湧々堂HOME 新譜速報: 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック 廉価盤 シリーズもの マニア向け  
殿堂入り:交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック SALE!! レーベル・カタログ チャイ5



CARPE DIEM
(ドイツ)



カルペ・ディエムはドイツのレコーディング・エンジニア、トーマス・ゲルネが創設した室内楽専門レーベル。特に古楽、現代音楽、演奏される機会の少ないクラシック作品に力を入れ、気鋭の演奏家を起用して完成度の高い音楽を提供、ダイレクトでナチュラルなサウンドを目指す姿勢はオーディオ界からの注目も集めてきました。2007年、レーベルはトーマス・ゲルネからドイツのリュート奏者ヨナス・ニーダーシュタットに譲渡され、古楽を中心としたレーベルとして再スタートしました。
2011年にはオーナーが交代となり、カタログの整理が進んでいます。



※品番結尾に特に表記のないものは、全て1CDです。
品番 内容 演奏者
CARPE-2006
セニョーレス・アノーニモス
不詳:愛は傷だらけ[Muchos van d'amor heridos]
不詳:愛は傷だらけ(フラメンコ)
アントニオ・デ・カベソン(1510-1566):わが慰めの涙(器楽)/わが慰めの涙
フアン・デル・エンシーナ(1468-1529/1530):愛の神と運命の女神/美しい女
ディエゴ・オルティス(1510頃-1570):甘美な記憶(器楽)
フアン・デル・エンシーナ:悲しきスペイン(器楽)
マテオ・フレーチャ老(1481-1553):ラ・ネグリーナ
バルトロメオ・デ・セルマ・イ・サラベルデ(1580-1640):カンツォーナ
マヌエル・コレーア(1600頃-1653):甘美なる愛の毒
アロンソ・デ・ムダーラ(1510頃-1580):もしも私をお呼びなら
セニョーレス・アノーニモス[サイダ・バリェステロス(歌、舞踊、カスタネット)、サラ・イェッギ(歌)、ペトラ・ヘルマン(リコーダー)、エリーザベト・カウフホルト(ドゥルツィアン)、ジャネット・ドレ(ヴァイオリン、ヴィオラ)、マルテ・パール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、ヴァネッサ・ハイニッシュ(リュート、バロックギター) ミヒャエル・ガンバクルタ(打楽器)]

録音:2006年、ドイツ、タン市教会/収録時間:約35分
セニョーレス・アノーニモスはルネサンス音楽からフォルクローレ、フラメンコまでスペイン音楽を幅広く取り上げるグループとして2006年に10名の若い演奏家によって創設されました。当アルバムはカルペ・ディエム・レーベルの新オーナー、ヨナス・ニーダーシュタットが録音・編集を行った彼らのプロモーション・キットで、縦208mm・横148mmの見開きカバー内にCDが収められており、ブックレットは添付されておりません。録音は優秀です。
※外装・本体にレーベル・規格番号表記は無く、管理上「CARPE-2006」としておりますので、ご注意ください。
CARPE-16252
薄明かりの歌
ダウランド:暗闇にわたしは住みたい
 来たれ重い眠り、嘆け昼は暗闇のなかに去った
つれない人、だからわたしの心を奪って、
 来たれ重苦しい夜、もう泣くな悲しみの泉よ
ブリテン:ジョン・ダウランドによる夜の曲 Op.70(ギター独奏)
レノックス・バークリー:薄明かりの歌 Op.65(高声とギターのための)

コルネリア・ヘルヴィヒ(S)
カトリン・ゲルネ(G)

録音:1996年10月、1997年2月、ベルリン=ヴァンゼー、アンドレアス教会、ダイレクト・ディジダル・ステレオ

「夜」、「暗闇」、「薄明かり」をテーマとしたアルバム。

CARPE-16255
アモローゾマンチーニ:リコーダー・ソナタ集
フランチェスコ・マンチーニ(1672-1737):フルートと通奏低音のための12のソナタ(1724)から
第2番ホ短調/第10番ロ短調/第7番ハ長調/
第6番変ロ長調/第1番ニ短調/第4番イ短調

トリオ・マンチーニ
「セシル・ルミー(リコーダー)、ディルク・ベルナー(Cemb)、野入志津子(アーチリュート)]

録音:1996年12月、リヨン、聖ルイ=聖ブリュノ礼拝堂、ダイレクト・ディジダル・ステレオ

マンチーニはナポリに生まれナポリに没した作曲家。アレッサンドロ・スカルラッティの好敵手とみなされた彼は数多くのオペラ、オラトリオ、カンタータを書き、国の内外で名声を得た。「12のソナタ」はマンチーニの活躍が頂点をきわめた時期に書かれ、ロンドンデ出版された、大家の風格じゅうぶんの充実した曲集。現在、リコーダー奏者の重要なレパートリーとされている。トリオ・マンチーニはバーゼル・スコラ・カントールムで出会った3人が結成したトリオ。近年活躍が目立つ野入の参加が頼もしい。

CARPE-16256
オフレンダリコーダーとパーカッションのための20世紀作品集
マリオ・ラヴィスタ(1943-):供物[オフレンダ](テノール・リコーダーのための)
アンネッテ・シュルツ(1964-):夏の鎌(ソプラノ・リコーダー、アルト・リコーダー、テノール・リコーダー、バス・リコーダーとパーカッションのための)*
ストラヴィンスキー:無伴奏クラリネットのための3つの小品 から
第1曲/第3曲(アルト・フルートのための編曲版)
ユップ・ストラッセル(1934-):接触点(テノール・フルート、マリンバとパーカッションのための)*
カリオペ・ツォウパキ(1963-):Charavgi(ルネサンス・アルト・リコーダーのための)

カティア・ライザー(リコーダー)
タン・クタイ(パーカッション、マリンバ)*

録音:1997年10月、1999年3月、ベルリン=アドラースホフ、変容教会、ダイレクト・ディジダル・ステレオ

リコーダーというと一般には教育用楽器あるいは古楽器の印象が強いと思われるが、実はこの10年ほどのうちに、リコーダーのために書かれた新作は急増している。このアルバムではリコーダーの「静」の側面を探求した作品が選ばれており、共演するパーカッションも神秘的な雰囲気を高めるのに一役買っている。テノール・リコーダーはときに尺八のように響く。ライザーはダン・ラウリン他に師事したドイツの女性リコーダー奏者。

CARPE-16257
王のシャンブル付き楽団終身音楽家
オトテール:フラウト・トラヴェルソと通奏低音のための作品集

オトテール:フラウト・トラヴェルソのための曲集第1巻〜 組曲第4番ホ短調
フラウト・トラヴェルソのための曲集第2巻〜組曲第3番ニ長調
フラウト・トラヴェルソのための曲集第2巻〜組曲第1番ト短調
フラウト・トラヴェルソのための曲集第1巻〜組曲第1番ニ長調

レジネーガル
[ロドリーゴ・タラーサ(フラウト・トラヴェルソ)、クリスティーネ・ゲファート(Cemb)、ペトル・ヴァグネル(ヴィオラ・ダ・ガンバ)]

録音:1998年7月、オスナブリュック、聖マリア教会、ダイレクト・ディジダル・ステレオ

オトテールはフランスの管楽器製作家・演奏家の一族に生まれ、製作・作曲・演奏・教育のすべてにおいて最高の才能を発揮した。彼は国王ルイ14世の宮廷楽団の管楽器奏者として活躍し、当時の音楽家としては最高の名誉である、「王のシャンブル付き楽団終身音楽家」の称号を授与された。オトテールが書いたフラウト・トラヴェルソのための作品は、現在も続く「フルート王国フランス」の幕開けを告げるものであった。
タラーサはチリに生まれ、ハーグ音楽院でバルトルト・クイケンに師事したフラウト・トラヴェルソ奏者。

CARPE-16258
ラ・ゴルフェランマ2つのコルネットのためのイタリアの音楽 1600-1650
ニコロ・コッラディーニ(1585?-1646):ラ・ゴルフェランマ[コルネット2、オルガン2]
フランチェスコ・ロニョーニ(17世紀):2つのコルネットのためのカンツォン第2番(1626)[コルネット2、オルガン2]
来たれ主よ[コルネット、オルガン]
2つのコルネットのためのカンツォン第1番(1626)[コルネット2、オルガン2]
サロモーネ・ロッシ(1570-1642?):ソナタ「ラ・ヴィエナ」(1623)[コルネット2、チェンバロ]
ソナタ「ラ・ロマネスカ(1626)[コルネット2、チェンバロ]
ソナタ「ラ・ベルガマスカ」(1642)[コルネット、リコーダー、レガール]
ジュゼッペ・スカラーニ(1628-1674?):2声のソナタ第3番[ミュート・コルネット2、チェンバロ]
チプリアーノ・デ・ローレ(ボヴィチェッリ編):ふたたび別れて[ミュート・コルネット、チェンバロ]
ジョヴァンニ・バッティスタ・リッチオ(17世紀):ソプラノ2声のエコーのソナタ[コルネット2、チェンバロ、レガール]
ジュゼッペ・スカラーニ:2声のソナタ第5番[コルネット2、チェンバロ]
ガブリエリ:カンツォン 第1旋法[コルネット2、オルガン2]
パレストリーナ(1525?-1594) /ジョヴァンニ・バッサーノ(16-17世紀):あなたは完全に美しい[コルネット、オルガン]
ジュゼッペ・スカラーニ:2声のソナタ第1番[コルネット2、オルガン]
ダリオ・カステッロ(?-1656/58):ソプラノ2声のソナタ第2番[リコーダー2、オルガン]
ソプラノ2声のソナタ第1番[コルネット2、オルガン]
バッティスタ・リッチオ(17世紀):立ちつくすマリア(1617)[ミュート・コルネット2、オルガン]
ガブリエリ:エコーのカンツォン 第12旋法[コルネット2、オルガン2]

ル・コンセール・ブリゼ
[ウィリアム・ドンゴワ(コルネット、リコーダー)
濱田芳道(コルネット、リコーダー)
カーステン・ローフ(オルガン、チェンバロ)
ピエール=アラン・クレルク(オルガン、レガール)]

録音:1998年、スイス、ローザンヌ、聖ローラン教会、ノイヒャテル歴史博物館

日本の誇るコルネット&リコーダー奏者、濱田芳道が登場! 二重合奏形式の作品を2台のオルガンを備えた聖ローラン教会で、室内ソナタをリュッケルス製チェンバロを所蔵するノイヒャテル博物館でそれぞれ収録。コルネットの名手二人による歌い交わすようなデュオが魅力。

CARPE-16260
アルタ・ムジカチコーニア、デュファイ、ヴォルケンシュタイン:作品集
作曲者不詳(14世紀):Wel were hym that wyst
作曲者不詳(15世紀):Puisque je sui d'Amours loial servant
ギヨーム・デュファイ(1400頃-1474):年の初めのこの日に*
作曲者不詳(14世紀):Je voy le tens venir
作曲者不詳(14世紀):Contre le tremps et la sason jolye
 He,mari,mari
オスヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタイン(1337-1445):あなたはわたしの美しい心を選んだ*
ピエール・ド・モラン(14世紀):Amis tout dous vis
作曲者不詳(15世紀):De tout flors
オスヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタイン:楽しく美しき五月に*
ギヨーム・デュファイ
:四旬節のグローリア
ヨハネス・チコーニア(1370頃-1412):Ben che da vui donna
作曲者不詳(14世紀):ラ・マンフレディーナ、
 ラ・マンフレディーナのロッタ
ヨハネス・チコーニア:Doctorum principem、
 Melodia suavissima、Vir mitis
作曲者不詳(14世紀):愛する人よわたしはあなたに仕えなければならない*
デュファイ:美しい人よ楽しげで優雅な人よ、
 わが幸福わが愛
ニコラス・グレノン(1385頃-1456):La plus jolie et la plus belle
ヨハネス・チコーニア:一頭のヒョウ
ロバート・モートン(1430頃-1475):Il sera pour vous conbatu、
 戦士(ロム・アルメ)

アルタ・ムジカ
[ライナー・ベーム(ショーム、リコーダー、ストリング・ドラム)、ダグマー・イェニケ(ボンバルド、リコーダー、ストリング・ドラム)、ハンス=ユルゲン・ブルクガラー(ボンバルド、フィドル)、マリア・ケプケ(S)*、ペトラ・プリース(フィドル)カロリーネ・シュナイダー(ショーム)]

録音:1999年4-6月、ベルリン=ヴァンゼー、アンドレアス教会、ダイレクト・ディジダル・ステレオ

14−15世紀の作品(ほとんどが声楽曲)を管楽器を中心にして演奏したアルバム。アルタ・ムジカは1985年にライナー・ベームによって創設された中世の楽器を用いる管楽アンサンブルで、レパートリーに応じて歌手、弦・打楽器奏者も参加する。ショームはオーボエの前身にあたるダブル・リードの木管楽器で、ボンバルドはその大型(低音)のもの。カッチリとまとまった演奏と録音は、やはりドイツのアンサンブル、レーベルならではといえる。

CARPE-16261
ロドリーゴ歌曲&室内楽作品集
恋する羊飼いの歌(ソプラノとフルートのための;1935)
古い歌[アリア・アンティガ](フルートとギターのための;1960)
カスティーリャ詩集(ソプラノ、ピッコロ、ツィンクとギターのための;1980)から
サン・フアン・イ・パスクァ/別離と孤独/愛する人の忍耐強さ
前奏曲とリトルネッロ(チェンバロのための;1979)
カナリア諸島のフォリア(ソプラノとギターのための;1958)
2つの小幻想曲(ギターのための;1987);
なんてすてきな小道!/セファルディムのこだま
3つのビリャンシーコ(ソプラノとギターのための;1952);
Pastorcito Santo/アリアと冗談/Coplillas de Belen
即興曲(ハープのための;1959)
夜明けのセレナード(フルートとギターのための:1982)

クリスティーネ・ヴォルフ(S)
カトリン・ケルネ(G)
レギナ・ヴィルシング(Fl)
ウィリアム・ドンゴワ(ツィンク)
カティア・ライザー(ピッコロ)
ベニ・アラキ(Cemb)
ドメニカ・レーツ(Hp)

録音:1999-2001年、ベルリン=アルダースホフ、変容教会

ロドリーゴの小編成作品をたっぷり楽しめるアルバム。「カスティーリャ詩集」で用いられるツィンクは、ルネサンスからバロック初期にかけて使用された木管楽器で、コルネットとも呼ばれたものです。

CARPE-16262
フォーレ:ヴァイオリンとピアノのための作品集
ヴァイオリン・ソナタ第1番Op.13/ソナタ第2番Op.108
ロマンス Op.28

アリアドネ・ダスカラキス(Vn)、
ログリット・イシャイ(P)

録音:2000年7月、ベルリン、ジーメンスヴィラ
※使用楽器:1856年ジャン=バティスト・ヴィヨーム製*/1900年頃エラール製+

ボストン生まれのダスカラキスとイスラエル生まれのイシャイが、ピリオド楽器で聴かせます。

CARPE-16263(2CD)
アルプスの向こうの音楽太陽王ルイ14世の宮廷
ロスト写本から


◆室内用音楽:ラ・カッタリーナ*
メールラ(1595-1665):ラ・カッタリーナ
ローゼンミュラー(1619頃-1684):2声のソナタ
作曲者不詳:2声のソナタ
ゲオルク・ムッファト(1653-1704):パッサカリア
ジョヴァンニ・パンドルフィ=メアリ(17世紀):ラ・カステッラ
フローベルガー(1616-1667):組曲第20番
カッツァーティ(1620-1677):ラ・フィアスカ、
12の音によるカプリッチョ、パッサカリオ=チャコーナ

◆教会用音楽:ラ・カルカニーニャ+
ゲオルク・ムッファト:トッカータ第1番
ヨハン・ローゼンミュラー:ソナタ
マウリツィオ・カッツァーティ:ラ・カルカニーニャ
ヨハン・シュトス:ソナタ
ゲオルク・ムッファト:トッカータ第7番
ヨハン・ハインリヒ・シュメルツァー(1623-1680):ソナタ第2番
ヨハン・ローゼンミュラー:ソナタ
ヨハン・カスパル・ケルル(1627-1693):パサカーユ
マウリツィオ・カッツァーティ:チャコーナ
タルクィニオ・メールラ(1595-1665):ラ・カッタリーナ

ル・コンセール・ブリゼ
[ウィリアム・ドンゴワ(コルネット、指揮)クリスティン・モラン(Vn)、カーステン・ローフ(Cemb)、西山まりえ(Hp)
アンネ=カトリーネ・ブヒャー(Org) ]

録音:2001年ヌシャーテル芸術歴史博物館*
2002年スール/聖マルタン教会+

1653年にドイツのフランツ・ロストによって編纂され、彼の死後フランス国王ルイ14世の手に渡った写本に収められたドイツ、オーストリア、イタリアの器楽作品を中心にしたアルバム。このところヨーロッパでの活躍が目立つ西山まりえの参加もポイントです。

CARPE-16264
「星と海」
リー・サンタナ:ヴィオラ・ダ・ガンバとリュートのための音楽

GREENPEACE MUSIC 2 [The North Sea - Whole Song - Whale Song]
GREENPEACE MUSIC 5
[Energy,kinetic,dynamic - A Prayer for Little Edie - Courtney -
Caliban Recap]
GREENPEACE MUSIC 4
[What the Sea Said - What the Sky Said - Pick-a-Mowen]
GREENPEACE MUSIC 3
[Copperline - On the Banks of the Mississippi - The Star and the Sea -
Fancy-Grade A - Sun Dance]
BILDER BALLET 1 [The Window - Der Flieger - R.C. - Das rote Kissen]

ヒッレ・パール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
リー・サンタナ(Lute)

人気抜群のヴィオラ・ダ・ガンバ奏者ヒッレ・パールと、コンポーザー=リューティストであるリー・サンタナのデュオ・アルバム。サンタナはアメリカ合衆国フロリダに生まれ、ロックとジャズのギタリストとして活動した後、古楽に惹かれてリュートを学び、作曲も開始しました。当アルバムの収録曲もすべて彼のオリジナルです。

CARPE-16265
オスヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタインの音楽
クリストフォルス・デ・モンテ(1383頃-1437):Plaude decus mundi[器楽]
オスヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタイン(1377-1445):シリアで騒ぎがあった
フランチェスコ・ランディーニ(1335頃-1397):春が来た/愛の神よ、この乙女を
オスヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタイン:煙で目を悪くする者は
作曲者不詳(14世紀):Je voy mon cuer[器楽]
 サルタレッロ[器楽]
オスヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタイン:めでたし御母なる女王
ピエール・ド・モラン(14世紀):De ce que fol pense[器楽]
オスヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタイン:来たれいとしい人よ!
 好意の心で[器楽]、起きて、マレデル!
ピエール・フォンテーヌ(1390頃-1447):A son plaisir volentiers serviroye[器楽]
マルティヌス・ファブリ(14世紀):N'ay je cause d'estre lies et joyeux[器楽]
オスヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタイン:美しく生気あふれる五月
ニコラス・グレノン(1385頃-1456):もっともかわいく美しい
ザルツブルクの修道士(14世紀):Nachthorn[器楽]
オスヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタイン:Ain gut geporen edelman[器楽]、
 起きろおれたちは眠りたい、
 わが心の痛みは消え去り
作曲者不詳(15世紀):めでたし御母おおマリア

アンサンブル・アルタ・ムジカ
[マリア・ケプケ(S)、マルクス・シュック(T)、ライナー・ベーム(ショーム、リコーダー、ストリング・ドラム)、ダグマー・イェニケ(ポマー、リコーダー)、ハンス=ユルゲン・ブルクガラー(ポマー、フィドル)、カロリーネ・シュナイダー(ショーム、アルト)、アンナ・シュタイゲンベルガー(S)、ペトラ・プリース(フィドル)]

録音:2001年5、7、9月、ベルリン、アンドレアス教会

最後のミンネゼンガー(ドイツの吟遊詩人)、オスヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタインと同時代の音楽で構成されたアルバム。

CARPE-16266
甘美なる旋律17世紀イタリアの音楽
ジュゼッペ・スカラーニ(1628頃活動-1674?):ソナタ「ラ・ノヴェッラ」
マウリツィオ・カッツァーティ(1620-1677):カプリッチョ「イル・ボヴィオ」、
 ガリアルダ「ラ・マニャーニ」
 コッレンテ・フランチェーゼ「ラ・グラッサ」
バルトロメオ・ディ・セルマ(17世紀):カンツォーナ第11番
ジュゼッペ・スカラーニ:ソナタ第16番
マウリツィオ・カッツァーティ:カプリッチョ「イル・ファントゥッツィ」
アンドレア・ファルコニエリ(1585-1656):甘美な旋律、
 フォリアス
バルトロメオ・ディ・セルマ:ファゴットのためのファンタジア
マウリツィオ・カッツァーティ:カプリッチョ「イル・コスピ」
 アッレマンダ「ラ・ギシラルディ」、
 ジガ「ラ・マルシーリャ」
バルトロメオ・ディ・セルマ:カンツォーナ第17番
ジュゼッペ・スカラーニ:ソナタ第3番
アンドレア・ファルコニエリ:パサカーユ=チャコーナ
マウリツィオ・カッツァーティ:カプリッチョ第12番「夜」、
 陰のバッロ、コンタディーニのバッロ、パッサカリオ
タルクィニオ・メールラ(1595-1665):チャコーナ

アンサンブル・バディネリ
[ラヘル・シュテルガー(リコーダー)、ウィリアム・ドンゴワ(コルネット)、クリステャイン・ボイス(ドゥルツィアン)、アレクサンダー・ヴァイマン(チェンバロ、オルガン)、カール=エルンスト・シュレーダー(テオルボ、ギター)]

録音:2000年4月、ベルリン、アンドレアス教会

リコーダーとコルネットが旋律を吹き、ヴィオラ・ダ・ガンバやチェロではなくファゴットの前身楽器ドゥルツィアンが通奏低音を吹く、管楽器を主体とした演奏です。

CARPE-16272
ホルボーン(1545-1602):ファンタジー、エア&舞曲集
Cradle pavan(+)、As it fell on a holly eve(*)、
Cradle of conceites(*)、Fantasia No.3(*)、
Prelude(#)、Tres choses(#)、Pavane No.2(*)
Galliard No.2(*)、Pearl(*)、Muy linda(*)
Pavane quadro(**)、What you will(**)、
The oulde almaine(++)、Pavane passamezzo(++)
Galliard passamezzo(++)、Heartes ease(*)
Heigh ho holiday(*)、Jast(*)、Fantasia No.1(#)
Last will and testament(#)、The new yeares gift(*)
The teares of the muses(*)、
Mr.D.Bonds galliard(*)、Playfellow(*)、
Responce galliard(*)、Night watch(#)、Lullaby(#)

リー・サンタナ
(リュート(*)、バス・リュート(+)、バンドーラ(#)、チターン(**)、ツィターライン(++))

録音:ドイツ、デートリンゲン

フロリダ生まれのリュート奏者リー・サンタナが5種類の撥弦楽器を弾き分けて、イングランド・ルネサンスの作曲家・リュート奏者ホルボーンの作品を演奏。アルバム・タイトルになっている「Cradle of conceit(e)s」は「奇想の揺りかご」とでも訳したらよろしいのでしょうか。

CARPE-16273
JOHN COME KISS ME NOW
17世紀イングランドの様々な楽器のための組曲、ディヴィジョンと舞曲集

ジョン・プレイフォード(1623-1686):ノバディズ・ジグ
マシュー・ロック(1621-1677):「小コンソート」から 組曲第7番ト短調
デイヴィッド・メル(1604-1662):ジョン私にキスして
ジョン・プレイフォード:「イングランドの舞踏教師」から 陽気な乞食たち−シメロンの踊り
フランチェスコ・コルベッタ(1615-1681):スペインのパヴァン(ギター独奏)
マシュー・ロック:「ブロークン・コンソート」第2部〜組曲第2番ニ短調
「2部のコンソート、友人たちのための」〜組曲第4番ホ短調(原調:イ短調)
ソロモン・エクルズ(1618-1683):グラウンド上のディヴィジョン
パーセル:グラウンド ハ短調(チェンバロ独奏)
マシュー・ロック:「2部のコンソート、友人たちための」から 組曲第6番イ短調/イ長調
ジョン・プレイフォード:アイルランドのブレ、
 スコッツ・ラント、ウォリングフォード・ハウス、
 女王の喜び

ラ・ベアタ・オランダ
[クラウディア・ホフマン(ヴァイオリン、ポシェット)、ゲラルト・シュテンプフェル(リコーダー、ヴィオル)、トルステン・ブライヒ(テオルボ、アーチリュート、ギター、キタローネ)
ティナ・シュペックホーファー(Cemb)]

録音:2008年8月9-12日、ドイツ、アウハウゼン

ラ・ベアタ・オランダはオランダのハーグ王立音楽院でシギスヴァルト・クイケン、寺神戸亮に師事したクラウディア・ホフマンによって1992年にドイツのフライブルクで創設されたアンサンブル。ディヴィジョンは17世紀にイングランドで流行した変奏曲の一種です。

CARPE-16274
デ・プロフンディス
ミシェル・ゴダール(1960-):深い淵から私はあなたに向かって叫ぶ」による即興曲
ヴォルフガング・エブナー(1612-1664):深い淵から私はあなたに向かって叫ぶ
ゴダール/シェッパー:蜘蛛
リー・サンタナ(1959-):島の上の島、
 ミスター・エド、今回が最後
オラツィオ・ベネヴォリ(1605-1672):彼を君主たちと共に並ばせ
アレッサンドロ・グランディ(1575/1580-1630):神が私たちを憐れみ
アルベリク・マザーク(1609-1661):天上は静穏であった
マウリツィオ・カツァーティ(1620頃-1677):天上で大戦争があった
ミシェル・ゴダール:マニフィカト
アントニオ・チフラ(1584-1629):博士たちは星を見て
ヨハン・メルヒオール・グレートレ(1626-1683):アヴェ・マリア
トーマス・アイゼンヒュート(1644-1702):サルヴェ・レジナ

トレ・バッシ[アラン・ビュエ、ポール・ウィレンブロック、フィリップ・ロシュ(バス)]
ミシェル・ゴダール(セルパン)、
ヒッレ・パール(ヴィオラ・ダ・ガンバ、リローネ)
リー・サンタナ(キタローネ)

3人のバスと3つの低音楽器による音楽。3人のバス歌手によるグループ、トレ・バッシ(Tre Bassi;3人のバス)が当レーベルでおなじみのヒッレ・パール、リー・サンタナらと共演したユニークなプロジェクト。セルパンはコルネット(ツィンク)族の最低音楽器で、蛇のようにくねった長い管を持っています(画像)。ミシェル・ゴダールはフランスのテューバ奏者としてジャズとクラシックの両ジャンルで活躍、また数少ないセルパンのスペシャリストとして貴重な存在です。
歌詞・英訳はウェブサイトを参照する形となっています。
低声と低音の共演ですがけけっして重苦しくはありません。17世紀の様々な作曲家たちが3人のバスのための音楽を書いていたのは少々驚きですが、彼らがバスという声によって意図したものは威嚇や鈍重さではなく、落ち着きであったことがわかります。全体にヒーリング志向と受け取れますがユーモラスな部分もあり、とにかくユニークなアルバムです。





CARPE-16276
彼らが私の名呼ぶならば
ディエゴ・ピサドル
(1509/10?-1557以後):歌曲&ビウエラ曲集
「ビウエラの譜本」(1552年、サラマンカにて出版)から
Si me llaman a mi llaman
Quien tuviesse tal poder
Fantasia a tre bozes del quarto to...
Para que es dama tanto quereros
Partense partiendo yo、Y con que la lavare
Por una vez que mis ojos alce
Fantasia por el quarto tono sobre ...
Si la noche haze escura
No me llamen sega la yerba
O bene mio fa famme uno favore
Madonna mia fan me von
Guarte guarte el rey don Sancho
Lagrime mesti
Fantasia sin passo ninguno a tres ...
Passeavase el rey Moro
Gentil cavallero, dadme ora un beso
A quand'a quand'haveva
Sempre me fingo、En la fuente del rosel
Fantasia del sexto tono a quatro
Aquellas sierras madre
La manana de San Juan
Si te quitase los hierros
Herida va la garca、Pues te partes y te vas

エル・コルテサノ
[ホセ・エルネンデス=パストル(男性アルト)
アリエル・アブラモヴィチ(ビウエラ)]

スペインの作曲家・ビウエラ奏者ピサドルの「ビウエラの譜本」には58のビウエラ伴奏歌曲と37のビウエラ独奏曲が収められています。
ホセ・エルネンデス=パストルはバーゼルのスコラ・カントールムでリチャード・レヴィットとアンドレアス・ショルに師事したスペインのカウンターテナー。アリエル・アブラモヴィチはロック、ジャズ、ラテンから転向してバーゼルのスコラ・カントールムで学んだというユニークな経歴を持つアルゼンチン生まれのギター&ビウエラ奏者。1998年、二人がバーゼルでデュオを組みエル・コルテサノを結成しました。
歌詞・英訳はウェブサイトのPDFファイルを参照・印刷する形となっています。

CARPE-16277
芳香のコンサート
S.マルク:インプロヴィゼーション
M.ゴダール(1960-):アンブル
 インパーメネンス
G.マレ:インプロヴィゼーション
M.ゴダール:アンジェリカ
M.ゴダール/P.エラール:インプロヴィゼーション
G.ムルギア:インプロヴゼーション
G.マレ:Nebia del baix camp
G.ムルギア:インプロヴィゼーション
G.マレ:偶像破壊者
S.マルク:アルマンド
M.ゴダール:ルネッサンスをなぞって
P.エラール:インプロヴィゼーション
M.ゴダール:影の線
 インプロヴィゼーション
 Fermal'ali
S.マルク:インプロヴィゼーションU
ミシェル・ゴダール(セルパン)
ガビノ・ムルギア(Sax)
ジェラール・マレ(G)
パトリス・エラール(パーカッション)
セバスチャン・マルク(リコーダー)

録音:2009年5月13-15日
陶酔と香水・・・。このパッケージを開くと現れる薄紙から仄かに良い香りが漂います。ウルスラ・S=ヨーがプロデュースした神秘的でどこか懐かしいこの香りは、花というよりも深い森の奥に由来するものでしょうか?この香りの中で奏された音楽は、この香りと見事に調和し、幽玄で深淵な世界を表出しています。とりわけインプロヴィゼーション(即興演奏)でのジャンルを超えた音世界は一聴の価値ありです。
CARPE-16278
コルベッタ、ヴィゼ:バロックギター曲集
フランチェスコ・コルベッタ(1615-1681):前奏曲 g sol re ut b mol
アルマンド/クラント
 サラバンド/ジグ/パッサカリア
 前奏曲 f ut fa
 ヨーク公殿下のお気に入りのアルマンド
 クラント/サラバンド/ジグ
 オルレアン公夫人のトンボー
 シャコンヌのカプリス
 前奏曲 b fa b mi tierce mineur
 王のアルマンド
 クラント/サラバンドI/サラバンドII
 パッサカリア
 モンマス公のお気に入りのガヴォット
 前奏曲 c sol ut fa b mol/パッサカリア
 オルレアン公夫人のサラバンド/ジグ
 もうひとつのシャコンヌ
ロベール・ド・ヴィゼ(1650頃-1732):前奏曲
 フランシスク氏のトンボー
ロザリオ・コンテ(バロックG)

録音:2006年8月7-8日、ロヴァート(イタリア)、アヌンツィアータ修道院
フランチェスコ・コルベッタ(イタリアのパヴィア生まれ)はバロックギター史上最高のヴィルトゥオーゾと称されるギタリスト・ギター教師・作曲家。フランスでは国王ルイ14世のギター教授を務め、その後渡ったイギリスでは貴族階級の間にギター・ブームを起こしました。ロベール・ド・ヴィゼはコルベッタの教え子の一人で、「フランシスク氏のトンボー」は師への追悼曲です。ロザリオ・コンテは1966年イタリアのタラントに生まれ、バーリのピッチニーニ音楽院で学んだ後バーゼルのスコラ・カントルムでホプキンソン・スミスに師事したギター・リュート系楽器奏者。
CARPE-16279
心のおもむくままに スペイン・ルネサンス音楽と即興演奏
パッサカリア
バルバラ・ストロッツィ(1619-1677)/ジョヴァンニ・アントニオ・パンドルフィ・メアッリ(活躍:1660-1669)/即興
パッサメッツォ・モデルノ
ディエゴ・オルティス(1510-1570以後)/ビセンテ・パリリャ/即興
フォリアス
アントニオ・デ・カベソン(1510-1566):パバナとそのグロサ/誰のために髪を伸ばした
ディエゴ・オルティス/ビセンテ・パリリャ:セレルカダ第8番
即興:誰も愛さずにいられようか
ガイヤルド
ピエール・アテニャン(1494頃-1552)/即興
グアルダメ・ラ・バカス(牛の見張り番)
ルイス・ベネガス・デ・エネストロサ(1510頃-1570)
 ディエゴ・オルティス/即興
コンデ・クラロス(クラロス伯爵)
 エンリケス・デ・バルデラバノ(1500-1556)と不詳作者の作品に基づく即興
シャコンナ
 クラウディオ・モンテヴェルディ(1567-1673)とベネデット・フェラーリ(1603/1604-1681)の作品に基づく即興
モーレ・イスパーノ[ビセンテ・パリリャ(リコーダー、指)、ラケル・アンドゥエサ(S)、ファーミ・アルクァイ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、ヘスス・フェルナンデス(リュート、テオルボ)、ミゲル・リンコン(リュート、ギター、テオルボ)、ハビエル・ヌニェス(Cemb)、アルバロ・ガリド(打楽器)]
楽譜に書かれた通りに音を出してお終いではなく、心のおもむくままに即興を展開してゆく・・・これが、スペインのピリオド楽器アンサンブル、モーレ・イスパーノのポリシー。「誰々作曲の何々」で完結しない創造的な音楽が、ここにはあります。
CARPE-16280
ファンタスティック・スタイル
ジョヴァンニ・パンドルフィ=メアッリ(1620-1669頃):6つのソナタ Op.3(1660)〜ソナタ「ラ・カステッラ」
 ソナタ「ラ・メラーナ」
フローベルガー:皇帝フェルディナント3世の死に寄せる哀歌(1657)
ジョヴァンニ・パンドルフィ=メアッリ:6つのソナタ Op.3〜ソナタ「ラ・チェスタ」
フローベルガー:トッカータ第3番ヘ長調(1649)
ジョヴァンニ・パンドルフィ=メアッリ:6つのソナタ Op.3 〜ソナタ「ラ・ステッラ」
 ソナタ「ラ・サッバティーナ」
フローベルガー:組曲ニ短調
ジョヴァンニ・パンドルフィ=メアッリ:6つのソナタ Op.3〜ソナタ「ラ・クレメンテ」
ル・コンセール・ブリゼ
[ウィリアム・ドンゴワ(コルネット[ツィンク])
カルステン・ローフ(チェンバロ、オルガン)
エリク・ベロック(Lute) ]

録音:2009年10月28-31日、ヌーシャテル(スイス)、美術・歴史博物館、ライヴ
イタリアのヴァイオリニスト・作曲家パンドルフィ=メアッリはその経歴がほとんど知られていません。現存する作品は各6曲から成る2つのソナタ集(Op.3、Op.4)のみですが、それらはコレッリ以前の器楽史において重要視されています。当CDは吹奏古楽器コルネットの名手ウィリアム・ドンゴワが Op.3の全曲で名演奏を披露したライヴ盤。同時代のフローベルガー(イタリアでフレスコバルディに師事したドイツの鍵盤楽器奏者・作曲家)の作品が曲間に演奏されています。
CARPE-16281
スウェーリンク:チェンバロ作品集
スウェーリンク:半音階的ファンタジア
私たちのために御子が生れた
スペインのパヴァーヌ
大公のバレット/緑の菩提樹の下で
もしも運命の女神に愛されるなら
涙のパヴァーヌ
ああ、神よ、天から見下ろしてください
私の青春は過ぎ去り
クラウディオ・メールロ(1533-1604):トッカータ ニ短調
スウェーリンク:おかしなシモン
ジョン・ブル:スウェーリンクのフーガによるファンタジア
アリーナ・ロタル(Cemb)

録音:2010年7月6-8日、アーレンスホルスト(ドイツ)、聖ヨハンニス教会
アリーナ・ロタルはルーマニアのブカレストに生まれ、1999年ドイツに移住、ジーグベルト・ランペ、カルステン・ローフ、デトレーフ・ブラチュケ、ボブ・ファン・アスペレンに師事したチェンバロ奏者。
CARPE-16282
ニンフィディア−妖精の国エリザベス&ジェイムズ朝イングランドの歌と舞曲集
ジョン・ベネット(1575頃-1614以後):The Elves daunce
マイケル・ドレイトン(1563-1631)作詩:Nymphidia
トマス・レイヴンズクロフト(1582/1592-1635):Yonder comes a courteous knight
ジョン・プレイフォード(1623-1686):Scotch Cap
不詳:The sorrowful complaint of Susan Higges
ジョン・ジョンソン(1545頃-1594):Quadro Paven / Quadro Galliard
リチャード・ファラント(1530頃-1580):Panthea's lament
ロバート・ジョンソン(1583頃-1633):Full fathom five
不詳:Howell's Delight
ロバート・ジョンソン:Where the bee sucks
不詳:Grimstock
トマス・ロビンソン(1560頃-1610頃):The new hunt's up
トマス・アスキュー:Jig
ジョン・ダウランド:O sweet woods / Can she excuse
不詳:The Puncke's delight / The dark is my delight / Excuse me
ジョン・プレイフォード:Bobing Joe & Jenny pluck pears
ジョン・ダウランド:I saw my lady weepe
不詳:Daphne - Broadside ballad [ボーナス・トラック]
パンタグリュエル
アンナ・マリア・ヴィーロズ(歌)ドミニク・シュナイダー(笛、ギター、歌)
マーク・ウィーラー(リュート、チターン、バンドーラ)

録音:2010年7月、コルンラーデ(ドイツ)、聖マリア教会
17世紀のイングランドで隆盛した妖精文学を下敷きとしたプログラム。2002年に結成されたパンタグリュエルはアントニー・ルーリー絶賛の古楽グループ。デンマーク生まれのソプラノ、アンナ・マリア・ヴィーロズの透き通った歌声が魅力です。
CARPE-16284
ヤコブ・ファン・エイク(1590-1657):リコーダー作品集
「笛の楽園」第1巻〜Lof-zangh Marie
Engels Nachtegaeltje
Janneman en Alemoer
O Heyligh Zaligh
Tweede Lavignione
Prinst Robberts Masco
Bockxvoetje(第2巻 から)
Engels Liedt / Lanterlu
Pavaen Lachrymae / Courante
Stil, stil een reys / Rosemont
Rosemond die lagh gedocken
Lavignone / Frans Ballet
ゲラルト・シュテンプフェル(リコーダー)

録音:2008年8月、アウハウゼン(ドイツ、バイエルン州)、修道院教会
生まれながらの盲目のオランダ貴族にしてリコーダー、オルガン、カリヨンの名演奏家、作曲家であったファン・エイク。厖大な数のリコーダー独奏曲を収録した「笛の楽園」は現代のリコーダー奏者、そして古楽愛好家に遺された貴重な曲集です。ゲラルト・シュテンプフェルはリコーダーをウルリケ・フォルクハルト、マリオン・フェラブリュッヘン、ワルター・ファン・ハウヴェに、チェンバロをアンネケ・アンテンボッシュ、カルステン・ローフに、ヴィオラ・ダ・ガンバをハルトヴィヒ・グロート、パオロ・パンドルフォに師事したドイツのピリオド楽器奏者。
CARPE-16285
ルネサンス音楽の装飾
ルルキン(15世紀後半):De tous biens playne -
エーヌ・ヴァン・ギゼゲム(1445頃-1476以降/1497以前):De tous biens playne
マルケット・カーラ(1465頃-1525):Chi me dara piu pace
バルトロメオ・トロンボンチーノ(1470-1534以降):Per dolor me bagno il viso
ジョスカン・デプレ(1450頃-1521)/ルイス・デ・ナルバエス(活躍:1526-1549):
Mille regretz. Cancion del Emperador[千々の悲しみ.皇帝の歌]
ジョスカン・デプレ:Mille regretz
フィリップ・ヴェルドロ(1480頃-1530頃):Igno soave/Madonna per voi ardo
チプリアーノ・デ・ローレ(1515頃-1565):Anchor che col partire[別れの時]
不詳:Une jeune fillette[若い娘](出版:1576)
ピエール・R、伝サンドラン(1490頃-1560頃):Doulce Memoire[甘い記憶]
ビセンテ・パリリャ(1977-):アヴェ・マリス・ステラによるコントラプント
ディエゴ・オルティス(1510頃-1570)/ビセンテ・パリリャ:ラ・スパニャによるコントラプント
アントニオ・デ・カベソン(1510頃-1566):「La Dama le Demanda」によるディフェレンシア
即興演奏:パッサカリア
モレ・イスパノ
ラケル・アンドゥエサ(S)
ビセンテ・パリリャ(リコーダー、指)
ミゲル・リンコン(リュート、テオルボ)
 ヘスス・フェルナンデス(Lute)
ファーミ・アルクアイ、ラミ・アルクアイ、ヨハンナ・ローゼ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
ハビエル・ヌニェス(Cemb)
アルバロ・ガリド(打楽器)

録音:2009年4月26-29日、セビリャ(スペイン)、キリスト学校小礼拝堂
16世紀の西欧音楽における装飾・変奏・即興を探求したアルバム。リコーダーのヴィルトゥオーゾ、ビセンテ・パリリャを中心に、スペイン古楽の新たなる歌姫ラケル・アンドゥエサ、自主レーベル(Alqhai & Alqhai)でも絶好調なアルクアイ兄弟らが、じっくりと、深く濃い音楽を聴かせてくれます。前作「心のおもむくままに」(CARPE 16279)には赤ワインが似合いましたが、こちらは深煎りのコーヒーを味わいながら楽しみたい、そんな感じです。
CARPE-16286
モンテヴェルディ〜ア・トレース・オブ・グレース
モンテヴェルディ:Pur ti miro[歌劇「ポッペアの戴冠」から ただあなたを見つめ]
ミシェル・ゴダール(1960-):L'Abbesse / Soyeusement / A trace of grace
モンテヴェルディ:Zefiro torna[西風が戻り]
ミシェル・ゴダール:Prelude in F / Roma
スティーヴ・スワロー(1940-):Les effets de manches
モンテヴェルディ:Pianto della Madonna[聖母の嘆き]
ミシェル・ゴダール:Doppo il lamento
モンテヴェルディ:Si dolce e il tormento[苦しみはこんなにも甘く]
スティーヴ・スワロー:Doppo il tormento
モンテヴェルディ:Oblivion soave[歌劇「ポッペアの戴冠」から 安らかにみな忘れ]
ミシェル・ゴダール(セルパン、ベースギター)
ギュメット・ロランス(歌)
ガヴィーノ・ムルジア(サクソフォン、声)
ファニー・パクー(Vn)
ブルーノ・ヘルストロッファー(テオルボ)
スティーヴ・スワロー(ベースギター)

録音:2011年6月1-4日、ブリュエール=アリシャン(フランス)、ノワールラック修道院
「芳香のコンサート」(CARPE 16277)に続くフランスのセルパン奏者ミシェル・ゴダールのノワールラック修道院における録音で、その続編とも言えるアルバム。セルパンは蛇のようにくねった長い管を持つ、コルネット(ツィンク)族の最低音楽器。ミシェル・ゴダールはフランスのテューバ奏者としてジャズとクラシックの両ジャンルで活躍、また数少ないセルパンのスペシャリストとして古楽の分野でも貴重な存在です。当アルバムでもゴダールのコネクションが生かされ、古楽からギュメット・ロランス、ファニー・パクー、ブルーノ・ヘルストッファー、ジャズからガヴィーノ・ムルジアとスティーヴ・スワローが参加。古楽トリオとジャズ・トリオのコラボレーションで展開されるジャンルも時代も超えた渋く知的な雰囲気の音楽がリスナーを魅了します。アルバム・タイトルは「恩寵の跡」、「神の恵みをたどって」とでも訳すべきなのでしょうか、現在は建物だけになってしまったノワールラック修道院、天才モンテヴェルディとその音楽にインスパイアされたゴダール、スワローの作品に掛けられているのかもしれません。
CARPE-16288
アレッサンドロ・ピッチニーニ(1566-1638頃):アーチリュートの為の作品集
トッカータ第8番/舞踏の為のガリアルダ第4番
コッレンテ第2番/半音階的トッカータ第12番*/トッカータ第3番
変奏によるサラバンドのアリア*/トッカータ第26番*/パッサカリア
コッレンテ第10番/トッカータ第3番*/リチェルカーレ・ムジカーレ第1番*
トッカータ第7番/ガリアルダ第1番/コッレンテ第9番/トッカータ第6番
ガリアルダ第3番/コッレンテ第8番/フランス風サラバンド
リチェルカーレ第1番/トッカータ第8番*
チャッコーナ「スペイン風マリオナ」
*「リュート曲集第1巻」(1623)から/(無印)「リュート曲集第2巻」(1639)から
ロザリオ・コンテ(アーチLute)

録音:2011年8月24-27日、アヌンツィアータ修道院、ロヴァート(イタリア)
アレッサンドロ・ピッチニーニはボローニャに生まれ、ルネサンス末期からバロック初期にかけてイタリアで活躍したリュート奏者・作曲家。アーチリュートはリュートに棹のような拡張ネックを取り付け開放バス弦を張った楽器。ピッチニーニは1623年出版の「リュート曲集第1巻」において自分がこの楽器の発明者であると主張しています。ロザリオ・コンテは1966年イタリアのタラントに生まれ、バーリのN・ピッチンニ音楽院で学んだ後、バーゼルのスコラ・カントールムでホプキンソン・スミスに師事したリュート、ギター奏者。
CARPE-16287
トレチェント(14世紀イタリア)の音楽
エギディウス・ダ・フランチア(14世紀):Intro - Donna s'amor
アンドレア・ダ・フロレンティア(?-1415):Cosa crudel
バルトリーノ・ダ・パドヴァ(活躍:1365頃-1405頃):El no me giova
フランチェスコ・ランディーニ(1325/1335頃-1397):Somma felicita
アンドレア・ステファーニ(活躍:1399頃):Con tutta gentilezza
バルトリーノ・ダ・パドヴァ:I bei sembianti
即興演奏:Interlude
不詳:Nel mio bel orto / Lauda
バルトリーノ・ダ・パドヴァ:La douce cere
不詳(ファエンツァ写本所収):Interlude
バルトリーノ・ダ・パドヴァ:Alba colomba
不詳:Passando in ombra (Madrigal / Estampie)
ドン・パオロ・ダ・フィオレンティア(1355頃-1436以後):Amor da po'che
ゲラルデッロ・ダ・フィレンツェ(1320/1325頃-1362/1363):Donna, l'altrui mirar
エギディウス・ダ・フランチア:Donna s'amor
アンサンブル・シンタグマ
入澤真美、カトリーヌ・ジョスラン(S)
太刀川昭(C.T)
守谷敦(リコーダー)
ソフィア・ダニレフスキ(中世フィドル)
ジェローム・サロモン(打楽器)
ベランジェル・サルダン(中世ハープ)
マルニクス・ファン・ゼップ(カリヨン)
アレクサンドル・ダニレフスキ(中世リュート、Chekker、ディレクター)

録音:2010年8月4-6日、ビルシュ(フランス)、聖オーギュスタン礼拝堂
「イタリアのアルス・ノヴァ」とも称されるトレチェント(1300年代、つまり14世紀イタリア)を代表する一人であるバルトリーノ・ダ・パドヴァと同時代の作曲家たちによる、非常に手の込んだ精巧緻密な音楽を取り上げたアルバム。日本人メンバーの活躍がうれしいアンサンブル・シンタグマ。演奏至難な音楽をまったくそのように聴かせないその演奏技術の高さに驚嘆させられます。「聴く」という行為の感覚すら忘れさせる音楽はほんとうに独特で、うまく文章で表せないものがあります。
CARPE-16288
アレッサンドロ・ピッチニーニ(1566-1638頃):アーチリュートの為の作品集
トッカータ第8番/舞踏の為のガリアルダ第4番
コッレンテ第2番/半音階的トッカータ第12番*/トッカータ第3番
変奏によるサラバンドのアリア*/トッカータ第26番*/パッサカリア
コッレンテ第10番/トッカータ第3番*/リチェルカーレ・ムジカーレ第1番*
トッカータ第7番/ガリアルダ第1番/コッレンテ第9番/トッカータ第6番
ガリアルダ第3番/コッレンテ第8番/フランス風サラバンド
リチェルカーレ第1番/トッカータ第8番*
チャッコーナ「スペイン風マリオナ」
*「リュート曲集第1巻」(1623)から/(無印)「リュート曲集第2巻」(1639)から
ロザリオ・コンテ(アーチLute)

録音:2011年8月24-27日、アヌンツィアータ修道院、ロヴァート(イタリア)
アレッサンドロ・ピッチニーニはボローニャに生まれ、ルネサンス末期からバロック初期にかけてイタリアで活躍したリュート奏者・作曲家。アーチリュートはリュートに棹のような拡張ネックを取り付け開放バス弦を張った楽器。ピッチニーニは1623年出版の「リュート曲集第1巻」において自分がこの楽器の発明者であると主張しています。ロザリオ・コンテは1966年イタリアのタラントに生まれ、バーリのN・ピッチンニ音楽院で学んだ後、バーゼルのスコラ・カントールムでホプキンソン・スミスに師事したリュート、ギター奏者。
CARPE-16289
オランダのリュート音楽
ティシウスのリュート曲集(1595-1646)〜[Met dat schuijtgen al over dat meertgen/Jan Dirrixz/In een groot ongheluck/T' souw een meijsken gaen om wijn/Ick lijd' int hart pijn onghewoon - Mr. David/Daer is een Leeuwerck doot ghevallen]
フレホリオ・フエト(1550以前-1616頃):ファンタジア
ニコラ・ヴァレ(1583頃-1644以後):前奏曲/緑の菩提樹の下で/哀歌の形式によるパヴァーヌ
  イングランドの歌
フレホリオ・フエト:ファンタジア
ヨアヒム・ファン・デ・・ホーフェ(1567-1620):前奏曲/アルマンド/涙のパヴァーヌ/Susanneken/Het Laeste Leijtsche Afscheyt/Favorito - Diomedes Cato/Windeken/ガリアルド/ファンタジア第6番/アルマンド/ガリアルド/フランドルの歌
エマヌエル・アンドリアーンセン(1554頃-1604):イングランドの歌−別のイングランドの歌−イングランドのサルタレッロ
アントニー・ベイルズ(Lute)

録音:聖マリア教会、シェーネモーア(ドイツ)、時期の記載なし
リュート界の重鎮で、アムステルダムのスウェーリンク音楽院教授として数多くの優秀なリュート奏者を輩出したアントニー・ベイルズによる、16世紀後半から17世紀前半にかけてのオランダのリュート音楽。
CARPE-16290
フローベルガー:組曲&トッカータ集
ブランシュロシュ氏の死に際してパリで書いたトンボー
組曲第19番; アルマンド,ジグ,クラント,サラバンド
トッカータ第2番
組曲第2番; アルマンド,ジグ,クラント,サラバンド
組曲第12番; ラメント,ジグ,クラント,サラバンド
組曲第13番; アルマンド,ジグ,クラント,サラバンド
リチェルカーレ第7番/トッカータ第19番
組曲第14番; ラメンタシオン,ジグ,クラント,サラバンド
トッカータ第11番
アリーナ・ロタル(Cemb)

録音:音楽・歴史博物館、ヌーシャテル、スイス
アリーナ・ロタルはルーマニアのブカレストに生まれ、1999年ドイツに移住、ジーグベルト・ランペ、カルステン・ローフ、デトレーフ・ブラチュケ、ボブ・ファン・アスペレンに師事したチェンバロ奏者。前作:スウェーリンク:チェンバロ作品集(CARPE 16281)。
CD-16291
不確定性原理〜アレクサンドル・ダニレフスキ(1957-):作品集
ラウダ<プレリュード/第1 部:Se mai per maraveglia/インターリュード I/第2 部:ユニバーサル・ドローレ/インターリュード U/第3 部:Ser perder la propia vita /インターリュード V/第4 部:Gia le ferrate e inexpugnabil porte >
レヴェレーション
悲しみのオーダ<前奏曲/詩:黄金の葉/インターリュード/別れ:誰が私のコップに注いでくれるのだろう?>
リコーダー四重奏のためのアンティフォナいていたい1枚です。
太刀川昭(C.T)
スザンナ・トス(S)
ラリッサ・グローエンフェルト(Vc)
フランダース・リコーダー・クァルテット
アンサンブル・シンタグマ
アレクサンドル・ダニレフスキ(指)

録音:ベルギーアントワープ,AMUZ
中世から現代まで、様々な時代を想起させる神秘的な音のサウンドスケープ。身の毛もよだつようなチェロの咆哮で幕を開ける「ラウダ」は、この世のものとも思えぬような歌声を従え、聴き手を冥界へ誘います。調性も和声も不明瞭であり、とっつきやすいメロディがあるわけでもないのですが、曲に漂うオーラはとても魅惑的であり、独特の美しさに満ちたものです。独奏チェロによる「レセレーション」も確かな質感を感じさせる豊かな音楽。
CARPE-16292
ハリーはわれらの王様/チューダー王ヘンリー8世のための音楽
1.作者不詳:England be Glad
2.オケゲム:レクイエム-入祭唱
3.ヘンリー8世(1491-1547):Gentil prince de renom
4.作者不詳:Nil maius superi vident a 5
5.伝承曲:The Hunt is Up
6.ヘンリー8世:Grene growith the holy
7.作者不詳:Jay pryse amours
8.ウィリアム・コーニッシュ2世(1468-1523):Blow thi horne hunter
9.クロード・ジェルヴェーズ(1525-1560):Pavan,“La Battaglia”
10.作者不詳:And I were a maiden
11.作者不詳:Pray we to God a 31
12.ビュノワ(1430-1492): Fortune esperee
13.伝承曲:Fortune My Foe
14.バード(1540-1623):Fortune my foe
15.ヘンリー8 世:If love now reynyd
16.ウィリアム・コーニッシュ2 世:A robyn, gentyl robyn
17.ヘンリー8 世:Taunder naken
18.クロード・ジェルヴェーズ:Gagliarde “La Battaglia”
19.ヘンリー8 世:Pastyme with good companye
20.ヘンリー8 世:Helas madam
21.作者不詳:La doune cella
22.作者不詳:Adieu madame ma maistresse
23.ヴェルドロ(1485-1532):Sancta Maria a 6
チャールズ・ダニエルズ(T)
ジェレミー・ウェスト(コルネット)
カペラ・デ・ラ・トーレ
カタリナ・ボイムル(指)
チューダー王ヘンリー8世(1491-1547)は、イングランド王家史上最高のインテリであるとされ、ラテン語、スペイン語、フランス語を理解し、スポーツにも才能を発揮、また音楽にも造詣が深かったことで知られています。また幾つかの合唱曲の楽譜も現存、文化史にも名を残しています。このアルバムは、そんな王自身の作品とその時代の音楽を集めたもので、世俗曲から宗教曲まで、16世紀のイギリス文化の華を感じさせる好企画となっています。テノールのチャールズ・ダニエルズは、当時の言葉を古式ゆかしき発音で見事に歌い上げ、およそ500年前の音楽を生き生きと表現しています。
CARPE-16293
寒い冬の日に/クリスマスの音楽集
英国民謡:A Wassail, a Wassail
カナダ民謡:'Twas in the Moon of Wintertime
英国民謡:月は輝き
Tune No 176 Turlough O’Carolan (1670?-1738), Ireland
英国/フランス民謡:The Holly and the Ivy
スコットランド民謡:A Naoidhe Naoimh (O Holy Child)
To Shorten Winter’s Sadness Thomas Weelkes (1576?-1623), England
アイルランド民謡:ベツレヘムの夜
アイルランド民謡:クリスマス・イブ-Christmas in Killarney-クリスマスの日の朝-クリスマスの前の日
英国/フランス民謡:Pat-a-Pan
Taladh ar Slanaighear Scottish Gaelic traditional (Our Saviour’s Lullaby)
アイルランド民謡:寒い冬の朝に
英国民謡:A Babe is Born All of a Maid
Nikolaus Newerkla:英国民謡による「This is the Truth Sent」
英語とアイルランド語によるWexford Carol
英国民謡:Gower Wassail Welsh
英国民謡: Drive the Cold Winter Away
英国民謡:Deck the Hall
グアドリガ・コンソート
録音:2012年5月3-6日オーストリア,ガルス・アム・カンプゲルトルーズ教会
アイルランド、英国、カナダ民謡で祝うクリスマス。使っている楽器は中世のものでも、そこに流れる感覚は間違いなく現代に通じるものです。クラシックというよりもワールド・ミュージックであり、素朴で懐かしい何とも言えない肌触り。大地の息吹きをそのまま感じるクリスマスもよいものです。グアドリガ・コンソートはブリテン諸島に伝わるバラードや、ケルトのゲール語の宮廷の歌、舞曲などを現代的感覚で演奏するアンサンブル。楽しくて美しい1枚です。
CARPE-16294
世界と音楽〜15世紀のスペインとフランドルの器楽曲
ブリュメル:タンデルナック
アグリコラ:我らが主に向かいて喜べ
デ・パレーハ:世界の音楽を皆で奏でよ4.ティンクトーリス:思い出
オケヘム/ティンクトーリス:ダン・オートル・アメ
ティンクトーリス:彼女はいいところばかり
 Elaes Abrayam
ベニート:キリエ/グローリア
作者不詳:カノン- Undecim apostoli secuti sunt Petrum
ダ・ペサロ(グリエルモ修士):La Spagna/Falla con misuras
ギゼゲム/アグリコラ:Alez, regretz
アグリコラ:Comme femme
作者不詳:めでたし、聖なるマリア
ティンクトーリス:アレルヤ
アグリコラ:Cecus non judicat de coloribus
ティンクトーリス:Tout a par moy
コンペール:Beaulte damours
アグリコラ:Princesse de toute beaulte
コンペール:Le grant desir d’aymer m’y tient
クァリア
【アンナ・ダニレフスカイア…フィドル/クリストフ・デスリネス・・・・オルガネット/ランベルト・コルソン…リコーダー,コルネット,音楽監督】

録音:2012年6月26-29日
スペイン、カスティーリャ・イ・レオン州セゴビア県の県都であるセゴビアの図書館に所蔵されている「セゴビア写本」は、15世紀末に編纂された興味深い曲集です。当時のスペインで流行したポリフォニック音楽や、近隣の国で演奏された音楽(オランダやフランスの曲も含まれる)など、幅広い作品が含まれ、学術的にもとても貴重な資料となっています。これらの曲を演奏しているクァリア(日本語で感覚の意)は、音楽を奏することを通じて、多くのことを聴き手に訴えかけることを目指しているアンサンブルであり、このいにしえの素材から豊かな物語を紡ぎ出しています。
CARPE-16295
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(リュート編)
ソナタ第1番ト短調BWV1001
パルティータ第2番ニ短調BWV1004
ミゲル・リンコン(バロックLute )

録音:2012年8月16-18日
1979年生まれ、若きスペインのリュート奏者ミゲル・リンコンによる美しいバッハの作品集。彼は既に古楽の分野ではとても有名ですが、carpediemでのソロデビュー盤は彼自身によるバッハのトランスクリプションになります。これらの作品にはバッハ自身の編曲版もありますが、リンコンはリュートの特性を最大限に生かし感情的で豊かな音色を模索、複雑で美しい「リュート組曲」を再創造したのです。パルティータの終曲「シャコンヌ」での見事な音の造形には息を呑むことでしょう。
CARPE-16297
パガニーニ:チェントーネ・ディ・ソナタ集
チェントーネ・ディ・ソナタOp.64MS112第3番ハ長調
チェントソナタOp.64MS112第2番ニ長調
ギター・ソナタ第34番イ長調MS84
チェントーネ・ディ・ソナタOp.64MS112第15番イ長調
ギター・ソナタ第35番ホ長調MS84
チェントーネ・ディ・ソナタOp.64MS112第5番ホ長調
ギター・ソナタ第4番MS85
チェントーネ・ディ・ソナタOp.64MS112第6番イ長調
ギター・ソナタ.イ長調「ディダを呼んで」MS104第1楽章メヌエット
チェントーネ・ディ・ソナタOp.64MS112第17番イ長調
カンタービレニ長調Op.17MS109(ヴァイオリンとギター編)
山口慶子(Vn)
ロザリオ・コンテ(G)

録音2012年7月3-6日イタリアロヴァート,コンヴェント・デッラアヌンツ
東京生まれのヴァイオリニスト、山口慶子のデビュー盤。清水高師に師事し、東京芸大を卒業後はベーゼルに留学、バロック・ヴァイオリンをジュリアーノ・カルミニョーラから学びます。ソリスト、室内楽奏者として主にヨーロッパで活躍中の彼女、北米、南米、ロシアを始め、アゼルバイジャン、トルコ、中国などでも高い評価を受けています。使用楽器は1822年のニコラ・デュポ制作のもの。
CARPE-16298
パーセニア
ウィリアム・バード(1543-1623):前奏曲/ウィリアム・ペトレ卿のためのパヴァーヌとガイヤルド第2番ト短調
前奏曲
メアリー・ブラインロウ夫人のためのガイヤルド第4番ハ短調
ソールズベリー伯爵のためのパヴァーヌと2つのガイヤルドイ短調
ジョン・ブル(1562頃-1628):前奏曲
トーマス・ウェイクのためのパヴァーヌとガイヤルド
パヴァーヌ第2番/ガイヤルド
ガイヤルド/ガイヤルド
オルランド・ギボンズ(1583-1625):ガイヤルド/ファンタジー.ハ長調
ソールズベリー伯爵のためのパヴァーヌ
ソールズペリー伯爵のためのガイヤルド(C.ビチェンズによるハープシコードとチェロ編)20.女王のためのコマンド(C.ヴィチェンズによるヴァージナルとチェロ編)
前奏曲第2番ト長調
カタリーナ・ヴィチェンズ(ヴァージナル&ハープシコード)
レベッカ・ルソー(ヴィオール)

録音:2013年1月22-26日ゲルマニークロツィンゲンシュロス・バド
「パーセニア」とは16世紀英国の音楽家、バード、ブル、ギボンズの三人が出版した鍵盤楽曲集のこと。プファルツ選帝侯フリードリヒとジェイムズ1世の娘であるエリザベスの結婚を祝して献呈された21曲からなる曲集で、“古代ギリシアの乙女たちの歌舞”の意味がある。同じ主題による曲のききくらべも面白い。

CARPE-16301
アンネ・ヒュッタ(1974-):夢の光景
Clouds*/ UndrestilLE-I+ / UndrestilLE-II+ / UndrestilLE-III+
Prelude in light blue** / A light blue rondo** / Gorr+ / Mork Bla*
Ramme# / A Rune Tune# / The Blind Door# / Ved arinn++
En Stille** / Den StilLE-Hagen**
アンネ・ヒュッタ(ハリングフェレ(*/+/#)、ヴィオラ・ダモーレ**、ヴィエール++)

録音:2013年5月13-16日、マリア教会、グラン、ノルウェー
使用楽器、チューニング:2001年、Salve Hakedal製、E-A-D-A-E*
1983年、Einar Londar製、F-C-A-E+
2002年、Olav Vindal製、C-E♭-C-G-D#
2003年、Salve Hakedal製、F-D-A-D**
1999年、Sverre Jensen製、E-D-A-E-A++
ノルウェーのハリングフェレ(ハルダンゲル・フィドル)奏者アンネ・ヒュッタの完全自作ソロ・デビューCD。冷涼な空気感とどこか素朴な生活感が漂う音楽です。ハリングフェレはノルウェーの民族的弓奏楽器。形はヴァイオリンに似ていますが、4本の演奏弦(最近は5弦のものもあり)に加え共鳴弦を持つのが特徴です。アンネ・ヒュッタは「Slagr」「Tokso」等のノルウェー民族楽器グループに参加してきた他、中世弦楽器のスペシャリストとして古楽器アンサンブル「カレンダ・マヤ」にも参加しています。
CARPE-16302
ダウランド〜鏡の戯れ
伝承曲/シェークスピア作詩/ダヴィッド・シュヴァリエ編):柳の歌 [The Willow song]
 ジョン・ダウランド(1563-1626):晴れても曇っても [Clear or cloudy]
ジョン・ダウランド(ダヴィッド・シュヴァリエ編):流れよ、わが涙 [Flow my tears]/彼女は許すだろうか [Can she excuse]
来たれ、いま一度 [Come again]
ぼくは愛しい人が泣くのを見た [I saw my lady weep]
さあ、おいで [Come away]
愛と運命にそむかれた君たち [All ye whom Love or Fortune]
いちばん低い木にも [The lowest trees]
ジョン・ダウランド:暗闇に住まわせておくれ [In darkness let me swell]
アンヌ・マグエ(S)
ダヴィッド・シュヴァリエ(ギター、テオルボ)
ブルーノ・ヘルストロッファー(テオルボ)

録音:2013年2月、ノワルラック修道院、ブリュエール=アリシャン、フランス
フランスのジャズ・ギタリスト、ダヴィッド・シュヴァリエのアコースティック・アレンジによるダウランド・ソングブック。情熱を内に秘めた繊細なギター・プレイにヴォーカルが軽く応える、上品に仕上がったアルバムです。


このページのトップへ


このサイト内の湧々堂オリジナル・コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
これを複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます
万一、これと類似するものを他でお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです




Copyright (C)2004 WAKUWAKUDO All Rights Reserved.