光の水曜日」から Klarinette aus Orchester Finalisten(1995)
ピエール・ブーレーズ(1925-2016):Dialogue de l'ombre double(1985)
ジェルジェ・クルターグ(1926-):In nomine all'ongherese(2013)
シュトックハウゼン:「光の木曜日」から Tanze Luzefa!(1978)
イヴァン・フェデーレ(1953-):High(2014)
マルコ・ストロッパ(1959-):Il peso di un respiro(2015)+
ブライアン・ファーニホウ(1943-):La chute d'Icare(1988)*
ジャチント・シェルシ(1905-1988):Kya(1959)*
ミケーレ・マレッリ(Cl)
バセットホルン+)
ニュー・ミュージックO*
シモン・ビヴァレツ(指)*
ミケーレ・マレッリ(1978年生まれ)はアレッサンドリア音楽院で学んだ後アラン・ハッカー、スザンヌ・スティーヴンズ、アラン・ダミアンに師事したイタリアのクラリネットおよびバセットホルン奏者。シュトックハウゼンの卒業論文によりトリノ大学で現代文学の学位を取得。
481-2780(2CD)
バッハ:平均律クラヴィーア曲集第2巻 BWV870-893 ラミン・バーラミ(P)
ラミン・バーラミは1976年イランのテレラン生まれのピアニスト。裕福な家庭に生まれながら1979年のイラン革命により父親は投獄され(1991年に刑務所で死亡)、本人は11歳の時にヨーロッパへの移住を余儀なくされました。在テヘラン・イタリア大使館のはからいで奨学金を得てミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院、イーモラ国際ピアノ・アカデミー、シュトゥットガルト音楽大学で学びました。幼時よりバッハに興味を持っていたラミン・バーラミはすでにバッハの多くの作品を録音しています。
481-2809
20世紀のロシア、ウクライナ、エストニアのピアノ音楽
スクリャービン:ピアノの為の24の前奏曲 Op.11 から
 ハ長調(No.1)/イ短調(No.2)/変ト長調(No.13)/変ホ短調(No.14)
 ピアノの為の2つの楽曲 Op.57 から 憧れ(No.1)
 ピアノの為の2つの詩曲 Op.32 から 嬰ヘ長調(No.1)
 ピアノの為の5つの前奏曲 Op.74
ニコライ・オブーホフ(1892-1954):愛し合おう [Aimons-nous les uns les autres]
ストラヴィンスキー:ピアノ=ラグ・ミュージック
プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第3番イ短調「古い手帳から」Op.28
 ピアノの為の3つの楽曲 Op.59 から 田園風ソナティナ ハ長調(No.3)
 年老いた祖母の話 Op.31(ピアノの為の)から
 アンダンティーノ,アンダンテ・アッサイ
 ピアノの為の3つの楽曲 Op.59 から 風景(No.2)
 ピアノの為の4つの楽曲 Op.32 から ガヴォット(No.3)
ショスタコーヴィチ:ピアノの為の3つの幻想的舞曲 Op.5 : 行進曲,ワルツ,ポルカ
 ピアノの為の24の前奏曲とフーガ Op.87 から 第1番ハ長調
アルヴォ・ペルト(1935-):アリーナのために(ピアノの為の)
 アリヌシュカの回復への変奏曲(ピアノの為の)
 アンナ・マリアのために(ピアノの為の)
レオ・スメラ(1950-2000):1981年の2つの楽曲(ピアノの為の)
ヴァレンティン・シルヴェストロフ(1937-):賛歌 2001(ピアノの為の)
ジャンルカ・カシオーリ(P)
481-2816
ヴィオッティ:ヴァイオリン協奏曲集
ヴァイオリン協奏曲第6番ニ長調 W.I-6
ヴァイオリン協奏曲第9番イ長調 W.I-9
ヴァイオリン協奏曲第8番ニ長調 W.I-8
グイード・リモンダ(Vn、指)
カメラータ・ドゥカーレ

481-4521
アラウンド・バッハ
バッハ(ブゾーニ編):トッカータとフーガ ニ短調 BWV565(ピアノの為の)
レーガー:バッハの主題によるピアノの為の変奏曲 Op.81
リスト:泣き、嘆き、憂い、怯え(J・S・バッハのカンタータ BWV12による、ピアノの為の)
フランク:ピアノの為の前奏曲、コラールとフーガ
バッハ:カプリッチョ「最愛の兄の旅立ちに寄せて」BWV992
マッシモ・ジュゼッペ・ビアンキ(P)
マッシモ・ジュゼッペ・ビアンはイタリアのピアニスト・作曲家。ピアノはブルーノ・カニーノ他に師事。
481-4537
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」
ピアノの為のアンダンテ・ファヴォリ ヘ長調 WoO.57
ピアノ・ソナタ第22番ヘ長調 Op.54
ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調「熱情」Op.57
ダヴィデ・カバッシ(P)
ダヴィデ・カバッシは1976年イタリアのミラノに生まれ、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院を1995年に卒業後、コモ湖のカデナッビア国際ピアノ財団で5年間、ロザリン・トゥレック、レオン・フライシャーに師事。2005年の第12回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール・ファイナリスト。

481-4643
シューマン:幻想小曲集 Op.88
幻想小曲集 Op.88〜フィナーレ(オリジナル版;1842)*
ピアノ三重奏曲第3番ト短調 Op.110
メタモルフォージ三重奏団
[マリオ・ログエルチョ(Vn)
フランチェスコ・ペピチェッリ(Vc)
アンジェロ・ペピチェッリ(P)]

*=世界初録音
メタモルフォージ三重奏団は2005年にモディリアーニ三重奏団として結成されたイタリアのピアノ・トリオ。2015年に改称しました。
481-4646
ボヘミアン・ラプソディ
ドヴォルザーク:序曲「オセロ」
ヴァイオリン協奏曲イ短調 Op.53*
マズルカ ホ短調 Op.49*
ロマンス ヘ短調 Op.11*
序曲「謝肉祭」Op.92
イリヤ・グリンゴルツ(Vn)*
プラハ・フィルハーモニア
ニコラ・グエリーニ(指)
イツァーク・パールマン門下のロシアのヴァイオリニスト、イリヤ・グリンゴルツ(1982年レニングラード、現サンクトペテルブルク生まれ)がイタリアDGからリリース。ニコラ・グエリーニはイタリアのヴェローナに生まれ、ミラノのジュゼッペ・ヴェルディ音楽院他で学び、2010年にルガーノ音楽大学(スイス)で指揮法の修士号を取得。2016年現在ペーター・マーク音楽財団総裁。

481-4732
ヴィヴァルディ:チャロ協奏曲集
チェロ協奏曲ニ長調 RV403
チェロ協奏曲イ短調 RV422
チェロ協奏曲ハ長調 RV399
チェロ協奏曲ニ短調 RV406
チェロ協奏曲ヘ長調 RV410
チェロ協奏曲ハ長調 RV400
チェロ協奏曲イ短調 RV419
エンリコ・ディンド(Vc、指)
イ・ソリスティ・ディ・パドヴァ
481-4827
パガニーニ:24の奇想曲 Op.1 セルゲイ・クリロフ(Vn)

481-5627
2台のピアノによるバッハの音楽
バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV 988 〜アリア(2台のピアノによる即興演奏)
カンタータ「心と口と行いと生活で」BWV 147 〜主よ、人のの望みの喜びよ(2台の編曲版)
前奏曲ロ短調 BWV 855a(2台のピアノによる即興演奏)
平均律クラヴィーア曲集第1巻 〜前奏曲とフーガ ハ長調 BWV 846(2台の編曲版)
管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV 1068 〜アリア(2台の編曲版)
メヌエット ト長調 BWV Anh.114
(クリスティアン・ペツォールト(1677-1733)作曲/2台の編曲版)
平均律クラヴィーア曲集第1巻 〜
前奏曲とフーガ ハ短調 BWV 847(2台の編曲版)
イギリス組曲第3番 ト短調 BWV 808 〜サラバンド(2台の編曲版)
3声のシンフォニア第11番 ト短調 BWV 797(2台の編曲版)
フルートとチェンバロの為のソナタ 変ホ長調 BWV 1031 〜
シチリアーナ(2台の編曲版)
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番 ト短調 〜サラバンド(2台の編曲版)
ラミン・バーラミ、ダニーロ・レア(P)
ラミン・バーラミは1976年イランのテレラン生まれのピアニスト。裕福な家庭に生まれながら1979年のイラン革命により父親は投獄され(1991年に刑務所で死亡)、本人は11歳の時にヨーロッパへの移住を余儀なくされましたが、在テヘラン・イタリア大使館のはからいで奨学金を得てミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院、イーモラ国際ピアノ・アカデミー、シュトゥットガルト音楽大学で学びました。幼時よりバッハに興味を持っていたラミン・バーラミはすでにバッハの多くの作品を録音しています。ダニーロ・レアは1957年ヴィチェンツァに生まれたイタリア・ジャズ・ピアノ界の重鎮の一人。
481-5698
ヴィオッティ:ヴァイオリン協奏曲第18番ホ短調 W I:18
ヴァイオリン協奏曲第17番ニ短調 W I:17
グイード・リモンダ(Vn、指)
カメラータ・ドゥカーレ
481-5653
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第24番 嬰ヘ長調 Op.78
ピアノ・ソナタ第26番 変ホ長調「告別」Op.81a
ピアノ・ソナタ第29番 変ロ長調「ハンマークラヴィーア」Op.106
ジャンルカ・カシオーリ(P)

481-5705
森の静けさ
シューベルト:アルペッジョーネとソナタ イ短調 D 821
ドヴォルザーク:ロンド ト短調 Op.94
森の静けさOp.68-5
フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
マッティア・ザッパ(Vc)
マッシミリアーノ・マイノルフィ(P)
マッティア・ザッパは1973年スイスのロカルノに生まれたチェロ奏者。2000年以来2017年現在チューリヒ・トーンハレO員。マッシミリアーノ・マイノルフィは2003年以来マッティア・ザッパとデュオを組んでいるイタリアのピアニスト。

481-6311(2CD)
ル・ヴィオロン・ノワールヴァイオリンの為の音楽
パガニーニ:魔女たちの踊り、ジュスマイヤーの主題によるヴァイオリンと管弦楽の為の変奏曲 ニ長調 Op.8
パガニーニ(グイード・リモンダ編):無伴奏ヴァイオリンの為の24の奇想曲 Op.1 〜第13番 ト短調「悪魔の笑い」
ラヴェル(グイード・リモンダ編):亡き王女の為のパヴァーヌ
ルイージ・ジャネッラ(1778頃-1817):悲痛な協奏曲 [Concerto lugubre]
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番 Op.27-2 〜第1楽章「妄執」*
ジョン・ウィリアムズ(グイード・リモンダ編):映画「シンドラーのリスト」より テーマ(ヴァイオリンと管弦楽の為の)
タルティーニ(R・ザンドナイ編):ヴァイオリン・ソナタ ト短調「悪魔のトリル」
(ヴァイオリン、弦楽と版/カデンツァ:グイード・リモンダ)
グルック(グイード・リモンダ編):歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」より 精霊の踊り
ヴィオッティ:祈りの瞑想
ルクレール(1697-1764):2つのヴァイオリンの為のソナタ イ長調 Op.3-2+
パガニーニ(グイード・リモンダ編):主題と変奏曲「パルマ大公妃のために」
パガニーニ:ロッシーニの「エジプトのモーゼ」の「汝の星をちりばめた王座に」によるヴァイオリンと弦楽の為の序奏、主題と変奏曲
クライスラー(グイード・リモンダ編):愛の悲しみ
フランツ・フォン・ヴェチェイ(1893-1935):悲しいワルツ
フバイ:クレモナのヴァイオリン作り〜ヴァイオリン作りのソロ
ヴィエニャフスキ(グイード・リモンダ編):伝説 ト短調 Op.17
ヴィオッティ:ヴァイオリンと管弦楽の為の主題(フランス国歌)と変奏曲 ハ長調
シャルル=オーギュスト・ド・ベリオ(1802-1870):無伴奏ヴァイオリンの為の12の情景 Op.109 〜別れ(No.1)*
グイード・リモンダ(ヴァイオリン、指揮(*/+以外))
ジュリア・マリア・リモンダ(Vn)+
カメラータ・ドゥカーレ(管弦楽(*/+以外))
フランスのヴァイオリニスト・作曲家ジャン・マリー・ルクレールがファースト・オーナーとなった1721年ストラディヴァリウス製のヴァイオリン「ル・ノワール(Le Noir)」を、当レーベルにヴィオッティのヴァイオリン協奏曲シリーズを録音しているグイード・リモンダが演奏。ミステリー、悲しみ、悪魔、夜、死といった暗黒(Le Noir)サイドをテーマとした選曲が成されたユニークなアルバムです。
481-6445(2CD)
ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー(グローフェ編;ピアノとジャズ・バンドの為の版)
キャットフィッシュ・ロー(歌劇「ポーギーとベス」によるピアノと管弦楽の為の交響組曲)
ピアノ協奏曲 ヘ調
リアルト・リップルズ(ウォルター・ドナルドソン共作・編曲;ピアノと管弦楽の為の)
「The Man I Love」によるピアノ即興演奏
「How Long Was This Been Goin' on」によるピアノ即興演奏
「But Not for Me」によるピアノ即興演奏
「Someone to Watch Over Me」によるピアノ即興演奏
ステファノ・ボラーニ(P)
ライプツィヒ・ゲヴァントハウスO*
リッカルド・シャイー(指)
2010年に発売された [CD 1] に15分24秒収録のボーナス・ディスクが付いた限定生産品。
481-6499
コンフィテボール(われ感謝す)
ニコラウス・ブルーンス(1665-1697):オルガンの為の前奏曲とフーガ ト長調*
モンテヴェルディ:われ主に感謝す(第2) [Confitebor tibi, Domine (secondo)]
ブクステフーデ:喘ぐ鹿の如く [Queadmodum desiderat cervus] BuxWV 92
ニコラウス・ブルーンス:深き淵よりわれば呼ぶ [De profundis clamavi]
 ディートリヒ・ブクステフーデ:イエス、甘き思い出 [Jesus dulci memoria] Buxx 57
ヨハン・クリスティアン・シーファーデッカー(1679-1732):われ御身に依り頼みたり [In te Domine speravi]
ジョヴァンニ・バッティスタ・バッサーニ(1647/1650-1716):主を称えよ [Laudate Dominum]
ニコラウス・ブルーンス:オルガンの為の前奏曲 ホ短調*
ノヴァ・アルス・カンタンディ(合唱)
イヴァーナ・ヴァロッティ(Org)
ジョヴァンニ・アッチャイ(指)
481-6552
ドビュッシー:前奏曲集第1巻 L.117
ベルガマスク組曲 L.75
ヴァネッサ・ベネッリ・モーゼル(P)
481-6561
サルヴァトーレ・シャリーノ(1947-):別の新たな顔 2
婚礼 [Sposalizio] (リストの「巡礼の年 第2年 イタリア」S.161
第1曲「婚礼」による、管弦楽の為の)
友のように [Come se un amico] (ショパンによる、声と管弦楽の為の)*
20世紀の9つの歌 [Nove Canzoni del XX Secolo] (声と管弦楽の為の)*
Mercer: Dream / Rose, Parish: Deep Purple
Ellington, Mills, Parish: Sophisticated Lady / Porter: Night and Day
Carmichael, Parish: Stardust / Gershwin: Love Is Here to Stay
Clarke, Hanley: Second-Hand Rose / Freed, Brown: You Are my Lucky Star
Mercer: Dream 2
クリスティーナ・ザヴァッローニ(Ms)*
パドヴァ・ヴェネトO
マルコ・アンジウス(指)
481-6567(2CD)
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第7番 ハ長調 K.309(284d)
ピアノ・ソナタ第8番 イ短調 K.310(300d)
幻想曲(断章)ニ短調 K.397(385g)
ピアノ・ソナタ第9番 ニ長調 K.311(284c)
ピアノ・ソナタ第10番 ハ長調 K.330(300h)
ピアノ・ソナタ第11番 イ長調 K.331(300i)
ピアノ・ソナタ第12番 ヘ長調 K.332(300k)
ピアノ・ソナタ断章 変ロ長調 K.400(372a)(シュタードラーによる完成版)
ロベルト・プロッセダ(P)

使用楽器:Fazioli, F 278調律:Valotti unequal temperament
81-6737
スコットランド歌曲&ピアノ三重奏曲集
ハイドン:ピアノ三重奏曲 ホ長調 Hob.XV:28
スコットランド歌曲集Hob.XXXIa〜*While Hopeless(No.104) / The Widow (No.118)
Morag(ケルトの歌)(No.143bis) / Rattling Roaring Willy (No.227)
The Slave's Lament (No.137) / My Love She's But a Lassie Yet (No.194)
ベートーヴェン:「私は仕立て屋カカドゥ」の主題によるピアノ、ヴァイオリンとチェロの為の10の変奏曲 ト長調 Op.121
25のスコットランド歌曲Op.108〜*Music, Love And Wine (No.1) / The Lovely Lass of Inverness (No.8)
Bonnye Laddie, Highland Laddie (No.7) / Faithfu' Johnie (No.20)
Sympathy (No.10) / Sunset (No.2) / Come Fill, Fill My Good Fellow (No.13)
モニカ・バチェッリ(Ms)*
メタモルフォージ三重奏団

UNIVERSAL MUSIC SPAIN
00289-476300-3
(2CD)
マヌエル・フェルナンデス・カバリェロ(1835-1906):サルスエラ「"アフリカの女"の二重唱」(1893)
 [CD 1]台詞を含む全編録音
 [CD 2]台詞を除く全曲&挿入アリア
ルペルト・チャピ:サルスエラ「ゼベダイの娘たち」〜女看守たち*
ビゼー:歌劇「カルメン」〜ハバネラ+
ビセンテ・リェオ:サルスエラ「ファラオの宮廷」〜クプレ#
ヘロニモ・ヒメネス:サルスエラ「ラ・テンプラニカ」〜歌**
マリア・ロドリゲス、トリニダド・イグレシアス(S)
ギリェルモ・オロスコ、ハビエル・フェレル(T)
ルイス・アルバレス(Br)他
イサベル・レイ(S)*
マリア・ホセ・モンティエル(S)+
エスペランサ・ロイ(女優;歌)#*
アナ・マリア・サンチェス(S)*
ヘスス・ロペス・コボス(指)
マドリード王立劇場O&cho

録音:2003年12月30-31日、マドリード王立劇場、ライヴ
マイアベーアの歌劇「アフリカの女」の上演のいきさつをドラマ化したサルスエラ。[CD 2]にはサルスエラの歴史的上演スタイルに合わせ、余興として他の舞台作品からの楽曲が演奏されるコーナーが設けられています。130ページのブックレットに解説、歌詞・台詞の英訳を完備。
00289-47630593
フェデリコ・チュエカ(1846-1908)&ホアキン・バルベルデ(1846-1910):サルスエラ「グラン・ビア(大通り)」(1886)
 サイネテ「エル・バテオ」(1901)
マリア・バヨ、マリア・ロドリゲス(S)
エミリオ・サンチェス(T)
マヌエル・ランサ、ホセ・フリアン・フロンタル、
エリク・マルティネス=カスティニャニ(Br)
テネリフェ室内cho
テベリフェ音楽院児童cho
テネリフェSO
ビクトル・パブロ・ペレス(指)

録音:2004年10月26、30日、サンタクルス(スペイン、カナリア諸島テネリフェ島)、アウディトリオ
音楽を愛しながら医学の道に進んだチュエカは反体制運動のかどで逮捕されたことを機に音楽家に転向しました。彼は管弦楽法は得意でなかったため、バルベルデら作曲家の助力を得ました。当盤にはチュエカ&バルベルデ・コンビによる代表的2作品を収録。98ページのブックレットに解説、歌詞・台詞の英訳を完備。
00289-47632924
【高価格帯】
ビクトリア:作品集 Vol.3
トレドの写本によるミサとマニフィカト
ミサ・ガウデアームス[Missa Gaudeamus](ミサ「歓喜せよ」;モラレスの「Jubilate Deo」に基づく;6声)
マニフィカト第8旋法(4声)
私は水を見た(アンティフォナ;4声)
ミサ・アヴェ・マリス・ステラ[Missa Ave maris stella](ミサ「めでたし海の星」;4声)
マイケル・ヌーン(指)
アンサンブル・プルス・ウルトラ

録音:2008年8月7-10日、ケンブリッジ(イギリス)、チェスタートン、聖ジョージ教会
スペインのトレド大聖堂に所蔵されている写本に収められた譜面を使用した録音。「ミサ・ガウデアームス」はモラレス作曲の「神に向かいて歓呼せよ(Jubilate Deo)」に基づく作品。
00289-47634669
【高価格帯】
ビクトリア:作品集 Vol.4
聖母マリアのミサと聖母のためのモテット集
アヴェ・マリア[Ave Maria](8声)
私は美しい人を見た[Vidi speciosam](6声)
喜べ処女マリアよ[Gaude Maria virgo](5声)
聖母マリアのミサ[Missa de Beat Virgine](5声)(*)
何と美しいことか[Quam pulchri sunt](4声)
聖なるマリアよ、救いたまえ[Sancta Maria](4声)
あなたの後をついて行かせてください[Trahe me post te](6声)
マニフィカト第1旋法(4声)(*)
最も聡明なる処女[Virgo prudentissima](グレゴリオ聖歌;アンティフォナ)(*)
祝福あれ処女マリアよ[Beata es Virgo](4声)
マイケル・ヌーン(指)
アンサンブル・プルス・ウルトラ

録音:2008年8月14-17日、ケンブリッジ(イギリス)、チェスタートン、聖ジョージ教会
(*)はVol.3と同じトレドの写本に収められた譜面を使用した録音。

UMP-4764427
日本との絆〜日本がんばれ!東日本大震災復興支援ショパン・アルバム
(1)バラード ト短調 Op.23
(2)練習曲ヘ長調 Op.25-3/同ヘ長調 Op.10-8/同ロ短調 Op.25-10
(3)ポロネース ハ短調 Op.40-2
(4)マズルカ ト長調 Op.50-1/同変イ長調 Op.50-2/同嬰ハ短調 Op.50-3
(5)ポロネーズ変イ長調 Op.53
(6)舟歌 嬰ヘ長調 Op.60
(7)前奏曲ホ短調 Op.28-4/同嬰ヘ長調 Op.28-13/同変ニ長調 Op.28-15
(8)アンダンテ・スピアナートと華麗なポロネーズ変ホ長調 Op.22
(1)クリスティアン・ツィメルマン(P)
 録音:1988年 原盤:DG
(2)ヤヌシュ・オレイニチャク(P)
録音:1970年 原盤:ポーランド放送
( 3)バルバラ・ヘッセ=ブコフスカ(P)
 録音:1970年 原盤:ポーランド放送
(4)アダム・ハラシェヴィチ(P)
 録音:2009年 原盤:ポーランド放送
(5)ピオトル・パレチニ(P)
 録音:1977年 原盤:ポーランド放送
(6)クシシュトフ・ヤブウォンスキ(P)
 録音:1990年 原盤:ポーランド放送
(7)ラファウ・ブレハッチ(P)
 録音:2007年 原盤:DG
(8)エヴァ・ポブウォツカ(P)
 録音:1980年 原盤:ポーランド放送
東日本大震災復興支援のためにポーランドが国を挙げて取り組むプロジェクト「日本との絆」。ショパン国際ピアノ・コンクールに入賞歴のあるポーランドのピアニストたちの演奏によるこのコンピレーション・アルバムの収益は、震災および原子力発電所事故により被災した子供たちの生活と教育環境の再建のために寄付されます。
00289-47640462
トマス・ルイス・デ・ビクトリア(1548-1611):作品集 Vol.7
マドリード・ハプスブルク王家の復活祭の典礼音楽(1600年頃)
私は喜んだ[Laetatus sum](3群12声)*
《聖土曜日》
〈復活の聖なる徹夜祭〉
僕(しもべ)らよ、主をたたえよ[Laudate pueri](詩篇;2群8声)*−
アレルヤ[Alleluia](アンティフォナ)+
マニフィカト第6旋法[Magnificat](3群12声)*−
安息日の翌朝[Vespere autem](アンティフォナ)+
《復活の主日》
〈ミサ〉
私は立ち上がり、あなたとともにいる[Resurrexi et adhuc tecum sum]+
ミサ・レタートゥス・スム[Missa Laetatus sum]
(ミサ「私は喜んだ」;3群12声)*
《晩課》
アレルヤ.主の天使[Alleluia. Angelus Domine]+
復活のいけにえに称賛を[Victimae paschali laudes](セクエンツィア)*
子羊の宴を整え[Ad caenam Agni Providi](賛歌;4声)+
《終課》
見よ、今こそ主をたたえよ[Ecce nunc benedicite Dominum]*−
私を憐れんでください[Miserere mihi](アンティフォナ)+
レジナ・チェリ[天の元后;Regina coeli laetare](アンティフォナ;2群8声)*
アンサンブル・プルス・ウルトラ*
スーザン・ハミルトン、ケイティ・トレザウェイ(S)
クレア・ウィルキンソン(A) デイヴィッド・マーティン(男性アルト)
アシュリー・ターネル、ウィリアム・ボークウィル、
ウォーレン・トレヴェリアン=ジョーンズ(T)
ジミー・ホリデイ、ジャイルズ・アンダーウッド(Bs)
アンドレス・セア(Org)
ヒズ・マジェスティーズ・サグバッツ&コルネッツ*
ジェイミー・サヴァン、サム・ゴーブル(コルネット[ツィンク])
ニコラス・ペリー(コルネット[ツィンク]、ドゥルツィアン、ショーム)
フィリップ・デイル(サックバット)
スコラ・アンティクァ(グレゴリオ聖歌斉唱)+
フアン・カルロス・アセンシオ(グレゴリオ聖歌指揮)+
マイケル・ヌーン(指)

録音:2009年6月5-9日、トリデシリャス(スペイン、バリャドリド県)、聖ペドロ教会
マドリード貯蓄銀行文化財団をスポンサーとする「黄金世紀シリーズ(Los SIGLOS de ORO)」プロジェクトの一環として、ビクトリアの没後400年にあたる西暦2011年に合わせ全10巻完結を目指して進行中のビクトリア・シリーズ第7弾。ビクトリアの作曲技法の極みといえる3群12声の為の作品(当演奏ではそのうち1群を管楽器で演奏)を中心に、グレゴリオ聖歌斉唱を加えて復活祭の典礼の音楽を再現する試みがなされています。「ミサ・レタートゥス・スム」(ミサ「私は喜んだ」)は、自作の詩篇曲「私は喜んだ」に基づくパロディ・ミサ。
00289-47640479
トマス・ルイス・デ・ビクトリア(1548-1611):作品集 Vol.8
ミサ・アヴェ・レジナ、モテットと晩課の為の音楽
私は色黒、けれども愛らしい[Nigra sum sed formosa](モテット;6声)
老人は幼児を抱き[Senex puerum portabat](モテット;4声)
サルヴェ・レジナ[Salve Regina](アンティフォナ;6声)
主は言われた[Dixit Dominus](詩篇;8声)
マニフィカト第5旋法[Magnificat Quinti toni](6声)
主をほめたたえよ[Laudate Dominum](詩篇;8声)
アヴェ・レジナ・チェロールム[幸あれ、天の元后;Ave Regina coelorum]
(アンティフォナ;8声)
ミサ・アヴェ・レジナ[Missa Ave Regina](8声とオルガン)
彼女の手に果実を与えよ[Date ei de fructu](モテット;4声)
おお、聖なる宴[O sacrum convivium](モテット;6声)
アンサンブル・プルス・ウルトラ
グレース・デイヴィドソン、エイミー・ハワース(S)
クレア・ウィルキンソン(A)
デイヴィッド・マーティン、マーク・チェンバーズ(男性アルト)
アシュリー・ターネル、トム・ホブズ、ジュリアン・ストッカー(T)
ジミー・ホリデイ、サイモン・ガリアー(Bs)
マハン・エスファハニ(Org)
マイケル・ヌーン(指)

録音:2009年8月、ロンドン、ハムステッド、セント・ジュード=オン=ザ・ヒル教会
マドリード貯蓄銀行文化財団をスポンサーとする「黄金世紀シリーズ(Los SIGLOS de ORO)」プロジェクトの一環として、ビクトリアの没後400年にあたる西暦2011年に合わせ全10巻完結を目指して進行中のビクトリア・シリーズ第8弾。
「ミサ・アヴェ・レジナ」(ミサ「」)は、自作のアンティフォナ「アヴェ・レジナ・チェロールム」に基づくパロディ・ミサ。
00289-47643494
マイ・スペイン
ホセ・マリア・ガジャルド・デル・レイ(1961-):イベリアの主題による幻想曲
 ラ・エリアナ協奏曲
 アルベニスへの墓碑銘
 EsZENa I a Astor
 EsZENA II a Nela
ファリャ(ホセ・マリア・ガジャルド・デル・レイ編):「恋は魔術師」〜隣人たちの踊り
 「三角帽子」〜粉屋の踊り
 「恋は魔術師」〜情景−鬼火の歌,火祭りの踊り
 「はかない人生」〜舞曲
アルベニス(ホセ・マリア・ガジャルド・デル・レイ編):スペインの歌 Op.232〜コルドバ
 スペイン組曲 Op.47〜セビリャ
ホセ・マリア・ガジャルド・デル・レイ:暗闇のバンデリリャス
ホセ・マリア・ガジャルド・デル・レイ(G)
ラ・マエストランサ
[エセキエル・コルタバリア(Fl) 
ビセンテ・サバテル(Cl)
エバ・マルティン(Va) 
ミハウ・ドモホフスキ(Vc)
ヘルマン・ムニョス(Cb) 
ロベルト・ボスメディアノ(打楽器)]

録音:2009年、ナバセラダ(スペイン、マドリード自治州)、イスラ・ブランカ・スタジオ
ホセ・マリア・ガジャルド(ガリャルド)・デル・レイはスペインのセビリャに生まれ、9歳でデビュー以来世界的に活躍しているギタリスト・作曲家。
00289-47644552
ビクトリア:作品集Vol.9
ミサ・サルヴェとモテット集
たたえよ、シオンよ[LaudaSion](セクエンツィア;2群8声)
主よ、私には資格がありません[Dominenonsumdignus](モテット;4声)
サルヴェ・レジナ[SalveRegina](アンティフォナ;8声;トレド写本版)
アヴェ・マリス・ステラ[幸あれ、海の星;Avemarisstella](賛歌;4声;トレドのグレゴリオ聖歌付き)
私は生きたパンである(モテット;4声)
ミサ・サルヴェ(8声&オルガン)
おお、聖なる宴よ[Osacrumconvivium](モテット;4声)
聖処女のリタニア[LitaniadeBeataVirgine](8声)
アンサンブル・プルス・ウルトラ
[ グレース・デイヴィドソン、エイミー・ハワース(S)
クレア・ウィルキンソン(A)
デイヴィッド・マーティン、
マーク・チェンバーズ、デイヴィッド・オルソップ(男性アルト) 
トム・ホブズ、ジュリアン・ストッカー、
アシュリー・ターネル、(T)
サイモン・ガリアー、
ジミー・ホリデイ、
ステュアート・ヤング(Bs)
マハン・エスファハニ(Org)]

マイケル・ヌーン(指)

録音:2009年8月、ロンドン、ハムステッド、セント・ジュード=オン=ザ・ヒル教会
「ミサ・サルヴェ」は当盤収録の「サルヴェ・レジナ」に基づくミサ曲。
00289-47644569
ビクトリア:作品集Vol.10
教会暦の為のモテット&賛歌集
善い羊飼いはよみがえられた(モテット;6声)
おお、イスパニアの光にして徳(モテット:5声)
おお、天の王を(モテット;4声)
博士たちは星を見て(モテット;4声)
星の創り主よ(賛歌;4声)
私は急ぎ、市民を包囲しよう(モテット;6声)
二人のセラフィムが(モテット;4声)
来てください、創造主である聖霊よ(賛歌;4声)
おお、大いなる神秘よ(モテット;4声)
キリストは高みに昇り(モテット;5声)
聖霊降臨祭の日が来て(モテット;5声)
残酷な敵ヘロデよ(賛歌;4声)
誰を見たのか羊飼いたちよ(モテット;6声)
私の心は燃えている(モテット;6声)
アンサンブル・プルス・ウルトラ
グレース・デイヴィドソン(S)
クレア・ウィルキンソン(A)
デイヴィッド・マーティン、
マーク・チェンバーズ(男性アルト)
ジュリアン・ストッカー、
ジェレミー・バッド、
アシュリー・ターネル(T)
サイモン・ガリアー、
ジミー・ホリデイ、
ステュアート・ヤング(Bs)
マイケル・ヌーン(指)

録音:2009年11月、ロンドン、ハムステッド、セント・ジュード=オン=ザ・ヒル教会
00289-47645054
ジュアン・バレント(1964-):Kaiassa
パンゲア(弦楽合奏の為の)
盲目のメロディ(弦楽合奏の為の)
別れ(テノール、ピアノと弦楽合奏の為の)(*/#)
四季(マヨルカの四季)(ヴァイオリン、ピアノと弦楽合奏の為の)+
絞首罪人のバラード(テノールと弦楽合奏の為の)*
Kaiassa(ピアノと弦楽合奏の為の)#
砂文字(声と弦楽合奏の為の)**
ジュゼプ・M・サンチャス(T)*
クリス・ジュアニコ(歌**)
セシリア・ベルコヴィク(Vn)+
アンドレウ・リエラ(P)#
アルス・アンサンブル
ジュゼプ・ビセント(指)

録音:マヨルカ(スペイン)、マドリード
ジュアン・バレントはスペイン、マヨルカ島のパルマ生まれの作曲家。カルラス・ギノバルト、ジュアン・ギンジュアン、ダビド・パドロスに師事した後渡米しカリフォルニア州立大学でクラシックおよび映画音楽と指揮を学びました。1996年よりマドリードを本拠とし、アルス・アンサンブルを創設。クラシックの他、映画音楽や様々なジャンルのアレンジャーとしても活躍しています。
00289-47648963
フェデリコ・チュエカ(1846-1908)&ホアキン・バルベルデ(1846-1910):サルスエラ「カディス」(ハビエル・デ・ブルゴス台本;2幕9場;1886)
イサベル・レイ(ソプラノ:クッラ)
ホセ・ブロス(テノール:エル・ルビオ)
アナ・イバラ(ソプラノ:ママ、黒人の女)
カルロス・ベルガサ(バリトン:ドン・クレト、ロレンソ)
エミリオ・サンチェス(テノール:黒人の男)
ルイス・アルバレス(バリトン:盲人)
ソニア・ガンセロ(メゾソプラノ:女1)
ビクトリア・マルチャンテ(ソプラノ:女2)
ゴンサロ・ブルゴス(バリトン:イギリスの役人1、修道士1)
フランシスコ・サンティアゴ(バリトン:イギリスの役人2、修道士2)
マドリード自治州立Cho
ジョルディ・カザス・バイエル(合唱指揮)

ビクトル・パブロ・ペレス(指)ガリシアSO

録音:2008年9月4-6日、アウディトリオ劇場、サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアル、
マドリード県、スペイン
スペインの国民的オペレッタとも称されるサルスエラの名作をイサベル・レイ、ホセ・ブロスが歌った注目の録音。全80ページのブックレットに解説・歌詞の英語対訳を完備。マドリード貯蓄銀行財団のスポンサーシップによる初回生産限定商品につき、お早目のオーダーをお願いいたします。
00289-47646631
高価格少量生産品
スペインの合唱音楽
ビクトリア:自ら望みを満たす者は幸いである[Beatus vir]
フランシスコ・ゲレロ:Si tus penas no pruevo/La tierra s'esta gazando
ジュアン・セレロルス(1618-1680):めでたし、天の元后[Ave Regina coelorum]
パブロ・カザルス(1876-1973):おお、道行くすべての者たちよ[O vos omnes]
モンポウ:魂の歌[Cantar del alma]*
ロドルフォ・アルフテル(1900-1987):3つの墓碑銘[Tres epitafias]Op.17
 ドン・キホーテの墓のために[Para la sepultura de Don Quixote]
 ドゥルシネアの墓のために[Para la sepultura de Dulcinea]
 サンチョ・パンサの墓のために[Para la sepultura de Sancho Panza]
アントン・ガルシア・アブリル(1933-):われらの父[Pater noster]/アヴェ・マリア[Ave Maria]
オスカル・エスプラ(1886-1976):レバント地方の2つのトナダ[Dos tonadas levantinas]
 山の歌(脱穀の歌)[De la sierra (Canta de trilla)]
 海の歌(地中海風)[De la matrina (Mediterranea)]
ビセンテ・ゴイコエチャ(1854-1916):アヴェ・マリア[Ave Maria]*
ヘスス・グリディ(1886-1986):アヴェ・ヴェルム・コルプス[Ave verum corpus]*
モンサルバジェ(1912-2002):3つの黒人の歌[Tres canciones negras]
 ハバネラ調[Punto de habanera]+,黒人の子守歌[Cancion de cuna para dormir a un negrito]+,黒人の歌[Canta negro]
聖母の嘆き[Il Pianta della Madonna]+
デ・パブロ(1930-):3つの宗教的断章[Tre frammenti sacri]#
 詩篇唱和[Il salmo responsarile],福音書賛[L'acclamazione al Vangelo],
 福音書朗読の後の歌[Il canto dopo il Vangelo]
スペイン国立Cho
ダビド・マレト(Org)*
セルヒオ・エスペホ(P)+
マヌエル・ブランコ、アダン・デルガド(トランペット#)
フアン・カルロス・マタモロス(トロンボーン#)
ミレイア・バレラ(指)

録音:2010年6月21-26日、国立音楽堂室内楽ホール、マドリード、スペイン
スペイン国立合唱団は1971年に創設されたマドリードの国立音楽堂に本拠を置く合唱団。2005年から2010年まで合唱指揮者ミレイア・バレラが音楽監督を務めました。
00289-47648222
高価格少量生産品
ドビュッシー、ラヴェル:管弦楽作品集
ドビュッシー:イベリア
ラヴェル:スペイン狂詩曲
 道化師の朝の歌/ボレロ*
ジュゼプ・ポンス(指)
スペイン国立O

録音:2010年6月16-20日、2011年9月20-24日*、国立音楽堂シンフォニー・ホール、マドリード、スペイン
スペインの指揮者とオーケストラによるドビュッシーとラヴェルのスペイン風作品集。ジュゼプ・ポンス(1957年カタルーニャ生まれ)が2003年以来音楽監督を務めるスペイン国立Oを指揮。
00289-47648918
アイノア・アルテタ、ファリャを歌う!
ファリャ(エルネスト・アルフテル編):7つのスペイン民謡(管弦楽伴奏版)*
ファリャ:バレエ「三角帽子」*
フアン・ホセ・カストロ(1895-1968):山々の叫び
アイノア・アルテタ(S)*
ホセ・ラモン・エンシナル(指)
マドリード自治州立O
このところポピュラーへ系の進出が目立っていたアイノア・アルテタがクラシックCDに久々の登場。フアン・ホセ・カストロはアルゼンチンの作曲家・指揮者。
マドリード自治州立Oは1987年に創設され、1998年の機構改革以来マドリードのサルスエラ劇場のオーケストラを兼務しています。ホセ・ラモン・エンシナル(1954年マドリード生まれ)はグラン・カナリアPO首席指揮者(1982-1984)、ポルトガルSO音楽監督(1999-2001)を経て2000/2001年シーズンよりマドリード自治州立OおよびChoの音楽監督を務めています。
00289-47649281
高価格少量生産品
ヒナステラ:管弦楽作品集
バレエ組曲「エスタンシア」Op.8(1941)
バレエ「パナンビ」Op.1(全曲;1934-1936)
序曲「クレオールのファウスト」(1943)
ペドロ・アルフテル(指)
グラン・カナリアPO

録音:2010年6月26-30日、アルフレド・クラウス・アウディトリアム・シンフォニー・ホール、
ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア、スペイン
ヒナステラの出世作である「パナンビ」を中心に据えた一枚。ペドロ・アルフテルは作曲家クリストバル・アルフテル(ロドルフォ・アルフレル、エルネスト・アルフテルの甥)の息子として1971年マドリードに生まれたスペインの指揮者・作曲家。スペイン領カナリア諸島を代表するオーケストラであるグラン・カナリアPOの音楽監督を務めています。
00289-47659549
プッチーニ:菊(弦楽の為の)
ボッケリーニ:スターバト・マーテルOp.61 G.532(ソプラノと弦楽合奏の為の)
ロッシーニ(シャッリーノ編):カンタータ「ジョヴァンナ・ダルコ」(メゾソプラノと管弦楽の為の)
イザベル・レイ(S)
ダニエラ・バルチェッローナ(Ms)
スペイン国立青年O
リッカルド・フリッツァ(指)

録音:2005年3月23-24日、クエンカ(スペイン)、テアトロ・アウディトリオ、
第44回クエンカ宗教音楽週間、ライヴ
スペインとイタリアの歌姫対決といった趣のライヴ録音盤。マドリード貯蓄銀行のスポンサーシップにより2007年にスペイン・ローカル発売されたものです。
00289-47661467
【高価格帯】
アリアーガ(1806-1826):弦楽四重奏曲集
 第1番ハ短調/第2番イ長調/第3番変ホ長調
モザイクSQ[エーリヒ・ヘーバルト、アンドレアス・ビショフ(Vn)、アンタ・ミッテラー(Va)、クリストフ・コワン(Vc)]

録音:2006年9月1-7日、マドリード王宮、クリスティナ王妃の間
こちらもマドリード貯蓄銀行文化財団をスポンサーとする「黄金世紀シリーズ(Los SIGLOS de ORO)」プロジェクトの一枚。スペインの夭逝作曲家アリアガ(アリアーガ)の弦楽四重奏曲をピリオド楽器による本格的演奏で楽しめます。解説はスペイン語と英語をブックレットに記載。
00289-47664604
【高価格帯】
ラリオン・エスラバ(1807-1878):ミゼレーレ ホセ・ブロス(T)
フラビオ・オリベル(C.T)
カルロス・アルバレス(Br)
ヘスス・マヌエル・カルニセロ、アントニオ・サンス
(ボーイソプラノ[エル・エスコリアル王立修道院聖歌隊ソリスト])
ラ・マエストランサ劇場アソシアシオン・デ・アミゴスcho
ルイス・イスキエルド(指)セビリャ王立SO

録音:2007年9月3-8日、セビリャ(スペイン)、アポロ・ホール
イラリオン・エスラバはセビリャ大聖堂楽長、マドリード王室礼拝堂楽長、マドリード音楽院教授等を務めた作曲家・音楽著述家で、スペインにおけるオペラの普及・発展にも尽力しました。収録の「ミゼレーレ」(1833年作曲のもう一曲のミゼレーレに対して「大ミゼレーレ(Miserere grande)」とも呼ばれる)は彼の代表作。聖週間にセビリャ大聖堂で長く歌い継がれてきました。外装・ブックレット表記はスペイン語のみ。
00289-47658252
フェデリコ・モレノ・トロバ(1891-1982):サルスエラ「ルイサ・フェルナンダ」(1932)
プラシド・ドミンゴ(T)
ナンシー・エレラ(Ms)
マリオラ・カンタレロ(S)
ホセ・ブロス(T)他
ヘスス・ロペス・コボス(指)
マドリード王立劇場O&cho

録音:2006年6月28日、7月13-16日、マドリード、王立劇場
※98ページのブックレットに解説、歌詞・台詞の英訳を完備。
00289-47662754(2CD)
マヌエル・ガルシア(1775-1832):歌劇「バグダッドのカリフ」(1813) アンナ・キエリケッティ(S)
ミレーナ・ストルティ、マヌエラ・クステル(Ms)
エミリアノ・ゴンサレス・トロ、ホセ・マヌエル・サパタ(T)
マリオ・カッシ、ダビド・ルビエラ(Br)
クリストフ・ルセ(指)グラナダ市立Ocho
レ・タラン・リリク

録音:2007年6月25-27日、マドリード、サルスエラ劇場
  2007年6月28日、バルセロナ、カタルーニャ音楽堂
特にロッシーニ歌いとして大活躍したスペインのテノールで、作曲家としても40もの歌劇、喜歌劇をはじめ多数の作品を残したマヌエル・ガルシアの代表作の一つ。イタリア語による2幕構成の歌劇・ブッファです。ピリオド楽器を使用した本格的演奏。114ページのブックレットに解説、歌詞・台詞の英訳を完備。
00289-47663744
(1CD+1DVD)
ブリテン:歌劇「ノアの洪水」(スペイン語版) マリサ・マルティンス(Ms:ノアの妻)
ホセ・アントニオ・ロペス(Br:ノア)
マリオ・ガス、フェリペ・ニエト、
ヘラルド・ロペス、ハビエル・マルティネス、
アナ・マリア・フェルナンデス、
ノエリア・ブニュエル、他(出演)
クエンカ職業音楽院ペドロ・アラナス青年cho&児童cho
ディプタシオン・デ・クエンカExcma音楽院cho
エミリオ・アラゴン(指)
クエンカ職業音楽院フルート・アンサンブル
スペイン国立青年O員
マドリード自治州立O

録音:2005年3月30-31日、クエンカ(スペイン)、テアトロ・アウディトリオ、
第46回クエンカ宗教音楽週間、ライヴ
マドリード貯蓄銀行のスポンサーシップにより2007年にスペイン・ローカル発売。制作ドキュメンタリーを収録したDVDとのセットですが、DVDは日本製の再生機器では動作しない可能性が高く、弊社は再生の保証をいたしません。なにとぞご了承ください。
00289-47668725
【高価格帯】
ビクトリア:作品集 Vol.1
勝利のミサ&4声のレクイエム
来たれ聖霊よ[Veni Sancte Spiritus](セクエンツィア;8声)
勝利のミサ[Missa pro Victoria](9声)
バビロンの流れのほとりに[Super flumina Babylonis](詩篇;8声)
死者のためのミサ(4声のレクィエム)[Missa pro Defunctis]
日々罪を犯す私を[Peccantem me](レスポンソリウム;4声)(*)
私は信じる贖い主は生きておられると[Credo quod Redemptor](レスポンソリウム;4声)(*)
マイケル・ヌーン(指)
アンサンブル・プルス・ウルトラ

録音:2008年1月16-18日、ケンブリッジ(イギリス)、チェスタートン、聖ジョージ教会
ビクトリアの没後400年にあたる西暦2011年に合わせ全10巻完結を目指して進行中のシリーズ第1弾。マドリード貯蓄銀行文化財団をスポンサーとする「黄金世紀シリーズ(Los SIGLOS de ORO)」プロジェクトの一環で、発売元はスペインUNIVERSAL(ローカル)となっています。
スペイン・ルネサンスの最重要作曲家ビクトリアのレクィエムといえば「死者のための聖務日課集」に収められた6声の作品(1605年出版)が圧倒的に有名であり数々の名盤も存在しますが、もう一つのレクィエムはその音楽的価値に比べて不当と言えるほど録音の機会に恵まれませんでした。この4声のレクィエム(1583年出版)は6声のレクィエムに比べると演奏時間も規模も小さくやや古風で地味ではありますが、ビクトリアらしい魅力に欠けることはありません。むしろその簡潔にして清楚な音楽に6声のレクィエムに勝る魅力を感じるリスナーも少なくないでしょう。古楽ファンでなくとも合唱に興味がある方にはぜひともおすすめしたい佳曲です。なお、(*)は1592年の再版の際に追加された楽曲。ジャヌカン作曲の「戦争」(1528)に基づく「勝利のミサ」はレクィエムとはまったく性格を異にする祝典的作品で、コルネット(ツィンク)とサックバットも演奏に参加。全体を通して、スペイン・ルネサンス音楽のスペシャリストであるマイケル・ヌーン&アンサンブル・プルス・ウルトラによる演奏は文句無しです。Vol.1〜4すべて解説はスペイン語と英語、歌詞は原語とスペイン語訳、英語訳をブックレットに記載。

00289-48105762
ヴァイオリンとピアノの為のスペイン音楽
トゥリーナ:サンルカルの娘の詩(幻想曲)Op.28
ファリャ(パウル・コハンスキ編):スペイン民謡組曲(7つのスペイン民謡〜6曲)
グラナドス:ヴァイオリン・ソナタ H.127
ラナドス(レティシア・モレノ編):スペイン舞曲集 Op.27〜アンダルサ(No.5)
エルネスト・アルフテル(1905-1989):ドゥルシネアへのセレナード
ファリャ(クライスラー編):歌劇「はかない人生」より スペイン舞曲
トルドラ:6つのソネット〜 露のソネット
アルベニス(クライスラー編):スペイン Op.165〜タンゴ(No.2)
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
ガルシア・ロルカ(レティシア・モレノ編):スペイン古謡集〜セビリャの子守歌
レティシア・モレノ(Vn)
アナ・マリア・ベラ(P)

録音:2013年2月16-18日、エミール・ベルリナー・スタジオ、ベルリン、ドイツ
レティシア・モレノは1985年スペインのマドリードに生まれ、ザハール・ブロン(マドリードのソフィア王妃高等音楽学校およびケルン音楽大学)他に師事したヴァイオリン奏者。

00289-48106394
クリストバル・アルフテル/オーケストレーションズ
クリストバル・アルフテル(1930-):ティエント第1旋法と皇帝の戦争(1986)
マドリードの為の前奏曲 2002(1991-2002)
「G・F・ヘンデルの旋律による幻想曲」によるパラフレーズ(1984)
アルベニス(クリストバル・アルフテル編):「イベリア」より エリタニャ(2002)
クリストバル・アルフテル:アルフベニス [Halfbeniz] (イサーク・アルベニスに捧げるディヴェルティメント;2000)
ペドロ・アルフテル(指)
グラン・カナリアPO
作曲家兄弟ロドルフォ&エルネスト・アルフテルの甥でスペイン屈指のオーケストレーターである作曲家・指揮者クリストバル・アルフテル。「ティエント第1旋法と皇帝の戦争」はアントニオ・デ・カベソン(1510-1566)とフアン・カバニリェス(1644-1712)の鍵盤楽曲を基にした作品。ペドロ・アルフテルはクリストバルの息子で、同じく作曲家・指揮者。2014年現在グラン・カナリアPOの音楽監督を務めています。
00289-48107506
ファリャ:バレエ「三角帽子」組曲第1番
 バレエ「三角帽子」組曲第2番
 バレエ「恋は魔術師」*
ジュアン・アルベルト・アマルゴス(1950-):7つのスペインの歌*
エストレリャ・モレンテ(カンタオラ*)
スペイン国立O
ジュアン・ポンス(指)

録音:2010年3月15-18日、国立音楽堂シンフォニー・ホール、マドリード、スペイン
1980年グラナダ生まれのカンタオラ(フランメンコ歌手)、エストレリャ・モレンテをクラシカル作品に起用したスペイン色満載のCD。ジュアン・アルベルト・アマルゴスはバルセロナ生まれの作曲家。
スペインのメジャー・レーベル商品は入手経路の都合により高価格となってしまいますが、生産数がたいへん少ないのでお早目にどうぞ。
00289-48112913
ファリャ:歌劇「はかなき人生」 マリオラ・カンタレロ(ソプラノ:サルー)
ホセ・フェレロ(テノール:パコ)
マリナ・パルド(メゾソプラノ:アブエラ)
アンヘル・オデナ(バリトン:ティオ・サルバオル)
ホセ・アントニオ・ロペス(バリトン:マヌエル)
レティシア・ロドリゲス(ソプラノ:カルメラ)
グスタボ・ペニャ(テノール:鍛冶場の声)
ロシオ・マルケス(フラメンコ歌手)
ホセ・マヌエル・カニサレス(フラメンコギター奏者)
ジュゼプ・ポンス(指)スペイン国立O&cho
00289-48113385
レティシア・モレノ&テミルカーノフのショスタコーヴィチ
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 Op.77(1947-1948)*
ショスタコーヴィチ(ツィガーノフ&レーラ・アウエルバッハ編):24の前奏曲 Op.34a 〜Nos.1-3, 6-8, 10-13, 15-22, 24+
レティシア・モレノ(Vn)
サンクトペテルブルクPO*
ユーリー・テミルカーノフ(指)*
ラウマ・スクリデ(P)+

録音:2013年7月5日、ライヴ、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー大ホール、サンクトペテルブルク、ロシア*
前作でスペイン魂を炸裂させたレティシア・モレノ。まさか第2作目がショスタコーヴィチとは、それもロシアでテミルカーノフとの共演とは思いませんでした。このCD、彼女が世界へ羽ばたくきっかけになるかもしれません。+では第7曲のみアウエルバッハ版を使用。ブックレット表記はスペイン語、英語、ロシア語。にモレノ、スクリデ、テミルカーノフへのインタビューが記載されています。
レティシア・モレノは1985年スペインのマドリードに生まれ、ザハール・ブロン(マドリードのソフィア王妃高等音楽学校およびケルン音楽大学)他に師事。ラウマ・スクリデは1982年ラトヴィアのリガ生まれ。姉バイバのヴァイオリンとのデュオによる Sony Classicalへの録音があります。

00440-07628096(2CD)
チャピ(1851-1909):サルスエラ「魔女」(1887) ナンシー・ファビオラ・エレナ(ソプラノ:魔女[ブランカ・デ・アセベド])
ホセ・ブロス(テノール:レオナルド)
スサナ・コルドン(ソプラノ:ロサリア)
フリオ・モラレス(テノール:トミリョ)
マルタ・モレノ(ソプラノ:マグダレナ)
ハビエル・ロルダン(バス:クラ氏)
フェルナンド・ラトレ(バスバリトン:異端審問官)
マエストランサ劇場楽友会cho
ミゲル・ロア(指)セビリャ王立SO

録音:2009年7月7-11日、セビリャ(スペイン)、マエストランサ劇場
マドリード貯蓄銀行のスポンサーシップによるサルスエラ・シリーズ最新作。ホセ・ブロスが参加しています。

06025-17993426
トマティート〜SONATA SUITE
マリ・アンヘレス・フェルナンデス・トレス:Brisa de Levante* / Fernanda la Reina+
マリ・アンヘレス・フェルナンデス・トレス/フランシスコ・ホセ・コルテス:Al final tu sera:s mio(*/+)
マリ・アンヘレス・フェルナンデス・トレス:Luz de Guia+
エルカン・オルグル:Cancion Turca
ホセ・フェルナンデス・トレス/フアン・アントニオ・サラサル・サラサル:Voces de Angeles(*/+)
ミシェル・カミロ:Two Much
ピアソラ:Adios Nonino
マリ・アンヘレス・フェルナンデス・トレス(歌)*
トマティート[ホセ・フェルナンデス・トレス](G)
シモン・ラモン、ホセ・マヤ、アントニオ・トレス・"エル・ペスカオ"(パルマ)+
ジュゼプ・ポンス(指)スペイン国立O

録音:2008年、マタデロ・デ・マドリード、ライヴ
世界最高の現役フラメンコ・ギタリストの一人トマティートによるシンフォニック・ライヴ。娘のマリ・アンヘレス・フェルナンデス・トレスも共演。パルマとはフランメンコの拍手のこと。
06025-27280448
アイノア・アルテタ ラ・ヴィダ
TeARS-in heaven / Historia de un amor / Fly me to the moon
La golondrina / Love me tender / Calling you / Lamento borincano
Ricordi della sera / Alfonsina y el mar / Ne me quitte pas
Goizian argi hastian / Michelle / La vida
アイノア・アルテタ(歌)
ハビエル・リモン(プロデューサー、ギター)

前出:0602517858756
スペインのソプラノ、アイノア・アルテタがポピュラー・ナンバーに挑戦したアルバム。アコースティック・ジャズ・テイストのアレンジも魅力。豪華仕様で発売されていたアイテムの通常仕様版です。
06025-27598437
(CD+DVD)
アイノア・アルテータ/リサイタル
グノー:五月の最初の日
 あなたなしでは私はこんなに
ビゼー:アラブの女主人の別れ
アーン(1875-1947):クロリスに
 恋する女/私の詩に翼があったなら
シャビエ・モンサルバジェ:5つの黒人の歌
 ピアノの中のキューバ
 ハバナのリズム/人殺し
 黒人の子守歌/黒人の歌
グラナドス:トナディリャ集(古い形式の歌曲集)H.136 から
 ゴヤのマハ/内気なマホ
 トラ・ラ・ラとギターの爪弾き
 控え目なマホ
トゥリーナ:カンシオン形式の詩集Op.19
 献辞/忘れないで/歌
 二度の恐れ/恋に焦がれる女
アイノア・アルテータ(S)
マルコム・マルティノー(P)

※DVDはPAL方式のため日本国内のほとんどのDVDプレーヤーで再生ができません。
美貌と実力を兼ね備え、ポピュラーも歌いこなすアイノア・アルテータによるフランス&スペイン歌曲リサイタル。CDと同一プログラムのDVDとの組み合わせですが、このまたPAL対応プレーヤーやパソコンでの再生も弊社は保証いたしません。ご了承ください。

06025-17795211
【高価格帯】
ビクトリア:作品集 Vol.2
エレミヤの哀歌
まことに私たちの弱さを[Vere languores nostros](モテット;4声)
ヘブライの子らは[Pueri Hebraeorum](アンティフォナ;4声)
エレミアの哀歌が始まる[Incipit lamentatio](聖木曜日の第1レクツィオ;4声)
乙女シオンより去り[Vau. Et egressus est](聖木曜日の第2レクツィオ;4声)
敵は手を伸ばし[Jod. Manum suam](聖木曜日の第3レクツィオ;5声)
おお主イエス・キリストよ[O Domine Jesu Christe](モテット;6声)
主は滅ぼそうと定め[Heth. Cogitavit Dominus](聖金曜日の第1レクツィオ;4声)
 幼子は母に言う[Lamed. Matribus suis](聖金曜日の第2レクツィオ;4声)
私は知る者「Aleph. Ego vir](聖金曜日の第3レクツィオ;5声)
おお、あなたがた道行くすべての者よ[O vos omnes](レスポンソリウム;4声)
主の慈しみは尽きず[Heth. Misericordiae](聖土曜日の第1レクツィオ;4声)
なにゆえ黄金は光を失い[Aleph. Quomodo obscuratum](聖土曜日の第2レクツィオ;4声)
エレミヤの祈祷が始まる[Incipit oratio Jeremiae](聖土曜日の第3レクツィオ;6声)
マイケル・ヌーン(指)
アンサンブル・プルス・ウルトラ

録音:2008年1月16-18日、ケンブリッジ(イギリス)、チェスタートン、聖ジョージ教会
ビクトリアの偉業「聖週間の聖務日課集」(1585年出版)に収められた名曲「エレミヤの哀歌」。ビクトリア自身の監修によるこの作品の写本がバチカンに所蔵されており、当盤はその譜面を使用した世界初の録音です。


このページのトップへ


このサイト内の湧々堂オリジナル・コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
これを複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます
万一、これと類似するものを他でお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです




Copyright (C)2004 WAKUWAKUDO All Rights Reserved.