湧々堂HOME 新譜速報: 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック 廉価盤 シリーズもの マニア向け  
殿堂入り:交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック SALE !! レーベル・カタログ チャイ5



アンヌ・ケフェレック・セール




ケフェレックの「ベートーヴェン:後期ピアノ・ソナタ集」の発売を記念して、mirarreレーベルから発売されているケフェレックのCDセールを実施致します。


特価受付期間〜2022年9月20日まで !!
※セール期間内でもご注文数がメーカーの在庫数を上回った場合には受付終了となる場合がございます。



※表示価格は全て期間限定特価(税込み)。品番結尾に特に表記のないものは全て1CDです。
品番 内容 演奏者
MIR-082
バッハ〜CONTEMPLATION(瞑想)
「主イエス・キリストよ、われ汝に呼ばわる」BWV639(ブゾーニ編)
カプリッチョ「最愛の兄の旅立ちにあたって」変ロBWV992
平均律クラヴィーア曲集第1巻〜プレリュード第4番 嬰ハ短調BWV849
平均律クラヴィーア曲集第1巻〜プレリュード第22番 変ロ長調BWV867
カンタータ第22番「イエスは十二使徒をひき寄せたまえり」BWV22(コーエン編)
平均律クラヴィーア曲集第1巻〜プレリュード第8番 変ホ短調BWV853
トッカータ,アダージョとフーガBWV564(ブゾーニ編)
イギリス組曲第2番〜サラバンドBWV807
オルガン協奏曲ニ短調BWV596(原曲:ヴィヴァルディ)
フランス組曲第1番〜サラバンドBWV812、イタリア協奏曲ヘ長調BWV971
オーボエ協奏曲〜アダージョ(原曲:マルチェッロ)
平均律クラヴィーア曲集 第2巻よりプレリュード第14番 嬰ヘ短調BWV883
プレリュード.ロ短調BWV855a、プレリュード.ホ短調(以上シロティ編)
ゴルトベルク変奏曲〜アリア、「主よ人の望みの喜びよ」BWV147(ヘス編)
イギリス組曲第3番〜サラバンドBWV808、シチリアーノ変ホ長調BWV1031(ケンプ編)
「来たれ、異教徒の救い主よ」BWV659a(ブゾーニ編)
「神の時は最上の時なり」(哀悼行事のソナティナ)BWV106(クルターク編/連弾*
アンヌ・ケフェレック(P)、
ガスパール・デヘヌ(P)*

録音:2008年9月 La Ferme de Villefavard(仏リムザン地方)
「CONTEMPLATION瞑想」と題されたブゾーニ、コーエン、シロティ、ケンプ、クルターク編曲の作品を含むJ.S.バッハの名曲を収録。効果的なブゾーニの編曲が圧巻の「来たれ、異教徒の救い主よ」、名曲「主よ人の望みの喜びよ」、原曲の美しい旋律を生かしたケンプ編曲のシチリアーノ、そしてシロティ編曲のプレリュードは、バッハの様式とはかけはなれた非常に美しいロマンティックな作風ですが、原曲以上の神々しさを持つ作品。ケフェレックの実に純粋無垢な演奏が感動をさそいます。ケフェレックの魅力は凛として、透明感のある、美しく端正な音楽。瞑想的な表現やデリケートな美しさが忘れがたい名演となっています。   (Ki)

MIR-096
アンヌ・ケフェレック〜ショパン
ショパン:ポロネーズ. 変ロ長調KK.IV/1(1817)
ポロネーズ.ト短調S1/1(1817)
ポロネーズ.変イ長調KK.IV/a2(1821)
マズルカ.イ短調Op.7-4
ポロネーズ.ヘ短調Op.71-1
ソステヌート.変ホ長調(1840)
カンタービレ.変ロ長調(1834)
ノクターン嬰ハ短調遺作(1830)
幻想即興曲/ワルツOp.70-2
マズルカOp.50-3/子守歌/舟歌
スケルツォ第4番
ワルツイ短調KK.IVb/11,P2/11
バラード第4番Op.52(1842)
マズルカOp.67-4(1848)
アンヌ・ケフェレック(P)

録音:2009年11月フランス・リモージュ
フランスを代表する女流ピアニスト、アンヌ・ケフェレック待望のショパン・アルバムが発売されました。叙情的で艶やかな魅力に溢れたショパンの作品を、ケフェレックの知性的で洗練されたピアニズムが繊細に紡ぎだします。ショパンの複雑で苦悶に満ちた音楽、幸福な思い出を想起させるような音楽、ケフェレックが描く鮮やかな色彩の渦に惹きこまれ、どっぷりとショパンの魅力に浸るこができます。特に2009年のリサイタルでも評判の高かったショパン円熟期の最高傑バラードの4番は必聴。ケフェレックの意外にも濃厚な表現がぴったりと合い、美しい旋律線が浮かび上がり絶美。曲目はショパンの祖国の記憶を読み解くプログラミング。第1曲目のポロネーズ変ロ長調KK.IV/1はショパンが7歳の時の作品。この作品の中にも確実にショパンの魂は存在し、祖国ポーランドへの想いが含まれています。そしてショパンの故国への記憶は最後のマズルカまで彼を悩まし続けました。このアルバムはピアノ作品を通して、ショパンの失われた時代、土地を探し求める1枚となっています。 (Ki)

MIR-189
ケフェレック/ドビュッシー、ラヴェル他
サティ:グノシェンヌ第1番、ピカデリー
 ジムノペディ第1番
セヴラック:休暇の日々から第1集〜「古いオルゴールが聞こえるとき」
プーランク:ジャンヌの扇〜「田園」
ドビュッシー:夢
ラヴェル:ファンファーレ*
サティ:ジムノペディ第 3 番
ピエール=オクターヴ・フェルー:モンソー公園で〜「のんびりと」
サティ:風変わりな美女〜「眼の中の意味ありげなキス」のワルツ*、
 グノシェンヌ第3番
アーン:当惑したナイチンゲール〜「長椅子の夢見る人」
サティ:グノシェンヌ第4番、
 ジムノペディ第2番、
 ひからびた胎児〜「ナマコの胎児」、
 風変わりな美女〜「上流階級用のカンカン」*、
 ジムノペディ第2番
ラヴェル:シャブリエ風に
ドビュッシー:小さな黒人
アーン:口絵
デュポン:憂鬱な時間〜「日曜日の午後」
ドビュッシー:ベルガマスク組曲〜「月の光」
サティ:グノシェンヌ第6番、
 梨の形をした3つの小品〜第1番&第2番、
 グノシェンヌ第5番
ケクラン:陸景と海景〜「漁夫の歌」
アーン:冬
フローラン・シュミット:秘められた音楽第2集〜「グラス」
アンヌ・ケフェレック(P)
ガスパール・ドゥアンヌ(P)*

録音:2012年 6月TAP、ポアチエ、フランス
ケフェ レックにとってフランス音楽はお手の物。サティのユーモア、ドビュッシーの詩的で彩り豊かな音楽、ラヴェルの美意識、プーランクのアイロニカルな響き などフランス・ピアノ音楽の魅力が凝縮されたアルバムです。 ケフェレックのサティは20年以上前の録音がありますが、新録音でも軽妙洒脱な演奏で見事に聴かせてくれます。「風変わりな美女」などの連弾作品で はガスパール・ドゥアンヌと組んで鮮やかに表現しています。 またケクラン、フローラン・シュミット、フェルーなどのあまり知られていない秘曲も収録されています。マスネの庇護を受け、美しく甘美な作品を多く作 曲したレイナルド・アーン。「長椅子の夢見る人」はたゆたうような旋律の穏やかな曲。自身も優れたピアニストであり36歳の若さで夭折したガブリエル・ デュポン。「日曜日の午後」は優れた描写力と色彩感、そして分散和音が美しく響く曲です。 そして、パリでドビュッシーやラヴェルと共に活躍し、都会での生活になじめず10年で故郷である南フランスのラングドックに戻ったデオダ・ド・セヴラッ ク。ここに収録されている「休暇の日々」は丁度その頃の作品。親しみやすい曲調が魅力的な曲集で中でも「古いオルゴールが聞こえるとき」は、キラキ ラと光がこぼれるようなメロディーが特徴。ケフェレックの柔らかで色彩豊かな演奏がセヴラック独特のさりげない美しさを見事に表現しています。 (Ki)
MIR-265
D・スカルラッティ:鍵盤のための18のソナタ集
ハ長調K.420/イ短調K.54/イ短調149/ト長調K.103/ト長調K.425/ホ短調K.147/ト長調K.144/ト長調K.260/イ短調K109/イ長調K.279/ニ長調K145/ヘ短調K.481/変ロ長調K.551/ニ短調K.32/ニ短調K.517/嬰ハ短調K.246/嬰ヘ長調K.318/ロ短調K.27
影と光〜Ombre et lumiere
アンヌ・ケフェレック(P)

録音:2014 年 9 月ポワティエ・オーディトリアム・シアター
エンジニア:ユーグ・デショー
アンヌ・ケフェレックがスカルラッティを再録音しました!ケフェレックがエラートで 1970 年に最初のレコーディングを行ったのが「スカルラッティの 13のソナタ集」でした。ピアノで弾いたスカルラッティの演奏としては当初から高く評価され、40年以上過ぎた今も定盤として聴き継がれています。今回 はアルバムのタイトル「影と光〜Ombre et lumiere」にもあるように、スカルラッティの音楽はイタリア、スペインの明るい太陽に恵まれた陽気さと、強 い日差しが生み出す影を巧みに表現しています。スカルラッティはスペインに移り住み、この555曲のソナタのほとんどを当地で作曲し、民族色の濃いス ペイン・イベリア半島の音楽の影響が感じられる作品も多くあります。ケフェレック自身もスカルラッティのソナタを「陽光と生きる歓び(joie de vivre) に溢れた作品と、憂鬱な闇夜を思わせるような作品」と言っているように緩急を取り混ぜた選曲をしており、ピアノの表現力を生かした素晴らしい演奏を 聴かせてくれています。 (Ki)

MIR-320
ダンスに加わって
モンポウ:歌と踊り第4番
ラヴェル:なき王女のためのパヴァーヌ
 優雅で感傷的なワルツ〜第2曲
ドビュッシー:雪が踊っている〜「子供の領分」
シャブリエ:アルバムの一葉
ロパルツ:ロンド〜「山の日陰で」
アーン:愛と倦怠の踊り〜「うぐいす狂乱」
フロラン・シュミット:石板に書かれた文字のロンド〜「眠りの精の一週間」*
プーランク:シャンパーニュのブランル〜「フランス組曲」
マスネ:狂ったワルツ
プーランク:パヴァーヌ〜「フランス組曲」
ドビュッシー:バレエ〜「小組曲」*
ラヴェル:古風なメヌエット
ドビュッシー:舞曲〜「カンマ」
サン=サーンス:のんきなワルツOp.110
サティ:ゆがんだ舞曲〜「逃げ出したくなる歌」
ピエルネ:即興的なワルツOp.27*
愛と悪の踊り〜「うぐいす狂乱」
プーランク:幽霊の舞踏会〜「夜想曲集」
フォーレ:スペインの踊り〜「ドリー」*
フランク:ゆるやかな舞曲
ドビュッシー:クロタルを持つ舞姫のための〜「6つの古代の墓碑銘」
プーランク:シシリエンヌ〜「フランス組曲」
ショーソン:パヴァーヌ〜「いくつの舞曲」
アンヌ・ケフェレック(P)
ガスパール・ドゥアンヌ(連弾)*

録音:2016年10月/アルセナル(メッツ)
大好評だった小品集「サティと仲間たち」から4年を経て、ケフェレック待望の新録音小品集が登場します!フォル・ジュルネ音楽祭の常連として日本 でも非常に人気の高いケフェレックですが、軽やかかつカラフルな純フランス風ピアニズムの担い手として貴重な存在。彼女が弾くだけでフランス・ピアノ 音楽がオシャレな香りにあふれます。
今回のアルバムも「サティと仲間たち」の続編的な19世紀末からベル・エポックの、パリが流行の最先端だった時代のピアノ曲から、いちばん聴きた かったものばかりを23曲集めた好企画。サン=サーンス、ショーソン、ラヴェル、アーン、プーランクらフランス音楽の魅力を存分に堪能できます!ラヴェ ルやドビュッシーはともかく、録音の少ないものが大半で、ケフェレックの美演で聴くことができるのは存外の幸せと申せましょう。 シャブリエの遺作「アルバムの一葉」は、絶美なメロディがしっとりかつ真摯に謳われる感動的な小品で、彼の作品中の白眉といってよい隠れた名品。 またマスネのピアニスティックな「狂ったワルツ」もあくまでフランス的なエスプリに満ちているのがケフェレックならでは。おなじく「狂乱と愛」をテーマ にしたアーンの作品も近年いくつか録音はありますが、ようやく納得できる演奏の登場。またショーソンの「パヴァーヌ」も気が変になりそうな麻薬的な 美しさをふりまいています。そして純フランス的なプーランク。オシャレかつエレガント、古き良きパリの脂粉の匂いがしてくるような文化を味わえます。 (Ki)

MIR-426
モーツァルト:ピアノ・ソナタ集
ソナタ第13番変ロ長調 KV 333
ソナタ第12番ヘ長調 KV 332
ソナタ第11番イ長調 KV 331「トルコ行進曲つき」
アンヌ・ケフェレック(P)
軽やかかつカラフルな純フランス風ピアニズムの担い手として貴重な存在のケフェレック。待望の新譜はモーツァルトのソナタ集です。モーツァルトとい えばMIRAREレーベルからは2001年録音の作品集(MIR 9931)がありますが、それから20年弱を経ての録音となります。彼女の清冽なタッチはま さにモーツァルトにぴったり。ここでは名曲3曲を録音しております。「トルコ行進曲つき」冒頭の変奏曲の美しさはまさに絶品。何も構えることなくすべ てが自然に流れており、まさに巨匠のなせる芸術といえましょう。モーツァルトの魅力を純に味わうことができます。 (Ki)

MIR-9913
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第14番、
ロンドイ短調K.511、
デュポールのメヌエットによる変奏曲、
幻想曲ニ短調K.397/ハ短調K.475
アンヌ・ケフェレックOp.

録音:2001年
粋のパリジェンヌであるケフェレックは、来日公演のバッハなどでも実証済のように、ドイツ系作品でも緻密な構成感を堅持した演奏を聴かせてくれます。持ち前のクリスタルのようなタッチをふんだんに盛り込みながら、特に短調作品から醸し出される夕映えのような色彩と沈静感が聴く側の心に迫ります。1曲目の「ロンド」冒頭から語り掛けるような絶妙な間合いから引き込まれ、「変奏曲」は、雰囲気満点の優秀録音と相俟って、チャーミングなタッチが耳から離れません。白眉はハ短調ソナタ!バッハにも通じる堅固な構成感と一貫した緊張感が全編に貫き、この曲独特の激情を美しいフォルムで表出。第2楽章のフレージングの深みと気品など、ケフェレックの魅力の真髄と言えましょう。最後に置かれた「幻想曲」は、グールドの気の遠くなるスローテンポによる名演もありますが、それとは別次元の凛としたドラマ性で訴えかけます。録音がまた雰囲気満点!【湧々堂】
MIR-9972
ベートーヴェン:珠玉の名曲集
エリーゼのために
ゴッド・セイヴ・ザ・キングによる7つの変奏曲 WoO.78
アンダンテ・ファヴォリ WoO.57
ピアノ・ソナタ第14番「月光」
バガテルOp.33-1/Op.119-1/Op.119-3
 Op.119-11/
なくした小銭への怒り
創作主題による6つの変奏曲 ヘ長調Op.34
アンヌ・ケフェレック(P)
「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン〜ベートーヴェンと仲間たち」が、2005年4月下旬に東京国際フォーラムにて開催されます。三日間、朝から晩までベートーヴェンづくしという前代未聞のまさに狂気の沙汰ともいえるこの「ラ・フォル・ジュルネ」は、本国フランスではお客さんの6割がクラシックを初めて聴く人とか。料金も1500円と超破格!しかし、アーチスト陣はそれに不釣合いなほど実に豪華!MIRAREの2アイテムは、そのアーチスト2人による注目盤です!このケフェレック盤は、全て公演曲目という親切さ!モーツァルトの名演からも、このベートーヴェンの素晴らしさは容易に想像されます。  (Ki)


このページのトップへ


このサイト内の湧々堂オリジナル・コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
これを複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます
万一、これと類似するものを他でお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです




Copyright (C)2004 WAKUWAKUDO All Rights Reserved.