湧々堂HOME 新譜速報 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 歌劇 バロック 廉価盤 シリーズ
旧譜カタログ チャイ5 殿堂入り 交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 歌劇 バロック


オペラ・新譜速報1


※発売済のアイテムも含めて、約3ヶ月間掲載しています。
※新しい情報ほど上の段に記載しています。
※表示価格は全て税込みです。



Capriccio
C-5490(2CD)
NX-C05
ロルツィング:歌劇「刀鍛冶」 ハンス・シュタディンガー:刀鍛冶、マリーの父親…ギュンター・グロイスベック(Bs)
マリー:ハンスの娘でコンラートの恋人…ミリアム・クトロヴァッツ(S)
イルメントラウト:マリーの家庭教師…ユリエッテ・マルス(Ms)
リーベナウ伯爵:職人コンラートとしてハンスの下で働く…ティモシー・コナー(Br)
ゲオルク:伯爵の小姓…アンドルー・モーステイン(T)
アデルホフ:シュヴァーベンの騎士…イヴァン・ジノヴィエフ(Bs)
ブレンナー:ハンスの義弟…ヤン・ペトリカ(T)
アルノルト・シェーンベルクcho
ウィーンRSO
レオ・フセイン(指)

録音:2021年10月21日(ライヴ)アン・デア・ウィーン劇場(オーストリア)
19世紀前半のドイツで役者・歌手として活躍し歌劇作曲家としても認められたアルベルト・ロルツィング。 この歌劇「刀鍛冶」は中世ドイツを舞台にした、モーツァルトとワーグナーの初期作品との架け橋となる軽快な作品です。ロルツィング作品の中では比 較的人気の高い演目ですが、全曲録音は少なく、初演時と同じアン・デア・ウィーン劇場でのライヴ録音はファンにとっても歓迎されるものとなることで しょう。 ベテラン、ギュンター・グロイスベックが歌うハンス、そして注目の若きソプラノ、ミリアム・クトロヴァッツらを揃えた歌手陣の歌唱を、多彩なレパートリーを誇 るウィーンRSOのしなやかな音色が支えます。

ALPHA
ALPHA-899(1CD)
プーランク:モノ・オペラ「人間の声」
シンフォニエッタ
ヴェロニク・ジャンス(S)
リール国立O
アレクサンドル・ブロック(指)

録音:2021年1月7、8、25-29日リール新世紀音楽堂(オーディトリアム・ドゥ・ヌーヴォー・シエクル)
別れを告げられた恋人からの電話を深夜に受け、精神的に追い詰められていく女性を描くコクトーの脚本にプーランクが作曲した「人間の 声」。フランス・オペラに格別の相性を示す歌姫ヴェロニク・ジャンスが鬼気迫る演技で歌い上げ、フランス近代音楽で高い評価を得ているア レクサンドル・ブロック率いるリール国立Oが緊張感溢れる鋭い響きでこれを支える、注目のアルバムです。演奏される機会もそう多く はないこの難曲に、最新の録音として多くの期待に応える一枚といえるでしょう。カップリングは「人間の声」の10年ほど前に作曲された「シン フォニエッタ」。こちらは打って変わってフランスらしいエスプリに溢れた愛らしい作品で、ブロックの多彩な表現力を堪能することが出来ます。

Chicago Symphony Orchestra
CSOR-9012201(1CD)
マスカーニ:歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』 リッカルド・ムーティ(指)CSO
アニタ・ラチヴェリシュヴィリ(メゾ・ソプラノ/サントゥッツァ)、
ピエロ・プレッティ(テノール/トゥリッドゥ)、
ルカ・サルシ(バリトン/アルフィオ)、ロンイタ・ミラー(メゾ・ソプラノ/ルチア)、
サシャ・クーック(メゾ・ソプラノ/ローラ)、
シカゴ響cho

録音:2020年2月、シカゴ・オーケストラ・ホール
シカゴ響のレーベル、CSO。2022年の新譜は、カヴァレリア・ルスティカーナ。ムーティが認める最高の歌手をそろえた、21世紀の決定盤ともいえる録 音の誕生となりました。
シカゴSOは、その歴史の初期に、カヴァレリア・ルスティカーナの公演に約50回もかかわっていました。しかし、1931年以来、全曲演奏はしてお りませんでした。このたび、ムーティが、自身が認める最高の歌手をそろえ、本作を録音しました。ムーティが「世界最高のヴェルディ・メゾ・ソプラノ」と大 絶賛するラチヴェリシュヴィリが歌うサントゥッツァはあまりにも雄弁。腹の底から嘆き、悲しんでいます。うますぎるサントゥッツァです。トゥリッドゥ役のテノール、 ピエロ・プレッティも、ムーティとの共演も多く、2023年の東京・春・音楽祭でも来日予定の本物のテノール。合唱の迫力もかつてないレヴェル。文句なし の布陣により、シチリアの雰囲気が濃厚な色彩感、そして破局へとむかうストーリーなど、すべてが超贅沢なサウンドで展開されます。唯一の平安ともいえる間 奏曲の美しさは絶品。帝王ムーティの音楽と統率の素晴らしさにあらためておどろかされる内容です。 (Ki)

H.M.F
HMX-2904041(5CD)
モーツァルト:後宮からの誘拐&魔笛

(1)『後宮からの誘拐』[CD1-2]

(2)『魔笛』[CD3-5]
(1)コンスタンツェ:ロビン・ヨハンセン(S)、ブロンデ:マリ・エリクスモーエン(S)、ベルモンテ:マキシミリアン・シュミット(T)、ペドリッロ:ジュリアン・プレガルディエン(T)、オスミン:ディミトリー・イヴァシュチェンコ(Bs)、太守セリム:コルネリウス・オボニャ(語り)、RIAS室内合唱団,ベルリン古楽アカデミー,ルネ・ヤーコプス(指)
録音:2014年9月/テルデックス・スタジオ・ベルリン

(2)タミーノ:ダニエル・ベーレ(T)、パミーナ:マリス・ペーターゼン(S)、パパゲーノ:ダニエル・シュムッツハルト(Br)、パパゲーナ:イム・スンヘ(S)、夜の女王:アンナ=クリスティーナ・カーッポラ(S)、ザラストロ:マルコス・フィンク(バス=バリトン)モノスタトス:クルト・アツェスベルガー(T)、第1の侍女:インガ・カルナ(S)、第2の侍女:アンナ・グレヴェリウス(Ms)、第3の侍女:イザベル・ドリュエ(Ms)、弁者:コンスタンティン・ヴォルフ(バス=バリトン)ほか
ルネ・ヤーコプス(指)ベルリン古楽アカデミー,RIAS 室内cho
録音:2009年9,10月/テルデックス・スタジオ・ベルリン
『後宮からの誘拐』〜〜ヤーコプスの『後宮からの誘拐』は、2014年の録音。パーカッションもにぎにぎしく活躍する快速序曲から、トルコを思わせる世界 に一気に引きこまれる痛快な演奏です。セリフ部分にも演技と音楽の両面で様々に工夫がなされ、聴いていて実にたのしい「後宮」の誕生となりました! 
1782年の「後宮からの誘拐」のウィーン初演は、聴衆および批評家たちから、かつてない大成功の反響となりました。エキゾチズム(東洋趣味)に重きを置い た音楽、啓蒙主義思想の礼賛、当時のオスマン帝国に対する偏見とは間逆の筋書が当時の人々にとってまさにドンピシャ、ツボにはまったものだったのです。ま た、このオペラはジングシュピール(歌芝居)なのでレチタティーヴォがなく、アリアとセリフで構成されています。現在では、演奏に際し、セリフ部分は多くの 部分がカットされてしまいますが、この録音では改訂を施しながらもフルに収録。さらに、アリアの途中でもセリフを挿入させるなど、耳のための音楽劇として 聴き手が場面や登場人物の心情を想像しやすいような工夫も随所に見られます。さらに、様々な資料から、ヤーコプスは、セリフ部分でモーツァルトが自らフォ ルテピアノを操り場面を盛り上げ、次のアリアへのよい橋渡しとなるような即興、あるいは自作の鍵盤音楽からの引用を織り交ぜたのではと考え、この録音に際 してもセリフ部分の何か所かで、フォルテピアノ奏者にちょっとした楽曲を演奏させ、さらにアリアの中でも通奏低音の枠を超えたようなものを演奏させています。 このような細かな工夫により、セリフとアリアのつながりにも自然な流れが生まれ、オペラの内容がよりリアルなものとして見事によみがえっています。 
歌唱 陣は、バイロイトにも出演、カルダーラの世界初録音アリア集CD(マルコン指揮)でも注目を浴びたソプラノのロビン・ヨハンセン、既にバロックからロマン派 のアリアまで多数のCDをリリース、2015年のザルツブルク音楽祭デビューをしたテノールのマキシミリアン・シュミットなど、旬の顔ぶれがズラリそろってい ます!
『魔笛』〜〜『魔笛』は2009年の録音。セリフ部分にも音楽部分にも入念な考察を重ねた、歌芝居としての面白さが万全に引き出された演奏です。タミーノ役 のダニエル・ベーレはハンブルク出身で録音当時デビューしたてでしたが、今では大活躍のテノールです。ペーターゼンは押しも押されぬ存在のソプラノ。『魔笛』 の録音に新たな歴史を刻んだ名盤です。

TOCCATA CLASSICS
TOCC-0673(1CD)
NX-B03
編曲で聴くワーグナー第3集〜オペラのハイライト(B. ウッドウォード編)
楽劇「ワルキューレ」(1854-56)より
第2幕:前奏曲 さあ、お前の馬に鞍を付けよ -ホヨトホ
楽劇「ジークフリート」(1856-71)より
第1幕:第3場 ジークフリートの「鍛冶の歌」*
第3幕:結び 永劫の昔から
楽劇「神々の黄昏」(1871-1874)より
第3幕:ラインの岸辺に、大いなる薪を
楽劇「トリスタンとイゾルデ」(1857-1859)より
第3幕:イゾルデの愛の死「穏やかに、静かに」

※原盤ブックレット、及びインレイに曲名の誤記があります。
トラック2…楽劇「ワルキューレ」 第3幕第1場
キャサリン・ウッドウォード(ソプラノ:ブリュンヒルデ/イゾルデ)
キール・ワトソン(バス・バリトン:ヴォータン)
フィリップ・モディノス(テノール:ジークフリート)
エドウィン・ケイ (バス:ハーゲン)
リージェンツ・オペラ・アンサンブル
ベン・ウッドウォード(指)

録音:2022年5月31日、4月4-5日
全て世界初録音
ワーグナーの壮大な歌劇の名場面を、英国の指揮者ベン・ウッドウォードが彼の手兵リージェンツ・オペラの18人編 成の室内オーケストラ(Vn4/ヴィオラ2/チェロ2/コントラバス1/フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット各 1/ホルン3/トランペット1/バス・トロンボーン1)と独唱者のためにアレンジ。その鮮烈な演奏を収録した1枚です。 2022年から24年にかけてこのアレンジによる「ニーベルングの指環」全曲演奏が予定されていますが、ここでは「ワ ルキューレ」「ジークフリート」「神々の黄昏」「トリスタンとイゾルデ」の4つの演目から聴きどころが収録されており、 ジークフリート役のモディノスをはじめとした歌手たちの熱唱も含め実に興味深いアルバムとなっています。

Opus Arte
OA-1354D(DVD)
NX-C10

OABD-7303D(Bluray)
NX-D09
ヴェルディ:歌劇「リゴレット」 リゴレット…カルロス・アルバレス(Br)
ジルダ…リセット・オロペサ(S)
マントヴァ公爵…リパリット・アヴェティシャン(T)
ボルサ…イゴール・ジュラフスキー(T)
チェプラーノ伯爵…ブレイズ・マラバ(Bs)
チェプラーノ伯爵夫人…アマンダ・ボールドウィン(S)
マルッロ…ドミニク・セジュウィック(Br)
モンテローネ伯爵…エリック・グリーン(Br)
スパラフチーレ…ブリンドリー・シェラット(Bs)
ジョヴァンナ…クセニア・ニコライエワ(Ms)
小姓…ルイーズ・アーミット(Ms)
門衛…ナイジェル・クリフ(Br)
マッダレーナ…ラモーナ・ザハリア(Ms)

コヴェント・ガーデン王立歌劇場O&cho
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:オリヴァー・ミアーズ

収録:2021年9月16日、24日 コヴェント・ガーデン王立歌劇場(ロンドン)

収録時間:135分
音声:イタリア語
PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・ドイツ語・フランス語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
快進撃を続けるコヴェント・ガーデンから2021年9月のシーズン開幕公演、新制作の「リゴレット」をお届けします。清純なジルダ役を高い歌唱力で情感豊か に歌い上げるリセット・オロペサ、屈折したリゴレットの感情の襞を見事に表現するベテラン、カルロス・アルバレス、マントヴァ公爵役を張りのある美声と端正な 表情で歌いきる新進テノール、リパリット・アヴェティシャンという超強力キャストを得てオリヴァー・ミアーズの新演出は、その舞台に西洋美術史上の重要な絵 画作品が喚起するイメージを要所々々で援用し、作品に秘められた愛憎の心理劇の可視化を試みています。そして、その音楽表現にますます深みを加え るアントニオ・パッパーノが導くコヴェント・ガーデンのオーケストラと合唱団がそのすべてを包み込み、白熱の「リゴレット」を一気呵成に聴かせます。

BSOrec
BSOREC-1003(DVD)
NX-E01

BSOREC-2003(Bluray)
NX-E01
ストラヴィンスキー: 歌劇「マヴラ」

チャイコフスキー:歌劇「イオランタ」
「マヴラ」
パラーシャ…アンナ・エル=カシェム(S)
母親…ノア・ベイナート(A)
隣人…ユリア・ソコリク(Ms)
ワシリー…フレディ・デ・トマーゾ(T)
「イオランタ」
イオランタ…ミリヤム・メサック(S)
ルネ王…マルクス・スイコネン(Bs)
ロベルト…ボリス・プリグル(Br)
ヴォーデモン…ロン・ロン(T)
イブン=ハキア…オグルジャン・ユマス(Br)
アルメリク…キャスパー・シン(T)
ベルトラン…オレグ・ダビドフ(Bs)
マルタ…ノア・ベイナール(A)
ブリギッタ…アナイス・メヒアス(S)
ラウラ…ユリア・ソコリク(Ms)
王の母…ノラ・ボルマン(俳優:特別出演)
バイエルン国立O
バイエルン国立歌劇場児童cho
アレフティーナ・ヨッフェ(指)
演出:アクセル・ラニッシュ

収録:2019年7月レジデンツ宮殿 キュヴィリエ劇場(ミュンヘン)
収録時間:131分
音声:ロシア語
PCMステレオ2.0/DTS 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・ロシア語・英語・ドイツ語・フランス語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
本作は、数ある欧州のオペラ研修所の中でも屈指の水準と実績を誇り、数多くの国際的な才能を育成してきた「バイエルン国立歌劇場オペラ・スタジオ」研 修生による2019年度の卒業公演の収録です。演目はドイツで人気の俳優、映画&舞台監督のアクセル・ラニッシュ演出による新制作の歌劇「マヴラ/イオ ランタ」。ストラヴィンスキーの新古典主義時代の始まりの作品と目されるラヴ・コメディ「マヴラ」とチャイコフスキーの情緒溢れる「イオランタ」、この二つのコンパク トな歌劇が交互に進みながら、やがて融合して行くという野心的な試みです。ロシア出身の気鋭の女性指揮者アレフティーナ・ヨッフェの指揮するバイエルン国 立歌劇場の小編成オーケストラがバックを務め、「マヴラ」のパラーシャ役のアンナ・エル=カシェム、「イオランタ」の題名役のミリヤム・メサック、ヴォーデモン役のロ ン・ロンら、世界中から集まった若く才能溢れる歌手たちが、チャーミングで溌剌とした舞台を創り上げています。

Dynamic
DYNDVD-37954(DVD)
NX-D03

DYNBRD-57954(Bluray)
NX-D03
ベッリーニ:歌劇「ビアンカとフェルナンド」 ビアンカ…サロメ・ジチア(S)
フェルナンド…ジョルジョ・ミッセーリ(T)
フィリッポ…ニコラ・ウリヴィエーリ(Br)
カルロ…アレッシオ・カッチャマーニ(Bs)
クレメンテ…ジョヴァンニ・バッティスタ・パローディ(Bs)
ヴィスカルド…エーレナ・ベルフィオーレ(Ms)
エロイザ…カルロッタ・ヴィキ(Ms)
ウッジェーロ…アントニオ・マンナリーノ(T)
カルロ・フェリーチェ歌劇場O&cho
ドナート・レンゼッティ(指)
演出・美術・衣装:ウーゴ・デ・アナ


収録:2021年11月30日カルロ・フェリーチェ歌劇場(ジェノヴァ)
収録時間:148分
音声:イタリア語
PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・ドイツ語・フランス語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
ベッリーニ2作目の歌劇「ビアンカとフェルナンド」(1826年初演の「ビアンカとジェルナンド」の大改訂版)は、1828年4月7日、ジェノヴァのカルロ・フェリーチェ歌 劇場の落成式典の?落としとして上演されました。その作風は大先達ロッシーニの大きな影響下にあるものの、憂愁を帯びた美しい抒情に溢れるベッリーニ の音楽の特質が、既に随所に見られる佳作として知られています。イタリア演出界の重鎮ウーゴ・デ・アナによる、巨大な天球儀を模したユニークな舞台装置 を背景に、ジョージア出身のサロメ・ジチア(ビアンカ役)が俊敏な美声で高難度のパッセージを歌い上げ、ジョルジョ・ミッセーリ(フェルナンド役)が伸びやかでリリ カルなテノール歌唱でそれに応えます。名匠ドナート・レンゼッティのタクトが導く引き締まったテンポと緊密なアンサンブルが、この上演に高い完成度をもたらして います。
Dynamic
CDS-7954(2CD)
NX-C09
ベッリーニ:歌劇「ビアンカとフェルナンド」 ビアンカ…サロメ・ジチア(S)
フェルナンド…ジョルジョ・ミッセーリ(T)
フィリッポ…ニコラ・ウリヴィエーリ(Br)
カルロ…アレッシオ・カッチャマーニ(Bs)
クレメンテ…ジョヴァンニ・バッティスタ・パローディ(Bs)
ヴィスカルド…エーレナ・ベルフィオーレ(Ms)
エロイザ…カルロッタ・ヴィキ(Ms)
ウッジェーロ…アントニオ・マンナリーノ(T)

カルロ・フェリーチェ歌劇場O&cho
(合唱指揮:フランチェスコ・アリベルティ)
指揮:ドナート・レンゼッティ
録音:2021年11月30日
カルロ・フェリーチェ歌劇場(ジェノヴァ)
ベッリーニ2作目の歌劇「ビアンカとフェルナンド」(1826年初演の「ビアンカとジェルナンド」の大改訂版)は、1828年4月7日、ジェノヴァのカルロ・フェリーチェ歌 劇場の落成式典の?落としとして上演されました。その作風は大先達ロッシーニの大きな影響化にあるものの、憂愁を帯びた美しい抒情に溢れるベッリーニ の音楽の特質が、既に随所に見られる佳作として知られています。ジョージア出身のサロメ・ジチア(ビアンカ役)が俊敏な美声で高難度のパッセージを歌い上 げ、ジョルジョ・ミッセーリ(フェルナンド役)が伸びやかでリリカルなテノール歌唱でそれに応えます。名匠ドナート・レンゼッティのタクトが導く引き締まったテンポと緊 密なアンサンブルが、この上演に高い完成度をもたらしています。

Tactus
TC-840002(1CD)
有名歌劇と室内楽のアリア集
ロッシーニ:踊り(タランテラ・ナポレターナ)
ビゼー:歌劇「カルメン」より「花の歌」
プッチーニ:歌劇「妖精ヴィッリ」より「幸せに満ちたあの日々」、歌劇「ラ・ボエーム」より「冷たい手を」
ドニゼッティ:歌劇「愛の妙薬」より「人知れぬ涙」
ヴェルディ:歌劇「リゴレット」より「あれかこれか」、「女心の歌」、歌劇「マクベス」より「ああ,父の手は」
マスネ:歌劇「マノン」より「目を閉じると」
レハール
:喜歌劇「微笑みの国」より「君は我が心のすべて」
レオンカヴァッロ
:マッティナータ
トスティ:マレキアーレ
ドメニコ・メニーニ(T)、
ダニエレ・アジマン(指)、
オーケストラ・シンフォニカ・ロッシーニ、
クラウディア・フォレージ (P)

録音:2020年12月
イタリアのテノール、ドメニコ・メニーニによるオペラ・アリアと室内アリア集。メニーニはイタリアを中心にヨーロッパ各地で活動するほか、イタリアの外務省から派遣されウルグアイ、ベラルーシ、ウズベキスタン、レバノン、日本を含む多くの国々で歌っています。このアルバムにはロッシーニ、プッチーニ、ドニゼッティなどの有名なアリアが多数収録されています。

NAXOS
NAX-2.107001(DVD)
NX-M07

NBD-0156VX(Bluray)
NX-M07
ワーグナー:「ニーベルングの指環」

■特典映像…楽劇「神々の黄昏」末尾に収録
(1)『指環』メイキング・ドキュメンタリー(24分)
 リハーサル風景、演出家&指揮者インタビュー
(2)ベルリン・ドイツ・オペラ『指環』サークル会員インタビュー(7分)
ベルリン・ドイツ・オペラO&cho
ドナルド・ラニクルズ(指)

「ラインの黄金」
ヴォータン…デレク・ウェルトン(Bs-Br)
ドンナー…ジョエル・アリソン(Br)
フロー…アッティリオ・グラーザー(T)
フリッカ…アニカ・シュリヒト(Ms)
フライア…フルリナ・シュトゥッキ(S)
ローゲ…トーマス・ブロンデル(T)
エルダ…ユディット・クタシ(Ms)
アルベリヒ…マルクス・ブリュック(Br)
ミーメ…ヤー=チャン・ファン(T)
ファーゾルト…アンドリュー・ハリス (Bs)
ファーフナー…トビアス・ケーラー(Bs)
ヴォークリンデ…ヴァレリア・サヴィンスカヤ(S)
ヴェルグンデ…アリアンナ・マンガネッロ (Ms)
フロースヒルデ…カリス・タッカー(Ms)

「ラインの黄金」
ヴォータン…デレク・ウェルトン(Bs-Br)
ドンナー…ジョエル・アリソン(Br)
フロー…アッティリオ・グラーザー(T)
フリッカ…アニカ・シュリヒト(Ms)
フライア…フルリナ・シュトゥッキ(S)
ローゲ…トーマス・ブロンデル(T)
エルダ…ユディット・クタシ(Ms)
アルベリヒ…マルクス・ブリュック(Br)
ミーメ…ヤー=チャン・ファン(T)
ファーゾルト…アンドリュー・ハリス (Bs)
ファーフナー…トビアス・ケーラー(Bs)
ヴォークリンデ…ヴァレリア・サヴィンスカヤ(S)
ヴェルグンデ…アリアンナ・マンガネッロ (Ms)
フロースヒルデ…カリス・タッカー(Ms)

「ジークフリート」
さすらい人…イアン・パターソン(Bs-Br)
エルダ…ユディット・クタシ (Ms)
アルベリヒ…ジョーダン・シャナハン(Br)
ミーメ…ヤー=チャン・フアン(T)
ファーフナー…トビアス・ケーラー(Bs)
ブリュンヒルデ…ニーナ・シュテンメ(S)
ジークフリート…クレイ・ヒーリー(T)
森の小鳥…セバスティアン・シェーラー(Boy-S)

「神々の黄昏」
ジークフリート…クレイ・ヒーリー(T)
ブリュンヒルデ…ニーナ・シュテンメ(S)
アルベリヒ…ジョーダン・シャナハン(Br)
グンター…トーマス・リーマン(Br)
ハーゲン…アルベルト・ペーゼンドルファー(Bs)
グートルーネ・第3のノルン…アイレ・アッソニー(S)
ヴァルトラウテ…オッカ・フォン・デア・ダメラウ(Ms)
フロスヒルデ・第1のノルン
 …アンナ・ラプコフスカヤ(Ms)
ヴェルグンデ・第2のノルン…カリス・タッカー(Ms)
ヴォークリンデ…ミチョット・マレロ(S)
燃える男…エーリヒ・カンマーライヒス
(スタントクルー・バーベルスベルク)
演出:ステファン・ヘアハイム

収録:2021年11月 9日、16日(ラインの黄金)/10日、17日(ワルキューレ)、12日、19日(ジークフリート)/14日、21日(神々の黄昏)  ベルリン・ドイツ・オペラ(ドイツ)
収録時間:15時間28分
ラインの黄金:2時間35分/ワルキューレ:3時間51分
ジークフリート:4時間1分/神々の黄昏:5時間1分
音声:ドイツ語
PCMステレオ2.0(DVD) PCMステレオ2.0/DTS Master Audio 5.1(Blu-ray)
※「神々の黄昏」のみDolby Digital 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・ドイツ語・フランス語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク×7
Blu-ray…片面二層ディスク×4 1080i High Definition
ベルリン・ドイツ・オペラにて2021年11月にプレミエ公演された「ニーベルングの指環」。世界中のオペラ・シーンでひっぱりだこの鬼才ステファン・ヘアハイムが、 この新制作の「指環」の演出を担いました。「ワーグナーは生涯をかけて挑戦する対象」と語るヘアハイムは、この「指環」4部作に共通のキー・オブジェ『グラン ドピアノ』を舞台の中心に据え、黙役の男女の群衆がそれを取り囲み、次々と繰り出す演出上の創意とスペクタルなシーンによって弛みなくドラマの生成展 開を促します。ブリュンヒルデ役のベテラン、ニーナ・シュテンメを筆頭に、演出家の意図に見事に応える粒ぞろいの歌唱陣と群衆、そしてベルリン・ドイツ・オペ ラのオーケストラから雄渾なワーグナー・サウンドを引き出す音楽総監督ドナルド・ラニクルズのタクトにより舞台、演唱、オーケストラが三位一体となった充実 の「指環」4部作として結実。特典映像の演出家と指揮者が語る『「指環」のメイキング』では「指環」上演史の中で、このプロダクションが占めるユニークなポ ジションが解き明かされます。

Dynamic
CDS-7941(1CD)
NX-B03
ヴェルディの珍しいフランス語ヴァージョン・オペラより
■歌劇「ナブコドノゾール(ナブッコ)」(1848年版)より
 第3幕第3場 Scene 1:Comme le Dieu Bel, notre grande reine
 第3幕第3場 Scene 1:Divertissement. Passo a 3.
Pas d’ensemble
■歌劇「マクベス」(1865年版)(フランス語版)より  (既発全曲盤…CDS-7915)
 第3幕 Interrogeons le sort pour la derniere fois
 第3幕 Sylphes! Legers enfants des eaux
 第4幕 Scene and Aria:Aux Anglais le traitre contre moi- Honneurs, respect, tendresse
 第4幕 O patrie ! O noble-terre!
マクベス…リュドヴィク・テジエ(Br) 他
■歌劇「ラ・トルヴェール」(フランス語版)より
(既発全曲盤…CDS-7835)
 第3幕 Scene 1Divertissement
- Pas des Bohemiens - Gitanella
- Ensemble - Sevillana - La Bohemienne - Galop
ボローニャ市立劇場O
フィラルモニカ・アルトゥーロ・トスカニーニ
パルマ王立劇場cho
ロベルト・アバド(指)

録音:2021年9月 Teatro Regio di Parma ヴェルディ音楽祭2021
2020年9月 Parco Ducale di Parma ヴェルディ音楽祭2020
2018年10月 Teatro Farnese di Parma ヴェルディ音楽祭2018
ヴェルディの作品の中でも、さまざまな事情でフランス語版が作成された歌劇の中から3作のハイライトを収録した1枚。 ナブッコ(初演当時はナブコドノゾール)は1842年にミラノ・スカラ座で初演され大成功を収めた歌劇。すぐにイタリア以外の国で立て続けに上演されており、 このアルバムに収録されているのは1848年、ブリュッセルのモネ劇場で上演された際、第3幕に挿入されたオーケストラのためのディヴェルディスマンで、演奏 には最近発見されたばかりの総譜が用いられています。「マクベス」は1847年に初演され、フランスで上演される際、ヴェルディが大幅な改定を行いました。 フランス語で歌われるアリアの斬新さをお楽しみください。「ラ・トルヴェール」からのナンバーもパリで演奏される際に挿入されたディヴェルディスマン。パリの地域 色が感じられる旋律が用いられています。 「マクベス」と「ラ・トルヴェール」はパルマで開催されたロベルト・アバドの指揮によるヴェルディ音楽祭で収録された既発盤からの抜粋。「ナブコドノゾール」は当 盤が初出となります。珍しいヴェルディを楽しむことが出来ます。 ペア・ノアゴーとヨーン・ストルゴーズ

MAGGIO LIVE
MAGGIO-034(3CD)
ヴェルディ:歌劇『シチリアの晩祷』 レナート・ブルゾン(モンフォルテ)
グラツィアーノ・ポリドーリ(ベテューヌ卿)
カルロ・デル・ボスコ(ヴォードモン伯爵)
ヴェリアーノ・ルケッティ(アッリーゴ)
ルッジェーロ・ライモンディ(ジョヴァンニ・ダ・プロチダ)
レナータ・スコット(エレーナ)
ネッラ・ヴェッリ(ニネッタ)
ジャンパオロ・コッラーディ(ダニエーリ)
ジャンフランコ・マンガノッティ(テバルド)
ジョルジョ・ジョルゲッティ(ロベルト)
カルロ・ノヴェッリ(マンフレード)
ロベルト・ガッビアーニ(合唱指揮)
リッカルド・ムーティ(指)
フィレンツェ五月音楽祭O&cho

ライヴ録音:1978年5月13日/フィレンツェ、コムナーレ劇場
1989年スカラ座ライヴが名盤として知られるムーティの『シチリアの晩祷』、その11年前に行われたフィレンツェ五月音楽祭ライヴが登場します。ムーティの 解釈はこの時すでに完成しきっており、シンフォニックな爆発も静的な情景も美しい装飾も、スコアの隅々に至るまでみごとに描きわけ雄弁な世界を作り出してい ます。第2幕、第3幕、第4幕のラストでは壮大な建築物を圧倒的なバランスで打ち立てながら同時に細やかな陰影までとらえるムーティ無類の手腕が炸裂。フィ レンツェの聴衆を沸かせた魅惑的な大名演がとくと味わえます。 (Ki)

Urania Records
WS-121405(2CD)
ドニゼッティ:歌劇「ランメルモールのルチア」 ピエロ・カップッチッリ(エンリーコ/バリトン)、ビヴァリー・シルズ(ルチア/ソプラノ)、カルロ・ベルゴンツィ(エドガルド/テノール)、アドルフ・ダッラポッツァ(アルトゥーロ/テノール)、ジュスティーノ・ディアス(ライモンド/バス・バリトン)、パトリシア・カーン(アリーサ/メゾ・ソプラノ)、キース・エルウィン(ノルマンノ/テノール)、アンブロジアン・オペラ合唱団、トーマス・シッパーズ(指)、LSO

録音:1970年、ロンドン/STEREO/ADD
ウェストミンスターで1970年に録音されたドニゼッティの「ランメルモールのルチア」をウラニア・レコーズが復刻しました。47歳という若さで亡くなったトーマス・シッパーズの指揮によるこの録音は、同演目のディスクの中でも特に注目すべき名演と言えます。ルチアのビヴァリー・シルズは、マリア・カラスとはまた別のルチア像を描いており、その繊細な歌声で描写されたルチアは特筆すべきもので、その他にも名テノールのカルロ・ベルゴンツィに、偉大なイタリアのバリトン、ピエロ・カップッチッリが見事な歌唱を披露しています。

MARSTON
MAR-55003-2(5CD)
チェレスティーナ・ボニンセーニャ 全録音集

(1)「Gramophone and Typewriter 社録音:1904 年10,11月 イタリア ミラノ」
ベッリーニ:「ノルマ」―清らかな女神よ
ヴェルディ:「トロヴァトーレ」―恋は薔薇色の翼に乗って
ヴェルディ:「トロヴァトーレ」―ミゼレーレ
ヴェルディ:「アイーダ」―ここにラダメスが来るだろう/ああ祖国よ
ヴェルディ:「アイーダ」―逃れましょう、暑く住みにくいこの不毛の土地を
ポンキエッリ:「ジョコンダ」―自殺!
プッチーニ:「マノン・レスコー」―この柔らかなレースの中で
マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」―あなたも知っている通り
マスカーニ:「仮面」―私の朝の太陽/私の心は愛に苦しめられている
グノー:「ファウスト」―もう遅いわ、さようなら(イタリア語)
レオンカヴァッロ:子守歌
(2)「Gramophone and Typewriter 社 1905 年 イタリア ミラノ」
ヴェルディ:「エルナーニ」―エルナーニよ、私を連れて逃げて
ヴェルディ:「エルナーニ」―私があなたに会ったその日から
ヴェルディ:「トロヴァトーレ」―静かで穏やかな夜
ヴェルディ:「トロヴァトーレ」―ご覧ください、この苦い涙の川が(2 種)
ヴェルディ:「シチリアの晩鐘」―ありがとう、愛する友たちよ
ヴェルディ:「仮面舞踏会」―けれどもあの乾いた茎から
ヴェルディ:「仮面舞踏会」―死にましょう、けれどその前に
ヴェルディ:「運命の力」―哀れみ深い聖母よ
ヴェルディ:「運命の力」―天使たちの中の聖母よ(2 種)
マイヤベーア:「アフリカの女」―ここから海が見える/憎しみが私を棄てた(イタリア語)(2種)
マイヤベーア:「アフリカの女」―何という天の調和が
(3)「Gramophone and Typewriter 社 1906年10 月 イタリア ミラノ」
ベッリーニ:「ノルマ」―ああ! かつての誠実な愛の美しさよ私に戻りなさい
ベッリーニ:「ノルマ」―ああ! あの子たちを犠牲にしないで
ヴェルディ:「仮面舞踏会」―あなたは知らないのか
ヴェルディ:「運命の力」―哀れみ深い聖母よ
ヴェルディ:「運命の力」―平安を
(4)「Gramophone and Typewr iter 社 1906年11 月 イタリア ミラノ」
〜伴奏:カルロ・サバイーノ(指)O
マルケッティ:「ルイ・ブラス」―ああ、あなたは私を避けた/ああ甘い喜び
カントーニ:夜想曲
サバイーノ:君だけを
(5)「Gramophone and Typewriter 社 1907年 イタリア ミラノ」
マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」―あなたも知る通り
(6)「Pathe Freres Etched-Label Discs 社 1907 年秋 フランス パリ」
ヴェルディ:「エルナーニ」―エルナーニよ、私を連れて逃げて
ヴェルディ:「トロヴァトーレ」―恋は薔薇色の翼に乗って
ヴェルディ:「仮面舞踏会」―死にましょう、けれどその前に
ヴェルディ:「運命の力」―平安を
ヴェルディ:「アイーダ」―勝って帰れ!
ポンキエッリ:「ジョコンダ」―自殺!
ボーイト:「メフィストーフェレ」―いつかの夜
マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」―あなたも知る通り
プッチーニ:「マノン・レスコー」―この柔らかなレースの中で
プッチーニ:「ボエーム」―私はミミと呼ばれている
プッチーニ:「トスカ」―愛に生き
グノー:「ファウスト」―昔テューレの王が(イタリア語)

(7)「Pathe Freres 社 1908年 イタリア ミラノ」〜管弦楽伴奏
ロッシーニ:「セミラーミデ」―麗しい光が
ベッリーニ:「ノルマ」―清らかな女神よ
ドニゼッティ:「ルクレツィア・ボルジア」―何と美しい
ヴェルディ:「トロヴァトーレ」―静かで穏やかな夜
ヴェルディ:「トロヴァトーレ」―ミゼレーレ
ヴェルディ:「シチリアの晩鐘」―ありがとう、愛する友たちよ
ヴェルディ:「運命の力」―哀れみ深い聖母よ
ヴェルディ:「運命の力」―天使たちの中の聖母よ
ヴェルディ:「アイーダ」―ああ私の祖国よ
ボーイト:「メフィストーフェレ」―夜が淡く明けていく
グノー:アヴェ・マリア
ブラーガ:ワルハラの伝説
(8)「The Gramophone Company 社 1909年4,5 月 イタリア ミラノ」
ヴェルディ:「アイーダ」―勝って帰れ!
ヴェルディ:「アイーダ」―ここにラダメスが来るだろう/ああ祖国よ
グノー:「ファウスト」―彼は私を愛してる(イタリア語)
(9)「米Columbia 社 1910年」〜O伴奏
ロッシーニ:「セミラーミデ」―麗しい光が
ベッリーニ:「ノルマ」―清らかな女神よ,ああ! かつての誠実な愛の美しさよ私に戻りなさい
ヴェルディ:「エルナーニ」―エルナーニよ、私を連れて逃げて
ヴェルディ:「トロヴァトーレ」―静かで穏やかな夜,恋は薔薇色の翼に乗って
ヴェルディ:「運命の力」―平安を
ヴェルディ:「アイーダ」―勝って帰れ!,ああ私の祖国よ
ポンキエッリ:「ジョコンダ」―自殺!
マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」―あなたも知っている通り
プッチーニ:「ボエーム」―私はミミと呼ばれている
プッチーニ:「トスカ」―愛に生き
(10)「伊Columbia 社 1910/1914年頃」
ワーグナー:「ローエングリン」―悲しみの日々に(イタリア語)
グノー:「ファウスト」―昔テューレの王が,ああ!私は鏡の中の自分が美しくて笑っている
(宝石の歌),彼は私を愛してる(すべてイタリア語)
ヴェルディ:「エルナーニ」―エルナーニよ、私を連れて逃げて
ヴェルディ:「仮面舞踏会」―あなたは知らないのか/ああ、何と心地よいときめきが
ヴェルディ:「仮面舞踏会」―死にましょう、けれどその前に
ヴェルディ:「運命の力」―哀れみ深い聖母よ
ヴェルディ:「運命の力」―天使たちの中の聖母よ
ボーイト:「メフィストーフェレ」―夜が淡く明けていく
プッチーニ:「トスカ」―愛に生き
マスカーニ:「イザボー」―この私の白いマントが
(11)「Thomas A. Edison 社ダイヤモンド・ディスク 1911年4月 英国 ロンドン」
ヴェルディ:「トロヴァトーレ」―静かで穏やかな夜
ヴェルディ:「運命の力」―平安を
ヴェルディ:「アイーダ」―勝って帰れ!
(12)「The Gramophone Company 社 1917年6 月 イタリア ミラノ」
ヴェルディ;「仮面舞踏会」―私を愛しているって/ああ何と快い慄きが(2 種)
ゴメス:「グアラニー族の男」―ペリーよ!何を望む?/御し難い力を感じる,ああ!彼女
の鮮やかな眼差しが(2種)
カタラーニ:「ローレライ」―今は私の心が
ジョルダーノ:「アンドレア・シェニエ」―あなたのそばで心は静まり
(13)「Pathe Freres 社 1918―1919年 イタリア ミラノ」
ヴェルディ:「トロヴァトーレ」―鎖に繋がれて/震える手をのばし
ヴェルディ:「アイーダ」―勝って帰れ!,ではどんな新たな身震いが
ヴェルディ:「アイーダ」―逃れましょう、暑く住みにくいこの不毛の土地を
ポンキエッリ:「ジョコンダ」―私は彼女を待った/稲妻のような愛が
カタラーニ:「ローレライ」―それでは!あらゆる哀れみが私から消えるように/ああ秘密の力が
マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」―お前がここに、サントゥッツァよ
マスカーニ:「イザボー」―この私の白いマントが,よぼよぼの老婆がやって来た
チェレスティーナ・ボニンセーニャ(S)、

(1)「Gramophone and Typewriter 社録音:1904 年10,11月 イタリア ミラノ」
カルロ・サバイーノ(P)
共演:ジョヴァンニ・ヴァルス(T)
共演:ジョヴァンニ・ヴァルス(T)
共演:フェルナンド・デ・ルチア(T)

(2)「Gramophone and Typewriter 社 1905年 イタリア ミラノ」

カルロ・サバイーノ(指)O
共演:フランチェスコ・チガーダ(Br)
共演:フランチェスコ・チガーダ(Br)
共演:スカラ座合唱団
伴奏:カルロ・サバイーノ(P)

(3)「Gramophone and Typewriter 社 1906年10 月 イタリア ミラノ」

伴奏カルロ・サバイーノ(指)O
共演:合唱団
共演:ルイージ・コラッツァ(T)、 アンドレス・ペレッロ・デ・セグローラ(Br)
共演:エマヌエーレ・イスキエルド(T)
共演:合唱団

(4)「Gramophone and Typewr iter 社 1906年11 月 イタリア ミラノ」

伴奏:カルロ・サバイーノ(指)O
共演:ルイージ・コラッツァ(T)
伴奏:カルロ・サバイーノ(P)

(5)「Gramophone and Typewriter 社 1907年 イタリア ミラノ」
カルロ・サバイーノ(指)O

(6)「Pathe Freres Etched-Label Discs 社 1907 年秋 フランス パリ」

O伴奏

(7)「Pathe Freres 社 1908年 イタリア ミラノ」〜管弦楽伴奏
共演:アウグスト・スカンピーニ(T)、合唱団
共演:合唱団
共演:ヴィルジーリオ・ランツァート(Vn)、ハープ
共演:ヴィルジーリオ・ランツァート(Vn)、オルガン、ハープ

(8)「The Gramophone Company 社 1909年4,5 月 イタリア ミラノ」
伴奏:カルロ・サバイーノ(指)ミラノ・スカラ座O
グノー:「ファウスト」―彼は私を愛してる(イタリア語)

(9)「米Columbia 社 1910年」
O伴奏

(10)「伊Columbia 社 1910/1914年頃」
O伴奏
共演:ナルチーゾ・デル・リ(T)


(12)「The Gramophone Company 社 1917年6 月 イタリア ミラノ」〜O
共演:ルイージ・ボリス(T) 1917年6 月5日
共演:ルイージ・ボリス(T) 1917年6 月2日
共演:ルイージ・ボリス(T) 1917年6 月5日

(13)「Pathe Freres 社 1918―1919年 イタリア ミラノ」
共演:ニーニ・フラスカーニ(メッゾソプラノ)
共演:イチリオ・カレヤ(T)
共演:ニーニ・フラスカーニ(メッゾソプラノ)
共演:ヘスス・デ・ガヴィリア(T)
20世紀初頭のイタリア・オペラのプリマドンナ、チェレスティーナ・ボニンセーニャ(1877―1947)の全録音集。チェレスティ ーナ・ボニンセーニャはイタリア、レッジョエミーリアの生まれ。1921 年の引退まで、イタリア各地はもちろん、ロンドンのコヴェ ントガーデン歌劇場、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場、バルセロナのリセウ大劇場、さらにはサンクトペテルブルグのマリイ ンスキー劇場まで、欧米で幅広く活躍した。20 世紀初頭のプリマドンナとはいえ、当時のヴェルズも・オペラを得意としたドラ マティックなソプラノとは異なり、ボニンセーニャの声はとても滑らかで美しく、特に高音域での透明感が素晴らしい。また歌い 口が柔軟かつしなやかで、ロッシーニやベッリーニ、初期のヴェルディを歌えるだけ技術も高い。ヴィブラートの強さに多少時 代を感じさせるとはいえ、ボニンセーニャの歌は 21世紀の今聞いても新鮮さが感じられます。Marston の常で復刻も丁寧良質 で、特に高音質で知られたエジソンのダイヤモンド・ディスクの縦振動盤は百年以上前の録音とは思えないほど声が生々しく 再現されています。150年近く前に生まれた名歌手の芸術をたっぷり楽しめる。

ACCENT
ACC-24390(9CD)
クイケンのモーツァルト:ダ・ポンテ三部作

(1)歌劇『フィガロの結婚』 K.492
(2)歌劇『ドン・ジョヴァンニ』 K.527
(3)歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』 K.588
シギスヴァルト・クイケン(指) ラ・プティット・バンド
(1)フィガロ:ヴェルナー・ファン・メヘレン、スザンナ:クリスティアーネ・エルツェ、アルマヴィーヴァ伯爵:フーブ・クレセンス、伯爵夫人:パトリチア・ビッチ、ケルビーノ:モニカ・グロープ
(2)ドン・ジョヴァンニ:ヴェルナー・ヴァン・メヘレン、レポレッロ:フーブ・クレセンス、ドンナ・エルヴィラ:クリスティーナ・ヘグマン、ドンナ・アンナ:エレーナ・ヴィン、ドン・オッターヴィオ:マルクス・シェーファー、ゼルリーナ:ナンシー・アージェンタ
(3)フィオルディリージ:ソイレ・イソコスキ、ドラベッラ:モニカ・グロープ、フェルランド:マルクス・シェーファー、グリエルモ:ペール・ヴォルスタッド、デスピーナ:ナンシー・アージェンタ、アルフォンソ:フーブ・クレセンス

ライヴ録音:(1)1998年6月5、(2)1995年10月20日、(3)1992年10月7日
1972年創設、今年2022年で50周年を迎えたラ・プティット・バンド。アクサンン・レーベルに録音されたこのダ・ポンテ三部作は古楽器によるモーツァル トのオペラ演奏の草分け的名演として語り継がれるものです。特に『コジ』は故・吉田秀和氏が「レコード芸術」誌で激賞したことでも知られる名録音。9枚組の お買い得ボックスで再登場です! (Ki)
※2012年発売の同内容の9枚組ボックス(ACC-24269)は廃盤となっております。

NAXOS
NAX-2.110738(DVD)
NX-C09

NBD-0154V(Bluray)
NX-C09
リムスキー=コルサコフ:歌劇「クリスマス・イヴ」 ヴァクーラ…ゲオルギー・ヴァシリエフ(T)
オクサーナ…ユリア・ムジチェンコ(S)
ソローハ/紫色の鼻の女…エンケレイダ・シュコーザ(Ms)
チューブ…アレクセイ・ティホミーロフ(Bs)
悪魔…アンドレイ・ポポフ(T)
パナス…アンソニー・ロビン・シュナイダー(Bs)
村長…セバスティアン・ゲイアー(Br)
輔祭…ピーター・マーシュ(T)
女帝…ビアンカ・アンドリュー(Ms)
パツューク…トーマス・フォークナー(Bs)
普通の鼻の女…バルバラ・ツェヒマイスター(S)
コリャダー(冬至の女神)…アイェレット・ポルネ(ダンサー)
オフセーニ(春の神)…ゴールカ・クレブラス(ダンサー)
熊…パスク・オルティ(ダンサー)
フランクフルト歌劇場O&cho
指揮:セバスティアン・ヴァイグレ
演出:クリストフ・ロイ

収録:2021年12月17~19日 / 2022年1月8日、 フランクフルト歌劇場(ドイツ)
収録時間:153分
音声:ロシア語
PCMステレオ2.0/DD 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・ドイツ語・フランス語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
作家ニコライ・ゴーゴリが1832年に出版した創作民話集『ディカーニカ近郷夜話』の中の1編『クリスマス・イヴ』を原作に、リムスキー=コルサコフが独創的 な和声法によるオーケストレーションを駆使して作曲。当盤は、その音楽は初演当時から高く評価されたものの、舞台演出の難しさから上演される機会が 少なかった本作の貴重な映像収録です。歌唱陣では主役ヴァクーラに、美声テノールのゲオルギー・ヴァシリエフ、オクサーナ役に表情豊かな新鋭ソプラノ のユリア・ムジチェンコ、ソローハ役にベテラン、エンケレイダ・シュコーザ、悪魔役にアンドレイ・ポポフらを配し、日本でもおなじみの名指揮者セバスティアン・ ヴァイグレ率いるフランクフルト歌劇場の合唱団、オーケストラが、リムスキー=コルサコフの豊潤な音楽を鮮やかに奏でます。鬼才クリストフ・ロイによる舞台 は、擬人化された自然(冬至や春)をバレエ・ダンサーによる舞踏で表現。夜の星空を背景に主人公のヴァクーラ、悪魔や魔女が宙乗りで飛行する幻想 的な情景をちりばめて、この作品の持つ神秘的な雰囲気を見事に伝えています。

Dynamic
DYNDVD-37944(DVD)
NX-D03

DYNBRD-57944(Bluray)
NX-D03
ドニゼッティ:歌劇「愛の妙薬」 アディーナ…カテリーナ・サーラ(S)
ネモリーノ…ハビエル・カマレナ(T)
ベルコーレ…フロリアン・センペイ(Br)
ドゥルカマーラ…ロベルト・フロンターリ(Br)
ジャンネッタ…アナイス・メヒアス(S)
村人たち、兵士たち
人形操作:ダニエーレ・コルテージ
ドニゼッティ歌劇場cho
オーケストラ・リ・オリジナーリ
フォルテピアノ:ダニエラ・ペッレグリーノ
指揮:リッカルド・フリッツァ
演出:フレデリック・ウェイク=ウォーカー

収録:2021年11月19日 ドニゼッティ歌劇場、ベルガモ(イタリア)
収録時間:142分
音声:イタリア語
PCMステレオ2.0/DD 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・ドイツ語・フランス語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
2021年11月19日、作曲家の故郷ベルガモのドニゼッティ音楽祭のオープニング公演として上演された歌劇「愛の妙薬」をお届けします。数多くの客演で 日本でもおなじみのイタリア・オペラの名匠リッカルド・フリッツァがピリオド楽器集団、オーケストラ・リ・オリジナーリを率いて、アルベルト・ゼッダの綿密な校訂に よる「愛の妙薬」のオリジナルな姿に迫ります。フレデリック・ウェイク=ウォーカーによる舞台は、地域の子供たちによる寸劇や、人形劇を取り入れたカラフル でチャーミングなもの。主役カップルに世界のオペラシーンで大人気のリリック・テノール、ハビエル・カマレナ(ネモリーノ)と若き新星ソプラノ、カテリーナ・サーラ (アディーナ)、オペラ・ブッファのステージに引く手あまたのフロリアン・センペイ(ベルコーレ)、ヴェルディ・バリトンとしてその名を馳せるベテラン、ロベルト・フロン ターリ(ドゥルカマーラ)ら理想的な歌唱陣を得て、フリッツァのタクトのもとドニゼッティの一番人気の作品にフレッシュな息吹をもたらしています。

Diapason
DIAPCF-025(12CD)
グノー&ビゼー:オペラ作品集〜仏ディアパゾン誌のジャーナリストの選曲による名録音集



■CD1-3
グノー:歌劇「ファウスト」

■CD4-5
グノー:歌劇「ミレイユ」

■CD6-7
グノー:歌劇「ロメオとジュリエット」

■CD8-10
ビゼー:歌劇「カルメン」

■CD11-12
ビゼー:歌劇「真珠とり」


●ボーナス・トラック
グノー:ポリュクト、いやいやながら医者にされ、サッフォー、からのアリア、他
■CD1-3
ニコライ・ゲッダ、ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス、ボリス・クリストフ、エルネスト・ブラン、リリアーヌ・ベルトン、リタ・ゴール、ヴィクター・オートラン、パリ・オペラ座O&cho、アンドレ・クリュイタンス(指)
録音:1958年9月23日-10月9日、パリ
■CD4-5
アンドレー・エスポジト、アラン・ヴァンゾ、スザンヌ・ダルバン、ジュリアン・ジョヴァネッティ、ガブリエル・バキエ、クリスティアーヌ・アルベル、ルシアン・ロヴァーノ、ジャン・モリアン、RTF合唱団、リリック放送O、ジュール・グレッシェ(指)
録音:1959年8月13日、パリ
■CD6-7
ラウル・ジョバン、ジャニーヌ・ミショー、ハインツ・レーフュス、クロディーヌ・コラール、ピエール・モレ、カミーユ・ルケティ、ルイ・リアラン、オデット・リキエ、アンドレ・フィリップ、シャルル・カンボン、パリ・オペラ座O&cho、アルベルト・エレーデ(指)
録音:1953年6月、パリ
■CD8-10
ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス、ニコライ・ゲッダ、ジャニーヌ・ミショー、エルネスト・ブラン、デニス・モンテイル、マルセル・クロワジエ、、モニク・ランヴァル、ジャン=クリストフ・ブノワ、ミシェル・アメル、ベルナール・プランテイィ、グザヴィエ・ドプラ、フランス国立放送O&cho、少年cho、トーマス・ビーチャム(指)
録音:1958年6月4日-10日、1959年9月1日-6日&10月11日、パリ
■CD11-12
ジャニーヌ・ミショー、アラン・ヴァンゾ、ガブリエル・バキエ、ルシアン・ロヴァーノ、RTF合唱団、リリック放送O、マニュエル・ロザンタール(指)
録音:1959年6月25日、パリ
芸術の国フランスの世界的クラシック音楽専門誌、「ディアパゾン(DIAP-ason)」の自主製作レーベルの看板であるボックス・セット・シリーズの第25弾として、グノーとビゼーのオペラ作品集が登場します!
ニコライ・ゲッダやビクトリア・デ・ロス・アンヘレスといった名歌手たちとアンドレ・クリュイタンス指揮によるグノーの「ファウスト」やその他にも仏ディアパゾン誌のジャーナリストが選曲した名演の数々が収録され、さらにボーナストラックとして多数のオペラのアリアが加えられています。確かな選曲眼によって選ばれた美しいフランス・オペラの魅力をたっぷりとご堪能いただけます!

ORFEO DOR
C-230063(3CD)
NX-C09
ヘンデル:歌劇「セルセ(クセルクセス)」 バイエルン放送合唱団
バイエルンRSO
ラファエル・クーベリック(指)

録音:1962年10月22-28日
※旧品番C47698DR
指揮者ラファエル・クーベリックはヘンデルの作品を好み、彼が首席指揮者を務めていたバイエルン放送交響楽 団でも作品をしばしば演奏しました。「この1962年上演の歌劇「セルセ(クセルクセス)」は、ルドルフ・シュテクリヒ が翻訳したドイツ語テキストを用いており、大英博物館に保存されていた自筆譜を参照しつつ、本来ソプラノ、も しくはメゾ・ソプラノが歌うクセルクセス役は、ここではテノールのために編曲されています。タイトルロールには当時 「100年に一人の美声」と評価されたフリッツ・ヴンダーリヒが起用され、期待にたがわぬ歌唱を披露。クーベリック は楽器のヴィブラートを控えめに全体をきびきびとしたテンポで演奏し、当時の主流であった「ロマンティックで旋律 をたっぷり歌わせるバロック音楽」とは一線を画すものとなっています。

Chateau de Versailles Spectacles
CVS-091(DVD)
NX-D09
ヴェルサイユ・ガラ2022
1. ヴェルディ:歌劇「運命の力」 〜序曲
2. ジョルダーノ(1867-1948):歌劇「アンドレア・シェニエ」 〜ジェラールのアリア「祖国の敵」(第3幕) *
3. チレア:歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」 〜アドリアーナのアリア「私は創造の神の卑しい僕」(第1幕) +
4. ジョルダーノ:歌劇「フェドーラ」 〜間奏曲
5. ヴェルディ:歌劇「椿姫」 〜ヴィオレッタとジェルモンの二重唱「ヴァレリー嬢ですか?」(第2幕) *+
6. ベルリオーズ:序曲「ローマの謝肉祭」 Op. 9
7. トマ:歌劇「アムレ(ハムレット)」 〜ハムレットのアリア「酒よ憂さを晴らせ」(第2幕) *
8. マスネ:歌劇「ル・シッド」 〜シメーヌのアリア「泣け、泣け、わが瞳よ」(第3幕) +
9. マスネ:歌劇「タイス」 〜瞑想曲
10. ヴェルディ:歌劇「イル・トロヴァトーレ」 〜レオノーラと伯爵の二重唱「聞いたかな?…この涙を」(第4幕) *+
11. トローバ(1891-1982): サルスエラ「マラビーリャ」 〜ロマンス「恋人よ、我が命よ」(第3幕) *
12. プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」 〜ムゼッタのワルツ「私が街を歩けば」(第2幕) +
13. レハール:オペレッタ「メリー・ウィドウ」 〜ハンナとダニロのワルツ「唇は黙っていても」(第3幕) *+
プラシド・ドミンゴ(Br) *
ジェニファー・ラウリー(S) +
ヴェルサイユ王室歌劇場O
ローラン・カンペローネ(指)

収録:2022年4月2日 ヴェルサイユ宮殿王室歌劇場
収録時間:87分
字幕:仏語・英語・ドイツ語
NTSC / All Regions
Dolby Digital Stereo
オペラ界のレジェンド、プラシド・ドミンゴが、2022年にヴェルサイユ宮殿で行ったライヴの模様がDVDで登場。近年ヨーロッパでの活躍が目 立つアメリカのソプラノ、ジャニファー・ラウリーと共に、王道のイタリア・オペラからヴェルサイユにちなんだフランス・オペラまでをたっぷりと聴かせてく れます。ドミンゴのお国ものであるサルスエラももちろん収録。ラストはメリー・ウィドウのワルツで美しい余韻と共に幕となります。歴史的な王室 歌劇場の美しさも楽しめる、素晴らしい映像です。

BRU ZANE
BZ-1050
(3CD+BOOK)
NX-E07
ケルビーニ:歌劇「アバンセラージュ族、またはグラナダの軍旗」(全曲) ノライム…アナイス・コンスタンス(S)
アルマンゾール…エドガラス・モントヴィダス(T)
アレマール…トマ・ドリエ(Br)
ゴンザルヴ/吟遊詩人…アルタヴァズド・サルグシアン(T)
カレド…フィリップ=ニコラ・マルタン(Br)
アラミール…トミスラフ・ラヴォワ(Bs)
アブデラム…ダグラス・ウィリアムズ(バス=バリトン)
オクタイル/軍の伝令…ローラーント・ナイバウエル(Br)
エジローヌ…アーニェス・ピンテール(S)
パーセルcho
オルフェオ・オーケストラ(古楽器使用)
コンサートマスター:ラースロー・パウリク(Vn)
ジェルジ・ヴァシュヘジ(指)

)
録音:2022年3月7-9日 ブダペスト芸術宮殿ベラ・バルトーク国立コンサート・ホール
フランス歌劇史上、ラモーとベルリオーズの間の革命期における最も重要な作曲家の一人で、創設間もないパリ音楽院の学長として圧倒的 権威を誇ったフィレンツェ生まれの大家ケルビーニ。20世紀に入りマリア・カラスがイタリア語版を得意演目とした「メデ(メデア)」(1797)や、ス リリングな救出オペラの傑作「二日間、または水運び人」(1800)をはじめ、20世紀以来たびたび注目されながらも決定的な再評価にはあ と一歩という状況が続いてきましたが、その流れに転機をもたらしうる古楽器録音が登場! 1813年4月、ロシア遠征失敗の痛手も記憶に 新しい皇帝ナポレオン臨席のもとに初演された「アバンセラージュ族」は、直後の王政復古により定番演目の座を失ったものの、ケルビーニが 一人で仕上げた最後から2番目の作品であり(最後の作は20年後の「アリ=ババ」)初演時に圧倒的な高評価を得た傑作。20世紀にも 蘇演され録音も複数あるものの、古楽器による全曲録音は今回が初。ラモーその他の18世紀フランス・オペラに通じたヴァシュヘジのもと、オ ルフェオ・オーケストラによるエッジの効いた演奏で聴けるのは嬉しい限りです。イスラム統治時代末期のスペインの古都グラナダを舞台に、敵 対する部族の計略で追放されそうになるアバンセラージュ族の若者アルマンゾールとノライム姫の恋路を、吟遊詩人に扮したキリスト教徒の 戦士が救うスリリングな展開。レチタティーヴォに全編オーケストラを用い、パリ時代の経験の集成とも言える充実した音楽作りでケルビーニが 編み上げた濃密な音楽を、コンスタンス&モントヴィダスという今をときめく名歌手二人を主役に、ロマン派音楽の予感をはらんだダイナミック な演奏で堪能できます。ベートーヴェンも大いに刺激を受けた歌劇作曲家の真価に迫った名演。Bru Zaneレーベルならではの豪華ブック レット(仏語・英語)も常通りの頼もしさです。

Capriccio
C-5477(1CD)
NX-B05
マルティヌー:歌劇「ナイフの涙」*
歌劇「橋の上の喜劇」
エレオノーレ…エレナ・ツァラゴヴァ(S)*
母親…マリア・リッカルダ・ヴェッセリンク(A)*
悪魔…アダム・パルカ(Br)*
ジョゼフィーネ…エステル・ディールケス(S)
エヴァ…シュティーネ・マリー・フィッシャー(A)
ジョニー…ビヨルン・ビュルガー(Br)
ビール製造者…アンドルー・ボガード(Bs)
校長…マイケル・スモールウッド(T) 他
シュトゥットガルト国立O
コルネリウス・マイスター(指)

録音:2020年7月9-10、13、15日、2021年7月13-15日
チェコの近代作曲家ボフスラフ・マルティヌー。多作家で知られ、6曲の交響曲、11曲の協奏曲を含む400作もの作品を遺しました。この中には歌劇も11 作以上含まれています。作品によって次々と作風を変えることで知られ、このアルバムに収録された2つの歌劇も、作曲年代はそれほど離れていないにもか かわらず、その印象は全く違います。「ナイフの涙」はあまりにも内容が淫猥かつ不道徳であったため、マルティヌーの生前に演奏されることなく、ようやく初演 が叶ったのはマルティヌー没後の1969年の10月22日になってからでした。主役のエレオノーレとその母親、悪魔の3人の掛け合いで物語が進むものの、音 楽は断片的で時にジャズ風というハンス・アイスラーを思わせる作品です。一方、「橋の上の喜劇」はチェコの劇作家V.K.クリツペラの台本を元にして書かれ た大変魅力的なラジオ・オペラですが、放送初演後にはすぐに忘れられてしまったため、1951年に英語版として改訂して再演、こちらは大成功をおさめまし た。マルティヌーは後にこの作品の音楽を素材とした組曲を作り、こちらは現在でも時折演奏されます。 近年、注目を集めるソプラノ、エレナ・ツァラゴヴァをはじめとした名歌手たちを、コルネリウス・マイスターが指揮するシュトゥットガルト国立Oが見事に サポートした演奏です。

ALPHA
ALPHA-793(2CD)
NX-D09
モーツァルト:歌劇 「皇帝ティートの慈悲」 ティート…ニッキー・スペンス(T)
ヴィテリア…シモナ・シャトゥロヴァー(S)
セスト…アンナ・ステファニー(Ms)
セルヴィッラ…キアラ・スケラート(S)
アンニオ…アントワネット・デンヌフェルド(Ms)
プブリオ…ダーヴィト・シュテッフェンス(Bs)
フリオ・カバリェロ・ペレス(フォルテピアノ)
アクサンチュス/ノルマンディ・ルーアン歌劇場cho
ノルマンディ・ルーアン歌劇場O
ベン・グラスバーグ(指)

録音:2020年11月、ノルマンディ・ルーアン歌劇場(フランス)
齢23にしてブザンソン国際指揮者コンクールで優勝したのが2017年。20代の新世代シェフ、英国出身のベン・グラスバーグが音楽監督を 務めるフランスのノルマンディ・ルーアン歌劇場は、21世紀に入ってからの急成長で話題をふりまくオペラハウスです。このタッグで、近年リート や近現代作品の録音が増えているニッキー・スペンスをタイトルロールに迎えて、モーツァルトが最晩年に遺したオペラ「皇帝ティートの慈悲」を 聴くことは、いわば2020年代初頭時点におけるヨーロッパ歌劇界の先端を体感することと同義と言ってよいでしょう。タイトルロールの他にも シモナ・シャトゥロヴァー(ヴィテリア)やキアラ・スケラート(セルヴィッラ)ら躍進めざましい歌手たちが続々登場、迫真の表現と細やかな解釈で モーツァルト最晩年の光と影を捉え、堂々たるドラマを織り上げてゆきます。レチタティーヴォのスリリングな展開に寄り添うフォルテピアノも見事 なら、オーケストラの立ち回りも実に緩急鮮やかで聴きどころに事欠きません。中低音に比重を置いた弦楽セクション(6/6/5/5/3)も伸縮 自在の機動力をみせ、18世紀の二管編成でも最大級と言ってよいオーケストレーションを立体的に楽しませてくれます。

CPO
CPO-555502(2CD)
NX-D11
ヨハン・マッテゾン(1681-1764):歌劇「ボリス・ゴドゥノフ」 ボリス・ゴーデノフ…オリヴィエ・グルディ(Bs)
アクシニア:ボリスの娘…ジュリー・グソー(S)
フェドロ…スレーテン・マノイロヴィッチ(Bs)
テオドルス・イヴァノヴィツ:皇帝…イェヴヘン・ラフマニン(Bs)
イリーナ…フローレ・ファン・メールシェ(S) 他
テレジア(古楽アンサンブル)
アンドレア・マルキオル(指)

録音:2021年8月16-24日
オーストリア、インスブルック古楽音楽祭での収録
ヘンデルの親友として知られ、数多くの声楽曲を遺し音楽理論家としても活躍したドイツ後期バロック音楽の作曲家ヨハン・マッテゾン。彼は生涯に8曲の歌 劇を書きましたが、その中の一つがこの喜劇「ボリス・ゴドゥノフ」です。1710年、ハンブルク歌劇場のために書かれた歌劇で主人公はムソルグスキーの歌劇と 同じく、実在したロシアのツァーリ、ボリス・ゴドゥノフ(在位1598-1605)をモデルにしています。ただし内容はムソルグスキーの歌劇のようにシリアスなものでは なく、2人の皇帝の滑稽な陰謀に巻き込まれるロシア、デンマーク、スウェーデンの貴族の物語です。しかし、初演前に突然マッテゾン自身により取り下げら れ、以降彼の存命中に上演されることはありませんでした。当時のハンブルクとロシアの関係悪化が理由と推測されていますが、真相は謎に包まれていま す。 作品の総譜はハンブルク市立図書館に収められた後、第2次世界大戦時に紛失しましたが、かろうじてソ連に持ち込まれた写本がアルメニアで発見され、 こちらがハンブルクに返却されたことで、2005年におよそ300年の年月を経てようやく初演が行われました。後にボストンにてスティーブン・スタッブスも作品の 上演を行いましたが、この2021年のインスブルックでの新演出による上演はヨーロッパ初の舞台公演となります。指揮はチェンバロ奏者としても知られるアン ドレア・マルキオル。素晴らしい歌手たちと古楽アンサンブル「テレジア」が鮮烈な演奏を披露しています。

ATMA
ACD2-2815(1CD)
小さなマエストロ、モーツァルト〜若き天才によるアリア集
『シピオーネの夢』K.126(1772/モーツァルト16歳)より
 アリア「Biancheggia in mar lo scoglio」 (コスタンツァ)
『みてくれの馬鹿娘』K.51(1769/13歳)より
 アリア「Amoretti che ascosi」(ロジーナ)
『第一戒律の責務』K.35(1767/11歳)より
 アリア「Ein ergrimmter Lowe brullet」(慈愛)
『バスティアンとバスティエンヌ』K.50(1768/12歳)より
 アリア「Mein liebster Freund hat mich verlassen」(バスティエンヌ)
『みてくれの馬鹿娘』K.51(1769/13歳)より
 アリア「Colla bocca, e non col core」(ロジーナ)
レチタティーヴォ「O temerario Arbace」とアリア「Per quel paterno amplesso」 K.79(1766?/10歳)
『ポントの王ミトリダーテ』K.87(1770/14歳)より
 アリア「Al destin che la minaccia」(アスパージア)
 アリア「Nel grave tormento」(アスパージア)
 レチタティーヴォ「Ah ben ne fui presaga」とアリア「Pallid’ombre」(アスパージア)
『アルバのアスカーニョ』K.111(1771/15歳)より
 アリア「Dal tuo gentil sembiante」(ファウノ)
『ルーチョ・シッラ』K.135(1772/16歳)より
 アリア「Fra i pensier piu funesti di morte」(ジューニャ)
 レチタティーヴォ「In un istante」とアリア「Parto, m’affretto」(ジューニャ)
マリー=イヴ・マンガー(S)
フィリップ・ブーク(指)
レ・ボレアド・ド・モントリオール

録音:2021年11月1、2、4日ケベック
ケベックのソプラノ歌手、マリー=イヴ・マンガーによる、若きモーツァルトが書いたアリア集。10代前半の作品も驚くほど豊かな音楽性を備えており、聴いてい てわくわくするような良作ばかりです。伴奏はピリオド楽器のアンサンブル。

BONGIOVANNI
GB-2601(1CD)
フランコ・アルファーノ(1875-1954):歌劇『聖女皇后』 デニア・マッツォーラ・ガヴァッツェーニ(Madonna Imperia)
後田 翔平(Filippo Mala)
ジョルジョ・ヴァレリオ(Il Cancelliere Di Ragusa)
フルヴィオ・オッテリ(Il Principe Di Coira / Il Vescovo Di Bordo)
シュ・ジュンクン(Il Conte Dell’ambasceria Di Francia)

アッリーゴ・ペドロッロ・ヴィツェンツァ音楽院cho
イタリアPO
マッシミリアーノ・カッラーロ(指)

録音:2022年1月31日/ミラノ
※世界初録音
『トゥーランドット』の補筆で知られるフランコ・アルファーノによる、めずらしいオペラ作品。『マドンナ・インペリア(聖女皇后)』は1927年に発表された1
幕もので、アルトゥーロ・ロッサートが台本を担当。長らく忘れ去られていた作品ですが、ソプラノ歌手デニア・マッツォーラ・ガヴァッツェーニが復活を望み、彼女
のタイトルロールで蘇演されました。もちろん初録音。

C Major
76-2404(Bluray)
パヴァロッティ・イン・ハイド・パーク
ヴェルディ:歌劇「ルイザ・ミラー」より序曲
ヴェルディ:歌劇「ルイザ・ミラー」〜”穏やかな夜には”
ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」〜”行け、わが想いよ、金色の翼にのって”
マイアベーア:歌劇「アフリカの女」〜”おお、パラダイス”
マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲
ヴェルディ:歌劇「十字軍のロンバルディア人」〜“私の喜びで彼女を包みたい”
マスネ:歌劇「ウェルテル」〜“春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか”
レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」〜鐘の合唱“ドン、ディン、ドン”
ワーグナー:歌劇「ローエングリン」〜婚礼の合唱
プッチーニ:歌劇「トスカ」〜“妙なる調和”
プッチーニ:歌劇「トスカ」〜“星は光りぬ”
ビゼー(フランソワ・ボルヌ編):カルメン幻想曲
レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」〜“衣裳をつけろ”
ヴェルディ:歌劇「シチリア島の夕べの祈り」より序曲
ビクシオ:イタリア歌曲「マンマ」
 イタリア歌曲「風に託そう私の歌」
クルティス:忘れな草
プッチーニ:歌劇「マノン・レスコー」〜"美しい人たちの中で"、”なんと素晴らしい美人”
カプア:オー・ソレ・ミオ
クルティス:帰れ、ソレントへ
プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」〜“誰も寝てはならぬ”
ルチアーノ・パヴァロッティ(T)
アンドレア・グリミネッリ(Fl)
レオーネ・マジエラ(指)
フィルハーモニアO、フィルハーモニア合唱団

収録:1991年7月30日、ハイド・パーク
監 督:クリストファー・スワン
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、
DTS-HD MA5.1
BD50
字幕:英独韓,日本語
3大テノールの看板歌手ルチアーノ・パヴァロッティ。20世紀のオペラ界を代表する存在であるばかりでなく、パヴァロッティ&フレンズと題した数々の慈善 コンサートでは、幅広い人脈から大物ポピュラー歌手との共演も重ねるなど、ジャンルを超えた世界的人気を博していました。そして今回パヴァロッティの初の 野外公演、1991年7月30日にロンドンのハイド・パークで行われた「パヴァロッティ〜ハイド・パーク・コンサート」がデジタル・リマスターされブルーレイ・ディ スクで発売されます。ハイド・パークはロンドン中心部ウェストミンスター地区からケンジントン地区にかけて存在する公園で、先のエリザベス2世女王の葬儀で は主要な献花場となっており市民に親しまれている場所です。 コンサートはパヴァロッティのオペラ活動30周年を記念して開催され、英紙<ガーディアン>では、「無料コンサートでこれほどの盛り上がりを見せたのは、 1969年のローリングストーンズの公演以来だ」と報じました。 プログラムは、ヴェルディやプッチーニの歌劇からの名アリアや、彼の代名詞“誰も寝てはならぬ”に加え、祖国イタリアを想うナポリ民謡“オー・ソレ・ミオ”“帰 れ、ソレントへ”など、老若男女、誰もが楽しめる曲が次々と歌われ、雨が降りしきる中、ハイド・パークに集まった12万人以上の観客がその圧倒的な歌唱 力に大熱狂しています。また、映像にはコンサートを楽しむチャールズ皇太子とダイアナ王妃(当時)の姿や、イギリス各界の著名人の姿も映され、華やかなひ とときを彩っています。

Urania Records
WS-121400(2CD)
ウェーバー:歌劇 「魔弾の射手」 アルフレート・ペル(オットカール侯爵/バリトン)、エリーザベト・グリュンマー(アガーテ/ソプラノ)、クルト・ベーメ(カスパール/バス)、オットー・エーデルマン(隠者/バス)、オスカー・チェルヴェンカ(クーノー/バス)、リタ・シュトライヒエンヒェン/ソプラノ)、ハンス・ホップ(マックス/テノール)、カール・ドンヒ(キリアン/バリトン)、ウィーン国立歌劇場cho、VPO、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)

ライヴ録音:1954年、ザルツブルク音楽祭/MONO/ADD
1998年にコモ湖近郊で創設されたイタリアのインディペンデント・レーベル【ウラニア・レコーズ(Urania Records)】の歴史的音源の復刻シリーズ(WS規格)より、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの「魔弾の射手」が登場!
フルトヴェングラーが亡くなる1954年にザルツブルク音楽祭でライヴ録音されたこの音源は、1990年代に発見され大変話題となりました。この録音は幸いにもオーストリアの放送技術者によって録音された良質なもので、モノラル音源ながらもライヴならではの迫力と臨場感を伝えており、現在でも多くの聴衆を楽しませています。亡くなる直前とはいえ、衰えることのないフルトヴェングラーの演奏を、定評のあるウラニア・レコーズによる復刻版でお楽しみください。

Glossa
GCD-923535(2CD)
ホセ・デ・ネブラ:サルスエラ 「暴力あって、責任なし」 ロス・エレメントス、
アルベルト・ミゲレス・ロウコ(指)、
アリシア・アモ(S):ルクレシア、ナタリー・ペレ(Ms):コラティーノ、ジューリア・セメンツァート(S):トゥーリア、
フディート・スビラーナ(Ms):ラウレータ、合唱

録音:2021年10月31日-11月5日、リーエン(スイス)
1994年スペイン生まれの若き音楽家、アルベルト・ミゲレス・ロウコとロス・エレメントスによるホセ・デ・ネブラのサルスエラ2作目が登場!
ホセ・デ・ネブラ(1702-1768)はサルスエラ(スペインの抒情的オペラ)をはじめとしたスペイン舞台音楽の開祖的存在。1737年頃から劇団などと協力してオペラやサルスエラを精力的に書き上げていた時期があり、そのうち1740年代に作られた4作品のみが現存しています。今回は2019年にレコーディングされた「愛する人は目を閉ざしているが、盲目ではない(Vendado es Amor, no es ciego)」に続いて同じく1744年に書かれた2幕のサルスエラ「暴力あって、責任なし(Donde hay violencia, no hay culpa)」を取り上げます。18世紀スペインの著名な劇作家ニコラス・ゴンザレス・マルティネスの台本による、ローマを舞台とした作品。伝統的な要素に斬新な要素を取り入れる技術に長けており、マドリードにおいて短期間で大きな名声を得ることができたネブラの作曲技法が生かされています。
若くして多彩な才能を発揮している音楽家、アルベルト・ミゲレス・ロウコは、バーゼル・スコラ・カントルム(バーゼル音楽院)で学びながら2018年にバロック・オーケストラ「ロス・エレメントス」を設立。不当に忘れ去られたスペイン・バロックの再発見と復興に力を入れています。

Sterling
CDA-1858(2CDR)
ラーシュ・クレーヴェマンの芸術


■Disc 1
(1)マスネ:歌劇「ヴェルテル」(1885-87)より
 おお, 恵みにみちた自然よ(第1幕)
 別の男が彼女の夫だなんて…僕はこの胸に(第2幕)
(2)どうして僕を目覚めさせるんだ(第3幕)
(3)オッフェンバック:歌劇「ホフマン物語」(1880)より
 クラインザックの歌(プロローグ)(スウェーデン語歌唱)
(4)ヴェルディ:歌劇「オテロ」(1887)より
 私を恐れるな(第4幕)
(5)ヴェルディ:歌劇「トロヴァトーレ」(1853)より
 ああ, あなたこそ私の恋人(第3幕)
(6)プッチーニ:歌劇「トスカ」(1900)より
 星は光りぬ(第3幕)
(7)プッチーニ:歌劇「マノン・レスコー」(1893)より
 これほど美しい女(ひと)を見たことがない(第1幕)
 あなた, あなたなの?恋しいお方(第2幕)
 そうだ!見てください, 僕は狂っている(第3幕)
(8)サン=サーンス:歌劇「サムソンとデリラ」 Op.47(1867-76)より
 ごらんください, この惨めさ, ああ, この苦しさ!(第3幕)
(9)ジョルダーノ1867-1948):歌劇「アンドレア・シェニエ」(1896)より
 五月の晴れた日のように(第4幕)
(10)アレヴィ:歌劇「ユダヤの女」(1833-35)より
 さあ私の死を宣告しろ(第4幕)
(11)ベートーヴェン:歌劇「フィデリオ」 Op.72(1805/14)より
 神よ!ここはなんという暗さだ(第2幕)
(12)レハール:歌劇「ほほえみの国」(1929)より
 君こそわが心のすべて(第2幕)(スウェーデン語歌唱)
プッチーニ:歌劇「トスカ」(1900)より
 妙なる調和(第1幕)


■Disc 2
(1)ワーグナー:舞台神聖祭典劇「パルジファル」(1865-82)より
 ただひとつの武器だけが(第3幕)
(2)アンフォルタス!あの傷!(第2幕)
(3)ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」(1857-59)より
 ならばいっそ死んでしまったほうが(第2幕)
(4)イゾルデが来る!イゾルデが近づく!(第3幕)
(5)ワーグナー:楽劇「ジークフリート」(1851-71)より
 ホーホー!ホーホー!ホーハイ!鍛えろ, かなづち, 堅い剣を(第1幕の終結)
(6)ワーグナー:楽劇「神々の黄昏」(1848-74)より
 奇蹟のように素晴らしいひと(序幕)
(7)ミーメという名のむら気の小人が(第3幕)
(8)ワーグナー:歌劇「タンホイザー」(1842-45/47/59-60/61-67)より
 かつていかなる贖罪者も抱いたことのない熱情を胸に(第3幕)
■Disc 1
(1)王立スウェーデンO、レイフ・セーゲルスタム(指)/録音:1999年1月15日、ストックホルム王立歌劇場(ライヴ録音)
(2)王立スウェーデンO、グレゴル・ビュール(指)/録音:2006年秋、ストックホルム王立歌劇場(ライヴ録音)
(3)ラーシュ・マグヌソン(T)、王立スウェーデン歌劇場cho男声合唱、王立スウェーデンO、ステファン・ソリヨム(指)/録音:2003年春、ストックホルム王立歌劇場(ライヴ録音)
(4)マグヌス・シューレ(T)、ビョーン・ブルムクヴィスト(Bs)、ペール=アルネ・ヴァールグレーン(Br)、王立スウェーデンO、クリスチャン・バデア(指)/録音:2004年春、ストックホルム王立歌劇場(ライヴ録音)
(5)王立スウェーデンO、クリスチャン・バデア(指)/録音:2006年、ストックホルム王立歌劇場(ライヴ録音)/
(6)王立スウェーデンO、クリスチャン・バデア(指)/録音:2007年春、ストックホルム王立歌劇場(ライヴ録音)
(7)イネッサ・ガランテ(S)、王立スウェーデンO、ピエル・ジョルジオ・モランディ(指)/録音:2009年春、ストックホルム王立歌劇場(ライヴ録音)
(8)王立スウェーデンO、王立歌劇場cho、グレゴル・ビュール(指)/録音:2008年春、ストックホルム王立歌劇場(ライヴ録音)
(9)王立スウェーデンO、ピエル・ジョルジオ・モランディ(指)/録音:2010年秋、ストックホルム王立歌劇場(ライヴ録音)
(10)ヨーテボリ歌劇場O、ピエール・ヴァレ(指)/録音:2014年春、ヨーテボリ歌劇場(ライヴ録音)
(11)シュータツカペレ・ヴァイマール、ステファン・ラノ(指)/録音:2017年10月、ドイツ国立劇場(ヴァイマール)(ライヴ私的録音)
(12)ヴェルムランド歌劇場O、ラルフ・キルヒャー(指)/録音:2020年1月、カールスタード会議センター講堂(カールスタード、スウェーデン)(ライヴ私的録音)
■Disc 2
(1)王立スウェーデンO、シルヴィオ・ヴァルヴィーゾ(指)/録音:2003年、ストックホルム王立歌劇場(ライヴ録音)
(2)スタヴァンゲルSO、スティーヴン・スローン(指)/録音:2012年1月26日、スタヴァンゲル・コンサートホール(スタヴァンゲル、ノルウェー)(コンサート・ライヴ録音)
(3)ニーナ・ステンメ(S)、マリアンネ・エクレーヴ(Ms)、王立スウェーデンO、グレゴル・ビュール(指)/録音:2008年秋、ストックホルム王立歌劇場(ライヴ録音)
(4)アイルランド国立SO、ファーガス・シェイル(指)/録音:2012年11月24日、「Open Company Wide Open Opera」ボード・ガイス・エナジー劇場(ダブリン、アイルランド)(ライヴ・ステージ録音)
(5)ニクラス・ビョーリング・リューゲット(T)、王立スウェーデンO、マルコ・レトーニャ(指)/録音:2017年春、ストックホルム王立歌劇場(ライヴ録音)
(6)ニーナ・ステンメ(S)、王立スウェーデンO、マルコ・レトーニャ(指)/録音:2017年春、ストックホルム王立歌劇場(ライヴ録音)
(7)ハンス=ペーター・ケーニヒ(Bs)、O&cho団、ファビオ・ルイージ(指)/録音:2013年春(ライヴ録音)
(8)バイロイト祝祭O、トーマス・ヘンゲルブロック指)/録音:2011年7月25日、バイロイト祝祭劇場(ライヴ録音)
ラーシュ・クレーヴェマン(b.1958)は、ストックホルム生まれ。ミュージシャンでプロデューサーのマッティン・ロッセルと一緒に立ち上げた、イギー・ポップの歌のタイトルに因んで「Dom dummaste」と名付けたスウェーデン初のエレクトロニック・アングラ・グループで1984年まで活動しました。その後、声楽とオペラを学び、1984年、ストックホルム・ミュージックドラマ・アンサンブル(SMDE)が上演したブリテンの「ヴェニスに死す」のホテルのポーター役で初めてソロを歌いました。1996年にストックホルムの王立歌劇場に加わり、「ボリス・ゴドゥノフ」のドミトリー、「ラインの黄金」のフロー、「さまよえるオランダ人」のエリック、「オテロ」のカッシオといったテノール役をこなしています。1999年、難役といわれるマスネの「ヴェルテル」の主役を演じて一躍注目され、「カルメン」のドン・ホセや「ドン・カルロ」の主役に起用されることに。2009年、ロンドンのコヴェントガーデン王立歌劇場で上演された「トリスタンとイゾルデ」でベン・ヘップナーの代役としてトリスタン役を歌い、2011年のバイロイト音楽祭に出演。2013年に「ニーベルングの指輪」のジークフリート役で初めてニューヨークのメトロポリタン歌劇場の舞台に立ちました。
『Heat of the moment』(激情)と題したこのアルバムには、1999年にセーゲルスタムの指揮で歌った「ウェルテル」から、2020年の「トスカ」まで、王立歌劇場を中心とする公演で歌った「アリア」が、私的な収録も含む「ライヴ録音」で収録されています。2008年秋の「トリスタンとイゾルデ」と2017年春の「神々の黄昏」は、スウェーデンを代表するソプラノ歌手のひとり、ニーナ・ステンメがイゾルデとブリュンヒルデを歌った公演です。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

Pentatone
PTC-5186886(1CD)
「セニョール・ガエターノ」〜ドニゼッティ:オペラ・アリア集
(1)「Ah! … E desso cospetto … E fia ver tu mia sarai」〜歌劇『ベトリー』より
(2)「Una furtiva lagrima」〜歌劇『愛の妙薬』より
(3)「Talor nel mio delirio」〜歌劇『ルデンツ家のマリア』より
(4)「Ed ancor la tremenda porta」〜歌劇『ロベルト・デヴリュー』より
(5)「A te diro negli ultimi singhiozzi」〜歌劇『ロベルト・デヴリュー』より
(6)「Bagnato il sen di lagrime」〜歌劇『ロベルト・デヴリュー』より
(7)「Servi, gente, non v'e alcuno」〜歌劇『四句節前の最後の木曜日』より
(8)「Povero Ernesto!」〜歌劇『ドン・パスクワーレ』より
(9)「Cerchero lontana terra」〜歌劇『ドン・パスクワーレ』より
(10)「E se fia che ad altro oggetto」〜歌劇『ドン・パスクワーレ』より
(11)「Notte d’orrore」〜歌劇『マリーノ・ファリエーロ』より
(12)「Io ti veggio」〜歌劇『マリーノ・ファリエーロ』より
(13)「Quest’e l’ora」〜歌劇『マリーノ・ファリエーロ』より
(14)「Misera patria!」〜歌劇『カテリーナ・コルナーロ』より
(15)「Io trar non voglio」〜歌劇『カテリーナ・コルナーロ』より
(16)「Guerra … Su, corriamo concordi」〜歌劇『カテリーナ・コルナーロ』より
(17)「Dopo i lauri di vittoria」〜歌劇『イギリスのロスモンド』より
(18)「Potessi vivere com’io vorrei」〜歌劇『イギリスのロスモンド』より
ハビエル・カマレーナ(T)
(3)アレッシア・ピントージ(S)
(14)エドアルド・ミレッティ(T)
オーケストラ・リ・オリジナーリ
(1)(5)(16)(17)(18)ドニゼッティ歌劇場cho
リッカルド・フリッツァ(指)

録音:2021年8月/ドニゼッティ歌劇場、ベルガモ(イタリア)
テノール界のスター、ハビエル・カマレーナが、リッカルド・フリッツァ(指)オーケストラ・リ・オリジナーリとの共演でドニゼッティのオペラ・アリアを録音。 PENTATONEレーベルのデビュー盤となります!
収録作品はドニゼッティの代表作『愛の妙薬』、『ロベルト・デヴリュー』、『ドン・パスクワーレ』の名場面はもちろんのこと、『ベトリー』、『ルデンツ家のマリア』、 『四句節前の最後の木曜日』など、あまり録音されていない隠れた名曲にも焦点を当てています。カマレーナの抜群の歌唱力に、フリッツァの卓越したセンスが光 る演奏です。
収録は作曲家の故郷ベルガモのドニゼッティ歌劇場で、この録音は毎年開催されるドニゼッティ音楽祭の一環として行われました。なお、フリッツァは同音楽祭の 音楽監督を務めています。
指揮のリッカルド・フリッツァは世界の有数のオペラハウスで演奏する実力派で、PENTATONEレーベルよりソンドラ・ラドヴァノフスキーとシカゴ・リリック・ オペラと『ドニゼッティの女王三部作』(PTC-5186970)をリリースしています。
オーケストラ・リ・オリジナーリはドニゼッティ音楽祭がきっかけで創立した団体。19世紀初頭のオペラを中心にピリオド楽器を用い歴史に基づいたアプローチ で演奏することを目指しています。 (Ki)

Challenge Classics
CC-72927(2CD)
フランツ・シュレーカー(1878-1934):歌劇『宝探し』(ウィーン、1915/1918) ティル・ファヴェイツ(王)
マヌエラ・ウール(エルス)
レイモンド・ヴェリ(エリス)
グラハム・クラーク(道化)
マルク・アルブレヒト(指)
オランダPO
オランダ国立オペラcho

録音:2012年9月30日、10月12・15・19日/アムステルダム・ミュージックシアター(ライヴ)
オランダ国立オペラの2012年ライヴ、再発盤です。第一次世界大戦中、より良い未来を願って書かれたオペラ『宝探し』。発表当時の評判は非常に高く、大きな人気を誇りました。調性を否定するのではなくその システムを拡張する可能性を模索したシュレーカー、その響きはとても美しく、人々の耳に受け入れられたのがうなずけます。 (Ki)

Dynamic
DYNDVD-37955(DVD)
NX-D03

DYNBRD-57955(Bluray)
NX-D03
ヴェルディ:歌劇「椿姫」 ヴィオレッタ・ヴァレリー…ナディーン・シエラ(S)
アルフレード・ジェルモン…フランチェスコ・メーリ(T)
ジョルジョ・ジェルモン…レオ・ヌッチ(Br)
フローラ・ベルヴォワ…カテリーナ・ピーヴァ(Ms)
ガストーネ子爵…ルカ・ベルナルド(T)
アンニーナ…カテリーナ・メルドレージ(S)
ドゥフォール男爵…フランチェスコ・サムエーレ・ヴェヌーティ(Br)
ドビニー侯爵…ウィリアム・コッロ(Bs)
グランヴィル医師…エマヌエーレ・コルダーロ(Bs)
ジュゼッペ…アルフィオ ヴァカンティ(T)
使いの者…ジョヴァンニ・マッツェイ(Bs)
フローラ家の召使い…エジディオ・マッシモ・ナッカラート(Bs)
フィレンツェ五月音楽祭O&cho
ズービン・メータ(指)
演出:ダヴィデ・リヴェルモーレ

収録:2021年9月28日 フィレンツェ五月音楽祭歌劇場(イタリア)
収録時間:146分
音声:イタリア語
PCMステレオ2.0/DTS 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・ドイツ語・フランス語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
数々の新プロダクションを発表し絶好調のフィレンツェ五月音楽祭から、斬新な「椿姫」の登場です。主役ヴィオレッタにその美声と歌唱力が大評判の ナディーン・シエラ、アルフレード役に世界中のオペラシーンで引く手あまたのフランチェスコ・メーリ、さらにイタリア・オペラ界を代表する長老レオ・ヌッチが父 ジェルモン役として脇を固める、という万全の布陣。今回が前作「リゴレット」に続き、フィレンツェ五月音楽祭での二度目の登場となる鬼才ダヴィデ・リヴェル モーレによる演出は、オリジナルの音楽、台本を尊重しつつも舞台を1968年のパリ - フランス5月革命に揺れる街 - に置き代えるという独創的なもの。こ の演出に応える巨匠ズービン・メータの繊細かつダイナミックなタクトに導かれたオーケストラは、充実した歌唱陣とあいまって、ヴェルディ・オペラの代表作「椿 姫」に新鮮な彩りと輝きを与えています。

ALPHA
ALPHA-892(1CD)
『魔法のオペラ』 〜モーツァルト、ハイドン、サリエリ ほか ウィーン古典派のアリア
ベネディクト・シャック(1758-1826)、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト、フランツ・クサヴァー・ゲルル(1764-1827)、ヨハン・バプティスト・ヘンネベルク(1768-1822) 共作::歌劇「賢者の石、または魔法の島」(1790)より
1. 序曲
2. ルバノのアリア「なんたることだ、妻が狂ってしまった!」
3. ルバノのアリア「若い娘に心を預け過ぎてはならない」
4. オイティフロンテのアリア「ナディール、きみなら勝てる」
モーツァルト:歌劇「魔笛」K. 620(1791)より
5. パパゲーノのアリア「おいらは鳥刺し」
ペーター・フォン・ヴィンター(1754-1825):歌劇「魔笛 続編」(1798)より
6. パパゲーノのアリア「いざさらば!おいらは旅立つよ、愛しき者たちよ」
パウル・ヴラニツキー(1756-1808):歌劇「オベロン、妖精たちの王」(1789)より
7. アルマンゾルのアリア「なんたる魅力、なんたる奥ゆかしさ」
8. シェラスミンのアリア「あれはわたしが8歳の頃」
アントニオ・サリエリ:歌劇「トロフォニオの洞窟」(1785)より
9. 序曲
10. アリストーネのアリア「同じ一つの泉から」
11. アリストーネのアリア「夫があまりに陽気なら」
ハイドン:12. 序曲〜歌劇「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」 Hob. XXVIII-13(1791)より
13. ロドモンテのアリア「千もの爛々たる輝きが」〜歌劇「遍歴騎士オルランド」Hob. XXVIII-11(1782)より
14. クレオンテのアリア「万物には思惑が宿っている」 〜歌劇「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」より
15. ロドモンテのアリア「血気盛んな人間よ、よく聞いて慄け」〜歌劇「遍歴騎士オルランド」より
16. クレオンテのアリア「息があるのに希望がないなら」 〜歌劇「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」より
グルック:歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」(1762)より
17. 精霊の踊り
コンスタンティン・クリンメル(Br)
ホフカペレ・ミュンヘン(古楽器使用)
リュディガー・ロッター(指)

録音:2021年9-10月フリードリヒ=アレクサンダー大学教会、エアランゲン(ドイツ南西部バイエルン地方ニュルンベルク近郊)
ヘンデルやモンテヴェルディのようなバロック作品からRシュトラウス、ブリテンといった近代作品に至るまで、さまざまな指揮者たちとステージを重 ねオペラ、歌曲、宗教音楽と幅広い分野で注目を集めている1993年生まれのドイツのバリトン歌手、コンスタンティン・クリンメル。骨太の選 曲で好感を呼んだALPHAデビュー盤のドイツ歌曲集(ALPHA549)に続き、新作は実力派の古楽器オーケストラとの共演によるウィーン古 典派のアリア集。今回も注目のプログラムで、モーツァルトが活躍し人気を失ってゆく頃のウィーンにどれほど精彩に富んだ歌劇世界が広がっ ていたか、作曲家の知名度に惑わされることなく見事に伝えてくれる選曲になっています。テーマは「魔法」。18世紀末の大都市に暮らす 人々を喜ばせた奇術的パフォーマンスの奥にフリーメイソン思想にも通じる哲学的神秘が息づく、妖術・魔法の類が題材となったオペラからバ リトン歌手のためのナンバーを厳選。この分野の嚆矢となったヴラニツキー「オベロン」、国際的名声を爆発させつつあった頃のサリエリの隠れ 名作「トロフォニオの洞窟」、モーツァルト「魔笛」のヒットに続いたシカネーダー劇団の合作「賢者の石」にヴィンターの「魔笛 続編」、見過され がちなハイドン後期の充実歌劇「哲学者の魂」など、ぴりっと風刺が効いた短い曲から充実の大作までの作品美をじっくり堪能させてくれま す。ホフカペレ・ミュンヘンの的確な演奏解釈も頼もしく、18世紀ウィーンの息吹を脈々と感じられる1枚に仕上がっています。

ORFEO DOR
C-230082(2CD)
NX-B07
プフィッツナー:歌劇「キリストになった小悪魔」 Op. 20 バイエルンRSO&cho
クルト・アイヒホルン(指)

録音:1979年11月30日
旧品番C437992DR
歌劇「パレストリーナ」で知られるドイツの作曲家ハンス・プフィッツナー。この歌劇「キリストになった小悪魔」は重 厚で難解な「パレストリーナ」とは対照的に、ドイツの古い絵本を思わせる居心地の良い雰囲気を持っています。 物語は、クリスマスのベルに誘われて人間界に魅了された妖精が、森を出て様々な苦難を知ります。そして病に 苦しむ女の子の代わりに天に召され、最後はクリスマスの妖精となり、毎年クリスマス時期になると地上にやってき てパーティに招かれるというお話。妖精役のアメリカ出身のソプラノ、ヘレン・ドナートの澄んだ声が魅力です。

NIFC
NIFCCD-091(1CD)
モニューシュコ:歌劇 「貴族の言葉」
(1幕のオペラ)(ピリオド楽器による世界初録音)
ファビオ・ビオンディ(指)、エウローパ・ガランテ、ポドラシェ・オペラ&フィルハーモニックcho、ヤン・マリティニク(Bs)、オルガ・パシェチュニク(S)、スタニスラフ・クフリュク(Br)、マリウシュ・ゴドレフスキ(Br)、アダム・パルカ(Bs)

録音:2021年8月12日-14日、ポーランド国立歌劇場「テアトロ・ヴィエルキ」(ワルシャワ)
れる、イタリア古楽界の巨匠ファビオ・ビオンディ&エウローパ・ガランテのオペラ録音プロジェクト。これまでリリースしてきたポーランド国民楽派の作曲家、スタニスワフ・モニューシュコの「ハルカ」(NIFCCD-082083)、「いかだ乗り」(NIFCCD-086)、「伯爵夫人」(NIFCCD-089090)に続いて、1860年頃に作曲された1幕のオペラ「貴族の言葉」が登場。
“ポーランド・オペラの父”とも呼ばれるモニューシュコが「伯爵夫人」のおよそ1年後に書き上げた「貴族の言葉」は1861年1月1日にワルシャワで初演され、小規模なオペラ・コミックながら「伯爵夫人」に続いて大反響を呼び、その後の公演にも大勢の観客が詰めかける大成功を収めました。今日では「ハルカ」、「伯爵夫人」の陰に隠れ上演機会こそ少ないものの、批評家の間ではポーランドにおけるオペラ・コミックの成熟した例の一つと見なされている名作です。
2021年に行われた「ショパンと彼のヨーロッパ国際音楽祭」の一環として行われた録音であり、これまでのリリース同様、ピリオド楽器による世界初録音となります。

ARTHAUS
10-9457BD(Bluray)
ルイジ・ノーノ(1924-1990):「イントレランツァ1960」(不寛容)

◆ボーナス映像
ドキュメンタリ[Intolleranza Luigi Nono’s scenic action as seen today]
監督:ベッティーナ・エアハルト
制作:2004年
ショーン・パニッカー(移民/テノール)
サラ・マリア・サン(彼の仲間/ソプラノ)
アンナ・マリア・キウリ(女性/メゾソプラノ)
アントニオ・ヤン(アルジェリア人 / バリトン)
ムサ・ングクングワナ(拷問の犠牲者/バス)
ヴィクトール・アフン・ロワース(盲目の詩人/語り)
インゴ・メッツマッハー(指)VPO
演出:ヤン・ロワース

収録:2021年8月、フェルゼンライトシューレ、ザルツブルク音楽祭(ライヴ)
画面:16:9、1080i、HD
音声:PCMステレオ2.0
リージョン:All
原語:イタリア語
本編字幕:独英韓,日本語
ドキュメンタリー字幕:独英
85分(本編)+ 56分(ドキュメンタリー)
2021年ザルツブルク音楽祭で上演されたルイジ・ノーノの「イントレランツァ1960」がブルーレイでリリースされます。演出を手がけたのは、ベルギーを 代表する舞台芸術集団「ニードカンパニー」を率いる奇才ヤン・ロワース。2018年のザルツブルク音楽祭で上演されたクリスティ指揮「ポッペアの戴冠」の 演出もロワースが担当し大成功を収めています。 「イントレランツァ1960」は、アンジェロ・マリア・リペリノの構想に基づき、ノーノが再構成・作曲した初めての「演劇的アクション」で、第24回ヴェネチ ア・ビエンナーレ国際現代音楽祭からの委嘱によって書かれました。社会的抑圧、人種差別と難民の問題、大きな自然災害など人間を脅かす恐怖の状況を巡って、 2部に分けられた11の場面で構成されています。この中で取り上げられる出来事はどれも1960年頃に実際に起こったことですが、2022年の現在でもこれ らの問題は世界中が直面している危機・問題でもあります。 今回のロワースによる新演出は、ザルツブルク音楽祭100周年記念のために制作。音楽・ダンス・演劇、現実と虚構の境を飛び越えたかのような、革新的な 演出で観る者の心を掴みます。また指揮は、ノーノのエキスパートとして知られるドイツ楽壇の鬼才、インゴ・メッツマッハー。社会の中で芸術が何を意味するのか、 芸術が何を伝えられるのか、現在この作品を上演する意味を改めて説いた内容です。 (Ki)

Pentatone
PTC-5187022(1CD)
「MOLIERI」〜モーツァルトとサリエリのオペラ・アリア集
(1)モーツァルト:「もう飛ぶまいぞこの蝶々」〜歌劇『フィガロの結婚』K.492より
(2)サリエリ:「Nell'impero di Cupido」〜歌劇『ファルスタッフ、または3つのいたずら』より
(3)モーツァルト:「ご婦人 これがカタログです」〜歌劇『ドン・ジョヴァンニ』K.527より
(4)サリエリ:「Mi dica il mio signore」〜歌劇『焼きもち焼きの学校』より
(5)モーツァルト:シンフォニア〜歌劇『フィガロの結婚』K.492より
(6)サリエリ:「Misero abietto negro」〜歌劇『オルムズの王アクスール』より
(7)モーツァルト:「もう訴訟に勝っただと…ため息をつきながら私は見るのだろうか」〜歌劇『フィガロの結婚』K.492より
(8)サリエリ:「Se il tuo sposo」〜歌劇『トロフォーニオの洞窟』より
(9)モーツァルト:「金づちは鉄をきたえ」〜歌劇『偽の女庭師』K.196より
(10)サリエリ:シンフォニア〜歌劇『トロフォーニオの洞窟』より
(11)モーツァルト:「用意はできた…少しは目を開いて」〜歌劇『フィガロの結婚』K.492より
(12)サリエリ:「Idol vano d'un popol codardo」〜歌劇『オルムズの王アクスール』より
(13)モーツァルト:「ワインがある限り」〜歌劇『ドン・ジョヴァンニ』K.527より
(14)サリエリ:「Fate buona compagnia」〜歌劇『焼きもち焼きの学校』より
(15)モーツァルト:「彼に目を向けて」〜歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』K.588より

アダム・プラチェトカ(Bs-Br)
チェコ・アンサンブル・バロック(ピリオド楽器)
ロマン・ヴァーレク(指)

録音:2021年4月&5月/ドモヴィナ・スタジオ(プラハ)

バス=バリトンのアダム・プラチェトカ、PENTATONEレーベル初登場!ロマン・ヴァーレクによって1998年に創設された古楽団体チェコ・アンサンブル・バロッ クとともにモーツァルトとサリエリのオペラ・アリアを収録したアルバム「MOLIERI」(Mozart+Salieri=MOLIERI)をリリースします。
映画『アマデウス』によって一躍世界的に有名になったアントニオ・サリエリ。様々な逸話がある中、このアルバムでは二人の作曲家を結びつ け、ロレンツォ・ダ・ポンテ(1749-1838)台本のモーツァルトの『フィガロの結婚』、『ドン・ジョヴァンニ』、『コジ・ファン・トゥッテ』と、サリエリの『ファルスタッ フ』、『オルムズの王アクスール』、『トロフォーニオの洞窟』、『焼きもち焼きの学校』のからのアリアを交互に並べることによって、新たな視点で聴くことができる 構成となっております。この演奏を聴けばサリエリがなぜ成功を収めたのか、なぜベートーヴェン、シューベルト、リストなどの偉大な作曲家たちがこぞってサリエリ に師事しようとしたのか、その理由が明らかとなるでしょう。
アダム・プラチェトカはプラハで学び、ドヴォルザーク国際声楽コンクールで1位獲得。2010年9月にウィーン国立歌劇場のメンバーとなり、『ラ・ボエーム』 のシャウナール役でデビュー。その後ヴァーレク(指)チェコ・アンサンブル・バロックとの共演でヘンデルのオラトリオ・アリア集(2012年8月&9月録音) (SU-4116)でソロ・デビュー盤をリリースしています。近年はMETやザルツブルク音楽祭の常連で、モーツァルトを中心にドラマティックな役だけでなく、コミ カルな役もこなせる実力派歌手として注目されております。安定した低音、たっぷりとした声量、そして伸びやかな歌声で、モーツァルトとサリエリのオペラ・アリア を歌い上げます! (Ki)

PREISER
PRCD-915667(1CD)

PRDVD-91572(DVD)
PAL
室内オペラ『モーツァルト・オートマタ、あるいは奇術師メスメルの秘密』
音楽:パウル・ヘルテル
リブレット:クラウディア・トマン&パウル・ヘルテル
アネーテ・リエピナ(S)…ゾフィー・ウェーバー、マリア・テレジア・フォン・パラディス、キュレーター
ケヴィン・エルスニグ(C.T)…モーツァルト・オートマタ、闇の声
パブロ・カメゼッレ(T)…フランツ・アントン・メスメル、検死官、仮面の者
ゲジム・ベリシャ(Br)…デイム伯爵、キュレーター
アンドレアス・ヤンコヴィッチ(Bs-Br) …墓掘りヨーゼフ・ロスマイヤー、訪問者、警官、キュレーター
ペトラ・ジャカローネ(指)
エウテルペO
「パンドラの箱」連盟cho
モーツァルトの超天才性と謎に満ちた死から想像を膨らませ、もしモーツァルトがオートマタ(自動人形)として作られたのだとしたら、という奇妙な物語をした てあげた室内オペラ。エウテルペOは女性のみからなるオーケストラです。
CD(PRCD-915667)とDVD(PRDVD-91572)で同時発売。DVDはPAL使用のためパソコンでご視聴ください。 (Ki)

BAM International

BAM-20612(1CD)

サルザーナ・オペラ音楽祭ライヴ
(1)ベッリーニ:『ノルマ』序曲
(2)ベッリーニ:『ノルマ』より Casta Diva
(3)ベッリーニ:『ノルマ』より Sgombra e la sacra selva
(4)ロッシーニ:『チェネレントラ』より Sia qualunque delle figlie
(5)ベッリーニ:『カプレーティとモンテッキ』より Se Romeo t’uccise un figlio
(6)ヴェルディ:『リゴレット』より La donna e mobile
(7)ヴェルディ:『イル・トロヴァトーレ』より Condotta ell’era in ceppi
(8)モーツァルト:『フィガロの結婚』より Aprite un po’ quegli occhi
(9)ドニゼッティ:『愛の妙薬』より Una furtiva lagrima
(10)ヴェルディ:『運命の力』より Pace, pace mio Dio
(11)ヴェルディ:『仮面舞踏会』より Eri tu che macchiavi quell’anima
(12)ベッリーニ:『清教徒』より Suoni la tromba, e intrepido
(13)ビゼー:『カルメン』より Votre toast(闘牛士の歌)
(14)プッチーニ:『ラ・ボエーム』より Donde Lieta
(15)プッチーニ:『トスカ』より E lucevan le stelle
2)エリサ・バルボ
(3) シモーナ・ディ・カプア
(4)マルコ・フィリッポ・ロマーノ
(5)ラウラ・ヴェッレッキア
(6)マッテオ・リッピ
(7)シルヴィア・ベルトラーミ
(8)マッティア・オリヴィエーリ
(9) ジュリオ・ペッリグラ
(10)マグダ・ガッロ
(11)セルジョ・ヴィターレ
(12)ロベルト・スカンディウッツィ、ルカ・ブルーノ
(13ルカ・ミケレッティ
(14)セレーナ・ガンベローニ
(15)フランチェスコ・メーリ
ジュゼッペ・フィンジ(指) カルロ・フェリーチェ歌劇場O

ライヴ録音:2020年6月27日
発売:2020年
パンデミックによる最初のロックダウンを経て、2020年6月27日になんとか開催されたイタリアのリグーリア州の都市サルザーナでのオペラ・フェスティヴァ ル。カルロ・フェリーチェ歌劇場のオーケストラと15人の腕利き歌手が出演し、ヴェルディ、ドニゼッティ、ロッシーニ、ベッリーニ、プッチーニといったイタリア・オ ペラの巨匠からモーツァルト、ビゼーまで、オペラファンにうれしい名曲の数々が披露されました。そのライヴ録音が収録されています。 (Ki)

BRU ZANE
BZ-1049
(3CD+BOOK)
NX-E09
マイアベーア:「悪魔のロベール」 ロベール(ノルマンディ公)…ジョン・オズボーン(T)
ベルトラン(悪魔)…ニコラ・クルジャル(Bs)
アリス(ロベールの異父妹)…アミーナ・エドリス(S)
イザベル(シチリアの王女)…エリン・モーリー(S)
レンボー(吟遊詩人)…ニコ・ダルマナン(T)
アルベルティ、司祭…ジョエル・アリソン(バス=バリトン)
伝令…パコ・ガルシア(T)
コリフェ1…マルジョレーヌ・オロー(S)
コリフェ2…レナ・オリー(S)
騎士…オリヴィエ・ベクレタウイ(T)
騎士、賭博者3…リュク・セニェット(T)
騎士、賭博者1…ジャン=フィリップ・フルカード(T)
騎士、賭博者2…シモン・ソラス(Br)
ボルドー国立歌劇場cho
ボルドー=アキテーヌ国立O
マルク・ミンコフスキ(指)

録音:2021年9月20-27日、ボルドー国立歌劇場
ワーグナーの音楽が多くの人々を虜にする前まで、イタリアのベルカント・オペラと並んで全欧州で人気だったフランスのグランド・オペラ。その最 大の立役者の一人であるドイツ出身のユダヤ人作曲家マイアベーアは、1831年にパリで初演された「悪魔のロベール」で圧倒的な人気を わがものにし、その後の「ユグノー教徒」(1836)や「アフリカの女」(1864)で確固たる地位を得ました。「悪魔のロベール」は19世紀を通じて 絶大な人気を誇り、コルンゴルト「死の都」(1920)の原作となったロダンバックの小説『死都ブリュージュ』(1892)にも上演の場面が象徴的 に出てくるほど。後にワーグナー称揚の機運が高まった結果、ワーグナーとその周辺が必死でネガティヴ・キャンペーンを張ったマイアベーアの音 楽は20世紀にひとたび忘れられそうになりましたが、近年のフランス19世紀音楽復興の流れの中で再評価は急速に進展。知られざるフラン ス歌劇の復権に尽力する名匠ミンコフスキもその作品上演に熱心で、良好な関係を続けているボルドー国立歌劇場での象徴的傑作「悪 魔のロベール」録音がついに実現しました。 舞台は中世シチリアの都パレルモ。 “悪魔の子”ロベールはシチリア王女イザベルと相思相愛でありながら、正体を隠して彼に近づき彼の魂 をわがものにしようとする父の悪魔ベルトランの謀略で無一文にされた末、その助力や甘言に惑わされます。一時はベルトランの仲介で得た 魔力で敵を斥けイザベルに近づくことに成功しますが、パレルモで再会した異父妹アリスのはたらきかけで我に返り、魔力の助けを失い囚われ の身に。魂を売ればイザベルに近づけるぞと言い募るベルトラン。しかしロベールはアリスから受け取った母の遺言状に従って誘惑を斥け、ベル トランは地獄へ引き戻され恋人たちは結ばれることに……ベルトランが呼び出す尼僧たちの亡霊のバレエや終幕の大きな場面転換など、見 せ場に事欠かない全5幕の一大スペクタクルを、ミンコフスキの圧倒的なドライブと精緻な解釈のもと、厳選歌手陣による確かな解釈で聴け るのは画期的というほかありません。演奏の充実もさることながら、BRU ZANEレーベルならではの図版満載充実解説(仏・英語)も頼もし く、マイアベーアとフランス19世紀オペラの真価を再認識してゆくうえで必携の決定的録音と言ってよいでしょう。

Pentatone
PTC-5186955
(1SACD)
フランス語によるベルカント・アリア集
ロッシーニ:歌劇『コリントの包囲』より
(1)「私はどうなってしまうのだろう?」(第2幕第5場)
(2)「光の轟から」(第2幕5場)
(3)「運命の時が近づいている」(第3幕第12場)
(4)「天よ!ああ!」(第3幕第12場)
ロッシーニ:歌劇『ウィリアム・テル』より
(5)「ついに遠のいてしまった」(第2幕第9場)
(6)「黒い森」(第2幕第9場)
ロッシーニ:歌劇『オリ伯爵』より
(7)「悲しみの餌食となり」(第2幕第4場)
(8)「天の恵み」(第2幕第4場)
ドニゼッティ:歌劇『殉教者』より
(9)「おお、私の母よ」(第1幕第5場)
(10)「ここにあなたの氷の手があなたの子供を祝福しますように」(第1幕第5場)
ドニゼッティ:歌劇『ランメルモールのルチア』より
(11)「ジルベール...おお、フォンテーヌ」(第1幕第6場)
(12)「なぜ翼がないのでしょう?」(第1幕第7場)
ドニゼッティ:歌劇『連隊の娘』より
(13)「私は行かなければならない」(第1幕第6場)
(14)「望みはないわ」(第2幕第8場)
(15)「フランスに敬礼」(第2幕第8場)
リゼット・オロペ サ(S)

(1)(2)(4)(7)(8)(13)(15)ドレスデン国立歌劇場合唱団、アンドレ・ケリングハウス(合唱指揮)
(8)クリスティーナ・フックス(Ms)、
(8)フランク・ブリューメル(T)、
(11)フアン・カルロス・ナバーロ(T)、
(13)チー・イー(T)、
(13)マインハルト・メービウス(Bs)、
(13)アレクサンダー・フェディシュ(Bs)以上、合唱ソロ

ドレスデンPO
ハイケ・ヤニケ(コンサートマスター)、
(14)ウルフ・プレーレ(Vc独奏)
コッラード・ロヴァリスシ

録音:2021年4月/ドレスデン文化宮殿(ドイツ)
。メトロポリタン歌劇場、スカラ座なそで活躍する注目のソプラノ、リゼット・オロペサ。PENTATONEレーベル第3弾は彼女が最も愛する、 フランス語で書かれたイタリア人作曲家ロッシーニ、ドニゼッティのベルカント・アリア集で、あまり知られていない作品から有名曲まで珠玉のアリアを集めました。
フランスを活動拠点にしはじめたロッシーニが、1826年に書き上げた『コリントの包囲』は『マホメット2世』の改作で、イタリア語からフランス語に変更し、当 時ギリシア独立戦争の熱狂の中だったことからギリシアを舞台に移したというものです。リリシズム、ドラマ、感情の高まり、そして喜劇さえも含んだアリアが披露さ れています。ドラマティックでリリシズムに満ちたフランス語の歌詞によるベルカント・アリアをオロペサが歌い上げます!指揮はコッラード・ロヴァリス。イタリア・ オペラを最も得意するイタリア人指揮者がドレスデンPOを情感豊かに鳴らします。
録音は2021年4月、ドレスデン文化宮殿によるセッション収録。コロナ禍のためソリストを観客席に配置し、舞台上のオーケストラもソーシャル・ディスタンス を取った形で行われました。演奏の素晴らしさはもちろんのこと、PENTATONEの録音でおなじみのヨブ・マールセ、エルド・グールトら優れた技術陣による録 音であることも注目です!
リゼット・オロペサはPENTATONEレーベルから「モーツァルト:コンサート・アリア集」(PTC-5186885)、「ヴェルディ:歌劇『椿姫』(ヴィオレッタ役)」 (PTC-5186956)をリリースしております。 (Ki)

Diapason
DIAP-148(2CD)
ポンキエッリ:歌劇「ラ・ジョコンダ」 アニタ・チェルケッティ(ジョコンダ/ソプラノ)、ジュリエッタ・シミオナート(ラウラ・アドルノ/メゾ・ソプラノ)、マリオ・デル・モナコ(エンツォ・グリマルド/テノール)、チェーザレ・シエピ(アルヴィーゼ・バドエロ/バス)、エットーレ・バスティアニーニ(バルナバ/バス・バリトン)、フランカ・サッキ(チェーカ/メゾ・ソプラノ)、フィレンツェ五月音楽祭O&cho、
ジャナンドレア・ガヴァッツェーニ(指)

録音:1957年
フランスの世界的クラシック音楽専門雑誌である「ディアパゾン(Diapason)」が音楽史に輝く名曲の歴史的名演を選出し、新たなマスタリングを施して復刻するシリーズ『レ・ザンディスパンサーブル・ド・ディアパゾン 〜ディアパゾンが選んだ決定盤』。
シリーズの第148巻として登場するのは、「幻のソプラノ」と言われたアニタ・チェルケッティの「ラ・ジョコンダ」!
その稀有な才能と圧倒的な歌唱力でマリア・カラスや、レナータ・テバルディと並ぶ存在とも言われたソプラノ歌手でしたが、30歳という若さで引退してしまったため商業録音はほとんど残っておらず、この「ラ・ジョコンダ」を除くとアリア集のみという貴重な記録です。
チェルケッティ以外にもシミオナートやデル・モナコ、そしてシエピなども参加しており、オペラ・ファン注目の復刻です。

Urania Records
WS-121401(2CD)
ヴェルディ:歌劇「ファルスタッフ」 ゲレイント・エヴァンズ(ファルスタッフ/バリトン)、ロバート・メリル(フォード/バリトン)、アルフレード・クラウス(フェントン/テノール)、ジョン・ラニガン(医師カイウス/テノール)、ピエロ・デ・パルマ(バルドルフォ/テノール)、ジョヴァンニ・フォイアーニ(ピストーラ/バス)、イルヴァ・リガブエ(フォード夫人アリーチェ/ソプラノ)、ミレッラ・フレーニ(ナンネッタ/ソプラノ)、ジュリエッタ・シミオナート(クイックリー夫人/メゾ・ソプラノ)、ロザリンド・エリアス(ページ夫人メグ/メゾ・ソプラノ)、ローマ歌劇場O&cho、サー・ゲオルグ・ショルティ(指)

録音:1963年、ローマ/STEREO/ADD
ヴェルディの最後のオペラという重要な意味を持つ「ファルスタッフ」ですが、人気作品である「椿姫」と比べるとその録音は決して多くなく、1950年から2000年にかけても比較的録音の少ない作品と言えます。その中でも今なお燦然とその輝きを失わないショルティによる1963年録音盤(当時は「RCAイタリア・オペラO&cho」の名前でリリース)。ハンガリーが生んだ偉大な指揮者であるショルティは、1990年代にも「ファルスタッフ」を録音していますが、歌手陣は1963年の豪華さには及ばず、またその圧倒的な解釈は旧盤の方が優れていると言えるでしょう。また当時のDeccaによる素晴らしいサウンドは鮮やかにショルティの的確な解釈を伝えてくれています。

Glossa
GCD-923534(1CD)
モーツァルト:イタリア・アリア集
モーツァルト:オラトリオ 「救われしベトゥーリア」 K.118より アリア 「Parto inerme」
グルック:歌劇 「アポロの祭り」 より アリア 「Numi offesi」
モーツァルト:歌劇 「アルバのアスカーニョ」 K.111より アリア 「Al mio ben」、
 交響曲第10番ト長調 K.74、
 オラトリオ 「救われしベトゥーリア」 K.118 より アリア 「Prigionier che fa ritorno」
グリエルミ(1728-1804):ルッジェーロ より アリア 「Nel suo dolor ristretto」(世界初録音)
ヨゼフ・ミスリヴェチェク:オラトリオ 「トビアス」 より アリア 「Quando il vaso in colmo e pieno」(世界初録音)
モーツァルト:歌劇 「ポントの王ミトリダーテ」 K.87より アリア 「Gia dagli occhi il velo e tolto」、「Venga pur, minacci, e frema」
フィリッポ・ミネッチャ(C.T)、
オルケストラ・ファルネジアーナ、
ルカ・オベルティ(指)

録音:2021年9月、ピアチェンツァ市立劇場(イタリア)
ラ・ヴェネクシアーナやアントニオ・フローリオ&カペラ・ナポリターナ(旧イ・トゥルキーニ)、カルロ・イパタ&アウセル・ムジチなどの多くの録音・公演に参加し、極めて創造的な活動で注目を浴びるイタリアのカウンターテナー、フィリッポ・ミネッチャ。
ミネッチャの5作目となるソロ・アルバムでは、1769年から1771年にかけて作曲されたモーツァルトの若書きの作品を中心としたイタリア・アリアを収録。プログラムは、モーツァルトがイタリアの3度の旅行で大成功を収め、ウィーン王室の婚儀のために作曲した祝祭オペラ 「アルバのアスカーニョ」 をはじめ、ミラノの音楽生活において、若きモーツァルトに影響を与えたとされるグリエルミ、ミスリヴェチェク、グルックの作品を組み合わせています。
ミネッチャの歌声を支えるオルケストラ・ファルネジアーナは、2020年にイタリア、ピアチェンツァ出身の音楽家で構成されたオーケストラを結成するというアイデアから生まれた新進気鋭のオーケストラ。メンバーには、ミラノ・スカラ座O、ロイヤル・コンセルトヘボウO、ベルギー王立歌劇場Oなど、ヨーロッパで最も権威のあるオーケストラの音楽家たちが参加しています。

EUROARTS
20-72683(2Bluray)


20-72689(2DVD)
ワーグナー:「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 ミヒャエル・フォレ(Br ザックス)
ロベ ルト・サッカ(T ヴァル ター)
アンナ・ガブラー(S エーファ)
ペーター・ゾン(T ダーフィト)
ゲオルク・ツェッペンフェルト(Bs ポーグナー)
モニカ・ボヒネチ(Ms マグダレーネ)
マルクス・ウェルバ(Br ベックメッサー)
トーマス・エーベンシュタイン(T フォーゲルゲザング)
グイド・イェンツェンス(Bs ナハティガル)
オリヴァー・ツヴァルク(Bs-Br コートナー)
ベネディクト・コーベル(T ツォルン )
フランツ・ズッパー(T アイスリンガー)
トルステン・シャルンケ(T モーザー)
カール・フムル(Bs オルテル)
ディルク・アレシュス(Bs シュヴァルツ)
ロマン・アスタコフ(Bs フォルツ)
トビアス・ケーラー(Bs 夜番)
ウィーン国立歌劇場cho
ダニエレ・ガッティ(指)ヴぉ
演出:ステファン・ヘアハイム

収録:2013年8月、ザルツブルク音楽祭(ライヴ)
◆Bluray
画面:カラー、16:9、HD
音声:PCM Stereo / DTS HD Master Audio 5.1
Region All
字幕:独英仏西韓,日本語
本編270分、特典15分
◆DVD
画面:カラー、16:9、NTSC
音声:PCM Stereo / DTS 5.1,DD5.1
Region All
字幕:独英仏西韓,日本語
本編270分、特典15分
2072683(BD):2072684(廃盤)の再発。20 72689(DVD):20.72688(廃盤)の再発。
リヒャルト・ワーグナー生誕200周年を祝った2013年、ザルツブルク音楽祭で「ニュルンベルクのマイスタージンガー」が上演されました。ご存知の通りザル ツブルク音楽祭はバイロイト音楽祭と同時期の開催のため、普段はワーグナーのオペラを上演することはありません。これは特別な上演であり、それだけに力の 入った上演でした。 何といっても、今大人気のノルウェーの演出家ステファン・ヘアハイムの舞台がたいへんに好評でした。ヘアハイムは『マイスタージンガー』が夏至の物語であること から、『マイスタージンガー』を『真夏の夜の夢』よろしくザックス=ワーグナーの夢物語のようにしつらえ、とても幻想的で従来とはかなり異なった視点の『マイ スタージンガー』を作りあげることに成功しています。不思議な非現実感の世界だからこそ可能な鋭い視点を鮮やかに浮き上がらせたと思えば、あちこちで笑いが 湧きあがるような滑稽な場面を盛り込み、『マイスタージンガー』の多面的な魅力をたいへん巧妙に引き出しています。 記念公演だけに歌手は強力。2007、2008年のバイロイトではベックメッサーを歌ったミヒャエル・フォレがザルツブルクではザックスを歌い、豊かな歌と見事な 演技力で大絶賛されました。ベックメッサーは、サントリーホールでのモーツァルトのオペラのシリーズで日本でもファンの多いマルクス・ウェルバ。二枚目で美声 のベックメッサーです。ヴァルターは近年ワーグナーのテノール役で評価の高いロベルト・サッカ。彼はイタリア系とはいえ生まれも育ちもドイツです。エーファは、 2013年4月、東京・春・音楽祭でもエーファを歌ったアンナ・ガブラー。2014年6月には新国立劇場のR.シュトラウス『アラベラ』のタイトルロールを歌ってい ます。ポーグナーのゲオルク・ツェッペンフェルトは、ドレスデンのゼンパー・オパーで大活躍しているドイツのバス。その他キャストは非常に充実しています。 指揮は2008年から2011年までバイロイトでのヘアハイム演出の『パルジファル』で指揮を担当したダニエレ・ガッティ。さすがに演出家の意図をよく承知した演 奏です。 (Ki)
EUROARTS
20-72953(Bluray)

20-72959(2DVD)

20-72955
(Ultra HD Bluray)
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」 ルカ・ピサローニ(アルマヴィーヴァ伯爵/バス・バリトン)
アネット・フリッチュ(伯爵夫人/ソプラノ)
アダム・プラチェツカ(フィガロ/バリトン)
マルティナ・ヤンコヴァ(スザンナ/ソプラノ)
マルガリータ・グリシュコヴァ(ケルビーノ/メゾ・ソプラノ)
アン・マレー(マルチェリーナ/メゾ・ソプラノ)
カルロス・ショーソン(ドン・バルトロ/バス)
パウル・シュヴァイネスター(ドン・バジリオ/テノール)
フランツ・ズッパー(ドン・クルツィオ/テノール)
クリスティーナ・ガンシュ(バルバリーナ/ソプラノ)
エリック・アンスティーネ(アントニオ/バス)
ダン・エッティンガー(指)VPO
ウィーン国立歌劇場cho
演出:スヴェン=エリック・ベヒトルフ
ボーナス:デジタル・オペラ・ガイド(日本語字幕付)

収録:2015年8月9日ハウス・フォー・モーツァルト、ザルツブルク音楽祭(ライヴ)
◆Bluray
画面:カラー、16:9、Full HD
1080/60i
音声:PCMステレオ、
DTS-HD Master Audio 5.1
Region All
字幕:英独仏伊西,日本語
190分
◆DVD
画面:カラー、16:9、NTSC
音声:PCMステレオ、
DD5.1,DTS5.1
Region All
字幕:英独仏伊西,日本語
190分
◆Ultra HD Blu-ray
画面:4K(2160p)
ULTRA HD 16:9
音声:PCM Stereo、
DTS-HD Master Audio
(24bit/96kHz:High-Res Audio)
リージョン:All
原語:イタリア語
字幕:英独仏伊西,日本語
190分
2072953(BD):2072954(廃盤)の再発売。 KKC 9761(BD):KKC 9203(廃盤)の再発売。 20 72959(2DVD):2072958(廃盤)の 再発売。 KKC 9762/3(2DVD):KKC 9204(廃盤)の再発売。
2013年からスヴェン=エリック・ベヒトルフの演出で始まったモーツァルトのダ・ポンテ・オペラ三部作の締めくくりとなる「フィガロの結婚」。2015年まで東 京フィルハーモニーSO常任指揮者として日本でもおなじみのダン・エッティンガーが、ザルツブルク音楽祭でオペラ初登場した際の映像です。バレンボイムの 秘蔵っ子として、2003年から2008年までベルリン国立歌劇場カペルマイスター兼音楽監督助手を務めていた俊英です。
モデル並みの恵まれた容姿をもつルカ・ピサローニ、ドラマティックな声と表現力で注目の美人ソプラノ、アネット・フリッチェ、ウィーン国立歌劇場を中心に活躍 するプラハ出身のアダム・プラチェツカ、チューリヒ歌劇場を拠点に古楽でも活躍中のソプラノ、マルティナ・ヤンコヴァ、2012年のウィーン国立歌劇場日本公演で も同役を歌い大絶賛されたマルガリータ・グリシュコヴァなど充実の歌手陣で楽しむことができます。
スヴェン=エリック・ベヒトルフの細部まで丁寧に作りこんだ演出、オーソドックスな中にも洗練された舞台装置で新鮮な印象を与えます。
また本ディスクの特徴として、上演の舞台裏を収めた「デジタル・オペラ・ガイド」を収録。スヴェン=エリック・ベヒトルフによる作品解説をご覧いただけます(日本語字幕付)。

2072955は、2072951(廃盤)の再発売。 KKC 9760:KKC 9202(廃盤)の再発売。 ★4KブルーレイことUltra HD Blu-ray(UHD BD)。大手ハリウッドスタジオが大作映画を続々とUHD BD化し、UHD BDプレイヤーも国内販売が開始さ れ、2016年は「4Kブルーレイ時代」の幕開けとも言われています。その注目のフォーマットにEURO ARTSが挑戦、UHD BD初のオペラ作品がこの度発 売されます。
◆4Kブルーレイとは、CDやDVD、ブルーレイ・ディスクなどと同じ、直径約12cmのディスクメディアです。記録容量は片面2層で最大66GB、片面 3層で最大100GB。従来のブルーレイに採用されている「MPEG-4 AVC/H.264」に比べて約2倍の圧縮効率を実現した映像圧縮方式「HEVC/H.265」 によって、ブルーレイが採用するフルハイビジョン(1920×1080ピクセル)の4倍の解像度(3840×2160ピクセル)の映像を記録することができます。 *再生にはUltra HD Blu-ray対応再生専用プレイヤーが必要です。 (Ki)
EUROARTS
20-72733(Bluray)

20-72739(2DVD)
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

特典映像:ビハインド・ザ・シーンズ
イルデブランド・ダルカンジェロ(バリトン/ドン・ジョヴァンニ)
アネット・フリッチュ(ソプラノ/ドンナ・エルヴィラ)
トマス・コニェチュニー(バス/騎士長)
ヴァレンティーナ・ナフォルニータ(ソプラノ/ツェリーナ)
ルカ・ピサローニ(バス/レポレッロ)
レルケ・ルイテン(ソプラノ/ドンナ・アンア)
アンドリュー・ステイプルズ(テノール/ドン・オッターヴィオ)
アレッシオ・アルドゥイーニ(バス/マゼット)
ウィーン・フィルハーモニアcho
クリストフ・エッシェンバッハ(指)VPO
演出:スヴェン=エリック・ベヒトルフ

収録:2014年8月、ザルツブルク音楽祭(ライヴ)
◆(Bluray)
画 面:カ ラー、16:9、
1080/60i Full HD
音声:PCMステレオ、
DTS-HD MA 5.1
Region All、BD50
字幕:英 独 仏伊 西中
190分
◆DVD
画 面:カ ラー、16:9、N T S C
音声:PCMステレオ、
DTS 5.1
Region All、DVD9
字幕:英 独 仏伊 西中
190分
BD:20.72734(廃盤)の再発売。 DVD:20.72738(廃盤)の再発売。
2013年より開始されたザルツブルク音楽祭新制作のスヴェン=エリック・ベヒトルフ演出によるダ・ポンテ三部作の連続上演。2013 年の『コジ・ファン・トゥッ テ』に続く上演で、2014年は『ドン・ジョヴァンニ』。
この映像で圧倒的な存在感を見せるイルデブランド・ダルカンジェロのドン・ジョヴァンニ。ダルカンジェロは、現在世界で最も人気のあるバス・バリトン歌手 のひとり。ダルカンジェロはこれまでに何度もドン・ジョヴァンニを歌ってきており、分厚い響きと艶やかな歌声、抜群の演技力で聴衆を魅了しています。スヴェ ン=エリック・ベヒトルフの演出は、密会に使われているのはホテルという設定で、時代は読み替えているものの自然な舞台を作り出しています。また他のキャス トも素晴らしく、『コジ』に続いての登場となるルカ・ピサローニは軽妙かつ色気のある美声で好演。まだ20代ながらドラマティックな歌声を持つアネット・フリッ チュ。ドン・ジョヴァンニとの対決で迫力の歌声を聴かせたトマス・コニェチュニーなど若手中心のキャストですが、配役も見事にマッチして聴き応えがあります。 (Ki)

C Major
76-2108(DVD)

76-2204(Bluray)
プッチーニ:オペラ「蝶々夫人」


ボーナス映像:ブレゲンツ音楽祭〜希望と憧れ(監督:イングリッド・ベルテル)
蝶々夫人・・・バルノ・イスマトゥラエワ
スズキ・・・アンナリーサ・ストロッパ
B.F.ピンカートン・・・エドガラス・モントヴィダス
シャープレス・・・ブライアン・マリガン
ゴロー・・・タイラン・ラインハルト
ヤマドリ・・・オマー・コビリャック
ボンゾ・・・スタニスラフ・ヴォロビヨフ
ケート・ピンカートン・・・ハミダ・クリストファーセン
神官・・・ウンステイン・アウルナソン
ブレゲンツ祝祭cho
プラハ・フィルハーモニーcho
ウィーンSO 
エンリケ・マッツォーラ(指)
演出:アンドレアス・ホモキ

収録:2022年7月、ブレゲンツ音楽祭、ライヴ
資格kDVD
画面:16:9,NTSC
音声:PCMステレオ、DTS 5.1
原語:イタリア語
字幕:独、英仏西韓,日本語
ボーナス:独英
総収録時間152分(オペラ:125分/ボーナス:25分)
◆Bluray
画面:16:9,1080i
音声:PCMステレオ、DTS-HD
MA5.1
原語:イタリア語
字幕:独、英仏西韓,日本語
ボーナス:独英
総収録時間152分((オペラ:125分/ボーナス:25分)
湖上のオペラ「ブレゲンツ音楽祭」。オーストリアの西端でドイツとスイスの国境近くに位置するブレゲンツ。裕福な市民の資金が投入され1946年からスタート したこの音楽祭は、ボーデン湖の上に舞台を設置して、伝統的舞台芸術であるオペラと、最先端の技術を融合したスペクタクルなオペラが4週間にわたって上演さ れます。オーケストラや合唱はステージではなく、隣接するホールで演奏し、最新の音響技術で舞台上のソリストとミックスされ、客席に設置されたスピーカーか ら聴衆に届けられます。
今回発売されるのは、なんと!今年の7月に上演されたばかりの演目、チューリッヒ歌劇場の芸術総監督のアンドレアス・ホモキ演出のプッチーニ「蝶々夫人」で す。カタダの舞台芸術家マイケル・レヴィンが担当した「和紙」をイメージした舞台に、繊細な風景画が映し出され、ボーデン湖に日本の風情を感じる不思議な空 間。蝶々夫人には、ウズベキスタン出身の注目の歌手バルノ・イスマトゥラエワを起用。感動的なアリア「ある晴れた日に」を美しく歌い上げています。 (Ki)

BONGIOVANNI
GB-2598(2CD)
ドニゼッティ:歌劇『ポルトガル王ドン・セバスティアン』 ロベルト・ヴォロニエキ(T)、モニカ・ミナレッリ(Ms)、ランダル・ヤコブシュ(Bs)、エットレ・キム(Br)、マリオ・タガドッシ(Br)他
エリオ・ボンコンパーニ(指)
アーヘンSO、
アーヘン歌劇場cho

ライヴ録音:1998年
ドニゼッティ1843年作曲、5幕からなるオペラ『ポルトガル王ドン・セバスティアン』のめずらしい録音です。
BONGIOVANNI
GB-2050(2CD)
マスカーニ:歌劇『ハイという名のお嬢さん』 マルゲリータ・ヴィヴィアン、アメリア・フェッレ、マリナ・ジェンティーレ、マウロ・ニコレッティ他
サンドロ・サンナ(指)
モンテプルチャーノ芸術創作SO、
シンボロン・アンサンブルcho

ライヴ録音:1987年7月24日/モンテプルチャーノ・ポリツィアーノ劇場
廃盤になっていたタイトルが廉価版になって再発売。 ※既発盤(廃盤)と同品番で、バーコードのみが変更となります。

PAN CLASSICS
PC-10439(2CD)
チャイコフスキー:歌劇『イオランタ』


【ボーナス】
チャイコフスキーのオペラに合わせて朗読されるプーシキン『エフゲニー・オネーギン』抜粋(朗読:アーラ・デミドワ)
ベンノ・ショルム(バス;ルネ王)、オルガ・ミキテンコ(ソプラノ;イオランタ)、ピョートル・ベチャワ(テノール;ヴォーデモン)、アンドレイ・グリゴリエフ(バリトン;ロベルト)、ウラディーミル・クラソフ(バリトン;エブン=ハキア)、ロマン・ムラヴィツキー(テノール;アルメリック)、ニコライ・ディデンコ(バス;ベルトラン)、ニーナ・ロマノヴァ(コントラルト;マルタ)、ベッラ・コバノヴァ(ソプラノ;ブリギッタ)、ラリサ・コスチュク(メゾソプラノ;ラウラ)
モスクワ室内cho
ウラディーミル・フェドセーエフ(指) モスクワRSO

録音:2002年3月13日/モスクワ音楽院大ホール
Reliefレーベルから発売され、しばらく入手難になっていたフェドセーエフの『イオランタ』が嬉しい移行再発売。ライヴの感興たっぷりに、深い理解と共にチャ イコフスキー最後のオペラを奏で上げるフェドセーエフの棒に脱帽です。ミキテンコとベチャワの熱演も素晴らしい。 フェドセーエフによるチャイコフスキーのオペラは、同じく移行再発売された『スペードの女王』(PC-10430)も必聴。

ALPHA
ALPHA-877(1CD)
『失われた宝石の数々』 〜19世紀フランス歌劇のコロラトゥーラ秘曲集〜
ヴィクトール・マッセ(1822-1884): 竪琴の歌「何を言っているの? 聞こえたけれど意味が分からない」〜歌劇「ガラテー」(1852)より
マイアベーア:影の歌「淡い影が私についてくる」 〜歌劇「プロエメルのパルドン祭、またはディノーラ」(1859)より
トマ:エリザベートのカヴァティーヌ「またあの人と会うとは!」〜歌劇「夏の夜の夢」(1850)より
アレヴィ:ジャガリタの歌「こちらへ来て、私の頼もしい戦士よ」〜歌劇「インドの娘ジャガリタ」(1855)より
アダン(1802-1856):トワノンの歌「この住処に留まろうと」 〜歌劇「失われた宝石」(1853)より
オーベール:マノンの歌「もう夢に振り回されるのはたくさん」〜歌劇「マノン・レスコー」(1856)より
オーベール:カルロの歌「なんとも不思議な話を聞いたな」〜歌劇「悪魔の取り分」(1843)
マイアベーア:歌劇「北極星」(1854)よりカトリーヌの祈り「彼らをずっと見守っていてください」
舟歌(合唱)「さあ行こう、悲しみはもうたくさん」
トマ:エリザベートの歌「これは夢よ」 〜歌劇「夏の夜の夢」(1850)より
トマ:フィリーヌの独唱とポロネーズ「そう、今日のわたしは妖精の女王」〜歌劇「ミニョン」(1866)より
ジョディ・デヴォス(S)
フランダース放送cho
ブリュッセルPO
ピエール・ブルーズ(指)

録音:2022年2月 スタジオ4、フラジェ、ブリュッセル
イタリアのベルカント作品やワーグナーの楽劇などの傍ら、フランス19世紀のオペラは近年までやや日陰の存在に甘んじていましたが、21世 紀に入って急速に復権が進み、かつてヨーロッパ全域の歌劇世界を牽引した当時の勢いが生々しく思い起こされつつあります。現代蘇演さ れる幻の名作も少なくありませんが、ここではそうした19世紀の知られざる声楽作品の再発見に大きく寄与している新世代の名歌手ジョ ディ・デヴォスの独唱で、オーベール、マイアベーア、トマらをはじめとする重要作曲家たちの作品に盛り込まれた華麗なコロラトゥーラ・ソプラノ のためのナンバーを厳選。中には「ディノーラ」の影の歌のようにモッフォ、サザーランド、ダムラウら新旧の名歌手たちが歌いこなした作品もあり つつ、多くは滅多に録音されない稀少作品ばかり。18世紀の名カストラート、ファリネッリを主人公にしたオーベール「悪魔の取り分」や、バレ エ「ジゼル」の作曲者アダンの秘作でタイトルの元にもなっている「失われた宝石」など、多くは他ではまず聴けない稀少さでありながら、デヴォ スの伸びやかな歌唱もあり、どの曲も第一級のイタリア・オペラにもひけをとらない抜群の存在感で耳を捉えてやみません。ブルーズ率いるブ リュッセル・フィルも、作品の魅力をよく捉えた迫力満点の演奏で好サポートを聴かせます。ロマン派フランス音楽の面白さを再認識させ、未 知の音楽への探求心を改めて掻き立ててくれる1枚です。

Dynamic
DYNDVD-37937(DVD)
NX-D03

DYNBRD-57937(Bluray)
NX-D03
ヴェルディ:歌劇「グスターヴォ3世(仮面舞踏会)」 グスターヴォ3世…ピエロ・プレッティ(T)
アメーリア…アンナ・ピロッツィ(S)
アンカーストレム伯爵…アマルトゥフシン・エンクバット(Br)
ウルリカ…アンナ・マリア・キウーリ(Ms)
オスカル…ジュリアーナ・ジャンファルドーニ(S)
クリスティアーノ…ファビオ・プレヴィアーティ(Br)
リッビング…ファブリツィオ・ベッギ(Bs)
デホルン…カルロ・チーニ(Bs)
司法大臣…クリスティアーノ・オリヴィエーリ(T)
伯爵の召使い…フェデリコ・ヴェルトリ(T)
パルマ王立歌劇場cho
フィラルモニカ・アルトゥーロ・トスカニーニ - オーケストラ・ラプソディ
指揮:ロベルト・アバド
演出:ヤコポ・スピレイ(原案:グラハム・ヴィック)

収録:2021年9月24日 パルマ王立歌劇場(イタリア)
収録時間:144分
音声:イタリア語
PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
国王グスターヴォ3世は、忠臣アンカーストレム伯爵と深い友情で結ばれていますが、伯爵の美しい妻アメーリアに道ならぬ恋情を懐いています。とあるきっ かけで魔女ウルリカの祈祷所でアメーリアも自分への愛に苦しんでいることを立ち聞きした王は大いに喜びます。一方、妻の不貞に気づいた伯爵は、彼女 に自死を命じた後、王の暗殺を企む不満分子らと結び、宮殿で開かれる仮面舞踏会で王の命を狙います… 実在のスウェーデン国王の暗殺事件に題材を取ったヴェルディの歌劇の構想は、当局の厳しい検閲による様々な紆余曲折を経て、当時イギリスの植民 地だったボストンにその舞台を移した「仮面舞踏会」として結実。1859年にローマで初演され、絶賛を浴びました。当盤は、ヴェルディが当初構想した「グ スターヴォ3世」のオリジナルの台本を、音楽学者イラリアナ・リーチが「仮面舞踏会」に適用した比較校訂版スコア(リコルディ全集版)に基づく「グスターヴォ 3世」上演の世界初の映像収録です。 2021年に急逝した舞台監督の名匠グラハム・ヴィックの原案に基づく現代的なタッチで描かれた斬新な舞台(ヤコポ・スピレッティ演出)に、題名役を歌う ピエロ・プレッティの伸びやかな美声と、伯爵役のアマルトゥフシン・エンクバットの重厚な歌唱が見事な対照をなしています。女声陣ではアメーリア役のアン ナ・ピロッツィが愛の悩みをドラマティックに歌い上げ、ウルリカ役のベテラン、アンナ・マリア・キウーリが不気味な雰囲気を醸し出し、オスカル役の新鋭ジュリ アーナ・ジャンファルドーニがチャーミングな歌唱を披露します。優れた歌唱陣とオーケストラをまとめ上げるロベルト・アバドの端正なタクトが、フランスのグラン ド・オペラの様式を消化吸収し、円熟に向かうヴェルディの傑作歌劇を余すところなく描き尽くしています。
Dynamic
CDS-7937(3CD)
NX-D03
ヴェルディ:歌劇「グスターヴォ3世(仮面舞踏会)」 グスターヴォ3世…ピエロ・プレッティ(T)
アメーリア…アンナ・ピロッツィ(S)
アンカーストレム伯爵…アマルトゥフシン・エンクバット(Br)
ウルリカ…アンナ・マリア・キウーリ(Ms)
オスカル…ジュリアーナ・ジャンファルドーニ(S)
クリスティアーノ…ファビオ・プレヴィアーティ(Br)
リッビング…ファブリツィオ・ベッギ(Bs)
デホルン…カルロ・チーニ(Bs)
司法大臣…クリスティアーノ・オリヴィエーリ(T)
伯爵の召使い…フェデリコ・ヴェルトリ(T)
パルマ王立歌劇場cho
フィラルモニカ・アルトゥーロ・トスカニーニ - オーケストラ・ラプソディ
ロベルト・アバド(指)

録音:2021年9月24日 パルマ王立歌劇場(イタリア)
国王グスターヴォ3世は、忠臣アンカーストレム伯爵と深い友情で結ばれていますが、伯爵の美しい妻アメーリアに道ならぬ恋情を懐いています。とあ るきっかけで魔女ウルリカの祈祷所でアメーリアも自分への愛に苦しんでいることを立ち聞きした王は大いに喜びます。一方、妻の不貞に気づいた伯 爵は、彼女に自死を命じた後、王の暗殺を企む不満分子らと結び、宮殿で開かれる仮面舞踏会で王の命を狙います… 実在のスウェーデン国王の暗殺事件に題材を取ったヴェルディの歌劇の構想は、当局の厳しい検閲による様々な紆余曲折を経て、当時イギリスの 植民地だったボストンにその舞台を移した「仮面舞踏会」として結実。1859年にローマで初演され、絶賛を浴びました。当盤は、ヴェルディが当初 構想した「グスターヴォ3世」のオリジナルの台本を、音楽学者イラリアナ・リーチが「仮面舞踏会」に適用した比較校訂版スコア(リコルディ全集版)に 基づく「グスターヴォ3世」上演を収録したものです。 本収録では、題名役を歌うピエロ・プレッティの伸びやかな美声と、伯爵役のアマルトゥフシン・エンクバットの重厚な歌唱が見事な対照をなしていま す。女声陣ではアメーリア役のアンナ・ピロッツィが愛の悩みをドラマティックに歌い上げ、ウルリカ役のベテラン、アンナ・マリア・キウーリが不気味な雰囲 気を醸し出し、オスカル役の新鋭ジュリアーナ・ジャンファルドーニがチャーミングな歌唱を披露します。優れた歌唱陣とオーケストラをまとめ上げるロベ ルト・アバドの端正なタクトが、フランスのグランド・オペラの様式を消化吸収し、円熟に向かうヴェルディの傑作歌劇を余すところなく描き尽くしていま す。

NAXOS
NAX-2.110737(DVD)
NX-C09

NBD-0153V(Bluray)
NX-C09
チレア:歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」 アドリアーナ・ルクヴルール…マリア・ホセ・シーリ(S)
マウリツィオ…マルティン・ミューレ(T)
ブイヨン公爵夫人…クセーニア・ドゥドニコヴァ(Ms)
ブイヨン公爵…アレッサンドロ・スピーナ(Bs)
ミショネ…ニコラ・アライモ(Br)
シャズイユの修道院長…パオロ・アントニェッティ(T)
キノー…ダヴィデ・ピーヴァ(Bs)
ポワソン…アントニオ・ガレス(T)
執事…ミケーレ・ジャンクイント(Bs)
ジュヴノ嬢…キアラ・モジーニ(S)
ダンジュヴィル嬢…ヴァレンティーナ・コロ(S)
フィレンツェ五月音楽祭O&cho
ダニエル・ハーディング(指)
演出:フレデリック・ウェイク=ウォーカー

収録:2021年4月27日、30日 フィレンツェ五月音楽祭歌劇場(イタリア

収録時間:143分
音声:イタリア語
PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・ドイツ語・フランス語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
18世紀初頭、フランス演劇の殿堂コメディ・フランセーズで活躍した大女優アドリエンヌ・ルクヴルールの後半生の実話をもとに、作家スクリーヴが盟友ルグ ヴェとの共作で戯曲化(1849)。歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」は、その戯曲にもとづいたアルトゥーロ・コウラッティの台本にフランチェスコ・チレアが作曲し 1902年にミラノで初演され、好評を博しました。 本作がフィレンツェ五月音楽祭でのオペラの指揮デビューとなるダニエル・ハーディングを迎え、ウルグアイ出身のソプラノ、ホセ・マリア・シーリがその力強い美 声で、芸術家としての誇りと愛の悩みに揺れ動くヒロインの心情を切々と歌い上げます。恋敵のブイヨン公爵夫人役は、これを当たり役とするウズベキスタ ン出身のメゾ・ソプラノ、クセーニア・ドゥドニコワ。ヒロインと丁々発止のやり取りを迫力たっぷりに演じます。二人の女性に愛され戸惑うマウリツィオ役をもの の見事に演じるマルティン・ミューレ、ペーソス溢れる演技歌唱が胸にしみるミショネ役のニコラ・アライモら男声役も実力派を揃えた万全の布陣。フィレンツェ 五月音楽祭のオーケストラと歌唱陣を導くハーディングの俊敏なタクトが、フレデリック・ウェイク=ウォーカーのシックな舞台作りと相まって憂愁を帯びた美し い旋律に溢れるチレアの傑作歌劇を情感豊かに描き尽くします。

LPO
LPO-124(3CD)
ティペット:歌劇『真夏の結婚』

※コヴェント・ガーデンでの上演の際(1968年)に作曲者によって承認された第2幕および第3幕の一部のカットを行って収録されたものです。
ロバート・マレイ(テノール/マーク)
レイチェル・ニコルズ(ソプラノ/ジェニファー)
アシュリー・リッチズ(バス=バリトン/フィッシャー王)
ジェニファー・フランス(ソプラノ/ベラ)
トビー・スペンス(テノール/ジャック)
クレール・バーネット=ジョーンズ(メゾ・ソプラノ/ソソストリス)ほか
エドワード・ガードナー(指)
LPO
ロンドン・フィルハーモニーcho
イングリッシュ・ナショナル・オペラcho

録音:2021年9月25日、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール/BBC収録(ライヴ)
ティペットが16年を費やして完成させた700ページの大規模な作品「真夏の結婚」2021年の上演の録音の登場。LPOの2021/22シーズンの幕開けの公 演で、新首席指揮者、エドワード・ガードナーとの初めての演奏会でもありました。“実に幸先のよいスタート”、“ガードナー、オーケストラ、コーラス、すべてが傑 出しており、忘れがたき公演となった”などと現地でも大絶賛されました。『真夏の結婚』はティペットの初めての大作オペラで、1939年に最初に着想してから戦 争などによる中断を経て完成されました。「オペラの言葉(テキスト)は、音符から離れた時点で生きられなくなるようなものであるべき」、という考えから、自分 でテキストを書き上げました。夏至の一日が舞台で、マークとジェニファーという主人公が様々な困難(すべては幻影の中の出来事)を乗り越えて最後は真実の世 界へと戻る、といった内容で、踊りも大きなウェイトを占めた作品となっています。そして何より繊細さとヴィルトゥオジティが要求されるオーケストラが終始活躍 し、LPOの底力が見事に発揮されています。 (Ki)

C Major
80-7708(2DVD)

80-7804(Bluray)
ヘンデル:歌劇「ジュリオ・チェーザレ」 ベジュン・メータ(ジュリオ・チェーザレ/カウンターテナー)
ルイーズ・アルダー(クレオパトラ/ソプラノ)
クリストフ・デュモー(トロメーオ/カウンターテナー)
パトリシア・バードン(コルネーリア/メゾソプラノ)
ジェイク・アルディッティ(セスト/カウンターテナー)
サイモン・ベイリー(アキッラ/バス=バリトン)
コンスタンティン・デッリ(ニレーノ/カウンターテナー)
ヨニ・エステルスンド(ポンペオ)
アイヴァー・ボルトン(指揮)
ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
演出:キース・ウォーナー
日本語字幕:井内百合子

収録:2021年12月、アン・デア・ウィーン劇場(ライヴ)
◆DVD
画面:NTSC/16:9
音声:PCMステレオ、DTS5.1
DVD9
字幕:英独韓,日本語、183分
◆Bluray
画面:1080i/16:9
音声:PCMステレオ
DTS-HD MA5.1BD50
原語:イタリア語
字幕:英独韓,日本語、183分
1724年ロンドンのキングス・シアターで初演されたヘンデルの「ジュリオ・チェーザレ」(エジプトのジュリオ・チェーザレ)。ジュリオ・チェーザレとは、英語では ジュリアス・シーザーで、あの古代ローマにおける最大の英雄ユリウス・カエサルのこと。物語は、ポンペオを追ってエジプトにやってきたチェーザレ。エジプトは、 クレオパトラとその弟トロメーオによる共同統治を行っていたが、2人の仲は悪く、お互いが相手を蹴落とし王座を狙っていた。という背景で進みます。恋する英雄 チェーザレ。そして最初は自身の権力欲でチェーザレに近づいたものの次第にチェーザレに惹かれるクレオパトラ。壮大な歴史劇をもとに、登場人物それぞれの関 係に様々な思惑が絡みあう、波乱万丈な愛と権力のドラマ。勝利と悲しみ、絶望と幸福、愛と憂鬱、人間の多彩な感情表現を見事に描いたバロック・オペラとして 人気の高い作品です。 今回は、世界的演出家キース・ウォーナーによる演出。エリザベス・テイラー主演の歴史スペクタクル超大作、映画『クレオパトラ』の映像をバロック・オペラに融合 させた革新的な演出。またレベルの高い歌手陣たちが揃い、丁々発止のやりとりも見逃せません。特に現代を代表するカウンターテナー、ベジュン・メータとクリス トフ・デュモー二人の活躍が舞台を一層際立たせて、またルイーズ・アルダーの魅惑的なクレオパトラも必見。そしてアイヴァー・ボルトン(指)ウィーン・コンツェン トゥス・ムジクスが鮮烈な音楽を聴かせ、ヘンデルの音楽の魅力も存分に味わうことができます。 (Ki)

Chandos
"CHACONNE"

CHSA-0406(2SACD)
ヘンデル:歌劇 「ガウラのアマディージ」 HWV.11 クリスティアン・カーニン(指)、アーリー・オペラ・カンパニーO&cho、
メアリー・ベヴァン(S)、ティム・ミード(C.T)、アンナ・デニス(S)、ヒラリー・サマーズ(C.A)、パトリック・テリー(C.T)

録音:2021年11月29日-12月3日、セント・ジュード・オン・ザ・ヒル教会(ハムステッド、ロンドン)
ヘンデルの「セメレ」(CHAN-0745/グラモフォン誌「エディターズ・チョイス」)や「フラーヴィオ」(CHAN-0773/2011年グラモフォン賞ノミネート)、「セルセ」(CHAN-0797/2014年グラモフォン賞ノミネート)、「アルチェステ」(CHAN-0788/2013年BBCミュージック・マガジン賞受賞)、「パルテノーペ」(CHAN-0719)、「エイシスとガラテア」(CHSA0404/2019年BBCミュージック・マガジン賞受賞)など、上質で洗練されたヘンデルの録音で確固たる評価を築いてきたアーリー・オペラ・カンパニー(EOC)。
1994年にクリスティアン・カーニンによって結成されたイギリスの古楽アンサンブルによる約4年ぶりとなるヘンデル録音は、フランスの戯曲「ギリシャのアマディス」を改作した台本を元にロンドン時代のヘンデルが作曲し1715年に初演された3幕のオペラ『ガウラのアマディージ』。魔女や魔法使いが登場しファンタジックでスペクタクルな演出から「魔法オペラ」とも呼ばれる作品群の1つで、音楽の洗練度、演劇のペース、そして4人の異質でありながら魅力的な登場人物たちの関係や感情を完璧なバランスで探求しているという点で、ヘンデルの初期のロンドン・オペラの中でも最高のものと見なされています。

APARTE
AP-290(1CD)
ポリーヌ・ヴィアルド讃
グルック(ベルリオーズ編):「オルフェオとエウリディーチェ」〜私なにを言われたの?〜アムールよ、私の魂に返して
ベッリーニ:「カプレーティとモンテッキ」〜ロメオが息子さんを死に至らしめたなら
マスネ:「マグダラのマリア」〜おお、私の妹よ
アレヴィ:「ユダヤ女」〜あの人が来る!
ロッシーニ:「セビーリャの理髪師」〜今の歌声は心に響く
同:「セミラーミデ」〜序曲/うるわしい光が誘惑する
ドニゼッティ:「ファヴォリータ」〜ちゃんと聞こえる〜いとしいフェルナン/序曲
ベルリオーズ:「トロイアの人々」〜ああ、私は死んでしまうのでしょう〜さようなら、自慢の町よ
グノー:「サッフォー」〜不滅のリラよ
サン=サーンス:「サムソンとデリラ」〜サムソンは私の居場所を求めて〜愛よ私を助けにきて
マリーナ・ヴィオッティ(Ms)
クリストフ・ルセ(指)レ・タラン・リリク

録音:2021年11月27-30日/ジャン=バティスト・リュリ音楽院(ピュトー)
ルセとレ・タラン・リリクがロマン派オペラに挑戦。これまでもグノーの「ファウスト」で新鮮な解釈を見せましたが、今回はベルリオーズ、マスネ、サン=サーンス などイメージから遠い作曲家が並んでいるのが興味津々。ポリーヌ・ヴィアルドゆかりのオペラ・アリアが選ばれていますが、ロッシーニの「セミラーミデ」序曲と ドニゼッティの「ファヴォリータ」序曲という純オーケストラ・ナンバーも味わえます。
ポリーヌ・ヴィアルド(1821-1910)は19世紀フランスの大歌手。ロッシーニに認められ、リストにピアノを師事、ショパンやチャイコフスキーの親しい友人で、 ツルゲーネフと長年同棲。後年は幼いレイナルド・アーンの才能を評価し可愛がるなどパリ音楽史のキーパーソンでもありました。
マイヤベーアの「予言者」、サン=サーンスの「サムソンとデリラ」、グノーの「サッフォー」は彼女のために作曲され、ブラームスの「アルト・ラプソディ」を世界 初演したことでも知られていますが、ベルリオーズの「トロイアの人々」にも積極的に関わり、グルックの「オルフェオ」のベルリオーズによる近代オーケストラ編曲 初演もヴィアルドが出演、聴衆を熱狂させたことが伝説になっています。
それら伝説作品をスイス出身のフランスのメゾ、マリーナ・ヴィオッティがヴィアルドに成り代わり再現。あたかも乗り移ったかのような歌唱を聴かせてくれます。 どの曲も美しいメロディにあふれ、声の魔力とともに圧倒させられます。

MARSTON
MARS-56005-2(6CD)
ヘルベルト・ヤンセン名歌手の肖像
■CD1
「オペラとオペレッタ録音1923-30」(72:55)
(1)ヴェルディ:「リゴレット」―日曜日ごとに教会で/泣きなさい、娘よ
(2)プッチーニ:「蝶々夫人」―さあ私たちの番だ、ここに座りなさい(ドイツ語)
(3)グノー:「ファウスト」―ああ尊いメダルよ/この地を去る前に(ドイツ語)
グノー:「ファウスト」―私の言うことをよく聞きなさい、マルゲリートよ(ドイツ語)
ロルツィング:「刀鍛冶」―君は冷たく私をここから去らせるのか
ロルツィング:「皇帝と船大工」―かつて私は王忽、王冠と星形勲章で戯れた
(4)ワーグナー:「タンホイザー」―君は大胆な歌い方でわれわれに挑戦し
ワーグナー:「タンホイザー」―私はここで彼女が祈っているのを見付けると思った
(5)ワーグナー:「タンホイザー」―君は大胆な歌い方でわれわれに挑戦し
ワーグナー:「タンホイザー」―私がこの高貴な集いをぐるりと見ると
(6)ワーグナー:「タンホイザー」―私はここで彼女が祈っているのを見付けると思った
ワーグナー:「タンホイザー」―死の予感のように夕闇が大地を覆っている/ああお前よ優
しい夕星よ
(7)ワーグナー:「神々の黄昏」―いかなる妖怪の策略が
(8)フィッチー=レーヴェ:「三銃士」―私は君を愛している(アート・フィッチュ、ケイ・フィッチュ、バート・ロウによるIloveyouの編)
フィッチー=レーヴ:「三銃士―君は私の心の中に入り込んで来る
■CD2
「フーゴー・ヴォルフ協会のための録音1932-35/
(1)ヴォルフ:竪琴弾き1:孤独に身をゆだねる者は/竪琴弾き2:戸口へと私は忍び歩きしよう/竪琴弾き3:涙とともにパンを食べたことのない者は/アナクレオンの墓/コフタの歌2:そら、私の助言を聞きなさい
(2)ヴォルフ:それを考えろ、ああ魂よ/祈り/一枚の古い絵に/恋人に/ヴァルトブルク城の見張りの歌
(3)ヴォルフ:隠棲/ビーテロルフ/溜め息/それを考えろ、ああ魂よ/ある結婚式で
(4)ワーグナー:「神々の黄昏」―万歳!万歳!ようこそ/ブリュンヒルデを、気高い女を
ワーグナー:「神々の黄昏」―いかなる妖怪の策略が
(5)ワーグナー:「さまよえるオランダ人」―期限が来た
ワーグナー:「さまよえるオランダ人」―WieausderFerne
■CD3
「ブラームス、シューベルト、シューマンの歌曲1936-38」(68:07)
(1)ブラームス:わが女王、何とあなたはOp.32-9/もはや君のもとへは行かないとOp.32-2/愛の歌Op.71-5/教会の墓地でOp.105-4
(2)シューベルト:セレナーデD957-4
(3)シューベルト:影法師D957-13ジェ(4)シューベルト:ガニュメートD544/道しるべD911-20/宿屋D911-21/ロマンツェD797-3
(5)シューベルト:兵士の予感D957-2
(6)シューベルト:セレナーデD957-4
(7)シューベルト:アトラスD957-8/君の肖像D957-9/街D957-11
(8)シューベルト:影法師D957-13/全能の神D852
(9)シューマン:二人の擲弾兵Op.49-1
(10)シューマン:献呈Op.25-1/蓮の花Op.25-7
■CD4
「ヴォルフ、R.シュトラウスの歌曲1936-38」(52:25)
(1)ヴォルフ:あらゆる美の女神たちでも適わない
(2)ヴォルフ:眠れぬ者の太陽
(3)ヴォルフ:さまよい疲れた者の最後の憩いの地はどこなのか?
(4)ヴォルフ:いつか、いつか、私の想いは/心よ、すべては憩いに向かっている/心の奥深くに私は苦しみを抱えている
(5)ヴォルフ:ああ死よ、来なさい、夜に取り巻かれて
(6)ヴォルフ:狩人
(7)ヴォルフ:恋する者の歌/散歩/眠れる幼児イエス
(8)ヴォルフ:狩人
(9)ヴォルフ:楽士/友
(10)ヴォルフ:休息に、休息に、疲れた四肢よ
(11)R.シュトラウス:黄昏の夢Op.29-1
(12)R.シュトラウス:夜Op.10-3
(13)R.シュトラウス:万霊節Op.10-8
(14)R.シュトラウス:献呈Op.10-1
(15)ヴォルフ:楽士/友
■CD5
「ライヴ録音/タンホイザー、パルジファル、オテロより/グリーグの歌曲」(64:07)
(1)バッハ:ヨハネ受難曲―私の尊い救い主よ
(2)ワーグナー:「ジークフリート」―あなたに平安があるように、賢明な鍛冶師よ!
(3)ワーグナー:「タンホイザー」―私はここで彼女が祈っているのを見付けると思った
ワーグナー:「タンホイザー」―死の予感のように夕闇が大地を覆っている/ああお前よ優しい夕星よ
アルゼンチンブエノスアイレス
(4)ワーグナー:「パルジファル」―だめだ!覆いを外すでない!
ワーグナー:「パルジファル」―そうだ、災いあれ!私に災いあれ!
(5)ヴェルディ:「オテッロ」―同じものをデズデーモナ様の手に見ました/大理石のような空にかけて誓おう!
(6)グリーグ:初めてのサクラソウをOp.26-4(ドイツ語)/挨拶Op.48-1
(7)グリーグ:白鳥Op.25-2/それから私は恋人がほしいOp.60-5
(8)グリーグ:薔薇の季節にOp.48-5/傷ついた者Op.33-3/私はあなたを愛しているOp.5-3
(9)グリーグ:夢Op.48-6/明るい夜Op.70-3
■CD6
「アメリカ録音の歌曲、マイスタージンガー、ワルキューレからの抜粋」(67:06)
(1)シューベルト:郵便馬車D911-13/あなたは安らぎD776
シューマン:間奏曲Op.39-2/春の旅Op.45-2
(2)ブラームス:五月の夜Op.43-2/鼓手の小歌Op69-5
ヴォルフ:アナクレオンの墓/ヴァイラの歌
(3)ヴォルフ:竪琴弾き1:孤独に身をゆだねる者は/竪琴弾き2:戸口へと私は忍び歩きしよう/竪琴弾き3:涙とともにパンを食べたことのない者は/アナクレオンの墓
R.シュトラウス:黒髪を広げておくれOp.19-2
(4)R.シュトラウス:賛歌Op.33-3/巡礼の朝の歌Op.33-4/ツェツィーリエOp.27-2
(5)ワーグナー:「ニュルンベルクのマイスタージンガー」―リラの花が何と柔らかく/―迷いだ、迷いだ!どこも迷いだ!
(6)ワーグナー:「ニュルンベルクのマイスタージンガー」―私の子よ、私はトリスタンとイゾルデの/太陽のように幸せな
(7)ワーグナー:「ワルキューレ」―さらば、勇気ある輝かしい子よ
■CD1
(1)ロッテ・シェーネ(S)、フリッツ・ツヴァイク(指)ベルリン国立O/録音:1927年11月11日ベルリン
(2)マルゲリータ・ペラス(S)、ゼルマー・マイロヴィッツ(指)O/録音:1929年9月24日ベルリン
(3)フリッツ・ツヴァイク(指)ベルリン国立O/録音:1928年4月19日ベルリン
(4)O/録音:1923年12月ベルリン
(5)シジスムント・ピリンツキー(T)、イヴァール・アンドレーゼン(Bs)
カール・エルメンドルフ(指)バイロイト祝祭O/録音:1930年8月23―26日バイロイト
(6)ゼルマー・マイロヴィッツ(指)O/録音:1929年12月13日ベルリン
(7)ナンニ・ラーセン=トドセン(S)、イヴァール・アンドレーゼン(Bs)
レオ・ブレッヒ(指)ベルリン国立O/録音:1928年4月19日ベルリン
(8)イェタ・リュンベリ(S)、エルンスト・ハウケ(指)大演劇場O/録音:1929年10月7日ベルリン
■CD2
(1)コンラート・V.ボス(P)/録音:1932年9月29日
(2)コンラート・V.ボス(P)/録音:1934年9月22日
(3)ミヒャエル・ラウハイゼン(P)/録音:1935年11月4日
(4)フリーダ・ライダー(S)、ルートヴィヒ・ウェーバー(Bs)、トーマス・ビーチャム(指)ロンドンPO/録音:1937年6月14日ロンドン(ライヴ録音)
(5)キルステン・フラグスタート(S)、フリッツ・ライナー(指)ロンドンPO/録音:1937年6月11日ロンドン(ライヴ録音)
■CD3
(1)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1937年6月15日ロンドン
(2)ミヒャエル・ラウハイゼン(P)/録音:1936年11月10日ベルリン
(3)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1937年8月29日ロンドン
(4ジェラルド・ムーア(P)/録音:1938年3月22日ロンドン
(5)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1937年8月29日ロンドン
(6)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1938年11月16日ロンドン
(7)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1937年8月29日ロンドン
(8)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1938年11月17日ロンドン
(9)ミヒャエル・ラウハイゼン(P)/録音:1936年11月10日ベルリン
(10)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1937年6月10日ロンドン
■CD4
(1)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1938年11月17日ロンドン
(2)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1938年11月16日ロンドン
(3)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1938年11月15日ロンドン
(4)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1937年5月20日ロンドン
(5)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1937年6月15日ロンドン
(6)ミヒャエル・ラウハイゼン(P)/録音:1937年2月10日ベルリン
(7)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1938年11月17日ロンドン
(8)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1937年5月20日ロンドン
(9)ジェラルド・ムーア(P)1938年11月16日ロンドン
(10)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1937年5月20日ロンドン
(11)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1937年6月10日ロンドン
(12)3ジェラルド・ムーア(P)/録音:1937年6月15日ロンドン
(13)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1937年6月10日ロンドン
(14)ジェラルド・ムーア(P)/録音:1937年5月20日ロンドン
(15)ピアノ伴奏/録音:1938年12月7日ロンドン
■CD5
(1)エーリヒ・クライバー(指)コロン劇場O,コロン劇場合唱団/録音:1938年9月22日アルゼンチンブエノスアイレス(ライヴ録音)
(2)エーリヒ・ヴィッテ(T)エーリヒ・クライバー(指)コロン劇場O/録音:1938年10月4日アルゼンチンブエノスアイレス(ライヴ録音)
(3)ロベルト・キンスキー(指)コロン劇場O/録音:1943年10月4日アルゼンチンブエノスアイレス
(4)ロベルト・キンスキー(指)コロン劇場O/録音:1943年9月13日アルゼンチンブエノスアイレス
(5)ラウリッツ・メルヒオール(T)1943年8月31日アルゼンチンブエノスアイレス
(6)フランツ・ルップ(P)/録音:1945年6月8日米国ニューヨーク州ニューヨークシティ
(7)フランツ・ルップ(P)/録音:1945年6月13日米国ニューヨーク州ニューヨークシティ
(8)フランツ・ルップ(P)/録音:1945年6月8日米国ニューヨーク州ニューヨークシティ
(9)フランツ・ルップ(P)/録音:1945年6月13日米国ニューヨーク州ニューヨークシティ
■CD6
(1)イグナツ・ストラスフォーゲル(P)/録音:1945年9月17日米国ニューヨーク州ニューヨークシティ
(2)イグナツ・ストラスフォーゲル(P)/録音:1945年9月14日米国ニューヨーク州ニューヨークシティ
(3)アルフレード・アントニーニ(指)CBSSO/録音:1948年2月2日米国ニューヨーク州ニューヨークシティ
(4)バーナード・ハーマン(指)CBSSO/録音:1944年1月26日
(5)ポール・ブライザッハ(指)O/録音:1945年5月31日
(6)ポリーナ・ストスカ(S)、トルステン・ラルフ(T)、ヘルタ・グラーツ(メッゾソプラノ)、ジョン・ガリス(T)、マックス・ルドルフ(指)O/録音:1947年12月7日米国ニューヨーク州ニューヨークシティ
(7)アルトゥール・ロジンスキ(指)ニューヨークPO/録音:1945年11月25日米国ニューヨーク州ニューヨークシティ
ドイツ生まれで後に米国に移住してどちらでも活躍したバリトン、ヘルベルト・ヤンセン(1892―1965)の様々な録音を集め た 6CD。ヘルベルト・ヤンセンはケルンの生まれ。ベルリンで学び、ベルリン国立歌劇場のメンバーとなってワーグナーのバ リトン役で人気バリトンにのし上がる。1930 年代にはバイロイト音楽祭の主要バリトン歌手で、アルトゥーロ・トスカニーニが指 揮した伝説的な「タンホイザー」の上演でヴォルフラムを務めた。しかしヤンセンはナチの台頭を嫌い 1938年にドイツを離 れ、まず南米で、それから北米で活動、メトロポリタン歌劇場などで活躍した。トスカニーニはまた演奏会歌手として歌曲歌 手としても素晴らしい実力の持ち主だった。時代柄ワーグナー歌手として名を馳せたヤンセンだが、柔らかい美声としなや かな歌い口で幅広いレパートリーを誇り、この 6CD にはその全貌が見て取れます。ちなみに 1927 年の「リゴレット」の二重唱 は、ドイツ人歌手によるベルリンでの録音にもかかわらずイタリア語で歌われているという時代を先取りしたもの。

NAXOS/映像作品
NAX-2.110731(DVD)
NX-C09

NBD-0150V(Bluray)
NX-C09
リムスキー=コルサコフ:歌劇「金鶏」 ドドン王…ドミトリー・ウリヤノフ(Bs)
シェマハの女王…ニーナ・ミナシャン(S)
星占い師…アンドレイ・ポポフ(T)
アメルファ…マルガリータ・ネクラソワ(Ms)
ポルカン大臣…ミーシャ・シェロミャンスキ(Bs)
アフロン王子…アンドレイ・ジリコフスキー(Br)
グヴィドン王子…ヴァシリー・エフィモフ(T)
金鶏の声…マリア・ナザロワ(S)
金鶏…ヴィルフリート・ゴノン(俳優)
リヨン国立歌劇場O&cho
ダニエーレ・ルスティオーニ(指)
演出:バリー・コスキー

収録:2021年5月18日、20日 リヨン国立歌劇場、フランス
収録時間:128分
音声:ロシア語
PCMステレオ2.0/DTS 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
このリヨン歌劇場の新制作「金鶏」は、二人の鬼才、バリー・コスキー(演出)とルーフス・ディドヴィシュス(舞台美術)のコンビによる諷刺と諧謔味に溢れるユ ニークな舞台。あたかもドドン王の心象風景を視覚化したかのような荒涼とした草原を、奇怪な風体の人物たちが横行。ドミトリー・ウリヤノフは、その恰幅 の良さと美声のバスで浮世離れしたドドン王役を見事に演じ、王を籠絡するシェマハの女王役ニーナ・ミナシャンの妖艶な演唱も見ものです。新鋭ダニエー レ・ルスティオーニのタクトが、音楽が進むにつれ万華鏡のようにその色合いを変える緻密で芳醇なリムスキー=コルサコフ音楽を鮮やかにまとめ上げていま す。

Opus Arte
OA-1351D(DVD)
NX-D09

OABD-7302D(Bluray)
NX-D09
ヤナーチェク:歌劇「イェヌーファ」 イェヌーファ…アスミク・グリゴリアン(S)
ブリヤばあさん…エーレナ・ジリオ(A)
コステルニチカ…カリタ・マッティラ(S)
シュテヴァ・ブリヤ…サイミール・ピルグ(T)
ラツァ・クレメニュ…ニッキー・スペンス(T)
ヤノ…ジャリツァ・ヴェリス(S)
製粉所の親方…デヴィッド・スタウト(Br)
バレナ…エイプリル・コイェジョ=オーディガー(S)
羊飼いの女…アンジェラ・シムキン(Ms)
村長…ジェレミー・ホワイト(Bs)
村長の妻…ヘレーネ・シュナイダーマン(Ms)
カロルカ…ジャクリーン・スタッカー(Ms) 他
コヴェント・ガーデン王立歌劇場O&cho
ヘンリク・ナナシ(指)
演出:クラウス・グート

収録:2021年10月2日、9日 コヴェント・ガーデン王立歌劇場(ロンドン)
収録時間:139分
音声:チェコ語
LPCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD)
LPCMステレオ2.0/DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
舞台は19世紀末、モラヴィア地方の寒村。信心深い継母コステルニチカと暮らす村一番の美女イェヌーファは、製粉所を営むブリヤ家の異母兄弟、遊び 人のシュテヴァと生真面目なラツァの二人から想いを寄せられています。イェヌーファがシュテヴァになびくと、嫉妬にかられたラツァはイェヌーファに迫り思わずナ イフで彼女の頬を傷つけてしまいます。しばらくして継母コステルニチカは、イェヌーファが密かに出産したシュテヴァの子は死んでしまったと彼女に告げます… ヤナ-チェク3番目のオペラとして作曲され1904年ブルノで初演された「イェヌーファ」。モラヴィアの閉鎖的な村社会と人間関係から引き起される悲劇を描 いたガブリエラ・プライソヴァーの戯曲を元に、ヤナーチェクがモラヴィア語(チェコ語の一方言)の響きと抑揚を生かして台本を書き、作曲した彼のオペラの代 表作として知られています。 近年ザルツブルク音楽祭、バイロイト音楽祭に登場しその名を馳せる、アスミク・グリゴリアン(イェヌーファ役)は、この舞台がコヴェント・ガーデンへのデビュー。 隠れた主役ともいえる継母コステルニチカに大ヴェテラン、カリタ・マッティラ。ブリヤ家の兄弟、シュテヴァ役にその美声と舞台姿で世界中の歌劇場から引く 手あまたのサイミール・ピルグ、ラツァ役にヤナーチェクの『消えた男の日記』で2020年、英グラモフォン賞(ソロ・ヴォーカル部門)を受賞したニッキー・スペン ス、という豪華な配役。クラウス・グートの演出は、登場人物たちの心理的な葛藤と閉塞感をステージに可視化、ハンガリー出身の俊英ヘンリク・ナナシが 切れの良いリズムと情趣に溢れるヤナーチェックの音楽を色彩豊かに紡ぎ出します。

MARCO POLO
MAR-8.225378(3CD)
NX-D03
ジークフリート・ワーグナー:歌劇「すべては小さな帽子のせい」 Op.11 ニュルンベルク・フィルハーモーcho
PPPミュージック・シアター・アンサンブル・ミュンヘン
カルロヴィ・ヴァリSO
デイヴィッド・ロバート・コールマン(指)

録音:2019年8月8-9日
リヒャルト・ワーグナーとコジマ・リストの長男として生まれたジークフリート・ワーグナー。もともとは建築家を志していた ものの、父に倣い作曲家に転向。フンパーディンクに師事し作曲を学びました。指揮者としても素晴らしい能力を発 揮、バイロイト音楽祭でも演奏、演出の両面で大活躍しています。父とは違い温厚な性格であったことが知られ、 その作品も大言壮語ではなく、おとぎ話などを題材にした親しみやすいものが多く、作品数は40以上にのぼります。 この「すべては小さな帽子のせい」は1915年に作曲された11番目の歌劇。あらすじはグリム兄弟をはじめとした 様々なおとぎ話から採られており、物語の実質的な主人公はカテリーズヒェン(小さなカテリーズ)とフリーダーが担って います。オペラのあらすじは前奏曲で示され、また主人公たちのライト・モティーフも用いられるなど、凝った書法で書 かれています。 ※既発のDVD(2.220006、2015年収録)とは別の音源です。

MARSTON
MARS-52077-2(2CD)
イナ・スパーニ全録音集
(+補遺)ジャンニーナ・アランジ・ロンバルティ/ヴェルディのアリア集


「イナ・スパーニ(S)全録音集」
●COLUMBIA GRAPHOPHONE COMPANY 録音:
ヴェルディ:「仮面舞踏会」〜私は死にましょう/「アイーダ」〜ああ私の祖国よ
マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」〜お前がここに、サントゥッツァ/いいえ、トゥリッドゥよ
プッチーニ:「マノン・レスコー」〜この柔らかなレースの中で
 「トスカ」〜歌に生き、愛に生き/「蝶々夫人」〜ある日見るでしょう
ジョルダーノ:「アンドレア・シェニエ」〜死んだ母は

●THE GRAMOPHONE COMPANY, LTD
(1)ロッシーニ:「ギヨーム・テル」〜暗い森(イタリア語)
(2)ワーグナー:「ローエングリン」〜悲しい日々に一人(イタリア語)
(3)ワーグナー:「ローエングリン」〜そよ風よ、私の嘆きを聞いておくれ(イタリア語)
(4)グノー:「ファウスト」〜彼は私を愛している
(5)ヴェルディ:「仮面舞踏会」〜けれど乾いた茎から
(6)ヴェルディ:「トロヴァトーレ」〜穏やかな夜
(7)ヴェルディ:「トロヴァトーレ」〜愛は薔薇色の翼に乗って
(8)ヴェルディ:「オテッロ」〜あなたが追放の生活を語った時
(9)ヴェルディ:「オテッロ」〜彼女は寂しい荒野で歌いながら泣いている(柳の歌)
(10)マスネ:「マノン」〜さようなら、私たちの小さなテーブルよ(イタリア語)
(11)レオンカヴァッロ:「道化師」〜私の運命を決めてくれ/いや、あなたは私を愛していないのだ
(12)プッチーニ:「マノン・レスコー」〜この柔らかなレースの中で
(13)プッチーニ:「ボエーム」〜あなたの愛の呼ぶ声に
(14)プッチーニ:「トスカ―「トスカ」〜歌に生き、愛に生き
(15)プッチーニ:「蝶々夫人」〜お前よ、小さな偶像よ
(16)カタラーニ:「ワリー」―ではここから遠くに行きましょう
(17)カッチーニ:アマリッリ/チャンピ:少女/A.スカルラッティ:もしフロリンドが誠実なら
(18)パラディエス:あのせせらぎ/パリゾッティ(伝ペルゴレージ):もしあなたが私を愛して
(19)ティリンデッリ:ああ春よ
(20)ブラームス:子供の為の民謡集WoO31〜眠りの精(イタリア語)
(21)ブラームス:昔の恋Op.72-1(イタリア語)
(22)ドヴォルザーク:ジプシーの歌Op.55〜弦の調子をあわせて/〜鷹の翼はタトラの峰高く
(23)グラナドス:分別あるマホ/ニン:山に住む人
(24)ウガルテ:祝日/ブチャルド:馬車引きの歌
(25)オブラドス:クーロ・ドゥルセの唄

■補遺
「ジャンニーナ・アランジ・ロンバルディの歌うヴェルディのアリア集」
(26)ヴェルディ:「トロヴァトーレ」〜恋は薔薇色の翼に載って
(27)ヴェルディ:「運命の力」〜天使の中の聖処女よ
(28)ヴェルディ:「仮面舞踏会」〜私は死にましょう
(29)ヴェルディ:「第1回十字軍のロンバルディア人たち」〜―聖処女よ、私はあなたに願います/―マリア様、お救いください!/もし祈りが無駄ならば
(30)ヴェルディ:「アイーダ」〜ここにラダメスが来るだろう/ああ青い空もO
イナ・スパーニ(S)
ジャンニーナ・アランジ・ロンバルディ(S)


●COLUMBIA GRAPHOPHONE COMPANY 録音:
共演:パオロ・マジーニ(T)録音:1924年イタリアミラノ

(1)カルロ・サバイーノ(指)スカラ座O/録音:1931年7月7日
(2)管弦楽伴奏/録音:1928年4月10日
(3)カルロ・サバイーノ(指)スカラ座O/録音:1927年3月15日イタリアミラノ
(4)カルロ・サバイーノ(指)スカラ座O/録音:1928年4月3日
(5)カルロ・サバイーノ(指)スカラ座O/録音:1927年3月11日
(6)カルロ・サバイーノ(指)スカラ座O/録音:1927年3月15日ミラノ
(7)カルロ・サバイーノ(指)スカラ座O/録音:1928年4月10日
(8)ジョヴァンニ・ゼナテッロ(T)カルロ・サバイーノ(指)スカラ座O/録音:1926年11月8日,12月3日
(9)カルロ・サバイーノ(指)スカラ座O/録音:1928年4月3日
(10)カルロ・サバイーノ(指)スカラ座O/録音:1929年5月3日ミラノ
(11)アポッロ・ジャンフォルテ(Br)カルロ・サバイーノ(指)スカラ座O/録音:1927年3月12日ミラノ
(12)カルロ・サバイーノ(指)スカラ座O/録音:1927年3月10日
(13)カルロ・サバイーノ(指)スカラ座O/録音:1927年3月12日ミラノ
(14)カルロ・サバイーノ(指)スカラ座O/録音:1929年5月3日ミラノ
(15)カルロ・サバイーノ(指)スカラ座O/録音:1929年5月6日ミラノ
(16)カルロ・サバイーノ(指)スカラ座O/録音:1928年4月3日
(17)ジーノ・ナストルッチ(指)弦楽合奏団/録音:1929年7月1日ミラノ
(18)ジーノ・ナストルッチ(指)二重の五重奏団(double quintet)/録音:1930年4月14日ミラノ
(19)カルロ・サバイーノ(指)スカラ座O/録音:1931年4月14日
(20)ジーノ・ナストルッチ(指)二重の五重奏団/録音:1930年4月15日ミラノ
(21)ジーノ・ナストルッチ(指)二重の五重奏団/録音:1930年4月22日ミラノ
(22)ジーノ・ナストルッチ(指)室内O/録音:1929年7月1日ミラノ
(23)ジーノ・ナストルッチ(指)二重の五重奏団/録音:1930年5月2日ミラノ
(24)ジーノ・ナストルッチ(指)二重の五重奏団/録音:1930年4月17日ミラノ
(25)ジーノ・ナストルッチ(指)二重の五重奏団/録音:1930年4月22日ミラノ


■補遺
(26)O/録音:1927年4月30日
(27)O,合唱団/録音:1926年3月6日
(28)O/録音:1933年12月7日
(29)O/録音:1933年12月9日
(30)O/録音:1928年11月14,15日
イナ・スパーニは 1890年、アルゼン チン、ブエノスアイレス近郊のプアンの生まれ。本名はイヒニア・トゥニャン。幼くして歌の才能を発揮し、ブエノスアイレスで 学んだ後、ミラノに留学。1915年にミラノのスカラ座に初出演。1920 年代にはイタリア各地と南米でプリマドンナとして大活躍 をした。1924年にプッチーニが亡くなった時には、ミラノでの追悼式典でスパーニはアルトゥーロ・トスカニーニの指揮で歌っ ています。1928年には偉大なネリー・メルバの故郷オーストラリアでの楽旅に同行しています。イタリアでは 1935年まで活動し、 主要なプリマドンナをあらかた歌った。またイタリア人歌手とは異なり、歌曲にも積極的に取り組んだ。残念ながらロンドンを 含めた英語圏であまり活躍することがなく、そのため実力に見合った国際的名声を受けられなかった。スパーニの声は中音 域ではやや古めかしさも感じられるが、太く力強い声のまま輝かしい高音を鳴り響かせ、しかもそこに透明感すら感じられ る、極めて優れたもの。加えて知的な表現力にも長けています。この CD を聞けば、これほどのプリマドンナがなぜ半ば埋もれ てしまったのか、誰でも不思議に思うでしょう。 余白に収録されているジャンニーナ・アランジ・ロンバルディ(1891-1951)は、スパーニとほぼ同世代のイタリアのソプラノ。彼 女は当時のイタリアを代表するプリマドンナとして絶大な人気を誇り、SP の時代でありながらヴェルディ「アイーダ」、マスカー ニ「カヴァレリア・ルスティカーナ」、ポンキエッリ「ジョコンダ」、ボーイト「メフィストーフェレ」といった歌劇の全曲録音を残し たほど。その力強い声はまさにヴェリズモ時代のプリマドンナの栄光そのもの。お得意のヴェルディのアリアが聞ける。なお 彼女の姓はしばしばアランジ=ロンバルディ Arangi-Lombardi と繋げられて表記されるが、アランジ・ロンバルディ Arangi Lombardi が正しいという。

ORFEO DOR
C-220051(1CD)
NX-A13
世紀の名歌手/ジョージ・ロンドン
オッフェンバック:歌劇「ホフマン物語」より(ドイツ語歌唱)
1. 第2幕:きらめけ、ダイヤモンドよ
2. 第3幕:もう歌わないのですか? - ああ!なんという声なのですか
チャイコフスキー:歌劇「エフゲニー・オネーギン」 Op. 24より(ドイツ語歌唱)
3. 第1幕:あなたは私に手紙を書きました
4. 第3幕:オネーギンさま、どうぞお立ちください
ボロディン:歌劇「イーゴリ公」より
5. 第2幕:眠りも安らぎもなく
ヴェルディ:歌劇「アイーダ」より
6. 第3幕:お前のところに重大な用件があってやってきたのだ、アイーダよ
ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」より
7. 第3幕 第3場:私の犯したことは、そんなにも恥ずべきことでしたか?
8. 第3幕 第3場:さらばだ・・・勇敢で立派な我が子よ!「ヴォータンの告別」
ジョージ・ロンドン(Bs-Br)
テレサ・シュティッヒ=ランダル(S)…2
マリア・フォン・イロスヴァイ(Ms)…2
ヴァレリー・バク(S)…4
アストリッド・ヴァルナイ(S)…6,7
リヒャルト・クラウス(指)…1、3、4
ルドルフ・モラルト(指)…2
ヘルマン・ヴァイゲルト(指)…5-8
バイエルンRSO

録音:1953-1956年(ライヴ)
MONO
※C502001DRの再発盤
短いキャリアの中で世界の歌劇場を席巻したバス・バリトン歌手ジョージ・ロンドン(1920-1985)のライヴ録音集を再発売。 ロシア系ユダヤ人移民の子としてカナダに生まれたジョージ・ロンドンは、後に家族で移住したアメリカで本格的に歌唱を学び、ロサンゼルスを拠点に活 躍。米国内では国民的スター歌手の人気を得ます。ヨーロッパでも1949年にデビューを果たすとセンセーショナルな成功をおさめ、ウィーン国立歌劇 場やバイロイト音楽祭に繰り返し招かれました。「ボリス・ゴドゥノフ」題名役や「アイーダ」アモナズロは特に人気を博しましたが、レコード・ファンにはクナッ パーツブッシュが指揮した伝説的な「パルジファル」1962年盤のアンフォルタスも馴染み深いでしょう。声帯に持病のあったロンドンは1960年代後半に 舞台から退き、後進の育成やアメリカにおける歌劇芸術の向上に注力しました。 彼の絶頂期となった1953年から56年の名唱を収めたこのアルバムは、2000年に発売されると批評家やファンから絶賛され、アストリッド・ヴァルナイと のヴェルディとワーグナーは「衝撃的」とBBCミュージック・マガジンで高く評価されました。

WERGO
WER-687(1CD)
怒りの妄想 〜夢と妄想の祭典
ハリー・パーチ(1901-1974):怒りの妄想
〈第1幕〉アンサンブル・ムジークファブリーク(合唱) アルバン・ウェスリー(巡礼者-殺した者)
ブルース・コリングス(幽霊-殺された者) カール・ロスマン(殺された者の息子)
〈第2幕〉マルコ・ブラウ(聾のホーボー) アンサンブル・ムジークファブリーク(合唱;村人たち)
クリスティーネ・チャップマン(山羊飼いの老婆) アクセル・ポラス(盲聾の正義者)
メルヴィン・プーア(音楽家) マルコ・ブラウ(声) 渡邉理恵(子供)
アンサンブル・ムジークファブリーク
ハイナー・ゲッベルス(演出)

録音:2015年3月3‐6日ケルン、ムジークファブリーク・スタジオ
オクターヴを43音に分けた独自の微分音階を発案、数々の珍奇な楽器を造った作曲家ハリー・パーチ(1901-1974)。まず先に表現したい強烈なアイデ アがあり、それを実現するために楽器や舞台を新しく調達し構築していくという創作手法で独自の世界を切り拓きました。そのアメリカ前衛音楽のカリスマ的存 在が1966年に書き上げたシアター・ピース『怒りの妄想』は、規模・内容ともにパーチ芸術の集大成とされる大作。1969年のロサンゼルス初演は米コロ ンビアによって録音されマニア御用達の奇盤として知られています。半世紀を経ての新録音の登場は大注目に値する事件と言ってよいでしょう。
ヨーロッパ初演は時をおいて2013年。ドイツの現代芸術祭〈ルール・トリエンナーレ〉の開幕公演として、芸術祭監督ハイナー・ゲッベルスの演出と、 WERGOでおなじみ腕利き現代音楽演奏集団〈ムジークファブリーク〉によって披露されました。この時に楽器を新規で再構築したため以降も上演が可能になり、 歴史的怪作の現代における華麗な復活としておおいに話題になりました。そして2015年7月には同じ組み合わせでリンカーンセンター・フェスティバルにて再 演。そのタイミングで製作されたのがこのCDです。
ブックレットに掲載されたカラー写真からは、舞台装置と一体化するように配置された微分音楽器たちの真に奇抜的な存在感が味わえます。この数多の打楽器 たちが乱舞する強烈なサウンドに彩られた『怒りの妄想』は、楽器の製作と習得だけでも相当な時間を要する作品。この難物に臆することなく果敢に挑んだ音 楽家たちが創りあげた、とことん刺激的な世界に痺れます。
『怒りの妄想』は序と2つの幕からなり、序は「The Beginning of a Web」というタイトル。もちろん作曲当時はインターネットもない時代なので〈WEB =蜘蛛の巣状のネットワーク〉という意味合い。第1幕では日本の能楽『敦盛』が、第2幕ではエチオピアの民話『正義』が物語の下敷きになっていて、ど ちらも他者への怒りにとらわれるもそれは無益であり最後には和解へと至る、という筋書きを辿ります。パーチ自身の創作と外界との軋轢が描かれているのかも しれません。また作曲家自身も経験した「ホーボー(放浪労働者)」が登場するのもパーチ作品らしい特徴です。 (Ki)

FONE
SACD-006(1SACD)
オペラへの招待
1. マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」より 間奏曲
2. ロッシーニ:「セヴィリアの理髪師」より 今の歌声は
3. プッチーニ:「ジャンニ・スキッキ」より 私のお父さん
4. プッチーニ:「マノン・レスコー」より この柔らかなレースの中で
5. ヴェルディ:「リゴレット」より 慕わしい人の名は
6. プッチーニ:「ラ・ボエーム」より 私の名はミミ
7. ヴェルディ:「運命の力」より 神よ、平和を与えたまえ
8. ドニゼッティ:「アンナ・ボレーナ」より Al dolce guidami
9. プッチーニ:「蝶々夫人」より 坊やの母さんは
10. プッチーニ:「ラ・ボエーム」より ムゼッタのワルツ
11. プッチーニ:「トゥーランドット」より 氷のような姫君も
12. プッチーニ:「トスカ」より 歌に生き、愛に生き
13. ヴェルディ:「椿姫」より ああ、そはかの人か
14. ヴェルディ:「シチリアの晩鐘」より 愛する友よ
15. チレア:「アドリアーナ・ルクヴルール」より 私は慎ましい僕
16. プッチーニ:「つばめ」より ドレッタの美しい夢
ライナ・カバイヴァンスカ(ソプラノ、4,7,9,12,15)、
カルメラ・レミージョ(ソプラノ、3,6,8,11,14)、
パトリツィア・チョーフィ(ソプラノ、2,5,10,13,16)、
カメラータ・ストゥルメンターレ・ディ・サンタ・チェチーリア、
レオーネ・マジエラ(指)

録音:1999年9月、ローマ(イタリア)
ブルガリアのソプラノ歌手ライナ・カバイヴァンスカはマリア・カラスに憧れイタリアに留学、その後1961年にはスカラ座へデビューし、メトロポリタン歌劇場、ウィーン国立歌劇場など世界の主要な歌劇場に出演、特にヴェルディとプッチーニを得意としました。1981年、1982年にはザルツブルク音楽祭でヘルベルト・フォン・カラヤンと共演しています。その後もイタリアを中心に演奏活動を行い、教育者としても活躍しました。
イタリアのソプラノ歌手カルメラ・レミージョは、1992年にルチアーノ・パヴァロッティ国際コンクールで優勝し一躍世界から注目される存在となりました。クラウディオ・アバドやロリン・マゼール、リッカルド・ムーティなど多くの巨匠と共演を果たしており、BPOのジルヴェスター・コンサートにも出演しています。
イタリアのソプラノ歌手パトリツィア・チョーフィは、1989年にフィレンツェでデビュー、1997年にはリッカルド・ムーティの指揮による「椿姫」でスカラ座に出演、その後もウィーン国立歌劇場、パリ・オペラ座など主要な歌劇場で活躍、また2005年にグラミー賞を獲得したヤーコプス指揮「フィガロの結婚」にも出演しています。

CPO
CPO-555133(2CD)
NX-D11
ロルツィング:歌劇「提督」 カテリーナ・フォン・フランクライヒ…アネット・フリッチュ(S)
ベティ…ラヴィニア・ダメス(S)
エドゥアルド…ユリア・ゾフィー・ワーグナー(S)
ハインリヒ…ベルンハルト・ベルヒトルト(T)
リヒャルト…ジョナサン・ミッキー(Br)
マルティン・ブラジウス(Bs)
アンドレアス・ヒルトライター (T)
マティアス・エットマイアー (Bs) 他
バイエルン放送cho
ミュンヘン放送O
ウルフ・シルマー(指)

録音:2019年11月15-17日
イングランドの王位継承者ハインリヒは執務に飽き飽きしており、今日も「提督に行く」といって誕生パーティから逃 げ出しました。もちろん「提督」というのは酒場の名前ですが、彼の妻カテリーナはすべてお見通しです。そして「提 督」でさんざん飲み食いしたハインリヒは財布を忘れたことに気が付き、自身の指輪を店主に渡しますが… 2011年に録音された歌劇「レジーナ」(777710)に続く、ロルツィングの珍しい歌劇の登場です。 「ロシア皇帝と船大工」、もしくは「ウンディーネ」で知られるドイツの作曲家ロルツィングは、生前絶大なる人気を 誇り、その作品はワーグナーにも影響を与えるほど高く評価されるだけではなく、脚本家、俳優、歌手、指揮者と しても広く知られていました。この「提督」は彼の10作目の歌劇であり、台本も作曲家自身の手によるものです。 1847年ウィーンで作曲され、同年ライプツィヒで初演されたこの作品は「ロジーナ」と同じように政治、労働者を主 題とする当時の社会を深く見据えた問題作ですが、、残念なことにしばらくして舞台から姿を消し、やがて完全に 忘れ去られてしまいました。作品にはロルツィングが崇拝していたモーツァルトの影響がところどころに現れており、と りわけソロや合唱の場面では、超絶技巧が用いられた妙技を聴くことができます。 モーツァルト作品を得意とするアネット・フリッチュら、魅力的な歌手を揃えた上演です。

Dynamic
DYNDVD-37951(DVD)
NX-D03


DYNBRD-57951(Bluray)
NX-D03
ヴェルディ:歌劇「ファルスタッフ」 サー・ジョン・ファルスタッフ…ニコラ・アライモ(Br)
フォード(アリーチェの夫)…シモーネ・ピアッツォーラ(Br)
フェントン…マシュー・スウェンソン(T)
ドクター・カイウス…クリスティアン・コッリア(T)
バルドルフォ(ファルスタッフの従者)…アントニオ・ガレス(T)
ピストーラ(ファルスタッフの従者)…ジャンルカ・ブラット(Bs)
アリーチェ・フォード…アイリーン・ペレス(S)
ナンネッタ(アリーチェの娘)…フランチェスカ・ボンコンパーニ(S)
クイックリー夫人…サラ・ミンガルド(A)
メグ・ペイジ…カテリーナ・ピーヴァ(Ms)
フィレンツェ五月音楽祭O&cho
イョン・エリオット・ガーディナー(指)
演出:スヴェン=エリク・ベヒトルフ

収録:2021年11月23日、フィレンツェ五月音楽祭歌劇場(イタリア)
収録時間:143分
音声:イタリア語
PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
このスヴェン=エリク・ベヒトルフ演出によるフィレンツェ五月音楽祭歌劇場での「ファルスタッフ」新演出版上演時には、終演後に拍手が鳴りやまず、最後の フーガを繰り返したとのこと。またファルスタッフを歌ったニコラ・アライモをはじめ、他の歌手たちにも称賛が送られました。アメリカ出身のアイリーン・ペレスとヴェ テラン、サラ・ミンガルトら、重要な役回りである4人の女性陣の歌唱も特筆もの。そして何より素晴らしいのは、この作品を得意とするジョン・エリオット・ガー ディナーの指揮。ガーディナーにはこれまでにも1998年にオルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティークを指揮しての録音がありますが、こちらのフィレン ツェ五月音楽祭Oとの演奏も、合唱団も含め、細かいところにまで目が行き届いた素晴らしい仕上がりを誇ります。

NAXOS
NAX-2.110713(DVD)
NX-C09

NBD-0144V(Bluray)
NX-C09
ヴァインベルク(1919-1996):歌劇「パサジェルカ(女旅行者)」 リーザ…シャミリア・カイザー(Ms)
ヴァルター…ヴィル・ハルトマン(T)
マルタ…ナージャ・ステファノフ(S)
タデウス…マルクス・ブッター(Br)
カーチャ…テティアーナ・ミユス(S)
クリスティーナ…アントニア=コスミナ・スタンク(Ms)
ヴラスタ…アンナ・ブルー(Ms)
ハンナ…マライケ・ヤンコフスキ(Ms)
イヴェット…ジークリンデ・フェルトホーファー(S)
ブロンカ…ヨアンナ・モトゥレヴィチ(Ms)
老女…スク・ジュ(S)
1番目のSS将校…イヴァン・オレシュチャニン(Br)
2番目のSS将校…デイヴィッド・マクシェイン(Bs)
3番目のSS将校…マルタン・フルニエ(T)
老旅客…コンスタンティン・スフィリス(Bs)
看守長…ウシ・プラウツ(俳優)
リーザ(老女)…イザベラ・アルブレヒト(俳優)
カポ…ヴィクトリア・リードル(俳優)
給仕…アドリアン・ベルテリー(俳優) 他
グラーツ歌劇場cho
グラーツPO
ローラント・クルティヒ(指)
演出:ナジャ・ロシュキー

収録:2021年2月11日12日、グラーツ歌劇場(オーストリア)

収録時間:143分
音声:ドイツ語・ポーランド語・フランス語・チェコ語・ヘブライ語・ロシ
ア語・英語
PCMステレオ2.0/AC3surround(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS Master Audio Surround5.1 (Blu-ray)
字幕:日本語・英語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region

DVD…片面二層ディスク
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
同内容のCD…CAPRICCIO C5455(2枚組)
第ニ次世界大戦中、アウシュヴィッツの強制収容所で働いていたリーザ。戦争が終わって彼女は外交官夫人となり、ブラジルへ赴く船上の人となります こで出会った女性「マルタ」の風貌は、強制収容所でガス室送りになった女性と瓜二つ。当時の悪夢のような生活を思い出したリーザは、少しずつ精 変調をきたし、過去の幻影に苛まれていきます。 強制収容所からかろうじて生還したこの物語の原作者ポスムイシの体験は、自らの家族全てを迫害で失ったヴァインベルクの体験とも重なるもので、 とっても切実な内容であったのでしょう。ショスタコーヴィチの助言を受けながら、彼は1年でこの歌劇を書き上げます。しかし結局この作品はソビエト時 上演されることはなく、彼の死後、10年を経てモスクワにて演奏会形式での上演が実現し、2010年にようやくブレゲンツ音楽祭で世界初の舞台上演 なされました。 この映像は2021年にグラーツ歌劇場での上演を収録したもの。ナジャ・ロシュキーの演出は舞台全体を暗い灰色に設定し、ブラジルへと向かう定期 で巻き起こる元アウシュビッツの看守リーザとポーランド人の囚人マルタの胸中にわきあがる激しい感情とその葛藤を丁寧に描いていきます。作品冒頭 しいティンパニの連打が波乱の物語を予感させるとともに、ふとしたきっかけから狂気へと至るリーザを歌うカイザーの表現力豊かな歌唱が聴きどころです 2020年からグラーツ歌劇場の音楽監督を務めるローター・クルティヒは、1990年代にカンマーアンサンブル・ノイエ・ムジーク・ベルリンで現代音楽を専 振ってきた指揮者。全体を隙なくまとめています。

NAXOS/映像作品
NAX-2.110728(DVD)
NX-C09

NBD-0148V(Bluray)
NX-C09
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」 ロドルフォ…ディエゴ・トーレ(T)
ミミ…マリータ・ソルベルグ(S)
マルチェッロ…ワシリー・ラデューク(Br)
ムゼッタ…ジェニファー・ローリー(S)
コッリーネ…ジョヴァンニ・バッティスタ・パローディ(Bs)
ショナール…エスペン・ラングヴィク(Br)
ベノワ/アルチンドーロ/パルピニョール/税官吏/死神
…スワイン・エリク・サグブローテン(T)
ノルウェー国立歌劇場cho&児童cho
ノルウェー国立歌劇場O
アイヴィン・グッルベルグ・イェンセン(指)
演出:ステファン・ヘアハイム

収録:2012年1月31日、2月4日 オスロ・オペラハウス(ノルウェー)
収録時間:118分
音声:イタリア語
PCMステレオ2.0/DTS Digital Surround 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/ DTS-HD Master Audio
Surround5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
Electric Picture
EPC01(DVD) / EPC02(Blu-ray)のレーベル移行盤
鬼才ヘアハイムの演出によるこの上演は、舞台を現代の病院の集中治療室に置き換え、オペラの開幕と同時に患者のミミが息を引き取るとるという驚くべ き設定です。恋人ミミの死を受け入れることができないロドルフォはその場で過去の記憶の中に逃避、ミミとの出会いから別れ、そして彼女の死までを幻想 の中で追体験するプロセスを経てようやく恋人の死を受け入れます。ノルウェー出身の指揮者アイヴィン・グッルベルグ・イェンセンのタクトに導かれたプッチー ニの情感豊かな音楽に乗って迫真の歌唱を繰り広げるロドルフォ役のディエゴ・トーレ、伸びやかな美声で幻想のミミを歌い上げるマリータ・ソルベルグ、そし て友人のボヘミアンたち(本演出では医師や看護師に擬せられています)に配された実力派の歌手陣の演技歌唱が見事です。とりわけ死神の化身とし て物語の複数の脇役を演ずるスワイン・エリク・サグブローテンの演技が強い印象を残します。

KLARTHE
KLA-040(1CD)
ルイ・ベイツ:歌劇『La S.A.D.M.P.』(サシャ・ギトリの作品に基づく)
(1)Ouverture
(2)Mon coeur bat !
(3)Ne touchez pas a ce bouton !
(4)Je n'connais rien d'plus agacant
(5)Nous etions la bien avant vous...
(6)Ciel ! Taisez-vous ! J'entends sa voix !
(7)Les cartes a jouer sont de belles images
(8)N'ai-je pas l'air d'une cartomancienne
(9)J'ai une idee que je trouve tres bonne !
(10)Savez-vous ce qu'on appelle une Societe Anonyme
(11)a Responsabilite Limitee ?
(12)Hue !
イサベル・ドゥルエ(Ms)、
ジェローム・ビリー(T)
マティアス・ヴィダル(T)
トーマ・ドリエ(Br)
ドミニク・コテ(Br)、
アヴィニョン=プロヴァンス地方O、
サミュエル・ジャン(指)

録音:2015年3月30日-4月1日/アヴィニョン歌劇場(フランス)
フランスを代表する劇作家サシャ・ギトリ(1885-1957)の作品に基づきルイ・ベイツ(1895-1953)が作曲した歌劇『La S.A.D.M.P.』。この作品は30歳、40歳、60歳、80歳の4人の紳士が娼婦とのいざこざを繰り広げる喜劇でベイツのセンスの良さを感じさせます。ソリストにはバリトン歌手でコメディアンと しても活躍するドミニク・コテなどが歌っております。仏ディアパソン・ドール5受賞ディスク。 (Ki)

SUPRAPHON
SU-4307(2CD)
マリエ・ポドゥヴァロヴァー、スタジオ録音全集(1939-1950)

(1)チェコ民族復興期の歌曲
ヨセフ・オンドジェイ・ノヴォトニー(1778-1856):「広い野原に立つりんごの木」
ヴァーツラフ・ヨセフ・ローゼンクランツ(1797-1861):「生まれ故郷のボヘミアで」
ヘジュマン・スクシヴァン(1802-?):「チェコ人は親切な国民です」
(2)ドヴォルザーク:歌劇『ジャコバン党員』より第2幕「わたしたちは外国を彷徨しました」
(3)ドヴォルザーク:歌劇『悪魔とカーチャ』より第3幕「何て館の中は寂しいのかしら」
(4)ドヴォルザーク:歌劇『ルサルカ』より第2幕「あなたの瞳には」
(5)ドヴォルザーク:歌劇『アルミーダ』より第2幕「おお、心よ、この動悸を静めておくれ」
(6)フィビフ:歌劇『メッシーナの花嫁』より第2幕「そうなのか?...ああ、どうして忘れたのだろう...」
(7)フィビフ:歌劇『メッシーナの花嫁』より第3幕「ドン・セザール!...ざまあみろ!」
(8)フィビフ:『シャールカ』より第2幕「私が美しいというのですか?」
(9)フィビフ:『シャールカ』より第2幕「あなたはなんと美しいのでしょう」
(10)ヤナーチェク:歌劇『イェヌーファ』より第2幕「たまには」
(11)ノヴァーク:歌劇『カルルシュテイン』より第3幕「喉が渇いたわ、私の愛しい人」
(12)ノヴァーク:歌劇『カルルシュテイン』より第3幕「私のカルレ!…私のエリシュコ!」
(13)スメタナ:歌劇『ダリボル』より第1幕「日が暮れてしまった」*
(14)スメタナ:歌劇『ダリボル』より第1幕「なんということでしょう、私の心は嵐に包まれている」
(15)スメタナ:歌劇『ダリボル』より第2幕「私はどうずればよいのか?」
(16)スメタナ:歌劇『ダリボル』より第2幕「私はどうずればよいのか?」
(17)スメタナ:歌劇『ダリボル』より第2幕「ああ、愛といういいようのない幸せ」
(18)スメタナ:歌劇『ダリボル』より第2幕「ああ、愛といういいようのない幸せ」
(19)スメタナ:歌劇『二人のやもめ』より第1幕「囚われの身となりし我が心よ...」
(20)スメタナ:歌劇『二人のやもめ』より第2幕「私は一人で支配する」
(21)スメタナ:歌劇『二人のやもめ』より第2幕「ああ、なんと残酷な憎しみが私の心を苦しめるのだろう」
(22)スメタナ:歌劇『二人のやもめ』より第2幕より「奥様」
(23)スメタナ:歌劇『二人のやもめ』より第2幕「ああ、なんて美しい日なのか」
(24)スメタナ:歌劇『悪魔の壁』より第3幕「ああ、愛の神よ」
(25)スメタナ:歌劇『リブシェ』より第1幕「永遠の神々」
(26)スメタナ:歌劇『リブシェ』より第1幕「永遠の神々」
(27)スメタナ:歌劇『リブシェ』より第1幕「この百姓ども」
(28)スメタナ:歌劇『リブシェ』より第3幕「彼来る!」
(29)スメタナ:歌劇『リブシェ』より第3幕「ようこそ、名誉ある花嫁様」
(30)スメタナ:歌劇『リブシェ』より第3幕「ねえ、不屈のヴィシェフラドゥ(高い城)」
(31)スメタナ:歌劇『リブシェ』より第3幕「強力な神々」
マリエ・ポドゥヴァロヴァー(S)

(1)ヨセフ・ボフスラフ・フェルステル(P)
録音:1948年プラハ
(2)ヤン・コンスタンチン(Br)、プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1940年プラハ
(3)プラハ国立劇場O、ズデニェク・ハラバラ(指)
録音:1941年プラハ
(4)インジフ・ブラジチェク(T)、プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1940年プラハ
(5)プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1940年プラハ
(6)プラハ国立劇場O、ヤロスラフ・クロムホルツ(指)
録音:1950年プラハ
(7)マリエ・ポドゥヴァロヴァー(ソプラノベアトリーチェ)、マルタ・クラーソヴァー(アルトドンナ・イザベラ)、イヴォ・ジーデク(テノールドン・セザール)、アントニーン・ヴォタヴァ(テノールボヘムンド)、ヤロスラフ・ヴェヴェルカ(バスカエターン)、カレル・カラシュ(バスディエゴ)、ミラダ・イラースコヴァー(ソプラノパノシュ)、プラハ国立劇場cho、プラハ国立劇場O、ヤロスラフ・クロムホルツ(指)
録音:1950年プラハ
(8)プラハ国立劇場cho、
プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1944年プラハ
(9)ヤロスラフ・グレイフ(T)、プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1942年プラハ
(10)プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1941年プラハ
(11)ズデニェク・オタヴァ(T)
プラハ国立劇場O、フランティシェク・シュクヴォル(指)
録音:1949年プラハ
(12)ズデニェク・オタヴァ(T)
プラハ国立劇場O、フランティシェク・シュクヴォル(指)
録音:1949年プラハ
(13)プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1942年プラハ
(14)シュテパーンカ・イェリーンコヴァー(S)プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1942年プラハ
(15)プラハSO、ズデニェク・フォルプレフト(指)
録音:1939年プラハ
(16)プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1945年プラハ
(17)ヤロスラフ・ヤロシュ(T)、プラハSO、ズデニェク・フォルプレフト(指)
録音:1939年プラハ
(18)ヨセフ・オタカル・マサーク(T)、プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1943年プラハ
(19)インジフ・ブラジチェク(T)、マリア・タウベロヴァー(S)ルジェク・マンダウス(Bs)、プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1940年プラハ
(20)マリア・タウベロヴァー(S)、プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1941年プラハ
(21)インジフ・ブラジチェク(T)、プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1940年プラハ
(22)インジフ・ブラジチェク(T)、プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1940年プラハ
(23)プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1940年プラハ
(24)プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1943年プラハ
(25)プラハSO、ズデニェク・フォルプレフト(指)
録音:1939年プラハ
(26)プラハ国立劇場O、オタカル・イェレミアーシュ(指)
録音:1945年プラハ
(27)プラハ国立劇場O、カレル・ネドバル(指)
録音:1947年プラハ
(28)プラハ国立劇場O、フランティシェク・シュクヴォル(指)
録音:1949年プラハ
(29)プラハ国立劇場cho、プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1944年プラハ
(30)スタニスラフ・ムジュ(Br)、プラハ国立劇場O、ルドルフ・ヴァサータ(指)
録音:1944年プラハ
(31)マリエ・ポドゥヴァロヴァー(ソプラノリブシェ)、ヤルミラ・マラー(ソプラノクラサヴァ)マルタ・クラーソヴァー(アルトラドゥミラ)、ヨセフ・ヴォイタ(テノールシュチャーフラフ)ヨセフ・クジカヴァ(ラドヴァン)、ヤロスラフ・ヴェヴェルカ(ルトボル)プラハ国立劇場cho、プラハ国立劇場O、オタカル・イェレミアーシュ(指)
録音:1945年プラハ

*=原盤劣化が激しく一部お聞き苦しい箇所がございます。
20世紀チェコを代表するソプラノ、マリエ・ポドゥヴァロヴァーが2022年に歿後30年を迎えました。ポドゥヴァロヴァーは1937年から1978年までプラ ハ国立劇場で長いキャリアを積んだオペラ歌手。1938年にはヴァーツラフ・ターリヒ指揮でスメタナの『リブシェ』のリブシェ役、『ダリボル』のミラダ役、『二人 のやもめ』のアネシュカ役など眩いばかりの輝きを放った歌声で注目されました。また、ドヴォルザークのオペラ『ルサルカ』やヤナーチェクの『イェヌーファ』など でも印象的な歌声を披露しています。当CDは1939年から1950年にかけてのスタジオ録音全集で初CD化の貴重な内容となっています。なかでも1950年 のポドゥヴァロヴァーの最後のスタジオ録音は未発表だっただけに要注目。フィビフの『メッシーナの花嫁』からの一場面でベアトリーチェを歌っています。
名エンジニア、ヤクブ・ハドラバによる2022年最新リマスタリング。原盤劣化のため一部お聞き苦しい箇所がございますが、非常に貴重な音源の復刻の意義か らCD化を決定しました。またブックレットにはポドゥヴァロヴァーの写真に加えディスコグラフィも掲載。資料的価値十分の内容となっています。 (Ki)

Profil
PH-22038(2CD)
エディション・シュターツカペレ・ドレスデン〜ザルツブルク復活祭音楽祭2021
ワーグナー:ワルキューレ第1幕
神々の黄昏〜夜明け/ジークフリートのラインへの旅/ジークフリートの葬送音楽/ブリュンヒルデの自己犠牲

■ボーナス・トラック(ゲネプロより)
(5)「夜明け」の木管群のリハーサルの初め(3分41秒)
(6)リハーサルの終わり(1分24秒)
ジークリンデ、ブリュンヒルデ:アーニャ・カンペ(S)
ジークムント:ステファン・グールド(T)
フンディング:ルネ・パーペ(Bs)
クリスティアン・ティーレマン(指)
シュターツカペレ・ドレスデン

録音:2021年10月31日ザルツブルク大祝祭劇場(ライヴ)
2021年4月に予定されながら、新型コロナウィルスの影響で中止となったザルツブルク復活祭音楽祭。規模を縮小して10月末からの開催となりました。これ は10月31日にザルツブルク大祝祭劇場で行われたコンサートをORFが収録したもので、ティーレマンが手兵シュターツカペレ・ドレスデンを率いてワーグナーの 「ワルキューレ」を披露しています。
ザルツブルク復活祭音楽祭は1967年にカラヤンが創設し、2013年からはティーレマンが芸術監督を務めています。2017年には創立50周年に「ワルキュー レ」を上演、C majorレーベルよりDVDで発売されています。
今回は「ワルキューレ」第1幕をアーニャ・カンペのジークリンデ、ステファン・グールドのジークムント、ルネ・パーペのフンディングによる演奏会形式上演。さ らに「神々の黄昏」のオーケストラ・ナンバー3曲と、アーニャ・カンペの独唱で「ブリュンヒルデの自己犠牲」まで存分に堪能させてくれます。終演後の嵐のよう 喝采が聴衆の熱狂ぶりを伝えてくれます。
興味深いのが、Disc2の最後にボーナス・トラックとして、ゲネプロの模様を2箇所楽しめます。リハーサルの終わりにティーレマンが「あなたたちはワーグナー から逃れられない」と言っているのが象徴的。60ページを超えるフルカラーのブックレットも充実。久々に充実したワーグナー演奏に触れることができます。

Urania Records
WS-121399(2CD)
ヴェルディ:歌劇「マクベス」 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(マクベス/バリトン)、エレナ・スリオティス(マクベス夫人/ソプラノ)、ニコライ・ギャウロフ(バンコー/バス)、ルチアーノ・パヴァロッティ(マクダフ/テノール)、リッカルド・カシネッリ(マルコム/テノール)、ヘレン・ローレンス(マクベス夫人の侍女/ソプラノ)、レイモンド・マイヤーズ(医師/バス)、アンブロジアン・オペラcho、ワンズワース少年cho、ランベルト・ガルデッリ(指)、LPO

録音:1970年、ロンドン/STEREO/ADD
Deccaによって1970年に制作されたヴェルディの「マクベス」をウラニア・レコーズが復刻しました。このアルバムは、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウのマクベスを始めとして、歌手陣の豪華さは目を見張るものがあります。Deccaが誇る伝説の名ソプラノ、エレナ・スリオティスのマクベス夫人に加え、若き日のルチアーノ・パヴァロッティやニコライ・ギャウロフといった当時全盛期を迎える二人の美声も冴えわたっています。また、指揮はイタリア・オペラ、その中でも特にヴェルディの演奏で知られたランベルト・ガルデッリが務め、当時のDeccaの熱の入れようが窺えるキャスティングとなっています。

Signum Classics
SIGCD-713(2CD)
ヘンデル:歌劇 「カイオ・ファブリッチョ」 HWV A9(原曲:ハッセ、他/現代スコア&パート改訂:ブリジット・カニンガム) ブリジット・カニンガム(指)、ロンドン・アーリー・オペラ、フルール・バロン(ピッロ/メゾ・ソプラノ)、モーガン・ピアース(カイオ・ファブリッチョ/バス)、ミリアム・アラン(セスティア/ソプラノ)、アンナ・ゴルバチョワ=オーグルヴィ(ヴォルシオ/ソプラノ)、ハナー・ポールソム(ビルセンナ/メゾ・ソプラノ)、ヘレン・チャールストン(トゥーリオ/メゾ・ソプラノ)、ジェス・ダンディ(チーネア/アルト)

録音:2021年9月1日-5日、オール・セインツ教会(ロンドン、イギリス)
イギリスの女流チェンバリストでありオペラ指揮者、音楽学者のブリジット・カニンガムが率いるロンドン・アーリー・オペラ。「イタリアのヘンデル」、「ヴォクソールのヘンデル」、「アイルランドのヘンデル」など、様々な角度でヘンデルと同時代の音楽を取り上げてきたスペシャリストたちによるヘンデル・プロジェクト最新盤は、ヨハン・アドルフ・ハッセの初期のオペラ(1732年作)を元に、ヴィンチ、ポッラローロ、アルビノーニ、セリット、レーオなど、様々な作曲家による18世紀ナポリの素晴しいアリアを取り入れ、ヘンデルがドラマティックなレチタティーヴォを作曲し全体をまとめ上げたパスティッチョ・オペラ 「カイオ・ファブリッチョ」。1733年ロンドンで初演された作品

Orlando Records
OR-0050(1CD)
レクリエーション
J・シュトラウス:喜歌劇「ヴェネツィアの一夜」序曲
プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」より「私のお父さん」
ビゼー:歌劇「カルメン」より「闘牛士の歌」
ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・シュネル「冬の楽しみ」 Op.121
J・シュトラウス:ワルツ「春の声」
ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」より「私は町の何でも屋」
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」より「お手をどうぞ」
ドリーブ:バレエ「シルヴィア」より「ピチカート」
レハール:喜歌劇「メリー・ウィドウ」より「唇は語らずとも」「さあ、マキシムへ行こう」、
 ワルツ「金と銀」
J・シュトラウス:喜歌劇「こうもり」より「無垢な田舎娘を演じる時は」
ロベルト・シュトルツ:行進曲「ウィーンからの挨拶」 Op.898
テオフィル・アンサンブル・ウィーン、
テレーザ・グラプナー(S)、
ダニエル・シュムッツハルト(Br)
クラシックの名曲を、全く新しい室内楽編曲版で愉しむ!このアルバムでは、シェーンベルクと彼の私的演奏協会の伝統を受け継ぎ、ウィーン・フィルの首席ホルン奏者ヨーゼフ・ライフがすべての曲を室内楽編成用に再設計し、小さなスペースでも演奏できるよう見事な編曲を行っています。これまでに数えきれないほど演奏されたであろう作品に全く新しい視点を見出し、「縮小の贅沢」を施すことで、濃密で親密なリスニング体験を可能にしているのです。

Relief
CR-1930(2CD)
ロッシーニ:歌劇『ひどい誤解』(ドイツ語版)

■ボーナストラック
SRF所蔵のカレーラス、カバリエ他のロッシーニ:オペラ・アリア集(5曲)
クリスティナ・ラキ(エルネスティーナ)
エルヴィラ・ロレンツィ(ロザリア)
モリス・モーガン(ガンベロット)
リヒャルト・ベデル(ブラリッキオ)
ウィリアム・ピリー(エルマンノ)
ギュンター・エルマー(フロンティーノ)
エワルド・ケルナー(指)
ベルン市立SO

録音:1973年6月14日ベルン放送スタジオ(SRF収録)
ロッシーニが19歳で書いた最初期のオペラ作品『ひどい誤解』の、ドイツ語版「MitListzumZiele」初CD化音源です。この録音は1973年にベルン劇場で行われた公演の後に、その流れでドイツ語スイス放送DRS(現SRF)で収録されたもの。SRFに残されているロッシーニのオペラ・アリア音源から5曲をボーナストラックとして併録しています。 (Ki)

C Major
80-6308(DVD)

80-6404(Bluray)
カタラーニ:歌劇「ラ・ワリー」 イザベラ・マトゥーラ(ワリー )
レオナルド・カパルボ(ハーゲンバッハ)
ジャック・インブライロ( ゲ ル ナ ー )
アラステア・マイルズ(シュトロミンガー)
ソフィア・ヴィニック( アフラ )
イロナ・レヴォルスカヤ(ワルター )
ゾルターン・ナジ(老兵士)
ウィーンSO
アンドレス・オロスコ=エストラーダ(指)
アルノルト・シェーンベルクcho
演出:バルボラ・ホラーコヴァー・ヨリー

収録:2021年11月アン・デア・ウィーン劇場(ライヴ)

◆DVD
画面:NTSC 16:9
音声:PCMステレオ,DTS5.1
リージョン:All
DVD9
字幕:独英韓,日本語
原語:イタリア語、135分

◆Bluray
画面:1080i 16:9FullHD
音声:PCMステレオ,
DTS-HD MA5.1
リージョン:All
BD50
字幕:独英韓,日本語
原語:イタリア語、135分
19世紀イタリアの作曲家アルフレード・カタラーニの代表作であり最後のオペラ「ラ・ワリー」。上演の機会は少ないですが、第1幕のアリア「さ ようなら、ふるさとの家よ(Ebben? Ne andro lontana)」は単独で歌われることも多く、広く知られています。また名指揮者トスカニーニは、このオペラのヒ ロインの名を取って、自分の娘をワリーと名づけているほど、カタラーニを高く評価していました。
1892年1月20日にミラノ・スカラ座で初演。しばしばヴェリズモ・オペラに分類されますが、むしろワーグナーやドイツ・ロマン主義や同時代のマスネのオペラ に影響が感じられ、オーケストラは色彩豊かな楽器編成とニュアンスのあるハーモニーを奏でます。カタラーニは、当時「カルパティアのナイチンゲール」と呼ばれ たルーマニアのソプラノ歌手ハリクレア・ダルクレのためにタイトルロールを書き下ろしました。彼女はプッチーニの<トスカ>の初演時にもタイトルロールを歌っ ています。本上演では、ポーランド出身のイザベラ・マトゥーラが力強く演じています。そしてカタラーニのドラマティックな音楽を見事に表現するのは、アンドレ ス・オロスコ=エストラーダ率いるウィーンSO。
原作のウィルヘルミーネ・フォン・ヒレルンの小説『禿鷹のワリー』(1873年)は、当時のジェンダー規範には当てはまらない若い女性の物語。彼女の唯一の友 は飼いならされた禿鷹。父親からはチロルの厳しい自然の中で少年のように育てられたワリーは、妥協を許さない性格で、父親が愛してもいない男と結構させよ うとするも、当時の他のオペラのヒロインとは異なり、それには従わず山へ逃げ込むという強い意志を持っていました。またカタラーニは、冒頭のエーデルワイスの 歌以外は、舞台となったスイス・チロル地方の風景や風俗を音楽で描くことはせずに、人間の感情的な過程を細やかに描いています。
本上演は、チェコ出身のバルボラ・ホラーコヴァー・ヨリーによる演出。アルプスの残酷なまでの寒さと厳しさを映像で描き、アルプスの山々を鉄骨の足場で表 現。第4幕のワリーが空想の世界に没頭する場面では、現実と虚構の境目が曖昧となるような冷たく残酷な風景を描き出しています。 (Ki)

C Major
76-1404(Bluray)
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 サミュエル・レイミー(バリトン/ドン・ジョヴァンニ)
アンナ・トモワ=シントウ(ソプラノ/ドンナ・アンナ)
パータ・ブルシュラーゼ(バス/騎士長)
ユリア・ヴァラディ(ソプラノ/ドンナ・エルヴィラ)
フェルッチョ・フルラネット(バス/レポレロ)
キャスリーン・バトル(ソプラノ/ツェルリーナ)
アレクサンダー・マルタ(バス=バリトン/マゼット)
イェスタ・ヴィンベルイ(テノール/ドン・オッターヴィオ)
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指)
VPO、ウィーン国立歌劇場cho
演出:ミヒャエル・ハンペ
芸術総監督:ヘルベルト・フォン・カラヤン

収録:1987年7月、ザルツブルク音楽祭(ライヴ)
画面:4:3、1080i
音声:PCMステレオ、DTS5.1
BD50
リージョン:All
原語:イタリア語
字幕:独英仏韓,日本語
20世紀の大指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンによる、1987年ザルツブルク音楽祭でのモーツァルトの歌劇「ドン・ジョヴァンニ」のライヴ映像が画質・ 音質共に向上し、ブルーレイとなってリリースします。 カラヤンが芸術総監督となり入念の準備の元、ミヒャエル・ハンペ演出、クラウス・ヴィラー映像監督、そして万全の歌手陣で上演されました。ドン・ジョヴァ ンニには、アメリカの名バス歌手サミュエル・レイミー。ドンナ・アンナには、カラヤンに重用されたブルガリア出身のソプラノ、アンナ・トモワ=シントウ。他 にも、ドラマティックな声を持つハンガリーで生まれの名ソプラノ、ユリア・ヴァラディ(ドンナ・エルヴィラ)。現代を代表するバス歌手として活躍するフェルッチョ・ フルラネット(レポレロ)。アメリカが生んだ天才ソプラノ歌手キャスリーン・バトル(ツェルリーナ)などオペラ史には欠くことのできない名歌手揃い。 晩年のカラヤンの神々しい指揮姿からも目が離せない、伝説の映像は必見です。
C Major
76-1908(6DVD)

76-2004(3Blu-ray)
アレーナ・ディ・ヴェローナ・ボックス


■BD1/DVD1,2
ヴェルディ:歌劇「イル・トロヴァトーレ」

■BD2/DVD3,4
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

■BD3/DVD5,6
アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭2019オペラ・ガラ〜プラシド・ドミンゴ50周年記念
ヴェルディ:『ナブッコ』『マクベス』『シモン・ボッカネグラ』ハイライト
■BD1/DVD1,2
アンナ・ネトレプコ(レオノーラ/ソプラノ)、ユシフ・エイヴァゾフ(マンリーコ/テノール)、ルカ・サルシ(ルーナ伯爵/バリトン)、ドローラ・ザジック(アズチェーナ/メゾ・ソプラノ)、リッカルド・ファッシ(フェルランド/バス)、エリザベッタ・ツィッツォ(イネス/ソプラノ)、カルロ・ボージ(ルイス/テノール)、ダリオ・ジョルジェーレ(老ロマ/バス)、アントネッロ・セロン(使者/テノール)、
ピエル・ジョルジョ・モランディ(指)アレーナ・ディ・ヴェローナO&cho、同バレエ団
演出&舞台:フランコ・ゼッフィレッリ
収録:2019年7月4日、7日アレーナ・ディ・ヴェローナ(ライヴ)
原語:イタリア語
字幕:独英仏西韓,日本語
■BD2/DVD3,4
アレーナ・ディ・ヴェローナO&cho
ステファノ・モンタナーリ(指)
カルロス・アルバレス(ドン・ジョヴァンニ)、ラファウ・シヴェク(騎士団長)、イリーナ・ルング(ドンナ・アンナ)
サイミール・ピルグ(ドン・オッターヴィオ)、マリア・ホセ・シーリ(ドンナ・エルヴィーラ)、アレックス・エスポージト(レポレッロ)、クリスティアン・セン(マゼット)、ナタリア・ローマン(ツェルリーナ)
映像監督:アンドレア・ベヴィラクア
演出・装置:フランコ・ゼフィレッリ
収録:2015年7月、アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭(ライヴ)
ボーナス:メイキング映像
原語:イタリア語
字幕:英独仏韓,日本語
■BD3/DVD5,6
プラシド・ドミンゴ(ナブッコ、マクベス、シモン・ボッカネグラ)、アンナ ピロッツィ(アビガイッレ、マクベス夫人、アメーリア・グリマルディ)、アルトゥーロ・チャコン=クルス(イズマエーレ、マクダフ、ガブリエーレ・アドルノ)、マルコ・ミミカ(ザッカリア、ヤーコポ・フィエスコ)、ジェラルディーヌ・ショベ(フェネーナ)、カルロ・ボージ(アブダルロ、マルコム)、エリザベッタ・ジッツォ(アンナ)、ロマーノ・ダル・ゾーヴォ(バール神の祭司、医者)、ロリー・ガルシア(侍女)、ジョルディ ベルナセル(指)アレーナ・ディ・ヴェローナO&cho・バレエ団

収録:2019年8月、アレーナ・ディ・ヴェローナ(ライヴ)
原語:イタリア語
字幕:独英仏西韓,日本語
◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ、DTS5.1
リージョン:All
DVD9、498分
◆Bluray
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、DTS-HDMA5.1
リージョン:All
BD50、498分
イタリア世界遺産ヴェローナの夏の風物詩と言えばアレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭。古代ローマ時代に造られた屋外闘技場の跡地「アレーナ・ディ・ヴェローナ」を会場とした世界最大規模の野外オペラ・フェスティバルです。毎年夏、10週間に渡って行われ、街の中心にある「アレーナ」の収容人数は16,000人を誇ります。1913年から開催され、その歴史は100年以上。マリア・カラスをはじめ、オペラ界のスターがこの舞台に立ち、世界中のオペラファンを魅了しています。当ボックスは、これまでリリースされた3つの名上演映像をまとめたもので、音楽祭の近年の魅力が凝縮されています。
まず、2019年アレーナ・ディ・ヴェローナでのライヴから、ネトレプコとエイヴァゾフの夫婦共演で話題になったゼフィレッリの名プロダクション「イル・トロヴァトーレ」。ゼフィレッリはオリヴィア・ハッセー主演の映画『ロミオとジュリエット』の監督としても知られ、その『ロミオとジュリエット』の舞台でもあるヴェローナでの上演です。しかしゼフィレッリは音楽祭開幕直前の2019年6月15日に逝去。96歳でした。レオノーラを歌うネトレプコ。彼女のドラマティックな声質、技巧的なフレーズもなんなく歌いこなし最高に美しく響く声は、まさに理想的。そして豊かな声量、舞台上での抜きんでた存在感のエイヴァゾフが歌うマンリーコ。さらにゼフィレッリのずば抜けたスケールの舞台演出は壮大なヴェローナの野外劇場を大きな感動で包み込みます。また、野外劇場ながら、歌手の歌声をマイクなしで楽しめるアレーナ・ディ・ヴェローナの音響の良さも必聴。イタリアオペラの真髄である旋律と声の饗宴を最高の布陣で味わうことができます。
そして、同じく名匠フランコ・ゼフィレッリの演出2015年アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭での絢爛豪華なモーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」。音楽祭としては珍しくモーツァルトの作品となりました。ゼフィレッリの演出は、バロック風の豪華な宮殿を配した装置と伝統的な演出で、作品を純粋に楽しむことができます。ドン・ジョヴァンニ役のカルロス・アルバレスは、朗々たる歌声で聴衆を魅了、ポーランド出身のバス歌手ラファウ・シヴェクの騎士団長も、迫力のある歌唱で存在感を出しています。そしてドンナ・アンナ役のイリーナ・ルングは、恵まれた容姿と美声で会場を沸かせています。また、ステファノ・モンタナーリの雄弁な音楽作りが、迫力ある歌唱陣と絢爛豪華な演出と見事に調和しています。卓越した発想と手腕で一時代を築いた名匠フランコ・ゼフィレッリの演出を存分に堪能することができます。
最後に、プラシド・ドミンゴの音楽祭出演50周年となった2019年の記念ガラ・コンサート。『ナブッコ』『マクベス』『シモン・ボッカネグラ』ハイライトで、タイトルロールを歌うのはもちろんドミンゴ。近年、テノールからバリトンへの転向で世間を驚かせ、ヴェルディ・バリトンの役を徐々に広げているドミンゴらしいプログラムです。共演者もイタリア出身の女性ソプラノ歌手アンナ・ピロッツィ、メキシコ生まれの中堅テノール歌手、アルトゥーロ・チャコン=クルスと、華やかな布陣でドミンゴの記念の年をお祝いしています。 (Ki)

仏Bel Air
BAC-165(2DVD)
NX-D03

BAC-465(Bluray)
NX-D03
ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」 トリスタン…アンドレアス・シャーガー(T)
マルケ王…ステファン・ミリング(Bs)
イゾルデ…アニヤ・カンペ(S)
クルヴェナル…ボアズ・ダニエル(Br)
メロート…シュテファン・リューガマー(T)
ブランゲーネ…エカテリーナ・グバノヴァ(Ms)
舵取り…アダム・クトニー(Br)
羊飼い/若い船乗り…リナード・フリーリンク(T)
トリスタンの母…クリステン・ベッカー(俳優)
トリスタンの父…マイク・ホフマン(俳優)
ベルリン国立歌劇場O&cho
ダニエル・バレンボイム(指)
演出&舞台美術:ドミトリー・チェルニアコフ

収録:2018年4月 ベルリン国立歌劇場(ドイツ)
収録時間:254分
音声:ドイツ語
PCM 2.0, Dolby Digital 5.1(DVD)
PCM 2.0, DTS HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク×2
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
指揮者ダニエル・バレンボイムは「トリスタンとイゾルデ」を大切なレパートリーにしており、1980年代のバイロイト音楽祭をはじめとした各地の歌劇場でこの 作品に取り組んできました。この2018年のベルリン国立歌劇場での上演では、世界中の歌劇場から引く手あまたの演出家ドミトリー・チェルニアコフとタッ グを組んで、この「トリスタン」に新鮮な魅力を吹き込んでいます。 ドミトリー・チェルニアコフの演出はドラマの心理的な側面に光をあて、巧みなプロジェクション・マッピングで登場人物の心理の動きをイメージとして表現して います。また、このハイレベルな上演を行うために現代最高のワーグナー歌手たちを起用。トリスタン役にはバイロイト音楽祭の常連で、パルジファル役も得 意とするテノール、アンドレアス・シャーガー、イゾルデ役には同じくワーグナーの女声諸役で高く評価されるアニヤ・カンペ、ブランゲーネには来日公演でも好 評を博したエカテリーナ・グバノヴァらを配し、ベルリン国立歌劇場のオーケストラを率いるバレンボイムのタクトがこの陶酔に満ちた愛の世界を隈なく描きだし ています。

Dynamic
DYNDVD-37943(DVD)
NX-C09

DYNBRD-57943(Bluray)
NX-C09
ドニゼッティ:歌劇「連隊の娘」 ベルケンフィールド侯爵夫人…アドリアーナ・ビニャーニ・レスカ(Ms)
シュルピス…パオロ・ボルドーニャ(Bs)
トニオ…ジョン・オズボーン(T)
マリー…サラ・ブランチ(S)
クラーケントルプ公爵夫人…クリスティーナ・ブガッティ(台詞)
オルタンシウス…ハリス・アンドリアノス(Br)
伍長…アドルフォ・コッラード(Bs)
農夫…アンドレア・チヴェッタ(T)他
スカラ座アカデミアcho
ドニゼッティ歌劇場O
ミケーレ・スポッティ(指)
打楽器:エルネスト・ロペス・マトゥレル
演出:ルイス・エルネスト・ドーニャス


収録:2021年11月21日 ドニゼッティ歌劇場(ベルガモ)イタリア
収録時間:144分
音声:フランス語
PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
1840年に初演された「連隊の娘」。ドニゼッティはこの作品をパリのオペラ=コミック座の依頼を受けて短時間で作曲したとされています。当時、イタリアの 作曲家によるオペラ・コミックはとても珍しいものでしたが、同劇場での初演は大成功を収め、何度も再演される人気演目となりました。 新鋭ミケーレ・スポッティの指揮による本上演は、活気に満ちた軍楽調の調べとエレガントな音作りが特徴。キューバの打楽器コンガが舞台で効果的に用 いられているのにも注目です。マリー役のサラ・ブランチは輝く声で高音域を自在に歌い上げ、魅力的な女性像を描き出しています。トニオ役のジョン・オズ ボーンは若々しい声でハイCを幾度となく響かせ、シュルピス役のパオロ・ボルドーニャは安定した歌唱で全体を引き締めます。実母役のアドリアーナ・ビ ニャーニ・レスカのコミカルな歌唱も聴きどころです。 キューバの映画監督ルイス・エルネスト・ドーニャスの演出は、舞台を現代のキューバとアメリカに置き換え、カラフルな装置と衣装で物語を華やかに描き出 しています。

BRU ZANE
BZ-1048
(2CD+BOOK)
NX-E03
オッフェンバック:夢幻歌劇「月世界旅行」 カプリース…ヴィオレット・ポルシ(Ms)
ファンタジア…シェヴァ・テオヴァル(S)
ヴラン、富豪の男性、商人、買物客…マチュー・レクロアール(バス=バリトン)
キパスパルラ、鍛冶屋…ピエール・デレ(T)
顕微鏡、買物客、商人…ラファエル・ブレマール(T)
ポポット、富豪の女性…マリー・ルノルマン(Ms)
コスモス、警視監、コジニュス、商人…ティボー・デプラント(Br)
フランマ、アジャ、富豪の女性、女鍛冶屋…リュディヴィーヌ・ゴンベール(S)
サボテン、パラバス…クリストフ・ポンセ・ド・ソラージュ(T)
モンペリエ=オクシタニー国立O&cho
ピエール・デュムソー(指)

録音:2021年9月2-4日 ル・コラン、サル・ベラカーサ、モンペリエ(フランス南部ラングドック地方)
多作で知られるフランス19世紀オペレッタの王オッフェンバック。既に数多くの作品が録音されている一方、未だ全曲録音が現れないままの 傑作もありますが、今回Bru Zaneレーベルが手がけた「月世界旅行」もまさにそうした作品の一つ。マルク・ミンコフスキ指揮ルーヴル宮音楽 隊の古楽器演奏(Archivレーベル)による抜粋で、初めて接した方も多いかもしれません。ビゼー「カルメン」と同じ1875年、つまりオッフェン バックが亡くなる5年前に発表されたこのオペレッタは、彼が晩年に模索していた「夢幻もの」の第5作にあたる意欲作。空想科学小説の祖 ジュール・ヴェルヌの同題作品を参考にしながら自由に組み上げられた台本のもと、夢幻物語と近代的科学小説の要素をかけあわせた展 開は大いに人気を博し、パリでも翌年・翌々年にかけ再演が相次いだほかウィーンやロンドンでも上演されました。オッフェンバックの真骨頂と もいうべき華やぎと充実した構成の面白さを、ドビュッシー「ペレアスとメリザンド」(ALPHA752/NYCX-10240)の名演も記憶に新しい俊 才デュムソーが鮮やかに表現。歌手陣の役作りも見事で、このレーベルならではの図版満載の充実したブックレット(仏語・英語)とともに作 品の真価をじっくり堪能できます。

Urania Records
WS-121398(2CD)
ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」 エットーレ・バスティアニーニ(バリトン/フィガロ)、ジュリエッタ・シミオナート(メゾ・ソプラノ/ロジーナ)、フェルナンド・コレナ(バス/バルトロ)、アルヴィニオ・ミシャーノ(テノール/アルマヴィーヴァ伯爵)、チェーザレ・シエピ(バス/バジリオ)、リーナ・カヴァッラーリ(メゾ・ソプラノ/ベルタ)、アルトゥーロ・ラ・ポルタ(バリトン/フィオレッロ)、ジュゼッペ・ザンピエーリ(士官/バス)、アルベルト・エレーデ(指)、フィレンツェ五月音楽祭O&cho

録音:1956年
※STEREO/ADD
※リマスタリング:ノエミ・マンゾーニ&ウラニア・レコーズ
オペラ指揮者として活躍したイタリア出身の指揮者、アルベルト・エレーデは、ミラノのヴェルディ音楽院を経て、スイスのバーゼルでワインガルトナーに師事。 その後、フリッツ・ブッシュの下でアシスタントを務め、1935年にトリノで ワーグナーの「ニーベルングの指環」を指揮してデビュー。オペラ指揮者として成功を収めました。グラインドボーン音楽祭やザルツブルク音楽祭などに出演し、1945年からはトリノRSOの指揮者や、ライン・ドイツ・オペラの音楽監督などを歴任。1968年には、トスカニーニ以来のイタリア人指揮者として、ワーグナーの「ローエングリン」を指揮しています。
本アルバムは、エレーデが得意とした数あるイタリア・オペラの録音から、50年代にDECCAに録音した、ロッシーニの名作「セビリアの理髪師」がウラニア・レコーズから復刻。新たにデジタル・リマスタリングが施され、当時の名匠の作品へのサウンド作り、解釈がより鮮明に伝わる1枚に仕上がりました。

HCR
HCR-25(3CD)
シンギング・イン・タン〜リザ・リム(b.1966): 1993年から/2008年までのオペラと声楽作品
(1)オペラ「オレステア」(1993)
(2)オペラ「チャンO、月へ飛ぶ」(2000)
(3)「母国語」(2005)〜ソプラノと15楽器
のための
(4)オペラ「ナヴィゲーター」(2008)
エリジョン・アンサンブル
(1)サンドロ・ゴルリ(指)、ジュリー・エドワードソン
(MS)、デボラ・ケイサー(MS, Vc)、タイロン・ランドー(T)、ほか
(2)デボラ・ケイサー(S)、サイモン・ヒューイット(指)
(3)ピーア・コムシ(S)、ジャン・ドロワイエ(指)
(4)マヌエル・ナウリ(指)、オマール・エブラヒム
(Br)、フィリップ・ラーソン(B)、アンドルー・ワッツ
(C-T)、ほか

録音:(1)1993年5月31日-6月1日メルボルン(2)2003
年7月20日ブリスベン(Live)、(3)2006年6月11日シドニー(Live)、(4)2008年7月29日ブリスベン
リザ・リムは中国系オーストラリア人の作曲家。彼女はアジアの儀式文化、アボリジニの芸術 に関心を持っており、非西洋音楽と西洋前衛音楽を融合するスタンスを取っています。彼女の作 品はアルディッティ四重奏団、BBC 響などによって度々取り上げられています。彼女の作品は自 分の出自でもあるアジアの儀式文化に影響を受けているとはいえ、その作品は非常に前衛 的、実験的で時にパンク・ロックを思わせる大音響、ノイズに溢れています。このアルバムには3 つ のオペラと1つの声楽作品が収められており、いずれも非常に攻撃的、野心的な内容。中国の 京劇に通じるような極彩色といかがわしさが渾然一体となったシアター・ピースです。

ALPHA
ALPHA-828(2CD)
NX-D07
ブリテン:歌劇「ねじの回転」 女家庭教師…サリー・マシューズ(S)
ピーター・クィント…ジュリアン・ハバード(T)
グロース夫人…キャロル・ウィルソン(Ms)
ジェッセル嬢…ジゼル・アレン(S)
プロローグ…エド・ライオン(T)
マイルズ…トーマス・ハイネン(Boy-S)
フローラ…カタリーナ・ビアヴァイラー(S)
モネ劇場室内O
ベン・グラスバーグ(指)

録音:2021年4月30日、5月4-5日 モネ劇場、ブリュッセル、ベルギー
伝統あるベルギーのモネ劇場によるブリテンの歌劇「ねじの回転」。とある少年と少女の元へやってきた新任の女性家庭教師が、子供たち と、彼らを連れ去ろうと狙う亡霊たちとのやり取りに追い詰められていくという、サイコホラーです。指揮は、コロナ禍直前の2020年1月に東京 SOとの共演で初来日も成功させた、イギリスの若き俊英ベン・グラスバーグ。小編成のアンサンブルから実に色彩豊かな響きを導き出 しています。メイン・キャストの家庭教師を演じるのは、グラインドボーンの「ルサルカ」(DVD: OA1302D/BD:OABD7266D/NYDX- 50106)でもダイナミックな歌唱と切々とした表情を両立する素晴らしい演技を見せたサリー・マシューズ。ここでも徐々に追い詰められていく 表現が実に見事。2021年4月に上演された舞台が非常に高い評価を受け、その後すぐにセッション録音されたアルバムです。


ORFEO
C-210123(3CD)
NX-C09
ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」 トリスタン…ペーター・ザイフェルト(T)
イゾルデ…ニーナ・シュテンメ(S)
マルケ王…シュテファン・ミリング(Bs)
クルヴェナール…ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー(Br)
ブランゲーネ…ヤニナ・ベヒレ(Ms)
メーロト…甲斐栄次郎(Br) 他
ウィーン国立歌劇場O&cho
フランツ・ウェルザー=メスト(指)

録音:2013年6月(ライヴ)
ウィーン国立歌劇場
ワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」がウィーン宮廷歌劇場で初めて上演されたのは1883年。以来、現在まで に400回以上も上演される人気演目になっています。ここに収められた2013年6月の公演では、同歌劇場での イゾルデ役デビューとなったニーナ・シュテンメと、歌劇場の「宮廷歌手(Kammersanger)」の称号が与えられた ヴェテラン、ペーター・ザイフェルトがトリスタンを歌い、高水準の上演となりました。 ※ウィーン国立歌劇場創立150年記念BOX(C980120)からの分売です。
ORFEO
C-220313(3CD)
NX-C09
アンタル・ドラティ(1906-1988):歌劇「選ばれし者」 エリア…トマーシュ・コニエチュニー(Bs)
アナプ:イスラエルの王…ミヒャエル・シャーデ(T)
イゼベル:イスラエルの王妃
…レイチェル・フレンケル(Ms)
エリシャ:若き農民…ロン・ジルベルシュタイン(T)
タニト:シドンの農婦…キム・ミヨン(S)
タニトの子供…ユーヴァル・オーレン(Bs)
マレク・ガシュテツキ(Bs)
シン・ジュフン(T)
マカル・ピフラ(Br)
ポズナン劇場cho
クラクフ・ベートーヴェン・アカデミーO
マルティン・フィッシャー=ディースカウ(指)

録音:2021年8月16-22日
世界初録音
レコード・ファンにとってアンタル・ドラティは、史上初となったハイドン:交響曲全集や優秀録音で名高いストラヴィ ンスキー:3大バレエなどの指揮者としておなじみでしょう。そのドラティは母国ハンガリーではコダーイに作曲を学んで おり、器楽曲から交響曲まで相当数の作品を遺していることはあまり知られていません。ここに収録された歌劇「選 ばれし者」はドラティ唯一の舞台作品で、哲学者マルティン・ブーバー(1878-1965)の『エリヤ』に基づくテキスト に、R・シュトラウスを思わせる重厚な音楽が付けられています。 クラフクで行われた世界初演を指揮したのは、名歌手ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウの息子マルティン・ フィッシャー=ディースカウ。指揮者・研究者であるマルティンはドラティの愛弟子でもあり、作品の良き理解者とし て初録音の発起人を務めました。主役エリアを歌うのはポーランド出身のトマーシュ・コニエチュニー。ワーグナー作 品で活躍する歌手で、ここでも堂々たる歌声を披露しています。

Relief
CR-1929(2CD)
ロッシーニ:泥棒かささぎ&序曲集
(1)歌劇『泥棒かささぎ』(ドイツ語・短縮版)
(2)歌劇『ランスへの旅』序曲*
(3)歌劇『チェネレントラ』序曲*
(4)歌劇『コリントの包囲』序曲*
(5)歌劇『セミラーミデ』序曲*
ヴェルナー・エルンスト(ファブリッツィオ)
コーラ・カンネ=メイエル(ルチーア)
フリッツ・ペーター(ジャンネット)
ロスル・シュヴァイガー(ニネッタ)
アレクサンダー・マルタ(代官)
アルベルト・ファン・ハーステレン(フェルナンド)
ウルズラ・ズッター(ピッポ)
パウル・スパーニ(イザッコ)
フランツ・リンダウアー(ジョルジョ)
スザンヌ・エンツ(かささぎ)
ベルン放送室内cho
ネッロ・サンティ(指)
ベロミュンスター放送O
ネッロ・サンティ(指)バーゼルRSO*

録音:(1)1966年9月4-7日チューリヒ放送スタジオ(モノラル)
(2)1984年5月6日スタッドカジノ・バーゼル(ステレオ)
(3)1985年12月1日スタッドカジノ・バーゼル(ステレオ)
(4)1975年8月18日スタッドカジノ・バーゼル(ステレオ)
ロッシーニの『泥棒かささぎ』は1970年代までは、『トゥーランドット』の補筆でも知られる作曲家ザンドナーイによる版が一般的でした。ザンドナーイ版は、ド イツではカール・シュトゥーベルのドイツ語訳版で大変人気がありました。その版を用いた1966年の演奏を収録。チューリッヒ放送制作による音源です。おまけに サンティが振った序曲を4曲併録。

Signum Classics
SIGCD-702(2CD)
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」 セルジオ・アラポント(指)、アイルランド国立歌劇場、セリーヌ・バーン(ミミ、ソプラノ)、アンナ・デヴィン(ムゼッタ、ソプラノ)、メルーナス・ヴィトゥルスキス(ロドルフォ、テノール)、ダヴィド・ヴィジッチ(マルチェッロ、バリトン)、ベン・マカティアー(ショナール、バリトン)、ジョン・モロイ(コッリーネ、バス)、エディ・ウェイド(ブノア&アルチンドロ、バズ)、ファーガル・カーティス(パルピニョール、テノール)、デイヴィッド・ハウズ(税関吏、バス・バリトン)、ロリー・ダン(軍曹、バス・バリトン)

録音:2021年2月、ボード・ガシュ・エナジー劇場(ダブリン)
でスタートしたSignum Classicsとアイルランド国立歌劇場(アイリッシュ・ナショナル・オペラ)のコラボレーション・プロジェクト第2弾!
詩人、音楽家、画家、哲学者の四人が住む、愛と芸術の街パリが舞台のラ・ボエーム。感動的でコミカルもあり、現実的でロマンチックでもある、プッチーニが作曲したオペラの中でも特に愛されているこの作品は、逆境に直面しながらも、絆を深めていく部分が、現代の苦難に立ち向かう時代にも通じているかのようです。ミミとムゼッタにアイルランドの有名なソプラノでコヴェントガーデンのロイヤル・オペラ・ハウスでも活躍するセリーヌ・バーンと、アンナ・デヴィンを迎えたアイルランド国立歌劇場による新録音にご期待ください。

BR KLASSIK
BR-900339(1CD)
NX-B05
ウルマン(1898-1944):歌劇「アトランティスの皇帝、または死神の拒否」 Op. 49 ブービーコップフ(兵士)…ジュリアナ・ザラ(S)
鼓手…クリステル・レッチュ(Ms)
道化/兵士…ヨハネス・クム(T)
皇帝オーヴァオール…アドリアン・エレート(Br)
ラウドスピーカー…ラース・ヴォルト(Bs)
死神…タレク・ナズミ(Bs)
ミュンヘン放送O
パトリック・ハーン(指)

録音:2021年10月10日(ライヴ)
ナチスに"退廃音楽"のレッテルを貼られた作曲家の一人、ヴィクトル・ウルマンの歌劇「アトランティスの皇帝」。 この作品は1943年にウルマンの収容先であったテレジエンシュタット収容所で完成され、1944年にドレス・リハー サルまで行われたものの、理由不明のまま上演禁止となり、ウルマン自身は同年アウシュヴィッツで生涯を終えてい ます。自筆原稿はかろうじて生き延びた彼の友人の手にあったので、1975年にようやくアムステルダムで初演され ました。ジャズ風のナンバーを含む音楽と、当時の政治批判を含む風刺の効いたあらすじ(収容所仲間のペー ター・キーンによる台本)が特徴です。 このアルバムには2021年に行われた演奏会形式の上演が収録されており、ウィーン出身のヴェテラン歌手、アドリ アン・エレートを中心とした若手歌手たちと、ミュンヘン放送Oの首席客演指揮者に就任したパトリック・ ハーンが見事な演奏を繰り広げています。

Sterling
CDA-184718492
(3CDR)
ワーグナー:楽劇 「ジークフリート」 ライラ・アンデション=パルメ(ソプラノ、ブリュンヒルデ)、マッティ・カストゥ(テノール、ジークフリート)、フランツ・カーゼマン(テノール、ミーメ)、イェルケル・アルヴィドソン(バス・バリトン、さすらい人)、ビョーン・アスケル(バリトン、アルベリヒ)、ステーン・ヴァールンド(バス、ファフナー)、ヒルデ・ライドラン(ソプラノ、森の小鳥)、グニッラ・セーデシュトレム(アルト、エルダ)、王立スウェーデン歌劇場O、シクステン・エールリング(指)

録音(ライヴ):1987年3月14日、王立スウェーデン歌劇場(ストックホルム)/AAD
王立スウェーデン歌劇場はワーグナーの『ニーベルングの指輪』の全曲をこれまでに3度、異なる演出で上演してきました。スウェーデンの宮廷歌手ライラ・アンデション=パルメ(b.1941)のアーカイヴ録音シリーズのもっとも新しいアルバムは、フォルケ・アベニウスが手がけた1969年からの新演出による 「ジークフリート」 のライヴ録音です。このアルバムは、アンデション=パルメの歌とともに、オペラの指揮者としても名高かったシクステン・エールリング(1918-2005)によるワーグナー楽劇の全曲演奏を堪能できる、極めて貴重な録音です。 エールリングは、王立ストックホルム音楽大学でピアノを学び、持ち前の形式とリズムに対する感覚と抜群の記憶力によって急速に成長。興味をもった指揮法のクラスに参加してからは、在学中から王立スウェーデン歌劇場のリハーサルを任されるようになりました。1941年、ドレスデンのカール・ベームの下で学び、ポストの申し出もあったものの、第二次世界大戦の激化を嫌って帰国。1950年にストックホルム・フィルハーモニックを指揮した 「春の祭典」 で注目され、1953年、王立スウェーデン歌劇場の首席指揮者に任命されました。王立オペラが、ビルギット・ニルソンやユッシ・ビョルリングといったスター歌手の客演と専属歌手たちの優れたアンサンブルを誇っていた時代です。しかし、1960年、エールリングの「完璧主義」と相容れない人たちとの軋轢から辞任。アメリカに渡ってデトロイトSOの音楽監督を務め、ニューヨークを拠点にメトロポリタン歌劇場をはじめ主に北米とヨーロッパのオーケストラと歌劇場への客演を続けました。1970年の後半、王立歌劇場に客演指揮者として復帰、「伝説的」とも言われた数多くの公演を指揮しました。 1987年のシーズンの 「ジークフリート」 もそのひとつです。王立歌劇場のR・シュトラウス 「影のない女」 (Sterling CDA-169616982)でニルソンやシヴ・ヴェンベリと共演してバラク役を歌ったフィンランドのテノール、マッティ・カストゥ(1943-2015)のジークフリート。ブッファ役を得意とするドイツのテノール、フランツ・カーゼマン(b.1942)のミーメ。「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 のハンス・ザックス、『指輪』のヴォータンを持ち役とするバス・バリトン歌手、1992年に宮廷歌手に任命されたイェルケル・アルヴィドソン(1939-2007)のさすらい人(ヴォータン)。同じく宮廷歌手のビョーン・アスケル(b.1941)のアルベリヒ。経験豊かな歌手たちが、ブリュンヒルデを歌うアンデション=パルメと同じ舞台に立ちました。 1987年3月14日のライヴ録音の明瞭度の高いアナログ録音をデジタル・マスタリング。アンデション=パルメの 「サロメ」(CDS184318442)と同様、王立歌劇場のライセンスを得てリリースされます。エールリングと王立Oと歌い手たちの展開するワーグナーの楽劇を単なるドキュメント以上の姿で示したアルバムです。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

Opus Arte
OA-1340D(DVD)
NX-C10
ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」 フィリッポ2世…ロバート・ロイド(Bs)
ドン・カルロ…ルイス・リマ(T)
ロドリーゴ…ジョルジョ・ザンカナーロ(Br)
エリザベッタ…イレアナ・コトルバス(S)
エボリ公女…ブルーナ・バリオーニ(Ms)
宗教裁判長…ジョゼフ・ルロー(Bs)
修道士…マシュー・ベスト(Bs)
テバルド…パトリシア・パーカー(S)
レルマ伯爵…ジョン・ドブソン(T)
国王の使者…アラン・ジョーンズ(T)
アレンベルク伯爵夫人…ロメイン・グリゴローヴァ(黙役)
天からの声…ローラ・ビアジョーニ(S)他
コヴェント・ガーデン王立歌劇場O&cho
ベルナルト・ハイティンク(指)
デザイン&制作(オリジナル):ルキノ・ヴィスコンティ
演出:クリストファー・レンショー

収録:1985年4月コヴェント・ガーデン王立歌劇場(ロンドン)
収録時間:204分
音声:イタリア語
PCMステレオ2.0(DVD)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語
画角:4:3 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
この1985年にコヴェント・ガーデンで収録された映像は、なんといっても20世紀を代表する映画監督の一人ルキノ・ヴィスコンティの美しい美術に注目。近 年ではほとんど見なくなった重厚かつ美しい衣装や装置は、一見の価値があります。当時最高の歌手たちによるドラマも見どころ。若々しく張りのある声を 持つルイス・リマが演じるドン・カルロと、名歌手イレアナ・コトルバスの許されぬ恋の行方、ドン・カルロとともに祖国への思いを歌うロドリーゴ役のザンカナーロ の強靭な歌声、ロバート・ロイドが歌うフィリッポ2世の堂々たる歌など見どころは数多く、全体をまとめるハイティンクのきびきびとした音楽作りもきわめて魅 力的です。

NAXOS
NAX-2.110730(DVD)
NX-C09

NBD-0149V(Bluray)
NX-C09
ベッリーニ:歌劇「カプレーティとモンテッキ」 ジュリエッタ…ジェシカ・プラット(S)
ロメーオ…ソーニャ・ガナッシ(Ms)
カペッリオ…ルーベン・アモレッティ(Bs)
テバルド…シャルヴァ・ムケリア(T)
ロレンツォ…ルーカ・ダッラミーコ(Bs)
フェニーチェ歌劇場O&cho
オメール・メイア・ウェルバー(指)
演出:アルノー・ベルナール

収録:2015年1月18日 フェニーチェ歌劇場、ヴェネツィア(イタリア)
収録時間:136分
音声:イタリア語
PCMステレオ2.0(DVD/Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
1826年に「ビアンカとフェルナンド」をナポリで初演し、才能が認められたベッリーニ。以降、数々の歌劇を成功させ、ついにヴェネツィアのフェニーチェ劇場か ら新作の提供を求められます。彼は1830年から作品に着手、台本を担当したフェリーチェ・ロマーニはニコラ・ヴァッカイのために書いた「ジュリエッタとロメオ」 を手直しして提供。ドニゼッティ自身は自作の「ザイーラ」からいくつかの旋律を流用して、この作品を描き上げました。台本はシェークスピアの『ロメオとジュリ エット』とは直接の関係はなく、登場人物の扱いや物語の展開などもかなりの相違があります。またロメオをテノールが歌うヴァージョンもありますが、この上演 はベッリーニが書いた通り、メゾ・ソプラノのベテラン、ソーニャ・ガナッシが歌っています。ジュリエッタを歌うのは若手ソプラノ、ジェシカ・ブラット。流麗なコロラ トゥーラと抒情的かつ優美な歌唱が印象的です。

Dynamic
DYNDVD-37900
(2DVD)
NX-D05

DYNBRD-57900
(Bluray)
NX-D05
ワーグナー:楽劇「神々の黄昏」 ジークフリート…コスタディン・アンドレーエフ (T)
グンター…アスタナス・ムラデノフ (Br)
アルベリヒ…ビセル・ゲオルギエフ (Br)
ハーゲン…ペタル・ブチコフ (Bs)
ブリュンヒルデ…ヨルダンカ・デリロヴァ (S)
グルトルーネ…ツヴェタナ・バンダロフスカ (S)
第1のノルン…ペトヤ・ツォネヴァ (A)
第2のノルン…ドミトリンカ・ライチェヴァ (Ms)
第3のノルン…フローラ・タルポマノヴァ (S)
ヴァルトラウテ…ツヴェタ・サラムベリエヴァ (A)
ヴォークリンデ…ミレーナ・ギュローヴァ (S)
ヴェルグンデ…シルヴィア・テネーヴァ (S)
フロスヒルデ…ドミトリンカ・ライチェヴァ (Ms)
ソフィア国立歌劇場O&cho
パヴェル・バレフ(指)
演出:プラーメン・カルターロフ

収録:2013年6月29日 ソフィア国立歌劇場(ブルガリア)
収録時間:272分
音声:ドイツ語
PCMステレオ2.0/DOLBY DIGITAL 5.1(DVD/Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク×2
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
このソフィア国立歌劇場「神々の黄昏」の舞台も、前三作と同じく、赤、青、緑の原色を基調とした照明に、不思議な幾何学模様や円錐が散りばめられ たプラ-メン・カルタコフによるポップな演出コンセプトに貫かれています。ここでも特撮怪獣映画のキャラクターのような装束やロック歌手を思わせる衣装をま とった歌手たちが舞台狭しと活躍します。今作ではアルベリヒ役のゲオルギエフとハーゲン役のペタル・ブチコフ以外は主要メンバーが刷新され、ブリュンヒルデ 役のヨルダンカ・デリロヴァを初めとした新鮮な歌唱陣による熱演によりこの壮大なツィクルスの最終章が締めくくられます。

H.M.F
HMM-902700(2CD)
ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』 クリスティアン・イムラー(バス/隠者) ポリーナ・パスツィルチャク(ソプラノ/アガーテ)
カテリーナ・カスパー(ソプラノ/エンヒェン) マキシミリアン・シュミット(テノール/マックス)
ヤニク・ドゥブ(バリトン/キリアン) マティアス・ヴィンクラー(バス/クーノー)
マックル・ウルラッハー(ザミエル/語り)ディミトリ・イヴァシュチェンコ(バス/カスパール)
フライブルク・バロックオーケストラ
ルネ・ヤーコプス(指)

録音:2021年6月、コンツェルトハウスおよびアンサンブルハウス、フライブルク
ヤーコプスによる『魔弾の射手』の録音の登場!冒頭の有名な序曲から、物語の世界にぴったりの美しくもメルヘンを思わせる霊妙な雰囲気の素晴らしい録音 にまず心奪われます。そして、いつもながらのヤーコプスらしいこだわりをみせ、セリフ部分も充実。さらに、序曲の後に本来存在していた”隠者”の場面を復 活させ、『魔弾の射手』作品本来の姿がここによみがえりました。歌唱陣と管弦楽の演奏がこれ以上なく生き生きとしています。超注目盤です。
魔弾の射手の物語は、以下のとおり・・・主人公は若く有能な狩人マックス。娘アガーテと結ばれるためには難しい射撃を成功させなければならない。マッ クスはライバルのカスパールにそそのかされ、悪魔に「魔弾」を鋳造させる。これは、6発は自分の思いのままに命中するが、最後の1発は悪魔の思うところに 命中する、というもの。射撃当日、その7発目は最初なんとアガーテに命中したように見えた。が、彼女は「隠者に送られた花束」によって守られ、ライバルの カスパールが凶弾に倒れます。最終的にマックスとアガーテはめでたく一緒になります。・・・というもの。正直申し上げると、この「花束」に少々の唐突感があること は否めません。このアガーテを護った「花束」は、本来、台本作者のキントが、序曲の後に配した、隠者とアガーテの場面で登場していたもの。序曲のあとに、 隠者の家をたずねるアガーテと隠者が歌う場面があり、そこで、隠者はアガーテにおまもりとして花束を渡すのです!ウェーバーは、妻にして人気歌手のカロリーネ・ ブラントを観客代表のように信用しており、彼女の助言にしたがって、序曲のあとに登場する隠者の場面をカットし、序曲のあとはにぎやかな射撃のシーンから 始まるようにしました。本来は序曲のあとに隠者の家の静寂な世界があったのに。キントはこの台本の変更をしぶしぶ承知したものの、死ぬまで後悔していまし た。本録音は、この場面を復活させています!しかもヤーコプスは、音楽をつけて復活させています!ヤーコプスは、台本のみ存在しウェーバーが音楽をつけなかっ たこの場面を復活させるにあたり、オペラのフィナーレで隠者が登場するときのメインテーマや、ほかの楽曲から旋律を転用しています。これがまた実に見事!
理想的な管弦楽、充実した歌唱陣、そして従来カットされていた部分の復活からセリフ部分にいたるまでの綿密かつこだわりのプロダクション。『魔弾の射手』 をお持ちでない方にも、さらに『魔弾の射手』を全種類お持ちの方にも新たなる決定盤かつ注目盤としてお手にとっていただきたい内容です! (Ki)

Pentatone
PTC-5186956(2SACD)
ヴェルディ:歌劇『椿姫』 リゼット・オロペサ(ソプラノ/ヴィオレッタ・ヴァレリー) ルネ・バルベラ(テノール/アルフレード・ジェルモン)
レスター・リンチ(バリトン/ジョルジョ・ジェルモン) イルセヤル・ハイルロワ(メゾ・ソプラノ/フローラ・ベルヴォア)
メンナ・カーゼル(ソプラノ/アンニーナ) フランチェスコ・ピターリ(テノール/ガストーネ子爵)
アレン・ボクサー(バリトン/ドゥフォール男爵) ビアージョ・ピッツーティ(バリトン/ドビニー侯爵)
アレクサンドル・クーペジー(バス/グランヴィル医師)
合唱ソロ:
トビアス・シュレーダー(テノール/ジュゼッペ) ラインホルト・シュライアー=モルロック(バス/フローラの召使い)
アレクサンドル・フェディッシュ(バス/使者)
シュターツカペレ・ドレスデン、
ドレスデンPO、ヴォルフガング・ヘントリッヒ(コンサートマスター)
ダニエル・オーレン(指)

録音:2021年3月/文化宮殿、ドレスデン(ドイツ)
ダニエル・オーレン率いるドレスデンPO、シュターツカペレ・ドレスデンが、ヴィオレッタ役にリリック・コロラトゥー ラ・ソプラノのリゼット・オロペサ、アルフレード役にルネ・バルベラ、ジェルモン役にレスター・リンチなどの豪華キャストとともにヴェルディの歌劇『椿姫』を録 音しました!!
『椿姫』の舞台はパリの社交界。夜の世界で名を馳せる高級娼婦ヴィオレッタの一途な愛と哀しい運命描いたこの歌劇は、印象的なメロディとドラマティックな テンポで展開される全3幕の作品。ヴィオレッタは悲劇が進むにつれてコロラトゥーラの名人芸からより叙情的で劇的なイディオムへとかわっていきますが、オロペ サがヴィオレッタの心情を実に見事に演じており、彼女の比類なき解釈をこの録音で存分に味わうことができます。
録音は2021年3月ドレスデン。コロナ禍のためソリストを観客席に配置し、舞台上のオーケストラもソーシャル・ディスタンスを取った形で行われました。『椿姫』 という名作ながら新録音が多くないだけこの新譜は歓迎すべきと言え、さらにPENTATONEの録音でおなじみのヨブ・マールセ、エルド・グールトら優れた技術 陣による録音であることも注目です! (Ki)

ACCENT
ACC-26416(3CD)
ヘンデル:歌劇『ロデリンダ』 アンナ・デニス(ソプラノ;ロデリンダ)
クリストファー・ローリー(カウンターテナー;ベルタリード)
トーマス・クーリー(テノール;グリモアルド)
フランツィスカ・ゴットヴァルト(メゾソプラノ;エドゥイジェ)
ジュリアン・ヴァン・メレールツ(カウンターテナー;ガリバルド)
オーウェン・ウィレッツ(カウンターテナー;ウヌルフォ)
ローレンス・カミングス(指)
ゲッティンゲン祝祭O

録音:2021年9月9日/ドイツ、ゲッティンゲン劇場(ライヴ)
1920年から行われているゲッティンゲン国際ヘンデル音楽祭。毎年ヘンデルのオペラを中心に様々な作品が演奏される大規模な催しが続いていましたが、 100周年となる2020年はコロナの影響でやむなく開催を断念。そして2021年に開催された音楽祭で上演されたのがこの『ロデリンダ』です。1920年第1 回の音楽祭で取り上げられた演目であり、特別な思いが込められた選曲と言えましょう。2012年から音楽祭の音楽監督を務めてきたカミングスにとって、音楽監 督最後の年でもありました。残されたライヴ録音からも充実した演奏の空気感がビリビリと伝わってきます。
愛と情熱、嫉妬と陰謀、王位をめぐる人間関係に複雑に絡み合う恋愛事情…実にバロックオペラ的な筋書きに、ヘンデルならではの変化に富んだ感情豊かな音 楽が炸裂する名作『ロデリンダ』。1720年代のロンドンで一流の歌手とOに恵まれたヘンデルが完成させた作品だけに、出演者に対する要求も高いもの となっています。
ローレンス・カミングスはイギリス古楽界の名匠として名を馳せる指揮者・チェンバリスト。1999年からロンドン・ヘンデル音楽祭の音楽監督、2012年か らゲッティンゲン国際ヘンデル音楽祭の音楽監督を務めた、紛れもないヘンデルのスペシャリストです。 (Ki)

C Major
76-1208(2DVD)

76-1304(Bluray)
ボーイト:歌劇「ネローネ」 スヴェトラーナ・アクショー ノワ(アステリア )
カトリン・ヴントザム(セリント/ ペルサイド)
イリヤ・クリョーヒン(ドシテオ )
ブレット・ポレガート(ファヌエル)
タイラン・ラ イン ハ ルト( ゴブリア ス )
ラファエル・ロハス(ネローネ)
アレッサンドラ・ヴォルペ(ルブリア)
ルチオ・ガッロ(サイモン・マゴ)
ミクローシュ・シェベスティエン(ティゲリーノ)
ディルク・カフタン(指揮 )
ウィーンSO
プラハ・フィルハーモニー合唱団
演出:リヴィエ・タンボシ

収録:2021年7月、ブレゲンツ祝祭劇場(ライヴ)
◆DVD
画 面:16:9, N T S C
音声:PCMステレオ、DTS5.1
原語:イタリア語、字幕:独 英 韓
149分
◆Bluray
画 面:16:9,1080i
音声:PCMステレオ、
DTS-HD MA5.1
原語:イタリア語、字幕:独 英 韓
149分
アッリーゴ・ボーイトは、優れた台本作家でもあり作曲家でもありました。当時の偉大なる作曲家ヴェルディとの出会いにより、「オテロ」「ファ ルスタッフ」「ラ・ジョコンダ」など有名オペラ作品の台本を手がけ、名を知られることになります。さらに詩、小説の分野でもその才能を発揮しました。また、 青年時代のボーイトがゲーテの「ファウスト」に基づいて台本を書き作曲した「メフィストーフェレ」は彼の代表作で、イタリア・オペラに新風を送り込んだ作曲家 としても知られています。
本映像は、2021年のブレゲンツ音楽祭で上演されたボーイトの遺作「ネローネ」。本作はボーイトが 1862年頃からこつこつと作曲を進めていましたが完成 には至らず、ボーイトの死後にイタリアの作曲家アントニオ・スマレリアとヴィンツェンツォ・トマジーニにより未完部分が補筆され、アルトゥーロ・トスカニーニによっ て 1924年ミラノ・スカラ座でようやく世界初演された作品です。 舞台は古代ローマ皇帝ネロの治世の時代。キリスト教のローマへ広がりとともに行われたキリスト教徒の弾圧・迫害を描き、そして終幕ではローマの大火が扱わ れます。 (Ki)

オクタヴィア
OVCL-00781(1SACD)
税込定価
2022年4月20日発売
ラガッツィ! ―オペラ名アリア・重唱集
モーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」K.588〜「美しいセレナーデを」
ドニゼッティ:歌劇「愛の妙薬」〜「20スクーディ!」
ドニゼッティ:歌劇「ドン・パスクワーレ」〜「奥さんを貰うですって!」
ヴェルディ:歌劇「オテッロ」〜「天に誓う」
ヴェルディ:歌劇「マクベス」〜「ああ、この父の手は」
プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」〜「泣くな、リュー」
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」〜「ミミ、君はもう戻ってこない」
ワーグナー:歌劇「タンホイザー」〜「夕星の歌」
ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」〜「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って」
ヴェルディ:歌劇「運命の力」〜「無駄だったな、アルヴァーロよ」
ビゼー:歌劇「真珠採り」〜「聖なる神殿の奥深く」
ビゼー:歌劇「カルメン」〜「私はエスカミーリョ」
モーツァルト:歌劇「魔笛」〜「イージス神とオジーリス神よ」
ヴェルディ:歌劇「イル・トロヴァトーレ」〜「見よ、恐ろしい炎よ!」
所谷 直生(T)、中村 元信(T)、村上 敏明(T)、渡邉 公威(T)、須藤 慎吾(Br)、鶴川 勝也(Br)、斉木 健詞(Bs)
F.O.A. アンサンブル
仲田 淳也(指)
〈賛助出演〉 西 正子(S)

録音:2021年10月12-13日 東京・豊洲文化センター・ライヴ
第一線で活躍するオペラ歌手による、有名オペラのアリアや重唱を小編成オーケストラとともに演奏したラ イヴCD。この7名の男性歌手と指揮の仲田淳也は国立音楽大学で学んだ同級生で、若き日をともにし た仲間たちが織りなすハーモニーがたっぷりと収められました。 ブックレットには、ソプラノ歌手・西正子による曲目解説と歌詞対訳も収録。オペラのストーリーや歌詞の 内容も楽しみながらお聴きいただけます。(オクタヴィア)

NAXOS
NAX-2.110726(2DVD)
NX-D05

NBD-0147V(Bluray)
NX-D05
モーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」 フィオルディリージ…ヴァレンティナ・ナフォルニツァ(S)
ドラベッラ…ヴァシリサ・ベルジャンスカヤ(Ms)
グリエルモ…マッティア・オリヴィエーリ(Br)
フェルランド…マシュー・スウェンセン(T)
デスピーナ…ベネデッタ・トッレ(S)
ドン・アルフォンソ…トーマス・ハンプソン(Br)
フィレンツェ五月音楽祭O&cho
ズービン・メータ(指)
演出:スヴェン・エリック・ベヒトルフ

収録:2021年3月28日フィレンツェ五月音楽祭歌劇場(イタリア)
収録時間:188分
音声:イタリア語
PCMステレオ2.0/DTS Digital Surround 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク×2
Blu-ray…片面二層ディスク 1080i High Definition
モーツァルトの歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」は、1790年の初演直後から「内容が不道徳である」と不評を買い、18世紀から19世紀にかけて上演機会も少 なく、他のモーツァルト作品に比べ人気の低い歌劇でした。しかし20世紀になって、ダ・ポンテの台本の優れた心理描写にモーツァルトがアンサンブルを駆使 して作曲した多彩で豊かな音楽が再評価され、現代ではオペラの人気演目の一つとして頻繁に上演されています。 フィレンツェで行われたズービン・メータの指揮によるこの上演は、ゆったりとしたテンポとオーケストラの響きを存分に生かしたオーソドックスなもの。二組の恋人 たちにはフレッシュで粒ぞろいの若手歌手を配し、ドン・アルフォンソ役のヴェテラン、トーマス・ハンプソンが自身の闊達な演技歌唱とともに、若者たちを見事 にリード。スヴェン・エリック・ベヒトルフによる演出はユーモアとペーソスに溢れ、シックな舞台美術と衣装と相まってこのモーツァルトの傑作オペラに大輪の華を 添えています。

Opus Arte
OA-1342D(DVD)
NX-B06
プッチーニ:歌劇「マノン・レスコー」 マノン・レスコー…キリ・テ・カナワ(S)
シュヴァリエ・デ・グリュー…プラシド・ドミンゴ(T)
兄レスコー…トーマス・アレン(Br)
ジェロント・ディ・ラヴォワール…フォーブス・ロビンソン(Bs)
エドモンド…ロビン・レガーテ(T)
宿屋の主人…ジョージ・マクファーソン(Bs)
歌手…アンナ・クーパー(Ms)
舞踏教師…ジョン・フライアット(T)
街灯点灯夫…マーク・カーティス(T)
射撃隊軍曹…ハンデル・トーマス(Bs)
船長…ロデリック・アール(Bs)
コヴェント・ガーデン王立歌劇場O&cho
ジュゼッペ・シノーポリ(指)
演出:ゲッツ・フリードリヒ

収録:1983年5月 コヴェント・ガーデン王立歌劇場(ロンドン)
収録時間:128分
音声:イタリア語
PCMステレオ2.0
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語
画角:4/3 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
主人公の騎士デ・グリューとその恋人マノンの運命と悲劇を描いたプッチーニの歌劇「マノン・レスコー」が1893年にトリノで初演されてから90年後の 1983年、コヴェント・ガーデン王立歌劇場でこの演目を手掛けたのは演出家のゲッツ・フリードリッヒと、この上演がイギリスのオペラ界へのデビューと なったジュゼッペ・シノーポリでした。そして、この歌劇を知り尽くした3人の歌手たち、キリ・テ・カナワ、プラシド・ドミンゴ、トーマス・アレンが登場、なかで もキリ・テ・カナワの熱唱とプラシド・ドミンゴのロマンティックな歌唱は高く評価されました。上演から40年近くを経た現在でも、この完成度の高い舞台 は色褪せることがありません。
Opus Arte
OACD-9050D(2CD)
NX-C03
コルンゴルト:歌劇「死の都」 パウル…クラウス・フローリアン・フォークト(T)
マリエッタ/マリーの声…カミラ・ニールンド(S)
フランク/フリッツ…マルクス・アイヒェ(Br)
ブリギッタ…サーリ・ヌードクヴィスト(Ms)
マリエッテ …カイサ・ランタ(S)
リュシエンヌ…メリス・ヤーティネン(S)
ガストン…アンティ・ニエミネン(T)
ヴィクトラン…ペル=ホーカン・プレヒト(T)
アルベルト伯爵…ユハ・リーヒマキ(T)
フィンランド国立歌劇場O&cho&児童cho
ミッコ・フランク(指)

収録:2010年11月 フィンランド国立歌劇場(ヘルシンキ)
※Opus Arte*OA1121D(DVD)のCD化
モーツァルトの再来と言われた23歳のコルンゴルトが書いた歌劇「死の都」。 喪失と孤独をテーマとし、彼自身と父の共同執筆で台本を書いたこの作品は、1920年にオットー・クレンペラー の指揮によってケルンで初演され大成功を収めました。20世紀末より人気が高まり、優れた上演も目にするよう になってきました。この2010年に行われたミッコ・フランクが指揮するフィンランド国立歌劇場でのカスパー・ホルテ ンのプロダクションは代表的な名演の一つに数えられるもので、なかでも主役を担う2人の歌手、クラウス・フローリ アン・フォークトとカミラ・ニールンドの名唱は驚くべき完成度を誇っています。大きな評判となったDVDから、音の みを抽出したCDが登場。美しい音楽を存分に味わうことができます。

Dynamic
DYNDVD-37928(DVD)
NX-C09

DYNBRD-57928(Bluray)
ジョルダーノ:歌劇「シベリア」 ステファナ…ソーニャ・ヨンチェヴァ(S)
ヴァシリ…ゲオルギー・ストゥルア(T)
グレビ…ジョルジュ・ペテアン(Br)
ニコナ…カテリーナ・ピーヴァ(Ms)
アレクシス王子…ジョルジョ・ミッセーリ(T)
イワン…アントニオ・ガレス(T)
銀行家ミスキンスキ…フランチェスコ・ヴェルナ(Br)
ワリノフ…エマヌエーレ・コルダロ(Bs)
所長…フランチェスコ・サムエレ・ヴェヌーティ(Bs)
下士官…ヨゼフ・ダダ(T)他
フィレンツェ五月音楽祭O&cho
ジャナンドレア・ノセダ(指)
演出:ロベルト・アンド

収録:2021年7月7日フィレンツェ五月音楽祭歌劇場、フィレンツェ(イタリア)
収録時間:104分
音声:イタリア語
PCMステレオ2.0/Dolby digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
歌劇「シベリア」は、ルイージ・イッリカの手になるシベリアの流刑地を舞台とした悲恋の物語の台本に、ジョルダーノがヴェリズモ・オペラの系譜に連なる緊迫感 溢れるオーケストレーションを駆使し、合唱によるロシアの調べ(「皇帝賛歌」「ボルガの舟歌」など)を加えた音楽を作曲。1903年、ミラノ・スカラ座で初演さ れました。1905年、パリでこの作品の上演を観たガブリエル・フォーレが、その音楽を高く評価したと伝えられています。本上演のロベルト・アンドによる演出は 時代を19世紀の帝政ロシアから20世紀のソヴィエト・ロシアに移し、舞台の背景に別撮りの風景や群衆の映像を投影することで寒々としたシベリアの流刑 地を彷彿させるユニークなもの。ステファナ役を歌うのは近年その実力が高く評価されているソプラノ、ソーニャ・ヨンチェヴァ。情熱的なヒロインを見事に歌い上 げます。またテノールのゲオルギー・ストゥルアが伸びのある美声で純情な恋人ヴァシリ役を切々と歌い、グレビ役のバリトンのジョルジュ・ペテアンが板についた 悪役ぶりで強い印象を残します。充実した歌唱陣に加え、フィレンツェ五月音楽祭のオーケストラ、合唱団を率いる名匠ノセダのタクトがジョルダーノのスコア から多彩な響きを引き出しながら、このオペラをドラマティックに描き尽くします。
Dynamic
CDS-7928(2CD)
NX-C09
ジョルダーノ:歌劇「シベリア」 ステファナ…ソーニャ・ヨンチェヴァ(S)
ヴァシリ…ゲオルギー・ストゥルア(T)
グレビ…ジョルジュ・ペテアン(Br)
ニコナ…カテリーナ・ピーヴァ(Ms)
アレクシス王子…ジョルジョ・ミッセーリ(T)
イワン…アントニオ・ガレス(T)
銀行家ミスキンスキ…フランチェスコ・ヴェルナ(Br)
ワリノフ…エマヌエーレ・コルダロ(Bs)
所長…フランチェスコ・サムエレ・ヴェヌーティ(Bs)
下士官…ヨゼフ・ダダ(T)他
フィレンツェ五月音楽祭O&cho
ジャナンドレア・ノセダ(指)

収録:2021年7月7日
フィレンツェ五月音楽祭歌劇場、フィレンツェ(イタリア)
歌劇「シベリア」は、ルイージ・イッリカの手になるシベリアの流刑地を舞台とした悲恋の物語の台本に、ジョルダーノがヴェリズモ・オペラの系譜に連なる緊迫感 溢れるオーケストレーションを駆使し、合唱によるロシアの調べ(「皇帝賛歌」「ボルガの舟歌」など)を加えた音楽を作曲。1903年、ミラノ・スカラ座で初演 されました。1905年、パリでこの作品の上演を観たガブリエル・フォーレが、その音楽を高く評価したと伝えられています。ステファナ役を歌うのは近年その実 力が高く評価されているソプラノ、ソーニャ・ヨンチェヴァ。情熱的なヒロインを見事に歌い上げます。またテノールのゲオルギー・ストゥルアが伸びのある美声で 純情な恋人ヴァシリ役を切々と歌い、グレビ役のバリトンのジョルジュ・ペテアンが板についた悪役ぶりで強い印象を残します。充実した歌唱陣に加え、フィレ ンツェ五月音楽祭のオーケストラ、合唱団を率いる名匠ノセダのタクトがジョルダーノのスコアから多彩な響きを引き出しながら、このオペラをドラマティックに描 き尽くします。

C Major
75-9308(2DVD)

75-9404(Bluray)
ワーグナー:舞台神聖祝典劇「パルジファル」 ジュリアン・ハバード(テノール/パルジファル:無知で無垢な若者)
ジョン・レリエ(バス・バリトン/グルネマンツ:老騎士)
トマス・トマソン(バリトン/アムフォルタス:聖杯の城の王)
キャサリン・フーノルト(ソプラノ/クンドリ:聖杯の城の女使者)
トーマス・ガゼリ(バス・バリトン/クリングゾル:魔法使い)
アレクセイ・タノヴィツキ(バス/ティートゥレル:アムフォルタスの父)
オメール・メイア・ヴェルバー(指)
マッシモ劇場O
マッシモ劇場cho
マッシモ劇場児童cho
演出:グラハム・ヴィック

収録:2020年1月26日、マッシモ劇場、パレルモ(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9 NTSC
音声:PCMステレオ,DTS5.1
リージョン:All
DVD9
原語:ドイツ語
字幕:独英韓,日本語
225分
◆Bluray
画面:1080i 16:9 FullHD
音声:PCMステレオ,
DTS-HD MA5.1
リージョン:All
BD50
原語:ドイツ語
字幕:独英韓,日本語
ワーグナー最後の大作「パルジファル」。彼の死後30年間(1913年まで)バイロイト祝祭劇場に独占上演権が与えられていた作品ですが、以降世界中の劇場で上演されています。ワーグナー自ら「舞台神聖祝典劇」と銘打ったこの作品は、中世スペインのモンサルヴァート城を舞台に、磔刑に処せられた十字架上のイエス・キリストのわき腹を刺したとされる「聖槍」とキリストが最後の晩餐に使ったとされる「聖杯」を巡る、「救済」をテーマとした物語。
今回リリースされるのは、イタリア、パレルモにあるマッシモ劇場で2020年1月に上演された際の映像。パレルモの地はこの「パルジファル」とゆかりがあり、ワーグナーがパレルモのホテル(グランド・ホテル・エ・デ・パルメ)に1881年〜1882年にかけて長期滞在していた際に作品を完成させました。またパレルモに滞在中のワーグナーを訪ねてやってきた画家のルノワールがワーグナーの肖像画を描いたのも同ホテルとのこと。
指揮は、イスラエル出身の指揮者オメール・メイア・ヴェルバー。2020/21シーズンよりマッシモ劇場の音楽監督を務めており、「パルジファル」という挑戦的な演目でデビューを飾りました。また2022/23シーズンからはウィーン、フォルクスオーパーの音楽監督に就任することも決まっている今最も注目される若手指揮者の一人です。そして演出は、世界中の歌劇場で活躍するイギリス人演出家のグラハム・ヴィック。日本では、1995年のサイトウキネンフェスティバル松本「放蕩者のなりゆき」、1996年のフィレンツェ歌劇場日本公演「ランメルモールのルチア」、2003年のミラノ・スカラ座日本公演「マクベス」「オテロ」、2013年新国立歌劇場「ナブッコ」などを手掛けたこともある名演出家。2016年にマッシモ劇場で「ニーベルングの指環」を演出しており、マッシモ劇場が近年積極的に取り組んでいるドイツ・オペラのレパートリーの拡充に一役買っています。しかし2021年7月17日、新型コロナウィルス感染症により67歳で逝去。数多くのプロダクションを手掛け、世界で最も活躍している現役演出家だっただけに、その死は大変惜しまれます。歌手陣は、タイトル・ロールにアイルランド・ダブリンを拠点に活躍するテノール歌手ジュリアン・ハバード、クンドリには優れたワーグナー歌手として注目のフランスのソプラノ歌手キャサリン・フーノルト。アムフォルタスは、ドイツ・オペラを中心に大活躍のトマス・トマソンという実力派が揃っています。  (Ki)

DACAPO
MAR-6.200007
(3SACD)

NX-F10

クリスチャン・フレゼリク・エミール・ホーネマン(1840-1906):歌劇「アラジン」 Op. 4 ブルール・マグヌス・トーデネス(T)
デニース・ベック(S)
ヨハン・ロイター(Bs-Br)
ステフェン・ミリング(Bs)
ヘニング・フォン・シュルマン(Bs)
ハンネ・フィッシャー(Ms)
シュテフェン・ブルーン(Bs)
エリザベート・ヤンソン(Ms)
フレデリーケ・カンプマン(S) 他
デンマーク国立コンサート合唱団
デンマーク国立SO
ミハエル・シェンヴァント(指)

録音:2019年4月30日 スタジオ録音
世界初録音
『千夜一夜物語』の『アラジンと魔法のランプ』に基づくアラジンの物語。デンマークの劇作家アダム・エーレンシュレーアー(1779-1850)による同名戯 曲は、クーラウやゲーゼが音楽を付け、劇付随音楽などとして上演されていた人気作です。このホーネマンの歌劇版は、1888年にベンヤミン・フェザス ンの台本を用いて作曲されてもので、東洋的な雰囲気を融合させたロマンティックな音楽が付けらましたが、残念ながら初演は準備不足もあり大失 敗。その際、序曲だけは、のちに同名の劇音楽をかいたニールセンも指揮するなど人気を博し、現在でもデンマークのコンサート・レパートリーとして生 き残っています。ホーネマンは作品に改訂を加え、1902年の再演時には18回の公演が完売するなど圧倒的な成功を収めましたが、1903年以降 のデンマーク王立歌劇場での上演はありませんでした。 今回の世界初録音となる当盤では、名手シェンヴァントが指揮を執り、デンマークを中心に活躍する歌手たちを登用、アラジンとグルナーレ王女たち の冒険を色彩豊かに描き出しています。

ALPHA
ALPHA-791(1CD)

NYCX-10301(1CD)
国内盤仕様
ロッシーニ:アリアと二重唱
歌劇「セビリアの理髪師」より
 アリア「私は町の何でも屋」(フィガロ)
 二重唱「言ってください、フィガロさん/それでは私なのね」(ロジーナ、フィガロ)
歌劇「絹のはしご」より
 アリア「恋は甘く」(ジェルマーノ)
歌劇「チェネレントラ」より
 二重唱「重要な秘密を」(ダンディーニ、ドン・マニフィコ)
歌劇「セビリアの理髪師」序曲
歌劇「アルジェのイタリア女」より
 合唱「万歳、偉大なカイマカン」
 二重唱「運命の悪戯には」(イザベッラ、タッデーオ)
 序曲
歌劇「なりゆき泥棒」より
 アリア「なんという運命、なんたる偶然」(ドン・パルメニオーネ、マルティーノ)
歌劇「オリー伯爵」より
 エール「この人けのない場所には」(ランボー)
フロリアン・センペイ(Br)
カリーヌ・デエ(Ms)
ナウエル・ディ・ピエロ(Bs)
ヨアン・デュブリュク(Br)
ボルドー国立歌劇場cho

ボルドー・アキテーヌ国立O
マルク・ミンコフスキ(指)

録音:2021年1月 ボルドー国立歌劇場
※ 国内仕様盤日本語解説、歌詞日本語訳…水谷彰良
2009年、ボルドー国立歌劇場での「魔笛」のパパゲーノ役でデビューしたフロリアン・センペイ。その後はヨーロッパ各地の劇場で活躍し、特に 「セビリアの理髪師」のフィガロを当たり役として、2020年2月の新国立劇場公演でも見事な歌唱を披露しました。そんな彼の待望のソロ・ アルバムが、縁の深いボルドー国立歌劇場のオーケストラと、総監督マルク・ミンコフスキのサポートを得て登場。自家薬籠中のロッシーニのナ ンバーに活き活きとした生命力を与え、その魅力を十二分に伝えてくれます。

CASCAVELLE
RSR-2003(2CD)
ヴェルディ:「仮面舞踏会」 マリオ・デル・モナコ(テノール リッカルド)
カルラ・カステッラーニ(ソプラノ アメーリア)、
ピエロ・ビアジーニ(バリトン レナート)
ジュリエッタ・シミオナート(メッゾソプラノ ウルリカ)、
マリサ・モレル(ソプラノ オスカル)
アルセニオ・ジュンタ(バリトン シルヴァーノ)、
カルロ・バディオーリ(バス サムエル)
ジーノ・ベッローニ(バス トム)、
ルイージ・ナルディ(テノール 判事,アメーリアの召使)
ニーノ・サンツォーニョ(指)
スイス・ロマンドO

録音:1946年5月8日 スイス ジュネーヴ大劇場、モノラル(旧RSR 6167)
偉大なテノール、マリオ・デル・モナコがヴェルディ「仮面舞踏会」に出演した貴重なラ イヴ録音。デル・モナコがリッカルドを歌ったのは若い頃だけで、全曲録音を残さなかっ た。このジュネーヴでのライヴ録音は、デル・モナコはまだ 30 歳、デビューして 5 年半の 新進テノール、さすがに声は瑞々しく魅力的。しかし幕切れの死の場面では後の偉大な オテッロのドラマティックな歌も垣間見られます。ウルリカが 36 歳直前のジュリエッタ・シミオ ナートなのも嬉しい。1940 年代半ばのライヴ録音なので音質は良好とは言い難いもの の、舞台上の声は良く捕らえていて年代にしてはまずまず聞きやすいでしょう。

C Major
76-0708(2DVD)

76-0804(Bluray)
オルガ・ノイヴィルト(1968-):オペラ「オルランド」

■ボーナス映像:
ケイト・リンゼイ、ヴィル・デュケ(映像デザイナー)、ルーカス・ニグリ(ドラマー)によるインタビュー
ケイト・リンゼイ(オルランド/メゾソプラノ)
アンナ・クレメンティ(ナレーター)
エリック・ジュレナス(守護天使/カウンターテナー)
コンスタンス・ハウマン(女王、純愛、オルランドの子の友人/ソプラノ)
レイ・メルローズ(シェルマディン、グリーン/バリトン)
ジャスティン・ヴィヴィアン・ボンド(オルランドの子供)
アグネタ・アイヒェンホルツ(サシャ、純潔/ソプラノ)
ケイト・ラ・フォレ(オルランドのガールフレンド、リード・シンガー)
ルーカス・ニグリ(ドラマー)
マティアス・ピンチャー(指)
ウィーン国立歌劇場O&cho

演出:カロリーネ・グルーバー

収録:2019年12月、ウィーン国立歌劇場(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9 NTSC
音声:PCMステレオ,DTS5.1
リージョン:All
原語:英語
字幕(本編):独 英 韓,日本語
ボーナス:英語
181 分(本編)):173 分/ボーナス:8 分)
◆Bluray
画面:1080i 16:9 FullHD
音声:PCMステレオ,DTS-HD MA5.1
リージョン:All
原語:英語
字幕(本編):独 英 韓,日本語
ボーナス:英語
181 分(本編)):173 分/ボーナス:8 分)
2019年、創立150周年を迎えたウィーン国立歌劇場。その長い歴史の中で女性作曲家の作品が上演されたことはありませんでした。同劇場の150周年記念公 演オペラとして、オーストリアの現代音楽作曲家オルガ・ノイヴィルトに作曲を委嘱したオペラ「オルランド」が2019年12月8日世界初演されました。
「オルランド」は、イギリスの小説家のヴァージニア・ウルフが1928年に発表した小説『Orlando: A Biography』をもとにした作品。原作は、エリザベス1世 統治下のイングランドで生まれた青年貴族・オルランドが、7日間の昏睡状態から目覚めたあと、女性へと変身。女性の文学者として地位を築き、結婚・出産を経 験するという3世紀にわたる物語。ヴァージニア・ウルフは、英国のモダニズム文学を代表する作家で女権運動の先駆的存在と言われています。原作は、イギリス の詩人で作家、園芸家のヴィタ・サックヴィル=ウェスト(ウルフと親友であり恋人関係にあったとも)に捧げられており、二人の関係を基に描かれた半自叙伝的な 小説と言われています。
本上演は、原作者のヴァージニア・ウルフ、作曲家のノイヴィルトだけでなく、脚本、演出、衣装のすべてに女性が起用されたことでも話題になりました。脚本は フランス系アメリカ人の劇作家キャサリン・フィルー。衣装はコム・デ・ギャルソンの川久保玲。ノイヴィルトからの熱烈なオファーがあったといい、エリザベス朝か ら20世紀まで時代背景をもとに、古典的なスタイルを打ち破るようなスタイリッシュかつ斬新な計142種類のデザインの衣装が使われています。 (Ki)
C Major
76-0408(DVD)

76-0504(Bluray)
ヤナーチェク:歌劇「イェヌーファ」 ハンナ・シュヴァルツ(アルト/ブリヤ家のおばあさん)
スチュアート・スケルトン’(テノール/ラツァ・クレメニュ)
ラディスワフ・エルグル(テノール/シュテヴァ・ブリヤ)
エヴェリン・ヘルリツィウス(メゾソプラノ/コステルニチカ)
カミラ・ニールンド(ソプラノ/イェヌーファ)
サー・サイモン・ラトル(指)
ベルリン国立歌劇場O&cho
演出:ダミアーノ・ミキエレット

収録:2021年2月、ベルリン国立歌劇場、ベルリン(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9 NTSC
音声:PCMステレオ、DTS5.1
リージョン:All
原語:チェコ語
字幕:英独仏西韓,日本語
126分
◆Bluray
画面:1080i 16:9 FullHD
音声:PCMステレオ
DTS-HD MA5.1
リージョン:All
原語:チェコ語
字幕:英独仏西韓,日本語
126分
故郷モラヴィア地方を舞台にしたヤナーチェク三作目のオペラ「イェヌーファ」。モラヴィアの閉鎖的な寒村で繰り広げられる普遍的な人間関係を描いた内容 で、ガブリエラ・プライソヴァーの戯曲「彼女の養女」がもとになっています。オペラでは原作の散文風の会話をそのまま用い、美しいメロディーに満ちた、チェコ・ モラヴィア地方の民族色豊かな作風です。
あらすじは、村一番の美人イェヌーファは、従兄弟のシュテヴァの子を未婚のまま妊娠し秘密裏に出産します。一方、シュテヴァの異父兄ラツァはイェヌーファを愛 しています。イェヌーファの継母コステルニチカは、シュテヴァにイェヌーファと結婚するよう懇願しますが拒否され、今度はラツァと結婚させるために、赤ん坊を殺 してしまいます。コステルニチカはイェヌーファには病死したと嘘をつきますが、イェヌーファとラツァの結婚式の日、赤ん坊の死体が見つかります。すべての真実が 明かされ、イェヌーファとラツァは苦難を乗り越え、互いを愛し共に生きていくこと誓います。 愛、絶望、嫉妬、など現代にも通じる人間の様々な感情をリアルに描き出した内容です。
本上演は、2021年2月にイタリア出身のダミアーノ・ミキエレットによる演出、サイモン・ラトル指揮でベルリン国立歌劇場で上演されたもの。コロナ禍で行われ た本上演はライブ・ストリーミング配信もされました。イェヌーファ役にはカミラ・ニールンド。村娘の純粋さと困難を乗り越えていく力強さを感じる歌声です。そし てコステルニチカにはエヴェリン・ヘルリツィウス。バイロイトの常連歌手らしく迫力のある歌唱を聞かせてくれます。そしてイェヌーファを妊娠させ逃げる男シュテ ヴァにラディスワフ・エルグル。イェヌーファへの愛を最後まで貫くラツァにはオーストラリア出身のスチュアート・スケルトン。と主要キャスト4人の力量が発揮され た聴きごたえのある歌唱を披露しています。またヤナーチェクの作品を積極的に演奏してきたラトルならではの色彩的で情緒豊かな音楽を描き出しています。 (Ki)

KLARTHE
KLA-073(2CD)
アレヴィ:喜歌劇「アヴィニョンの好事家」(台本:レオン・アレヴィ) メロディ・ルルジャン(S)、ヴィルジニ・ポション(S)、マティアス・ヴィダル(T)、ジュリアン・ヴェロネーゼ(Br)、アルノー・マルゾラーティ(Br)
プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏cho
アヴィニョン=プロヴァンス地方O、
ミシェル・ピクマル(指)

ライヴ録音:2014年4月18日/アヴィニョン歌劇場(フランス)
19世紀前半に活躍したフランスの作曲家ジャック・アレヴィ。現在演奏機会には恵まれないもののワーグナーが激賞していたほどの人物であ り、オペラ史を語る上で欠くことができない存在です。当アルバムは喜歌劇「アヴィニョンの好事家」をミシェル・ピクマル(指)アヴィニョン=プロヴァンス地方管 弦楽団がコンサート形式で甦演したライヴ録音です。
1829年に作曲された「アヴィニョンの好事家」は13の場面で構成された1幕の喜歌劇。ロッシーニなどのイタリア・オペラに夢中だったフランスのクラシック 音楽愛好家の心をくすぐる面白さがあります。終始明るくメロディアスな音楽が実に魅力的です、 (Ki)

ALPHA
ALPHA-824(1CD)
『ライヴァルたち』 〜フランス・オペラ、オペラ・コミークからのエールと二重唱
(1)ピエール=アレクサンドル・モンシニー(1729-1817): 歌劇「美しきアルセーヌ」(1773) よりエール「ここはどこ?」(アルセーヌ)
(2)ジャン・フレデリック・エデルマン(1749-1794): 歌劇「ナクソス島のアリアーヌ」(1782) より情景「でも テゼはいない」(アリアーヌ)
(3)J.C.バッハ: 歌劇「シピオーネの慈悲」(1778) より二重唱「なんて不幸なの!何ですって?」(アルシンダ、ルチェイオ)
(4)グルック:歌劇「皇帝ティートの慈悲」(1752) よりアリア「あなたの顔を 優しい風が」(セスト)
(5) 歌劇「アルセスト」(1776) よりエール「ステュクスの神々」(アルセスト)
(6)ルイ=リュック・ロワゾー・ド・ペルスュイ(1769-1819):歌劇「ファニー・モルナ」(1799) よりエール「おお、聖なる守護神よ」(ポーリーヌ)
(7)アンドレ=エルネスト=モデスト・グレトリ(1741-1813): 歌劇「有り余る富」(1782) よりエール「幼い頃から 私たち2人は」(ロゼット)
(8)ケルビーニ:歌劇「デモフォン」(1788) より情景「少しだけ 彼女が祭壇に」(ディルセ、イルシーユ)
(9)アントニオ・サッキーニ(1730-1786):歌劇「ルノー」(1782)よりエール「野蛮な愛 心の暴君よ」(アルミード)
(10)グレトリ:歌劇「オーカッサンとニコレット」(1779)より エール「私の大切な想い人」(ニコレット)
(11)ニコラ ダレラック(1753-1809):歌劇「カミーユ あるいは地下牢」(1791)より 二重唱「不幸な者の守護者たる天よ」(カミーユ、アドルフ)
ヴェロニク・ジャンス(S)…2、3、5、7、8、9、11
サンドリーヌ・ピオー(S)…1、3、4、6、8、10、11
ル・コンセール・ド・ラ・ロージュ(古楽器使用)
ジュリアン・ショーヴァン(指)

録音:2021年6月21-22日 サン=ミシェル=アン=ティエラルシュ修道院、フランス東北部
バロックからロマン派まで幅広いレパートリーを持ち、録音はもちろんヨーロッパ各地の歌劇場にひっぱりだこのジャンスとピオーという2人が、 ショーヴァンという理想的なパートナーと共に作り上げた、録音希少レパートリー満載のアルバム。それぞれのソロはもちろん、デュオでのダイナ ミックな表現はまさに女王の風格といえるものです。ル・コンセール・ド・ラ・ロージュの溌溂とした演奏も花を添えており、たいへん聴き応えのあ るアルバムとなっています。

MAGGIO LIVE
MAGGIO-032(2CD)
ヴェルディ:歌劇『ナブッコ』 プラシド・ドミンゴ(ナブッコ)
ファビオ・サルトーリ(イズマエーレ)
アレクサンドル・ヴィノグラードフ(ザッカリーア)
マリア・ホセ・シーリ(アビガイッレ)
カテリーナ・ピヴァ(フェネーナ)
アレッシオ・カッチャマーニ(ベルの大司祭)
アルフォンソ・ザンブート(アブダロ)
カルメン・ブエンディア(アンナ)
パオロ・カリニャーニ(指)
フィレンツェ五月音楽祭O&cho

録音:2020年10月4、13日フィレンツェ五月音楽祭劇場(ライヴ)
2020年10月、フィレンツェ五月音楽祭劇場での『ナブッコ』を収録。何と言ってもタイトルロールを演じるドミンゴの圧倒的カリスマが大の魅力です。ドミンゴ にとっては1971年のプレートル指揮『トゥーランドット』でのカラフ役以来、約50年ぶりにフィレンツェの歌劇場に帰ってきたという特別な公演でした。2021 年1月に80歳を迎える直前とは言え、力強くも美しい声はまったくもって大健在。60年を超えるキャリアによって培われた巧みな歌唱が音楽と言葉を完全に一 体化させ、聴く人の心にずしりと訴えかけてきます。コロナ禍での上演ということで舞台演出も観客席もソーシャルディスタンスを強いられましたが、音楽の力はい ささかも弱まっておりません! (Ki)


Profil
PH-21036(15CD)
ラフマニノフ:オペラ、声楽、協奏曲大集成


■Disc1 59’10”
歌劇「アレコ」

■Disc2 58’24”
歌劇「アレコ」

■Disc3 60’26”
歌劇「けちな騎士」
■Disc4 62’21”
歌劇「フランチェスカ・ダ・リミニ」

■Disc5 78’49”
(1)「仮面舞踏会」〜アルベーニンのモノローグ
(2)「ボリス・ゴドゥノフ」〜ピーメンのモノローグ
(3)「アレコ」〜若いジプシーのロマンス
(4)「アレコ」〜カヴァティーナ
(5)「フランチェスカ・ダ・リミニ」〜フランチェスカのアリア「泣かないで、パオロ」
(6)「フランチェスカ・ダ・リミニ」から5つの場面
(7)「フランチェスカ・ダ・リミニ」〜ランチョットのモノローグ
(8)「けちな騎士」から6つの場面
(9)「アレコ」〜カヴァティーナ

■Disc6 68’24”
(1)聖なる僧院の門の傍らに
(2)私はおまえに何も語るまい
(3)時は今4月(ロシア語歌唱)
(4)夕闇は迫り
(5)夢を失った男の歌
(7)スタニスラフスキーへの手紙
(8)ああ、お願いだ、行かないでOp.4の1
(9)朝Op.4の2
(10)夜の静けさにOp.4の3
(11)美しい人よ、私のために歌わないでOp.4の4
(12)ああ、私の畑よOp.4の5
(13)昔のことだろうか、友よOp.4の6
(14)睡蓮Op.8の1
(15)我が子よ、おまえは花のように美しいOp.8の2
(16)思いOp.8の3
(17)私は悲しい恋をしたOp.8の4
(18)夢Op.8の5
(19)祈りOp.8の6
(20)夜の静けさにOp.4の3
(21)ああ、私の畑よOp.4の5
(22)夢Op.8の5
(23)昔のことだろうか、友よOp.4の6

■Disc7 71’19”
(1)私はあなたを待っているOp.14の1 
(2)小島Op.14の2
(3)昔から恋には慰めは少なくOp.14の3
(4)私は彼女のもとに行ったOp.14の4
(5)この夏の夜Op.14の5 年
(6)みな君を愛しているOp.14の6
(7)私を信じるな、友よOp.14の7
(8)ああ悲しまないでOp.14の8
(9)彼女は真昼のように美しいOp.14の9
(10)私の胸のうちにOp.14の10
(11)春の洪水Op.14の11
(12)時間だ!Op.14の12
(13)運命Op.21の1
(14)新しい墓の上でOp.21の2
(15)夕暮れOp.21の3
(16)女たちは答えたOp.21の4
(17)ライラックOp.21の5 年
(18)ミュッセからの断片Op.21の6
(19)ここは素晴らしいOp.21の7
(20)鶸の死に寄せてOp.21の8
(21)メロディOp.21の9
(22)私は予言者ではないOp.21の11
(23)なんという苦しさOp.21の12
(24)女たちは答えたOp.21の4
(25)ここは素晴らしいOp.21の7
(26)春の洪水Op.14の11年
(27)ライラックOp.21の5 
(28)ミュッセからの断片Op.21の6 
(29)私は彼女のもとに行ったOp.14の4
(30)なんという苦しさOp.21の12

■Disc8 54’24”
(1)あまたの響きがOp.26の1 
(2)私はすべてを奪われたOp.26の2
(3)息がつけるでしょうOp.26の3
(4)捨てよう、かわいい女よOp.26の5
(5)キリストは起ち上がりぬOp.26の6 
(6)子供たちにOp.26の7
(7)私は許しを請うOp.26の8
(8)私は再びひとりOp.26の9
(9)私の窓辺にOp.26の10
(10)噴水Op.26の11
(11)夜は悲しいOp.26の12
(12)昨日私たちは会ったOp.26の13
(13)すべては過ぎ去りOp.26の15
(14)あまたの響きがOp.26の1
(15)私はすべてを奪われたOp.26の2
(16)夜は悲しいOp.26の12
(17)昨日私たちは会ったOp.26の13
(18)私は再びひとりOp.26の9
(19)私の窓辺にOp.26の10
(20)私は許しを請うOp.26の8
(21)捨てよう、かわいい女よOp.26の5
(22)夜は悲しいOp.26の12
(23)すべては過ぎ去りOp.26の15
(24)息がつけるでしょうOp.26の3

■Disc9 70’17”
(1)ミューズOp.34の1
(2)私たちの誰の心にもOp.34の2
(3)そよぐ風Op.34の4 
(4)アリオンOp.34の5
(5)ラザロの復活Op.34の6
(6)そんなことはないOp.34の7
(7)音楽Op.34の8
(8)あなたは彼を知っていたOp.34の9
(9)その日を覚えているOp.34の10
(10)何という幸せOp.34の12
(11)不協和音Op.34の11
(12)ヴォカリーズOp.34の12
(13)夜更けに私の庭でOp.38の1
(14)彼女にOp.38の2
(15)マーガレットOp.38の3
(16)ねずみ捕りOp.38の4
(17)夢Op.38の5
(18)おーい!Op.38の6 
(19)おどけ歌
(20)ライラック(作曲者編ピアノ版) 
(21)マーガレット(作曲者編ピアノ版)
(22)私の白粉よ、頬紅よ
(23)ヴォカリーズ(作曲者編オーケストラ版)

■Disc10 45’24”
(1)キリストは起ち上がりぬOp.26の6
(2)すべては過ぎ去りOp.26の15
(3)息がつけるでしょうOp.26の3
(4)ヴォカリーズOp.34の12
(5)ここは素晴らしいOp.21の7 
(6)美しい人よ、私のために歌わないでOp.4の4 
(7)おどけ歌
(8)夜の静けさにOp.4の3
(9)ライラックOp.21の5
(10)ああ悲しまないでOp.14の8 
(11)美しい人よ、私のために歌わないでOp.4の4
(12)ヴォカリーズOp.34の12

■Disc11 64’57”
(1)たゆまず祈る聖母(1893)
(2)カンタータ「春」Op.20
(3)3つのロシアの歌Op.41
(4)カンタータ「春」Op.20
(5)3つのロシアの歌Op.41

■Disc12 73’04”
(1)合唱交響曲「鐘」Op.35
(2)合唱交響曲「鐘」Op.35 

■Disc13 57’27”
(1)パガニーニの主題による狂詩曲Op.43
(2)交響的舞曲Op.45

■Disc14 61’30”
(1)ピアノ協奏曲第1番嬰ヘ短調Op.1
(2)ピアノ協奏曲第2番ハ短調Op.18

■Disc15 64’20”
(1)ピアノ協奏曲第3番ニ短調Op.30
(2)ピアノ協奏曲第4番ト短調Op.40
■Disc1 59’10”
アレコ:イワン・ペトロフ(Bs)、老ジプシー:アレクサンドル・オグニフツェフ(Bs)、若いジプシー:アナトーリ・オルフョーノフ(T)、ゼムフィーラ:ニーナ・ポクロフスカヤ(S)、ジプシーの老婆:ブロニスラヴァ・ズラトゴロワ(C.A)、ニコライ・ゴロワノフ(指)ボリショイ劇場管O&cho/録音:1951年
■Disc2 58’24”
アレコ:アレクサンドル・オグニフツェフ(Bs)、老ジプシー:マルク・レイゼン(Bs)、若いジプシー:アナトーリ・オルフョーノフ(T)、ゼムフィーラ:ニーナ・ポクロフスカヤ(S)、ジプシーの老婆:ブロニスラヴァ・ズラトゴロワ(C.A)、ニコライ・ラビノヴィチ(指)レニングラード・フィル/録音:1953年(未発売)
■Disc3 60’26”
爵:ウラジーミル・ザハーロフ(Br)、息子アリベルト:ヴラジスラフ・ラジエフスキー(T)、召使イワン:オレグ・ダレツキー(Bs)、金貸しソロモン:ニコライ・ザハーロフ(T)、公爵:ワジム・ルスラノフ(Br)、ワシーリー・ネボリシン(指)モスクワ・フィル/,録音:1958年(未発売)
■Disc4 62’21”
ランチョット:ヴィクトル・ネチパイロ(Br)、フランチェスカ:ディーナ・ジャン(S)、パオロ:アンドレイ・ソコロフ(T)、ヴィルギルの影:ユーリ・デメンチェフ(Br)、ダンテ:ヴィタリー・ウラーソフ(T)
アレクサンドル・メリク=パシャーエフ(指)ボリショイ劇場管O&cho/録音:1956年ライヴ(未発売)
■Disc5 78’49”
(1)アレクサンドル・ピロゴフ(Bs)、ボリス・ユルタイキン(P)/録音:1959年
(2)イワン・コズロフスキー(T)、イズラエリ・グスマン(指)モスクワ・フィル/録音:1955年
(3)セルゲイ・レメシェフ(T)、ワシーリー・ネボリシン(指)ボリショイ劇場O/録音:1946年
(4)マルク・レイゼン(Bs)、ワシーリー・ネボリシン(指)オーケストラ不詳/録音:1955年
(5)ヴェラ・フィルソワ(S)、ワシーリー・ネボリシン(指)ボリショイ劇場O/録音:1959年
(6)フランチェスカ:グラフィラ・デオミドワ(S)、ランチョット:ヴィクトル・ネチパイロ(Br)、ボリス・ハイキン(指)ボリショイ劇場O/録音:1946年(未発売)
(7)イワン・ペトロフ(Bs)、ボリス・ハイキン(指)ボリショイ劇場O/録音:1963年
(8)「男爵:ウラジーミル・ザハーロフ(Br)、ヴィクトル・クバツキー(指)モスクワRSO/録音:1951年(未発売)
(9)フョードル・シャリヤピン(Bs)、ローレンス・コリングウッド(指)オーケストラ/録音:1929年11月10日ロンドン
■Disc6 68’24”
(1)アレクサンドル・ピロゴフ(Bs)、ボリス・ユルタイキン(P)/録音:1953年
(2)セルゲイ・シャポシニコフ(Br)、エフゲニー・レベジェフ(P)/録音:1951年
(3)パヴェル・リシツィアン(Br)、アンドレイ・ムィトニク(P)/録音:1952年
(4)エフゲーニャ・マズルケヴィチ(S)、マリヤ・コンドラショーワ(P)/録音:1958年
(5)アレクサンドル・ピロゴフ(Bs)、ボリス・ユルタイキン(P)/録音:1953年
(6)ヴェラ・ボリセンコ(Ms)、ニコライ・コロリコフ(P)/録音:1954年
(7)ダニール・デミャーノフ(Br)、アレクサンドル・デデューヒン(P)/録音:1948年
(8)パヴェル・リシツィアン(Br)、ナウム・ヴァリテル(P)/録音:1954年
(9)ザーラ・ドルハーノワ(Ms)、ベルタ・コゼリ(P)/録音:1950年
(10)夜の静けさにOp.4の3 パヴェル・リシツィアン(Br)、ナウム・ヴァリテル(P)/録音:1954年
(11)ガリーナ・ヴィシネフスカヤ(S)、アレクサンドル・デデューヒン(P)/録音:1961年
(12)ナデジダ・オブホワ(S)、マトヴェイ・サハロフ(P)/録音:1951年
(13)アレクセイ・イワーノフ(Br)、アレクセイ・ズィプツェフ(P)/録音:1953年
(14)ザーラ・ドルハーノワ(Ms)、ベルタ・コゼリ(P)/録音:1950年
(15)アンドレイ・イワーノフ(Br)、ゲオルギー・オレントリヘル(P)/録音:1952年
(16)アレクサンドル・ピロゴフ(Bs)、ボリス・ユルタイキン(P)/録音:1952年
(17)ナデジダ・オブホワ(S)、マトヴェイ・サハロフ(P)/録音:1951年
(18)パヴェル・リシツィアン(Br)、ナウム・ヴァリテル(P)/録音:1954年
(19)ザーラ・ドルハーノワ(Ms)、ベルタ・コゼリ(P)/録音:1955年
(20)セルゲイ・レメシェフ(T)、アブラム・マカーロフ(P)/録音:1947年
(21)セルゲイ・レメシェフ(T)、ナウム・ヴァリテル(P)/録音:1951年
(22)セルゲイ・レメシェフ(T)、オリガ・トーミナ(P)/録音:1956年
(23)友よOp.4の6 ウラジーミル・ポリトコフスキー(Br)、マトヴェイ・サハロフ(P)/録音:1935年
■Disc7 71’19”
(1)ガリーナ・ヴィシネフスカヤ(S)、アレクサンドル・デデューヒン(P)/録音:1961年
(2)イワン・コズロフスキー(T)、ピョートル・ニキーチン(P)/録音:1954年
(3)ヴェラ・ボリセンコ(Ms)、アブラム・マカーロフ(P)/録音:1954年
(4)パヴェル・リシツィアン(Br)、アンドレイ・ムィトニク(P)/録音:1953年
(5)ザーラ・ドルハーノワ(Ms)、ベルタ・コゼリ(P)/録音:1951年
(6)セルゲイ・シャポシニコフ(Br)、エフゲニー・レベジェフ(P)/録音:1951年
(7)レオカディア・マスレンニコワ(S)、ファイナ・モズナイム(P)/録音:1954年
(8)ザーラ・ドルハーノワ(Ms)、ベルタ・コゼリ(P)/録音:1951年
(9)パヴェル・リシツィアン(Br)、アンドレイ・ムィトニク(P)/録音:1953年
(10)パヴェル・リシツィアン(Br)、アンドレイ・ムィトニク(P)/録音:1954年
(11)イワン・コズロフスキー(T)、ピョートル・ニキーチン(P)/録音:1954年
(12)アレクサンドル・オグニフツェフ(Bs)、ニコライ・コロリコフ(P)/録音:1954年
(13)ボリス・グムィリャ(Bs)、レフ・オストリン(P)/録音:1952年
(14)アレクサンドル・オグニフツェフ(Bs)、ニコライ・コロリコフ(P)/録音:1954年
(15)エレーナ・カツリスカヤ(S)、ボリス・ユルタイキン(P)/録音:1948年
(16)ザーラ・ドルハーノワ(Ms)、ベルタ・コゼリ(P)/録音:1951年
(17)ザーラ・ドルハーノワ(Ms)、ベルタ・コゼリ(P)/録音:1950年
(18)パヴェル・リシツィアン(Br)、アンドレイ・ムィトニク(P)/録音:1952年
(19)ニーナ・ドルリアク(S)、スヴャトスラフ・リヒテル(P)/録音:1953年
(20)セルゲイ・レメシェフ(T)、ナウム・ヴァリテル(P)/録音:1953年
(21)ナターリヤ・シュピッレル(S)、レフ・オボーリン(P)/録音:1953年
(22)パンテレイモン・ノルツォフ(Br)、ナウム・ヴァリテル(P)/録音:1950年
(23)パヴェル・リシツィアン(Br)、アンドレイ・ムィトニク(P)/録音:1953年
(24) セルゲイ・レメシェフ(T)、アブラム・マカーロフ(P)/録音:1947年
(25)セルゲイ・レメシェフ(T)、ナウム・ヴァリテル(P)/録音:1950年
(26)セルゲイ・レメシェフ(T)、アブラム・マカーロフ(P)/録音:1947年
(27)セルゲイ・レメシェフ(T)、ナウム・ヴァリテル(P)/録音:1949年
(28)セルゲイ・レメシェフ(T)、アブラム・マカーロフ(P)/録音:1947年
(29)セルゲイ・レメシェフ(T)、ナウム・ヴァリテル(P)/録音:1950年
(30)セルゲイ・レメシェフ(T)、アブラム・マカーロフ(P)/録音:1950年
■Disc8 54’24”
(1)パヴェル・リシツィアン(Br)、マトヴェイ・サハロフ(P)/録音:1949年
(2)パヴェル・リシツィアン(Br)、アンドレイ・ムィトニク(P)/録音:1953年
(3)アレクサンドル・ピロゴフ(Bs)、ボリス・ユルタイキン(P)/録音:1959年
(4)イワン・コズロフスキー(T)、ピョートル・ニキーチン(P)/録音:1953年
(5)イワン・コズロフスキー(T)、ナウム・ヴァリテル(P)/録音:1954年
(6)アンドレイ・イワーノフ(Br)、ゲオルギー・オレントリヘル(P)/録音:1952年
(7)ゲオルギー・ネレップ(T)、マトヴェイ・サハロフ(P)/録音:1956年
(8)パヴェル・リシツィアン(Br)、アンドレイ・ムィトニク(P)/録音:1954年
(9)イワン・コズロフスキー(T)、ピョートル・ニキーチン(P)/録音:1954年
(10)エリザヴェータ・シュムスカヤ(S)、ニコライ・コロリコフ(P)/録音:1954年
(11)セルゲイ・レメシェフ(T)、アブラム・マカーロフ(P)/録音:1947年
(12)パヴェル・リシツィアン(Br)、アンドレイ・ムィトニク(P)/録音:1954年
(13)パヴェル・リシツィアン(Br)、アンドレイ・ムィトニク(P)/録音:1954年
(14)パンテレイモン・ノルツォフ(Br)、ナウム・ヴァリテル(P)/録音:1952年
(15)アレクサンドル・ピロゴフ(Bs)、ボリス・ユルタイキン(P)/録音:1954年
(16)アレクサンドル・ピロゴフ(Bs)、ボリス・ユルタイキン(P)/録音:1954年
(17)セルゲイ・レメシェフ(T)、アブラム・マカーロフ(P)/録音:1947年
(18)セルゲイ・レメシェフ(T)、ナウム・ヴァリテル(P)/録音:1962年
(19)ヴェラ・フィルソワ(S)、N.ムルザコワ(P)/録音:1949年
(20)アレクサンドル・オグニフツェフ(Bs)、ニコライ・コロリコフ(P)/録音:1954年
(21)ゲオルギー・ヴィノグラードフ(T)、アレクサンドル・ゴリデンヴェイゼル(P)/録音:1945年
(22)ゲオルギー・ヴィノグラードフ(T)、アレクサンドル・ゴリデンヴェイゼル(P)/録音:1945年
(23)アンドレイ・イワーノフ(Br)、ゲオルギー・オレントリヘル(P)/録音:1952年
(24)ソロモン・フロムチェンコ(T)、アレクセイ・ズィプツェフ(P)/録音:1948年
■Disc9 70’17”
(1)ザーラ・ドルハーノワ(Ms)、ベルタ・コゼリ(P)/録音:1955年
(2)ウラジーミル・ザハーロフ(Br)、ゲオルギー・オレントリヘル(P)/録音:1955年
(3)セルゲイ・レメシェフ(T)、ナウム・ヴァリテル(P)/録音:1952年
(4)ヴィターリー・キルチェフスキー(T)、ゲオルギー・オレントリヘル(P)/録音:1950年
(5)アレクサンドル・ヴェリチ(Br)、クリストフ・アルトミュラー(P)/録音:1952年
(6)アンドレイ・イワーノフ(Br)、ゲオルギー・オレントリヘル(P)/録音:1954年
(7)レオカディア・マスレンニコワ(S)、ニコライ・コロリコフ(P)/録音:1952年
(8)アンドレイ・イワーノフ(Br)、ゲオルギー・オレントリヘル(P)/録音:1954年
(9)イワン・コズロフスキー(T)、ピョートル・ニキーチン(P)/録音:1954年
(10)イワン・コズロフスキー(T)、ピョートル・ニキーチン(P)/録音:1954年
(11)ナターリヤ・ロジェストヴェンスカヤ(S)、オリガ・トーミナ(P)/録音:1952年
(12)イワン・コズロフスキー(T)、ピョートル・ニキーチン(P)/録音:1954年
(13)アナトーリ・オルフョーノフ(T)、ダヴィド・ガルキン(P)/録音:1947年
(14)ナターリヤ・シュピッレル(S)、レフ・オボーリン(P)/録音:1955年
(15)レオカディア・マスレンニコワ(S)、ベルタ・コゼリ(P)/録音:1955年
(16)セルゲイ・レメシェフ(T)、アブラム・マカーロフ(P)/録音:1950年
(17)ザーラ・ドルハーノワ(Ms)、ベルタ・コゼリ(P)/録音:1963年
(18)レオカディア・マスレンニコワ(S)、アブラム・マカーロフ(P)/録音:1954年
(19)マクシム・ミハイロフ(Bs)、ニコライ・コロリコフ(P)/録音:1950年
(20)セルゲイ・ラフマニノフ(P)/録音:1942年2月26日
(21)セルゲイ・ラフマニノフ(P)/録音:1940年3月18日
(22)ナデジダ・プレヴィツカヤ(Ms)、セルゲイ・ラフマニノフ(P)/録音:1926年2月22日
(23) セルゲイ・ラフマニノフ(指)フィラデルフィアO/録音:1929年4月20日
■Disc10 45’24”
(1)イワン・コズロフスキー(T)、イズラエリ・グスマン(指)モスクワ・フィル/録音:1955年
(2)イワン・コズロフスキー(T)、イズラエリ・グスマン(指)モスクワ・フィル/録音:1954年
(3)イワン・コズロフスキー(T)、イズラエリ・グスマン(指)モスクワ・フィル/録音:1952年
(4)イワン・コズロフスキー(T)、サムイル・サモスード(指)ソヴィエト国立SO/録音:1947年
(5)イワン・コズロフスキー(T)、イズラエリ・グスマン(指)モスクワ・フィル/録音:1955年
(6)イワン・コズロフスキー(T)、ワジム・ボリソフスキー(Va)、マトヴェイ・サハロフ(P)/録音:1937年
(7)イワン・ペトロフ(Bs)、ヴィターリー・グヌートフ(指)オシポフ記念ロシア民俗楽器楽団/録音:1960年
(8)ユッシ・ビョルリング(T)、ニルス・グレヴィリウス(指)ストックホルム・コンサート協会O/録音:1947年11月27日
(9)ユッシ・ビョルリング(T)、ニルス・グレヴィリウス(指)ストックホルム・コンサート協会O/録音:1947年11月27日
(10)ニーナ・イサコワ(Ms)、O/録音:1962年
(11)セルゲイ・レメシェフ(T)、ワジム・ボリソフスキー(Va)、ナウム・ヴァリテル(P)/録音:1949年
(12)ヴェラ・フィルソワ(S)、エフゲニー・スヴェトラーノフ(指)ボリショイ劇場O/録音:1959年
■Disc11 64’57”
(1)ヴィクトル・コマロフ(指)モスクワ大司教座合唱団/録音:1948年7月6日モスクワ・ライヴ
(2)セルゲイ・ミガイ(Br)、ニコライ・ゴロワノフ(指)モスクワRSO/録音:1947年
(3)ニコライ・ゴロワノフ(指)モスクワRSO、合唱団/録音:1945年
(4)エフゲニー・キプカロ(Br)、アレクサンドル・ガウク(指)モスクワRSO/録音:1958年
(5)3アレクサンドル・ガウク(指)モスクワRSO、合唱団/録音:1957年
■Disc12 73’04”
(1)ナターリヤ・シュピッレル(S)、アレクサンドル・ホッソン(T)、アレクセイ・コロリョフ(Bs)、ユルロフ記念合唱団、コンスタンチン・シメオノフ(指)ソヴィエト国立SO/録音:1948年2月1日モスクワ・ライヴ
(2)エリザヴェータ・シュムスカヤ(S)、ミハイル・ドーヴェンマン(T)、アレクセイ・ボリシャコフ(Bs)、ユルロフ記念合唱団、キリル・コンドラシン(指)モスクワ・フィル/録音:1962年(ステレオ)
■Disc13 57’27”
(1)ヴィクトル・メルジャーノフ(P)、ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指)モスクワRSO/録音:1959年モスクワ・ライヴ
(2)ユージン・オーマンディ(指)フィラデルフィアO/録音:1960年3月19日
■Disc14 61’30”
(1)スヴャトスラフ・リヒテル(P)、クルト・ザンデルリンク(指)モスクワRSO/録音:1955年2月18日
(2)スヴャトスラフ・リヒテル(P)、クルト・ザンデルリンク(指)レニングラード・フィル/録音:1959年2月18日
■Disc15 64’20”
(1)エミール・ギレリス(P)、アンドレ・クリュイタンス(指)パリ音楽院O/録音:1955年6月13日パリ
(2)ヤコフ・ザーク(P)、キリル・コンドラシン(指)モスクワ・フィル/録音:1954年
ラフマニノフといえば自身が大ピアニストだったこともあり、なんといってもピアノ曲のイメージが強いですが、若い頃ボリショイ劇場等で指揮者としても働きオ ペラにも精通していました。またラフマニノフ独特の流れるようなメロディはまさに歌向きで、魅力的な歌曲を多数残しています。
このBoxは断片も含む彼のオペラ全曲にはじまり、宗教曲や合唱付きのもの、そしてほぼすべての歌曲を網羅しています。加えてリヒテル、ギレリス、ザーク、メ ルジャーノフら旧ソ連の巨匠によるピアノ協奏曲もすべて収められているのが凄すぎ。さらにさらに、ラフマニノフ最後の大作「交響的舞曲」を献呈され初演した オーマンディとフィラデルフィアOの演奏で聴くことができる大盤振舞い。
オペラもゴロワノフをはじめラビノヴィチ、メリク=パシャーエフ、ハイキンらボリショイ黄金時代の演奏を堪能できます。声楽陣もペトロフ、レメシェフ、コズロフ スキー、レイゼンら錚々たる面々が神業的解釈を聴かせてくれます。ラフマニノフの歌曲はピアノ・パートが凝っていますが、オボーリン、ゴリデンヴェイゼルら伝説 の名手が担っているのも聴くことができ貴重です。そのほかにもスヴェトラーノフ、ロジェストヴェンスキー、ザンデルリンク、コンドラシンとオールスターキャストの 相を呈しています。
いずれも貴重な音源ですが、ピアニストとしても有名な当企画のプロデューサー、アンドレイ・ホテーエフの個人コレクションで未発表も多数含まれるお宝品。大 半が古い録音ながら、細心の注意でマスタリングが施されています。 (Ki)

Profil
PH-22004
(CD+DVD)
君はわが心のすべて〜レハール絶美の世界
■CD
レハール:ワルツ「金と銀」
「メリー・ウィドウ」〜マキシムへ行こう
「メリー・ウィドウ」〜ヴィリアの歌
「メリー・ウィドウ」〜唇は黙っていても(二重唱)
「メリー・ウィドウ」〜シレーヌの舞踏会(メリー・ウィドウのワルツ)
「ルクセンブルクの伯爵」〜今日私は人妻となります
音詩「熱」
「フリーデリケ」〜なぜキスで私を目覚めさせるの
「ロシアの皇太子」〜ヴォルガの歌
「ほほえみの国」〜君はわが心のすべて
「ほほえみの国」〜私たちの心に誰が恋を沈めたか(二重唱)
「ほほえみの国」〜いつもほほえみをたたえて
「ジュディッタ」〜私の唇はあなたに熱い口づけをした
「ジュディッタ」〜友よ、人生は生きる価値がある
■DVD
ドキュメンタリー「フランツ・レハール、ほほえみの人」(2020年トーマス・マホ監督作品)
■CD:カミッラ・ニールンド(S)、
ピョートル・ベチャワ(T)、
ミヒャエル・シャーデ(T)
マンフレート・ホーネック(指)
ウィーンSO

■DVD:レハール:ヴォルフガング・ヒュープシュ、エルザ・ヘルツ:アグライア・シシュコヴィチ

録音:2020年6月アン・デア・ウィーン劇場(ライヴ)
DVD:NTSC, 16:9
PCM Stereo
リージョンコード:0
言語:独、字幕:独英
CD:73'00" 、DVD:53'00"
2020年はレハールの生誕150年にあたり、彼と縁の深いウィーンSOとアン・デア・ウィーン劇場で記念コンサートが行われました。当代きっての人気 者ベチャワとニールンド、シャーデが代表作を披露する豪華きわまりない内容をライヴ収録。まさにウィンナ・オペレッタ銀の時代といわれる20世紀初頭の雰囲気 と魅力を満喫できます。
レハールといえば誰もが知るワルツ「金と銀」に始まり、「メリー・ウィドウ」「ほほえみの国」「ジュディッタ」のアリアや二重唱を甘く謳いあげます。ベチャワが 歌う「メリー・ウィドウ」のダニーロのアリア「マキシムへ行こう」も聴きもの。このメロディをショスタコーヴィチが交響曲第7番「レニングラード」の第1楽章の素 材に使用しているとされ、曲の説明で現れますが、ベチャワの歌唱で再確認できます。
DVDはオーストリア放送協会が2020年にテレビ用に制作したドキュメンタリー。名優ヴォルフガング・ヒュープシュがレハールに扮し、アグライア・シシュコヴィ チ演じるウィーンのジャーナリスト、エルザ・ヘルツが1945年夏の第2次世界大戦終戦直後に行った架空のインタビューとなっています。レハール自身は戦争に 協力してはいないものの、「メリー・ウィドウ」がヒトラーお気に入りの作品で、その作者ということで優遇されたことを中心に、人生、作品などについて語ります。 いずれもフィクションではなく、実際レハールが語ったり、書いたりしたものを忠実に用いているとのこと。ドイツ語で日本語字幕はありません。
深刻なドキュメンタリーに対し、ベチャワとニールンドがド派手な衣装と舞台で、甘く美しいレハールの曲を歌うことで不条理さが際立ちます。 (Ki)

Profil
PH-21055(2CD)
1955年バイロイト音楽祭のマルタ・メードル

■Disc1
ワーグナー:ジークフリート〜第3幕

■Disc2
ワーグナー:パルジファル〜第2幕
■Disc1:ブリュンヒルデ:マルタ・メードル(S)、ジークフリート:ヴォルフガング・ヴィントガッセン(T)、さすらい人:ハンス・ホッター(Bs-Br)、エルダ:マリア・フォン・イロシュヴァイ(A)
演出:ヴィーラント・ワーグナー
ヨーゼフ・カイルベルト(指)バイロイト祝祭O
1955年8月12日バイロイト祝祭劇場

■Disc2:クンドリー:マルタ・メードル(S)、パルジファル:ラモン・ヴィナイ(T)、
クリングソル:グステュ・ナイトリンガ ー( バリトン)、花の乙女:イルゼ・ヘルヴィヒ、フリードル・ペルティンガー、パウラ・レンヒナー、ドロテア・ジーベルト、ユッタ・ヴィルピウス(以上ソプラノ)、エリーザベト・シュルテル(Ms)
演出:ヴィーラント・ワーグナー
ハンス・クナッパーツブッシュ(指)バイロイト祝祭O&cho
録音:1955年8月16日バイロイト祝祭劇場
ドイツを代表するソプラノで、ヴァルナイ、ニルソンと並び戦後の3大ワーグナー・プリマドンナと称されたマルタ・メードル(1912-2001)が出演した1955 年のバイロイト・フェスティヴァルのライヴ2種。
これがとんでもないお宝音源なのに驚かされます。Disc2にはクナッパーツブッシュ指揮の「パルジファル」から第2幕全曲が収められていますが、この1955 年の公演のみディスクの存在しない幻の音源としてファンの間で伝説となっていたものです。
クナッパーツブッシュは1951、52、53〜64年まで毎年バイロイト音楽祭で「パルジファル」を指揮しました。このうち55年の回だけは何故か世に出ず、世界 中のワーグナー・ファン、クナッパーツブッシュ・ファンの謎と垂涎の的となっていました。バイエルン放送所蔵の音源をProfil社が交渉、今回日の目を見ることと なりました。BISのフルトヴェングラーの第9に続き、バイロイト音楽祭のお宝がついに明るみになります。
残念ながら第2幕のみですが、メードルの美声はもちろん、ヴィナイのパルジファル、ナイトリンガーのクリングソルと最盛期のクナッパーツブッシュの神業に唸ら されます。すべてのクナッパーツブッシュ・ファン必携のアルバムです。
Disc1はカイルベルト指揮の「ジークフリート」第3幕。こちらは全曲盤がTestamentからリリースされている名演。両方入ってこの価格は大歓迎と申せましょう。 (Ki)

PAN CLASSICS
PC-10430(3CD)
チャイコフスキー:歌劇『スペードの女王』

【ボーナス】
チャイコフスキーのオペラに合わせて朗読されるプーシキン『スペードの女王』抜粋(朗読:アーラ・デミドワ)
ヴィターリ・タラシチェンコ(テノール;ゲルマン)
グリゴリー・グリチュク(バリトン;トムスキー伯爵)
ドミトリー・ホロストフスキー(バリトン;エレツキー公爵)
アレクサンドル・ディアチェンコ(テノール;チェカリンスキー)
アレクサンドル・ヴェデルニコフ(バス;スリン)
ウラディーミル・グリシュコ(テノール;チャプリツキー)
オレグ・クレノフ(バリトン;ナルモフ)
イリーナ・アルヒーポワ(メゾソプラノ;伯爵夫人)
ナターリャ・タツコー(ソプラノ;リーザ)
ニーナ・ロマノヴァ(コントラルト;ポリーナ)
タチアナ・クズミノヴァ(メゾソプラノ;女家庭教師)
リディア・チェルニク(ソプラノ;マーシャ)
ユルロフ記念国立アカデミー・ロシア共和国cho
ヴェスナ児童cho
モスクワRSO
ウラディーミル・フェドセーエフ(指)

ライヴ録音:1989年12月25日モスクワ音楽院大ホール
1999年5月24日モスクワ音楽院大ホール(プーシキン生誕200年記念コンサート)
2002年にReliefレーベルから発売されたものの流通が途絶えていた、フェドセーエフの『スペードの女王』ライヴ録音が嬉しい再発売!今やオペラ解釈に おいても第一人者と目されるフェドセーエフの残した聴き応えある名盤です。これはドミトリー・ホロストフスキー(1962-2017)が27歳でモスクワ・デビュー を飾った公演でもあり、エレツキー公爵は後のキャリアにおいて極めて重要な位置を占めるものとなりました。伯爵夫人を初めて演じたイリーナ・アルヒーポワ (1925-2010)や、長年ロシアのオペラ界に君臨したアレクサンドル・ヴェデルニコフ(1927-2018)等々、共演者も素晴らしい顔ぶれ。
オペラ全曲録音に加えて、ボーナス音源としてロシアの名女優アーラ・デミドワによる『スペードの女王』原作の朗読も。

Pentatone
PTC-5186970(2CD)
ドニゼッティの女王三部作

■CD1
歌劇『アンナ・ボレーナ』(1830)より
 シンフォニア(序曲)
 「一体誰が直視できよう」
 「あなたたちは、泣いているの?」
 「あの場所に連れて行って」
 「この不吉な音は何?」
 「天よ、私の長い苦しみに」
 「誰が私を起こすの?」
 「邪悪な二人よ、だが最後の復讐の言葉は」
■CD2
(1)歌劇『マリア・スチュアルダ』(1835)より
 シンフォニア(序曲)
 「ほら、見たよ... 謙虚な祈りのあなた」
 「アンナ…ここでより落ち着いた話」
 「やっと会えた」
 「謙虚な祈りのあなたへ」
 「ああブロー!」
 「死にゆく心の」
 「伯爵が到着」
 「ああ!これらのひねりから1日」
(2)歌劇『ロベルト・デヴリュー』(1837)より
 シンフォニア(序曲)
 「そしてサラはこのようなときに私を見捨てるのね」
 「生きていて、恩知らず、誰かのそばで」
 「何か預かったものは?」
 「断頭台が血に染まる」
ソンドラ・ラドヴァノフスキ ー(S)
シカゴ・リリック・オペラO&cho
リッカルド・フリッツァ(指)
■CD1
ソンドラ・ラドヴァノフスキー(ソプラノ/アンナ・ボレーナ)
エリック・フェリング(テノール/サー・ハーヴェイ)
アンソニー・リード(バス/ロシュフォール卿)
マリオ・ロハス(テノール/リッカルド・ペルシー卿)
ローレン・デッカー:(コントラルト/スメルトン)
■CD2
(1)ソンドラ・ラドヴァノフスキー(ソプラノ/マリア・スチュアルダ)
キャスリーン・フェルティ(メゾ・ソプラノ/アンナ・ケネディ)
ダヴィト・ヴァイゲル(バス=バリトン/グリエルモ・セシル卿)
クリストファー・ケニー(バリトン/ジョルジョ・タルボ)
マリオ・ロハス(テノール/レスター伯ロベルト)
(2)ソンドラ・ラドヴァノフスキー(ソプラノ/エリザベッタ)
エリック・フェリング(テノール/セシル卿)
キャスリーン・フェルティ(ノッティンガム公爵夫人サラ/メゾ・ソプラノ)
リッカルド・ホセ・リベラ(ノッティンガム侯爵/バリトン)

ライヴ録音:2019年12月/シカゴ・リリック・オペラ(シカゴ)
ドニゼッティのテューダー朝とその女性たちを主役としたオペラ三部作『アンナ・ボレーナ』『マリア・スチュアルダ』『ロベルト・デヴリュー』。その山場となる 最終場面を演奏したシカゴ・リリック・オペラのライヴ録音。このオペラ史上最も魅力的な3人のヒロインを演じたのは現在最も注目されているソプラノ、ソンドラ・ ラドヴァノフスキーです。彼女はMETをはじめ世界的に人気が広がっております。ドニゼッティのスペシャリスト、リッカルド・フリッツァ指揮のもと名門オペラとの 演奏は圧巻の一言。3つの役を一晩で歌うことはどんなソプラノ歌手にとっても大きな挑戦ですが、録音を聴けば類まれな才能も納得できるでしょう。 ※日本語帯はつきません。 (Ki)


NAXOS/映像作品
NAX-2.110708(DVD)
NX-C05

NBD-0139V(Bluray)
NX-C05
グローバル・ワーグナー〜バイロイトから世界へ ●インタビューに登場する人々
【バイロイト音楽祭】
カタリーナ・ワーグナー/プラシド・ドミンゴ/バリー・コスキー/ユーヴァル・シャロン/クリスティアン・ティーレマン/ヴァレリー・ゲルギエフ/ピョートル・ベチャワ/アニヤ・ハルテロス/アルトゥール・ホーニヒ
【世界のロケ地】
イタリア:アレッサンドラ・アルトホーフ=プリエーゼ
アメリカ合衆国:アレックス・ロス/ケヴィン・メイナー/マンナ・クニョイ
ドイツ:ウルリケ&ゲオルク・ラウフ
ラトヴィア:マリス・ガイリス
イスラエル:ジョナサン・リヴニー
アラブ首長国連邦: ロナルド・パールウィツ/シク・ザキ・アンヴァル・ナシビー
日本:鈴木幸一/石坂宏/竹内裕太郎
制作:KICK FILM GmbH

収録時間:97分
音声:ドイツ語、英語、日本語
PCMステレオ2.0/DTS5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面単層ディスク 1080i High Definition
ドイツの音楽評論家・ジャーナリストのアクセル・ブリュッゲマンが世界各地のワグネリアンを訪ね、ワーグナー没後140年を前にして彼の音楽が、いまだ なおこれほどまでに強く世界中の人々の心を捉えてやまないのか、その謎に迫る力作ドキュメンタリー。ワーグナーゆかりの地バイロイト、ヴェネツィア、リ ガをはじめとしてアメリカ、イスラエル、アラブ首長国連邦そして日本 ― 世界に広がるワグネリアンへのインタビューと、ロケ地の美しい映像で綴られる 必見映像。  *NHK-BSで2021年9月に放送された 「ワーグナー信仰 〜バイロイトから世界へ〜」のロング・バージョンです。

Chateau de Versailles Spectacles
CVS-058(1CD)
『後宮の寵姫』 〜18世紀ヨーロッパの東洋趣味とフランス音楽
グレトリー(1741-1813):序曲 〜歌劇「カイロの隊商」(1783)より
 ゼミールのアリエット「ウグイスは雛鳥を連れて」 〜歌劇「ゼミールとアゾール」(1771)より
 奴隷女のエール「わたしだって囚われの身よ」〜歌劇「カイロの隊商」より
 全員の踊り 〜歌劇「カイロの隊商」より

モーツァルト:歌劇「後宮からの逃走」K. 384(1782)(1799年出版のフランス語版による歌唱)より
 コンスタンツェのアリア「愛しい人から遠く離れて(ああ、わたしは恋をして本当に幸せでした)」
 ベルモンテとコンスタンツェの二重唱「辛くともきみを忘れず(わたしのために死なねばならぬとは)」
グルック:歌劇「思いがけない出会い、またはメッカの巡礼」(1763)より
 序曲
グレトリー:エジプトの踊り 〜歌劇「カイロの隊商」より
 ゼミールのアリエット「大好きな薔薇、愛しい花」 〜歌劇「ゼミールとアゾール」より
フィリドール(1726-1795):歌劇「美しき奴隷女」(1788)より
 ゼイラのアリエット「ああ神様! まさか、この残忍な人間たちがわたしの痛みに同情するなど」
グレトリー:歌劇「ゼミールとアゾール」より
 パスピエ
グルック:歌劇「思いがけない出会い、またはメッカの巡礼」より
 アミーヌのアリエット「わたしは寄って立つところを失い」
 レジアのアリエット「ああ!素敵ね、つらい別離のあと再会できるのは」
モンシニー(1729-1817):歌劇「ゴルコンドの王妃アリーヌ」(1766)より
 アンダンテ、ジグとコントルダンス
グレトリー:歌劇「カイロの隊商」より
 フランスの奴隷女のエール「わたしたちは奴隷になるよう生まれつき」
グルック:歌劇「思いがけない出会い、またはメッカの巡礼」より
 アリとレジアの二重唱「せめて、恋する人と同じ鎖に繋がれたい」
ポール=セザール・ジベール(1717-1787):歌劇「ソリマン2世、または三人の寵姫」(1761)より
 ロクスラーヌのアリエット「軍神マルスがあなたを無敵にしたのだから」
フロリー・ヴァリケット(S)
ニコラ・スコット(T)
ヴェルサイユ王室歌劇場O(古楽器使用)
ガエタン・ジャリ(指)

録音:2020年12月20-23日、ヴェルサイユ宮殿「十字軍の間」
古くからイスラム圏の文化に異国情緒と憧れを見出してきたヨーロッパ人たちですが、ヴェルサイユ宮殿を舞台に録音されたこの最新盤が光 を当てているのは古典派時代のフランス語オペラ。イスラム太守の後宮に囚われた(多くはキリスト教徒の)女性にかかわる場面を厳選、一 貫性あるプログラムで聴き手をロココの歌劇界へと誘います。パリ中を魅了しヴェルサイユの王室の人々にも愛されたグレトリーの東洋趣味作 品「カイロの隊商」や『美女と野獣』の原作を元にした「ゼミールとアゾール」をはじめ、革命後も第一次大戦前まで人気演目だったジベール の「ソリマン2世」、生前の名声に比して驚くほど録音が少ないモンシニーの作など秘曲も収録。さらにドイツ語圏のフランス音楽愛好から生ま れたグルックの隠れ名作「メッカの巡礼」からも多くのナンバーが選ばれている上、後宮といえば……なモーツァルトの傑作も同時代のフランス 語訳台本による演奏で味わえるのは貴重(歌詞が直訳でなく微妙に違っており、意外なくらい新鮮)。演奏陣はヴェルサイユに集うフランスの 精鋭たち。同時発売のカンプラ「新世紀の運命」(CVS061)にも出演する躍進中の名歌手フロリー・ヴァリケットの美声がとびきりの存在感 ですが、器楽陣もスタイリッシュかつ一体感に満ちた演奏で、序曲や舞曲などの器楽トラックも聴きごたえ十分。来日公演でも話題を振りま いた新世代の旗手マクシム・パスカルのアンサンブル「ル・バルコン」でも活躍するクララ・イザンベールが古楽器ハープで奏でる最終トラックで は、この弦楽器を愛奏していたマリー=アントワネットの時代ならではの雰囲気も味わえることでしょう。

Dynamic
CDS-7925(3CD)
NX-D03
ジーノ・マリヌッツィ(1882-1945):歌劇「パッラ・デ・モッツィ」 パッラ・デ・モッツィ…エリア・ファビアン(Br)
シノレッロ…レオナルド・カイミ(T)
イル・モンテラブロ…フランチェスコ・ヴェルナ(Br)
アンナ・ビアンカ…フランチェスカ・ティブルツィ(S)
イル・ヴェスコーヴォ…クリスティアン・サイッタ(Bs)
イル・マンチーノ…アンドレア・ガッリ(T)
ジオーモ…ムラト・ジャン・ギュヴェム(T)
スパダッチア…マッテオ・ロイ(Br) 他
リリコ劇場O&cho
「G. P. ダ・パレストリーナ」音楽学校児童cho
ジュゼッペ・グラツィオーリ(指)

録音:2020年2月リリコ劇場、カリアリ(イタリア)
イタリア出身の作曲家・指揮者ジーノ・マリヌッツィ。1901年に地元のマッシモ劇場でヴェルディの「リゴレット」を指揮したのを皮切りに、ワーグナー作品 やドニゼッティ、ベッリーニ作品も指揮。1944年にはミラノ・スカラ座の総監督になるなど指揮者として名を馳せました。この「パッラ・デ・モッツィ」は彼が 劇場で培った経験をもとに1932年に作曲した歌劇。当時大成功をおさめ、「20世紀におけるイタリア・オペラの傑作」とみなされました。歴史的な題 材を好んだマリヌッツィは、この歌劇でも16世紀を舞台に設定、ルネサンス期のローマ教皇レオ10世(ジョヴァンニ・デ・メディチ)に仕えた架空の人物 「パッラ・デ・モッツィ」が率いるブラック・バンド(当時最強のイタリア軍)の劇的な活躍を、美しい旋律を駆使した壮大な作品に仕上げています。指揮は オペラをはじめ、ニーノ・ロータ作品の演奏で知られるジュゼッペ・グラツィオーリ。ワーグナーを思わせる壮麗な響きをオーケストラから引き出します。主役 をうたうエリア・ファビアンの張りのある美声も聴きどころ。

EUROARTS
20-68594(Bluray)

20-68598(2DVD)
オッフェンバック:歌劇「ホフマン物語」 ベンジャミン・ベルンハイム(ホフマン)
オルガ・ベレチャツロ(オリンピア/アントニア/ジュリエッタ/ステッラ)
アンジェラ・ブラウアー(ミューズ/ニクラウス)
ルカ・ピサローニ(リンドルフ/コッペリウス/ミラクル博士/ダペルトゥット船長)
アンドリュウ・ディッキンソン(アンドレス/コシュニーユ/フランツ/ピティキナッチョ)
ケント・ナガノ(指)
ハンブルク州立歌劇場O&cho
演出:ダニエル・フィンジ・パスカ

収録:2021年9月、ハンブルク州立歌劇場,ハンブルク(ライヴ)
◆Bluray
画面:Full HD,16:9
音声:PCMステレオ、
DTS-HD MA5.1
字幕:仏英独韓,日本語、180分
◆DVD
画面:NTSC,16:9
音声:PCMステレオ、DTS5.1
字幕:仏英独韓,日本語、180分
オッフェンバックは、19世紀中頃にチェロ奏者として活躍した後、ブフ・パリジャン座を創設し、独自のフランス・オペレッタのジャンルを確立しました。その彼が最晩年に手がけた、ただ一つのオペラ「ホフマン物語」。オッフェンバックの死により未完に終わった作品です。原作は、ドイツ・ロマン派の詩人であり、作曲家でもあったE.T.A.ホフマンが書いた3つの小説。詩人ホフマンと彼が恋した3人のヒロイン(人形オランピア、歌姫アントニア、娼婦ジュリエッタ)、3人の悪魔、そして彼を見守るミューズによる幻想的で不思議な味わいをもった物語です。また音楽も「ホフマンの舟歌」や「クラインザックの物語」をはじめとする有名で豪華絢爛な内容。
本映像は、2021年9月ハンブルグ国立歌劇場で「マイケル・ケイ&ジャン=クリストフ・ケック」新批判校訂版に基づくダニエル・フィンジ・パスカ演出、ケント・ナガノ指揮により上演されたもの。演出のダニエル・フィンジ・パスカは、トリノ・オリンピック閉会式やシルク・ドゥ・ソレイユ「コルテオ」を手掛けた鬼才で、今回も色彩的で幻想的な舞台を作り上げています。そして注目は一人の歌手が複数の配役を演じていること。ホフマンにとっての宿命のヒロインたち4人(オリンピア/アントニア/ジュリエッタ/ステッラ)をオルガ・ベレチャツロが歌い、ホフマンの親友・女神の二役をアンジェラ・ブラウザーが、そしてホフマンの恋路を妨げる悪魔の化身4人(リンドルフ/コッペリウス/ミラクル博士/ダペルトゥット船長)をルカ・ビザローニがそれぞれ演じています。特に恋人役は別々の歌手で上演されることが多いので、今回のオルガ・ベレチャツロの歌唱に注目が集まります。オリンピア、アントニア、ジュリエッタの3人の女性はすべて昔の恋人ステッラだったということが、オルガ・ベレチャツロが一人で演じることで明解になります。そしてホフマンを歌うのは今もっとも注目されているフランスのリリック・テノール、ベンジャミン・ベルンハイム。またアンジェラ・ブラウアーやルカ・ピサローニの見事な歌唱も必聴。主人公ホフマンの青年期から初老までの人間ドラマ、個性豊かな登場人物たちが織りなす物語をカラフルな舞台演出、そしてケント・ナガノの物語を熟知した圧倒的迫力のある指揮で聴かせる見事な上演となっています。 (Ki)

Opus Arte
OA-1344D(DVD)
NX-C10

OABD-7295D(Bluray)
NX-D09
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

【特典映像】
- なぜロイヤル・オペラはドン・ジョヴァンニの上演を愛するのか
- アーウィン・シュロットがドン・ジョヴァンニを演ずるための準備
ドン・ジョヴァンニ…アーウィン・シュロット(Br)
騎士長…ペトロス・マゴウラス(Bs)
ドンナ・アンナ…マリン・ビストレム(S)
ドン・オッターヴィオ…ダニエル・ベーレ(T)
ドンナ・エルヴィーラ…ミルト・パパタナシユ(S)
レポレッロ…ロベルト・タリアヴィーニ(Bs)
ツェルリーナ…ルイーズ・オルダー(S)
マゼット…レオン・コシャヴィッチ(Bs)
ドンナ・エルヴィーラの小間使い…ジョセフィーヌ・アーデン(俳優)
農民たち、召使たち、地下からの合唱、楽士たち
コヴェント・ガーデン王立歌劇場O&cho
ハルトムート・ヘンヒェン(指)
演出:カスパー・ホルテン

収録:2019年9月25日、10月8日 コヴェント・ガーデン王立歌劇場(ロンドン)
収録時間:178分(本編)+9分(特典映像)
音声:イタリア語
Dolby Digital Stereo/Dolby Digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/
DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕(本編・特典映像):日本語・英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
好色な貴族が、享楽の限りを尽くした末に地獄へ落ちる…。中世から存在していた伝説を基に誕生したのが、この歌劇「ドン・ジョヴァンニ」。この映 像は2014年にプレミエ上演され好評を博したカスパー・ホルテンの名演出の再演です。大胆なプロジェクション・マッピングの多用や、回り舞台を使っ た巧みな空間処理と並び、登場人物たちの細やかな性格描写が見どころです。 ドン・ジョヴァンニを歌うのは、アーウィン・シュロット。欲望の限りを尽くした結果、深い絶望の淵に立たされてゆく迫真の演技と絶妙な歌唱が聴きもの です。ドン・ジョヴァンニを巡る3人の女性に、ドンナ・アンナ役のマリン・ビストレム、ドンナ・エルヴィーラ役のミルト・パパタナシュ、ツェルリーナ役のルイー ズ・オルダーら強い個性と存在感溢れる歌手を配し、シュロットと丁々発止の演技と歌が繰り広げられます。 モーツァルトをはじめとする古典派の作品に深い造詣を示し、オペラならではの聞かせどころを熟知した、ハルトムート・ヘンヒェンのタクトがこの作品に示 される目まぐるしく移ろう男女の心理の綾を、精緻かつ鮮烈に描きだしています。

Dynamic
DYNDVD-37930
(2DVD)
NX-D05

DYNBRD-57930
(Bluray)
NX-D05
ヴェルディ:歌劇「運命の力」 レオノーラ…サイオア・エルナンデス(S)
ドン・アルヴァーロ…ロベルト・アロニカ(T)
ドン・カルロ・ディ・ヴァルガス…アマルトゥブシン・エンクバート(Br)
プレツィオジッラ…アンナリーザ・ストロッパ(Ms)
グァルディアーノ神父…フェルッチョ・フルラネット(Bs)
修道士メリトーネ…ニコラ・アライモ(Br)
カラトラーヴァ侯爵…アレッサンドロ・スピーナ(Bs)
トラブーコ親方…レオナルド・コルテラッツィ(T)
クーラ…ヴァレンティーナ・コロ(Ms)
市長…フランチェスコ・サムエーレ・ヴェヌーティ(Bs)
外科医…ロマン・リュリキン(Bs)
フィレンツェ五月音楽祭O&cho
ズービン・メータ(指)
演出:カルルス・パドリッサ(ラ・フラ・デルス・バウス)

収録:2021年6月4日フィレンツェ五月音楽祭歌劇場、フィレンツェ(イタリア)
収録時間:190分
音声:イタリア語
PCMステレオ2.0/Dolby digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク×2
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
ヴェルディ中期から後期への過渡期に位置する作品「運命の力」。1862年にサンクトペテルブルクで初演されたものの、その複雑な筋書と、あまりにも陰惨 な結末のために作品の評判はあまり芳しくありませんでした。ヴェルディはその後、何度かの改訂を施し、とりわけ最後の大規模な改訂により終幕の破滅的 な結末を宗教的な救いに転換した1869年のミラノ・スカラ座での上演は、大好評を博しました。 2021年6月、フィレンツェ五月音楽祭の新制作上演「運命の力」ではカタロニアの演劇グループ、ラ・フラ・デルス・バウスの創設メンバーであるカルルス・パド リッサが斬新な演出を施し話題を集めました。舞台は遠い過去から物語の始まる1759年、近未来(2222年)、遠未来(3333年)と変転し、抵抗できな い宇宙の摂理(運命の力)に翻弄される人類の一員としての登場人物たちが、タイム・トラベラーとして物語に参加してゆくというユニークなもの。主役の3人 には伸びやかな美声で表情豊かに歌い上げるサイオア・エルナンデス、世界中の歌劇場で活躍する名テノール、ロベルト・アロニカ、強烈な存在感を放つ、 本舞台がフィレンツェ・デビューとなるモンゴル出身のアマルトゥブシン・エンクバートを配し、脇を固めるアンナリーザ・ストロッパ(プレツィオジッラ役)、フェルッチョ・ フルラネット(グアルディアーノ神父役)らを加えた万全の歌唱陣。ズービン・メータがフィレンツェ歌劇場のオーケストラと合唱団を導き作品の内面まで鋭く切り 込こみつつ、表情豊かに表現する音楽も聴きものです。


BRU ZANE
BZ-1047
(1CD+BOOK)
NX-D11
サン=サーンス:歌劇「フリネ」
※アンドレ・メサジェ(1853-1929)作曲によるレチタティーヴォを伴う1896年版(世界初録音)
娼婦フリネ…フロリー・ヴァリケット(S)
執政官の甥ニシアス…シリル・デュボワ(T)
執政官ディセフィル…トマ・ドリエ(Bs)
女奴隷ランピト…アナイス・コンスタンス(S)
シナロペクス…フランソワ・ルジエ(T)
アゴラジーヌ、伝令…パトリック・ボレール(Bs)
ルーアン・ノルマンディ歌劇場O
ル・コンセール・スピリチュエルcho
エルヴェ・ニケ(指)

録音:2021年3月31日-4月2日ルーアン・ノルマンディ歌劇場、ルーアン(フランス北部ノルマンディ地方)
長命で多作ながら限られた作品ばかりが注目され、見過されている傑作も多いサン=サーンス。近年はヴェネツィアに本拠を置くロマン派フラ ンス音楽センターPalazetto Bru-Zaneが、忘れられた彼の重要作品の復権に情熱を注ぎ、注目すべき成果を上げてきました。作曲家歿 後200周年の2021年に最新録音がなされた今回の新譜もその一つ。「フリネ」は古代ギリシャの伝説的娼婦フリネが不当な辱めまがいの 裁判を経て救われる伝説をもとに、1861年に上り調子の大画家ジェロームが描いた有名な絵画にインスピレーションを得てまとめられた歌 劇。1893年、台詞朗読を伴うオペラ=コミークとして上演され大成功を収めながら、20世紀以降は顧みられなくなった不遇の傑作です。こ こでは原作の台詞部分も音楽で埋めるべく、初演3年後に若手世代の人気作曲家アンドレ・メサジェがレチタティーヴォを追補したヴァージョ ンで演奏(この版での世界初録音)。台本の弱さを補って余りある見事さが特筆されるサン=サーンス自身の音楽も含め、才人エルヴェ・ニ ケのタクトはここでも本領を発揮。注目度の高いプロジェクトの数々で知られるルーアン歌劇場のオーケストラが、古楽器演奏を出発点とし たニケの解釈を鮮やかに音にしてゆきます。ヴァリケット、デュボワ、コンスタンスら最前線の名歌手たちも存在感たっぷり各登場人物の個性を 演じ歌い、Bru Zaneレーベルならではの充実ブックレットとともに、当時のサン=サーンスの作風充実を知るにうってつけのアルバムとなってい ます。

NAXOS
NAX-2.11071(DVD)
NX-C09

NBD-0142V(Bluray)
NX-C09
ザンドナーイ:歌劇「フランチェスカ・ダ・リミニ」 フランチェスカ…サラ・ヤクビアク(S)
パオロ…ジョナサン・テテルマン(T)
ジョヴァンニ(ジャンチョット)…イヴァン・インヴェラルディ(Br)
マラテスティーノ…チャールズ・ワークマン(T)
サマリターナ…アレクサンドラ・ハットン(S)
オスタージオ…サミュエル・デイル・ジョンソン(Br)
ビアンコフィオーレ…メーチョット・マレロ(S)
ガルセンダ…マネ・ガロヤン(S)
アルティキアラ…アリアンナ・マンガネッロ(Ms)
アドネッラ…カリス・タッカー(Ms)
スマラグディ…アミラ・エルマドファ(Ms)
セル・トレド・ベラルデンゴ…アンドルー・ディッキンソン(T)
吟遊楽人…ディーン・マーフィ(Br)
石弓の射手/死刑囚の声…パトリック・クック(T)
塔の見張り…トーマス・レーマン(Br)
他 俳優たち
ベルリン・ドイツ・オペラ エキストラ
ベルリン・ドイツ・オペラ O&cho
指揮:カルロ・リッツィ
演出:クリストフ・ロイ

収録時間:140分
音声:イタリア語
PCMステレオ2.0/DTS5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
ダンテの『神曲』地獄編に登場するポレンタ家のフランチェスカとマラテスタ家のパオロの悲恋の物語は、数々の文学、音楽、美術作品の題材となって います。本作はそれらの作品の中のひとつダンヌンツィオの戯曲『フランチェスカ・ダ・リミニ』を原作として、音楽出版社リコルディの2代目オーナーで文筆 家のティト・リコルディが台本を執筆。リッカルド・ザンドナーイがこれに作曲し、1914年トリノで上演されました。 本作では、一人の魅力的な女性を巡り、殺し合いに至る兄弟たちの相克を演出家クリストフ・ロイがシンプルな舞台を背景にドラマティックに描いてい ます。フランチェスカ役を演ずるのは、2020年のオーパス・クラッシック賞受賞作品、コルンゴルトの歌劇「ヘリアーネの奇蹟」のタイトル・ロールを歌った 人気ソプラノ、サラ・ヤクビアク。彼女を巡る3人の兄弟に、本作でベルリン・ドイツ・オペラにデビューを飾った、新星テノール、ジョナサン・テテルマン(パオ ロ役)、2017年に来日し、ヴェルディの歌劇「オテロ」のイアーゴ役を演じて好評を博したイヴァン・インヴェラルディ(ジャンチョット役)、欧州のオペラシー ンで大人気のチャールズ・ワークマン(マラティスティーノ役)を配し、イタリア・オペラを中心に活躍するカルロ・リッツィがこの作品からベリズモ・オペラの音 楽の系譜に連なりつつも、ときにワーグナーを想起させる重厚な響きをオーケストラから見事に引き出しています。
NAXOS
NAX-2.110712(1CD)
NX-C09

NBD-0143V(Bluray)
NX-C09
ベネト・カサブランカス(1956-):歌劇「レアの謎」 レア…アリソン・クック(Ms)
ラム(夢遊病者)…ホセ・アントニオ・ロペス(Br)
1番目の国境の女…サラ・ブランチ(S)
2番目の国境の女…アナイス・マスジョレンス(Ms)
3番目の国界の女…マルタ・インファンテ(Ms)
見張り(ミルボケス)…ソーニャ・ド・マンク(S)
見張り(ミルッルス)…フェリペ・ボウ(Bs)
シックサル博士(元サーカス座長&心理学者)
…シャビエル・サバータ(C.T)
ミケーレ(歌手)…ダビド・アレグレト(T)
ロレンツォ(歌手)…アントニオ・ロザーノ(T)
アウグスト(歌手)…フアン・ノバル=モーロ(T)
リセウ大劇場SO&cho
指揮:ジョセプ・ポンス
演出:カルメ・ポルタセリ

収録時間:113分(本篇)+9分(特典映像)
【特典映像】
インタビュー:カサブランカス、アルグジョル、ポルタセリ、 ポンス、サバータ
音声:イタリア語/カタロニア語
PCMステレオ2.0(DVD&Blu-ray)
字幕
本編)):日本語・英語・イタリア語・
カタロニア語/スペイン語・韓国語
特典映像:日本語・英語・スペイン語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
スペインを代表する現代作曲家のひとりベネト・カサブランカス。この歌劇「レアの謎」はリセウ大劇場の委嘱により、作曲家初のオペラとしてスペインの高名な 作家ラファエル・アルグジョルとのコラボレーションから生まれた作品です。超越的な存在によって罰を与えられた巫女レアが、時空をさまよう遍歴の末、神話と 現実が融合する世界に到達する―物語はカサブランカスの緻密で表出力豊かな音楽と、神秘的で奇怪なイメージを伴ったカルメ・ポルタセリの演出によっ てスリリングに描かれてゆきます。幅広い表現力で近現代のオペラ作品を得意とするメゾ・ソプラノ、アリソン・クック(題名役)、バロックから現代作品まで幅広 いレパートリーを誇る名バリトン、ホセ・アントニオ・ロペス(ラム役)、バロック・オペラを中心に活躍する人気カウンターテナー、シャビエル・サバータ(シックサル博 士役)らの充実した歌唱陣を、名匠ジョセプ・ポンス率いるリセウ大劇場のオーケストラと合唱団がしっかりと支えてゆきます。

EUROARTS
20-57386(5DVD)
ロッシーニ:初期歌劇・ボックス


■DVD1(158分)
歌劇『セビリャの理髪師』


■DVD2(100分)
歌劇『絹のはしご』


■DVD3(94分)
歌劇『なりゆき泥棒』


■DVD4(82分)
歌劇『結婚手形』


■DVD5(98分)
歌劇『ブルスキーノ氏、または替玉息子』

■DVD1(158分)
チェチーリア・バルトリ、ジノ・キリコ、カルロス・フェラー、ロバート・ロイド、他
シュトゥットガルトRSO
ケルン歌劇場合唱団
ガブリエレ・フェルロ(指)
演出:ミヒャエル・ハンペ
映像監督:クラウス・ヴィレー
収録:1988年、シュヴェツィンゲン音楽祭(ライヴ)
■DVD2(100分)
デイヴィッド・グリフィス、ルチアーナ・セッラ、ジェーン・バネル、デイヴィッド・キューブラー、アルベルト・リナルディ、アレッサンドロ・コルベッリ、他
サイモン・ヤング(ハープシコード、フォルテピアノ)
シュトゥットガルトRSO
ジャンルイージ・ジェルメッティ(指)
演出:ミヒャエル・ハンペ
映像監督:クラウス・ヴィレー
収録:1990年5月6-8日、シュヴェツィンゲン宮殿内ロコ
コ劇場(ライヴ)
■DVD3(94分)
ステュアート・ケイル、スーザン・パターソン、ロバート・ギャンビル、他
シュトゥットガルトRSO
ジャンルイージ・ジェルメッティ(指)
演出:ミヒャエル・ハンペ
映像監督:クラウス・ヴィレー
収録:1992年5月、シュヴェツィンゲン宮殿内ロココ劇場
(ライヴ)
■DVD4(82分)
ジョン・デル・カルロ、ジャニス・ホール、デイヴィッド・キューブラー、アルベルト・リナルディ、カルロス・フェラー、アメリア・フェッレ、他
シュトゥットガルトRSO
ジャンルイージ・ジェルメッティ(指)
演出:ミヒャエル・ハンペ
映像監督:クラウス・ヴィレー
収録:1989年5月6-9日、シュヴェツィンゲン宮殿内ロココ
劇場(ライヴ)
■DVD5(98分)
アレッサンドロ・コルベッリ、アメリア・フェッレ、アルベルト・リナルディ、ヴィート・ゴッビ、デイヴィッド・キューブラー、オスラヴィオ・ディ・クレディコ、カルロス・フェラー、ジャニス・ホール
シュトゥットガルトRSO
ジャンルイージ・ジェルメッティ(指)
演出:ミヒャエル・ハンペ
映像監督:クラウス・ヴィレー
収録:1989年5月7-9日、シュヴェツィンゲン宮殿内ロココ
劇場(ライヴ)

画面:4:3、NTSC
音声:PCMステレオ、DVD9
リージョン:All
字幕:伊英独仏西、532分
ュヴェツィンゲン音楽祭で上演されたミヒャエル・ハンペ演出のロッシーニの初期歌劇を集めたボックス・セットが復活しました。
毎年5月に開催される1952年に南ドイツ放送によって創始されたシュヴェツィンゲン音楽祭。この映像集は、1988年から1992年にかけて同音楽祭で上演さ れた巨匠演出家ミヒャエル・ハンペによるロッシーニの初期歌劇をまとめたもの。会場は、シュヴェツィンゲン宮殿内にあるロココ劇場。プファルツ選帝侯の夏の宮 殿だったシュヴェツィンゲン城は、バロック式の美しい庭園が有名で、このロココ劇場も18世紀時代のオリジナルの姿を現在まで保った豪華な内装です。内容は、 チェチーリア・バルトリが出演している『セビリャの理髪師』。勘違いが引き起こす、おかしな恋の物語を描いた『絹のはしご』。内緒で愛し合う恋人たちと、周囲のド タバタを描く『結婚手形』。恋の行き違いと替え玉事件を、ロッシーニ流に楽しくおもしろく演出したオペレッタ『ブルスキーノ氏』。勘違いとなりすましが恋の大騒 動を巻き起こす『なりゆき泥棒』。

C Major
76-0208(2DVD)

76-0304(Bluray)
モーツァルト:歌劇「イドメネオ」 ベルナール・リヒター(イドメネオ)
レーチェル・フレンケル(イダマンテ)
イリーナ・ルングー(エレットラ)
ヴァレンチナ・ナフォルニツァ(イリア)
パーヴェル・コルガティン(アルバーチェ)
カルロス・オスナ(大司祭)
ペーター・ケルナー(神託の声)
ドリタン・ルカ(トロイ人の男)
イオン・ティブレア(トロイ人の男)
トマシュ・コーバー(クレタ人の男)
ミヒャエル・ヴィルデル(クレタ人の男)
セシル・イルカ(クレタ人の女)
アリーナ・ホレチェク(クレタ人の女)
トマーシュ・ネトピル(指)
ウィーン国立歌劇場O&cho
演出:カスパー・ホルテン

収録:2019年2月ウィーン国立歌劇場、ライヴ
◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ、DTS5.1
DVD9
リージョン:All
原語:イタリア語
字幕:英独仏伊韓,日本語、160分
◆Bluray
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、
DTS-HD MA5.1
BD50
リージョン:All
原語:イタリア語
字幕:英独仏伊韓,日本語、160分
2019年2月ウィーン国立歌劇場、カスパー・ホルテン演出、トマーシュ・ネトピル指揮で上演されたモーツァルトの歌劇「イドメネオ」。モーツァルトが24歳の時 の作品で、ギリシャ神話の父子の葛藤の物語を、自らの父との葛藤を音楽に投影した記念碑的傑作です。 演出は、デンマークの鬼才カスパー・ホルテン。ミア・シュテンスガードが手掛けた舞台は、古い地図の断片を用いた想像力豊かな舞台美術で、神話の世界が簡潔 かつ明確に表現されています。タイトルロールを歌うのは、スイス出身のベルナール・リヒター。近年の活躍は目覚ましく、新世代を代表する歌手として注目されて います。本上演でも圧倒的な存在感で舞台を引っ張っており、特に第2幕のアリア「胸のうちにある海は」は、コロラトゥーラが自然な嘆きとなって圧巻です。ヴァ レンチナ・ナフォルニツァによるイリアは、息の長い抒情的なカンティレーナを見事歌い上げて、イダマンテ役のレーチェル・フレンケルと表情豊かに愛の二重唱 を奏でています。そしてエレットラ役のイリーナ・ルングー。フィナーレのアリアでは、エレットラの狂気と嘆きを、息をのむ歌唱で聴かせてくれます。また、トマー シュ・ネトピルの指揮による雄弁なオーケストラはドラマを盛り上げ、合唱は実に力強く高い演出効果をあげています。 (Ki)

ALPHA
ALPHA-788(2CD)
NX-D07
セバスティアン・ドゥロン(1660-1716):「コロニス」 全2幕のサルスエラ 水の精コロニス…アナ・キンタンス(S)
トリトン…イザベル・ドリュエ(Ms)
プロテオ…シリル・オヴィディ(T)
メナンドロ…アンテア・ピシャニク(C.A)
シレーネ…ヴィクトワール・ビュネル(Ms)
太陽神アポロ…マリールー・ジャクアール(Ms)
海の神ネプトゥーノ…カロリーヌ・マング(Ms)
イリス…ブレンダ・プパール(Ms)
合唱の歌い手…オリヴィエ・フィシェ(T)
ル・ポエム・アルモニーク(古楽器使用)
ヴァンサン・デュメストル(指)

録音:2021年4月2-5日 サル・コロンヌ、パリ
その古雅な響きに満ちた卓越した演奏解釈で注目され、フランスから欧州古楽シーンを牽引するル・ポエム・アルモニークによる、スペイン後 期バロックの劇音楽という意外なレパートリー!イタリアのA.スカルラッティやフランスのカンプラと同い年のスペイン人作曲家ドゥロンは、21世 紀に急速に復権が進み録音が増えつつある隠れた大物の一人で、ハプスブルク家最後のスペイン王カルロス2世の宮廷に迎えられ、数多く のサルスエラを作曲し音楽劇の世界に新境地を拓きました。「コロニス」は1705年、スペイン王室が継承戦争の流れの中でブルボン家に渡 ろうという頃に披露された重要作(長く作者不詳とされていましたが、2009年にドゥロン作と確定)。海の神ネプテューン(ネプトゥーノ)と太陽 の神アポロ(アポロン)が水の精コロニスとの恋をめぐって争い、最終的にアポロが勝つ……という筋書きはまさにブルボン家の勝利宣言と取れ る内容ですが、17世紀末イタリア音楽風のメロディセンスを軸に据えながら、スペインや新大陸の民衆音楽に通じる躍動感あふれる要素を そこかしこに盛り込むドゥロン随一の作曲感覚はここでも十全に発揮され、時代を越えて私たちを惹きつけてやみません。キンタンス、マング、 オヴィディら21世紀の古楽シーンで躍進めざましい独唱者たちに加え、器楽勢では8人にも及ぶ通奏低音をはじめ、スペイン古楽に欠かせ ないバホン(バスーン)の名手パパセルジオーをはじめ手練のプレイヤーが続々。ル・ポエム・アルモニークならではのノーブルな抒情に随所で絶 妙なアクセントを添える打楽器や撥弦楽器のサウンドも痛快で、スペイン宮廷音楽の魅力を十全に味わえる演奏に仕上がっています。

Resonus
RES-10290(1CD)
NX-B05
ジョゼフ・フィブス(1974-):室内オペラ「ジュリアナ」 (2018)全1幕 ジュリアナ…ゾーイ・ドラモンド(S)
カースティン…レベッカ・アフォヌイ=ジョーンズ(Ms)
ジュアン…フェリックス・ケンプ(Br)
ノヴァ・ミュージック・オペラ・アンサンブル【フィオナ・ケリー(Fl)、カトリーナ・スコット(Cl)、ジョージ・バートン(パーカッション)、サリー・プライス(Hp)、ソフィー・マザー&ローラ・リカード(Vn)、ジェンマ・ウェアハム(Vc)、ベン・ダニエル=グリープ(Cb)】
ジョージ・ヴァス(指)

録音:2021年3月15-16日
世界初録音
スウェーデンの劇作家アウグスト・ストリンドベリの代表作『令嬢ジュリー』をもとにした室内オペラ「ジュリアナ」。男性 的な考え方を持つ伯爵令嬢ジュリーと、彼女の召使で上昇志向が強いジャンを主人公に据えた戯曲は日本を含 む世界中で人気を博しています。 作者が「自然主義悲劇」と名付けたこの物語を、台本作家のローリー・スレードは舞台を19世紀から現代に置き 換えるとともに、登場人物にも新たな性格を持たせ、富の持つ力、移民、麻薬、ジェンダーなどの問題を絡めなが ら描き出しています。父親に夢中になっている金持ちの娘ジュリアナ、移民のジュアン、2人の感情の諍いに巻き込 まれる家政婦のカースティン、この3人の緊迫したやりとりを、パーカッションの効いたアンサンブルが彩っていくという音 楽が聴きものです。

C Major
76-0008(2DVD)

76-0104(Bluray)
ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」 カミッラ・ニールンド(アガーテ/ソプラノ)
ダニエラ・ファリー(エンヒェン/ソプラノ)
アラン・ヘルド(オットカール侯爵/バリトン)
アンドレアス・シャーガー(マックス/テノール)
アルベルト・ドーメン(隠者/バス)
ハンス・ペーター・カンマラー(ザミエル)
トマーシュ・ネトピル(指)
ウィーン国立歌劇場O&cho
演出:クリスティアン・レート

映像監督:アグネス・メータ

収録:2018年6月、ウィーン国立歌劇場、ライヴ
◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ、DTS5.0
DVD9
原語:ドイツ語
字幕:英独仏韓,日本語
143分
◆Bluray
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、DTS-HD MA5.0
BD50
原語:ドイツ語
字幕:英、独仏韓日本語
143分
2018年ウィーン国立歌劇場でクリスティアン・レート演出、トマーシュ・ネトピル(指)カミッラ・ニールンド、アンドレアス・シャーガーらによって上演された ウェーバーの傑作オペラ「魔弾の射手」。 30 年戦争終結直後のボヘミア地方の森を舞台にしたストーリーを、ウェーバーのシンプルながら、効果的な音楽によって「ドイツ国民オペラ」と呼ばれるほど、 人々の心をつかみました。 この作品はまさにロマン主義的に、現実世界と非現実世界、意識と無意識、あるいはウェーバーの言葉を借りれば「狩人の生活」と「悪魔の力による支配」の対比 を中心に展開。最初の部分では、親しみやすい旋律や明るい響きが特徴的ですが、次第に「音楽の悪魔」と呼ばれる三全音を含めたディミニッシュの和音や、薄暗 く青白い音色が、狼谷の奥深くへと聴き手をいざなっていきます。この対比はすでに序曲にも使っており、フィナーレに突入する際の爆発的なハ長調の和音が、こ の歌 劇全体を端的に表現しています。モーツァルトの「魔笛」やベートーヴェンの「フィデリオ」を出発点として、ウェーバーはドイツ語によるジングシュピールをあ らたな段階へと導いたといえるでしょう。
本上演では、クリスティアン・レートはウェーバーの素晴らしい音楽をより楽しむための知的かつ革新的な演出を行っています。そのためには、射撃大会で男らし さを証明しなければならないブルジョアな狩猟青年を描くだけでな不十分だと考え、ウェーバー自身も苦しんだ創造者としてのスランプ「クリエイティブ・ブロック」 に苦しむ作曲家としてマックスを描いています。さらに世界の一流歌劇場を席巻しているヘルデンテノールのアンドレアス・シャーガーがマックスを、フィンランド 出身のリリック-ドラマティック・ソプラノのカミッラ・ニールンドが心に響く見事なアガーテを歌うという贅沢な共演を聴くことができます。カミッラ・ニールンド は一年後2019年にウィーン国立歌劇場より宮廷歌手の称号が贈られました。 (Ki)

H.M.F
HMM-905352(3CD)
ドビュッシー:歌劇「ペレアスとメリザンド」 メリザンド:ヴァンニ ーナ・サントー ニ(S)、ペレアス:ジュリアン・ベール(T)、ゴロー:アレクサンドル・デュアメル(Br)、ジュヌヴィエーヴ:マリ=アンジュ・トドロヴィチ(Ms)、アルケル:ジャン・テジャン(Bs)、医師:ダミアン・パス(Bs-Br)、
イニョルド:アドリアン・ジュベール(Boy-S)、牧童:マチュー・グルレ(Bs)、リール歌劇場cho

フランソワ=グザヴィエ・ロト(指)レ・シエクル

録音:2021年3月/リール歌劇場、ラ・セーヌ・ミュジカル
おそらくほとんど誰も考えなかったドビュッシーの「ペレアスとメリザンド」のピリオド楽器による録音が登場します。それもロトとレ・シエクルという最高の演 奏陣で、ストラヴィンスキーの「春の祭典」のディスク発表時以上の衝撃と申せましょう。
「ペレアスとメリザンド」の声楽パートはフランス語の抑揚による朗誦に終始しますが、1987年生まれのソプラノ、ヴァンニーナ・サントーニのメリザンド役 をはじめ母国語歌手で固め、自然で美しさ満点。ことにゴロー役のバリトン、アレクサンドル・デュアメルの名演が光ります。
さらに注目なのがロトとレ・シエクルの作り上げるオーケストラ・サウンド。奇を衒わずあくまでシンプル、室内楽的とさえ言えるドビュッシーの精妙なオーケ ストレーションを実現。弦楽器以外はすべて1900年前後のフランス製(ブックレットに詳細記載)を用い、明るく透明な音色、ガット弦を用いた弦楽器が無 限な柔らかさを醸しているのも魅力。基本的にノン・ヴィブラートなため日本の雅楽のような音響さえ創り出しています。ロトによれば地下のシーンでドビュッシー がトロンボーンを用いた理由が、コントラバスの弦と共鳴して不思議な色合いを出そうとしているのも、この演奏で初めて実感できるとのこと。
昨今日本でも「ペレアスとメリザンド」が注目されている感がありますが、その本家本元による真打として世界中の関心を集めること間違いなし。まさに初め て曲の美しさ、凄さを実感できます。
コロナ禍の2021年3月に配信用に行われた無観客上演をもとに編集。ハルモニア・ムンディならではの高音質録音も光ります。2022年初端から大新譜の リリースとなります。

BSOrec
BSOREC-1002(DVD)
NX-E01

BSOREC-2002(Bluray)
NX-E01
ハンス・アブラハムセン(1952-):歌劇「雪の女王」 ゲルダ…バーバラ・ハンニガン(S)
カイ…レイチェル・ウィルソン(Ms)
祖母/老婦人/フィンランドの女…カタリーナ・ダライマン(S)
雪の女王/トナカイ/時計…ピーター・ローズ(俳優)
王女…カロリーネ・ヴェッテグレン(S)
王子…ディーン・パワー(T)
森のカラス…ケヴィン・コナーズ(T)
城のカラス…オーウェン・ウィレット(C.T)
カイ(大人)…トーマス・グレースレ(俳優)
カイ(子供)… ルイス・ヴェロニク(俳優)
ゲルダ(大人)…アンナ・レッセル(俳優)
ゲルダ(子供)…ゾフィー・ヴェロニク(俳優)
バイエルン国立O
指揮:コルネリウス・マイスター
バイエルン国立歌劇場cho
バイエルン国立歌劇場バレエ
バイエルン国立歌劇場エキストラ
演出:アンドレアス・クリーゲンブルク

収録:2019年12月-2020年1月バイエルン国立歌劇場(ミュンヘン)
収録時間:116分
音声:英語
PCMステレオ2.0/DTS5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・オランダ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
デンマーク出身の現代作曲家ハンス・アブラハムセンが手がけた最初の歌劇「雪の女王」。アブラハムセンは自身の積年のテーマ、「雪」の音楽的表 現がこの歌劇の作曲動機になったと語っています。アンデルセンのお伽噺『雪の女王』に基づくこの歌劇は、2014年から18年にかけて台本作成と 作曲が行われ2019年10月にコペンハーゲンで世界初演(デンマーク語版)されました。同時にバーバラ・ハンニガンをこの歌劇に起用するために英 語版の台本をイギリス人作家のアマンダ・ホールデンに委嘱。この英語版がコペンハーゲン初演の2ヶ月後の12月バイエルン国立歌劇場で上演され、 主役ゲルダをハンニガンが知性と情感のバランスを見事にコントロールしながら歌い上げ大好評を博しました。またカイ役の実力派新進ソプラノ、レイ チェル・ウィルソン、脇を固めるヴェテラン歌手ピーター・ローズ、カタリーナ・ダライマンらの充実した歌手陣の歌唱も聴きものです。さらにクリーゲンブルク の演出による幻想的な舞台シーンの展開に、コルネリウス・マイスター率いるバイエルン国立歌劇場Oと合唱団が奏でるアブラハムセンの精緻 な音楽が美しく調和していきます。

Dynamic
DYNDVD-37921(DVD)
NX-C09

DYNBRD-57921(Bluray)
NX-C09
ヴェルディ:歌劇「リゴレット」 マントヴァ公爵…ハビエル・カマレナ(T)
リゴレット…ルカ・サルシ(Br)
ジルダ…エンケレーダ・カマーニ(S)
スパラフチーレ…アレッシオ・カッチャマーニ(Bs)
マッダレーナ…カテリーナ・ピーヴァ(Ms)
ジョヴァンナ…ヴァレンティーナ・コロ(S)
モンテローネ伯爵…ロマン・リュリキン(Bs-Br)
マルッロ・フランチェスコ…サムエーレ・ヴェヌーティ(Bs)
マッテオ・ボルサ…アントニオ・ガレス(T) 他
フィレンツェ五月音楽祭O&cho
リッカルド・フリッツァ(指)
演出:ダヴィデ・リヴェルモーレ

収録:フィレンツェ五月音楽祭歌劇場 2021年2月23日(イタリア)
収録時間:130分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/DD5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・イタリア語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
2020/21シーズン、フィレンツェ五月音楽祭の新演出「リゴレット」は、コロナ禍のあおりを受けて予定していた公演がキャンセルされたものの、2021年2月 23日に無観客上演を敢行。リアルタイムのネット配信と収録が行われました。 演出を担当したリヴェルモーレによる新演出は、幕ごとにマントヴァの宮廷、半地下のランドリー、怪しげなナイトクラブ、地下鉄のプラットホームとその舞台を めまぐるしく変えながらも、ヴェルディの音楽と台本との親和性を保ちつつ、登場人物の所作に至るまで細かく神経が行き届いた新鮮なもの。マントヴァ公爵 役に、メキシコ出身の「驚異のテノール」として世評高く、この出演でイタリア・デビューを果たしたハビエル・カマレナ、リゴレット役はヴェルディ・バリトンの第一人 者、ルカ・サルシ、ジルダ役には同役で2019年スカラ座に鮮烈なデビューを果たしたアルバニア出身の新進ソプラノ、エンケレーダ・カマーニ、という豪華な布 陣。この独唱陣に加えてイタリア・歌劇の名匠リッカルド・フリッツァのタクトに導かれたフィレンツェ五月祭Oと合唱団がヴェルディの迫真のドラマに乗 せた美しい旋律をたっぷりと聴かせます。
Dynamic
CDS-7921(3CD)
NX-C09
ヴェルディ:歌劇「リゴレット」 マントヴァ公爵…ハビエル・カマレナ(T)
リゴレット…ルカ・サルシ(Br)
ジルダ…エンケレーダ・カマーニ(S)
スパラフチーレ…アレッシオ・カッチャマーニ(Bs)
マッダレーナ…カテリーナ・ピーヴァ(Ms)
ジョヴァンナ…ヴァレンティーナ・コロ(S)
モンテローネ伯爵…ロマン・リュリキン(Bs-Br)
マルッロ・フランチェスコ…サムエーレ・ヴェヌーティ(Bs)
マッテオ・ボルサ…アントニオ・ガレ(T) 他
フィレンツェ五月音楽祭O&cho
リッカルド・フリッツァ(指)

録音:2021年2月23日(ライヴ)
フィレンツェ五月音楽祭歌劇場(イタリア)
2020/21シーズン、フィレンツェ五月音楽祭の新演出「リゴレット」は、コロナ禍のあおりを受けて予定していた公 演がキャンセルされたものの、2021年2月23日に無観客上演を敢行。リアルタイムのネット配信と収録が行わ れました。 マントヴァ公爵役に、メキシコ出身の「驚異のテノール」として世評高く、この出演でイタリア・デビューを果たしたハ ビエル・カマレナ、リゴレット役はヴェルディ・バリトンの第一人者、ルカ・サルシ、ジルダ役には同役で2019年スカラ 座に鮮烈なデビューを果たしたアルバニア出身の新進ソプラノ、エンケレーダ・カマーニ、という豪華な布陣。この独 唱陣に加えてイタリア・歌劇の名匠リッカルド・フリッツァのタクトに導かれたフィレンツェ五月祭Oと合唱団 がヴェルディの迫真のドラマに乗せた美しい旋律をたっぷりと聴かせます。

RICERCAR
RIC-437(3CD)
NX-D11
ヘンデル:「セメレ」 セメレ…アナ・マリア・ラビン(S)
ジュピター、アポロ…マシュー・ニューリン(T)
アイノー、ジュノン…ダラ・サヴィノヤ(C.A)
アイリス…キアラ・スケラート(S)
アサマス…ローレンス・ザッゾ(C.T)
カドマス、サムナス、大祭司…アンドレアス・ヴォルフ(Bs)
キューピッド…グワンドリーヌ・ブロンデール(S)
ミレニアム・オーケストラ(古楽器使用)
コンサートマスター:シュシャーヌ・シラノシアン
ナミュール室内cho
レオナルド・ガルシア・アラルコン(指)

録音:2021年7月 グラン・マネージュ、ナミュール
21世紀もなお続々と演奏史を塗り替える新しい名演が登場するヘンデルの劇音楽作品。「セメレ」も例外ではありません。この作品は、古 代神話にもとづく官能的な物語を描き実質歌劇であるにもかかわらず「オラトリオ」とされ、歌詞には歌劇上演時の通例だったイタリア語で なく英語が使われた異色作。1744年、舞台装置や衣装なしの演奏会形式でオラトリオとして初演された当時は、人々を戸惑わせ定番演 目からも外れましたが、アリアの数々の見事さもあって20世紀以降真価が大いに見直され、全曲録音の数にも比較的恵まれてきました。そ こへ今回、古楽の一大拠点国ベルギーから見過ごせない充実新録音が登場! パッション溢れる演奏で高く評価されるアルゼンチン出身の 俊英、レオナルド・ガルシア・アラルコン指揮によるプロジェクトです。歌手陣には古楽系レパートリーを中心に近代オペレッタにも適性を示して きたルーマニア出身の気鋭アナ・マリア・ラビン、欧州各地の歌劇場で活躍目ざましいマシュー・ニューリン、バロックから近代まで幅広いレパー トリーで近年めきめきと頭角を現しているキアラ・スケラート、ヘンデル作品との相性の良さも抜群なカウンターテナーのローレンス・ザッゾら充実 の面々が揃い、器楽にもコンサートマスターにソリストとしても活躍の目覚ましいシュシャーヌ・シラノシアン、コントラバスに大ヴェテランのエリッ ク・マトート、ティンパニに古楽から現代まで広範な活躍を続けるアニマ・エテルナ・ブリュッヘの名手クーン・プラーティンク……と腕利きが 続々! バスーンや撥弦が加わる通奏低音から金管に至るまで、古楽器の多彩な音色を効果的に聴かせながら、歌手たちの迫真の解釈 を鮮やかなドラマに乗せてゆきます。アラルコンの面目躍如ともいうべき待望のヘンデル録音です。

Opus Arte
OA-1334D(DVD)
NX-C10

OABD-7288D(Bluray)
NX-D09
ベートーヴェン:歌劇「フィデリオ」 レオノーレ/フィデリオ…リーゼ・ダヴィドセン(S)
フロレスタン…デイヴィッド・バット・フィリップ(T)
マルツェリーネ…アマンダ・フォーサイス(S)
ヤキーノ…ロビン・トリッチュラー(T)
ロッコ…ゲオルク・ツェッペンフェルト(Bs)
ドン・ピツァロ…サイモン・ニール(Br)
ドン・フェルナンド…エギリス・シリンス(Bs-Br)
第1の囚人…フィリペ・マニュ(T)
第2の囚人…ティモシー・ドーキンス(Bs)
コヴェント・ガーデン王立歌劇場O&cho
指揮:アントニオ・パッパーノ
演出:トビアス・クラッツァー

収録:2020年3月13日コヴェント・ガーデン王立歌劇場(ロンドン)
収録時間:133分(歌劇)+5分(特典映像)
【特典映像】
- なぜロイヤル・歌劇はフィデリオの上演を愛するのか
- キャスト・ギャラリー
音声:ドイツ語
Dolby Digital ステレオ2.0/DTS-HD Surround 5.1(DVD)
LPCMステレオ2.0/DTS-HD Master Audio Surround(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
2001年に創立された英国の映像レーベル、オーパス・アルテより同レーベル創立20周年を記念して、ベートーヴェン生誕250周年に行われたコヴェ ント・ガーデン王立歌劇場の「フィデリオ」の舞台映像をお届けします。 2020年、多くの歌劇公演がコロナ禍の影響を受け中止や無観客上演を余儀なくされたなか、この「フィデリオ」の観客を招いての公演収録は、同年 3月新型コロナ・ウィルスが欧州で蔓延する直前の貴重な記録となりました。演出を担当したトビアス・クラッツァーは、この作品のジングシュピール(歌 芝居)としての特性を生かし独自の台詞を追加。第1幕はオリジナルの時代設定、第2幕では舞台上にフィデリオの時代場面とそれを見守る現代人 のオブザーバー(合唱団)を共存させるというユニークな演出により、オリジナルのストーリーを読み替えることなく作品の演劇性を高めています。力強さと 抒情性を併せ持つレオノーレ役のダヴィドセン、個性豊かな表情を見せるマルツェリーネ役のフォーサイスの女性コンビの歌唱演技が舞台をリード。フロ レスタン役としてカウフマンの降板に伴い急遽舞台にあがったフィリップの熱唱、看守長ロッコを演じるヴェテラン、ツェッペンフェルトの説得力溢れる歌唱 など男声歌手陣も万全です。パッパーノが率いるオーケストラと合唱団が作品に美しい彩りを与えながら、劇的な音楽作りで全体をしっかりと支えてい ます。

C Major
80-5308(DVD)

80-5404(Bluray)
レオンカヴァッロ:歌劇「ザザ」 スヴェトラーナ・アクセノワ(ザザ/ソプラノ)
ニコライ・シューコフ(ミーリオ・デュフレーヌ/テノール)
クリストファー・モルトマン(一座の歌手カスカール/バリトン)
エンケレイダ・シュコサ(ザザの母アナーイデ/メゾソプラノ)
ジュリエット・マルス(ザザの召使ナターリア/ソプラノ)
ドロテア・ヘルベルト(デュフレーヌ夫人/ソプラノ)
パウル・シュヴァイネスター(座長クルトワ/テノール)
イヴァン・ジノヴィエフ(演出家デュクルー/バス)
トビアス・グリーンハル(ビュッシー/バリトン)
ステファン・ゾルテス( 指揮))
ウィーンRSO
シェーンベルクcho
演出:クリストフ・ロイ

収録:2020年9月、アン・デア・ウィーン劇場, ウィーン(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9、NTSC 音声:PCM
ステレオ、DTS5.1 DVD9
原語:イタリア語、字幕:英独仏韓,日本語、127分
◆Bluray
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、
DTS-HD MA5.1 BD50
原語:イタリア語
、字幕:英独仏韓,日本語、127分
2020年アン・デア・ウィーン劇場の新シーズン開幕を飾った演目、レオンカヴァッロの歌劇「ザザ」。作曲と台本を作曲家自身が手がけた全4幕からなる歌劇 で、レオンカヴァッロ特有の儚く美しい旋律にあふれた魅力的な歌劇です。レオンカヴァッロは代表作「道化師」の成功の前に、パリのミュージックホールでピア ノを弾いて生計を立てており、本作の舞台であるパリ郊外のミュージックホールの様子が生き生きと描かれているのが特徴です。「ザザ」は、1900年にミラノのテ アトル・リリコで初演。その後レオンカヴァッロは亡くなる直前の1919年に冗長な部分をカットした改訂版を出しています。本上演はその改訂版をもとに、1900 年オリジナル版からも部分的に採用して上演しています。 (Ki)

C Major
80-5708(DVD)

80-5804(Bluray)
モニューシコ:歌劇「ハルカ」 ハルカ:コリーン・ウィンターズ(S)
ヨンテク:ピョートル・ベチャワ(T)
ヤヌシュ:トマシュ・コニエチュニ(Bs-Br)
ストルニク:アレクセイ・チホミロフ( バス)
ゾフィア:ナタリア・カヴァウェク(Ms)
ジェムバ:ウカシュ・ヤコプスキ(Bs)
ウカシュ・ボローヴィチ(指)ウィーンRSO
シェーンベルクcho
演 出:マリウシュ・トレリンスキ


録音:2019年12月15、17日/アン・デア・ウィーン劇場(ライヴ)
◆DVD
NTSC, 16:9//1080i
PCM Stereo, DTS 5.1
字幕:日本語,独英仏韓
原語:ポーランド、138'00
◆Bluray
NTSC
16:9//1080i
PCM Stereo, DTS-HD MA 5.1
字幕:日本語,独英仏韓
原語:ポーランド、138'00"
モニューシコの「ハルカ」はポーランド最初の国民歌劇のみならず、ポーランドの歌劇を代表する作品。2019年12月に行われた当公演はアン・デア・ウィー ン劇場とワルシャワのテアトル・ヴィエルキの共同制作で、ベチャワ、コニエチュニをはじめとする主要キャストや演出、指揮をはじめポーランド人スタッフが数多 くかかわっている点も注目です。
ほぼ同世代のショパンがピアノで行ったように、モニューシコは歌劇でポーランド人の愛国心を目覚めさせ鼓舞させました。1847年作の「ハルカ」は若領主ヤ ヌシュに弄ばれ捨てられる小作人の娘ハルカを題材としていますが、前年の「クラクフの蜂起」失敗への義憤をヴォジミエシュ・ヴォルスキが比喩を用いて戯曲に し、モニューシコが歌劇化しました。
原作は18世紀半ばのポーランド南部タトラ山を舞台にしていますが、演出のマリウシュ・トレリンスキは20世紀後半のホテルに話を置き換え、農民の娘ハルカ もメイドに、彼女を愛し見守るヨンテクも山男ではなくボーイとなっています。原作の領主貴族と小作人の関係が20世紀後半にも支配者と労働者で変わりなく続 き、支配者の横暴に泣くか弱き存在とその同情と義憤から反旗を翻す民(従業員)として辛辣に批判しています。
主役ハルカを演じるのはアメリカのソプラノ、コリーン・ウィンターズ。若領主ヤヌシュに裏切られ狂乱する様を迫真の演技で熱演。美しいアリアの数々も聴き惚 れます。彼女を愛するヨンテクをベチャワが演じているのも豪華。母国語であるのとポーランド人にとって別格の歌劇だけに美声と表現力で聴かせます。女たら しの主人は「東京・春音楽祭」でもおなじみのコニエチュニ。「灰とダイヤモンド」のチブルスキを彷彿させるサングラスと髪型なのも、演出のトレリンスキの隠れ た意図を感じさせます。
オリジナル・ポーランド語上演ですが初の日本語字幕付きなのも嬉しい限り。ポーランド人が愛してやまない名歌劇の全貌に初めて触れることができます。 (Ki)

Urania Records
WS-121394(2CD)
ヴェルディ:歌劇「リゴレット」 エットーレ・バスティアニーニ(Br/リゴレット)、アルフレード・クラウス(T/マントヴァ公)、レナータ・スコット(S/ジルダ)、フィオレンツァ・コッソット(メゾ・ソプラノ/マッダレーナ)、イヴォ・ヴィンコ(バス/スパラフチーレ)、シルヴィオ・マイオニカ(バス/モンテローネ伯爵)、エンツォ・グァグニ(T/マッテオ・ボルサ)、クララ・フォティ(メゾ・ソプラノ/チェプラーノ伯爵夫人)、ジュゼッペ・モレーシ(Br/チェプラーノ伯爵)、ヴィルグリオ・カルボナーリ(Br/マルッロ)、
フィレンツェ五月祭O&cho、
ジャナンドレア・ガヴァッツェーニ(指)

録音:1960年
※リマスタリング:ノエミ・マンゾーニ&ウラニア・レコーズ
CD初期の時代にはイタリアのリコルディ社から発売されていたガヴァッツェーニが指揮する「リゴレット」は、名バリトン、エットーレ・バスティアニーニがタイトルロールを演じ、レナータ・スコットやアルフレード・クラウスといった世界的歌手たちが名を連ねた同曲屈指の名盤の1つ。
バスティアニーニのヴェルディ・バリトンとしての面目躍如たる1960年の録音が、ウラニア・レコーズのデジタル・リマスタリングで蘇りました。

Lyrita
REAM-2144(3CDR)
レノックス・バークリー:1幕のオペラ集

1. 歌劇「ディナーの約束」Op.45(1954)
2. 歌劇「ルツ記」Op.50(1956)
3. 歌劇「キャストアウェイ」Op.68(1967)
1. BBCノーザンO、モーリス・ハンドフォード(指)、ノーマン・ラムスデン(Bs)、マジョリー・ウェストべリー(S)、シンシア・グローヴァー(S)、パメラ・ボーデン(C.A)、ヨハンナ・ペータース(C.A)、エドワード・ダーリング(T)、ディレク・ウィリアムソン(T)、ジョン・ウィルソン(P)
2. BBCノーザン・シンガーズ&SO、スチュアート・ベッドフォード (指)、エリザベス・ロビンソン(S)、スー=ビー・リー(S)、アルフレーダ・ホジソン(C.A)、ピーター・ピアーズ(T)、トマス・ヘムズリー(Br)、ロナルド・ハーヴィ(ナレーター)
3. イギリス・オペラ・グループcho、イギリス室内O、メレディス・デイヴィス(指)、ジェフリー・チャード(Br)、パトリシア・クラーク(S)、ジーン・アリスター(Ms)、パトリシア・ブランズ (S)、ヴェリティ・アン・ベイツ(S)、キャロリン・マイア(Ms)、ジェイムズ・アトキンズ(Bs)、マルコム・リヴァーズ(Bs)、ケネス・マクドナルド(T)

BBC放送日:1. 1966年6月5日
2. 1968年8月18日
3. 1967年6月10日(BBC放送、イギリス、全てモノラル)
イギリスのオックスフォード出身のレノックス・バークリー:(1903-1989)による1幕のオペラ集です。「ディナーの約束」はバークリー:最初の1幕のオペラです。「ルツ記」にはイギリスを代表するテノール、ピーター・ピアーズも参加しています。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

BONGIOVANNI
GB-2593(1CD)
マスカーニ:歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』 カテリーナ・イコノモウ(サントゥッツァ)
ジュゼッペ・ジャコミーニ(トゥリッドゥ)
フェデラ・バルビエーリ(ルチア)
アレッサンドロ・カッシス(アルフィオ)
パオラ・ロマーノ(ローラ)
ブルーノ・バルトレッティ(指揮)
トスカーナO

録音:1990年9月/リヴォルノ、グラン・グアルディア劇場
マスカーニの故郷リヴォルノで、『カヴァレリア・ルスティカーナ』初演100周年を記念して行われた公演のライヴ録音です。2021年7月28日に亡くなった 名テノール、ジュゼッペ・ジャコミーニが彼のキャリアの中でも特にはまり役と言える役で参加した公演であることも見逃せません。コレッリやヴィッカーズの継承 者とも評される、力強く豊かで伸びやかな歌声をお聴きください。 (Ki)
BONGIOVANNI
GB-2594(2CD)
アントニオ・スマレリア(1854-1929):歌劇『シゲトの家臣』 デニア・マッツォラ・ガヴァッツェーニ(ナヤ)
ジュゼッペ・ヴェネツィアーノ(アンドール)
フルヴィオ・オッテッリ(ミロス)
ジョルジョ・ヴァレリオ(ロルフ、コンラッド)
シュザンナ・ハコブヤン(カノニケッサ)
ダミアーノ・チェルッティ(指)
オルケストラ・フィラルモニカ・イタリアーナ

録音:2020年11月
イタリアの歌劇作曲家アントニオ・スマレリア(1854-1929)の知られざる作品。1889年10月4日、ウィーン国立歌劇場のシーズン開幕を飾った歌劇で、 聴衆の反応も上々でした。スマレリア本人はワーグナー信者でしたが、半ワーグナー派のハンスリックやブラームスが好意的に評価したという興味深い話が残って います。 (Ki)

Pentatone
PTC-5186993(1CD)
『私は勝つ!〜イタリア・歌劇・アリア集』
プッチーニ:歌劇『トスカ』(1900)より
 1.「妙なる調和」
 2.「星は光りぬ」
チレア:歌劇『アドリアーナ・ルクヴルール』(1902)より
 3.「あなたの中に母の優しさと微笑みを」
 4.「心は疲れて」
 5.「ロシアのメンチコフ将軍への命令は」**
マスカーニ:歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』(1890)より
 6.「ここにいる皆さん方…万歳 泡だつワインよ」*&**
 7.「母さんあの酒は強いね」*
プッチーニ:歌劇『マノン・レスコー』(1893)より
 8.「なんと素晴らしい美人」
 9.「あなた方の中に」**
ジョルダーノ:歌劇『アンドレア・シェニエ』(1896)より
 10.「5月の美しい日のように」
 11.「ある日、青空を眺めて」
ジョルダーノ:歌劇『フェドーラ』(1898)より
 12.「愛さずにはいられぬこの思い」
レオンカヴァッロ:歌劇『道化師』(1892)より
 13.「芝居か…衣装を着けろ」
プッチーニ:歌劇『西部の娘』(1910)より
 14.「やがて来る自由の日」
プッチーニ:歌劇『エドガール』(1888)より
 15.「享楽の宴、ガラスのような目をしたキメラ」
プッチーニ:歌劇『ジャンニ・スキッキ』(1918)より
 16.「フィレンツェは花咲く木のように」
プッチーニ:歌劇『蝶々夫人』(1904/1907)より
 17.「さらば愛の家」
プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』(1
ピョートル・ベチャワ(T)
バレンシア自治州O、
マルコ・ボエミ(指)
*=エフゲニヤ・ホムートワ(Ms)
**=バレンシア州政府cho

ン録音:2019年10月/ソフィア王妃芸術宮殿、バレンシア(スペイン)
世界的テノール歌手、ピョートル・ベチャワ。PENTATONE との専属契約第 1弾となった名盤『私は勝つ!〜イタリア・歌劇・アリア集』が CD フォーマッ トで再発売いたします!
収録作品はベチャワが最も得意とするイタリアの歌劇・アリア集です。ベチャワは 1966 年ポーランド最南部のチェホヴィツェ=ジエジツェ生まれ。リンツ州 立劇場での活躍後、1997年からはチューリッヒ歌劇場に所属。その後の活躍は目覚ましくロイヤル・歌劇・ハウス、メトロポリタン歌劇場、マリインスキー劇場、 パリ国立歌劇座などで活躍し、圧倒的な歌唱で注目され続けています。
当録音ではプッチーニ、チレア、マスカーニ、ジョルダーノ、レオンカヴァッロの名作歌劇・アリアを余すことなく収録。ベチャワの美しく力強い歌声を堪能 することができます。 ※CD 再発売にともない、SACD Hybrid盤(PTC-5186733)は廃盤となります。 (Ki)

APARTE
AP-265(1CD)
モーツァルト・コンチェルタンテ
モーツァルト:「魔笛」〜夜の女王のアリア「復讐の炎は地獄のようにわが心に燃え」
「ポントの王ミトリダーテ」〜愛する人よ、あなたから遠く離れ
「皇帝ティートの慈悲」〜さあ、いよいよ
「ツァイーデ」〜安らかにお休み
「コジ・ファン・トゥッテ」〜あの人は去ってしまう
「後宮からの逃走」〜悲しみが私の宿命となった
協奏交響曲変ホ長調K.364*
アレクサンドラ・クジャク(S)、
ユーキ・ウォン(Vn)*、
トマシュ・ヴァプニツ(Va)*、
モーフィング室内O

録音:2021年2月1-5日/カジノ・バウムガルテン(ウィーン)
1977年ポーランド出身のソプラノ、アレクサンドラ・クジャク(クルジャク、クルザク)はロベルト・アラーニャの3人目の夫人となったことでも話題となりまし たが、今や世界中の歌劇・ハウスで大活躍しています。彼女の最新盤はオール・モーツァルトのアリア集。
「魔笛」の夜の女王のアリアをはじめ、モーツァルトの名アリアの数々、技巧のみならずリリックな表現も見事に発揮し、現在最高潮にある至芸を堪能させてくれ ます。モーフィング室内Oのウィーンの薫高いサポートも魅力です。コンサートマスターのユーキ・ウォンによる協奏交響曲も注目です。 (Ki)

Tactus
TC-820004(1CD)
声とギターの為のベルカント
アントン・ディアベリ:ロッシーニの歌劇「タンクレディ」より「この胸の高鳴りが」
ヘンリー・ディアワート(19sec.):ロッシーニの歌劇「泥棒かささぎ」より「私の心は喜びに踊る」
ジュリアーニ:ジュゼッペ・ニコリーニの歌劇「田舎の結婚」」より「Amor,perche m'accendi」,ヨハン・ジモン・マイールの歌劇「I misteri eleusini」より「Confusa quest'alma」、フェルディナンド・パエールの歌劇「Il principe di Taranto」より「Quando vedo il pastorello」
フランソワ・ドイシー(1748-1806):ニコラ・ジンガレッリの「E pena troppo barbara」、フェルディナンド・パエールの歌劇「Griselda」より「Voi d'amante o dolci affetti」、ジャコモ・フェラーリの「Se tutti i mali miei」、フェルディナンド・パエールの歌劇「Il principe di Taranto」より「Dove sei don sesto amato」、ヨハン・ジモン・マイールの歌劇「Ginevra di Scozia」より「Se pietoso,amor,tu sei」
ジュリアーニ:チマローザの歌劇「秘密の結婚」より「Pria che spunti in ciel l'aurora」
ロジャー・ディアス(19sec.):ロッシーニの歌劇「チェネレントラ」より「悲しみと涙のもとに生まれて」
ジュリアーニ:ロッシーニの歌劇「タンクレディ」より「この胸の高鳴りが」
アレッサンドラ・ボーリン(S)
アレッサンドロ・マルチェッリ(ヒストリカル・ギター)

録音:2019年、プラト(イタリア)
イタリアの作曲家の歌劇・アリアをイタリアの作曲家やギター奏者が、ソプラノとギターの二人で演奏できるように編曲した作品を集めた珍しいアルバム。ピアノのようにオーケストラに負けない多機能なギターならではの伴奏と、アレッサンドラ・ボリンの表現力溢れた歌声をお楽しみください。

RICCARDO MUTI MUSIC
RMM-2021DVD (3DVD+2CD)
ドニゼッティ:歌劇「ドン・パスクワーレ」

■DVD1
リッカルド・ムーティ〜ピアノ演奏によるオペラの紹介(字幕なし)

■DVD2
リッカルド・ムーティ〜オーケストラ・リハーサル(字幕なし)

■DVD3
リッカルド・ムーティ〜コンサート形式(字幕あり)
(ムーティによるオペラ紹介あり/字幕なし)

■CD1
第1幕&2幕

■CD2
第3幕
※DVD3と同じ演奏
リッカルド・ムーティ(指)

■DVD1(2h33')
ドン・パスクワーレ:クラウディオ・デスデリ、ニコラ・アライモ
マラテスタ医師:マリオ・カッシ、ブルーノ・タッディア
エルネスト:フアン・フランシスコ・ガテル、デイヴィット・アレグレ
ノリーナ:ラウラ・ジョルダーノ、サンドラ・パストラーナ
公証人:バブリエレ・スピナ
収録場所:アリギエーリ劇場、ラヴェンナ
■DVD2(58')
ドン・パスクワーレ:クラウディオ・デスデリ
マラテスタ医師:マリオ・カッシ
エルネスト:フアン・フランシスコ・ガテル
ノリーナ:ラウラ・ジョルダーノ
公証人:バブリエレ・スピナ
収録場所:ピアチェンツァ市劇場
■DVD3(2h9')
ドン・パスクワーレ:ニコラ・アライモ
マラテスタ医師:マリオ・カッシ
エルネスト:フアン・フランシスコ・ガテル
ノリーナ:ラウラ・ジョルダーノ
公証人:ルーカ・ダッラミーコ
ルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレO
ピアチェンツァ市劇場合唱団(合唱指揮:コッラード・カサティ)
収録場所:ソチャーレ歌劇場、コモ

NTSC
原語:イタリア語 字幕:英語
DVD:5h40' /CD:2h
現代の巨匠リッカルド・ムーティ。2004年に自らが創立したユース・オーケストラ、ルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレOとのリハーサル&コンサート 映像。今回はドニゼッティの傑作「ドン・パスクワーレ」です。ドニゼッティの数あるオペラ・ブッファの中でも完成度の高い作品です。 ムーティはのこの作品について以下のように語っています。 「「ドン・パスクワーレ」は、他のドニゼッティの作品のように皮肉の効いたオペラであるが、その喜劇性やアイロニーは常に大いなる悲哀に満ちています。これは 強調されるべきです。これがドニゼッティとロッシーニの違いでもあります。しかしロッシーニがメランコリーでもなく、ドラマチックでもなく、悲劇的でもないと言っ ているわけではありません。ロッシーニのオペラ・ブッファではドニゼッティが思いつかない楽器の妙技で楽しませることができるのです。 実際、ドニゼッティは、音楽と言葉を巧みに融合させ、台本から皮肉と微笑みを見出すことができます。そのような小さなヒントでドニゼッティは「ドン・パスクワー レ」をドラマトゥルク的に完璧なオペラとして創り上げることができたのです。」 この商品にはムーティによる充実した作品解説(字幕なし)も入っており、作品をより深く知ることができます。(この商品にはRMM MUSICのデジタル・ストリーミング・プラットフォームでHDの映像を観ることができるアクセス・コードが入っています。) (Ki)

Simax
PSC-1383
(CD+DVD[PAL])
シェティル・ビョルンスタ(1952-):オペラ「フラグスタート - オペラ」 ビルギッテ・クリステンセン(ソプラノ、キルステン・フラグスタート)
ベルント・オーラ・ヴォルングホーレン(バリトン、ヘンリー・ヨハンセン/バーナード・マイルズ)
エルドリ・ゴーシェット(ソプラノ、看護婦)
ステファン・イプセン・スラタノス(指,P)
ハンス=クリスチャン・ショス・ソーレンセン(打楽器)
ハンネ・レクダール(Fl,Fg)
エリサベト・ルン・トムテル(Va)
ヨン・オスネス(Cb)

台本(英語)、舞台演出:アイナル・ビョルゲ
オーケストレーション、編曲:ステファン・イプセン・スラタノス

録音・収録:2020年11月5日 ノルウェー・オペラ、第2舞台(オスロ)(ドレスリハーサル・ライヴ)
制作:シェティル・ビョルンスタ(CD)オッド・ゲイル・セーテル(DVD)
ポスト・プロダクション:マッティン・アブラハムセン(レインボースタジオ)
フラグスタート - オペラ」は、ノルウェーでもっとも国際的に知られ、「ノルウェーを愛する」音楽家のひとりとして国立歌劇場の創設に献身したソプラノ歌手、キ ルステン・フラグスタート(ヒシュテン・フラグスタ) Kirsten Flagstad(1895?1962)を題材にした一幕の作品です。彼女の生誕125年にあたる2020年の 上演をめざし、オスロ・オペラ・フェスティヴァルのディレクター、ヨーリル・ソングヴォル Gjoril Songvoll が企画。劇『Flagstad - Triumph and Tragedy(フ ラグスタ - 勝利と悲劇)』を書いた劇作家で演出家のアイナル・ビョルゲ Einar Bjorge に台本の執筆、「クジラの歌」(Grappa GRCD 4328)や「帰属の歌」 (GRCD 4517)などの作品で知られるジャズピアニストで作曲家のシェティル・ビョルンスタ Ketil Bjornstad(1952?)に作曲が依頼されました。
「1962年の秋の終わり、オスロの病院の一室。末期ガンのため緩和ケアを受けているフラグスタートは、献身的に尽くす若い看護婦と一緒に、友人のプロデュー サーで俳優のバーナード・マイルズの訪問を待っています。モルヒネのもたらるフラッシュバックの中で彼女は、ふたりめの夫のヘンリー・ヨハンセンと、ノルウェーがナ チス・ドイツに占領された第二次世界大戦中、彼がファシズム政党の党員だったこと、そして戦後、そのせいで受けた不当な仕打ちを思い出す。娘エルセとの不幸な関 係。メトの舞台で歌ったころの輝かしい日々。苦しい時に彼女を家族と一緒に支えてくれたバーナードが到着する。幸せの記憶。彼が辞した後、フラグスタートは最後 の旅への心構えができていた」。
「クラシカル音楽のフォーマット」のオペラを初めて手がけるというビョルンスタは、喜びにあふれていたり、センチメンタルだったり、さまざまな表情のメロディと リズムを使いながら、一貫性のある室内オペラを作り上げました。途中、フラグスタートのかつての姿を懐かしがるように彼女が初演したシュトラウスの「4つの最後 の歌」やワーグナーの楽劇の旋律も引用されます。
フラグスタート役のビルギッテ・クリステンセン Birgitte Christensen、看護婦のエルドリ・ゴーシェットEldrid Gorset、ヘンリーとバーナードの二役を歌うベ ルント・オーラ・ヴォルングホーレン Bernt Ola Volungholen は、ノルウェー国立音楽大学やコペンハーゲンのオペラ・アカデミーで学び、ノルウェー・オペラやヨー ロッパのオペラハウスに出演する歌手たちです。器楽アンサンブルのメンバーは、ノルウェーの現代音楽シーンを代表する打楽器奏者のひとり、ハンス=クリスチャン・ ショス・ソーレンセン Hans-Kristian Kjos Sorensen、ビョルンスタの友人、ヴィオラ奏者のラーシュ・アンデシュ・トムテルを父にもつエリサベト・ルン・トムテ ル Elisabeth Lund Tomter、ファゴットとフルートのプレーヤーのハンネ・レクダール Hanne Rekdal とベーシストのヨン・オスネス Jon Asnes。編曲とピアノ、 指揮を担当するステファン・イプセン・スラタノス Stefan Ibsen Zlatanoa は、ノルウェー国立大学でリヴ・グラーセルとアイナル・ヘンニング・スメビューに学び、 クラシカル、ジャズ、ポップ、現代音楽、ギリシャとノルウェーの民俗音楽と、多様なレパートリーをもつ音楽家です。
2020年11月5日、ノルウェー・オペラの第2舞台(小劇場)で観客数を制限してドレスリハーサルが行われたものの翌日に予定された世界初演は、バレエ団の ひとりが COVID-19 に感染したことから劇場が閉鎖され、開演の5時間前になってキャンセルが発表されました。このアルバムは、そのドレスリハーサルのライヴを 使って制作されました。Simax レーベルを主宰する Grappa のヘルゲ・ヴェストビュー Helge Westbye の賛同を受け、限られた数の「幸運な」観客の喝采を受 けた関係者全員が望んだとおり、DVD と CD を合わせたアルバムとしてリリースされます。

[注記]
DVD には「メニュー」がなく、英語歌詞の字幕が自動的に表示され、オペラが始まります。「リージョン・フリー」(All region)ですが、PAL 規格で制作されている
ので、PAL 対応の機器、PAL/NTSC 変換機能のある機器、あるいは PC で再生してください]

NAXOS
NAXOS-2.110706
(DVD)
NX-C09

NBD-0137V(Bluray)
NX-C09
ロッシーニ:歌劇「なりゆき泥棒」 ドン・エウゼビオ(ベレニーチェの叔父)…パトリック・カボンゴ(T)
ベレニーチェ(アルベルト伯爵の婚約者)…ヴェラ・タレルコ(S)
アルベルト伯爵…ケネス・ターヴァー(T)
ドン・パルメニオーネ…ロレンツォ・レガッツォ(Bs)
エルネスティーナ…ジャーダ・フラスコーニ(Ms)
マルティーノ(ドン・パルミニオーネの召使)…ロベルト・マイエッタ(Br)
ドン・エウゼビオの二人の召使い…ガブリエル・アレクサンダー・ヴェルニック/シルヴィア・アウレア・デ・ステファノ

ヴィルトゥオージ・ブルネンシス
フォルテピアノ:ミケーレ・デリア
指揮:アントニオ・フォリアーニ

収録 2017年7月13、22日
王立クア劇場、バート・ヴィルトバート(ドイツ)
収録時間:90分
音声:イタリア語
PCMステレオ2.0(DVD&Blu-ray)
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面単層ディスク 1080i High Definition
2017年7月、ヴィルトバートのロッシーニ音楽祭で行われた歌劇「なりゆき泥棒」映像の登場です。音楽祭の芸術監督ヨッヘン・シェーンレーバーは物 語の舞台を現代に移し、偶然の鞄の取り違えを意図的なすり替えに読み替えることで、より風刺性を増した喜劇へと仕立てています。1812年、20歳 のロッシーニによる8作目の歌劇としてヴェネツィアで上演されたこの作品は、瑞々しい情感と喜劇的センスが際立つ秀作。6人の登場人物が表情豊 かにのびのびと演技歌唱を繰り広げ、とりわけ幾度かの来日でおなじみのロレンツォ・レガッツォ(パルメニオーネ役)の素晴らしい歌唱が光ります。2012 年からヴィルトバートの音楽監督を務めるアントニーノ・フォリアーニが率いるヴィルトゥオージ・ブルネンシスが紡ぎ出す軽妙洒脱な音楽も聴きものです。

Dynamic
DYNDVD-37911(2DVD)
NX-D05

DYNBRD-57911
(Bluray)
NX-D05
ドニゼッティ:歌劇「シャモニーのリンダ」 リンダ…ジェシカ・プラット(S)
ピエロット(サヴォワの孤児)…テレサ・イエルヴォリーノ(A)
カルロ(シルヴァル子爵)…フランチェスコ・デムーロ(T)
アントーニオ(小作人、リンダの父)…ヴィットリオ・プラート(Br)
マッダレーナ(リンダの母)…マリーナ・デ・リーゾ(S)
ボアフレリー公爵…ファビオ・カピタヌッチ(Bs)
司教…ミケーレ・ペルトゥージ(Bs)
行政長官…アントニオ・ガレス(T) 他
フィレンツェ五月音楽祭O&cho
演出:チェーザレ・リエーヴィ

収録:2020年1月15日 フィレンツェ五月音楽祭歌劇場(イタリア)
収録時間:171分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク×1、片面単層ディスク×1
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
有名なアリア「この心の光」で知られる「シャモニーのリンダ」。この上演で主役のリンダを演じるのは、ジェシカ・プラット。2013年にイタリアの由緒ある「シ オラ・ドーロ(黄金のツバメ)」歌劇賞を受賞した英国生まれオーストラリア国籍の名ソプラノです。伸びやかな声と確かなコロラトゥーラの技術を駆使 し、素晴らしい歌唱で純真な少女の役を演じています。相手役カルロに人気テノール、フランチェスコ・デムーロ、加えてミケーレ・ペルトゥージ、ファビオ・ カピタヌッチらベテランがしっかりと脇を固めた万全の配役。ドニゼッティの音楽の抒情性とドラマを見事に引出すミケーレ・ガンバのタクトは、シンプルなが ら美しい舞台美術を背景としたチェーザレ・リエーヴィの演劇性に富む演出と相まって、悲劇と喜劇の両面を併せ持つこの歌劇を陰影豊かに描いてい ます。
Dynamic
CDS-7911(3CD)
NX-C05
ドニゼッティ:歌劇「シャモニーのリンダ」 リンダ…ジェシカ・プラット(S)
ピエロット(サヴォワの孤児)…テレサ・イエルヴォリーノ(A)
カルロ(シルヴァル子爵)…フランチェスコ・デムーロ(T)
アントーニオ(小作人、リンダの父)…ヴィットリオ・プラート(Br)
マッダレーナ(リンダの母)…マリーナ・デ・リーゾ(S)
ボアフレリー公爵…ファビオ・カピタヌッチ(Bs)
司教…ミケーレ・ペルトゥージ(Bs)
行政長官…アントニオ・ガレス(T) 他
フィレンツェ五月音楽祭O&cho
ミケーレ・ガンバ(指)

録音:2020年1月15日フィレンツェ五月音楽祭歌劇場(イタリア)
有名なアリア「この心の光」で知られるドニゼッティの「シャモニーのリンダ」。本収録で主役のリンダを演じるのは、 ジェシカ・プラット。2013年にイタリアの由緒ある「シオラ・ドーロ(黄金のツバメ)」歌劇賞を受賞した英国生まれ オーストラリア国籍の名ソプラノです。伸びやかな声と確かなコロラトゥーラの技術を駆使し、素晴らしい歌唱で純 真な少女の役を演じています。相手役カルロに人気テノール、フランチェスコ・デムーロ、加えてミケーレ・ペルトゥー ジ、ファビオ・カピタヌッチらベテランがしっかりと脇を固めた万全の配役。ドニゼッティの音楽の抒情性とドラマを見事 に引き出すミケーレ・ガンバのタクトは、悲劇と喜劇の両面を併せ持つこの歌劇を陰影豊かに描いています。
Dynamic
CDS-7915(2CD)
NX-C09
ヴェルディ:歌劇「マクベス」
(フランス語歌唱)
マクベス…リュドヴィク・テジエ(Br)
マクベス夫人…シルヴィア・ダッラ・ベネッタ(S)
バンクォー…リッカルド・ザネッラート(Bs)
マクダフ…ジョルジョ・ベッルージ(T)
マルコム…ダヴィド・アストルガ(T)
医師…フランチェスコ・レオーネ(Bs) 他
「マクベスの手紙」朗読…カサンドル・ベルトン
フィラルモニカ・アルトゥーロ・トスカニーニ
パルマ王立劇場cho
ロベルト・アバド(指)

録音:2020年9月11-13日(演奏会形式、ライヴ)
ヴェルディ音楽祭2020、パルコ・ドゥカーレ・ディ・パルマ(イタリア)
題名役マクベスを歌うのはフランスの名バリトン、リュドヴィク・テジエ。艶と深みのある美声で運命に翻弄される男 の野心と苦悩を歌い、夫を破滅に導くマクベス夫人役のシルヴィア・ダッラ・ベネッタがドラマティックな歌唱でそれに 応えます。イタリア・歌劇を中心に幅広く活躍する名匠ロベルト・アバドのタクトから生まれる躍動感溢れる音楽と フランス語歌唱の柔らかな響きが絶妙にマッチするもうひとつの「マクベス」をお楽しみください。

Urania Records
WS-121395(2CD)
モーツァルト:歌劇「魔笛」(英語歌唱版) ブライアン・サリヴァン(タミーノ/テノール)、ルシーン・アマーラ(パミーナ/ソプラノ)、ロバータ・ピーターズ(夜の女王/ソプラノ)、ジェローム・ハインズ(ザラストロ/バス)、セオドア・アプマン(パパゲーノ/バリトン)、ローレル・ハーリー(パパゲーナ/ソプラノ)、ポール・フランク(モノスタトス/テノール)、ジョージ・ロンドン(弁者/バス)、ハイディ・クロール(侍女T/ソプラノ)、マドレーヌ・チェンバース(侍女U/ソプラノ)、サンドラ・ウォルフィールド(侍女V/ソプラノ)、メトロポリタン歌劇場O&cho、ブルーノ・ワルター(指)

録音(ライヴ録音、モノラル):1956年3月3日、メトロポリタン歌劇場(ニューヨーク、アメリカ)
※リマスタリング:ノエミ・マンゾーニ&ウラニア・レコーズ
1958年から1961年にかけて、歴史的に重要なステレオ録音を次々と行ってきたブルーノ・ワルター(1876-1962)は、1962年に2つの歌劇「魔笛」と「フィデリオ」を録音する計画を持っていましたが、残念なことに同年の2月17日に他界してしまいました。
しかしながら、ワルターは1956年にニューヨークのメトロポリタン歌劇場で「魔笛」の伝説的な演奏を(指)録音しており、その名演は現在でも非常に高く評価され続けています。
ちなみにワルターはアメリカの人々に「魔笛」の内容、魅力をすぐに理解してもらうために、モーツァルトの最後の傑作の演奏に臨むにあたり「英語歌唱版」を選んでいます。
今回、ウラニア・レコーズ(Urania Records)はこの「魔笛」の非常に状態の良いマスターを入手することに成功したこともあり、ワルター、そしてモーツァルトの「魔笛」のディスコグラフィーの充実に貢献するため復刻を最小限に留めた新たなリマスタリングによるディスクをリリースすることを決断しました。
ウラニア・レコーズは今回の復刻盤について、「ワルターの指揮するオーケストラのサウンドと名歌手たちの歌声の臨場感を完璧に再現した素晴らしい品質に仕上がっている」と述べています。

Opus Arte
OA-1343D(DVD)
NX-C10

NYDX-50182(Bluray)
NX-D09
モーツァルト:歌劇「魔笛」

【特典映像】
・モーツァアルト「魔笛」の秘密
・キャスト・ギャラリー
ザラストロ…ミカ・カレス(Bs)
タミーノ…マウロ・ペーター(T)
パミーナ…シボーン・スタッグ(S)
夜の女王…ザビーヌ・ドゥヴィエル(S)
パパゲーノ…ロデリック・ウィリアムズ(Br)
パパゲーナ…クリスティーナ・ガンシュ(S)
モノスタトス…ピーター・ブロンダー(T)
弁者…ダレン・ジェフリー
第1の侍女…レベッカ・エヴァンス(S)
第2の侍女…アンジェラ・シムキン(Ms)
第3の侍女…スーザン・プラッツ(A)

コヴェント・ガーデン王立歌劇場O&cho
(合唱指揮:ウィリアム・スポールディング)
指揮:ジュリア・ジョーンズ
オリジナル演出:デイヴィッド・マクヴィカー
再演演出:トーマス・ガットリー

【特典映像】
収録:2017年9月20日 コヴェント・ガーデン王立歌劇場(ロンドン)

収録時間:152分(本編)+8分(特典映像)
音声:ドイツ語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
スコットランド出身の演出家、デイヴィッド・マクヴィカーのコヴェント・ガーデン王立歌劇場における「魔笛」の定番演出による2017年の再演収録映像 が登場。 マクヴィカーの奇をてらわないオーソドックスな舞台作りは、この作品の闇と光の世界を美しい色彩とコントラストを用いて幻想的に描き出しています。さ らにこの再演演出では登場人物たちの演技と台詞に演劇的なタッチを増やし、「歌芝居」としての「魔笛」にさらに磨きをかけることに成功。夜の女王 役は、注目のソプラノ、ザビーヌ・ドゥヴィエル。そのくっきりとした超絶技巧の歌唱に、ザラストロ役の美声のバス、ミカ・カレスの豊かな表現が好対照を 形作り、マウロ・ペーター(タミーノ)、シボーン・スタッグ(パミーナ)コンビの若々しく溌剌とした歌唱、さらにロデリック・ウィリアムズによる自由闊達なパパ ゲーノが舞台に活気を与えています。 2010年コヴェント・ガーデンに「コジ・ファン・トゥッテ」の指揮者としてデビューし、2016年から2020年までヴッパータールSOの音楽監督を務め た英国出身の女性指揮者ジュリア・ジョーンズのタクトから生まれるしなやかに躍動する音楽が、この上演に大輪の華を添えています。

Dynamic
DYNBRD-57907
(DVD)
NX-C05

DYNDVD-37907
(Bluray)
NX-C05


Dynamic
CDS-7907(2CD)
NX-C09
ドニゼッティ:歌劇「ベリサリオ」 ジュスティニアーノ…リン・シュン(Bs)
ベリサリオ…ロベルト・フロンターリ(Br)
アントニーナ…カルメラ・レミージョ(S)
イレーネ…アンナリーザ・ストロッパ(Ms)
アラミーロ…チェルソ・アルベロ(T)
エウドーラ…アナイース・メヒアス(S)
エウトロピオ…クロディアン・カカーニ(T)
エウセビオ…ステファノ・ジェンティーリ(Bs)
オッターリオ…マッテオ・カストリニャーノ(T)
百人隊長…ピエールマルコ・ヴィーニャス・マッゾレーニ(Br)
ドニゼッティ歌劇場O&cho
指揮:リッカルド・フリッツァ
映像監督:マッテオ・リケッティ
上演:コンサート形式(無観客)
収録:2020年11月21日ドニゼッティ歌劇場(ベルガモ)
収録時間:131分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS HD Master Audio5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
ビザンチン帝国の将軍ベリサリウスに題材を採ったエドワルト・フォン・シェンクの戯曲『ベリサリウス』をもとにサルヴァトーレ・カンマラーノが台本を書き、ド ニゼッティが作曲した悲劇「ベリサリオ」。この作品は「ランメルモールのルチア」の成功に続いて作曲され、1836年ヴェネツィアのフェニーチェ歌劇場での 初演の大成功に続き、欧米のいくつもの都市で上演されますが、20世紀に入るとそれが突然途絶え1969年にフェニーチェ歌劇場で蘇演されるまで 長い空白の時期を迎えました。 本作は2020年11月、ドニゼッティの生地ベルガモのドニゼッティ歌劇場における無観客の演奏会形式上演の収録。題名役を堂々と歌い上げるロ ベルト・フロンターリ、憎しみと後悔に苦しむアントニーナの葛藤を見事に表現するカルメラ・レミージョ、そして健気なイレーネ役に洗練された表情が印 象的なアンナリーザ・ストロッパ、輝かしい美声テノール、ラミーロ役のチェルソ・アルベロと粒ぞろいの歌手たちの歌唱に、新国立歌劇場への数次にわた る客演で日本の聴衆にもおなじみのイタリア・歌劇の名匠リッカルド・フリッツァのタクトが導く劇的な音楽が、見事に応えています。

仏Bel Air
BAC-188(DVD)
NX-D03

BAC-488(Bluray)
NX-D03
リムスキー=コルサコフ:歌劇「サトコ」 サトコ(ノヴゴロドのグースリ弾き)…ナジミディン・マヴリャーノフ(T)
ヴォルホヴァ(海の王の娘)…アイーダ・ガリフッリーナ(S)
リュバーヴァ・ブスラーエヴナ(サトコの妻)
…エカテリーナ・セメンチュク(Ms)
ネジャータ(キエフのグースリ弾き)…ユーリ・ミネンコ(C.T)
海の王…スタニスラフ・トロフィモフ(Bs)
ホイッスル(道化)…ミハイル・ペトレンコ(Bs)
ヴァリャーグの商人…ドミトリー・ウリヤノフ(Bs)
インドの商人…アレクセイ・ネクルードフ(T)
ヴェネツィアの商人…アンドレイ・ジリホフスキー(Br)
幻影(古代戦士の霊)…セルゲイ・ムルザエフ(Br)
フォマ・ナザーリチ(ノヴゴロドの長老)…ロマン・ムラヴィツキー(T)
ルカ・ジノーヴィチ(ノヴゴロドの長老)…ウラジーミル・コモヴィチ(Bs)
海の王の妻…イリーナ・パルフョーノヴァ(バレリーナ)
ノヴゴロドの人々、道化師たち、船乗りたち、ヴォルホヴァの姉妹、海の魚、
不思議な生き物たち 他
ボリショイ劇場O&cho
指揮:ティムール・ザンギエフ
演出・舞台美術:ドミトリー・チェルニャコフ


収録:2020年1月 ボリショイ劇場(モスクワ)
収録時間:186分
音声:ロシア語
PCMステレオ2.0(DVD・Blu-ray) 
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
「サトコ」は、ロシアに中世からつたわる口承叙事詩(ブィリーナ)の「サトコ伝説」をもとにした台本に、ロシア民謡や伝統音楽を素材として芳醇なオーケ ストレーションを施したリムスキー=コルサコフの歌劇の代表作のひとつと目される作品です。世界中の歌劇シーンで引く手数多の鬼才ドミトリー・チェ ルニアコフが、出身地モスクワのボリショイ劇場の上演を担当。現在と過去、幻想と現実を行き来する夢幻的なこの作品にあらたな息吹を吹き込んで います。題名役を見事に歌うナジミディン・マヴリャーノフは、ボリショイ劇場を中心に活躍するウズベキスタン出身の若手テノール、さらに海の王の娘 ヴォルホヴァ役にロシアの人気ソプラノ、アイーダ・ガリフッリーナを配し、エカテリーナ・セメンチュク、ユーリ・ミネンコ、ミハイル・ペトレンコら実力派の歌手た ちが脇を固めるという充実した歌唱陣。1994年生まれの新進気鋭の若手指揮者ティムール・ザンギエフのタクトがこの壮大な作品を見事にまとめ上 げています。

Solo Musica
SM-377(1CD)
NX-B03
ラファエル・フィンガーロス〜モーツァルトの歌劇・アリア集
1. 歌劇「ツァイーデ」 - Nur mutig mein Herze ただ私の心を勇気づける
2. 歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」 - Rivolgete a lui lo sguardo 彼に向けてください そのまなざしを
3. 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 - Deh vieni alla finestra 窓辺においで
4. 歌劇「フィガロの結婚」 - Tutto e dispostO..Aprite un po'quegli occhi
すべては準備ができた - さあ、目をあけろ
5. 歌劇「魔笛」 - Der Vogelfanger 私は鳥刺し
6. 歌劇「フィガロの結婚」 - Se vuol ballare 踊りをなさりたければ
7. An Chloe クロエに KV 524
8. Wie unglucklich bin ich nit いかに私は不幸なことか KV 147
9. Zur Warnung 警告KV 433
10. Un bacio di mano 御手に口づけ KV 541
11. 歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」 - Donne mie あなたにとって 僕だけです
12. 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 - Madamina il catalogo e questo カタログの歌
13. 歌劇「魔笛」 - Ein Madchen oder Weibchen 恋人か女房か
14. 歌劇「フィガロの結婚」 - Non piu andrai もう飛ぶまいぞこの蝶々
15. Abendempfindung an Laura 夕べの想い KV 523
16. Io ti lascio, o cara addio お前に別れを告げる、いとしい人、さようなら KV621a
17. 歌劇「フィガロの結婚」 - Hai gia vinta la causa お前はもう訴訟に勝っただと (ウィーン初演版)…世界初録音
ラファエル・フィンガーロス(Br)
モーツァルテウムO
レオポルト・ハーガー(指&P)

録音:2021年春モーツァルテウム(オーストリア)
「ザルツブルクで制作されたモーツァルト」と題されたアルバム。実は作曲家、ソリスト、指揮者をザルツブルク出身者で固め、オーケストラも録音場所もザルツ ブルクという徹底ぶり。バリトンの為の歌劇・アリアと歌曲を通じてモーツァルト愛を存分に伝えます。有名曲の数々に加え、あまり耳にすることのない「ツァ イーデ」のアリアや、「フィガロの結婚」のウィーン初演の際に付け加えられた伯爵のアリアが貴重です。ラファエル・フィンガーロスは1986年にザルツブルク州タム スヴェークに生まれ、ウィーン音楽大学を卒業。2016年から2020年までウィーン国立歌劇場のアンサンブル・メンバーとなり、2016年には歌劇場の日本 公演に帯同して「ナクソス島のアリアドネ」のハルレキン役を歌い、注目されました。現在ではオペ ラ、コンサートの両面で幅広く活躍しています。このCDで は、できるだけ編集を少なくすることで、ライヴにおけるサウンドとフレージングの再現を狙っています。

C Major
75-9508(2DVD)
KKC-9704(2DVD)
国内盤仕様
税込定価

75-9604(Bluray)
KKC-9703(Bluray)
国内盤仕様
税込定価
ドヴォルザーク:歌劇「ルサルカ」 ア スミク・グリゴリアン( ル サ ル カ )
エリック・カトラー(王子)
カリタ・マッティラ(外国の公女)
マキシム クズミン=カラワエフ(水の精)
カタリーナ・ダライマン(魔法使い)
テアトロ・レアルcho
アイヴァー・ボルトン(指)
テアトロ・レアルO
演 出:クリストフ・ロイ
収録:2020年11月、テアトロ・レアル、マドリード(ライヴ)

◆DVD
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、DTS5.0 DVD9
原語:チェコ語
字幕:英独仏西伊韓,日本語
180分
◆Bluray
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、DTS-HD MA5.0 BD50
原語:チェコ語
字幕:英独仏西伊韓,日本語
180分
スラヴ民話に登場する水の精を題材としたドヴォルザーク作曲のメルヘン・歌劇「ルサルカ」。人間の王子に恋をした水の精ルサルカの悲しい物語。「ルサル カ」の音楽は、森の精たちの合唱や、王子の登場シーンで響きたわる壮大な金管など、ワーグナーの歌劇の影響を感じさせつつ、ドヴォルザークらしい美しい旋 律を堪能できます。特に第1幕で、王子を好きになった水の精ルサルカが、人間になりたい気持ちを歌う「月に寄せる歌」は、屈指の名アリアとして世界中のソプラ ノ歌手が単独でも取り上げている曲です。 本作は、2020年11月にスペインのテアトロ・レアルで上演された際の映像。驚くべきことに、テアトロ・レアルでの上演は、1966年の再オープン以降初めてとい うこと。本上演はドイツの鬼才クリストフ・ロイによる新演出。ルサルカを歌うのは、圧倒的な歌唱と存在感を放つリトアニア出身のソプラノ、アスミク・グリゴリア ン。王子への愛のために人間になったものの、王子の裏切りによって絶望の淵に立たされる水の精を完璧に演じています。クリストフ・ロイは、この物語を一人の 若い女性の人生の軌跡として描いています。そしてテアトロ・レアルの音楽監督を務めるアイヴァー・ボルトンによる、ロマンティックなリリシズムと圧倒的なドラマ で、質の 高 い上 演となっていま す。 (Ki)

CAvi music
85-53545(4CD)
ワーグナー:楽劇「神々の黄昏」 アクセル・コーバー(指)、
デュイスブルクPO、
コービー・ウェルチ(ジークフリート)、リヒャルト・シュヴェダ(グンター)、サミ・ルッティネン(ハーゲン)、ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー(アルベリヒ)、リンダ・ワトソン(ブリュンヒルデ)、アンケ・クラッベ (グートルーネ)、サラ・フェレーデ(ヴァルトラウテ)、ルネ・モロク(第1のノルン)、アニカ・シュリヒト(第2のノルン)、バルノ・イスマトゥラエヴァ(第3のノルン)、ハイディ・エリーザベト・マイアー(ヴォークリンデ)、アネリー・ゾフィー・ミュラー(ヴェルグンデ)、アナ・ハーヴィー(フロースヒルデ)

録音:2019年5月&11月、メルカトルハレ(デュイスブルク、ドイツ)
ライン・ドイツ・歌劇とデュイスブルク・フィルの音楽監督を務めるドイツの指揮者アクセル・コーバー。2013年にはバイロイト音楽祭にデビューし、翌2014年と続けて「タンホイザー」を指揮し、2020年の「タンホイザー」にも起用されるなど、注目のワーグナー指揮者の一人であるコーバーが指揮をとり、ドイツの有力歌手を揃えて贈る「ニーベルングの指環」2019年ライヴ・レコーディングがついに完結。
最後を飾るにふさわしい豪華歌手陣による演奏をコンサート形式による素晴らしい音響で、お楽しみいただけます。
2020年に先行リリースされていたデジタル版(DL版)の音源では、特にジークフリート役を務めるコービー・ウェルチの歌声が高く評価され、英グラモフォン誌の「Critics' Choice 2020」に選ばれています。

KAIROS
0012542KAI(2SACD)
ノイヴィルト:ムジーク・テアター 「ロスト・ハイウェイ」 ヨハネス・カリツケ(指)、
クラングフォルム・ウィーン、
IEM(ライヴ・エレクトロニクス、
サウンド・プロジェクション)、
コンスタンス・ハウマン(レネ/アリス)、
ゲオルグ・ニグル(ピート)、
ヴィンセント・クロウリー(フレッド/整備士)、
デイヴィッド・モス(エディ氏)、
アンドルー・ワッツ(謎の人)、他

録音:2003年、バーセル劇場(グラーツ、オーストリア)
ルガ・ノイヴィルト(1968-)は、フランスのIRCAMでトリスタン・ミュライユに師事し、ルイジ・ノーノからも大きな影響を受けたオーストリアの作曲家。
ノイヴィルトは、デイヴィッド・リンチの映画「ロスト・ハイウェイ」を不条理音楽劇として歌劇化。ノイヴィルトの鮮烈や音楽、エルフリート・イェリネクの台本のコラボレーションが、デイヴィッド・リンチの映画の世界の「歌劇化」に見事に成功しています。

ALPHA
ALPHA-752(2CD)
NX-C05

NYCX-10240(2CD)
国内盤仕様
税込定価
ドビュッシー:歌劇「ペレアスとメリザンド」 ペレアス…スタニスラス・ド・バルベラク(T)
メリザンド…キアラ・スケラート(S)
ゴロー…アレキサンドル・デュアメル(Br)
アルケル…ジェローム・ヴァルニエ(Bs)
ジュヌヴィエーヴ…ヤニナ・ベヒレ(Ms)
イニョルド…マエリグ・ケレ(S)
牧童、医師…ダミアン・パス(Bs-Br)
ボルドー国立O&cho
ボルドー・アキテーヌ国立O
ピエール・デュムソー(指)

録音:2020年11月 オーディトリウム、ボルドー歌劇場、フランス
国内盤日本語解説…山崎浩太郎
国内盤歌詞日本語訳…萩原里香
新型コロナ・ウイルスによるパンデミックが世界を覆う中、ボルドー国立歌劇場で再演が予定されていた「ペレアスとメリザンド」も公演中止と なってしまいましたが、劇場はALPHAレーベルと組み、この作品の録音へと取り組むことになりました。2018年にプレミアを迎えたこのプロダク ションは、同年ミンコフスキ指揮オーケストラ・アンサンブル金沢の演奏で金沢と東京でも披露され、大きな成功を収めたものです。ソリストも ジュヌヴィエーヴと医師の役以外は日本公演と同一というのが嬉しいところ。ペレアス役のバルベラク、メリザンドを演じるスケラートの安定した 歌唱力から生まれる強い意志と繊細さの両立が聴きどころで、ゴロー役のデュアメルはじめ脇を固めるメンバーも素晴らしい出来栄えです。 ボーイ・ソプラノの起用もあるイニョルドを演じるケレはまだ十代のソプラノで、微妙な役どころをうまく演じています。デュムソーの操る音楽も、 大きな起伏を描きながら全体の流れを上手くコントロールしており、申し分ありません。

オクタヴィア
OVCL-00762(3SACD)
税込定価
2021年10月20日発売
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」 モーツァルト・シンガーズ・ジャパン【ケルビーノ:中島 郁子(Ms)、マルチェリーナ:小泉 詠子(Ms)、バルトロ/アントニオ:伊藤 純(Bs)、バルバリーナ:三井 清夏(S)、アルマヴィーヴァ伯爵:宮本 益光(Br)、アルマヴィーヴァ伯爵夫人:澤畑 恵美(S)、スザンナ:鵜木 絵里(S)、フィガロ:加耒 徹(Br)、ドン・バジリオ/ドン・クルツィオ:金山 京介(T)、二人の少女:平野 琴理、鈴木 舞子/ピアノ:山口 佳代】

録音:2021年5月17-21日 埼玉・富士見市民文化会館(キラリふじみ)
MSJ(モーツァルト・シンガーズ・ジャパン)のモーツァルトの歌劇は、「コジ・ファン・トゥッテ」「ドン・ ジョヴァンニ」に続き、この「フィガロの結婚」でダ・ポンテの3部作が遂に完結! MSJのステージは歌、芝居、踊りが一体となり、瞬時のまばたきも与えぬ躍動と輝きに満ちていま す。その見惚れるような魅力は、このCDでも全開!ピアノ連弾による序曲のスタートから、最後の 大団円まで、生命の鼓動を一気にお聴きいただけるでしょう。 宮本益光率いるMSJの、天馬空を行くモーツァルトが、ここにあります!(オクタヴィア)

Pentatone
PTC-5186783
(2SACD)
プッチーニ:歌劇『蝶々夫人』 メロディ・ムーア(蝶々さん/ソプラノ)
ステファノ・セッコ(アメリカ海軍大尉ピンカートン/テノール)
エリーザベト・クールマン(スズキ/メゾ・ソプラノ)
レスター・リンチ(長崎駐在アメリカ領事シャープレス/バリトン)
アレクサンダー・カイムバッヒャー(ゴロー/テノール)
ケヴィン・ショート(僧侶ボンゾ/バス=バリトン)
アミタイ・パティ(貴公子ヤマドリ/テノール)
フロリアン・ケーフラー(神官/バス)
ホルヘ・レイリーア(書記、役人/テノール)
ティアゴ・バティスタ(薬師手/バス)
セシリア・ロドリゲス(蝶々さんの母親/メゾ・ソプラノ)
フィリパ・パッソス(蝶々さんのおば/ソプラノ)
サラ・マルケス(蝶々さんのいとこ/ソプラノ)
グルベンキアンO、
グルベンキアンcho
ローレンス・フォスター(指)

録音:2019年6月&7月カルースト・グルベキアン財団大講堂(リスボン)
ヴェルディの『オテロ』の録音(PTC-5186562)など、PENTATONEレーベルの顔である指揮者ローレンス・フォスター。期待のオ ペラ新録音は待ちに待った『蝶々夫人』です!蝶々さんはフォスターが激賞するソプラノ、メロディ・ムーア。彼女もPENTATONEレーベルから数多くの録音を発 表しておりますが、その圧倒的な歌声はますます磨きがかかり、ドラマティックな演技力と歌唱力で現代最高のソプラノの一人に数えられます。またピンカートンは ステファノ・セッコが、スズキはエリーザベト・クールマンが配役されており、実力派の歌手たちが揃いました。フォスターはこの作品がもつ独創的でドラマティック な構造と卓越したシンフォニックな響きを最大限に引き出しており、その名人芸も堪能できます。名曲ながら意外にも全曲録音、しかもSACDハイブリッドでの新 録音が少ないだけに、当盤は歌劇・ファンのみならずオーディオ・ファンにも狂気と言えましょう。 (Ki)

IBS CLASSICAL
IBS-152021(2CD)
NX-C01
シャルル・コラン(1863-1951):歌劇「マイテナ」(1909) ビルバオ合唱協会
ビルバオSO
イケル・サンチェス・シルバ(指)

録音:2020年9月
世界初録音
若い娘マイテナは貧しい若者ドミンゴと愛し合っています。しかし彼女の父ピアレスは身元のはっきりしたガニチと の結婚を望んでいました。マイテナは父の反対を押し切りドミンゴと結婚、新しい人生を求めアメリカに旅立ちま すが、ドミンゴは不慮の死を遂げ、マイテナは未亡人に… バスクのラブール地方出身の作曲家シャルル・コランによる歌劇「マイテナ」。作曲は1909年。当時のバスク地 方の慣習を味わい深い旋律に乗せて描いた魅力的な作品で、1955年頃までは人気を誇っていましたが、現 在ではほとんど上演されることはありません。第1幕でのドミンゴとマイテナの二重唱や、合唱の見事な扱いなど 聴きどころはもりだくさん。今回の録音はバスク政府ほか、さまざまな機関の協力により実現したものです。

Capriccio
C-5455(2CD)
NX-C05
ヴァインベルク(1919-1996):歌劇「パサジェルカ - 女旅行者」 Op.97 リーザ…シャミリア・カイザー(Ms)
マルタ…ナージャ・シュテファノフ(S)
ヴァルター…ヴィル・ハルトマン(T)
タテウス…マルクス・ブッター(Br)
カーチャ…タティアナ・ミユス(S)
クリスティーナ…アントニア・コスミナ・スタンク(Ms)
ヴラスタ…アンナ・ブルル(Ms) 他
グラーツ歌劇場cho
グラーツPO
ローランド・クルティヒ(指)

録音:2021年2月11-12日グラーツ歌劇場(ドイツ)
第ニ次世界大戦中、アウシュヴィッツの強制収容所で働いていたリーザ。戦争が終わって彼女は外交官夫人と なり、ブラジルへ赴く船上の人となります。そこで出会った女性「マルタ」の風貌は、強制収容所でガス室送りに なった女性と瓜二つ。当時の悪夢のような生活を思い出したリーザは、少しずつ精神に異常をきたし、幻影に苛 まれていきます。 強制収容所からかろうじて生還したこの物語の原作者ポスムイシの体験は、自らの家族全てを迫害で失った ヴァインベルクの体験とも重なるもので、ヴァインベルクにとっても興味をひく内容であったのでしょう。ショスタコー ヴィチの助言を受けながら、彼は1年でこの歌劇を書き上げます。しかし結局この作品はソビエト時代に上演さ れることはなく、彼の死後、10年を経てモスクワにて演奏会形式での上演が実現し、2010年にようやくブレゲン ツ音楽祭で世界初の舞台上演がなされました。 この演奏は2021年にグラーツ歌劇場での上演を収録したもの。冒頭の激しいティンパニの連打が波乱の物語 を予感させます。ふとしたきっかけから狂気へと至るリーザを歌うカイザーの表現力豊かな歌唱にも注目です。 2020年からグラーツ歌劇場の音楽監督を務めるローター・クルティヒは、1990年代にカンマーアンサンブル・ノイ エ・ムジーク・ベルリンで現代音楽を専門に振ってきた指揮者。全体を隙なくまとめています。

Chandos
CHDVD-5290(DVD)
ブリテン:歌劇「ねじの回転」 ジョン・ウィルソン(指)、
シンフォニア・オヴ・ロンドン、
ロバート・マレイ(テノール/プロローグ、クイント)、リアン・ロイス(ソプラノ/ガヴァネス)、レオ・ジェミソン(トレブル/マイルズ)、アリス・メレリッド・ロバーツ(ソプラノ/フローラ)、グウェネス・アン・ランド(ソプラノ/グロース夫人)、フランチェスカ・チェジナ(ソプラノ/ミス・ジェスル)

収録:2020年10月、ウィルトンズ・ミュージック・ホール(イギリス、ロンドン)
録音:2020年11月、カドガン・ホール(イギリス、ロンドン)
19世紀半ばにオープンし、今でも当時の面影を色濃く残すウィルトンズ・ミュージック・ホールで2020年3月に予定されていながら、イギリスのロックダウンの影響で中止となってしまった、歌劇グラス・ワークスとのブリテン 「ねじの回転」 の舞台公演。すでに数週間にわたるエキサイティングなリハーサルが重ねられており、どうしてもプロダクションを手放すことができなかった制作チームは、「ねじの回転」 を放送用の映像作品として完成させることに決めました。映像は単なるライヴ映像ではなく、オリジナルの劇場作品の精神を尊重したハイブリッドな形式で撮影され、結果としてウィルトンズ・ミュージック・ホールの持つヴィクトリア朝時代の特別な雰囲気と魅力がこの歌劇の心を揺さぶる曖昧さと見事にマッチした、素晴らしい作品が出来上がりました。
1954年に初演されたブリテンの 「ねじの回転」 は、ヘンリー・ジェイムズ(1843-1916)の心理主義小説に基づくプロローグ付きの2幕の歌劇。ブリテンは18歳の時にラジオでこの作品を聞き、「素晴らしく、印象的だが、ひどく不気味で怖い」と日記に記しています。さらに翌年には小説を読み「信じられないほどの傑作」と判断しています。登場人物のなかでは少年マイルズが重要な役割を果たしており、この役を得意とするレオ・ジェミソンの参加が特筆されるでしょう。音楽は単一のテーマに基づいた膨大なバリエーションで構成され、「ねじ」のテーマには12音技法を用いつつ、調性に善と悪を象徴させるなど、その緻密さ、奥深さも魅力となっています。

NAXOS/映像作品
2.110696(DVD)
NX-C09

NBD-0133V(Bluray)
NX-C09
ロッシーニ:歌劇「ひどい誤解」 エルネスティーナ…アントネッラ・コライアンニ(Ms)
ガンベロット…ジュリオ・マストロトータロ(Br)
ブラリッキオ…エマヌエル・フランコ(Br)
エルマンノ…パトリック・カボンゴ(T)
ロザリア…エレオノーラ・ベロッチ(S)
フロンティーノ…セバスティアン・モンティ(T)
グレツキ室内cho(ブルガリア・ルセ国立歌劇場)
ヴイルトゥオージ・ブルネンシス
チェンバロ:ミケーレ・デリア
指揮:ホセ・ミゲル・ペレス=シエーラ
演出・舞台美術:ヨッヘン・シェーンレーバー

収録:2018年7月26、29日
収録時間:141分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0(DVD・Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
ロッシーニが19歳で作曲し、彼の歌劇・ブッファの第2作となった「ひどい誤解」は、1811年のボローニャでの初演の好評にもかかわらず当局によって 上演が禁じられ、1825年に一回だけの再演があったものの、その後20世紀後半まで上演されることのない幻の作品でした。 この作品では作曲家の若々しい音楽が聞きもので、とりわけ歌唱アンサンブルは後年のロッシーニを彷彿させる見事なもの。ここに収録されたヴィル バート・ロッシーニ音楽祭2018での上演では、ドイツ・ロッシーニ協会による校訂版スコアを用い、シンプルな舞台に優れた若手歌手陣の演技歌唱が 繰り広げられています。ホセ・ミゲル・ペレス=シエーラ指揮のヴイルトゥオージ・ブルネンシスの活気ある演奏も聴きどころです。

Pentatone
PTC-5186892(1CD)
ヘンデルの歌劇・アリア
(1)歌劇『テゼオ(テセウス)』(1712)より「序曲」
歌劇『リナルド』(1711)より
(2)「行進曲」
(3)「戦い」
(4)「鳴り響くトランペットが」
(5)歌劇『アルチーナ』(1736)より「ヒルカニアの岩窟に」
歌劇『ジュリオ・チェーザレ(ジュリアス・シーザー)』(1724)より
(6)「シンフォニア」
(7)レチタティーヴォ「天よ、どこからこのうっとりする」
(8)「シンフォニア」
(9)レチタティーヴォ「ジュリオ、この光景は何だ?」
(10)「私はあなたを恋い慕う」
(11)「もし花咲く美しい野辺で」
(12)歌劇『アリオダンテ』(1734)より「浮気な女よ」
(13)歌劇『アチス、ガラテアとポリフェーモ』(1708)より「鳥が木から木へ」
(14)歌劇『リナルド』より「風よ、旋風よ」
(15)歌劇『ロドリーゴ』(1707)より「パッサカリア」
(16)歌劇『ガウラのアマディージ』(1715)より「悲しみの極み」
(17)歌劇『アグリッピナ』(1709)より「もし悪意が」
(10)(13)(17)ルーシー・クロウ(S)、
(5)(12)クリスティーネ・ライス(Ms)、
(4)(6)(7)(9)(11)(14)(16)イェスティン・デイヴィス(C.T)、(6)アレクサンダー・チャンス(C.T)
(10)(13)(16)(17)レオ・デュアルテ(Ob)、
(12)(14)(16)ジョー・キウ(Fg)、
(11)(14)(15)トーマス・グールド(Vn)、
(4)ポール・シャープ(Tp)、
(5)ロジャー・モンゴメリー(Hrn)、
(5)ヨーゼフ・ウォルターズ(Hrn)
ラ・ヌオヴァ・ムジカ、デイヴィッド・ベイツ(指)

録音:2020年10月/セント・ジュード・オン・ザ・ヒル教会(ロンドン)
2007年結成、デイヴィッド・ベイツ率いる古楽グループ、ラ・ヌオヴァ・ムジカ。PENTATONEレーベルのデビュー盤、グルックの歌劇『オルフェオとエウリディー チェ』(PTC-5186805)では高い水準の演奏で評価されました。期待の新録音ではヘンデルに挑戦!歌劇の名作アリアを中心に色とりどりの歌劇を紹介します。
今回の注目はイギリスの名唱ルーシー・クロウ、クリスティーネ・ライス、イェスティン・デイヴィス、アレクサンダー・チャンスを迎えていること。さらにオーボエ のレオ・デュアルテ、ファゴットのジョー・キウ、ヴァイオリンのトーマス・グールドなど名手も参加した充実のメンバーが揃いました。気鋭の古楽グループが躍動感 に満ちたヘンデルを演奏しております!

Prima Classic
PRIMA-010(3CD)
ベッリーニ:歌劇 「海賊」 ファブリツィオ・マリア・カルミナーティ(指)、カターニャ・マッシモ・ベッリーニ劇場O&cho、ハビエル・カマレナ(グァルティエーロ/テノール)、マリナ・レべカ(イモジェーネ/ソプラノ)、フランコ・ヴァッサロ(エルネスト/バリトン)、アントニオ・ディ・マッテオ(ゴッフレード/バス)、グスターヴォ・デ・ジェンナーロ(イトゥルボ/テノール)、ソーニャ・フォルトゥナート(アデーレ/ソプラノ)

録音:2020年8月&9月サンジョルジ歌劇場、カターニャ(イタリア)
た、ヴィンチェンツォ・ベッリーニの歌劇「海賊(イル・ピラータ)」全曲のスタジオ・レコーディング。
フェリーチェ・ロマーニの台本による2幕のメロドラマ「海賊」は、ベッリーニの作品の中でも比較的演奏機会が少ない歌劇です。その「海賊」を今回はすべての繰り返しや、歌手たちが書いたオリジナルのカデンツァや変奏、滅多に演奏されないフィナーレなどもノーカットで収録するという非常に貴重な音源としてリリースされることになりました。特に注目すべき部分はエコー効果のある海賊の合唱部分です。
歌手陣もプリマ・クラシックの創設者でもあるマリナ・レベカを中心に、パッパーノとのベルリオーズの「レクイエム」やメータとの「ファルスタッフ」がリリースされているハビエル・カマレナ、数々のコンクール受賞歴があり、2013年には「ヤング・シンガーズ・プロジェクト」のメンバーとしてザルツブルク音楽祭に出演したアントニオ・ディ・マッテオ、ローマ音楽祭国際コンクールで1位を獲得したソーニャ・フォルトゥナートといった期待の若手歌手が勢ぞろいし、百戦錬磨の指揮者ファブリツィオ・マリア・カルミナーティが彼らを見事に導いた充実のレコーディングとなっています。

Lyrita
REAM-1143(1CDR)
ホルスト:歌劇 「どこまでも馬鹿な男」 BBCノーザン・シンガーズ&SO
チャールズ・グローヴズ(指)

BC放送日:1967年5月7日(BBC放送、イギリス)
「リリタ(Lyrita)」の創設者、リチャード・イッターが蒐集していたBBC放送のコレクションより、ホルストによる音楽と台本による1幕の歌劇 「どこまでも馬鹿な男」 が復刻。指揮は、シベリウスや英国音楽(特に近現代の作品)を得意とした名匠、チャールズ・グローヴズです。
ホルストは、管弦楽(組曲「惑星」など)や吹奏楽(吹奏楽の為の第1組曲、第2組曲など)が有名ですが、本アルバムでは珍しい歌劇作品を収録。大地、水、火の精霊や魔法使いといった登場人物はどこか「惑星」を連想させ、ダイナミックな管楽器群や打楽器、繊細な弦楽器のサウンドによる巧みなオーケストレーションが成されています。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

CPO
CPO-777399(2CD)
NX-D11
カールマン(1882-1953):喜歌劇「伯爵夫人マリツァ」 伯爵令嬢マリツァ…ベツィ・ホルネ(S)
リーザ:タシロ伯爵の妹…リディア・トイシャー(S)
タシロ伯爵…メルツァード・モンタゼーリ(T)
コローマン・ジュバン男爵/ボツェーナ伯爵夫人
…ジェフリー・トレガンツァ(T)
マーニャ…ピア・ヴィオラ・ブヒェルト(Ms)
ペーター・シェーネ(Br)
フランク・マンホールト(ナレーター)
ウィーン・フォルクスオーパー楽友協会cho
ミュンヘン放送O
エルンスト・タイス(指)

録音:2018年4月27、28日(ライヴ)
田舎で暮らす伯爵令嬢マリツァの領地を守っているのはテレクと名乗る没落貴族タシロ。彼は妹リーザのために 必死に持参金を稼いでいます。ある日、婚約を決めたというマリツァが戻ってきますが、実はそれは作り話。架空 の人物「コロマン・ジュパン男爵」と婚約をするという名目で他の男たちから逃げたかっただけなのですが、そこに現 れたのは実在のコロマン・ジュパン男爵。そしてタシロの前にはマリツァの友人としてリーザが現れます。召使の身 分を妹に知られたくないタシロは憂鬱な気分を収めるために庭で素晴らしいチャールダーシュを歌い… 数々の名旋律で彩られたカールマンの「伯爵夫人マリツァ」の物語は、現在のドイツ語圏を中心に上演回数の 高い作品として知られています。とりわけミュンヘン放送Oは長年にわたり、この作品を採り上げています が、今回この曲を指揮したのはオペレッタ上演に実績のあるエルンスト・タイス。各地で活躍する名歌手を揃え、 万全の演奏を聴かせます。ジュバン男爵とボツェーナ伯爵夫人の二役を演じるジェフリー・トレガンツァの歌声も 聴きどころです。

Opus Arte
OA-1341D(DVD)
NX-B06
R・シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」 元帥夫人…キリ・テ・カナワ(S)
オクタヴィアン…アン・ハウエルズ(Ms)
オックス男爵…オーゲ・ハウクランド(Bs)
ゾフィー…バーバラ・ボニー(S)
ファーニナル…ジョナサン・サマーズ(Br)
ヴァルツァッキ…ロバート・ティアー(T)
アンニーナ…シンシア・バカン(Ms)
マリアンネ…フィリス・キャナン(S)
旅館の主人…ポール・クック(T)
警部…ロデリック・アール(Bs)
公証人…ジョン・ギブス(Bs)
元帥家の執事…キム・ベグリー(T)
ファーニナル家の執事…ジョン・ドブソン(T)
テノール歌手…デニス・オニール(T)

コヴェント・ガーデン王立歌劇場O&cho
ゲオルク・ショルティ(指)
演出:ジョン・シュレジンジャー


収録:1985年 コヴェント・ガーデン王立歌劇場(ロンドン)
収録時間:197分
音声:ドイツ語
Dolby Digital Stereo2.0
字幕:日本語・イタリア語・英語・ドイツ語・スペイン語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
20世紀を代表する指揮者の一人、ゲオルク・ショルティ。彼の英国ロイヤル・歌劇へのデ ビュー25周年を記念して行われた「ばらの騎士」全曲の模様を収録した歴史的映像です。 品格のあるキリ・テ・カナワの元帥夫人、繊細な演技が美しいアン・ハウエルズのオクタヴィアン、オーゲ・ハウク ランドの悪党になり切れない人の好いオックス男爵、魅惑的で若々しいバーバラ・ボニーのゾフィー。この4人 をめぐる登場人物たちの素晴らしい歌唱と演技をご堪能ください。 映画『真夜中のカーボーイ』『マラソンマン』などで知られる映画監督ジョン・シュレジンジャーの豪華な演出も 話題になりました。

Opus Arte
OA-1337BD(22DVD)
NX-M07



OABD-7291BD
(18Bluray)
NX-M07
英国ロイヤル・歌劇「ザ・ コレクション」BOX



(1)1. モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」(2006年)

(2)モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」(2014年収録)

(3)モーツァルト:歌劇「魔笛」(2003年収録)

(4)ヴェルディ:歌劇「マクベス」(2011年収録)

(5)ヴェルディ:歌劇「椿姫」(2009年収録)

(6)ビゼー:歌劇「カルメン」(2007年収録)…原盤DECCA

(7)ワーグナー:楽劇「パルジファル」(2014年収録)

(8)マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」
レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」(2015年収録)

(9)プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」(2009年収録)

(10)プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」(2013年収録)

(11)プッチーニ:歌劇「三部作」(2011年収録)
(A)歌劇「外套」
(B)歌劇「修道女アンジェリカ」
(C)歌劇「ジャンニ・スキッキ」

(12)R・シュトラウス:楽劇「サロメ」(2008年収録)

(13) シマノフスキ:歌劇「ロジェ王」(2015年収録)

(14)ブリテン:歌劇「グロリアーナ」(2013年収録)

(15)ベンジャミン:歌劇「リトゥン・オン・スキン」(2013年収録)
(1)フィガロ:アーウィン・シュロット
スザンナ:ミア・パーション
アルマヴィーヴァ伯爵:ジェラルド・フィンリー
伯爵夫人:ドロテア・レシュマン
ケルビーノ:ライナット・シャハム 他
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:デヴィッド・マクヴィカー
字幕:英・仏・独・西・伊
(2)ドン・ジョヴァンニ:マリウシュ・クヴィエチェン
レポレッロ:アレックス・エスポジト
ドンナ・アンナ:マリン・ビストレム
騎士団長:アレクサンドル・ツィムバリュク
ニコラ・ルイゾッティ(指)
演出:カスパー・ホルテン
字幕:日本語・英・仏・独・韓
(3)パパゲーノ:サイモン・キーンリーサイド
パミーナ:ドロテア・レシュマン
タミーノ:ウィル・ハルトマン
夜の女王:ディアナ・ダムラウ 他
コリン・デイヴィス(指)
演出:デヴィッド・マクヴィカー
字幕:英・仏・独・西・伊
(4)マクベス:サイモン・キーンリーサイド
バンクォー:ライモンド・アチェト
マクベス夫人:リュドミラ・モナスティルスカ 他
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:フィリダ・ロイド
字幕:日本語・英・仏・独・西・伊
(5)ヴィオレッタ:ルネ・フレミング
アルフレード・ジェルモン:ジョセフ・カレヤ
ジョルジョ・ジェルモン:トーマス・ハンプソン 他
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:リチャード・エア
字幕:英・仏・独・西・伊
(6)カルメン:アンナ・カテリーナ・アントナッチ
ドン・ホセ:ヨナス・カウフマン
エスカミーリョ:イルデブランド・ダルカンジェロ 他
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:フランチェスカ・ザンベッロ
字幕:英・仏・独・西・中
(7)パルジファル:サイモン・オニール
グルネマンツ:ルネ・パーペ
クンドリ:アンゲラ・デノケ
アンフォルタス:ジェラルド・フィンリー 他
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:スティーブン・ラングリッジ
字幕:日本語・英・仏・独・韓
(8)トゥリッドゥ/カニオ:アレクサンドルス・アントネンコ
マンマ・ルチア:エレーナ・ツィリオ
サントゥッツァ:エヴァ=マリア・ウェストブルク
ネッダ:カルメン・ジャンナッタージョ
トニオ/アルフィオ:ディミトリ・プラタニアス 他
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:ダミアーノ・ミキエレット
字幕:日本語・英・仏・独・韓
(9)ロドルフォ:テオドール・イリンカイ
ミミ:ヒブラ・ゲルズマーワ 他
アンドリス・ネルソンス(指)
演出:ジョン・コープリー
字幕:英・仏・独・西・伊
(10)トゥーランドット:リーゼ・リンドストローム
ラフ:マルコ・ベルティ 他
ヘンリク・ナナシ(指)
演出:アンドレイ・セルバン
字幕:英・仏・独・西・伊・韓
(11)
(A)ミケーレ:ルーチョ・ガッロ
ジョルジェッタ:エヴァ=マリア・ウェストブルク
ルイージ:アレクサンドルス・アントネンコ 他
(B)シスター・アンジェリカ:エルモネラ・ヤオ
王女:アンナ・ラーション 他
(C)ジャンニ・スキッキ:ルーチョ・ガッロ
リヌッチオ:フランチェスコ・デムーロ
ラウレッタ:エカテリーナ・シウリーナ 他
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:リチャード・ジョーンズ
字幕:英・仏・独・西・伊
(12)サロメ:ナディア・ミヒャエル
ヘロディアス:ミヒャエラ・シュースター
ヘロデ:トーマス・モーザー
ヨカーナン:ミヒャエル・フォッレ 他
フィリップ・ジョルダン(指)
演出:デヴィッド・マクヴィカー
字幕:英・仏・独・西・伊
(13)
ロジェ王:マリウシュ・クヴィエチェン
ロクサーナ:ジョージア・ジャーマン
羊飼い:サイミール・ピルグ
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:カスパー・ホルテン
字幕:日本語・英・仏・独・韓
(14)エリザベス1世:スーザン・ブロック
エセックス伯ロバート・デヴァルー:トビー・スペンス 他
ポール・ダニエル(指)
演出:リチャード・ジョーンズ
字幕:日本語・英・仏・独・韓
(15)保護者:クリストファー・パーヴス
アニエス:バーバラ・ハンニガン
第1の天使/少年:ベジュン・メータ 他
ジョージ・ベンジャミン(指)
演出:ケイティ・ミッチェル
字幕:日本語・英・仏・独
このコレクションは古典から現代まで15の名作歌劇を網羅したBOXです。 世界有数の歌手、指揮者、そして気鋭の演出家による舞台は、見る者全てを魅了してやみません。 美麗なブックレットに満載の舞台写真、そして凝った装丁によるBOX… 歌劇を愛する全ての人への贈り物です。

Le Chante du Monde
LDC-2743038(2CD)
巨人の声コレクション〜マリア・カラス
■Disc1
(1) ベッリーニ:「ノルマ」〜聖らかな女神よ
(2) プッチーニ:「トスカ」〜歌に生き、恋に生き/待つということは
(3) レオンカヴァッロ:「道化師」〜鳥の歌
(4) ヴェルディ:「運命の力」〜神よ平和を与えたまえ
(5) ロッシーニ:「イタリアのトルコ人」〜フィオリッラのカヴァティーナ
(6) プッチーニ:「トゥーランドット」〜氷のような姫君の心も
(7) 同:「修道女アンジェリカ」〜母さんもなしに坊やは
(8) ジョルダーノ:「アンドレア・シェニエ」〜私の亡くなった母が
(9) チレア:「アドリアーナ・ルクヴルール」〜私は神の卑しいしもべです/哀れな花
(10) カタラーニ:「ワリー」〜遠くへ行かないで
(11) マイヤベーア:「ディノラ」〜軽い影よ
(12) ヴェルディ:「シチリア島の夕べの祈り」〜ありがとう、愛する友よ
(13) スポンティーニ:「ヴェスタの巫女」〜おお、不幸な人々を守る女神/いとしいお方
(14) プッチーニ:「蝶々夫人」〜ある晴れた日に/操に死ぬるは
■Disc2
(1) ヴェルディ:「アイーダ」〜勝ちて帰れ
(2) 同:「リゴレット」〜グアルティエール・マルデ
(3) 同:「イル・トロヴァトーレ」〜静かな夜だった/恋はバラ色の翼に乗って
(4) プッチーニ:「ラ・ボエーム」〜私の名はミミ/あなたの愛の呼ぶ声に
(5) ヴェルディ:「仮面舞踏会」〜ここが罪の報いに/死にましょう、しかし
(6) ロッシーニ:「セビーリャの理髪師」〜今の歌声は心に響く
(7) ベッリーニ:「夢遊病の女」〜おお花よ、お前に会えると思わなかった
(8) プッチーニ:「トゥーランドット」〜この宮殿の中で
(9) 同:「マノン・レスコー」〜この柔らかなレースの中で
(10) ケルビーニ:「メデア」〜あなたの子の母親は
(11) ドニゼッティ:「ランメルモールのルチア」〜あたりは沈黙にとざされ
(12) ポンキエッリ:「ジョコンダ」〜自殺!
マリア・カラス( ソ プ ラノ )

■Disc1
トゥリオ・セラフィン(指)
ミラノ・スカラ座O&cho
録音:1954年4-5月(1)、6月(3)、8月(4)、1955年6月(13)

ヴィクトル・デ・サーバタ(指)
ミラノ・スカラ座O&cho
録音:1953年8月(2)

ジャナドレア・カヴァッツェーニ(指)
ミラノ・スカラ座O&cho1954年8-9月(5)

トゥリオ・セラフィン(指)
フィルハーモニアO&cho
録音:1954年9月(6)-(12)

ヘルベルト・フォン・カラヤン(指)
ミラノ・スカラ座O&cho
録音:1955年8月(14)


■Disc2
トゥリオ・セラフィン(指)
ミラノ・スカラ座O&cho
録音:1955年8月(1)、9月(2)、1957年7月(8)(9)、9月(10)

ヘルベルト・フォン・カラヤン(指)ミラノ・スカラ座O&cho
1956年8月(3)

アントニオ・ヴォット(指)
ミラノ・スカラ座O&cho
ろk樹1956年8-9月(4)(5)(7)、1959年9月(12)

トゥリオ・セラフィン(指)
フィルハーモニアO&cho
録音:1959年3月(11)
フランスのシャン・デュ・モンド社の「巨人の声」シリーズ第41弾は伝説の歌姫マリア・カラス。全盛期の名唱のなかから特に魅力的なものを集めた企画ですが、 単なる寄せ集めではなく、2019年にABラボ・マルセイユ社がマスター音源からトランスファーと新マスタリングを行なっているのに注目です。マリア・カラス入 門盤としても最適ですが、これ1セットあれば、いろいろな歌劇のなかから名アリアばかりをカラスの魔術で堪能できるお買い得盤でもあります。 (Ki)

Dynamic
DYNDVD-37908(DVD)
NX-C09

DYNBRD-57908(Bluray)
NX-C09
ドニゼッティ:歌劇「村の結婚式」全2幕【世界初映像化】
エドアルド・カヴァッリ/マリア・キアーラ・ベルティエーリによる校訂版
追加楽曲:エリオ・タニカ、ロッコ・タニカ、エンリコ・メロッツィ作曲による五重唱
ザビーナ…ガイア・ペトローネ(C.A)
ドン・ペトローニオ…オマール・モンタナーリ(Bs)
トリフォリオ …ファビオ・カピタヌッチ(Br)
クラウディオ…ジョルジョ・ミッセーリ(T)
アナスタージア…クラウディア・ウッル(S)
アンセルモ …ダニエーレ・レッティエーリ(T)
オーケストラ・リ・オリジナーリ
ドニゼッティ歌劇場cho
ステファノ・モンタナーリ(指&フォルテピアノ)
演出:ダヴィデ・マランケッリ

収録:2020年11月22日 ドニゼッティ歌劇場(ベルガモ)
収録時間:119分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS 5.1 HD Master Audio(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
恩師マイールの推薦でミラノで修行後、生地のベルガモに戻った20歳頃のドニゼッティが、自身3作目の歌劇・ブッファとして作曲した「村の結婚 式」。その音楽にはロッシーニの影響を大きく受けながらも、後年開花するドニゼッティ独自のベルカント・スタイルの萌芽が既に見て取れます。しかし、 この歌劇は1819年のマントヴァでの初演、1822年のジェノヴァでの再演を最後に、二度と上演されることはありませんでした。この歌劇は今回200 年にわたる時を隔て、パリ国立図書館に保管されていた写譜を元に、エンリコ・メロッツィらが失われていた第2幕の五重唱を補作、更にエドアルド・カ ヴァッリとマリア・キアーラ・ベルティエーリによる分析・校訂を経て、2020年のベルガモ・ドニゼッティ音楽祭で復活上演されました。 オーケストラをステージに乗せ、無観客のドニゼッティ歌劇場の平土間を舞台とするマランケッリの演出は、コロナ禍の中で編み出されたユニークなも の。本上演のコミカルな演技を360度のカメラ・アングルで捉えています。バロック・ヴァイオリンの名手で、近年歌劇指揮者としてその活動の幅を広げ るステファノ・モンタナーリの軽快なタクトとフォルテピアノに導かれ、充実した歌手陣による歌唱、オーケストラ・リ・オリジナーリのピリオド楽器による活気 溢れる演奏が、この若きドニゼッティの歌劇を見事に蘇えらせています。

ARTHAUS
10-9445DVD(2DVD)

10-9446BD(Bluray)
R・シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」 カミラ・ニールント(ウェルデンベルク侯爵夫人)
ギュンター・グロイスベック(オックス男爵)
ミシェル・ロジエ(オクタヴィアン)
ローマン・トレーケル(フォン・ファーニナル)
ネイディーン・シエラ(ゾフィー)
アンナ・サムイル(マリアンネ)
カール・ミヒャエル・エプナー(ヴァルツァッキ)
カタリーナ・カンマーローアー(アンニーナ)
エリック・ロセニウス(警部)
フロリアン・ホフマン(侯爵家の家令)
リナート・フリーリンク(ファーニナル家の家)
ヤッカ・ミヘラチ(公証人)
アンドレス・モレノ・ガルシア(料理屋の主人)
アタラ・アヤン(歌手)
ヴィクトリア・ランデム(小間物屋)
木下基樹(動物売り)
ズービン・メータ(指)
ベルリン国立歌劇場O&cho
ベルリン国立歌劇場児童cho
出:アンドレ・ヘラー

収録:2020年2月、ベルリン国立歌劇場(ライヴ)
画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ2.0
リージョン:AllDVD9
言語:ドイツ語
字幕:独英仏伊韓.日本語、240分
2020年2月、ベルリン国立歌劇場で上演されたズービン・メータ指揮による「ばらの騎士」。演出は、多方面の芸術的分野で活躍するマルチメディア・アーティ ストのアンドレ・ヘラー。ヘラーは、この舞台でベルリン国立歌劇場デビューとなりました。舞台美術は、現代美術家としても国際的に知られているゼニア・ハウス ナー。衣装は、コスモポリタン的なクリエイティブな才能を持つファッション・デザイナー、アーサー・アルベッセが担当。ベル・エポックやアール・ヌーヴォーからイ ンスピレーションを得た豪華な装飾が施されています。 豪華な歌手陣にも注目。フィンランド出身のソプラノ歌手カミラ・ニールンドの元帥夫人、オックス男爵のギュンター・フロイスベック、オクタヴィアン役のミシェル・ ロジエとソフィー役ネイディーン・シエラはともに、同役のデビューとなりました。中でも、カミラ・ニールンドの元帥夫人は、気品あふれる佇まいと優れた歌唱は素 晴らしく、舞台上で圧倒的な存在感を放っています。あまたある名演においてもひけをとらない上演となっています。 (Ki)

BONGIOVANNI
GB-1238(2CD)
フランコ・ボルドーニ〜歌劇・アリア集
ヴェルディ:『リゴレット』Pari siamo / Cortigiani, vil razza dannata / Si, vendetta(con L. Serra)
 『マクベス』Pieta, rispetto, amore / Mal per me che m'affidai
 『イル・トロヴァトーレ』Il balen del suo sorriso
 『二人のフォスカリ』vecchio cor che batti / Che ascoltO.. Quel bronzo fatale
 『シチリアの晩鐘』In braccio alle dovizie
 『ファルスタッフ』L'onore! Ladri!
 『エルナーニ』Oh de' verd'anni miei / O sommo Carlo
 『ナブッコ』Dio di Giuda... O prodi miei
 『仮面舞踏会』Alla vita che t'arride / Alzati... Eri tu che macchiavi
 『ドン・カルロ』Per me giunto / Io morro
 『オテロ』Credo in un dio crudel / Era la notte / Si pel ciel(c. T. del Bianco)
 『椿姫』Di Provenza il mare e il suol
 『運命の力』Urna fatale... Egli e salvo
 『アイーダ』Ciel, mio padre!(con M. Parazzini)
ドニゼッティ:『ランメルモールのルチア』Cruda funesta smania... La pietade in suo favore
 『ロベルト・デヴリュー』Forse in quel cor sensibile
ベッリーニ:『清教徒』Ah per sempre io ti perdei... Bel sogno
プッチーニ:『外套』Nulla... silenzio!... Avevo ben ragione
ポンキエッリ:『ラ・ジョコンダ』Maledici?... O monumento
ジョルダーノ:『アンドレア・シェニエ』Nemico della patria
フランコ・ボルドーニ(Br)

録音:1971-1993年(ライヴ)
2020年に亡くなったボローニャ出身のバリトン歌手、フランコ・ボルドーニ(1932-2020)による歌劇・アリア集2枚組。ヴェルディを中心にイタリア・オ ペラを力強く歌い上げています。各トラックの詳細な録音データは記載がありませんが、1971-1993年の歌劇公演の実況録音となっています。一部モノラル。 ブックレットには息子のアルベルト・ボルドーニによる文章が掲載されています(伊・英)。 (Ki)
BONGIOVANNI
GB-2015(2CD)
カタラーニ:歌劇『ローレライ』 ロドルフォ:ガブリエーレ・モニーチ
アンナ・ディ・レーベルク:マリア・ルイザ・ガルバート
ヴァルター:ピエロ・ヴィスコンティ
ローレライ:マ ルタ・コラリージョ
ナポレオーネ・アンノヴァッツィ(指)
ヘルマン:アレッサンドロ・カッシス
ルッカ・ジーリオ歌劇場O&cho

録音:1982年9月19日/ルッカ・ジーリオ歌劇場
ルフレード・カタラーニが残した名作歌劇『ローレライ』が1枚価格で再発売。録音があまりなく貴重なCDです。 ※同品番で以前発売されていた旧盤(バーコード:8007068201525)は廃盤です。 (Ki)

C Major
75-9108(DVD)

75-9204(Bluray)
プッチーニ:歌劇「トスカ」 カリーネ・ババジャニアン(トスカ/ソプラノ)
ピョートル・ベチャワ(カヴァラドッシ/テノール)
カルロス・アルヴァレス(スカルピア/バリトン)
ソリン・コリバン(アンジェロッティ/バス)
アレクサンドル・モイシウク(堂守/バス)
ヴォルフラム・イーゴル・デルントル(スポレッタ/バス)
ハンス・ペーター・カンマーラー(シャルローネ/バリトン)
アイク・マルティロシアン(看守/バス)
マリアム・タホン(羊飼い/ソプラノ)
マルコ・アルミリアート(指)
ウィーン国立歌劇場O&cho
演出:マルガレーテ・ヴァルマン

収録:2019年6月23日、ウィーン国立歌劇場(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ、
DTS5.0 DVD9
原語:イタリア語
字幕:英独仏韓,日本語
129 分
◆Bluray
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、
DTS-HD MA5.0 BD50
原語:イタリア語
字幕:英独仏韓,日本語
129 分
トスカ」はローマを舞台に、美貌の歌姫トスカと画家カヴァラドッシの悲恋の物語が、プッチーの甘美な旋律と劇的なオーケストラで描かれる傑作歌劇です。 本映像は、2019年6月、ウィーン国立歌劇場で上演されたライヴ。1958年カラヤン指揮によって上演されて以来、ウィーン歌劇場で600回以上も続いているマ ルガレーテ・ヴァルマンによる演出です。また名匠ニコラ・ブノアによる絵画のような重厚感と落着きのある舞台装置と衣裳も、この二人の苛酷で劇的な運命をよく 表しています。 キャストは、タイトル・ロールを歌うのはアルメニア出身のソプラノ、カリーネ・ババジャニアン。今回がウィーン初舞台となりましたが、プッチーニを得意とし、新国立 劇場の「蝶々夫人」でも印象的な歌唱を聴かせてくれた注目のソプラノ。そしてカヴァラドッシには、現代最高峰のテノール、ピョートル・ベチャワ。圧倒的な歌唱、軽 やかな美声で麗しく感情豊かに歌い上げ、『星は光りぬ』ではこの舞台の注目を一身に集め大喝采を受けています。悪役スカルピアは、スペインを代表する名歌手 カルロス・アルバレス。「史上最強の悪の使者」(ウィーン新聞)と称されるほど、はまり役と言えるでしょう。3人の歌手たちの見事な歌唱はもちろん、それぞれの演 技も見ごたえがあり、スリリングなドラマにくぎ付けとなる上演です。 (Ki)

Capriccio
C-5460(2CD)
NX-C05
ヘンツェ(1926-2012):歌劇「裏切られた海」 登/3号…ジョシュ・ラヴル(T)
黒田房子…ヴェラ=ロッテ・ベッカー(S)
塚崎竜二…ボー・スコウフス(Br)
1号…エリック・ファン・ヘイニンゲン(Br)
2号…カンミン・ジャスティン・キム(C.T)
4号…シュテファン・アスタホフ(Br)
5号…マルティン・ヘスラー(Bs)
船乗り見習いの声…イェルク・シュナイダー(T)
ウィーン国立歌劇場O
シモーネ・ヤング(指)

録音:2020年12月14日(ライヴ)ウィーン国立歌劇場(オーストリア)
三島由紀夫の作品に魅了された作曲家ハンス・ヴェルナー・ヘンツェは、1986年に『午後の曳航』の歌劇化に 着手。三島が描いた男女間の危うい愛と、少年が抱く理想がもろくも崩れ去る様を迫力ある管弦楽と歌唱で表 現し、1989年に「裏切られた海」として完成させました。その翌年ベルリン・ドイツ・歌劇で初演、その後、ゲル ト・アルブレヒトの企画で日本語版の「午後の曳航」を作成、2003年に読売日本SOが演奏会形式で 初演。そしてこの日本語版をヘンツェが大幅に改訂し、2006年にはザルツブルク音楽祭で初演されています。 このアルバムはコロナ禍の中、無観客で行われたウィーン国立歌劇場のプレミエ公演の収録。主人公登を歌うの はヘンデルからブリテンまで幅広いレパートリーを誇るカナダ出身の若手テノール、ジョシュ・ラヴル。竜二を歌うの はベテラン、ボー・スコウフスです。また未亡人房子を演じたヴェラ=ロッテ・ベッカーパーの奮闘も見事。パーカッ ションを多用した色彩豊かなオーケストラの響きを自在に操るシモーネ・ヤングの指揮にも注目です。

Da Vinci Classics
C-00430(1CD)
ドニゼッティ:喜歌劇「リータ」 マルコ・イアンネッリ(指)、
イッタ・ファン(ソプラノ/リータ)、チェン・ヨン(テノール/ベッペ)、イサーク・ドロシャ(バリトン/ガスパーロ)、シュ・ウェイ=エン(P)、アンガス・リー(Fl)、クラウディア・ン(Cl)、パトリック・イム(Vn)、スン・ユー(Va)、アンナ・クワン(Vc)

録音(ライヴ):2020年11月23日、ハウ・パー・マンション(香港)
1841年の夏にドニゼッティ作曲した登場人物は僅か3人という短く小規模の喜歌劇「リータ」。
この香港でのライヴ・レコーディングでは、イタリア人指揮者のマルコ・イアンネッリによって室内アンサンブル版へと編曲が行われ、ピーター・ゴードンによる英語のナレーションが加わるなど「リータ」に新たな息吹を吹き込まれています。
ガスパーロとベッペによるリータの取り合い、さらには押し付け合いというストーリーの「リータ」は、音楽的なクォリティの高さとウィットに富んだ登場人物たちが光る知られざる秀作です。

OEHMS
OC-490(1CD)
NX-B03
Love & Despair 愛と絶望
ヴェルディ:歌劇「エルナーニ」- 「わしは一体何を見ておるのか - 不幸な男だ! - お前は信じていたのだ」
ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロス」- 「彼女は私を愛していない」#
ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」- 「 本当に守ったのか」
ラフマニノフ:歌劇「アレコ」- 「宿舎全体が眠っている」
ヴェルディ:歌劇「マクベス」- 「 気をつけて進め - 何と空は陰鬱なことか」
ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」- 「来たれレヴィよ - 御身は預言者たちの唇を」
ドヴォルザーク:歌劇「ルサルカ」- 「悲しい!悲しい!-人の世界のどこにある?」
バルトーク:歌劇「青ひげ公の城」- 「前の妻たちを見よ」*
アンドレアス・バウアー・カナバス(Bs)
ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー(Ms)*
インガ・オゾラ(Vc)#
ラトヴィア祝祭O
カーステン・ヤヌシュケ(指)

録音:2019年6月20-22日
ドイツ出身のバス歌手、アンドレアス・バウアー・カナバスのリサイタル・アルバム。 ドイツ、イェーナで生まれ、ドレスデン・カール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学とワイマール・フランツ・リスト音楽大学で学ぶとともに、イタリアとロンドンに留 学、多くの主要な役を学びました。2007年から2012年にはベルリン国立歌劇場のメンバーとなり、ワーグナーやプッチーニを歌いました。その後、2013年か らはフランクフルト歌劇のソロ・アンサンブルのメンバーとなり、卓越した技術と表現力でワーグナーやヴェルディ、ドヴォルザークなどを歌い絶賛されています。 このアルバムでは、カーステン・ヤヌシュケの指揮によるラトヴィア祝祭Oをバックにバスのアリアを熱唱。愛、反逆による絶望など様々な感情を深みの ある声で歌い上げています。

ALPHA
ALPHA-752(2CD)
NX-C05

NYCX-10240(2CD)
国内盤仕様
税込定価
ドビュッシー:歌劇「ペレアスとメリザンド」 ペレアス…スタニスラス・ド・バルベラク(T)
メリザンド…キアラ・スケラート(S)
ゴロー…アレキサンドル・デュアメル(Br)
アルケル…ジェローム・ヴァルニエ(Bs)
ジュヌヴィエーヴ…ヤニナ・ベヒレ(Ms)
イニョルド…マエリグ・ケレ(S)
牧童、医師…ジャン=ヴァンサン・ブロ(Bs)
ボルドー国立O合唱団
ボルドー・アキテーヌ国立O
ピエール・デュムソー(指)

録音:2020年11月 オーディトリウム、ボルドー歌劇場、フランス
※ 国内盤には歌詞日本語訳と日本語解説付
新型コロナ・ウイルスによるパンデミックが世界を覆う中、ボルドー国立歌劇場で再演が予定されていた「ペレアスとメリザンド」も公演中止と なってしまいましたが、劇場はALPHAレーベルと組み、この作品の録音へと取り組むことになりました。2018年にプレミアを迎えたこのプロダク ションは、同年ミンコフスキ指揮オーケストラ・アンサンブル金沢の演奏で金沢と東京でも披露され、大きな成功を収めたものです。ソリストも ジュヌヴィエーヴ役以外は日本公演と同一というのが嬉しいところ。ペレアス役のバルベラク、メリザンドを演じるスケラートの安定した歌唱力か ら生まれる強い意志と繊細さの両立が聴きどころで、ゴロー役のデュアメルはじめ脇を固めるメンバーも素晴らしい出来栄えです。ボーイ・ソプ ラノの起用もあるイニョルドを演じるケレはまだ十代のソプラノで、微妙な役どころをうまく演じています。デュムソーの操る音楽も、大きな起伏 を描きながら全体の流れを上手くコントロールしており、申し分ありません。

CPO
CPO-555336(1CD)
NX-B10
フランツ・イグナーツ・ベック(1734-1809):歌劇「無人島」 コンスタンス…アナ・マリア・ラビン(S)
ラウレッテ…サマンサ・ガウル(S)
ドルヴァル…セオドア・ブラウン(T)
サンヴィル…ファビアン・ケリー(T)
ラ・スタジオーネ・フランクフルト(古楽器使用)
ミヒャエル・シュナイダー(指)

録音:2019年5月17-18日SWRシュヴェツィンゲン音楽祭(ライヴ)
世界初録音
マンハイム出身のヴァイオリニスト・作曲家フランツ・イツナーツ・ベック。ヨハン・シュターミッツの才能ある弟子 であり、マンハイム楽派を牽引、24曲の交響曲をはじめとした作品を遺しました。また人生の大半をフラン スで過ごし、1761年から1791年までボルドー国立歌劇場の監督を務めるなど広く活躍しましたが、フラン ス革命の余波を受け、晩年は厳しい生活を送りひっそりとこの世を去っています。この歌劇「無人島」は 1779年に作曲されたものの、初演されることはなく、長い間総譜も失われたとされていましたが、近年発見 され、ようやくここに初演されることとなりました。 この作品は、当時大流行していたピエトロ・メタスタージオのイタリア語による台本を用いた軽快な音楽はと ても魅力的。ドイツを中心に活躍するソリストたちと、古典派作品を得意とするミヒャエル・シュナイダーが指 揮するラ・スタジオーネ・フランクフルトが見事な演奏を聴かせます。

Dynamic
DYNDVD-37899
(2DVD)
NX-D05


DYNBRD-57899
(Bluray)
NX-D05
ワーグナー:楽劇「ジークフリート」 ジークフリート … マルティン・イリエフ(T)
ミーメ…クラシミール・ディネフ(T)
アルベリヒ…ビセル・ゲオルギエフ(Br)
さすらい人/ヴォータン…マルティン・ツォネフ(Bs)
ファーフナー…ペタル・ブチコフ(Br)
エルダ…ルミャーナ・ペトロヴァ(Ms)
ブリュンヒルデ…バラスガラン・ダシニャム(S)
森の小鳥…リュボフ・メトディエヴァ(S)
ソフィア国立歌劇場O&バレエ団
パヴェル・バレフ(指)
演出:プラメン・カルタロフ

収録 2012年5月30日
ソフィア国立歌劇場(ブルガリア)
収録時間:270分
音声:ドイツ語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD&Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク×2
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
このソフィア国立歌劇場「ジークフリート」の舞台も、前2作と同じくポップな演出コンセプトに貫かれています。赤と青を基調にした照明に、不思議な 幾何学模様や円錐が散りばめられ、見る者を異世界へといざないます。 今作も特撮怪獣映画のキャラクターのような装束をまとったブルガリアの実力派の歌手たちが集結。前作「ワルキューレ」でジークムントを歌った実力 派テノール、マルティン・イリエフは題名役ジークフリート、さすらい人/ヴォータンは前2作のニコライ・ペトロフに代わり重鎮マルティン・ツォネフ、そしてブ リュンヒルデを歌うモンゴル出身のソプラノ、バラスガラン・ダシニャムが大地を震わすかのような迫力ある歌唱を聴かせます。リング・ツィクルス締めくくりの 第4弾「神々の黄昏」を大いに期待させる「ジークフリート」です。

ORFEO
C-210221(1CD)
NX-B08
ゲオルグ・ガグニーゼ〜リサイタル・アルバム
レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」- プロローグ 「 ごめんください、皆様がた」
ジョルダーノ:歌劇「アンドレア・シェニエ」- 第3幕より 「 国を裏切るもの」
ヴェルディ:歌劇「椿姫」- 第2幕より「プロヴァンスの海と陸」
 歌劇「マクベス」- 第4幕より「裏切り者め!イングランドと組んで私に刃向かうか!」
 歌劇「ナブッコ」- 第4幕より私は囚人なのだ!- ユダの神よ」
 歌劇「イル・トロヴァトーレ」- 第2幕より「 全く人の気配はない - あの人の笑顔の輝きは」
 歌劇「仮面舞踏会」-第3幕より「立て!お前の息子はあそこだ - おまえなのだ、あの魂を汚したのは」
 歌劇「ドン・カルロ」- 第3幕より「ああカルロ 聞いてください」
ワーグナー:歌劇「タンホイザー」- 第3幕より「死の夕闇が大地を覆い - ああ、うるわしの宵の明星よ(夕星の歌)」
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」-第1幕より 酒がまわったら(シャンパンのアリア)」
ゲオルグ・ガグニーゼ(Br)
ワイマール・シュターツカペレ
ステファン・ソリヨム(指)

録音:2013年ワイマール・ハレ、ワイマール(ドイツ)
ジョージア出身のバリトン歌手ゲオルグ・ガグニーゼ。 2005年に開催された「ヴェルディの声」コンクールで優勝、2009年には「リゴレットで」メトロポリタン歌劇場デビュー、同年にジェームズ・レヴァインの指 揮の元、「トスカ」のスカルピアを演じましたが、これは世界中の映画館で放送され多くの視聴者が公演を楽しみました。以降ミラノ・スカラ座やウィーン 国立歌劇場をはじめとした世界の歌劇場で活躍、、ヴェルディのオペラを中心にさまざまな役柄を歌いこなしています。 また、2007年に初来日を果たし「椿姫」のジェルモン役(演奏会形式)、以降、2013年にはミラノ・スカラ座の来日公演に随行しリゴレットを、そして 2015年には新国立劇場の「ファルスタッフ」でも題名役を歌い大好評を博し、ヴェルディ歌手としての名声を確立しました。 このアルバムでは、彼が得意とするヴェルディのアリアを中心に、艶のある声でレオンカヴァッロやジョルダーノのイタリア歌劇のアリアから、ワーグナーの「夕 星の歌」まで歌い、新たな魅力を見せてくれます。

LSO Live
LSO-0834(2SACD)
バーンスタイン:『キャンディード』(全曲) マリン・オールソップ(指)LSO
LSO合唱団
レオナルド・カパルボ(テノール/キャンディード)、ジェーン・アーチボルト(ソプラノ/クネゴンデ)、アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ/オールドレディー)、サー・トーマス・アレン(バリトン/パングロス博士、ナレーター)

録音:2018年12月8&9日、バービカン・ホール(ロンドン)
ーンスタインとLSOがおこなった代表的な録音(1989年)から約30年を経て、 バーンスタイン生誕100周年を記念して行われたコンサートの記録です。「キャンディード」は1956年に初演されましたがその後もバーンスタインは完成後も何 度も手直しをし、1988年5月、改訂版が初演されました。そして翌年1989年の12月に、バーンスタイン自身の指揮ロンドンSOの演奏で、バービカンの 地で演奏、収録され、その後アビー・ロード・スタジオで同じメンバーで録音も行われました。それから約30年が経過、ふたたびバービカンの地での作曲者自身 が納得したかたちでの演奏が実現したのです。オールソップとLSOの並々ならぬ気合と気迫は序曲からひしひしと感じられます。聴きどころ満載の楽曲がならび ますが、世界的歌手がキャスティングされており、どの曲も余裕たっぷり、いきいきとした表情が魅力。『キャンディード』に現代のあたらしい決定盤が登場したと いえるでしょう。 (Ki)

C Major
80-4908(DVD)

80-5004(Bluray)
マスネ:歌劇「タイス」 ニコール・シュヴァリエ (タイス/ソプラノ)
ヨーゼフ・ワーグナー( アタナ エ ル / バリトン )
ロベルト・ザッカ ( ニシアス / テノール)
ギュネス・ギュルレ(パレモン/バス=バリトン)
ソフィア・ヴィニク(ミルタル、アルビーヌ/メゾソプラノ)
ロリーナ・リッポ(クロビル/ソプラノ)
アルノルト・シェーンベルクcho
ウィーンRSO
レオ・フセイン(指)
演出:ペーター・コンヴィチュニー

収録:2021年1月、アン・デア・ウィーン劇場, ウィーン(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9 ,NTSC 
音声:PCMステレオ、DTS5.1
DVD9
言語:フランス語
字幕:仏独英韓,日本語、111分
◆Bluray
画面:16:9 (4K収録) 
音声:PCMステレオ、
DTS HD-MA5.1
BD50
言語:フランス語
字幕:仏独英韓,日本語、111分
2021年1月にアン・デア・ウィーン劇場で巨匠ペーター・コンヴィチュニーの新演出により上演されたマスネのオペラ「タイス」。「タイスの瞑想曲」で知られるこのオペラの舞台は古代エジプト。修道士アタナエルは娼婦タイスを改心させ信仰の道に入るよう導こうとするも、逆にタイスの虜となります。19世紀末のフランスでマスネの人気は絶大なものでした。当時パリ・オペラ座で作品を上演するのは簡単ではありませんでしたが、マスネは「ラホールの王」「ル・シッド」「ウェエルテル」「マノン」といった作品を次々と上演させていました。この「タイス」はまさにマスネの絶頂期にあたる作品。いまでは「タイスの瞑想曲」が有名となっていますが、マスネの特徴があらわれた意欲作といえるでしょう。また現代での上演頻度が少ない理由として、タイスとアタナエルの主役二人に、高い技術が求められることもあげられます。タイスには、オペルンヴェルト「オブ・ザ・イヤー2020」の若手アーティストに選出されたニコール・シュヴァリエ。アタナエルにはウィーン出身の若きバス・バリトン、ヨーゼフ・ワーグナー。タイス、アタナエルの心の葛藤を見事に歌いきっています。コンヴィチュニーの演出はこのオペラのテーマでもある「聖」と「俗」の葛藤を鮮やかに描いています。


King International
KKC-083(1CD)
税込定価
「LOVE」
(1)モーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」より三重唱〈僕のドラベッラだけはそうじゃない!〉〈美しいセレナーデを〉
(2)ビゼー:歌劇「カルメン」よりクプレ〈諸君らの乾杯を喜んで受けよう〉(闘牛士の歌)
(3)プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」よりアリア〈誰も寝てはならぬ〉
(4)ワーグナー:歌劇「タンホイザー」よりアリア〈おお、愛しい夕星よ〉(夕星の歌)
(5)ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」より二重唱〈あの方だ、皇太子!...われらの胸に友情を〉(友情の歌)
(6)ビゼー:歌劇「真珠採り」より二重唱〈聖なる神殿の奥深く〉
(7)ディ・カプア&マッツッキ:オー・ソレ・ミオ
(8)デ・クルティス:忘れな草
(9)ラヴランド:ユー・レイズ・ミー・アップ
(10)サルトーリ:君と旅立とう
(11)マンシーニ:ムーン・リヴァー
(12)マーキュリー:ボヘミアン・ラプソディ
(13)村松崇継:いのちの歌
canto cube「カントキューブ」
【隠岐速人(T)(1)(3)(5)-(13) 、高橋洋介(Br)(1)(2)(5)(7)-(13)、後藤春馬(Bs-Br)(1)(4)(6)-(13) 、長井進之介(P)】

録音:2021年4月19、20日/キング関口台スタジオ(第1スタジオ)
日本オペラ界を担うテノール隠岐速人、バリトン高橋洋介、バス・バリトン後藤春馬、そして演奏活動の他、執筆・ラジオパーソナリティを務め活動の幅を広げる マルチ・ピアニスト長井進之介の4人によるオペラ・ユニットcanto cube「カントキューブ」のデビュー・アルバム「LOVE」をリリースします!
収録作品はモーツァルト、ビゼー、プッチーニ、ワーグナー、ヴェルディのオペラの名アリアに重唱から「オー・ソレ・ミオ」、「ムーン・リヴァー」など誰もが一度 は耳にしたことのある名曲、そしてフレディ・マーキュリーのボヘミアン・ラプソディまで色とりどりのプログラムを披露。また最後には「いのちの歌」を収録。コロ ナ禍という大変な時代に、歌のすばらしさ、温かさを聴き手に与えてくれる充実のアルバム「LOVE」が完成しました。3人のオペラ男子とマルチ・ピアニストが贈 る「オペラティック」で「ファンタスティック」で、ちょっとワイルド?なcanto cubeの歌声をお楽しみください! (Ki)

Altus
ALT-491(3CD)
ワーグナー:楽劇『ワルキューレ』 ジークリンデ:ヘルガ・デルネッシュ
ジークムント:ジェス・トーマス
フンディング:ゲルト・ニーンシュテット
ブリュンヒルデ:アニャ・シリヤ
ヴォータン:テオ・アダム フリッカ:グレース・ホーフマン
ヘルムヴィーゲ:エルザ・カヴェルティ
オルトリンデ:ゲルトラウト・ホプフ
ゲルヒルデ:ロッテ・リザネック
ヴァルトラウテ:エリカ・シューベルト
ジークルーネ:アリス・エールケ
ロスヴァイセ:ハンナ・ルートヴィヒ
グリムゲルデ:エリザベット・シェルテル
シュヴェルトライテ:グレース・ホーフマン
ヴィーラント・ワーグナー(演出)
トーマス・シッパーズ(指)NHK響

ライヴ録音:1967年4月11日大阪フェスティバルホール(ステレオ)
錚々たる歌手陣とヴィーラント・ワーグナーの演出。「本物」の凄まじさを知らしめた伝説の67年バイロイト引っ越し公演から、シッパーズの『ワルキューレ』が 初CD化!
「1967年の第10回大阪国際フェスティバルで実現したバイロイト音楽祭の招聘公演は、日本のオペラ公演史に特筆される大事件だった。歌手と指揮者、主要 スタッフはすべて、当時のバイロイト音楽祭にかかわっていた人々であり、演目の「トリスタンとイゾルデ」と「ワルキューレ」はともに、前年の音楽祭で上演されて いたプロダクションだった。全国各地のワグネリアンが、大阪巡礼を行なうことになったのです。」(山崎浩太郎)
NHKに保管されたマスターを丁寧にマスタリングして商品化。第1幕最後のジークムントとジークリンデが抱き合い倒れこむシーンの強烈な絶唱とドシンという 音など、会場に立ち込める凄まじい熱気がバンバン伝わってきます。66年に世を去ったヴィーラントの遺志を継いだ本格演出、ヴィーラントの悲願であるブリュン ヒルデを歌うアニャ・シリヤなど、この公演でしか味わえない大いなる魅力がいっぱいに詰まった大注目の逸品! (Ki)

King International
KKC-2528(2CD)

ニッポン放送シリーズ〜ベルリン・ドイツ・オペラ日生劇場1966
モーツァルト:歌劇「魔笛」(全曲)
ザラストロ:マルッティ・タルヴェラ(Bs)、
パパゲーノ:マンフレッド・レール(Br)、
パパゲーナ:ベラ・ヤスパー(S)、
パミーナ:ヒルデ・ギューデン(S)、
タミーノ:エルンスト・ヘフリガー(T)、
夜の女王:キャサリン・ゲイヤー(S)、
伝者:ゲルト・フェルトホフ(Br)、
モノスタトス:カール・エルンスト・メルカー(T)、
第1の僧:ワルター・ディックス(Br)、
第2の僧:ヴェルナー・ゲッツ(T)、
第1の侍女:アンナベル・ベルナール(S)、
第2の侍女:ギュッタ・ミケス(S)、
第3の侍女:ジークリンデ・ヴァーグナー(A)、
第1の武者:ハンス・バイラー(T)、
第2の武者:エルンスト・クルコフスキー(Br)、
3人の童女:バーバラ・フォーゲル(S)、
ヘルガ・ヴィスニェフスカ(S)、長野羊奈子(A)
オイゲン・ヨッフム(指)
ベルリン・ドイツ・オペラO&cho

録音:1966年10月24日/日生劇場(ステレオ・ライヴ)
大好評だった1963年日生劇場こけら落し公演の3年後、ベルリン・ドイツ・オペラが1966年に再来日した際にニッポン放送が収録したヨッフムの「魔笛」が 日の目を見ます。伝説のエンジニア半田健一氏によるステレオ録音で、NHKが放送したものとは別収録日、別キャストというのもむしろ貴重と申せましょう。
グスタフ・ルドルフ・ゼルナーの演出は全体に幻想的で、第1幕冒頭に大蛇が出てくるのが賛否両論となったと伝えられます。注目されたのがタルヴェラ演じる ザラストロの異様な存在感。その他歌手陣をヨッフムが不即不離の立場で見事にオーケストラを付けています。ヨッフムの音楽作りはモーツァルトの遊び心を受け 止めつつも何のけれん味もない自然な流れに満ちています。それが非常に雄弁かつ大きな音楽となっていてモーツァルトの音楽の素晴らしさを満喫できます。
歌詞対訳はご購入された方のみ弊社ホームページで閲覧、ダウンロードできます。
*古い音源を使用しているため、テープ劣化によるお聴き苦しい点もございます。予めご了承下さい。

CAvi
85-53544(3CD)
ワーグナー:楽劇 「ジークフリート」 アクセル・コーバー(指)
デュイスブルクPO
コービー・ウェルチ(ジークフリート)、コーネル・フレイ(ミーメ)、ジェイムズ・ラザフォード(さすらい人)、ヨハン・シュメッケンベッカー(アルベリヒ)、ウカシュ・コニエチュニー(ファーフナー)、ルネ・モロク(エルダ)、リンダ・ワトソン(ブリュンヒルデ)、アイシャ・トゥムラー(森の小鳥)

録音:2019年5月&11月(ドイツ、デュイスブルク)
ツの指揮者アクセル・コーバー。2013年にはバイロイト音楽祭にデビューし、翌2014年と続けて 「タンホイザー」 を指揮し、2020年の 「タンホイザー」 にも起用されるなど、注目のワーグナー指揮者の一人であるコーバーが指揮をとり、ドイツの有力歌手を揃えて贈る 「ニーベルングの指環」2019年ライヴ・レコーディング第3弾。
「リヒャルト・ワーグナーの 「ニーベルングの指環」 は、ライン川で始まり、ライン川で終わります。ワーグナーが計画したフェスティバルが最終的にドイツの全く別の場所で実現されたとしても、『ラインの上のリング』の演奏は常に特別なものであり続けるでしょう。」(アクセル・コーバー)

DUX
DUX-1485(1CD)
リムスキー=コルサコフ:歌劇「不死身のカシチェイ」 サヴァ・ハスタエフ(テノール/カシチェイ)、アントニーナ・ヴェセニーナ(ソプラノ/ツァレヴナ)、イリーナ・シシャコワ(メゾ・ソプラノ/カシチェヴナ)、ヤロスラフ・ペトリャニク(バリトン/イワン王子)、ミハイル・コレリシュヴィリ(バス/嵐の勇士)、ポズナン室内cho、ポズナンPO、ウカシュ・ボロヴィチ(指)

録音:2018年3月19日−23日、国立アダム・ミツキェヴィチ大学講堂、ポズナン・フィルハーモニー・コンサート・ホール(ポーランド)
ーランド楽壇の次代を担う存在であり、現在のポーランド指揮界のエース、鬼才ウカシュ・ボロヴィチが振るのはリムスキー=コルサコフ晩年のオペラ「不死身のカシチェイ」!
リムスキー=コルサコフのキャリアの最晩年となる1901年から1902年にかけて作曲が行われ同年初演。その後、1906年に改訂が加えられた「不死鳥のカシチェイ」は、「秋のおとぎ話」という副題を持ち、ストラヴィンスキーの「火の鳥」と同じ民謡に基づいて作曲された1幕のオペラです。
この「不死鳥のカシチェイ」は初演後、専制政治への批判を表明した作品というレッテルを貼られてしまうものの、晩年を代表する作品の1つとして支持を得た秀作です。
2018年の第22回ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン・イースター音楽祭において演奏会形式で上演された「不死身のカシチェイ」でボロヴィチは、オーケストラ、合唱、ソリストを見事にまとめ上げ、ワーグナーからの影響を特徴とする作品を劇的に描いてくれています。

NIFC
NIFCCD-087088(2CD)
ヴェルディ:歌劇 「海賊」 ファビオ・ビオンディ(指)、エウローパ・ガランテ、ポドラシェ・オペラ&フィルハーモニックcho、マテウス・ポンペウ(T)、イローナ・マタラジェ(S)、アレクセイ・ボグダノフ(Br)、カレン・ガルデアザバル(S)、マテウシュ・スタフラ(Bs)、パヴェウ・チホンスキ(T)

録音:2019年8月22日−24日、ポーランド国立歌劇場大劇場(テアトロ・ヴィエルキ)
※ピリオド楽器による世界初録音
ポーランド国立ショパン研究所(NIFC)の自主レーベルからリリースされる、ファビオ・ビオンディ&エウローパ・ガランテのオペラ録音プロジェクト。ポーランド国民楽派の作曲家、スタニスワフ・モニューシュコの「ハルカ」(NIFCCD082083)、「いかだ乗り」(NIFCCD086)に続く第3弾は、ジュゼッペ・ヴェルディの歌劇「海賊」が登場!
ビオンディ&エウローパ・ガランテ、ポドラシェ・オペラはGlossaからもヴェルディの「マクベス」(OGCD923411/GCD923411)をリリースし話題を呼びましたが、今回の新たなヴェルディ・オペラでも、その知られざるオペラに掛ける情熱が発揮されることでしょう。
「海賊」(イル・コルサーロ)は、「マクベス」の翌年の1848年に発表されたヴェルディの初期のオペラの1つ。「運命の力」などヴェルディの他の多くのオペラ同様、フランチェスコ・マリア・ピアーヴェが台本を書いており、あまり知られていないながらも見事な作品である「海賊」を、ビオンディの卓越したエネルギーと音楽性、ピリオド楽器によって初めて録音される優れたサウンドで、新しく発見することでしょう。

C Major
KKC-9689
(Bluray)

国内盤仕様
国内品番のみでのご案内です
税込定価
『3大テノール/世紀の競演〜ローマ1990』
1. チレア:ありふれた話(フィデリコの嘆き)(歌劇『アルルの女』より)[カレーラス]
2. マイアベーア:おおパラダイス(歌劇『アフリカの女』より)[ドミンゴ]
3. プッチーニ:妙なる調和(歌劇『トスカ』より)[パヴァロッティ]
4. レハール:君はわが心のすべて(喜歌劇『ほほえみの国』より)[ドミンゴ]
5. デ・クレシェンツォ:つばめは古巣へ[パヴァロッティ]
6. カルディッロ:カタリ、カタリ(つれない心)[カレーラス]
7. ヴェルディ:歌劇『シチリアの晩鐘』より序曲
8. デ・クルティス:帰れ、ソレントへ[パヴァロッティ]
9. ララ:グラナダ[カレーラス]
10. ソロサーバル:そんなことはあり得ない(サルスエラ『港の酒場女』より)[ドミンゴ]
11. ジョルダーノ:ある日青空を眺めて(歌劇『アンドレア・シェニエ』より)[カレーラス]
12. プッチーニ:星は光りぬ(歌劇『トスカ』より)[ドミンゴ]
13. プッチーニ:誰も寝てはならぬ(歌劇『トゥーランドット』より)[パヴァロッティ]
14. メドレー[カレーラス/ドミンゴ/パヴァロッティ]
マリア〜トゥナイト〜太陽の土地〜シェリト・リンド〜メモリー〜〜キャッツ〜黒い瞳〜カミニート〜バラ色の人生〜マティナータ〜ウィーンわが夢の街〜アマポーラ〜オ・ソレ・ミオ
15. ディ・カプア:オ・ソレ・ミオ[カレーラス/ドミンゴ/パヴァロッティ](アンコール)
16. プッチーニ:誰も寝てならぬ
(歌劇『トゥーランドット』より)[カレーラス/ドミンゴ/パヴァロッティ](アンコール)

■ドキュメンタリー『From Caracalla to the World』(三大テノール カラカラ浴場から 世界へ)
ホセ・カレーラス(T)
プラシド・ドミンゴ(T)
ルチアーノ・パヴァロッティ(T)
ズービン・メータ(指)
ローマ国立歌劇場O、
フィレンツェ五月音楽祭O

収録:1990年7月7日、ローマ、カラカラ浴場(ライヴ)

画面:1080i,NTSC,4:3/16:9
音声:PCM Streo ,DTS-HD MA5.1
BD50
コンサート:英独仏伊西韓,日本語
ドキュメンタリー:英、独(ボイスオーバー)、仏韓,日本語
総収録:174 分、コンサート:86 分
ドキュメンタリー:88 分
1990年、全世界16億人が観戦したサッカーW 杯イタリア大会。サッカー界最大の英雄マラドーナ率いるアルゼンチン代表と「皇帝」の異名をもつベッ ケンバウアーが代表監督を務めた西ドイツ代表(東西ドイツが統一される直前)が決勝で戦いました。
W 杯の歴史に残る名勝負の前日、決勝戦の前夜祭としてこれまたかつてないコンサートがローマのカラカラ浴場で行われました。人気と実力を兼ね備えた 当代きっての3人の名テノール歌手、ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴ、ルチアーノ・パヴァロッティの「三大テノール」、そしてズービン・メータ指揮によ るコンサートは夢の饗宴として、大きな話題となりました。サッカー・ファンであっても、1990 年 W 杯の一番の思い出を聞かれたら<誰も寝てはならぬ>と 答えるほど、聴衆に熱気を与えた伝説のコンサートは、その後も、W 杯毎に「三大テノール」のコンサートは開かれ、3人による世界ツアーも行うなど、オペ ラの魅力を広めることに大きく貢献しました。
その「三大テノール」の最初のコンサートの記録である本映像は、伝説のコンサートとして世界中で愛されていますが、この度デジタル・リマスター版として 初ブルーレイ化されました。歴史的なコンサート映像が鮮やかに甦りました。さらに『From Caracalla to the World』(三大テノール カラカラ浴場から 世界へ)と題された88分にわたるドキュメンタリーも収録。(2021年日本公開の映画「甦る三大テノール 永遠の歌声」)ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴ、 ズービン・メータ、パヴァロッティ未亡人のニコレッタ・マントヴァーニ、ラロ・シフリン、ブライアン・ラージ、マリオ・ドラディ、ポール・ポッツ、サー・ブリ ン・ターフェル、ノーマン・レブレヒト、などの最新インタビューが収録され、1990年ローマでのコンサートの裏側、その4年後のロサンゼルス大会の様子、 カレーラスの白血病との闘い、3人のライバル関係、壮大な商業イベントにまつわる金銭的な問題、など3人のオペラ・スターの人生が詰まった見ごたえのあ る内容です。

Capriccio
C-5450(3CD)
NX-C05
ヒンデミット:歌劇「画家マティス」 マティス:画家…ヴォルフガンク・コッホ(Br)
アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク:マインツ大司教、枢機卿…カート・ストレイト(テノール)
リーディンガー:裕福な商人…フランツ・グルントヘーバー(Bs-Br)
ウルスラ:リーディンガーの娘…マヌエラ・ウール(S)
ハンス・シュヴァルプ:農民反乱の指導者…レイモンド・ヴェリー(テノール)
レギーナ:シュヴァルプの娘…カテリーナ・トレチャコワ(S)
ローレンツ・フォン・ポンマースフェルデン: マインツの司教地方代理…マーティン・スネル(Bs)
ヴォルフガング・カピト:アルブレヒトの顧問…チャールズ・リード(T)
ジルヴェスター・フォン・シャウンブルク:将校…オリヴァー・リンゲルハーン(T)
ヘルフェンシュタイン伯爵夫人…マグダレーナ・アンナ・ホフマン(Ms) 他
スロヴァキア・フィルハーモニーcho
ウィーンSO
ベルトラン・ド・ビリー(指)

録音: 2012年12月11-12日
アン・デア・ウィーン劇場(オーストリア)
「画家マティス」は、ヒンデミットが16世紀ドイツの宗教画家マティアス・グリューネヴァルトを題材に台本を書き、 1934年から35年にかけて作曲した全7場からなる歌劇。宗教改革後の16世紀初頭、ルター派の農民反乱を 題材にしたそのストーリーは、作曲当時のドイツの政治体制への間接的な批判と見做され、1935年に計画され たフルトヴェングラー指揮によるベルリン初演はナチスによって禁止されてしまいました。 ヒンデミットはこの歌劇の台本作成中から、フルトヴェングラーの求めに応じ、歌劇の素材を用いた交響曲「画家 マティス」を書きあげ、これは歌劇よりも先に初演され大成功を収めました。しかし歌劇の上演が禁止になったこと で有名な「ヒンデミット事件」が勃発。ドイツ国内外でセンセーションを巻き起こしました。

DACAPO
MAR-8.226706(2CD)
NX-D09
ボー・ホルテン(1948-):歌劇「死ぬまで叩け!」 マルティン・ルター…ディートリヒ・ヘンシェル(Br)
フィリップ・メランヒトン…トーマス・フォッレ(T)
ゲオルク・スパラティン/マルチン・ブツァー…ヤコブ・ヘグストレム(Br)
ルーカス・クラナッハ…ラインハルト・ハーゲン(Bs)
バルバラ・クラナッハ…インガー・ダム=イエンセン(S)
賢明公フリードリヒ:ザクセン選帝侯/ヨハネス・オエコランパディウス…ベンクト・クランツ(歌)
フィリップ1世:ヘッセン方伯…コニー・ティマンダー(T)
ロッテルダムのエラスムス/フルドリッヒ・ツヴィングリ…ステファン・ダールベリ(T)
アンドレアス・フォン・カールシュタット…マグヌス・ロフトソン(歌)
カタリナ・フォン・ボラ…エマ・リレン(Ms)
マルメ歌劇場O&cho
マルメ歌劇場児童cho
パトリーク・リングボリ(指)

録音 2019年5月9日、11日(ライヴ)
マルメ歌劇場(スウェーデン)
世界初録音
現代デンマークを代表する作曲家ボー・ホルテン。彼は数多くの作品を発表するだけではなく、2つのヴォーカル・アンサンブル“ムジカ・フィクタ”と“アルス・ノ ヴァ”を率いるなど指揮者としても幅広く活動しています。2017年に作曲された歌劇「死ぬまで叩け!」は宗教改革の中心人物マルティン・ルターを主人公 にした作品で、ホルテンの妻で台本作家、舞台美術家として活躍するエーヴァ・ソンメスタード・ホルテンが台本を担当。ルターの多面的な性格を表現すると ともに、ルター派とカトリックを盲信する反ルター派、新旧両派の対立が生々しく描かれた傑作です。ルターを演じるのはヴェテラン、ディートリヒ・ヘンシェル。 内なる悪魔と常に戦っていたといわれるルターの複雑な性格を見事に演じています。 第1幕のみが2017年にホルテンの指揮するオーフスSOによって初演されましたが、このリングボリの指揮によるマルメSOの演奏が全曲の世界 初演となります。


BRU ZANE
BZ-1045
(1CD+BOOK)
NX-D11
サン・サーンス:歌劇「黄色い王女」 Op. 30
歌曲集『ペルシャの歌』 Op. 26(独唱と管弦楽版)*
「黄色い王女」
レナ…ユディト・ファン・ワンロイ(S)
コルネリウス…マティアス・ヴィダル(T)
声…アナイス・コンスタン
フィリップ・エステフ(Br)*
ジェローム・ブティリエ(Br)*
エレオノール・パンクラツィ(Ms)*
アルタヴァスト・サルキシャン(T)*
アナイス・コンスタン(S)*
アクセル・ファニョ(S)*
トゥールーズ・キャピトル国立O
レオ・フセイン(指)

録音:2021年2月11-13日ラ・アール・オ・グラン、トゥールーズ、フランス
初めて劇場に掛けられたサン=サーンスの歌劇である「黄色い王女」は、1872年にオペラ・コミック座で初演されました。当時ヨーロッパで始 まっていたジャポニズムの影響を受けた作品ですが、サリヴァンの「ミカド」が1885年、ゴッホの「花魁(おいらん)」が1887年、プッチーニの「蝶々 夫人」が1904年の発表ですので、その最初期の作品といえます。 舞台はオランダ。レナはコルネリウスに恋をしていますが、コルネリウスの方は絵に描かれた日本の女性に夢中で、「ミン」と名付け強く恋焦がれ ていました。ある日薬物を飲んで夢うつつとなったコルネリウスは日本にいるものと夢想し、レナをミンと勘違いします。これを強く咎められたコル ネリウスは、正気を取り戻し、晴れてレナと結ばれるという物語。 初演は失敗に終わりましたが、5音音階の使用や和楽器を模した音色、洗練されたメロディなどの魅力にあふれています。また、万葉集巻二 に収められた「うつせみし 神に堪(あ)へねば 離(さか)り居て〜」といった和歌や、「こんにちは、良い天気でございます」などの日本語がそのま ま登場するなど、日本人にとっては特に興味深い一面も。ワンロイとヴィダルという現在のフランス声楽界を代表する二人で聴けるのも嬉しいと ころです。 併せて収録された『ペルシャの歌』は元々独唱とピアノのための作品ですが、これを2人の独唱、合唱と管弦楽に発展させた『ペルシャの夜』 Op. 26bをもとに、『ペルシャの歌』の6曲に前奏曲と間奏曲を合わせた形へと再構成した版が、ここには収録されています。現在フランスで 注目されている歌手たちが1曲ごとに登場するという、気の利いた演出も聴き逃せません。こちらも当時のヨーロッパから見た、エスニックな魅力 にあふれた作品です。

MAGGIO LIVE
MAGGIO-031(3CD)
ヴェルディ:歌劇『運命の力』 カルロ・デ・ボルトリ(カラトラーヴァ侯爵)
オリアンナ・サントゥニオーネ(ドンナ・レオノーラ)
マッテオ・マヌゲラ(ドン・カルロ・ディ・ヴァルガス)
ヴェリアーノ・ルケッティ(ドン・アルヴァーロ)
マリア・ルイザ・ナーヴェ(プレツィオジッラ)
チェーザレ・シエピ(グァルディアーノ神父)
セスト・ブルスカンティーニ(フラ・メリトーネ)
ジュリアナ・マッテイニ(クッラ)
アウグスト・フラーティ(村長)
ディーノ・フォルミキーニ(マストロ・トラブーコ)
グエッランド・リジーリ(軍医)
リッカルド・ムーティ(指)
フィレンツェ五月音楽祭O&cho

録音:1974年12月13日コムナーレ劇場(モノラル、ライヴ)
ムーティ33歳の年、1974年の冬シーズン・オープニング公演としてフィレンツェで上演された『運命の力』が収録されています。ウィーンの劇場から無償貸与 されたピエル・ルイジ・ピッツィの装置と衣装が使われるなど力の入った公演で、1973年から首席指揮者を務めるムーティのもと、コムナーレ劇場が新たな段階 に入り安定したことを示す重要な公演でした。演奏は非常に多彩なテンポ感と色彩を持ちながら常にスコアの指示に忠実で、各場面の演劇的な色調をしっかりと計 算し全体を組み上げた、実にスケール大きく聴きごたえあるもの。 (Ki)

NAR Classical
NAR-10519(2CD)
レスピーギ:歌劇「炎」 ネリー・ミリチョウ(ソプラノ/シルヴァーナ)、ガブリエル・シャーデ(テノール/ドネッロ)、マリアーナ・ペンチェーヴァ(メゾ・ソプラノ/エウドシア)、デイヴィッド・ピットマン=ジェニングス(バリトン/バジーリオ)、チンツィア・デ・モーラ(メゾ・ソプラノ/アグネーゼ)、オルガ・ロマンコ(ソプラノ/モニカ)、パータ・ブルチュラーゼ(バス/ヴェスコヴォ)、ジャンルイジ・ジェルメッティ(指)、ローマ歌劇場O&cho

録音(ライヴ):1997年12月、ローマ歌劇場(ローマ、イタリア)
イタリアにおける器楽復興において中心的な役割を果たしたレスピーギがその円熟期に作曲し、1934年に初演が行われた歌劇「炎(ラ・フィアンマ)」。
ローマ歌劇場の首席指揮者を務めるイタリアのマエストロ、ジャンルイジ・ジェルメッティが振る「炎」は、歌劇作曲家としてのレスピーギの功績と優れた作曲技法を知ることの出来る貴重な録音です。
NAR Classical
NAR-10719(2CD)
ロッシーニ:歌劇「トルヴァルドとドルリスカ」 ステファノ・?アントヌッチ(バリトン/オルドウ)、フィオレッラ・ペディコーニ(ソプラノ/ドルリスカ)、エルネスト・パラシオ(テノール/トルヴァルド)、マウロ・ブーダ(バリトン/ジョルジオ)、ニコレッタ・チリエント(メゾ・ソプラノ/カルロッタ)、アントニオ・マラーニ(バス/オルモンド)、マッシモ・デ・ベルナルト(指)、スイス・イタリア語放送O&cho

録音(ライヴ):1992年1月11日、RTSIオーディトリアム(ルガーノ、スイス)
ロッシーニが「セビリアの理髪師」の直前に書き上げたポーランドを舞台とした歌劇「トルヴァルドとドルリスカ」。
1815年にローマで初演が行われたものの当時の評判は芳しくなく、翌年に初演された「セビリアの理髪師」の陰に隠れて幻の作品となってしまった歌劇です。
スイス・イタリア語放送O&choによる録音の復活は、この知られざる歌劇の再評価の機運を高める切っ掛けの1つとなってくれることでしょう。

Diapason
DIAPCF-022(13CD)
ワーグナー:歌劇集Vol.2〜仏ディアパゾン誌のジャーナリストの選曲による名録音集

【CD1-4】
●楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」

【CD5-8】
●舞台神聖祝典劇「パルジファル」

◆楽劇「ニーベルングの指輪」(ハイライト)
選定者:エマニュエル・デュピュイ

【CD9】
●楽劇「ラインの黄金」より
(1)前奏曲
(2)ヴァイア、ヴァーゲ、波打て、波よ!
(3)あんたが眼を閉じ、のんきに眠るとき
(4)解いてやってもよろしいですか?
(5)逃れよ、ヴォータン!
(5)夕べの空は陽に映えて
●楽劇「ワルキューレ」より
■第1幕
(1)前奏曲
(2)父が約束したひとふりの剣
(3)あなたに武器の在りかを
(4)男たちがみなこの部屋に集まっていました

【CD10】
●楽劇「ワルキューレ」より
■第1幕
(1)冬の嵐は過ぎ去り
(2)ジークムントの愛の歌
(3)君こそは春
■第2幕
(1)勇ましい娘よ
(2)ホーヨートーホー
(3)もう神々との縁は切れ
(4)ジークムントよ!私を見て下さい!
■第3幕
(1)ワルキューレの騎行
(2)私の犯した罪が

【CD11】
●楽劇「ワルキューレ」より
■第3幕
(1)ヴォータンの別れ
(2)ヴォータンの別れ
(3)さようなら勇ましいわが子(ヴォータンの別れ)
●楽劇「ジークフリート」より
■第1幕
(1)ホーホー!ホーホー!ホーハイ!
■第2幕
(2)あれは私の父ではない
(3)あれは私の父ではない

【CD12】
●楽劇「ジークフリート」より
■第2幕
(1)お前は俺の剣と俺が手に入れたものを
■第3幕
(2)私は永遠に生きる
(3)私は永遠に生きる
●楽劇「神々のたそがれ」より
■第1幕
(1)ジークフリートのラインへの旅
(2)私の言うことをよく聞いて下さい!
(3)ホイホー、ギービヒ王家の者どもよ、ふるい立て(ハーゲンの呼びかけ)
(4)ホイホー、ギービヒ王家の者どもよ、ふるい立て(ハーゲンの呼びかけ)

【CD13】
●楽劇「神々のたそがれ」より
■第3幕
(1)ジークフリートの葬送行進曲
(2)ブリュンヒルデよ、神聖な花嫁よ
(3)ラインの岸にたき木の山を積み(ブリュンヒルデの自己犠牲)
(4)ラインの岸にたき木の山を積み(ブリュンヒルデの自己犠牲)
(5)ラインの岸にたき木の山を積み(ブリュンヒルデの自己犠牲)
(6)ラインの岸にたき木の山を積み(ブリュンヒルデの自己犠牲)
【CD1-4】
フェルナンド・フランツ (バス・バリトン/ハンス・ザックス)、ゴットロープ・フリック(バス/ファイト・ポークナー)、フランツ・クラルヴァイン(テノール/クンツ・フォーゲルゲザング)、ハインリヒ・プフランツル(バリトン/ジクストゥス・ベックメッサー)、アルブレヒト・ペーター(バリトン/フリッツ・コートナー)、ハンス・ホップ(テノール/ヴァルター・フォン・シュトルツィング)、パウル・クエン(テノール/ダフィト)、リーザ・デラ・カーザ(ソプラノ/エファ)、ヘルタ・テッパー(コントラルト/マクダレーネ)、ジョン・クーン(テノール/バルタザール・ツォルン)、カール・ホッペ (バリトン/コンラート・ナハティガル)、エミール・グラーフ(テノール/ウルリヒ・アイスリンガー)、カール・オステルターク(テノール/アウグスティン・モーザー)、アドルフ・カイル(バス/ヘルマン・オルテル)、ヴァルター・ブレヒト(バス/ハンス・シュヴァルツ)、ルドルフ・ヴュンツァー(バス/ハンス・フォルツ)、ヴィリー・シュミッツ(バス/夜警)、バイエルン国立歌劇場合唱団、バイエルン国立O、ハンス・クナッパーツブッシュ(指)
録音:1955年9月11日、バイエルン国立歌劇場(ライヴ、モノラル)
選定者:エマニュエル・デュピュイ

【CD5-8】
ラモン・ヴィナイ(テノール/パルジファル)、マルタ・メードル(ソプラノ/クンドリ)、ジョージ・ロンドン(バリトン/アムフォルタス)、ルートヴィヒ・ウェーバー(バス/グルネマンツ)、ヘルマン・ウーデ(クリングゾル/バリトン)、ヨーゼフ・グラインドル(バス/ティトゥレル)、マリア・フォン・イロスヴァイ(アルト/アルトの声)、オイゲン・トービン(テノール/聖杯守護の騎士)、テオ・アダム(バス/聖杯守護の騎士)、アンナ・タッソプーロス(ソプラノ/花の乙女たち)、エリカ・ツィンマーマン(ソプラノ/花の乙女たち)、リタ・シュトライヒ(ソプラノ/花の乙女たち)、ヘティ・プリュマッハー(メゾ・ソプラノ/小姓、花の乙女たち)、ゲルダ・ヴィスマール(ソプラノ/花の乙女たち)、ヒューゴ・クラッツ(テノール/小姓)、ゲルハルト・シュトルツェ(テノール/小姓)、ギゼラ・リツ(アルト/小姓、花の乙女たち)、バイロイト祝祭合唱団、バイロイト祝祭O、クレメンス・クラウス(指)
録音:1953年、バイロイト祝祭劇場(ライヴ、モノラル)
選定者:ディディエ・ファン・モエレ

◆楽劇「ニーベルングの指輪」(ハイライト)
選定者:エマニュエル・デュピュイ
【CD9】
●楽劇「ラインの黄金」より
(1)ウィーンPO、ゲオルク・ショルティ(指)
録音:1958年
(2)セーナ・ユリナッチ(ソプラノ/ヴォークリンデ)、マグダ・ガボリー(ソプラノ/ヴェルグンデ)、ヒルデ・レッセル=マイダン(コントラルト/フロースヒルデ)、グスタフ・ナイトリンガー(バス・バリトン/アルベリヒ)、RAIローマSO、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)
録音:1953年
(3)テオ・アダム(バス・バリトン/ファーゾルト)、ヨーゼフ・グラインドル(バス/ファーフナー)、ハンス・ホッター(バス・バリトン/ヴォータン)、バイロイト祝祭O、ハンス・クナッパーツブッシュ(指)
(4)グスタフ・ナイトリンガー(バス・バリトン/アルベリヒ)、ジョージ・ロンドン(バリトン/ヴォータン)、セット・スヴァンホルム(テノール/ローゲ)、ウィーンPO、ゲオルク・ショルティ(指)
録音:1958年
(5)ジーン・マデイラ(メゾ・ソプラノ/エルダ)、ジョージ・ロンドン(バリトン/ヴォータン)、キルステン・フラグスタート(ソプラノ/フリッカ)、ヴァルデマール・クメント(テノール/フロー)、ウィーンPO、ゲオルク・ショルティ(指)
録音:1958年
(5)フリードリヒ・ショア(バス・バリトン/ヴォータン)、ゲニア・グサレヴィツ(ソプラノ/フリッカ)、ヴァルデマール・ヘンケ(テノール/フロー、ローゲ)、ベルリン国立歌劇場O、レオ・ブレッヒ(指)
録音:1927年
●楽劇「ワルキューレ」より
■第1幕
(1)ウィーンPO、ブルーノ・ワルター(指)
録音:1935年
(2)ジョルジュ・ティル(テノール/ジークムント)、ウジェーヌ・ビゴー(指)、オーケストラ名不詳
録音:1935年
(3)レジーヌ・クレスパン(ソプラノ/ジークリンデ)、フランス国立放送O、ジョルジュ・プレートル(指)
録音:1961年
(4)メータ・ザイネマイヤー(ソプラノ/ジークリンデ)、クルト・タウヒャー(テノール/ジークムント)、ベルリン国立歌劇場O、フリーダー・ヴァイスマン(指)
録音:1929年
【CD10】
●楽劇「ワルキューレ」より
■第1幕
(1)ジョン・ヴィッカーズ(テノール/ジークムント)、レオニー・リザネク(ソプラノ/ジークリンデ)、バイロイト祝祭O、ハンス・クナッパーツブッシュ(指)
録音:1958年
(2)ジョルジュ・ティル(テノール/ジークムント)、フェルナン・ウルトゥール(指)、オーケストラ名不詳
録音:1927年
(3)ロッテ・レーマン(ソプラノ/ジークリンデ)、ウィーンPO、ブルーノ・ワルター(指)
録音:1935年
■第2幕
(1)ジョージ・ロンドン(バリトン/ヴォータン)、ビルギット・ニルソン(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、ロンドンSO、エーリヒ・ラインスドルフ(指)
録音:1961年
(2)フリーダ・ライダー(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、ベルリン国立歌劇場O、レオ・ブレッヒ(指)
録音:1927年
(3)リタ・ゴール(メゾ・ソプラノ/フリッカ)、ハンス・ホッター(バス・バリトン/ヴォータン)、コヴェントガーデン王立歌劇場O&cho、ゲオルク・ショルティ(指)
録音:1961年
(4)キルステン・フラグスタート(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、セット・スヴァンホルム(テノール/ジークムント)、フィルハーモニアO、カール・ベーム(指)
録音:1949年
■第3幕
(1)バイロイト祝祭O、ヘルベルト・フォン・カラヤン(指)
録音:1951年
(2)アストリッド・ヴァルナイ(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、ハンス・ホッター(バス・バリトン/ヴォータン)、バイロイト祝祭O、クレメンス・クラウス(指)
録音:1953年
(3)マージョリー・ローレンス(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、パドルーO、ピエロ・コッポラ(指)
録音:1933年
【CD11】
●楽劇「ワルキューレ」より
■第3幕
(1)ジョージ・ロンドン(バリトン/ヴォータン)、ウィーンPO、ハンス・クナッパーツブッシュ(指)
録音:1958年
(2)ヨーゼフ・ヘルマン(バリトン/ヴォータン)、ドレスデン・シュターツカペレ、カール・エルメンドルフ(指)
録音:1944年
(3)マルセル・ジュルネ(バス/ヴォータン)、ピエロ・コッポラ(指)、オーケストラ名不詳
録音:1930年
●楽劇「ジークフリート」より
■第1幕
(1)ラウリッツ・メルヒオール(T)、アルベルト・ライス(テノール/ミーメ)、ロンドンSO、アルバート・コーツ(指)
録音:1929年
■第2幕
(2)マックス・ロレンツ(テノール/ジークフリート)、バイロイト祝祭O、ハインツ・ティーティエン(指)
録音:1936年
(3)ヴォルフガング・ヴィントガッセン(テノール/ジークフリート)、バイロイト祝祭O、ハンス・クナッパーツブッシュ(指)
録音:1956年

【CD12】
●楽劇「ジークフリート」より
■第2幕
(1)ルートヴィヒ・ズートハウス(テノール/ジークフリート)、ユリウス・パツァーク(テノール/ミーメ)、RAIローマSO、ウィルヘルム・フルトヴェングラー(指)
録音:1953年
■第3幕
(2)キルステン・フラグスタート(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、セット・スヴァンホルム(テノール/ジークフリート)、フィルハーモニアO、ジョルジュ・セバスティアン(指)
録音:1951年
(3)ジェルメーヌ・リュバン(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、アンリ・ドゥフォッセ(指)、オーケストラ名不詳
録音:1930年
●楽劇「神々のたそがれ」より
■第1幕
(1)シカゴSO、フリッツ・ライナー(指)
録音:1960年
(2)ケルスティン・トルボルク(メゾ・ソプラノ/ヴァルトラウテ)、ロンドンPO、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)
録音:1937年
(3)ゴットロープ・フリック(バス/ハーゲン)、ベルリン国立歌劇場O&cho、フランツ・コンヴィチュニー(指)
録音:1959年
(4)ヨーゼフ・グラインドル(バス/ハーゲン)、バイロイト祝祭O、ヴィルヘルム・ピッツ(指)
録音:1958年
【CD13】
●楽劇「神々のたそがれ」より
■第3幕
(1)ウィーンPO、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)
録音:1954年
(2)ヴォルフガング・ヴィントガッセン(テノール/ジークフリート)、ミュンヘンPO、レオポルト・ルートヴィヒ(指)
録音:1952年
(3)キルステン・フラグスタート(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、ニューヨーク・フィルハーモニック、ブルーノ・ワルター(指)
録音:1952年
(4)アイリーン・ファーレル(S)、ボストンSO、シャルル・ミュンシュ(指)
録音:1958年
(5)フリーダ・ライダー(S)、シュターツカペレ・ベルリン、レオ・ブレッヒ(指)
録音:1928年
(6)ジェルメーヌ・リュバン(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、アンリ・ドゥフォッセ(指)、オーケストラ名不詳
録音:1929年

※リマスタリング:イザベル・デイヴィ(マスタリングスタジオ「Circa」)
芸術の国フランスの世界的クラシック音楽専門誌「ディアパゾン(Diapason)」の自主レーベルから登場する
ボックス・セット・シリーズの第22弾は、2019年に発売されたワーグナーの「歌劇集」(DIAPCF016)の続編となる第2巻!

今回のワーグナー第2巻にはディアパゾン誌の編集長エマニュエル・デュピュイとディディエ・ファン・モエレが選定した「ニュルンベルクのマイスタージンガー」、「パルジファル」、そして「ニーベルングの指輪」のハイライトを収録。
「ニュルンベルクのマイスタージンガー」がクナッパーツブッシュの1955年ライヴ、「パルジファル」がクラウスの1953年ライヴなのに対して、「ニーベルングの指輪」のハイライトは1つの演奏、録音からの抜粋ではなく、膨大な数の録音からディアパゾン誌が選りすぐった音源を集めたユニークなコンセプトによる選曲となっています。
また、フランスのワグネリアン・ソプラノとして名高いジェルメーヌ・リュバンの録音が選ばれているもの、ディアパゾンならではの選曲と言えるでしょう、
20世紀を代表するワーグナー歌手たちの名歌唱の数々が集められたワグネリアン要注目のボックスです!

NIFC
NIFCDVD-008(DVD)
(PAL)
ジェレンスキ:歌劇 「ゴプラナ」 (3幕のロマンティック・歌劇) グジェゴシュ・ノヴァク(指)、
ポーランド国立歌劇場テアトル・ヴィエルキO&cho
ポーランドの2つの主要な音楽文化機関、ポーランド国立ショパン研究所(NIFC)とポーランド国立歌劇場「テアトル・ヴィエルキ」の継続的な協力関係の賜物としてリリースされる知られざるポーランド・歌劇の映像作品。
ワルシャワ音楽院の教師、ワルシャワ音楽協会の芸術監督、クラクフ音楽アカデミーの院長を歴任し、19世紀のポーランド・ロマンティシズムの中心的役割を担った作曲家ヴワディスワフ・ジェレンスキ(1837-1921)の歌劇「ゴプラナ」。指揮はグジェゴシュ・ノヴァク、演出はヤヌシュ・ヴィシニェフスキが担当し、2017年に名誉ある国際歌劇賞の最優秀再発見作品部門を受賞しています。リリシズム溢れる音楽と伝統的な伝説や壮大なポーランド文学に浸った「非現存の世界」をお楽しみください。
※当タイトルはPAL方式に対応したプレーヤー、PCでのみ再生可能です。予めご了承下さい。
NIFC
NIFCDVD-009(DVD)
(PAL)
パデレフスキ:歌劇 「マンル」 (3幕歌劇) グジェゴシュ・ノヴァク(指)、
ポーランド国立歌劇場テアトル・ヴィエルキO&cho
ポーランドの2つの主要な音楽文化機関、ポーランド国立ショパン研究所(NIFC)とポーランド国立歌劇場「テアトル・ヴィエルキ」の継続的な協力関係の賜物としてリリースされる知られざるポーランド・歌劇の映像作品。
ショパン以降のポーランドにおける最も優れたコンポーザー=ピアニストであり、同国の首相や外務大臣を務めるなど政治家としても活躍した偉人イグナツィ・パデレフスキ(1860-1941)が作曲した唯一の歌劇「マンル」。ワーグナーの影響を受けた作品で、ライトモティーフの手法が取り入れられています。ドレスデンにおける初演(1901年)は大成功で、その後のポーランドやアメリカでの上演含め、パデレフスキ自身非常に満足していたようです。内容は不寛容と文化の違いがもたらす結果を描いた苦い物語で、マレク・ヴァイスの演出により、現実に対する考察を促すような、パワフルで示唆に富むものに仕上がっています。
※当タイトルはPAL方式に対応したプレーヤー、PCでのみ再生可能です。予めご了承下さい。

BMC
BMCCD-202(1CD)
ゲルゲイ・ヴァイダ:一幕の歌劇「バービー・ブルー」*
ファレミドのガリバー#
子どもとの会話 +
ゲルゲイ・ヴァイダ(指)*#、
ハンガリー公共サーヴィス・メディアMRシンフォニック(旧ハンガリーRSO)*、
UMZEアンサンブル#、
ヴィットリオ・パリシ(指) +、
デダロ・アンサンブル +ほか

録音:2009年〜2010年
ペーテル・エトヴェシュに師事し、2011年からはアメリカ、アラバマ州のハンツビルSOの音楽監督、2014年からは国際アルメル・歌劇・コンクール&フェスティヴァルの芸術監督、さらに2017年からはポートランド祝祭SOの音楽監督を務めるなど、指揮者としても目覚ましい活躍を展開しているハンガリーのコンポーザー=コンダクター、ゲルゲイ・ヴァイダの作品集。「バービー・ブルー」はバルトークの生誕125周年を記念して企画された作品で、歌劇「青ひげ公の城」の前段階の「コミックバージョン」として書かれました。バルトーク唯一の歌劇である「青ひげ公の城」と同じ声部、同じ規模のオーケストラのために作曲されており、表面上は隠されているものの、構造上の重要なポイントや音楽の基本的なプロセスのレベルで「青ひげ公の城」を参照しています。


Opus Arte
OACD-9048BD(30CD)
NX-L01
バイロイト・エディション30枚組BOX

(1)歌劇「さまよえるオランダ人」(2枚組)

(2)歌劇「タンホイザー」(3枚組)

(3)歌劇「ローエングリン」(3枚組)

楽劇「ニーベルングの指環」
(4)序夜:楽劇「ラインの黄金」(2枚組)

(5)第1夜:楽劇「ワルキューレ」(4枚組)

(6)第2夜:楽劇「ジークフリート」(4枚組)

(7)第3夜:楽劇「神々の黄昏」(4枚組)

(8)楽劇「トリスタンとイゾルデ」(4枚組)

(9)楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(4枚組)
(1)オランダ人…サミュエル・ヨン(Bs-Br)、 ゼンタ…リカルダ・メルベート(S)、 エリック…トミスラフ・ムツェク(T)、マリー…クリスタ・マイヤー(Ms)、 舵手…ベンヤミン・ブルンス(T)、 バイロイト祝祭O&cho、クリスティアン・ティーレマン(指)/録音:2013年7月25日(ライヴ)
(2)領主ヘルマン…ユン・クヮンチュル(Br)、 タンホイザー…トルステン・ケルル(T)、 ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハ…マルクス・アイヒェ(Br)、 ヴァルター・フォン・フォーゲルヴァイデ…ロタール・オディニウス(T)、 エリーザベト…カミラ・ニールンド(S)、 ヴェーヌス…ミシェル・ブリート(S) 他、バイロイト祝祭O&cho、アクセル・コーバー(指)/録音:2014年8月12日(ライヴ)
(3)ドイツ王ハインリヒ…ゲオルク・ツェッペンフェルト (Bs)、 ローエングリン…クラウス・フロリアン・フォークト (T)、 ブラバントのエルザ姫…アネッテ・ダッシュ (S)、 フリードリヒ・フォン・テルラムント…ユッカ・ラシライネン(Bs-Br)、 オルトルート…ペトラ・ラング(Ms)、 王の伝令…サミュエル・ヨン(Bs-Br) 他、バイロイト祝祭O&cho、アンドリス・ネルソンス(指)/録音:2011年8月14日(ライヴ)
(4)ヴォータン…アルベルト・ドーメン(Bs-Br)、 フリッカ…ミシェル・ブリート(S)、 フライア…エディット・ハッラー(S)、 エルダ…クリスタ・マイヤー(Ms)、 アルベリヒ…アンドリュー・ショア(Bs)、 ミーメ…ゲルハルト・シーゲル(T)、 ファゾルト…ユン・クヮンチュル(Br)、 ファフナー…ハンス=ペーター・ケーニヒ(Bs) 他、バイロイト祝祭O&cho、クリスティアン・ティーレマン(指)/録音:2008年(ライヴ)
(5)ジークムント…エンドリック・ヴォットリヒ(T)、 フンディング…ユン・クヮンチュル(Br)、 ヴォータン…アルベルト・ドーメン(Bs-Br)、 ジークリンデ…エヴァ=マリア・ウェストブルク(S)、 ブリュンヒルデ…リンダ・ワトソン(S)、 フリッカ…ミシェル・ブリート(S)、 ゲルヒルデ…ソーニャ・ミューレック(S) 他、バイロイト祝祭O&cho、クリスティアン・ティーレマン(指)/録音:2008年(ライヴ)
(6)ジークフリート…スティーヴン・グールド(T)、 ミーメ…ゲルハルト・シーゲル(T)、 さすらい人…アルベルト・ドーメン(Bs-Br)、 アルベリヒ…アンドリュー・ショア(Bs)、 ファフナー…ハンス=ペーター・ケーニヒ(Bs)、 エルダ…クリスタ・マイヤー(Ms)、 ブリュンヒルデ…リンダ・ワトソン(S)、 森の小鳥…ロビン・ヨハンセン(S)、 バイロイト祝祭O&cho、クリスティアン・ティーレマン(指)/録音:2008年(ライヴ)
(7)ジークフリート…スティーヴン・グールド(T)、 グンター…ラルフ・ルーカス(Bs)、 アルベリヒ…アンドリュー・ショア(Bs)、 ハーゲン…ハンス=ペーター・ケーニヒ(Bs)、 ブリュンヒルデ…リンダ・ワトソン(S)、 ヴァルトラウデ…クリスタ・マイヤー(Ms)、 第1のノルン…シモーネ・シュレーダー(C.A)、 第2のノルン…マッティーナ・ディーケ(Ms)、 第3のノルン/グートルーネ…エディット・ハッラー (S)、 他、バイロイト祝祭O&cho、クリスティアン・ティーレマン(指)/録音:2008年(ライヴ)
(8)トリスタン…ロバート・ディーン・スミス(T)、 イゾルデ…イレーネ・テオリン(S)、 マルケ王…ロベルト・ホル(Bs-Br)、 クルヴェナール…ユッカ・ラシライネン(Bs-Br)、 メロート…ラルフ・ルーカス(Br)、 ブランゲーネ…ミシェル・ブリート(S)、 若い水夫…クレメンス・ビーバー(T)、 羊飼い…アルノルト・ベゾイエン(T)、 舵取り…マーティン・スネル(Br)、 バイロイト祝祭O&cho、ペーター・シュナイダー(指)/録音:2009年8月9日(ライヴ)
(9)ハンス・ザックス…フランツ・ハヴラタ(Bs)、 ファイト・ボーグナー…アルトゥール・コーン(Bs)、 ジクストゥス・ベックメッサー…ミヒャエル・フォッレ(Br)、 ヴァルター・フォン・シュトゥルツィング…クラウス・フロリアン・フォークト(T)、 ダフィト…ノルベルト・エルンスト(T)、 エファ…ミカエラ・カウネ(S) 他、バイロイト祝祭O&cho、セバスティアン・ヴァイグレ(指)/録音:2008年(ライヴ)
全てバイロイト歌劇場でのライヴ
OPUS ARTEレーベルが誇る"バイロイト音楽祭ライヴ"を一つにまとめた30枚組BOXの登場。どの 演目も高く評価された演奏であり、なかでも2008年に「ニーベルングの指環」を指揮したティーレマン は、この演奏で「ワーグナー指揮者」としての評価を一気に高めました。またティーレマンは2013年の 「さまよえるオランダ人」でも風格ある演奏を披露しています。歌手たちの顔ぶれも錚々たるもので、ス ティーヴン・グールドやロバート・ディーン・スミスらの重鎮から、話題をまいたクラウス・フロリアン・フォーク トまで優れたヘルデン・テノール歌手と、エヴァ=マリア・ウェストブルク、リンダ・ワトソン、イレーネ・テオリ ンと言った新時代のワーグナー・ソプラノらが織りなす壮大な愛のドラマは、聴き手を圧倒します。全て の演目に拍手入り。

HARDY
HCD-4060(DVD)
NX-C02
フェニーチェ歌劇場/ニューイヤー・コンサート2021
ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調 Op. 60
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」-序曲
ヴェルディ:歌劇「イル・トロヴァトーレ」より「憂鬱なジプシー男の楽しみは」(鍛冶屋の合唱)
ヴェルディ:歌劇「リゴレット」より「風の中の羽のように」(女心の歌)
グノー:歌劇「ロメオとジュリエット」より「私は夢に生きたい」
オッフェンバック:歌劇「ホフマン物語」より 舟歌(オーケストラ演奏)
ドニゼッティ:歌劇「連帯の娘」より「ああ!友よ、何とめでたい日々だろう」
マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より 間奏曲
ヴェルディ:歌劇「椿姫」より「不思議だわ〜花から花へ」
ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」より「行け、わが思いよ、金色の翼に乗って」
ヴェルディ:歌劇「椿姫」より「友よ、さあ飲み明かそう」(乾杯の歌)
ロサ・フェオーラ(S)
シャビエル・アンドゥーガ(T)
ダニエル・ハーディング(指)
フェニーチェ歌劇場O&cho

収録:2021年1月1日(無観客ライヴ)
収録時間:95分
音声:イタリア語/フランス語
ドルビーデジタル2.0/5.1
字幕:なし
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
2004年から開催されているヴェネツィアのフェニーチェ劇場のニューイヤー・コンサート。2021年の指揮を務めたのは2011年、2015年に続く3回目 の登場となるダニエル・ハーディングです。例年通り、第1部はオーケストラの演奏で、今回の曲目はベートーヴェンの交響曲第4番。歌劇をテーマとし た第2部は、モーツァルトの「フィガロの結婚」序曲で幕を開け、フェニーチェで初演された「リゴレット」「椿姫」を含むヴェルディの歌劇からのアリア、合 唱曲を中心に、フランス語で歌われるグノーやドニゼッティのアリアと、オーケストラ演奏によるオッフェンバックのホフマンの舟歌、マスカーニの「カヴァレリ ア・ルスティカーナ」間奏曲を配した豪華なプログラム。最後には「乾杯の歌」が高らかに歌われます。 新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、ハーディングをはじめ、オーケストラの奏者、合唱団までがマスクを装着して、無観客での演奏ですが、 このコンサートはテレビ放送を通じて多くの人々に希望を届けました。

NAXOS
NAXOS-2.110691
(2DVD)
NX-D05

NBD-0130V(Bluray)
NX-D05
ヒンデミット:歌劇「画家マティス」 マティス(画家)…ヴォルフガンク・コッホ(Br)
アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク(マインツ大司教)
…カート・ストレイト(T)
リーディンガー(商人)…フランツ・グルントヘーバー(Bs-Br)
ウルズラ(リーディンガーの娘)…マヌエラ・ウール(S)
ハンス・シュヴァルプ(農民の指導者)…レイモンド・ヴェリー(T)
レギーナ(シュヴァルプの娘)…カテリーナ・トレチャコワ(S)
ローレンツ・フォン・ポンマースフェルデン(マインツ大司教代理)
…マーティン・スネル(Bs)
ヴォルフガング・カピト(アルブレヒトの顧問官)…チャールズ・リード(T)
ジルヴェスター・フォン・シャウンブルク(将校)…オリヴァー・リンゲルハーン(T)
ヘルフェンシュタイン伯爵夫人…マグダレーナ・アンナ・ホフマン(Ms)

スロヴァキア・フィルハーモニーcho
ウィーンSO
指揮:ベルトラン・ド・ビリー(指)
演出:キース・ウォーナー

収録:2012年12月 アン・デア・ウィーン劇場(オーストリア)
収録時間:190分
音声:ドイツ語歌唱
PCMステレオ2.0(DVD&Blu-ray)
字幕:日本語・ドイツ語・英語・フランス語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク×2
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
世界初映像化
「画家マティス」は、ヒンデミットが16世紀ドイツの宗教画家マティアス・グリューネヴァルトを題材に台本を書き、1934年から35年にかけて作曲した全7場か らなる歌劇。宗教改革後の16世紀初頭、ルター派の農民反乱を題材にしたそのストーリーは、作曲当時のドイツの政治体制への間接的な批判と見做さ れ、1935年に計画されたフルトヴェングラー指揮によるベルリン初演はナチスによって禁止されてしまいました。 ヒンデミットはこの歌劇の台本作成中から、フルトヴェングラーの求めに応じ、歌劇の素材を用いた交響曲「画家マティス」を書きあげ、これは歌劇よりも先に 初演され大成功を収めました。しかし歌劇の上演が禁止になったことで有名な「ヒンデミット事件」が勃発。ドイツ国内外でセンセーションを巻き起こしました。 本映像の舞台は、歌劇の演劇的演出に定評のあるキース・ウォーナーによるもので、ステージに置かれた巨大な十字架上のキリスト像が物語の進行ととも にその姿を変えていくというもの。その舞台の上でルター派と旧教派の熾烈な確執と、その両派の間を揺れ動き苦悩する主人公マティス(ヴォルフガンク・コッ ホ)を筆頭に、ベルトラン・ド・ビリーが導くヒンデミットの鮮烈な音楽に乗って、優れた歌手陣が陰影深い演技歌唱を繰り広げます。

Opus Arte
OA-1335D(DVD)
NX-C10

OABD-7289D(Bluray)
NX-D09
ドニゼッティ:歌劇「劇場の都合・不都合」

特典映像…キャスト・ギャラリー
マンマ・アガタ…ロラン・ナウリ(Br)
ダリア(プリマ・ドンナ)…パトリツィア・チョーフィ(S)
プロコーロ(ダリアの夫)…チャールズ・ライス(Br)
ルイジア(セコンダ・ドンナ)…クララ・メローニ(S)
グリエルモ(プリモ・テノーレ)…エネア・スカラ(T)
ビスクローマ(作曲家、指揮者)…ピエトロ・ディ・ビアンコ(Bs-Br)
チェーザレ(台本作家)…エンリク・マルティネス=カスティニャーニ(Br)
興業主…ピョートル・ミチンスキー(Br)
ピッペット…キャサリン・エイトケン(Ms)
劇場支配人…ドミニク・ベネフォルティ
リヨン国立歌劇場O&cho
指揮:ロレンツォ・ヴィオッティ(指)
演出&衣装:ロラン・ペリー

収録 2017年7月6,8日リヨン国立歌劇場(フランス)
収録時間:115分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/DD5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
ドニゼッティの「劇場の都合・不都合」(ヴィーヴァ・ラ・マンマ)は、作曲家中期の傑作のひとつ。1827年の上演で好評を博した1幕ものの「劇場の都 合」に、作曲家自身が手を加え2幕の歌劇として1831年に初演された作品です。わがままな歌手たち、我が娘を主役にと強引に推すステージ・マ マ。笑いと風刺に満ちたストーリーがドニゼッティの軽快な音楽に乗って小気味よく展開します。 ここに収録された2017年のリヨン歌劇場でのロラン・ペリー演出の舞台は、現在は駐車場に転用されている田舎町の元歌劇場のオーディトリアムに 過去の歌劇のリハーサル風景が幻のように浮かび上がるというユニークなもの。女装のロラン・ナウリがマンマ・アガタ、パトリツィア・チョーフィが勝気なプ リマ・ドンナを怪演。加えて優れた歌手陣がその脇を固めています。俊英ロレンツォ・ヴィオッティのタクトは常に軽快さを保ち、ペリー演出と歌手陣の見 事な歌唱演技と相まって、この愉快な歌劇を緩みなく聴かせます。

C Major
75-8408(8DVD)
限定セット

75-8504(5Bluray)
限定セット
ミラノ・スカラ座・歌劇・ボックス


(1)ヴェルディ:歌劇『アイーダ』

(2)ヴェルディ:歌劇『二人のフォスカリ』
特典映像:ドミンゴへのインタビュー〜二人のフォスカリについて(聞き手:I.ホーレンダー 字幕:英独)

(3)モーツァルト:歌劇『魔笛』全曲

(4)モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』

(5)モーツァルト:歌劇『後宮からの逃走』
(1)クリスティン・ルイス(アイーダ:ソプラノ)、ファビオ・サルトーリ(ラダメス:テノール)、アニタ・ラチヴェリシュヴィリ(アムネリス:メゾ・ソプラノ)、マッティ・サルミネン(ラムフィス:バス)、ゲオルグ・ガグニーゼ(アモナズロ:バリトン)、カルロ・コロンバーラ(王:バス)、アゼル・ルザ=ザダ(使者:テノール)、キアラ・イゾットン(巫女の長:ソプラノ)、ミラノ・スカラ座O&cho
ズービン・メータ(指)
演出:ペーター・シュタイン
字幕:英独仏西中韓
(2)プラシド・ドミンゴ(フランチェスコ・フォスカリ/バリトン)、フランチェスコ・メーリ(ヤコポ・フォスカリ/テノール)、アンナ・ピロッツィ(ルクレツィア/ソプラノ)、アンドレア・コンチェッティ(ヤコポ・ロレダーノ/バス)、エドアルド・ミッレッティ(バルバリーゴ/テノール)、キアーラ・ポリドーリ(ピザーナ/ソプラノ)、アゼル・レザ=ザデ(十人委員会の委員/テノール)、ティル・フォン・オルロフスキー(総督の従僕/バス)、ミラノ・スカラ座O&cho、ミケーレ・マリオッティ(指)
演出、舞台美術:アルヴィス・ヘルマニス
収録:2016年2月25日ミラノ、スカラ座(ライヴ)
映像監督:ティツィアーノ・マンシーニ
収録時間:本編122分、特典16分
字幕:伊独英仏西韓
(3)マルティン・サマー(ザラストロ/バス)、ヤスミン・オズカン(夜の女王/ソプラノ)、マルティン・ピスコルスキ(タミーノ/テノール)、ファトマ・サイード(パミーナ/ソプラノ)、テレーザ・ツィッサー(パパゲーナ/ソプラノ)、ティル・フォン・オルロフスキー(パパゲーノ/バス)、サッシャ・エマニュエル・クレーメル(モノスタトス/テノール)、他、ミラノ・スカラ座アカデミア合唱団、ミラノ・スカラ座アカデミアO、アダム・フィッシャー(指)
演出:ペーター・シュタイン
収録:2016年9月21日ミラノ、スカラ座(ライヴ)
字幕:独英仏西韓
(4)カルロス・アルバレス(アルマヴィーヴァ伯爵)、ディアナ・ダムラウ(伯爵夫人)、ゴルダ・シュルツ(スザンナ)、マルクス・ヴェルバ(フィガロ)、マリアンヌ・クレバッサ(ケルビーノ)、アンナ・マリア・チウリ(マルチェッリーナ)、アンドレア・コンチェッティ(バルトロ/アントーニオ)、クレシミール・シュピチェル(バジリオ/ドン・クルツィオ)、テレサ・ジッサー(バルバリーナ)、フランチェスカ・マンツォ(娘1)、クリスティン・スヴェインスドッター(娘2)、通奏低音:ジェイムズ・ヴォーン(フォルテピアノ)、シモーネ・グロッポ(Vc)、ミラノ・スカラ座O&cho、フランツ・ヴェルザー=メスト(指)
演出:フレデリック・ウェイク=ウォーカー
収録時期:2016年10月ミラノ、スカラ座(ライヴ)
字幕:伊英独仏西韓
(5)レネケ・ルイテン(コンスタンツェ/ソプラノ)、サビーヌ・ドゥヴィエル(ブロンデ/ソプラノ)、マウロ・ペーター(ベルモンテ/テノール)、マクシミリアン・シュミット(ペドリッロ/テノール)、トビアス・ケーラー(オスミン/バス)、コルネリウス・オボーニャ(セリム)、ミラノ・スカラ座O&cho、ズービン・メータ(指)
演出:ジョルジョ・ストレーレル
収録:2017年6月ミラノ、スカラ座(ライヴ)
字幕:独英仏韓

◆DVD
画面:16:9,NTSC
音声:PCMステレオ、DTS5.1
限定セット
ハードカバー・スリップケース
◆Bluray
画面:16:9,1080i
音声:PCMステレオ、
DTS-HD MA5.1
限定セット
ハードカバー・スリップケース
イタリア・歌劇の殿堂、ミラノ・スカラ座。近年の名演奏がブルーレイとDVDボックス・セットで登場します。 メータ(指)ペーター・シュタイン演出の『アイーダ』(2015年)。プラシド・ドミンゴがバリトンとしてタイトル・ロールを歌った『二人のフォスカリ』(2016年)。 次世代の歌劇界を背負う若手たちの共演とベテラン指揮者アダム・フィッシャーによる『魔笛』(2016年)。イタリアの伝説的演出家ジョルジョ・ストレーレルに 敬意を表して上演されたヴェルザー=メスト指揮による『フィガロの結婚』(2016年)。同じくイタリアの偉大な演出家、ジョルジュ・ストレーレル没後20周年記 念して上演されたメータ指揮による『後宮からの逃走』(2017年)。伝統と革新を融合させた素晴らしいスカラ座を存分に堪能できるセットとなっています。 (Ki)

Diapason
DIAP-137(2CD)
ドニゼッティ:歌劇「ドン・パスクワーレ」 セスト・ブルスカンティーニ(バス・バリトン/ドン・パスクワーレ)、マリオ・ボリエッロ(バリトン/マラテスタ)、チェザーレ・ヴァレッティ(テノール/エルネスト)、アルダ・ノーニ(ソプラノ/ノリーナ)、アルマンド・ベンツィ(テノール/公証人)、
トリノ・イタリアRSO&cho、
マリオ・ロッシ(指)

録音:1952年
フランスの世界的クラシック音楽専門雑誌である「ディアパゾン(Diapason)」が音楽史に輝く名曲の歴史的名演を選出し、新たなマスタリング施して復刻するシリーズ『レ・ザンディスパンサーブル・ド・ディアパゾン 〜 ディアパゾンが選んだ決定盤』。
シリーズの第137集は、19世紀前半のイタリアを代表する歌劇作曲家の1人、ガエターノ・ドニゼッティ(1797−1848)がその晩年となる1842年に作曲した歌劇・ブッファ「ドン・パスクワーレ」。
ディアパゾン誌が選んだ「ドン・パスクアーレ」のベスト・レコーディングは、名バス・バリトン、セスト・ブルスカンティーニがタイトル・ロールを演じた1952年録音。
イタリア勢のソリストたちの歌唱力、マルコ・ロッシ率いるトリノ・イタリアRSO&choの名盤が、フランスのマスタリング・スタジオ「Circe」のリマスタリングを施されて復活します。

Anaklasis
ANA-012LP(2LP)
アレクサンデル・ノヴァク:音楽劇 「ドラフ」 マレク・モシ(指)、ティヒ市室内O 「AUKSO」、
ヤン・ヤクブ・モノヴィト(C.T)、ヨアンナ・フレシェル(S)、セバスティアン・シュムスキ(Br)、マルツィン・シヴィオントキエヴィチ(ハープシコード)

録音:2019年10月、カロル・シマノフスキ・カトヴィツェ音楽アカデミー・コンサート・ホール
1945年にクラクフで設立されたポーランド最大級の音楽出版社「ポーランド音楽出版社(PWM Edition)」が新たに設立したレーベル「Anaklasis(アナクラシス)」の歌劇・シリーズ。現代のもっとも優れたポーランドの作曲家の一人、アレクサンデル・ノヴァク(アレクサンダー・ノヴァーク)(1979-)の音楽劇「ドラフ」のLPヴァージョンも登場。
LP盤のボーナス・トラックとして、SIDE Dにはアレクサンデル・ノヴァクらのインタビューも収録。
ティヒ市のAUKSODRONE音楽祭のキュレーターから委嘱され、2019年の同音楽祭で初演。ノヴァクと同じ年齢のポーランドの小説家、シュチェパン・トヴァルドフの小説「ドラフ(DRACH)」を基にした、ソプラノ、バリトン、カウンターテナー、ハープシコード、ストリングス、ルーパーの為の音楽劇で、ポーランド語、シレジア語(ポーランド南西部からチェコ北東部にまたがるシレジア地方の言葉で、ノヴァクもトヴァルドフもシレジア地方の生まれ)、ドイツ語の3ヶ国語が使われています。2020年11月に発表されたポーランド音楽のコリュパイオス賞では、この「ドラフ」の初演公演が「イヴェント・オヴ・ザ・イヤー」に選ばれました。ハープシコードは、レイチェル・ポッジャーとともにブレコン・バロックのメンバーとしても活動するポーランドの俊英、マルツィン・シヴィオントキエヴィチ。

ORFEO
C-210086(10CD)
NX-F05
ユリア・ヴァラディ〜ORFEO録音集
【CD1】 ヴェルディ: アリア集
1. 歌劇「ナブッコ」 -ああ、宿命的な文書よ
2. 歌劇「イル・トロヴァトーレ」 - 穏やかな夜
3. 歌劇「イル・トロヴァトーレ」 - 私の不安?- 恋はばら色の翼に乗って
4. 歌劇「椿姫」 -不思議だわ - 花から花へ
5. 歌劇「椿姫」 - あなたは約束を守ってくださった - 待っていても誰もこない - さようなら、過ぎ去った日々よ
6. 歌劇「仮面舞踏会」 -あの草を摘み取って - けれど、乾いた茎から
7. 歌劇「仮面舞踏会」 -  死にましょう、でもその前に
8. 歌劇「運命の力」 - 平和を、平和を、わが神よ!
【CD2】 ヴェルディ:アリア集
1. 歌劇「マクベス」 - 野心的な人です - さあ、いらっしゃい
2. 歌劇「マクベス」 - 光は色あせ
3. 歌劇「マクベス」 -  血の痕がまだここにあるわ
4. 歌劇「ドン・カルロ」 -  世の空しさを知る神よ
5. 歌劇「アイーダ」 - 勝ちて帰れ!
6. 歌劇「アイーダ」 - ラダメス様がここに来られる!- おお、私の祖国よ
7. 歌劇「オテロ」 - 柳の歌 「寂しい荒野に歌いながら泣く」
【CD3】 プッチーニ: アリア集
1. 歌劇「つばめ」 - ドレッタの美しい夢
2. 歌劇「ラ・ボエーム」 -みんなは私をミミと呼びます
3. 歌劇「ラ・ボエーム」 - 幸せに飛び出して来たあの場所
4. 歌劇「ジャンニ・スキッキ」 -私のお父さん
5. 歌劇「マノン・レスコー」 -  この柔らかなレースの中で
6. 歌劇「マノン・レスコー」 -   ただ一人、見放され
7. 歌劇「修道女アンジェリカ」 -  母もなしに、ああ坊や、おまえは死んだのね!
8. 歌劇「トスカ」 -歌に生き、恋に生き
9. 歌劇「蝶々夫人」 - ある晴れた日に
10. 歌劇「蝶々夫人」 - お前のお母さんが
11. 歌劇「蝶々夫人」 - トゥ、トゥ、小さな神さま
12. 歌劇「トゥーランドット」 - ご主人さま お聞きください
13. 歌劇「トゥーランドット」 - 氷のようなあなた様も
14. 歌劇「トゥーランドット」 - この宮殿の中で
【CD4】 チャイコフスキー: アリア集
1. 歌劇「エフゲニー・オネーギン」 -  まあ お喋りしすぎましたわ
2. 歌劇「エフゲニー・オネーギン」 - 私は死んでもいいの でもその前に
3. 歌劇「エフゲニー・オネーギン」 - Act I: Akh, Noch minula
ああ、夜が明けたわ
4. 歌劇「オルレアンの少女」 -序曲
5. 歌劇「オルレアンの少女」 -お願いします
6. 歌劇「マゼッパ」 - ポルタヴァの戦い
7. 歌劇「マゼッパ」 -眠れ、私のかわいい子
8. 歌劇「マゼッパ」 - ゴパーク
9. 歌劇「チャロデイカ(魔女)」 - 険しい山、ニジネボから見てみましょう
10. 歌劇「チャロデイカ(魔女)」 -  あなたはどこに?最愛の人
11. 歌劇「スペードの女王」 Op. 68 - "Lisa's Aria" この涙はどこから(リーザのアリア)
12. 歌劇「スペードの女王」 Op. 68
- Act III:Uzh polNoch blizitsya 真夜中が近づく
13. 歌劇「イオランタ」前奏曲
14. 歌劇「イオランタ」 - アリオーソ: なぜそれを知らなかったのか
【CD5】 ワーグナー: アリア集
女声の為の5つの詩『ヴェーゼンドンク歌曲集』 Op. 91より
1.- 1. 天使
2.- 2.とまれ
3.- 3.温室にて
4.- 4.悩み
5.- 5.夢
6.楽劇「トリスタンとイゾルデ」前奏曲
7.楽劇「トリスタンとイゾルデ」 おだやかに、静かに(イゾルデの愛の死)
8. 楽劇「神々の黄昏」 - ジークフリートのラインの旅
9. 楽劇「神々の黄昏」 - 大きな薪を積み上げよ(ブリュンヒルデの自己犠牲)
【CD6】 R・シュトラウス: アリア集
1.楽劇「サロメ」 Op. 54 - ああ!お前は自分の口に接吻させようとはしなかった、ヨカナーン!
2. 歌劇「ナクソス島のアリアドネ」 Op. 60 - プロローグ:序曲
3. 歌劇「ナクソス島のアリアドネ」 Op. 60 - 美しいことがあった、それはテーゼウス
4. 歌劇「ナクソス島のアリアドネ」 Op. 60 - 一つの国がある
5. 歌劇「ダナエの愛」 Op.83 - 間奏曲
6. 歌劇「ダナエの愛」 Op.83 -  ここにいると私はとてもくつろげる
7. 歌劇「カプリッチョ」 Op.83 -月光の音楽
8. 歌劇「カプリッチョ」 Op.85 -お兄様は?
9. 歌劇「カプリッチョ」 Op.85 - わが心を燃え立たせるものなど他にない、麗しき人よ
10. 歌劇「アラベラ」 Op. 79 -   彼は私に似合いの相手ではない
11. 歌劇「アラベラ」 Op. 79 - よかったですわ、マンドリカさん
ルイ・シュポア(1784-1859):歌劇「イエソンダ」より
13. Act1:Als in mitternachtiger Stunde - Die ihr Fuhlende betrubet
14. Act3:Ich hatt‘ entsagt der Erden Freuden
15. Act3:Mein Schritt, beflugelt mit Entzucken
スポンティーニ(1774-1851):歌劇「オリンピア」より
9. Act2:Mais, quel trouble inconnu s’empare
10. Act2:O reine, en des moments si doux
11. Act3:Cassandre est libre!
12. Act3:Viens! suis-moi!
【CD7】 秘曲歌劇より
マイアベーア
Gli Amori di Teolinda歌劇「テオリンダの愛」
1.- 1 Introduction
2.- 2 Cavatina:-Deliziose piante ombrose“
3.- 3 Recitative:-Quanto un di m’eran“
4.- 4 Allegro moderato:?Ah, ch’egli e desso“
5.- 5 Chorus of Shepherds:?Chi mai Non curasi“
6.- 6 Recitative:-Quanto leite voi siete!“
7.- 7 Andante con variazioni:?Diceva un giorNo Clori“
8.- 8 Allegro molto moderato:-Qual suon perfetto“
【CD8】 モーツァルト&R・シュトラウス: 歌曲集
モーツァルト
1. 楽しい安らぎが K. 152/210a(ミスリヴェチェクによる声とピアノ編)
2. 鳥よ、年ごとに K. 307
3. 寂しい森で K. 308
4. すみれ K. 476
5. 孤独に K. 391
6. 魔術師 K. 472
7. ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いたとき K. 520
8. 私の胸は喜びに高鳴る K. 579
9. 夕べの想い K. 523
10. 老婆 K. 517
R・シュトラウス
11. ときめく心 Op. 29- 2
12. 花束を編みたかった Op. 68- 2
13. ささやけ、愛らしいミルテよ Op. 68- 3
14. 解き放たれて Op. 39- 4
15. わが子に Op. 37- 3
16. 森の喜び Op. 49- 1
17. 悪天候 Op. 69- 5
18. 春の祭 Op. 56- 5
【CD9】 チャイコフスキー:歌曲集
1. ただ一言でよかったのに
2. 信じるな、わが友よ Op. 6- 1
3. なぜ Op. 6- 5
4. なぜに Op. 28- 3
5. もし私が知っていたら Op. 47- 1
6. 魂は安らかに天の高みに登った Op. 47- 2
7. 私はおまえと一緒に座っていた Op. 73- 1
8. 夜Op. 73- 2
9. この月夜にOp. 73- 3
10. 太陽は沈んだOp. 73- 4
11. 暗い日に Op. 73- 5
12. 再び、前のように、ただ一人 Op. 73- 6
13. セレナード Op. 65- 1
14. 失望 Op. 65- 2
15. セレナード Op. 65- 3
16. 冬よ来たれ Op. 65- 4
17. 涙 Op. 65- 5
18. ロンデルス Op. 65- 6
【CD10】 ルイ・シュポア:歌曲選集
6つの歌 - バリトン、ヴァイオリンとピアノの為の Op.154(1856)
1.-1. 夜の祝宴
2.-2. 狩猟の歌
3.-3. 音
4.-4. 魔王
5.-5. 吟遊詩人と彼のヴァイオリン
6.-6. 静かな夜
7. スコットランドの歌 Op.25- 2(1819)
8. ジプシーの歌 Op.25- 5(1809)
9. 輪になって踊る歌 Op.37- 6(1815)
10. 空なり、空にして空なり Op.41- 6(1815)
11. 子守歌 Op.72- 6(1826)
12. ミニョンに Op.41- 3(1815)
6つの歌 Op.103(1837)
13.-1. まだ心の中に
14.-2. 二重唱
15.-3. 憧れ
16.-4. 子守歌
17.-5. 秘密の歌
18.-6. 起きて
【CD1】
ユリア・ヴァラディ(S)
ロタール・オディニウス(T)…4
バイエルン国立O
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(指)
録音:1995年1月23,25,26,28日
バイエルン放送との共同制作

【CD2】
ユリア・ヴァラディ(S)
ステラ・ドゥフェクシス(S)…7
バイエルン国立O
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(指)
録音:1995年10月19,22-24日
バイエルン放送、ミュンヘン(ドイツ)

【CD3】
ユリア・ヴァラディ(S)
ベルリンRSO
マルチェッロ・ヴィオッティ(指)
録音:1993年3月,4月,6月
Funkhaus Berlin, Saal1, ベルリン(ドイツ)

【CD4】
ユリア・ヴァラディ(S)
ダフネ・エヴァンゲラトス(Ms)…1,3
ミュンヘン放送O
ローマン・コフマン(指)
録音:2000年6月8-10日、9月19-21日
バイエルン放送 第1スタジオ, ミュンヘン(ドイツ)

【CD5】
ユリア・ヴァラディ(S)
ベルリン・ドイツSO
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(指)
録音:1997年2月26日-3月1日
Grosser Sendesaal, ベルリン(ドイツ)

【CD6】
ユリア・ヴァラディ(S)
バンベルクSO…1-9
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(指)…1-9
ヘレン・ドナート(S)…10
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)…9,11
バイエルン国立O…10-11
ヴォルフガング・サヴァリッシュ(指)…10-11
録音:1999年4月26-29日…1-9
Joseph-Keilberth-Saal, バンベルク(ドイツ)
1981年1月6-14日…10-11
Bavaria Filmstudios, ミュンヘン(ドイツ)

【CD7】
ユリア・ヴァラディ(S)
イェルク・ファトレ(Cl)…1-8
リアス室内合唱団…1-8
ベルリンRSO…1-8
ゲルト・アルブレヒト(指)…1-8
録音:1981年9月4-5日、29日
Jesus Christ Church, ベルリン(ドイツ)

ステファニア・トツィスカ(Ms)…9-10
フランコ・タリアヴィーニ(T)…9-10,12
ジョージ・フォーチュン(Bs)…11
ベルリンRSO
ゲルト・アルブレヒト(指)
録音:1984年2月1-9日
Jesus Christ Church, ベルリン(ドイツ)

レナーテ・ベーレ(S)…13-15
トーマス・モーザー(T)…13-15
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)…13-15
クルト・モル(Bs)…13-15
ハンブルク国立PO&cho…13-15
ゲルト・アルブレヒト(指)…13-15
録音:1990年7月4-8日(ライヴ)
Musikhalle, ハンブルク(ドイツ)

【CD8】
ユリア・ヴァラディ(S)
エレーナ・バシュキロワ(P)
録音:1991年1月12-17日 Siemensvilla, ベルリン(ドイツ)
7月21-22日 Tonstudio van Geest, Sandhausen(ドイツ)

【CD9】
ユリア・ヴァラディ(S)
アリベルト・ライマン(P)
録音:1981年9月21-23日
Saal III des Senders Freies Berlin, ベルリン(ドイツ)
【CD10】

ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)…1-12
ドミートリー・シトコヴェツキー(Vn)…1-6
ユリア・ヴァラディ(S)…13-18
ハンス・シェーネベルガー(Cl)…13-18
ハルトムート・ヘル(P)…1-18
録音:1984年4月3-4日 Musikhochschule, ミュンヘン(ドイツ)
…1-8
1984年7月25-27日 Herkulessaal, ミュンヘン(ドイツ)…9-18
2021年9月1日に80歳の誕生日を迎える名ソプラノ、ユリア・ヴァラディの記念BOX。 ハンガリーで生まれ、ルーマニアで指導を受けたユリア・ヴァラディは、1962年にクルジュ国立 歌劇場で歌手デビューを果たし、フランクフルト歌劇場を経て、1972年にバイエルン国立 歌劇場の専属歌手になりました。 1977年にバリトンのディートリヒ・フィッシャー=ディースカウと結婚。1998年に引退を発表 するまで歌劇から歌曲まで幅広いレパートリーで聴衆を魅了しました。 マリア・カラスの後継者と目され、世界中の歌劇場で歌ったヴァラディですが、その活躍の軸 は常にバイエルン国立歌劇場を中心としたドイツ、オーストリアの歌劇場にありました。 この10枚組のBOXにはヴェルディやプッチーニ、ワーグナーの歌劇・アリアからモーツァルト、 R・シュトラウス、チャイコフスキーの歌曲までヴァラディが得意とした作品を収録。最 愛の夫、フィッシャー=ディースカウも指揮者として、また歌手として登場しています。 彼女のドラマティックで輝かしい声を存分にお楽しみください。

BSOrec
BSOREC-1001(2DVD)
NX-E01

BSOREC-2001(Bluray)
NX-E01
コルンゴルト::歌劇「死の都」 エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト(1897-1957):
歌劇「死の都」 Op. 12(1920)全3幕
台本:パウル・ショット(エーリヒ&父ユリウス・コルンゴルトのペンネーム)
原作:ジョルジュ・ローデンバックの小説『死都ブリュージュ』
パウル…ヨナス・カウフマン(T)
マリエッタ/マリーの幻影…マルリス・ペーターゼン(S)
フランク/フリッツ…アンドレイ・フィロニャチク(Br)
ブリギッタ…ジェニファー・ジョンストン(Ms)
ユリエッテ…ミリヤム・メサク(S)
リュシエンヌ…コリンナ・ショイルレ(S)
ガストン/ヴィクトラン…マヌエル・ギュンター(T)
アルベルト伯爵…ディーン・パワー(T)
バイエルン国立歌劇場O&cho
バイエルン国立O
キリル・ペトレンコ(指)
演出:サイモン・ストーン
演出アシスタント:マリア=マグダレーナ・クヮシク

録音:2019年12月 ミュンヘン、バイエルン国立歌劇場(ライヴ)
収録時間:143分
音声:ドイツ語歌唱
PCMステレオ 2.0/DTS5.1(DVD)
PCMステレオ 2.0/DTS-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・ドイツ語・英語・フランス語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク×1、片面単層ディスク×1
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
19世紀のブルージュ、若きパウルは亡くなった妻マリーを悼み街を彷徨います。そして出会ったのがマリーと瓜二つの踊り子マリエッタ。次第に 夢と現実の境界が曖昧になるパウル… 2019年の秋、バイエルン国立歌劇場で上演されたコルンゴルトの歌劇「死の都」のライヴ収録。強烈な印象を残すサイモン・ストーンの演 出と、美しく陶酔的な旋律をオーケストラから精緻に引き出すキリル・ペトレンコの指揮のもと、ヨナス・カウフマンとマルリス・ペーターゼンが主役 を歌ったこの上演は観客とメディアに大絶賛されました。狂気すれすれの迫真の歌唱を聴かせるカウフマン、女性のもつ様々な面を演じ分け るペーターゼン、そして彼らをとりまく歌手たちの見事な歌唱が聴きどころです。

MARCO POLO
MAR-2.220006(DVD)
NX-C09
ジークフリート・ワーグナー(1869-1930):歌劇「すべては小さな帽子のせい」 Op. 11(1915)

特典映像
◎情景より-スヴェニャ・マルツノフスキによる映像(15分)
◎ロベルト・プフランツ、アヒム・ベールによるプロダクションの写真集(2分)
小さな帽子:ゴブリン…アレクサンダー・リューク(Boy-S)
フリーダー…ハンス=ゲオルク・プリーゼ(T)
カテリーズヒェン…レベッカ・ブロバーグ(S)
フリーダーの母/太陽/悪魔の偉大な祖母…ユリア・オステルターク(Ms)
トルード/宿屋の妻/おとぎ話の女性…マーリャ・プルガ(メゾ・ソプラノ
村の狩人…ルーカス・バンゼッリ(T)
聖具室係…キーラン・キャレル(T) 他
PPPミュージック・シアター・アンサンブル・ミュンヘン
ルール大学ボーフムcho(RUB)
ボーフムSO
ライオネル・フレンド(指)
演出:ペーター・P.パクル

収録 2015年10月16-18日Auditorium Maximum、ルール大学ボーフム(ドイツ)
収録時間:2時間59分13秒

音声:ドイツ語歌唱
ドルビーデジタル2.0

字幕:英語・ドイツ語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
リヒャルト・ワーグナーとコジマ・リストの長男として生まれたジークフリート・ワーグナー。もともとは建築家を志してい たものの、父に倣い作曲家に転向。フンパーディンクに師事し作曲を学びました。指揮者としても素晴らしい能力 を発揮、バイロイト音楽祭でも演奏、演出の両面で大活躍しています。父とは違い温厚な性格であったことが知 られ、その作品も大言壮語ではなく、おとぎ話などを題材にした親しみやすいものが多く、作品数は40以上にの ぼります。この「すべては小さな帽子のせい」は1915年に作曲された11番目の歌劇。あらすじはグリム兄弟をは じめとした様々なおとぎ話から採られており、物語の実質的な主人公はカテリーズヒェン(小さなカテリーズ)とフリー ダーが担っています。カテリーズヒェンとフリーダーは愛し合っていますが、フリーダーの母親は金持ちの娘トルードと フリーダーを結婚させたいと考えています。カテリーズヒェンは自身の容貌に自信が持てないトルードを嘲笑、フリー ダーもトルードに冷たく当たったため、トルードは魔女の力を借りて魅力を得ることにします。そこに現れたのはゴブ リン"小さな帽子"。彼はカテリーズヒェンが料理を並べるのを邪魔したり、トルードのポーチを隠したり、失敗を嘆い たカテリーズヒェンが飲もうとした毒薬をハチミツに替えたりとやりたい放題。結局、別れを決意したカテリーズヒェン とフリーダーは夢の世界への冒険へと旅出つのですが… オペラのあらすじは前奏曲で示され、また主人公たちのライト・モティーフも用いられるなど、凝った書法で書かれて います。この映像は2015年の収録で実力派の歌手たちによって見事な舞台が創り上げられています。中でも 愛らしいゴブリンを演じるアレクサンダー・リュークは当時、ボーフム児童合唱団に在籍。2015年には地域の 「Jugendmusiziert 青少年のための音楽コンクール」で1位を獲得したという才能溢れる少年です。

NAXOS/映像作品
NAXOS-2.110689
(2DVD)
NX-D05

N B D0129V(Bluray)
NX-D05
モーツァルト:歌劇「偽りの女庭師」 ドン・アンキーゼ(ラゴネーロの市長)…クレシミール・スパイサー(T)
ヴィオランテ(庭師サンドリーナと名乗る侯爵令嬢)…ジュリー・マルタン・デュ・テイユ(S)
ベルフィオーレ伯爵…ベルナール・リヒター(T)
アルミンダ(ミラノの淑女)…アネット・フリッチュ(S)
騎士ラミロ…ルチア・チリッロ(Ms)
セルペッタ(市長の小間使い)…ジューリア・セメンツァート (S)
ナルド(ヴィオランテの侍従)…マッティア・オリヴィエーリ(Br)
フォルテピアノ…ジェームズ・ヴォーガン
チェンバロ…パオロ・スパダーロ
ミラノ・スカラ座O(ピリオド楽器使用)
ディエゴ・ファソリス(指)
演出:フレデリック・ウェイク=ウォーカー(2014年グラインドボーン音楽祭での初上演に基づく)

映像収録…2018年10月11日ミラノ・スカラ座(イタリア)
収録時間:179分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/DTS5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・ドイツ語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD
DVD…片面二層ディスク×2
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
1775年、19歳の誕生日を目前に控えたモーツァルトの歌劇「偽りの女庭師」がミュンヘンのザルヴァートル劇場で初演されました。この作品はイタリア 語歌唱で上演されますが、モーツァルト自身の手により、後にドイツ語のジングシュピールに改作されたり、二部からなる序曲に追加の楽章を加え交 響曲とされるなど、モーツァルトのお気に入りの作品でもありました。ヴィオランテとベルフィオーレの二重唱をはじめとする魅力的な音楽の数々に、若き モーツァルトの優れた才能が満ち溢れています。 この上演は2014年のグラインドボーン音楽祭で初披露されたフレデリック・ウェイク=ウォーカーの演出を踏襲するものですが、2018年のスカラ座のリ バイバルでは、スカラ座管がピリオド楽器に持ち替えるとともに、クレシミール・スパイサーやジュリー・マルタン・デュ・テイユら強力な歌手を起用し、古楽 演奏の権威ディエゴ・ファソリスのタクトが陰影に富む表情と軽快なテンポで全体をまとめ上げています。

仏Bel Air
BAC-184(DVD)
NX-C09
映像ドキュメンタリー『帝国のオペラ』
パリ・オペラ座(ガルニエ宮)の建設
脚本:ステファン・ランドフスキ
映像監督:パトリック・カブア
編集: フランチェスカ・メラーニ
制作:フランソワ・デュプラ、パトリシア・ウタール(ベルエール・メディア)

収録時間:90分
音声:フランス語
PCMステレオ2.0(DVD)
字幕:日本語・英語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
パリ・オペラ座 ー この絢爛豪華な建物もひと度、上演がはね人々が去れば地下に広大な貯水槽を持ち 怪人の跋扈する不気味な空間となる ー 作家ガストン・ルルーがこの建物に触発されて描いた物語「オペラ 座の怪人」は、幾度も映画化されミュージカルとなり、人々のオペラ座への興味をそそってきました。 時はフランス第2帝制時代。ナポレオン3世の命によるパリ改造計画の一環として帝都パリにふさわしい新 オペラ座建設計画が具体化。建築設計の公開コンペが行われ、多数の応募作の中から採用されたのが 無名の若き建築家シャルル・ガルニエの設計案でした。 普仏戦争に敗れたフランス第2帝政が瓦解、それに続くパリ・コミューンの叛乱と第3共和政に至る激動 時代を乗り越え、15年の年月を掛けて、ガルニエは豪華なファサード、絢爛たる大ロビー、見る者を圧倒す るような大階段を擁する新オペラ座を完成させました。 本映像は、エッフェル塔、凱旋門とならびパリを代表するモニュメントのひとつパリ・オペラ座の竣工に至る物 語を歴史的、文化的な事件、事象を背景に、まるで上質なミステリーを読むかのようにスリリングに描き出 ています。

Opus Arte
OA-1336D(DVD)
NX-C10

OABD-7290D(Bluray)
NX-D09
オッフェンバック:喜歌劇「青ひげ」

特典映像
◎オッフェンバック物語
◎キャスト・ギャラリー
青ひげ…ヤン・ブロン(T)
サフィール王子…カール・ガザロシアン(T)
フルレット…ジェニファー・クルシエ(S)
ブロット…エロイーズ・マス(Ms)
ポポラニ…クリストフ・ゲイ(Br)
オスカル伯爵…ナビル・スリマン(Br)
ボベーシュ王…クリストフ・モルターニュ(T)
クレマンティーヌ王女…アリーヌ・マルタン(Ms)
リヨン歌劇場O&cho(合唱指揮…カリーネ・ロカテッリ)
ミケーレ・スポッティ(指)
演出:ロラン・ペリー

収録:2019年6月25日、29日
リヨン歌劇場
収録時間:123分(本編)+58分(特典映像)
音声:フランス語歌唱
PCMステレオ2.0/DTS5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)

字幕:日本語・フランス語・英語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD
DVD…D片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
この作品はペローの童話『青ひげ』を題材にした全くのパロディ。作曲当時、世を治めていたのは無類の漁色家として知られるフランス第二帝政の皇 帝ナポレオン3世。この作品はナポレオン3世を始めとした治世者たちへの鋭い風刺として、コミカルに描かれた登場人物を笑いとばし、市民たちの鬱 憤をはらしていたのです。 このリヨン歌劇場での上演を監督したのは独創的な演出で知られるロラン・ペリー。個性の強い登場人物たちを現代的な舞台にうまく配置し、一見 残酷なストーリーに独特のユーモアを加えることに成功しています。題名役を歌うのはフランスのテノール歌手ヤン・ブロン。甘く美しい声が「青ひげ」の 特異なキャラクターを引き立てています。可憐なフルレット役にはフランスを中心に人気を博すソプラノ、ジェニファー・クルシエ。そして物語を牽引するブ ロット役は、独特のコクを感じさせる味わい深い歌唱と演技で聴衆を魅了するエロイーズ・マス。新鋭ミケーレ・スポッティの流麗で生気に満ちたタクト が、オーケストラと歌手、合唱から愉悦に満ちたオッフェンバックの音楽の魅力を存分に引き出しています。 特典映像としてクラシック・ドキュメンタリーの名匠ライナー・モーリッツによる50分のドキュメンタリー「オッフェンバック物語」を収録。演出家のロラン・ペ リー、バリー・コスキー、指揮者のエンリケ・マッツォーラ、歌手のフェリシティ・ロット、ヤン・ブロンらが、自ら参加した舞台映像(「美しきエレーヌ」、「天国 と地獄」、「青ひげ」、「ホフマン物語」)を交えながら、オッフェンバックの生涯とその作品の魅力を語る必見映像です。

CAvi
85-53543(3CD)
ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」 アクセル・コーバー(指)、デュイスブルクPO、ミカエル・ヴェイニウス(ジークムント)、ウカシュ・コニェチュニ(フンディング)、ジェイムズ・ラザフォード(ヴォータン)、サラ・フェレーデ(ジークリンデ)、リンダ・ワトソン(ブリュンヒルデ)、カタジナ・クンチオ(フリッカ)、他

録音:2019年5月&11月、メルカトルハレ(デュイスブルク、ドイツ)
ライン・ドイツ・オペラとデュイスブルク・フィルの音楽監督を務めるドイツの指揮者アクセル・コーバー。2013年にはバイロイト音楽祭にデビューし、翌2014年と続けて『タンホイザー』を指揮し、2020年の『タンホイザー』にも起用されるなど、注目のワーグナー指揮者の一人であるコーバーが指揮を執り、ドイツの有力歌手を揃えて贈る『ラインの黄金』2019年ライヴ・レコーディング。そして今回がその第2弾の『ワルキューレ』!シアトルオペラ国際ワーグナーコンクール優勝のジェイムズ・ラザフォードのヴォータンなど聴きどころが満載です!

Cameo Classics
CC9133(2CDR)
ジョーン・サザーランド〜イン・パフォーマンス・1957-1960
ドニゼッティ:歌劇「リヴァプールのエミリア」より、歌劇「ランメルモールのルチア」より
ヴェルディ
:歌劇「シチリアの晩鐘」より
ヘンデル
:歌劇「アルチーナ」より
ベッリーニ:「清教徒」より
ジョーン・サザーランド(S)他

録音:1957年-1960年(イギリス)/MONO/ADD
「リリタ(Lyrita)」の創設者、リチャード・イッターが蒐集していたBBC放送のコレクションから、サザーランドがまさにベルカント・ソプラノとして大成していくその時代の歌声を2枚組にまとめました。モノラルでありながら、その圧倒的な音圧の力強さはこのころから感じることができます。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

Lyrita
SRCD.2392(2CDR)
レノックス・バークリー::(1903-1989):歌劇「ネルソン」 エルガー・ハワース(指)BBC響、
BBC・シンガーズ、
デイヴィッド・ジョンストン(T)、
エイドウィン・ハリー(S)、他

BBC放送日:1983年10月23日放送、BBCスタジオ(イギリス)/ADD
イギリスの作曲家レノックス・バークリー::による3幕のオペラ。バークリー::は、オックスフォードに生まれ、パリに留学した際にナディア・ブーランジェに師事しました。オペラも「ネルソン」だけでなく数曲作曲しており、交響曲も作品が残っています。この作品が生み出された1950年代はバークリー::にとっても創作意欲溢れている時期で、その時期に作られた作曲家の充実感が、この歌劇「ネルソン」のいたるところで窺えます。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

Bastille Musique
BM-001(1CD)
ヴィヴィエ:コペルニクス
クロード・ヴィヴィエ(1948-1983):室内オペラ 「コペルニクス、死の祭祀」(1978-79)
音:クラウス・ジモン(指)、
ホルスト・シンフォニエッタ、オペラ・ファクトリー・フライブルク、スヴェア・シルトクネヒト(コロラトゥーラ)、ドロテア・ヴィンケル(S)、ウタ・ブッフハイスター(Ms)、 バーバラ・オステルターグ(A)、ニール・バナジー(T)、パク・ジス(Br)、フロリアン・コンチャク(Bs)

録音:2012年、ハンス・ロスバウト・スタジオ(ドイツ、バーデン=バーデン)
ハンス・ウルリヒ・フンペルトやカールハインツ・シュトックハウゼンに師事した20世紀カナダの現代音楽作曲家、クロード・ヴィヴィエ(1948-1983)の室内オペラ「コペルニクス」を、20世紀音楽を得意とするドイツの指揮者、クラウス・ジモンが振る!
オーケストラは彼が結成し、20世紀音楽を中心に活動するホルスト・シンフォニエッタ。7名のソリストはスヴェア・シルトクネヒト(コロラトゥーラ)、ドロテア・ヴィンケル(S)、ウタ・ブッフハイスター(Ms)、 バーバラ・オステルターグ(A)、ニール・バナジー(T)、パク・ジス(Br)、フロリアン・コンチャク(Bs)が務めています。「コペルニクス」は台本もヴィヴィエが手掛けており、主人公以外の他の6人の歌手には、マーリン、モーツァルト、トリスタンとイゾルデといった伝説、または歴史上の人物の役が当てられています。3か国語のブックレット(英語、フランス語、ドイツ語)には音楽学者ボブ・ギルモアによる解説が含まれ、作曲家やアーティストの演奏中の写真を掲載したリーフレットも付属しています。
Bastille Musique
BM-007(1CD)
ベッドフォード:スルー・ヒズ・ティース
ルーク・ベッドフォード(1978-):室内オペラ 「スルー・ヒズ・ティース」(2013-14)
クラウス・ジモン(指)、
ホルスト・シンフォニエッタ、
オペラ・ファクトリー・フライブルク、
シーリ・カロリーン・ソーンヒル(S)、
シリン・キリッチ(Ms)、ゲオルク・ゲトカー(Br)

録音:2017年、ハンス・ロスバウト・スタジオ(ドイツ、バーデン=バーデン)
ウィグモア・ホール初のコンポーザー・イン・レジデンスを務めるなど、イギリス現代音楽を代表する作曲家のひとり、ルーク・ベッドフォード(1978-)が実話をもとに製作したオペラ「Through his Teeth」。3名の歌手と8名の器楽奏者からなる室内オペラで、本アルバムが世界初録音です。演奏は20世紀音楽を得意とするドイツの指揮者、クラウス・ジモンと彼が結成したホルスト・シンフォニエッタ、歌手はシーリ・カロリーン・ソーンヒル(S)、シリン・キリッチ(Ms)、ゲオルク・ゲトカー(Br)の3名です。リブレットや作曲家へのインタビューを含む64ページのブックレット(英語、ドイツ語)に加え、作曲家やアーティスト、上演風景の写真を掲載したリーフレットが付属しています。

Caprice
CAP-21931(3CD)
大劇場に至るオペラの苦難の道〜ヨーテボリ・リリック劇場の100年


■Disc 1 
◎アルベット・ランフト所有の時代:1895年−1899年 
(1)オッフェンバック:喜歌劇「美しきエレーヌ」− エレーヌのアリア「言ってください、ヴィーナス」
(2)エルヴェ(フロリモン・ロンジェ)(1825−1892):喜歌劇「仲間たちの母」− 二重唱「子供がやってくると」
(3)ヘルマン・ツンぺ(1850−1903):喜歌劇「ファリネッリ」− 二重唱「契約には書いてない」
(4)グスタフ・アーヴ・イェイエシュタム(1858−1909):「ペール・オールソンと女友だち」− 船乗りオーロフの歌
(5)ロベール・プランケット(1848−1903):喜歌劇「コルヌヴィルの鐘」− 「世界を三度周り」
(6)ミレッカー:喜歌劇「貧しいヨナタン」− 楽器の二重唱
(7)シドニー・ジョーンズ(1861−1946):喜歌劇「芸者」− 「踊れ、歌え、若い芸者さん」
喜歌劇「芸者」*
(8)アンドレーアス・ランデル(1806−1864):民俗歌芝居「ヴェルムランドの人びと」− スヴェン・エーションの歌「そして農夫はヴェルムランドの森のてっぺんに行った」
(9)オッフェンバック:喜歌劇「地獄のオルフェ」− 「私がアルカディアの王子だったころ」
喜歌劇「盗賊たち」− 「しっかり聞いて、フィオレッタよ」

◎アルベット・ランフト所有の時代:1900年−1904年 
(10)ミレッカー:喜歌劇「ガスパローネ」− タランテラ
(11)喜歌劇「乞食学生」− アリア「ぼくが無一文で鳥のように自由なら」
(12)喜歌劇「乞食学生」− 二重唱「私を愛して、私を愛して」
(13)ロベール・プランケット(1848−1903):喜歌劇「コルヌヴィルの鐘」− 「暗く陰鬱な森」
(14)エルヴェ(フロリモン・ロンジェ)(1825−1892):喜歌劇「かまとと娘」− 二重唱「錫の兵隊のクプレ」
(15)喜歌劇「かまとと娘」− アリア「Babet och Cadet」
(16)ジュール・コステ(1828−1883):喜歌劇「石炭商」− 「くすぐらないで」

◎アルベット・ランフト所有の時代:1906年−1909年 
(17)スッペ:喜歌劇「ボッカチオ」− 「神さまの意のまま」
(18)喜歌劇「ボッカチオ」− スカルツォのセレナード
(19)シドニー・ジョーンズ(1861−1946):喜歌劇「芸者」− オウムの歌
(20)レハール:喜歌劇「メリー・ウィドウ」− 「マキシムへ行こう」
(21)レオ・ファル(1873−1925):喜歌劇「ドルの女王」− 「輪舞を踊ろう」
(22)オッフェンバック:喜歌劇「美しきエレーヌ」− 「愛がなければ」
◎アルベット・ランフト所有の時代:1912年−1916年 
(23)ヘルマン・ツンぺ(1850−1903):喜歌劇「ファリネッリ」− 「では口づけを、おおマヌエッラ」
(24)ヨハン・シュトラウス(1825−1899):喜歌劇「こうもり」− 「ぼくはお客を招待するのが」
(25)スッペ:喜歌劇「ボッカチオ」− フィアメッタの登場の歌
(26)ヴィクトル・ヤコビ(1883−1921):喜歌劇「シビル夫人」− 「暖炉の火が燃えあがり」

■Disc 2  リリック劇場時代の歌手たちの音楽例:1920年−1937年 
(1)レオンカヴァッロ(1857−1919):歌劇「道化師」− 「衣装をつけろ」
(2)プッチーニ:歌劇「トスカ」− 「妙なる調和」
(3)トマ(1811−1896):歌劇「ミニョン」− 「君よ知るや南の国」
(4)ミレッカー:喜歌劇「貧しいヨナタン」−船乗りの歌
(5)喜歌劇「乞食学生」− アリア「ぼくが無一文で鳥のように自由なら」
(6)エメリッヒ・カールマン(1882−1953):喜歌劇「バヤデール」− 「蓮の花はかくも誇り高く美しく」
(7)ヴェルディ(1813−1901):歌劇「トラヴィアータ」− 「プロヴァンスの海と陸」
(8)プッチーニ:歌劇「ボエーム」− 「年老いた外套よ、聞いておくれ」
(9)オスカー・シュトラウス(1870−1954):喜歌劇「テレジーナ」− 「シャンソン」
(10)エドゥアルト・キュンネッケ(1885−1953):喜歌劇「レディ・ハミルトン」− 「あなたの目は底知れぬ海のよう」 
(11)ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」− アガーテの祈り「まどろみが近寄るように…静かに、静かに」
(12)ルヴェ(フロリモン・ロンジェ)(1825−1892):喜歌劇「かまとと娘」− アリア「ハレルヤ」
(13)喜歌劇「かまとと娘」− 二重唱「Quand vous-etes venu, Pabbeusse…」
(14)ジャン・ギルバート(1879−1942):喜歌劇「踊り子カーチャ」− アリア「愛しい人、わたしのところにおいで」
(15)アンブロワーズ・トマ(1811−1896):歌劇「ミニョン」− 二重唱
(16)エメリッヒ・カールマン(1882−1953):喜歌劇「秋の演習」− クープレ
(17)ジャン・ギルバート(1879−1942):喜歌劇「映画の女王」− 「夜になった」
◎ラジオ制作の大劇場のアーティストたち 
(1)レハール(1870−1948):喜歌劇「ジプシーの恋」− ゾリカのアリア「Det var en flicka」
(2)パウル・アブラハム(1892−1960):喜歌劇「ヴィクトリアと軽騎兵」− ヤンチスとリケットの二重唱
− 二重唱「おやすみ、おやすみ」
(3)ヴァルター・コロ(1878−1940):喜歌劇「三人の哀れな少女」− ビービツと虹の二重唱(第1幕)
− アネットとゴットリープの二重唱(第2幕)
(4)シグマンド・ロンバーグ(1887−1951):喜歌劇「砂漠の歌」− 二重唱「たった一輪の花が育つなら」
(5)オッフェンバック:喜歌劇「美しきエレーヌ」− 二重唱「夢の中の愛」(第2幕)

■Disc 3  リリック劇場と大劇場での第2の時代の音楽例:1937年−1952年 
(1)メリッヒ・カールマン(1882−1953):喜歌劇「チャルダッシュの女王」− 「覚えているかい」
(2)喜歌劇「伯爵令嬢マリツァ」− 「愛の夢」
− 二重唱
(3)ニルス・レルケ(1905−1986):喜歌劇「愛とドルと盗賊」− 「古い心の遊戯」
(4)ミレッカー:喜歌劇「乞食学生」−「Det tacka konet」
(5)ノエル・カワード(1899−1973):ミュージカル「ビター・スウィート」− 二重唱
(6)レハール:喜歌劇「ルクセンブルク伯爵」
− クープレ「ぼくの祖先はルクセンブルク家」(第1幕)*
− クープレ「Kam ein Falter leicht geflattert」(第2幕)**
− シャンソン「Pierre, der schreibt an klein Freunette」(第1幕)#
− 「Heut’ noch werd’ ich Ehefrau」(第1幕)##
− 二重唱「Lieber Freund, man greift nicht nach den Sternen」(第2幕)+
(7)ジョージ・ガーシュウィン(1898−1937):歌劇「ポーギーとベス」
− 第1幕序曲と子守歌「サマータイム」*
− バンジョーの歌「俺にはないものばかりだ」**
− 愛の二重唱(Karlekduett)#
−「朝早く」##
− セリーナの歌「私の夫は死んだ」+
(8)アーヴィング・バーリン(1888−1989):ミュージカル「アニーよ銃をとれ」− 月明かりの子守歌)
(9)リチャード・ロジャーズ(1902−1979):ミュージカル「回転木馬」− 「みんなに恋仲だと言われる」
(10)ブリテン:歌劇「ルクレシアの陵辱」の4つの断片
− 第2幕への間奏曲「ローマへの馬旅」*
− 陵辱(第2幕第1場)**
− 花の場(第2幕第2場導入部)#
− ルクレシアの別れ(第2幕第2場)##
(11)プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」− 「いい子、泣かないで」(第1幕)
■Disc 1 
(1)アンナ・ペッテション=ノッリ(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1905年10月7日、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone X-73037 
(2)エンマ・メイスネル(S)、アウグスト・スヴェンソン(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1903年3月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 84005 
(3)グスタフ・アドルフ・ルンド(T)、アクセル・リングヴァール(T)、管弦楽伴奏
録音:1908年3月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone X-74093 
(4)アンデシュ・デ・ヴァール(歌)、アコーディオン伴奏(演奏者不明)
録音:1907年10月  Gramophone 2-82592 
(5)アウグスト・スヴェンソン(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1907年2月18日、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 2-82487 
(6)インガ・ベレンツ(S)、アクセル・リングヴァール(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1913年3月、ベルリン  Parlophon S 13019 
(7)ローサ・グリュンベリ(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1904年11月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 83505 
アウグスト・スヴェンソン(T)*、ピアノ伴奏(演奏者不明)*
録音:1904年10月/11月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)Gramophone 82039*
(8)アクセル・リングヴァール(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1905年12月、セントラルホテル(ストックホルム)  Favorite Record 85015 
(9)オスカル・ベリストレム(Br)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1903年3月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 82705 
喜歌劇「盗賊たち」− 「しっかり聞いて、フィオレッタよ」
ローサ・グリュンベリ(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1904年11月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 83506 
◎アルベット・ランフト所有の時代:1900年−1904年 
(10)ローサ・グリュンベリ(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1905年12月、セントラルホテル(ストックホルム)  Favorite Record 1-86018 
(11)喜歌劇「乞食学生」− アリア「ぼくが無一文で鳥のように自由なら」
トゥールレイフ・アルム(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1905年12月、セントラルホテル(ストックホルム)  Favorite Record 1-85025 
(12)喜歌劇「乞食学生」− 二重唱「私を愛して、私を愛して」
ローサ・グリュンベリ(S)、トゥールレイフ・アルム(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1905年12月、セントラルホテル(ストックホルム)  Favorite Record 2-89003 
(13)オスカル・ベリストレム(Br)、O、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1905年10月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 82706 
(14)インガ・ベレンツ(S)、グスタフ・アドルフ・ルンド(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1904年11月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 84045 
(15)インガ・ベレンツ(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1904年11月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 83513 
(16)ヒルダ・カステグレーン(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1907年2月12日、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone X-73071 

◎アルベット・ランフト所有の時代:1906年−1909年 
(17)アクセル・リングヴァール(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1905年12月、セントラルホテル(ストックホルム)  Favorite Record 1-85050 
(18)オスカル・ベリストレム(Br)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1904年11月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 82053 
(19)エンマ・メイスネル(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1903年3月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 83107 
(20)カール・バルクリンド(Br)、O、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1907年2月12日、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone X-72160  
(21)エンマ・メイスネル(S)、カール・バルクリンド(Br)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1908年10月3日、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 84272 
(22)ナイマ・ヴィフストランド(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1921年2月1日、ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)  HMV X 1177 
◎アルベット・ランフト所有の時代:1912年−1916年 
(23)ヘエルヴィン・ウートソン(T)、O、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1921年10月6日、ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)  HMV X 1662 
(24)ナイマ・ヴィフストランド(S)、O、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1921年2月1日、ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)  HMV X 1052 
(25)ナイマ・ヴィフストランド(S)、O、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1921年1月31日、ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)  HMV X1177 
(26)ナイマ・ヴィフストランド(S)、アドルフ・ニスカ(T)、O、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1915年11月5日、ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)  HMV 284299 

■Disc 2
(1)カール・マッティン・オーマン(T)
Polyphon S 42104 
(2)カール・マッティン・オーマン(T)
Polyphon S 42105 
(3)シグネ・アリナ・エクレーヴ=リュードベリ(S)
Polyphon S 44090 
(4)エーリク・オービュー(Br)
Polyphon S 42115 
(5)エーリク・オービュー(Br)
Polyphon S 42114 
(以上 5曲)、大劇場O、リル=エーリク・ハーヴグレーン(指)
録音:1923年3月26日−29日、ホテル・エッゲシュ宴会場(ヨーテボリ) 
(6)オスカル・チェーンベリ(T)、O、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1924年5月21日、ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)  HMV X 2092 
(7)エーリク・セッテルマン(Br)、王立Oアンサンブル
録音:1923年3月初旬 ストックホルム  Polyphon S 42158 
(8)エーリク・ローラン(Bs)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1916年2月5日、スウェーデン王立音楽アカデミー講堂(ストックホルム)  私的円筒録音 
(9)インガリル・ソーデルマン(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1927年8月23日−28日、ジレット宴会場(ウプサラ)  Odeon D 4541 
(10)コンラード・アルネセン(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1928年8月23日、ジレット宴会場(ウプサラ)  Parlophon B 12534 
(11)ヒシュテン・フラグスタ(キルステン・フラグスタート)(S)、デトロイトSO、アーネスト・マクミラン(指)
録音:1938年2月27日、ラジオ放送  私的録音 
(12)インガリル・ソーデルマン(S)、アウグスト・ローテル(Hp)、アンサンブル、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1927年5月7日、ストックホルム・コンサートホール アティックホール  HMV X 2484  
(13)インガリル・ソーデルマン(S)、フェリクス・グローンフェルト(T)
ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1928年5月14日、ジレット宴会場(ウプサラ)  Odeon D 4671 
(14)マルギット・ルーセングレーン(S)、エーリク・アンデション=ブルーツネル(T)、O、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1923年9月20日、ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)  HMV X 1867 
(15)エリン・リンナンデル=レイドストレム(S)、カール・レイドストレム(Br)、ヨン・セーデルルンド(P)
録音:1916年9月、ストックホルム  Pathe 90525 
(16)カール・バルクリンド(Br)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1909年9月16日、セントラルホテル(ストックホルム)  Favorite 1-87064 
(17)オスカル・テクストリウス(Br)、合唱とO、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1914年1月14日、ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)  HMV 2-282422 
◎ラジオ制作の大劇場のアーティストたち 
(1)ヴィヴァン・ヘードボリ=ファルク(S)、ラーシュ・エッゲ(T)、フォークパーク・オペレッタクラブ ニルス・グレヴィリウス(指)
録音:1935年5月26日  スウェーデン放送番組アーカイヴ LB 981 
(2)エルサ・ヴァリーン(S)、カール・チンク(T)
− 二重唱「おやすみ、おやすみ」
イネス・チョーレル(S)、ラーシュ・エッゲ(T)、男声合唱
(以上 2曲)、ストックホルム放送O(ストックホルム・フィルハーモニックO員54人)、ステーン=オーケ・アクセルソン(指)
録音:1937年12月26日、ストックホルム・コンサートホール 
スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+2.271 
(3)ユングヴェ・ニュークヴィスト(T)、エルヴィン・ウートソン(T)
− アネットとゴットリープの二重唱(第2幕)
カール・チンク(T)、アンナリーサ・エーリクソン(S)
(4)フォルケ・アンデション(T)、カール・シュリング(Bs)、男声合唱
(5)ヒルデ・ニューブルム(S)、エイナル・ベイロン(T)
(以上 4曲)、ストックホルム放送O、エルンスト・ハウケ(指)
録音:1938年6月24日、ストックホルム・コンサートホール 小ホール 

■Disc 3
(1)ネア・ヘードベリ=グラナート(S)、ラーシュ・エッゲ(T)、クヌート・エードガット(指)
(2)テューレ・アラ(T)、クヌート・エードガット(指)
− 二重唱
インガリル・ソーデルマン(S)、テューレ・アラ(T)、ミーカ・ペーデシェン(P、トリオ)
(以上 3曲)国立劇場の1937年サマーツアーから  スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 2.080 
(3)イーサ・クヴェンセル(S)、大劇場O、ステュビョーン・リンデダール(指)
スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 4.540 
(4)エイナル・ベイロン(T)、大劇場O、ニルス・グレヴィリウス(指)
スウェーデン放送番組アーカイヴ LB 4770 
(5)インガリル・ソーデルマン(S)、ルートゲル・ニューグレーン(T)、大劇場O、ステュビョーン・リンデダール(指)
スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 4.775 
(6)クヌート・エードガット(指)、国立劇場の1947年サマーツアーから
ラーシュ・エッゲ(T)*
エーリク・セッテルマン(Br)**
グレタ・フォシェル(S)、アンサンブル#
イーサ・クヴェンセル(S)##
イーサ・クヴェンセル(S)+、ラーシュ・エッゲ(T)+
録音:1947年7月4日、フォルケツ・パルク(フィンスポング)  スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 6930 
(7)大劇場合唱団・O、ステュビョーン・リンデダール(指)
イーサ・クヴェンセル(S)*
ベルンハルド・ソンネシュテット(Br)**
Symfoni RT 1006 
ベルンハルド・ソンネシュテット(Br)#、イーサ・クヴェンセル(S)#
Symfoni RT 1007 
エヴィ・ティベル(S)##
Symfoni RT 1006 
エヴィ・ティベル(S)+
スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 9.501 
録音:1948年2月23日、ヨーテボリ・コンサートホール 
(8)エヴィ・ティベル(S)、アンサンブル、大劇場O、ステュビョーン・リンデダール、もしくは、ルーネ・ヴァールベリ(指)
録音:1949年9月、ヨーテボリ(9月3日プレミア)  スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 10233 
(9)ベーリト・チェルマン(S)、マグヌス・ルードベク(Br)、大劇場O、ステュビョーン・リンデダール、もしくは、ルーネ・ヴァールベリ(指)
録音:1949年12月、ヨーテボリ(12月9日プレミア)  スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 11.661 
(10)大劇場O、ステュビョーン・リンデダール(指)
ウッレ・シヴァル(台詞)*、ヨースタ・チェッレッツ(T)*
ヨースタ・チェッレッツ(T)**、ウッレ・シヴァル(テノール・台詞)**
スティーナ=ブリッタ・メランデル(S)#、ロリ・ライル(Ms)#
クヌート・エルマン(Bs)##、マルガレータ・ベリストレム(Ms)##
録音:1949年10月、ヨーテボリ(10月17日プレミア)  スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 11.383 
(11)スティーナ=ブリッタ・メランデル(S)、エリ・ベリフォシュ(Ms)、ウッレ・シヴァル(T)、大劇場O、カール・ルーネ・ラーション(指)
録音:1952年12月1日、ヨーテボリ大劇場(ライヴ録音) 
ヨーテボリの「大劇場(Stora Teatern)」は、1859年9月、クングスパルケン(国王公園)に「新劇場」の名で建設されました。莫大な国費をかけて作られたルネサンス様式の劇場は、ヨーテボリの文化を支える場として栄え、1880年代から「大劇場」と呼ばれるようになりました。1920年代からオペラとミュージカルの劇場として有名になり、「リリック劇場(Lyriska Teater)」として親しまれています。「コレクターズ・クラシックス」シリーズの『大劇場に至るオペラの苦難の道』は、リリック劇場の100年の歴史をたどりるため、劇場ゆかりの歌手と指揮者が残した、20世紀初頭からの録音を集成して制作されました。

Pentatone
PTC-5186880
(2SACD)
ベートーヴェン:歌劇『フィデリオ』 リーゼ・ダヴィドセン(ソプラノ:レオノーレ(フィデリオ))
クリスティアン・エルスナー(テノール:フロレスタン)
ゲオルク・ツェッペンフェルト(バス:ロッコ)
クリスティーナ・ランツハマー(ソプラノ:マルツェリーネ)
コーネル・フレイ(テノール:ヤキーノ)
ヨハネス・マルティン・クレンツレ(バリトン:ドン・ピツァロ)
ギュンター・グロイスベック(バス:ドン・フェルナンド)
アーロン・ぺグラム(テノール:囚人1)
チャオ・デン(バス:囚人2)
ドレスデン国立歌劇場cho、アンドレ・ケリングハウス(合唱指揮)
ライプツィヒMDR放送cho(男声)、フィリップ・アーマン(合唱指揮)【第1幕第7曲のみ】
ドレスデンPO、マレク・ヤノフスキ(指)

録音:2020年6月&11月/ドレスデン、クルトゥーアパラスト(文化宮殿)
精力的に演奏と録音活動を行う巨匠マレク・ヤノフスキ。注目の新譜はドレスデンPOを振ったベートーヴェンの 歌劇『フィデリオ』のセッション録音です!
本来であれば2020年ベートーヴェン生誕250周年記念のコンサートとしてライヴ収録されるはずでしたが、新型コロナウィルス感染拡大により演奏会は中止 となってしまいました。しかし、多くの苦難を乗り越えて2020年6月と11月の2期に分け録音が実現しました。ソーシャルディスタンスを保つためには通常配置 での録音は不可能なため、オーケストラ団員は一定の距離を置き、ソリスト陣はステージ側の2階席に配置、さらに合唱団は別録りをするという、極めて異例な形 でのセッション録音となりましたが、この非常に困難な状況だからこそ生まれた音楽の一体感には感動せずにはいられません。
当演奏のソリストはヤノフスキが信頼を寄せる歌手ばかり。レオノーレ(フィデリオ)役のリーゼ・ダヴィドセン、フロレスタン役のクリスティアン・エルスナーなど の豪華なソリストが参加しております。巨匠ヤノフスキと演奏者全員の思いがひとつとなった当録音。演奏の素晴らしさはもちろんのこと、PENTATONEレーベル が誇る技術陣渾身の録音となりました。 (Ki)
Pentatone
PTC-5186275(1CD)
ハイドン:歌劇「無人島」Hob. XXVIII:9 アネット・フリッチュ(ソプラノ/コスタンツァ)
イム・スンヘ(ソプラノ/シルヴィア(コスタンツァの妹))
クリスティアン・アダム(テノール/ジェルナンド(コスタンツァの夫))
アンドレ・モルシュ(バス/エンリコ(ジェルナンドの仲間))
ベルリン古楽アカデミー、ベルンハルト・フォルク(音楽監督)

録音:2020年9月イエス・キリスト教会、ダーレム(ベルリン)
ハルモニアムンディとペンタトーンから積極的なリリースが続く名人集団ベルリン古楽アカデミー。当アルバムはハイドンのオペラ「無人島」です!
大西洋上のとある無人島を舞台に、愛と喪失と誤解を描いてハッピーエンドを迎えるアツィオーネ・テアトラーレ(小規模音楽劇)の「無人島」。この作品の特徴 はハイドンがレチタティーヴォを含む作品全体にオーケストラ伴奏を用い、色彩豊かでドラマチックな旋律を随所に配置したこと。非常に凝った器楽パートは奏者に 多くを要求されるため意図的にカットされて演奏されてきましたが、当録音ではトーマス・ブッセが校訂した最新版を用いてすべてのパートが復元されて演奏して おります!
当録音では豪華ソリスト陣にも注目。ソプラノのアネット・フリッチュとイム・スンヘ、テノールのクリスティアン・アダム、バスのアンドレ・モルシュという注目の ソリストが集まりました。ベルリン古楽アカデミーの精鋭による演奏とともに真の姿で聴く「無人島」をご堪能ください! (Ki)

Profil
PH-16076(4CD)
ビゼー:歌劇「カルメン」(ドイツ語版)

■ボーナス・ディスク
シリンダー録音:
(1) 第1幕〜ハバネラ
(2) 第1幕〜セギディーリャ
初期ラッパ吹込み:
(3) 第1幕〜ミカエラとドン・ホセの二重唱「母の便りは」(ドイツ語歌唱)
(4) 第2幕〜闘牛士の歌【
(5) 第2幕〜花の歌(ドイツ語歌唱)
(6) 第3幕への前奏曲
(7) 第3幕〜ミカエラのアリア「何を恐れることがございましょう」(ドイツ語歌唱)
電気録音:
(8) 第3幕フィナーレ
(9) 第3幕〜ミカエラのアリア「何を恐れることがございましょう」
テープ録音:
(10) 第1幕〜ミカエラとドン・ホセの二重唱「母の便りは」(ドイツ語歌唱)
(11) 第2幕〜花の歌(ドイツ語歌唱)
(12) 第3幕〜ミカエラのアリア「何を恐れることがございましょう」(ドイツ語歌唱)
■Disc1-3
カルメン:エリザベート・ヘンゲン(Ms)、ドン・ホセ:トルステン・ラルフ(T)、
エスカミーリョ:ヨーゼフ・ヘルマン(Br)、ミカエラ:エルフリーデ・ヴァイトリッヒ(S)、
レメンダード:ハインリヒ・テッスマー(T)、ダンカイロ:カール・ヴェッセリー(T)、ズニーガ:クルト・ベーメ(Bs)、
モラレス:ヤン・リッテル(Br)、フラスキータ:エルフリーデ・トレッチェル(S)、メルセデス:ヘレナ・ロット(A)ほか、
カール・ベーム(指)シュターツカペレ・ドレスデン
録音:Disc1-3:1942年12月4/5日ドレスデン

■ボーナス・ディスク
シリンダー録音:
(1)エーファ・フォン・デア・オステン(S)、スタジオ・オーケストラ(録音:1905年パラストホテル・ウェーバー(ドレスデン)
(2)エーファ・フォン・デア・オステン(S)、ブルーノ・ザイトラー=ヴィンクラー(指)スタジオ・オーケストラ(録音:1909年パラストホテル・ウェーバー(ドレスデン)
初期ラッパ吹込み:
(3)エーファ・フォン・デア・オステン(S)、リヒャルト・タウバー(T)、ブルーノ・ザイトラー=ヴィンクラー(指)スタジオ・オーケストラ(録音:1921年4月8日ベルリン)
(4)ローベルト・ブルク(Br)、スタジオ・オーケストラ(録音:1920年ベルリン)】
(5)リヒャルト・タウバー(T)、カール・ベスル(指)スタジオ・オーケストラ(録音:1923年3月9日ベルリン)
(6)フリッツ・ブッシュ(指)シュターツカペレ・ドレスデン(録音:1923年6月8-9日ドレスデン)
(7)エリザベト・レートベルク(S)、フリーダー・ヴァイスマン(指)ベルリン国立歌劇場のメンバー(録音:1921年5月21日ベルリン)
電気録音:
(8)ティーノ・パッティエーラ(T)、バルバラ・ケンプ(S)、フリーダー・ヴァイスマン(指)ベルリン国立歌劇場のメンバー(録音:1930年2月28日ベルリン)
(9)マリア・チェボターリ(S)、ゲルハルト・シュテーガー(指)ベルリン・ドイツ・オペラO(録音:1941年ベルリン)
テープ録音:
(10)エルフリーデ・トレッチェル(S)、ハインツ・ザウアーバウム(T)、ハンス・レーヴライン(指)シュターツカペレ・ドレスデン(録音:1949年5月27日ドレスデン)
(11)ハインツ・ザウアーバウム(T)、ハンス・レーヴライン(指)シュターツカペレ・ドレスデン(録音:1949年5
月27日ドレスデン)
(12)エルフリーデ・トレッチェル(S)、ハンス・レーヴライン(指)シュターツカペレ・ドレスデン(録音:1949年5月27日ドレスデン)
Profilレーベルのゼンパーオーパー・シリーズの第12弾はベームの「カルメン」全曲。この音源は過去にもPreiserレーベルなどからもリリースされ話題となっ たものですが、当Profil盤は本家本元シュターツカペレ・ドレスデン監修のオーセンティックなもののため、計り知れぬ価値があると申せましょう。
ザクセン時代、第2次世界大戦中1942年の放送用録音。当時のドイツの技術の粋を極めた録音の良さも驚愕。当時の慣習でドイツ語歌唱により、エリザベート・ ヘンゲンのカルメン、トルステン・ラルフのドン・ホセ、ヨーゼフ・ヘルマンのエスカミリオ、エルフレーデ・ヴァイトリヒのミカエラという、まるでワーグナーの楽劇 と見紛う豪華オールスターキャストです。
若きベームのパワーは物凄く、重量感とよどみない流れに満ちた素晴らしい音楽作りで最後まで釘付けになります。それが違和感どころか、ビゼーの音楽が ウェーバーやR・シュトラウスと通じる世界であることを気づかせてくれます。 このアルバムならではの特典が秘蔵カルメン録音集ボーナスディスク。古くは1905年のエーファ・フォン・デア・オステンのシリンダー録音やレートベルクとタ ウバーのラッパ吹込みから戦後1945年の磁気テープ録音までたっぷり1時間。オペラ・ファンや専門家必携のお宝と申せましょう。
それに加えて、同シリーズの魅力のひとつの豪華解説書もぬかりなく収められています。今回はなんとベーム演奏とボーナスディスクが別刷りとなっていて、独・ 英2か国語で前者が84ページ、後者が46ページ。貴重写真満載の愛蔵資料です。お買い逃がしなく!

BONGIOVANNI
GB-2587(2CD)
マスカーニ:歌劇『ロドレッタ』 ロドレッタ:ジョヴァンナ・デ・リーゾ
フランメン:オルフェオ・ザネッティ
ジャノット:ジュゼッペ・ア ルトマーレ
アントニオ:フランコ・ボスコロ
ほか
マッシモ・デ・ベルナルト(指)
オルケストラ・カメラータ・ストゥルメンターレ
コーロ・コーペラティヴァ・アルティスティ・アッソシアーティ

録音:1994年9月/リヴォルノ、グラン・グアルディア劇場(ライブ)
マスカーニの歌劇『ロドレッタ』は、「フランダースの犬」で有名なイギリス作家ウィーダの小説「2つの小さな木靴」を題材としてジョヴァッキーノ・フォルツァー ノが台本を書き、1917年4月30日にローマのコスタンツィ劇場で初演された全3幕からなるドラマ・リリコ。悲しい物語にマスカーニらしい美しく抒情的な音楽 がつけられた、隠れた名作です。 (Ki)
BONGIOVANNI
GB-2586(1CD)
中国発〜オペラ・アリア集
ヴェルディ:私の喜びを(第一回十字軍のロンバルディア人)
ドニゼッティ:人知れぬ涙(愛の妙薬)
ヴェルディ:燃える心を(椿姫)
ヴェルディ:女心の歌(リゴレット)
ヴェルディ:我は嘆く(レクイエム)
モーツァルト:なんと美しい絵姿(魔笛)
ビゼー:花の歌(カルメン)
プッチーニ:見たこともないすばらしい美人(マノン・レスコー)
プッチーニ:冷たき手を(ラ・ボエーム)
プッチーニ:妙なる調和(トスカ)
プッチーニ:さらば愛の家(蝶々夫人)
プッチーニ:泣くな、リューよ(トゥーランドット)
プッチーニ:誰も寝てはならぬ(トゥーランドット)
レハール:君は我が心のすべて(微笑みの国)
ワン・チュアンユエ(T)
ジャンルカ・マルティネンギ(指)
オルケストラ・クラシカ・イタリアーナ

録音:2019年3月22-25日/トレヴィーゾ
中国生まれで中央音楽院で学び、国内外のコンクールで華々しい成果を上げ、現在では中央音楽院で教授を務めサンフランシスコ・オペラの歌手としても活躍す る稀代のテノール、ワン・チュアンユエ(王?越)の初となるソロ・アルバム。有名なアリアの数々を堂々と歌い上げています。 (Ki)
BONGIOVANNI
HOC-089(2CD)
プッチーニ:歌 劇『トスカ』 メアリー・カーティス・ヴァーナ(トスカ)
ユッシ・ビョルリンク(カヴァラドッシ)
コーネル・マクニール(スカルピア男爵)
ノーマン・スコット(チェザーレ)
ローレンス・デイビッドソン(堂守)
パウル・フランケ(スポレッタ)
ディミトリ・ミトロプーロス(指)
メトロポリタン歌劇場O

録音:1959年11月/ニューヨーク(ライヴ)
何種類か録音が残っているミトロプーロスの『トスカ』。59年のものは以前MYTOからリリースされていたものの今や入手難の音源で、うれしい発売。ビョルリ ンクら名歌手の歌唱がすばらしい。余白にボーナスとしてビョルリンクとシミオナートが歌う『カヴァレリア・ルスティカーナ』の抜粋が収録されています。 (Ki)
BONGIOVANNI
GB-2585(1CD)
レオンカヴァッロ:歌劇『ジプシーたち』 デニア・マッツォーラ・ガヴァッツェーニ(フレアナ)
ジュゼッペ・ヴェネツィアーノ(ラドゥ)
ア ル マ ンド・リ カ イ(タマール )
ジョルジョ・ヴァレリオ(老人)
ダニエレ・アジマン(指)
イタリアPO
アブ・ハルモニアエcho

録音:2019年11月4日/ミラノ(ライヴ)
プーシキンの詩「ジプシー」から着想を得て台本が書かれた『ジプシーたち』(Zingari)。1912年にロンドンで初演され大きな成功を収めたにもかかわらず、 作曲者の死後すぐに劇場のレパートリーから外され、長いあいだ忘れ去られていたオペラです。この作品の魅力を知らしめるべく、美しく演奏された2019年の録 音。 (Ki)

BMOP SOUND
BMOP-1075(1SACD)
チャールズ・ウォリネン(1938-2020):歌劇「ハルーンとお話の海」
(原作:サルマン・ラシュディ)
ギル・ローズ(指)
ボストン・モダン・オーケストラ・プロジェクト&cho
ヘザー・バック (S)
ステファン・ブライアント(B、Br)
マシュー・ディバティスタ(T) ほか多数

録音:2019年
アメリカ東海岸の現代音楽シーンを代表する作曲家ウォリネンの大作歌劇。ウォリネン はエリオット・カーターと並ぶアメリカ無調音楽の代表的存在と目され、ピューリッツァー 賞ほか数々の賞を受賞しています。歌劇「ハルーンとお話の海」はインド系アメリカ人の作 家サルマン・ラシュディの子供のための幻想小説を原作としています。原作は児童文学と して書かれたが、このオペラは妥協のない厳しい無調様式で書かれており、原作にあ る、一種のディストピア(反ユートピア)性が強調されています。作品は 2004 年にニューヨー ク・シティ・オペラで初演され好評を博した。

Profil
PH-21002(17CD)
ムソルグスキー:歌劇全集
■Disc1-3 
ボリス・ゴドゥノフ
(1)(リムスキー=コルサコフ版+8場:イッポリトフ=イワーノフ版)
ボーナス
(2)6場のカット部分
(3)7場のカット部分

■Disc4-6
ボリス・ゴドゥノフ(ショスタコーヴィチ版)全曲

■Disc7-9
(1)ホヴァンシチナ(リムスキー=コルサコフ版)全曲
(2)ボーナス:マルファの予言の歌(第2幕)/マルファの恋の歌(第3幕)

■Disc10-11
ホヴァンシチナ(ショスタコーヴィチ版)全曲

■Disc12-13
結婚(イッポリトフ=イワーノフ版)全曲

■Disc14-15
(1)ソロチンツィの定期市(シェバリーン版)全曲
ボーナス:
(2)前奏曲(リャードフ版)
(3)グリツィコのドゥムカ(キュイ版)
(4)アファナシーとヒーブリャの二重唱(サフノフスキー版)
(5)禿山の一夜(リムスキー=コルサコフ版)
(6)パラーシャのドゥムカ(リャードフ版)
(7)ゴパーク(リャードフ版)

■Disc16
(1)サランボー(6つの断章)
(2)ヨシュア〜リビア人の戦いの歌(リムスキー=コルサコフ版)
(3)ヨシュア〜古典様式による間奏曲(リムスキー=コルサコフ版)
(4)ムラダ〜公と僧侶たちの行進(リムスキー=コルサコフ版)

■Disc17
シャリヤピン、ボリス・ゴドゥノフを歌う(リムスキー=コルサコフ版)
(1)戴冠式の場
(2)第2幕 ボリスのモノローグ「私は最高権力を握った」
(3)第2幕 時計の場「ああ苦しい」
(4)第4幕 ボリスの別れ「わが子よ、さらば」
(5)第4幕 ボリスの死「鐘だ、弔いの鐘だ」
(6)第1幕2場 ヴァルラムの歌「カザンの城で」
(7)第1幕1場 ピーメンのモノローグ「あとひとつ物語を」
(8)第4幕 ピーメンのアリア「ある晩のこと」
(9)第2幕 ボリスとフョードルの場〜モノローグ「私は最高権力を握った」〜時
計の場
(10)第4幕第2場 クレムリン宮殿の大広間の場(ピーメンの語りのみ欠)
■Disc1-3 
ボリス・ゴドゥノフ:マルク・レイゼン(Bs)、クセニヤ:エリザヴェタ・シュムスカヤ(S)、フョードル:ブロニスラヴァ・ズラトゴロワ(C.A)、乳母:エフゲニヤ・ヴェルビツカヤ(Ms)、グリゴーリー:ゲオルギー・ネレップ(T)、ピーメン:マクシム・ミハイロフ(Bs)、マリーナ:マリヤ・マクサコワ(S)ほか、ニコライ・ゴロワノフ(指)ボリショイ劇場O、同合唱団(1)
マリーナ:マリヤ・マクサコワ(S)、ランゴーニ:アレクセイ・イワーノフ(Br)、アレクサンドル・メリク=パシャーエフ(指)ボリショイ劇場O、同合唱団(2)
グリゴーリー:ディミタル・ウズノフ(T)、マリーナ:イヴリン・リアー(S)、ランゴーニ:アントン・ディアコフ(Bs)、アンドレ・クリュイタンス(指)ソフィア国立歌劇場O、同合唱団(3)
録音:1948-49年(モスクワ・セッション)(1)、1948年(ライヴ)、1962年(セッション)(2)、1962年(パリ・セッション)(3)
■Disc4-6
ボリス・ゴドゥノフ:ボリス・シトーコロフ(Bs)、クセニヤ:ヴァレリヤ・リュバーヴィナ(S)、フョードル:エラ・クラユーシキナ(A)、乳母:リュドミラ・グルディナ(Ms)、グリゴーリー:フセヴォロド・プチコフ(T)、ピーメン:ミハイル・チェルノジュコフ(Bs)、マリーナ:リムマ・バリノワ(S)ほか、セルゲイ・エリツィン(指)キーロフ劇場O、同合唱団
録音:1960年12月14日キーロフ(マリインスキー)劇場(ライヴ)
■Disc7-9
(1)ホヴァンシチナ(リムスキー=コルサコフ版)全曲
(2)ボーナス:マルファの予言の歌(第2幕)/マルファの恋の歌(第3幕)
イワン・ホヴァンスキー:アレクセイ・クリフチェーニャ(Bs)、アンドレイ・ホヴァンスキー:アレクセイ・ボリシャコフ(T)、ゴリーツィン公:ニカンデル・ハナーエフ(T)、シャクロヴィトィ:アレクセイ・イワーノフ(Br)、マルファ:マリヤ・マクサコワ(S)ほか、ワシーリー・ネボリシン(指)ボリショイ劇場O、同合唱団(1)
ザーラ・ドゥルハノワ(Ms)、アレクセイ・コヴァリョフ(指)モスクワRSO(2)
録音:1953年(モスクワ・セッション)(1)、1953年(2)
■Disc10-11
イワン・ホヴァンスキー:アレクセイ・クリフチェーニャ(Bs)、アンドレイ・ホヴァンスキー:アントン・グリゴリエフ(T)、ゴリーツィン公:ウラジーミル・ペトロフ(T)、シャクロヴィトィ:エフゲニー・キプカロ(Br)、マルファ:キラ・レオノワ(S)ほか、エフゲニー・スヴェトラーノフ(指)
ボリショイ劇場O、同合唱団
録音:1959/62年(モスクワ・セッション)
■Disc12-13
ポドコリョーシン:ダニイル・デミヤーノフ(Br)、ステパン:ゲオルギー・アブラモフ(Bs)、フョークラ:アンナ・マチューシナ(Ms)、コチャカリョフ:パヴェル・ポントリャーギン(T)、アガーフィヤ:アレクサンドラ・ヤコヴェンコ(S)ほか、アレクセイ・コヴァリョフ(指)モスクワRSO
録音:1952年(モスクワ・セッション)
■Disc14-15
チェレヴィク:ラトコ・コロシェツ(Bs)、ヒーヴリャ:ボグダナ・ストリタル(Ms)、パラーシャ:ヴィルマ・ブコヴェツ(S)ホカ、サモ・フバード(指)スロヴェニア国立リュブリャナ歌劇場O、同合唱団(1)
グラフィラ・ジュコフスカヤ(S)(6)、ニコライ・ゴロワノフ(指)モスクワRSO(2)(5)-(7)
ゲオルギー・ヴィノグラードフ(T)、サムイル・サモスード(指)ボリショイ劇場O(3)
ヴェラ・マカロワ(Ms)、セルゲイ・ストレリツォフ(T)、レフ・シテインベルク(指)ボリショイ劇場O(4)
録音:1955年(1)、1950年(2)(5)(7)、1948年(3)、1938年(4)、1940年(6)
■Disc16
サランボー:ナタリヤ・ロジェストヴェンスカヤ(S)、マトー:ウラジーミ
ル・サハロフ(Bs)、バレアレス島民:ボリス・クリストフ(Br)、アレクセイ・コロリョフ(指)、アレクサンドル・ラビンスキー(P)(1)
マリヤ・マクサコワ(Ms)、ニコライ・ゴロワノフ(指)モスクワRSO、同合唱団(2)
ボリス・ハイキン(指)モスクワRSO(3)
ワルター・ジュスキント(指)フィルハーモニアO(4)
録音:1957年(1)、1939年(2)、1955年(3)、1952年(4)
■Disc17
フョードル・シャリヤピン(Bs)
ユージン・グーセンス(指)O(1)(4)、マックス・スタインマン(指)ロンドンSO(2)(3)、ローレンス・コリングウッド(指)コリングウッドO(5)、ロザリオ・ブルドン(指)O(6)、ジョージ・ビング(指)O(7)、指揮及びO不明(8)、フョードル:マルガレータ・カロージオ(S)、シュイスキー:アンジェロ・バダ(T)、ヴィンチェンツォ・ベレッツァ(指)コヴェントガーデン歌劇場O(9)(10)

録音:1926年5月21日(4)27日(1)(ロンドン)、1931年6月6日(2)(3)、1926年6月13日(ロンドン、スモール・クィーンズ・ホール)(5)、1926年5月31日(6)、1922年10月23日(7)、1911年11月26日(8)、1928年7月6日(コヴェントカーデン・ライヴ)(9)(10)
ムソルグスキーは類のない天才ながら、完成された作品は歌曲やピアノ曲を除けば多くありません。ことにオペラは自身でオーケストレーションまで終えたのは 「ボリス・ゴドゥノフ」のみで、それも含め他人の手の入った版で演奏されることが主流となっています。
「ボリス・ゴドゥノフ」「ホヴァンシチナ」をはじめとするムソルグスキーの全オペラを17枚組でProfilレーベルが実現。これまでありそうでなかった好企画です。 大半がメロディア音源による1946-1963年のボリショイ劇場黄金期の名演によるのも大歓迎。
リムスキー=コルサコフ版「ボリス・ゴドゥノフ」は1948/9年のゴロワノフによるセッション録音。ボリス役はゴロワノフの指名で名バス歌手マルク・レイゼンが 務めていますが、一説にはユダヤ人レイゼンが皇帝ボリスを演じることにスターリンが不服で、ゴロワノフの罷免につながったとも言われます。また完全版ではなく、 6場は録音しなかったのと7場にもカットがあるため、ボーナストラックとしてメリク=パシャーエフとボリショイ劇場、クリュイタンスとソフィア国立歌劇場による音 源で補完しているのもありがたい限り。
ゴロワノフは「ボリス」以外にも、「ソロチンツィの定期市」から「前奏曲」「禿山の一夜」、「ゴパーク」、「ヨシュア」の「リビア人の戦いの歌」などで凄まじい怪 演を聴かせてくれます。
「ボリス・ゴドゥノフ」と「ホヴァンシチナ」はリムスキー=コルサコフ版とショスタコーヴィチ版がそれぞれ全曲収められていて、違いを堪能できます。ショスタコー ヴィチ版では「ボリス」がセルゲイ・エリツィン指揮キーロフ(マリインスキー)、「ホヴァンシチナ」がスヴェトラーノフとボリショイという豪華さ。さらに「結婚」「サ ランボー」など聴く機会の少ないものももれなく収録。サランボー役は大指揮者ゲンナジー・ロジェストヴェンスキーの実母ナタリヤ・ロジェストヴェンスカヤの伝 説的な歌唱を味わえます。
Disc17はボーナス巻で、不世出のボリス歌手シャリヤピンの至芸をまとめました。いずれもイギリスで行った録音や公演で、最後の1928年コヴェントガーデ ンの上演はシャリヤピンのみロシア語、カロージオとバダはイタリア語という不可思議なことになっているのも珍品。

ALBANY
TROY-1858(1CD)
スーザン・キャンダー:室内オペラ 「dwb(driving while black 黒人運転)」 ロバータ・ガンブル(S)
ニュー・モース・コード

録音:2020年8月21-22日
米国の作曲家、スーザン・キャンダーがソプラノのロバータ・ガンブルの台本に音楽を付けた 室内オペラ「dwb(黒人運転)」の録音。この、ソプラノ、チェロ、打楽器のみによる40 分ほどの小 オペラは 2020 年 3 月 19 日に初演が予定されていたが、新型ウイルス禍によって流れてしま い、代わりに8 月21-22 日にまず音楽を録音、9 月3-5 日に映像を収録して、10 月23 日に映 像として初演された。初演は好評で追加公演が行われたほど。dwb はdriving while black の略 で、黒人が運転しているというだけで自動車が不当に取り締まりを受けることを意味しています。 台本の設定に、時は今、場所はここ、と指定されているように、まさに現代米国の問題を取り上 げています。 台本作家でもあるロバータ・ガンブルは米国のベテランのソプラノ。ミズーリ州カンザス・シティを 拠点としており、幅広く活躍しています。 ブックレットに英文台本が掲載されています。

Danacord
DACOCD-886
(2CDR)
ラウニ・グランデールの遺産 第6集
クーラウ:歌劇「ルル」 Op.65
[Disc 1]
序曲、第1幕、第2幕(前奏曲−四重唱)
[Disc 2]
第2幕(二重唱−終曲)、第3幕

[Bonus tracks]
(1)ヘンデル:歌劇「ジュリオ・チェザーレ」−「Priva son d’ogni conforto」
(2)グルック:歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」−「J’ai perdu mon Eurydice」
(3)ペーター・アーノル・ハイセ(1830−1879):歌劇「王と代官(Drot og Marsk)」− 王と炭焼き娘オーセの二重唱
(4)ハイセ:歌劇「王と代官(Drot og Marsk)」− レディ・インゲボーと代官の二重唱
デンマーク放送cho・SO、
ラウニ・グランデール(指)

[Disc 1][Disc 2]
ウーノ・エブレリウス(テノール、ルル王子)
キアステン・ヘアマンセン(ソプラノ、妖精ペリフェリーメの娘シディ)
エレン・マーグレーテ・エズラス(ソプラノ、羊飼いの娘ヴェラ)
モーウンス・ヴェーゼル(バス、魔法使いディルフェング)
ニルス・ムラー(テノール、小人バルカ)
ヴォルマー・ホルブル(テノール、羊飼い)
ヴァルボー・ガーオ(メゾソプラノ、第1の魔女)
ダウマー・スコウ(メゾソプラノ、第2の魔女)
エアンスト・ヒュー=クヌセン(ソロ・フルート)
[録音:1956年5月15日 デンマーク放送第1スタジオ(コペンハーゲン)]

[Bonus tracks]
(1)エルセ・ブレムス(Ms)[録音:1948年2月19日]
(2)エルセ・ブレムス(Ms)[録音:1948年9月6日]
(3)テューイェ・テューイェセン(T) 、マーゲリータ・フロー(S)[録音:1945年6月16日]
(4)テナ・クラフト(S)、ホルガー・ビューリング(Bs)[録音:1933年6月2日]
20世紀デンマークを代表する指揮者のひとり、ラウニ・グランデール(1886−1960)の「遺産」シリーズの第6作。クーラウの「ルル」は、「3幕のロマンティックなジングシュピール」として書かれた作品です。ドイツで出版された妖精と幽霊の物語のコレクションに収められた『ルル、または、魔法の笛(Lulu, oder Die Zauber-flote)』に基づきC.C.F. ギュンテルベアが執筆したデンマーク語台本に作曲され、1824年10月29日に初演されました。この録音は、グランデールがデンマークRSOを指揮してデンマーク放送のスタジオからライヴ放送した一連のデンマーク・オペラのひとつ。彼が引退する少し前、1956年5月15日の演奏です。演出を担当したトーベン・クローウによる「短縮版」で演奏され、3時間を超す作品から第2幕の「第10番」「第11番」と第3幕の「第15番」「第16番」などセリフを含むナンバーがカットされ、物語の進行を説明するナレーションが加えられました。このアルバムには、ナレーションを省略、デンマーク放送所蔵のオリジナル・テープをデジタルリマスターした音源が収録されています。初めてリリースされる録音です。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

MUSICA VIVA
MV-119(1CD)
メランコリア〜ヘンデルのバス・アリア集
「エツィオ」HWV.29より Gia Risanar D'intorno, 序曲, Nasce Al Bosco in Rozza Cuna/「アリオダンテ」HWV.33より Invida Sorte Avara, Voli Colla Sua Tromba/「リッカルド」HWV.23より 序曲、Nel Mondo e Nell'abisso/「アチス、ガラテアとポリフェーモ」HWV.72より Fra L'ombre e Gl'orrori/合奏協奏曲 Op.6-1/「オルランド」HWV.31より Lascia Amor e Siegu Marte, 序曲, O voi Del Mio Poter Minister Eletti, Sorge Infausta Una Procella
アンドレア・マストローニ(Bs)、
アッカデーミア・デランヌンチアータ、
リッカルド・ドーニ(チェンバロ&指揮)

録音:2017年6月28日−30日&9月23日−25日、アッビアーテグラッソ(ミラノ、イタリア)
ヘンデルの珍しいアリアを歌うバスのアンドレア・マストローニは、ロッシーニやモーツァルトはもちろん、今回録音を行ったヘンデルやヴィヴァルディなどバロック時代の音楽も得意とするイタリアの音楽家。
当初はクラリネットを学んでいたものの声楽に転向。レッラ・クベルリやリタ・アントニアッツィ、フェルナンド コルデイロ オーパに声楽を師事し、クレモナのクラウディオ・モンテヴェルディ音楽院を優秀な成績で卒業しています。
METやスカラ座、フェニーチェ歌劇場、パリ・オペラ座、バイエルン国立歌劇場など、超一流のオペラハウスですでに華々しい活躍を繰り広げています。

Relief
CR-1928(1CD)
ドニゼッティ:歌劇『リタ』(ドイツ語版) インゲボルク・ハルシュタイン(ソプラノ;リタ)
エルヴィン・ヴォールファールト(テノール;ベッペ)
カ ー ル・クリスティアン・コーン(バリトン;ガスパロ )
ヨーゼフ・シュトローブル(指)
バイエルンRSO

録音:1960年12月7・8日ヘラクレスザール(バイエルン放送、モノラル)
1960年のバイエルン放送録音、ドニゼッティの楽しい一幕物オペラ『リタ』が初めてCD化されます。モノラルながら丁寧なリマスターがなされ十分に満足 できる音質。インゲボルク・ハルシュタイン、エルヴィン・ヴォールファールト、カール・クリスティアン・コーンという豪華なキャストによる初演後100周年の年 の録音。とにかく全開・迫真の歌いっぷりが素晴らしく、コミカルな音楽も相まって凄すぎて思わず笑ってしまうほどの面白さです。
一幕のオペラ・コミック『リタ、または引っぱたかれた夫、または二人の男と一人の女』(1841)はドニゼッティの遺作で、初演は作曲家の死後12年たって 1860年にようやくなされました。物語は3人の登場人物のみで描かれ、それぞれの歌手に均等に見せ場があるようにアリア、二重唱、三重唱が巧みに配置され ています。軽い内容の喜劇ですが音楽の書法は天下一品、ドニゼッティのおいしいところが存分に凝縮されています。オリジナルはフランス語で書かれ、イタリ ア語版も良く上演される人気作。このCDでは指揮者のヨーゼフ・シュトローブルがテキストを起こしたドイツ語版が採用されています。 (Ki)

Opus Arte
OA-1331D(DVD)
NX-C10

OABD-7286D
(Bluray)
NX-D09
モーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」 フェルランド…パーヴォル・ブレスリク(T)
グリエルモ…ステファヌ・ドゥグー(Br)
フィオルディリージ…マリア・ベングトソン(S)
ドラベッラ…ジュルジータ・アダモナイト(Ms)
ドン・アルフォンソ…トーマス・アレン(Bs)
デスピーナ…レベッカ・エヴァンス(S)
コヴェントガーデン王立歌劇場管O&cho
トーマス・ヘンゲルブロック(指)
演出:ジョナサン・ミラー

収録 2010年9月7,9,10日 コヴェントガーデン王立歌劇場(ロンドン)
収録時間:179分
音声:イタリア語
Dolbyステレオ2.0/Dolby Surround 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)

字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD,Blu-ray
DVD…DVD 片面二層ディスク
Blu-ray・・・BD 片面単層ディスク 1080i High Definition
特典映像…キャスト・ギャラリー
2019年11月に逝去した名匠ジョナサン・ミラー(1934-2019)による演出は、舞台を現代に置き換え、2組の恋人たちフィオルディリージ、ドラベッラ の姉妹とその恋人たちフェルランドとグリエルモに舞台演技にも優れた若手歌手4人を起用、加えて老練闊達なトーマス・アレンのドン・アルフォンソ、レ ベッカ・エヴァンスのおきゃんなデスピーナがスパイスを利かせた、英国ならではの演劇的なトーンに富んだもの。アーノンクールの手兵ウィーン・コンツェン トゥス・ムジクスのヴァイオリン奏者として活躍し、その後、フライブルク・バロックOの設立に加わり、指揮を担当、声価を高めてきたトーマス・ヘ ンゲルブロックが、コヴェントガーデンのオーケストラでも金管、ティンパニにオリジナル楽器を配し、モーツァルトの傑作オペラに生気に満ちた新風を吹き 込んでいます。

B RECORDS
LBM-033(2CD)
NX-D07
マルセル・ラット(1886-1943):喜歌劇「パリの悪魔」 マリオン・タッソー(S)
サラ・ローラン(A)
ジュリー・ムセー(S)
マテュー・デュブロカ(Br)
ポール=アレクサンドル・デュボワ(Br)
デニス・ミニャン(演者)
セリーヌ・グロサール(演者)
パリジャン・フリヴァラティ・オペラ・カンパニー
ディラン・コルレイ(指)

録音:2020年12月19日アテネ座(フランス)
マルセル・ラットは1930年代、フランス映画音楽の分野で活躍した作曲家。しかし、ユダヤ系だったためナチ ス・ドイツがフランスに侵攻した1940年に捉えられ、アウシュヴィッツ強制収容所に収容、1943年にここで生 涯を終えました。この「パリの悪魔」は1927年に初演された喜歌劇で、当時流行し始めたジャズの要素を取 り入れ、人間の邪悪さを皮肉たっぷりに描いたラットの代表作の一つ。楽しさの中にちょっぴり悲哀を込めたナ ンバーが並ぶ賑やかな作品です。 演奏は2012年に設立された「パリジャン・フリヴァラティ・オペラ・カンパニー」。歌、演劇、ダンスを組み合わせ た19世紀から20世紀のフランス喜歌劇をレパートリーとする室内オーケストラ。毎シーズンの上演のために歌 手、指揮者、監督、音楽学者を招き、作品を創り上げています。

Dynamic-DVD
DYNDVD-37898
(2DVD)
NX-D05

DYNBRD-57898
(Bluray)
NX-D05
ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」 ジークムント…マルティン・イリエフ(T)
ジークリンデ…ツヴェタナ・バンダロフスカ(S)
フンディング…アンゲル・フリストフ(Bs)
ヴォータン…ニコライ・ペトロフ(Br)
フリッカ…ルミャーナ・ペトロヴァ(Ms)
ブリュンヒルデ…マリアナ・ツヴェトコヴァ(S)
ヘルムヴィーゲ…ミレーナ・ギュローヴァ(S)
オルトリンデ…イリーナ・ジェコヴァ(S)
ゲルヒルデ…リュボフ・メトディエヴァ(S)
ヴァルトラウテ…ドミトリンカ・ライチェヴァ(Ms)
ジークルーネ…マリエラ・アレクサンドロヴァ(Ms)
ロスヴァイセ…ツヴェタ・サラムベリエヴァ(A)
グリムゲルデ…マルガリータ・ダミヤノヴァ(A)
シュヴェルトライテ…ブラゴヴェスタ・メッキ=ツヴェトコヴァ(A)
ソフィア国立歌劇場O&バレエ団
指揮:パヴェル・バレフ
演出:プラメン・カルタロフ

収録:2011年4月14日ソフィア国立歌劇場(ブガリア)
収録時間:243分
音声:ドイツ語歌唱
PCMステレオ2.0/DTS5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)

字幕:日本語・英語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD
DVD…DVD 片面二層ディスク×1、片面単層ディスク×1
Blu-ray・・・BD 片面二層ディスク 1080i High Definition
前作、楽劇「ラインの黄金」で、その実力を印象づけたブルガリアのソフィア歌劇場によるリング・ツィクルス第2弾。 リング4部作の中でも高い人気を誇る楽劇「ワルキューレ」は、第1幕のジークムントとジークリンデの二重唱、第2幕の「ワルキューレの騎行」、そして終 幕の「ヴォータンの告別と魔の炎の音楽」など聴き所が満載です。 この「ワルキューレ」では、「ラインの黄金」から更にポップさを増した演出に驚かされます。舞台上のオブジェとしての大きな環と円錐は本作でも継承さ れ、ワルキューレたちの乗るロケットの弾頭のような円錐、ブリュンヒルデが眠る岩山を囲む炎の環、と様々なシーンで使われます。今作も、特撮怪獣 映画のキャラクターのような装束をまとったブルガリアの実力派の歌手たちが集結。なかでもジークムントを歌うマルティン・イリエフは2015年のソフィア 国立歌劇場の来日公演の際、「トゥーランドット」のカラフを歌い人気を集めた実力派テノール。第1幕での凜然たるジークムントの演技歌唱が光りま す。パヴェル・バレフのタクトに導かれたワーグナーの音楽は、前作に更に拍車の掛かったドラマティックなもの。ソフィア・リングの第3弾、第4弾を大いに 期待させる「ワルキューレ」です。

仏Bel Air
BAC-186(2DVD)
NX-D03

BAC-486(Bluray)
NX-D03
リムスキー=コルサコフ:歌劇「雪娘」 雪娘…アイーダ・ガリフッリーナ(S)
レーリ…ユーリ・ミネンコ(C.T)
クパヴァ…マルティナ・セラフィン(S)
ベレンディ皇帝…マキシム・パスター(T)
ミズギール…トーマス・ヨハネス・マイヤー(Br)
春の精(雪娘の母)…エレナ・マニスティナ(Ms)
冬の王(雪娘の父)…ウラディーミル・オグノヴェンコ(Bs) 他
パリ・オペラ座O&cho
ミハイル・タタルニコフ(指)
演出&装置:ドミトリー・チェルニャコフ

収録時間:194分
音声:ロシア語
PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray) 
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD,Blu-ray
DVD…DVD 片面二層ディスク×2
Blu-ray・・・BD 片面単層ディスク 1080i High Definition
ライトモティーフを用い、人間と霊的な存在を巧みに描き分けるとともに、色彩豊かなオーケストレーションでロシア の自然と民衆風俗を描いた「雪娘」は、リムスキー=コルサコフの歌劇の中でも最高傑作のひとつと目されていま す。本収録のパリ・オペラ座の上演では、世界中から引く手あまたの鬼才ドミトリー・チェルニャコフが、ロシア民話 に題材をとった『雪娘』の舞台となるベレンディ国を、スラヴの原始的共同体を現代に再現しようとするカルト集団 に置き換えるという大胆な読み替えを行っています。雪娘を可憐に演じ歌うアイーダ・ガリフッリーナはロシア生まれ の若き実力派ソプラノ。屈指の名カウンターテナー、ユーリ・ミネンコが神秘的な羊飼いレーリを見事に演じていま す。指揮はリムスキー=コルサコフの芳醇な音楽をパリ・オペラ座のオーケストラから見事に抽き出すミハイル・タタ ルニコフ。2012年からミハイロフスキー劇場O音楽監督・首席指揮者を務めるかたわらスカラ座、バイエ ルン国立歌劇場、パリ・オペラ座など欧州の名だたる歌劇場に客演を行っています。

C Major
80-4380(DVD)

80-4404(Bluray)
R・シュトラウス::歌劇「エレクトラ」 ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー(メゾソプラノ/クリテムネストラ)
アウシュリネ・ストゥンディーテ(ソプラノ/エレクトラ)
アスミク・グリゴリアン(ソプラノ/クリソテミス)
ミヒャエル・ローレンツ(テノール・エギスト)
デレク・ウェルトン(バス・バリトン/オレスト)
ティルマン・レンネベック(バス/オレストの養育者)
ヴェリティ・ウィンゲイト(ソプラノ/クリテムネストラの裾持ちの女)
ヴァレリヤ・サヴィンスカヤ(ソプラノ/クリテムネストラの侍女)
マトイス・シュミットレヒナー(テノール/若い従僕)
イェンス・ラーセン(バス/年老いた従僕)
ソーニャ・シャリッチ(ソプラノ/監視の女)
ボニータ・ハイマン(メゾコントラルト/5人の召使)
ケイティ・コヴェントリー
デニズ・ウズン(メゾソプラノ/5人の召使)
シネイド・キャンベル=ウォレス(ソプラノ/5人の召使)
ナタリア・タナジー(ソプラノ/5人の召使)
フランツ・ウェルザー=メスト(指)
ウィーンPO
ウィーン国立歌劇場cho(合唱指揮:エルンスト・ラッフェルスベルガー)
演出:クリストフ・ワリコフスキ
日本語字幕:広瀬大介
収録:2020年8月、フェルゼンライトシューレ,ザルツブルク(ライヴ)

◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCM Stereo,DTS 5.1
リージョン:All
DVD9
原語:ドイツ語
字幕:英仏伊韓,日本語、120 分

◆Bluray
画面:16:9、1080i (4K収録)
音声:PCM Stereo,
DTS-HD MA 5.1
リージョン:All
BD 50
原語:ドイツ語
字幕:英仏伊韓日本語、120 分
2020年に創立100周年を迎えたザルツブルク音楽祭。世界的パンデミックで開催が危ぶまれていましたが、会期を短縮し、プログラムを変更し開催されまし た。この記念すべき年に上演演目に選ばれたのは、音楽祭の創設者として名を連ねるR・シュトラウス&ホーフマンスタールのコンビの、最初の作品である 「エレクトラ」です。前作「サロメ」以上のインパクトを求め、R・シュトラウスがオペラ史上最大規模のオーケストラを駆使し圧倒的迫力をもつ大作。
エレクトラには、リトアニア出身の世界的ソプラノ歌手 アウシュリネ・ストゥンディーテ。音楽祭のオープニングを飾るオペラのタイトルロールにふさわしい、存在 感のある歌唱は圧巻。そして妹のクリステミスを演じるのは、2018年の音楽祭で「サロメ」を歌い世界的に大きな話題となった同じくリトアニア出身のアスミク・ グリゴリアン。本上演でも再びその才能を開花させています。 演出のクリストフ・ワリコフスキは、母親殺し、執着、復習、衰弱、壊れた家族の深い心理状態をリアルに描いています。 そして、ウェルザー=メスト、ウィーン・フィルの精緻かつ感情あふれる演奏は、この時世に大規模プログラムを選び、強いメッセージとして演奏して、聴衆に伝えよう という気概が感じられます。

Pentatone
PTC-5186883
(1SACD)
ガーシュウィン:オペラ『ポーギーとベス』(ハイライト) ベス、クララ、セリーナ、合唱ソロ:エンジェル・ブルー(S)
ポーギー:レスター・リンチ(Br)
スポーティング・ライフ:チャンシー・パッカー(T)
クラウン、ジェイク:ケヴィン・ショート(バス―バリトン)
マリア、合唱ソロ:アレクサンドリア・クリッチロウ(S)
ミンゴ、合唱ソロ:ダリン・スコット(T)
モーガン州立大学cho、
フィラデルフィアO、
マリン・オールソップ(指)

ライヴ録音:2020年3月/キンメル舞台芸術センター内ベライゾンホール(フィラデルフィア)
マリン・オールソップ率いるフィラデルフィアOがガーシュウィンの『ポーギーとベス』のハイライトを豪華キャストとともにライヴ 収録しました!
ガーシュウィン晩年の1935年に作曲された全3幕9場からなるこのオペラは、様式的にはミュージカルの先駆的な存在であり、ジャズ、ブルースをクラシック に取り入れた最も重要な作品といえます。その内容は、1920年代初頭アメリカ南部の町に住む貧しいアフリカ系アメリカ人の生活を描いており、土着の音楽であ るジャズや黒人音楽を用いて作られており、そのメロディアスな歌唱が楽しめるのが最大の魅力。このハイライトでは「サマータイム」「うちの人は逝ってしまった」 「くたびれもうけ」「ベス、お前は俺のもの」「そんなことはどうでもいいさ」「アイ・ラブ・ユー、ポーギー」「おお主よ、出発します」といった『ポーギーとベス』 の主要曲を含む22曲を収録しており、レスター・リンチがポーギー役をエンジェル・ブルーがベス役を担当するなど、豪華な顔ぶれにも注目です。2020年3月、 新型コロナウィルスのパンデミック直前に収録された貴重なライヴ録音となりました。 (Ki)

ACCENTUS Music
ACC-10510BD
(Bluray)

ACC-20510DVD
(DVD)
ヴェルディ:歌劇「シモン・ボッカネグラ」 クリスティアン・ゲルハーヘル(シモン・ボッカネグラ/バリトン)
ジェニファー・ラウリー(アメーリア/ソプラノ)
クリフトフ・フィシェサー(フィエスコ/バス)
オタール・ジョージキヤ(ガブリエーレ/テノール)
ニコラス・ブラウンリー(パオロ/バリトン)
レント・マイケル・スミス(ピエトロ/バス)
シエナ・リヒト・ミラー(アメリアの小間使い)
サヴェリー・アンドレーエフ(射手隊長)

ファビオ・ルイージ(指)
演出:アンドレアス・ホモキ
フィルハーモニア・チューリッヒ
チューリッヒ歌劇場cho

収録:2020年12月、チューリヒ歌劇場(ライヴ)
◆Bluray
画面:16:9,Full HD
音声:PCMステレオ、DTS HD MA
リージョン:All BD25
字幕:独英仏伊,日本語,韓
142'13
◆DVD
画面:16:9,NTSC
音声:PCMステレオ、DTS5.1、
DD5.1
リージョン:All DVD9
字幕:独英仏伊,日本語,韓
142'13
2020年12月にファビオ・ルイージ(指)アンドレアス・ホモキ新演出のヴェルディの歌劇「シモン・ボッカネグラ」がチューリヒ歌劇場で上演されました。 コロナ禍でのオペラ上演とあって、50人の聴衆、オーケストラは1Km離れたクロイツプラッツのリハーサル・ルームからのリモート上演となりましたが、映像から はそのような障壁は感じさせない生々しい見事な演奏です。 「シモン・ボッカネグラ」は、ヴェルディが43歳のときに書いた20番目のオペラ。14世紀のジェノヴァに実在したシモン・ボッカネグラを主人公とし、政治的な 背景や人間関係が複雑に入り組んだ人間ドラマ。さらには、男声低音3人とテノールとソプラノの5人の実力者の歌手を揃えなければならないことから、難易度の 高い作品と知られます。今回は、現代屈指のリート歌手クリスティアン・ゲルハーヘルの当演目での初タイトルロールにも注目です。ルイージは、2022年9月より NHKSO首席指揮者に就任することが決まっており、現代を代表する指揮者のオペラ観、音楽観を知る上でも注目の上演です。 (Ki)

OEHMS
OC-1902(5CD)
NX-C09
レハール:オペレッタ・エディション


【CD1】
喜歌劇「微笑みの国」ハイライト

【CD2】
喜歌劇「ジュディッタ」ハイライト

【CD3】
喜歌劇「メリー・ウィドウ」ハイライト

【CD4】
喜歌劇「ルクセンブルク伯爵」ハイライト

【CD5】
喜歌劇「ロシアの皇太子」ハイライト*
【CD1】
リヒテンフェルス伯爵…ハラルド・セラフィン(Br)
リーザ…エリザベート・フレッヒル(S)
グスタフ・フォン・ポッテンシュタイン伯爵…ディートマール・ケルシュバウム(T)
スー・チョン…チェ・サンホ(T)
ミー…三谷結子(S)
チャン…田辺とおる(Br)
宦官長…ギデオン・シンガー(台詞)
【CD2】
ジュディッタ…ナタリア・ウシャコヴァ(S)
オクターヴィオ…メールザード・モンタゼーリ(T)
ピエリーノ…マルクス・ハインリヒ(T)
アニータ…ユリア・バウアー(S)
【CD3】
ミルコ・ツェータ男爵…アルフレート・スラメーク(Bs)
ハンナ・グラヴァリ…マルガリータ・デ・アレリャーノ(S)
ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵…マティアス・ハウスマン(Br)
ヴァランシエンヌ…ビルギット・シュタインベルガー(S)
カミーユ・ド・ロジョン…マルワン・シャミーヤ(T) 他
【CD4】
ルネ・ルクセンブルク伯爵…ミヒャエル・ズットナー(T)
バジル・バジロヴィッチ侯爵…アルフレート・スラメーク(Bs)
シュターザ・ココゾフ伯爵夫人…マリカ・リヒター(S)
アルマン・ブリサール…マルコ・カトール(T)
アンジェール・ディディエ…ルート・オールマン(S)
ジュリエット・ヴェルモン…アナ=マリア・ラビン(S) 他
【CD5】*
ロシアの皇太子アリョーシャ…ティベリウス・シム(T)
ソーニャ…アレクサンドラ・ラインプレヒト(S)
大公…ハラルド・セラフィン(Br)
イヴァン…マルコ・カトール(T)
マーシャ…ジークリンデ・フェルドホーファー(S)
バルドロ…チロ・デ・ルカ(T) 他

メルビッシュ祝祭O&cho
ルドルフ・ビーブル(指)
ヴォルフディーター・マウラー(指)*

録音:2002年3月2-4日 Kulturzentrum Eisenstadt(オーストリア)…CD1
2003年2月2-5日ORF ウィーン放送(オーストリア)…CD2
2005年2月12-14日 Kulturzentrum Eisenstadt(オーストリア)…CD3
2006年3月19-21日 Kulturzentrum Eisenstadt(オーストリア)…CD4
2010年6月26-27日 Seefestspiele Morbisch, Stage(オーストリア)…CD5
オーストリアのメルビッシュ・アム・ゼーで毎年夏に開催される「メルビッシュ湖上音楽祭」。その名の通り、ノイジードル湖上に設えられた舞台でウィーンの オペレッタをはじめ、オッフェンバック作品や、ドイツ語訳のブロードウェイ・ミュージカルなどが上演される"夏の風物詩"です。日本からも多くの見物客が 押しかけることで知られ、1957年に第1回音楽祭が開催され、以降ほぼ毎年熱い舞台が繰り広げられています(2020年はコロナ禍のための残念な がら中止)。1993年にバリトン歌手ハラルド・セラフィン(このセットでも出演あり)が総監督に就任し、指揮者、音楽監督をオペレッタの巨匠ルドルフ・ ビーブルが担うことで高水準の上演を維持していましたが、ビーブルは2008年に退任、セラフィンも2012年で勇退。その後は一時期、ドイツ人ソプラ ノ歌手ダグマール・シェレンベルガーが総監督を務め、2018年からは名歌手オットー・エーデルマンの息子ペーター・エーデルマンが総監督に就任。音 楽祭は国際的な知名度を獲得しています。 それぞれのアルバム、実は上演時のライヴではなく音楽祭のお土産用に毎年事前に製作されているもの。基本的に本番の出演者を揃え、作品の聴 きどころのみを1枚のアルバムに収めるという画期的なシステムで、音楽祭を楽しんだ聴衆はこれをお土産にし、舞台の感動を思い起こすことができると いうわけです。これまでの上演曲目からレハールの良いとこどりをしたこのBOXは、歴史ある音楽祭の雰囲気を存分に味わえる最強アイテムです。

仏Bel Air
BAC-623(3DVD)
NX-D07

BAC-624(3Bluray)
NX-D07

共に限定生産
アレーナ・ディ・ヴェローナBOX Vol.2

(1)ビゼー:歌劇「カルメン」

(2)ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」

(3)ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」
(1)カルメン…エカテリーナ・セメンチュク(Ms)
ドン・ホセ…カルロ・ヴェントレ(T)
エスカミーリョ…カルロス・アルバレス(Br)
ミカエラ…イリーナ・ルング(S)他
アレーナ・ディ・ヴェローナO&cho
ヘンリク・ナナシ(指)
収録:2014年6月
159分
字幕:イタリア語・英語、仏語・ドイツ語

(2)ナブッコ…ゲオルグ・ガグニーゼ(Br)
イズマエーレ…ルーベンス・ペリッツァーリ(T)
ザッカリア…ラファウ・シヴェク(Bs)
アビガイッレ…スザンナ・ブランキーニ(S)ほか
アレーナ・ディ・ヴェローナO&cho
ダニエル・オーレン(指)
収録:2017年8月
137分
字幕:日本語・イタリア語・英語、仏語・ドイツ語・スペイン語・韓国語

(3)アルマヴィーヴァ伯爵…ドミトリー・コルチャック(T)
バルトロ…カルロ・レポーレ(Bs)
ロジーナ…ニーノ・マチャイゼ(S)
フィガロ…レオ・ヌッチ(Br)ほか
アレーナ・ディ・ヴェローナO&cho&バレエ団
ダニエル・オーレン(指)
収録:2018年8月アレーナ・ディ・ヴェローナ(ライヴ)
162分
字幕:日本語・イタリア語・英語、仏語・ドイツ語・スペイン語・韓国語

映像:16/9 NTSC All Region 片面2層(DVD、Blu-ray)
Full HD(Blu-ray)
音声:PCM 2.0 & Digital Surround 5.1(DVD)
PCM 2.0 & DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
ヴェローナの街の中心にある円形劇場「アレーナ」(世界遺産)で、毎年夏に開催される「アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭」は、イタリアの夏の風物詩とし て大いに人気を集めています。このBOXには、巨匠ゼッフィレッリの目にも鮮やかな「カルメン」、アルノー・ベルナールのスカラ座のレプリカがヴェローナの舞台に 載るという驚きの「ナブッコ」、ウーゴ・デ・アナによる巨大な迷路庭園がユニークな「セビリアの理髪師」、とアレーナの巨大な舞台を存分に生かした演出が見 ものの3演目を収録。存在感溢れるカルメンを歌うエカテリーナ・セメンチュク、舞台を圧するスザンナ・ブランキーニ(アビガイッレ)、芸達者なレオ・ヌッチ (フィガロ)ら数多くの名歌手が活躍し、いずれも聴衆の熱狂ぶりがダイレクトに伝わって来る祝祭的な舞台を創り上げています。

ORFEO
C-210201(1CD)
NX-B08
ドニゼッティ&ヴェルディ:アリア集
ドニゼッティ:歌劇「シャモニーのリンダ」 - 第1幕「O luce di quest’anima ああ、この心の光よ」
歌劇「連帯の娘」 - 第2幕「C’en est donc fait... Salut a la France 望みはないわ…フランスに敬礼」
歌劇「愛の妙薬」 - 第2幕「Prendi, per me sei libero 受け取って、あなたは自由になるの」
歌劇「リヴァプールのエミリア」 - 第2幕「Confusa e l’alma mia 私の魂は取り乱れ」
歌劇「ドン・パスクワーレ」 - 第1幕「Quel guardo il cavaliere あの騎士のまなざしを」
歌劇「イギリスのロスモンダ」 - 第1幕「Ancor non giunse... Perche non ho del vento まだ来なかった…風が運んでくれるので」
歌劇「ランメルモールのルチア」 - 第3幕 狂乱の場「Il dolce suono mi colpi di sua voce!” あの方の優しい声が」
ヴェルディ:歌劇「リゴレット」 - 第1幕「Gualtier Malde!... Caro nome グヮルティエル・マルデ…慕わしい人の名は」
歌劇「群盗」 - 第2幕「Tu del mio Carlo al seno あなたはわたしのカルロの胸に」
ヒラ・ファヒマ(S)
ウィーンRSO
ミケーレ・ガンバ(指)

録音:2020年8月3-7日ウィーン放送、Kulturhaus(オーストリア)
イスラエル生まれのソプラノ歌手、ヒラ・ファヒマのデビュー・アルバム。 エルサレムの音楽舞踊アカデミーでアグネス・マッシーニに師事、在学中からオペラやオペレッタに出演し ていたという彼女、なかでも「こうもり」のアデーレや「フィガロの結婚」のスザンナでは高い評価を受けまし た。ベルリン・ドイツ・オペラと契約。モーツァルト、ヴェルディ、R・シュトラウス、プロコフィエフ、ロッ シーニを歌い好評を博しました。その後、2013/14のシーズンからウィーン国立歌劇場アンサンブル・メ ンバーとなり更なる研鑽を積んでおり、2018から19年にかけて同歌劇場で「魔笛」の夜の女王、「ナ クソス島のアリアドネ」のツェルビネッタ、「ファルスタッフ」のナンネッタ、「ラ・ボエーム」のムゼッタを歌い、 着々と力を伸ばしています。CD化された2016年のヴェルディの「仮面舞踏会」(C210062)では歌い 存在感を放つオスカルを聴くことができます。 このアルバムでは持前の美しい声でドニゼッティとヴェルディのアリアを熱唱。ドニゼッティの「ランメルモー ルのルチア」の狂乱の場のアリアや、ヴェルディの「リゴレット」のアリアでは玉をころがすようなコロラトゥーラ を存分に披露しています。また、ドニゼッティでは、あまり耳にすることのない曲も選曲されており、彼女 の初々しくも強靭な声による表現をじっくり味わうことができます。

APARTE
AP-221(1CD)
アッソルータ〜イタリア・オペラ・アリア集
チレア:「アドリアーナ・ルクヴルール」〜私は芸術の神のしもべ
プッチーニ:「トスカ」〜歌に生き、恋に生き
マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」〜ママも知るとおり
ジョルダーノ:「アンドレア・シェニエ」〜亡くなった母を
プッチーニ:「マノン・レスコー」〜ひとり寂しく
ポンキエッリ:「ジョコンダ」〜私は死のう
プッチーニ:「修道女アンジェリカ」〜母もなく
ベッリーニ:「ノルマ」〜聖らかな女神よ
ヴェルディ:「マクベス」〜勝利の日
 「マクベス」〜消えてしまえ、呪わしいこの染みよ
同:「運命の力」〜神よ平和を与えたまえ
ベ アトリス・ウリア= モン ゾン(S)
ファブリツィオ・マリア・カルミナーティ(指)
トリエステ・ヴェルディ歌劇場O

録音:2019年6月20-29日/トリエステ・ヴェルディ劇場、10月7-10日/サン=ピエール・ルーテル教会(パリ)
ベアトリス・ウリア=モンゾンは1963年生まれのフランスの歌手。父がスペインの有名な画家で、その血ゆえか彼女の演じるカルメンは絶品との評判になって きました。これまでフランス・オペラのヒロインを演じ続けてきた彼女がイタリア・オペラの名アリアに挑戦。
「琥珀色の声」と賞される、彼女の低めの暗い声質がドラマティックなイタリア・オペラにぴったり。彼女が10人のヒロインのさまざまな顔を演じ、悲劇の、狂気 の女性像の情念の美学を堪能させてくれます。 (Ki)

NAXOS
2.110683(2DVD)
NX-D05

NBD-0126V(Bluray)
グノー:歌劇「ミレイユ」 ミレイユ:農場主の一人娘…インヴァ・ムーラ(S)
ヴァンサン:ミレイユの恋人…チャールズ・カストロノヴォ(T)
ウリアス:ミレイユへの求婚者…フランク・フェラーリ(Br)
ラモン:ミレイユの父…アラン・ヴェルヌ(Bs)
タヴァン:魔女…シルヴィ・ブリュネ(Ms)
ヴァンスネット:ヴァンサンの妹…アンヌ=カトリーヌ・ジレ(S)
アンドレルン…セバスティアン・ドロワ(T)
アンブロワーズ:ヴァンサンの父…ニコラ・カヴァリエ(Bs-Br)
クレマンス:ミレイユの友人…アメル・ブラヒム=ジェルール(S) 他
パリ・オペラ座O&cho
マルク・ミンコフスキ(指)
演出:ニコラ・ジョエル

収録:2009年9月11,12,14日パリ・オペラ座 ガルニエ宮
収録時間:151分
音声:フランス語歌唱
PCMステレオ2.0/DTS5.0(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.0(Blu-ray)

字幕:日本語・フランス語・英語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD
DVD…DVD 片面二層ディスク×2
Blu-ray・・・BD 片面二層ディスク 1080i High Definition
南仏プロヴァンスの農村を舞台に、身分の違いから生まれた悲恋を描いた原作に触発され、グノー自身が南仏に数ヶ月滞在して作曲に取り組んだ 歌劇「ミレイユ」。彼のオペラの中でも傑作のひとつと目されているものの、上演される機会はあまりありませんでした。2009年にパリ・オペラ座の総支 配人に就任したニコラ・ジョエル(1953-2020)は、自らこの作品の上演を決定。インヴァ・ムーラやチャールズ・カストロノヴォら優れた歌手を起用し、 美しくも繊細な舞台を創り上げました。太陽が降り注ぐプロヴァンスの黄金色の日中と、深く静まり返った夜のローヌ川の鮮やかなコントラストも印象的 です。バロック・オペラからロマン派オペラを中心に活躍するマルク・ミンコフスキのタクトは、パリ国立歌劇場Oからこのグノーの作品にふさわしい 抒情味溢れる響きを、紡ぎ出しています。 本リリースは2010年にFRA Musicaから発売されていたディスクに、日本語字幕を付けた新装盤です。

BRU ZANE
BZ-1044
(1CD+BOOK)
NX-D11
アンドレ・メサジェ(1853-1929):「情熱的に」 (1926年初演) 全3幕のミュージカル ケティ・スティーヴンソン…ヴェロニク・ジャンス(S)
ロベール・ペルスヴァル…エティエンヌ・デュピュイ(Br)
ジュリア…ニコール・カー(S)
ウィリアム・スティーヴンソン…エリック・ユシェ(T)
エレーヌ・ル・バロワ…シャンタル・サントン・ジェフリ(S)
ハリス…アルマンド・ノゲラ(Br)
ミュンヘン放送O
シュテファン・ブルニア(指)

録音:2020年12月12-13日、プリンツレーゲンテン劇場、ミュンヘン
フランスの人々がワーグナーやドイツ音楽を強く意識していた時代に育ち、オペラ・コミック座の指揮者としてドビュッシー「ペレアスとメリザンド」や G.シャルパンティエ「ルイーズ」といった傑作の初演も手掛けながら、自身も舞台音楽の作曲家として時代の寵児になっていったアンドレ・メサ ジェ。オペレッタの傑作「ヴェロニク」(1898)やバレエ音楽の至宝「2羽の鳩」などでフランス音楽ファンを捉えていますが、他にもまだ数多くの名 品が埋もれているのがいかに惜しいことか……と改めて実感させられるアルバム。すでに歌劇作曲家としての名声を不動のものにしていた晩 年、「狂乱の時代」と呼ばれた両大戦間に新作として世に送り出された「情熱的に」は、大西洋をヨットで横断してきたアメリカの大富豪と元 女優の夫妻、その家政婦らが恋の国フランスでくりひろげる騒動を描くフランス語ミュージカル。打楽器なしの室内管弦楽編成オーケストラとと もに、オペレッタの粋を知り尽くしたメサジェが1920年代の流行感覚をほどよく取り入れ織り上げた音楽は、徹底して優美でありながら機知に 富み、ミュージカルの、というよりむしろ「フランス近代音楽の」傑作と呼びたい味わいに満ちています。Bru Zaneレーベルならではの220ペー ジにも及ぶブックレットには、音楽史的考察や当時の証言など盛りだくさんの記事、そして台本も掲載され全て英訳付き。ジャンス、ジェフリ、 ユシェらフランス最前線の名歌手たちによる歌唱演技の堂に入った素晴らしさは言うまでもなく、全体の流れを適切にまとめてゆくブルニアのタ クトも絶品です。

Capriccio
C-5440(2CD)
NX-B05
ツェムリンスキー:歌劇「昔あるとき」 王女…エヴァ・ヨハンソン(S)
王子…クルト・ウェスティ(T)
カスパール…ペール=アルネ・ヴァルグレン(Br)
王…オーゲ・ヘウグラン(Bs)
求婚者…オーレ・ヘーゼゴー(T)
グイド・ペヴァタルー(Br)
クリスティアン・クリスチャンセン (Bs)
スーセ・リレソー(S)
デンマーク国立RSO&cho
ハンス・グラーフ(指)

録音:1987年6月 Denmarks Radio(デンマーク)
旧品番…C-60019
1899年に完成された、美しき王女と、魔法の湯沸かしを携えた王子を巡るタイトル通りの古いお とぎ話を題材にした歌劇「昔あるとき」。1900年にマーラーが指揮するウィーン宮廷歌劇場(後の ウィーン国立歌劇場)で初演されたツェムリンスキーの出世作の一つです。マーラー自身がツェムリン スキーに作曲や台本についてアドバイスをするなどかなり力の入った作品です。しかし10回ほど上演 された後は忘れられてしまいました。その後、デンマークの詩人ホルガー・ドラックマンの作品が原作 に用いられていたことが縁となり、1987年にデンマーク国立RSOで蘇演され、この上演 自体がツェムリンスキー復興のきっかけとなりました。この伝説的なプロジェクトを録音した Capriccioのアルバムは、長い間唯一の音源として親しまれてきましたが、今回は新しいリマスター を施しての再登場となります。ロマンティックで美しいワーグナー風の音楽をお楽しみください。
Capriccio
C-5443(2CD)
NX-B05
ツェムリンスキー:歌劇「カンダウレス王」 カンダウレス王…ジェイムズ・オニール(T)
ギゲス…モンテ・ペーダーソン(Br)
ニシア…ニーナ・ウォーレン(S)
フェドロス…クラウス・ヘーガー(Bs)
ペーター・ガイヤール(T)
マリウシュ・クヴィエチェン(Br)
クルト・ハイセン (Bs)
サイモン・ヤング(Bs)
フェルディナンド・ザイラー (T)
ギド・イェンチェンス(Br)
ハンブルク州立PO
ゲルト・アルブレヒト(指)

録音:1996年10月18日、10月25日(ライヴ)
Hamburg, Staatsoper(ドイツ)
旧品番…C-60071
舞台は古代ギリシャ。美しい妻ニシアを娶った王カンダウレスは、護衛官ギゲスにニシアの裸体を見 るように強制、怒ったニシアはギゲスをたきつけ王を殺害し、ギゲスは罪の意識を抱いたまま王となり ます… ツェムリンスキーの未完となった歌劇「カンダウレス王」は1933年に着手され、その後1936年から 作曲を続行しましたが、なかなか進まず、1938年にドイツ軍がオーストリアを占領した際、プラハ経 由でニューヨークへと亡命した彼の荷物に中に含まれていた作品です。若い頃のようなロマンティック な作風も残されてはいるものの、ほとんど無調に近い野心的な作風が特徴であるとともに、ツェムリ ンスキーの屈折した恋愛観も反映されているとされています。彼はアメリカでこれを完成させ、メトロ ポリタン歌劇場での上演を夢見ていましたが、第2幕に盛り込まれた過激なベッドシーンがあだとな り、結局作品は完成されることはありませんでした。 その後、1992年にイギリスの音楽学者アントニー・ボーモントが補筆完成、この録音は、ツェムリン スキー作品の良き理解者ゲルト・アルブレヒトによる1996年の伝説的な演奏です。

CPO
CPO-555295(3CD)
NX-D11
チマローザ:歌劇「秘密の結婚」 ロビンソン伯爵…レナート・ジローラミ(Bs)
ジェロニモ…ドナート・ディ・ステファノ(Bs)
フィダルマ…ロリアーナ・カステラーノ(Ms)
エリゼッタ…クララ・エク(S)
カロリーナ…ジューリア・セメンツァート(S)
パオリーノ…ヘスス・アルバレス(T)
アカデミア・モンティス・レガリスO(古楽器使用)
アレッサンドロ・デ・マルキ(指)

録音:2016年8月10,12,14,16日(ライヴ)
インスブルック古楽音楽祭(オーストリア)
1791年にレオポルト2世の招きで、アントニオ・サリエリの後任としてウィーンの宮廷楽長となったチマローザ が最初に書き上げた歌劇「秘密の結婚」。裕福な商人ジェロニモの娘カロリーナと恋人でジェロニモの使用 人パオリーノ、カロリーナの姉エリゼッタとロビンソン伯爵、そしてジェロニモの妹でパオリーノに気があるフィダル マ。この登場人物が入り乱れ巻き起こすコミカルな恋愛騒動を描いたこの作品は、1792年の初演時にレ オポルド2世が「Da capo!=もう一度」と叫んだほどの大成功を収めるとともに、現代に至るまで数えきれ ないほどの再演が繰り返されている18世紀のオペラ・ブッファの最高峰の一つです。 この録音は、インスブルック古楽音楽祭40周年の記念公演を収録したもので、イタリア・バロックのオペラと 声楽作品に定評のあるアレッサンドロ・デ・マルキと彼の手兵たちが18世紀の響きを再現するだけではなく、 通常は省略されることの多いアリアやリピート部分も即興的な変奏を加えながら全て演奏することで、オリジ ナルの形を再現しています。歌手たちのコミカルな歌唱も聴きどころです。

仏Bel Air
NYDX-50140(Bluray)
国内盤仕様
税込定価
輸入品番:BAC-477
ヴェルディ:「ファルスタッフ」 サー・ジョン・ファルスタッフ…ロベルト・デ・カンディア(Br)
フェントン…ホエル・プリエト(T)
ドクター・カイウス…クリストフ・モルターニュ(T)
バルドルフォ…ミケルディ・アツァランダバーソ(T)
ピストーラ…ヴァレリアーノ・ランチャス(Bs)
アリーチェ・フォード夫人…レベッカ・エヴァンス(S)
フォード…シモーネ・ピアッツォラ(Br)
ナンネッタ…ルース・イニエスタ(S)
クイックリー夫人…ダニエラ・バルチェッローナ(Ms)
メグ・ペイジ夫人…マイテ・ボーモン(Ms)
ほか
マドリード王立歌劇場O&cho
ダニエーレ・ルスティオーニ(指)
演出・衣装…ロラン・ペリー

収録:2019年4月 マドリード王立歌劇場
収録時間:128分
字幕:日本語、仏、英、西、独、韓
映像:16/9 NTSC All Region 片面2(Blu-ray)
Full HD(Blu-ray)
音声:
PCM 2.0 & DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
斬新なプロダクションで注目を集めるマドリード王立歌劇場より、独創性溢れる演出で声価の高まるロラン・ペリーによる 「ファルスタッフ」をお届けします。2017年から大野和士の後任としてリヨン歌劇場の音楽監督を務める若きイタリアのマエス トロ、ダニエーレ・ルスティオーニが渾身のタクトでヴェルディ最後のオペラに陰影と活気に満ちた音楽表現を与え、ロベルト・ デ・カンディア、ダニエラ・バルチェッローナをはじめとした歌手陣も素晴らしい歌唱でそれに応えています。 この新演出を担当したロラン・ペリーは、近年とりわけフランス・オペラの分野で、モダンで風刺の利いた楽しい舞台を数多く 作り出すことで知られており、この「ファルスタッフ」でも、さまざまなアイデアを巡らせるとともに、舞台を20世紀に移し、歌手た ちは歌って踊るという、全体をブロードウェイのミュージカル・タッチで見せながら、人間の愚かさを鋭く風刺しています。

ORFEO DOR
C-200062(2CD)
NX-B07
J・シュトラウス:歌劇「騎士パズマン」

■ボーナス・トラック*
バレエ音楽全曲
第1番:ポルカ
第2番:Andante grazioso ? ワルツ
第3番:チャールダーシュ
騎士パズマン…エベルハルト・ヴェヒター(Bs)
アンジューのカール・ロベルト:ハンガリー王…ヨゼフ・ホップファーヴィーザー(T)
王妃…ソーナ・ガザリアン(S)
エヴァ…トゥルデリーゼ・シュミット(Ms)
ロドモンテ…アルトゥール・コーン(Br)
オモデ…ホルスト・ヴィッチェ(T)
グンディ…アクセル・ガル(Ms)
ミシュー…ペーター・ドラホシュ(T)
ウィーン放送cho
ウィーンRSO
ハインツ・ワルベルク(指)

【ボーナス・トラック】…MARCO POLO:8.223245より
スロヴァキア国立コシツェPO
アルフレート・ヴァルター(指)

録音:1975年10月27日ウィーン・ムジークフェライン・ライヴ、1993年8月26-30日*
400人もの犠牲者を出したウィーン、リング劇場の大火災が引き金となり、オペレッタの人気が低迷。市民たちは他の娯楽を求めていました。そこで当時、宮 廷劇場のディレクターを務めていたヴィルヘルム・ヤーンはヨハン・シュトラウスII世に重厚な『グランド・オペラ』の作曲を依頼、シュトラウスは3年の推敲を経て、 歌劇「騎士パズマン」を書き上げました。1892年の元日に初演され、ウィーン宮廷歌劇場でツィンバロムが初めて使用された記念碑的作品であるにもかか わらず、前述の通り内容は月並みであり、結局、この作品は人気を獲得することなくお蔵入りになってしまいました。しかし、全編に施された音楽はさすがシュ トラウス、とりわけ第3幕に挿入されたバレエ音楽は大好評を博し、中でも「チャールダーシュ」は独立した作品として現在でも愛されています。 この録音は1975年10月27日のライヴ。日本でもおなじみのハインツ・ワルベルクの軽快な指揮のもと、エベルハルト・ヴェヒターが題名役を熱唱。他の歌手 たちが脇を固めています。また、本編では省略されてしまったバレエ音楽は、1993年に別録音されたアルフレート・ヴァルター指揮の演奏を補完、作品を完 全なものに仕上げています。

MARCO POLO
MAR-2.220007(DVD)
NX-C09
ジークフリート・ワーグナー(1869-1930):歌劇「太陽の炎」 皇帝アレクシオス…ウリ・ビュッツァー(Br)
皇后イレーネ…レベッカ・ブロバーグ(S)
フリドリン:フランコニアの騎士…ジョルジオ・ヴァレンタ(T)
アルブレヒト/物乞い/占い師…スティーヴン・シーシャレッグ(Br)
ゴメラ:宮廷道化師…ディルク・メストマッハー(T)/ウィリアム・ウォレス(T)
イリス…ユリア・レズニク(S) 他
PPPミュージック・シアター・インストゥルメンタル・アンサンブル
バイロイト・デジタル・オーケストラ
ウルリッヒ・レイカム(指)
ペーター P.パクル(演出)

収録:2020年8月15-16日(ライヴ)
バイロイト辺境伯歌劇場(ドイツ)
収録時間:135分
音声:ドイツ語歌唱
PCMステレオ2.0
字幕:英語・ドイツ語
画角:16:9 REGION All(Code:0)
DVD…片面二層
リヒャルト・ワーグナーとコジマ・リストの長男として生まれたジークフリート・ワーグナー。もともとは建築家を志してい たものの、父に倣い作曲家に転向。フンパーディンクに師事し作曲を学びました。指揮者としても素晴らしい能力 を発揮、バイロイト音楽祭でも演奏、演出の両面で大活躍しています。父とは違い温厚な性格であったことが知 られ、その作品も大言壮語ではなく、おとぎ話などを題材にした穏健なものが多く、作品数は多いものの、そのほ とんどは忘れられています。 この「太陽の炎」は1912年に作曲された8番目の歌劇。13世紀、十字軍の侵入で崩壊しつつあるビザンチン 帝国で立ち往生してしまった脱走兵が主人公の悲劇で、第1次世界大戦が勃発する直前の作曲当時の不安 な情勢が反映されています。初演後一旦は忘れられてしまいましたが、1979年に一部蘇演され、2002年によ うやくハレ劇場で完全上演されました。この映像は、2020年、バイロイト辺境伯歌劇場でのライヴ収録で、実 力派の歌手たちの歌唱が聴きどころ。舞台装置と衣装は簡素ですが、背景に様々な情景を映し出すことで物 語を補完。歌手たちは必要に応じてマスクを手にして歌うという、2020年ならではの時代情勢も反映された興 味深い演出が施されています。

Sterling
CDO-112511262
(2CDR)
マイアベーア:歌劇「アリメレク、または、二人のカリフ」 ヤン・コボウ(T)、ラース・ヴォルト(Bs)、ブリッタ・シュタルマイスター(S)、ティモシー・オリヴァー(T)、オーラ・ルードナー(指)、ロイトリンゲン・ヴェルテンベルクPO

録音:2010年10月9-10日(ドイツ)
マイアベーアのオペラ第2作「アリメレク、または、二人のカリフ」。ヨハン・ゴットフリート・ヴェールブルッフが『千夜一夜物語』に基づいて執筆したドイツ語の台本に作曲された2幕の作品です。物語の舞台は、ハールーン・アッ=ラシード(ハルン・アル=ラシッド)がカリフだった時代のバグダード。若く裕福なムスリムのアリメレクとカリフの姪イレーネを中心に、カリフのハールーン、彼の腹心の友ジャファル、執事イブラヒムたちが絡み、「おとぎ話」としての「アラビアンナイト」の世界が展開していきます。「主人と客、または、真剣にとられた冗談」のタイトルで作曲され、1813年、シュトゥットガルト宮廷劇場で初演。1814年、ケルントナートーア劇場での再演に際して改訂の手が入れられ、曲名が「アリメレク、または、二人のカリフ」に変えられました。初演に続き再演も失敗に終わり、その後、マイアベーアがイタリア語やフランス語で書いた作品の成功もあって、この作品は「忘れられた存在」になってしまいます。
「バート・ウーラハ、秋の音楽の日(秋の音楽祭)」は、ドイツのロイトリンゲンで開催され、「知られていないが聴く価値のある」多くの作品に蘇演の機会を与えることで国際的に知られています。マイアベーアのこの作品は、2010年のフェスティヴァルで、ウェーバーが作曲した物語上の「姉妹作」「アブ・ハッサン」と一緒にセミステージ形式で上演されました。ドイツのヤン・コボウ、ラース・ヴォルト、ブリッタ・シュタルマイスター、アメリカのティモシー・オリヴァーが主要な役を歌い、スウェーデンのオーラ・ルードナー(ウーラ・ルードネル)が指揮しています。
南西ドイツ放送(SWR)がライヴ収録した音源の正式ライセンスによるリリース。あらすじと「秋の音楽の日」の上演に際して行われたレクチャーの内容をまとめた一文(ドイツ語・英語)を掲載したブックレットと、72ページのリブレット(ドイツ語・英訳)が添付されています。


C Major
80-2408(2DVD)

80-2504(Bluray)
ヘンデル:歌劇「アリオダンテ」 チェチーリア・バルトリ(アリオダンテ/メゾ・ソプラノ)
ネイサン・バーグ(スコットランド国王/バリトン)
キャサリン・レウィック(ジネーヴラ/ソプラノ)
ロランド・ビリャソン(ルルカーニオ/テノール)
クリストフ・デュモー(ポリネッソ/カウンターテナー)
サンドリーヌ・ピオー(ダリンダ/ソプラノ)
クリストファー・ルンディン(オドアルド/テノール)
ジャンルカ・カプアーノ(指)
レ・ミュジシャン・デュ・プランス=モナコ(モナコ公の音楽家たち)
ザルツブルク・バッハcho
演出:クリストフ・ロイ
映像監督:ティツィアーノ・マンチーニ

収録:2017年、ザルツブルク、モーツァルトのための劇場(祝祭小劇場)(ザルツブルク音楽祭ライヴ)
◆DVD
画面:NTSC,16:9
音声:PCMステレオ、DTS5.1
原語:イタリア語
字幕:英独仏韓,日本語、216分
◆Bluray
4k収録、画面:1080i,16:9
音声:PCMステレオ、DTS-HD
MA5.1
原語:イタリア語
字幕:英独仏韓,日本語、216分
ヘンデルのオペラの最高傑作として高い人気を誇っている「アリオダンテ」。この映像は、衝撃的なバルトリの姿で話題となった2017年ザルツブルク音楽祭で 上演されたもの。本上演でバルトリがタイトルロールを務めるアリオダンテは、初演の際にはカストラートのジョヴァンニ・カレスティーニが歌った男性の役で、今 回はカストラートに代わって女性歌手が歌うという演出。バルトリは、18世紀前半に活躍した伝説のカストラート歌手・ファリネッリのために書かれた作品を録音 したCDもリリースしており、バルトリが取り組む一連の企画と言えるでしょう。
「アリオダンテ」のあらすじは、スコットランド王の娘ジネーヴラは、騎士アリオダンテと婚約しています。王もアリオダンテに王位を譲ることを決めていますが、 ジネーヴラに横恋慕するポリネッソ公爵の計略により、彼女は、アリオダンテを裏切る不貞を働いたという濡れ衣を着せられます。絶望したアリオダンテは崖から 飛び降り自殺を図り、父王は不義の娘に死刑を宣告。しかし、一命を取り留めたアリオダンテが戻り、すべの真実が明らかになりめでたく終わりを迎えます。
本上演では、バルトリがカストラートの歌ったアリオダンテを歌う一方で、初演では女性アルトが男役として歌った敵役のポリネッソを、カウンターテナーのクリ ストフ・デュモーが歌います。さらに第2幕でジネーヴラに裏切られた場面でジネーヴラの服に着替え、第3幕ではドレスを着て、ヒゲも取ってしまうので見た目も すっかり女性になってしまうという演出で、現代ならではの性別を超越した演出となっています。
バルトリとデュモーの好演も見どころですが、アリオダンテの婚約者ジネーヴラのキャサリン ・レウィック、侍女ダリンダのサンドリーヌ・ピオー、スコットランド 国王のネイサン・バーグ、そしてアリオダンテの弟ルルカーニオを演じているのがロランド・ビリャソンと豪華な面々が登場する見ごたえのある上演となっています。 (Ki)
C Major
75-7608(DVD)

75-7704(Bluray)
ヴェルディ:歌劇「ファルスタッフ」 ミヒャエ ル・ヴォッレ( バリトン / ファル スタッフ )
ア ルフレッド・ダ ザ( バリトン / フォード )
フランチェスコ・デムーロ(テノール/フェントン)
ユルゲン・ザッハー(テノール/医師カイウス)
ヤン・マルティニーク(テノール/ピストーラ)
バルバラ・フリットリ(ソプラノ/フォード夫人アリーチェ)
シュテファン・リュガマー(テノール/バルドルフォ)
ナ デ ィーン・シ エ ラ( ソ プ ラノ / ナ ン ネッタ )
ダ ニ エラ・バ ル チェッロー ナ( メゾソプラノ/ クイックリー 夫 人 )
カタリーナ・カンマーローアー(メゾソプラノ/ページ夫人メグ)
ダニエル・バレンボイム(指)
シュターツカペレ・ベルリン
ベルリン国立歌劇場cho
演出:マリオ・マルトーネ
映像監督:ティツィアーノ・マンチーニ

収録:2018年12月ベルリン国立歌劇場(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCM Stereo,DTS5.1
リージョン:All 、DVD 9
原語:イタリア語 
字幕:英独仏韓日本語、142分
◆Bluray
画面:16:9、1080i (4K収録)
音声:PCM Stereo,DTS-HD
MA 5.1
リージョン:All 、BD 50
原語:イタリア語
字幕:英独仏韓日本語、142分
2018年ベルリン国立歌劇場で上演されたバレンボイム(指)マリオ・マルトーネ演出のヴェルディ「ファルスタッフ」の映像がリリース。 7年間の大規模な修復工事経て2017年9月に再開場したベルリン国立歌劇場。翌月のドイツ統一記念日には、音楽監督ダニエル・バレンボイム指揮によるシュー マンの『ゲーテのファウストからの情景』(ARTHAUS MUSIK/10-9419BD)が上演されオープニングを祝いました。さらに同年12月には同歌劇場の開場 275年を祝った特別プログラムが組まれ、華やかな幕開けとなりました。この商品に収められているのは、2017年12月の特別公演で新演出としてお披露目され たマリオ・マルトーネ演出のヴェルディ「ファルスタッフ」の再演となります。 ★映画監督として実績がある演出のマルトーネは、この「ファルスタッフ」でドイツの「68年運動」にみられるカウンターカルチャーやヒッピー文化の中で生きる人 生の快楽をひとつ残らず搾り取るような自由奔放な男としてファルスタッフを描いています。元来太った騎士であるファルスタッフは、ここでは革ジャンを着てロッ カーのような服装でネオンが光る薄汚い地元の飲み屋に居座っているような演出。ファルスタッフは、2人の女性に"同じ文章のラブレター"を送りますが、それを託 すのは大麻を吸っているエキストラで、その男は手紙を受け取るとフラフラしながら自転車に乗っていくというような有様。さらにナンネッタ役のナディーン・シエラ がプールサイドにビキニ姿で登場するなど、マルトーネはウィットと高揚感に満ちたオペラを、スタイリッシュで現代的に演出しています。 歌手陣は皆素晴らしく、特にミヒャエル・ヴォッレの豪快さ、群を抜く歌唱の充実ぶりには舌をまきます。またフランチェスコ・デムーロの甘い美声、ナディーン・シ エラの滑らかな歌声、ヤン・マルティニークとシュテファン・リュガマーのアンサンブルもひと際喝采を浴びていました。そしてバレンボイムのオペラ指揮者としての 卓越した手腕が示された上演でもあったでしょう。 (Ki)
C Major
80-4108(2DVD)

80-4204(Bluray)
モーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」 マリ・エリクスメン ( フィオルディリージ )
カティア・ドラゴイェヴィチ(ドラベッラ)
マウロ・ペーター( フェルランド )
アンドレ・シューエン(グリエルモ)
エリーザベト・クールマン ( デスピーナ )
マルクス・ウェルバ (ドン・アルフォンソ)
ニコラウス・アーノンクール(指)
ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
アルノルト・シェーンベルクcho
演出、映像監督:フェリックス・ブライザッハ

収録:2014年3月27日&29日アン・デア・ウィーン劇場(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ、DTS5.1
リージョン:All DVD9
原語:イタリア語
字幕:独英仏韓日本語
ドキュメンタリー:独英韓,日本語
244 分(オペラ:192 分/ドキュメンタリー:52 分)
◆Bluray
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、DTS-HD MA5.1
リージョン:All BD50
原語:イタリア語
字幕:独英仏韓日本語
ドキュメンタリー:独英韓,日本語
244 分(オペラ:192 分/ドキュメンタリー:52 分)
2014年3月、アン・デア・ウィーン劇場でニコラウス・アーノンクールが行った、モーツァルトのダ・ポンテ三部作の最後「コジ・ファン・トゥッテ」。本上演は、ア ン・デア・ウィーン劇場の新制作「コジ・ファン・トゥッテ」で演出家の降板騒ぎをうけて、アーノンクールはセミ・オペラ形式で、ダ・ポンテ三部作をひと月のうちに 一挙上演するということになり、大変話題となった公演です。
セミ・オペラ形式だからこそ、音楽に集中することができ、全編にわたって奏でられる二重唱、三重唱、四重唱、六重唱の美しいアンサンブルを存分に堪能するこ とができます。難役フィオルディリージを歌うマリ・エリクスメンをはじめ、圧倒的な実力と美貌で存在感を放つエリーザベト・クールマンなど実力派の歌手たちに よる様々な形の重唱が色彩豊かで素晴らしい上演です。
アーノンクールは、このダ・ポンテ三部作の上演にあたって以下のように述べています。「演出上の解釈はなしに、モーツァルトの指示に厳密に従うべき」その言 葉通り、演出に左右されることなく、モーツァルトの音楽を堪能することができる上演と言えるでしょう。 本商品には、アーノンクールがこの上演を行うまでのドキュメンタリー「執念と完璧のあいだで〜第三弾:コジ・ファン・トゥッテ」が収められており、アーノンクール の音楽作りを存分に味わうことができます。 (Ki)

NAXOS
2.110685(2DVD)
NX-D05

D-0127V(Bluray)
NX-D05
ビゼー:歌劇「カルメン」 カルメン…アンナ・カテリーナ・アントナッチ(S)
ドン・ホセ…アンドルー・リチャーズ(T)
ミカエラ…アンヌ=カトリーヌ・ジレ(S)
エスカミーリョ…ニコラ・カヴァリエ(バス=バリトン)
フラスキータ・・・ヴィルジニ・ポション(S)
メルセデス…アニー・ジル(Ms)
スニガ…マシュー・ブルック(Bs)
モラレス…リッカルド・ノヴァーロ(Br)
ダンカイロ…フランシス・デュジアック(Br) 他
オー=ド=セーヌ県少年少女cho(合唱指揮…ガエル・ダルシャン)
モンテヴェルディcho
オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティク
ジョン・エリオット・ガーディナー(指)
演出:エイドリアン・ノーブル


収録 2009年6月22,25日オペラ=コミック座、パリ、フランス
収録時間:168分
音声:フランス語歌唱
PCMステレオ2.0/DTS5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)

字幕:日本語・フランス語・英語・ドイツ語・イタリア語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD
DVD…DVD 片面二層ディスク×2
Blu-ray・・・BD 片面二層ディスク 1080i High Definition
本映像は、2009年6月その「カルメン」の初演の地、パリ・オペラ=コミック座のイニシアティヴにより、ビゼーが構想したオペラ・コミック(台詞を伴う歌 芝居)の「カルメン」の原型に迫る試みとして上演された貴重な公演記録です。タクトを執るのはオルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティクと共に、 ベートーヴェンに始まりロマン派楽曲のオリジナルな姿を追求することに実績を重ねてきたジョン・エリオット・ガーディナー。演出は長年ロイヤル・シェイク スピア・カンパニーの芸術監督を務めた名匠エイドリアン・ノーブル。この最強のコンビの創る音楽と舞台に、当代切ってのカルメン歌いアンナ・カテリー ナ・アントナッチ、野性味溢れるホセ役のアンドルー・リチャーズ、純朴なミカエラのアンヌ=カトリーヌ・ジレ、男だての闘牛士エスカミーリョのニコラ・カヴァ リエらの歌手陣が、歌芝居にふさわしいニュアンスに富んだ演技歌唱で見事に応えています。

Dynamic-DVD
DYNDVD-37896
(DVD)
NX-C09

DYNBRD-57896
(Bluray)
NX-C09
ヘンデル:歌劇「リナルド」 アルミーダ…カルメラ・レミージョ(S)
ゴッフレード…レオナルド・コルテッラッツィ(T)
アルミレーナ…フランチェスカ・アスプロモンテ(S)
リナルド…ラッファエーレ・ペー(C.T)
アルガンテ…アンドレア・パトゥチェッリ(Bs-Br)
伝令…リ・シークン(T)
女/2人の人魚…マリレーナ・ルータ、ヴァレンティナ・コロ
魔法使い…ウィリアム・コッロ
フェデリコ・マリア・サルデッリ(指)
フィレンツェ五月音楽祭O
演出・装置・衣装:ピエール・ルイージ・ピッツィ
収録:2020年9月9日フィレンツェ五月音楽祭劇場
収録時間:131分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD,Blu-ray
DVD…DVD 片面二層ディスク
Blu-ray・・・BD 片面二層ディスク 1080i High Definition
「リナルド」は1710年、ロンドンに赴いたヘンデルがヘイマーケット劇場の支配人アーロン・ヒルの薦めによって作曲した正歌劇(オペラセリア)。ヘンデル はわずか2週間でこのオペラを仕上げ、1711年2月14日に同劇場で初演、大好評を博しました。原作はタッソの叙事詩『解放されたエルサレム』 で、当時数多くの作曲家が同じ物語に基づく作品を書いたことでも知られています。この作品の中でとりわけ有名な〈私を泣かせてください〉は、囚わ れの身のアルミレーナが言い寄るアルガンテに対し、リナルドへの貞節を誓うアリアです。 本作は2020年9月、新型コロナウイルス感染症に対するロックダウン解除後、イタリアで最初に公演を再開したフィレンツェ五月音楽祭劇場での公 演記録。同年90歳の誕生日を迎えたオペラ演出界の重鎮ピッツィによる演出は、間接照明と波打つ布を多用した美しく幻想的な舞台を背景に、 華麗な衣装をまとった登場人物たちが黒子に押された輿(こし)に乗って移動するという意匠。1985年レッジョ・エミリア市立劇場の公演で創案された この演出は、現在でも色褪せることのないユニークなものです。外題役を歌う伸びやかな美声のペー、凄みのある性格表現が目覚ましいカルメラ・レ ミージョのアルミーダをはじめバロック唱法に熟達した歌手たち、オーケストラを的確にまとめるサルデッリのタクトがヘンデル・オペラの醍醐味を十全に伝 えています。

Gramola
GRAM-99233(1CD)
NX-B05
ヴェルディ:オペラ・アリア集
1. 歌劇「十字軍のロンバルディア人」 - La mia letizia infondere 私の喜びを
2. 歌劇「エルナーニ」 - Merce, dilleti amici おお、わが心の憧れの人よ
3. 歌劇「ドン・カルロ」 - Io l’ho perduta!… Io la vidi
私は彼女を失ってしまった!…彼女をみた
4. 歌劇「二人のフォスカリ」 - Brezza del suol natio… Dal piu remoto esilio
生まれ故郷の微風よ…地の果て程も遠い流刑の地から
5. 歌劇「二人のフォスカリ」 - Preludio. Notte! Perpetua notte che qui regn
前奏曲 - 夜よ!ここを支配している無窮の夜よ!
6. 歌劇「シモン・ボッカネグラ」 - O inferno! Sento avvampar nell’anima
僕は感じる 魂が燃え立つのを
7. 歌劇「群盗」 - O mio castel paterno 私の父の城
8. 歌劇「仮面舞踏会」(初稿版「グスタフ三世」) - Forse la soglia attinse
おそらく彼女は到着している
9. 歌劇「マクベス」 - Ah, la paterna mano あぁ、いとしい者たち、父の手は
10. 歌劇「ルイザ・ミラー」 - Quando le sere al placido
静かな夕べに星空を見ていたとき
エクトル・サンドバル(T)
バーデン=バーデンPO
パヴェル・バレフ(指)

録音:2007年5月22-24日
フィルハーモニー、バーデン=バーデン
(ドイツ)
メキシコ出身のテノール歌手、エクトル・サンドバル。1987年から1993年までメキシコシティの国立音楽院で 学び、1994年にウィーン国立音楽大学へ留学するとともに、数多くのマスタークラスを受講、プラシド・ドミン ゴ、イレアナ・コトルバシュ、クリス・メリットら名歌手から指導を受けました。2001年にはラインスベルク室内オペ ラが主催するコンクールで優勝するなど多くの賞を受賞し注目を集め、以降、ヨーロッパと米国を中心に歌手と して広く活動しています。このアルバムでサンドバルはヴェルディの様々なオペラのアリアを熱唱。選曲の中心を 成すのは、シンプルな旋律と溢れるような情感に満ちたヴェルディの若い頃の作品であり、サンドバルの輝かし い声が曲の持ち味を引き立てています。

Chateau de Versailles Spectacles
CVS-036
(2CD+DVD+Bluray)
NX-D11
コリリアーノ:歌劇「ヴェルサイユの幽霊」 フローレスティン…エミリー・ミシュ(S)
スザンナ…カイラ・シエンビーダ(Ms)
パトリック・オノレ・ベジャールス…クリスチャン・サンダース(T)
マリー・アントワネット…テレサ・ペロッタ(S)
ボーマルシェ…ジョナサン・ブライアン(Br)
レオン…スペンサー・ブリテン(T)
アルマヴィーヴァ伯爵…ブライアン・ウォーリン(T)
ルイ16世…ピーター・モーガン(Bs-Br)
フィガロ…ベン・シェーファー(Br)
ロジーナ…ジョアンナ・ラティーニ(S)
グリマーグラス・フェスティバルcho、ダンサーズ
ヴェルサイユ王室歌劇場O
ジョセフ・コラネリ(指)

収録:2019年12月7、8日 ヴェルサイユ宮殿王室歌劇場
収録時間:145分75秒(CD) (CD1…75分43秒/CD2…70分2秒)
2時間29分(DVD、Blu-ray)

【DVD/Blu-ray】
字幕…英語(歌唱言語)、フランス語、ドイツ語
NTSC All-region 片面二層ディスク Stereo(2.0ch)
1991年、メトロポリタン歌劇場の委嘱により書かれた「ヴェルサイユの幽霊」。「セビリアの理髪師」「フィガロの結婚」に続く第三作として、ボー マルシェによって書かれた「罪ある母」を下地に、舞台をフランス革命後の荒廃したヴェルサイユ宮殿に置き換え、マリー・アントワネットやルイ16 世、そして当のボーマルシェらの幽霊のほか、オペラでもお馴染みのフィガロ、スザンナなどが入り乱れて繰り広げられるシュールな物語。ドタバタ ながらも原作が持つ重い内容も反映しています。アメリカの「グリマーグラス・フェスティバル」とヴェルサイユの共同制作となっているこのアルバム では、アメリカやカナダを中心とした歌手陣とヴェルサイユのミュージシャンが共演。まさに”作品の舞台”となっている舞台に掛けられるという、類 まれな状況を生み出しました。世に出ているディスクの内容からバロック・オペラの印象が強いヴェルサイユ王室歌劇場が、シンセサイザーを含 むモダン楽器の響きに震えているのも面白いところ。国を超えたアーティストたちの力演をお楽しみいただけます。

Linn
CKD-658(3CD)
NX-D07
ヘンデル:歌劇「ロデリンダ」 ロデリンダ…ルーシー・クロウ(S)
ベルタリド…イェスティン・デイヴィス(C.T)
グリモアルド…ジョシュア・エリコット(T)
ガリバルド…ブランドン・シーデル(Bs)
エドゥイジェ…ジェス・ダンディ(C.A)
ウヌルフォ…ティム・ミード(C.T)
ハリー・ビケット(チェンバロ・指揮)
イングリッシュ・コンサート(古楽器使用)

録音:2020年9月16-21日 ロンドン、セント・ジョンズ・スミス・スクエア
間もなく創設半世紀になろうとする英国の老舗古楽器オーケストラ、イングリッシュ・コンサート。現音楽監督ハリー・ビケットは、これまでにもイ アン・ボストリッジやルネ・フレミング、ダニエル・ド・ニースといった大物歌手たちとヘンデル作品の多彩さを印象づける名演でシーンを魅了してき た敏腕指揮者。今回は満を持して、この作曲家のオペラに対する現代の再評価の機運となった最盛期の傑作「ロデリンダ」の全曲録音に臨 みました。ヘンデルのオペラは19世紀以来の歌劇界からしばらく見過されていたところ、1920年ゲッティンゲンでこの「ロデリンダ」の記念碑的 蘇演が行われたことが、今につながるヘンデル劇音楽群への注目に繋がりました。初演は「ジューリオ・チェーザレ」や「アレッサンドロ」などの大 作相次ぐ頃、ヘンデル最盛期の1725年。中世初期のゲルマン民族大移動末期のミラノを舞台に繰り広げられる、ロンバルディア=ランゴバル ドの女王ロデリンダをめぐる恋の物語――初演時にはイタリアの女声歌手クッツォーニや男声高音歌手セネジーノらの活躍で作品は高い評 価に結び付きました。ここではharmonia mundi franceでのヘンデル・アルバムでも共演したルーシー・クロウをタイトルロールに、イェスティ ン・デイヴィスとティム・ミードという英国古楽シーンでもとくに重要な二人のカウンターテナー歌手を含む充実したソリスト勢を起用。二つのテオ ルボ、2台のチェンバロを伴う充実した古楽器オーケストラの表情も聴きどころたっぷり!英国の古楽シーンの最前線が反映されたLinnレー ベルの快挙と言えるでしょう。

MUSO
MU-045(1CD)
NX-B09
『追いつかない心』 〜ヘンデル「ラ・ルクレツィア」とオペラ・アリア集
ポッペアのアリア「美しく喜ばしく」〜歌劇「アグリッピーナ」 HWV 6
アリア「思慮は平安の敵」〜オラトリオ『時と真実の勝利』 HWV 46a
デジャニラのアリア「昼の支配者よ、昇るのを止めよ」〜歌劇「ヘラクレス」 HWV 60
オルフェオのアリア「わたしはいとしい人を喪った」〜セレナータ『祝宴に沸くパルナッソ』 HWV 73
アルチーナのアリア「ああ、わたしの心!」〜歌劇「アルチーナ」 HWV 34
ダルダノのアリア「容赦ない痛みが」〜歌劇「ガウラのアマディージ」 HWV 11
カンタータ『ラ・ルクレツィア』 HWV 145
アリオダンテのレチタティーヴォ「わたしはまだ生きているのか?」〜アリア「ふざけた不実な女よ」〜歌劇「アリオダンテ」 HWV 33
メデアのアリア「わたしは死すとも復讐を果たそう」〜歌劇「テーゼオ」 HWV 9
エロイーズ・マス(Ms)
ロンドン・ヘンデル・オーケストラ(古楽器使用)
ローレンス・カミングス(Cemb・指)

録音:2020年8月22-25日、ブラックハート・ホールズ、ロンドン
2018年のエリザベート王妃国際コンクール声楽部門で、結果は5位だったものの強い存在感を示して注目を浴びたフランスの新世代歌手エ ロイーズ・マス。独特のコクを感じさせるメゾの歌声は実に味わい深く、ワーグナーやR.シュトラウスなどでの重要な役柄とも絶妙の相性をみせ ながら、ロッシーニやドニゼッティでも鮮やかな解釈を紡ぎ出します。そしてそのような劇的表情の濃やかさあればこそ、ヘンデルの劇中で特に込 み入った立場に置かれた役柄が歌うアリアでは、ことのほか耳をとらえて離さない歌を聴かせられる……その素晴しい成果が音盤になったのが このアルバム。経験豊富な英国バロック・オペラ界のヴェテランL.カミングス率いる古楽器オーケストラとともに、抑揚の激しいスリリングなアリアか らしっとりメロウなナンバーまで多彩な表情をみせるマスの解釈は、偽らざる心の動きと劇的現実のギャップへの戸惑いを描き上げたヘンデル随 一の歌の数々をきわめて高い完成度で味あわせてくれます。初期から後期まで、秘曲も有名大作も押さえた選曲も絶妙。


King International
KKC-4252(2CD)
グルック:歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」 フェドーラ・バルビエリ(メッゾ・ソプラノ:オルフェオ)、
ヒルデ・ギューデン (ソプラノ:エウリディーチェ)、
マグダ・ガボリー (ソプラノ:アモーレ)
ミラノ・スカラ座O&cho
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)

録音:1951年4月13日 ミラノ・スカラ座(ライヴ)
音源提供:DISCOS, Milano
国内発売旧LP:セブンシーズGT-7096/7(1980.3.21)(オリジナルLPはチェトラLO-19)
「オルフェオとエウリディーチェ」はオペラの改革者グルックが作曲したイタリア語歌唱の名作オペラ。「アルチェステ」「アウリスのイフィゲニア」の序曲を録音す るなどグルックの音楽を重要視していたフルトヴェングラーは1951年4月に、ミラノ・スカラ座でこのオペラを取り上げました。7・11・13・15日の4日間上 演され、13日の上演がRAI(イタリア国営放送)で放送。今回の音源はミラノ・ディスコス社が放送原盤から起こしたものです。 このオペラには初演の際の「ウィーン版」をはじめとして、「精霊の踊り」などのバレエ曲や終幕での3重唱を追加してフランス語台本にした「パリ版」、ベルリオー ズらの改訂による「パレタン版」、これらを調整し改訂したドゥエルフェル編の「ペーター版」などの版がありますが、ここでは混合版、折衷版(主体はペーター版) で公演は行われております。
フルトヴェングラーの指揮の特徴は、随所に発揮されています。第1幕葬式での合唱やバレエ「パントマイム」では荘重、厳粛な悲しみの表現。第2幕第1場での 復讐の女神たち、妖霊たちの合唱や踊りでは、おどろおどろしい迫力!一転して第2場では楽園の世界、バレエ「精霊の踊り」ではなんとも素朴で美しく清純な表 情をみせます。第3幕(終幕)ではバレエ「シャコンヌ」にたたみかけるような緊張感、抑制的ではあっても巨匠らしさをのぞかせます。歌手陣でひときわ輝いてい るのは、初日のシミオナートとのダブルキャストで、2日目以降のオルフェオを歌ったイタリアの名ドラマティック・メッゾ、バルビエリ。有名な「エウリディーチェを 失って」では豊かな声と表現力で圧巻の歌唱を披露しています。
アメリカの著名な音楽評論家ジョン・アードイン(1935−2001)は、ファン必読の名著で以下のように「魅力ある録音」と称賛しています。 「フルトヴェングラーがグルックの“静謐な明快さと高貴な華麗さ”に心惹かれ、グルック作品を古典様式の典型と考えていたことは、演奏会のプログラムからも明 らかです。晩年には「アルチェステ」「アウリスのイフィゲニア」の序曲がレパートリーに常時顔を出していたが、「オルフェオとエウリディーチェ」に関しては、こ のミラノ盤がマンハイム時代以来ひさびさの演奏だった。(中略) ミラノ・スカラ座の「オルフェオとエウリディーチェ」は、キャストに不安定な面があるにもかかわらず、魅力ある録音です。フルトヴェングラーは威厳を保ちつつ も柔軟に取り組んでおり、神話の根底にある人間性と犠牲的精神を充分にしみ通らせています。スカラ座Oの音は無傷とは言えないものの、ふくらみと暖か さがあり、指揮者の手によって一段上の透明さと表現力が引き出されています。この曲では、黄泉の国ハデスの暗く不気味な響きと、極楽エリュシオンにグルックが 当てた光の動きが対比されねばならないが、フルトヴェングラーはその対比を見事に作り出した。 全体を通して音楽は心地よく流れ、フルトヴェングラーのはっきり出るはずのテンポの揺らぎも、ここでは控えめで節度がある。オーケストラの演奏に当時の時代感 覚を見いだすとすれば、それは総譜の根底に流れているとフルトヴェングラーが看破した、抑制感と美しさでしょう。 しかもここでは、古典的な端正さと、ロマン派的な率直さがうまく同居しています。たとえば序曲は、グルックが指定したアレグロ・モルトというよりアレグロ・マエス トーソであり、冒頭の<喪の合唱>も、引いては寄せる悲しみのため息のようだ。この演奏を聴いていると、グルックという作曲家は、バロック後期と、やがてベー トーヴェンの登場によって再形成される世界にはさまれた過渡期の存在だったことがあらためて認識されます。」 (ジョン・アードイン著 藤井留美訳「フルトヴェングラー・グレート・レコーディングズ」音楽之友社刊、2000年)

(市販)世界初出LPとなった伊チェトラ盤(LO-19)。ミラノ、ディスコス社制作のこの音源をキングレコード(セブンシーズ・レーベル)は1980年に国内発売 しましたが、CD化は未対応のまま。今回、このアナログテープ(2トラック、38cm/秒)から、キング関口台スタジオで41年ぶりにデジタル・リマスタリング。初 のCD化になります! 51年録音ということで、鮮明度は十分とはいえませんが、アナログ録音の質感をだいじにした音作りになっております。 版の違いで筋を追うのを日本語解説と歌詞対訳でフォロー。歌詞対訳はキングインターナショナルHP(WEBサイト)に掲載します。ファンなら待望、必聴・必携!フルトヴェングラーの 遺産として大いなる価値があるCDの復活といえるでしょう。 (Ki)

ALBANY
TROY-1841(1CD)
ダニエル・トーマス・デイヴィス:歌劇「家族の秘密/キスとキン」 アンドレア・エディス・ムーア(母、娘)
ジェーン・ホールディング(友、隣人)
ティモシー・マイヤー(指)アンサンブル

録音:2019年
作曲者の生年が記載されていないが、ブックレットの写真から若手と思われます。ミニガン大 学、王立音楽アカデミーで学び、その後ロンドン・シンフォニエッタやアノニマス 4 などから作曲 の委嘱を受け、アメリカ国内で高い評価を受けています。このアルバムは室内アンサンブルを伴 奏に女声二人の対話で進む二人劇ともいえる歌劇。オフ・ブロードウェイで上演されていてもお かしくないポピュラリティとモダンさを兼ね備えた秀作オペラです。

Sterling
CDA-1835/18362
(2CDR)
歌唱の芸術〜ダーヴィド・ビョーリングへのオマージュ 第4集
[Disc 1]
マイアベーア:歌劇 「アフリカの女」 − おお、パラダイス(第4幕)
グノー:歌劇「ファウスト」 − 挨拶しよう!慎ましく清らかな家よ(第3幕)
ビゼー:歌劇 「真珠とり」 − 耳に残るは君の歌声(第1幕)
マスネ:歌劇「マノン」 − 目を閉じると見える(第2幕)
マスカーニ:歌劇 「カヴァレリア・ルスティカーナ」 − おかあさん、あの酒は強いね
プッチーニ
:歌劇 「トスカ」 − 妙なる調和(第1幕)
ヴェルディ
:歌劇 「運命の力」 − 生きることは地獄だ、この不幸な者には(第3幕)
プッチーニ
:歌劇 「ラ・ボエーム」 − 冷たい手を(第1幕)、歌劇 「トゥーランドット」 − 寝てはならぬ(第3幕)
ビゼー:歌劇 「カルメン」 − おまえの投げたこの花を(第2幕)
マスネ
:歌劇 「ル・シッド」 − 統べたまい、裁きたもう御父よ(第3幕)
ジョルダーノ:歌劇 「アンドレア・シェニエ」 − ある日、青空を眺めて(第1幕)
ヴェルディ
:歌劇 「アイーダ」− もし私がその戦士であったなら…清きアイーダ(第1幕)、歌劇 「トロヴァトーレ」 − 見よ、恐ろしい炎を(第3幕)
ワーグナー:歌劇 「ローエングリン」 − はるかな国に(第3幕)
[Disc 2]
ウルフ・ヴェスレーン(1927?2009)(編):7つのスウェーデン民謡、水の精のポルスカ、東の国へ私は行こう、喜びの花、すべて天空のもとに、さあ, 大いに飲もう, 生あるかぎり、うるわしき水晶、ああ, 美しいヴェルムランドよ
カール・レオポルド・シェーベリ:トゥーネナ(音楽)
エーリク・グスタフ・イェイエル:羊飼いの少年の歌
フィンランド民謡(グンナル・ハーン(1908?2001)編):なんと美しい野バラ
ハインリヒ・プファイル:湖はおだやかに憩う Op.10 no.1
アルムクヴィスト:幾千もの星のこと/君はひとりで歩んではいない
ステーンハンマル:森で
シェールリング:白いバラ
ペッテション=ベリエル:菩提樹の陰の乙女、君の名を書いた、空にある星のように、受け継いだもの、それは憧れ
イーヴァル・ヴィデーン:セレナード「松と白樺の葉が」
ラングストレム:夏の夜
アルヴェーン:森は眠る Op.28 no.6
アウグスト・セーデルマン:ヘイメル王とアスローグ
ステーンハンマル:メロディ「君だけが牧場を歩いてゆく」、オルフェウスが竪琴を手に
シベリウス
:黒いばら Op.36 no.1、逢い引きから帰ってきた娘 Op.37 no.5、三月の雪の上のダイアモンド Op.36 no.6、夢だったのか Op.37 no.4、夕べに Op.17 no.6s
ラーシュ・ビョーリング(T)、
リリアン・カールソン(P)、
ハッリ・エーベット(P)、
カール=オト・エラスミー(P)、
ヤン・エイロン(P)、
ブリタ・リグネル(P)、
アヌーシュカ・ムケルジー(P)、
ジョン・マッケイ(P)、
セルゲイ・レズニコフ(P)、
ウルフ・ヴェスレーン(P)、
ピアニスト不明

録音:1978年、1985年、2014年、1975年−1990年
スウェーデン音楽史と世界のオペラ史に名を残すテノール歌手、ユッシ・ビョルリング(ユシー・ビョーリング)の子、テノール歌手のラーシュ・ビョーリングによる、祖父ダーヴィド(1873?1926)へのオマージュ。シリーズ第4集では、オペラのアリアと、スウェーデンとフィンランドの民謡とバラードと歌曲が歌われます。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

Chateau de Versailles Spectacles
CVS-030
(2CD+DVD+Bluray)
NX-D11
モーツァルト:歌劇「魔笛」
フランス語歌唱
台本…エマヌエル・シカネーダー
パミーナ…フローリー・ヴァリケット(S)
タミーノ…マティアス・ヴィダル(T)
パパゲーノ…マルク・スコフォニ(Br)
夜の女王…リザ・モスタン(S)
ザラストロ…トミスラフ・ラヴォワ(Bs)
パパゲーナ…ポリーヌ・フェラッチ(S)
モノスタトス…オリヴィエ・トロマンシュラーゲル(T)
夜の女王の侍女1…シュザンヌ・ジェローム(S)
夜の女王の侍女2…マリー・ゴートロ(Ms)
夜の女王の侍女3…メロディ・リュヴィオ(C.A)
神託の声…マチュー・ルクロアール(Br)
神官1…マチュー・シャピュイ(T)
神官2…ジャン=クリストフ・ラニエス(Br)
童子1…エマ・ド・ラ・サル(S)
童子2…タニーナ・ラウス(S)
童子3…ガランス・ラポルト・デュリエ(S)
幼少のタミーノ…デジレ・リュベク(Boy-S)
ル・コンセール・スピリチュエル (合唱、管弦楽/古楽器使用)
エルヴェ・ニケ(指)
演出…セシル・ルーサ、ジュリアン・リュベク

収録:2020年1月、ヴェルサイユ王室歌劇場
収録時間:142分11秒(CD)/2時間29分(DVD&Blu-ray)
【DVD&Blu-ray】
字幕:フランス語、英語、ドイツ語
NTSC Region All
映像:16:9
音声:STEREO & 5.1ch (詳細不明)
バロックの知られざる声楽曲の大作を数多く蘇演し、ヘンデル、ボワモルティエ、リュリ、デトゥーシュ、ヴィヴァルディ、カテル……と有名無名にか かわらず痛快なステージや録音に仕上げるフランス古楽界の異才エルヴェ・ニケ。近年はサン=サーンスやダヴィドなど19世紀フランス・ロマン 派の舞台作品でも鮮烈な演奏で多くの人々を魅了していますが、その圧倒的なパフォーマンスは舞台演出や映像との相性も抜群。今回の 「魔笛」は近年躍進めざましい演出家ルーサ&リュベクによる、バンド・デシネ(フランス大衆漫画)のアニメーションも組み込んだ独特なステー ジになっていますが、何より注目すべきはニケが自らの母語であるフランス語の台本でこの傑作をとりあげたこと。言語が変わるだけで一転、 モーツァルトの古典美にケルビーニの革命期オペラやグレトリーのオペレッタにも通じるフランス的色彩感とスリルが加わり、演奏陣の物語への傾 倒ぶりとあいまって痛快な演奏効果がもたらされます。夜の女王を演じるリザ・モスタンも堂々の歌唱。モノスタトス役のオリヴィエ・トロマンシュ ラーゲルが繰り出す古典発音のおかしみも独特の趣きを演出に添えています。傑作のありようを問い直す、古楽系指揮者の真骨頂発揮とも 言えるプロジェクト。映像とCDが揃ったセットでの発売です。

Opus Arte
OA-1332D(DVD)
NX-C10

OABD-7287D(Bluray)
NX-D09
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」 全4幕

【特典映像】
・ロイヤル・オペラが「ラ・ボエーム」を上演するわけ
・アントニオ・パッパーノ「ラ・ボエーム」を語る
(OA1272D、 OABD7248Dと同内容)
・キャスト・ギャラリー
ロドルフォ…チャールズ・カストロノヴォ(T)
ミミ…ソーニャ・ヨンチェヴァ(S)
マルチェッロ…アンドレイ・フィロンチク(Br)
ムゼッタ…シモーナ・ミハイ(S)
ショナール…ジュラ・ナギー(Br)
コッリーネ…ピーター・ケルナー(Bs)
ブノワ…ジェレミー・ホワイト(Bs)
アルチンドロ…エディ・ウェイド(Br)
パルピニョール…アンドルー・マクネア(T)
コヴェントガーデン王立歌劇場O&cho
エマニュエル・ヴィヨーム(指)
演出…リチャード・ジョーンズ

収録:2020年1月29日 コヴェントガーデン王立歌劇場
収録時間:本編119分、特典映像10分
字幕:日本語、英、仏、独、韓
映像:16:9 NTSC All Region 片面2層(DVD、Blu-ray)
1080i High Definition(Blu-ray)
音声:LPCM 2.0 & DTS Digital Surround 5.1(DVD)
LPCM24bit 2.0 & DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
ロイヤル・オペラの人気演目の一つ「ラ・ボエーム」。往年のゼッフィレッリ演出と並び、コヴェントガーデン発の名演出としての誉れの高いジョン・コープリーの演出は、2017年リチャー ド・ジョーンズによる新演出としてリニューアルされました。半世紀近くの歴史を誇ったコープリー演出に対し、全体的に舞台はシンプルになり、それゆえに演じる歌手たちの演技と歌 が映える新鮮さに満ちたもの。一方、パリの賑やかなクリスマス夜のシーンは華やかさを増し、その後の物語の哀しさを引き立たせています。本収録では、国際的に活躍するフラン スの指揮者エマニュエル・ヴィヨームのしなやかで生気に満ちた音楽作りに応え、ミミを演じるヨンチェヴァが持ち前のリリカルな歌唱力に加え熱い演技で見るものを引き込まずにおき ません。ロドルフォを演じるカストロノヴォを始め、脇を固めるフィロンチク、ミハイらも瑞々しい演技歌唱でこの永遠の青春群像ドラマに花を添えます。

ORFEO
C-210062(2CD)
NX-C09
ヴェルディ:歌劇「仮面舞踏会」 グスタフ…ピョートル・ベチャワ(T)
レナート(アンカーストレム) …ドミートリー・ホロストフスキー(Br)
その妻アメリア…クラッシミラ・ストヤノヴァ(S)
黒人の女占い師ウルリカ…ナディア・クラステヴァ(Ms)
小姓オスカル…ヒラ・ファヒマ(S)
ホルン伯爵…アレクサンドル・モイシュク(T)
ワルティング伯爵…ソリン・コリバーン(Bs-Br)
クリスティアーノ…イーゴリ・オニシュチェンコ(Br) 他
ウィーン国立歌劇場O&cho
ヘスス・ロペス=コボス(指)

録音:2016年4月(ライヴ) ウィーン国立歌劇場
ヴェルディが1856年に作曲した「仮面舞踏会」は、アントニオ・ソンマが実際に起きた事件をもとに台本を書いた作品。原作のウジェーヌ・スクリーブ の戯曲はスウェーデンの啓蒙専制君主グスタフ3世が1792年に仮面舞踏会の壇上で暗殺された事件を題材に、王と暗殺者アンカーストレム伯爵 の妻との架空の恋を絡ませたものでしたが、王の暗殺という題材がナポリの検閲に引っかかったため、舞台をボストンに移すことでようやく上演がかなっ たといういきさつを持ちます。ウィーン国立歌劇場においても、1870年に最初の上演が行われて以来、500回以上も上演が行われるという人気演 目になっています。20世紀に入ってからはようやく舞台をスウェーデンに戻しての上演が増え、この2016年の録音もスウェーデン版で行われていま す。 演者にはベチャワやストヤノヴァ、モイシュクらスター歌手が配され、ヴェルディの緊迫した物語を盛り上げますが、中でも病を押して素晴らしい歌唱を 聴かせたホロストフスキーの圧倒的な存在感が強烈な印象を残します。全体をまとめるのはスペインの名指揮者ヘスス・ロペス=コボス。情熱的な ヴェルディの音楽を威厳を持ってまとめ上げています。

OEHMS
OC-980(3CD)
NX-D02
シュレーカー:歌劇「はるかなる響き」 全3幕 フランクフルト歌劇場O&cho
フランクフルト歌劇場のエキストラ
セバスチャン・ヴァイグレ(指)

録音:2019年3、4月(ライヴ) フランクフルト歌劇場
1912年8月18日にフランクフルト歌劇場で初演されたフランツ・シュレーカーの歌劇「はるかなる響き」。彼の2作目の歌劇であり、ワーグナーやリヒャ ルト・シュトラウス直系の濃厚なロマンティシズムを持つこの作品は、初演と同時に大人気を博し、1920年のプラハではツェムリンスキーがチェコ初演 を指揮し、また1925年にはエーリヒ・クライバーがベルリン国立歌劇場で上演を行うなど人気を獲得していきました。 この作品はシュレーカーの名声を押し上げるのに一役買いましたが、後にナチスにより"退廃音楽"の烙印を押されてしまい、その後は歌劇場のレ パートリーから姿を消してしまいました。20世紀末になってようやく人気が復興、近年は日本を含め世界中の歌劇場で上演が行われています。 2019年に読売日本SOの常任指揮者に就任し、2020年12月にもコロナ禍の中来日し、第九を演奏したセバスチャン・ヴァイグレは、20世 紀初頭の作品を重要なレパートリーにしており、このフランクフルト歌劇場にとっても大切な作品である「はるかな響き」では、オーケストラの厚い響き にも負けない強靭な声を持つ歌手を揃え、熱意を持って演奏しています。
OEHMS
OC-982(2CD)
NX-D02
ヤナーチェク:歌劇「利口な女狐の物語」 女狐…ルイーズ・オルダー(S)
雄狐…ジェニー・カールステット(Ms)
森番…サイモン・ニール(Br)
森番の妻…ジョアンナ・クラススカ=モトゥレヴィチ(Ms)
校長…ボウ・ギブソン(T)
司祭…マグヌス・バルトヴィンソン(Bs)
ハラシュタ:行商人…セバスティアン・ガイヤー(Br)
きつつき…ニーナ・タランデーク(Ms)
雄鶏…マイケル・マカウン(T)
雌鶏…ブリッタ・シュタルマイスター(S)
宿屋の女主人…ノーラ・フリードリクス(S) 他
フランクフルト歌劇場児童cho
フランクフルト歌劇場O&cho
ヨハネス・デブス(指)

録音:2016年4月、5月(ライヴ)
フランクフルト歌劇場
一見民話風、あるいは童話風に見えるヤナーチェクの歌劇「利口な女狐の物語」。 ブルノの新聞に掲載されたルドルフ・ティエスノフリーデクの物語に感銘を受けたヤナーチェクが、これをもとに自ら起こした台本では「早耳の女狐ビスト ロウシュカ」は本能のおもむくままに獲物を捕らえ、恋におち、最後は人間に射殺されてしまいます。このヒロインの死は致命的な病気でも、傷ついた 心でもなく、自然のサイクルとして表現されており、死と再生を繰り返す自然への賛美と畏怖が込められています。モラヴィア民謡を散りばめた音楽 は、チェコ語の会話にぴったりと寄り添い、登場人物たちを生き生きと描写、また歌手たちの闊達なやりとりも見事です。ドイツ生まれの指揮者ヨハネ ス・デブスは世界中の歌劇場で経験を積んだベテランです。

Dynamic
DYNDVD-37897(DVD)
NX-D05

DYNBRD-57897(Bluray)
ワーグナー:楽劇「ラインの黄金」 ヴォータン…ニコライ・ペトロフ(Br)
ドンナー…クラスタン・クラスタノフ(Bs)
フロー…ミロスラフ・アンドレーエフ(T)
ローゲ…ダニエル・オストレツォフ(T)
アルベリヒ…ビセル・ゲオルギエフ(Bs-Br)
ミーメ…クラシミール・ディネフ(T)
ファーゾルト…ステファン・ヴラディミロフ(Bs)
ファーフナー…ペタル・ブチコフ(Bs)
フリッカ…ルミャーナ・ペトロヴァ(Ms)
フライア…ヴェセリーナ・ヴァシレヴァ(S)
エルダ・・・ブラゴヴェスタ・メッキ=ツヴェトコヴァ(A)
ヴォークリンデ…イリーナ・ジェコヴァ(S)
ヴェルグンデ…ドロテア・ドロテーエヴァ(Ms)
フロースヒルデ…ツヴェタ・サラムベリエヴァ(A)
ソフィア国立歌劇場O&バレエ団
指揮:パヴェル・バレフ
演出:プラメン・カルタロフ

収録:2010年5月25日ソフィア国立歌劇場(ブルガリア)
収録時間:161分
音声:ドイツ語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD,Blu-ray
DVD…DVD 片面二層×1 片面単層×1
Blu-ray・・・BD 片面二層ディスク 1080i High Definition
地底の支配者アルベリヒが、ラインの乙女が守っていたラインの川底の黄金を奪って創り上げた指環。手にした者が限りない力を得るというこの指環 を、神々の長ヴォータンは火の神ローゲの知恵を借りてアルベリヒからだまし取ります。怒ったアルベリヒが指環に死の呪いをかけたため、ヴォータンは建 てさせた城の代償のひとつとして、しぶしぶ指環を巨人の兄弟に渡します。ヴォータン率いる神々は、虹の橋を渡りそのヴァルハラ城へ入場。ここから 神々の没落が始まります。 ボリス・クリストフやヴェッセリーナ・カサロヴァをはじめ、数々の名歌手を輩出することで知られる歌の国ブルガリア。本作は、この国を代表するソフィア国 立歌劇場が2010年に総力を挙げて上演したワーグナーの「ニーベルングの指輪」の上演収録です。その第1弾は序夜「ラインの黄金」。第2次世界 大戦後から、世界各地の歌劇場で次々と新演出による上演が生まれ、そのたびに話題を集める「ニーベルングの指環」。このソフィア歌劇場による上 演も斬新な演出により、その上演史に新たな一章を加えることになりました。この「ラインの黄金」は往年のSF映画を彷彿させるようなオープニング映 像に始まり、ニコライ・パナヨトフがデザインした舞台装置では、ライン川を象徴する巨大な円盤(その中でラインの乙女たちがトランポリンで飛び跳ね ながら歌う)と、舞台につるされたいくつものコーン(三角錐)に、投影されるプロジェクション・マッピングにより情景の変化が描かれます。登場人物の 多くはアニメ映画のキャラクターのようなキッチュな装束をまといコミカルな姿で登場します。 上演にあたっては、ブルガリアの実力派の歌手たちが集結。中でもローゲを歌ったオストレツォフと、エルダ役のメッキ=ツヴェトコヴァの歌唱はとりわけ高 く評価され、指揮者パヴェル・バレフは本上演によりブルガリアの「年間最優秀指揮者」の栄誉をを受けました。

C Major
80-3908(2DVD)

80-4004(Bluray)
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

ボーナス映像:執念と完璧のあいだで〜第二弾:ドン・ジョヴァンニ
アンドレ・シューエン (ドン・ジョヴァンニ )
ルー ベン・ドローレ ( レポレッロ )
クリスティーネ・シェーファー(ドンナ・アンナ)
マイテ・ボーモン(ドンナ・エルヴィーラ)
マリ・エリクスメン ( ツェルリーナ )
マウロ・ペーター(ドン・オッターヴィオ )
ミカ・カレス( マゼット&騎士長 )
ニコラウス・アーノンクール(指)
ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
アルノルト・シェーンベルクcho
演出、映像監督:フェリックス・ブライザッハ

収録:2014年3月17日&19アン・デア・ウィーン劇場(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ、DTS5.1
原語:イタリア語
字幕:独英仏韓,日本語
ドキュメンタリー:独英韓,日本語
リージョン:All、DVD9
オペラ:196 分、ドキュメンタリー:52 分
◆Bluray
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、DTS-HD MA5.1
原語:イタリア語
字幕:独英仏韓,日本語
ドキュメンタリー:独英韓,日本語
リージョン:All 、BD50
オペラ:196 分、ドキュメンタリー:52 分
2014年3月、アン・デア・ウィーン劇場でニコラウス・アーノンクールが行った、モーツァルトのダ・ポンテ三部作の第2弾は「ドン・ジョヴァンニ」。本上演は、ア ン・デア・ウィーン劇場の新制作「コジ・ファン・トゥッテ」で演出家の降板騒ぎをうけて、アーノンクールはセミ・オペラ形式で、ダ・ポンテ三部作をひと月のうちに 一挙上演するということになり、大変話題となった公演です。 「ドン・ジョヴァンニ」は、ドン・ジョヴァンニの華麗なる恋愛遍歴と壮絶なな最期を描いた作品。美しいアリアの数々と、衝撃的なラストは人々を魅了するストー リーです。タイトルロールには、イタリア生まれの魅力的な声質を持つバリトン歌手アンドレ・シューエン。そしてドン・オッターヴィオには、ヴンダーリヒの再来とも 言われるイギリスのテノール、マウロ・ペーター。女性陣には、ベテランのクリスティーネ・シェーファーがドンナ・アンナを歌い、高い音楽性を聴かせてくれます。 アーノンクールは、このダ・ポンテ三部作の上演にあたって以下のように述べています。「演出上の解釈はなしに、モーツァルトの指示に厳密に従うべき」その言葉 通り、演出に左右されることなく、モーツァルトの音楽を堪能することができる上演と言えるでしょう。 本商品には、アーノンクールがこの上演を行うまでのドキュメンタリー「執念と完璧のあいだで〜第二弾:ドン・ジョヴァンニ」が収められており、アーノンクールの 音楽作りを存分に味わうことができます。

C Major
75-7308(DVD)

75-7404(Bluray)
ジョルダーノ:歌劇「アンドレア・シェニエ」 ユシフ・エイヴァゾフ (アンドレア・シェニエ)
アンナ・ネトレプコ (マッダレーナ)
ルカ・サルシ (カルロ・ジェラール)
アンナリーザ・ストロッパ (ベルシ)
マリアーナ・ペンチェヴァ (コワニー伯爵夫人)
ガブリエレ・サゴーナ (ルーシェ)
フーキエ・ダンヴィル (フーキエ・ダンヴィル)
フランチェスコ・ヴェルナ ( マチュー)
カルロ・ボシ (無信仰者)
ロ マーノ・ダ ル・ゾーヴォ ( シュミット )
ミラノ・スカラ座O&cho
リッカルド・シャイー(指)
演出:マリオ・マルトーネ

収録:2017年12月 ミラノ・スカラ座(ライヴ)
◆DVD
画面:NTSC,16:9
音声:PCM ステレオ、DTS5.1、
DD5.1
リージョン:All
DVD9
字幕:英独仏韓,日本語
原語:イタリア語、128分
◆Bluray
画面:HD,1080i,16:9
音声:PCM ステレオ、DTS-HD MA5.1
リージョン:All
BD50
字幕:英独仏韓,日本語
原語:イタリア語、128分
フランス革命時に実在した詩人シェニエと伯爵令嬢マッダレーナの悲恋を描いたジョルダーノの傑作「アンドレア・シェニエ」。世界最高の歌姫アンナ・ネトレプ コと夫のユシフ・エイバゾフが、シェニエとマッダレーナを演じて大きな話題となった公演の映像がリリースされます。 1896年にミラノ・スカラ座で初演された本作は、同劇場ではリッカルド・シャイーが32年前に上演した以来となります。新プロダクションの演出は映画、演劇監 督としても活躍するマリオ・マルトーネ。彼の映画的視点、時代性を細かく反映した演出により、見ごたえのある映像に仕上がっています。 歌手にとっては、旋律的な表現力と、ドラマティックな演技力の両方が求められている作品で、特に詩人シェニエは、各幕でのアリアなど幅広い音域での音楽的表 現が必要です。その点ではエイヴァゾフは素晴らしく、「ある日、青空をながめて」と「5月の晴れた日のように」は、歴代テノール歌唱の中でも光った存在と言える でしょう。またネトレプコも革命で母親が殺され、地獄のような日々を歌う「亡くなった母を」では、豊かで艶やか声と巧みな表現力で絶唱を聴かせてくれていま す。そしてシャイーの活力ある意欲的な音楽作りが全体を推進しています

Capriccio
C-5382(2CD)
NX-C05
シュルホフ 歌劇「炎」 ドン・ファン…レイモンド・ヴェリー(T)
ラ・モルテ…イリス・フェルミリオン(Ms)
女性/尼僧/マルガレーテ/ドンナ・アンナ…ステファニー・フリーデ(S)
総督…サルバドール・フェルナンデス=カストロ(Br)
影1…ガブリエラ・ボーネ(S)
影2…ニーナ・ベルンシュタイナー(S)
影3…アンナ・ペシェス(C.A)
影4…クリスタ・ラッツェンベック(Ms)
影5…ヘルミーネ・ハーゼルベック(Ms)
影6…エリザベト・ヴォルフバウアー(Ms)他
アルノルト・シェーンベルクcho
ジャズ・バンド…Vereinigten Buhnen Wien(ウィーン劇場協会)オーケストラのメンバー
ベルトラン・ド・ビリー(指)
ウィーンRSO

録音:2006年8月5,7,10,14日(ライヴ)
アン・デア・ウィーン劇場(オーストリア)
17世紀スペインの伝説上の人物「ドン・ファン」。彼の存在は多くの芸術家たちの創作欲を刺激し、常に新しい解釈による人物像が生み出されてい ます。チェコの作家ヨーゼフ・ベネシュは、ドン・ファンを死(ラ・モルテ)に魅せられた、地獄へ落ちることもできない"永遠の命"を与えられた存在として描 き出しました。様々な女性たちが彼に対して欲望を覚えることで、ドン・ファンの死への衝動が一時的に抑圧されますが、どんな愛も彼の絶望した心に 救いをもたらすことはありません。そして常にうごめく影たちはドン・ファンのコンプレックスの象徴であり、それは最終場面まで彼につきまといます。シュル ホフがこの物語に付けたのは、後期ロマン派風の音楽と、フォックストロットやラグタイムなど20世紀初頭に流行し始めたジャズ風の音楽。これらが交 錯し、燃え盛る炎に例えられた人間の欲望が解き明かされていきます。ヴェリーやフェルミリオンらの歌手たちの見事な歌唱に加え、近代オペラを得意 とするド・ビリーが、複雑な音楽を見事にまとめています。

Opus Arte
OA-1330D(2DVD)
NX-C10

OABD-7285D(Bluray)
NX-D09
グノー:歌劇「ファウスト」

【特典映像】
・ロイヤル・オペラが「ファウスト」を上演する理由
・ダン・エッティンガーとアーウィン・シュロットによる、
「ファウスト」におけるメフィストフェレスのキャラクターについての対話
・キャスト・ギャラリー
ファウスト…マイケル・ファビアーノ(T)
メフィストフェレス…アーウィン・シュロット(Bs)
マルグリット…イリーナ・ルング(S)
ヴァグネル…へルマン・E. アルカンタラ(Br)
ヴァランタン…ステファーヌ・デグー(Br)
シエベル…マルタ・フォンタナルス=シモンズ(Ms)
マルト・シュヴェルトラン…キャロル・ウィルソン(Ms)
メーガン・グリフィス、ヤセット・ロルダン(プリンシパル・ダンサー)
コヴェントガーデン王立歌劇場O&cho
ダン・エッティンガー(指)
演出…デヴィッド・マクヴィカー

収録:2019年4月18、30日 コヴェントガーデン王立歌劇場
収録時間:本編178分、特典映像8分
字幕:、英、仏、独、韓
映像:
16:9 NTSC All Region 片面2層(DVD、Blu-ray)
1080i High Definition(Blu-ray)
音声:
LPCM 2.0 & DTS Digital Surround 5.1(DVD)
LPCM 2.0 & DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
ドイツ文学史に屹立する文豪ゲーテの『ファウスト』(第一部)を、近代フランス音楽の名匠グノーが流麗で劇的な歌劇に結実させた「ファウスト」。本上演は2004年の初演以 来、英国ロイヤル・オペラの定番演目となっているマクヴィカー演出によるものです。これは舞台を16世紀のドイツから作曲当時の19世紀後半のパリに移し、作品に秘められた官 能性と精神性の対立、分裂を鮮やかに抉り出し、作品の終幕のマルグリットの救済にも問いを投げかけるという瞠目すべきもの。このプロダクションは2019年の同歌劇場の来日 公演でも大きな話題となりました。本映像では、外題役ファウストを情熱的に歌い上げるファビアーノ、悪魔メフィストフェレスを野性味たっぷりのシュロット、マルグリットの可憐さが 光るルングらが、素晴らしいパフォーマンスを繰り広げます。脇を固めるのは来日公演とほぼ同じキャスト、見事なコメディエンヌぶりで沸かせるマルト役のウィルソン、ヴァランタン役の テグー、ヴァグネル役のアルカンタラら。エッティンガーのキレのよいタクトが、この波乱に富んだ物語を抒情と緊張のバランスを見事に取りながら、弛みなく描き尽くします。

Signum Classics
SIGCD-658(1CD)
ヘンデリアン・パイロテクニクス〜ヘンデル:カウンターテナーのためのオペラ・アリア集
歌劇 「セルセ」 HWV.40より 「オンブラ・マイ・フ」
歌劇 「インド王ポーロ」 HWV.28より 「Se possono tanto due luci vezzose」
歌劇 「エジプトのジューリオ・チェーザレ」 HWV.17より 「武器の燦きをもって」、「Dall’ondoso periglio − Aure, deh, per pieta」
歌劇 「リナルド」 HWV.7より 「いとしい妻よ」
歌劇 「オルランド」 HWV.31より 「Cielo! Se tu il consenti」
歌劇 「ロンバルディア王妃ロデリンダ」 HWV.19より 「何処にいるの、愛しい人よ」
歌劇 「ラダミスト」 HWV.12より「航路を見失った船」、「わが妻のいとしい霊よ」
歌劇 「アグリッピーナ」 HWV.6より 「Tacero, purche fedele」
歌劇 「ゲルマニア王オットーネ」 HWV.15より 「Dopo l'orrore」
ウィリアム・タワーズ(C.T)、
アルモニコ・コンソート、
クリストファー・モンクス(ディレクター)

録音:2019年11月5日−6日、セント・マーク教会(レミントン・スパ、イギリス)
タリスの「40声のモテット」とストリッジョの「60声のミサ曲」を組み合わせたアルバム、「スーパーサイズ・ポリフォニー」(SIGCD 560)で大きな注目を集めたアンサンブル、アルモニコ・コンソートが、イギリスの傑出したカウンターテナーの一人、ウィリアム・タワーズとコラボレート。ウィリアム・タワーズはケンブリッジ大学の合唱スカラー、英国王立音楽カレッジで学び、ジョン・エリオット・ガーディナーの偉大なプロジェクト「バッハ:カンタータ巡礼」にも幅広くソリストとして参加した他、世界の主要な指揮者たちとオペラ、オラトリオの両面で共演してきました。ヘンデルの肯定的で生き生きとした側面を目指したというタワーズの悠々とした歌声で聴く、ヘンデルのオペラ・アリア集です。

BONGIOVANNI
AB-20040(DVD)
ドニゼッティ:歌劇『トルクァート・タッソー』 レ オン・アン(トル クァート・タッソー )
ジルダ・フィウーメ(エロノーラ・デステ)
ジョルジョ・ミッゼーリ(ロベルト・ジェラルディーニ)
マ ル ツィオ・ジョッジ(ドン・ゲラ ルド )
アンヌンツィアータ・ヴェストリ(スカンディアーノ伯爵夫人)
ガブリエレ・サゴーナ(アルフォンソ2世)
アレッサンドロ・ヴィオーラ(アンブロージョ)
ベルガモ音楽祭O&cho
セバスティアーノ・ロッリ(指)
演出:フェデリコ・ベルトラーニ

収録:2014年11月/ベルガモ、ドニゼッティ劇場
16:9、NTSC、Stereo
PCM、字幕:伊英、160分
リストの交響詩でも知られる16世紀イタリアの詩人タッソーを描き、1833年に初演されたドニゼッティの3幕のメロドラマ『トルクァート・タッソー』。『愛の 妙薬』(1832)や『ルクレツィア・ボルジア』(1833)と同時期のもので、ドニゼッティ自身とても力の入った作品で当時の反応は上々でした。 (Ki)

C Major
80-3708(2DVD)

80-3804(Bluray)
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」

ボーナス映像:執念と完璧のあいだで〜第一弾:フィガロの結婚
ボー・スコーフス(伯爵)
クリスティーネ・シェーファー(伯爵夫人)
マリ・エリクスモーン(スザンナ)
アンドレ・シュエン(フィガロ)
エリーザベト・クールマン(ケルビーノ)
イルディコ・ライモンディ(マルチェリーナ)
ペーター・カールマン(アントニオ)
マウロ・ペーター(バジリオ/ドン・クルツィオ)
クリスティーナ・ガンシュ(バルバリーナ)
ニコラウス・アーノンクール(指)
ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
アルノルト・シェーンベルクcho
演出、映像監督:フェリックス・ブライザッハ

収録:2014年3月6日&8日アン・デア・ウィーン劇場
◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ、DTS5.1
原語:イタリア語
字幕:独英仏韓,日本語
ドキュメンタリー:独英韓,日本語
リージョン:All、DVD9
オペラ:190 分
ドキュメンタリー:52 分
◆Bluray
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、
DTS-HD MA5.1
原語:イタリア語
字幕:独英仏韓,日本語
ドキュメンタリー:独英韓,日本語
リージョン:All、BD50
オペラ:190 分
ドキュメンタリー:52
2014年3月、アン・デア・ウィーン劇場でニコラウス・アーノンクールが行った、モーツァルトのダ・ポンテ三部作のブルーレイとDVDで登場します。 本上演は、アン・デア・ウィーン劇場の新制作「コジ・ファン・トゥッテ」で演出家の降板騒ぎをうけて、アーノンクールはセミ・オペラ形式で、ダ・ポンテ三部作をひ と月のうちに一挙上演するということになり、大変話題となった公演です。 演奏は、アーノンクールの手兵であるウィーン・コンツェントゥス・ムジクスのオリジナル楽器独特の響きと共に、クリスティーネ・シェーファー、エリーザベト・クール マンら豪華陣が登場。 アーノンクールの、「演出上の解釈はなしに、モーツァルトの指示に厳密に従うべき」という意見のもとに本上演はなされました。その言葉通り、演出に左右される ことなく、モーツァルトの音楽を堪能することができる上演と言えるでしょう。 本商品には、アーノンクールがこの上演を行うまでのドキュメンタリー「執念と完璧のあいだで〜第一弾:フィガロの結婚」が収められており、アーノンクールの音 楽作りを存分に味わうことができます。 (Ki)

EUROARTS
20-13104(Bluray)

20-13108(DVD)
ジルベスター・コンサート1998

(1)モーツァルト:「フィガロの結婚」より序曲・アリア〈とうとう嬉しい時が来た〜恋人よここに〉
(2)モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニ」よりセレナード〈窓辺においで〉
(3)モーツァルト:「魔笛」より二重唱〈愛を感じる男の人たちには〉
(4)モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニ」よりシャンペンの歌・二重唱〈お手をどうぞ〉
(5)ビゼー:「アルルの女」組曲よりカリヨン・ファランドール
(6)ロッシーニ:「泥棒かささぎ」序曲
(7)ヴェルディ:「リゴレット」より二重唱〈それは心の太陽〜さようなら〉・アリア〈慕わしい名〉・女心の歌
(8)ヴェルディ:「仮面舞踏会」よりアリア〈お前こそ心を汚す者〉
(9)ベルリオーズ:「ローマの謝肉祭」序曲
(10)チャイコフスキー:「エフゲニー・オネーギン」よりポロネーズ・手紙の場〈たとえ死ぬことになっても〉
(11)ヴェルディ:「椿姫」より乾杯の歌
クラウディオ・アバド(指)BPO

(1)クリスティーネ・シェーファー(S)
(2)サイモン・キーンリーサイド(Br)
(3)サイモン・キーンリーサイド(Br),
クリスティーネ・シェーファー(S)
(4)サイモン・キーンリーサイド(Br),
クリスティーネ・シェーファー(S)
(7)マルセロ・アルバレス(T),
クリスティーネ・シェーファー(S)
(8)
サイモン・キーンリーサイド(Br)
(10)ミレッラ・フレーニ(S)
(11)ミレッラ・フレーニ(S),
クリスティーネ・シェーファー(S),
サイモン・キーンリーサイド(Br),
マルセロ・アルバレス(T)

収録:1998年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)
◆Bluray
画面:16:9/Full HD
音声:PCMステレオ
リージョン:All
BD25、89分
◆DVD
画面:NTSC/16:9
音声:PCM Stereo
リージョン:All
DVD9、89分
ベルリン・フィルのジルヴェスターコンサート(ニューイヤー・イヴ・コンサート)は、1月1日のウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートと並ぶクラシック音楽界の一大イベントです。この度、クラウディオ・アバド指揮の1998年の演奏会が新装丁でブルーレイとDVDでリリースされます。「愛と憧れの歌」をテーマとし、モーツァルト、ヴェルディ等、有名オペラのアリアや情景と、ベルリオーズ、ビゼーの管弦楽曲を組み合わせた華やかなプログラムです。ヨーロッパで活躍するオペラ歌手が勢揃いし、大晦日のベルリンの夜を盛り上げています。特に注目なのが、イタリアの大ソプラノ、ミレッラ・フレーニが、得意の歌劇「エフゲニー・オネーギン」より〈手紙の場〉を歌い、貫禄の歌声を披露しています。そして、当時世界的デビューの直後であった、ドイツのソプラノ、クリスティーネ・シェーファー、アルゼンチンのテノール、マルセロ・アルバレス、イギリスのバリトン、サイモン・キーンリーサイドの3人の、若々しい姿と歌声も聴きどころです。

ARTHAUS
10-9434DVD(DVD)

10-9435BD(Bluray)
オッフェンバック:歌劇『ホフマン物語』 カール=フリッツ・フォイクトマン(指)
ベルリン・コーミシェ・オーパーO&cho
演出:ヴァルター・フェルゼンシュタイン
舞台:ラインハルト・ツィンマーマン
衣装:ヘルガ・シェルフ
ハンス・ノッカー(ホフマン)
シルヴィア・クチムスキ(ニクラウス/ミューズ)
メリタ・ムーセリ(ステッラ、オリンピア)
ルドルフ・アスムス(リンドルフ、コッペリウス)
ヴェルナー・エンダース(コシュニーユ、ピティキナッチョ)
ヴラディミル・バウアー(スパランツァーニ)
ウヴェ・クライツィヒ(ナタナエル)
ハインツ・ケーグル(ルター)
アルフレート・ヴルブレフスキ(クレスペル)
制作:1970年、DEFA

◆DVD
10-9434DVD(DVD)
画面:16:9,NTSC
音声:PCMステレオ
字幕:独英仏西
原語:ドイツ語
リージョン:All、131分
◆Bluray
画面:16:9,1080i
音声:PCMステレオ
字幕:独英仏西
原語:ドイツ語
リージョン:All、131分
ARTHAUS
10-9436DVD(DVD)

10-9437BD(Bluray)
オッフェンバック:歌劇『青ひげ』 カール=フリッツ・フォイクトマン(指)
ベルリン・コーミシェ・オーパーO&cho
演出:ヴァルター・フェルゼンシュタイン
舞台:ポール・レーマン
ハンス・ノッカー(青ひげ)
アニー・シュレム(ブロット)
ヴェルナー・エンダース(ボベーシュ王)
ルート・ショープ=リプカ(クレマンティーヌ王女)
イングリット・チェルニー(エルミア王女)
マンフレート・ホップ(サフィール王子)
ルドルフ・アスムス(ポポラニ)
ヘルムート・ポルツェ(オスカル伯爵)
ハンス=オットー・ロッゲ(アルヴァレス)

制作:1973年、DEFA
◆DVD
画面:16:9,NTSC
音声:PCMステレオ
字幕:独英仏西
原語:ドイツ語
リージョン:All、139 分
◆Bluray
画面:16:9,1080i
音声:PCMステレオ
字幕:独英仏西
原語:ドイツ語
リージョン:All、139 分
20世紀を代表するオペラ演出家、ヴァルター・フェルゼンシュタイン(1901-1975)は、1947年にベルリン・コーミッシェ・オーパーを創設し、芸術監督 として同劇場の名声を世界的なものにまで高めたことで知られています。フェルゼンシュタインの演出の最大の特徴は、オペラを東ドイツの国民すべてが理解で きる国民音楽劇(ムジークテアター)として提示することでした。 今回 ARTHAUS MUSIK からは、オッフェンバックの2つの作品が再発売されます。オッフェンバックはフェルゼンシュタインが再評価したことで、当時オペラ 界に衝撃が走った上演。このリリースにあたっては、新たに35mmオリジナルフィルムを4Kリマスターされました。
本映像は、フェルゼンシュタインの作品をテレビ放映するために制作されました。バーベルスベルクのDEFA(映画製作会社)のスタジオには舞台が組み上げ られ、上演さながらの装置でスタジオ収録が行われました。台詞や歌詞はすべてフェルゼンシュタインによるドイツ語訳詩。1970年代のオペラ史を振り返る文 化的映像遺産と言えるでしょう。 (Ki)

Dynamic
DYNDVD-37849(2SACD)
NX-D05

DYNBRD-57849(Bluray)
NX-D05
ドニゼッティ:歌劇「ルクレツィア・ボルジア」 ルクレツィア・ボルジア…カルメラ・レミージョ(S)
ジェンナーロ…シャビエル・アンドゥアーガ(T)
マッフィオ・オルシーニ…ヴァルドゥイ・アブラハミヤン(Ms)
ジェッポ・リヴェロット…マヌエル・ピエラテッリ(T)
ドン・アポストロ・ガゼッラ…アレックス・マルティーニ(Br)
アスカニオ・ペトルッチ…ロベルト・マイエッタ(Br)
オロフェルノ・ヴィテロッツォ…ダニエレ・レッティエーリ(T)
グベッタ…ロッコ・カヴァルッツィ(Bs)
ルスティゲッロ…フェデリコ・ベネッティ(Bs) 他
リッカルド・フリッツァ(指)
ルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレO
ピアチェンツァ市立劇場cho
演出:アンドレア・ベルナール

収録 2019年11月22-24日 ベルガモ、イタリア・ドニゼッティ音楽祭 2019

収録時間:144分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)

字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All RegionDVD
DVD…DVD 片面二層+片面単層ディスク
Blu-ray・・・BD 片面二層ディスク 1080i High Definition