湧々堂HOME 新譜速報: 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック 廉価盤 シリーズもの マニア向け  
殿堂入り:交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック SALE!! レーベル・カタログ チャイ5



Musica Redivivaレーベル 厳選タイトル大特価!



マリア・フォシュストロームのマーラーや、トリブカイトによるJ.S.バッハのフーガの技法などMusica Redivivaレーベルの代表盤を中心に期間限定の大特価キャンペーンを行います。


特価受付期間〜2019年6月15日まで!!



※表示価格は、全て期間限定特価(税込み)。品番結尾に特に表記のないものは、全て1CDです。
品番 内容 演奏者
MRSACD-017(1SACD)
バッハ:フーガの技法 BWV1080 ベンクト・トリブカイト(Org) 

※レウヴスタ・ブリューク教会のカーマン・オルガン(1728年製)
録音:2007年4月12日-15日レウヴスタ・ブリューク教会(スウェーデン)
「バッハ・カーマン・トリブカイト」(MRCD 009)に次いで今回はバッハの最大傑作の一つ、「フーガの技法」が発売。ベンクト・トリブカ イトの正確な演奏技術がこの作品のカウンターポイントをくっきりと刻み込んで行きます。今回は同じカーマン製作のオルガンながらずっ と規模の大きいローフスタ・ブリュークのバロック・オルガンを使用。大学都市ウプサラの近郊、18 世紀に鉄鋼業で栄えた町レウヴスタ・ ブリューク(ローヴスタブリューク)。この町の教会に設置されたオルガンは、当時スウェーデンで最高の技術をもっていたヨハン・ニクラ ス・カーマンが1727年から1728年にかけて造りました。20世紀に入り何回か改修。1997年、できるかぎり本来の姿に戻すことを目標にオー ケルマン&ルンドとマッツ・アルヴィドソンが共同で修復作業することになりました。ナイトハルト調律法。2006 年6 月奉献。響きの美し い楽器が蘇りました。ベンクト・トリブカイト(1964-) はフリーランスのオルガニスト、室内楽奏者、伴奏者。ストックホルムの王立音楽 アカデミーのトゥールヴァルド・トレーンとハンス・ファーギウス、イギリスのデイヴィッド・サンガーに学びました。
MRSACD-018
(1SACD)
オルガン伴奏版によるマーラーの歌曲集
マーラー
:亡き子をしのぶ歌
5つのリュケルトの歌
交響曲第2番〜第4楽章
大地の歌〜「告別」
マリア・フォシュストローム(A)
ヨハネス・ランドグレーン(Org)

録音:2009年10月12-15日ヴァーサ教会、イェーテボリ、スウェーデン
(使用オルガン:1909年、エスキル・ルンデーン制作)
声楽とオーケストラのために書かれた「亡き子をしのぶ歌」や「5つのリュケルトの歌」など、マーラー歌曲をアルト独唱、オルガン伴奏での録音です。使用オルガンはイェーテボリ市内のヴァーサ教会にある1909年エスキル・ルンデーン制作によるものです。ヴァーサ教会のオルガンはもともと40のレジスターを持ち、それぞれが3つの鍵盤とペダルに配置されていましたが、2001年から02年にかけて、グリューンルンド社によって修復が行われ、全てのオリジナルのレジスターが再設置されました。
■マリア・フォシュストローム(アルト)
西スウェーデン、イェーテボリ出身。ストックホルム音楽大学卒業。専攻は教会音楽、合唱並びにオーケストラ指揮。後、ロンドン、ペータースブルクなどに留学。声楽はステン・ショーステッド、ドロシー・アーヴィングなどに師事しました。レパートリーは高度の技巧を必要とするバロック・アリアを始めとして、ロッシーニから現代音楽の作品まで。アルト歌曲の入った交響曲、歌曲、バッハのマタイ受難曲、ブラームスのラプソディーなどを得意とし、グスタフ・マーラーの作品には特別の興味を持っています。
■ヨハネス・ランドグレーン(オルガン)
1961年、北スウェーデン、ラップランドのアリエプローグ生まれイェーテボリ音楽大学卒業。専攻は音楽指揮並びに合唱教師。1997年チェコの現代作曲家、ペーター・エーベンの研究でイェーテボリ大学音楽学学科博士課程終了。国際的にもオルガン奏者、合唱指揮者として国際的に活躍中。現在イェーテボリ大学音楽・演劇科でオルガン演奏及び即興演奏の教授です。 (Ki)
MRSACD-020(1SACD)
万華鏡〜マリア・フォシュストレム
カッチーニ:天にもかほどの星はなく、
 アマリッリ
モンテヴェルディ:われは野の花
フレスコバルディ:パッサカリアによるアリア
カルダーラ:友なる森よ
ヴィヴァルディ:来て、いとしい人よ
シューベルト:ます、セレナード
シューマン:献呈、異郷にて
ヴォルフ:アナクレオンの墓
ラフマニノフ:森の静けさに、ああ, 悲しまないで!
ショーソン:蜂すずめ/ラヴェル:白鳥
ブリテン:ニューキャッスルの生まれかね?、
 サリーの園、オリヴァー・クロムウェル
ステーンハンマル:逢い引きから帰ってきた娘
ペッテション=ベリエル:あなたは私を悲しませた
グリーグ:逢い引き、山羊の踊り
シベリウス:もはや私は問わなかった、黒いばら
マリア・フォシュストレム(A)、
マッティ・ヒルヴォネン(P)、
アンドレアス・エードルンド(Cemb)

録音:2010年&2011年
※日本語解説&歌詞対訳付き。
今最も注目されているスウェーデンのアルト、マリア・フォシュストロームが新譜をリリースいたします。本アルバムではモンテヴェルディやシューベルトなどの彼女の得意とする数々の名曲から録音の少ない知られざる歌曲まで、彼女の魅力を余すことなく十二分に堪能できる内容となっております。優美で絶妙なニュアンスを表現できる稀有な才能の持ち主フォシュストローム、今後も期待大の歌手と言えましょう。マリア・フォシュストロームは西スウェーデン、イェーテボリ出身、ストックホルム音楽大学卒業し、専攻は教会音楽、合唱並びにオーケストラ指揮を学びました。その後、ロンドン、ペータースブルクなどに留学し、その際、声楽はステン・ショーステッド、ドロシー・アーヴィングなどに師事しました。レパートリーはバロック・アリアを始めロッシーニから現代音楽の作品まで多岐にわたります。アルト歌曲の入った交響曲、歌曲、バッハのマタイ受難曲、ブラームスのラプソディーなどを得意とし、前作のマーラー・ソング(MRSACD018)は好評を博しております。 (Ki)
MRSACD-103
(1SACD)
スウェーデンの現代合唱曲
オーケ・マルムフォシュ:月かげ(1943)
インゲマー・リードホルム:四つの合唱曲(時の柱、海、出で立つ、それから)(1953)
スヴェン・エリック・ベック:鹿が渇きを覚えるように(1973)
スヴェン・ダヴィッド・サンドストローム:主よ、私の祈りをお聞きください(1986)
ブリッタ・ビューストローム:永遠の光(2001)
スヴェン・ダヴィッド・サンドストローム:四つの愛の歌(2008)
カーリン・レンクィスト:炎を持つ天使(2000)
ラース・エリック・ラーソン:どんな鳥も高く飛びすぎることはない(1969)
ヤン・サンドストローム:エサイの根(1999)
ラース・ヨハン・ヴェルレ:オルフェウス(1990)
ニルス・リンドベリ:君をなぞらえようか(1989)
ホーカン・パルクマン:ティタニア(1996)
スザンヌ・ローゼンベリ:吐息2000
ヤン・サンドストローム:高原を吹く風によせて(2002)
カーリン・レンクィスト:天の国(1998)
スウェーデン室内cho
アンナ・ヨーブラント(S)
ジェフリー・コックス(Ob)
カーリン・ストール(S)、
アンダース・エヴァールズ(C.T)
マリア・パルムクィスト、アンナ・シェルソン、カーリン・ストール、アンナ・ヨーブラント)
サイモン・フィップス(指)

録音:2011年5月13-15日、6月18-19日、オースタード教会、スウェーデン
プロデューサー:藤本-Berger里子
スウェーデン在住の日本人女性プロデューサー藤本-Berger里子氏が立ち上げたレーベルMusicaRedivivaより実力派合唱団、スウェーデン室内合唱団の最新録音が発売します。この合唱団、日本ではまだまだ無名ですが、ヨーロッパでは話題となり近年注目されている合唱団です。スウェーデン室内合唱団は2007年に結成されました。もともと1996年より活動を開始したサイモン・フィップス・ヴォーカルアンサンブルを拡張、そして統合し現在の名称となりました。当合唱団は2011年10月にはEBU(TheEuropeanBroadcastingUnion)主催の合唱コンクールでグランプリ、そして決勝戦に参加した各部門の中で最優秀のグループが貰える「銀の薔薇」を勝ち取りました。また2011年11月にはスペインのトロサフェスティバルでまたもグランプリ受賞。合唱界では最高峰のコンクールの2つの受賞はまさに快挙です。その歌声を聴けば誰もが聴き惚れてしまう神がった歌声です。また録音も非常に優秀で、合唱ファンはもちろんのことオーディオ・ファンも充分満足できる内容となっております。日本語歌詞対訳付きです。
スウェーデン室内合唱団の指揮者サイモン・フィップスは以下のように語っております。「『NewFavorites(新しいお気に入り)』はここ60年間にスウェーデンで書かれた合唱曲を集めたものです。もちろん一枚のCDで『スウェーデンの合唱の奇跡』といわれる時代の膨大な音楽を収録するのは不可能です。スウェーデン室内合唱団が得意とする歌や、国内外を問わず、聴衆から反響の大きかった曲を集め録音しました。」〜サイモン・フィップス(スウェーデン室内合唱団指揮者) (Ki)

MRCD-001
アルボー先生のダンス教室(1589年)第1集〜フランス・ルネサンスのダンス音楽と歌 コンヴィヴィウム・ムジクム、
スヴェン・ベリエル(リーダー)、
コンヴィヴィウム・ヴォカーレ、
ミカエル・パウルソン(リーダー)
MRCD-002
春が来た−中世、ルネサンスの音楽をギターと歌で綴る アンサンブル・ヴィラネラ(2ソプラノ+ギター+オブリガート)
MRCD-003
スウェーデン娘〜バロック期スウェーデン、クリスティーナ女王時代の音楽 トミー・アンデション(リュート、ギター)
MRCD-004
マリア〜神秘の薔薇
マルカントワーヌ・シャルパンティエ(c.1643-1704):聖母マリアを
賛美する頌歌、聖母マリアの連祷
コンヴィヴィウム・ヴォカーレ
MRCD-006
モナリザのほほえみ〜レオナルド・ダ・ヴィンチの音楽の世界 コンヴィヴィウム・ムジクム
MRCD-007
古い世界と新しい世界のクリスマス〜ヨーロッパとラテン・アメリカ(1500-1700) コンヴィヴィウム・ムジクム
MRCD-008
ヴィンチェンツォ・アルブリチ(1631-1690/96):宗教協奏曲 カペッラ・アウグスターナ
マッテオ・メッソーリ(指)
MRCD-009
バッハ:オルガン曲集
トッカータ ニ長調 BWV912
「ああ罪人なるわれ、何をなすべきか」による変奏曲 BWV770(偽作)
パストラーレ ヘ長調 BWV590
トッカータ ハ短調 BWV911
フーガの技法 BWV1080よりコントラプンクトゥス第1番、コントラプンクトゥス第9番、3声のフーガ
コラール「われは汝の御座の前に進む」BWV668
ベンクト・トリブカイト(Org)
MRCD-010
ヴィクトリア・ボリソヴァ・オラス(1969−):雪の中でイエス誕生を祝う三人の博士、
ソルゲイ・ドミトリエブ
(1964−):未来への回想、
リスト
:泣き、嘆き、悲しみ、おののき、
バード
:パヴァーヌとガリアード、ファンタジアイ短調、
ヴィヴァル
ディ:協奏曲イ短調、
バッハ
:ドリアン風トッカータ
ベンクト・トリブカイト(Org)
トリブカイトは現在、スウェーデンでフリーランスとしてオルガン、ピアノ、チェンバロの室内楽、ソロと多岐に渡り活躍中。録音はイエテボリにある新エールグリューテ協会のウィルス・オルガンとバロックオルガンの2種を使用して行われたライヴを収録。(リストのみスタジオ録音)。
MRCD-015
マリア 〜 中世の歌とスウェーデン伝承の音楽
ニルス・セーデルストレム (1894-1956):ソプラノソロのための青春のマリア、
1500年頃の伝承曲
:聖ヨーランと龍、13世紀の新レトロワンジ (聖歌曲)、
13世紀スペインのアルフォンソ十世:薔薇の中の薔薇、
伝承曲
:牧歌、
オズワルド・フォン・ヴォルケンシュタイン (1377-1445):そこに輝くは誰そ、
1300年頃イギリス:乙女に向かう天使、
16世紀ドイツ
:ヨセフ、愛するヨセフ、
13世紀末イギリス:至福なるかな天上の女王、
リオネル・パワー (c.1375-1445):幸運なる者たち、14世紀イギリス:十字架の下の母上しっかりとお立ちください、尊い薔薇〜スウェーデン民謡「うるわしき水晶」による即興演奏、
伝承曲
(ダーラナ地方、スカットングビ) :うるわしき水晶、14世紀スペイン:輝く星、
13世紀スペイン
:天上の女王、
13世紀スペイン:アルフォンソ十世 奇跡を讃える歌、
エルヴダーレン (ダーラナ地方) 民謡:リムリムリーマ、
ジャン・ギセリン (c.1455-1511):おお咲き誇る薔薇よ、
オズワルド・フォン・ヴォルケンシュタイン (1377-1445):アヴェ・マリア、おおマリア、
デュファイ (c.1400-1474):華麗なる乙女、
アルムクヴィスト
(1793-1866):マリアの驚き、耳を傾けるマリア
ヘレーナ・エーク (S)、
ヨーラン・モンソン (ピーパ、フレームドラム、ストリングドラム、ハーディガーディ)、
ヨハンネス・ランドグレン (Org)、
マリ=ルイーズ・マルミング (中世フィドル、Vo)、
ベーリト・リンドベリ (Hp)、
ベルイェル・里子 (ハーディガーディ)、
ヘレーナ・セルヴィン (Vo)

録音:2006年1月25日-27日 ヘムシェー教会 (スウェーデン、ヨーテボリ郊外)
親密な音で加わる笛やフィドルやオルガン。教会で歌うソプラノ、ヘレーナ・エークの姿が目に浮かびます。風の音に耳を傾け、夜の闇の音を聴く……人が自然とともに生きるスウェーデンで育まれた感性から生まれた音。プロデューサー、里子ベルイェル藤本さんの思い描いた音楽が、美しい音として姿を現したアルバム。貴重なレパートリー、美しい装丁(デジパック)、超高品位録音。魅力あるレーベル、Musica Rediviva を代表するアルバムとなるはずです。
MRCD-021
ヘルマン・コントラクトゥス(1013-1054):「我等が救世主の聖母よ、マリア聖歌」、
トゥルネーのミサ(14世紀)〜キリエ
ライオネル・パウアー (1370-1453):グロリア、他
スコーラ・ゴーティア
MRCD-101
ある風景の中で− 独奏マリンバのための作品集 ダニエル・ベリ (マリンバ)
フレードリク・アンデション、
フレードリク・ビョーリン、フレー
ドリク・ティーゲル(パーカッション)
MRCD-104
『音楽と手工芸』
1.前奏/2.ブレンド・ヨンのポルスカ I/3.ブレンド・ヨンのポルスカ II/4.空の星のように明るく/5.薔薇の中の薔薇/6.かわいいバラを知っている/7.喜びの花/8.ノクターン「おいで、私の腕に」/9.The Day is Family/10.いつか王子様が/11.貴女にあげられるのは愛だけ/12.雲雀の歌/13.あなたが去ってから/14.私は見た、瞬く明けの明星を/15.ブリックのワルツ/16.ローリクのポルスカ/17.大ポルスカ/18.大ジャズ/19.漁り火恋歌/20.モスクワの異邦人/21.春が来た/22.愛してくれないのなら、ほっといて/23.魅惑のリズム/24.我が心のジョージア/25.バードランドの子守唄/26.ムーラの娘のフォックストロット/27.バッカファルから来た少女/28.デルスブー・ワルツ/29.デルスブー・ルンバ/30.デルスブー・ワルツ/31.デルスブー・フォックストロット
スヴェン・ベルイェル(Fl、リコーダー、シャリュモー、Sax、ゲムスホルン、牛の角笛)
ダニエル・ベルイ(ヴィブラフォーン、マリンバ、ボンゴ)
ユーナス・フランケ=ブルム(Vc、Cb)
ステファン・ヴィンゲフォシュ(アコーディオン、P、Cb)

録音:2015年1月5-7日、4月9日-10日/ムジーケン・ヒュース(ヨーテボリ、スウェーデン)
日本語解説付、ディジパック仕様
スウェーデン、ヨーテボリ在住の日本人女性、藤本・ベルイェル・里子が社主をつとめるMusica Redivivaレーベル。注目の新譜は里子氏の主人であ る天才管楽器奏者、スヴェン・ベルイェルとベルイェル氏が絶大なる信頼をおいているメンバーによる演奏で、アルバム・タイトルはスヴェンが最初に楽器 を買った故郷ウッシャの店『音楽と手工芸』からとられました。中世から現在に至るまで、まるで時代をこえて音楽で旅する世界旅行のようで、ベルイェ ルにしか表現できない楽しい音楽の世界が広がります。
スヴェン・ベルイェルは、1938年、「民謡の宝庫」とも「スウェーデンの心の故郷」とも呼ばれるダーラナ地方のウッシャに生まれました。「Joculatores Upsalienses(ウプサラの道化師たち)」や「Convivium Musicum Gothenburgense(ヨーテボリ音楽の宴会)」などのアンサンブルを創設、古楽の パイオニアのひとりとして業績を重ねてきました。長年に渡るヨーテボリの音楽大学の教職を2003年に退いたスヴェンの「日常の表情」を記録したいと、 里子夫人がずっと温めてきたアイデアに若い友人たちが共感を寄せこのアルバムが完成しました。小鳥のさえずりもまじえた「前奏」に続き、彼が子供の ころから親しみ、人生の折々に出会った、いつまでも変わらず大切な音楽が30曲、演奏されます。スウェーデンの人たちが踊るポルスカ、「喜びの花々、 暗褐色の地の中で、ああ、決して朽ちることは無いだろう」と歌う民謡、多くの歌曲を残した作曲家リレ・ブルール・セーデルルンドのワルツ、故郷のスペー ルマンが作ったワルツ、吟遊詩人たちの歌、ジョージ・ガーシュウィンとホーギー・カーマイケルのスタンダードナンバー、伝説的ジャズピアニスト、かつ て彼をバンドに誘ったヤン・ユーハンソンに捧げるナンバー、「里子とスヴェン」が日本への新婚旅行で出会った歌……。気が向いた時にスヴェンが、楽 器を手に取り、吹いてみる、幅広いジャンルの曲。すべてスヴェン・ベルイェルの編曲です。
レコーディング・エンジニアは「ヘリコプター・スタジオ」のスヴェン・ヤンソンで、Musica Rediviva のセッションをはじめて担当しました。スヴェン と友人たちの演奏する多様な楽器を本来の大きさと質感に捉え、彼らの音楽とセッションの空気をリアルに聴き手に伝える素晴らしい録音です。 (Ki)


このページのトップへ


このサイト内の湧々堂オリジナル・コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
これを複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます
万一、これと類似するものを他でお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです




Copyright (C)2004 WAKUWAKUDO All Rights Reserved.