湧々堂HOME 新譜速報 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 歌劇 バロック 廉価盤 シリーズ
旧譜カタログ チャイ5 殿堂入り 交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 歌劇 バロック


オペラ・新譜速報1


※発売済のアイテムも含めて、約3ヶ月間掲載しています。
※新しい情報ほど上の段に記載しています。
※表示価格は全て税込みです。



仏Bel Air
BAC-188(DVD)
NX-D03

BAC-488(Bluray)
NX-D03
リムスキー=コルサコフ:歌劇「サトコ」 サトコ(ノヴゴロドのグースリ弾き)…ナジミディン・マヴリャーノフ(T)
ヴォルホヴァ(海の王の娘)…アイーダ・ガリフッリーナ(S)
リュバーヴァ・ブスラーエヴナ(サトコの妻)
…エカテリーナ・セメンチュク(Ms)
ネジャータ(キエフのグースリ弾き)…ユーリ・ミネンコ(C.T)
海の王…スタニスラフ・トロフィモフ(Bs)
ホイッスル(道化)…ミハイル・ペトレンコ(Bs)
ヴァリャーグの商人…ドミトリー・ウリヤノフ(Bs)
インドの商人…アレクセイ・ネクルードフ(T)
ヴェネツィアの商人…アンドレイ・ジリホフスキー(Br)
幻影(古代戦士の霊)…セルゲイ・ムルザエフ(Br)
フォマ・ナザーリチ(ノヴゴロドの長老)…ロマン・ムラヴィツキー(T)
ルカ・ジノーヴィチ(ノヴゴロドの長老)…ウラジーミル・コモヴィチ(Bs)
海の王の妻…イリーナ・パルフョーノヴァ(バレリーナ)
ノヴゴロドの人々、道化師たち、船乗りたち、ヴォルホヴァの姉妹、海の魚、
不思議な生き物たち 他
ボリショイ劇場O&cho
指揮:ティムール・ザンギエフ
演出・舞台美術:ドミトリー・チェルニャコフ


収録:2020年1月 ボリショイ劇場(モスクワ)
収録時間:186分
音声:ロシア語
PCMステレオ2.0(DVD・Blu-ray) 
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
「サトコ」は、ロシアに中世からつたわる口承叙事詩(ブィリーナ)の「サトコ伝説」をもとにした台本に、ロシア民謡や伝統音楽を素材として芳醇なオーケ ストレーションを施したリムスキー=コルサコフの歌劇の代表作のひとつと目される作品です。世界中の歌劇シーンで引く手数多の鬼才ドミトリー・チェ ルニアコフが、出身地モスクワのボリショイ劇場の上演を担当。現在と過去、幻想と現実を行き来する夢幻的なこの作品にあらたな息吹を吹き込んで います。題名役を見事に歌うナジミディン・マヴリャーノフは、ボリショイ劇場を中心に活躍するウズベキスタン出身の若手テノール、さらに海の王の娘 ヴォルホヴァ役にロシアの人気ソプラノ、アイーダ・ガリフッリーナを配し、エカテリーナ・セメンチュク、ユーリ・ミネンコ、ミハイル・ペトレンコら実力派の歌手た ちが脇を固めるという充実した歌唱陣。1994年生まれの新進気鋭の若手指揮者ティムール・ザンギエフのタクトがこの壮大な作品を見事にまとめ上 げています。

Solo Musica
SM-377(1CD)
NX-B03
ラファエル・フィンガーロス〜モーツァルトの歌劇・アリア集
1. 歌劇「ツァイーデ」 - Nur mutig mein Herze ただ私の心を勇気づける
2. 歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」 - Rivolgete a lui lo sguardo 彼に向けてください そのまなざしを
3. 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 - Deh vieni alla finestra 窓辺においで
4. 歌劇「フィガロの結婚」 - Tutto e dispostO..Aprite un po'quegli occhi
すべては準備ができた - さあ、目をあけろ
5. 歌劇「魔笛」 - Der Vogelfanger 私は鳥刺し
6. 歌劇「フィガロの結婚」 - Se vuol ballare 踊りをなさりたければ
7. An Chloe クロエに KV 524
8. Wie unglucklich bin ich nit いかに私は不幸なことか KV 147
9. Zur Warnung 警告KV 433
10. Un bacio di mano 御手に口づけ KV 541
11. 歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」 - Donne mie あなたにとって 僕だけです
12. 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 - Madamina il catalogo e questo カタログの歌
13. 歌劇「魔笛」 - Ein Madchen oder Weibchen 恋人か女房か
14. 歌劇「フィガロの結婚」 - Non piu andrai もう飛ぶまいぞこの蝶々
15. Abendempfindung an Laura 夕べの想い KV 523
16. Io ti lascio, o cara addio お前に別れを告げる、いとしい人、さようなら KV621a
17. 歌劇「フィガロの結婚」 - Hai gia vinta la causa お前はもう訴訟に勝っただと (ウィーン初演版)…世界初録音
ラファエル・フィンガーロス(Br)
モーツァルテウムO
レオポルト・ハーガー(指&P)

録音:2021年春モーツァルテウム(オーストリア)
「ザルツブルクで制作されたモーツァルト」と題されたアルバム。実は作曲家、ソリスト、指揮者をザルツブルク出身者で固め、オーケストラも録音場所もザルツ ブルクという徹底ぶり。バリトンの為の歌劇・アリアと歌曲を通じてモーツァルト愛を存分に伝えます。有名曲の数々に加え、あまり耳にすることのない「ツァ イーデ」のアリアや、「フィガロの結婚」のウィーン初演の際に付け加えられた伯爵のアリアが貴重です。ラファエル・フィンガーロスは1986年にザルツブルク州タム スヴェークに生まれ、ウィーン音楽大学を卒業。2016年から2020年までウィーン国立歌劇場のアンサンブル・メンバーとなり、2016年には歌劇場の日本 公演に帯同して「ナクソス島のアリアドネ」のハルレキン役を歌い、注目されました。現在ではオペ ラ、コンサートの両面で幅広く活躍しています。このCDで は、できるだけ編集を少なくすることで、ライヴにおけるサウンドとフレージングの再現を狙っています。

C Major
75-9508(2DVD)
KKC-9704(2DVD)
国内盤仕様
税込定価

75-9604(Bluray)
KKC-9703(Bluray)
国内盤仕様
税込定価
ドヴォルザーク:歌劇「ルサルカ」 ア スミク・グリゴリアン( ル サ ル カ )
エリック・カトラー(王子)
カリタ・マッティラ(外国の公女)
マキシム クズミン=カラワエフ(水の精)
カタリーナ・ダライマン(魔法使い)
テアトロ・レアルcho
アイヴァー・ボルトン(指)
テアトロ・レアルO
演 出:クリストフ・ロイ
収録:2020年11月、テアトロ・レアル、マドリード(ライヴ)

◆DVD
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、DTS5.0 DVD9
原語:チェコ語
字幕:英独仏西伊韓,日本語
180分
◆Bluray
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、DTS-HD MA5.0 BD50
原語:チェコ語
字幕:英独仏西伊韓,日本語
180分
スラヴ民話に登場する水の精を題材としたドヴォルザーク作曲のメルヘン・歌劇「ルサルカ」。人間の王子に恋をした水の精ルサルカの悲しい物語。「ルサル カ」の音楽は、森の精たちの合唱や、王子の登場シーンで響きたわる壮大な金管など、ワーグナーの歌劇の影響を感じさせつつ、ドヴォルザークらしい美しい旋 律を堪能できます。特に第1幕で、王子を好きになった水の精ルサルカが、人間になりたい気持ちを歌う「月に寄せる歌」は、屈指の名アリアとして世界中のソプラ ノ歌手が単独でも取り上げている曲です。 本作は、2020年11月にスペインのテアトロ・レアルで上演された際の映像。驚くべきことに、テアトロ・レアルでの上演は、1966年の再オープン以降初めてとい うこと。本上演はドイツの鬼才クリストフ・ロイによる新演出。ルサルカを歌うのは、圧倒的な歌唱と存在感を放つリトアニア出身のソプラノ、アスミク・グリゴリア ン。王子への愛のために人間になったものの、王子の裏切りによって絶望の淵に立たされる水の精を完璧に演じています。クリストフ・ロイは、この物語を一人の 若い女性の人生の軌跡として描いています。そしてテアトロ・レアルの音楽監督を務めるアイヴァー・ボルトンによる、ロマンティックなリリシズムと圧倒的なドラマ で、質の 高 い上 演となっていま す。 (Ki)

CAvi music
85-53545(4CD)
ワーグナー:楽劇「神々の黄昏」 アクセル・コーバー(指)、
デュイスブルクPO、
コービー・ウェルチ(ジークフリート)、リヒャルト・シュヴェダ(グンター)、サミ・ルッティネン(ハーゲン)、ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー(アルベリヒ)、リンダ・ワトソン(ブリュンヒルデ)、アンケ・クラッベ (グートルーネ)、サラ・フェレーデ(ヴァルトラウテ)、ルネ・モロク(第1のノルン)、アニカ・シュリヒト(第2のノルン)、バルノ・イスマトゥラエヴァ(第3のノルン)、ハイディ・エリーザベト・マイアー(ヴォークリンデ)、アネリー・ゾフィー・ミュラー(ヴェルグンデ)、アナ・ハーヴィー(フロースヒルデ)

録音:2019年5月&11月、メルカトルハレ(デュイスブルク、ドイツ)
ライン・ドイツ・歌劇とデュイスブルク・フィルの音楽監督を務めるドイツの指揮者アクセル・コーバー。2013年にはバイロイト音楽祭にデビューし、翌2014年と続けて「タンホイザー」を指揮し、2020年の「タンホイザー」にも起用されるなど、注目のワーグナー指揮者の一人であるコーバーが指揮をとり、ドイツの有力歌手を揃えて贈る「ニーベルングの指環」2019年ライヴ・レコーディングがついに完結。
最後を飾るにふさわしい豪華歌手陣による演奏をコンサート形式による素晴らしい音響で、お楽しみいただけます。
2020年に先行リリースされていたデジタル版(DL版)の音源では、特にジークフリート役を務めるコービー・ウェルチの歌声が高く評価され、英グラモフォン誌の「Critics' Choice 2020」に選ばれています。

KAIROS
0012542KAI(2SACD)
ノイヴィルト:ムジーク・テアター 「ロスト・ハイウェイ」 ヨハネス・カリツケ(指)、
クラングフォルム・ウィーン、
IEM(ライヴ・エレクトロニクス、
サウンド・プロジェクション)、
コンスタンス・ハウマン(レネ/アリス)、
ゲオルグ・ニグル(ピート)、
ヴィンセント・クロウリー(フレッド/整備士)、
デイヴィッド・モス(エディ氏)、
アンドルー・ワッツ(謎の人)、他

録音:2003年、バーセル劇場(グラーツ、オーストリア)
ルガ・ノイヴィルト(1968-)は、フランスのIRCAMでトリスタン・ミュライユに師事し、ルイジ・ノーノからも大きな影響を受けたオーストリアの作曲家。
ノイヴィルトは、デイヴィッド・リンチの映画「ロスト・ハイウェイ」を不条理音楽劇として歌劇化。ノイヴィルトの鮮烈や音楽、エルフリート・イェリネクの台本のコラボレーションが、デイヴィッド・リンチの映画の世界の「歌劇化」に見事に成功しています。

ALPHA
ALPHA-752(2CD)
NX-C05

NYCX-10240(2CD)
国内盤仕様
税込定価
ドビュッシー:歌劇「ペレアスとメリザンド」 ペレアス…スタニスラス・ド・バルベラク(T)
メリザンド…キアラ・スケラート(S)
ゴロー…アレキサンドル・デュアメル(Br)
アルケル…ジェローム・ヴァルニエ(Bs)
ジュヌヴィエーヴ…ヤニナ・ベヒレ(Ms)
イニョルド…マエリグ・ケレ(S)
牧童、医師…ダミアン・パス(Bs-Br)
ボルドー国立O&cho
ボルドー・アキテーヌ国立O
ピエール・デュムソー(指)

録音:2020年11月 オーディトリウム、ボルドー歌劇場、フランス
国内盤日本語解説…山崎浩太郎
国内盤歌詞日本語訳…萩原里香
新型コロナ・ウイルスによるパンデミックが世界を覆う中、ボルドー国立歌劇場で再演が予定されていた「ペレアスとメリザンド」も公演中止と なってしまいましたが、劇場はALPHAレーベルと組み、この作品の録音へと取り組むことになりました。2018年にプレミアを迎えたこのプロダク ションは、同年ミンコフスキ指揮オーケストラ・アンサンブル金沢の演奏で金沢と東京でも披露され、大きな成功を収めたものです。ソリストも ジュヌヴィエーヴと医師の役以外は日本公演と同一というのが嬉しいところ。ペレアス役のバルベラク、メリザンドを演じるスケラートの安定した 歌唱力から生まれる強い意志と繊細さの両立が聴きどころで、ゴロー役のデュアメルはじめ脇を固めるメンバーも素晴らしい出来栄えです。 ボーイ・ソプラノの起用もあるイニョルドを演じるケレはまだ十代のソプラノで、微妙な役どころをうまく演じています。デュムソーの操る音楽も、 大きな起伏を描きながら全体の流れを上手くコントロールしており、申し分ありません。

オクタヴィア
OVCL-00762(3SACD)
税込定価
2021年10月20日発売
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」 モーツァルト・シンガーズ・ジャパン【ケルビーノ:中島 郁子(Ms)、マルチェリーナ:小泉 詠子(Ms)、バルトロ/アントニオ:伊藤 純(Bs)、バルバリーナ:三井 清夏(S)、アルマヴィーヴァ伯爵:宮本 益光(Br)、アルマヴィーヴァ伯爵夫人:澤畑 恵美(S)、スザンナ:鵜木 絵里(S)、フィガロ:加耒 徹(Br)、ドン・バジリオ/ドン・クルツィオ:金山 京介(T)、二人の少女:平野 琴理、鈴木 舞子/ピアノ:山口 佳代】

録音:2021年5月17-21日 埼玉・富士見市民文化会館(キラリふじみ)
MSJ(モーツァルト・シンガーズ・ジャパン)のモーツァルトの歌劇は、「コジ・ファン・トゥッテ」「ドン・ ジョヴァンニ」に続き、この「フィガロの結婚」でダ・ポンテの3部作が遂に完結! MSJのステージは歌、芝居、踊りが一体となり、瞬時のまばたきも与えぬ躍動と輝きに満ちていま す。その見惚れるような魅力は、このCDでも全開!ピアノ連弾による序曲のスタートから、最後の 大団円まで、生命の鼓動を一気にお聴きいただけるでしょう。 宮本益光率いるMSJの、天馬空を行くモーツァルトが、ここにあります!(オクタヴィア)

Pentatone
PTC-5186783
(2SACD)
プッチーニ:歌劇『蝶々夫人』 メロディ・ムーア(蝶々さん/ソプラノ)
ステファノ・セッコ(アメリカ海軍大尉ピンカートン/テノール)
エリーザベト・クールマン(スズキ/メゾ・ソプラノ)
レスター・リンチ(長崎駐在アメリカ領事シャープレス/バリトン)
アレクサンダー・カイムバッヒャー(ゴロー/テノール)
ケヴィン・ショート(僧侶ボンゾ/バス=バリトン)
アミタイ・パティ(貴公子ヤマドリ/テノール)
フロリアン・ケーフラー(神官/バス)
ホルヘ・レイリーア(書記、役人/テノール)
ティアゴ・バティスタ(薬師手/バス)
セシリア・ロドリゲス(蝶々さんの母親/メゾ・ソプラノ)
フィリパ・パッソス(蝶々さんのおば/ソプラノ)
サラ・マルケス(蝶々さんのいとこ/ソプラノ)
グルベンキアンO、
グルベンキアンcho
ローレンス・フォスター(指)

録音:2019年6月&7月カルースト・グルベキアン財団大講堂(リスボン)
ヴェルディの『オテロ』の録音(PTC-5186562)など、PENTATONEレーベルの顔である指揮者ローレンス・フォスター。期待のオ ペラ新録音は待ちに待った『蝶々夫人』です!蝶々さんはフォスターが激賞するソプラノ、メロディ・ムーア。彼女もPENTATONEレーベルから数多くの録音を発 表しておりますが、その圧倒的な歌声はますます磨きがかかり、ドラマティックな演技力と歌唱力で現代最高のソプラノの一人に数えられます。またピンカートンは ステファノ・セッコが、スズキはエリーザベト・クールマンが配役されており、実力派の歌手たちが揃いました。フォスターはこの作品がもつ独創的でドラマティック な構造と卓越したシンフォニックな響きを最大限に引き出しており、その名人芸も堪能できます。名曲ながら意外にも全曲録音、しかもSACDハイブリッドでの新 録音が少ないだけに、当盤は歌劇・ファンのみならずオーディオ・ファンにも狂気と言えましょう。 (Ki)

IBS CLASSICAL
IBS-152021(2CD)
NX-C01
シャルル・コラン(1863-1951):歌劇「マイテナ」(1909) ビルバオ合唱協会
ビルバオSO
イケル・サンチェス・シルバ(指)

録音:2020年9月
世界初録音
若い娘マイテナは貧しい若者ドミンゴと愛し合っています。しかし彼女の父ピアレスは身元のはっきりしたガニチと の結婚を望んでいました。マイテナは父の反対を押し切りドミンゴと結婚、新しい人生を求めアメリカに旅立ちま すが、ドミンゴは不慮の死を遂げ、マイテナは未亡人に… バスクのラブール地方出身の作曲家シャルル・コランによる歌劇「マイテナ」。作曲は1909年。当時のバスク地 方の慣習を味わい深い旋律に乗せて描いた魅力的な作品で、1955年頃までは人気を誇っていましたが、現 在ではほとんど上演されることはありません。第1幕でのドミンゴとマイテナの二重唱や、合唱の見事な扱いなど 聴きどころはもりだくさん。今回の録音はバスク政府ほか、さまざまな機関の協力により実現したものです。

Capriccio
C-5455(2CD)
NX-C05
ヴァインベルク(1919-1996):歌劇「パサジェルカ - 女旅行者」 Op.97 リーザ…シャミリア・カイザー(Ms)
マルタ…ナージャ・シュテファノフ(S)
ヴァルター…ヴィル・ハルトマン(T)
タテウス…マルクス・ブッター(Br)
カーチャ…タティアナ・ミユス(S)
クリスティーナ…アントニア・コスミナ・スタンク(Ms)
ヴラスタ…アンナ・ブルル(Ms) 他
グラーツ歌劇場cho
グラーツPO
ローランド・クルティヒ(指)

録音:2021年2月11-12日グラーツ歌劇場(ドイツ)
第ニ次世界大戦中、アウシュヴィッツの強制収容所で働いていたリーザ。戦争が終わって彼女は外交官夫人と なり、ブラジルへ赴く船上の人となります。そこで出会った女性「マルタ」の風貌は、強制収容所でガス室送りに なった女性と瓜二つ。当時の悪夢のような生活を思い出したリーザは、少しずつ精神に異常をきたし、幻影に苛 まれていきます。 強制収容所からかろうじて生還したこの物語の原作者ポスムイシの体験は、自らの家族全てを迫害で失った ヴァインベルクの体験とも重なるもので、ヴァインベルクにとっても興味をひく内容であったのでしょう。ショスタコー ヴィチの助言を受けながら、彼は1年でこの歌劇を書き上げます。しかし結局この作品はソビエト時代に上演さ れることはなく、彼の死後、10年を経てモスクワにて演奏会形式での上演が実現し、2010年にようやくブレゲン ツ音楽祭で世界初の舞台上演がなされました。 この演奏は2021年にグラーツ歌劇場での上演を収録したもの。冒頭の激しいティンパニの連打が波乱の物語 を予感させます。ふとしたきっかけから狂気へと至るリーザを歌うカイザーの表現力豊かな歌唱にも注目です。 2020年からグラーツ歌劇場の音楽監督を務めるローター・クルティヒは、1990年代にカンマーアンサンブル・ノイ エ・ムジーク・ベルリンで現代音楽を専門に振ってきた指揮者。全体を隙なくまとめています。

Chandos
CHDVD-5290(DVD)
ブリテン:歌劇「ねじの回転」 ジョン・ウィルソン(指)、
シンフォニア・オヴ・ロンドン、
ロバート・マレイ(テノール/プロローグ、クイント)、リアン・ロイス(ソプラノ/ガヴァネス)、レオ・ジェミソン(トレブル/マイルズ)、アリス・メレリッド・ロバーツ(ソプラノ/フローラ)、グウェネス・アン・ランド(ソプラノ/グロース夫人)、フランチェスカ・チェジナ(ソプラノ/ミス・ジェスル)

収録:2020年10月、ウィルトンズ・ミュージック・ホール(イギリス、ロンドン)
録音:2020年11月、カドガン・ホール(イギリス、ロンドン)
19世紀半ばにオープンし、今でも当時の面影を色濃く残すウィルトンズ・ミュージック・ホールで2020年3月に予定されていながら、イギリスのロックダウンの影響で中止となってしまった、歌劇グラス・ワークスとのブリテン 「ねじの回転」 の舞台公演。すでに数週間にわたるエキサイティングなリハーサルが重ねられており、どうしてもプロダクションを手放すことができなかった制作チームは、「ねじの回転」 を放送用の映像作品として完成させることに決めました。映像は単なるライヴ映像ではなく、オリジナルの劇場作品の精神を尊重したハイブリッドな形式で撮影され、結果としてウィルトンズ・ミュージック・ホールの持つヴィクトリア朝時代の特別な雰囲気と魅力がこの歌劇の心を揺さぶる曖昧さと見事にマッチした、素晴らしい作品が出来上がりました。
1954年に初演されたブリテンの 「ねじの回転」 は、ヘンリー・ジェイムズ(1843-1916)の心理主義小説に基づくプロローグ付きの2幕の歌劇。ブリテンは18歳の時にラジオでこの作品を聞き、「素晴らしく、印象的だが、ひどく不気味で怖い」と日記に記しています。さらに翌年には小説を読み「信じられないほどの傑作」と判断しています。登場人物のなかでは少年マイルズが重要な役割を果たしており、この役を得意とするレオ・ジェミソンの参加が特筆されるでしょう。音楽は単一のテーマに基づいた膨大なバリエーションで構成され、「ねじ」のテーマには12音技法を用いつつ、調性に善と悪を象徴させるなど、その緻密さ、奥深さも魅力となっています。

NAXOS/映像作品
2.110696(DVD)
NX-C09

NBD-0133V(Bluray)
NX-C09
ロッシーニ:歌劇「ひどい誤解」 エルネスティーナ…アントネッラ・コライアンニ(Ms)
ガンベロット…ジュリオ・マストロトータロ(Br)
ブラリッキオ…エマヌエル・フランコ(Br)
エルマンノ…パトリック・カボンゴ(T)
ロザリア…エレオノーラ・ベロッチ(S)
フロンティーノ…セバスティアン・モンティ(T)
グレツキ室内cho(ブルガリア・ルセ国立歌劇場)
ヴイルトゥオージ・ブルネンシス
チェンバロ:ミケーレ・デリア
指揮:ホセ・ミゲル・ペレス=シエーラ
演出・舞台美術:ヨッヘン・シェーンレーバー

収録:2018年7月26、29日
収録時間:141分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0(DVD・Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
ロッシーニが19歳で作曲し、彼の歌劇・ブッファの第2作となった「ひどい誤解」は、1811年のボローニャでの初演の好評にもかかわらず当局によって 上演が禁じられ、1825年に一回だけの再演があったものの、その後20世紀後半まで上演されることのない幻の作品でした。 この作品では作曲家の若々しい音楽が聞きもので、とりわけ歌唱アンサンブルは後年のロッシーニを彷彿させる見事なもの。ここに収録されたヴィル バート・ロッシーニ音楽祭2018での上演では、ドイツ・ロッシーニ協会による校訂版スコアを用い、シンプルな舞台に優れた若手歌手陣の演技歌唱が 繰り広げられています。ホセ・ミゲル・ペレス=シエーラ指揮のヴイルトゥオージ・ブルネンシスの活気ある演奏も聴きどころです。

Pentatone
PTC-5186892(1CD)
ヘンデルの歌劇・アリア
(1)歌劇『テゼオ(テセウス)』(1712)より「序曲」
歌劇『リナルド』(1711)より
(2)「行進曲」
(3)「戦い」
(4)「鳴り響くトランペットが」
(5)歌劇『アルチーナ』(1736)より「ヒルカニアの岩窟に」
歌劇『ジュリオ・チェーザレ(ジュリアス・シーザー)』(1724)より
(6)「シンフォニア」
(7)レチタティーヴォ「天よ、どこからこのうっとりする」
(8)「シンフォニア」
(9)レチタティーヴォ「ジュリオ、この光景は何だ?」
(10)「私はあなたを恋い慕う」
(11)「もし花咲く美しい野辺で」
(12)歌劇『アリオダンテ』(1734)より「浮気な女よ」
(13)歌劇『アチス、ガラテアとポリフェーモ』(1708)より「鳥が木から木へ」
(14)歌劇『リナルド』より「風よ、旋風よ」
(15)歌劇『ロドリーゴ』(1707)より「パッサカリア」
(16)歌劇『ガウラのアマディージ』(1715)より「悲しみの極み」
(17)歌劇『アグリッピナ』(1709)より「もし悪意が」
(10)(13)(17)ルーシー・クロウ(S)、
(5)(12)クリスティーネ・ライス(Ms)、
(4)(6)(7)(9)(11)(14)(16)イェスティン・デイヴィス(C.T)、(6)アレクサンダー・チャンス(C.T)
(10)(13)(16)(17)レオ・デュアルテ(Ob)、
(12)(14)(16)ジョー・キウ(Fg)、
(11)(14)(15)トーマス・グールド(Vn)、
(4)ポール・シャープ(Tp)、
(5)ロジャー・モンゴメリー(Hrn)、
(5)ヨーゼフ・ウォルターズ(Hrn)
ラ・ヌオヴァ・ムジカ、デイヴィッド・ベイツ(指)

録音:2020年10月/セント・ジュード・オン・ザ・ヒル教会(ロンドン)
2007年結成、デイヴィッド・ベイツ率いる古楽グループ、ラ・ヌオヴァ・ムジカ。PENTATONEレーベルのデビュー盤、グルックの歌劇『オルフェオとエウリディー チェ』(PTC-5186805)では高い水準の演奏で評価されました。期待の新録音ではヘンデルに挑戦!歌劇の名作アリアを中心に色とりどりの歌劇を紹介します。
今回の注目はイギリスの名唱ルーシー・クロウ、クリスティーネ・ライス、イェスティン・デイヴィス、アレクサンダー・チャンスを迎えていること。さらにオーボエ のレオ・デュアルテ、ファゴットのジョー・キウ、ヴァイオリンのトーマス・グールドなど名手も参加した充実のメンバーが揃いました。気鋭の古楽グループが躍動感 に満ちたヘンデルを演奏しております!

Prima Classic
PRIMA-010(3CD)
ベッリーニ:歌劇 「海賊」 ファブリツィオ・マリア・カルミナーティ(指)、カターニャ・マッシモ・ベッリーニ劇場O&cho、ハビエル・カマレナ(グァルティエーロ/テノール)、マリナ・レべカ(イモジェーネ/ソプラノ)、フランコ・ヴァッサロ(エルネスト/バリトン)、アントニオ・ディ・マッテオ(ゴッフレード/バス)、グスターヴォ・デ・ジェンナーロ(イトゥルボ/テノール)、ソーニャ・フォルトゥナート(アデーレ/ソプラノ)

録音:2020年8月&9月サンジョルジ歌劇場、カターニャ(イタリア)
た、ヴィンチェンツォ・ベッリーニの歌劇「海賊(イル・ピラータ)」全曲のスタジオ・レコーディング。
フェリーチェ・ロマーニの台本による2幕のメロドラマ「海賊」は、ベッリーニの作品の中でも比較的演奏機会が少ない歌劇です。その「海賊」を今回はすべての繰り返しや、歌手たちが書いたオリジナルのカデンツァや変奏、滅多に演奏されないフィナーレなどもノーカットで収録するという非常に貴重な音源としてリリースされることになりました。特に注目すべき部分はエコー効果のある海賊の合唱部分です。
歌手陣もプリマ・クラシックの創設者でもあるマリナ・レベカを中心に、パッパーノとのベルリオーズの「レクイエム」やメータとの「ファルスタッフ」がリリースされているハビエル・カマレナ、数々のコンクール受賞歴があり、2013年には「ヤング・シンガーズ・プロジェクト」のメンバーとしてザルツブルク音楽祭に出演したアントニオ・ディ・マッテオ、ローマ音楽祭国際コンクールで1位を獲得したソーニャ・フォルトゥナートといった期待の若手歌手が勢ぞろいし、百戦錬磨の指揮者ファブリツィオ・マリア・カルミナーティが彼らを見事に導いた充実のレコーディングとなっています。

Lyrita
REAM-1143(1CDR)
ホルスト:歌劇 「どこまでも馬鹿な男」 BBCノーザン・シンガーズ&SO
チャールズ・グローヴズ(指)

BC放送日:1967年5月7日(BBC放送、イギリス)
「リリタ(Lyrita)」の創設者、リチャード・イッターが蒐集していたBBC放送のコレクションより、ホルストによる音楽と台本による1幕の歌劇 「どこまでも馬鹿な男」 が復刻。指揮は、シベリウスや英国音楽(特に近現代の作品)を得意とした名匠、チャールズ・グローヴズです。
ホルストは、管弦楽(組曲「惑星」など)や吹奏楽(吹奏楽の為の第1組曲、第2組曲など)が有名ですが、本アルバムでは珍しい歌劇作品を収録。大地、水、火の精霊や魔法使いといった登場人物はどこか「惑星」を連想させ、ダイナミックな管楽器群や打楽器、繊細な弦楽器のサウンドによる巧みなオーケストレーションが成されています。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

CPO
CPO-777399(2CD)
NX-D11
カールマン(1882-1953):喜歌劇「伯爵夫人マリツァ」 伯爵令嬢マリツァ…ベツィ・ホルネ(S)
リーザ:タシロ伯爵の妹…リディア・トイシャー(S)
タシロ伯爵…メルツァード・モンタゼーリ(T)
コローマン・ジュバン男爵/ボツェーナ伯爵夫人
…ジェフリー・トレガンツァ(T)
マーニャ…ピア・ヴィオラ・ブヒェルト(Ms)
ペーター・シェーネ(Br)
フランク・マンホールト(ナレーター)
ウィーン・フォルクスオーパー楽友協会cho
ミュンヘン放送O
エルンスト・タイス(指)

録音:2018年4月27、28日(ライヴ)
田舎で暮らす伯爵令嬢マリツァの領地を守っているのはテレクと名乗る没落貴族タシロ。彼は妹リーザのために 必死に持参金を稼いでいます。ある日、婚約を決めたというマリツァが戻ってきますが、実はそれは作り話。架空 の人物「コロマン・ジュパン男爵」と婚約をするという名目で他の男たちから逃げたかっただけなのですが、そこに現 れたのは実在のコロマン・ジュパン男爵。そしてタシロの前にはマリツァの友人としてリーザが現れます。召使の身 分を妹に知られたくないタシロは憂鬱な気分を収めるために庭で素晴らしいチャールダーシュを歌い… 数々の名旋律で彩られたカールマンの「伯爵夫人マリツァ」の物語は、現在のドイツ語圏を中心に上演回数の 高い作品として知られています。とりわけミュンヘン放送Oは長年にわたり、この作品を採り上げています が、今回この曲を指揮したのはオペレッタ上演に実績のあるエルンスト・タイス。各地で活躍する名歌手を揃え、 万全の演奏を聴かせます。ジュバン男爵とボツェーナ伯爵夫人の二役を演じるジェフリー・トレガンツァの歌声も 聴きどころです。

Opus Arte
OA-1341D(DVD)
NX-B06
R・シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」 元帥夫人…キリ・テ・カナワ(S)
オクタヴィアン…アン・ハウエルズ(Ms)
オックス男爵…オーゲ・ハウクランド(Bs)
ゾフィー…バーバラ・ボニー(S)
ファーニナル…ジョナサン・サマーズ(Br)
ヴァルツァッキ…ロバート・ティアー(T)
アンニーナ…シンシア・バカン(Ms)
マリアンネ…フィリス・キャナン(S)
旅館の主人…ポール・クック(T)
警部…ロデリック・アール(Bs)
公証人…ジョン・ギブス(Bs)
元帥家の執事…キム・ベグリー(T)
ファーニナル家の執事…ジョン・ドブソン(T)
テノール歌手…デニス・オニール(T)

コヴェント・ガーデン王立歌劇場O&cho
ゲオルク・ショルティ(指)
演出:ジョン・シュレジンジャー


収録:1985年 コヴェント・ガーデン王立歌劇場(ロンドン)
収録時間:197分
音声:ドイツ語
Dolby Digital Stereo2.0
字幕:日本語・イタリア語・英語・ドイツ語・スペイン語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
20世紀を代表する指揮者の一人、ゲオルク・ショルティ。彼の英国ロイヤル・歌劇へのデ ビュー25周年を記念して行われた「ばらの騎士」全曲の模様を収録した歴史的映像です。 品格のあるキリ・テ・カナワの元帥夫人、繊細な演技が美しいアン・ハウエルズのオクタヴィアン、オーゲ・ハウク ランドの悪党になり切れない人の好いオックス男爵、魅惑的で若々しいバーバラ・ボニーのゾフィー。この4人 をめぐる登場人物たちの素晴らしい歌唱と演技をご堪能ください。 映画『真夜中のカーボーイ』『マラソンマン』などで知られる映画監督ジョン・シュレジンジャーの豪華な演出も 話題になりました。

Opus Arte
OA-1337BD(22DVD)
NX-M07



OABD-7291BD
(18Bluray)
NX-M07
英国ロイヤル・歌劇「ザ・ コレクション」BOX



(1)1. モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」(2006年)

(2)モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」(2014年収録)

(3)モーツァルト:歌劇「魔笛」(2003年収録)

(4)ヴェルディ:歌劇「マクベス」(2011年収録)

(5)ヴェルディ:歌劇「椿姫」(2009年収録)

(6)ビゼー:歌劇「カルメン」(2007年収録)…原盤DECCA

(7)ワーグナー:楽劇「パルジファル」(2014年収録)

(8)マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」
レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」(2015年収録)

(9)プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」(2009年収録)

(10)プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」(2013年収録)

(11)プッチーニ:歌劇「三部作」(2011年収録)
(A)歌劇「外套」
(B)歌劇「修道女アンジェリカ」
(C)歌劇「ジャンニ・スキッキ」

(12)R・シュトラウス:楽劇「サロメ」(2008年収録)

(13) シマノフスキ:歌劇「ロジェ王」(2015年収録)

(14)ブリテン:歌劇「グロリアーナ」(2013年収録)

(15)ベンジャミン:歌劇「リトゥン・オン・スキン」(2013年収録)
(1)フィガロ:アーウィン・シュロット
スザンナ:ミア・パーション
アルマヴィーヴァ伯爵:ジェラルド・フィンリー
伯爵夫人:ドロテア・レシュマン
ケルビーノ:ライナット・シャハム 他
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:デヴィッド・マクヴィカー
字幕:英・仏・独・西・伊
(2)ドン・ジョヴァンニ:マリウシュ・クヴィエチェン
レポレッロ:アレックス・エスポジト
ドンナ・アンナ:マリン・ビストレム
騎士団長:アレクサンドル・ツィムバリュク
ニコラ・ルイゾッティ(指)
演出:カスパー・ホルテン
字幕:日本語・英・仏・独・韓
(3)パパゲーノ:サイモン・キーンリーサイド
パミーナ:ドロテア・レシュマン
タミーノ:ウィル・ハルトマン
夜の女王:ディアナ・ダムラウ 他
コリン・デイヴィス(指)
演出:デヴィッド・マクヴィカー
字幕:英・仏・独・西・伊
(4)マクベス:サイモン・キーンリーサイド
バンクォー:ライモンド・アチェト
マクベス夫人:リュドミラ・モナスティルスカ 他
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:フィリダ・ロイド
字幕:日本語・英・仏・独・西・伊
(5)ヴィオレッタ:ルネ・フレミング
アルフレード・ジェルモン:ジョセフ・カレヤ
ジョルジョ・ジェルモン:トーマス・ハンプソン 他
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:リチャード・エア
字幕:英・仏・独・西・伊
(6)カルメン:アンナ・カテリーナ・アントナッチ
ドン・ホセ:ヨナス・カウフマン
エスカミーリョ:イルデブランド・ダルカンジェロ 他
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:フランチェスカ・ザンベッロ
字幕:英・仏・独・西・中
(7)パルジファル:サイモン・オニール
グルネマンツ:ルネ・パーペ
クンドリ:アンゲラ・デノケ
アンフォルタス:ジェラルド・フィンリー 他
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:スティーブン・ラングリッジ
字幕:日本語・英・仏・独・韓
(8)トゥリッドゥ/カニオ:アレクサンドルス・アントネンコ
マンマ・ルチア:エレーナ・ツィリオ
サントゥッツァ:エヴァ=マリア・ウェストブルク
ネッダ:カルメン・ジャンナッタージョ
トニオ/アルフィオ:ディミトリ・プラタニアス 他
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:ダミアーノ・ミキエレット
字幕:日本語・英・仏・独・韓
(9)ロドルフォ:テオドール・イリンカイ
ミミ:ヒブラ・ゲルズマーワ 他
アンドリス・ネルソンス(指)
演出:ジョン・コープリー
字幕:英・仏・独・西・伊
(10)トゥーランドット:リーゼ・リンドストローム
ラフ:マルコ・ベルティ 他
ヘンリク・ナナシ(指)
演出:アンドレイ・セルバン
字幕:英・仏・独・西・伊・韓
(11)
(A)ミケーレ:ルーチョ・ガッロ
ジョルジェッタ:エヴァ=マリア・ウェストブルク
ルイージ:アレクサンドルス・アントネンコ 他
(B)シスター・アンジェリカ:エルモネラ・ヤオ
王女:アンナ・ラーション 他
(C)ジャンニ・スキッキ:ルーチョ・ガッロ
リヌッチオ:フランチェスコ・デムーロ
ラウレッタ:エカテリーナ・シウリーナ 他
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:リチャード・ジョーンズ
字幕:英・仏・独・西・伊
(12)サロメ:ナディア・ミヒャエル
ヘロディアス:ミヒャエラ・シュースター
ヘロデ:トーマス・モーザー
ヨカーナン:ミヒャエル・フォッレ 他
フィリップ・ジョルダン(指)
演出:デヴィッド・マクヴィカー
字幕:英・仏・独・西・伊
(13)
ロジェ王:マリウシュ・クヴィエチェン
ロクサーナ:ジョージア・ジャーマン
羊飼い:サイミール・ピルグ
アントニオ・パッパーノ(指)
演出:カスパー・ホルテン
字幕:日本語・英・仏・独・韓
(14)エリザベス1世:スーザン・ブロック
エセックス伯ロバート・デヴァルー:トビー・スペンス 他
ポール・ダニエル(指)
演出:リチャード・ジョーンズ
字幕:日本語・英・仏・独・韓
(15)保護者:クリストファー・パーヴス
アニエス:バーバラ・ハンニガン
第1の天使/少年:ベジュン・メータ 他
ジョージ・ベンジャミン(指)
演出:ケイティ・ミッチェル
字幕:日本語・英・仏・独
このコレクションは古典から現代まで15の名作歌劇を網羅したBOXです。 世界有数の歌手、指揮者、そして気鋭の演出家による舞台は、見る者全てを魅了してやみません。 美麗なブックレットに満載の舞台写真、そして凝った装丁によるBOX… 歌劇を愛する全ての人への贈り物です。

Le Chante du Monde
LDC-2743038(2CD)
巨人の声コレクション〜マリア・カラス
■Disc1
(1) ベッリーニ:「ノルマ」〜聖らかな女神よ
(2) プッチーニ:「トスカ」〜歌に生き、恋に生き/待つということは
(3) レオンカヴァッロ:「道化師」〜鳥の歌
(4) ヴェルディ:「運命の力」〜神よ平和を与えたまえ
(5) ロッシーニ:「イタリアのトルコ人」〜フィオリッラのカヴァティーナ
(6) プッチーニ:「トゥーランドット」〜氷のような姫君の心も
(7) 同:「修道女アンジェリカ」〜母さんもなしに坊やは
(8) ジョルダーノ:「アンドレア・シェニエ」〜私の亡くなった母が
(9) チレア:「アドリアーナ・ルクヴルール」〜私は神の卑しいしもべです/哀れな花
(10) カタラーニ:「ワリー」〜遠くへ行かないで
(11) マイヤベーア:「ディノラ」〜軽い影よ
(12) ヴェルディ:「シチリア島の夕べの祈り」〜ありがとう、愛する友よ
(13) スポンティーニ:「ヴェスタの巫女」〜おお、不幸な人々を守る女神/いとしいお方
(14) プッチーニ:「蝶々夫人」〜ある晴れた日に/操に死ぬるは
■Disc2
(1) ヴェルディ:「アイーダ」〜勝ちて帰れ
(2) 同:「リゴレット」〜グアルティエール・マルデ
(3) 同:「イル・トロヴァトーレ」〜静かな夜だった/恋はバラ色の翼に乗って
(4) プッチーニ:「ラ・ボエーム」〜私の名はミミ/あなたの愛の呼ぶ声に
(5) ヴェルディ:「仮面舞踏会」〜ここが罪の報いに/死にましょう、しかし
(6) ロッシーニ:「セビーリャの理髪師」〜今の歌声は心に響く
(7) ベッリーニ:「夢遊病の女」〜おお花よ、お前に会えると思わなかった
(8) プッチーニ:「トゥーランドット」〜この宮殿の中で
(9) 同:「マノン・レスコー」〜この柔らかなレースの中で
(10) ケルビーニ:「メデア」〜あなたの子の母親は
(11) ドニゼッティ:「ランメルモールのルチア」〜あたりは沈黙にとざされ
(12) ポンキエッリ:「ジョコンダ」〜自殺!
マリア・カラス( ソ プ ラノ )

■Disc1
トゥリオ・セラフィン(指)
ミラノ・スカラ座O&cho
録音:1954年4-5月(1)、6月(3)、8月(4)、1955年6月(13)

ヴィクトル・デ・サーバタ(指)
ミラノ・スカラ座O&cho
録音:1953年8月(2)

ジャナドレア・カヴァッツェーニ(指)
ミラノ・スカラ座O&cho1954年8-9月(5)

トゥリオ・セラフィン(指)
フィルハーモニアO&cho
録音:1954年9月(6)-(12)

ヘルベルト・フォン・カラヤン(指)
ミラノ・スカラ座O&cho
録音:1955年8月(14)


■Disc2
トゥリオ・セラフィン(指)
ミラノ・スカラ座O&cho
録音:1955年8月(1)、9月(2)、1957年7月(8)(9)、9月(10)

ヘルベルト・フォン・カラヤン(指)ミラノ・スカラ座O&cho
1956年8月(3)

アントニオ・ヴォット(指)
ミラノ・スカラ座O&cho
ろk樹1956年8-9月(4)(5)(7)、1959年9月(12)

トゥリオ・セラフィン(指)
フィルハーモニアO&cho
録音:1959年3月(11)
フランスのシャン・デュ・モンド社の「巨人の声」シリーズ第41弾は伝説の歌姫マリア・カラス。全盛期の名唱のなかから特に魅力的なものを集めた企画ですが、 単なる寄せ集めではなく、2019年にABラボ・マルセイユ社がマスター音源からトランスファーと新マスタリングを行なっているのに注目です。マリア・カラス入 門盤としても最適ですが、これ1セットあれば、いろいろな歌劇のなかから名アリアばかりをカラスの魔術で堪能できるお買い得盤でもあります。 (Ki)

Dynamic
DYNDVD-37908(DVD)
NX-C09

DYNBRD-57908(Bluray)
NX-C09
ドニゼッティ:歌劇「村の結婚式」全2幕【世界初映像化】
エドアルド・カヴァッリ/マリア・キアーラ・ベルティエーリによる校訂版
追加楽曲:エリオ・タニカ、ロッコ・タニカ、エンリコ・メロッツィ作曲による五重唱
ザビーナ…ガイア・ペトローネ(C.A)
ドン・ペトローニオ…オマール・モンタナーリ(Bs)
トリフォリオ …ファビオ・カピタヌッチ(Br)
クラウディオ…ジョルジョ・ミッセーリ(T)
アナスタージア…クラウディア・ウッル(S)
アンセルモ …ダニエーレ・レッティエーリ(T)
オーケストラ・リ・オリジナーリ
ドニゼッティ歌劇場cho
ステファノ・モンタナーリ(指&フォルテピアノ)
演出:ダヴィデ・マランケッリ

収録:2020年11月22日 ドニゼッティ歌劇場(ベルガモ)
収録時間:119分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS 5.1 HD Master Audio(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
恩師マイールの推薦でミラノで修行後、生地のベルガモに戻った20歳頃のドニゼッティが、自身3作目の歌劇・ブッファとして作曲した「村の結婚 式」。その音楽にはロッシーニの影響を大きく受けながらも、後年開花するドニゼッティ独自のベルカント・スタイルの萌芽が既に見て取れます。しかし、 この歌劇は1819年のマントヴァでの初演、1822年のジェノヴァでの再演を最後に、二度と上演されることはありませんでした。この歌劇は今回200 年にわたる時を隔て、パリ国立図書館に保管されていた写譜を元に、エンリコ・メロッツィらが失われていた第2幕の五重唱を補作、更にエドアルド・カ ヴァッリとマリア・キアーラ・ベルティエーリによる分析・校訂を経て、2020年のベルガモ・ドニゼッティ音楽祭で復活上演されました。 オーケストラをステージに乗せ、無観客のドニゼッティ歌劇場の平土間を舞台とするマランケッリの演出は、コロナ禍の中で編み出されたユニークなも の。本上演のコミカルな演技を360度のカメラ・アングルで捉えています。バロック・ヴァイオリンの名手で、近年歌劇指揮者としてその活動の幅を広げ るステファノ・モンタナーリの軽快なタクトとフォルテピアノに導かれ、充実した歌手陣による歌唱、オーケストラ・リ・オリジナーリのピリオド楽器による活気 溢れる演奏が、この若きドニゼッティの歌劇を見事に蘇えらせています。

ARTHAUS
10-9445DVD(2DVD)

10-9446BD(Bluray)
R・シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」 カミラ・ニールント(ウェルデンベルク侯爵夫人)
ギュンター・グロイスベック(オックス男爵)
ミシェル・ロジエ(オクタヴィアン)
ローマン・トレーケル(フォン・ファーニナル)
ネイディーン・シエラ(ゾフィー)
アンナ・サムイル(マリアンネ)
カール・ミヒャエル・エプナー(ヴァルツァッキ)
カタリーナ・カンマーローアー(アンニーナ)
エリック・ロセニウス(警部)
フロリアン・ホフマン(侯爵家の家令)
リナート・フリーリンク(ファーニナル家の家)
ヤッカ・ミヘラチ(公証人)
アンドレス・モレノ・ガルシア(料理屋の主人)
アタラ・アヤン(歌手)
ヴィクトリア・ランデム(小間物屋)
木下基樹(動物売り)
ズービン・メータ(指)
ベルリン国立歌劇場O&cho
ベルリン国立歌劇場児童cho
出:アンドレ・ヘラー

収録:2020年2月、ベルリン国立歌劇場(ライヴ)
画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ2.0
リージョン:AllDVD9
言語:ドイツ語
字幕:独英仏伊韓.日本語、240分
2020年2月、ベルリン国立歌劇場で上演されたズービン・メータ指揮による「ばらの騎士」。演出は、多方面の芸術的分野で活躍するマルチメディア・アーティ ストのアンドレ・ヘラー。ヘラーは、この舞台でベルリン国立歌劇場デビューとなりました。舞台美術は、現代美術家としても国際的に知られているゼニア・ハウス ナー。衣装は、コスモポリタン的なクリエイティブな才能を持つファッション・デザイナー、アーサー・アルベッセが担当。ベル・エポックやアール・ヌーヴォーからイ ンスピレーションを得た豪華な装飾が施されています。 豪華な歌手陣にも注目。フィンランド出身のソプラノ歌手カミラ・ニールンドの元帥夫人、オックス男爵のギュンター・フロイスベック、オクタヴィアン役のミシェル・ ロジエとソフィー役ネイディーン・シエラはともに、同役のデビューとなりました。中でも、カミラ・ニールンドの元帥夫人は、気品あふれる佇まいと優れた歌唱は素 晴らしく、舞台上で圧倒的な存在感を放っています。あまたある名演においてもひけをとらない上演となっています。 (Ki)

BONGIOVANNI
GB-1238(2CD)
フランコ・ボルドーニ〜歌劇・アリア集
ヴェルディ:『リゴレット』Pari siamo / Cortigiani, vil razza dannata / Si, vendetta(con L. Serra)
 『マクベス』Pieta, rispetto, amore / Mal per me che m'affidai
 『イル・トロヴァトーレ』Il balen del suo sorriso
 『二人のフォスカリ』vecchio cor che batti / Che ascoltO.. Quel bronzo fatale
 『シチリアの晩鐘』In braccio alle dovizie
 『ファルスタッフ』L'onore! Ladri!
 『エルナーニ』Oh de' verd'anni miei / O sommo Carlo
 『ナブッコ』Dio di Giuda... O prodi miei
 『仮面舞踏会』Alla vita che t'arride / Alzati... Eri tu che macchiavi
 『ドン・カルロ』Per me giunto / Io morro
 『オテロ』Credo in un dio crudel / Era la notte / Si pel ciel(c. T. del Bianco)
 『椿姫』Di Provenza il mare e il suol
 『運命の力』Urna fatale... Egli e salvo
 『アイーダ』Ciel, mio padre!(con M. Parazzini)
ドニゼッティ:『ランメルモールのルチア』Cruda funesta smania... La pietade in suo favore
 『ロベルト・デヴリュー』Forse in quel cor sensibile
ベッリーニ:『清教徒』Ah per sempre io ti perdei... Bel sogno
プッチーニ:『外套』Nulla... silenzio!... Avevo ben ragione
ポンキエッリ:『ラ・ジョコンダ』Maledici?... O monumento
ジョルダーノ:『アンドレア・シェニエ』Nemico della patria
フランコ・ボルドーニ(Br)

録音:1971-1993年(ライヴ)
2020年に亡くなったボローニャ出身のバリトン歌手、フランコ・ボルドーニ(1932-2020)による歌劇・アリア集2枚組。ヴェルディを中心にイタリア・オ ペラを力強く歌い上げています。各トラックの詳細な録音データは記載がありませんが、1971-1993年の歌劇公演の実況録音となっています。一部モノラル。 ブックレットには息子のアルベルト・ボルドーニによる文章が掲載されています(伊・英)。 (Ki)
BONGIOVANNI
GB-2015(2CD)
カタラーニ:歌劇『ローレライ』 ロドルフォ:ガブリエーレ・モニーチ
アンナ・ディ・レーベルク:マリア・ルイザ・ガルバート
ヴァルター:ピエロ・ヴィスコンティ
ローレライ:マ ルタ・コラリージョ
ナポレオーネ・アンノヴァッツィ(指)
ヘルマン:アレッサンドロ・カッシス
ルッカ・ジーリオ歌劇場O&cho

録音:1982年9月19日/ルッカ・ジーリオ歌劇場
ルフレード・カタラーニが残した名作歌劇『ローレライ』が1枚価格で再発売。録音があまりなく貴重なCDです。 ※同品番で以前発売されていた旧盤(バーコード:8007068201525)は廃盤です。 (Ki)

C Major
75-9108(DVD)

75-9204(Bluray)
プッチーニ:歌劇「トスカ」 カリーネ・ババジャニアン(トスカ/ソプラノ)
ピョートル・ベチャワ(カヴァラドッシ/テノール)
カルロス・アルヴァレス(スカルピア/バリトン)
ソリン・コリバン(アンジェロッティ/バス)
アレクサンドル・モイシウク(堂守/バス)
ヴォルフラム・イーゴル・デルントル(スポレッタ/バス)
ハンス・ペーター・カンマーラー(シャルローネ/バリトン)
アイク・マルティロシアン(看守/バス)
マリアム・タホン(羊飼い/ソプラノ)
マルコ・アルミリアート(指)
ウィーン国立歌劇場O&cho
演出:マルガレーテ・ヴァルマン

収録:2019年6月23日、ウィーン国立歌劇場(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ、
DTS5.0 DVD9
原語:イタリア語
字幕:英独仏韓,日本語
129 分
◆Bluray
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、
DTS-HD MA5.0 BD50
原語:イタリア語
字幕:英独仏韓,日本語
129 分
トスカ」はローマを舞台に、美貌の歌姫トスカと画家カヴァラドッシの悲恋の物語が、プッチーの甘美な旋律と劇的なオーケストラで描かれる傑作歌劇です。 本映像は、2019年6月、ウィーン国立歌劇場で上演されたライヴ。1958年カラヤン指揮によって上演されて以来、ウィーン歌劇場で600回以上も続いているマ ルガレーテ・ヴァルマンによる演出です。また名匠ニコラ・ブノアによる絵画のような重厚感と落着きのある舞台装置と衣裳も、この二人の苛酷で劇的な運命をよく 表しています。 キャストは、タイトル・ロールを歌うのはアルメニア出身のソプラノ、カリーネ・ババジャニアン。今回がウィーン初舞台となりましたが、プッチーニを得意とし、新国立 劇場の「蝶々夫人」でも印象的な歌唱を聴かせてくれた注目のソプラノ。そしてカヴァラドッシには、現代最高峰のテノール、ピョートル・ベチャワ。圧倒的な歌唱、軽 やかな美声で麗しく感情豊かに歌い上げ、『星は光りぬ』ではこの舞台の注目を一身に集め大喝采を受けています。悪役スカルピアは、スペインを代表する名歌手 カルロス・アルバレス。「史上最強の悪の使者」(ウィーン新聞)と称されるほど、はまり役と言えるでしょう。3人の歌手たちの見事な歌唱はもちろん、それぞれの演 技も見ごたえがあり、スリリングなドラマにくぎ付けとなる上演です。 (Ki)

Capriccio
C-5460(2CD)
NX-C05
ヘンツェ(1926-2012):歌劇「裏切られた海」 登/3号…ジョシュ・ラヴル(T)
黒田房子…ヴェラ=ロッテ・ベッカー(S)
塚崎竜二…ボー・スコウフス(Br)
1号…エリック・ファン・ヘイニンゲン(Br)
2号…カンミン・ジャスティン・キム(C.T)
4号…シュテファン・アスタホフ(Br)
5号…マルティン・ヘスラー(Bs)
船乗り見習いの声…イェルク・シュナイダー(T)
ウィーン国立歌劇場O
シモーネ・ヤング(指)

録音:2020年12月14日(ライヴ)ウィーン国立歌劇場(オーストリア)
三島由紀夫の作品に魅了された作曲家ハンス・ヴェルナー・ヘンツェは、1986年に『午後の曳航』の歌劇化に 着手。三島が描いた男女間の危うい愛と、少年が抱く理想がもろくも崩れ去る様を迫力ある管弦楽と歌唱で表 現し、1989年に「裏切られた海」として完成させました。その翌年ベルリン・ドイツ・歌劇で初演、その後、ゲル ト・アルブレヒトの企画で日本語版の「午後の曳航」を作成、2003年に読売日本SOが演奏会形式で 初演。そしてこの日本語版をヘンツェが大幅に改訂し、2006年にはザルツブルク音楽祭で初演されています。 このアルバムはコロナ禍の中、無観客で行われたウィーン国立歌劇場のプレミエ公演の収録。主人公登を歌うの はヘンデルからブリテンまで幅広いレパートリーを誇るカナダ出身の若手テノール、ジョシュ・ラヴル。竜二を歌うの はベテラン、ボー・スコウフスです。また未亡人房子を演じたヴェラ=ロッテ・ベッカーパーの奮闘も見事。パーカッ ションを多用した色彩豊かなオーケストラの響きを自在に操るシモーネ・ヤングの指揮にも注目です。

Da Vinci Classics
C-00430(1CD)
ドニゼッティ:喜歌劇「リータ」 マルコ・イアンネッリ(指)、
イッタ・ファン(ソプラノ/リータ)、チェン・ヨン(テノール/ベッペ)、イサーク・ドロシャ(バリトン/ガスパーロ)、シュ・ウェイ=エン(P)、アンガス・リー(Fl)、クラウディア・ン(Cl)、パトリック・イム(Vn)、スン・ユー(Va)、アンナ・クワン(Vc)

録音(ライヴ):2020年11月23日、ハウ・パー・マンション(香港)
1841年の夏にドニゼッティ作曲した登場人物は僅か3人という短く小規模の喜歌劇「リータ」。
この香港でのライヴ・レコーディングでは、イタリア人指揮者のマルコ・イアンネッリによって室内アンサンブル版へと編曲が行われ、ピーター・ゴードンによる英語のナレーションが加わるなど「リータ」に新たな息吹を吹き込まれています。
ガスパーロとベッペによるリータの取り合い、さらには押し付け合いというストーリーの「リータ」は、音楽的なクォリティの高さとウィットに富んだ登場人物たちが光る知られざる秀作です。

OEHMS
OC-490(1CD)
NX-B03
Love & Despair 愛と絶望
ヴェルディ:歌劇「エルナーニ」- 「わしは一体何を見ておるのか - 不幸な男だ! - お前は信じていたのだ」
ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロス」- 「彼女は私を愛していない」#
ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」- 「 本当に守ったのか」
ラフマニノフ:歌劇「アレコ」- 「宿舎全体が眠っている」
ヴェルディ:歌劇「マクベス」- 「 気をつけて進め - 何と空は陰鬱なことか」
ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」- 「来たれレヴィよ - 御身は預言者たちの唇を」
ドヴォルザーク:歌劇「ルサルカ」- 「悲しい!悲しい!-人の世界のどこにある?」
バルトーク:歌劇「青ひげ公の城」- 「前の妻たちを見よ」*
アンドレアス・バウアー・カナバス(Bs)
ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー(Ms)*
インガ・オゾラ(Vc)#
ラトヴィア祝祭O
カーステン・ヤヌシュケ(指)

録音:2019年6月20-22日
ドイツ出身のバス歌手、アンドレアス・バウアー・カナバスのリサイタル・アルバム。 ドイツ、イェーナで生まれ、ドレスデン・カール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学とワイマール・フランツ・リスト音楽大学で学ぶとともに、イタリアとロンドンに留 学、多くの主要な役を学びました。2007年から2012年にはベルリン国立歌劇場のメンバーとなり、ワーグナーやプッチーニを歌いました。その後、2013年か らはフランクフルト歌劇のソロ・アンサンブルのメンバーとなり、卓越した技術と表現力でワーグナーやヴェルディ、ドヴォルザークなどを歌い絶賛されています。 このアルバムでは、カーステン・ヤヌシュケの指揮によるラトヴィア祝祭Oをバックにバスのアリアを熱唱。愛、反逆による絶望など様々な感情を深みの ある声で歌い上げています。

ALPHA
ALPHA-752(2CD)
NX-C05

NYCX-10240(2CD)
国内盤仕様
税込定価
ドビュッシー:歌劇「ペレアスとメリザンド」 ペレアス…スタニスラス・ド・バルベラク(T)
メリザンド…キアラ・スケラート(S)
ゴロー…アレキサンドル・デュアメル(Br)
アルケル…ジェローム・ヴァルニエ(Bs)
ジュヌヴィエーヴ…ヤニナ・ベヒレ(Ms)
イニョルド…マエリグ・ケレ(S)
牧童、医師…ジャン=ヴァンサン・ブロ(Bs)
ボルドー国立O合唱団
ボルドー・アキテーヌ国立O
ピエール・デュムソー(指)

録音:2020年11月 オーディトリウム、ボルドー歌劇場、フランス
※ 国内盤には歌詞日本語訳と日本語解説付
新型コロナ・ウイルスによるパンデミックが世界を覆う中、ボルドー国立歌劇場で再演が予定されていた「ペレアスとメリザンド」も公演中止と なってしまいましたが、劇場はALPHAレーベルと組み、この作品の録音へと取り組むことになりました。2018年にプレミアを迎えたこのプロダク ションは、同年ミンコフスキ指揮オーケストラ・アンサンブル金沢の演奏で金沢と東京でも披露され、大きな成功を収めたものです。ソリストも ジュヌヴィエーヴ役以外は日本公演と同一というのが嬉しいところ。ペレアス役のバルベラク、メリザンドを演じるスケラートの安定した歌唱力か ら生まれる強い意志と繊細さの両立が聴きどころで、ゴロー役のデュアメルはじめ脇を固めるメンバーも素晴らしい出来栄えです。ボーイ・ソプ ラノの起用もあるイニョルドを演じるケレはまだ十代のソプラノで、微妙な役どころをうまく演じています。デュムソーの操る音楽も、大きな起伏 を描きながら全体の流れを上手くコントロールしており、申し分ありません。

CPO
CPO-555336(1CD)
NX-B10
フランツ・イグナーツ・ベック(1734-1809):歌劇「無人島」 コンスタンス…アナ・マリア・ラビン(S)
ラウレッテ…サマンサ・ガウル(S)
ドルヴァル…セオドア・ブラウン(T)
サンヴィル…ファビアン・ケリー(T)
ラ・スタジオーネ・フランクフルト(古楽器使用)
ミヒャエル・シュナイダー(指)

録音:2019年5月17-18日SWRシュヴェツィンゲン音楽祭(ライヴ)
世界初録音
マンハイム出身のヴァイオリニスト・作曲家フランツ・イツナーツ・ベック。ヨハン・シュターミッツの才能ある弟子 であり、マンハイム楽派を牽引、24曲の交響曲をはじめとした作品を遺しました。また人生の大半をフラン スで過ごし、1761年から1791年までボルドー国立歌劇場の監督を務めるなど広く活躍しましたが、フラン ス革命の余波を受け、晩年は厳しい生活を送りひっそりとこの世を去っています。この歌劇「無人島」は 1779年に作曲されたものの、初演されることはなく、長い間総譜も失われたとされていましたが、近年発見 され、ようやくここに初演されることとなりました。 この作品は、当時大流行していたピエトロ・メタスタージオのイタリア語による台本を用いた軽快な音楽はと ても魅力的。ドイツを中心に活躍するソリストたちと、古典派作品を得意とするミヒャエル・シュナイダーが指 揮するラ・スタジオーネ・フランクフルトが見事な演奏を聴かせます。

Dynamic
DYNDVD-37899
(2DVD)
NX-D05


DYNBRD-57899
(Bluray)
NX-D05
ワーグナー:楽劇「ジークフリート」 ジークフリート … マルティン・イリエフ(T)
ミーメ…クラシミール・ディネフ(T)
アルベリヒ…ビセル・ゲオルギエフ(Br)
さすらい人/ヴォータン…マルティン・ツォネフ(Bs)
ファーフナー…ペタル・ブチコフ(Br)
エルダ…ルミャーナ・ペトロヴァ(Ms)
ブリュンヒルデ…バラスガラン・ダシニャム(S)
森の小鳥…リュボフ・メトディエヴァ(S)
ソフィア国立歌劇場O&バレエ団
パヴェル・バレフ(指)
演出:プラメン・カルタロフ

収録 2012年5月30日
ソフィア国立歌劇場(ブルガリア)
収録時間:270分
音声:ドイツ語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD&Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク×2
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
このソフィア国立歌劇場「ジークフリート」の舞台も、前2作と同じくポップな演出コンセプトに貫かれています。赤と青を基調にした照明に、不思議な 幾何学模様や円錐が散りばめられ、見る者を異世界へといざないます。 今作も特撮怪獣映画のキャラクターのような装束をまとったブルガリアの実力派の歌手たちが集結。前作「ワルキューレ」でジークムントを歌った実力 派テノール、マルティン・イリエフは題名役ジークフリート、さすらい人/ヴォータンは前2作のニコライ・ペトロフに代わり重鎮マルティン・ツォネフ、そしてブ リュンヒルデを歌うモンゴル出身のソプラノ、バラスガラン・ダシニャムが大地を震わすかのような迫力ある歌唱を聴かせます。リング・ツィクルス締めくくりの 第4弾「神々の黄昏」を大いに期待させる「ジークフリート」です。

ORFEO
C-210221(1CD)
NX-B08
ゲオルグ・ガグニーゼ〜リサイタル・アルバム
レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」- プロローグ 「 ごめんください、皆様がた」
ジョルダーノ:歌劇「アンドレア・シェニエ」- 第3幕より 「 国を裏切るもの」
ヴェルディ:歌劇「椿姫」- 第2幕より「プロヴァンスの海と陸」
 歌劇「マクベス」- 第4幕より「裏切り者め!イングランドと組んで私に刃向かうか!」
 歌劇「ナブッコ」- 第4幕より私は囚人なのだ!- ユダの神よ」
 歌劇「イル・トロヴァトーレ」- 第2幕より「 全く人の気配はない - あの人の笑顔の輝きは」
 歌劇「仮面舞踏会」-第3幕より「立て!お前の息子はあそこだ - おまえなのだ、あの魂を汚したのは」
 歌劇「ドン・カルロ」- 第3幕より「ああカルロ 聞いてください」
ワーグナー:歌劇「タンホイザー」- 第3幕より「死の夕闇が大地を覆い - ああ、うるわしの宵の明星よ(夕星の歌)」
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」-第1幕より 酒がまわったら(シャンパンのアリア)」
ゲオルグ・ガグニーゼ(Br)
ワイマール・シュターツカペレ
ステファン・ソリヨム(指)

録音:2013年ワイマール・ハレ、ワイマール(ドイツ)
ジョージア出身のバリトン歌手ゲオルグ・ガグニーゼ。 2005年に開催された「ヴェルディの声」コンクールで優勝、2009年には「リゴレットで」メトロポリタン歌劇場デビュー、同年にジェームズ・レヴァインの指 揮の元、「トスカ」のスカルピアを演じましたが、これは世界中の映画館で放送され多くの視聴者が公演を楽しみました。以降ミラノ・スカラ座やウィーン 国立歌劇場をはじめとした世界の歌劇場で活躍、、ヴェルディのオペラを中心にさまざまな役柄を歌いこなしています。 また、2007年に初来日を果たし「椿姫」のジェルモン役(演奏会形式)、以降、2013年にはミラノ・スカラ座の来日公演に随行しリゴレットを、そして 2015年には新国立劇場の「ファルスタッフ」でも題名役を歌い大好評を博し、ヴェルディ歌手としての名声を確立しました。 このアルバムでは、彼が得意とするヴェルディのアリアを中心に、艶のある声でレオンカヴァッロやジョルダーノのイタリア歌劇のアリアから、ワーグナーの「夕 星の歌」まで歌い、新たな魅力を見せてくれます。

LSO Live
LSO-0834(2SACD)
バーンスタイン:『キャンディード』(全曲) マリン・オールソップ(指)LSO
LSO合唱団
レオナルド・カパルボ(テノール/キャンディード)、ジェーン・アーチボルト(ソプラノ/クネゴンデ)、アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ/オールドレディー)、サー・トーマス・アレン(バリトン/パングロス博士、ナレーター)

録音:2018年12月8&9日、バービカン・ホール(ロンドン)
ーンスタインとLSOがおこなった代表的な録音(1989年)から約30年を経て、 バーンスタイン生誕100周年を記念して行われたコンサートの記録です。「キャンディード」は1956年に初演されましたがその後もバーンスタインは完成後も何 度も手直しをし、1988年5月、改訂版が初演されました。そして翌年1989年の12月に、バーンスタイン自身の指揮ロンドンSOの演奏で、バービカンの 地で演奏、収録され、その後アビー・ロード・スタジオで同じメンバーで録音も行われました。それから約30年が経過、ふたたびバービカンの地での作曲者自身 が納得したかたちでの演奏が実現したのです。オールソップとLSOの並々ならぬ気合と気迫は序曲からひしひしと感じられます。聴きどころ満載の楽曲がならび ますが、世界的歌手がキャスティングされており、どの曲も余裕たっぷり、いきいきとした表情が魅力。『キャンディード』に現代のあたらしい決定盤が登場したと いえるでしょう。 (Ki)

C Major
80-4908(DVD)

80-5004(Bluray)
マスネ:歌劇「タイス」 ニコール・シュヴァリエ (タイス/ソプラノ)
ヨーゼフ・ワーグナー( アタナ エ ル / バリトン )
ロベルト・ザッカ ( ニシアス / テノール)
ギュネス・ギュルレ(パレモン/バス=バリトン)
ソフィア・ヴィニク(ミルタル、アルビーヌ/メゾソプラノ)
ロリーナ・リッポ(クロビル/ソプラノ)
アルノルト・シェーンベルクcho
ウィーンRSO
レオ・フセイン(指)
演出:ペーター・コンヴィチュニー

収録:2021年1月、アン・デア・ウィーン劇場, ウィーン(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9 ,NTSC 
音声:PCMステレオ、DTS5.1
DVD9
言語:フランス語
字幕:仏独英韓,日本語、111分
◆Bluray
画面:16:9 (4K収録) 
音声:PCMステレオ、
DTS HD-MA5.1
BD50
言語:フランス語
字幕:仏独英韓,日本語、111分
2021年1月にアン・デア・ウィーン劇場で巨匠ペーター・コンヴィチュニーの新演出により上演されたマスネのオペラ「タイス」。「タイスの瞑想曲」で知られるこのオペラの舞台は古代エジプト。修道士アタナエルは娼婦タイスを改心させ信仰の道に入るよう導こうとするも、逆にタイスの虜となります。19世紀末のフランスでマスネの人気は絶大なものでした。当時パリ・オペラ座で作品を上演するのは簡単ではありませんでしたが、マスネは「ラホールの王」「ル・シッド」「ウェエルテル」「マノン」といった作品を次々と上演させていました。この「タイス」はまさにマスネの絶頂期にあたる作品。いまでは「タイスの瞑想曲」が有名となっていますが、マスネの特徴があらわれた意欲作といえるでしょう。また現代での上演頻度が少ない理由として、タイスとアタナエルの主役二人に、高い技術が求められることもあげられます。タイスには、オペルンヴェルト「オブ・ザ・イヤー2020」の若手アーティストに選出されたニコール・シュヴァリエ。アタナエルにはウィーン出身の若きバス・バリトン、ヨーゼフ・ワーグナー。タイス、アタナエルの心の葛藤を見事に歌いきっています。コンヴィチュニーの演出はこのオペラのテーマでもある「聖」と「俗」の葛藤を鮮やかに描いています。


King International
KKC-083(1CD)
税込定価
「LOVE」
(1)モーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」より三重唱〈僕のドラベッラだけはそうじゃない!〉〈美しいセレナーデを〉
(2)ビゼー:歌劇「カルメン」よりクプレ〈諸君らの乾杯を喜んで受けよう〉(闘牛士の歌)
(3)プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」よりアリア〈誰も寝てはならぬ〉
(4)ワーグナー:歌劇「タンホイザー」よりアリア〈おお、愛しい夕星よ〉(夕星の歌)
(5)ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」より二重唱〈あの方だ、皇太子!...われらの胸に友情を〉(友情の歌)
(6)ビゼー:歌劇「真珠採り」より二重唱〈聖なる神殿の奥深く〉
(7)ディ・カプア&マッツッキ:オー・ソレ・ミオ
(8)デ・クルティス:忘れな草
(9)ラヴランド:ユー・レイズ・ミー・アップ
(10)サルトーリ:君と旅立とう
(11)マンシーニ:ムーン・リヴァー
(12)マーキュリー:ボヘミアン・ラプソディ
(13)村松崇継:いのちの歌
canto cube「カントキューブ」
【隠岐速人(T)(1)(3)(5)-(13) 、高橋洋介(Br)(1)(2)(5)(7)-(13)、後藤春馬(Bs-Br)(1)(4)(6)-(13) 、長井進之介(P)】

録音:2021年4月19、20日/キング関口台スタジオ(第1スタジオ)
日本オペラ界を担うテノール隠岐速人、バリトン高橋洋介、バス・バリトン後藤春馬、そして演奏活動の他、執筆・ラジオパーソナリティを務め活動の幅を広げる マルチ・ピアニスト長井進之介の4人によるオペラ・ユニットcanto cube「カントキューブ」のデビュー・アルバム「LOVE」をリリースします!
収録作品はモーツァルト、ビゼー、プッチーニ、ワーグナー、ヴェルディのオペラの名アリアに重唱から「オー・ソレ・ミオ」、「ムーン・リヴァー」など誰もが一度 は耳にしたことのある名曲、そしてフレディ・マーキュリーのボヘミアン・ラプソディまで色とりどりのプログラムを披露。また最後には「いのちの歌」を収録。コロ ナ禍という大変な時代に、歌のすばらしさ、温かさを聴き手に与えてくれる充実のアルバム「LOVE」が完成しました。3人のオペラ男子とマルチ・ピアニストが贈 る「オペラティック」で「ファンタスティック」で、ちょっとワイルド?なcanto cubeの歌声をお楽しみください! (Ki)

Altus
ALT-491(3CD)
ワーグナー:楽劇『ワルキューレ』 ジークリンデ:ヘルガ・デルネッシュ
ジークムント:ジェス・トーマス
フンディング:ゲルト・ニーンシュテット
ブリュンヒルデ:アニャ・シリヤ
ヴォータン:テオ・アダム フリッカ:グレース・ホーフマン
ヘルムヴィーゲ:エルザ・カヴェルティ
オルトリンデ:ゲルトラウト・ホプフ
ゲルヒルデ:ロッテ・リザネック
ヴァルトラウテ:エリカ・シューベルト
ジークルーネ:アリス・エールケ
ロスヴァイセ:ハンナ・ルートヴィヒ
グリムゲルデ:エリザベット・シェルテル
シュヴェルトライテ:グレース・ホーフマン
ヴィーラント・ワーグナー(演出)
トーマス・シッパーズ(指)NHK響

ライヴ録音:1967年4月11日大阪フェスティバルホール(ステレオ)
錚々たる歌手陣とヴィーラント・ワーグナーの演出。「本物」の凄まじさを知らしめた伝説の67年バイロイト引っ越し公演から、シッパーズの『ワルキューレ』が 初CD化!
「1967年の第10回大阪国際フェスティバルで実現したバイロイト音楽祭の招聘公演は、日本のオペラ公演史に特筆される大事件だった。歌手と指揮者、主要 スタッフはすべて、当時のバイロイト音楽祭にかかわっていた人々であり、演目の「トリスタンとイゾルデ」と「ワルキューレ」はともに、前年の音楽祭で上演されて いたプロダクションだった。全国各地のワグネリアンが、大阪巡礼を行なうことになったのです。」(山崎浩太郎)
NHKに保管されたマスターを丁寧にマスタリングして商品化。第1幕最後のジークムントとジークリンデが抱き合い倒れこむシーンの強烈な絶唱とドシンという 音など、会場に立ち込める凄まじい熱気がバンバン伝わってきます。66年に世を去ったヴィーラントの遺志を継いだ本格演出、ヴィーラントの悲願であるブリュン ヒルデを歌うアニャ・シリヤなど、この公演でしか味わえない大いなる魅力がいっぱいに詰まった大注目の逸品! (Ki)

King International
KKC-2528(2CD)

ニッポン放送シリーズ〜ベルリン・ドイツ・オペラ日生劇場1966
モーツァルト:歌劇「魔笛」(全曲)
ザラストロ:マルッティ・タルヴェラ(Bs)、
パパゲーノ:マンフレッド・レール(Br)、
パパゲーナ:ベラ・ヤスパー(S)、
パミーナ:ヒルデ・ギューデン(S)、
タミーノ:エルンスト・ヘフリガー(T)、
夜の女王:キャサリン・ゲイヤー(S)、
伝者:ゲルト・フェルトホフ(Br)、
モノスタトス:カール・エルンスト・メルカー(T)、
第1の僧:ワルター・ディックス(Br)、
第2の僧:ヴェルナー・ゲッツ(T)、
第1の侍女:アンナベル・ベルナール(S)、
第2の侍女:ギュッタ・ミケス(S)、
第3の侍女:ジークリンデ・ヴァーグナー(A)、
第1の武者:ハンス・バイラー(T)、
第2の武者:エルンスト・クルコフスキー(Br)、
3人の童女:バーバラ・フォーゲル(S)、
ヘルガ・ヴィスニェフスカ(S)、長野羊奈子(A)
オイゲン・ヨッフム(指)
ベルリン・ドイツ・オペラO&cho

録音:1966年10月24日/日生劇場(ステレオ・ライヴ)
大好評だった1963年日生劇場こけら落し公演の3年後、ベルリン・ドイツ・オペラが1966年に再来日した際にニッポン放送が収録したヨッフムの「魔笛」が 日の目を見ます。伝説のエンジニア半田健一氏によるステレオ録音で、NHKが放送したものとは別収録日、別キャストというのもむしろ貴重と申せましょう。
グスタフ・ルドルフ・ゼルナーの演出は全体に幻想的で、第1幕冒頭に大蛇が出てくるのが賛否両論となったと伝えられます。注目されたのがタルヴェラ演じる ザラストロの異様な存在感。その他歌手陣をヨッフムが不即不離の立場で見事にオーケストラを付けています。ヨッフムの音楽作りはモーツァルトの遊び心を受け 止めつつも何のけれん味もない自然な流れに満ちています。それが非常に雄弁かつ大きな音楽となっていてモーツァルトの音楽の素晴らしさを満喫できます。
歌詞対訳はご購入された方のみ弊社ホームページで閲覧、ダウンロードできます。
*古い音源を使用しているため、テープ劣化によるお聴き苦しい点もございます。予めご了承下さい。

CAvi
85-53544(3CD)
ワーグナー:楽劇 「ジークフリート」 アクセル・コーバー(指)
デュイスブルクPO
コービー・ウェルチ(ジークフリート)、コーネル・フレイ(ミーメ)、ジェイムズ・ラザフォード(さすらい人)、ヨハン・シュメッケンベッカー(アルベリヒ)、ウカシュ・コニエチュニー(ファーフナー)、ルネ・モロク(エルダ)、リンダ・ワトソン(ブリュンヒルデ)、アイシャ・トゥムラー(森の小鳥)

録音:2019年5月&11月(ドイツ、デュイスブルク)
ツの指揮者アクセル・コーバー。2013年にはバイロイト音楽祭にデビューし、翌2014年と続けて 「タンホイザー」 を指揮し、2020年の 「タンホイザー」 にも起用されるなど、注目のワーグナー指揮者の一人であるコーバーが指揮をとり、ドイツの有力歌手を揃えて贈る 「ニーベルングの指環」2019年ライヴ・レコーディング第3弾。
「リヒャルト・ワーグナーの 「ニーベルングの指環」 は、ライン川で始まり、ライン川で終わります。ワーグナーが計画したフェスティバルが最終的にドイツの全く別の場所で実現されたとしても、『ラインの上のリング』の演奏は常に特別なものであり続けるでしょう。」(アクセル・コーバー)

DUX
DUX-1485(1CD)
リムスキー=コルサコフ:歌劇「不死身のカシチェイ」 サヴァ・ハスタエフ(テノール/カシチェイ)、アントニーナ・ヴェセニーナ(ソプラノ/ツァレヴナ)、イリーナ・シシャコワ(メゾ・ソプラノ/カシチェヴナ)、ヤロスラフ・ペトリャニク(バリトン/イワン王子)、ミハイル・コレリシュヴィリ(バス/嵐の勇士)、ポズナン室内cho、ポズナンPO、ウカシュ・ボロヴィチ(指)

録音:2018年3月19日−23日、国立アダム・ミツキェヴィチ大学講堂、ポズナン・フィルハーモニー・コンサート・ホール(ポーランド)
ーランド楽壇の次代を担う存在であり、現在のポーランド指揮界のエース、鬼才ウカシュ・ボロヴィチが振るのはリムスキー=コルサコフ晩年のオペラ「不死身のカシチェイ」!
リムスキー=コルサコフのキャリアの最晩年となる1901年から1902年にかけて作曲が行われ同年初演。その後、1906年に改訂が加えられた「不死鳥のカシチェイ」は、「秋のおとぎ話」という副題を持ち、ストラヴィンスキーの「火の鳥」と同じ民謡に基づいて作曲された1幕のオペラです。
この「不死鳥のカシチェイ」は初演後、専制政治への批判を表明した作品というレッテルを貼られてしまうものの、晩年を代表する作品の1つとして支持を得た秀作です。
2018年の第22回ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン・イースター音楽祭において演奏会形式で上演された「不死身のカシチェイ」でボロヴィチは、オーケストラ、合唱、ソリストを見事にまとめ上げ、ワーグナーからの影響を特徴とする作品を劇的に描いてくれています。

NIFC
NIFCCD-087088(2CD)
ヴェルディ:歌劇 「海賊」 ファビオ・ビオンディ(指)、エウローパ・ガランテ、ポドラシェ・オペラ&フィルハーモニックcho、マテウス・ポンペウ(T)、イローナ・マタラジェ(S)、アレクセイ・ボグダノフ(Br)、カレン・ガルデアザバル(S)、マテウシュ・スタフラ(Bs)、パヴェウ・チホンスキ(T)

録音:2019年8月22日−24日、ポーランド国立歌劇場大劇場(テアトロ・ヴィエルキ)
※ピリオド楽器による世界初録音
ポーランド国立ショパン研究所(NIFC)の自主レーベルからリリースされる、ファビオ・ビオンディ&エウローパ・ガランテのオペラ録音プロジェクト。ポーランド国民楽派の作曲家、スタニスワフ・モニューシュコの「ハルカ」(NIFCCD082083)、「いかだ乗り」(NIFCCD086)に続く第3弾は、ジュゼッペ・ヴェルディの歌劇「海賊」が登場!
ビオンディ&エウローパ・ガランテ、ポドラシェ・オペラはGlossaからもヴェルディの「マクベス」(OGCD923411/GCD923411)をリリースし話題を呼びましたが、今回の新たなヴェルディ・オペラでも、その知られざるオペラに掛ける情熱が発揮されることでしょう。
「海賊」(イル・コルサーロ)は、「マクベス」の翌年の1848年に発表されたヴェルディの初期のオペラの1つ。「運命の力」などヴェルディの他の多くのオペラ同様、フランチェスコ・マリア・ピアーヴェが台本を書いており、あまり知られていないながらも見事な作品である「海賊」を、ビオンディの卓越したエネルギーと音楽性、ピリオド楽器によって初めて録音される優れたサウンドで、新しく発見することでしょう。

C Major
KKC-9689
(Bluray)

国内盤仕様
国内品番のみでのご案内です
税込定価
『3大テノール/世紀の競演〜ローマ1990』
1. チレア:ありふれた話(フィデリコの嘆き)(歌劇『アルルの女』より)[カレーラス]
2. マイアベーア:おおパラダイス(歌劇『アフリカの女』より)[ドミンゴ]
3. プッチーニ:妙なる調和(歌劇『トスカ』より)[パヴァロッティ]
4. レハール:君はわが心のすべて(喜歌劇『ほほえみの国』より)[ドミンゴ]
5. デ・クレシェンツォ:つばめは古巣へ[パヴァロッティ]
6. カルディッロ:カタリ、カタリ(つれない心)[カレーラス]
7. ヴェルディ:歌劇『シチリアの晩鐘』より序曲
8. デ・クルティス:帰れ、ソレントへ[パヴァロッティ]
9. ララ:グラナダ[カレーラス]
10. ソロサーバル:そんなことはあり得ない(サルスエラ『港の酒場女』より)[ドミンゴ]
11. ジョルダーノ:ある日青空を眺めて(歌劇『アンドレア・シェニエ』より)[カレーラス]
12. プッチーニ:星は光りぬ(歌劇『トスカ』より)[ドミンゴ]
13. プッチーニ:誰も寝てはならぬ(歌劇『トゥーランドット』より)[パヴァロッティ]
14. メドレー[カレーラス/ドミンゴ/パヴァロッティ]
マリア〜トゥナイト〜太陽の土地〜シェリト・リンド〜メモリー〜〜キャッツ〜黒い瞳〜カミニート〜バラ色の人生〜マティナータ〜ウィーンわが夢の街〜アマポーラ〜オ・ソレ・ミオ
15. ディ・カプア:オ・ソレ・ミオ[カレーラス/ドミンゴ/パヴァロッティ](アンコール)
16. プッチーニ:誰も寝てならぬ
(歌劇『トゥーランドット』より)[カレーラス/ドミンゴ/パヴァロッティ](アンコール)

■ドキュメンタリー『From Caracalla to the World』(三大テノール カラカラ浴場から 世界へ)
ホセ・カレーラス(T)
プラシド・ドミンゴ(T)
ルチアーノ・パヴァロッティ(T)
ズービン・メータ(指)
ローマ国立歌劇場O、
フィレンツェ五月音楽祭O

収録:1990年7月7日、ローマ、カラカラ浴場(ライヴ)

画面:1080i,NTSC,4:3/16:9
音声:PCM Streo ,DTS-HD MA5.1
BD50
コンサート:英独仏伊西韓,日本語
ドキュメンタリー:英、独(ボイスオーバー)、仏韓,日本語
総収録:174 分、コンサート:86 分
ドキュメンタリー:88 分
1990年、全世界16億人が観戦したサッカーW 杯イタリア大会。サッカー界最大の英雄マラドーナ率いるアルゼンチン代表と「皇帝」の異名をもつベッ ケンバウアーが代表監督を務めた西ドイツ代表(東西ドイツが統一される直前)が決勝で戦いました。
W 杯の歴史に残る名勝負の前日、決勝戦の前夜祭としてこれまたかつてないコンサートがローマのカラカラ浴場で行われました。人気と実力を兼ね備えた 当代きっての3人の名テノール歌手、ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴ、ルチアーノ・パヴァロッティの「三大テノール」、そしてズービン・メータ指揮によ るコンサートは夢の饗宴として、大きな話題となりました。サッカー・ファンであっても、1990 年 W 杯の一番の思い出を聞かれたら<誰も寝てはならぬ>と 答えるほど、聴衆に熱気を与えた伝説のコンサートは、その後も、W 杯毎に「三大テノール」のコンサートは開かれ、3人による世界ツアーも行うなど、オペ ラの魅力を広めることに大きく貢献しました。
その「三大テノール」の最初のコンサートの記録である本映像は、伝説のコンサートとして世界中で愛されていますが、この度デジタル・リマスター版として 初ブルーレイ化されました。歴史的なコンサート映像が鮮やかに甦りました。さらに『From Caracalla to the World』(三大テノール カラカラ浴場から 世界へ)と題された88分にわたるドキュメンタリーも収録。(2021年日本公開の映画「甦る三大テノール 永遠の歌声」)ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴ、 ズービン・メータ、パヴァロッティ未亡人のニコレッタ・マントヴァーニ、ラロ・シフリン、ブライアン・ラージ、マリオ・ドラディ、ポール・ポッツ、サー・ブリ ン・ターフェル、ノーマン・レブレヒト、などの最新インタビューが収録され、1990年ローマでのコンサートの裏側、その4年後のロサンゼルス大会の様子、 カレーラスの白血病との闘い、3人のライバル関係、壮大な商業イベントにまつわる金銭的な問題、など3人のオペラ・スターの人生が詰まった見ごたえのあ る内容です。

Capriccio
C-5450(3CD)
NX-C05
ヒンデミット:歌劇「画家マティス」 マティス:画家…ヴォルフガンク・コッホ(Br)
アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク:マインツ大司教、枢機卿…カート・ストレイト(テノール)
リーディンガー:裕福な商人…フランツ・グルントヘーバー(Bs-Br)
ウルスラ:リーディンガーの娘…マヌエラ・ウール(S)
ハンス・シュヴァルプ:農民反乱の指導者…レイモンド・ヴェリー(テノール)
レギーナ:シュヴァルプの娘…カテリーナ・トレチャコワ(S)
ローレンツ・フォン・ポンマースフェルデン: マインツの司教地方代理…マーティン・スネル(Bs)
ヴォルフガング・カピト:アルブレヒトの顧問…チャールズ・リード(T)
ジルヴェスター・フォン・シャウンブルク:将校…オリヴァー・リンゲルハーン(T)
ヘルフェンシュタイン伯爵夫人…マグダレーナ・アンナ・ホフマン(Ms) 他
スロヴァキア・フィルハーモニーcho
ウィーンSO
ベルトラン・ド・ビリー(指)

録音: 2012年12月11-12日
アン・デア・ウィーン劇場(オーストリア)
「画家マティス」は、ヒンデミットが16世紀ドイツの宗教画家マティアス・グリューネヴァルトを題材に台本を書き、 1934年から35年にかけて作曲した全7場からなる歌劇。宗教改革後の16世紀初頭、ルター派の農民反乱を 題材にしたそのストーリーは、作曲当時のドイツの政治体制への間接的な批判と見做され、1935年に計画され たフルトヴェングラー指揮によるベルリン初演はナチスによって禁止されてしまいました。 ヒンデミットはこの歌劇の台本作成中から、フルトヴェングラーの求めに応じ、歌劇の素材を用いた交響曲「画家 マティス」を書きあげ、これは歌劇よりも先に初演され大成功を収めました。しかし歌劇の上演が禁止になったこと で有名な「ヒンデミット事件」が勃発。ドイツ国内外でセンセーションを巻き起こしました。

DACAPO
MAR-8.226706(2CD)
NX-D09
ボー・ホルテン(1948-):歌劇「死ぬまで叩け!」 マルティン・ルター…ディートリヒ・ヘンシェル(Br)
フィリップ・メランヒトン…トーマス・フォッレ(T)
ゲオルク・スパラティン/マルチン・ブツァー…ヤコブ・ヘグストレム(Br)
ルーカス・クラナッハ…ラインハルト・ハーゲン(Bs)
バルバラ・クラナッハ…インガー・ダム=イエンセン(S)
賢明公フリードリヒ:ザクセン選帝侯/ヨハネス・オエコランパディウス…ベンクト・クランツ(歌)
フィリップ1世:ヘッセン方伯…コニー・ティマンダー(T)
ロッテルダムのエラスムス/フルドリッヒ・ツヴィングリ…ステファン・ダールベリ(T)
アンドレアス・フォン・カールシュタット…マグヌス・ロフトソン(歌)
カタリナ・フォン・ボラ…エマ・リレン(Ms)
マルメ歌劇場O&cho
マルメ歌劇場児童cho
パトリーク・リングボリ(指)

録音 2019年5月9日、11日(ライヴ)
マルメ歌劇場(スウェーデン)
世界初録音
現代デンマークを代表する作曲家ボー・ホルテン。彼は数多くの作品を発表するだけではなく、2つのヴォーカル・アンサンブル“ムジカ・フィクタ”と“アルス・ノ ヴァ”を率いるなど指揮者としても幅広く活動しています。2017年に作曲された歌劇「死ぬまで叩け!」は宗教改革の中心人物マルティン・ルターを主人公 にした作品で、ホルテンの妻で台本作家、舞台美術家として活躍するエーヴァ・ソンメスタード・ホルテンが台本を担当。ルターの多面的な性格を表現すると ともに、ルター派とカトリックを盲信する反ルター派、新旧両派の対立が生々しく描かれた傑作です。ルターを演じるのはヴェテラン、ディートリヒ・ヘンシェル。 内なる悪魔と常に戦っていたといわれるルターの複雑な性格を見事に演じています。 第1幕のみが2017年にホルテンの指揮するオーフスSOによって初演されましたが、このリングボリの指揮によるマルメSOの演奏が全曲の世界 初演となります。


BRU ZANE
BZ-1045
(1CD+BOOK)
NX-D11
サン・サーンス:歌劇「黄色い王女」 Op. 30
歌曲集『ペルシャの歌』 Op. 26(独唱と管弦楽版)*
「黄色い王女」
レナ…ユディト・ファン・ワンロイ(S)
コルネリウス…マティアス・ヴィダル(T)
声…アナイス・コンスタン
フィリップ・エステフ(Br)*
ジェローム・ブティリエ(Br)*
エレオノール・パンクラツィ(Ms)*
アルタヴァスト・サルキシャン(T)*
アナイス・コンスタン(S)*
アクセル・ファニョ(S)*
トゥールーズ・キャピトル国立O
レオ・フセイン(指)

録音:2021年2月11-13日ラ・アール・オ・グラン、トゥールーズ、フランス
初めて劇場に掛けられたサン=サーンスの歌劇である「黄色い王女」は、1872年にオペラ・コミック座で初演されました。当時ヨーロッパで始 まっていたジャポニズムの影響を受けた作品ですが、サリヴァンの「ミカド」が1885年、ゴッホの「花魁(おいらん)」が1887年、プッチーニの「蝶々 夫人」が1904年の発表ですので、その最初期の作品といえます。 舞台はオランダ。レナはコルネリウスに恋をしていますが、コルネリウスの方は絵に描かれた日本の女性に夢中で、「ミン」と名付け強く恋焦がれ ていました。ある日薬物を飲んで夢うつつとなったコルネリウスは日本にいるものと夢想し、レナをミンと勘違いします。これを強く咎められたコル ネリウスは、正気を取り戻し、晴れてレナと結ばれるという物語。 初演は失敗に終わりましたが、5音音階の使用や和楽器を模した音色、洗練されたメロディなどの魅力にあふれています。また、万葉集巻二 に収められた「うつせみし 神に堪(あ)へねば 離(さか)り居て〜」といった和歌や、「こんにちは、良い天気でございます」などの日本語がそのま ま登場するなど、日本人にとっては特に興味深い一面も。ワンロイとヴィダルという現在のフランス声楽界を代表する二人で聴けるのも嬉しいと ころです。 併せて収録された『ペルシャの歌』は元々独唱とピアノのための作品ですが、これを2人の独唱、合唱と管弦楽に発展させた『ペルシャの夜』 Op. 26bをもとに、『ペルシャの歌』の6曲に前奏曲と間奏曲を合わせた形へと再構成した版が、ここには収録されています。現在フランスで 注目されている歌手たちが1曲ごとに登場するという、気の利いた演出も聴き逃せません。こちらも当時のヨーロッパから見た、エスニックな魅力 にあふれた作品です。

MAGGIO LIVE
MAGGIO-031(3CD)
ヴェルディ:歌劇『運命の力』 カルロ・デ・ボルトリ(カラトラーヴァ侯爵)
オリアンナ・サントゥニオーネ(ドンナ・レオノーラ)
マッテオ・マヌゲラ(ドン・カルロ・ディ・ヴァルガス)
ヴェリアーノ・ルケッティ(ドン・アルヴァーロ)
マリア・ルイザ・ナーヴェ(プレツィオジッラ)
チェーザレ・シエピ(グァルディアーノ神父)
セスト・ブルスカンティーニ(フラ・メリトーネ)
ジュリアナ・マッテイニ(クッラ)
アウグスト・フラーティ(村長)
ディーノ・フォルミキーニ(マストロ・トラブーコ)
グエッランド・リジーリ(軍医)
リッカルド・ムーティ(指)
フィレンツェ五月音楽祭O&cho

録音:1974年12月13日コムナーレ劇場(モノラル、ライヴ)
ムーティ33歳の年、1974年の冬シーズン・オープニング公演としてフィレンツェで上演された『運命の力』が収録されています。ウィーンの劇場から無償貸与 されたピエル・ルイジ・ピッツィの装置と衣装が使われるなど力の入った公演で、1973年から首席指揮者を務めるムーティのもと、コムナーレ劇場が新たな段階 に入り安定したことを示す重要な公演でした。演奏は非常に多彩なテンポ感と色彩を持ちながら常にスコアの指示に忠実で、各場面の演劇的な色調をしっかりと計 算し全体を組み上げた、実にスケール大きく聴きごたえあるもの。 (Ki)

NAR Classical
NAR-10519(2CD)
レスピーギ:歌劇「炎」 ネリー・ミリチョウ(ソプラノ/シルヴァーナ)、ガブリエル・シャーデ(テノール/ドネッロ)、マリアーナ・ペンチェーヴァ(メゾ・ソプラノ/エウドシア)、デイヴィッド・ピットマン=ジェニングス(バリトン/バジーリオ)、チンツィア・デ・モーラ(メゾ・ソプラノ/アグネーゼ)、オルガ・ロマンコ(ソプラノ/モニカ)、パータ・ブルチュラーゼ(バス/ヴェスコヴォ)、ジャンルイジ・ジェルメッティ(指)、ローマ歌劇場O&cho

録音(ライヴ):1997年12月、ローマ歌劇場(ローマ、イタリア)
イタリアにおける器楽復興において中心的な役割を果たしたレスピーギがその円熟期に作曲し、1934年に初演が行われた歌劇「炎(ラ・フィアンマ)」。
ローマ歌劇場の首席指揮者を務めるイタリアのマエストロ、ジャンルイジ・ジェルメッティが振る「炎」は、歌劇作曲家としてのレスピーギの功績と優れた作曲技法を知ることの出来る貴重な録音です。
NAR Classical
NAR-10719(2CD)
ロッシーニ:歌劇「トルヴァルドとドルリスカ」 ステファノ・?アントヌッチ(バリトン/オルドウ)、フィオレッラ・ペディコーニ(ソプラノ/ドルリスカ)、エルネスト・パラシオ(テノール/トルヴァルド)、マウロ・ブーダ(バリトン/ジョルジオ)、ニコレッタ・チリエント(メゾ・ソプラノ/カルロッタ)、アントニオ・マラーニ(バス/オルモンド)、マッシモ・デ・ベルナルト(指)、スイス・イタリア語放送O&cho

録音(ライヴ):1992年1月11日、RTSIオーディトリアム(ルガーノ、スイス)
ロッシーニが「セビリアの理髪師」の直前に書き上げたポーランドを舞台とした歌劇「トルヴァルドとドルリスカ」。
1815年にローマで初演が行われたものの当時の評判は芳しくなく、翌年に初演された「セビリアの理髪師」の陰に隠れて幻の作品となってしまった歌劇です。
スイス・イタリア語放送O&choによる録音の復活は、この知られざる歌劇の再評価の機運を高める切っ掛けの1つとなってくれることでしょう。

Diapason
DIAPCF-022(13CD)
ワーグナー:歌劇集Vol.2〜仏ディアパゾン誌のジャーナリストの選曲による名録音集

【CD1-4】
●楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」

【CD5-8】
●舞台神聖祝典劇「パルジファル」

◆楽劇「ニーベルングの指輪」(ハイライト)
選定者:エマニュエル・デュピュイ

【CD9】
●楽劇「ラインの黄金」より
(1)前奏曲
(2)ヴァイア、ヴァーゲ、波打て、波よ!
(3)あんたが眼を閉じ、のんきに眠るとき
(4)解いてやってもよろしいですか?
(5)逃れよ、ヴォータン!
(5)夕べの空は陽に映えて
●楽劇「ワルキューレ」より
■第1幕
(1)前奏曲
(2)父が約束したひとふりの剣
(3)あなたに武器の在りかを
(4)男たちがみなこの部屋に集まっていました

【CD10】
●楽劇「ワルキューレ」より
■第1幕
(1)冬の嵐は過ぎ去り
(2)ジークムントの愛の歌
(3)君こそは春
■第2幕
(1)勇ましい娘よ
(2)ホーヨートーホー
(3)もう神々との縁は切れ
(4)ジークムントよ!私を見て下さい!
■第3幕
(1)ワルキューレの騎行
(2)私の犯した罪が

【CD11】
●楽劇「ワルキューレ」より
■第3幕
(1)ヴォータンの別れ
(2)ヴォータンの別れ
(3)さようなら勇ましいわが子(ヴォータンの別れ)
●楽劇「ジークフリート」より
■第1幕
(1)ホーホー!ホーホー!ホーハイ!
■第2幕
(2)あれは私の父ではない
(3)あれは私の父ではない

【CD12】
●楽劇「ジークフリート」より
■第2幕
(1)お前は俺の剣と俺が手に入れたものを
■第3幕
(2)私は永遠に生きる
(3)私は永遠に生きる
●楽劇「神々のたそがれ」より
■第1幕
(1)ジークフリートのラインへの旅
(2)私の言うことをよく聞いて下さい!
(3)ホイホー、ギービヒ王家の者どもよ、ふるい立て(ハーゲンの呼びかけ)
(4)ホイホー、ギービヒ王家の者どもよ、ふるい立て(ハーゲンの呼びかけ)

【CD13】
●楽劇「神々のたそがれ」より
■第3幕
(1)ジークフリートの葬送行進曲
(2)ブリュンヒルデよ、神聖な花嫁よ
(3)ラインの岸にたき木の山を積み(ブリュンヒルデの自己犠牲)
(4)ラインの岸にたき木の山を積み(ブリュンヒルデの自己犠牲)
(5)ラインの岸にたき木の山を積み(ブリュンヒルデの自己犠牲)
(6)ラインの岸にたき木の山を積み(ブリュンヒルデの自己犠牲)
【CD1-4】
フェルナンド・フランツ (バス・バリトン/ハンス・ザックス)、ゴットロープ・フリック(バス/ファイト・ポークナー)、フランツ・クラルヴァイン(テノール/クンツ・フォーゲルゲザング)、ハインリヒ・プフランツル(バリトン/ジクストゥス・ベックメッサー)、アルブレヒト・ペーター(バリトン/フリッツ・コートナー)、ハンス・ホップ(テノール/ヴァルター・フォン・シュトルツィング)、パウル・クエン(テノール/ダフィト)、リーザ・デラ・カーザ(ソプラノ/エファ)、ヘルタ・テッパー(コントラルト/マクダレーネ)、ジョン・クーン(テノール/バルタザール・ツォルン)、カール・ホッペ (バリトン/コンラート・ナハティガル)、エミール・グラーフ(テノール/ウルリヒ・アイスリンガー)、カール・オステルターク(テノール/アウグスティン・モーザー)、アドルフ・カイル(バス/ヘルマン・オルテル)、ヴァルター・ブレヒト(バス/ハンス・シュヴァルツ)、ルドルフ・ヴュンツァー(バス/ハンス・フォルツ)、ヴィリー・シュミッツ(バス/夜警)、バイエルン国立歌劇場合唱団、バイエルン国立O、ハンス・クナッパーツブッシュ(指)
録音:1955年9月11日、バイエルン国立歌劇場(ライヴ、モノラル)
選定者:エマニュエル・デュピュイ

【CD5-8】
ラモン・ヴィナイ(テノール/パルジファル)、マルタ・メードル(ソプラノ/クンドリ)、ジョージ・ロンドン(バリトン/アムフォルタス)、ルートヴィヒ・ウェーバー(バス/グルネマンツ)、ヘルマン・ウーデ(クリングゾル/バリトン)、ヨーゼフ・グラインドル(バス/ティトゥレル)、マリア・フォン・イロスヴァイ(アルト/アルトの声)、オイゲン・トービン(テノール/聖杯守護の騎士)、テオ・アダム(バス/聖杯守護の騎士)、アンナ・タッソプーロス(ソプラノ/花の乙女たち)、エリカ・ツィンマーマン(ソプラノ/花の乙女たち)、リタ・シュトライヒ(ソプラノ/花の乙女たち)、ヘティ・プリュマッハー(メゾ・ソプラノ/小姓、花の乙女たち)、ゲルダ・ヴィスマール(ソプラノ/花の乙女たち)、ヒューゴ・クラッツ(テノール/小姓)、ゲルハルト・シュトルツェ(テノール/小姓)、ギゼラ・リツ(アルト/小姓、花の乙女たち)、バイロイト祝祭合唱団、バイロイト祝祭O、クレメンス・クラウス(指)
録音:1953年、バイロイト祝祭劇場(ライヴ、モノラル)
選定者:ディディエ・ファン・モエレ

◆楽劇「ニーベルングの指輪」(ハイライト)
選定者:エマニュエル・デュピュイ
【CD9】
●楽劇「ラインの黄金」より
(1)ウィーンPO、ゲオルク・ショルティ(指)
録音:1958年
(2)セーナ・ユリナッチ(ソプラノ/ヴォークリンデ)、マグダ・ガボリー(ソプラノ/ヴェルグンデ)、ヒルデ・レッセル=マイダン(コントラルト/フロースヒルデ)、グスタフ・ナイトリンガー(バス・バリトン/アルベリヒ)、RAIローマSO、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)
録音:1953年
(3)テオ・アダム(バス・バリトン/ファーゾルト)、ヨーゼフ・グラインドル(バス/ファーフナー)、ハンス・ホッター(バス・バリトン/ヴォータン)、バイロイト祝祭O、ハンス・クナッパーツブッシュ(指)
(4)グスタフ・ナイトリンガー(バス・バリトン/アルベリヒ)、ジョージ・ロンドン(バリトン/ヴォータン)、セット・スヴァンホルム(テノール/ローゲ)、ウィーンPO、ゲオルク・ショルティ(指)
録音:1958年
(5)ジーン・マデイラ(メゾ・ソプラノ/エルダ)、ジョージ・ロンドン(バリトン/ヴォータン)、キルステン・フラグスタート(ソプラノ/フリッカ)、ヴァルデマール・クメント(テノール/フロー)、ウィーンPO、ゲオルク・ショルティ(指)
録音:1958年
(5)フリードリヒ・ショア(バス・バリトン/ヴォータン)、ゲニア・グサレヴィツ(ソプラノ/フリッカ)、ヴァルデマール・ヘンケ(テノール/フロー、ローゲ)、ベルリン国立歌劇場O、レオ・ブレッヒ(指)
録音:1927年
●楽劇「ワルキューレ」より
■第1幕
(1)ウィーンPO、ブルーノ・ワルター(指)
録音:1935年
(2)ジョルジュ・ティル(テノール/ジークムント)、ウジェーヌ・ビゴー(指)、オーケストラ名不詳
録音:1935年
(3)レジーヌ・クレスパン(ソプラノ/ジークリンデ)、フランス国立放送O、ジョルジュ・プレートル(指)
録音:1961年
(4)メータ・ザイネマイヤー(ソプラノ/ジークリンデ)、クルト・タウヒャー(テノール/ジークムント)、ベルリン国立歌劇場O、フリーダー・ヴァイスマン(指)
録音:1929年
【CD10】
●楽劇「ワルキューレ」より
■第1幕
(1)ジョン・ヴィッカーズ(テノール/ジークムント)、レオニー・リザネク(ソプラノ/ジークリンデ)、バイロイト祝祭O、ハンス・クナッパーツブッシュ(指)
録音:1958年
(2)ジョルジュ・ティル(テノール/ジークムント)、フェルナン・ウルトゥール(指)、オーケストラ名不詳
録音:1927年
(3)ロッテ・レーマン(ソプラノ/ジークリンデ)、ウィーンPO、ブルーノ・ワルター(指)
録音:1935年
■第2幕
(1)ジョージ・ロンドン(バリトン/ヴォータン)、ビルギット・ニルソン(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、ロンドンSO、エーリヒ・ラインスドルフ(指)
録音:1961年
(2)フリーダ・ライダー(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、ベルリン国立歌劇場O、レオ・ブレッヒ(指)
録音:1927年
(3)リタ・ゴール(メゾ・ソプラノ/フリッカ)、ハンス・ホッター(バス・バリトン/ヴォータン)、コヴェントガーデン王立歌劇場O&cho、ゲオルク・ショルティ(指)
録音:1961年
(4)キルステン・フラグスタート(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、セット・スヴァンホルム(テノール/ジークムント)、フィルハーモニアO、カール・ベーム(指)
録音:1949年
■第3幕
(1)バイロイト祝祭O、ヘルベルト・フォン・カラヤン(指)
録音:1951年
(2)アストリッド・ヴァルナイ(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、ハンス・ホッター(バス・バリトン/ヴォータン)、バイロイト祝祭O、クレメンス・クラウス(指)
録音:1953年
(3)マージョリー・ローレンス(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、パドルーO、ピエロ・コッポラ(指)
録音:1933年
【CD11】
●楽劇「ワルキューレ」より
■第3幕
(1)ジョージ・ロンドン(バリトン/ヴォータン)、ウィーンPO、ハンス・クナッパーツブッシュ(指)
録音:1958年
(2)ヨーゼフ・ヘルマン(バリトン/ヴォータン)、ドレスデン・シュターツカペレ、カール・エルメンドルフ(指)
録音:1944年
(3)マルセル・ジュルネ(バス/ヴォータン)、ピエロ・コッポラ(指)、オーケストラ名不詳
録音:1930年
●楽劇「ジークフリート」より
■第1幕
(1)ラウリッツ・メルヒオール(T)、アルベルト・ライス(テノール/ミーメ)、ロンドンSO、アルバート・コーツ(指)
録音:1929年
■第2幕
(2)マックス・ロレンツ(テノール/ジークフリート)、バイロイト祝祭O、ハインツ・ティーティエン(指)
録音:1936年
(3)ヴォルフガング・ヴィントガッセン(テノール/ジークフリート)、バイロイト祝祭O、ハンス・クナッパーツブッシュ(指)
録音:1956年

【CD12】
●楽劇「ジークフリート」より
■第2幕
(1)ルートヴィヒ・ズートハウス(テノール/ジークフリート)、ユリウス・パツァーク(テノール/ミーメ)、RAIローマSO、ウィルヘルム・フルトヴェングラー(指)
録音:1953年
■第3幕
(2)キルステン・フラグスタート(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、セット・スヴァンホルム(テノール/ジークフリート)、フィルハーモニアO、ジョルジュ・セバスティアン(指)
録音:1951年
(3)ジェルメーヌ・リュバン(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、アンリ・ドゥフォッセ(指)、オーケストラ名不詳
録音:1930年
●楽劇「神々のたそがれ」より
■第1幕
(1)シカゴSO、フリッツ・ライナー(指)
録音:1960年
(2)ケルスティン・トルボルク(メゾ・ソプラノ/ヴァルトラウテ)、ロンドンPO、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)
録音:1937年
(3)ゴットロープ・フリック(バス/ハーゲン)、ベルリン国立歌劇場O&cho、フランツ・コンヴィチュニー(指)
録音:1959年
(4)ヨーゼフ・グラインドル(バス/ハーゲン)、バイロイト祝祭O、ヴィルヘルム・ピッツ(指)
録音:1958年
【CD13】
●楽劇「神々のたそがれ」より
■第3幕
(1)ウィーンPO、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)
録音:1954年
(2)ヴォルフガング・ヴィントガッセン(テノール/ジークフリート)、ミュンヘンPO、レオポルト・ルートヴィヒ(指)
録音:1952年
(3)キルステン・フラグスタート(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、ニューヨーク・フィルハーモニック、ブルーノ・ワルター(指)
録音:1952年
(4)アイリーン・ファーレル(S)、ボストンSO、シャルル・ミュンシュ(指)
録音:1958年
(5)フリーダ・ライダー(S)、シュターツカペレ・ベルリン、レオ・ブレッヒ(指)
録音:1928年
(6)ジェルメーヌ・リュバン(ソプラノ/ブリュンヒルデ)、アンリ・ドゥフォッセ(指)、オーケストラ名不詳
録音:1929年

※リマスタリング:イザベル・デイヴィ(マスタリングスタジオ「Circa」)
芸術の国フランスの世界的クラシック音楽専門誌「ディアパゾン(Diapason)」の自主レーベルから登場する
ボックス・セット・シリーズの第22弾は、2019年に発売されたワーグナーの「歌劇集」(DIAPCF016)の続編となる第2巻!

今回のワーグナー第2巻にはディアパゾン誌の編集長エマニュエル・デュピュイとディディエ・ファン・モエレが選定した「ニュルンベルクのマイスタージンガー」、「パルジファル」、そして「ニーベルングの指輪」のハイライトを収録。
「ニュルンベルクのマイスタージンガー」がクナッパーツブッシュの1955年ライヴ、「パルジファル」がクラウスの1953年ライヴなのに対して、「ニーベルングの指輪」のハイライトは1つの演奏、録音からの抜粋ではなく、膨大な数の録音からディアパゾン誌が選りすぐった音源を集めたユニークなコンセプトによる選曲となっています。
また、フランスのワグネリアン・ソプラノとして名高いジェルメーヌ・リュバンの録音が選ばれているもの、ディアパゾンならではの選曲と言えるでしょう、
20世紀を代表するワーグナー歌手たちの名歌唱の数々が集められたワグネリアン要注目のボックスです!

NIFC
NIFCDVD-008(DVD)
(PAL)
ジェレンスキ:歌劇 「ゴプラナ」 (3幕のロマンティック・歌劇) グジェゴシュ・ノヴァク(指)、
ポーランド国立歌劇場テアトル・ヴィエルキO&cho
ポーランドの2つの主要な音楽文化機関、ポーランド国立ショパン研究所(NIFC)とポーランド国立歌劇場「テアトル・ヴィエルキ」の継続的な協力関係の賜物としてリリースされる知られざるポーランド・歌劇の映像作品。
ワルシャワ音楽院の教師、ワルシャワ音楽協会の芸術監督、クラクフ音楽アカデミーの院長を歴任し、19世紀のポーランド・ロマンティシズムの中心的役割を担った作曲家ヴワディスワフ・ジェレンスキ(1837-1921)の歌劇「ゴプラナ」。指揮はグジェゴシュ・ノヴァク、演出はヤヌシュ・ヴィシニェフスキが担当し、2017年に名誉ある国際歌劇賞の最優秀再発見作品部門を受賞しています。リリシズム溢れる音楽と伝統的な伝説や壮大なポーランド文学に浸った「非現存の世界」をお楽しみください。
※当タイトルはPAL方式に対応したプレーヤー、PCでのみ再生可能です。予めご了承下さい。
NIFC
NIFCDVD-009(DVD)
(PAL)
パデレフスキ:歌劇 「マンル」 (3幕歌劇) グジェゴシュ・ノヴァク(指)、
ポーランド国立歌劇場テアトル・ヴィエルキO&cho
ポーランドの2つの主要な音楽文化機関、ポーランド国立ショパン研究所(NIFC)とポーランド国立歌劇場「テアトル・ヴィエルキ」の継続的な協力関係の賜物としてリリースされる知られざるポーランド・歌劇の映像作品。
ショパン以降のポーランドにおける最も優れたコンポーザー=ピアニストであり、同国の首相や外務大臣を務めるなど政治家としても活躍した偉人イグナツィ・パデレフスキ(1860-1941)が作曲した唯一の歌劇「マンル」。ワーグナーの影響を受けた作品で、ライトモティーフの手法が取り入れられています。ドレスデンにおける初演(1901年)は大成功で、その後のポーランドやアメリカでの上演含め、パデレフスキ自身非常に満足していたようです。内容は不寛容と文化の違いがもたらす結果を描いた苦い物語で、マレク・ヴァイスの演出により、現実に対する考察を促すような、パワフルで示唆に富むものに仕上がっています。
※当タイトルはPAL方式に対応したプレーヤー、PCでのみ再生可能です。予めご了承下さい。

BMC
BMCCD-202(1CD)
ゲルゲイ・ヴァイダ:一幕の歌劇「バービー・ブルー」*
ファレミドのガリバー#
子どもとの会話 +
ゲルゲイ・ヴァイダ(指)*#、
ハンガリー公共サーヴィス・メディアMRシンフォニック(旧ハンガリーRSO)*、
UMZEアンサンブル#、
ヴィットリオ・パリシ(指) +、
デダロ・アンサンブル +ほか

録音:2009年〜2010年
ペーテル・エトヴェシュに師事し、2011年からはアメリカ、アラバマ州のハンツビルSOの音楽監督、2014年からは国際アルメル・歌劇・コンクール&フェスティヴァルの芸術監督、さらに2017年からはポートランド祝祭SOの音楽監督を務めるなど、指揮者としても目覚ましい活躍を展開しているハンガリーのコンポーザー=コンダクター、ゲルゲイ・ヴァイダの作品集。「バービー・ブルー」はバルトークの生誕125周年を記念して企画された作品で、歌劇「青ひげ公の城」の前段階の「コミックバージョン」として書かれました。バルトーク唯一の歌劇である「青ひげ公の城」と同じ声部、同じ規模のオーケストラのために作曲されており、表面上は隠されているものの、構造上の重要なポイントや音楽の基本的なプロセスのレベルで「青ひげ公の城」を参照しています。


Opus Arte
OACD-9048BD(30CD)
NX-L01
バイロイト・エディション30枚組BOX

(1)歌劇「さまよえるオランダ人」(2枚組)

(2)歌劇「タンホイザー」(3枚組)

(3)歌劇「ローエングリン」(3枚組)

楽劇「ニーベルングの指環」
(4)序夜:楽劇「ラインの黄金」(2枚組)

(5)第1夜:楽劇「ワルキューレ」(4枚組)

(6)第2夜:楽劇「ジークフリート」(4枚組)

(7)第3夜:楽劇「神々の黄昏」(4枚組)

(8)楽劇「トリスタンとイゾルデ」(4枚組)

(9)楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(4枚組)
(1)オランダ人…サミュエル・ヨン(Bs-Br)、 ゼンタ…リカルダ・メルベート(S)、 エリック…トミスラフ・ムツェク(T)、マリー…クリスタ・マイヤー(Ms)、 舵手…ベンヤミン・ブルンス(T)、 バイロイト祝祭O&cho、クリスティアン・ティーレマン(指)/録音:2013年7月25日(ライヴ)
(2)領主ヘルマン…ユン・クヮンチュル(Br)、 タンホイザー…トルステン・ケルル(T)、 ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハ…マルクス・アイヒェ(Br)、 ヴァルター・フォン・フォーゲルヴァイデ…ロタール・オディニウス(T)、 エリーザベト…カミラ・ニールンド(S)、 ヴェーヌス…ミシェル・ブリート(S) 他、バイロイト祝祭O&cho、アクセル・コーバー(指)/録音:2014年8月12日(ライヴ)
(3)ドイツ王ハインリヒ…ゲオルク・ツェッペンフェルト (Bs)、 ローエングリン…クラウス・フロリアン・フォークト (T)、 ブラバントのエルザ姫…アネッテ・ダッシュ (S)、 フリードリヒ・フォン・テルラムント…ユッカ・ラシライネン(Bs-Br)、 オルトルート…ペトラ・ラング(Ms)、 王の伝令…サミュエル・ヨン(Bs-Br) 他、バイロイト祝祭O&cho、アンドリス・ネルソンス(指)/録音:2011年8月14日(ライヴ)
(4)ヴォータン…アルベルト・ドーメン(Bs-Br)、 フリッカ…ミシェル・ブリート(S)、 フライア…エディット・ハッラー(S)、 エルダ…クリスタ・マイヤー(Ms)、 アルベリヒ…アンドリュー・ショア(Bs)、 ミーメ…ゲルハルト・シーゲル(T)、 ファゾルト…ユン・クヮンチュル(Br)、 ファフナー…ハンス=ペーター・ケーニヒ(Bs) 他、バイロイト祝祭O&cho、クリスティアン・ティーレマン(指)/録音:2008年(ライヴ)
(5)ジークムント…エンドリック・ヴォットリヒ(T)、 フンディング…ユン・クヮンチュル(Br)、 ヴォータン…アルベルト・ドーメン(Bs-Br)、 ジークリンデ…エヴァ=マリア・ウェストブルク(S)、 ブリュンヒルデ…リンダ・ワトソン(S)、 フリッカ…ミシェル・ブリート(S)、 ゲルヒルデ…ソーニャ・ミューレック(S) 他、バイロイト祝祭O&cho、クリスティアン・ティーレマン(指)/録音:2008年(ライヴ)
(6)ジークフリート…スティーヴン・グールド(T)、 ミーメ…ゲルハルト・シーゲル(T)、 さすらい人…アルベルト・ドーメン(Bs-Br)、 アルベリヒ…アンドリュー・ショア(Bs)、 ファフナー…ハンス=ペーター・ケーニヒ(Bs)、 エルダ…クリスタ・マイヤー(Ms)、 ブリュンヒルデ…リンダ・ワトソン(S)、 森の小鳥…ロビン・ヨハンセン(S)、 バイロイト祝祭O&cho、クリスティアン・ティーレマン(指)/録音:2008年(ライヴ)
(7)ジークフリート…スティーヴン・グールド(T)、 グンター…ラルフ・ルーカス(Bs)、 アルベリヒ…アンドリュー・ショア(Bs)、 ハーゲン…ハンス=ペーター・ケーニヒ(Bs)、 ブリュンヒルデ…リンダ・ワトソン(S)、 ヴァルトラウデ…クリスタ・マイヤー(Ms)、 第1のノルン…シモーネ・シュレーダー(C.A)、 第2のノルン…マッティーナ・ディーケ(Ms)、 第3のノルン/グートルーネ…エディット・ハッラー (S)、 他、バイロイト祝祭O&cho、クリスティアン・ティーレマン(指)/録音:2008年(ライヴ)
(8)トリスタン…ロバート・ディーン・スミス(T)、 イゾルデ…イレーネ・テオリン(S)、 マルケ王…ロベルト・ホル(Bs-Br)、 クルヴェナール…ユッカ・ラシライネン(Bs-Br)、 メロート…ラルフ・ルーカス(Br)、 ブランゲーネ…ミシェル・ブリート(S)、 若い水夫…クレメンス・ビーバー(T)、 羊飼い…アルノルト・ベゾイエン(T)、 舵取り…マーティン・スネル(Br)、 バイロイト祝祭O&cho、ペーター・シュナイダー(指)/録音:2009年8月9日(ライヴ)
(9)ハンス・ザックス…フランツ・ハヴラタ(Bs)、 ファイト・ボーグナー…アルトゥール・コーン(Bs)、 ジクストゥス・ベックメッサー…ミヒャエル・フォッレ(Br)、 ヴァルター・フォン・シュトゥルツィング…クラウス・フロリアン・フォークト(T)、 ダフィト…ノルベルト・エルンスト(T)、 エファ…ミカエラ・カウネ(S) 他、バイロイト祝祭O&cho、セバスティアン・ヴァイグレ(指)/録音:2008年(ライヴ)
全てバイロイト歌劇場でのライヴ
OPUS ARTEレーベルが誇る"バイロイト音楽祭ライヴ"を一つにまとめた30枚組BOXの登場。どの 演目も高く評価された演奏であり、なかでも2008年に「ニーベルングの指環」を指揮したティーレマン は、この演奏で「ワーグナー指揮者」としての評価を一気に高めました。またティーレマンは2013年の 「さまよえるオランダ人」でも風格ある演奏を披露しています。歌手たちの顔ぶれも錚々たるもので、ス ティーヴン・グールドやロバート・ディーン・スミスらの重鎮から、話題をまいたクラウス・フロリアン・フォーク トまで優れたヘルデン・テノール歌手と、エヴァ=マリア・ウェストブルク、リンダ・ワトソン、イレーネ・テオリ ンと言った新時代のワーグナー・ソプラノらが織りなす壮大な愛のドラマは、聴き手を圧倒します。全て の演目に拍手入り。

HARDY
HCD-4060(DVD)
NX-C02
フェニーチェ歌劇場/ニューイヤー・コンサート2021
ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調 Op. 60
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」-序曲
ヴェルディ:歌劇「イル・トロヴァトーレ」より「憂鬱なジプシー男の楽しみは」(鍛冶屋の合唱)
ヴェルディ:歌劇「リゴレット」より「風の中の羽のように」(女心の歌)
グノー:歌劇「ロメオとジュリエット」より「私は夢に生きたい」
オッフェンバック:歌劇「ホフマン物語」より 舟歌(オーケストラ演奏)
ドニゼッティ:歌劇「連帯の娘」より「ああ!友よ、何とめでたい日々だろう」
マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より 間奏曲
ヴェルディ:歌劇「椿姫」より「不思議だわ〜花から花へ」
ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」より「行け、わが思いよ、金色の翼に乗って」
ヴェルディ:歌劇「椿姫」より「友よ、さあ飲み明かそう」(乾杯の歌)
ロサ・フェオーラ(S)
シャビエル・アンドゥーガ(T)
ダニエル・ハーディング(指)
フェニーチェ歌劇場O&cho

収録:2021年1月1日(無観客ライヴ)
収録時間:95分
音声:イタリア語/フランス語
ドルビーデジタル2.0/5.1
字幕:なし
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
2004年から開催されているヴェネツィアのフェニーチェ劇場のニューイヤー・コンサート。2021年の指揮を務めたのは2011年、2015年に続く3回目 の登場となるダニエル・ハーディングです。例年通り、第1部はオーケストラの演奏で、今回の曲目はベートーヴェンの交響曲第4番。歌劇をテーマとし た第2部は、モーツァルトの「フィガロの結婚」序曲で幕を開け、フェニーチェで初演された「リゴレット」「椿姫」を含むヴェルディの歌劇からのアリア、合 唱曲を中心に、フランス語で歌われるグノーやドニゼッティのアリアと、オーケストラ演奏によるオッフェンバックのホフマンの舟歌、マスカーニの「カヴァレリ ア・ルスティカーナ」間奏曲を配した豪華なプログラム。最後には「乾杯の歌」が高らかに歌われます。 新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、ハーディングをはじめ、オーケストラの奏者、合唱団までがマスクを装着して、無観客での演奏ですが、 このコンサートはテレビ放送を通じて多くの人々に希望を届けました。

NAXOS
NAXOS-2.110691
(2DVD)
NX-D05

NBD-0130V(Bluray)
NX-D05
ヒンデミット:歌劇「画家マティス」 マティス(画家)…ヴォルフガンク・コッホ(Br)
アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク(マインツ大司教)
…カート・ストレイト(T)
リーディンガー(商人)…フランツ・グルントヘーバー(Bs-Br)
ウルズラ(リーディンガーの娘)…マヌエラ・ウール(S)
ハンス・シュヴァルプ(農民の指導者)…レイモンド・ヴェリー(T)
レギーナ(シュヴァルプの娘)…カテリーナ・トレチャコワ(S)
ローレンツ・フォン・ポンマースフェルデン(マインツ大司教代理)
…マーティン・スネル(Bs)
ヴォルフガング・カピト(アルブレヒトの顧問官)…チャールズ・リード(T)
ジルヴェスター・フォン・シャウンブルク(将校)…オリヴァー・リンゲルハーン(T)
ヘルフェンシュタイン伯爵夫人…マグダレーナ・アンナ・ホフマン(Ms)

スロヴァキア・フィルハーモニーcho
ウィーンSO
指揮:ベルトラン・ド・ビリー(指)
演出:キース・ウォーナー

収録:2012年12月 アン・デア・ウィーン劇場(オーストリア)
収録時間:190分
音声:ドイツ語歌唱
PCMステレオ2.0(DVD&Blu-ray)
字幕:日本語・ドイツ語・英語・フランス語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク×2
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
世界初映像化
「画家マティス」は、ヒンデミットが16世紀ドイツの宗教画家マティアス・グリューネヴァルトを題材に台本を書き、1934年から35年にかけて作曲した全7場か らなる歌劇。宗教改革後の16世紀初頭、ルター派の農民反乱を題材にしたそのストーリーは、作曲当時のドイツの政治体制への間接的な批判と見做さ れ、1935年に計画されたフルトヴェングラー指揮によるベルリン初演はナチスによって禁止されてしまいました。 ヒンデミットはこの歌劇の台本作成中から、フルトヴェングラーの求めに応じ、歌劇の素材を用いた交響曲「画家マティス」を書きあげ、これは歌劇よりも先に 初演され大成功を収めました。しかし歌劇の上演が禁止になったことで有名な「ヒンデミット事件」が勃発。ドイツ国内外でセンセーションを巻き起こしました。 本映像の舞台は、歌劇の演劇的演出に定評のあるキース・ウォーナーによるもので、ステージに置かれた巨大な十字架上のキリスト像が物語の進行ととも にその姿を変えていくというもの。その舞台の上でルター派と旧教派の熾烈な確執と、その両派の間を揺れ動き苦悩する主人公マティス(ヴォルフガンク・コッ ホ)を筆頭に、ベルトラン・ド・ビリーが導くヒンデミットの鮮烈な音楽に乗って、優れた歌手陣が陰影深い演技歌唱を繰り広げます。

Opus Arte
OA-1335D(DVD)
NX-C10

OABD-7289D(Bluray)
NX-D09
ドニゼッティ:歌劇「劇場の都合・不都合」

特典映像…キャスト・ギャラリー
マンマ・アガタ…ロラン・ナウリ(Br)
ダリア(プリマ・ドンナ)…パトリツィア・チョーフィ(S)
プロコーロ(ダリアの夫)…チャールズ・ライス(Br)
ルイジア(セコンダ・ドンナ)…クララ・メローニ(S)
グリエルモ(プリモ・テノーレ)…エネア・スカラ(T)
ビスクローマ(作曲家、指揮者)…ピエトロ・ディ・ビアンコ(Bs-Br)
チェーザレ(台本作家)…エンリク・マルティネス=カスティニャーニ(Br)
興業主…ピョートル・ミチンスキー(Br)
ピッペット…キャサリン・エイトケン(Ms)
劇場支配人…ドミニク・ベネフォルティ
リヨン国立歌劇場O&cho
指揮:ロレンツォ・ヴィオッティ(指)
演出&衣装:ロラン・ペリー

収録 2017年7月6,8日リヨン国立歌劇場(フランス)
収録時間:115分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/DD5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
ドニゼッティの「劇場の都合・不都合」(ヴィーヴァ・ラ・マンマ)は、作曲家中期の傑作のひとつ。1827年の上演で好評を博した1幕ものの「劇場の都 合」に、作曲家自身が手を加え2幕の歌劇として1831年に初演された作品です。わがままな歌手たち、我が娘を主役にと強引に推すステージ・マ マ。笑いと風刺に満ちたストーリーがドニゼッティの軽快な音楽に乗って小気味よく展開します。 ここに収録された2017年のリヨン歌劇場でのロラン・ペリー演出の舞台は、現在は駐車場に転用されている田舎町の元歌劇場のオーディトリアムに 過去の歌劇のリハーサル風景が幻のように浮かび上がるというユニークなもの。女装のロラン・ナウリがマンマ・アガタ、パトリツィア・チョーフィが勝気なプ リマ・ドンナを怪演。加えて優れた歌手陣がその脇を固めています。俊英ロレンツォ・ヴィオッティのタクトは常に軽快さを保ち、ペリー演出と歌手陣の見 事な歌唱演技と相まって、この愉快な歌劇を緩みなく聴かせます。

C Major
75-8408(8DVD)
限定セット

75-8504(5Bluray)
限定セット
ミラノ・スカラ座・歌劇・ボックス


(1)ヴェルディ:歌劇『アイーダ』

(2)ヴェルディ:歌劇『二人のフォスカリ』
特典映像:ドミンゴへのインタビュー〜二人のフォスカリについて(聞き手:I.ホーレンダー 字幕:英独)

(3)モーツァルト:歌劇『魔笛』全曲

(4)モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』

(5)モーツァルト:歌劇『後宮からの逃走』
(1)クリスティン・ルイス(アイーダ:ソプラノ)、ファビオ・サルトーリ(ラダメス:テノール)、アニタ・ラチヴェリシュヴィリ(アムネリス:メゾ・ソプラノ)、マッティ・サルミネン(ラムフィス:バス)、ゲオルグ・ガグニーゼ(アモナズロ:バリトン)、カルロ・コロンバーラ(王:バス)、アゼル・ルザ=ザダ(使者:テノール)、キアラ・イゾットン(巫女の長:ソプラノ)、ミラノ・スカラ座O&cho
ズービン・メータ(指)
演出:ペーター・シュタイン
字幕:英独仏西中韓
(2)プラシド・ドミンゴ(フランチェスコ・フォスカリ/バリトン)、フランチェスコ・メーリ(ヤコポ・フォスカリ/テノール)、アンナ・ピロッツィ(ルクレツィア/ソプラノ)、アンドレア・コンチェッティ(ヤコポ・ロレダーノ/バス)、エドアルド・ミッレッティ(バルバリーゴ/テノール)、キアーラ・ポリドーリ(ピザーナ/ソプラノ)、アゼル・レザ=ザデ(十人委員会の委員/テノール)、ティル・フォン・オルロフスキー(総督の従僕/バス)、ミラノ・スカラ座O&cho、ミケーレ・マリオッティ(指)
演出、舞台美術:アルヴィス・ヘルマニス
収録:2016年2月25日ミラノ、スカラ座(ライヴ)
映像監督:ティツィアーノ・マンシーニ
収録時間:本編122分、特典16分
字幕:伊独英仏西韓
(3)マルティン・サマー(ザラストロ/バス)、ヤスミン・オズカン(夜の女王/ソプラノ)、マルティン・ピスコルスキ(タミーノ/テノール)、ファトマ・サイード(パミーナ/ソプラノ)、テレーザ・ツィッサー(パパゲーナ/ソプラノ)、ティル・フォン・オルロフスキー(パパゲーノ/バス)、サッシャ・エマニュエル・クレーメル(モノスタトス/テノール)、他、ミラノ・スカラ座アカデミア合唱団、ミラノ・スカラ座アカデミアO、アダム・フィッシャー(指)
演出:ペーター・シュタイン
収録:2016年9月21日ミラノ、スカラ座(ライヴ)
字幕:独英仏西韓
(4)カルロス・アルバレス(アルマヴィーヴァ伯爵)、ディアナ・ダムラウ(伯爵夫人)、ゴルダ・シュルツ(スザンナ)、マルクス・ヴェルバ(フィガロ)、マリアンヌ・クレバッサ(ケルビーノ)、アンナ・マリア・チウリ(マルチェッリーナ)、アンドレア・コンチェッティ(バルトロ/アントーニオ)、クレシミール・シュピチェル(バジリオ/ドン・クルツィオ)、テレサ・ジッサー(バルバリーナ)、フランチェスカ・マンツォ(娘1)、クリスティン・スヴェインスドッター(娘2)、通奏低音:ジェイムズ・ヴォーン(フォルテピアノ)、シモーネ・グロッポ(Vc)、ミラノ・スカラ座O&cho、フランツ・ヴェルザー=メスト(指)
演出:フレデリック・ウェイク=ウォーカー
収録時期:2016年10月ミラノ、スカラ座(ライヴ)
字幕:伊英独仏西韓
(5)レネケ・ルイテン(コンスタンツェ/ソプラノ)、サビーヌ・ドゥヴィエル(ブロンデ/ソプラノ)、マウロ・ペーター(ベルモンテ/テノール)、マクシミリアン・シュミット(ペドリッロ/テノール)、トビアス・ケーラー(オスミン/バス)、コルネリウス・オボーニャ(セリム)、ミラノ・スカラ座O&cho、ズービン・メータ(指)
演出:ジョルジョ・ストレーレル
収録:2017年6月ミラノ、スカラ座(ライヴ)
字幕:独英仏韓

◆DVD
画面:16:9,NTSC
音声:PCMステレオ、DTS5.1
限定セット
ハードカバー・スリップケース
◆Bluray
画面:16:9,1080i
音声:PCMステレオ、
DTS-HD MA5.1
限定セット
ハードカバー・スリップケース
イタリア・歌劇の殿堂、ミラノ・スカラ座。近年の名演奏がブルーレイとDVDボックス・セットで登場します。 メータ(指)ペーター・シュタイン演出の『アイーダ』(2015年)。プラシド・ドミンゴがバリトンとしてタイトル・ロールを歌った『二人のフォスカリ』(2016年)。 次世代の歌劇界を背負う若手たちの共演とベテラン指揮者アダム・フィッシャーによる『魔笛』(2016年)。イタリアの伝説的演出家ジョルジョ・ストレーレルに 敬意を表して上演されたヴェルザー=メスト指揮による『フィガロの結婚』(2016年)。同じくイタリアの偉大な演出家、ジョルジュ・ストレーレル没後20周年記 念して上演されたメータ指揮による『後宮からの逃走』(2017年)。伝統と革新を融合させた素晴らしいスカラ座を存分に堪能できるセットとなっています。 (Ki)

Diapason
DIAP-137(2CD)
ドニゼッティ:歌劇「ドン・パスクワーレ」 セスト・ブルスカンティーニ(バス・バリトン/ドン・パスクワーレ)、マリオ・ボリエッロ(バリトン/マラテスタ)、チェザーレ・ヴァレッティ(テノール/エルネスト)、アルダ・ノーニ(ソプラノ/ノリーナ)、アルマンド・ベンツィ(テノール/公証人)、
トリノ・イタリアRSO&cho、
マリオ・ロッシ(指)

録音:1952年
フランスの世界的クラシック音楽専門雑誌である「ディアパゾン(Diapason)」が音楽史に輝く名曲の歴史的名演を選出し、新たなマスタリング施して復刻するシリーズ『レ・ザンディスパンサーブル・ド・ディアパゾン 〜 ディアパゾンが選んだ決定盤』。
シリーズの第137集は、19世紀前半のイタリアを代表する歌劇作曲家の1人、ガエターノ・ドニゼッティ(1797−1848)がその晩年となる1842年に作曲した歌劇・ブッファ「ドン・パスクワーレ」。
ディアパゾン誌が選んだ「ドン・パスクアーレ」のベスト・レコーディングは、名バス・バリトン、セスト・ブルスカンティーニがタイトル・ロールを演じた1952年録音。
イタリア勢のソリストたちの歌唱力、マルコ・ロッシ率いるトリノ・イタリアRSO&choの名盤が、フランスのマスタリング・スタジオ「Circe」のリマスタリングを施されて復活します。

Anaklasis
ANA-012LP(2LP)
アレクサンデル・ノヴァク:音楽劇 「ドラフ」 マレク・モシ(指)、ティヒ市室内O 「AUKSO」、
ヤン・ヤクブ・モノヴィト(C.T)、ヨアンナ・フレシェル(S)、セバスティアン・シュムスキ(Br)、マルツィン・シヴィオントキエヴィチ(ハープシコード)

録音:2019年10月、カロル・シマノフスキ・カトヴィツェ音楽アカデミー・コンサート・ホール
1945年にクラクフで設立されたポーランド最大級の音楽出版社「ポーランド音楽出版社(PWM Edition)」が新たに設立したレーベル「Anaklasis(アナクラシス)」の歌劇・シリーズ。現代のもっとも優れたポーランドの作曲家の一人、アレクサンデル・ノヴァク(アレクサンダー・ノヴァーク)(1979-)の音楽劇「ドラフ」のLPヴァージョンも登場。
LP盤のボーナス・トラックとして、SIDE Dにはアレクサンデル・ノヴァクらのインタビューも収録。
ティヒ市のAUKSODRONE音楽祭のキュレーターから委嘱され、2019年の同音楽祭で初演。ノヴァクと同じ年齢のポーランドの小説家、シュチェパン・トヴァルドフの小説「ドラフ(DRACH)」を基にした、ソプラノ、バリトン、カウンターテナー、ハープシコード、ストリングス、ルーパーの為の音楽劇で、ポーランド語、シレジア語(ポーランド南西部からチェコ北東部にまたがるシレジア地方の言葉で、ノヴァクもトヴァルドフもシレジア地方の生まれ)、ドイツ語の3ヶ国語が使われています。2020年11月に発表されたポーランド音楽のコリュパイオス賞では、この「ドラフ」の初演公演が「イヴェント・オヴ・ザ・イヤー」に選ばれました。ハープシコードは、レイチェル・ポッジャーとともにブレコン・バロックのメンバーとしても活動するポーランドの俊英、マルツィン・シヴィオントキエヴィチ。

ORFEO
C-210086(10CD)
NX-F05
ユリア・ヴァラディ〜ORFEO録音集
【CD1】 ヴェルディ: アリア集
1. 歌劇「ナブッコ」 -ああ、宿命的な文書よ
2. 歌劇「イル・トロヴァトーレ」 - 穏やかな夜
3. 歌劇「イル・トロヴァトーレ」 - 私の不安?- 恋はばら色の翼に乗って
4. 歌劇「椿姫」 -不思議だわ - 花から花へ
5. 歌劇「椿姫」 - あなたは約束を守ってくださった - 待っていても誰もこない - さようなら、過ぎ去った日々よ
6. 歌劇「仮面舞踏会」 -あの草を摘み取って - けれど、乾いた茎から
7. 歌劇「仮面舞踏会」 -  死にましょう、でもその前に
8. 歌劇「運命の力」 - 平和を、平和を、わが神よ!
【CD2】 ヴェルディ:アリア集
1. 歌劇「マクベス」 - 野心的な人です - さあ、いらっしゃい
2. 歌劇「マクベス」 - 光は色あせ
3. 歌劇「マクベス」 -  血の痕がまだここにあるわ
4. 歌劇「ドン・カルロ」 -  世の空しさを知る神よ
5. 歌劇「アイーダ」 - 勝ちて帰れ!
6. 歌劇「アイーダ」 - ラダメス様がここに来られる!- おお、私の祖国よ
7. 歌劇「オテロ」 - 柳の歌 「寂しい荒野に歌いながら泣く」
【CD3】 プッチーニ: アリア集
1. 歌劇「つばめ」 - ドレッタの美しい夢
2. 歌劇「ラ・ボエーム」 -みんなは私をミミと呼びます
3. 歌劇「ラ・ボエーム」 - 幸せに飛び出して来たあの場所
4. 歌劇「ジャンニ・スキッキ」 -私のお父さん
5. 歌劇「マノン・レスコー」 -  この柔らかなレースの中で
6. 歌劇「マノン・レスコー」 -   ただ一人、見放され
7. 歌劇「修道女アンジェリカ」 -  母もなしに、ああ坊や、おまえは死んだのね!
8. 歌劇「トスカ」 -歌に生き、恋に生き
9. 歌劇「蝶々夫人」 - ある晴れた日に
10. 歌劇「蝶々夫人」 - お前のお母さんが
11. 歌劇「蝶々夫人」 - トゥ、トゥ、小さな神さま
12. 歌劇「トゥーランドット」 - ご主人さま お聞きください
13. 歌劇「トゥーランドット」 - 氷のようなあなた様も
14. 歌劇「トゥーランドット」 - この宮殿の中で
【CD4】 チャイコフスキー: アリア集
1. 歌劇「エフゲニー・オネーギン」 -  まあ お喋りしすぎましたわ
2. 歌劇「エフゲニー・オネーギン」 - 私は死んでもいいの でもその前に
3. 歌劇「エフゲニー・オネーギン」 - Act I: Akh, Noch minula
ああ、夜が明けたわ
4. 歌劇「オルレアンの少女」 -序曲
5. 歌劇「オルレアンの少女」 -お願いします
6. 歌劇「マゼッパ」 - ポルタヴァの戦い
7. 歌劇「マゼッパ」 -眠れ、私のかわいい子
8. 歌劇「マゼッパ」 - ゴパーク
9. 歌劇「チャロデイカ(魔女)」 - 険しい山、ニジネボから見てみましょう
10. 歌劇「チャロデイカ(魔女)」 -  あなたはどこに?最愛の人
11. 歌劇「スペードの女王」 Op. 68 - "Lisa's Aria" この涙はどこから(リーザのアリア)
12. 歌劇「スペードの女王」 Op. 68
- Act III:Uzh polNoch blizitsya 真夜中が近づく
13. 歌劇「イオランタ」前奏曲
14. 歌劇「イオランタ」 - アリオーソ: なぜそれを知らなかったのか
【CD5】 ワーグナー: アリア集
女声の為の5つの詩『ヴェーゼンドンク歌曲集』 Op. 91より
1.- 1. 天使
2.- 2.とまれ
3.- 3.温室にて
4.- 4.悩み
5.- 5.夢
6.楽劇「トリスタンとイゾルデ」前奏曲
7.楽劇「トリスタンとイゾルデ」 おだやかに、静かに(イゾルデの愛の死)
8. 楽劇「神々の黄昏」 - ジークフリートのラインの旅
9. 楽劇「神々の黄昏」 - 大きな薪を積み上げよ(ブリュンヒルデの自己犠牲)
【CD6】 R・シュトラウス: アリア集
1.楽劇「サロメ」 Op. 54 - ああ!お前は自分の口に接吻させようとはしなかった、ヨカナーン!
2. 歌劇「ナクソス島のアリアドネ」 Op. 60 - プロローグ:序曲
3. 歌劇「ナクソス島のアリアドネ」 Op. 60 - 美しいことがあった、それはテーゼウス
4. 歌劇「ナクソス島のアリアドネ」 Op. 60 - 一つの国がある
5. 歌劇「ダナエの愛」 Op.83 - 間奏曲
6. 歌劇「ダナエの愛」 Op.83 -  ここにいると私はとてもくつろげる
7. 歌劇「カプリッチョ」 Op.83 -月光の音楽
8. 歌劇「カプリッチョ」 Op.85 -お兄様は?
9. 歌劇「カプリッチョ」 Op.85 - わが心を燃え立たせるものなど他にない、麗しき人よ
10. 歌劇「アラベラ」 Op. 79 -   彼は私に似合いの相手ではない
11. 歌劇「アラベラ」 Op. 79 - よかったですわ、マンドリカさん
ルイ・シュポア(1784-1859):歌劇「イエソンダ」より
13. Act1:Als in mitternachtiger Stunde - Die ihr Fuhlende betrubet
14. Act3:Ich hatt‘ entsagt der Erden Freuden
15. Act3:Mein Schritt, beflugelt mit Entzucken
スポンティーニ(1774-1851):歌劇「オリンピア」より
9. Act2:Mais, quel trouble inconnu s’empare
10. Act2:O reine, en des moments si doux
11. Act3:Cassandre est libre!
12. Act3:Viens! suis-moi!
【CD7】 秘曲歌劇より
マイアベーア
Gli Amori di Teolinda歌劇「テオリンダの愛」
1.- 1 Introduction
2.- 2 Cavatina:-Deliziose piante ombrose“
3.- 3 Recitative:-Quanto un di m’eran“
4.- 4 Allegro moderato:?Ah, ch’egli e desso“
5.- 5 Chorus of Shepherds:?Chi mai Non curasi“
6.- 6 Recitative:-Quanto leite voi siete!“
7.- 7 Andante con variazioni:?Diceva un giorNo Clori“
8.- 8 Allegro molto moderato:-Qual suon perfetto“
【CD8】 モーツァルト&R・シュトラウス: 歌曲集
モーツァルト
1. 楽しい安らぎが K. 152/210a(ミスリヴェチェクによる声とピアノ編)
2. 鳥よ、年ごとに K. 307
3. 寂しい森で K. 308
4. すみれ K. 476
5. 孤独に K. 391
6. 魔術師 K. 472
7. ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いたとき K. 520
8. 私の胸は喜びに高鳴る K. 579
9. 夕べの想い K. 523
10. 老婆 K. 517
R・シュトラウス
11. ときめく心 Op. 29- 2
12. 花束を編みたかった Op. 68- 2
13. ささやけ、愛らしいミルテよ Op. 68- 3
14. 解き放たれて Op. 39- 4
15. わが子に Op. 37- 3
16. 森の喜び Op. 49- 1
17. 悪天候 Op. 69- 5
18. 春の祭 Op. 56- 5
【CD9】 チャイコフスキー:歌曲集
1. ただ一言でよかったのに
2. 信じるな、わが友よ Op. 6- 1
3. なぜ Op. 6- 5
4. なぜに Op. 28- 3
5. もし私が知っていたら Op. 47- 1
6. 魂は安らかに天の高みに登った Op. 47- 2
7. 私はおまえと一緒に座っていた Op. 73- 1
8. 夜Op. 73- 2
9. この月夜にOp. 73- 3
10. 太陽は沈んだOp. 73- 4
11. 暗い日に Op. 73- 5
12. 再び、前のように、ただ一人 Op. 73- 6
13. セレナード Op. 65- 1
14. 失望 Op. 65- 2
15. セレナード Op. 65- 3
16. 冬よ来たれ Op. 65- 4
17. 涙 Op. 65- 5
18. ロンデルス Op. 65- 6
【CD10】 ルイ・シュポア:歌曲選集
6つの歌 - バリトン、ヴァイオリンとピアノの為の Op.154(1856)
1.-1. 夜の祝宴
2.-2. 狩猟の歌
3.-3. 音
4.-4. 魔王
5.-5. 吟遊詩人と彼のヴァイオリン
6.-6. 静かな夜
7. スコットランドの歌 Op.25- 2(1819)
8. ジプシーの歌 Op.25- 5(1809)
9. 輪になって踊る歌 Op.37- 6(1815)
10. 空なり、空にして空なり Op.41- 6(1815)
11. 子守歌 Op.72- 6(1826)
12. ミニョンに Op.41- 3(1815)
6つの歌 Op.103(1837)
13.-1. まだ心の中に
14.-2. 二重唱
15.-3. 憧れ
16.-4. 子守歌
17.-5. 秘密の歌
18.-6. 起きて
【CD1】
ユリア・ヴァラディ(S)
ロタール・オディニウス(T)…4
バイエルン国立O
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(指)
録音:1995年1月23,25,26,28日
バイエルン放送との共同制作

【CD2】
ユリア・ヴァラディ(S)
ステラ・ドゥフェクシス(S)…7
バイエルン国立O
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(指)
録音:1995年10月19,22-24日
バイエルン放送、ミュンヘン(ドイツ)

【CD3】
ユリア・ヴァラディ(S)
ベルリンRSO
マルチェッロ・ヴィオッティ(指)
録音:1993年3月,4月,6月
Funkhaus Berlin, Saal1, ベルリン(ドイツ)

【CD4】
ユリア・ヴァラディ(S)
ダフネ・エヴァンゲラトス(Ms)…1,3
ミュンヘン放送O
ローマン・コフマン(指)
録音:2000年6月8-10日、9月19-21日
バイエルン放送 第1スタジオ, ミュンヘン(ドイツ)

【CD5】
ユリア・ヴァラディ(S)
ベルリン・ドイツSO
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(指)
録音:1997年2月26日-3月1日
Grosser Sendesaal, ベルリン(ドイツ)

【CD6】
ユリア・ヴァラディ(S)
バンベルクSO…1-9
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(指)…1-9
ヘレン・ドナート(S)…10
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)…9,11
バイエルン国立O…10-11
ヴォルフガング・サヴァリッシュ(指)…10-11
録音:1999年4月26-29日…1-9
Joseph-Keilberth-Saal, バンベルク(ドイツ)
1981年1月6-14日…10-11
Bavaria Filmstudios, ミュンヘン(ドイツ)

【CD7】
ユリア・ヴァラディ(S)
イェルク・ファトレ(Cl)…1-8
リアス室内合唱団…1-8
ベルリンRSO…1-8
ゲルト・アルブレヒト(指)…1-8
録音:1981年9月4-5日、29日
Jesus Christ Church, ベルリン(ドイツ)

ステファニア・トツィスカ(Ms)…9-10
フランコ・タリアヴィーニ(T)…9-10,12
ジョージ・フォーチュン(Bs)…11
ベルリンRSO
ゲルト・アルブレヒト(指)
録音:1984年2月1-9日
Jesus Christ Church, ベルリン(ドイツ)

レナーテ・ベーレ(S)…13-15
トーマス・モーザー(T)…13-15
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)…13-15
クルト・モル(Bs)…13-15
ハンブルク国立PO&cho…13-15
ゲルト・アルブレヒト(指)…13-15
録音:1990年7月4-8日(ライヴ)
Musikhalle, ハンブルク(ドイツ)

【CD8】
ユリア・ヴァラディ(S)
エレーナ・バシュキロワ(P)
録音:1991年1月12-17日 Siemensvilla, ベルリン(ドイツ)
7月21-22日 Tonstudio van Geest, Sandhausen(ドイツ)

【CD9】
ユリア・ヴァラディ(S)
アリベルト・ライマン(P)
録音:1981年9月21-23日
Saal III des Senders Freies Berlin, ベルリン(ドイツ)
【CD10】

ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)…1-12
ドミートリー・シトコヴェツキー(Vn)…1-6
ユリア・ヴァラディ(S)…13-18
ハンス・シェーネベルガー(Cl)…13-18
ハルトムート・ヘル(P)…1-18
録音:1984年4月3-4日 Musikhochschule, ミュンヘン(ドイツ)
…1-8
1984年7月25-27日 Herkulessaal, ミュンヘン(ドイツ)…9-18
2021年9月1日に80歳の誕生日を迎える名ソプラノ、ユリア・ヴァラディの記念BOX。 ハンガリーで生まれ、ルーマニアで指導を受けたユリア・ヴァラディは、1962年にクルジュ国立 歌劇場で歌手デビューを果たし、フランクフルト歌劇場を経て、1972年にバイエルン国立 歌劇場の専属歌手になりました。 1977年にバリトンのディートリヒ・フィッシャー=ディースカウと結婚。1998年に引退を発表 するまで歌劇から歌曲まで幅広いレパートリーで聴衆を魅了しました。 マリア・カラスの後継者と目され、世界中の歌劇場で歌ったヴァラディですが、その活躍の軸 は常にバイエルン国立歌劇場を中心としたドイツ、オーストリアの歌劇場にありました。 この10枚組のBOXにはヴェルディやプッチーニ、ワーグナーの歌劇・アリアからモーツァルト、 R・シュトラウス、チャイコフスキーの歌曲までヴァラディが得意とした作品を収録。最 愛の夫、フィッシャー=ディースカウも指揮者として、また歌手として登場しています。 彼女のドラマティックで輝かしい声を存分にお楽しみください。

BSOrec
BSOREC-1001(2DVD)
NX-E01

BSOREC-2001(Bluray)
NX-E01
コルンゴルト::歌劇「死の都」 エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト(1897-1957):
歌劇「死の都」 Op. 12(1920)全3幕
台本:パウル・ショット(エーリヒ&父ユリウス・コルンゴルトのペンネーム)
原作:ジョルジュ・ローデンバックの小説『死都ブリュージュ』
パウル…ヨナス・カウフマン(T)
マリエッタ/マリーの幻影…マルリス・ペーターゼン(S)
フランク/フリッツ…アンドレイ・フィロニャチク(Br)
ブリギッタ…ジェニファー・ジョンストン(Ms)
ユリエッテ…ミリヤム・メサク(S)
リュシエンヌ…コリンナ・ショイルレ(S)
ガストン/ヴィクトラン…マヌエル・ギュンター(T)
アルベルト伯爵…ディーン・パワー(T)
バイエルン国立歌劇場O&cho
バイエルン国立O
キリル・ペトレンコ(指)
演出:サイモン・ストーン
演出アシスタント:マリア=マグダレーナ・クヮシク

録音:2019年12月 ミュンヘン、バイエルン国立歌劇場(ライヴ)
収録時間:143分
音声:ドイツ語歌唱
PCMステレオ 2.0/DTS5.1(DVD)
PCMステレオ 2.0/DTS-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・ドイツ語・英語・フランス語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク×1、片面単層ディスク×1
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
19世紀のブルージュ、若きパウルは亡くなった妻マリーを悼み街を彷徨います。そして出会ったのがマリーと瓜二つの踊り子マリエッタ。次第に 夢と現実の境界が曖昧になるパウル… 2019年の秋、バイエルン国立歌劇場で上演されたコルンゴルトの歌劇「死の都」のライヴ収録。強烈な印象を残すサイモン・ストーンの演 出と、美しく陶酔的な旋律をオーケストラから精緻に引き出すキリル・ペトレンコの指揮のもと、ヨナス・カウフマンとマルリス・ペーターゼンが主役 を歌ったこの上演は観客とメディアに大絶賛されました。狂気すれすれの迫真の歌唱を聴かせるカウフマン、女性のもつ様々な面を演じ分け るペーターゼン、そして彼らをとりまく歌手たちの見事な歌唱が聴きどころです。

MARCO POLO
MAR-2.220006(DVD)
NX-C09
ジークフリート・ワーグナー(1869-1930):歌劇「すべては小さな帽子のせい」 Op. 11(1915)

特典映像
◎情景より-スヴェニャ・マルツノフスキによる映像(15分)
◎ロベルト・プフランツ、アヒム・ベールによるプロダクションの写真集(2分)
小さな帽子:ゴブリン…アレクサンダー・リューク(Boy-S)
フリーダー…ハンス=ゲオルク・プリーゼ(T)
カテリーズヒェン…レベッカ・ブロバーグ(S)
フリーダーの母/太陽/悪魔の偉大な祖母…ユリア・オステルターク(Ms)
トルード/宿屋の妻/おとぎ話の女性…マーリャ・プルガ(メゾ・ソプラノ
村の狩人…ルーカス・バンゼッリ(T)
聖具室係…キーラン・キャレル(T) 他
PPPミュージック・シアター・アンサンブル・ミュンヘン
ルール大学ボーフムcho(RUB)
ボーフムSO
ライオネル・フレンド(指)
演出:ペーター・P.パクル

収録 2015年10月16-18日Auditorium Maximum、ルール大学ボーフム(ドイツ)
収録時間:2時間59分13秒

音声:ドイツ語歌唱
ドルビーデジタル2.0

字幕:英語・ドイツ語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
リヒャルト・ワーグナーとコジマ・リストの長男として生まれたジークフリート・ワーグナー。もともとは建築家を志してい たものの、父に倣い作曲家に転向。フンパーディンクに師事し作曲を学びました。指揮者としても素晴らしい能力 を発揮、バイロイト音楽祭でも演奏、演出の両面で大活躍しています。父とは違い温厚な性格であったことが知 られ、その作品も大言壮語ではなく、おとぎ話などを題材にした親しみやすいものが多く、作品数は40以上にの ぼります。この「すべては小さな帽子のせい」は1915年に作曲された11番目の歌劇。あらすじはグリム兄弟をは じめとした様々なおとぎ話から採られており、物語の実質的な主人公はカテリーズヒェン(小さなカテリーズ)とフリー ダーが担っています。カテリーズヒェンとフリーダーは愛し合っていますが、フリーダーの母親は金持ちの娘トルードと フリーダーを結婚させたいと考えています。カテリーズヒェンは自身の容貌に自信が持てないトルードを嘲笑、フリー ダーもトルードに冷たく当たったため、トルードは魔女の力を借りて魅力を得ることにします。そこに現れたのはゴブ リン"小さな帽子"。彼はカテリーズヒェンが料理を並べるのを邪魔したり、トルードのポーチを隠したり、失敗を嘆い たカテリーズヒェンが飲もうとした毒薬をハチミツに替えたりとやりたい放題。結局、別れを決意したカテリーズヒェン とフリーダーは夢の世界への冒険へと旅出つのですが… オペラのあらすじは前奏曲で示され、また主人公たちのライト・モティーフも用いられるなど、凝った書法で書かれて います。この映像は2015年の収録で実力派の歌手たちによって見事な舞台が創り上げられています。中でも 愛らしいゴブリンを演じるアレクサンダー・リュークは当時、ボーフム児童合唱団に在籍。2015年には地域の 「Jugendmusiziert 青少年のための音楽コンクール」で1位を獲得したという才能溢れる少年です。

NAXOS/映像作品
NAXOS-2.110689
(2DVD)
NX-D05

N B D0129V(Bluray)
NX-D05
モーツァルト:歌劇「偽りの女庭師」 ドン・アンキーゼ(ラゴネーロの市長)…クレシミール・スパイサー(T)
ヴィオランテ(庭師サンドリーナと名乗る侯爵令嬢)…ジュリー・マルタン・デュ・テイユ(S)
ベルフィオーレ伯爵…ベルナール・リヒター(T)
アルミンダ(ミラノの淑女)…アネット・フリッチュ(S)
騎士ラミロ…ルチア・チリッロ(Ms)
セルペッタ(市長の小間使い)…ジューリア・セメンツァート (S)
ナルド(ヴィオランテの侍従)…マッティア・オリヴィエーリ(Br)
フォルテピアノ…ジェームズ・ヴォーガン
チェンバロ…パオロ・スパダーロ
ミラノ・スカラ座O(ピリオド楽器使用)
ディエゴ・ファソリス(指)
演出:フレデリック・ウェイク=ウォーカー(2014年グラインドボーン音楽祭での初上演に基づく)

映像収録…2018年10月11日ミラノ・スカラ座(イタリア)
収録時間:179分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/DTS5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・ドイツ語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD
DVD…片面二層ディスク×2
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
1775年、19歳の誕生日を目前に控えたモーツァルトの歌劇「偽りの女庭師」がミュンヘンのザルヴァートル劇場で初演されました。この作品はイタリア 語歌唱で上演されますが、モーツァルト自身の手により、後にドイツ語のジングシュピールに改作されたり、二部からなる序曲に追加の楽章を加え交 響曲とされるなど、モーツァルトのお気に入りの作品でもありました。ヴィオランテとベルフィオーレの二重唱をはじめとする魅力的な音楽の数々に、若き モーツァルトの優れた才能が満ち溢れています。 この上演は2014年のグラインドボーン音楽祭で初披露されたフレデリック・ウェイク=ウォーカーの演出を踏襲するものですが、2018年のスカラ座のリ バイバルでは、スカラ座管がピリオド楽器に持ち替えるとともに、クレシミール・スパイサーやジュリー・マルタン・デュ・テイユら強力な歌手を起用し、古楽 演奏の権威ディエゴ・ファソリスのタクトが陰影に富む表情と軽快なテンポで全体をまとめ上げています。

仏Bel Air
BAC-184(DVD)
NX-C09
映像ドキュメンタリー『帝国のオペラ』
パリ・オペラ座(ガルニエ宮)の建設
脚本:ステファン・ランドフスキ
映像監督:パトリック・カブア
編集: フランチェスカ・メラーニ
制作:フランソワ・デュプラ、パトリシア・ウタール(ベルエール・メディア)

収録時間:90分
音声:フランス語
PCMステレオ2.0(DVD)
字幕:日本語・英語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
パリ・オペラ座 ー この絢爛豪華な建物もひと度、上演がはね人々が去れば地下に広大な貯水槽を持ち 怪人の跋扈する不気味な空間となる ー 作家ガストン・ルルーがこの建物に触発されて描いた物語「オペラ 座の怪人」は、幾度も映画化されミュージカルとなり、人々のオペラ座への興味をそそってきました。 時はフランス第2帝制時代。ナポレオン3世の命によるパリ改造計画の一環として帝都パリにふさわしい新 オペラ座建設計画が具体化。建築設計の公開コンペが行われ、多数の応募作の中から採用されたのが 無名の若き建築家シャルル・ガルニエの設計案でした。 普仏戦争に敗れたフランス第2帝政が瓦解、それに続くパリ・コミューンの叛乱と第3共和政に至る激動 時代を乗り越え、15年の年月を掛けて、ガルニエは豪華なファサード、絢爛たる大ロビー、見る者を圧倒す るような大階段を擁する新オペラ座を完成させました。 本映像は、エッフェル塔、凱旋門とならびパリを代表するモニュメントのひとつパリ・オペラ座の竣工に至る物 語を歴史的、文化的な事件、事象を背景に、まるで上質なミステリーを読むかのようにスリリングに描き出 ています。

Opus Arte
OA-1336D(DVD)
NX-C10

OABD-7290D(Bluray)
NX-D09
オッフェンバック:喜歌劇「青ひげ」

特典映像
◎オッフェンバック物語
◎キャスト・ギャラリー
青ひげ…ヤン・ブロン(T)
サフィール王子…カール・ガザロシアン(T)
フルレット…ジェニファー・クルシエ(S)
ブロット…エロイーズ・マス(Ms)
ポポラニ…クリストフ・ゲイ(Br)
オスカル伯爵…ナビル・スリマン(Br)
ボベーシュ王…クリストフ・モルターニュ(T)
クレマンティーヌ王女…アリーヌ・マルタン(Ms)
リヨン歌劇場O&cho(合唱指揮…カリーネ・ロカテッリ)
ミケーレ・スポッティ(指)
演出:ロラン・ペリー

収録:2019年6月25日、29日
リヨン歌劇場
収録時間:123分(本編)+58分(特典映像)
音声:フランス語歌唱
PCMステレオ2.0/DTS5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)

字幕:日本語・フランス語・英語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD
DVD…D片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
この作品はペローの童話『青ひげ』を題材にした全くのパロディ。作曲当時、世を治めていたのは無類の漁色家として知られるフランス第二帝政の皇 帝ナポレオン3世。この作品はナポレオン3世を始めとした治世者たちへの鋭い風刺として、コミカルに描かれた登場人物を笑いとばし、市民たちの鬱 憤をはらしていたのです。 このリヨン歌劇場での上演を監督したのは独創的な演出で知られるロラン・ペリー。個性の強い登場人物たちを現代的な舞台にうまく配置し、一見 残酷なストーリーに独特のユーモアを加えることに成功しています。題名役を歌うのはフランスのテノール歌手ヤン・ブロン。甘く美しい声が「青ひげ」の 特異なキャラクターを引き立てています。可憐なフルレット役にはフランスを中心に人気を博すソプラノ、ジェニファー・クルシエ。そして物語を牽引するブ ロット役は、独特のコクを感じさせる味わい深い歌唱と演技で聴衆を魅了するエロイーズ・マス。新鋭ミケーレ・スポッティの流麗で生気に満ちたタクト が、オーケストラと歌手、合唱から愉悦に満ちたオッフェンバックの音楽の魅力を存分に引き出しています。 特典映像としてクラシック・ドキュメンタリーの名匠ライナー・モーリッツによる50分のドキュメンタリー「オッフェンバック物語」を収録。演出家のロラン・ペ リー、バリー・コスキー、指揮者のエンリケ・マッツォーラ、歌手のフェリシティ・ロット、ヤン・ブロンらが、自ら参加した舞台映像(「美しきエレーヌ」、「天国 と地獄」、「青ひげ」、「ホフマン物語」)を交えながら、オッフェンバックの生涯とその作品の魅力を語る必見映像です。

CAvi
85-53543(3CD)
ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」 アクセル・コーバー(指)、デュイスブルクPO、ミカエル・ヴェイニウス(ジークムント)、ウカシュ・コニェチュニ(フンディング)、ジェイムズ・ラザフォード(ヴォータン)、サラ・フェレーデ(ジークリンデ)、リンダ・ワトソン(ブリュンヒルデ)、カタジナ・クンチオ(フリッカ)、他

録音:2019年5月&11月、メルカトルハレ(デュイスブルク、ドイツ)
ライン・ドイツ・オペラとデュイスブルク・フィルの音楽監督を務めるドイツの指揮者アクセル・コーバー。2013年にはバイロイト音楽祭にデビューし、翌2014年と続けて『タンホイザー』を指揮し、2020年の『タンホイザー』にも起用されるなど、注目のワーグナー指揮者の一人であるコーバーが指揮を執り、ドイツの有力歌手を揃えて贈る『ラインの黄金』2019年ライヴ・レコーディング。そして今回がその第2弾の『ワルキューレ』!シアトルオペラ国際ワーグナーコンクール優勝のジェイムズ・ラザフォードのヴォータンなど聴きどころが満載です!

Cameo Classics
CC9133(2CDR)
ジョーン・サザーランド〜イン・パフォーマンス・1957-1960
ドニゼッティ:歌劇「リヴァプールのエミリア」より、歌劇「ランメルモールのルチア」より
ヴェルディ
:歌劇「シチリアの晩鐘」より
ヘンデル
:歌劇「アルチーナ」より
ベッリーニ:「清教徒」より
ジョーン・サザーランド(S)他

録音:1957年-1960年(イギリス)/MONO/ADD
「リリタ(Lyrita)」の創設者、リチャード・イッターが蒐集していたBBC放送のコレクションから、サザーランドがまさにベルカント・ソプラノとして大成していくその時代の歌声を2枚組にまとめました。モノラルでありながら、その圧倒的な音圧の力強さはこのころから感じることができます。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

Lyrita
SRCD.2392(2CDR)
レノックス・バークリー::(1903-1989):歌劇「ネルソン」 エルガー・ハワース(指)BBC響、
BBC・シンガーズ、
デイヴィッド・ジョンストン(T)、
エイドウィン・ハリー(S)、他

BBC放送日:1983年10月23日放送、BBCスタジオ(イギリス)/ADD
イギリスの作曲家レノックス・バークリー::による3幕のオペラ。バークリー::は、オックスフォードに生まれ、パリに留学した際にナディア・ブーランジェに師事しました。オペラも「ネルソン」だけでなく数曲作曲しており、交響曲も作品が残っています。この作品が生み出された1950年代はバークリー::にとっても創作意欲溢れている時期で、その時期に作られた作曲家の充実感が、この歌劇「ネルソン」のいたるところで窺えます。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

Bastille Musique
BM-001(1CD)
ヴィヴィエ:コペルニクス
クロード・ヴィヴィエ(1948-1983):室内オペラ 「コペルニクス、死の祭祀」(1978-79)
音:クラウス・ジモン(指)、
ホルスト・シンフォニエッタ、オペラ・ファクトリー・フライブルク、スヴェア・シルトクネヒト(コロラトゥーラ)、ドロテア・ヴィンケル(S)、ウタ・ブッフハイスター(Ms)、 バーバラ・オステルターグ(A)、ニール・バナジー(T)、パク・ジス(Br)、フロリアン・コンチャク(Bs)

録音:2012年、ハンス・ロスバウト・スタジオ(ドイツ、バーデン=バーデン)
ハンス・ウルリヒ・フンペルトやカールハインツ・シュトックハウゼンに師事した20世紀カナダの現代音楽作曲家、クロード・ヴィヴィエ(1948-1983)の室内オペラ「コペルニクス」を、20世紀音楽を得意とするドイツの指揮者、クラウス・ジモンが振る!
オーケストラは彼が結成し、20世紀音楽を中心に活動するホルスト・シンフォニエッタ。7名のソリストはスヴェア・シルトクネヒト(コロラトゥーラ)、ドロテア・ヴィンケル(S)、ウタ・ブッフハイスター(Ms)、 バーバラ・オステルターグ(A)、ニール・バナジー(T)、パク・ジス(Br)、フロリアン・コンチャク(Bs)が務めています。「コペルニクス」は台本もヴィヴィエが手掛けており、主人公以外の他の6人の歌手には、マーリン、モーツァルト、トリスタンとイゾルデといった伝説、または歴史上の人物の役が当てられています。3か国語のブックレット(英語、フランス語、ドイツ語)には音楽学者ボブ・ギルモアによる解説が含まれ、作曲家やアーティストの演奏中の写真を掲載したリーフレットも付属しています。
Bastille Musique
BM-007(1CD)
ベッドフォード:スルー・ヒズ・ティース
ルーク・ベッドフォード(1978-):室内オペラ 「スルー・ヒズ・ティース」(2013-14)
クラウス・ジモン(指)、
ホルスト・シンフォニエッタ、
オペラ・ファクトリー・フライブルク、
シーリ・カロリーン・ソーンヒル(S)、
シリン・キリッチ(Ms)、ゲオルク・ゲトカー(Br)

録音:2017年、ハンス・ロスバウト・スタジオ(ドイツ、バーデン=バーデン)
ウィグモア・ホール初のコンポーザー・イン・レジデンスを務めるなど、イギリス現代音楽を代表する作曲家のひとり、ルーク・ベッドフォード(1978-)が実話をもとに製作したオペラ「Through his Teeth」。3名の歌手と8名の器楽奏者からなる室内オペラで、本アルバムが世界初録音です。演奏は20世紀音楽を得意とするドイツの指揮者、クラウス・ジモンと彼が結成したホルスト・シンフォニエッタ、歌手はシーリ・カロリーン・ソーンヒル(S)、シリン・キリッチ(Ms)、ゲオルク・ゲトカー(Br)の3名です。リブレットや作曲家へのインタビューを含む64ページのブックレット(英語、ドイツ語)に加え、作曲家やアーティスト、上演風景の写真を掲載したリーフレットが付属しています。

Caprice
CAP-21931(3CD)
大劇場に至るオペラの苦難の道〜ヨーテボリ・リリック劇場の100年


■Disc 1 
◎アルベット・ランフト所有の時代:1895年−1899年 
(1)オッフェンバック:喜歌劇「美しきエレーヌ」− エレーヌのアリア「言ってください、ヴィーナス」
(2)エルヴェ(フロリモン・ロンジェ)(1825−1892):喜歌劇「仲間たちの母」− 二重唱「子供がやってくると」
(3)ヘルマン・ツンぺ(1850−1903):喜歌劇「ファリネッリ」− 二重唱「契約には書いてない」
(4)グスタフ・アーヴ・イェイエシュタム(1858−1909):「ペール・オールソンと女友だち」− 船乗りオーロフの歌
(5)ロベール・プランケット(1848−1903):喜歌劇「コルヌヴィルの鐘」− 「世界を三度周り」
(6)ミレッカー:喜歌劇「貧しいヨナタン」− 楽器の二重唱
(7)シドニー・ジョーンズ(1861−1946):喜歌劇「芸者」− 「踊れ、歌え、若い芸者さん」
喜歌劇「芸者」*
(8)アンドレーアス・ランデル(1806−1864):民俗歌芝居「ヴェルムランドの人びと」− スヴェン・エーションの歌「そして農夫はヴェルムランドの森のてっぺんに行った」
(9)オッフェンバック:喜歌劇「地獄のオルフェ」− 「私がアルカディアの王子だったころ」
喜歌劇「盗賊たち」− 「しっかり聞いて、フィオレッタよ」

◎アルベット・ランフト所有の時代:1900年−1904年 
(10)ミレッカー:喜歌劇「ガスパローネ」− タランテラ
(11)喜歌劇「乞食学生」− アリア「ぼくが無一文で鳥のように自由なら」
(12)喜歌劇「乞食学生」− 二重唱「私を愛して、私を愛して」
(13)ロベール・プランケット(1848−1903):喜歌劇「コルヌヴィルの鐘」− 「暗く陰鬱な森」
(14)エルヴェ(フロリモン・ロンジェ)(1825−1892):喜歌劇「かまとと娘」− 二重唱「錫の兵隊のクプレ」
(15)喜歌劇「かまとと娘」− アリア「Babet och Cadet」
(16)ジュール・コステ(1828−1883):喜歌劇「石炭商」− 「くすぐらないで」

◎アルベット・ランフト所有の時代:1906年−1909年 
(17)スッペ:喜歌劇「ボッカチオ」− 「神さまの意のまま」
(18)喜歌劇「ボッカチオ」− スカルツォのセレナード
(19)シドニー・ジョーンズ(1861−1946):喜歌劇「芸者」− オウムの歌
(20)レハール:喜歌劇「メリー・ウィドウ」− 「マキシムへ行こう」
(21)レオ・ファル(1873−1925):喜歌劇「ドルの女王」− 「輪舞を踊ろう」
(22)オッフェンバック:喜歌劇「美しきエレーヌ」− 「愛がなければ」
◎アルベット・ランフト所有の時代:1912年−1916年 
(23)ヘルマン・ツンぺ(1850−1903):喜歌劇「ファリネッリ」− 「では口づけを、おおマヌエッラ」
(24)ヨハン・シュトラウス(1825−1899):喜歌劇「こうもり」− 「ぼくはお客を招待するのが」
(25)スッペ:喜歌劇「ボッカチオ」− フィアメッタの登場の歌
(26)ヴィクトル・ヤコビ(1883−1921):喜歌劇「シビル夫人」− 「暖炉の火が燃えあがり」

■Disc 2  リリック劇場時代の歌手たちの音楽例:1920年−1937年 
(1)レオンカヴァッロ(1857−1919):歌劇「道化師」− 「衣装をつけろ」
(2)プッチーニ:歌劇「トスカ」− 「妙なる調和」
(3)トマ(1811−1896):歌劇「ミニョン」− 「君よ知るや南の国」
(4)ミレッカー:喜歌劇「貧しいヨナタン」−船乗りの歌
(5)喜歌劇「乞食学生」− アリア「ぼくが無一文で鳥のように自由なら」
(6)エメリッヒ・カールマン(1882−1953):喜歌劇「バヤデール」− 「蓮の花はかくも誇り高く美しく」
(7)ヴェルディ(1813−1901):歌劇「トラヴィアータ」− 「プロヴァンスの海と陸」
(8)プッチーニ:歌劇「ボエーム」− 「年老いた外套よ、聞いておくれ」
(9)オスカー・シュトラウス(1870−1954):喜歌劇「テレジーナ」− 「シャンソン」
(10)エドゥアルト・キュンネッケ(1885−1953):喜歌劇「レディ・ハミルトン」− 「あなたの目は底知れぬ海のよう」 
(11)ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」− アガーテの祈り「まどろみが近寄るように…静かに、静かに」
(12)ルヴェ(フロリモン・ロンジェ)(1825−1892):喜歌劇「かまとと娘」− アリア「ハレルヤ」
(13)喜歌劇「かまとと娘」− 二重唱「Quand vous-etes venu, Pabbeusse…」
(14)ジャン・ギルバート(1879−1942):喜歌劇「踊り子カーチャ」− アリア「愛しい人、わたしのところにおいで」
(15)アンブロワーズ・トマ(1811−1896):歌劇「ミニョン」− 二重唱
(16)エメリッヒ・カールマン(1882−1953):喜歌劇「秋の演習」− クープレ
(17)ジャン・ギルバート(1879−1942):喜歌劇「映画の女王」− 「夜になった」
◎ラジオ制作の大劇場のアーティストたち 
(1)レハール(1870−1948):喜歌劇「ジプシーの恋」− ゾリカのアリア「Det var en flicka」
(2)パウル・アブラハム(1892−1960):喜歌劇「ヴィクトリアと軽騎兵」− ヤンチスとリケットの二重唱
− 二重唱「おやすみ、おやすみ」
(3)ヴァルター・コロ(1878−1940):喜歌劇「三人の哀れな少女」− ビービツと虹の二重唱(第1幕)
− アネットとゴットリープの二重唱(第2幕)
(4)シグマンド・ロンバーグ(1887−1951):喜歌劇「砂漠の歌」− 二重唱「たった一輪の花が育つなら」
(5)オッフェンバック:喜歌劇「美しきエレーヌ」− 二重唱「夢の中の愛」(第2幕)

■Disc 3  リリック劇場と大劇場での第2の時代の音楽例:1937年−1952年 
(1)メリッヒ・カールマン(1882−1953):喜歌劇「チャルダッシュの女王」− 「覚えているかい」
(2)喜歌劇「伯爵令嬢マリツァ」− 「愛の夢」
− 二重唱
(3)ニルス・レルケ(1905−1986):喜歌劇「愛とドルと盗賊」− 「古い心の遊戯」
(4)ミレッカー:喜歌劇「乞食学生」−「Det tacka konet」
(5)ノエル・カワード(1899−1973):ミュージカル「ビター・スウィート」− 二重唱
(6)レハール:喜歌劇「ルクセンブルク伯爵」
− クープレ「ぼくの祖先はルクセンブルク家」(第1幕)*
− クープレ「Kam ein Falter leicht geflattert」(第2幕)**
− シャンソン「Pierre, der schreibt an klein Freunette」(第1幕)#
− 「Heut’ noch werd’ ich Ehefrau」(第1幕)##
− 二重唱「Lieber Freund, man greift nicht nach den Sternen」(第2幕)+
(7)ジョージ・ガーシュウィン(1898−1937):歌劇「ポーギーとベス」
− 第1幕序曲と子守歌「サマータイム」*
− バンジョーの歌「俺にはないものばかりだ」**
− 愛の二重唱(Karlekduett)#
−「朝早く」##
− セリーナの歌「私の夫は死んだ」+
(8)アーヴィング・バーリン(1888−1989):ミュージカル「アニーよ銃をとれ」− 月明かりの子守歌)
(9)リチャード・ロジャーズ(1902−1979):ミュージカル「回転木馬」− 「みんなに恋仲だと言われる」
(10)ブリテン:歌劇「ルクレシアの陵辱」の4つの断片
− 第2幕への間奏曲「ローマへの馬旅」*
− 陵辱(第2幕第1場)**
− 花の場(第2幕第2場導入部)#
− ルクレシアの別れ(第2幕第2場)##
(11)プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」− 「いい子、泣かないで」(第1幕)
■Disc 1 
(1)アンナ・ペッテション=ノッリ(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1905年10月7日、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone X-73037 
(2)エンマ・メイスネル(S)、アウグスト・スヴェンソン(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1903年3月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 84005 
(3)グスタフ・アドルフ・ルンド(T)、アクセル・リングヴァール(T)、管弦楽伴奏
録音:1908年3月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone X-74093 
(4)アンデシュ・デ・ヴァール(歌)、アコーディオン伴奏(演奏者不明)
録音:1907年10月  Gramophone 2-82592 
(5)アウグスト・スヴェンソン(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1907年2月18日、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 2-82487 
(6)インガ・ベレンツ(S)、アクセル・リングヴァール(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1913年3月、ベルリン  Parlophon S 13019 
(7)ローサ・グリュンベリ(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1904年11月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 83505 
アウグスト・スヴェンソン(T)*、ピアノ伴奏(演奏者不明)*
録音:1904年10月/11月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)Gramophone 82039*
(8)アクセル・リングヴァール(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1905年12月、セントラルホテル(ストックホルム)  Favorite Record 85015 
(9)オスカル・ベリストレム(Br)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1903年3月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 82705 
喜歌劇「盗賊たち」− 「しっかり聞いて、フィオレッタよ」
ローサ・グリュンベリ(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1904年11月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 83506 
◎アルベット・ランフト所有の時代:1900年−1904年 
(10)ローサ・グリュンベリ(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1905年12月、セントラルホテル(ストックホルム)  Favorite Record 1-86018 
(11)喜歌劇「乞食学生」− アリア「ぼくが無一文で鳥のように自由なら」
トゥールレイフ・アルム(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1905年12月、セントラルホテル(ストックホルム)  Favorite Record 1-85025 
(12)喜歌劇「乞食学生」− 二重唱「私を愛して、私を愛して」
ローサ・グリュンベリ(S)、トゥールレイフ・アルム(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1905年12月、セントラルホテル(ストックホルム)  Favorite Record 2-89003 
(13)オスカル・ベリストレム(Br)、O、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1905年10月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 82706 
(14)インガ・ベレンツ(S)、グスタフ・アドルフ・ルンド(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1904年11月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 84045 
(15)インガ・ベレンツ(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1904年11月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 83513 
(16)ヒルダ・カステグレーン(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1907年2月12日、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone X-73071 

◎アルベット・ランフト所有の時代:1906年−1909年 
(17)アクセル・リングヴァール(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1905年12月、セントラルホテル(ストックホルム)  Favorite Record 1-85050 
(18)オスカル・ベリストレム(Br)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1904年11月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 82053 
(19)エンマ・メイスネル(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1903年3月、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 83107 
(20)カール・バルクリンド(Br)、O、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1907年2月12日、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone X-72160  
(21)エンマ・メイスネル(S)、カール・バルクリンド(Br)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1908年10月3日、ホテル・リュードベリ(ストックホルム)  Gramophone 84272 
(22)ナイマ・ヴィフストランド(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1921年2月1日、ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)  HMV X 1177 
◎アルベット・ランフト所有の時代:1912年−1916年 
(23)ヘエルヴィン・ウートソン(T)、O、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1921年10月6日、ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)  HMV X 1662 
(24)ナイマ・ヴィフストランド(S)、O、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1921年2月1日、ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)  HMV X 1052 
(25)ナイマ・ヴィフストランド(S)、O、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1921年1月31日、ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)  HMV X1177 
(26)ナイマ・ヴィフストランド(S)、アドルフ・ニスカ(T)、O、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1915年11月5日、ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)  HMV 284299 

■Disc 2
(1)カール・マッティン・オーマン(T)
Polyphon S 42104 
(2)カール・マッティン・オーマン(T)
Polyphon S 42105 
(3)シグネ・アリナ・エクレーヴ=リュードベリ(S)
Polyphon S 44090 
(4)エーリク・オービュー(Br)
Polyphon S 42115 
(5)エーリク・オービュー(Br)
Polyphon S 42114 
(以上 5曲)、大劇場O、リル=エーリク・ハーヴグレーン(指)
録音:1923年3月26日−29日、ホテル・エッゲシュ宴会場(ヨーテボリ) 
(6)オスカル・チェーンベリ(T)、O、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1924年5月21日、ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)  HMV X 2092 
(7)エーリク・セッテルマン(Br)、王立Oアンサンブル
録音:1923年3月初旬 ストックホルム  Polyphon S 42158 
(8)エーリク・ローラン(Bs)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1916年2月5日、スウェーデン王立音楽アカデミー講堂(ストックホルム)  私的円筒録音 
(9)インガリル・ソーデルマン(S)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1927年8月23日−28日、ジレット宴会場(ウプサラ)  Odeon D 4541 
(10)コンラード・アルネセン(T)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1928年8月23日、ジレット宴会場(ウプサラ)  Parlophon B 12534 
(11)ヒシュテン・フラグスタ(キルステン・フラグスタート)(S)、デトロイトSO、アーネスト・マクミラン(指)
録音:1938年2月27日、ラジオ放送  私的録音 
(12)インガリル・ソーデルマン(S)、アウグスト・ローテル(Hp)、アンサンブル、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1927年5月7日、ストックホルム・コンサートホール アティックホール  HMV X 2484  
(13)インガリル・ソーデルマン(S)、フェリクス・グローンフェルト(T)
ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1928年5月14日、ジレット宴会場(ウプサラ)  Odeon D 4671 
(14)マルギット・ルーセングレーン(S)、エーリク・アンデション=ブルーツネル(T)、O、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1923年9月20日、ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)  HMV X 1867 
(15)エリン・リンナンデル=レイドストレム(S)、カール・レイドストレム(Br)、ヨン・セーデルルンド(P)
録音:1916年9月、ストックホルム  Pathe 90525 
(16)カール・バルクリンド(Br)、ピアノ伴奏(演奏者不明)
録音:1909年9月16日、セントラルホテル(ストックホルム)  Favorite 1-87064 
(17)オスカル・テクストリウス(Br)、合唱とO、ヤルマル・メイスネル(指)
録音:1914年1月14日、ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)  HMV 2-282422 
◎ラジオ制作の大劇場のアーティストたち 
(1)ヴィヴァン・ヘードボリ=ファルク(S)、ラーシュ・エッゲ(T)、フォークパーク・オペレッタクラブ ニルス・グレヴィリウス(指)
録音:1935年5月26日  スウェーデン放送番組アーカイヴ LB 981 
(2)エルサ・ヴァリーン(S)、カール・チンク(T)
− 二重唱「おやすみ、おやすみ」
イネス・チョーレル(S)、ラーシュ・エッゲ(T)、男声合唱
(以上 2曲)、ストックホルム放送O(ストックホルム・フィルハーモニックO員54人)、ステーン=オーケ・アクセルソン(指)
録音:1937年12月26日、ストックホルム・コンサートホール 
スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+2.271 
(3)ユングヴェ・ニュークヴィスト(T)、エルヴィン・ウートソン(T)
− アネットとゴットリープの二重唱(第2幕)
カール・チンク(T)、アンナリーサ・エーリクソン(S)
(4)フォルケ・アンデション(T)、カール・シュリング(Bs)、男声合唱
(5)ヒルデ・ニューブルム(S)、エイナル・ベイロン(T)
(以上 4曲)、ストックホルム放送O、エルンスト・ハウケ(指)
録音:1938年6月24日、ストックホルム・コンサートホール 小ホール 

■Disc 3
(1)ネア・ヘードベリ=グラナート(S)、ラーシュ・エッゲ(T)、クヌート・エードガット(指)
(2)テューレ・アラ(T)、クヌート・エードガット(指)
− 二重唱
インガリル・ソーデルマン(S)、テューレ・アラ(T)、ミーカ・ペーデシェン(P、トリオ)
(以上 3曲)国立劇場の1937年サマーツアーから  スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 2.080 
(3)イーサ・クヴェンセル(S)、大劇場O、ステュビョーン・リンデダール(指)
スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 4.540 
(4)エイナル・ベイロン(T)、大劇場O、ニルス・グレヴィリウス(指)
スウェーデン放送番組アーカイヴ LB 4770 
(5)インガリル・ソーデルマン(S)、ルートゲル・ニューグレーン(T)、大劇場O、ステュビョーン・リンデダール(指)
スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 4.775 
(6)クヌート・エードガット(指)、国立劇場の1947年サマーツアーから
ラーシュ・エッゲ(T)*
エーリク・セッテルマン(Br)**
グレタ・フォシェル(S)、アンサンブル#
イーサ・クヴェンセル(S)##
イーサ・クヴェンセル(S)+、ラーシュ・エッゲ(T)+
録音:1947年7月4日、フォルケツ・パルク(フィンスポング)  スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 6930 
(7)大劇場合唱団・O、ステュビョーン・リンデダール(指)
イーサ・クヴェンセル(S)*
ベルンハルド・ソンネシュテット(Br)**
Symfoni RT 1006 
ベルンハルド・ソンネシュテット(Br)#、イーサ・クヴェンセル(S)#
Symfoni RT 1007 
エヴィ・ティベル(S)##
Symfoni RT 1006 
エヴィ・ティベル(S)+
スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 9.501 
録音:1948年2月23日、ヨーテボリ・コンサートホール 
(8)エヴィ・ティベル(S)、アンサンブル、大劇場O、ステュビョーン・リンデダール、もしくは、ルーネ・ヴァールベリ(指)
録音:1949年9月、ヨーテボリ(9月3日プレミア)  スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 10233 
(9)ベーリト・チェルマン(S)、マグヌス・ルードベク(Br)、大劇場O、ステュビョーン・リンデダール、もしくは、ルーネ・ヴァールベリ(指)
録音:1949年12月、ヨーテボリ(12月9日プレミア)  スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 11.661 
(10)大劇場O、ステュビョーン・リンデダール(指)
ウッレ・シヴァル(台詞)*、ヨースタ・チェッレッツ(T)*
ヨースタ・チェッレッツ(T)**、ウッレ・シヴァル(テノール・台詞)**
スティーナ=ブリッタ・メランデル(S)#、ロリ・ライル(Ms)#
クヌート・エルマン(Bs)##、マルガレータ・ベリストレム(Ms)##
録音:1949年10月、ヨーテボリ(10月17日プレミア)  スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 11.383 
(11)スティーナ=ブリッタ・メランデル(S)、エリ・ベリフォシュ(Ms)、ウッレ・シヴァル(T)、大劇場O、カール・ルーネ・ラーション(指)
録音:1952年12月1日、ヨーテボリ大劇場(ライヴ録音) 
ヨーテボリの「大劇場(Stora Teatern)」は、1859年9月、クングスパルケン(国王公園)に「新劇場」の名で建設されました。莫大な国費をかけて作られたルネサンス様式の劇場は、ヨーテボリの文化を支える場として栄え、1880年代から「大劇場」と呼ばれるようになりました。1920年代からオペラとミュージカルの劇場として有名になり、「リリック劇場(Lyriska Teater)」として親しまれています。「コレクターズ・クラシックス」シリーズの『大劇場に至るオペラの苦難の道』は、リリック劇場の100年の歴史をたどりるため、劇場ゆかりの歌手と指揮者が残した、20世紀初頭からの録音を集成して制作されました。

Pentatone
PTC-5186880
(2SACD)
ベートーヴェン:歌劇『フィデリオ』 リーゼ・ダヴィドセン(ソプラノ:レオノーレ(フィデリオ))
クリスティアン・エルスナー(テノール:フロレスタン)
ゲオルク・ツェッペンフェルト(バス:ロッコ)
クリスティーナ・ランツハマー(ソプラノ:マルツェリーネ)
コーネル・フレイ(テノール:ヤキーノ)
ヨハネス・マルティン・クレンツレ(バリトン:ドン・ピツァロ)
ギュンター・グロイスベック(バス:ドン・フェルナンド)
アーロン・ぺグラム(テノール:囚人1)
チャオ・デン(バス:囚人2)
ドレスデン国立歌劇場cho、アンドレ・ケリングハウス(合唱指揮)
ライプツィヒMDR放送cho(男声)、フィリップ・アーマン(合唱指揮)【第1幕第7曲のみ】
ドレスデンPO、マレク・ヤノフスキ(指)

録音:2020年6月&11月/ドレスデン、クルトゥーアパラスト(文化宮殿)
精力的に演奏と録音活動を行う巨匠マレク・ヤノフスキ。注目の新譜はドレスデンPOを振ったベートーヴェンの 歌劇『フィデリオ』のセッション録音です!
本来であれば2020年ベートーヴェン生誕250周年記念のコンサートとしてライヴ収録されるはずでしたが、新型コロナウィルス感染拡大により演奏会は中止 となってしまいました。しかし、多くの苦難を乗り越えて2020年6月と11月の2期に分け録音が実現しました。ソーシャルディスタンスを保つためには通常配置 での録音は不可能なため、オーケストラ団員は一定の距離を置き、ソリスト陣はステージ側の2階席に配置、さらに合唱団は別録りをするという、極めて異例な形 でのセッション録音となりましたが、この非常に困難な状況だからこそ生まれた音楽の一体感には感動せずにはいられません。
当演奏のソリストはヤノフスキが信頼を寄せる歌手ばかり。レオノーレ(フィデリオ)役のリーゼ・ダヴィドセン、フロレスタン役のクリスティアン・エルスナーなど の豪華なソリストが参加しております。巨匠ヤノフスキと演奏者全員の思いがひとつとなった当録音。演奏の素晴らしさはもちろんのこと、PENTATONEレーベル が誇る技術陣渾身の録音となりました。 (Ki)
Pentatone
PTC-5186275(1CD)
ハイドン:歌劇「無人島」Hob. XXVIII:9 アネット・フリッチュ(ソプラノ/コスタンツァ)
イム・スンヘ(ソプラノ/シルヴィア(コスタンツァの妹))
クリスティアン・アダム(テノール/ジェルナンド(コスタンツァの夫))
アンドレ・モルシュ(バス/エンリコ(ジェルナンドの仲間))
ベルリン古楽アカデミー、ベルンハルト・フォルク(音楽監督)

録音:2020年9月イエス・キリスト教会、ダーレム(ベルリン)
ハルモニアムンディとペンタトーンから積極的なリリースが続く名人集団ベルリン古楽アカデミー。当アルバムはハイドンのオペラ「無人島」です!
大西洋上のとある無人島を舞台に、愛と喪失と誤解を描いてハッピーエンドを迎えるアツィオーネ・テアトラーレ(小規模音楽劇)の「無人島」。この作品の特徴 はハイドンがレチタティーヴォを含む作品全体にオーケストラ伴奏を用い、色彩豊かでドラマチックな旋律を随所に配置したこと。非常に凝った器楽パートは奏者に 多くを要求されるため意図的にカットされて演奏されてきましたが、当録音ではトーマス・ブッセが校訂した最新版を用いてすべてのパートが復元されて演奏して おります!
当録音では豪華ソリスト陣にも注目。ソプラノのアネット・フリッチュとイム・スンヘ、テノールのクリスティアン・アダム、バスのアンドレ・モルシュという注目の ソリストが集まりました。ベルリン古楽アカデミーの精鋭による演奏とともに真の姿で聴く「無人島」をご堪能ください! (Ki)

Profil
PH-16076(4CD)
ビゼー:歌劇「カルメン」(ドイツ語版)

■ボーナス・ディスク
シリンダー録音:
(1) 第1幕〜ハバネラ
(2) 第1幕〜セギディーリャ
初期ラッパ吹込み:
(3) 第1幕〜ミカエラとドン・ホセの二重唱「母の便りは」(ドイツ語歌唱)
(4) 第2幕〜闘牛士の歌【
(5) 第2幕〜花の歌(ドイツ語歌唱)
(6) 第3幕への前奏曲
(7) 第3幕〜ミカエラのアリア「何を恐れることがございましょう」(ドイツ語歌唱)
電気録音:
(8) 第3幕フィナーレ
(9) 第3幕〜ミカエラのアリア「何を恐れることがございましょう」
テープ録音:
(10) 第1幕〜ミカエラとドン・ホセの二重唱「母の便りは」(ドイツ語歌唱)
(11) 第2幕〜花の歌(ドイツ語歌唱)
(12) 第3幕〜ミカエラのアリア「何を恐れることがございましょう」(ドイツ語歌唱)
■Disc1-3
カルメン:エリザベート・ヘンゲン(Ms)、ドン・ホセ:トルステン・ラルフ(T)、
エスカミーリョ:ヨーゼフ・ヘルマン(Br)、ミカエラ:エルフリーデ・ヴァイトリッヒ(S)、
レメンダード:ハインリヒ・テッスマー(T)、ダンカイロ:カール・ヴェッセリー(T)、ズニーガ:クルト・ベーメ(Bs)、
モラレス:ヤン・リッテル(Br)、フラスキータ:エルフリーデ・トレッチェル(S)、メルセデス:ヘレナ・ロット(A)ほか、
カール・ベーム(指)シュターツカペレ・ドレスデン
録音:Disc1-3:1942年12月4/5日ドレスデン

■ボーナス・ディスク
シリンダー録音:
(1)エーファ・フォン・デア・オステン(S)、スタジオ・オーケストラ(録音:1905年パラストホテル・ウェーバー(ドレスデン)
(2)エーファ・フォン・デア・オステン(S)、ブルーノ・ザイトラー=ヴィンクラー(指)スタジオ・オーケストラ(録音:1909年パラストホテル・ウェーバー(ドレスデン)
初期ラッパ吹込み:
(3)エーファ・フォン・デア・オステン(S)、リヒャルト・タウバー(T)、ブルーノ・ザイトラー=ヴィンクラー(指)スタジオ・オーケストラ(録音:1921年4月8日ベルリン)
(4)ローベルト・ブルク(Br)、スタジオ・オーケストラ(録音:1920年ベルリン)】
(5)リヒャルト・タウバー(T)、カール・ベスル(指)スタジオ・オーケストラ(録音:1923年3月9日ベルリン)
(6)フリッツ・ブッシュ(指)シュターツカペレ・ドレスデン(録音:1923年6月8-9日ドレスデン)
(7)エリザベト・レートベルク(S)、フリーダー・ヴァイスマン(指)ベルリン国立歌劇場のメンバー(録音:1921年5月21日ベルリン)
電気録音:
(8)ティーノ・パッティエーラ(T)、バルバラ・ケンプ(S)、フリーダー・ヴァイスマン(指)ベルリン国立歌劇場のメンバー(録音:1930年2月28日ベルリン)
(9)マリア・チェボターリ(S)、ゲルハルト・シュテーガー(指)ベルリン・ドイツ・オペラO(録音:1941年ベルリン)
テープ録音:
(10)エルフリーデ・トレッチェル(S)、ハインツ・ザウアーバウム(T)、ハンス・レーヴライン(指)シュターツカペレ・ドレスデン(録音:1949年5月27日ドレスデン)
(11)ハインツ・ザウアーバウム(T)、ハンス・レーヴライン(指)シュターツカペレ・ドレスデン(録音:1949年5
月27日ドレスデン)
(12)エルフリーデ・トレッチェル(S)、ハンス・レーヴライン(指)シュターツカペレ・ドレスデン(録音:1949年5月27日ドレスデン)
Profilレーベルのゼンパーオーパー・シリーズの第12弾はベームの「カルメン」全曲。この音源は過去にもPreiserレーベルなどからもリリースされ話題となっ たものですが、当Profil盤は本家本元シュターツカペレ・ドレスデン監修のオーセンティックなもののため、計り知れぬ価値があると申せましょう。
ザクセン時代、第2次世界大戦中1942年の放送用録音。当時のドイツの技術の粋を極めた録音の良さも驚愕。当時の慣習でドイツ語歌唱により、エリザベート・ ヘンゲンのカルメン、トルステン・ラルフのドン・ホセ、ヨーゼフ・ヘルマンのエスカミリオ、エルフレーデ・ヴァイトリヒのミカエラという、まるでワーグナーの楽劇 と見紛う豪華オールスターキャストです。
若きベームのパワーは物凄く、重量感とよどみない流れに満ちた素晴らしい音楽作りで最後まで釘付けになります。それが違和感どころか、ビゼーの音楽が ウェーバーやR・シュトラウスと通じる世界であることを気づかせてくれます。 このアルバムならではの特典が秘蔵カルメン録音集ボーナスディスク。古くは1905年のエーファ・フォン・デア・オステンのシリンダー録音やレートベルクとタ ウバーのラッパ吹込みから戦後1945年の磁気テープ録音までたっぷり1時間。オペラ・ファンや専門家必携のお宝と申せましょう。
それに加えて、同シリーズの魅力のひとつの豪華解説書もぬかりなく収められています。今回はなんとベーム演奏とボーナスディスクが別刷りとなっていて、独・ 英2か国語で前者が84ページ、後者が46ページ。貴重写真満載の愛蔵資料です。お買い逃がしなく!

BONGIOVANNI
GB-2587(2CD)
マスカーニ:歌劇『ロドレッタ』 ロドレッタ:ジョヴァンナ・デ・リーゾ
フランメン:オルフェオ・ザネッティ
ジャノット:ジュゼッペ・ア ルトマーレ
アントニオ:フランコ・ボスコロ
ほか
マッシモ・デ・ベルナルト(指)
オルケストラ・カメラータ・ストゥルメンターレ
コーロ・コーペラティヴァ・アルティスティ・アッソシアーティ

録音:1994年9月/リヴォルノ、グラン・グアルディア劇場(ライブ)
マスカーニの歌劇『ロドレッタ』は、「フランダースの犬」で有名なイギリス作家ウィーダの小説「2つの小さな木靴」を題材としてジョヴァッキーノ・フォルツァー ノが台本を書き、1917年4月30日にローマのコスタンツィ劇場で初演された全3幕からなるドラマ・リリコ。悲しい物語にマスカーニらしい美しく抒情的な音楽 がつけられた、隠れた名作です。 (Ki)
BONGIOVANNI
GB-2586(1CD)
中国発〜オペラ・アリア集
ヴェルディ:私の喜びを(第一回十字軍のロンバルディア人)
ドニゼッティ:人知れぬ涙(愛の妙薬)
ヴェルディ:燃える心を(椿姫)
ヴェルディ:女心の歌(リゴレット)
ヴェルディ:我は嘆く(レクイエム)
モーツァルト:なんと美しい絵姿(魔笛)
ビゼー:花の歌(カルメン)
プッチーニ:見たこともないすばらしい美人(マノン・レスコー)
プッチーニ:冷たき手を(ラ・ボエーム)
プッチーニ:妙なる調和(トスカ)
プッチーニ:さらば愛の家(蝶々夫人)
プッチーニ:泣くな、リューよ(トゥーランドット)
プッチーニ:誰も寝てはならぬ(トゥーランドット)
レハール:君は我が心のすべて(微笑みの国)
ワン・チュアンユエ(T)
ジャンルカ・マルティネンギ(指)
オルケストラ・クラシカ・イタリアーナ

録音:2019年3月22-25日/トレヴィーゾ
中国生まれで中央音楽院で学び、国内外のコンクールで華々しい成果を上げ、現在では中央音楽院で教授を務めサンフランシスコ・オペラの歌手としても活躍す る稀代のテノール、ワン・チュアンユエ(王?越)の初となるソロ・アルバム。有名なアリアの数々を堂々と歌い上げています。 (Ki)
BONGIOVANNI
HOC-089(2CD)
プッチーニ:歌 劇『トスカ』 メアリー・カーティス・ヴァーナ(トスカ)
ユッシ・ビョルリンク(カヴァラドッシ)
コーネル・マクニール(スカルピア男爵)
ノーマン・スコット(チェザーレ)
ローレンス・デイビッドソン(堂守)
パウル・フランケ(スポレッタ)
ディミトリ・ミトロプーロス(指)
メトロポリタン歌劇場O

録音:1959年11月/ニューヨーク(ライヴ)
何種類か録音が残っているミトロプーロスの『トスカ』。59年のものは以前MYTOからリリースされていたものの今や入手難の音源で、うれしい発売。ビョルリ ンクら名歌手の歌唱がすばらしい。余白にボーナスとしてビョルリンクとシミオナートが歌う『カヴァレリア・ルスティカーナ』の抜粋が収録されています。 (Ki)
BONGIOVANNI
GB-2585(1CD)
レオンカヴァッロ:歌劇『ジプシーたち』 デニア・マッツォーラ・ガヴァッツェーニ(フレアナ)
ジュゼッペ・ヴェネツィアーノ(ラドゥ)
ア ル マ ンド・リ カ イ(タマール )
ジョルジョ・ヴァレリオ(老人)
ダニエレ・アジマン(指)
イタリアPO
アブ・ハルモニアエcho

録音:2019年11月4日/ミラノ(ライヴ)
プーシキンの詩「ジプシー」から着想を得て台本が書かれた『ジプシーたち』(Zingari)。1912年にロンドンで初演され大きな成功を収めたにもかかわらず、 作曲者の死後すぐに劇場のレパートリーから外され、長いあいだ忘れ去られていたオペラです。この作品の魅力を知らしめるべく、美しく演奏された2019年の録 音。 (Ki)

BMOP SOUND
BMOP-1075(1SACD)
チャールズ・ウォリネン(1938-2020):歌劇「ハルーンとお話の海」
(原作:サルマン・ラシュディ)
ギル・ローズ(指)
ボストン・モダン・オーケストラ・プロジェクト&cho
ヘザー・バック (S)
ステファン・ブライアント(B、Br)
マシュー・ディバティスタ(T) ほか多数

録音:2019年
アメリカ東海岸の現代音楽シーンを代表する作曲家ウォリネンの大作歌劇。ウォリネン はエリオット・カーターと並ぶアメリカ無調音楽の代表的存在と目され、ピューリッツァー 賞ほか数々の賞を受賞しています。歌劇「ハルーンとお話の海」はインド系アメリカ人の作 家サルマン・ラシュディの子供のための幻想小説を原作としています。原作は児童文学と して書かれたが、このオペラは妥協のない厳しい無調様式で書かれており、原作にあ る、一種のディストピア(反ユートピア)性が強調されています。作品は 2004 年にニューヨー ク・シティ・オペラで初演され好評を博した。

Profil
PH-21002(17CD)
ムソルグスキー:歌劇全集
■Disc1-3 
ボリス・ゴドゥノフ
(1)(リムスキー=コルサコフ版+8場:イッポリトフ=イワーノフ版)
ボーナス
(2)6場のカット部分
(3)7場のカット部分

■Disc4-6
ボリス・ゴドゥノフ(ショスタコーヴィチ版)全曲

■Disc7-9
(1)ホヴァンシチナ(リムスキー=コルサコフ版)全曲
(2)ボーナス:マルファの予言の歌(第2幕)/マルファの恋の歌(第3幕)

■Disc10-11
ホヴァンシチナ(ショスタコーヴィチ版)全曲

■Disc12-13
結婚(イッポリトフ=イワーノフ版)全曲

■Disc14-15
(1)ソロチンツィの定期市(シェバリーン版)全曲
ボーナス:
(2)前奏曲(リャードフ版)
(3)グリツィコのドゥムカ(キュイ版)
(4)アファナシーとヒーブリャの二重唱(サフノフスキー版)
(5)禿山の一夜(リムスキー=コルサコフ版)
(6)パラーシャのドゥムカ(リャードフ版)
(7)ゴパーク(リャードフ版)

■Disc16
(1)サランボー(6つの断章)
(2)ヨシュア〜リビア人の戦いの歌(リムスキー=コルサコフ版)
(3)ヨシュア〜古典様式による間奏曲(リムスキー=コルサコフ版)
(4)ムラダ〜公と僧侶たちの行進(リムスキー=コルサコフ版)

■Disc17
シャリヤピン、ボリス・ゴドゥノフを歌う(リムスキー=コルサコフ版)
(1)戴冠式の場
(2)第2幕 ボリスのモノローグ「私は最高権力を握った」
(3)第2幕 時計の場「ああ苦しい」
(4)第4幕 ボリスの別れ「わが子よ、さらば」
(5)第4幕 ボリスの死「鐘だ、弔いの鐘だ」
(6)第1幕2場 ヴァルラムの歌「カザンの城で」
(7)第1幕1場 ピーメンのモノローグ「あとひとつ物語を」
(8)第4幕 ピーメンのアリア「ある晩のこと」
(9)第2幕 ボリスとフョードルの場〜モノローグ「私は最高権力を握った」〜時
計の場
(10)第4幕第2場 クレムリン宮殿の大広間の場(ピーメンの語りのみ欠)
■Disc1-3 
ボリス・ゴドゥノフ:マルク・レイゼン(Bs)、クセニヤ:エリザヴェタ・シュムスカヤ(S)、フョードル:ブロニスラヴァ・ズラトゴロワ(C.A)、乳母:エフゲニヤ・ヴェルビツカヤ(Ms)、グリゴーリー:ゲオルギー・ネレップ(T)、ピーメン:マクシム・ミハイロフ(Bs)、マリーナ:マリヤ・マクサコワ(S)ほか、ニコライ・ゴロワノフ(指)ボリショイ劇場O、同合唱団(1)
マリーナ:マリヤ・マクサコワ(S)、ランゴーニ:アレクセイ・イワーノフ(Br)、アレクサンドル・メリク=パシャーエフ(指)ボリショイ劇場O、同合唱団(2)
グリゴーリー:ディミタル・ウズノフ(T)、マリーナ:イヴリン・リアー(S)、ランゴーニ:アントン・ディアコフ(Bs)、アンドレ・クリュイタンス(指)ソフィア国立歌劇場O、同合唱団(3)
録音:1948-49年(モスクワ・セッション)(1)、1948年(ライヴ)、1962年(セッション)(2)、1962年(パリ・セッション)(3)
■Disc4-6
ボリス・ゴドゥノフ:ボリス・シトーコロフ(Bs)、クセニヤ:ヴァレリヤ・リュバーヴィナ(S)、フョードル:エラ・クラユーシキナ(A)、乳母:リュドミラ・グルディナ(Ms)、グリゴーリー:フセヴォロド・プチコフ(T)、ピーメン:ミハイル・チェルノジュコフ(Bs)、マリーナ:リムマ・バリノワ(S)ほか、セルゲイ・エリツィン(指)キーロフ劇場O、同合唱団
録音:1960年12月14日キーロフ(マリインスキー)劇場(ライヴ)
■Disc7-9
(1)ホヴァンシチナ(リムスキー=コルサコフ版)全曲
(2)ボーナス:マルファの予言の歌(第2幕)/マルファの恋の歌(第3幕)
イワン・ホヴァンスキー:アレクセイ・クリフチェーニャ(Bs)、アンドレイ・ホヴァンスキー:アレクセイ・ボリシャコフ(T)、ゴリーツィン公:ニカンデル・ハナーエフ(T)、シャクロヴィトィ:アレクセイ・イワーノフ(Br)、マルファ:マリヤ・マクサコワ(S)ほか、ワシーリー・ネボリシン(指)ボリショイ劇場O、同合唱団(1)
ザーラ・ドゥルハノワ(Ms)、アレクセイ・コヴァリョフ(指)モスクワRSO(2)
録音:1953年(モスクワ・セッション)(1)、1953年(2)
■Disc10-11
イワン・ホヴァンスキー:アレクセイ・クリフチェーニャ(Bs)、アンドレイ・ホヴァンスキー:アントン・グリゴリエフ(T)、ゴリーツィン公:ウラジーミル・ペトロフ(T)、シャクロヴィトィ:エフゲニー・キプカロ(Br)、マルファ:キラ・レオノワ(S)ほか、エフゲニー・スヴェトラーノフ(指)
ボリショイ劇場O、同合唱団
録音:1959/62年(モスクワ・セッション)
■Disc12-13
ポドコリョーシン:ダニイル・デミヤーノフ(Br)、ステパン:ゲオルギー・アブラモフ(Bs)、フョークラ:アンナ・マチューシナ(Ms)、コチャカリョフ:パヴェル・ポントリャーギン(T)、アガーフィヤ:アレクサンドラ・ヤコヴェンコ(S)ほか、アレクセイ・コヴァリョフ(指)モスクワRSO
録音:1952年(モスクワ・セッション)
■Disc14-15
チェレヴィク:ラトコ・コロシェツ(Bs)、ヒーヴリャ:ボグダナ・ストリタル(Ms)、パラーシャ:ヴィルマ・ブコヴェツ(S)ホカ、サモ・フバード(指)スロヴェニア国立リュブリャナ歌劇場O、同合唱団(1)
グラフィラ・ジュコフスカヤ(S)(6)、ニコライ・ゴロワノフ(指)モスクワRSO(2)(5)-(7)
ゲオルギー・ヴィノグラードフ(T)、サムイル・サモスード(指)ボリショイ劇場O(3)
ヴェラ・マカロワ(Ms)、セルゲイ・ストレリツォフ(T)、レフ・シテインベルク(指)ボリショイ劇場O(4)
録音:1955年(1)、1950年(2)(5)(7)、1948年(3)、1938年(4)、1940年(6)
■Disc16
サランボー:ナタリヤ・ロジェストヴェンスカヤ(S)、マトー:ウラジーミ
ル・サハロフ(Bs)、バレアレス島民:ボリス・クリストフ(Br)、アレクセイ・コロリョフ(指)、アレクサンドル・ラビンスキー(P)(1)
マリヤ・マクサコワ(Ms)、ニコライ・ゴロワノフ(指)モスクワRSO、同合唱団(2)
ボリス・ハイキン(指)モスクワRSO(3)
ワルター・ジュスキント(指)フィルハーモニアO(4)
録音:1957年(1)、1939年(2)、1955年(3)、1952年(4)
■Disc17
フョードル・シャリヤピン(Bs)
ユージン・グーセンス(指)O(1)(4)、マックス・スタインマン(指)ロンドンSO(2)(3)、ローレンス・コリングウッド(指)コリングウッドO(5)、ロザリオ・ブルドン(指)O(6)、ジョージ・ビング(指)O(7)、指揮及びO不明(8)、フョードル:マルガレータ・カロージオ(S)、シュイスキー:アンジェロ・バダ(T)、ヴィンチェンツォ・ベレッツァ(指)コヴェントガーデン歌劇場O(9)(10)

録音:1926年5月21日(4)27日(1)(ロンドン)、1931年6月6日(2)(3)、1926年6月13日(ロンドン、スモール・クィーンズ・ホール)(5)、1926年5月31日(6)、1922年10月23日(7)、1911年11月26日(8)、1928年7月6日(コヴェントカーデン・ライヴ)(9)(10)
ムソルグスキーは類のない天才ながら、完成された作品は歌曲やピアノ曲を除けば多くありません。ことにオペラは自身でオーケストレーションまで終えたのは 「ボリス・ゴドゥノフ」のみで、それも含め他人の手の入った版で演奏されることが主流となっています。
「ボリス・ゴドゥノフ」「ホヴァンシチナ」をはじめとするムソルグスキーの全オペラを17枚組でProfilレーベルが実現。これまでありそうでなかった好企画です。 大半がメロディア音源による1946-1963年のボリショイ劇場黄金期の名演によるのも大歓迎。
リムスキー=コルサコフ版「ボリス・ゴドゥノフ」は1948/9年のゴロワノフによるセッション録音。ボリス役はゴロワノフの指名で名バス歌手マルク・レイゼンが 務めていますが、一説にはユダヤ人レイゼンが皇帝ボリスを演じることにスターリンが不服で、ゴロワノフの罷免につながったとも言われます。また完全版ではなく、 6場は録音しなかったのと7場にもカットがあるため、ボーナストラックとしてメリク=パシャーエフとボリショイ劇場、クリュイタンスとソフィア国立歌劇場による音 源で補完しているのもありがたい限り。
ゴロワノフは「ボリス」以外にも、「ソロチンツィの定期市」から「前奏曲」「禿山の一夜」、「ゴパーク」、「ヨシュア」の「リビア人の戦いの歌」などで凄まじい怪 演を聴かせてくれます。
「ボリス・ゴドゥノフ」と「ホヴァンシチナ」はリムスキー=コルサコフ版とショスタコーヴィチ版がそれぞれ全曲収められていて、違いを堪能できます。ショスタコー ヴィチ版では「ボリス」がセルゲイ・エリツィン指揮キーロフ(マリインスキー)、「ホヴァンシチナ」がスヴェトラーノフとボリショイという豪華さ。さらに「結婚」「サ ランボー」など聴く機会の少ないものももれなく収録。サランボー役は大指揮者ゲンナジー・ロジェストヴェンスキーの実母ナタリヤ・ロジェストヴェンスカヤの伝 説的な歌唱を味わえます。
Disc17はボーナス巻で、不世出のボリス歌手シャリヤピンの至芸をまとめました。いずれもイギリスで行った録音や公演で、最後の1928年コヴェントガーデ ンの上演はシャリヤピンのみロシア語、カロージオとバダはイタリア語という不可思議なことになっているのも珍品。

ALBANY
TROY-1858(1CD)
スーザン・キャンダー:室内オペラ 「dwb(driving while black 黒人運転)」 ロバータ・ガンブル(S)
ニュー・モース・コード

録音:2020年8月21-22日
米国の作曲家、スーザン・キャンダーがソプラノのロバータ・ガンブルの台本に音楽を付けた 室内オペラ「dwb(黒人運転)」の録音。この、ソプラノ、チェロ、打楽器のみによる40 分ほどの小 オペラは 2020 年 3 月 19 日に初演が予定されていたが、新型ウイルス禍によって流れてしま い、代わりに8 月21-22 日にまず音楽を録音、9 月3-5 日に映像を収録して、10 月23 日に映 像として初演された。初演は好評で追加公演が行われたほど。dwb はdriving while black の略 で、黒人が運転しているというだけで自動車が不当に取り締まりを受けることを意味しています。 台本の設定に、時は今、場所はここ、と指定されているように、まさに現代米国の問題を取り上 げています。 台本作家でもあるロバータ・ガンブルは米国のベテランのソプラノ。ミズーリ州カンザス・シティを 拠点としており、幅広く活躍しています。 ブックレットに英文台本が掲載されています。

Danacord
DACOCD-886
(2CDR)
ラウニ・グランデールの遺産 第6集
クーラウ:歌劇「ルル」 Op.65
[Disc 1]
序曲、第1幕、第2幕(前奏曲−四重唱)
[Disc 2]
第2幕(二重唱−終曲)、第3幕

[Bonus tracks]
(1)ヘンデル:歌劇「ジュリオ・チェザーレ」−「Priva son d’ogni conforto」
(2)グルック:歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」−「J’ai perdu mon Eurydice」
(3)ペーター・アーノル・ハイセ(1830−1879):歌劇「王と代官(Drot og Marsk)」− 王と炭焼き娘オーセの二重唱
(4)ハイセ:歌劇「王と代官(Drot og Marsk)」− レディ・インゲボーと代官の二重唱
デンマーク放送cho・SO、
ラウニ・グランデール(指)

[Disc 1][Disc 2]
ウーノ・エブレリウス(テノール、ルル王子)
キアステン・ヘアマンセン(ソプラノ、妖精ペリフェリーメの娘シディ)
エレン・マーグレーテ・エズラス(ソプラノ、羊飼いの娘ヴェラ)
モーウンス・ヴェーゼル(バス、魔法使いディルフェング)
ニルス・ムラー(テノール、小人バルカ)
ヴォルマー・ホルブル(テノール、羊飼い)
ヴァルボー・ガーオ(メゾソプラノ、第1の魔女)
ダウマー・スコウ(メゾソプラノ、第2の魔女)
エアンスト・ヒュー=クヌセン(ソロ・フルート)
[録音:1956年5月15日 デンマーク放送第1スタジオ(コペンハーゲン)]

[Bonus tracks]
(1)エルセ・ブレムス(Ms)[録音:1948年2月19日]
(2)エルセ・ブレムス(Ms)[録音:1948年9月6日]
(3)テューイェ・テューイェセン(T) 、マーゲリータ・フロー(S)[録音:1945年6月16日]
(4)テナ・クラフト(S)、ホルガー・ビューリング(Bs)[録音:1933年6月2日]
20世紀デンマークを代表する指揮者のひとり、ラウニ・グランデール(1886−1960)の「遺産」シリーズの第6作。クーラウの「ルル」は、「3幕のロマンティックなジングシュピール」として書かれた作品です。ドイツで出版された妖精と幽霊の物語のコレクションに収められた『ルル、または、魔法の笛(Lulu, oder Die Zauber-flote)』に基づきC.C.F. ギュンテルベアが執筆したデンマーク語台本に作曲され、1824年10月29日に初演されました。この録音は、グランデールがデンマークRSOを指揮してデンマーク放送のスタジオからライヴ放送した一連のデンマーク・オペラのひとつ。彼が引退する少し前、1956年5月15日の演奏です。演出を担当したトーベン・クローウによる「短縮版」で演奏され、3時間を超す作品から第2幕の「第10番」「第11番」と第3幕の「第15番」「第16番」などセリフを含むナンバーがカットされ、物語の進行を説明するナレーションが加えられました。このアルバムには、ナレーションを省略、デンマーク放送所蔵のオリジナル・テープをデジタルリマスターした音源が収録されています。初めてリリースされる録音です。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

MUSICA VIVA
MV-119(1CD)
メランコリア〜ヘンデルのバス・アリア集
「エツィオ」HWV.29より Gia Risanar D'intorno, 序曲, Nasce Al Bosco in Rozza Cuna/「アリオダンテ」HWV.33より Invida Sorte Avara, Voli Colla Sua Tromba/「リッカルド」HWV.23より 序曲、Nel Mondo e Nell'abisso/「アチス、ガラテアとポリフェーモ」HWV.72より Fra L'ombre e Gl'orrori/合奏協奏曲 Op.6-1/「オルランド」HWV.31より Lascia Amor e Siegu Marte, 序曲, O voi Del Mio Poter Minister Eletti, Sorge Infausta Una Procella
アンドレア・マストローニ(Bs)、
アッカデーミア・デランヌンチアータ、
リッカルド・ドーニ(チェンバロ&指揮)

録音:2017年6月28日−30日&9月23日−25日、アッビアーテグラッソ(ミラノ、イタリア)
ヘンデルの珍しいアリアを歌うバスのアンドレア・マストローニは、ロッシーニやモーツァルトはもちろん、今回録音を行ったヘンデルやヴィヴァルディなどバロック時代の音楽も得意とするイタリアの音楽家。
当初はクラリネットを学んでいたものの声楽に転向。レッラ・クベルリやリタ・アントニアッツィ、フェルナンド コルデイロ オーパに声楽を師事し、クレモナのクラウディオ・モンテヴェルディ音楽院を優秀な成績で卒業しています。
METやスカラ座、フェニーチェ歌劇場、パリ・オペラ座、バイエルン国立歌劇場など、超一流のオペラハウスですでに華々しい活躍を繰り広げています。

Relief
CR-1928(1CD)
ドニゼッティ:歌劇『リタ』(ドイツ語版) インゲボルク・ハルシュタイン(ソプラノ;リタ)
エルヴィン・ヴォールファールト(テノール;ベッペ)
カ ー ル・クリスティアン・コーン(バリトン;ガスパロ )
ヨーゼフ・シュトローブル(指)
バイエルンRSO

録音:1960年12月7・8日ヘラクレスザール(バイエルン放送、モノラル)
1960年のバイエルン放送録音、ドニゼッティの楽しい一幕物オペラ『リタ』が初めてCD化されます。モノラルながら丁寧なリマスターがなされ十分に満足 できる音質。インゲボルク・ハルシュタイン、エルヴィン・ヴォールファールト、カール・クリスティアン・コーンという豪華なキャストによる初演後100周年の年 の録音。とにかく全開・迫真の歌いっぷりが素晴らしく、コミカルな音楽も相まって凄すぎて思わず笑ってしまうほどの面白さです。
一幕のオペラ・コミック『リタ、または引っぱたかれた夫、または二人の男と一人の女』(1841)はドニゼッティの遺作で、初演は作曲家の死後12年たって 1860年にようやくなされました。物語は3人の登場人物のみで描かれ、それぞれの歌手に均等に見せ場があるようにアリア、二重唱、三重唱が巧みに配置され ています。軽い内容の喜劇ですが音楽の書法は天下一品、ドニゼッティのおいしいところが存分に凝縮されています。オリジナルはフランス語で書かれ、イタリ ア語版も良く上演される人気作。このCDでは指揮者のヨーゼフ・シュトローブルがテキストを起こしたドイツ語版が採用されています。 (Ki)

Opus Arte
OA-1331D(DVD)
NX-C10

OABD-7286D
(Bluray)
NX-D09
モーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」 フェルランド…パーヴォル・ブレスリク(T)
グリエルモ…ステファヌ・ドゥグー(Br)
フィオルディリージ…マリア・ベングトソン(S)
ドラベッラ…ジュルジータ・アダモナイト(Ms)
ドン・アルフォンソ…トーマス・アレン(Bs)
デスピーナ…レベッカ・エヴァンス(S)
コヴェントガーデン王立歌劇場管O&cho
トーマス・ヘンゲルブロック(指)
演出:ジョナサン・ミラー

収録 2010年9月7,9,10日 コヴェントガーデン王立歌劇場(ロンドン)
収録時間:179分
音声:イタリア語
Dolbyステレオ2.0/Dolby Surround 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)

字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD,Blu-ray
DVD…DVD 片面二層ディスク
Blu-ray・・・BD 片面単層ディスク 1080i High Definition
特典映像…キャスト・ギャラリー
2019年11月に逝去した名匠ジョナサン・ミラー(1934-2019)による演出は、舞台を現代に置き換え、2組の恋人たちフィオルディリージ、ドラベッラ の姉妹とその恋人たちフェルランドとグリエルモに舞台演技にも優れた若手歌手4人を起用、加えて老練闊達なトーマス・アレンのドン・アルフォンソ、レ ベッカ・エヴァンスのおきゃんなデスピーナがスパイスを利かせた、英国ならではの演劇的なトーンに富んだもの。アーノンクールの手兵ウィーン・コンツェン トゥス・ムジクスのヴァイオリン奏者として活躍し、その後、フライブルク・バロックOの設立に加わり、指揮を担当、声価を高めてきたトーマス・ヘ ンゲルブロックが、コヴェントガーデンのオーケストラでも金管、ティンパニにオリジナル楽器を配し、モーツァルトの傑作オペラに生気に満ちた新風を吹き 込んでいます。

B RECORDS
LBM-033(2CD)
NX-D07
マルセル・ラット(1886-1943):喜歌劇「パリの悪魔」 マリオン・タッソー(S)
サラ・ローラン(A)
ジュリー・ムセー(S)
マテュー・デュブロカ(Br)
ポール=アレクサンドル・デュボワ(Br)
デニス・ミニャン(演者)
セリーヌ・グロサール(演者)
パリジャン・フリヴァラティ・オペラ・カンパニー
ディラン・コルレイ(指)

録音:2020年12月19日アテネ座(フランス)
マルセル・ラットは1930年代、フランス映画音楽の分野で活躍した作曲家。しかし、ユダヤ系だったためナチ ス・ドイツがフランスに侵攻した1940年に捉えられ、アウシュヴィッツ強制収容所に収容、1943年にここで生 涯を終えました。この「パリの悪魔」は1927年に初演された喜歌劇で、当時流行し始めたジャズの要素を取 り入れ、人間の邪悪さを皮肉たっぷりに描いたラットの代表作の一つ。楽しさの中にちょっぴり悲哀を込めたナ ンバーが並ぶ賑やかな作品です。 演奏は2012年に設立された「パリジャン・フリヴァラティ・オペラ・カンパニー」。歌、演劇、ダンスを組み合わせ た19世紀から20世紀のフランス喜歌劇をレパートリーとする室内オーケストラ。毎シーズンの上演のために歌 手、指揮者、監督、音楽学者を招き、作品を創り上げています。

Dynamic-DVD
DYNDVD-37898
(2DVD)
NX-D05

DYNBRD-57898
(Bluray)
NX-D05
ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」 ジークムント…マルティン・イリエフ(T)
ジークリンデ…ツヴェタナ・バンダロフスカ(S)
フンディング…アンゲル・フリストフ(Bs)
ヴォータン…ニコライ・ペトロフ(Br)
フリッカ…ルミャーナ・ペトロヴァ(Ms)
ブリュンヒルデ…マリアナ・ツヴェトコヴァ(S)
ヘルムヴィーゲ…ミレーナ・ギュローヴァ(S)
オルトリンデ…イリーナ・ジェコヴァ(S)
ゲルヒルデ…リュボフ・メトディエヴァ(S)
ヴァルトラウテ…ドミトリンカ・ライチェヴァ(Ms)
ジークルーネ…マリエラ・アレクサンドロヴァ(Ms)
ロスヴァイセ…ツヴェタ・サラムベリエヴァ(A)
グリムゲルデ…マルガリータ・ダミヤノヴァ(A)
シュヴェルトライテ…ブラゴヴェスタ・メッキ=ツヴェトコヴァ(A)
ソフィア国立歌劇場O&バレエ団
指揮:パヴェル・バレフ
演出:プラメン・カルタロフ

収録:2011年4月14日ソフィア国立歌劇場(ブガリア)
収録時間:243分
音声:ドイツ語歌唱
PCMステレオ2.0/DTS5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)

字幕:日本語・英語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD
DVD…DVD 片面二層ディスク×1、片面単層ディスク×1
Blu-ray・・・BD 片面二層ディスク 1080i High Definition
前作、楽劇「ラインの黄金」で、その実力を印象づけたブルガリアのソフィア歌劇場によるリング・ツィクルス第2弾。 リング4部作の中でも高い人気を誇る楽劇「ワルキューレ」は、第1幕のジークムントとジークリンデの二重唱、第2幕の「ワルキューレの騎行」、そして終 幕の「ヴォータンの告別と魔の炎の音楽」など聴き所が満載です。 この「ワルキューレ」では、「ラインの黄金」から更にポップさを増した演出に驚かされます。舞台上のオブジェとしての大きな環と円錐は本作でも継承さ れ、ワルキューレたちの乗るロケットの弾頭のような円錐、ブリュンヒルデが眠る岩山を囲む炎の環、と様々なシーンで使われます。今作も、特撮怪獣 映画のキャラクターのような装束をまとったブルガリアの実力派の歌手たちが集結。なかでもジークムントを歌うマルティン・イリエフは2015年のソフィア 国立歌劇場の来日公演の際、「トゥーランドット」のカラフを歌い人気を集めた実力派テノール。第1幕での凜然たるジークムントの演技歌唱が光りま す。パヴェル・バレフのタクトに導かれたワーグナーの音楽は、前作に更に拍車の掛かったドラマティックなもの。ソフィア・リングの第3弾、第4弾を大いに 期待させる「ワルキューレ」です。

仏Bel Air
BAC-186(2DVD)
NX-D03

BAC-486(Bluray)
NX-D03
リムスキー=コルサコフ:歌劇「雪娘」 雪娘…アイーダ・ガリフッリーナ(S)
レーリ…ユーリ・ミネンコ(C.T)
クパヴァ…マルティナ・セラフィン(S)
ベレンディ皇帝…マキシム・パスター(T)
ミズギール…トーマス・ヨハネス・マイヤー(Br)
春の精(雪娘の母)…エレナ・マニスティナ(Ms)
冬の王(雪娘の父)…ウラディーミル・オグノヴェンコ(Bs) 他
パリ・オペラ座O&cho
ミハイル・タタルニコフ(指)
演出&装置:ドミトリー・チェルニャコフ

収録時間:194分
音声:ロシア語
PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray) 
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD,Blu-ray
DVD…DVD 片面二層ディスク×2
Blu-ray・・・BD 片面単層ディスク 1080i High Definition
ライトモティーフを用い、人間と霊的な存在を巧みに描き分けるとともに、色彩豊かなオーケストレーションでロシア の自然と民衆風俗を描いた「雪娘」は、リムスキー=コルサコフの歌劇の中でも最高傑作のひとつと目されていま す。本収録のパリ・オペラ座の上演では、世界中から引く手あまたの鬼才ドミトリー・チェルニャコフが、ロシア民話 に題材をとった『雪娘』の舞台となるベレンディ国を、スラヴの原始的共同体を現代に再現しようとするカルト集団 に置き換えるという大胆な読み替えを行っています。雪娘を可憐に演じ歌うアイーダ・ガリフッリーナはロシア生まれ の若き実力派ソプラノ。屈指の名カウンターテナー、ユーリ・ミネンコが神秘的な羊飼いレーリを見事に演じていま す。指揮はリムスキー=コルサコフの芳醇な音楽をパリ・オペラ座のオーケストラから見事に抽き出すミハイル・タタ ルニコフ。2012年からミハイロフスキー劇場O音楽監督・首席指揮者を務めるかたわらスカラ座、バイエ ルン国立歌劇場、パリ・オペラ座など欧州の名だたる歌劇場に客演を行っています。

C Major
80-4380(DVD)

80-4404(Bluray)
R・シュトラウス::歌劇「エレクトラ」 ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー(メゾソプラノ/クリテムネストラ)
アウシュリネ・ストゥンディーテ(ソプラノ/エレクトラ)
アスミク・グリゴリアン(ソプラノ/クリソテミス)
ミヒャエル・ローレンツ(テノール・エギスト)
デレク・ウェルトン(バス・バリトン/オレスト)
ティルマン・レンネベック(バス/オレストの養育者)
ヴェリティ・ウィンゲイト(ソプラノ/クリテムネストラの裾持ちの女)
ヴァレリヤ・サヴィンスカヤ(ソプラノ/クリテムネストラの侍女)
マトイス・シュミットレヒナー(テノール/若い従僕)
イェンス・ラーセン(バス/年老いた従僕)
ソーニャ・シャリッチ(ソプラノ/監視の女)
ボニータ・ハイマン(メゾコントラルト/5人の召使)
ケイティ・コヴェントリー
デニズ・ウズン(メゾソプラノ/5人の召使)
シネイド・キャンベル=ウォレス(ソプラノ/5人の召使)
ナタリア・タナジー(ソプラノ/5人の召使)
フランツ・ウェルザー=メスト(指)
ウィーンPO
ウィーン国立歌劇場cho(合唱指揮:エルンスト・ラッフェルスベルガー)
演出:クリストフ・ワリコフスキ
日本語字幕:広瀬大介
収録:2020年8月、フェルゼンライトシューレ,ザルツブルク(ライヴ)

◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCM Stereo,DTS 5.1
リージョン:All
DVD9
原語:ドイツ語
字幕:英仏伊韓,日本語、120 分

◆Bluray
画面:16:9、1080i (4K収録)
音声:PCM Stereo,
DTS-HD MA 5.1
リージョン:All
BD 50
原語:ドイツ語
字幕:英仏伊韓日本語、120 分
2020年に創立100周年を迎えたザルツブルク音楽祭。世界的パンデミックで開催が危ぶまれていましたが、会期を短縮し、プログラムを変更し開催されまし た。この記念すべき年に上演演目に選ばれたのは、音楽祭の創設者として名を連ねるR・シュトラウス&ホーフマンスタールのコンビの、最初の作品である 「エレクトラ」です。前作「サロメ」以上のインパクトを求め、R・シュトラウスがオペラ史上最大規模のオーケストラを駆使し圧倒的迫力をもつ大作。
エレクトラには、リトアニア出身の世界的ソプラノ歌手 アウシュリネ・ストゥンディーテ。音楽祭のオープニングを飾るオペラのタイトルロールにふさわしい、存在 感のある歌唱は圧巻。そして妹のクリステミスを演じるのは、2018年の音楽祭で「サロメ」を歌い世界的に大きな話題となった同じくリトアニア出身のアスミク・ グリゴリアン。本上演でも再びその才能を開花させています。 演出のクリストフ・ワリコフスキは、母親殺し、執着、復習、衰弱、壊れた家族の深い心理状態をリアルに描いています。 そして、ウェルザー=メスト、ウィーン・フィルの精緻かつ感情あふれる演奏は、この時世に大規模プログラムを選び、強いメッセージとして演奏して、聴衆に伝えよう という気概が感じられます。

Pentatone
PTC-5186883
(1SACD)
ガーシュウィン:オペラ『ポーギーとベス』(ハイライト) ベス、クララ、セリーナ、合唱ソロ:エンジェル・ブルー(S)
ポーギー:レスター・リンチ(Br)
スポーティング・ライフ:チャンシー・パッカー(T)
クラウン、ジェイク:ケヴィン・ショート(バス―バリトン)
マリア、合唱ソロ:アレクサンドリア・クリッチロウ(S)
ミンゴ、合唱ソロ:ダリン・スコット(T)
モーガン州立大学cho、
フィラデルフィアO、
マリン・オールソップ(指)

ライヴ録音:2020年3月/キンメル舞台芸術センター内ベライゾンホール(フィラデルフィア)
マリン・オールソップ率いるフィラデルフィアOがガーシュウィンの『ポーギーとベス』のハイライトを豪華キャストとともにライヴ 収録しました!
ガーシュウィン晩年の1935年に作曲された全3幕9場からなるこのオペラは、様式的にはミュージカルの先駆的な存在であり、ジャズ、ブルースをクラシック に取り入れた最も重要な作品といえます。その内容は、1920年代初頭アメリカ南部の町に住む貧しいアフリカ系アメリカ人の生活を描いており、土着の音楽であ るジャズや黒人音楽を用いて作られており、そのメロディアスな歌唱が楽しめるのが最大の魅力。このハイライトでは「サマータイム」「うちの人は逝ってしまった」 「くたびれもうけ」「ベス、お前は俺のもの」「そんなことはどうでもいいさ」「アイ・ラブ・ユー、ポーギー」「おお主よ、出発します」といった『ポーギーとベス』 の主要曲を含む22曲を収録しており、レスター・リンチがポーギー役をエンジェル・ブルーがベス役を担当するなど、豪華な顔ぶれにも注目です。2020年3月、 新型コロナウィルスのパンデミック直前に収録された貴重なライヴ録音となりました。 (Ki)

ACCENTUS Music
ACC-10510BD
(Bluray)

ACC-20510DVD
(DVD)
ヴェルディ:歌劇「シモン・ボッカネグラ」 クリスティアン・ゲルハーヘル(シモン・ボッカネグラ/バリトン)
ジェニファー・ラウリー(アメーリア/ソプラノ)
クリフトフ・フィシェサー(フィエスコ/バス)
オタール・ジョージキヤ(ガブリエーレ/テノール)
ニコラス・ブラウンリー(パオロ/バリトン)
レント・マイケル・スミス(ピエトロ/バス)
シエナ・リヒト・ミラー(アメリアの小間使い)
サヴェリー・アンドレーエフ(射手隊長)

ファビオ・ルイージ(指)
演出:アンドレアス・ホモキ
フィルハーモニア・チューリッヒ
チューリッヒ歌劇場cho

収録:2020年12月、チューリヒ歌劇場(ライヴ)
◆Bluray
画面:16:9,Full HD
音声:PCMステレオ、DTS HD MA
リージョン:All BD25
字幕:独英仏伊,日本語,韓
142'13
◆DVD
画面:16:9,NTSC
音声:PCMステレオ、DTS5.1、
DD5.1
リージョン:All DVD9
字幕:独英仏伊,日本語,韓
142'13
2020年12月にファビオ・ルイージ(指)アンドレアス・ホモキ新演出のヴェルディの歌劇「シモン・ボッカネグラ」がチューリヒ歌劇場で上演されました。 コロナ禍でのオペラ上演とあって、50人の聴衆、オーケストラは1Km離れたクロイツプラッツのリハーサル・ルームからのリモート上演となりましたが、映像から はそのような障壁は感じさせない生々しい見事な演奏です。 「シモン・ボッカネグラ」は、ヴェルディが43歳のときに書いた20番目のオペラ。14世紀のジェノヴァに実在したシモン・ボッカネグラを主人公とし、政治的な 背景や人間関係が複雑に入り組んだ人間ドラマ。さらには、男声低音3人とテノールとソプラノの5人の実力者の歌手を揃えなければならないことから、難易度の 高い作品と知られます。今回は、現代屈指のリート歌手クリスティアン・ゲルハーヘルの当演目での初タイトルロールにも注目です。ルイージは、2022年9月より NHKSO首席指揮者に就任することが決まっており、現代を代表する指揮者のオペラ観、音楽観を知る上でも注目の上演です。 (Ki)

OEHMS
OC-1902(5CD)
NX-C09
レハール:オペレッタ・エディション


【CD1】
喜歌劇「微笑みの国」ハイライト

【CD2】
喜歌劇「ジュディッタ」ハイライト

【CD3】
喜歌劇「メリー・ウィドウ」ハイライト

【CD4】
喜歌劇「ルクセンブルク伯爵」ハイライト

【CD5】
喜歌劇「ロシアの皇太子」ハイライト*
【CD1】
リヒテンフェルス伯爵…ハラルド・セラフィン(Br)
リーザ…エリザベート・フレッヒル(S)
グスタフ・フォン・ポッテンシュタイン伯爵…ディートマール・ケルシュバウム(T)
スー・チョン…チェ・サンホ(T)
ミー…三谷結子(S)
チャン…田辺とおる(Br)
宦官長…ギデオン・シンガー(台詞)
【CD2】
ジュディッタ…ナタリア・ウシャコヴァ(S)
オクターヴィオ…メールザード・モンタゼーリ(T)
ピエリーノ…マルクス・ハインリヒ(T)
アニータ…ユリア・バウアー(S)
【CD3】
ミルコ・ツェータ男爵…アルフレート・スラメーク(Bs)
ハンナ・グラヴァリ…マルガリータ・デ・アレリャーノ(S)
ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵…マティアス・ハウスマン(Br)
ヴァランシエンヌ…ビルギット・シュタインベルガー(S)
カミーユ・ド・ロジョン…マルワン・シャミーヤ(T) 他
【CD4】
ルネ・ルクセンブルク伯爵…ミヒャエル・ズットナー(T)
バジル・バジロヴィッチ侯爵…アルフレート・スラメーク(Bs)
シュターザ・ココゾフ伯爵夫人…マリカ・リヒター(S)
アルマン・ブリサール…マルコ・カトール(T)
アンジェール・ディディエ…ルート・オールマン(S)
ジュリエット・ヴェルモン…アナ=マリア・ラビン(S) 他
【CD5】*
ロシアの皇太子アリョーシャ…ティベリウス・シム(T)
ソーニャ…アレクサンドラ・ラインプレヒト(S)
大公…ハラルド・セラフィン(Br)
イヴァン…マルコ・カトール(T)
マーシャ…ジークリンデ・フェルドホーファー(S)
バルドロ…チロ・デ・ルカ(T) 他

メルビッシュ祝祭O&cho
ルドルフ・ビーブル(指)
ヴォルフディーター・マウラー(指)*

録音:2002年3月2-4日 Kulturzentrum Eisenstadt(オーストリア)…CD1
2003年2月2-5日ORF ウィーン放送(オーストリア)…CD2
2005年2月12-14日 Kulturzentrum Eisenstadt(オーストリア)…CD3
2006年3月19-21日 Kulturzentrum Eisenstadt(オーストリア)…CD4
2010年6月26-27日 Seefestspiele Morbisch, Stage(オーストリア)…CD5
オーストリアのメルビッシュ・アム・ゼーで毎年夏に開催される「メルビッシュ湖上音楽祭」。その名の通り、ノイジードル湖上に設えられた舞台でウィーンの オペレッタをはじめ、オッフェンバック作品や、ドイツ語訳のブロードウェイ・ミュージカルなどが上演される"夏の風物詩"です。日本からも多くの見物客が 押しかけることで知られ、1957年に第1回音楽祭が開催され、以降ほぼ毎年熱い舞台が繰り広げられています(2020年はコロナ禍のための残念な がら中止)。1993年にバリトン歌手ハラルド・セラフィン(このセットでも出演あり)が総監督に就任し、指揮者、音楽監督をオペレッタの巨匠ルドルフ・ ビーブルが担うことで高水準の上演を維持していましたが、ビーブルは2008年に退任、セラフィンも2012年で勇退。その後は一時期、ドイツ人ソプラ ノ歌手ダグマール・シェレンベルガーが総監督を務め、2018年からは名歌手オットー・エーデルマンの息子ペーター・エーデルマンが総監督に就任。音 楽祭は国際的な知名度を獲得しています。 それぞれのアルバム、実は上演時のライヴではなく音楽祭のお土産用に毎年事前に製作されているもの。基本的に本番の出演者を揃え、作品の聴 きどころのみを1枚のアルバムに収めるという画期的なシステムで、音楽祭を楽しんだ聴衆はこれをお土産にし、舞台の感動を思い起こすことができると いうわけです。これまでの上演曲目からレハールの良いとこどりをしたこのBOXは、歴史ある音楽祭の雰囲気を存分に味わえる最強アイテムです。

仏Bel Air
BAC-623(3DVD)
NX-D07

BAC-624(3Bluray)
NX-D07

共に限定生産
アレーナ・ディ・ヴェローナBOX Vol.2

(1)ビゼー:歌劇「カルメン」

(2)ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」

(3)ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」
(1)カルメン…エカテリーナ・セメンチュク(Ms)
ドン・ホセ…カルロ・ヴェントレ(T)
エスカミーリョ…カルロス・アルバレス(Br)
ミカエラ…イリーナ・ルング(S)他
アレーナ・ディ・ヴェローナO&cho
ヘンリク・ナナシ(指)
収録:2014年6月
159分
字幕:イタリア語・英語、仏語・ドイツ語

(2)ナブッコ…ゲオルグ・ガグニーゼ(Br)
イズマエーレ…ルーベンス・ペリッツァーリ(T)
ザッカリア…ラファウ・シヴェク(Bs)
アビガイッレ…スザンナ・ブランキーニ(S)ほか
アレーナ・ディ・ヴェローナO&cho
ダニエル・オーレン(指)
収録:2017年8月
137分
字幕:日本語・イタリア語・英語、仏語・ドイツ語・スペイン語・韓国語

(3)アルマヴィーヴァ伯爵…ドミトリー・コルチャック(T)
バルトロ…カルロ・レポーレ(Bs)
ロジーナ…ニーノ・マチャイゼ(S)
フィガロ…レオ・ヌッチ(Br)ほか
アレーナ・ディ・ヴェローナO&cho&バレエ団
ダニエル・オーレン(指)
収録:2018年8月アレーナ・ディ・ヴェローナ(ライヴ)
162分
字幕:日本語・イタリア語・英語、仏語・ドイツ語・スペイン語・韓国語

映像:16/9 NTSC All Region 片面2層(DVD、Blu-ray)
Full HD(Blu-ray)
音声:PCM 2.0 & Digital Surround 5.1(DVD)
PCM 2.0 & DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
ヴェローナの街の中心にある円形劇場「アレーナ」(世界遺産)で、毎年夏に開催される「アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭」は、イタリアの夏の風物詩とし て大いに人気を集めています。このBOXには、巨匠ゼッフィレッリの目にも鮮やかな「カルメン」、アルノー・ベルナールのスカラ座のレプリカがヴェローナの舞台に 載るという驚きの「ナブッコ」、ウーゴ・デ・アナによる巨大な迷路庭園がユニークな「セビリアの理髪師」、とアレーナの巨大な舞台を存分に生かした演出が見 ものの3演目を収録。存在感溢れるカルメンを歌うエカテリーナ・セメンチュク、舞台を圧するスザンナ・ブランキーニ(アビガイッレ)、芸達者なレオ・ヌッチ (フィガロ)ら数多くの名歌手が活躍し、いずれも聴衆の熱狂ぶりがダイレクトに伝わって来る祝祭的な舞台を創り上げています。

ORFEO
C-210201(1CD)
NX-B08
ドニゼッティ&ヴェルディ:アリア集
ドニゼッティ:歌劇「シャモニーのリンダ」 - 第1幕「O luce di quest’anima ああ、この心の光よ」
歌劇「連帯の娘」 - 第2幕「C’en est donc fait... Salut a la France 望みはないわ…フランスに敬礼」
歌劇「愛の妙薬」 - 第2幕「Prendi, per me sei libero 受け取って、あなたは自由になるの」
歌劇「リヴァプールのエミリア」 - 第2幕「Confusa e l’alma mia 私の魂は取り乱れ」
歌劇「ドン・パスクワーレ」 - 第1幕「Quel guardo il cavaliere あの騎士のまなざしを」
歌劇「イギリスのロスモンダ」 - 第1幕「Ancor non giunse... Perche non ho del vento まだ来なかった…風が運んでくれるので」
歌劇「ランメルモールのルチア」 - 第3幕 狂乱の場「Il dolce suono mi colpi di sua voce!” あの方の優しい声が」
ヴェルディ:歌劇「リゴレット」 - 第1幕「Gualtier Malde!... Caro nome グヮルティエル・マルデ…慕わしい人の名は」
歌劇「群盗」 - 第2幕「Tu del mio Carlo al seno あなたはわたしのカルロの胸に」
ヒラ・ファヒマ(S)
ウィーンRSO
ミケーレ・ガンバ(指)

録音:2020年8月3-7日ウィーン放送、Kulturhaus(オーストリア)
イスラエル生まれのソプラノ歌手、ヒラ・ファヒマのデビュー・アルバム。 エルサレムの音楽舞踊アカデミーでアグネス・マッシーニに師事、在学中からオペラやオペレッタに出演し ていたという彼女、なかでも「こうもり」のアデーレや「フィガロの結婚」のスザンナでは高い評価を受けまし た。ベルリン・ドイツ・オペラと契約。モーツァルト、ヴェルディ、R・シュトラウス、プロコフィエフ、ロッ シーニを歌い好評を博しました。その後、2013/14のシーズンからウィーン国立歌劇場アンサンブル・メ ンバーとなり更なる研鑽を積んでおり、2018から19年にかけて同歌劇場で「魔笛」の夜の女王、「ナ クソス島のアリアドネ」のツェルビネッタ、「ファルスタッフ」のナンネッタ、「ラ・ボエーム」のムゼッタを歌い、 着々と力を伸ばしています。CD化された2016年のヴェルディの「仮面舞踏会」(C210062)では歌い 存在感を放つオスカルを聴くことができます。 このアルバムでは持前の美しい声でドニゼッティとヴェルディのアリアを熱唱。ドニゼッティの「ランメルモー ルのルチア」の狂乱の場のアリアや、ヴェルディの「リゴレット」のアリアでは玉をころがすようなコロラトゥーラ を存分に披露しています。また、ドニゼッティでは、あまり耳にすることのない曲も選曲されており、彼女 の初々しくも強靭な声による表現をじっくり味わうことができます。

APARTE
AP-221(1CD)
アッソルータ〜イタリア・オペラ・アリア集
チレア:「アドリアーナ・ルクヴルール」〜私は芸術の神のしもべ
プッチーニ:「トスカ」〜歌に生き、恋に生き
マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」〜ママも知るとおり
ジョルダーノ:「アンドレア・シェニエ」〜亡くなった母を
プッチーニ:「マノン・レスコー」〜ひとり寂しく
ポンキエッリ:「ジョコンダ」〜私は死のう
プッチーニ:「修道女アンジェリカ」〜母もなく
ベッリーニ:「ノルマ」〜聖らかな女神よ
ヴェルディ:「マクベス」〜勝利の日
 「マクベス」〜消えてしまえ、呪わしいこの染みよ
同:「運命の力」〜神よ平和を与えたまえ
ベ アトリス・ウリア= モン ゾン(S)
ファブリツィオ・マリア・カルミナーティ(指)
トリエステ・ヴェルディ歌劇場O

録音:2019年6月20-29日/トリエステ・ヴェルディ劇場、10月7-10日/サン=ピエール・ルーテル教会(パリ)
ベアトリス・ウリア=モンゾンは1963年生まれのフランスの歌手。父がスペインの有名な画家で、その血ゆえか彼女の演じるカルメンは絶品との評判になって きました。これまでフランス・オペラのヒロインを演じ続けてきた彼女がイタリア・オペラの名アリアに挑戦。
「琥珀色の声」と賞される、彼女の低めの暗い声質がドラマティックなイタリア・オペラにぴったり。彼女が10人のヒロインのさまざまな顔を演じ、悲劇の、狂気 の女性像の情念の美学を堪能させてくれます。 (Ki)

NAXOS
2.110683(2DVD)
NX-D05

NBD-0126V(Bluray)
グノー:歌劇「ミレイユ」 ミレイユ:農場主の一人娘…インヴァ・ムーラ(S)
ヴァンサン:ミレイユの恋人…チャールズ・カストロノヴォ(T)
ウリアス:ミレイユへの求婚者…フランク・フェラーリ(Br)
ラモン:ミレイユの父…アラン・ヴェルヌ(Bs)
タヴァン:魔女…シルヴィ・ブリュネ(Ms)
ヴァンスネット:ヴァンサンの妹…アンヌ=カトリーヌ・ジレ(S)
アンドレルン…セバスティアン・ドロワ(T)
アンブロワーズ:ヴァンサンの父…ニコラ・カヴァリエ(Bs-Br)
クレマンス:ミレイユの友人…アメル・ブラヒム=ジェルール(S) 他
パリ・オペラ座O&cho
マルク・ミンコフスキ(指)
演出:ニコラ・ジョエル

収録:2009年9月11,12,14日パリ・オペラ座 ガルニエ宮
収録時間:151分
音声:フランス語歌唱
PCMステレオ2.0/DTS5.0(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.0(Blu-ray)

字幕:日本語・フランス語・英語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD
DVD…DVD 片面二層ディスク×2
Blu-ray・・・BD 片面二層ディスク 1080i High Definition
南仏プロヴァンスの農村を舞台に、身分の違いから生まれた悲恋を描いた原作に触発され、グノー自身が南仏に数ヶ月滞在して作曲に取り組んだ 歌劇「ミレイユ」。彼のオペラの中でも傑作のひとつと目されているものの、上演される機会はあまりありませんでした。2009年にパリ・オペラ座の総支 配人に就任したニコラ・ジョエル(1953-2020)は、自らこの作品の上演を決定。インヴァ・ムーラやチャールズ・カストロノヴォら優れた歌手を起用し、 美しくも繊細な舞台を創り上げました。太陽が降り注ぐプロヴァンスの黄金色の日中と、深く静まり返った夜のローヌ川の鮮やかなコントラストも印象的 です。バロック・オペラからロマン派オペラを中心に活躍するマルク・ミンコフスキのタクトは、パリ国立歌劇場Oからこのグノーの作品にふさわしい 抒情味溢れる響きを、紡ぎ出しています。 本リリースは2010年にFRA Musicaから発売されていたディスクに、日本語字幕を付けた新装盤です。

BRU ZANE
BZ-1044
(1CD+BOOK)
NX-D11
アンドレ・メサジェ(1853-1929):「情熱的に」 (1926年初演) 全3幕のミュージカル ケティ・スティーヴンソン…ヴェロニク・ジャンス(S)
ロベール・ペルスヴァル…エティエンヌ・デュピュイ(Br)
ジュリア…ニコール・カー(S)
ウィリアム・スティーヴンソン…エリック・ユシェ(T)
エレーヌ・ル・バロワ…シャンタル・サントン・ジェフリ(S)
ハリス…アルマンド・ノゲラ(Br)
ミュンヘン放送O
シュテファン・ブルニア(指)

録音:2020年12月12-13日、プリンツレーゲンテン劇場、ミュンヘン
フランスの人々がワーグナーやドイツ音楽を強く意識していた時代に育ち、オペラ・コミック座の指揮者としてドビュッシー「ペレアスとメリザンド」や G.シャルパンティエ「ルイーズ」といった傑作の初演も手掛けながら、自身も舞台音楽の作曲家として時代の寵児になっていったアンドレ・メサ ジェ。オペレッタの傑作「ヴェロニク」(1898)やバレエ音楽の至宝「2羽の鳩」などでフランス音楽ファンを捉えていますが、他にもまだ数多くの名 品が埋もれているのがいかに惜しいことか……と改めて実感させられるアルバム。すでに歌劇作曲家としての名声を不動のものにしていた晩 年、「狂乱の時代」と呼ばれた両大戦間に新作として世に送り出された「情熱的に」は、大西洋をヨットで横断してきたアメリカの大富豪と元 女優の夫妻、その家政婦らが恋の国フランスでくりひろげる騒動を描くフランス語ミュージカル。打楽器なしの室内管弦楽編成オーケストラとと もに、オペレッタの粋を知り尽くしたメサジェが1920年代の流行感覚をほどよく取り入れ織り上げた音楽は、徹底して優美でありながら機知に 富み、ミュージカルの、というよりむしろ「フランス近代音楽の」傑作と呼びたい味わいに満ちています。Bru Zaneレーベルならではの220ペー ジにも及ぶブックレットには、音楽史的考察や当時の証言など盛りだくさんの記事、そして台本も掲載され全て英訳付き。ジャンス、ジェフリ、 ユシェらフランス最前線の名歌手たちによる歌唱演技の堂に入った素晴らしさは言うまでもなく、全体の流れを適切にまとめてゆくブルニアのタ クトも絶品です。

Capriccio
C-5440(2CD)
NX-B05
ツェムリンスキー:歌劇「昔あるとき」 王女…エヴァ・ヨハンソン(S)
王子…クルト・ウェスティ(T)
カスパール…ペール=アルネ・ヴァルグレン(Br)
王…オーゲ・ヘウグラン(Bs)
求婚者…オーレ・ヘーゼゴー(T)
グイド・ペヴァタルー(Br)
クリスティアン・クリスチャンセン (Bs)
スーセ・リレソー(S)
デンマーク国立RSO&cho
ハンス・グラーフ(指)

録音:1987年6月 Denmarks Radio(デンマーク)
旧品番…C-60019
1899年に完成された、美しき王女と、魔法の湯沸かしを携えた王子を巡るタイトル通りの古いお とぎ話を題材にした歌劇「昔あるとき」。1900年にマーラーが指揮するウィーン宮廷歌劇場(後の ウィーン国立歌劇場)で初演されたツェムリンスキーの出世作の一つです。マーラー自身がツェムリン スキーに作曲や台本についてアドバイスをするなどかなり力の入った作品です。しかし10回ほど上演 された後は忘れられてしまいました。その後、デンマークの詩人ホルガー・ドラックマンの作品が原作 に用いられていたことが縁となり、1987年にデンマーク国立RSOで蘇演され、この上演 自体がツェムリンスキー復興のきっかけとなりました。この伝説的なプロジェクトを録音した Capriccioのアルバムは、長い間唯一の音源として親しまれてきましたが、今回は新しいリマスター を施しての再登場となります。ロマンティックで美しいワーグナー風の音楽をお楽しみください。
Capriccio
C-5443(2CD)
NX-B05
ツェムリンスキー:歌劇「カンダウレス王」 カンダウレス王…ジェイムズ・オニール(T)
ギゲス…モンテ・ペーダーソン(Br)
ニシア…ニーナ・ウォーレン(S)
フェドロス…クラウス・ヘーガー(Bs)
ペーター・ガイヤール(T)
マリウシュ・クヴィエチェン(Br)
クルト・ハイセン (Bs)
サイモン・ヤング(Bs)
フェルディナンド・ザイラー (T)
ギド・イェンチェンス(Br)
ハンブルク州立PO
ゲルト・アルブレヒト(指)

録音:1996年10月18日、10月25日(ライヴ)
Hamburg, Staatsoper(ドイツ)
旧品番…C-60071
舞台は古代ギリシャ。美しい妻ニシアを娶った王カンダウレスは、護衛官ギゲスにニシアの裸体を見 るように強制、怒ったニシアはギゲスをたきつけ王を殺害し、ギゲスは罪の意識を抱いたまま王となり ます… ツェムリンスキーの未完となった歌劇「カンダウレス王」は1933年に着手され、その後1936年から 作曲を続行しましたが、なかなか進まず、1938年にドイツ軍がオーストリアを占領した際、プラハ経 由でニューヨークへと亡命した彼の荷物に中に含まれていた作品です。若い頃のようなロマンティック な作風も残されてはいるものの、ほとんど無調に近い野心的な作風が特徴であるとともに、ツェムリ ンスキーの屈折した恋愛観も反映されているとされています。彼はアメリカでこれを完成させ、メトロ ポリタン歌劇場での上演を夢見ていましたが、第2幕に盛り込まれた過激なベッドシーンがあだとな り、結局作品は完成されることはありませんでした。 その後、1992年にイギリスの音楽学者アントニー・ボーモントが補筆完成、この録音は、ツェムリン スキー作品の良き理解者ゲルト・アルブレヒトによる1996年の伝説的な演奏です。

CPO
CPO-555295(3CD)
NX-D11
チマローザ:歌劇「秘密の結婚」 ロビンソン伯爵…レナート・ジローラミ(Bs)
ジェロニモ…ドナート・ディ・ステファノ(Bs)
フィダルマ…ロリアーナ・カステラーノ(Ms)
エリゼッタ…クララ・エク(S)
カロリーナ…ジューリア・セメンツァート(S)
パオリーノ…ヘスス・アルバレス(T)
アカデミア・モンティス・レガリスO(古楽器使用)
アレッサンドロ・デ・マルキ(指)

録音:2016年8月10,12,14,16日(ライヴ)
インスブルック古楽音楽祭(オーストリア)
1791年にレオポルト2世の招きで、アントニオ・サリエリの後任としてウィーンの宮廷楽長となったチマローザ が最初に書き上げた歌劇「秘密の結婚」。裕福な商人ジェロニモの娘カロリーナと恋人でジェロニモの使用 人パオリーノ、カロリーナの姉エリゼッタとロビンソン伯爵、そしてジェロニモの妹でパオリーノに気があるフィダル マ。この登場人物が入り乱れ巻き起こすコミカルな恋愛騒動を描いたこの作品は、1792年の初演時にレ オポルド2世が「Da capo!=もう一度」と叫んだほどの大成功を収めるとともに、現代に至るまで数えきれ ないほどの再演が繰り返されている18世紀のオペラ・ブッファの最高峰の一つです。 この録音は、インスブルック古楽音楽祭40周年の記念公演を収録したもので、イタリア・バロックのオペラと 声楽作品に定評のあるアレッサンドロ・デ・マルキと彼の手兵たちが18世紀の響きを再現するだけではなく、 通常は省略されることの多いアリアやリピート部分も即興的な変奏を加えながら全て演奏することで、オリジ ナルの形を再現しています。歌手たちのコミカルな歌唱も聴きどころです。

仏Bel Air
NYDX-50140(Bluray)
国内盤仕様
税込定価
輸入品番:BAC-477
ヴェルディ:「ファルスタッフ」 サー・ジョン・ファルスタッフ…ロベルト・デ・カンディア(Br)
フェントン…ホエル・プリエト(T)
ドクター・カイウス…クリストフ・モルターニュ(T)
バルドルフォ…ミケルディ・アツァランダバーソ(T)
ピストーラ…ヴァレリアーノ・ランチャス(Bs)
アリーチェ・フォード夫人…レベッカ・エヴァンス(S)
フォード…シモーネ・ピアッツォラ(Br)
ナンネッタ…ルース・イニエスタ(S)
クイックリー夫人…ダニエラ・バルチェッローナ(Ms)
メグ・ペイジ夫人…マイテ・ボーモン(Ms)
ほか
マドリード王立歌劇場O&cho
ダニエーレ・ルスティオーニ(指)
演出・衣装…ロラン・ペリー

収録:2019年4月 マドリード王立歌劇場
収録時間:128分
字幕:日本語、仏、英、西、独、韓
映像:16/9 NTSC All Region 片面2(Blu-ray)
Full HD(Blu-ray)
音声:
PCM 2.0 & DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
斬新なプロダクションで注目を集めるマドリード王立歌劇場より、独創性溢れる演出で声価の高まるロラン・ペリーによる 「ファルスタッフ」をお届けします。2017年から大野和士の後任としてリヨン歌劇場の音楽監督を務める若きイタリアのマエス トロ、ダニエーレ・ルスティオーニが渾身のタクトでヴェルディ最後のオペラに陰影と活気に満ちた音楽表現を与え、ロベルト・ デ・カンディア、ダニエラ・バルチェッローナをはじめとした歌手陣も素晴らしい歌唱でそれに応えています。 この新演出を担当したロラン・ペリーは、近年とりわけフランス・オペラの分野で、モダンで風刺の利いた楽しい舞台を数多く 作り出すことで知られており、この「ファルスタッフ」でも、さまざまなアイデアを巡らせるとともに、舞台を20世紀に移し、歌手た ちは歌って踊るという、全体をブロードウェイのミュージカル・タッチで見せながら、人間の愚かさを鋭く風刺しています。

ORFEO DOR
C-200062(2CD)
NX-B07
J・シュトラウス:歌劇「騎士パズマン」

■ボーナス・トラック*
バレエ音楽全曲
第1番:ポルカ
第2番:Andante grazioso ? ワルツ
第3番:チャールダーシュ
騎士パズマン…エベルハルト・ヴェヒター(Bs)
アンジューのカール・ロベルト:ハンガリー王…ヨゼフ・ホップファーヴィーザー(T)
王妃…ソーナ・ガザリアン(S)
エヴァ…トゥルデリーゼ・シュミット(Ms)
ロドモンテ…アルトゥール・コーン(Br)
オモデ…ホルスト・ヴィッチェ(T)
グンディ…アクセル・ガル(Ms)
ミシュー…ペーター・ドラホシュ(T)
ウィーン放送cho
ウィーンRSO
ハインツ・ワルベルク(指)

【ボーナス・トラック】…MARCO POLO:8.223245より
スロヴァキア国立コシツェPO
アルフレート・ヴァルター(指)

録音:1975年10月27日ウィーン・ムジークフェライン・ライヴ、1993年8月26-30日*
400人もの犠牲者を出したウィーン、リング劇場の大火災が引き金となり、オペレッタの人気が低迷。市民たちは他の娯楽を求めていました。そこで当時、宮 廷劇場のディレクターを務めていたヴィルヘルム・ヤーンはヨハン・シュトラウスII世に重厚な『グランド・オペラ』の作曲を依頼、シュトラウスは3年の推敲を経て、 歌劇「騎士パズマン」を書き上げました。1892年の元日に初演され、ウィーン宮廷歌劇場でツィンバロムが初めて使用された記念碑的作品であるにもかか わらず、前述の通り内容は月並みであり、結局、この作品は人気を獲得することなくお蔵入りになってしまいました。しかし、全編に施された音楽はさすがシュ トラウス、とりわけ第3幕に挿入されたバレエ音楽は大好評を博し、中でも「チャールダーシュ」は独立した作品として現在でも愛されています。 この録音は1975年10月27日のライヴ。日本でもおなじみのハインツ・ワルベルクの軽快な指揮のもと、エベルハルト・ヴェヒターが題名役を熱唱。他の歌手 たちが脇を固めています。また、本編では省略されてしまったバレエ音楽は、1993年に別録音されたアルフレート・ヴァルター指揮の演奏を補完、作品を完 全なものに仕上げています。

MARCO POLO
MAR-2.220007(DVD)
NX-C09
ジークフリート・ワーグナー(1869-1930):歌劇「太陽の炎」 皇帝アレクシオス…ウリ・ビュッツァー(Br)
皇后イレーネ…レベッカ・ブロバーグ(S)
フリドリン:フランコニアの騎士…ジョルジオ・ヴァレンタ(T)
アルブレヒト/物乞い/占い師…スティーヴン・シーシャレッグ(Br)
ゴメラ:宮廷道化師…ディルク・メストマッハー(T)/ウィリアム・ウォレス(T)
イリス…ユリア・レズニク(S) 他
PPPミュージック・シアター・インストゥルメンタル・アンサンブル
バイロイト・デジタル・オーケストラ
ウルリッヒ・レイカム(指)
ペーター P.パクル(演出)

収録:2020年8月15-16日(ライヴ)
バイロイト辺境伯歌劇場(ドイツ)
収録時間:135分
音声:ドイツ語歌唱
PCMステレオ2.0
字幕:英語・ドイツ語
画角:16:9 REGION All(Code:0)
DVD…片面二層
リヒャルト・ワーグナーとコジマ・リストの長男として生まれたジークフリート・ワーグナー。もともとは建築家を志してい たものの、父に倣い作曲家に転向。フンパーディンクに師事し作曲を学びました。指揮者としても素晴らしい能力 を発揮、バイロイト音楽祭でも演奏、演出の両面で大活躍しています。父とは違い温厚な性格であったことが知 られ、その作品も大言壮語ではなく、おとぎ話などを題材にした穏健なものが多く、作品数は多いものの、そのほ とんどは忘れられています。 この「太陽の炎」は1912年に作曲された8番目の歌劇。13世紀、十字軍の侵入で崩壊しつつあるビザンチン 帝国で立ち往生してしまった脱走兵が主人公の悲劇で、第1次世界大戦が勃発する直前の作曲当時の不安 な情勢が反映されています。初演後一旦は忘れられてしまいましたが、1979年に一部蘇演され、2002年によ うやくハレ劇場で完全上演されました。この映像は、2020年、バイロイト辺境伯歌劇場でのライヴ収録で、実 力派の歌手たちの歌唱が聴きどころ。舞台装置と衣装は簡素ですが、背景に様々な情景を映し出すことで物 語を補完。歌手たちは必要に応じてマスクを手にして歌うという、2020年ならではの時代情勢も反映された興 味深い演出が施されています。

Sterling
CDO-112511262
(2CDR)
マイアベーア:歌劇「アリメレク、または、二人のカリフ」 ヤン・コボウ(T)、ラース・ヴォルト(Bs)、ブリッタ・シュタルマイスター(S)、ティモシー・オリヴァー(T)、オーラ・ルードナー(指)、ロイトリンゲン・ヴェルテンベルクPO

録音:2010年10月9-10日(ドイツ)
マイアベーアのオペラ第2作「アリメレク、または、二人のカリフ」。ヨハン・ゴットフリート・ヴェールブルッフが『千夜一夜物語』に基づいて執筆したドイツ語の台本に作曲された2幕の作品です。物語の舞台は、ハールーン・アッ=ラシード(ハルン・アル=ラシッド)がカリフだった時代のバグダード。若く裕福なムスリムのアリメレクとカリフの姪イレーネを中心に、カリフのハールーン、彼の腹心の友ジャファル、執事イブラヒムたちが絡み、「おとぎ話」としての「アラビアンナイト」の世界が展開していきます。「主人と客、または、真剣にとられた冗談」のタイトルで作曲され、1813年、シュトゥットガルト宮廷劇場で初演。1814年、ケルントナートーア劇場での再演に際して改訂の手が入れられ、曲名が「アリメレク、または、二人のカリフ」に変えられました。初演に続き再演も失敗に終わり、その後、マイアベーアがイタリア語やフランス語で書いた作品の成功もあって、この作品は「忘れられた存在」になってしまいます。
「バート・ウーラハ、秋の音楽の日(秋の音楽祭)」は、ドイツのロイトリンゲンで開催され、「知られていないが聴く価値のある」多くの作品に蘇演の機会を与えることで国際的に知られています。マイアベーアのこの作品は、2010年のフェスティヴァルで、ウェーバーが作曲した物語上の「姉妹作」「アブ・ハッサン」と一緒にセミステージ形式で上演されました。ドイツのヤン・コボウ、ラース・ヴォルト、ブリッタ・シュタルマイスター、アメリカのティモシー・オリヴァーが主要な役を歌い、スウェーデンのオーラ・ルードナー(ウーラ・ルードネル)が指揮しています。
南西ドイツ放送(SWR)がライヴ収録した音源の正式ライセンスによるリリース。あらすじと「秋の音楽の日」の上演に際して行われたレクチャーの内容をまとめた一文(ドイツ語・英語)を掲載したブックレットと、72ページのリブレット(ドイツ語・英訳)が添付されています。


C Major
80-2408(2DVD)

80-2504(Bluray)
ヘンデル:歌劇「アリオダンテ」 チェチーリア・バルトリ(アリオダンテ/メゾ・ソプラノ)
ネイサン・バーグ(スコットランド国王/バリトン)
キャサリン・レウィック(ジネーヴラ/ソプラノ)
ロランド・ビリャソン(ルルカーニオ/テノール)
クリストフ・デュモー(ポリネッソ/カウンターテナー)
サンドリーヌ・ピオー(ダリンダ/ソプラノ)
クリストファー・ルンディン(オドアルド/テノール)
ジャンルカ・カプアーノ(指)
レ・ミュジシャン・デュ・プランス=モナコ(モナコ公の音楽家たち)
ザルツブルク・バッハcho
演出:クリストフ・ロイ
映像監督:ティツィアーノ・マンチーニ

収録:2017年、ザルツブルク、モーツァルトのための劇場(祝祭小劇場)(ザルツブルク音楽祭ライヴ)
◆DVD
画面:NTSC,16:9
音声:PCMステレオ、DTS5.1
原語:イタリア語
字幕:英独仏韓,日本語、216分
◆Bluray
4k収録、画面:1080i,16:9
音声:PCMステレオ、DTS-HD
MA5.1
原語:イタリア語
字幕:英独仏韓,日本語、216分
ヘンデルのオペラの最高傑作として高い人気を誇っている「アリオダンテ」。この映像は、衝撃的なバルトリの姿で話題となった2017年ザルツブルク音楽祭で 上演されたもの。本上演でバルトリがタイトルロールを務めるアリオダンテは、初演の際にはカストラートのジョヴァンニ・カレスティーニが歌った男性の役で、今 回はカストラートに代わって女性歌手が歌うという演出。バルトリは、18世紀前半に活躍した伝説のカストラート歌手・ファリネッリのために書かれた作品を録音 したCDもリリースしており、バルトリが取り組む一連の企画と言えるでしょう。
「アリオダンテ」のあらすじは、スコットランド王の娘ジネーヴラは、騎士アリオダンテと婚約しています。王もアリオダンテに王位を譲ることを決めていますが、 ジネーヴラに横恋慕するポリネッソ公爵の計略により、彼女は、アリオダンテを裏切る不貞を働いたという濡れ衣を着せられます。絶望したアリオダンテは崖から 飛び降り自殺を図り、父王は不義の娘に死刑を宣告。しかし、一命を取り留めたアリオダンテが戻り、すべの真実が明らかになりめでたく終わりを迎えます。
本上演では、バルトリがカストラートの歌ったアリオダンテを歌う一方で、初演では女性アルトが男役として歌った敵役のポリネッソを、カウンターテナーのクリ ストフ・デュモーが歌います。さらに第2幕でジネーヴラに裏切られた場面でジネーヴラの服に着替え、第3幕ではドレスを着て、ヒゲも取ってしまうので見た目も すっかり女性になってしまうという演出で、現代ならではの性別を超越した演出となっています。
バルトリとデュモーの好演も見どころですが、アリオダンテの婚約者ジネーヴラのキャサリン ・レウィック、侍女ダリンダのサンドリーヌ・ピオー、スコットランド 国王のネイサン・バーグ、そしてアリオダンテの弟ルルカーニオを演じているのがロランド・ビリャソンと豪華な面々が登場する見ごたえのある上演となっています。 (Ki)
C Major
75-7608(DVD)

75-7704(Bluray)
ヴェルディ:歌劇「ファルスタッフ」 ミヒャエ ル・ヴォッレ( バリトン / ファル スタッフ )
ア ルフレッド・ダ ザ( バリトン / フォード )
フランチェスコ・デムーロ(テノール/フェントン)
ユルゲン・ザッハー(テノール/医師カイウス)
ヤン・マルティニーク(テノール/ピストーラ)
バルバラ・フリットリ(ソプラノ/フォード夫人アリーチェ)
シュテファン・リュガマー(テノール/バルドルフォ)
ナ デ ィーン・シ エ ラ( ソ プ ラノ / ナ ン ネッタ )
ダ ニ エラ・バ ル チェッロー ナ( メゾソプラノ/ クイックリー 夫 人 )
カタリーナ・カンマーローアー(メゾソプラノ/ページ夫人メグ)
ダニエル・バレンボイム(指)
シュターツカペレ・ベルリン
ベルリン国立歌劇場cho
演出:マリオ・マルトーネ
映像監督:ティツィアーノ・マンチーニ

収録:2018年12月ベルリン国立歌劇場(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCM Stereo,DTS5.1
リージョン:All 、DVD 9
原語:イタリア語 
字幕:英独仏韓日本語、142分
◆Bluray
画面:16:9、1080i (4K収録)
音声:PCM Stereo,DTS-HD
MA 5.1
リージョン:All 、BD 50
原語:イタリア語
字幕:英独仏韓日本語、142分
2018年ベルリン国立歌劇場で上演されたバレンボイム(指)マリオ・マルトーネ演出のヴェルディ「ファルスタッフ」の映像がリリース。 7年間の大規模な修復工事経て2017年9月に再開場したベルリン国立歌劇場。翌月のドイツ統一記念日には、音楽監督ダニエル・バレンボイム指揮によるシュー マンの『ゲーテのファウストからの情景』(ARTHAUS MUSIK/10-9419BD)が上演されオープニングを祝いました。さらに同年12月には同歌劇場の開場 275年を祝った特別プログラムが組まれ、華やかな幕開けとなりました。この商品に収められているのは、2017年12月の特別公演で新演出としてお披露目され たマリオ・マルトーネ演出のヴェルディ「ファルスタッフ」の再演となります。 ★映画監督として実績がある演出のマルトーネは、この「ファルスタッフ」でドイツの「68年運動」にみられるカウンターカルチャーやヒッピー文化の中で生きる人 生の快楽をひとつ残らず搾り取るような自由奔放な男としてファルスタッフを描いています。元来太った騎士であるファルスタッフは、ここでは革ジャンを着てロッ カーのような服装でネオンが光る薄汚い地元の飲み屋に居座っているような演出。ファルスタッフは、2人の女性に"同じ文章のラブレター"を送りますが、それを託 すのは大麻を吸っているエキストラで、その男は手紙を受け取るとフラフラしながら自転車に乗っていくというような有様。さらにナンネッタ役のナディーン・シエラ がプールサイドにビキニ姿で登場するなど、マルトーネはウィットと高揚感に満ちたオペラを、スタイリッシュで現代的に演出しています。 歌手陣は皆素晴らしく、特にミヒャエル・ヴォッレの豪快さ、群を抜く歌唱の充実ぶりには舌をまきます。またフランチェスコ・デムーロの甘い美声、ナディーン・シ エラの滑らかな歌声、ヤン・マルティニークとシュテファン・リュガマーのアンサンブルもひと際喝采を浴びていました。そしてバレンボイムのオペラ指揮者としての 卓越した手腕が示された上演でもあったでしょう。 (Ki)
C Major
80-4108(2DVD)

80-4204(Bluray)
モーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」 マリ・エリクスメン ( フィオルディリージ )
カティア・ドラゴイェヴィチ(ドラベッラ)
マウロ・ペーター( フェルランド )
アンドレ・シューエン(グリエルモ)
エリーザベト・クールマン ( デスピーナ )
マルクス・ウェルバ (ドン・アルフォンソ)
ニコラウス・アーノンクール(指)
ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
アルノルト・シェーンベルクcho
演出、映像監督:フェリックス・ブライザッハ

収録:2014年3月27日&29日アン・デア・ウィーン劇場(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ、DTS5.1
リージョン:All DVD9
原語:イタリア語
字幕:独英仏韓日本語
ドキュメンタリー:独英韓,日本語
244 分(オペラ:192 分/ドキュメンタリー:52 分)
◆Bluray
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、DTS-HD MA5.1
リージョン:All BD50
原語:イタリア語
字幕:独英仏韓日本語
ドキュメンタリー:独英韓,日本語
244 分(オペラ:192 分/ドキュメンタリー:52 分)
2014年3月、アン・デア・ウィーン劇場でニコラウス・アーノンクールが行った、モーツァルトのダ・ポンテ三部作の最後「コジ・ファン・トゥッテ」。本上演は、ア ン・デア・ウィーン劇場の新制作「コジ・ファン・トゥッテ」で演出家の降板騒ぎをうけて、アーノンクールはセミ・オペラ形式で、ダ・ポンテ三部作をひと月のうちに 一挙上演するということになり、大変話題となった公演です。
セミ・オペラ形式だからこそ、音楽に集中することができ、全編にわたって奏でられる二重唱、三重唱、四重唱、六重唱の美しいアンサンブルを存分に堪能するこ とができます。難役フィオルディリージを歌うマリ・エリクスメンをはじめ、圧倒的な実力と美貌で存在感を放つエリーザベト・クールマンなど実力派の歌手たちに よる様々な形の重唱が色彩豊かで素晴らしい上演です。
アーノンクールは、このダ・ポンテ三部作の上演にあたって以下のように述べています。「演出上の解釈はなしに、モーツァルトの指示に厳密に従うべき」その言 葉通り、演出に左右されることなく、モーツァルトの音楽を堪能することができる上演と言えるでしょう。 本商品には、アーノンクールがこの上演を行うまでのドキュメンタリー「執念と完璧のあいだで〜第三弾:コジ・ファン・トゥッテ」が収められており、アーノンクール の音楽作りを存分に味わうことができます。 (Ki)

NAXOS
2.110685(2DVD)
NX-D05

D-0127V(Bluray)
NX-D05
ビゼー:歌劇「カルメン」 カルメン…アンナ・カテリーナ・アントナッチ(S)
ドン・ホセ…アンドルー・リチャーズ(T)
ミカエラ…アンヌ=カトリーヌ・ジレ(S)
エスカミーリョ…ニコラ・カヴァリエ(バス=バリトン)
フラスキータ・・・ヴィルジニ・ポション(S)
メルセデス…アニー・ジル(Ms)
スニガ…マシュー・ブルック(Bs)
モラレス…リッカルド・ノヴァーロ(Br)
ダンカイロ…フランシス・デュジアック(Br) 他
オー=ド=セーヌ県少年少女cho(合唱指揮…ガエル・ダルシャン)
モンテヴェルディcho
オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティク
ジョン・エリオット・ガーディナー(指)
演出:エイドリアン・ノーブル


収録 2009年6月22,25日オペラ=コミック座、パリ、フランス
収録時間:168分
音声:フランス語歌唱
PCMステレオ2.0/DTS5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)

字幕:日本語・フランス語・英語・ドイツ語・イタリア語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD
DVD…DVD 片面二層ディスク×2
Blu-ray・・・BD 片面二層ディスク 1080i High Definition
本映像は、2009年6月その「カルメン」の初演の地、パリ・オペラ=コミック座のイニシアティヴにより、ビゼーが構想したオペラ・コミック(台詞を伴う歌 芝居)の「カルメン」の原型に迫る試みとして上演された貴重な公演記録です。タクトを執るのはオルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティクと共に、 ベートーヴェンに始まりロマン派楽曲のオリジナルな姿を追求することに実績を重ねてきたジョン・エリオット・ガーディナー。演出は長年ロイヤル・シェイク スピア・カンパニーの芸術監督を務めた名匠エイドリアン・ノーブル。この最強のコンビの創る音楽と舞台に、当代切ってのカルメン歌いアンナ・カテリー ナ・アントナッチ、野性味溢れるホセ役のアンドルー・リチャーズ、純朴なミカエラのアンヌ=カトリーヌ・ジレ、男だての闘牛士エスカミーリョのニコラ・カヴァ リエらの歌手陣が、歌芝居にふさわしいニュアンスに富んだ演技歌唱で見事に応えています。

Dynamic-DVD
DYNDVD-37896
(DVD)
NX-C09

DYNBRD-57896
(Bluray)
NX-C09
ヘンデル:歌劇「リナルド」 アルミーダ…カルメラ・レミージョ(S)
ゴッフレード…レオナルド・コルテッラッツィ(T)
アルミレーナ…フランチェスカ・アスプロモンテ(S)
リナルド…ラッファエーレ・ペー(C.T)
アルガンテ…アンドレア・パトゥチェッリ(Bs-Br)
伝令…リ・シークン(T)
女/2人の人魚…マリレーナ・ルータ、ヴァレンティナ・コロ
魔法使い…ウィリアム・コッロ
フェデリコ・マリア・サルデッリ(指)
フィレンツェ五月音楽祭O
演出・装置・衣装:ピエール・ルイージ・ピッツィ
収録:2020年9月9日フィレンツェ五月音楽祭劇場
収録時間:131分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD,Blu-ray
DVD…DVD 片面二層ディスク
Blu-ray・・・BD 片面二層ディスク 1080i High Definition
「リナルド」は1710年、ロンドンに赴いたヘンデルがヘイマーケット劇場の支配人アーロン・ヒルの薦めによって作曲した正歌劇(オペラセリア)。ヘンデル はわずか2週間でこのオペラを仕上げ、1711年2月14日に同劇場で初演、大好評を博しました。原作はタッソの叙事詩『解放されたエルサレム』 で、当時数多くの作曲家が同じ物語に基づく作品を書いたことでも知られています。この作品の中でとりわけ有名な〈私を泣かせてください〉は、囚わ れの身のアルミレーナが言い寄るアルガンテに対し、リナルドへの貞節を誓うアリアです。 本作は2020年9月、新型コロナウイルス感染症に対するロックダウン解除後、イタリアで最初に公演を再開したフィレンツェ五月音楽祭劇場での公 演記録。同年90歳の誕生日を迎えたオペラ演出界の重鎮ピッツィによる演出は、間接照明と波打つ布を多用した美しく幻想的な舞台を背景に、 華麗な衣装をまとった登場人物たちが黒子に押された輿(こし)に乗って移動するという意匠。1985年レッジョ・エミリア市立劇場の公演で創案された この演出は、現在でも色褪せることのないユニークなものです。外題役を歌う伸びやかな美声のペー、凄みのある性格表現が目覚ましいカルメラ・レ ミージョのアルミーダをはじめバロック唱法に熟達した歌手たち、オーケストラを的確にまとめるサルデッリのタクトがヘンデル・オペラの醍醐味を十全に伝 えています。

Gramola
GRAM-99233(1CD)
NX-B05
ヴェルディ:オペラ・アリア集
1. 歌劇「十字軍のロンバルディア人」 - La mia letizia infondere 私の喜びを
2. 歌劇「エルナーニ」 - Merce, dilleti amici おお、わが心の憧れの人よ
3. 歌劇「ドン・カルロ」 - Io l’ho perduta!… Io la vidi
私は彼女を失ってしまった!…彼女をみた
4. 歌劇「二人のフォスカリ」 - Brezza del suol natio… Dal piu remoto esilio
生まれ故郷の微風よ…地の果て程も遠い流刑の地から
5. 歌劇「二人のフォスカリ」 - Preludio. Notte! Perpetua notte che qui regn
前奏曲 - 夜よ!ここを支配している無窮の夜よ!
6. 歌劇「シモン・ボッカネグラ」 - O inferno! Sento avvampar nell’anima
僕は感じる 魂が燃え立つのを
7. 歌劇「群盗」 - O mio castel paterno 私の父の城
8. 歌劇「仮面舞踏会」(初稿版「グスタフ三世」) - Forse la soglia attinse
おそらく彼女は到着している
9. 歌劇「マクベス」 - Ah, la paterna mano あぁ、いとしい者たち、父の手は
10. 歌劇「ルイザ・ミラー」 - Quando le sere al placido
静かな夕べに星空を見ていたとき
エクトル・サンドバル(T)
バーデン=バーデンPO
パヴェル・バレフ(指)

録音:2007年5月22-24日
フィルハーモニー、バーデン=バーデン
(ドイツ)
メキシコ出身のテノール歌手、エクトル・サンドバル。1987年から1993年までメキシコシティの国立音楽院で 学び、1994年にウィーン国立音楽大学へ留学するとともに、数多くのマスタークラスを受講、プラシド・ドミン ゴ、イレアナ・コトルバシュ、クリス・メリットら名歌手から指導を受けました。2001年にはラインスベルク室内オペ ラが主催するコンクールで優勝するなど多くの賞を受賞し注目を集め、以降、ヨーロッパと米国を中心に歌手と して広く活動しています。このアルバムでサンドバルはヴェルディの様々なオペラのアリアを熱唱。選曲の中心を 成すのは、シンプルな旋律と溢れるような情感に満ちたヴェルディの若い頃の作品であり、サンドバルの輝かし い声が曲の持ち味を引き立てています。

Chateau de Versailles Spectacles
CVS-036
(2CD+DVD+Bluray)
NX-D11
コリリアーノ:歌劇「ヴェルサイユの幽霊」 フローレスティン…エミリー・ミシュ(S)
スザンナ…カイラ・シエンビーダ(Ms)
パトリック・オノレ・ベジャールス…クリスチャン・サンダース(T)
マリー・アントワネット…テレサ・ペロッタ(S)
ボーマルシェ…ジョナサン・ブライアン(Br)
レオン…スペンサー・ブリテン(T)
アルマヴィーヴァ伯爵…ブライアン・ウォーリン(T)
ルイ16世…ピーター・モーガン(Bs-Br)
フィガロ…ベン・シェーファー(Br)
ロジーナ…ジョアンナ・ラティーニ(S)
グリマーグラス・フェスティバルcho、ダンサーズ
ヴェルサイユ王室歌劇場O
ジョセフ・コラネリ(指)

収録:2019年12月7、8日 ヴェルサイユ宮殿王室歌劇場
収録時間:145分75秒(CD) (CD1…75分43秒/CD2…70分2秒)
2時間29分(DVD、Blu-ray)

【DVD/Blu-ray】
字幕…英語(歌唱言語)、フランス語、ドイツ語
NTSC All-region 片面二層ディスク Stereo(2.0ch)
1991年、メトロポリタン歌劇場の委嘱により書かれた「ヴェルサイユの幽霊」。「セビリアの理髪師」「フィガロの結婚」に続く第三作として、ボー マルシェによって書かれた「罪ある母」を下地に、舞台をフランス革命後の荒廃したヴェルサイユ宮殿に置き換え、マリー・アントワネットやルイ16 世、そして当のボーマルシェらの幽霊のほか、オペラでもお馴染みのフィガロ、スザンナなどが入り乱れて繰り広げられるシュールな物語。ドタバタ ながらも原作が持つ重い内容も反映しています。アメリカの「グリマーグラス・フェスティバル」とヴェルサイユの共同制作となっているこのアルバム では、アメリカやカナダを中心とした歌手陣とヴェルサイユのミュージシャンが共演。まさに”作品の舞台”となっている舞台に掛けられるという、類 まれな状況を生み出しました。世に出ているディスクの内容からバロック・オペラの印象が強いヴェルサイユ王室歌劇場が、シンセサイザーを含 むモダン楽器の響きに震えているのも面白いところ。国を超えたアーティストたちの力演をお楽しみいただけます。

Linn
CKD-658(3CD)
NX-D07
ヘンデル:歌劇「ロデリンダ」 ロデリンダ…ルーシー・クロウ(S)
ベルタリド…イェスティン・デイヴィス(C.T)
グリモアルド…ジョシュア・エリコット(T)
ガリバルド…ブランドン・シーデル(Bs)
エドゥイジェ…ジェス・ダンディ(C.A)
ウヌルフォ…ティム・ミード(C.T)
ハリー・ビケット(チェンバロ・指揮)
イングリッシュ・コンサート(古楽器使用)

録音:2020年9月16-21日 ロンドン、セント・ジョンズ・スミス・スクエア
間もなく創設半世紀になろうとする英国の老舗古楽器オーケストラ、イングリッシュ・コンサート。現音楽監督ハリー・ビケットは、これまでにもイ アン・ボストリッジやルネ・フレミング、ダニエル・ド・ニースといった大物歌手たちとヘンデル作品の多彩さを印象づける名演でシーンを魅了してき た敏腕指揮者。今回は満を持して、この作曲家のオペラに対する現代の再評価の機運となった最盛期の傑作「ロデリンダ」の全曲録音に臨 みました。ヘンデルのオペラは19世紀以来の歌劇界からしばらく見過されていたところ、1920年ゲッティンゲンでこの「ロデリンダ」の記念碑的 蘇演が行われたことが、今につながるヘンデル劇音楽群への注目に繋がりました。初演は「ジューリオ・チェーザレ」や「アレッサンドロ」などの大 作相次ぐ頃、ヘンデル最盛期の1725年。中世初期のゲルマン民族大移動末期のミラノを舞台に繰り広げられる、ロンバルディア=ランゴバル ドの女王ロデリンダをめぐる恋の物語――初演時にはイタリアの女声歌手クッツォーニや男声高音歌手セネジーノらの活躍で作品は高い評 価に結び付きました。ここではharmonia mundi franceでのヘンデル・アルバムでも共演したルーシー・クロウをタイトルロールに、イェスティ ン・デイヴィスとティム・ミードという英国古楽シーンでもとくに重要な二人のカウンターテナー歌手を含む充実したソリスト勢を起用。二つのテオ ルボ、2台のチェンバロを伴う充実した古楽器オーケストラの表情も聴きどころたっぷり!英国の古楽シーンの最前線が反映されたLinnレー ベルの快挙と言えるでしょう。

MUSO
MU-045(1CD)
NX-B09
『追いつかない心』 〜ヘンデル「ラ・ルクレツィア」とオペラ・アリア集
ポッペアのアリア「美しく喜ばしく」〜歌劇「アグリッピーナ」 HWV 6
アリア「思慮は平安の敵」〜オラトリオ『時と真実の勝利』 HWV 46a
デジャニラのアリア「昼の支配者よ、昇るのを止めよ」〜歌劇「ヘラクレス」 HWV 60
オルフェオのアリア「わたしはいとしい人を喪った」〜セレナータ『祝宴に沸くパルナッソ』 HWV 73
アルチーナのアリア「ああ、わたしの心!」〜歌劇「アルチーナ」 HWV 34
ダルダノのアリア「容赦ない痛みが」〜歌劇「ガウラのアマディージ」 HWV 11
カンタータ『ラ・ルクレツィア』 HWV 145
アリオダンテのレチタティーヴォ「わたしはまだ生きているのか?」〜アリア「ふざけた不実な女よ」〜歌劇「アリオダンテ」 HWV 33
メデアのアリア「わたしは死すとも復讐を果たそう」〜歌劇「テーゼオ」 HWV 9
エロイーズ・マス(Ms)
ロンドン・ヘンデル・オーケストラ(古楽器使用)
ローレンス・カミングス(Cemb・指)

録音:2020年8月22-25日、ブラックハート・ホールズ、ロンドン
2018年のエリザベート王妃国際コンクール声楽部門で、結果は5位だったものの強い存在感を示して注目を浴びたフランスの新世代歌手エ ロイーズ・マス。独特のコクを感じさせるメゾの歌声は実に味わい深く、ワーグナーやR.シュトラウスなどでの重要な役柄とも絶妙の相性をみせ ながら、ロッシーニやドニゼッティでも鮮やかな解釈を紡ぎ出します。そしてそのような劇的表情の濃やかさあればこそ、ヘンデルの劇中で特に込 み入った立場に置かれた役柄が歌うアリアでは、ことのほか耳をとらえて離さない歌を聴かせられる……その素晴しい成果が音盤になったのが このアルバム。経験豊富な英国バロック・オペラ界のヴェテランL.カミングス率いる古楽器オーケストラとともに、抑揚の激しいスリリングなアリアか らしっとりメロウなナンバーまで多彩な表情をみせるマスの解釈は、偽らざる心の動きと劇的現実のギャップへの戸惑いを描き上げたヘンデル随 一の歌の数々をきわめて高い完成度で味あわせてくれます。初期から後期まで、秘曲も有名大作も押さえた選曲も絶妙。


King International
KKC-4252(2CD)
グルック:歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」 フェドーラ・バルビエリ(メッゾ・ソプラノ:オルフェオ)、
ヒルデ・ギューデン (ソプラノ:エウリディーチェ)、
マグダ・ガボリー (ソプラノ:アモーレ)
ミラノ・スカラ座O&cho
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)

録音:1951年4月13日 ミラノ・スカラ座(ライヴ)
音源提供:DISCOS, Milano
国内発売旧LP:セブンシーズGT-7096/7(1980.3.21)(オリジナルLPはチェトラLO-19)
「オルフェオとエウリディーチェ」はオペラの改革者グルックが作曲したイタリア語歌唱の名作オペラ。「アルチェステ」「アウリスのイフィゲニア」の序曲を録音す るなどグルックの音楽を重要視していたフルトヴェングラーは1951年4月に、ミラノ・スカラ座でこのオペラを取り上げました。7・11・13・15日の4日間上 演され、13日の上演がRAI(イタリア国営放送)で放送。今回の音源はミラノ・ディスコス社が放送原盤から起こしたものです。 このオペラには初演の際の「ウィーン版」をはじめとして、「精霊の踊り」などのバレエ曲や終幕での3重唱を追加してフランス語台本にした「パリ版」、ベルリオー ズらの改訂による「パレタン版」、これらを調整し改訂したドゥエルフェル編の「ペーター版」などの版がありますが、ここでは混合版、折衷版(主体はペーター版) で公演は行われております。
フルトヴェングラーの指揮の特徴は、随所に発揮されています。第1幕葬式での合唱やバレエ「パントマイム」では荘重、厳粛な悲しみの表現。第2幕第1場での 復讐の女神たち、妖霊たちの合唱や踊りでは、おどろおどろしい迫力!一転して第2場では楽園の世界、バレエ「精霊の踊り」ではなんとも素朴で美しく清純な表 情をみせます。第3幕(終幕)ではバレエ「シャコンヌ」にたたみかけるような緊張感、抑制的ではあっても巨匠らしさをのぞかせます。歌手陣でひときわ輝いてい るのは、初日のシミオナートとのダブルキャストで、2日目以降のオルフェオを歌ったイタリアの名ドラマティック・メッゾ、バルビエリ。有名な「エウリディーチェを 失って」では豊かな声と表現力で圧巻の歌唱を披露しています。
アメリカの著名な音楽評論家ジョン・アードイン(1935−2001)は、ファン必読の名著で以下のように「魅力ある録音」と称賛しています。 「フルトヴェングラーがグルックの“静謐な明快さと高貴な華麗さ”に心惹かれ、グルック作品を古典様式の典型と考えていたことは、演奏会のプログラムからも明 らかです。晩年には「アルチェステ」「アウリスのイフィゲニア」の序曲がレパートリーに常時顔を出していたが、「オルフェオとエウリディーチェ」に関しては、こ のミラノ盤がマンハイム時代以来ひさびさの演奏だった。(中略) ミラノ・スカラ座の「オルフェオとエウリディーチェ」は、キャストに不安定な面があるにもかかわらず、魅力ある録音です。フルトヴェングラーは威厳を保ちつつ も柔軟に取り組んでおり、神話の根底にある人間性と犠牲的精神を充分にしみ通らせています。スカラ座Oの音は無傷とは言えないものの、ふくらみと暖か さがあり、指揮者の手によって一段上の透明さと表現力が引き出されています。この曲では、黄泉の国ハデスの暗く不気味な響きと、極楽エリュシオンにグルックが 当てた光の動きが対比されねばならないが、フルトヴェングラーはその対比を見事に作り出した。 全体を通して音楽は心地よく流れ、フルトヴェングラーのはっきり出るはずのテンポの揺らぎも、ここでは控えめで節度がある。オーケストラの演奏に当時の時代感 覚を見いだすとすれば、それは総譜の根底に流れているとフルトヴェングラーが看破した、抑制感と美しさでしょう。 しかもここでは、古典的な端正さと、ロマン派的な率直さがうまく同居しています。たとえば序曲は、グルックが指定したアレグロ・モルトというよりアレグロ・マエス トーソであり、冒頭の<喪の合唱>も、引いては寄せる悲しみのため息のようだ。この演奏を聴いていると、グルックという作曲家は、バロック後期と、やがてベー トーヴェンの登場によって再形成される世界にはさまれた過渡期の存在だったことがあらためて認識されます。」 (ジョン・アードイン著 藤井留美訳「フルトヴェングラー・グレート・レコーディングズ」音楽之友社刊、2000年)

(市販)世界初出LPとなった伊チェトラ盤(LO-19)。ミラノ、ディスコス社制作のこの音源をキングレコード(セブンシーズ・レーベル)は1980年に国内発売 しましたが、CD化は未対応のまま。今回、このアナログテープ(2トラック、38cm/秒)から、キング関口台スタジオで41年ぶりにデジタル・リマスタリング。初 のCD化になります! 51年録音ということで、鮮明度は十分とはいえませんが、アナログ録音の質感をだいじにした音作りになっております。 版の違いで筋を追うのを日本語解説と歌詞対訳でフォロー。歌詞対訳はキングインターナショナルHP(WEBサイト)に掲載します。ファンなら待望、必聴・必携!フルトヴェングラーの 遺産として大いなる価値があるCDの復活といえるでしょう。 (Ki)

ALBANY
TROY-1841(1CD)
ダニエル・トーマス・デイヴィス:歌劇「家族の秘密/キスとキン」 アンドレア・エディス・ムーア(母、娘)
ジェーン・ホールディング(友、隣人)
ティモシー・マイヤー(指)アンサンブル

録音:2019年
作曲者の生年が記載されていないが、ブックレットの写真から若手と思われます。ミニガン大 学、王立音楽アカデミーで学び、その後ロンドン・シンフォニエッタやアノニマス 4 などから作曲 の委嘱を受け、アメリカ国内で高い評価を受けています。このアルバムは室内アンサンブルを伴 奏に女声二人の対話で進む二人劇ともいえる歌劇。オフ・ブロードウェイで上演されていてもお かしくないポピュラリティとモダンさを兼ね備えた秀作オペラです。

Sterling
CDA-1835/18362
(2CDR)
歌唱の芸術〜ダーヴィド・ビョーリングへのオマージュ 第4集
[Disc 1]
マイアベーア:歌劇 「アフリカの女」 − おお、パラダイス(第4幕)
グノー:歌劇「ファウスト」 − 挨拶しよう!慎ましく清らかな家よ(第3幕)
ビゼー:歌劇 「真珠とり」 − 耳に残るは君の歌声(第1幕)
マスネ:歌劇「マノン」 − 目を閉じると見える(第2幕)
マスカーニ:歌劇 「カヴァレリア・ルスティカーナ」 − おかあさん、あの酒は強いね
プッチーニ
:歌劇 「トスカ」 − 妙なる調和(第1幕)
ヴェルディ
:歌劇 「運命の力」 − 生きることは地獄だ、この不幸な者には(第3幕)
プッチーニ
:歌劇 「ラ・ボエーム」 − 冷たい手を(第1幕)、歌劇 「トゥーランドット」 − 寝てはならぬ(第3幕)
ビゼー:歌劇 「カルメン」 − おまえの投げたこの花を(第2幕)
マスネ
:歌劇 「ル・シッド」 − 統べたまい、裁きたもう御父よ(第3幕)
ジョルダーノ:歌劇 「アンドレア・シェニエ」 − ある日、青空を眺めて(第1幕)
ヴェルディ
:歌劇 「アイーダ」− もし私がその戦士であったなら…清きアイーダ(第1幕)、歌劇 「トロヴァトーレ」 − 見よ、恐ろしい炎を(第3幕)
ワーグナー:歌劇 「ローエングリン」 − はるかな国に(第3幕)
[Disc 2]
ウルフ・ヴェスレーン(1927?2009)(編):7つのスウェーデン民謡、水の精のポルスカ、東の国へ私は行こう、喜びの花、すべて天空のもとに、さあ, 大いに飲もう, 生あるかぎり、うるわしき水晶、ああ, 美しいヴェルムランドよ
カール・レオポルド・シェーベリ:トゥーネナ(音楽)
エーリク・グスタフ・イェイエル:羊飼いの少年の歌
フィンランド民謡(グンナル・ハーン(1908?2001)編):なんと美しい野バラ
ハインリヒ・プファイル:湖はおだやかに憩う Op.10 no.1
アルムクヴィスト:幾千もの星のこと/君はひとりで歩んではいない
ステーンハンマル:森で
シェールリング:白いバラ
ペッテション=ベリエル:菩提樹の陰の乙女、君の名を書いた、空にある星のように、受け継いだもの、それは憧れ
イーヴァル・ヴィデーン:セレナード「松と白樺の葉が」
ラングストレム:夏の夜
アルヴェーン:森は眠る Op.28 no.6
アウグスト・セーデルマン:ヘイメル王とアスローグ
ステーンハンマル:メロディ「君だけが牧場を歩いてゆく」、オルフェウスが竪琴を手に
シベリウス
:黒いばら Op.36 no.1、逢い引きから帰ってきた娘 Op.37 no.5、三月の雪の上のダイアモンド Op.36 no.6、夢だったのか Op.37 no.4、夕べに Op.17 no.6s
ラーシュ・ビョーリング(T)、
リリアン・カールソン(P)、
ハッリ・エーベット(P)、
カール=オト・エラスミー(P)、
ヤン・エイロン(P)、
ブリタ・リグネル(P)、
アヌーシュカ・ムケルジー(P)、
ジョン・マッケイ(P)、
セルゲイ・レズニコフ(P)、
ウルフ・ヴェスレーン(P)、
ピアニスト不明

録音:1978年、1985年、2014年、1975年−1990年
スウェーデン音楽史と世界のオペラ史に名を残すテノール歌手、ユッシ・ビョルリング(ユシー・ビョーリング)の子、テノール歌手のラーシュ・ビョーリングによる、祖父ダーヴィド(1873?1926)へのオマージュ。シリーズ第4集では、オペラのアリアと、スウェーデンとフィンランドの民謡とバラードと歌曲が歌われます。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

Chateau de Versailles Spectacles
CVS-030
(2CD+DVD+Bluray)
NX-D11
モーツァルト:歌劇「魔笛」
フランス語歌唱
台本…エマヌエル・シカネーダー
パミーナ…フローリー・ヴァリケット(S)
タミーノ…マティアス・ヴィダル(T)
パパゲーノ…マルク・スコフォニ(Br)
夜の女王…リザ・モスタン(S)
ザラストロ…トミスラフ・ラヴォワ(Bs)
パパゲーナ…ポリーヌ・フェラッチ(S)
モノスタトス…オリヴィエ・トロマンシュラーゲル(T)
夜の女王の侍女1…シュザンヌ・ジェローム(S)
夜の女王の侍女2…マリー・ゴートロ(Ms)
夜の女王の侍女3…メロディ・リュヴィオ(C.A)
神託の声…マチュー・ルクロアール(Br)
神官1…マチュー・シャピュイ(T)
神官2…ジャン=クリストフ・ラニエス(Br)
童子1…エマ・ド・ラ・サル(S)
童子2…タニーナ・ラウス(S)
童子3…ガランス・ラポルト・デュリエ(S)
幼少のタミーノ…デジレ・リュベク(Boy-S)
ル・コンセール・スピリチュエル (合唱、管弦楽/古楽器使用)
エルヴェ・ニケ(指)
演出…セシル・ルーサ、ジュリアン・リュベク

収録:2020年1月、ヴェルサイユ王室歌劇場
収録時間:142分11秒(CD)/2時間29分(DVD&Blu-ray)
【DVD&Blu-ray】
字幕:フランス語、英語、ドイツ語
NTSC Region All
映像:16:9
音声:STEREO & 5.1ch (詳細不明)
バロックの知られざる声楽曲の大作を数多く蘇演し、ヘンデル、ボワモルティエ、リュリ、デトゥーシュ、ヴィヴァルディ、カテル……と有名無名にか かわらず痛快なステージや録音に仕上げるフランス古楽界の異才エルヴェ・ニケ。近年はサン=サーンスやダヴィドなど19世紀フランス・ロマン 派の舞台作品でも鮮烈な演奏で多くの人々を魅了していますが、その圧倒的なパフォーマンスは舞台演出や映像との相性も抜群。今回の 「魔笛」は近年躍進めざましい演出家ルーサ&リュベクによる、バンド・デシネ(フランス大衆漫画)のアニメーションも組み込んだ独特なステー ジになっていますが、何より注目すべきはニケが自らの母語であるフランス語の台本でこの傑作をとりあげたこと。言語が変わるだけで一転、 モーツァルトの古典美にケルビーニの革命期オペラやグレトリーのオペレッタにも通じるフランス的色彩感とスリルが加わり、演奏陣の物語への傾 倒ぶりとあいまって痛快な演奏効果がもたらされます。夜の女王を演じるリザ・モスタンも堂々の歌唱。モノスタトス役のオリヴィエ・トロマンシュ ラーゲルが繰り出す古典発音のおかしみも独特の趣きを演出に添えています。傑作のありようを問い直す、古楽系指揮者の真骨頂発揮とも 言えるプロジェクト。映像とCDが揃ったセットでの発売です。

Opus Arte
OA-1332D(DVD)
NX-C10

OABD-7287D(Bluray)
NX-D09
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」 全4幕

【特典映像】
・ロイヤル・オペラが「ラ・ボエーム」を上演するわけ
・アントニオ・パッパーノ「ラ・ボエーム」を語る
(OA1272D、 OABD7248Dと同内容)
・キャスト・ギャラリー
ロドルフォ…チャールズ・カストロノヴォ(T)
ミミ…ソーニャ・ヨンチェヴァ(S)
マルチェッロ…アンドレイ・フィロンチク(Br)
ムゼッタ…シモーナ・ミハイ(S)
ショナール…ジュラ・ナギー(Br)
コッリーネ…ピーター・ケルナー(Bs)
ブノワ…ジェレミー・ホワイト(Bs)
アルチンドロ…エディ・ウェイド(Br)
パルピニョール…アンドルー・マクネア(T)
コヴェントガーデン王立歌劇場O&cho
エマニュエル・ヴィヨーム(指)
演出…リチャード・ジョーンズ

収録:2020年1月29日 コヴェントガーデン王立歌劇場
収録時間:本編119分、特典映像10分
字幕:日本語、英、仏、独、韓
映像:16:9 NTSC All Region 片面2層(DVD、Blu-ray)
1080i High Definition(Blu-ray)
音声:LPCM 2.0 & DTS Digital Surround 5.1(DVD)
LPCM24bit 2.0 & DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
ロイヤル・オペラの人気演目の一つ「ラ・ボエーム」。往年のゼッフィレッリ演出と並び、コヴェントガーデン発の名演出としての誉れの高いジョン・コープリーの演出は、2017年リチャー ド・ジョーンズによる新演出としてリニューアルされました。半世紀近くの歴史を誇ったコープリー演出に対し、全体的に舞台はシンプルになり、それゆえに演じる歌手たちの演技と歌 が映える新鮮さに満ちたもの。一方、パリの賑やかなクリスマス夜のシーンは華やかさを増し、その後の物語の哀しさを引き立たせています。本収録では、国際的に活躍するフラン スの指揮者エマニュエル・ヴィヨームのしなやかで生気に満ちた音楽作りに応え、ミミを演じるヨンチェヴァが持ち前のリリカルな歌唱力に加え熱い演技で見るものを引き込まずにおき ません。ロドルフォを演じるカストロノヴォを始め、脇を固めるフィロンチク、ミハイらも瑞々しい演技歌唱でこの永遠の青春群像ドラマに花を添えます。

ORFEO
C-210062(2CD)
NX-C09
ヴェルディ:歌劇「仮面舞踏会」 グスタフ…ピョートル・ベチャワ(T)
レナート(アンカーストレム) …ドミートリー・ホロストフスキー(Br)
その妻アメリア…クラッシミラ・ストヤノヴァ(S)
黒人の女占い師ウルリカ…ナディア・クラステヴァ(Ms)
小姓オスカル…ヒラ・ファヒマ(S)
ホルン伯爵…アレクサンドル・モイシュク(T)
ワルティング伯爵…ソリン・コリバーン(Bs-Br)
クリスティアーノ…イーゴリ・オニシュチェンコ(Br) 他
ウィーン国立歌劇場O&cho
ヘスス・ロペス=コボス(指)

録音:2016年4月(ライヴ) ウィーン国立歌劇場
ヴェルディが1856年に作曲した「仮面舞踏会」は、アントニオ・ソンマが実際に起きた事件をもとに台本を書いた作品。原作のウジェーヌ・スクリーブ の戯曲はスウェーデンの啓蒙専制君主グスタフ3世が1792年に仮面舞踏会の壇上で暗殺された事件を題材に、王と暗殺者アンカーストレム伯爵 の妻との架空の恋を絡ませたものでしたが、王の暗殺という題材がナポリの検閲に引っかかったため、舞台をボストンに移すことでようやく上演がかなっ たといういきさつを持ちます。ウィーン国立歌劇場においても、1870年に最初の上演が行われて以来、500回以上も上演が行われるという人気演 目になっています。20世紀に入ってからはようやく舞台をスウェーデンに戻しての上演が増え、この2016年の録音もスウェーデン版で行われていま す。 演者にはベチャワやストヤノヴァ、モイシュクらスター歌手が配され、ヴェルディの緊迫した物語を盛り上げますが、中でも病を押して素晴らしい歌唱を 聴かせたホロストフスキーの圧倒的な存在感が強烈な印象を残します。全体をまとめるのはスペインの名指揮者ヘスス・ロペス=コボス。情熱的な ヴェルディの音楽を威厳を持ってまとめ上げています。

OEHMS
OC-980(3CD)
NX-D02
シュレーカー:歌劇「はるかなる響き」 全3幕 フランクフルト歌劇場O&cho
フランクフルト歌劇場のエキストラ
セバスチャン・ヴァイグレ(指)

録音:2019年3、4月(ライヴ) フランクフルト歌劇場
1912年8月18日にフランクフルト歌劇場で初演されたフランツ・シュレーカーの歌劇「はるかなる響き」。彼の2作目の歌劇であり、ワーグナーやリヒャ ルト・シュトラウス直系の濃厚なロマンティシズムを持つこの作品は、初演と同時に大人気を博し、1920年のプラハではツェムリンスキーがチェコ初演 を指揮し、また1925年にはエーリヒ・クライバーがベルリン国立歌劇場で上演を行うなど人気を獲得していきました。 この作品はシュレーカーの名声を押し上げるのに一役買いましたが、後にナチスにより"退廃音楽"の烙印を押されてしまい、その後は歌劇場のレ パートリーから姿を消してしまいました。20世紀末になってようやく人気が復興、近年は日本を含め世界中の歌劇場で上演が行われています。 2019年に読売日本SOの常任指揮者に就任し、2020年12月にもコロナ禍の中来日し、第九を演奏したセバスチャン・ヴァイグレは、20世 紀初頭の作品を重要なレパートリーにしており、このフランクフルト歌劇場にとっても大切な作品である「はるかな響き」では、オーケストラの厚い響き にも負けない強靭な声を持つ歌手を揃え、熱意を持って演奏しています。
OEHMS
OC-982(2CD)
NX-D02
ヤナーチェク:歌劇「利口な女狐の物語」 女狐…ルイーズ・オルダー(S)
雄狐…ジェニー・カールステット(Ms)
森番…サイモン・ニール(Br)
森番の妻…ジョアンナ・クラススカ=モトゥレヴィチ(Ms)
校長…ボウ・ギブソン(T)
司祭…マグヌス・バルトヴィンソン(Bs)
ハラシュタ:行商人…セバスティアン・ガイヤー(Br)
きつつき…ニーナ・タランデーク(Ms)
雄鶏…マイケル・マカウン(T)
雌鶏…ブリッタ・シュタルマイスター(S)
宿屋の女主人…ノーラ・フリードリクス(S) 他
フランクフルト歌劇場児童cho
フランクフルト歌劇場O&cho
ヨハネス・デブス(指)

録音:2016年4月、5月(ライヴ)
フランクフルト歌劇場
一見民話風、あるいは童話風に見えるヤナーチェクの歌劇「利口な女狐の物語」。 ブルノの新聞に掲載されたルドルフ・ティエスノフリーデクの物語に感銘を受けたヤナーチェクが、これをもとに自ら起こした台本では「早耳の女狐ビスト ロウシュカ」は本能のおもむくままに獲物を捕らえ、恋におち、最後は人間に射殺されてしまいます。このヒロインの死は致命的な病気でも、傷ついた 心でもなく、自然のサイクルとして表現されており、死と再生を繰り返す自然への賛美と畏怖が込められています。モラヴィア民謡を散りばめた音楽 は、チェコ語の会話にぴったりと寄り添い、登場人物たちを生き生きと描写、また歌手たちの闊達なやりとりも見事です。ドイツ生まれの指揮者ヨハネ ス・デブスは世界中の歌劇場で経験を積んだベテランです。

Dynamic
DYNDVD-37897(DVD)
NX-D05

DYNBRD-57897(Bluray)
ワーグナー:楽劇「ラインの黄金」 ヴォータン…ニコライ・ペトロフ(Br)
ドンナー…クラスタン・クラスタノフ(Bs)
フロー…ミロスラフ・アンドレーエフ(T)
ローゲ…ダニエル・オストレツォフ(T)
アルベリヒ…ビセル・ゲオルギエフ(Bs-Br)
ミーメ…クラシミール・ディネフ(T)
ファーゾルト…ステファン・ヴラディミロフ(Bs)
ファーフナー…ペタル・ブチコフ(Bs)
フリッカ…ルミャーナ・ペトロヴァ(Ms)
フライア…ヴェセリーナ・ヴァシレヴァ(S)
エルダ・・・ブラゴヴェスタ・メッキ=ツヴェトコヴァ(A)
ヴォークリンデ…イリーナ・ジェコヴァ(S)
ヴェルグンデ…ドロテア・ドロテーエヴァ(Ms)
フロースヒルデ…ツヴェタ・サラムベリエヴァ(A)
ソフィア国立歌劇場O&バレエ団
指揮:パヴェル・バレフ
演出:プラメン・カルタロフ

収録:2010年5月25日ソフィア国立歌劇場(ブルガリア)
収録時間:161分
音声:ドイツ語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region DVD,Blu-ray
DVD…DVD 片面二層×1 片面単層×1
Blu-ray・・・BD 片面二層ディスク 1080i High Definition
地底の支配者アルベリヒが、ラインの乙女が守っていたラインの川底の黄金を奪って創り上げた指環。手にした者が限りない力を得るというこの指環 を、神々の長ヴォータンは火の神ローゲの知恵を借りてアルベリヒからだまし取ります。怒ったアルベリヒが指環に死の呪いをかけたため、ヴォータンは建 てさせた城の代償のひとつとして、しぶしぶ指環を巨人の兄弟に渡します。ヴォータン率いる神々は、虹の橋を渡りそのヴァルハラ城へ入場。ここから 神々の没落が始まります。 ボリス・クリストフやヴェッセリーナ・カサロヴァをはじめ、数々の名歌手を輩出することで知られる歌の国ブルガリア。本作は、この国を代表するソフィア国 立歌劇場が2010年に総力を挙げて上演したワーグナーの「ニーベルングの指輪」の上演収録です。その第1弾は序夜「ラインの黄金」。第2次世界 大戦後から、世界各地の歌劇場で次々と新演出による上演が生まれ、そのたびに話題を集める「ニーベルングの指環」。このソフィア歌劇場による上 演も斬新な演出により、その上演史に新たな一章を加えることになりました。この「ラインの黄金」は往年のSF映画を彷彿させるようなオープニング映 像に始まり、ニコライ・パナヨトフがデザインした舞台装置では、ライン川を象徴する巨大な円盤(その中でラインの乙女たちがトランポリンで飛び跳ね ながら歌う)と、舞台につるされたいくつものコーン(三角錐)に、投影されるプロジェクション・マッピングにより情景の変化が描かれます。登場人物の 多くはアニメ映画のキャラクターのようなキッチュな装束をまといコミカルな姿で登場します。 上演にあたっては、ブルガリアの実力派の歌手たちが集結。中でもローゲを歌ったオストレツォフと、エルダ役のメッキ=ツヴェトコヴァの歌唱はとりわけ高 く評価され、指揮者パヴェル・バレフは本上演によりブルガリアの「年間最優秀指揮者」の栄誉をを受けました。

C Major
80-3908(2DVD)

80-4004(Bluray)
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

ボーナス映像:執念と完璧のあいだで〜第二弾:ドン・ジョヴァンニ
アンドレ・シューエン (ドン・ジョヴァンニ )
ルー ベン・ドローレ ( レポレッロ )
クリスティーネ・シェーファー(ドンナ・アンナ)
マイテ・ボーモン(ドンナ・エルヴィーラ)
マリ・エリクスメン ( ツェルリーナ )
マウロ・ペーター(ドン・オッターヴィオ )
ミカ・カレス( マゼット&騎士長 )
ニコラウス・アーノンクール(指)
ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
アルノルト・シェーンベルクcho
演出、映像監督:フェリックス・ブライザッハ

収録:2014年3月17日&19アン・デア・ウィーン劇場(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ、DTS5.1
原語:イタリア語
字幕:独英仏韓,日本語
ドキュメンタリー:独英韓,日本語
リージョン:All、DVD9
オペラ:196 分、ドキュメンタリー:52 分
◆Bluray
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、DTS-HD MA5.1
原語:イタリア語
字幕:独英仏韓,日本語
ドキュメンタリー:独英韓,日本語
リージョン:All 、BD50
オペラ:196 分、ドキュメンタリー:52 分
2014年3月、アン・デア・ウィーン劇場でニコラウス・アーノンクールが行った、モーツァルトのダ・ポンテ三部作の第2弾は「ドン・ジョヴァンニ」。本上演は、ア ン・デア・ウィーン劇場の新制作「コジ・ファン・トゥッテ」で演出家の降板騒ぎをうけて、アーノンクールはセミ・オペラ形式で、ダ・ポンテ三部作をひと月のうちに 一挙上演するということになり、大変話題となった公演です。 「ドン・ジョヴァンニ」は、ドン・ジョヴァンニの華麗なる恋愛遍歴と壮絶なな最期を描いた作品。美しいアリアの数々と、衝撃的なラストは人々を魅了するストー リーです。タイトルロールには、イタリア生まれの魅力的な声質を持つバリトン歌手アンドレ・シューエン。そしてドン・オッターヴィオには、ヴンダーリヒの再来とも 言われるイギリスのテノール、マウロ・ペーター。女性陣には、ベテランのクリスティーネ・シェーファーがドンナ・アンナを歌い、高い音楽性を聴かせてくれます。 アーノンクールは、このダ・ポンテ三部作の上演にあたって以下のように述べています。「演出上の解釈はなしに、モーツァルトの指示に厳密に従うべき」その言葉 通り、演出に左右されることなく、モーツァルトの音楽を堪能することができる上演と言えるでしょう。 本商品には、アーノンクールがこの上演を行うまでのドキュメンタリー「執念と完璧のあいだで〜第二弾:ドン・ジョヴァンニ」が収められており、アーノンクールの 音楽作りを存分に味わうことができます。

C Major
75-7308(DVD)

75-7404(Bluray)
ジョルダーノ:歌劇「アンドレア・シェニエ」 ユシフ・エイヴァゾフ (アンドレア・シェニエ)
アンナ・ネトレプコ (マッダレーナ)
ルカ・サルシ (カルロ・ジェラール)
アンナリーザ・ストロッパ (ベルシ)
マリアーナ・ペンチェヴァ (コワニー伯爵夫人)
ガブリエレ・サゴーナ (ルーシェ)
フーキエ・ダンヴィル (フーキエ・ダンヴィル)
フランチェスコ・ヴェルナ ( マチュー)
カルロ・ボシ (無信仰者)
ロ マーノ・ダ ル・ゾーヴォ ( シュミット )
ミラノ・スカラ座O&cho
リッカルド・シャイー(指)
演出:マリオ・マルトーネ

収録:2017年12月 ミラノ・スカラ座(ライヴ)
◆DVD
画面:NTSC,16:9
音声:PCM ステレオ、DTS5.1、
DD5.1
リージョン:All
DVD9
字幕:英独仏韓,日本語
原語:イタリア語、128分
◆Bluray
画面:HD,1080i,16:9
音声:PCM ステレオ、DTS-HD MA5.1
リージョン:All
BD50
字幕:英独仏韓,日本語
原語:イタリア語、128分
フランス革命時に実在した詩人シェニエと伯爵令嬢マッダレーナの悲恋を描いたジョルダーノの傑作「アンドレア・シェニエ」。世界最高の歌姫アンナ・ネトレプ コと夫のユシフ・エイバゾフが、シェニエとマッダレーナを演じて大きな話題となった公演の映像がリリースされます。 1896年にミラノ・スカラ座で初演された本作は、同劇場ではリッカルド・シャイーが32年前に上演した以来となります。新プロダクションの演出は映画、演劇監 督としても活躍するマリオ・マルトーネ。彼の映画的視点、時代性を細かく反映した演出により、見ごたえのある映像に仕上がっています。 歌手にとっては、旋律的な表現力と、ドラマティックな演技力の両方が求められている作品で、特に詩人シェニエは、各幕でのアリアなど幅広い音域での音楽的表 現が必要です。その点ではエイヴァゾフは素晴らしく、「ある日、青空をながめて」と「5月の晴れた日のように」は、歴代テノール歌唱の中でも光った存在と言える でしょう。またネトレプコも革命で母親が殺され、地獄のような日々を歌う「亡くなった母を」では、豊かで艶やか声と巧みな表現力で絶唱を聴かせてくれていま す。そしてシャイーの活力ある意欲的な音楽作りが全体を推進しています

Capriccio
C-5382(2CD)
NX-C05
シュルホフ 歌劇「炎」 ドン・ファン…レイモンド・ヴェリー(T)
ラ・モルテ…イリス・フェルミリオン(Ms)
女性/尼僧/マルガレーテ/ドンナ・アンナ…ステファニー・フリーデ(S)
総督…サルバドール・フェルナンデス=カストロ(Br)
影1…ガブリエラ・ボーネ(S)
影2…ニーナ・ベルンシュタイナー(S)
影3…アンナ・ペシェス(C.A)
影4…クリスタ・ラッツェンベック(Ms)
影5…ヘルミーネ・ハーゼルベック(Ms)
影6…エリザベト・ヴォルフバウアー(Ms)他
アルノルト・シェーンベルクcho
ジャズ・バンド…Vereinigten Buhnen Wien(ウィーン劇場協会)オーケストラのメンバー
ベルトラン・ド・ビリー(指)
ウィーンRSO

録音:2006年8月5,7,10,14日(ライヴ)
アン・デア・ウィーン劇場(オーストリア)
17世紀スペインの伝説上の人物「ドン・ファン」。彼の存在は多くの芸術家たちの創作欲を刺激し、常に新しい解釈による人物像が生み出されてい ます。チェコの作家ヨーゼフ・ベネシュは、ドン・ファンを死(ラ・モルテ)に魅せられた、地獄へ落ちることもできない"永遠の命"を与えられた存在として描 き出しました。様々な女性たちが彼に対して欲望を覚えることで、ドン・ファンの死への衝動が一時的に抑圧されますが、どんな愛も彼の絶望した心に 救いをもたらすことはありません。そして常にうごめく影たちはドン・ファンのコンプレックスの象徴であり、それは最終場面まで彼につきまといます。シュル ホフがこの物語に付けたのは、後期ロマン派風の音楽と、フォックストロットやラグタイムなど20世紀初頭に流行し始めたジャズ風の音楽。これらが交 錯し、燃え盛る炎に例えられた人間の欲望が解き明かされていきます。ヴェリーやフェルミリオンらの歌手たちの見事な歌唱に加え、近代オペラを得意 とするド・ビリーが、複雑な音楽を見事にまとめています。

Opus Arte
OA-1330D(2DVD)
NX-C10

OABD-7285D(Bluray)
NX-D09
グノー:歌劇「ファウスト」

【特典映像】
・ロイヤル・オペラが「ファウスト」を上演する理由
・ダン・エッティンガーとアーウィン・シュロットによる、
「ファウスト」におけるメフィストフェレスのキャラクターについての対話
・キャスト・ギャラリー
ファウスト…マイケル・ファビアーノ(T)
メフィストフェレス…アーウィン・シュロット(Bs)
マルグリット…イリーナ・ルング(S)
ヴァグネル…へルマン・E. アルカンタラ(Br)
ヴァランタン…ステファーヌ・デグー(Br)
シエベル…マルタ・フォンタナルス=シモンズ(Ms)
マルト・シュヴェルトラン…キャロル・ウィルソン(Ms)
メーガン・グリフィス、ヤセット・ロルダン(プリンシパル・ダンサー)
コヴェントガーデン王立歌劇場O&cho
ダン・エッティンガー(指)
演出…デヴィッド・マクヴィカー

収録:2019年4月18、30日 コヴェントガーデン王立歌劇場
収録時間:本編178分、特典映像8分
字幕:、英、仏、独、韓
映像:
16:9 NTSC All Region 片面2層(DVD、Blu-ray)
1080i High Definition(Blu-ray)
音声:
LPCM 2.0 & DTS Digital Surround 5.1(DVD)
LPCM 2.0 & DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
ドイツ文学史に屹立する文豪ゲーテの『ファウスト』(第一部)を、近代フランス音楽の名匠グノーが流麗で劇的な歌劇に結実させた「ファウスト」。本上演は2004年の初演以 来、英国ロイヤル・オペラの定番演目となっているマクヴィカー演出によるものです。これは舞台を16世紀のドイツから作曲当時の19世紀後半のパリに移し、作品に秘められた官 能性と精神性の対立、分裂を鮮やかに抉り出し、作品の終幕のマルグリットの救済にも問いを投げかけるという瞠目すべきもの。このプロダクションは2019年の同歌劇場の来日 公演でも大きな話題となりました。本映像では、外題役ファウストを情熱的に歌い上げるファビアーノ、悪魔メフィストフェレスを野性味たっぷりのシュロット、マルグリットの可憐さが 光るルングらが、素晴らしいパフォーマンスを繰り広げます。脇を固めるのは来日公演とほぼ同じキャスト、見事なコメディエンヌぶりで沸かせるマルト役のウィルソン、ヴァランタン役の テグー、ヴァグネル役のアルカンタラら。エッティンガーのキレのよいタクトが、この波乱に富んだ物語を抒情と緊張のバランスを見事に取りながら、弛みなく描き尽くします。

Signum Classics
SIGCD-658(1CD)
ヘンデリアン・パイロテクニクス〜ヘンデル:カウンターテナーのためのオペラ・アリア集
歌劇 「セルセ」 HWV.40より 「オンブラ・マイ・フ」
歌劇 「インド王ポーロ」 HWV.28より 「Se possono tanto due luci vezzose」
歌劇 「エジプトのジューリオ・チェーザレ」 HWV.17より 「武器の燦きをもって」、「Dall’ondoso periglio − Aure, deh, per pieta」
歌劇 「リナルド」 HWV.7より 「いとしい妻よ」
歌劇 「オルランド」 HWV.31より 「Cielo! Se tu il consenti」
歌劇 「ロンバルディア王妃ロデリンダ」 HWV.19より 「何処にいるの、愛しい人よ」
歌劇 「ラダミスト」 HWV.12より「航路を見失った船」、「わが妻のいとしい霊よ」
歌劇 「アグリッピーナ」 HWV.6より 「Tacero, purche fedele」
歌劇 「ゲルマニア王オットーネ」 HWV.15より 「Dopo l'orrore」
ウィリアム・タワーズ(C.T)、
アルモニコ・コンソート、
クリストファー・モンクス(ディレクター)

録音:2019年11月5日−6日、セント・マーク教会(レミントン・スパ、イギリス)
タリスの「40声のモテット」とストリッジョの「60声のミサ曲」を組み合わせたアルバム、「スーパーサイズ・ポリフォニー」(SIGCD 560)で大きな注目を集めたアンサンブル、アルモニコ・コンソートが、イギリスの傑出したカウンターテナーの一人、ウィリアム・タワーズとコラボレート。ウィリアム・タワーズはケンブリッジ大学の合唱スカラー、英国王立音楽カレッジで学び、ジョン・エリオット・ガーディナーの偉大なプロジェクト「バッハ:カンタータ巡礼」にも幅広くソリストとして参加した他、世界の主要な指揮者たちとオペラ、オラトリオの両面で共演してきました。ヘンデルの肯定的で生き生きとした側面を目指したというタワーズの悠々とした歌声で聴く、ヘンデルのオペラ・アリア集です。

BONGIOVANNI
AB-20040(DVD)
ドニゼッティ:歌劇『トルクァート・タッソー』 レ オン・アン(トル クァート・タッソー )
ジルダ・フィウーメ(エロノーラ・デステ)
ジョルジョ・ミッゼーリ(ロベルト・ジェラルディーニ)
マ ル ツィオ・ジョッジ(ドン・ゲラ ルド )
アンヌンツィアータ・ヴェストリ(スカンディアーノ伯爵夫人)
ガブリエレ・サゴーナ(アルフォンソ2世)
アレッサンドロ・ヴィオーラ(アンブロージョ)
ベルガモ音楽祭O&cho
セバスティアーノ・ロッリ(指)
演出:フェデリコ・ベルトラーニ

収録:2014年11月/ベルガモ、ドニゼッティ劇場
16:9、NTSC、Stereo
PCM、字幕:伊英、160分
リストの交響詩でも知られる16世紀イタリアの詩人タッソーを描き、1833年に初演されたドニゼッティの3幕のメロドラマ『トルクァート・タッソー』。『愛の 妙薬』(1832)や『ルクレツィア・ボルジア』(1833)と同時期のもので、ドニゼッティ自身とても力の入った作品で当時の反応は上々でした。 (Ki)

C Major
80-3708(2DVD)

80-3804(Bluray)
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」

ボーナス映像:執念と完璧のあいだで〜第一弾:フィガロの結婚
ボー・スコーフス(伯爵)
クリスティーネ・シェーファー(伯爵夫人)
マリ・エリクスモーン(スザンナ)
アンドレ・シュエン(フィガロ)
エリーザベト・クールマン(ケルビーノ)
イルディコ・ライモンディ(マルチェリーナ)
ペーター・カールマン(アントニオ)
マウロ・ペーター(バジリオ/ドン・クルツィオ)
クリスティーナ・ガンシュ(バルバリーナ)
ニコラウス・アーノンクール(指)
ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
アルノルト・シェーンベルクcho
演出、映像監督:フェリックス・ブライザッハ

収録:2014年3月6日&8日アン・デア・ウィーン劇場
◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ、DTS5.1
原語:イタリア語
字幕:独英仏韓,日本語
ドキュメンタリー:独英韓,日本語
リージョン:All、DVD9
オペラ:190 分
ドキュメンタリー:52 分
◆Bluray
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、
DTS-HD MA5.1
原語:イタリア語
字幕:独英仏韓,日本語
ドキュメンタリー:独英韓,日本語
リージョン:All、BD50
オペラ:190 分
ドキュメンタリー:52
2014年3月、アン・デア・ウィーン劇場でニコラウス・アーノンクールが行った、モーツァルトのダ・ポンテ三部作のブルーレイとDVDで登場します。 本上演は、アン・デア・ウィーン劇場の新制作「コジ・ファン・トゥッテ」で演出家の降板騒ぎをうけて、アーノンクールはセミ・オペラ形式で、ダ・ポンテ三部作をひ と月のうちに一挙上演するということになり、大変話題となった公演です。 演奏は、アーノンクールの手兵であるウィーン・コンツェントゥス・ムジクスのオリジナル楽器独特の響きと共に、クリスティーネ・シェーファー、エリーザベト・クール マンら豪華陣が登場。 アーノンクールの、「演出上の解釈はなしに、モーツァルトの指示に厳密に従うべき」という意見のもとに本上演はなされました。その言葉通り、演出に左右される ことなく、モーツァルトの音楽を堪能することができる上演と言えるでしょう。 本商品には、アーノンクールがこの上演を行うまでのドキュメンタリー「執念と完璧のあいだで〜第一弾:フィガロの結婚」が収められており、アーノンクールの音 楽作りを存分に味わうことができます。 (Ki)

EUROARTS
20-13104(Bluray)

20-13108(DVD)
ジルベスター・コンサート1998

(1)モーツァルト:「フィガロの結婚」より序曲・アリア〈とうとう嬉しい時が来た〜恋人よここに〉
(2)モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニ」よりセレナード〈窓辺においで〉
(3)モーツァルト:「魔笛」より二重唱〈愛を感じる男の人たちには〉
(4)モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニ」よりシャンペンの歌・二重唱〈お手をどうぞ〉
(5)ビゼー:「アルルの女」組曲よりカリヨン・ファランドール
(6)ロッシーニ:「泥棒かささぎ」序曲
(7)ヴェルディ:「リゴレット」より二重唱〈それは心の太陽〜さようなら〉・アリア〈慕わしい名〉・女心の歌
(8)ヴェルディ:「仮面舞踏会」よりアリア〈お前こそ心を汚す者〉
(9)ベルリオーズ:「ローマの謝肉祭」序曲
(10)チャイコフスキー:「エフゲニー・オネーギン」よりポロネーズ・手紙の場〈たとえ死ぬことになっても〉
(11)ヴェルディ:「椿姫」より乾杯の歌
クラウディオ・アバド(指)BPO

(1)クリスティーネ・シェーファー(S)
(2)サイモン・キーンリーサイド(Br)
(3)サイモン・キーンリーサイド(Br),
クリスティーネ・シェーファー(S)
(4)サイモン・キーンリーサイド(Br),
クリスティーネ・シェーファー(S)
(7)マルセロ・アルバレス(T),
クリスティーネ・シェーファー(S)
(8)
サイモン・キーンリーサイド(Br)
(10)ミレッラ・フレーニ(S)
(11)ミレッラ・フレーニ(S),
クリスティーネ・シェーファー(S),
サイモン・キーンリーサイド(Br),
マルセロ・アルバレス(T)

収録:1998年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)
◆Bluray
画面:16:9/Full HD
音声:PCMステレオ
リージョン:All
BD25、89分
◆DVD
画面:NTSC/16:9
音声:PCM Stereo
リージョン:All
DVD9、89分
ベルリン・フィルのジルヴェスターコンサート(ニューイヤー・イヴ・コンサート)は、1月1日のウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートと並ぶクラシック音楽界の一大イベントです。この度、クラウディオ・アバド指揮の1998年の演奏会が新装丁でブルーレイとDVDでリリースされます。「愛と憧れの歌」をテーマとし、モーツァルト、ヴェルディ等、有名オペラのアリアや情景と、ベルリオーズ、ビゼーの管弦楽曲を組み合わせた華やかなプログラムです。ヨーロッパで活躍するオペラ歌手が勢揃いし、大晦日のベルリンの夜を盛り上げています。特に注目なのが、イタリアの大ソプラノ、ミレッラ・フレーニが、得意の歌劇「エフゲニー・オネーギン」より〈手紙の場〉を歌い、貫禄の歌声を披露しています。そして、当時世界的デビューの直後であった、ドイツのソプラノ、クリスティーネ・シェーファー、アルゼンチンのテノール、マルセロ・アルバレス、イギリスのバリトン、サイモン・キーンリーサイドの3人の、若々しい姿と歌声も聴きどころです。

ARTHAUS
10-9434DVD(DVD)

10-9435BD(Bluray)
オッフェンバック:歌劇『ホフマン物語』 カール=フリッツ・フォイクトマン(指)
ベルリン・コーミシェ・オーパーO&cho
演出:ヴァルター・フェルゼンシュタイン
舞台:ラインハルト・ツィンマーマン
衣装:ヘルガ・シェルフ
ハンス・ノッカー(ホフマン)
シルヴィア・クチムスキ(ニクラウス/ミューズ)
メリタ・ムーセリ(ステッラ、オリンピア)
ルドルフ・アスムス(リンドルフ、コッペリウス)
ヴェルナー・エンダース(コシュニーユ、ピティキナッチョ)
ヴラディミル・バウアー(スパランツァーニ)
ウヴェ・クライツィヒ(ナタナエル)
ハインツ・ケーグル(ルター)
アルフレート・ヴルブレフスキ(クレスペル)
制作:1970年、DEFA

◆DVD
10-9434DVD(DVD)
画面:16:9,NTSC
音声:PCMステレオ
字幕:独英仏西
原語:ドイツ語
リージョン:All、131分
◆Bluray
画面:16:9,1080i
音声:PCMステレオ
字幕:独英仏西
原語:ドイツ語
リージョン:All、131分
ARTHAUS
10-9436DVD(DVD)

10-9437BD(Bluray)
オッフェンバック:歌劇『青ひげ』 カール=フリッツ・フォイクトマン(指)
ベルリン・コーミシェ・オーパーO&cho
演出:ヴァルター・フェルゼンシュタイン
舞台:ポール・レーマン
ハンス・ノッカー(青ひげ)
アニー・シュレム(ブロット)
ヴェルナー・エンダース(ボベーシュ王)
ルート・ショープ=リプカ(クレマンティーヌ王女)
イングリット・チェルニー(エルミア王女)
マンフレート・ホップ(サフィール王子)
ルドルフ・アスムス(ポポラニ)
ヘルムート・ポルツェ(オスカル伯爵)
ハンス=オットー・ロッゲ(アルヴァレス)

制作:1973年、DEFA
◆DVD
画面:16:9,NTSC
音声:PCMステレオ
字幕:独英仏西
原語:ドイツ語
リージョン:All、139 分
◆Bluray
画面:16:9,1080i
音声:PCMステレオ
字幕:独英仏西
原語:ドイツ語
リージョン:All、139 分
20世紀を代表するオペラ演出家、ヴァルター・フェルゼンシュタイン(1901-1975)は、1947年にベルリン・コーミッシェ・オーパーを創設し、芸術監督 として同劇場の名声を世界的なものにまで高めたことで知られています。フェルゼンシュタインの演出の最大の特徴は、オペラを東ドイツの国民すべてが理解で きる国民音楽劇(ムジークテアター)として提示することでした。 今回 ARTHAUS MUSIK からは、オッフェンバックの2つの作品が再発売されます。オッフェンバックはフェルゼンシュタインが再評価したことで、当時オペラ 界に衝撃が走った上演。このリリースにあたっては、新たに35mmオリジナルフィルムを4Kリマスターされました。
本映像は、フェルゼンシュタインの作品をテレビ放映するために制作されました。バーベルスベルクのDEFA(映画製作会社)のスタジオには舞台が組み上げ られ、上演さながらの装置でスタジオ収録が行われました。台詞や歌詞はすべてフェルゼンシュタインによるドイツ語訳詩。1970年代のオペラ史を振り返る文 化的映像遺産と言えるでしょう。 (Ki)

Dynamic
DYNDVD-37849(2SACD)
NX-D05

DYNBRD-57849(Bluray)
NX-D05
ドニゼッティ:歌劇「ルクレツィア・ボルジア」 ルクレツィア・ボルジア…カルメラ・レミージョ(S)
ジェンナーロ…シャビエル・アンドゥアーガ(T)
マッフィオ・オルシーニ…ヴァルドゥイ・アブラハミヤン(Ms)
ジェッポ・リヴェロット…マヌエル・ピエラテッリ(T)
ドン・アポストロ・ガゼッラ…アレックス・マルティーニ(Br)
アスカニオ・ペトルッチ…ロベルト・マイエッタ(Br)
オロフェルノ・ヴィテロッツォ…ダニエレ・レッティエーリ(T)
グベッタ…ロッコ・カヴァルッツィ(Bs)
ルスティゲッロ…フェデリコ・ベネッティ(Bs) 他
リッカルド・フリッツァ(指)
ルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレO
ピアチェンツァ市立劇場cho
演出:アンドレア・ベルナール

収録 2019年11月22-24日 ベルガモ、イタリア・ドニゼッティ音楽祭 2019

収録時間:144分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)

字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All RegionDVD
DVD…DVD 片面二層+片面単層ディスク
Blu-ray・・・BD 片面二層ディスク 1080i High Definition
1833年12月26日、ミラノ・スカラ座で初演されたドニゼッティの歌劇「ルクレツィア・ボ ルジア」。イタリアの台本作家フェリーチェ・ロマーニが、当時大流行していたユゴーの同 名戯曲に基づき台本を制作した作品です。しかし、ユゴーが自作をフランス語以外の 言語に翻訳上演することを禁じたため、ドニゼッティとロマーニは1845年に作品のタイ トルを「裏切った女」に変更し、舞台もトルコに移してその場をしのいだこともありまし た。その後は上演機会が著しく減ったものの、20世紀後半になって優れたソプラノ歌 手たちがルクレツィアを競ってレパートリーに加えたことで人気が復活し、現在に至って います。 この新しい比較校訂版を用いた上演では、イタリアの名ソプラノ、カルメラ・レミージョが 外題役を演じ、圧倒的な存在感を示しています。その歌唱は力強く、この舞台でも 見事なアリア歌唱を披露します。ジェンナーロ役のシャビエル・アンドゥアーガの伸びやか なテノールも魅力的。また指揮者リッカルド・フリッツァのタクトはドニゼッティの美しい旋 律を存分に歌わせながら全体を引き締まった表現でまとめ上げ、2016年「第9回 ヨーロッパ・オペラ監督賞」受賞者アンドレア・ベルナールの演出と共にシンプルで力強 い舞台を作り上げています。

OEHMS
OC-991(2CD)
NX-D02
マスカーニ:歌劇「イリス」 イリス…カリーネ・ババジャニアン(S)
オオサカ…サムエーレ・シモンチーニ(T)
キョウト…エルネスト・ペッティ(Br)
イリスの盲目の父…ダヴィッド・オシュトレク(Bs)
芸者…ミナ・クラウゼン(S)
くず拾い…アンドレス・モレーノ・ガルシア(T) 他
フェリックス・クリーガー(指)
ベルリン・オペラグループO&cho

録音:2020年2月17-18日ヴェルナー=オットー=ザール、コンツェルトハウス、ベルリン(ドイツ)
1890年に初演された歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」で大成功を収めたマスカーニ。その後も指揮者として活躍しながら数々の歌劇を作曲、生 涯に15作を書き残しました。この「イリス」は1898年、ローマでマスカーニ自身の指揮により初演された歌劇。当時、ヨーロッパを席捲していた『ジャ ポニズム・ブーム』の流れに乗った作品で、台本作家イッリカがマスカーニに台本を提供。初演時は大成功を収めています。タイトルの『イリス』とはあ やめの花のこと。江戸を舞台に盲目の父の世話をする純真な娘イリスが、若者オオサカと女衒キョウトに騙され、吉原に売られてしまう物語。また第 2幕でイリスが歌うアリア「Un di, ero piccina 私がまだ小さな子供だった頃」は、北斎の浮世絵「蛸と海女」からインスピレーションを得たと言われ ています。この作品のタイトル・ロールを歌うのはアルメニア出身のソプラノ、カリーネ・ババジャニアン。プッチーニを得意とする彼女、ここでも美しい歌 声で聴き手を魅了します。指揮は、1975年ドイツ生まれのフェリックス・クリーガー。ベルリン・フィルでクラウディオ・アバドのアシスタントを務め、2000 年からビーレフェルト劇場のカペル・マイスターに就任。現在はベルリン・オペラグループO創設者、芸術監督、首席指揮者として活躍してい ます。


King International
KKC-2188(3CD)
ブーレーズ唯一の「トリスタンとイゾルデ」
ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」
トリスタン:ヴォルフガング・ヴィントガッセン(T)
イゾルデ:ビルギット・ニルソン(S)
国王マルケ:ハンス・ホッター(Bs-Br)
クルヴェナル:フランス・アンダーソン(Bs)
ブランゲーネ:ヘルタ・テッパー(A)
メロート:セバスチャン・ファイアジンガー(T)
牧童、若い船乗り:ゲオルク・パスクーダ(T)
舵手:ゲルト・ニーンシュテット(Bs)
ピエール・ブーレーズ(指)NHK響、
大阪国際フェスティバルcho
演出、装置、衣裳:ウィーラント・ワーグナー

録音:1967年4月10日/フェスティバルホール(ライヴ)
1967年の大阪国際フェスティバルに、ブーレーズの(指)バイロイトからの引越し公演でワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」が上演され、当時の日本音楽界 の大きな話題となりました。ヴィーラント・ワーグナーの演出、ヴィントガッセン、ニルソン、ホッターら最高の歌手陣、NHKSOという豪華キャストによる今日 の感覚からも空前絶後の公演音源が初登場となります。
フェスティバルホールをバイロイト祝祭劇場風に改造までして、非常に高額な入場料も話題となりましたが、聴衆を1963年のベルリン・ドイツ・オペラによる本 邦初演以上の感動に巻き込んだとされます。そのスタッフたちの熱意、聴衆の真剣な姿勢と強い緊張感が半世紀以上を経てもまざまざと伝わってきます。
解説書は当時の記事、ブーレーズを含む出演者のインタビューなどを多数掲載。資料としても価値があります。
歌詞対訳はご購入された方のみ弊社ホームページで閲覧、ダウンロードできます。
お聴き苦しい箇所がございますが、マスターテープ劣化に起因するものです。予めご了承ください。 (Ki)

ORFEO DOR
C-200052(2CD)
NX-B07
ベートーヴェン:歌劇「レオノーレ」(1805) レオノーレ…ギネス・ジョーンズ(S)
フロレスタン…ジェイムズ・キング(T)
ドン・ピツァロ…テオ・アダム(Bs)
ロッコ…ゲルト・ニーンシュテット(Bs-Br)
マルツェリーネ…ロートラウト・ハンスマン(S)
ヤキーノ…ヴェルナー・ヘルヴェヒ(T)
ドン・フェルナンド…エーベルハルト・ヴェヒター(Br)
ウィーン放送cho…ゴットフリート・プラインファルク(指)
ウィーン楽友協会cho…ヘルムート・フロシュアウアー(指)
ウィーンRSO
カール・メレス(指)

録音:1970年12月14日(ライヴ)
ウィーン、ムジークフェライン(オーストリア)
ベートーヴェンの唯一の歌劇「フィデリオ」。この作品は2回の大きな改訂を施されたことで知られています。この初稿版である「レオノーレ」は1805 年の初演以降、あまり演奏されることがありませんでしたが、1905年にR・シュトラウスがこの初稿版を演奏するなど、折にふれ、何人かの 指揮者が手掛けています。 この1970年12月14日の上演は、ウィーン楽友協会の大ホールで行われた演奏会形式のもの。冒頭ではレオノーレ序曲第2番が演奏されてい ます。ハンガリー出身で、1966年にバイロイト音楽祭で「タンホイザー」を指揮し、好評を博したカール・メレスが全体をまとめ、当時ワーグナー・ソ プラノとして名を馳せたギネス・ジョーンズがタイトル・ロールを歌い、「フィデリオ」でのフロレスタン役を得意としたジェイムズ・キングと、やはりワーグナー 歌手として知られるテオ・アダムのドン・ピツァロが脇を固めています。他にもヴェヒターやニーンシュテットら配役も万全。

Glossa
GCD-923525(1CD)
バリトン・ヴィルトゥオーゾの芸術〜ロッシーニ:アリア集
1. 「トルヴァルドとドルリスカ」より アリア 「ああ、まわりに轟いているのは何の声だ?」
2. 「ラ・チェネレントラ(シンデレラ)」より シーンとアリア 「四月の蜜蜂のように」、
3. 二重唱 「重大な秘密を」
4. 「泥棒かささぎ」より アリア 「私が泥棒で訴えられる?」
5. 「ブルスキーノ氏」より アリア 「この社交界という劇場では」
6. 「セミラーミデ」より アリア「そうだ、復讐をしよう」
7. 「幸福な間違い」より アリア 「ひとつの声が私の心を打った」
8. 「ギヨーム・テル(ウィリアム・テル)」より アリア 「動いてはいけない」
9. 「ラ・チェネレントラ」より 二重唱のシーン 「そうだ、すべてが変わるだろう」&アリア 「天の深い神秘の中に」、
10. バスのためのシーンとアリア 「栄光の声が」
ジョルジョ・カオドゥーロ(Br)、
ヴィルトゥオージ・ブルネンセス、ヤコポ・ブルーサ(ディレクター)、
ファビオ・マリア・カピタヌッチ(バリトン/tr.2, 3)、
チェチーリア・ベルニーニ(メゾ・ソプラノ/tr.2, 3)、
アンナ・ヴィオラ(ソプラノ/tr.2)、
アレッサンドロ・コルテッロ(テノール/tr.2)、
ブルノ・ヤナーチェクcho(tr.1, 2, 6)

録音:2019年2月2日−4日、トンスタジオ・ランフマン(チェコ)
1980年モンファルコーネ(イタリア)生まれのジョルジオ・カオドゥーロは、2020年の国際オペラ・コンクール「As.Li.Co」で優勝し、同世代の主導的なバリトン歌手として活動しています。ロイヤル・オペラ・ハウス、パリ国立オペラ、ミラノ・スカラ座、ローマ歌劇場、ベルリン国立歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラ、サンフランシスコ・オペラなどの世界の主要な劇場で歌い、特にロッシーニ、ドニゼッティ、ベッリーニ、ヴェルディなど華麗なベルカント・レパートリーを得意とするジョルジョ・カオドゥーロが、ロッシーニの極めて技巧的なオペラ・アリアをセレクションしたロッシーニのアリア集。ロッシーニが描いたコミカルで多様な表情の役柄を、カオドゥーロのまばゆく芳醇なバリトン・ヴォイスで歌います。
伴奏は、ブルノ国立ヤナーチェク歌劇場Oのコンサート・マスター、カレル・ミタスが創設したヴィルトゥオージ・ブルネンセス(チェコ・オペラSO)で、ヤナーチェク歌劇場O、ブルノ・フィル他、チェコのトップ・オーケストラの首席奏者やセクション・リーダーなどが参加しています。

MARSTON
MARS-53020-2(3CD)
「英国のテノールたち」〜ピーター・ピアーズ以前の

■CD1
(1)メンデルスゾーン:「エリヤ」〜もしあなたがたの心すべてと,その時正しい者は太陽のように輝くだろう
(2)ジャーマン:「メリー・イングランド」〜イングランドの薔薇
ボートン:「不滅の時間」〜なんと美しいのだろう*
(3)トマス:「エスメラルダ」〜ああ魅惑的な光景よ
トスティ:私の夢*
(4)ヘンデル:「サムソン」〜完全な光の喪失
(5)メンデルスゾーン:交響曲第2番変ロ長調Op.52「讃歌」〜死の悲しみが
マリンソン:エルドラド*
バルフ:庭の中においで、モドよ**
エルガー:夜明けにOp.41-#
(6)メンデルスゾーン:「聖パウロ」〜死に至るまで誠実でいなさい
レア:私の隊商が休憩したところに
リーマン:ああ、私の喜びの月が*
(7)ビショップ:私のかわいいジェイン
パーセル:「インドの女王」〜私は恋の病から逃れようと試みた*
(8)エルガー:「オラフ王の伝説からの情景」〜そしてオラフ王は叫び声を聞いた
ハーゲマン:行かないで、私の愛する人
ラ・フォージュ:野外の歌
(9)デル・リエゴ:ああその涙を乾かしなさい
リーマン:ああ!杯を満たしなさい!…ああ、私の喜びの月が*
(10)ヤング(ウィルソン編):フィリスがとて優雅なので
クィルター(ウィルソン編):今深紅の花びらが眠っている,愛の哲学*
ヴォーン・ウィリアムズ
:道端の火*
ブリッジ:愛の神が馬に跨ってやって来た#

■CD2
(1)ヘンデル:「メサイア」〜あなたの非難は彼の心を打ち砕いた…目を向けなさい、そして見なさい
ヘンデル:「メサイア」〜彼はこの世から断ち切られた…しかしあなたは彼の魂を地獄に置き放つことはしなかった
サリヴァン:「ペルシャの薔薇」〜私は手に持つ杯が美しい形かどうかなんて気にしない(酒宴の歌)*
(2)ブレアム:錨は上がった
(3)ヘンデル:「エフタ」〜より深く、そしてなおも深く
ウォレス:「マリターナ」〜一輪の花が咲いた*
ビショップ:「高貴な無法者」〜オリンシア!私の愛する人よ!…この人里離れた場所に住む隠者が(愛の巡礼者)#
(4)ゴダール:「ジョスラン」〜天使たちがあなたを守っている(子守歌)
(5)ピンスーティ:最後の看護
(6)ピンスーティ:地上の女王
ヒューム:アフトン川の水*
(7)ブレアム:ネルソン提督の死
サリヴァン:もう一度*
コールリッジ=テイラー:エレノア
エルガー:懇願Op.48#
(8)ヴォーン・ウィリアムズ:「牛追いのヒュー」〜道の歌
(9)ゴダール:「ジョスラン」〜天使たちがあなたを守っている(子守歌)
バルフ:おやすみなさい、おやすみなさい愛する人よ*
ラヴァー:モリー・ボーン*
スタンフォード:キラーニーの薔薇#
(10)ヘンデル:「ユダス・マカベウス」〜戦いを自慢する者はなんと自惚れが強いことか
(11)コールリッジ=テイラー:「ハイアワサの婚礼」〜オナウェイよ、目覚めよ、愛する人よ

■CD3
(1)トスティ:別れ
(2)メンデルスゾーン:「エリヤ」〜もしあなたがたの心すべてと
アダムス:聖なる町*/クレイ:「ララ・ロック」〜私はあなたにアラブの歌を歌おう*
(3)バルフ:「ボヘミアンの娘」〜他の唇がそして他の心が
マーシャル:子どもの歌*
クレイマー:白鳥Op.44-4#
(4)クラッツァム:私は二つの明るい眼を知っている
(5)ヘンデル:「エフタ」〜より深く、そしてなおも深く/ヘンデル:「エフタ」〜彼女を運べ、天使たちよ
ディーリアス:私の心の女王に,愛の哲学*
マギアフ:灰色の二つの眼#
(6)スタンフォード:「シェイマス・オブライエン」―オコーンよ!私が若かった時
ロナルド:四月の誕生日,友人と恋人*
(7)ヘンデル:「エジプトのイスラエル人」〜敵は言った
(8)ヘンデル:「メサイア」〜天に住まわれるお方は…あなたは彼らを打ち破る
(9)デイヴィ:ビスケー湾
(10)マーティン:市へおいでよ/伝承曲(ケネディ=フレイザー編):島々への道
(11)ディブディン:トム・ボウリング
ヘンデル:「エイシスとガラティア」〜愛の神が急を告げると*
ヘンデル:「セメレ」〜あなたが歩くところどこでも#
(12)ヘンデル:「ユダス・マカベウス」〜警鐘を鳴らせ
■CD1
(1)ダン・ベドー(T)
ソーニー・プレウィット・ウィリアムズ(P)、1928年2月23日ニューヨーク
(2)ウェブスター・ブース(T)、クリフォード・グリーンウッド(指)O、1939年7月18日ロンドン
ジョン・コッカーリル(Hp)*、1939年7月18日ロンドン*
(3)トム・バーク(T)
ピアノ伴奏、1927年6月16日ロンドン
ピアノ伴奏*、1927年6月13日ロンドン*
(4)ジョゼフ・チータム(T)
弦楽伴奏、1912年11月22日ロンドン
(5)ジョン・コーツ(T)、アラン・ジル(指)O、1908年ロンドン
ピアノ伴奏*、1908年5月ロンドン*
ピアノ伴奏**、1907年**
1ピアノ伴奏#、1915年4月14日ロンドン#
(6)シドニー・コルサン(T)
ピアノ伴奏、1916年10月31日ロンドン
ピアノ伴奏、1914年1月21日ロンドン*
(7)ベン・デイヴィス(T)
ピアノ伴奏、1901年ロンド
アダミ夫人(P)*、1923年7月12日ロンドン*
(8)チューダー・デイヴィス(T)
ユージン・グーセンス(指)O1923年3月12日ロンドン
パーシー・カーン(P)*、1927年6月27日ロンドン*
(9)ヒューバート・アイスデル(T)
デル・リエゴ:ああその涙を乾かしなさい
テレサ・デル・リエゴ(P)1926年1月8日ロンドン
リーマン:ああ!杯を満たしなさい!…ああ、私の喜びの月が
ピアノ伴奏1927年9月27日ロンドン
(10)ジャーヴェイス・エルウィス(T)
ピアノ伴奏、1911年7月29日ロンドン
ピアノ伴奏*、1916年6月ロンドン*
フレデリック・B.キドル(P)#、1917年12月ロンドン#
■CD2
(1)ウォルター・グライン(T)
クリフォード・グリーンウッド(指)O、1935年2月26日ロンドン
ジョージ・W.ビング(指)O*、1931年5月29日ロンドン*
(2)ウィリアム・グリーン(T)
ピアノ伴奏、1901年ロンドン
(3)ジョン・ハリソン(T)
管弦楽伴奏、1906年3月ロンドン
管弦楽伴奏、1905年11月16日ロンドン*
管弦楽伴奏、1909年11月30日ロンドン#
(4)グリゴリー・ハスト(T)
ピアノ伴奏、1904年ロンドン
(5)ルビー・ヘルダー(T)
ピアノ伴奏、1911年10月6日ロンドン
(6)ジョゼフ・ヒスロップ(T)
ピアノ伴奏、1914年6月18日ロンドン
ピエロ・コッポラ(指)O*、1927年6月17日ロンドン*
(7)ウォルター・ハイド(T)
管弦楽伴奏*、1909年夏ロンドン*
ピアノ伴奏#、1916年1月20日ロンドン#

ピアノ伴奏1910年11月3日ロンドン
(8)ジェイムズ・ジョンストン(T)
ジェイムズ・ロバートソン(指)フィルハーモニアO、1950年6月12日
(9)ヒーウェン・ジョーンズ(T)
ピアノ伴奏、1905年3月1日ロンドン
ピアノ伴奏*、1906年1月16日ロンドン*
ピアノ伴奏#、1909年4月30日ロンドン#
(10)アーサー・ジョーダン(T)
管弦楽伴奏、1924年12月8日ロンドン
(11)モーガン・キングストン(T)
管弦楽伴奏、1916年3月22日ロンドン
■CD3
(1)モーガン・キングストン(T)
管弦楽伴奏、1911年秋ロンドン
(2)エドワード・ロイド(T)
ピアノ伴奏、1904年4月12日ロンドン
ピアノ伴奏*、1904年2月11日ロンドン*
(3)ジョン・マコーマック(T)
ウォルター・B.ロジャーズ(指)O、1916年5月11日米国ニュージャージー州キャムデン
管弦楽伴奏*、1912年4月2日米国ニュージャージー州キャムデン*
エドウィン・シュナイダー(P)#、1923年9月26日米国ニュージャージー州キャムデン#
(4)フランク・マリングズ(T)
ピアノ伴奏、1916年7月ロンドン
(5)ヘドル・ナッシュ(T)
レイボウルド(指)O、1931年7月15日ロンドン
ジェラルド・ムーア(P)*、1934年12月18日ロンドン*
ピアノ伴奏#、1933年7月26日ロンドン#
(6)ジョゼフ・オマラ(T)
ピアノ伴奏1901年ロンドン
ランドン・ロナルド(P)*、1902年*
(7)チャールズ・ソンダース(T)
ヘンデル:「エジプトのイスラエル人」〜敵は言った管弦楽伴奏1906年6月13日ロンドン
(8)ハーバート・ティール(T)
管弦楽伴奏、1925年10月ロンドン
(9)フランク・ティッタートン(T)
アーサー・ファッジ(P)、1931年10月3日ロンドン
(10)ヘンリー・ウェンドン(T)
ジェラルド・ムーア(P)、1942年1月9日ロンドン
(11)ウォルター・ウィドップ(T)
ローレンス・コリングウッド(指)O、1930年3月11日ロンドン
ローレンス・コリングウッド(指)O、1930年9月19日ロンドン
パーシー・カーン(P)、1926年8月13日ロンドン
(12)エヴァン・ウィリアムズ(T)
管弦楽伴奏1906年11月12日ロンドン
ジョン・マコーマックやヘドル・ナッシュといった一部の国際的スター歌手を除くと大半が今日では名前を忘れられた歌手たちだが、いずれも人気を博した実力のあるテノールたちばかりです。また20世紀後半には顧みられなくなった当時の人気作や流行歌を聞けるのも貴重だ。いつもながらmarstonの復刻は丁寧で、20世紀初頭の録音ですら決して聞きづらくはない。加えて100ページを超える解説冊子もありがたい。marstonならでのは充実した1箱だ。

NEOS
NEOS-12028(1CD)
ダヴィット・フィリップ・ヘフティ(b.1975):「雪の女王」(2018) 〜ソプラノ、2 人の語り手と管弦楽のための音楽劇
台本:アンドレアス・シェーファー(アンデルセンの童話に基づく)
モイツァ・エルトマン(S)
デイヴィッド・フィリップ・ヘフティ(指)
チューリヒ・トーンハレO
デリア・マイアー(語り手)、
マックス・シモニシェク(語り手)

録音:2018年初演ライヴ
アンデルセン童話に基づくコンサート形式のオペラともいうべきシアター・ピース。 「雪の女王」はディスニーの「アナと雪の女王」の原作としても知られる(話は大きく 改変されているが)。アンデルセン童話に基づく現代音楽といえばラッヘンマンの 「マッチ売りの少女」が有名だが、この作品もアンデルセンの原作を大胆に解釈、大 幅に改変したミステリアスな作品。「雪の女王」のタイトル通り、冷たく、透明できらき らとしたオーケストレーションが美しく、無調音楽ではあるが流麗な旋律にも溢れて おり楽しめる。デイヴィッド・フィリップ・ヘフティはヴォルフガング・リーム、クリストバ ル・ハルフテルに師事。本作はチューリヒ・トーンハレ協会創立 150 年の記念コンサ ートとして委嘱され好評を博した。

BIS
BISSA-2388(1SACD)
バルトーク:歌劇「青ひげ公の城」
[歌唱:ハンガリー語]
ミカ・カレス(バス/青ひげ公)、
シルヴィア・ヴェレシュ(メゾソプラノ/ユーディット)、
ゲーザ・シルヴァイ(ナレーション)
スサンナ・マルッキ(指)ヘルシンキPO

録音:2020年1月(ライヴ&セッション)/ヘルシンキ・ミュージックセンター(ヘルシンキ、フィンランド)
ヘルシンキPO(ヘルシンキ・フィルハーモニック)と首席指揮者スサンナ・マルッキ(1969-)によるバルトークの 第2弾の登場です!バレエの音楽「かかし王子」と「不思議なマンダリン」を収めた2019年のアルバム(BIS SA-2328)は、イギリスの「グラモフォン」誌から「(ス サンナ・マルッキは)ヘルシンキ・フィルハーモニックから鮮明な、リズムの統制のとれた演奏を引きだしている……登場人物たちに新鮮な命を吹きこみ生き生きと動 かす、素晴らしいストーリーテラーでもある」と評され、各国のメディアからも高い評価を獲得しました。新しいバルトーク・アルバムの「青ひげ公の城」は、シャルル・ ペローの『青ひげ』に基づいてベーラ・バラージュが執筆した台本によるs1幕のオペラです。場の区切りがなく、ナレーターによる「プロローグ」、青ひげ公に連れら れたユーディットが城に到着するオープニング、「拷問部屋」につづく第1の扉から、3人の妻が現れる第7の扉まで、物語の展開とバルトークの音楽に従い、一般的に、 大きく9つの場面に分けられます。
このアルバムには、ヘルシンキのミュージックセンターで2010年1月に行われた上演のライヴ録音と追加セッションで録音された演奏が収録されました。「青ひげ」 を歌うミカ・カレス(1978-)は、シベリウス・アカデミーで学んだ、フィンランドのバス歌手です。2005年から2010年までカールスルーエ・バーデン州立歌劇場 のアンサンブルに所属、バイエルン国立歌劇場、シカゴ・リリック・オペラ、ザルツブルク音楽祭、ロイヤル・オペラ・ハウスなど、各国のオペラハウスの舞台に立ってき ました。ケント・ナガノとヨーテボリSOが上演した「ボリス・ゴドゥノフ」(BIS SA-2320)に参加、ピーメン役を歌いました。「ユーディット」役には、ハンガリー のメゾソプラノ歌手シルヴィア・ヴェレシュが起用されています。フランツ・リスト音楽大学でエヴァ・マルトンに学び、2014年にハンガリー国立歌劇場でデビュー。 2016年、ザルツブルク音楽祭の「ヤング・シンガー・プロジェクト」のメンバーに選ばれ、アンナ・ネトレプコ、プラシード・ドミンゴと共演しました。2018年からウィー ン国立歌劇場のアンサンブルのメンバー。コンサートではバッハ、ペルゴレージ、モーツァルト、アルヴォ・ペルト、ペーテル・エトヴェシュたちの作品を歌っています。「プ ロローグ」のナレーションは、ハンガリー出身のヴァイオリニスト、ゲーザ・シルヴァイ(1943-)が担当しました。指揮者としても活動、シベリウス・アカデミーで教え て多くのヴァイオリニストを育てたことで知られます。「青ひげ公の城」のスサンナ・マルッキは、前作と同様、バルトークの作品を「現代音楽」のから捉え、ヘルシンキ・ フィルハーモニックの輝かしい音色と深い響きを活かしながら「無」の幕切れに向けて音楽を展開させていきます。マルッキは、2021年5月、ベルリン・フィルハーモ ニーのコンサートでこのオペラを指揮する予定です。 (Ki)

APARTE
AP-244(2CD)
サリエリ:歌劇「アルミーダ」(全3幕) アルミーダ:レネケ・ルイテル(S)、リナルド:フローリー・ヴァリケット(S)、イスメネ:テレサ・レルヴォリーノ(Ms)、ウバルド:アシュリー・リッチズ(Br)
クリストフ・ルセ(指)
レ・タラン・リリク、ナミュール室内cho

録音:2020年7月/フィラルモニ・ド・パリ
サリエリのオペラのリバイバルに情熱を注ぐクリストフ・ルセとレ・タラン・リリクが、また新たな宝を世に出してくれました。20歳のサリエリが手掛け、 1771年に発表した最初の本格的オペラ「アルミーダ」。これが認められ名を成していったとされます。序曲やアリアの録音はありましたが、全曲版は世界初とな ります。
トルクアート・タッソの叙事詩「解放されたエルサレム」に基づきますが、同じ題材で1761年にトラエッタ、1777年にグルック、1817年にロッシーニが名 作を残しています。サリエリ版はマルコ・コルテリーニの台本で、キリスト教とイスラム教の東西対立をテーマに、アルミーダ、リナルド、イスメネ、ウバルドの4 名が激しいドラマを繰り広げます。サリエリの音楽はイタリアとフランスの様式の完璧な融合が見られるとされ、はつらつとした世界を楽しめます。
主役アルミーダはアメリンクの秘蔵っ子レネケ・ルイテル。正確さに加え華やかな歌唱で近年ひっぱりだこのソプラノです。恋人リナルドはオリジナルだとカス トラートが指定されていますが、ここではカナダのソプラノ、フローリー・ヴァリケットが宝塚のような魅力で好演。
ルセのサリエリは「タラール」が、2019年度レコード・アカデミー賞オペラ部門賞を受賞していますが、さらに解釈に深みと自信がみなぎっています。モーツァ ルトの敵役として才能が劣ると思われがちなサリエリですが、魅力的なメロディときびきびした語り口でその凄さを再認識させられます。 (Ki)

BONGIOVANNI
GB-2109(2CD)
ドニゼッティの珍しいオペラ作品集

(1)歌劇『リタ』
(2)歌劇『ピグマリオン』
(3)歌劇『オリンピアーデ』
(4)歌劇『美しい囚人』
(1)スザンナ・リガッチ(S)、ウーゴ・ベネッリ(T)、ロマーノ・フランチェスケット(Br)、ジュゼッペ・マニーニ(朗唱)
(2)パオロ・ペッレグリーニ(T)、スザンナ・リガッチ(S)
(3)スザンナ・リガッチ(S)、ダニエラ・ブロガネッリ(C.A)
(4)パオロ・ペッレグリーニ(T)、スザンナ・リガッチ(S)、ロマーノ・フランチェスケット(Br)

ファビオ・マエストリ(指)
イン・カント室内O
品番は変わらず、バーコードと価格が変更されて再発売。ドニゼッティの珍しい小規模なオペラ作品集。

Profil
PH-20066(10CD)
ルドルフ・ショック/ドイツ語によるオペラ名演集 Vol.2

■Disc1-2 
オッフェンバック
:ホフマン物語

■Disc3-4 
モーツァルト
:コジ・ファン・トゥッテK.588

■Disc5-6 
オーベール
:フラ・ディアヴォロ

■Disc7-8 
チャイコフスキー
:エフゲニー・オネーギン

■Disc9-10
チャイコフスキー
:スペードの女王
+この月夜にOp.73の3/昼の輝きが満ちOp.47の6/ 舞踏会のざわめきの中でOp.38の3/ピンピネッラOp.38の6
■Disc1-2〜ホフマン:ルドルフ・ショック(T)、オリンピア:ウィルマ・リップ(S)、アントニア:エルフリーデ・トレチェル(S)、
ジュリエッタ:マルタ・メードル(S)、ステラ:アンネリー・ヤンセン(ヴォーカル)、
リンドルフ、コッペリウス、ダッペルロゥット、ミラクル:アレクサンダー・ヴリッチュ(Bs)、ニクラウス:マリア・フォン・イロスヴァイ(C.A)
オイゲン・センカル(指)ケルン放送O&cho
録音:1950年9月26日-10月1日/ケルン
■Disc3-4]フィオルディリージ:シュザンヌ・ダンコ(S)、ドラベッラ:イーラ・マラニューク(S)、フェルランド:ルドルフ・ショック(T)、グリエルモ:ホルスト・ギュンター(Bs)、ドン・アルフォンソ:ベンノ・クッシェ(Br)
ハンス・シュミット=イッセルシュテット(指)北ドイツRSO、同cho
録音:1954年1月20-30日/ハンブルク
■Disc5-6〜フラ・ディアヴォロ:ルドルフ・ショック(T)、コックバーン卿:ジェイムズ・ピース(Br)、
パメラ夫人:ウルズラ・ゾレンコップ(A)、ロレンツォ:エルンスト=アウグスト・シュタインホフ(T)
ウィルヘルム・シュヒター(指)北ドイツRSO、同cho
録音:1954年10月8-16日/ハンブルク
■Disc7-8〜ラーリナ:ヒルデ・ビュッヘル(Ms)、タチヤナ:セーナ・ユリナッチ(S)、オネーギン:フーゴ・ハスロ(Br)、
レンスキー:ルドルフ・ショック(T)、グレーミン:ゴットロープ・フリック(Bs)
ウィルヘルム・シュヒター(指)北ドイツRSO、同cho
録音:1952年9月11-12日/ハンブルク
■Disc9-10〜ゲルマン:ルドルフ・ショック(T)、トムスキー伯爵:ヤロ・プロハスカ(Br)、
エレツキー:ハンス=ヘルマン・ニッセン(Br)、リーザ:エリーザベト・グリュンマー(S)、ポリーナ:アンネリーゼ・ミュラー(A)
アルトゥール・ローター(指)ベルリンRSO、ベルリン国立歌劇場cho
録音:1946年4月15-27日/ベルリン
エアハルト・ミヒェル(P)
録音:1947-8年
ルドルフ・ショックのドイツ語歌唱による名作オペラ集の第2弾。今日でこそオペラは書かれた言語で歌われるのが通例ですが、20世紀前半は上演国語に翻 訳され歌われることが当り前でした。ここではフランス語の「ホフマン物語」や「フラ・ディアヴォロ」、ロシア語の「エフゲニー・オネーギン」と「スペードの女王」、 イタリア語の「コジ・ファン・トゥッテ」がいずれもドイツ語で現れます。
ルドルフ・ショック(1915-1986) はデュイスブルク生まれのテノール。1937 年にデビューするものの兵役に就いていたため本格的な活動は戦後になってか らですが、フルトヴェングラー、セル、ベームらと共演するかたわら、オペレッタやポピュラー・ソングまでレパートリーに持ち、テレビでもおなじみの存在とな りました。
ショックは独特な陽性で官能的な美声を持ち人気を誇りましたが、ここではその芸風を存分に堪能することができます。共演者も豪華なうえ、指揮もイッセル シュテットや日本とも縁の深いシュヒターと興味津々。 おまけとしてチャイコフスキーの歌曲 4 篇が入っているのも大歓迎。もちろんドイツ語歌唱です。 (Ki)

DUX
DUX-1694(2CD)
ケルビーニ:歌劇「ファニスカ」(イタリア語版) ナタリア・ルビス(S)、クリスティアン・アダム(T)、カタルジナ・ベルキウス(S)、ロベルト・ギエルナッハ(Bs-Br)、トマシュ・ラク(Br)、ユスティーナ・オジョウ(Ms)、ピオトル・カリーナ(T)、
ポズナンPO、ポズナン室内cho
ウカシュ・ボロヴィチ(指)

録音:2020年8月24日−27日&10月12日−16日、ポズナン・フィルハーモニック・コンサート・ホール(ポーランド)
フランス、パリで活躍したイタリア人作曲家ルイジ・ケルビーニ(1760−1842)がウィーンで作曲した3幕のオペラ・コミック、歌劇「ファニスカ」のイタリア語版!
1791年に初演された「ロドイスカ」の成功によりウィーンに招聘され新たなオペラの作曲依頼を受けたケルビーニは、フランスの劇作家ルネ・シャルル・ギルベール・ド・ピクセクールが1803年に書いたメロドラマ「ポーランドの鉱山」を題材としたヨーゼフ・ゾンライトナーのドイツ語の台本を得て「ファニスカ」を完成。その成功によりハイドンからは「交響曲第103番」の筆写譜が贈られ、ベートーヴェンからも熱烈な支持を受けたと伝えられています。
ルイージ・プリヴィダーリによるイタリア語版の「ファニスカ」は2020年10月10日から22日かけてワルシャワで行われた第24回ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン・イースター・フェスティヴァルで上演され、この公演がポーランド初演となりました。
新型コロナ禍の中、ソーシャルディスタンスを保つためにオーケストラの規模を可能な限りコンパクトなサイズとするなど、数々の制約や困難を乗り越えて演奏を成功へと導いたのはポーランド楽壇の鬼才ウカシュ・ボロヴィチ。
ポズナン・フィル、ポズナン室内合唱団、そしてポーランドの実力派歌手陣を見事にまとめ上げた手腕はお見事。イタリア語版「ファニスカ」のポーランド初演の成功は、世界の音楽シーンから注目を集めるボロヴィチの快挙と言っても過言ではないでしょう!

Da Vinci Classics
C-00308(1CD)
ペローニ:実験的オペラ「夢追い人」 フィリッポ・ダヴォリ(ヴォーカル)、
ホセ・ダニエル・シリグリアーノ(Cl)、
クイック・レスポンス・オーケストラ、
ルドヴィコ・ペローニ(指)

録音:2020年1月25日−26日、ヌファブリック・ベースメント・スタジオ
イタリアの詩人でもあるフィリッポ・ダヴォリ(1965−)の詩を題材として作曲された全9場で構成される実験的オペラ「夢追い人(Il Sognatoio)」は、イタリアの気鋭の作曲家ルドヴィコ・ペローニ(1990−)の野心作にしてデビュー作。
2017年のテアトロ・ムジカ・エ・ショアの入賞作品でもあります。

Dynamic
DYNDVD-37847(DVD)
NX-D05

DYNBRD-57847(Bluray)
NX-D05
ドニゼッティ:歌劇「ピエトロ大帝、ロシアのツァーリ」 ピエトロ大帝(ピョートル大帝)…ロベルト・デ・カンディア(Br)
カテリーナ…ロリアーナ・カステラーノ(C.A)
フリッツ夫人…パオラ・ガルディーナ(Ms)
アンネッタ・マゼパ…ニナ・ソロドヴニコーヴァ(S)
カルロ・スカヴロンスキ…フランシスコ・ブリート(T)
判事クックーピス…マルコ・フィリッポ・ロマーノ(Bs)
フィルマン=トロンベスト…トマゾ・バレア(Br)
オンデディスキー…マルチェッロ・ナルディス(T)
公証人…ステファノ・ジェンティーリ(Bs)
オーケストラ・リ・オリジナーリ
ドニゼッティ歌劇場合唱団
指揮:リナルド・アレッサンドリーニ

収録時間:167分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16:9 REGION All(Code:0)
DVD (2枚組)…DVD9+DVD5
Blu-ray・・・BD50 1080i High Definition
映像 世界初収録
22歳のドニゼッティが作曲した初の本格的なオペラ「ピエトロ大帝(ピョートル大 帝)」は、1819年にヴェネツィアで初演され、大成功を収めます。モーツァルトやロッ シーニの影響を強く残す作曲家の初期の作品とはいえ、そこにドニゼッティのその後の 活躍を予感させる充実した楽想の数々を聴くことができます。2019年、作曲家の 生地ベルガモのドニゼッティ劇場は、この作品の初演200周年記念上演のために、 新たにクリティカル・エディションを委嘱、更にローマの実験的演劇集団オンダドゥルト・ テアトロを舞台演出に招聘し、20世紀初頭のロシア・アヴァンギャルド美術を援用し た万華鏡を見るかのようなユニークな舞台を創造しました。ここにフランシスコ・プリ― ト、パオラ・ガルディーナ、ロベルト・デ・カンデラら優れた歌手陣の歌唱と、リナルド・ア レッサンドリーニが導く19世紀のオリジナル楽器によるオーケストラ・リ・オリジナーリの 溌剌とした演奏により、この若きドニゼッティの秀作が生き生きと再現されています。
Dynamic
DYNDVD-37866(DVD)
NX-D03

DYNBRD-57866(Bluray)
NX-D03
フランコ・アルファーノ(1875-1954):歌劇「復活」 カテリーナ・ミハイロヴナ(カチューシャ)…アン・ソフィー・デュプレル(S)
ドミートリイ・イヴァノヴィチ・ネフリュードフ公爵…マシュー・ヴィッカーズ(T)
シモンソン:政治犯…レオン・キム(Br)
ソフィア・イヴァノヴナ:ドミートリーの伯母…フランチェスカ・ディ・サウロ(メゾ・ソプラノ
マトリョーナ・パヴロヴナ…ロミーナ・トマゾーニ(Ms)
年老いた下女頭…ナディア・ピラッツィーニ(Ms)
ヴェラ/コラブリョーヴァ…アナ・ヴィクトリア・ピッツ(Ms)
フェニーチカ…バルバラ・マルカッチ(S) 他
フィレンツェ5月音楽祭O&cho
フランチェスコ・ランジロッタ(指)
演出:ロゼッタ・クッキ

収録 2020年1月17、21日フィレンツェ5月音楽祭劇場、フィレンツェ、イタリア
収録時間:120分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)

字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16:9 REGION All
DVD…DVD 片面二層
Blu-ray・・・BD 片面二層 1080i High Definition
世界初映像収録
プッチーニの未完の遺作「トゥーランドット」の補筆完成版の作者として知られる、作曲 家フランコ・アルファーノの歌劇「復活」。世界中で数多く舞台・映画化されることにな るロシアの文豪トルストイの代表作の一つ『復活』(1899)に感銘を受け作曲を構 想。1904年のトリノ初演で大成功を収め、彼の出世作となりました。この原作の小 説は、日本でも舞台化され、松井須磨子が劇中で歌った『カチューシャの唄』が 1914年に大ヒットしたことでも知られています。 主役カップル、カチューシャとドミートリイに世界中のヴェリズモ・オペラの舞台で引く手あ またの2人、アン・ソフィー・デュプレルとマシュー・ヴィッカーズを起用。フランチェスコ・ラ ンジロッタが導くフィレンツェ5月祭O&choとともに、随所にロシア正教の 復活の祈りの調べを配し、時にプッチーニやR・シュトラウスの音楽をも想起させ る劇的で華麗な響きに満ちたこの名作を鮮やかに蘇らせています。
Dynamic
CDS-7866(2CD)
NX-C09
フランコ・アルファーノ(1875-1954):歌劇「復活」 カテリーナ・ミハイロヴナ(カチューシャ)…アン・ソフィー・デュプレル(S)
ドミートリイ・イヴァノヴィチ・ネフリュードフ公爵…マシュー・ヴィッカーズ(T)
シモンソン:政治犯…レオン・キム(Br)
ソフィア・イヴァノヴナ:ドミートリーの伯母…フランチェスカ・ディ・サウロ(Ms)
マトリョーナ・パヴロヴナ…ロミーナ・トマゾーニ(Ms)
年老いた下女頭…ナディア・ピラッツィーニ(Ms)
ヴェラ/コラブリョーヴァ…アナ・ヴィクトリア・ピッツ(Ms)
フェニーチカ…バルバラ・マルカッチ(S) 他
フィレンツェ5月音楽祭O&cho
フランチェスコ・ランジロッタ(指)

収録 2020年1月17、21日
フィレンツェ5月音楽祭劇場、フィレンツェ、イタリア
プッチーニの未完の遺作「トゥーランドット」の補筆完成版の作者として知られる、作曲家フランコ・アルファーノ の歌劇「復活」。世界中で数多く舞台・映画化されることになるロシアの文豪トルストイの代表作の一つ『復 活』(1899)に感銘を受け作曲を構想。1904年のトリノ初演で大成功を収め、彼の出世作となりました。 この原作の小説は、日本でも舞台化され、松井須磨子が劇中で歌った『カチューシャの唄』が1914年に大 ヒットしたことでも知られています。 主役カップル、カチューシャとドミートリイに世界中のヴェリズモ・オペラの舞台で引く手あまたの2人、アン・ソ フィー・デュプレルとマシュー・ヴィッカーズを起用。フランチェスコ・ランジロッタが導くフィレンツェ5月祭O &choとともに、随所にロシア正教の復活の祈りの調べを配し、時にプッチーニやR・シュトラウスの 音楽をも想起させる劇的で華麗な響きに満ちたこの名作を鮮やかに蘇らせています。

BONGIOVANNI
GB-2583(2CD)
マスカーニ:歌劇『ランツァウ家の人々』 ジャンニ・ランツァウ:バリー・アンダーソン
ジョルジョ:オッターヴィオ・ガラヴェンタ
ルイーザ:リタ・ランティエーリ
ジャコモ・ランツァウ:ジャコモ・ボルドリーニ
フィオレンツォ:ドメニコ・コライアンニ
ジュリア:フルヴィア・ベルトリ
レベル:カルロ・ボージ
ブルーノ・リガッチ(指)
リヴォルノ歌劇場O

録音:1992年9月/リヴォルノ、グラン・グアルディア劇場
1892年11月10日、フィレンツェのペルゴラ劇場で初演された『ランツァウ家の人々』。聴衆の反応は上々で6曲がアンコールされ、マスカーニの妻の リナは気を失うほど感動したという作品です。初演100周年記念として1992年に取り上げられた際のライヴ録音。マスカーニらしい美しい旋律が魅力。 (Ki)

ORFEO
C-996202(2CD)
NX-C09
R・シュトラウス:歌劇「ナクソス島のアリアドネ」 執事長…ペーター・マティッチ(語り)
音楽教師…ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー(Br)
作曲家…ゾフィー・コッホ(A)
プリマドンナ/アリアドネ…ソイレ・イソコスキ(S)
テノール歌手/バッカス…ヨハン・ボータ(T)
ツェルビネッタ…ダニエラ・ファリー(S)
士官…ダニエル・レケシュ(T)
舞踊教師…ノルベルト・エルンスト(T)
下僕…マルクス・ペレス 他
ウィーン国立歌劇場O
クリスティアン・ティーレマン(指)

録音:2014年10月(ライヴ)ウィーン国立歌劇場
R・シュトラウスはホフマンスタールと共に「音楽と戯曲の融合」を目指し、1912年に歌劇「町人貴族」を作曲。シュトゥットガルトで初演しまし たが、こ れは上演に要する時間が長過ぎたこともあって不評に終わりました。そこでシュトラウスは、この劇中劇であった「ナクソス島のアリアドネ」に改 訂を加え、独立した歌劇に仕立て1916年10 月にウィーン国立歌劇場(当時はウィーン宮廷歌劇場)で初演、現在でも通常、こちらの版で上演さ れます。 このウィーン国立歌劇場における2014年10月のライヴレコーディングは、シュトラウス作品に強い愛着を持つクリスティアン・ティーレマンが指揮。比較 的小編成のオーケストラから美しい響きを紡ぎ出すとともに、ソイレ・イソコスキ、ゾフィー・コッホ、ダニエラ・ファリーら個性も力量もある歌手たちをまとめ ています。また、2016年に急逝したテノール歌手役のヨハン・ボータの美声も存分に堪能できます。 なお、この録音の一部はヨハン・ボータ:アリア集(C906171DR)として発売されております。
ORFEO
C-200081(10CD)
NX-F05
『オペラ・レアリティーズ』 ORFEOレーベル40周年記念〜秘曲オペラ6作品をBOXに

【Disc1&2】
ガッツァニーガ(1743-1818):歌劇「ドン・ジョヴァンニ、または石の客」 全1幕(1787)

【Disc3】
ビゼー:歌劇「ジャミレ」 全1幕(1872)

【Disc6&7】
フィビフ(フィビヒ):歌劇「シャールカ」全3幕(1897)

【Disc8】
マスネ:歌劇「テレーズ」全1幕(1907)

【Disc9&10】
レオンカヴァッロ:歌劇「ラ・ボエーム」全4幕(1897)
【Disc1&2】
ジョン・エイラー (T)、エヴァ・シュタインスキー(S)、パメラ・コバーン(S) 他、ステファン・ゾルテシュ(指)ミュンヘン放送O
録音:1990年5月26日-6月6日バイエルン放送第1スタジオ、ミュンヘン(ドイツ)
【Disc3】
ルチア・ポップ(S)、フランコ・ボニゾッリ (T) 他、ランベルト・ガルデッリ(指)
ミュンヘン放送O
録音:1983年5月28日-6月3日バイエルン放送(ドイツ)
【Disc4&5】
ヨアンナ・ボロフスカ (S)、パヴェル・ダニルク(Bs)、ヴィエスワフ・オフマン(T) 他、ゲルト・アルブレヒト(指)チェコPO
録音:1995年5月22日Rudolfinum, Prague, Czech Republic
【Disc6&7】
エヴァ・ウルバノヴァー(S)、ダリボール・イェニス (Br)、ヤネス・ロトリッチ(T) 他、シルヴァン・カンブルラン(指)ウィーンRSO
録音:1998年5月8日コンツェルトハウス、ウィーン(オーストリア)
【Disc8】
アグネス・バルツァ (Ms)、フランシスコ・アライサ (T) 他、ゲルト・アルブレヒト(指)ローマRAISO
録音:1981年2月10-14日Auditorium del Foro Italy, Rome(イタリア)
【Disc9&10】
フランコ・ボニゾッリ(T)、ルチア・ポップ (S)、ベルント・ヴァイクル(Br) 他、バイエルン放送合唱団、ハインツ・ワルベルク(指)ミュンヘン放送O
録音:1981年11月11-22日バイエルン放送第1スタジオ、ミュンヘン(ドイツ)
これまでに作曲された数多くの歌劇の中で、現代まで人気を保っているのはほんの 一握りの作品です。たとえ大作曲家の作品であれ、全てが大成功を収めていたわ けではありません。 このBOXには、そんな歴史に埋もれた6つの作品が収録されています。 ガッツァニーガやレオンカヴァッロの歌劇のように、同じ題材による大ヒット作が生まれ たために,その影に隠れてしまった作品。フィビフ作品のように作曲家の母国では現 在も人気を保っているが国際的には知られていない作品。初演の失敗が尾を引い てそのまま埋もれてしまった作品など様々ですが、今、改めて聴いてみるとその魅力 の大きさに気が付くことでしょう。 各々の作品に登場する歌手や指揮者にも注目です。ルチア・ポップやパメラ・コバー ンなどの女声歌手からフランシスコ・アライサ、フランコ・ボニゾッリなどの男声歌手ま で、驚くほどの名歌手たちが出演。ガルデッリやアルブレヒトなど一流のオペラ指揮者 による演奏も聴きものです。 *ブックレットは初出時のものとは異なり、歌詞などはついておりません。

Sterling
CDA-1843/18442(2CDR)
R・シュトラウス:歌劇 「サロメ」 ライラ・アンデション=パルメ(ソプラノ、サロメ)、ラグナル・ウルフング(テノール、ヘロデ)、バーブルー・エーリクソン(メゾソプラノ、ヘロディアス)、クット・アペルグレーン(バリトン、預言者ヨカナーン)、ヨン=エーリク・ヤコブソン(テノール、衛兵隊長ナラボート)、エーヴァ・ピラート(アルト、ヘロディアスの小姓)、
王立スウェーデン歌劇場O、
ベリスラフ・クロブチャール(指)

録音:1990年10月3日、王立スウェーデン歌劇場(ストックホルム)(「ヨーラン・イェルヴェフェルト追悼」ライヴ録音)
スウェーデンの宮廷歌手ライラ・アンデション=パルメ (b.1941)のアーカイヴ録音シリーズ。R・シュトラウスの歌劇 「サロメ」 のタイトルロールは、先にリリースされた『トスカ』(CDA1857/18582)とならぶ、彼女がもっとも得意とした役のひとつです。彼女はグラーツでこの役を初めて歌い、ストックホルム歌劇場で23回、1981年春のニューヨークのメトロポリタン歌劇場など国外で55回の舞台に立ってきました。オスカー・ワイルドの戯曲に基づくこの役について彼女は、きわめてドラマティックなエレクトラ役よりもリリカルな部分が多く、「シュトラウスがスコアに指示したピアニッシモに気をつけ、陰影の表現に努めました……指揮者のクロブチャールも、他の多くの指揮者たちのような大げさな音楽作りはやっていません」と語っています。
このアルバムに収録されたのは、このプロダクションを演出、前年11月30日に亡くなったヨーラン・イェルヴェフェルトを追悼して行われた1990年10月3日の公演のライヴ録音です。ノルウェーのテノール、ラグナル・ウルフング(b.1927)のヘロデ、ヴィオラ奏者からバリトン歌手に転向したクット・アペルグレーン(b.1943)のヨカナーン。1968年に 「ワルキューレ」 のフリッカ役でメトロポリタンにデビューしたバーブルー・エーリクソン(b.1930)がヘロディアスを歌っています。指揮者のクロブチャール(1924−2014)は、1973年から1977年までスウェーデン歌劇場の首席指揮者を務め、その間、スウェーデン歌劇場がモスクワとコペンハーゲンで上演した『ニーベルングの指輪』も彼が指揮しています。)
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

NAXOS/映像作品
NAXOS-2.110663
(DVD)
NX-C09

NBD-0113V(Bluray)
NX-C09
プロコフィエフ:歌劇「炎の天使」 ルプレヒト:騎士…リー・メルローズ(Br)
レナータ…エヴァ・ヴェシン(S)
宿屋の女主人…アンナ・ヴィクトローヴァ(Ms)
女占い師/女子修道院長…マイラム・ソコローヴァ(Ms)
ネッテスハイムのアグリッパ…セルゲイ・ラドチェンコ(T)
ヨハン・ファウスト/召使…アンドリー・ガンチュク(Br)
メフィストフェレス…マキシム・パスター(T)
異端審問官…ゴラン・ユリッチ(Bs)
ヤーコブ・グロック…ドミンゴ・ペリコーラ(T)
マティアス・ヴィースマン…ピョートル・ソコロフ(Br) 他
指揮:アレホ・ペレス
ローマ国立歌劇場O&cho
演出:エマ・ダンテ

収録 2019年5月23日
ローマ歌劇場、イタリア

収録時間:133分
音声:ロシア語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・ドイツ語・イタリア語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…DVD9
Blu-ray・・・BD50 1080i High Definition
さすらいの旅からドイツに戻った騎士ルプレヒトは、投宿先で見知らぬ娘レナータに自分の名を呼ばれ驚きます。ルプレヒトは、彼女に「一時は共 に暮らしたが、自分を捨てて去った火の天使マディエールの化身ハインリヒ伯爵を探すためにケルンに連れていって欲しい」と頼まれ出発します。レ ナータを愛するようになったルプレヒトは、ケルンでハインリヒ伯爵を見つけ出し、ラインの河畔で決闘を挑みます。深手を負ったルプレヒトはレナー タの介護によって回復し、再び彼女の愛を求めますが拒絶されます。そしてレナータは修道院へと駆け込み、そこで異端審問が行われレナータは 火刑を宣告されるのですが… 1920年代に完成していたにも関わらず、その過激なオカルティズムと性描写に対する忌避感からか、この作品の初演(フェニーチェ歌劇場)は作 曲家の死後1955年まで待たねばならなりませんでした。しかし、この作品を深く愛した作曲家は生前、交響曲第3番に大胆にその音楽を引 用しています。本上演に際し、イタリアの気鋭の演出家エマ・ダンテは「幻想的なリアリズム、終わりのない悪夢、狂気、性的な衝動と文化の衝 突の目くるめく融合」をこの作品に読み込み、たびたび登場する悪魔のブレイクダンスに象徴される滑稽な不気味さと静謐さが併存するユニーク な舞台を創り上げました。主役のリー・メルローズとエヴァ・ヴェシンを始めとした充実した歌手陣と、アルゼンチン出身のオペラ指揮者として高い評 価を受けるアレホ・ペレスに導かれたローマ歌劇場のオーケストラが、このプロコフィエフの傑作を見事に描き出しています。
NAXOS/映像作品
NAXOS-2.110674
(DVD)
NX-C09

NBD-0121V(Bluray)
NX-C09
ベートーヴェン:歌劇「レオノーレ」 レオノーレ/フィデリオ…ナタリー・ポラン(S)
フロレスタン…ジャン=ミシェル・リシェル(T)
ロッコ…スティーヴン・ヘゲダス(Bs-Br)
マルツェリーネ…パスカル・ボーダン(S)
ピツァロ…マシュー・スコーリン(Bs-Br)
ヤキーノ…ケヴェン・ゲデス(T)
ドン・フェルナンド…アレクサンドル・シルヴェストル(Bs)
指揮:ライアン・ブラウン(芸術監督)
オペラ・ラファイエットO&cho
演出:オリオール・トーマス

収録 2020年3月2-4日
ザ・ケイ・プレイハウス、 ニューヨーク市立大学ハンター校、 アメリカ合衆国

収録時間:148分
音声:ドイツ語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・ドイツ語・英語・フランス語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…DVD9
Blu-ray・・・BD50 1080i High Definition
夫フロレスタンが政治犯として捉われてしまったため、主人公「レオノーレ」が男装し「フィデリオ」という名前で監獄に潜入、見事に救出するという ベートーヴェン作曲歌劇「フィデリオ」。1814年に完成したこの歌劇は、それまでに幾たびも改訂が施されたことで知られています。 ジャン・ニコラス・ブイイの原作に基づき、1798年にピエール・ガヴォーによる「レオノール」(映像 NAXOS DVD:2.110591/Blu-ray:NBD0085V)が、次いで1804年にはフェルディナンド・パエールの「レオノーラ」が発表され、どちらも高い人気を誇りました。同じ頃、ベートーヴェ ンもこの題材による歌劇の作曲を依頼され、1804年から1年をかけて完成。この「レオノーレ」は1805年に初演の運びとなりました。しかし、さま ざまな事情で初演は大失敗。その後、改訂を重ね「フィデリオ」として知られる現在の姿となりました。 このオペラ・ラファイエットによる「レオノーレ」上演は、作品の第1稿再現を目指す音楽学者ウィル・クラッチフィールドによる校訂版を用いており、 ベートーヴェンが改訂の過程で削除したフロレスタンのアリアなどの世界初演を含む貴重なものです。レオノーレ役にはバロック・オペラを得意とする ナタリー・ポラン。またフロレスタンとマルツェリーナやドン・フェルナンド役に同歌劇団上演のピエール・ガヴォーの「レオノール」と共通の歌手を起用し ており、両作品の聴き比べに一段と興趣を添えています。

Dynamic
DYNDVD-37888
(14DVD)
NX-J09
ロッシーニ:歌劇集 セリアとセミ・セリア集


【DVD1&2】
歌劇「トルヴァルドとドルリスカ」全2幕
台本:チェーザレ・ステルビーニ
ロッシーニ財団批判校訂版(フランチェスコ・パオロ・ルッソ編)協力: リコルディ社

【DVD3&4】
歌劇「泥棒かささぎ」全2幕
台本:ジョヴァンニ・ケラルディーニ
ロッシーニ財団批判校訂版(アルベルト・ゼッダ編)協力: リコルディ社

【DVD5&6】
歌劇「アルミーダ」全3幕…(日本語字幕付)
台本:ジョヴァンニ・シュミット
ロッシーニ財団&リコルディ社批判校訂版(チャールズ S.バウアー&パトリシア B.ブラウナー編)

【DVD7&8】
歌劇「エルミオーネ」全2幕
台本:アンドレア・レオーネ・トットラ
ロッシーニ財団批判校訂版(パトリシア B.ブラウナーとフィリップ・ゴセット編)
協力リコルディ社(ユニバーサル・ミュージック・パブリッシング・グループ)

【DVD9&10】
歌劇「ビアンカとファリエーロ」全2幕
フェリーチェ・ロマーニ:台本
ロッシーニ財団とリコルディ社の共同制作による
ガブリエーレ・ドットのクリティカル・エディション

【DVD11&12】
歌劇「マオメット2世」全2幕…(日本語字幕付)
台本:チェーザレ・デッラ・ヴァッレ(ガエターノ・ロッシ補筆)
1822年フェニーチェ劇場版に基づくクラウディオ・シモーネによる校訂版

【DVD13&14】
歌劇「セミラーミデ」全2幕…(日本語字幕付)
ガエターノ・ロッシ:台本
【DVD1&2】
ドルリスカ…ダリーナ・タコーヴァ(S)
オルドウ公爵…ミケーレ・ペルトゥージ(Br)
トルヴァルド…フランチェスコ・メーリ (T)
ジョルジョ…ブルーノ・プラティコ(Bs) 他
指揮:ヴィクトール・バプロ・ペレス(指)
ボルツァーノ=トレント・ハイドンO/プラハ室内cho
演出:マリオ・マルトーネ
収録:2006年8月ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル、ペーザロ、イタリア(ライヴ)
収録時間:157分
画角:16:9
音声:LPCM 2.0/Dolby Digital 5.1
字幕:イタリア語・英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語
NTSC/Region All
【DVD3&4】
ファブリーツィオ…パオロ・ボルドーニャ(Br)
ルチア…クレオパトラ・パパテオロゴウ(Ms)
ジャンネット…ディミトリー・コルチャック(T)
ニネッタ…マリオラ・カンタレロ(S)
フェルナンド…アレックス・エスポジト(Br) 他
指揮:リュー・ジア(指)
ボルツァーノ=トレント・ハイドンO/プラハ室内cho
演出:ダミアーノ・ミキエレット
収録:2007年8月ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル、ペーザロ、イタリア(ライヴ)
収録時間:201分
画角:16:9
音声:LPCM 2.0/Dolby Digital 5.1
字幕:イタリア語・英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語
NTSC/Region All
収録:2015年11月ゲント歌劇場(ライヴ)
収録時間:162分
画角:16:9
音声:LPCM 2.0/Dolby Digital 5.1
字幕:日本語・イタリア語・英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語
NTSC/Region All
【DVD5&6】
アルミーダ…カルメン・ロメウ(S)
リナルド…エネア・スカラ(T)
ジェルナンド/ウバルド…ロバート・マクファーソン(T)
ゴッフレード/カルロ…ダリオ・シュムンク(T)
イドラオテ/アスタロッテ…レオナルド・ベルナード(Bs) 他
指揮:アルベルト・ゼッダ
アントワープ/ゲント・フランダース歌劇場O&cho
演出:マリアーメ・クレメント
映像ディレクター:ヤン・ボステールス
【DVD7&8】
エルミオーネ…ソニア・ガナッシ(S)
アンドローマカ…マリアンナ・ピッツォラート(Ms)
ピッロ…グレゴリー・クンデ(T)
オレステ…アントニーノ・シラグーザ(T)
ピラーデ…フェルディナント・フォン・ボトマー(T)
フェニーチョ…ニコラ・ウリヴィエリ(Bs) 他
指揮:ロベルト・アバド
ボローニャ市立歌劇場O/プラハ室内cho
演出:ダニエレ・アバド
収録:2008年8月10,13日
ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル、ペーザロ、イタリア(ライヴ)
収録時間:143分
画角:16:9
音声:LPCM 2.0/Dolby Digital 5.1
字幕:イタリア語・英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語
NTSC/Region All
【DVD9&10】
ビアンカ…マリア・バーヨ(S)
ファッリエーロ…ダニエラ・バルチェッローナ(Ms)
コンタレーノ…フランチェスコ・メーリ(T)
カペッリオ…カルロ・レポーレ(Bs)
コスタンツァ…オルネッラ・ボノメッリ(S) 他
レナート・パルンボ(指)
ガリシアSO/プラハ室内cho
演出:ジャン=ルイ・マルティノーティ
収録:2005年8月
ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル、ペーザロ、イタリア(ライヴ)
収録時間:183分
画面:カラー、16:9
音声:LPCM 2.0
字幕:イタリア語・英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語
NTSC/Region All
収録:2005年2月
フェニーチェ劇場、ヴェネツィア、イタリア
収録時間:183分
画角:16:9
音声:LPCM 2.0/Dolby Digital 5.1
字幕:日本語・イタリア語・英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・中国語
NTSC/Region All
【DVD11&12】
マオメット2世…ロレンツォ・レガッツォ(Bs)
セリモ…フェデリコ・レプレ(T)
パオロ・エリッソ…マキシム・ミロノフ(T)
アンナ…カルメン・ジャンナッタージオ(S)
カルボ…アンナ・リタ・ジェンマベッラ(Ms) 他
指揮:クラウディオ・シモーネ(指)
フェニーチェ劇場O&cho
演出・美術・衣装:ピエール・ルイージ・ピッツィ
【DVD13&14】
セミラーミデ…ミルト・パパタナシウ(S)
アルサーチェ…アン・ハレンベリ(C.A)
アッスール…ヨゼフ・ワーグナー(Bs)
イドレーノ…ロバート・マックファーソン(T)
オローエ…イゴル・バカン(Bs)
アゼーマ…ジュリアンヌ・ゲアハルト(S) 他
指揮:アルベルト・ゼッダ
アントワープ/ゲント・フランダース歌劇場SO&cho
演出・美術・衣装:ナイジェル・ロワリー
収録:2011年1月アントワープ、フランダース歌劇場
収録時間:238分
画角:16:9
音声:LPCM 2.0/Dolby Digital 5.1
字幕:日本語・イタリア語・英語・ドイツ語・フランス語
NTSC/Region All
長い間、ロッシーニは“喜劇の作曲家”とみなされていました。しかし1980年からペーザロで開催されている『ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル』などでの蘇 演に伴い、知られざる作品が次々と復興。次第にセリア(シリアスな歌劇)の分野でも優れた作品を作曲していたことが認められるようになってきました。オペ ラ・セリアは18世紀の初めに花開いたジャンルで、カストラートが主役を演じることが特徴でしたが、ロッシーニは主役に声域の同じメゾ・ソプラノやコントラル トを充て、歌手に超絶技巧を駆使したアリアを歌わせるだけではなく、オーケストラにも重厚な響きを与えました。これら一連の作品はドニゼッティやベッリー ニ、メルカダンテの他、若いヴェルディにも大きな影響を与えました。 このBOXには初演以降、ずっと忘れられていた「トルヴァルドとドルリスカ」や「エルミオー ネ」などの重い作品から、ハッピーエンドで終わる「泥棒かささぎ」などの「セミ・セリア(喜劇の要素を含む作品)」までの7作を収録。ペーザロの『ロッシーニ・オ ペラ・フェスティヴァル』のライヴを中心に、フェニーチェ歌劇場やフランダース歌劇場による名演で構成されています。
Dynamic
DYNDVD-37889
(9DVD)
NX-G03
ロッシーニ:歌劇集 ブッフォ集


【DVD1】
歌劇「結婚手形」全1幕
台本:ガエターノ・ロッシ


【DVD2】
歌劇「ひどい誤解」全2幕
台本:ガエターノ・ガズバッリ
ロッシーニ財団批判校訂版(マルコ・ベゲッリとステファノ・ピアーナ編)
協力:リコルディ社(ユニバーサル・ミュージック・パブリッシング・グループ)


【DVD3&4】
歌劇「アルジェのイタリア女」全2幕
台本:アンジェロ・アネッリ
ロッシーニ財団批判校訂版(アツィオ・コルギ編)協力: リコルディ社


【DVD5】
歌劇「イタリアのトルコ人」全2幕
台本:フェリーチェ・ロマーニ
セリム…マルコ・ヴィンコ(Bs)


【DVD6】
歌劇「セビリアの理髪師」全2幕

【DVD7】
歌劇「新聞」全2幕…(日本語字幕付)
台本:ジュゼッペ・パロンバ


【DVD8&9】
歌劇「チェネレントラ」全2幕
【DVD1】
トビア・ミル…パオロ・ボルドーニャ(Bs)
ファンニ…デジレ・ランカトーレ(S)
エドアルド・ミルフォルト…サイミール・ピルグ(T)
ズルック…ファビオ・マリア・カピタヌッチ(Bs) 他
指揮:ウンベルト・ベネデッティ・ミケランジェリ
ボルツァーノ=トレント・ハイドンO
演出:ルイージ・スクァルツィーナ
収録:2006年8月ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル、ペーザロ、イタリア(ライヴ)
収録時間:83分
画角:16:9
音声:LPCM 2.0/Dolby Digital 5.0
字幕:イタリア語・英語
NTSC、Region All
【DVD2】
エルネスティーナ…マリナ・プルデンスカヤ(Ms)
ガンベロット…ブルーノ・デ・シモーネ(Bs)
ブラリッキオ…マルコ・ヴィンコ(Bs)
エルマンノ…ディミトリー・コルチャック(T)
ロザリーア…アマンダ・フォーサイス(S)
フロンティーノ…リカルド・ミラベッリ(T)
指揮:ウンベルト・ベネデッティ・ミケランジェリ
ボルツァーノ=トレント・ハイドンO/プラハ室内cho
演出:エミリオ・サージ
収録:2008年8月ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル、ペーザロ、イタリア(ライヴ)
収録時間:142分
画角:16:9
音声:LPCM 2.0/Dolby Digital 5.1
字幕:イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語
NTSC、Region All
【DVD3&4】
イザベッラ…マリアンナ・ピッツォラート(Ms)
ムスタファ…マルコ・ヴィンコ(Bs)
リンドーロ…マキシム・ミロノフ(T)
タッデーオ…ブルーノ・デ・シモーネ(Bs)
エルヴィーラ…バルバラ・バルニェージ(S)
アリ…アレックス・エスポジト(Bs) 他
指揮:ドナート・レンツェッティ
ボローニャ市立歌劇場O/プラハ室内cho
演出・美術・衣装:ダリオ・フォー
収録:2006年8月ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル、ペーザロ、イタリア(ライヴ)
収録時間:150分
画角:16:9
音声:DD 5.1/LPCM 2.0
字幕:イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語
NTSC、Region All
【DVD5】
セリム…マルコ・ヴィンコ(Bs)
フィオリッラ…アレッサンドラ・マリアネッリ(S)
ジェローニオ…アンドレア・コンチェッティ(Bs)
ナルチーゾ…フィリッポ・アダミ(T)
プロスドーチモ…ブルーノ・タッディア(Bs) 他
指揮:アントネッロ・アレマンディ
ボルツァーノ=トレント・ハイドンO/プラハ室内cho
演出:グイード・デ・モンティチェッリ
収録:2007年8月ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル、ペーザロ、イタリア(ライヴ)
収録時間:165分
画角:16:9
音声:LPCM 2.0/Dolby Digital 5.0
字幕:イタリア語・英語
NTSC、Region All
【DVD6】
アルマヴィーヴァ伯爵…フランチェスコ・メーリ(T)
バルトロ…ブルーノ・デ・シモーネ(Bs)
ロジーナ…リナート・シャハム(Ms)
フィガロ…ロベルト・フロンターリ(Br)
ドン・バジーリオ…ジョヴァンニ・フルラネット(Bs) 他
指揮:アントニーノ・フォリアーニ
フェニーチェ歌劇場O&cho
演出:ベピ・モラッシ
収録:2008年4月フェニーチェ劇場、ヴェネツィア、イタリア
収録時間:171分
画角:16:9
音声:LPCM 2.0/Dolby Digital 5.1
字幕:イタリア語・英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語
NTSC、Region All
【DVD7】
リゼッタ…チンツィア・フォルテ(S)
ドン・ポンポーニオ…エンリコ・マラベッリ(Bs)
アルベルト…エドガルド・ロチャ(T)
フィリッポ…ローラン・クブラ(Br)
ドラリーチェ…ジュリー・ベイリー(Ms) 他
指揮:ヤン・シュルツ
ワロン王立歌劇場O&cho
演出:ステファノ・マッツォニス・ディ・プララフェラ
収録:2014年6月ワロン王立歌劇場、リエージュ、ベルギー(ライヴ)
収録時間:145分
画角:16:9
音声:LPCM 2.0/Dolby Digital 5.1
字幕:日本語・イタリア語・英語・ドイツ語・フランス語・韓国語
NTSC、Region All
【DVD8&9】
アンジェリーナ…ホセ・マリア・ロ・モナコ(Ms)
ドン・ラミーロ…マキシム・ミロノフ(T)
ダンディーニ…ロベルト・デ・カンディア(Br)
アリドーロ…ニコラ・ウリヴィエーリ(Br)
ドン・マニーフィコ…パオロ・ボルドーニャ(Br) 他
エヴェリーノ・ピド(指)
バーリ・ペトルツェッリ財団O&cho
演出:ダニエレ・アバド
映像ディレクター:アドリアーノ・フィガーリ
収録:2010年4月ペトルツェッリ劇場、バーリ、イタリア(ライヴ)
収録時間:162分
画角:16:9
音声:LPCM 2.0/Dolby Digital 5.1
字幕:イタリア語・英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語
NTSC、Region All
1810年18歳のロッシーニが、ボローニャの音楽大学在学中にヴェネツィアのサン・モイゼ劇場で上演、その天分を認められた一幕のファルサ(笑劇)「結婚 手形」。その後一躍時代の寵児となった作曲家によって次々に生み出され、今日に至るまで世界中の歌劇場の主要なレパートリーとなるオペラ・ブッファの 4大傑作「アルジェのイタリア女」「イタリアのトルコ人」「セビリアの理髪師」「チェネレントラ」。それらに近年の「ロッシーニ・ルネサンス」により演奏される機会 を得た「新聞」「ひどい誤解」などのブッファの稀覯作品を加えたロッシーニのオペラ・ブッファ7作品が、伊ダイナミック社により、優れたロッシーニ指揮者、ロッ シーニの歌い手が一堂に会するペーザロの『ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル』のライブ収録を中心にDVD BOXとして集成されました。

Pentatone
PTC-5186778
(2SACD)
プッチーニ:歌劇『西部の娘』 メロディ・ムーア(ソプラノ/ミニー)、
レスター・リンチ(バリトン/ジャック・ランス、保安官)、
マリウス・ヴラド(テノール/ディック・ジョンソン(盗賊ラメレス))、
アミタイ・パティ(テノール/ニック、「ポルカ」のバーテンダー)、
マルティン・ヤン・ネイホフ(バス/アシュビー、ウェルス・ファーゴ銀行の代理人)、
ケヴィン・ショート(バス・バリトン/ソノーラ、鉱夫)、ほか
トランシルヴァニアPO&cho「クルジュ=ナポカ」
ポール・シルブ(コンサートマスター)、ローレンス・フォスター(指)

録音:2019年6月/クルジュ・ラジオ・スタジオ
巨匠ローレンス・フォスターがトランシルヴァニアPOを振ったプッチーニの歌劇『西部の娘』が登場します! ゴールド・ラッシュ時代のアメリカ西部の鉱山町に咲いた酒場の女主人ミニーとジョンソンの純愛を描いたこの作品はアメリカ俗謡の旋律やリズムを使うのが 特徴といえ、プッチーニらしいドラマティックで煌びやかな旋律が魅力です。職人芸ともいえるフォスターの細やかなタクトがこの作品の魅力を一層際立たせ ます。
ミニー役を演じたのはPENTATONEレーベルからの数多くの録音でも知られるメロディ・ムーアです。ムーアはヴェルディの『オテロ』(PTC 5186562)の デスデモーナ役、プッチーニの『外套』(PTC 5186773)のジョルジェッタ役をはじめ圧倒的な歌唱力で存在感を示している実力派ソプラノです。 (Ki)

Challenge Classics
CC-72849(2CD)
ヴィレム・イェツ(1959-):歌劇『肖像』 ジェフリー・パターソン(指)
アムステルダム・シンフォニエッタ
オランダ国立オペラ

録音:2020年3月12日/アムステルダム市立劇場
オランダを代表する現代作曲家ヴィレム・イェツ、交響曲を収録したCD(CC-72693)に次いでチャレンジ・クラシックス2枚目のアルバムが登場。歌劇 『肖像(Ritratto)』は、20世紀初頭のイタリアで最も裕福な女性であり、多くの偉大な芸術家のミューズであったルイーザ・カザーティの伝説に焦点を当 てたオペラ。ロマン派オペラのように濃密に歌い上げる書法もみられ、壮大なオーケストラと力強い歌声が白熱したドラマを奏でます。

NAR Classical
NAR-10219(2CD)
ニェッキ:歌劇「カッサンドラ」 ニコラ・ミハイロヴィチ(Br)、アルベルト・クーピド(T)、デニア・マッツォーラ=ガヴァッツェーニ(S)、テア・デムリシュヴィリ(Ms)、アルノルド・コカリャン(Br)、ピエール・ルボン(T)、アンジェラ・キルセ(S)、ジャン=マルク・イヴァルディ(Br)、エンリケ・ディーメッケ(指)、モンペリエ国立歌劇場O、ラトビア放送cho

録音:2000年7月13日、オペラ・ベルリオーズ=ル・コルム(モンペリエ、フランス)
歌劇「カッサンドラ」は19世紀後半〜20世紀前半のイタリアの作曲家、ヴィットーリオ・ニェッキ(1876−1954)の代表作であり、R・シュトラウスの「エレクトラ」との因縁深いエピソードで知られる作品。
ニェッキが「カッサンドラ」のスコアをR・シュトラウスに送り意見を求めた後、上演された「エレクトラ」に「カッサンドラ」との類似点が数多く見受けられたことから盗作疑惑、転用問題に発展。
「カッサンドラ」と「エレクトラ」の冒頭が非常に良く似ているなど、盗作疑惑は別としても「エレクトラ」に大きな影響を与えたことは間違いない、と伝わるイタリア・オペラです。


SUPRAPHON
SU-4287(3CD)
カレル・ブリアン録音全集(1906-1913)
CD 1
ワーグナー:「あなたのために讃歌よ響け!:タンホイザー」〜タンホイザーより
【録音:1911年/プラハ】
「あなたは私と一緒に甘い香りを吸っているではないか:ローエングリン」〜
ローエングリンより【録音:1911年/プラハ】
「あなたは私と一緒に甘い香りを吸っているではないか:ローエングリン」〜
ローエングリンより【録音:1911年/プラハ】(別テイク)
「Hochstes Vertrau'n:ローエングリン」〜ローエングリンより
【録音:1906年/ドレスデン、ベルリン】
「はるかな国に:ローエングリン」〜ローエングリンより
【録音:1906年/ドレスデン、ベルリン】
「ああ、エルザ、一年だけでもお前のそばに:ローエングリン」〜ローエングリン
より【録音:1911年/プラハ】
「冬の嵐は、歓びの月の前に消え去った:ジークムント」〜ワルキューレより
【録音:1911年/プラハ】
「冬の嵐は、歓びの月の前に消え去った:ジークムント」〜ワルキューレより
【録音:1912年/ウィーン】
「冬の嵐は、歓びの月の前に消え去った:ジークムント」〜ワルキューレより
【録音:1912&1913年/ウィーン】
「花咲く生命の活気に満てる血潮を:ジークフリート、ギュンター」〜神々の黄昏
より(ベルドジハ・プラシュキ(Br))【録音:1907年/ドレスデン、ベルリン】
「ミーメという名の気難しいこびとがいた:ジークフリート」〜神々の黄昏より
【録音:1911年/プラハ】
「さて、寂しさに耐えかねて、梢の方へ聞き耳立てると:ジークフリート」〜神々
の黄昏より【録音:1911年/プラハ】
「トリスタンの行くところ:トリスタン」〜トリスタンとイゾルデより【録音:1911
年/プラハ】
「始めよ!:シュトルツィング」〜ニュルンベルクのマイスタージンガーより【録音:
1911年/プラハ】
スメタナ:「Nichts werd´ ich laugnen:ダリボル」〜ダリボルより
【録音:1907年/ベルリン】
「Zapirat nechci + Kdy? Zden?k m?j:ダリボル」〜ダリボルより
【録音:1907年/ベルリン】
「Zapirat nechci + Kdy? Zden?k m?j:ダリボル」〜ダリボルより
【録音:1911年/プラハ】
「Nezapru toho + Kdy? Zden?k m?j:ダリボル」〜ダリボルより
【録音:1912年/ウィーン】
「Zapirat nechci + Kdy? Zden?k m?j:ダリボル」〜ダリボルより
【録音:1911年/プラハ】
「M?j Zde?ku:ダリボル」〜ダリボルより【録音:1912年/ウィーン】
「O Zde?ku:ダリボル」〜ダリボルより【録音:1911年/プラハ】
コヴァジョヴィツ:「Te? i ve mn? tu?ba pomsty vzplala:コジナ」〜犬の頭より
【録音:1911年/プラハ】
ノヴォトニー:「Zaluskal si prstem」【録音:1908年/ドレスデン】
CD 2
ウェーバー:「この苦しみには耐えられない+森を通り:マックス」〜魔弾の射手より
【録音:1911年/プラハ】
「Hat denn der Himmel mich verlassen? + Jetzt ist wohl ihr Fenster offen:マッ
クス」〜魔弾の射手より【録音:1911年/プラハ】
「この苦しみは希望を奪い+森を通り、野を越えて:マックス」〜魔弾の射手より
【録音:1911年/プラハ】
「Jetzt is wohl ihr Fenster offen:マックス」〜魔弾の射手より
【録音:1911年/プラハ】
「森を過ぎ野を越えて:マックス」〜魔弾の射手より【録音:1912年/ウィーン】
オベール:「岩にもたれた:フラ・ディアヴォロ」〜フラ・ディアヴォロより(エリカ・ヴェー
デキント(S):ゼルリナ)【録音:1908年/ドレスデン】
「岩にもたれた:フラ・ディアヴォロ」〜フラ・ディアヴォロより
【録音:1911年/プラハ】
「むしろ死を選ばん:マサニエッロ」〜ポルティチの唖娘より(ベルドジハ・プラ
シュキ(Br):ピエトロ)【録音:1907年/ドレスデン、ベルリン】
ヴェルディ:「最期の願い:アルバーロ」(ベルドジハ・プラシュキ(Br):
カルロ)【録音:1907年/ドレスデン、ベルリン】
チャイコフスキー:「レンスキーのアリア:レンスキー」
【録音:1911年/プラハ】
ドヴォルザーク:「Bu? ?ehnan, slavy na?i pamatniku:ディミートリー」
【録音:1911年/プラハ】
キーンツル:「Selig sind, die Verfolgung leiden:マタイ」〜エバンジェリスト
より【録音:1911年/プラハ】
マスネ:「Ty vi?, o Bo?e:ウェルテル」〜ウェルテルより【録音:1911年/プラハ】
「Du weisst Gott:ウェルテル」〜ウェルテルより
【録音:1906年/ドレスデン、ベルリン】
「Was bin ich aufgewacht:ウェルテル」〜ウェルテルより
【録音:1906年/ドレスデン、ベルリン】
「Was bin ich aufgewacht:ウェルテル」〜ウェルテルより
【録音:1912年/ウィーン】
プッチーニ:「愛らしい乙女よ:ロドルフォ」〜ラ・ボエームより(ミニー・ナスト(S):ミミ)【録音:1908年/ドレスデン】
「ああミミ、君 はもう戻ってこな い:ロドルフォ」〜ラ・ボ エームより(ベ ルドジ ハ・プラシュキ(Br):マルチェッロ)【録音:1907年/ドレスデン、ベルリン】
「みん な 行ってしまった の ね」〜ラ・ボ エームより(ミニ ー・ナスト(S):ミミ)
【録音:1908年/ドレスデン】
レオンカヴァレッロ:「こんなふざけ方は、みなさん:カニオ」〜道化師より【録音:1911年/プラハ】
「芝居だと!:カニオ」〜道化師より【録音:1911年/プラハ】
「衣裳を付けて、顔におしろいを塗れ:カニオ」〜道化師より
【録音:1912年/ウィーン】
CD 3
チェコ民謡集
「Ne??astnej ?afa??v dvore?ek」【録音:1906年/ドレスデン、ベルリン】
「Taku som si frajore?ku」【録音:1906年/ドレスデン、ベルリン】
「Zdalo se mi, moje mila」【録音:1908年/ドレスデン】
「Pro? jsi k nam nep?i?el」【録音:1908年/ドレスデン】
「O ?ebi?ku zahradnicky」【録音:1910年/プラハ】
「Nad lu?enci jalove?ek」【録音:1910年/プラハ】
ネドバル:「O?enil se dudak + Hodonickou cestou」
【録音:1908年/ドレスデン】
ALOIS LADISLAV VYM?TAL(1865-1918):「Na poli?ku p?enka chuda」
【録音:1910年/プラハ】
FRANTI?EK PICKA(1873-1918):「K Bechyni je cesta vysoka」【録音:1911年/プラハ】
「Oj, na?e rovina」【録音:1910年/プラハ】
「Poj?te, ?ne?ky svezu vas」【録音:1910年/プラハ】
「Nad p??inou kvete mak + Konec v?emu, nechci nic」【録音:1910年/プラハ】
マラート:「Ty, kterou m?l jsem tolik rad」【録音:1908年/ドレスデン】
EDUARD TREGLER(1868-932):「Je tomu davno, davno ji?」【録音:1908年/ドレスデン】
「Po masopustnim utery se st?eda ?karedi」【録音:1910年/プラハ】
「Ticha noc se nad ves sklani」【録音:1910年/プラハ】
JIND?ICH JIND?ICH(1876-1967):「Jen kdybych v?d?l」【録音:1910年/プラハ】
「To v?d?l bych rad」【録音:1910年/プラハ】
フィビフ:「O poj?, my prchnem v dal」 【録音:1911年/プラハ】
フランティシェク・ノイマン(1874-1929):「Tys jak kajici ratolest (Vzpominky I) + Tys bleda stala p?ede mnou」
【録音:1911年/プラハ】
「Du gleichst dem jungen Lindenzweig (Erinnerungen I) + Ich kam, das du
so blau (Erinnerungen II) 」【録音:1911年/プラハ】
R. シュトラウス:「そうだとも、あなたは知っているでしょう、いとしい人よ」〜献呈より
【録音:1906年/ドレスデン、ベルリン】
「そうだとも、あなたは知っているでしょう、いとしい人よ」〜献呈より
【録音:1910年/プラハ】
ガス・エドワーズ:「Ten m?j koleg’ Carus’」 【録音:1910年/プラハ】
カレル・ブリアン(T)
エミー・デスティンの全録音を収録した12枚組のボックス・セットのリリースから30年。スプラフォン・レーベルからテノールのカレル・ブリアン(1870-1924) が1906年から1913年にかけて収録した貴重音源72曲を収めた録音全集3枚組をリリースします。ブリアンはチェコを代表するテノール歌手であり、メトロ ポリタン・オペラのスターでもありました。ここに収録されている音源はドレスデン、ベルリン、プラハ、ウィーンなどの場所で録音されたもの。ワーグナーのトリ スタン、パルジファル、ジークフリートなどの役の模範的な解釈の持ち主でありながらもイタリア、フランス、ロシアのオペラでも高い評価を得ています。この全 盛期の歌唱を存分に味わうことのできる注目セットの登場です。

Danacord
DACOCD-884(2CDR)
ラウニ・グランデールの遺産 第4集
ニールセン:歌劇「仮面舞踏会」 FS39(1904−06)第1幕・第2幕
 歌劇「仮面舞踏会」 FS39(1904−06)第3幕
クヌーズ・イェペセン(1892−1974):合唱と管弦楽のための「ワシとコガネムシ(ワシとフンコロガシ)(Ornen og skarnbassen)」(1949)*
ホルガー・ビューリング(バス、イェロニムス)、インゲボー・ステフェンセン(メゾソプラノ、マウデローネ)、テューイェ・テューイェセン(テノール、リアンダー)、アイナ・ヌアビュー(バスバリトン、ヘンリク)、マーリウス・ヤコブセン(テノール、アーヴ)、ポウル・ヴィーゼマン(テノール、バリトン、リーオナート)、ルート・グルベク(ソプラノ、リオノーア)、エレン・マグレーテ=エズラス(ソプラノ、ペアニレ)、ゲーオウ・ライクト(バス、夜警)、ニルス・ユール・ボンド(バリトン、家庭教師)、デンマーク放送cho*、デンマークRSO*、ラウニ・グランデール(指)*

録音:1954年1月28日、デンマーク放送第1スタジオ(コペンハーゲン)(スタジオ・ライヴ放送録音)
1954年9月5日、デンマーク放送第1スタジオ(コペンハーゲン)(ライヴ・コンサート録音)*
※復刻:クラウス・ビューリト
ラウニ・グランデールの「遺産」シリーズ第4巻は、カール・ニルセンの歌劇「仮面舞踏会」の最初の(ほぼ)全曲と、グランデールと親交のあったクヌーズ・イェペセンの「ワシとコガネムシ」。デンマーク放送のスタジオで行われた「ライヴ放送」と「ライヴ・コンサート」の録音です。グランデールは、彼が学んだニルセンの唯一のコミック・オペラを共感と情熱をもって(指)デンマーク・オペラの歌手たちと一緒になって、ニルセンらしいウィットと素朴な喜びにみちた音楽を自然な姿に展開していきます。この録音は「カール・ニルセン:歴史的録音第3集(DACOCD357-359)」に使われたのと同じ音源です。クラウス・ビューリトが新たにリマスターして収録されました。
クヌーズ・イェペセンもカール・ニルセンに学んだ音楽家のひとりです。教会音楽家、オルガニスト、作曲家、音楽学者と多面的に活動し、音楽理論の著作で世界的に名を知られています。「ワシとコガネムシ(ワシとフンコロガシ)(Ornen og skarnbassen)」は、ドイツ軍の占領から解放された4年後、1949年の作品です。「弱い者も、強い者からひどい目に遭わされたら、いつかきっと仕返しすることができる」というイソップ寓話をニルス・ムラーがデンマーク語のテキストを作り、デンマークの典型的道徳観を示す物語に激化した作品です。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC / Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。


King International
KKC-4246(2CD)
最新マスタリング!!
ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」【ステレオ録音】
アルフレート・ペル(バリトン:オットカール)、オスカル・チェルヴェンカ(バス:クーノー)、
エリーザベト・グリュンマー(ソプラノ:アガーテ)、
リタ・シュトライヒ(ソプラノ:エンヒェン)、
クルト・ベーメ(バス:カスパール)、
ハンス・ホップ(テノール:マックス)、
カール・デンヒ(バリトン:キリアン)、
ヨーゼフ・グラインドル(バス:隠者)、ほか
VPO
ウィーン国立歌劇場cho
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)

録音:1954年7月26日 フェストシュピールハウス、ザルツブルク(ライヴ)
音源提供:DISCOS, Milano
かねてからステレオ録音の存在が噂されていたフルトヴェングラーの「魔弾の射手」には、1990年の仏ロドルフ盤にはじまり、伊ヌオーヴァ・エラ、葡Gala、伊アルカディア、そして2005年の仏ターラ盤にいたるまで、「オリジナル・ステレオ録音」表示のCDが出回ってきました。これらCDの音、音声が配置等で右左にはっきり分離されているわけではないにしても、純正モノラルや疑似ステレオ(モノラル録音を人工的に加工、定位が不安定)とは明かに違う<空間を感じさせる雰囲気>があります。
今回が使用する音源は1984年に伊チェトラで発売されたLP(品番はFE-24)、ミラノのディスコス社制作のマスターテープです。このテープ、“2チャンネル・ステレオ録音”のふれこみでキングレコードが入手したものの、前年の大騒動(スカラ座の『指環』輸入LPがステレオ表示だった件)があり、こちらも疑似ステレオではないかとの推測で、キングでは2chミックス、モノラルにして発売しております(K19C9409/11)。しかし36年もの間、キングレコード倉庫に秘蔵されていたこのテープ、2005年に発売された“ステレオ表示”Tahra盤FURT1095と音像、音質がほとんど一致しています!!このターラ盤の解説書によれば、「以前にリリースされた各社のCDとは異なり、フルトヴェングラーの友人だったアルフレート・クンツ氏が個人的に収録、保管していたテープを元にして」おり"certainlyinstereo"との表示!ただしターラ盤には序曲(4:31〜8)に大きなノイズ(右チャンネルにドロップアウトと左にゴースト)があります。今回のマスターテープにはありません。(ターラ盤に使用されたクンツ氏保管のテープは仮編集段階のテープだったのではないか)
フルトヴェングラーのステレオ録音について調査を進めたところ、下記の注目すべき記事を発見しました。仏フルトヴェングラー協会会報1983年9月号 P.Jaquard氏(以下の記事翻訳、桧山浩介氏訳、レコード芸術85年2月号『名演奏家ディスコグラフィ』より)「1953,54年のザルツブルク音楽祭ではフルトヴェングラー自身の提案によって、ステージ左右にセットされた3本ずつのマイクを通じて2チャンネルで収録されていた。マスターテープのスピードは76cm/秒(2トラック)で、録音エンジニアは巨匠の娘婿にあたるアルフレッド・クンツです。」もしもその時の録音がミキシングされずに複数のテープレコーダーで録音されていたならば、それらの複数録音テープの同時多重再生で“実験的”ステレオ録音はじゅうぶん可能です。2チャンネル・レコーディング=ステレオ録音です。今回のマスターテープを精査すると、R,L両チャンネルに使われたテープは同一ではありません。異なるテープが使われています。収録音の違いはもとより、テープ自体の質、ノイズ成分等が違っています。L(左)は少しリザーブ付加があり、R(右)には数カ所微小なドロップアウトがあります。そして再生された音質は、音声はセンター付近に集中、定位し、会場音は左右に広がっています。左右別々のトラックにより、自然に臨場感、ステレオ音場が与えられております。もともとモノラル録音で親しまれてきた「魔弾の射手」の音質はフルトヴェングラー全録音のなかでも最高ランクの評価。今回のCD化では、ステレオ・マスターテープ(2ch、38cm/秒速)の使用、関口台スタジオでの細かなノイズ処理&デジタル・マスタリングで、最高音質のCDを期待できます!
ミラノのディスコス原盤で発売してきたフルトヴェングラーのザルツブルク音楽祭オペラ・ライヴ・シリーズ、その掉尾を飾る「魔弾の射手」。巨匠にとって最後のオペラ上演、巨匠が最も愛着を示したオペラであり、当時演目の渋さを理由に上演を渋る音楽祭当局を説得、実現にこぎつけたときには「聴覚が衰え、左耳はほとんど聞こえなくなっていた」というのは有名な話です。
「これはたんなるロマン派オペラではなく、このジャンルの最初の作品であり、しかも他のいかなるオペラにも増してそれを代表し、その真髄をきわめた作品であり、・・このオペラはひたすら『ロマン派的に』演奏されなければならない」(フルトヴェングラー『音と言葉』、白水社1978年、芦津訳)
神秘とロマンに満ちたドイツの森へといざなう序曲冒頭のホルン合奏、「ボヘミア風ワルツ」等にウィーン・フィルが奏でる優美で香りゆたかな旋律、透明で清らかな歌声のグリュンマー「アガーテの祈り」、狼谷のシーンにおける巨匠の力強く迫力ある音楽、ウィーン国立歌劇場合唱団が歌う「狩人の合唱」など、聴かせどころ満載です。ほれぼれとするほどいい音!ステレオ録音でお楽しみください。
日本語解説書(浅里公三氏の

ARTHAUS
10-9433DVD
(DVD+2CD)
ビゼー:歌劇「カルメン」 クラウデ・アイヒェンベルガー(カルメン)、グザヴィエ・モレノ(ドン・ホセ)、エリッサ・フーバー(ミカエラ)、ジョーダン・シャナハン(エスカミーリョ)、ウィンストン・R・アルノン、ヨン・クォン(スニガ)、ニ(フラスキータ)、エレオノーラ・バッキ(メルセデス)、アンドリース・クローテ(レメンタード)、カール・ラムシュタット(モラレス)、ナザリー・サディフスキー(ダンカイロ)
マリオ・ヴェンツァーゴ(指)
ベルンSO
ベルン劇場コンサートcho(合唱指揮:ショルト・チェトナー)
ケーニッツ児童合唱(合唱指揮:アネット・レスト)
演出:ステファン・マルキ
舞台&衣装:フィリップ・フュールホーファー

収録:2018年4月、ベルン劇場(ライヴ)
画 面:16:9, N T S C
音声:PCMステレオ
言 語:フランス 語
字 幕:英 独 仏,日本語
155分
スイスのメゾソプラノ歌手クラウデ・アイヒェンベルガーをタイトルロールに迎えて2018年ベルン劇場で上演されたビゼーのオペラ「カルメン」のDVD とCDのセットがリリースされます。 本上演は、パリのオペラ・コミークでの上演を前提に作曲したビゼーのオリジナル版です。演出は、今シーズンよりコットブス州立劇場の音楽監督に就任し たステファン・マルキ。彼の解釈では、カルメンは死を切望する女性であり、誘惑は強さを意味し、献身は破滅を意味するよう対照的に描かれています。愛 と死は、カルメンの感情を具現化するため、ダンサーによって表現されています。指揮者のマリオ・ヴェンツァーゴは、 ドイツの音楽学者フリッツ・エーザー の研究に基づいており、音楽に新たな深みを与えています。そしてフィリップ・フュールホーファーによる舞台装置は、鏡のキャビネットの中に歌手を配置し、 視点と暗示をミザナビーム(入れ子構造)のようになっています。 (Ki)

Chandos
CHAN-20155(1CD)
イタリアのオペラ・アリア集
ヴェルディ:歌劇 「運命の力」より 「神よ、平和を与えたまえ!」
 歌劇 「椿姫」より 「ああ,そはかの人か」&「いつも自由でいなければ(花から花へ)」
プッチーニ:歌劇 「ラ・ボエーム」より 「あなたの愛の呼ぶ声に」
ドニゼッティ:歌劇 「アンナ・ボレーナ」より 「あなたたちは、泣いているの?」&「あの場所に連れて行って」
ヴェルディ:歌劇 「仮面舞踏会」より 「私の最後の願い」
 歌劇 「リゴレット」より 「慕わしい人の名は」
 歌劇 「椿姫」より 「さようなら過ぎ去った日よ」
ベッリーニ:歌劇 「ノルマ」より 「清らかな女神よ」
プッチーニ:歌劇 「修道女アンジェリカ」より 「母無しで」
 歌劇 「蝶々夫人」より 「ある晴れた日に」、「私の坊や」
リンダ・リチャードソン(S)、
ジョン・ウィルソン(指)、
シンフォニア・オヴ・ロンドン

録音:2019年9月2日ー7日、セント・オーガスティン教会(キルバ―ン、ロンドン)
指揮者、編曲家、そしてライト・ミュージックやアメリカ音楽のスペシャリストとして活躍する名指揮者、ジョン・ウィルソン。ウィルソンが再結成した「シンフォニア・オヴ・ロンドン」とは、コルンゴルトの「交響曲嬰ヘ調 Op.40」(CHSA5220)で「BBCミュージック・マガジン賞2020」の管弦楽部門賞を受賞、レスピーギの「ローマ三部作(CHSA5261)」はレコード芸術、グラモフォン誌、BBCミュージック・マガジンでそれぞれ「特選盤」に選ばれるなど、絶大な評価を獲得しています。
そんな絶好調のジョン・ウィルソン&シンフォニア・オヴ・ロンドンによる新録音は、1997年から2005年までイングリッシュ・ナショナル・オペラ(ENO)のプリンシパルを務め、英国とヨーロッパ全土で活躍する名ソプラノ、リンダ・リチャードソンが歌うイタリアのオペラ・アリア集。モンテヴェルディからワーグナーまで、オペラとオラトリオの両面で幅広く活動してきたリチャードソンが、長いキャリアの中で特別な愛と親和性を見出してきたというイタリア・オペラの主役たち。「運命の力」、「椿姫」、「ラ・ボエーム」、「ノルマ」、「蝶々夫人」など、イタリア最高のオペラを彩る多種多様なヒロインたちの豊かな愛と喪失の表現を、リンダ・リチャードソンの歌声とシンフォニア・オヴ・ロンドンの優れた演奏で贈ります。

仏Bel Air
BAC-175(DVD)
NX-D03

BAC-475(Bluray)
NX-D03
ワーグナー:歌劇「ローエングリン」 ローエングリン…ミヒャエル・ケーニヒ(T)
エルザ・フォン・ブラバント…シモーネ・シュナイダー(S)
フリードリヒ・フォン・テルラムント…マーティン・ガントナー(Br)
オルトルート…オッカ・フォン・デル・ダメラウ(Ms)
ハインリヒ・デア・フォーグラー…ゴラン・ユーリッチ(Bs)
王の伝令…石野繁生(Bs)ほか
シュトゥットガルト州立歌劇場O&cho
コルネリウス・マイスター(指)
演出…アールパード・シリング

収録:2018年10月 シュトゥットガルト州立歌劇場
収録時間:223分
字幕:日本語、英、仏、独、西、韓
映像:16:9 NTSC All Region
片面2層(DVD-disc1、Blu-ray) 
片面1層(DVD-disc2)
Full HD(Blu-ray)
音声:PCM 2.0(DVD、Blu-ray)
斬新なプロダクションで欧州のオペラシーンに話題を呼ぶシュトゥットガルト州立歌劇場から、コルネリウス・マイスターが2018年に同歌劇場の音楽監督就任直後に収録さ れた「ローエングリン」が登場。ハンガリー出身の演出家アールパード・シリングによるステージは、「白鳥の騎士による救国の物語」というこの作品の神話的な表層を剥ぎ取 り、人間の責任と信頼への問い、個人と集団の葛藤をそこから抽出するという大胆な読み替え演出(幕切れのエルザの死も、同胞による裏切り者の処刑となる!)。演出 家の意図に呼応した指揮者とオーケストラ、粒ぞろいの歌手陣そしてその実力を高く評価される同劇場合唱団が、この問題作を充実した響きの中に熱く描き出していま す。

ORFEO
MP-2001(2CD)
NX-A13
グルック:オペラ・ガラ

【CD1】
(1)歌劇「アルチェステ」 より (1776年 パリ版) GluckWV1.46 
フランス語歌唱

(2)歌劇「タウリスのイフィゲニア」より (1779年 パリ版) GluckWV1.48
フランス語歌唱

(3)歌劇「中国人」より GluckWV1.17

【CD2】
(1)歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」より(1762年 ウィーン版)
GluckWV1.30

(2)歌劇「パリーデとエレーナ」より GluckWV1.41

(3)歌劇「メッカの巡礼、または思いがけないめぐり合い」より GluckWV1.33
【CD1】
(1)ジェシー・ノーマン(S)、ニコライ・ゲッダ(T)、ロバート・ギャンビル(T)、セルジュ・ボド(指)バイエルンRSO&cho、録音:1982年6月7-18日 バイエルン放送第1スタジオ、ミュンヘン、ドイツ
(2)フランコ・ボニゾッリ(T)、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)、ピラール・ローレンガー(S)、ランベルト・ガルデッリ(指)ミュンヘン放送O、バイエルン放送cho、録音:1982年9月25日-10月6日 バイエルン放送第1スタジオ、ミュンヘン、ドイツ
(3)トーマス・モーザー(T)、アレクサンドリナ・ミルチェヴァ(A)、カーレン・エリクソン(S)、ランベルト・ガルデッリ(指)ミュンヘン放送O、録音:1983年6月22,26日 バイエルン放送第1スタジオ、ミュンヘン、ドイツ
【CD2】
(1)ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)、エリザベート・セーデルストレム(S)、ルート=マルグレート・ピュッツ(S)、フェルディナント・ライトナー(指)ケルン放送cho、カペラ・コロニエンシス(古楽器使用)、録音:1964年11月8日 ライヴ(MONO)
(2)イレアナ・コトルバシュ(S)、シルヴィア・グリーンベルグ(S)、フランコ・ボニゾッリ(T)、ローター・ツァグロセク(指)ORF響、録音:1983年6月20-25日 Funkhaus, Vienna, Austria
(3)ジュリー・カウフマン(S)、ロバート・ギャンビル(T)、ヤン=ヘンドリック・ローテリング(Bs)、レオポルド・ハーガー(指)ミュンヘン放送O、録音:1990年9月18-27日バイエルン放送第1スタジオ、ミュンヘン、ドイツ
この2枚組は、グルックの数多い歌劇の中から7つの作品の聴きどころをまとめたもの。どれもORFEOレーベルが誇る名演からの抜粋です。中でも、1964年録音の「オルフェオとエウリディーチェ」は、1954年に設立されたばかりのカペラ・コロニエンシスを名匠フェルディナント・ライトナーが指揮したという記念碑的演奏のライヴ。古楽器による演奏がまだ充分認知されていなかった時代の先鋭的な演奏。モノラル録音ではありますが、奏者と歌手たちの迫真の息遣いが伝わります。他は1980年代から1990年までに収録された演奏で、ジェシー・ノーマンやフランコ・ボニゾッリ、イレアナ・コトルバシュら、当時を代表する名歌手たちが登場。個性的な歌唱を存分に楽しむことができます。

BMC
BMCC-D-278(1CD)
ペーテル・エトヴェシュ:歌劇 「無血」 ペーテル・エトヴェシュ(指)
ハンガリー国立PO、
ヴィクトーリア・ヴィジン(Ms)、
ジョーダン・シャナハン(Br)

録音:2018年2月10日、ベーラ・バルトーク国立コンサート・ホール(ブダペスト芸術宮殿)
現代ハンガリーを代表する作曲家の1人、ペーテル・エトヴェシュ(1944−)の10番目のオペラ「無血(Senza Sangue/Without blood)は、アレッサンドロ・バロッコによる同名の小説を基に、エトヴェシュの作曲と、妻であり共同制作者マリ・メゼイの台本で製作された1幕のオペラ。バルトークのオペラ「青髭公の城」と共同で上演されることを目的として作られており、このアルバムでは、作曲者自身の指揮によって2018年に行われたブダペスト芸術宮殿(MUPA Budapest)での初演の模様を収録。

CALLIOPE
CAL-2075(1CD)
ヴィオリカ・コルテス〜オペラ座での生涯
ビゼー:歌劇「カルメン」より セギディーリャ、カルタの歌
グノー:歌劇「サッフォー」より おお、私の不滅の竪琴よ
サン=サーンス:歌劇「サムソンとダリラ」より 春は目覚め
ラロ
:歌劇「イスの王様」より マルガレードのアリア
ボンドヴィル:歌劇「アントワーヌとクレオパトラ」より 孤独の痛み
ロッシーニ:歌劇「セミラーミデ」より ああ、あの日を絶えず思い出す
ドニゼッティ:歌劇「ファヴォリータ」より いとしいフェルナンドよ
ヴェルディ:歌劇「ル・トルヴェール」(歌劇「イル・トロヴァトーレ」)より 炎は燃えて
ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」より おお、むごい運命
ヴェルディ
:歌劇「サン・ボニファチオ伯爵オベルト」より 甘い日
ヴィオリカ・コルテス(Ms)、
ルイ・ド・フロマン(指)
ルクセンブルク放送O
ルーマニア出身で後にフランスへと帰化し、1970〜80年代にキャリアの絶頂期を迎えた世界的メゾ、ヴィオリカ・コルテス(1935−)。 このル・ド・フロマンとルクセンブルクRSOとの共演によるレコーディングは、そのキャリアの最も充実していた時期に録音されたコルテス唯一の「アリア集」。 フランスの「リリック・ディスク・国際アカデミー」でグラン・プリを受賞した名唱です。

C Major
80-3208(DVD)
KKC-9611(DVD)
国内盤仕様
税込定価

80-3304(Bluray)
KKC-9610(Bluray)
国内盤仕様
税込定価
ベートーヴェン:歌劇『フィデリオ』(1806年版) ニコール・シュヴァリエ(レオノーレ=フィデリオ)
エリック・カトラー(フロレスタン)
ガボール・ブレッツ(ドン・ピツァロ)
クリストフ・フィシェッサー(ロッコ)
メリッサ・プティ(マルツェリーネ)
ベンジャミン・ヒューレット(ヤキーノ)
カロリー・セメレディ(ドン・フェルナンド)
ヨハネス・バンベルガー(囚人1)
ドゥミトル・マダラサン(囚人2)
マンフレート・ホーネック(指)
ウィーンSO
アルノルト・シェーンベルクcho
演出:クリストフ・ヴァルツ

収録:2020年6月、アン・デア・ウィーン劇場、ライヴ
◆DVD
画面:NTSC,16:9
音声:PCMステレオ、DTS5.1
リージョン:All、DVD9
字幕:英仏韓,日本語、原語:ドイツ語
130 分
◆Bluray
画面:HD,1080i,16:9
音声:PCMステレオ、DTS-HD MA5.1
リージョン:All、BD:50
字幕:英仏韓,日本語
原語:ドイツ語、130 分
2020年3月に、アン・デア・ウィーン劇場で上演予定だったクリストフ・ヴァルツ演出によるベートーヴェンの『フィデリオ』。しかし新型コロナウィル ス感染拡大により公演は中止されてしまいましたが、ここに映像として残されました。 本上演は、オスカー俳優であるオーストリア出身のクリストフ・ヴァルツが手掛けています。ヴァルツは、作曲家兼指揮者であった継父の影響もあって10 代の頃までは週に2度オペラを鑑賞していたこともあり、アントワープとゲントでオペラ・フランデレンが上演したヴェルディの『ファルスタッフ』で監督を 務め、オペラ演出はこれで3作目。また舞台装置は、世界的な建築事務所を手掛けるバルコウ・ライビンガーの息をのむようなセット。ハリウッドでも活 躍しているヘンリー・ブラハムによる映画的な照明、マンフレート・ホーネック指揮によるウィーンSOのダイナミックな演奏、そして実力派の歌唱陣 による見ごたえのある映像です。レオノーレには、オペルンヴェルト「オブ・ザ・イヤー2020」の若手アーティストに選出されたニコール・シュヴァリエ。リッ ク・テノール エリック・カトラーが演じるフロレスタン。そのほか、ガボール・ブレッツ(ドン・ピツァロ)、クリストフ・フィシェッサー(ロッコ)、メリッサ・ プティ(マルツェリーネ)の強力なアンサンブルは忘れがたい舞台です。 ベートーヴェン唯一のオペラ『フィデリオ』には、現在の主なレパートリーとなっている1814年の『フィデリオ』、1806年第2稿、1805年第1稿の『レオノー レ』の3つの稿が存在しています。ベートーヴェンは1805年第1稿初演当初から「レオノーレ」というタイトルでの上演を希望していましたが、興業主 側が他の作曲家による前作と区別するために「フィデリオ」というタイトルで上演するよう要求しました。1806年のベートーヴェンの自費出版による台本、 および1810年出版のヴォーカル・スコアにはタイトルは「レオノーレ」をあり、現在では一般に最初の2つの稿を「レオノーレ」、そして第3稿にあたる 現行の稿を「フィデリオ」と呼んでいますが、呼称は少なからず錯綜しています。本作は、1806年版で第2稿にあたります。


King International
KKC-4240(2CD)
最初期LPの良好マスターから復刻
ヴェルディ
:歌劇「オテロ」
ラモン・ヴィナイ(テノール:オテロ)、
パウル・シェフラー(バリトン:イヤーゴ)、
アントン・デルモータ(テノール:カッシオ)、
カルラ・マルティニス(ソプラノ:デズデーモナ)、
ジークリンデ・ワーグナー(アルト:エミーリア)、
アウグスト・ヤレシュ(テノール:ロデリーゴ)、
ヨーゼフ・グラインドル(バス:ロドヴィーコ)
、ゲオルク・モンティ(バス:モンターノ)ほか
ウィーンPO、ウィーン国立歌劇場cho
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)

録音:1951年8月7日 フェストシュピールハウス、ザルツブルク(ライヴ)
音源提供:DISCOS, Milano
国内発売旧LP:セブンシーズGT-7101/3(1980.3.21)(オリジナルLPはチェトラLO-6)
国内製造品。日本語帯・解説付
米MRF、米ワルター協会についで、LP発売された伊チェトラ盤(LO-6)。ミラノ、ディスコス社制作のこの音源をキングレコード(セブンシーズ・レーベル) は1980年に国内発売しましたが、CD化は他社に先行され、マスターテープはキングレコードの倉庫に眠ったまま。今回、このアナログテープ(2トラック、 38cm/秒)から、キング関口台スタジオで40年ぶりにデジタル・マスタリング&初CD化。音はかつてないほど鮮明、明瞭です!欧州のいくつかのレーベルで は疑似ステ処理したCDが出回りましたが、こちらは真正モノラル録音。迫力ある芯のしっかりした音をお聴き下さい。
以下、フルトヴェングラーのディスク批評の2大名著より。 「フルトヴェングラーの「オテロ」は、総譜に交響楽的な要素が多く含まれているために、貴重な記録となり、珍品となることを免れています。フルトヴェングラーは 「オテロ」を壮大な交響詩として振っており、それゆえ歌手たちは単なる焦点ではなく、全体を形作る印象的な要素に昇格した。」(ジョン・アードイン著、藤井留美訳「フルトヴェングラー・グレート・レコーディングズ」音楽之友社刊、2000年) 「フルトヴェングラーのオテロは巨人的な力を持った演奏で、オーケストラ・パートはその異質なアクセントにもかかわらず、いつもよりは、はるかに見事に演奏 されています。・・・(中略)フルトヴェングラーの二つの崇高な特性、すなわち、長大な作品をひとつの全体として造型する能力と、耐え難い緊張のクライマックス を設定する能力が、ここに最高に示されています。さらには伴奏者としてのみごとな特質が加わっています。まことに偉大な演奏というべきです。」(ピーター・ピ リー著 横山一雄訳「レコードのフルトヴェングラー」音楽之友社刊、1983年)
日本語解説書(浅里公三氏のライナーノーツ)付。歌詞対訳は弊社HP(WEBサイト)に掲載。(ブックレットに記載するパスワードを入力してください)。 (Ki)

オクタヴィア
OVCL-00745(1CD)
税込定価
モーツァルト:音楽劇「バスティアンとバスティエンヌ」K.50
聖墓の音楽 K.42(35a)
モーツァルト・シンガーズ・ジャパン【天使:鵜木 絵里(S)、魂:宮本 益光(Br)、バスティアン:望月 哲也(T)、バスティエンヌ:鵜木 絵里(S)、コラ:宮本 益光(Br)】
田 恵子(P) 
山口佳代、中野 恵奈(コレペティートル)

録音:2019年9月24、25日埼玉・富士見市民文化会館(キラリふじみ)
全曲歌詞対訳付
モーツァルトをこよなく愛する音楽家たちで結成された「モーツァルト・シンガーズ・ジャパン」 (MSJ)が、ますます魅力と活力を放っています!今作は「コジ・ファン・トゥッテ」「ドン・ジョヴァン ニ」に続くシリーズ第3弾。 MSJメンバーの「少年モーツァルトと思い切り遊びたい」の言葉どおり、12歳神童の中にあざやか に滑りこみ、愉悦はじけるジングシュピール(音楽劇)が展開、光彩あふれる歌にオモチャも参加 しMSJの面目躍如たる楽しさ満載。後半の「聖墓の音楽」は、11歳のモーツァルトの楽才を知るカ ンタータで、こちらも貴重な新録音。 バスティアンは1768年のオリジナル・ヴァージョン、聖墓の音楽も1767年のオリジナル・ヴァージョ ンを踏襲しています。(オクタヴィア)

KLARTHE
KLA-064(1CD)
炎の恋人〜フランス・オペラ・アリア集
(1)マスネ:サンドリヨン〜第3幕「やっと着いた」
(2)サン=サーンス:ヘンリー8世〜第4幕「おお残酷な記憶!」
(3)マスネ:ル・シッド〜第3幕「恐ろしい決闘のため心は打ちひしがれ…泣け、泣け、わが瞳よ」
(4)ベルリオーズ:ファウストの劫罰〜第4部「愛の激しい炎は」
(5)グノー:サッフォー〜第3幕「私はどこにいるの?…わが不滅の竪琴よ」
(6)マスネ:ウェルテル〜前奏曲/第3幕「手紙の歌」/「さあ、私を泣かせて」
(7)アレヴィ:ユダヤ女〜第2幕「彼が来るわ!恐怖で震える!」
(8)ビゼー:カルメン〜第1幕 ハバネラ
(9)グノー:シバの女王〜第3幕「やっと一人になれたわ!」
カリーヌ・デエ (Ms)
ジャン=フランソワ・ヴェルディエ(指)
ヴィクトル・ユーゴー・フランシュ・コンテO

録音:2018年5月/ブザンソン地方音楽院
1972年生まれのフランスのメゾ・ソプラノ、カリーヌ・デエ待望のアリア集。現在フランス内外のオペラハウスでひっぱりだこの人気ですが、このアルバ ムは彼女十八番のフランス・オペラ中の魅力的なアリアを集めたもので、まさにおいしいところ取りと申せましょう。デエならではのまろやかでシルクのよう な声の美しさもさることながらドラマティックな迫力も満ち、引き込まれます。 (Ki)

ANALEKTA
AN-29137(1CD)
ヴィヴァルディ〜光と影
歌劇 「ファルナーチェ」 RV.711より 「凍りついたようにあらゆる血管を」
歌劇「テルモドンテのエルコーレ」より 「ささやく春のそよ風よ」
ヴァイオリン・ソナタ イ短調 Op.2-12, RV.32より 第1楽章(ハープ独奏版)
歌劇 「ジュスティーノ」 RV.717より 「Vedro con mio diletto」
歌劇 「ファルナーチェ」 RV.711より 「Da quel ferro」
オーボエ・ソナタ ハ短調 RV.53より ラルゴ(トラヴェルソと通奏低音のためのニ短調版)
歌劇 「バヤゼット」 RV.703より 「辱められた花嫁」
歌劇 「ポントの女王アルシルダ」 RV.700より 「Ben conosco a poco」
オーボエ・ソナタ ハ短調 RV.53より アンダンテ、アレグロ(トラヴェルソと通奏低音のためのニ短調版)
ソプラノ、トラヴェルソと通奏低音のためのカンタータ 「疑惑の影に」 RV.678
ミリアム・ルブラン(S)、
アンサンブル・ミラビリア〔グレゴワール・ジャイ(Fl)、アントワーヌ・マレット=シェニエ(バロック・トリプル・ハープ)、マリー=ミシェル・ボーパルラン(Vc)〕

録音:2020年2月17日−20日、サン=テュベール(カナダ)
シャーブルック大学とマギル大学を卒業し、多彩で柔軟な声でカナダの数々のコンクールで入賞、古楽分野でも活動するソプラノ、ミリアム・ルブランと、古楽器アンサンブル「ミラビリア」によるヴィヴァルディ。「光と影(Luce e Ombra)」というタイトルで、ヴィヴァルディのオペラ・アリア、室内カンタータ、ソナタからのアレンジ作品を組み合わせ、ヴィヴァルディの光と闇、幸福と悲しみ、喜びと絶望など対照的なスタイルを描きます

ACCENTUS Music
ACC-60506BD
(4Bluray)

ACC-70506DVD
(4DVD)
チューリヒ歌劇場オペラ映像集


■Disc1
ベッリーニ:歌劇「カプレーティとモンテッキ」


■Disc2
ベルク:オペラ「ヴォツェック」


■Disc3
マスネ:歌劇「ウェルテル」


■Disc4
レハール:オペレッタ「微笑みの国」
■Disc1:(字幕:独英仏韓,日本語,収録時間:139:03)
ジョイス・ディドナート(ロメオ/メゾソプラノ)、オルガ・クルチンスカ(ジュリエッタ/ソプラノ)、バンジャマン・ベルネーム(テバルド/テノール)、ロベルト・ロレンツィ(ロレンツォ/バス・バリトン)、アレクセイ・ボトナルチューク(カペッリオ/バス・バリトン)、ゲオルギ・プチャルスキ(同伴者)、ファビオ・ルイージ(指)フィルハーモニア・チューリッヒ
チューリッヒ歌劇場cho
収録:2015年6月スイス、チューリヒ歌劇場(ライヴ)
■Disc2:(字幕:仏英韓,日本語,収録時間:100:58)
クリスティアン・ゲルハーヘル(バリトン:ヴォツェック)、ブランドン・ヨヴァノヴィッチ(テノール:鼓手長)、マウロ・ペーター(テノール:アンドレース)、ヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケ(テノール:大尉)、ラルス・ヴォルト(バス:医者)、グン=ブリット・バークミン(ソプラノ:マリー)、ファビオ・ルイージ(指)フィルハーモニア・チューリッヒ
チューリッヒ歌劇場cho
収録:2015年9月チューリッヒ歌劇場、ライヴ
■Disc3:(字幕:独英韓,収録時間:137:36)
ファン・ディエゴ・フローレス(ウェルテル)、アンナ・ステファニー(シャルロット)、アウドゥン・イヴェルセン(アルベール)、メリッサ・プティ(ソフィー)、チェイン・デーヴィッドソン(大法官)、マルティン・ツィセット(シュミット)、ユーリ・ツィープレ(ヨハン)、スタニスラフ・ヴォロビョフ(ブリュールマン)、ソンヨン・リー(ケートヒェン)、チューリヒ歌劇場cho、児童・少年cho、フィルハーモニア・チューリヒ コルネリウス・マイスター(指)
収録:2017年4月、チューリッヒ歌劇場
■Disc4:(字幕:独英仏韓,日本語,収録時間:103:07)
ピョートル・ベチャワ(スー・チョン殿下) 、ユリア・クライター(リーザ)、レベッカ・オルヴェラ(ミー) 、スペンサー・ラング(グスタフ・フォン・ポッテンシュタイン伯爵) 、チェイン・デイヴィッドソン(チャン) 、マルティン・ツィセット(宦官長)、ファビオ・ルイージ(指)フィルハーモニア・チューリヒ チューリヒ歌劇場cho
収録:2017年6月、チューリッヒ歌劇場(ライヴ)

◆Bluray
画面:16:9 Full HD
音声:DTS HD Master Audio、
PCMステレオ
リージョン:All
◆DVD
画面:16:9 Full HD
音声:DTS HD5.0、
PCMステレオ
1834年に創立されたチューリヒ歌劇場。座席数1100ほどの規模ではありますが、有名歌手が多数出演しており、2014年には他のヨーロッパの有 名な劇場を抑え最優秀オペラハウスに選ばれるなど(International Opera Awards)、世界のオペラハウスを牽引しています。そのチューリヒ歌劇場を 長年支えてきたのは、やり手インテンダント、アレクサンダー・ペレイラ。そして2012年からは演出家のアンドレアス・ホモキが総裁を務め、多彩なラ インナップで楽しませてくれています。 このボックス・セットは、これまでACCENTUS MUSICからリリースされていた選りすぐりのオペラ・オペレタを4作品収録しています。 愛し合う男女の悲恋の物語を鬼才クリストフ・ロイが描いたベッリーニ「カプレーティとモンテッキ」。ゲルハーヘルの迫力の演技とルイージの巧みな指揮 で鬼気迫る名演を繰り広げたベルク「ヴォツェック」。報われない恋に身を焦がす若者の苦悩をフローレスが見事に歌い上げたタチヤナ・ギュルバカ演出 のマスネ「ウェルテル」。ピョートル・ベチャワの甘美な歌声を美しい旋律と共に堪能するレハール「微笑みの国」。などどれも見逃せない上演ばかりです。 (Ki)

Naive
OP-7079(2CD)
ヴィヴァルディ:歌劇『アルジッポ』全曲RV Anh. 137(2019年ベルナルド・ティッチ批判校訂版) エウローパ・ガランテ
ファビオ・ビオンディ(指)
エメーケ・バラート(ソプラノ/アルジッポ)
マリー・リス(ソプラノ/オジーラ)
デルフィーヌ・ガルー(コントラルト/ザナイダ)
マリアンナ・ピッツォラート(コントラルト/シルヴェーロ)
ルイージ・デ・ドナート(バス/ティジファーロ)

録音:2019年10月5-8日SalaGhisleri、モンドヴィ、イタリア
ヴィヴァルディ・エディション2回目の登場であるファビオ・ビオンディ率いるエウローパ・ガランテ。本作は、ヴィヴァルディのオペラ『アルジッポ』。当代随一 の台本作家ドメニコ・ラリーによるもので、愛の憎しみ、家族の葛藤、燃え上がる感情など激しい人間ドラマが描かれています。1730年にプラハのスポルク伯 爵の劇場で初演されたものの、楽譜は東欧各地に散在し長らく行方不明でした。 2006年には全体の三分の二にあたる楽譜が発見され、2011年にダルムシュテットでついに完全版となる楽譜を発見。 本盤は、ヴィヴァルディの専門家であるベルナルド・ティッチが、存在する2種類の台本、アリアのコレクション、作者不詳のオペラ、さらに本作は当時は一般的 だった色々な作曲家の名曲を寄せ集めて再構成したパスティッチョ・オペラであったため、同時代の作曲家ペシェッティ、ハッセ、ポルポラ、ガレアッツィ、フィ オレ・エ・ヴィンチらのアリアなど、それら様々な情報をもとに精査したクリティカル・エディションとして2019年初めて完全版が録音されました。 ビオンディは同じくヴィヴァルディのパスティッチョ・オペラ『メッセニアの神託』を再構築・上演しており、ここでもヴィヴァルディのオペラの醍醐味を存分に 味わわせてくれます。

Orchid Classics
ORC-100148(1CD)
NX-B03
愛の讃歌
プッチーニ:歌劇「トスカ」第1幕: Recondita Armonia 妙なる調和
グノー:歌劇「ロメオとジュリエット」第2幕: Ah, leve-toi soleil! ああ太陽よ 昇れ
プッチーニ:歌劇「マノン・レスコー」第1幕: Donna non vidi mai こんな美しい女性は見たことない
ビゼー:歌劇「カルメン」第2幕:
La fleur que tu m’avais jetee お前が投げたこの花は
チャイコフスキー:歌劇「イオランタ」第2幕Nyet! Chary lask krasy myatezhnoy 反抗的な美しさを
ポンキエッリ(1834-1886):歌劇「ジョコンダ」第2幕 Cielo e mar 空と海
チャイコフスキー:歌劇「エフゲニー・オネーギン」第1幕 Ja liublu vas! 僕は君を愛してる
グノー:歌劇「ファウスト」第3幕 Salut! demeure chaste et pure おお、操正しく、清くあれ
ボロディン:歌劇「イーゴリ公」第2幕 Medlenno den’ugasal ゆっくりと昼はかたむ
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」第1幕 Che gelida manina 冷たい手を
ドヴォルザーク:歌劇「ルサルカ」第1幕 Vidino divna 妙なる甘美な幻よ!
レハール:喜歌劇「微笑みの国」第2幕 Dein ist mein ganzes Herz!君は我が心のすべて
ウクライナ民謡:Raven black brows, eyes like haze 烏のような黒い眉、霞のような目
ドミトロ・ポポフ(T)
ミハイル・シモニャン(指)
ベルリン・ドイツSO

録音:2018年8月20-24日
ウクライナ出身のテノール、ドミトロ・ポポフが歌うオペラ・アリア集。ポポフは2003年に「ウクライナの名誉ある芸 術家」の称号を最年少で授与された歌手であり、ベルリン・ドイツ・オペラを中心に世界中の歌劇場で活躍を 続けています。このアリア集では、彼が敬愛する歌手リヒャルト・タウバーが得意としたイタリア、フランス、ロシア 作品が中心に選曲されており、偉大な先人への憧れも感じられることでしょう。最後に置かれたウクライナ民 謡がアルバムに華を添えています。

Musique en Wallonie
MEW-1996(1CD)
リヴィーヌ・メルテンス/アリアと歌曲集
1. ボワエルデュ:歌劇「白衣の婦人」より ジェニーのクープレ「ここからあの美しい城をごらんなさい」
2. トマ:歌劇「ミニョン」より 「君よ知るや南の国」
3. マスネ:歌劇「ウェルテル」より 「さあ!涙を流させて」
4. ビゼー:歌劇「カルメン」より ハバネラ「恋は野の鳥」
5. ビゼー:歌劇「カルメン」より セギディーリャ「セビリアの砦の近くの酒場で」
6. グノー:歌劇「ロメオとジュリエット」より ステファノのアリア「どうしたい、白いきじ鳩よ」
7. グノー:歌劇「ロメオとジュリエット」より ステファノのアリア「昨日から主人をさがしまわって」 - 「どうしたい、白いきじ鳩よ」
8. オッフェンバック:喜歌劇「ジェロルスタン大公妃」より 「私の父の剣」
9. スッペ:喜歌劇「ボッカチオ」より 「こちらへ、さあごらんなさい」(仏語)
10. スッペ:喜歌劇「ボッカチオ」より 「みなさんを喜ばせるため、わたしは」(仏語)
11. R.シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」より 銀のばらの進呈の場面「地上のものとは思えぬ天上のばら」(仏語)
12. フンパーディンク:歌劇「ヘンデルとグレーテル」より 二重唱 「かわいいお城、お菓子のお城」(仏語)
13. ラヴェル:歌劇「子供と魔法」より ティーポットと中国茶碗のケーク・ウォーク「ご機嫌いかが?」(英語)
14. ラヴェル:歌劇「子供と魔法」より 「薔薇の心の君よ」 - 「2本の蛇口から」
15. ファリャ:歌劇「はかなき人生」より スペイン舞曲第1番
16. ファリャ:歌劇「はかなき人生」より スペイン舞曲第2番
17. オーギュスト・ド・ブック(1865-1937): 歌劇「エメラルドの道」より 子守歌「あなたがとても小さかった時」
18. チャイコフスキー:歌劇「スペードの女王」より ポリーナのロマンス「愛しの友達」(仏語)
19. エルネスト・モレ(1871-1949):歌曲集『うたの時間』より 「薔薇の中の薔薇」
20. ルイ・イリエ(1868-1960):喜歌劇「塩の王」より 歌のワルツ「最高の喜び」
21. エルネスト・ギロー(1837-1892):バレエ『グレトナ・グリーン』より 目隠し鬼のワルツ
22. ジョルジュ・ラウェレインス(1884-1960): バレエ『ホッピェ・エン・ホッピェ』より アメリカのダンス「アップ・ミー・アップ」
リヴィーヌ・メルテンス(Ms)

1. 王立モネ劇場O&cho、モーリス・バスタン(指)
2. 王立モネ劇場O、モーリス・バスタン(指)
3. -6. 奏者不明のピアノ伴奏(3-6)
7. 王立モネ劇場O、モーリス・バスタン(指)
8. 王立モネ劇場O&cho、モーリス・バスタン(指)/録音: 1930年
9. 10. 王立モネ劇場O、モーリス・バスタン(指)/録音: 1932年 (9-10)
11.12. アネット・タリフェール(S) 、王立モネ劇場O、モーリス・バスタン(指) (11-12)
13. アンリ・マルコッティ(T)、王立モネ劇場O、モーリス・バスタン(指)
14. アンリ・マルコッティ(T)、王立モネ劇場O、児童cho、モーリス・バスタン(指)
15. 王立モネ劇場O、モーリス・バスタン(指) /録音:1930年9月
16. 王立モネ劇場O&cho、モーリス・バスタン(指) /録音:1930年9月
17.王立モネ劇場O、モーリス・バスタン(指) /録音:1930年6月6日
18. フェルナン・フーイエンス(P) /録音: 1930年6月6日
19. フェルナン・フーイエンス(P) /録音: 1932年10月22日
20. 21. 22. 王立モネ劇場O、モーリス・バスタン(指) (20-22)

※ 特記のないものは原語歌唱と思われます。
※ 録音データ未記載のものは不明です。
1898年アントワープ(アントウェルペン)に生まれ、1968年ブリュッセルで亡くなったメゾ・ソプラノ、リヴィー ヌ(リフィーネ)・メルテンスの録音を集めたアルバム。ビゼー作品の補筆や編曲を行ったギローや、ベル ギー・ワロン地域の"国歌"ともいえる「ワロン人の歌」の作曲者ルイ・イリエによるものなど、貴重な作品も 収録。王立モネ劇場での香気漂うひとときを追憶させてくれる音源が多数収録されています。

NAXOS/映像作品
NAXOS-2.110677
(DVD)
NX-C09

NBD-0122V(Bluray)
NX-C09
ヤロミール・ヴァインベルガー(1896-1967):喜歌劇「春の嵐」全3幕(1933)
【初映像化】
イトウ…タンゼル・アクゼイベック(T)
リディア・パヴロフスカ…ヴェラ=ロッテ・ベッカー(S)
ウラディーミル・カチャーロフ将軍…シュテファン・クルト(役者)
タチアナ…アルマ・サデー(S)
ローデリヒ・ツィルビッツ…ドミニク・ケーニンガー(Br)
バルティシェフ大佐…ティノ・リンデンベルク(役者)
シバト:ホテルのコンシェルジュ…アルネ・ゴットシュリンク(役者)
カワカミ:ホテル・ボーイ…ヤニク・ヘックマン(役者)
サユリ…マルティーナ・ボッローニ(ダンサー/役者)
ストロツキー隊長…ザッシャ・ゲーペル(役者) 他
ベルリン・コーミッシェ・オーパーのダンサーたち
ジョーダン・デ・スーザ(指)
ベルリン・コーミッシェ・オーパーO

収録 2020年1月25日 ベルリン・コーミッシェ・オーパー

収録時間:154分
ドイツ語歌唱
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
映像:16/9 NTSC All Region 片面2層(DVD×2、Blu-ray)
1080i High Definition(Blu-ray)
音声:LPCM 2.0 & DTS Digital Surround 5.1(DVD)
LPCM 2.0 & DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
日露戦争真っ只中、スパイとして活動する日本人将校イトウ。彼は中国人の使用人になりすまし満州のロシア軍司令部に潜入、そこでかつて 愛を誓いあったサンクトペテルブルク社交界の華、未亡人リディアと再会します。イトウはリディアを通じて、彼女に想いを寄せるロシア軍の司令官 カチャーロフから軍事機密の合言葉を聞き出しますが、それは偽情報。イトウは捕えられ、リディアの裏切りをなじりつつも脱走に成功し日本に帰 国します。やがて戦争が終わり、イトウは日本の講和団の一員として再び満州を訪れ、カチャーロフとリディアに再会しますが... チェコ生まれ、ドイツ、アメリカで活躍したヤロミール・ヴァインベルガーによるオペレッタ「春の嵐」は、ヒトラー政権掌握の年1933年、ベルリンで初演 されたのもつかの間、ナチスによって上演継続を禁止され、そのスコアもほぼ失われました。今回ベルリン・コーミッシェ・オーパーによる上演のために ノーベルト・ビアマンがピアノ譜や残存するパート譜から作品を再構成、編曲。2017年のバイロイト音楽祭でカタリーナ・ワーグナーの招聘により 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を演出し、現在世界中で最も引く手あまたの演出家の一人バリー・コスキーが演出を担当した87年ぶりのこ の作品の蘇演の舞台は大きな話題となりました。日本人将校イトウに若々しい声が魅力のタンゼル・アクゼイベック、ヒロインの美しきリディアを妖 艶に歌い演ずるヴェラ=ロッテ・ベッカー、ロシアの将軍カチャーロフを演ずる名優シュテファン・クルトら主役から脇役に至るまで粒ぞろいの歌手と役 者を揃え、ジョーダン・デ・スーザの明快かつ情感豊かなタクトが、J.シュトラウスやレハールに代表される中欧の喜歌劇の伝統に、20世紀初頭の アメリカのダンス音楽を融合させたヴァインベルガーのジャズ・オペレッタを見事に蘇らせています。
NAXOS/映像作品
NAXOS-2.110676
(DVD)
NX-C09

NBD-0123V(Bluray)
NX-C09
アントニオ・チェスティ(1623-1669):歌劇「ラ・ドーリ」 
【初映像化】
ドーリ…フランチェスカ・アスチオーティ(Ms)
オロンテ…ルペルト・エンティクナツプ(C.T)
アルタセルセ…フェデリコ・サッキ(Bs)
アルシノーエ…フランチェスカ・ロンバルディ・マッズーリ(S)
トロメオ…エメケ・バラート(S)
アルセーテ…ブラッドリー・スミス(T)
エラスト…ピエトロ・ディ・ビアンコ(Bs-Br)
ディルチェ…アルベルト・アレグレッツァ(T)
ゴロー…ロッコ・カヴァルッツィ(Bs)
バゴア…コンスタンティン・デッリ(C.T)
オッタヴィオ・ダントーネ(指)
アカデミア・ビザンチナ

収録 2019年8月21,24,26日インスブルック古楽音楽祭
収録時間:164分
イタリア語歌唱
字幕:日本語・英語・イタリア語・ドイツ語・韓国語
映像:16/9 NTSC All Region 片面2層(DVD、Blu-ray)
1080i High Definition(Blu-ray)
音声:
LPCM 2.0 & DTS Digital Surround 5.1(DVD)
LPCM 2.0 & DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
17世紀の作曲家チェスティ。ローマでカリッシミに師事しフィレンツェでオペラ作曲家として大活躍した後、インスブルックの宮廷楽長を経て1666年 にはウィーン宮廷副楽長に就任、その地で生涯を終えました。 この歌劇「ラ・ドーリ、または高貴な奴隷」は、ユーフラテス川沿いのバビロンを舞台にした物語。ニカイア王女ドーリは幼い時にペルシア王子オロン テと婚約しますが、後に海賊によってエジプトへ連れ去られ、エジプト王女として育てられます。成長したドーリとオロンテはエジプトで再会するも、オ ロンテは父王が危篤になりペルシアへ呼び戻され、オロンテを追って男装してペルシアに渡ったドーリは盗賊につかまり、奴隷として売られます。数 奇な運命のいたずらにコミカルなエピソードを挟みつつ、物語は最後にドーリとオロンテの再会で結ばれます。 この歌劇は1657年にチェスティが奉職していたインスブルックの宮廷で初演された後、イタリアではメディチ家の結婚式の祝祭のために上演された ほか、各地で次々と上演され高い人気を誇りました。この映像は2019年、チェスティの没後350年を記念して、作曲家所縁の地インスブルック での上演記録です。高度な技巧を駆使したソリストたちの軽やかな歌を始め、17世紀作品の演奏で定評のあるダントーネと、アカデミア・ビザン チナのアンサンブルが、時の流れの中で遠景に退いていた名作を現代に生き生きとよみがえらせています。

NCA
NCA-60216(2CD)
フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 マルティン・ハーゼルベック(指)、
カペラ・イストロポリターナ
クラウス・カットラー(Br)、ロメリア・リヒテンシュタイン(S)、スザンヌ・クロイシュ(Ms)、ベルナルダ・ボブロ(S)、イルムガルト・フィルスマイアー(S)、アレクサンドラ・ザモイスカ(S)

録音:2009年7月30日−8月1日、ラインスベルク音楽祭、ライヴ音源(ドイツ)
指揮者、作曲家、オルガン奏者として活躍しリストやベートーヴェンのピリオド演奏で名高いハーゼルベック。ヨーロッパの若きオペラ歌手の登竜門として知られている、ドイツの「ラインスベルク音楽祭」のライブ音源です。

C Major
75-4707
(Ultra HD Bluray)
ヴェルディ:歌劇「イル・トロヴァトーレ」 アンナ・ネトレプコ(レオノーラ/ソプラノ)
ユシフ・エイヴァゾフ(マンリーコ/テノール)
ルカ・サルシ(ルーナ伯爵/バリトン)
ドローラ・ザジック(アズチェーナ/メゾ・ソプラノ)
リッカルド・ファッシ(フェルランド/バス)
エリザベッタ・ツィッツォ(イネス/ソプラノ)
カルロ・ボージ(ルイス/テノール)
ダリオ・ジョルジェーレ(老ロマ/バス)
アントネッロ・セロン(使者/テノール)
ピエル・ジョルジョ・モランディ(指)
アレーナ・ディ・ヴェローナO&cho、同バレエ団
演出&舞台:フランコ・ゼッフィレッリ
衣装:ライモンダ・ガエターニ
振付:エル・カンボリオ(ルチア・レアルによる復元)
映像監督:ティツィアーノ・マンチーニ
収録:2019年7月4日、7日アレーナ・ディ・ヴェローナ(ライヴ)

4K(2160p)
ULTRA HD 16:9
音声:PCM Stereo DTS-HD
Master Audio5.1
原語:イタリア 語
字幕:伊 英 仏 西 韓,日本語
リージョン:All、157分
古代ローマ時代に造られた屋外闘技場の跡地「アレーナ・ディ・ヴェローナ」を会場とした野外オペラ・フェスティバルは毎年夏、10週間に渡って行われます。 街の中心にある「アレーナ」の収容人数は16,000人。世界最大の野外オペラ劇場として、マリア・カラスをはじめ、オペラ界のスターでこの舞台に立っています。 本作は、2019年7月に上演されたヴェルディ中期の傑作「イル・トロヴァトーレ」。アンナ・ネトレプコとユシフ・エイヴァゾフの夫婦共演、そしてイタリアが誇 る演出家フランコ・ゼッフィレッリの名プロダクションということで大きな話題となりました。ゼフィレッリはオリヴィア・ハッセー主演の映画『ロミオとジュリ エット』の監督としても知られ、その『ロミオとジュリエット』の舞台でもあるヴェローナでの上演です。しかしゼフィレッリは音楽祭開幕直前の2019年6月15 日に逝去。96歳でした。 レオノーラを歌うネトレプコ。彼女のドラマティックな声質、技巧的なフレーズもなんなく歌いこなし最高に美しく響く声は、まさに理想的。そして豊かな声量、 舞台上での抜きんでた存在感のエイヴァゾフが歌うマンリーコ。さらにゼフィレッリのずば抜けたスケールの舞台演出は壮大なヴェローナの野外劇場を大きな 感動で包み込みます。また、野外劇場ながら、歌手の歌声をマイクなしで楽しめるアレーナ・ディ・ヴェローナの音響の良さも必聴。イタリアオペラの真髄であ る旋律と声の饗宴を最高の布陣で味わうことができます。 「イル・トロヴァトーレ」の舞台は15世紀スペイン。吟遊詩人(トロヴァトーレ)のマンリーコは、宮廷女官レオノーラと愛し合っています。しかし、ルーナ伯爵 もレオノーラを愛しており、それを知った伯爵は激高しマンリーコを捕え、処刑してしまいます。しかし、マンリーコは離れ離れになった兄弟だったと判明。伯爵 家に恨みを抱いていたアズチェーナは、復讐を果たし伯爵は恐怖と失意の中幕を閉じます。 (Ki)


King International
KKC-4236(3CD)
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 チェーザレ・シエピ(バス:ドン・ジョヴァンニ)、エリーザベト・グリュンマー(ソプラノ:ドンナ・アンナ)、エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ:ドンナ・エルヴィーラ)、アントン・デルモータ(テノール:ドン・オッターヴィオ)、オットー・エーデルマン(バス:レポレッロ)、エルナ・ベルガー(ソプラノ:ツェルリーナ)、ワルター・ベリー(バス:マゼット)、デジュー・エルンスター(バス:騎士長)
ウィーン国立歌劇場cho
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)VPO

録音:1954年8月3日、フェルゼンライトシューレ、ザルツブルク(ライヴ)
注:終幕フィナーレの六重唱(と最後の拍手まで計6分間)は原盤損傷のため、前年の録音(1953年7月27日ザルツブルク)で補完。
音源提供:DISCOS,Milano
旧国内発売LP:セブンシーズGT-7089/92(1980.2.21)(オリジナルLPはチェトラLO-7)
巨匠がザルツブルク音楽祭で遺したモーツァルト3大オペラ。このなかでもっとも評価が高いのが「ドン・ジョヴァンニ」。50年盤(ゴッビ、シュヴァルツコッ プの共演)、53年盤(騎士長以外は54年盤と同じ)、本54年盤、54年映画(シュヴァルツコップがデラ・カーザに交代)と4種のこされた音源のうち、もっとも 歌手が揃っていて、音質も最高の54年盤の登場! 巨匠は冒頭の序曲から、ゆったりとしたテンポで、低弦を深く響かせ、ただならぬ雰囲気を漂わせています。最高の当たり役シエピのドン・ジョヴァンニ、棄て られた女のデリケートな心理を表現したシュヴァルツコップのエルヴィーラ、ふたりの丁々発止の共演は今なお最高の聴きもの。「カタログの歌」、「シャンパン の歌」、「セレナード(窓辺に来ておくれ)」、「薬屋の歌」など名アリアの名唱、舞踏会での饗宴の音楽が続いたあと、一転してクライマックスは地獄落ちのシーン! あまりにも有名、まさに圧巻、デモーニッシュな迫力で圧倒してやみません。
「ブリジット・プロフィが指摘したとおり、ダンスのいくつか、とくに有名なメヌエットには、説明しがたい、確かに不気味な一面がある。このオペラのあとの部 分は、予想されるとおり、一本の巨大なアーチとなって、饗宴の音楽と最終場面の石像の入りに通じています。ここでフルトヴェングラーの考え方はシンフォニッ クとなります。彼は石像の入りのトロンボーンの恐ろしい音楽を、つづくドン・ジョヴァンニとの二重唱から切り離さない。統合は完全で、最後のヴォードヴィルに よってようやく破れるが、それだけにこれは際立った対照を作り上げる結果を生んでいます。」『レコードのフルトヴェングラー』ピーター・ピリー著、横山一雄訳、 音楽之友社刊、1983年)(本書では巻末のディスコグラフィーに、下記のキング盤GT-7089/92を紹介しています)
端緒となったLPは米モルガンレコード、米ワルター協会についで発売された伊チェトラ盤 (LO-7)。ミラノ、ディスコス制作のこの音源をキングレコード(セ ブンシーズ・レーベル)は1980年に国内発売しました(GT-7089/92)。4年後(84年)チェトラは「フルトヴェングラー・エディション」シリーズを立ち上げ再 発売(FE-23)、キングではK19C-9393/6で再発売しております。しかし、CD化は他社に先を越され、マスターテープはキングレコードの倉庫に眠ってまま。 今回、このアナログテープ(2トラック、38cm/秒)から、キング関口台スタジオで40年ぶりにデジタル・マスタリング&初CD化!
音質は先に発売した「魔笛」(KKC4230/2)、「フィガロの結婚」(KKC4233/5)と比べてもさらに鮮明かつ明瞭!デジタル臭(金属的な響き)のしない自然な 質感!かつてない優良音質CDといっても過言ではありません。ただひとつ残念なことに、終幕フィナーレの六重唱(と最後の拍手まで計6分)は原盤損傷のた め、前年の録音(1953年7月27日ザルツブルク)で補完されていますが、指揮者も歌手もオーケストラも会場も共通しており、違和感はありません。
ブックレットは日本語解説(浅里公三氏のライナーノーツ)付。台詞の場面も含めて歌詞・対訳は弊社HP(WEBサイト)に掲載します。プリントアウトも可能 です!(ブックレットに記載してあるパスワードを入力してください) (Ki)

Pentatone
PTC-5186773
(1SACD)
プッチーニ:歌劇『外套』 メロディ・ムーア(ソプラノ/ジョルジェッタ)
レスター・リンチ(バリトン/ミケーレ)
ブライアン・ジャグデ(テノール/ルイージ)
カニソ・グウェンクサーヌ(テノール/流しの唄うたい)
ロクサーナ・コンスタンティネスク(メゾソプラノ/ラ・フルゴラ)
シメオン・エスパー(テノール/イル・ティンカ)
マルティン=ヤン・ネイホフ(バス/イル・タルパ)
ジョアンヌ・マリー・ドメロ(ソプラノ/恋人たち)
キム・ヨングン(テノール/恋人たち)
ライプツィヒMDR放送cho
ドレスデンPO、
マレク・ヤノフスキ(指)

録音:2019年3月/ドレスデン
精力的に演奏録音活動を行う巨匠マレク・ヤノフスキ。ドレスデン・フィルとの共演盤、マスカーニの『カヴァレリア・ルスティカー ナ』(PTC 5186772)に続く第2弾はプッチーニの『外套』です。 1918年、ニューヨークのメトロポリタン劇場で初演された1幕のオペラ『外套』は、『修道女アンジェリカ』『ジャンニ・スキッキ』を含めた3部作の第1作。 原作はディディエ・ゴルドの戯曲『外套』で台本はジュゼッペ・アダーミが手掛けました。パリのセーヌ河のほとりを舞台にしたこの作品は、荷物船の老船 長ミケーレが、妻ジョルジェッタを巡る争いがもとで部下のルイージを締め殺し、悲劇の中でオペラは終わるというショッキングな内容。この作品にプッチー ニは実に劇的なメロディとともにシンフォニックな作品に仕上げました。 当演奏のソリストはヤノフスキが信頼を寄せる歌手ばかり。ジョルジェッタ役のメロディ・ムーア、ルイージ役のブライアン・ジャグデ、ミケーレ役のレスター・ リンチなどの豪華なソリストが参加しております。豪華な歌手陣もさることながら、オーケストレーションも絶品でとりわけ弦楽器の雄弁さは圧倒的です。巨 匠ヤノフスキが描く充実の演奏です。 (Ki)

APARTE
AP-235(2CD)
モーツァルト:『救われたベトゥーリア』KV 118 クリストフ・ルセ(指)、
レ・タラン・リリク、アクサントゥス
サンドリーヌ・ピオー(ソプラノ/アミタル)
アマンダ・フォーサイス(ソプラノ/カーブリ、カルミ)
テレサ・イエルヴォリーノ(メゾ・ソプラノ/ジュディッタ)
パブロ・ベムシュ(テノール/オズィーア)
ナウエル・ディ・ピエロ(バス/アヒオール)
録音:2019年6月22-29日、7月1日/ブローニュ=ビリャンクール、ラ・セーヌ・ミュジカール
1771年、モーツァルトが15歳の時に書いた宗教劇『救われたベトゥーリア』です。モーツァ ルトによる完成された唯一のオラトリオ。台本は1734年に完成サレタメタスタージョによるもので、モーツァルト以前にも、ヨメッリらが作曲、さらにモーツァ ルト以降にはサリエリも1821年に同台本に作曲しています。モーツァルトはこの作品をアラゴナ公ヒメネスの依頼で作曲しましたが、この作品が上演された という記録は残っていません。オラトリオといっても、歌劇・セーリアを思わせるような作風で、冒頭の序曲だけとっても、15歳にしてこれだけの作品を作っ たモーツァルトの神童ぶりにあらためて驚かされるばかりです。ルセとレ・タラン・リリクの見事な管弦楽による、天才モーツァルトの唯一のオラトリオの決 定録音の登場です! (Ki)

Profil
PH-19010(25CD)
リムスキー=コルサコフ:歌劇全集


■Disc1-2
(1)プスコフの娘(1872)(全3幕)
(2)同(抜粋)〜第2幕2場/第3幕2場


■Disc3-6
(1)五月の夜(1880)(全3幕)
(2)雪娘(1881)(全4幕)


■Disc7-8
ムラダ(1890)(全4幕)


■Disc9-10
クリスマス・イヴ(1895)(全4幕)


■Disc11-12
(1)サトコ(1896)(全7場)
(2)同(抜粋)〜第4場


■Disc13 
(1)モーツァルトとサリエリ(1897)(全2場)
(2)同(抜粋)〜序奏/サリエリのモノローグ1/サリエリのモノローグ2/サリエリのモノローグ3


■Disc14-15
(1)皇帝の花嫁(1899)(全4幕)
(2)同(抜粋)〜第1幕1場グリャズノイのアリア
(3)同(抜粋)〜第1幕6場グリャズノイとリュバーシャの二重唱


■Disc16-17
(1)サルタン皇帝の物語(1900)(全4幕)
(2)同(抜粋)〜第2幕への序奏「海原を漂う王子と女王」/熊蜂の飛行/第4幕への序奏「3つの奇蹟」


■Disc18
(1)貴族夫人ヴェーラ・シュロガ(1989)(全4場)
(2)ナウシカ(1901)〜交響的前奏曲/木の精が太陽を見る
(3)セルヴィリア(1901)〜4つの断章


■Disc19
(1)不死身のカシチェイ(1902)(全3場)
(2)同〜カシチェエヴナのアリオーソ


■Disc20-21
パン・ヴォエヴォーダ(地方長官様)(1904)(全4幕)


■Disc22-25
(1)見えざる町キーテジと聖女フェヴローニャの伝説(1904)(全4幕)
(2)金鶏(1907)(全3幕)
■Disc1-2 78’13 77’58
(1)イワン雷帝:アレクサンドル・ピロゴフ(Bs)、ミハイル・トゥーチャ:ゲオルギー・ネレップ(T)、オリガ:エレーナ・シュミロワ(S)ほか、
セミヨン・サハロフ(指)ボリショイ劇場O&cho(1947年録音)
(2)イワン雷帝:マルク・レイゼン(Bs)、ワシーリー・ネボリシン(指)ボリショイ劇場O(1949年録音)
■Disc3-6 73’59 79’44 77’02 76’04
(1)ガンナ:マリヤ・マクサコワ(Ms)、パンノチカ:エリザヴェータ・シュムスカヤ(S)、レフコ:ピョートル・マリュテンコ(T)ほか、
ニコライ・ゴロワーノフ(指)モスクワRSO、cho(1946年録音)
(2)雪娘:ヴェーラ・フィルソワ(S)、クーパワ:ガリーナ・ヴィシネフスカヤ(S)、皇帝ベレンディ:イワン・コズロフスキー(T)ほか、
エフゲニー・スヴェトラーノフ(指)ボリショイ劇場O&cho(1957年録音)
■Disc7-8 76’26 78’16
レトラ公ムスチヴォイ:アレクセイ・コロリョーフ(Bs)、ヴォイスラヴァ:タチヤナ・トゥガリノワ(S)、
アルコナ公ヤロミール:ウラジーミル・マホフ(T)ほか、エフゲニー・スヴェトラーノフ(指)モスクワRSO、cho(1962年録音)
■Disc9-10 64’05 70’22
オクサーナ:ナターリヤ・シュピッレル(S)、ワクーラドミートリー・タルホフ(T)、魔女ソロハ:ニーナ・クラーギナ(Ms)ほか、
ニコライ・ゴロワーノフ(指)モスクワRSO、cho(1948年録音)
■Disc11-12 76’26 76’36
(1)サトコ:ニカンドル・ハナーエフ(T)、海王:イワン・ペトロフ(Bs)、北欧の商人:マルク・レイゼン(Bs)ほか、
ワシーリー・ネボリシン(指)ボリショイ劇場O(1946-7年録音)
(2)北欧の商人:フョードル・シャリヤピン(Bs)、ローレンス・コリングウッド(指)ローレンス・コリングウッドO
(1927年10月20日/ロンドン・クィーンズ小ホール)
■Disc13 60’17
(1)モーツァルトとサリエリ(1897)(全2場)
(2)同(抜粋)〜序奏/サリエリのモノローグ1/サリエリのモノローグ2/サリエリのモノローグ3
(1)サリエリ:ボリス・グミーリャ(Bs)、モーツァルト:コンスタンチン・オグネヴォイ(T)、
エドゥアルド・グリクロフ(指)レニングラードSO(1963年/レニングラード)ライヴ
(2)サリエリ:フョードル・シャリヤピン(Bs)、アルバート・コーツ(指)ロンドンSO(1927年10月11日/ロイヤル・アルバート・ホール)ライヴ
■Disc14-15 79’32 77’19
(1)ソバーキン:アレクサンドル・ヴェデルニコフ(Bs)、マルファ:エリザヴェータ・シュムスカヤ(S)、グリャズノイ:アレクセイ・イワーノフ(Br)ほか、
エフゲニー・スヴェトラーノフ(指)ボリショイ劇場O&cho(1958年6月20日/モスクワ)ライヴ
(2)グリャズノイ:アンドレイ・イワーノフ(Br)、キリル・コンドラシン(指)ボリショイ劇場O(1952年録音)
(3)グリャズノイ:アンドレイ・イワーノフ(Br)、ナデジダ・オブーホワ(S)、
アレクサンドル・メリク=パシャーエフ(指)ボリショイ劇場O(1947年録音)
■Disc16-17 77’47 78’12
(1)サルタン皇帝:ラヴレントリー・ヤロシェンコ(Bs)、皇妃:エカテリーナ・フョードロワ(S)、グヴィドン皇子:セルゲイ・マトヴェーエフ(T)、
セルゲイ・エリツィン(指)キーロフ(マリインスキー)劇場O&cho(1956年/レニングラード)ライヴ
(2)ニコライ・ゴロワーノフ(指)モスクワRSO(1952年録音)
■Disc18 71’43
(1)ヴェーラ・シェロガ:ソフィヤ・パノワ(S)、ナデジダ:エレーナ・グリボワ(Ms)、ウラシェヴナ:マリヤ・レーヴィナ(A)、
セミヨン・サハロフ(指)ボリショイ劇場O&cho(1947年録音)
(2)木の精T:ナターリヤ・シュピッレル(S)、木の精U:マリヤ・マクサコワ(Ms)、
ニコライ・ゴロワーノフ(指)モスクワRSO、cho(1947年録音)
(3)セルヴィリア:オリガ・ピョトロフスカヤ(S)、ヴァレリー:ゲオルギー・ネレップ(T)、エグナティ:パヴェル・リシチアン(Br)、
オニシム・ブロン(指)モスクワRSO(1951-3年録音)
■Disc19 77’13
(1)皇女:ナターリヤ・ロジェストヴェンスカヤ(S)、イワン皇子:パヴェル・リシチアン(Br)、カシチェイ:パヴェル・ポントリャーギン(T)、
サムイル・サモスード(指)モスクワRSO(1949年録音)
(2)カシチェイの娘:ザーラ・ドルハノワ(Ms)、ニーナ・スヴェトラーノワ(P)(1961年12月13日/レニングラード)ライヴ
■Disc20-21 62’48 74’55
地方長官:アレクセイ・コロリョーフ(Bs)、ヤドヴィガ:ナターリヤ・ロジェストヴェンスカヤ(S)、チャプリンスキ:アナトーリー・オルフョーノフ(T)
ほか、サムイル・サモスード(指)モスクワRSO(1951年録音)
■Disc22-25 75’21 76’49 78’58 63’48
(1)ユーリ公:イワン・ペトロフ(Bs)、フセヴォロド皇子:ウラジーミル・イワノフスキー(T)、フェヴローニャ:ナターリヤ・ロジェストヴェンスカヤ(S)
ほか、ワシーリー・ネボリシン(指)モスクワRSO、cho(1956年録音)
(2)ドドン王:アレクセイ・コロリョーフ(Bs)、シェマハの女王:ンsデジダ・カザンツェワ(S)、占星術師:パヴェル・ポントリャーギン(T)ほか、
アレクサンドル・ガウク(指)モスクワRSO、cho(1951年録音)
CD初の慶事でロシア音楽ファン、歌劇・ファン驚愕のリリースと申せましょう。
リムスキー=コルサコフは生涯に16篇の歌劇を完成させましたが、数の点からも質の高さからも立派な歌劇作曲家で、それを聴かねば彼の音楽を語 れないとも言われています。しかしチャイコフスキーの「エフゲニー・オネーギン」やムソルグスキーの「ボリス・ゴドゥノフ」に比べると上演も録音も少なく、 なかなか味わう機会がない現状でした。
現実社会の恋愛を扱うチャイコフスキーの歌劇と異なり、リムスキー=コルサコフのものはおとぎ話や民話に基づくファンタジーの世界が中心で楽しめま す。多くは王様の誤解で苦労する皇子とそれを助ける清純な少女、ずるく人間性皆無な取り巻きたちや数々の危機を乗り越えるなど韓流ドラマ風ですが、随 所に社会風刺と痛烈な皮肉を含ませているのも特徴。親しみやすい民謡風のメロディを極彩色のオーケストレーションで描く技術は神業といえます。
ここに収められているものの多くはメロディア原盤で、それもゴロワーノフやガウク、サモスードらの伝説的な名演からコンドラシンやスヴェトラーノフの貴 重な歌劇など最高の演奏によるマニア垂涎の音源が目白押し。ゴロワーノフの「五月の夜」、「クリスマス・イヴ」全曲はファン狂喜ですが、「サルタン皇帝 の物語」から有名な「熊蜂の飛行」や、未完の「ナウシカ」の交響的前奏曲といったお宝の出現にも注目です。
同様にシャリヤピンがサリエリを演じる「モーツァルトとサリエリ」の1927年10月11日ロイヤル・アルバート・ホールでのライヴも聴きもの。アルバート・ コーツ指揮ロンドンSOがバックを務めますが、コーツはロシア生まれでリムスキー=コルサコフに作曲を師事し、革命前にはマリインスキー劇場の指 揮者でもありました。ロンドンで純ロシア的な演奏を繰り広げた奇蹟の記録です。
現在録音に触れるのが困難な「ナウシカ」、「セルヴィリア」(これのみ抜粋)、「パン・ヴォエヴォーダ」も収録。歌詞訳は付いておりませんが、お買い得価格で、 資料としても一家に一セットは持っていたいBoxです。 (Ki)

Naive
OP-7080(3CD)
ヴィヴァルディ:歌劇「タメルラーノ」(バヤゼット) RV 703 バ ヤ ゼット:ブ ル ーノ・タッディア( バリトン )
タメルラーノ:フィリッポ・ミネッチャ(C.T)
アステリア:デルフィーヌ・ガルー(C.A)
イレーネ:ゾフィー・レンネル(Ms)
アンドロニコ:マリーナ・デ・リゾ(Ms)
イダスペ:アリアンナ・ヴェンディッテッリ(S)
アッカデミア・ビザンチナ
オッターヴィオ・ダントーネ(指)

録音:2020年2月7-16日、ラヴェンナ
ヴィヴァルディ・エディションから、『タメルラーノ』の登場。1735年に初演、自筆譜には「バヤゼット」というタイトルが書かれているものの、その後台 本のタイトルは「タメルラーノ」に変更されました。当時大人気だったアゴウティーノ・ピオヴェーネによる台本で、その名声はイタリアはもちろんイギリスに もとどろいており、ヘンデルもこの台本で歌劇を作曲しています(1724年)。ヴィヴァルディの自筆譜は初期稿ともいえるもので、初演後、アリアの変更(差 し替え)が生じたものの、その楽譜は残されていなかったり、リブレットのみ残されているものの5つのアリアが紛失されている、など、残されている楽譜 資料は不完全なものとなっています。この演奏では、残された資料などから再構築を試み、1735年当時の演奏で歌われたことが明らかなアリアを5つ挿入 しています。レチタティーヴォはすべてヴィヴァルディが書いたと考えられていますが、ブロスキやポルポラといった他の作曲家のアリアも入ったパスティッチョ。 しかし、ドラマ展開は完璧なものとなっていて、ヴィヴァルディの手によるものも他の作曲家のものでも、胸を打ち、かつ聴きどころ満載のアリアの連続。あっ という間に聴き通せてしまいます。 =あらすじ=ローマのスルタン、バヤゼットは、冷酷なタタールの皇帝タメルラーノに征服され、捕虜となったが、彼は挑発的に服従を拒否する。タメルラー ノはバヤゼットの娘アステリアと結婚しようとするが、アステリアはタメルラーノの盟友アンドロニコへの愛を貫こうとする。激怒したタメルラーノは極悪非道 なふるまいを展開する。最後の晩餐のシーンで、タメルラーノはアステリアとバヤゼットに毒を盛ろうとするが、阻まれます。しかしバヤゼットは自ら毒を飲む。 これによりタメルラーノは正気を取り戻し、全員の関係が再構築されていく。 (Ki)

Dynamic
DYNDVD-37848(2DVD)
NX-D05

DYNBRD-57848(Bluray)
ドニゼッティ:歌劇「ニシダの天使」 アラゴンのドン・フェルナンド…フロリアン・センペイ(Br)
ドン・ガスパール…ロベルト・ロレンツィ(Bs-Br)
レオン・ド・カサルディ…コヌ・キム(T)
シルヴィア・ド・リナレス伯爵夫人…リディア・フリドマン(S)
僧侶…フェデリコ・ベネッティ(Bs)
ジャン=リュック・タンゴー(指)
ドニゼッティ歌劇場O&cho

ドニゼッティ・オペラ・フェスティバル2019
収録:2019年11月13,16,21日ベルガモ、ドニゼッティ劇場
ドニゼッティ財団による新プロダクション

収録時間:174分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)

字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画面:16:9 REGION All(Code:0)
DVD…片面二層ディスク×2
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
*CDリリースなし
1839年に完成されたドニゼッティ初のフランス語台本による歌劇「ニシダの天使」。その初演はパリのルネサンス劇 場で計画されますが、上演直前に劇場の経営が破綻したため実現せず、その後ドニゼッティ自身が、この台本のナ ポリ王とその愛妾を巡るストーリーが検閲に抵触する懸念を抱き上演を断念、1840年に作品の素材の大半を別 の台本による「ラ・ファヴォリート」に転用し上演しました。これによって「ニシダの天使」のスコアは分割の憂き目に遭 いましたが、近年、アイルランドの音楽学者カンディダ・マンティカが、フランス国立図書館に保管されていた未整理 の残存スコアと「ラ・ファヴォリート」に転用されたスコアを分析、再構成することにより、ほぼ全曲の復元に成功。 2018年ロイヤル・オペラ・ハウスでマーク・エルダーの指揮により作曲から180年の時を経て初演され、大きな話題 となりました。 本映像は、ドニゼッティの生地ベルガモの歌劇場の平土間を舞台とし、観客はバルコニーから舞台を取り囲むという 意表を突く演出、さらに紙を使用した衣装や幻想的な照明を多用したユニークな舞台の記録です。強力な存在 感を放つ伯爵夫人役のリディア・フリドマン、彼女を愛する兵士カサルディ役の美声テノール、コヌ・キム、艶やかな 声で王を歌うセンペイら個性的な歌手たちをラインナップ。2018年に新国立歌劇場で「カルメン」を振り話題を集 めた、フランス・オペラのスペシャリスト、ジャン=リュック・タンゴーのタクトがこのオペラを見事にまとめあげています。

Profil
PH-20059(4CD)
エディション・シュターツカペレ・ドレスデン
ワーグナー:歌劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」
ハンス・ザックス:ゲオルク・ツェッペンフェルト(Bs)、ファイト・ボーグナー:ヴィターリー・コヴァリョフ(Bs)、クンツ・フォーゲルゲザング:イウリエ・チョバヌ(T)、コンラート・ナハティガル:ギュンター・ハウマー(Bs)、ジクストゥス・ベックメッサー:アドリアン・エレート(Bs)、フリッツ・コートナー:レヴァンテ・パール(Bs)、バルタザール・ツォルン:マルクス・ミーゼンベルガー(T)、ウルリヒ・アイスリンガー:パトリック・フォーゲル(T)、アウグスティン・モーザー:アダム・フランスン(T)、ヘルマン・オルテル:ルパート・グレシンガー(Bs)、ハンス・シュヴァルツ:クリスティアン・ヒューブナー(Bs)、ハンス・フォルツ:ロマン・アスタホフ(Bs)、ヴァルター・フォン・シュトルツィング:クラウス・フロリアン・フォークト(T)、ダーヴィット:ゼバスチャン・コールヘップ(T)、エーファ:ジャクリーン・ワーグナー(S)、マグダレーネ:クリスタ・メイヤー(Ms)
クリスティアン・ティーレマン(指)シュターツカペレ・ドレスデン、ドレスデン・シュターツオーパーcho、ザルツブルク・バッハcho

録音:2019年4月13日、22日/ザルツブルク祝祭大劇場(ライヴ)
2012年よりシュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者を務めるクリスティアン・ティーレマン。彼らが2019年のザルツブルク・イースター音楽祭で上 演したワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」がCD登場となります。
イェンス=ダニエル・ヘルツォークの演出、ザルツブルク・イースター音楽祭、ドレスデンのゼンパーオーパー、東京文化会館の国際共同制作で、当録音 の2019年4月13日にプルミエが行なわれ、大成功を収めました。本来なら今年2020年6月14日から大野和士指揮で東京でも上演が予定されていま したが、新型コロナウィルス感染症の影響で残念ながら中止となりました。
「ニュルンベルクのマイスタージンガー」は、ワーグナーの作品で登場人物が誰も死なない唯一の喜劇。ティーレマンは「融和、和解と寛容への完全な 意思表明で、最も今日的なテーマ」としています。ヘルツォークの演出も時代を現代に移し、劇中劇でいろいろな問題提起を行なっていて考えさせられます。
ティーレマンの音楽作りは大きく、前奏曲冒頭から圧倒されます。また歌手陣がみな芸達者で、抱腹絶倒な掛け合いと美しい歌声で存分に楽しませてくれ ます。 (Ki)

Perfect Noise
PN-2004(1CD)
ヘンデル:オペラ・アリア集(魔女、女王、ヒロインたち)
歌劇「テセオ」より MorirO, ma vendicata/歌劇「アルチーナ」より Ombre pallide/歌劇「ロタリオ」より Scherza in mar la navicella/歌劇「シローエ」より Or mi perdo di speranza/歌劇「アタランタ」より Al varco, oh pastori /歌劇「ゴールのアマディージ」より Ah, spietato!/歌劇「ジュリアス=シーザー」より da tempeste il legno infrato/歌劇「アルチーナ」より Credete al mio dolore/歌劇「アルチーナ」より Ah, mio cor
マルグリエット・ブッフベルガー(S)、
イル・ジラテンポ

録音:2019年7月
大胆な戦士、不屈の女王、邪悪な魔女。国際的に活躍するソプラノ歌手のマルグリエット・ブッフベルガーと、2017年設立の若き古楽アンサンブル「イル・ジラテンポ」の音楽家たちのデビューCDは、クレオパトラ、アルチーナ、メデア、アタランタ、メリッサなど、ヘンデルのオペラに登場する強く魅惑的な女性たちがテーマ! 彼女たちは自己決定力のある女性を探し求め、ヘンデルの歌劇のなかで美しい音楽に生命を吹き込まれた魅力的で現代的な登場人物を見つけました。イル・ジラテンポ(英語でタイム・ターナー)のメンバーは、リスナーを何世紀も前の時代に連れ戻したいわけではなく、むしろ、過去の宝物を掘り下げることで現在の私たちを揺り動かすことを使命としています。コンセプトの見事さもさることながら、ブッフベルガーの張りのある美しい歌声と、イル・ジラテンポの若々しく鮮烈な演奏が素晴らしい1枚です。

GRAND SLAM
GS-2225(2CD)
ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)
ウィーンPO、
ウィーン国立歌劇場cho
オットカール(アルフレッド・ペル/バリトン)、クーノー(オスカー・チェルヴェンカ/バス)、アガーテ(エリーザベト・グリュンマー/ソプラノ)、エンヒェン(リタ・シュトライヒ/ソプラノ)、カスパール(クルト・ベーメ/バス)、マックス(ハンス・ホップ/テノール)、ザミエル(クラウス・クラウゼン/語り)、隠者(オットー・エーデルマン/バス)、キリアン(カール・デンヒ/バリトン)

録音:1954年7月26日/ザルツブルク、フェストシュピールハウス
使用音源:Privatearchive(2トラック、19センチ、オープンリール・テープ)
録音方式:モノラル(放送用録音)
■制作者より  
GSシリーズ初のオペラはフルトヴェングラー(指)ウェーバーの「魔弾の射手」全曲、1954年のザルツブルク・ライヴです。復刻に使用したのは2トラック、 19センチのオープンリール・テープですが、開始と終了後のアナウンス、指揮者の登場も含めた長尺版です。テープの情報量は驚異的で、モノラルながら 舞台上で歌手の動く様子さえも見通せるかのようです。グリュンマー、ホップ、エーデルマンら往年の名歌手たちの艶と輝きに溢れた歌唱には圧倒されるの みで、生き物のようにうごめくオーケストラの表情も最高です。第1幕の生き生きとした雰囲気は驚くほかありませんし、第2幕の狼谷の恐ろしさはこのディ スクで初めて体験出来ると言っても過言ではありません。また、第3幕の「狩人の合唱」からフィナーレにいたる解き放たれたような開放感は感動、感涙で 身震いするほどです。この2枚組の登場によって、宇野功芳著『フルトヴェングラーの全名演名盤』(講談社+α文庫/絶版)にある「彫りが浅く意味が弱い」 「歌手陣も意外に冴えない」と言った記述は完全に過去のものとなるでしょうし、従来のディスクをすべて処分出来る時がおとずれたかもしれません。 なお、このディスクは2枚組1枚分の特別価格のため、歌手対訳は付いておりません。あらかじめご了承下さい。また、個人レーベルゆえに2枚組の再プレスは現実的に非常に厳しいです。ご予約されることをお勧めします。(平林 直哉)



King International
KKC-4233(3CD)
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」 エーリッヒ・クンツ(バリトン:フィガロ)、イルムガルト・ゼーフリート(ソプラノ:スザンナ)、パウル・シェフラー(バリトン:アルマヴィーヴァ伯爵)、 エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ:伯爵夫人)、ヒルデ・ギューデン(ソプラノ:ケルビーノ)、エンドレ・コレー(バス:バルトロ)、ペーター・クライン(テノール:ドン・バジーリオ)、 ジークリンデ・ヴァーグナー(アルト:マルツェリーナ)、アロイス・ペルネルシュトルファー(バス:アントーニオ)、 リゼロッテ・マイクル(ソプラノ:バルバリーナ)、エーリッヒ・マイクート(テノール:ドン・クルツィオ)
ウィーンPO、
ウィーン国立歌劇場合唱団、
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)

録音:1953年8月7日 フェストシュピールハウス、ザルツブルク(ライヴ)
音源提供:DISCOS,Milano
国内発売初LP:セブンシーズGT-7086/8(1980.2.21)(オリジナルLPはチェトラLO-8)
巨匠唯一の全曲録音は1953年にザルツブルクで指揮した「フィガロの結婚」。このオペラの原語はイタリア語ですが、当時のドイツやウィーンでは、ドイツ語 歌唱が一般的でした。この53年録音もドイツ語歌唱ですが、クンツ、ゼーフリート、シュヴァルツコップなど名歌手による歌唱に違和感は感じられません。高貴 でドイツ語歌唱による格調高さが漂うシュヴァルツコップ(伯爵夫人)、チャーミングな声質が絶品のゼーフリート(スザンナ)、ボーイッシュな声質を披露して いるギューデン(ケルビーノ)?女性陣が個性的な魅力を発揮し、男性陣もクンツ(フィガロ)は台詞にも芸達者なところをみせ、シェフラー(伯爵)は貫録の歌 いっぷり。ドイツおよび旧オーストリア帝国出身、ドイツ語圏で育った名歌手たちが台詞もふくめて、生き生きと歌い、語り、演じています。そして何よりフルト ヴェングラーの指揮!「序曲」のアッチェレランドや、「結婚式の行進曲」でのスケール感など持ち味を見せつつも全体的にはいたってノーマル、豪華歌手の名ア リアでは繊細かつ暖かみのある伴奏となっています。
「問題は、このきわめて繊細かつ人工的でテンポの速いオペラが、いかつくて雄大な姿勢を持前とする指揮者の手の中で、どのように進行するかということで ある。答は事実きわめて良好です。これは、必要なときは速く、アリア、アンサンブル、そして実際の音楽のどんなパッセージにおいてもけっしてだれることなく、 全体に暖か味があり、ときおり全部が絶妙な輝きを見せる点で、指揮者の個性の航跡のみが光るといったすばらしい演奏です。」『レコードのフルトヴェング ラー』ピーター・ピリー著、横山一雄訳、音楽之友社刊、1983年)
1980年、米ワルター協会についでLP発売された伊チェトラ盤 (LO-8)。ミラノ、ディスコス制作のこの音源をキングレコード(セブンシーズ・レーベル) は同年に国内発売しました(GT-7086/8)。4年後(84年)チェトラは「フルトヴェングラー・エディション」シリーズを立ち上げ再発売(FE-27)、キングでは K19C-9390/2で再発売しております。しかし、CD化は他社に(仏ロドルフォなど。1996年にはEMIでも)先を越され、マスターテープはキングレコードの倉 庫に眠ってまま。今回、このアナログテープ(2トラック、38cm/秒)から、キング関口台スタジオで40年ぶりにデジタル・リマスタリング&初CD化!
音質は鮮明かつ明瞭!デジタル臭(金属的な響き)のしない、暖かみのある自然な質感!!名歌手揃いの名アリアの数々、楽しさあふれる舞台回し、ウィーン・ フィルの美音、フルトヴェングラーの人間味あふれる指揮にききほれてしまいます!
ブックレットは日本語解説(浅里公三氏のライナーノーツ)付。台詞の場面も含めてドイツ語の歌詞・対訳はKING INTERNATIONALのHP(WEBサイト)に掲載します。プリントア ウトも可能です!(ブックレットに記載してあるパスワードを入力してください) (Ki)

fra bernardo
FB-2033970(1CD)
いとしい妻よ〜ヘンデル氏の喜び
ヘンデル:歌劇 「リナルド」より アリア「私を泣かせてください」*/組曲 「水上の音楽」 ヘ長調より 序曲、アダージョ・エ・スタッカート、アレグロ、アンダンテ/歌劇 「リナルド」より 序曲、アダージョ、ジグ、前奏曲、アリア「いとしい妻よ」、アリア「風よ、暴風よ」/歌劇 「アリオダンテ」より 序曲、アリア「君の血が、そして君の熱意が」、シンフォニア、ミュゼット1、ミュゼット2、アリア「嘲笑せよ、不実な女よ」、バッタリア/歌劇 「テゼオ」よりアリア「守りたまえ、正義の神々よ」/「王宮の花火の音楽」より 序曲, アダージョ、アレグロ − レンテメント − アレグロ/歌劇 「リナルド」より アリア「いとしい妻よ」#
ル・プティ・コンセール・バロック〔シャニ&ナージャ・ルソルニエ(ハープシコード)〕、フランチェスカ・ロンバルディ・マッズーリ(S)*、アンサンブル・ロレンツォ・ダ・ポンテ*、ロベルト・ザルペロ(指)*、フィリップ・ジャルスキー(C.T)#、アンサンブル・マテウス#、ジャン=クリストフ・スピノジ(指揮&ヴァイオリン)#

録音(ライヴ):2007年10月、マウアーバッハ(オーストリア)/2015年1月、イタリア*/2006年1月、ウィーン・コンツェルトハウス(オーストリア)#
オーストリアの古楽系レーベル、Fra Bernardoが贈る素敵なヘンデル・アルバム。姉妹ハープシコード・デュオ "ル・プティ・コンセール・バロック"がヘンデルの「水上の音楽」、「王宮の花火の音楽」、オペラからのアリアや器楽曲を演奏した音源を中心に、フランスの名カウンターテナー、フィリップ・ジャルスキーが歌う「いとしい妻よ」、イタリアの名花フランチェスカ・ロンバルディ・マッズーリが歌う「私を泣かせてください」の2つの名アリアの録音を加え、時代を越えて愛されるヘンデルの激しい感情の音楽をお届けします。

Forgotten Records
fr-1719(1CDR)
J・シュトラウス:喜歌劇「こうもり」(抜粋)
※英語歌唱
ブライアン・サリヴァン(T;アイゼンシュタイン)
ハイディ・クラール(S;ロザリンデ) ローレル・ハーリー(S;アデーレ)
トマス・ヘイウォード(T;アルフレート)
ミルドレッド・ミラー(Ms;オルロフスキー) ジョン・ブラウンリー(Br;ファルケ)
クリフォード・ハーヴォウ(Br;フランク)
ティボル・コズマ(指)
メトロポリタン歌劇場O&cho

録音:1956年
※音源:The Metropolitan Opera Record Club MO518

Dynamic
DYNDVD-37873(DVD)
NX-C05

DYNBRD-57873(Bluray)
NX-C05
プッチーニ:歌劇「修道女アンジェリカ」 修道女アンジェリカ…マリア・ホセ・シーリ(S)
公爵夫人…アンナ・マリア・キウーリ(Ms)
修道女長…マリーナ・オジー(Ms)
修道長…アンナ・マラヴァージ(S)
修練長…ジャダ・フラスコーニ(Ms)
修道女ジェノヴィエッファ…コンスタンツァ・フォンターナ(S)
修道女オスミーナ…エレーナ・カヴィーニ(Ms)
修道女ドルチーナ…ニコレタ・カペタニドゥ(S) 他
ヴァレリオ・ガッリ(指)
フィレンツェ五月音楽祭O&cho
ヴォーチ・ビアンケcho

収録:2019年11月20,23日フィレンツェ五月音楽祭劇場
収録時間:60分
音声:イタリア語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画面:16:9 REGION All(Code:0)
DVD…片面単層ディスク
Blu-ray・・・単層 25GB 1080i High Definition
※CDリリースなし
貴族の娘アンジェリカは不義の子を産み修道院に送られて7年目、そこで平穏な日々 を過ごしています。そんなある日、修道院に彼女のおばにあたる公爵夫人が訪れ、遺 産の放棄を迫り、彼女の一人息子は病を得てすでにこの世を去っていることを告げま す。絶望のあまりアンジェリカは毒を呷り、自死を図りますが... 本映像は既にリリースされたプッチーニの三部作「外套」「ジャンニ・スキッキ」の間を繋ぐ フィレンツェ五月音楽祭歌劇場の「修道女アンジェリカ」。アンジェリカを歌うのは新国立 劇場2015/16のシーズンに「トスカ」「アンドレア・シェニエ」2作品のヒロインをつとめ好 評を博したホセ・マリア・シーリ。2019年はスカラ座の「マノン・レスコー」に登場し、絶賛 を浴びています。本作では、その豊かなリリコ・スピントの美声でアンジェリカの苦悩と祈 りを歌い上げます。また、登場する修道女たちは、演技歌唱の両面で、それぞれの個 性を際立たせ、女声のみで歌われるこの歌劇に印象的なコントラストを与えており、 ヴァレリオ・ガッリのタクトが全体を優美な響きでまとめ上げています。

LSO Live
LSO-0850(2SACD)
ヤナーチェク:オペラ「利口な女狐の物語」、
ンフォニエッタ
サイモン・ラトル(指)
ロンドンSO
森番:ジェラルド・フィンリー(Br)
森番の妻:ポーリーン・マレファネ(S)
校長:ピーター・ホアー(T)
司祭:ヤン・マルティニク(Bs)
ハラシュタ:ハンノ・ミュラー=ブラッハマン(Bs)
パーセク:ヨナ・ハルトン(T)
パーセクの妻:アンナ・ラプコフスカヤ(Ms)
ペピーク:ポピー・デウィッド(子役)
ペピークの友達フランティーク:インジ・ガリエット=ジャコビー(子役)
子供の頃のビストロウシュカ:サオワーズ・エクセルビー(子役)
ビストロウシュカ:ルーシー・クロウ(S)
ロンドンSO合唱団

録音:2019年6月27,29日(利口な女狐の物語/ピーター・セラーズ演出によるセミ・ステージ形式上演のライヴ録音)
2018年9月18-19日(シンフォニエッタ)
いずれもバービカン・ホールにての録音
ラトル&LSO最新盤は、LSOの本領発揮ともいえる迫力に満ちたヤナーチェクの『利口な女狐の物語』とシンフォニエッタ。『利口な女狐の物語』はラト ルにとって特別な作品。「私がオペラ指揮者になろうと思ったきっかけの作品であり、今でも他のどの作品よりも簡単に涙が出てくる作品の一つ」と語ります。 この録音は、ピーター・セラーズの演出によるセミ・ステージ形式上演のライヴですが、選び抜かれたキャストたち、そしてラトルの思い入れを十二分にくみ取っ て反応しているLSOの面々による見事な化学反応が炸裂している演奏となっております。ビストロウシュカにはイギリスで絶大な人気を誇るルーシー・クロ ウ、そして森番にはカナダ出身で英国で声楽を学んだジェラルド・フィンリー(ハイティンク指揮LSOの第九などでも共演)、そして森番の妻は、イサンゴ・ アンサンブル(南アフリカ)で作・編曲家としても活躍するポーリン・マレファネと世界で活躍する多彩な歌手たちが集い、人生のめぐりあいやサイクルをセ ンチメンタルに描いた作品世界が見事に描かれています。そして「シンフォニエッタ」はLSOの底力が遺憾なく発揮された秀演。終楽章で冒頭のファンファー レが回帰し盛り上がっていく様は見事。それぞれの管楽器パートの力強さ、そしてLSOの持ち味であるブラスの絶妙なブレンド具合がこれ以上ないかたち で爆発しています。残念ながら2020年の同コンビの来日は中止となってしまいましたが、ラトルとLSOの抜群の信頼関係だからこそ実現可能なエネルギー に満ちた演奏を、ぜひご体験ください! (Ki)

ALBANY
TROY-1819(1CD)
レイ・リャン(梁良)(b.1972):室内オペラ「継承」 (台本:マット・ドノヴァン) スーザン・ナルッキ(S)、カーステン・ウィースト(S)、ヒラリー・ジーン・ヤング(S)、
ジョシュエ・セロン(B)、スティーヴン・シック(指)、アンソニー・ブール(Cl)、マディソン・グリーンストーン(Cl)、フィオナ・ディグニー(Perc)、ショーン・ダウグレイ(Perc)、デイヴィッド・アギラ(Trp)、パブロ・ゴメス・カノ(G)、大西孝恵(Cemb)、マーク・ドレッサー(CB)

録音:2019年5月16-19日カリフォルニア大学,サンディエゴ
レイ・リャンは中国系アメリカ人の作曲家。ハリソン・バートウィスル、チャヤ・チェルノヴィンら ヨーロッパを中心に活動する作曲家達に師事しアメリカ・ローマ大賞をはじめ多くの賞を受賞し ています。マット・ドノヴァンの台本によるこのオペラはアメリカ銃社会の闇を描いています。しかし音 楽は作曲者の出自を表すかのように時に京劇のような音響が使われています。京劇的な身振り に象徴される伝統と無調音楽に象徴される現代社会の不条理の相克、断絶が巧みな手法で 表現されたオペラ。

CPO
CPO-555036(2CD)
NX-D11
レオ・ファル(1873-1925):喜歌劇「イスタンブールのバラ」全3幕 アハメド・ベイ…マティアス・クリンク(T)
コンジャ・ギュル:カメク・パシャの娘…クリスティアーネ・カイザー(S)
フリードリン:粉ひき親方の息子…アンドレアス・ヴィンクラー(T)
ミディリ・ハヌム…マグダレーナ・ヒンタードブラー(S)
ビュル=ビュル…エレオノーラ・ヴァッキ(Ms)
カメク・パシャ閣下…クリストフ・ハルトコップ(Br)
ジャミレ…ハンネ・ウェーバー(A)
ホテルのマネージャー…ミヒャエル・グランチュニヒ(語り)
ハンブルクの粉ひき親方…ヴォルフガンク・クローゼ(Bs)
ウルフ・シルマー(指)
バイエルン放送O&cho

録音:2014年5月9-11日
トルコ人の娘ギュルは、フランス人作家「アンドレ・レイ」が描くヨーロッパの情景に憧れて、手紙をやりとりして います。ある日、彼女は父カメク・パシャからトルコ国務大臣の息子であるアハマド・ペイとの婚約が決まった ことを知らされます。しかし彼女はアンドレ・レイへの思いを断ち切ることができません。結婚式の夜、夫である アハメド・ペイに「私は家族の伝統のためにあなたと結婚しただけだ」と告白したギュルに「アンドレ・レイならス イスにいるはずだ」と教えるアハメド・ペイ。スイスまで出かけたギュルを待っていたのは、なんと夫その人。実は 「アンドレ・レイ」はトルコを改革したいと考えたアハメド・ペイのペンネームだったのです。2人はあらためて愛を 誓い合うのでした。 レオ・ファルは、レハール、カールマン、オスカー・シュトラウスと並ぶほどの人気を博したオペレッタの作曲家でし た。トルコを舞台にしたこの作品、東洋風の旋律とワルツが美しく融合した甘いメロディに満ちています。 1916年にウィーンで初演され大成功を収めましたが、第一次世界大戦による国際情勢の悪化から次第 に忘れられてしまい、現在ではほとんど演奏されることがありません。今回の上演は、名指揮者シルマーの指 揮のもと、芸達者な歌手たちが素晴らしい歌唱を聴かせます。極上の旋律をお楽しみください。

NAXOS/映像作品
NAXOS-2.110668
(DVD)
NX-C09

NBD-0115V(Bluray)
NX-C09
ヘンツェ 歌劇「ホンブルクの公子」全3幕 (1960/1991改訂) コルネリウス・マイスター(指)
シュトゥットガルト州立歌劇場O

録音:2019年3月20,22日 シュトゥットガルト州立歌劇場
収録時間:114分
ドイツ語歌唱
字幕:日本語・英語・ドイツ語・韓国語
映像:16/9 NTSC All Region 片面2層(DVD、Blu-ray)
1080i High Definition(Blu-ray)
音声:LPCM 2.0 (DVD、Blu-ray)
現代オペラの古典ともいえるヘンツェの『ホンブルクの公子』はハインリヒ・フォン・クライストの戯曲による全3幕 の作品で、個人の自由と国家の法との間の矛盾という今日にも通じる重いテーマを扱っています。ヘンツェは 「私の音楽と結合することで何か新しいものを生み出すことができる言葉、つまり私の音楽が求めていた言葉 を探していた時に、友人のクライストによる“ホンブルクの公子”にたどり着いた。彼をおいて他に誰があれほど のリブレットを書くことができたでしょう。[中略]個人の生活とレゾン・デタ(国家利益の優先)の間の軋轢、法の 無視と秩序の問題、支配者の権力の前に恐れ戦きつつそれに抵抗する人間の勇気―これらは、すべて今 日でも起こり得ることであり、千年か二千年前にも起こり得たことでしょう。[中略]ここ数年の私の多くの努力 は、このドラマを通して新しい地平、つまり自由に選択された厳格さの併用による新しいポリフォニーに到達し た」と述べています。 シュテファン・キミッヒによるシンプルで奇抜な舞台に、現代物を得意とする実力派の歌手たちを配し、2018 年からシュトゥットガルト州立歌劇場の音楽監督に就任したコルネリウス・マイスターの明快なタクトに導かれ たシャープな演奏が出色です。

ARTHAUS
10-9393DVD(2DVD)
KKC-9596(2DVD)
国内盤仕様
税込定価

10-9394BD(Bluray)
KKC-9595(Bluray)
国内盤仕様
税込定価
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」 ステファヌ・ドゥグー(アルマヴィーヴァ伯爵)
エレオノーラ・ブラット(アルマヴィーヴァ伯爵夫人)
クリスティアーネ・カルク(スザンナ)
アレックス・エスポジト(フィガロ)
マリアンヌ・クレバッサ(ケルビーノ)
キャサリン・ゲルドナー(マルチェリーナ)
ウンベルト・チュンモ(バルトロ)
クリスティアン・アダ ム( バ ジ ーリオ )
オランダ室内O
オランダ国立歌劇場cho
アイヴァー・ボルトン(指)

収録:2016年、オランダ国立歌劇場(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9、1080iFull HD
音声:PCMステレオ、
DTS5.0
原語:イタリア語
字幕:英、独伊仏西韓,日本語
リージョン:All、180分
◆Bluray
画面:16:9、1080iFull HD
音声:PCMステレオ、
DTS-HD MA5.0
原語:イタリア語
字幕:英独伊仏西韓,日本語
リージョン:All、180分
2016年オランダ国立歌劇場で上演されたデイヴィッド・ベッシュ演出の「フィガロの結婚」のライヴ映像。 スザンナにドイツの歌姫クリスティアーネ・カルク、ケルビーノに当代屈指のズボン役であるマリアンヌ・クレバッサ、伯爵にフランスの人気バス歌手ステファ ヌ・ドゥグー、伯爵夫人に飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進中のイタリア人ソプラノ歌手エレオノーラ・ブラットという豪華キャストで話題となった公演です。 デイヴィッド・ベッシュのスタイリッシュで華やか演出が、キャスト陣の輝きを一層引き立てます。 ドイツの人気演出家のデイヴィッド・ベッシュ&イギリスを代表する指揮者であるアイヴァー・ボルトンによって生き生きとして楽しさに溢れた素晴らしい舞 台がつくりあげられました。 スザンナを演じたクリスティアーネ・カルクはこの上演がオランダ国立歌劇場デビューとなり、2020年8月6日の彼女の誕生日を祝ってのリリースとなり ます。 (Ki)

C Major
75-4008(DVD)

KKC-9592(DVD)
国内盤仕様
税込定価

75-4104(Bluray)
KKC-9591(Bluray)
国内盤仕様
税込定価
マスネ:歌劇「ドン・キショット」(ドン・キホーテ) アンナ・ゴリャチョーワ(ソプラノ/ドゥルシネ)
ガボール・ブレッツ(バス/ドン・キショット)
デヴィッド・スタウト(バリトン/サンチョ・パンサ)
レオニー・ルノー(ソプラノ/ペドロ)
ヴ ェラ・マ リア・ビッタ ー( メゾ ソ プ ラノ / グ ラシ ア ス )
パウル・シュヴァイネスター(テノール/ロドリゲス)
パトリック・ライター(テノール/ファン)
イーリ・ シャピュ(盗賊の頭)
フェリック・デュフェル(男)
ダニエル・コーエン指揮
ウィーンSO
プラハ・フィルハーモニーcho

収録:2019年7月18日、ブレゲンツ、祝祭劇場、ブレゲンツ音楽祭ライヴ
◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ、
DTS5.1
原語:フランス語
字幕:独英仏韓,日本語
DVD9
リージョン:All、125分
◆Bluray
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、
DTS HD MA5.1
原語:フランス語
字幕:独英仏韓,日本語
BD50
リージョン:All、125分
湖上のオペラ「ブレゲンツ音楽祭」。オーストリアの西端でドイツとスイスの国境近くに位置するブレゲンツ。裕福な市民の資金が投入され1946年から スタートしたこの音楽祭は、ボーデン湖の上を舞台とした湖上劇場をはじめ、隣接するホールなどで伝統的舞台芸術であるオペラと、最先端の技術を融合 したスペクタクルなオペラが4週間にわたって上演されます。 本作は、2019年に上演されたマスネ晩年の名作「ドン・キショット」。ドイツ語圏での上演は珍しく、ブレゲンツ音楽祭では初めての上演となります。ドン・ キショットとはあのドン・キホーテのこと。セルバンテスの原作で有名な場面が盛り込まれた作品です。主役ドン・キショット(ドン・キホーテ)は、世界 的な名バス歌手フョードル・シャリアピンのために書かれ、1910年 のモンテカルロ歌劇場での初演以来歴代の名バスがドン・キショットに挑んできました。 今回ドン・キショットを演じるのは、ブダペスト出身のバス、ガボール・ブレッツ。2005年にマリア・カラス・グランプリ獲得をきっかけに世界へのキャリ アをスタートさせ、今やハンガリーを代表する歌手として活躍しています。ドゥルシネを歌うのは、ロシア出身のアンナ・ゴリャチョーワ。深く艶やかな声と 高度なテクニックで、品の良い官能性を漂わせてくれます。 演出は、マリアム・クレマン。パリ出身で、アン・デア・ウィーン劇場、ストラスブール国立ライン劇場、パリ・オペラ座、グラインドボーン音楽祭などで上 演し、世界中から声のかかる人気演出家。彼女もこの作品を引き下げてブレゲンツ音楽祭デビューを飾ります。 (Ki)
C Major
75-4808(DVD)
KKC-9594(DVD)
国内盤仕様
税込定価

75-4904(Bluray)
KKC-9593(Bluray)
国内盤仕様
税込定価
フアン・ディエゴ・フローレス、モーツァルトを歌う
歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」K.588〜アリア「いとしい人の愛にあふれた吐息は」(フェルランド)[第1幕、第17曲]
歌劇「牧人の王」K.208〜アリア「太陽に面と向かって、雲は時折りこうしてひろがり」(アレッサンドロ)[第1幕、第4曲]
歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527〜アリア「あの人の安らぎが僕の安らぎ」(ドン・オッターヴィオ)[第1幕、第10曲a]
歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527〜アリア「わが宝をその間慰めに行って下さい」(ドン・オッターヴィオ)[第2幕、第21曲]
歌劇「フィガロの結婚」K.492〜序曲
歌劇「後宮からの逃走」K.384〜アリア「私はお前の強さを頼み」(ベルモンテ)[第3幕、第17曲]
コンサート・アリア「あわれ!夢かうつつか?〜あたりに吹きかうそよ風よ」K.431(425a)
歌劇「皇帝ティートの慈悲」K.621〜序曲
歌劇「皇帝ティートの慈悲」K.621〜アリア「皇帝の主権にとって、親しい神々よ」(」ティート)[第2幕、第20曲]
歌劇「イドメネオ」K.366〜序曲
歌劇「魔笛」K.620〜アリア「この肖像は魔法のように美しく」(タミーノ)[第1幕、第3曲]
歌劇「イドメネオ」K.366〜アリア「海の外にも、わしの胸の中にもうひとつの海があり」(イドメネオ)[第2幕、第12曲a]
フアン・ディエゴ・フローレス(T)
リッカルド・ミナージ(指)
ラ・シンティッラO

収録:2017年、ミュンヘン・キュヴィリエ劇場(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9,NTSC
音声:PCMステレオ、DTS 5.0
原語:独伊
字幕:独英韓,日本語
リージョン:All
DVD9、75分
◆Bluray
画面:16:9,1080i
音声:PCMステレオ、
DTS HD MA5.0
原語:独伊
字幕:独英韓,日本語
リージョン:All
BD25、75分
「現代最高のベルカント・テノール」の呼び声も高いフアン・ディエゴ・フローレスによるモーツァルトのオペラ・アリア集。1996 年にペーザロのロッシー ニ・フェスティヴァルでセンセーショナルなデビューを飾り、史上最高のロッシーニ・テノールとして名をとどろかせてきました。2017 年には満を持してモー ツァルトのオペラ・アリア集を録音。本映像は、その後、ロココ様式の美しいミュンヘン・キュヴィリエ劇場で行われたライヴ映像です。 18 歳の時に、『魔笛』の合唱に参加してモーツァルトの作品に魅せられたというフローレス。 牧歌的で美しいモーツァルトの初期のオペラ『牧人の王』から、最晩年のジングシュピールの傑作『魔笛』まで7つのオペラ作品からのアリア、そしてコン サート・アリアを収録。多彩なプログラムでモーツァルトの普遍的な芸術歌いあげます。そしてオケには、いま最も注目を集めている古楽系ヴァイオリン奏 者であり指揮者としても活躍するリッカルド・ミナージ率いるラ・シンティッラO。チューリッヒ歌劇場を拠点とするラ・シンティッラOの豊富な歌劇場での演奏経験をもとに、情感豊かで躍動感に溢れた音楽作りは聴きどころ満載です。 (Ki)

Chandos
CHSA-5250(2SACD)
ブリテン:歌劇 「ピーター・グライムズ」 Op.33 エドワード・ガードナー(指)、
ベルゲンPO&cho、
スチュアート・スケルトン(テノール/ピーター・グライムズ〔漁夫〕)、エリン・ウォール(ソプラノ/エレン・オーフォード〔寡婦、村の女教師〕、サミュエル・ウィンター(少年(ジョン)、徒弟)、ロデリック・ウィリアムズ(バリトン/バルストロード船長〔退役船長〕)、スーザン・ビックリー(メゾ・ソプラノ/アーンティ〔ボーア亭の女将〕)、ハンナ・フサール(ソプラノ/姪1〔ボーア亭の看板娘〕)、ヴィベケ・クリステンセン(ソプラノ/姪2〔ボーア亭の看板娘〕)、ロバート・マーリー(テノール/〔漁夫、メソジスト教徒〕)、ニール・デイヴィス(バス・バリトン/スワロー〔判事〕)、キャスリン・ウィン=ロジャーズ(メゾ・ソプラノ/セドリー夫人〔東インド会社代理人、未亡人〕)、ジェイムズ・ギルクリスト(テノール/ホレース・アダムス〔牧師〕)、マーカス・ファーンズワース(バリトン/ネッド・キーン〔薬剤師でヤブ医者〕)、バーナビー・レア(バス/ホブソン〔保安官、運送屋〕)、ベルゲン・フィルハーモニーcho、エドヴァルド・グリーグcho、ロイヤル・ノーザン・カレッジ・オヴ・ミュージックcho、コレギウム・ムジクムcho

録音:2019年11月25日−27日&10月24日、グリーグホール(ベルゲン、ノルウェー)
2015年にノルウェーの名門オーケストラ、ベルゲンPOの首席指揮者に就任し、絶賛されたエディンバラ国際音楽祭や7度の国際ツアー、数々のレコーディングを通じてベルゲン・フィルの魅力を世界に伝えてきた次代を担うマエストロ、エドワード・ガードナー。2021年からはユロフスキの後任としてロンドン・フィルの首席指揮者に就任することが発表されましたが、ベルゲン・フィルとの契約も2年間延長し、2023年まで首席指揮者のポストを継続しています。録音でも、ベルリオーズやシェーンベルクなど、とりわけ合唱を伴う大編成作品で高い評価を得てきたガードナーとベルゲン・フィルの強力タッグによる新録音。ブリテンの代表作である悲劇的な傑作オペラ「ピーター・グライムズ」がChandosの優秀録音によるSACDハイブリッド盤で登場!
初演時にはピーター・ピアーズが担ったタイトル・ロールは、2012年の新国立劇場を始め、イングリッシュ・ナショナル・オペラ、BBCプロムス、エディンバラ国際音楽祭、そして2019年のガードナー&ベルゲン・フィルの国際ツアーなどでピーター・グライムズを歌ってきたハマり役、スチュアート・スケルトン。ベルゲン・フィルの本拠地、グリーグホールで行われたコンサートの後に、万全の態勢でスタジオ録音されています。

Diapason
DIAPCF-019(10CD)
ヴェルディ:オペラ集Vol.2〜仏ディアパゾン誌のジャーナリストの選曲による名録音集

【CD1-2】
・歌劇「リゴレット」

【CD3-4】
・歌劇「トロヴァトーレ」

【CD5-6】
・歌劇「椿姫」

【CD7-8】
・歌劇「シチリア島の夕べの祈り」

【CD9-10】
・歌劇「仮面舞踏会」
【CD1-2】
レナータ・スコット、エットーレ・バスティアニーニ、アルフレード・クラウス、イーヴォ・ヴィンコ、フィオレンツァ・コッソット、シルヴィオ・マイオニカ、クララ・フォーティ、ヴィルジリオ・カルボナーリ、エンツォ・グアーニ、ジュゼッペ・モレージ、フィレンツェ五月音楽祭O&cho、ジャナンドレア・ガヴァッツェーニ(指)
録音:1960年7月1日−10日、ペルゴラ劇場(フィレンツェ、イタリア)/選定:エマニュエル・ドゥピュイ
【CD3-4】
レオンティン・プライス、エットーレ・バスティアニーニ、フランコ・コレッリ、ジュリエッタ・シミオナート、クルト・エクヴィルツ、ローレンス・デュトワ、ニコラ・ザッカリア、ウィーンPO、ウィーン国立歌劇場O、ヘルベルト・フォン・カラヤン(指)
録音:1962年7月31日、ザルツブルク祝祭大劇場(オーストリア)/選定:ジャン・カブール
【CD5-6】
マリア・カラス、ジュゼッペ・ディ・ステファノ、エットーレ・バスティアニーニ、シルヴァーナ・ザノッリ、ルイザ・マンデッリ、ジュゼッペ・ザンピエーリ、アルトゥーロ・ラ・ポルタ、アントニオ・ゼルビーニ、シルヴィオ・マイオニカ、フランコ・リッチャルディ、ミラノ・スカラ座O&cho、カルロ・マリア・ジュリーニ(指)
録音:1955年5月28日、ミラノ・スカラ座(イタリア)/選定:リシャール・マルテ
【CD7-8】
アニタ・チェルクェッティ、マリオ・オルティカ、ボリス・クリストフ、カルロ・タリアブーエ、マリオ・ツォルニョッティ 、ジュリアーノ・フェリン、ミティ・トルッカート・パーチェ、トンマーゾ・ソレイ、ワルター・アルティオリ、クリスティアーノ・ダラマンガス、サンテ・アンドレオリ、トリノRAIO&cho、マリオ・ロッシ(指)
録音:1955年11月16日/選定:ディディエ・ファン・モエレ
【CD9-10】
カルロ・ベルゴンツィ、コーネル・マックニール、ビルギット・ニルソン、ジュリエッタ・シミオナート、シルヴィア・スタールマン、トム・クラウゼ、リベロ・アルバーチェ、ピエロ・デ・パルマ、ヴィットリオ・パンダーノ、サンタ・チェチーリア国立アカデミーO&cho、ゲオルク・ショルティ(指)
録音:1960年7月10日−12日&1961年6月27日−7月9日、ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院(イタリア)/選定:シルヴァン・フォール
フランスで最も権威のある世界有数のクラシック音楽専門誌「ディアパゾン(Diapason)」の自主レーベルから登場する看板シリーズ、同誌のジャーナリストが選曲、選定を行うボックス・セット・シリーズの第19弾は、19世紀イタリアのオペラ王、ジュゼッペ・ヴェルディのオペラ集第2巻!
モーツァルト(DIAPCF004)、R・シュトラウス(DIAPCF007)、プッチーニ(DIAPCF010)、ヴェルディ第1巻(DIAPCF013)、ワーグナー(DIAPCF016)に続く同シリーズにおける6タイトル目となるオペラ・ボックス、「ヴェルディ第2巻」には、「リゴレット」、「トロヴァトーレ」、「椿姫」、「シチリア島の夕べの祈り」そして「仮面舞踏会」の5作品を収録。
「偉大なるオペラ歌手たち〜男声編」の著者でもあるリシャール・マルテやディアパゾン誌の編集長エマニュエル・ドゥピュイなど5人のジャーナリストたちが、数ある録音の中のベストとして選んだ5つの名盤が、フランスのマスタリング・スタジオ「Circe」のリマスタリングで生まれ変わります。選曲、音質の両面に要注目!
Diapason
DIAP-126(2CD)
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」 エルネスト・ブラン、エリーザベト・シュヴァルツコップ、フェルナンド・コレーナ、エリザベート・ゼーダーシュトレーム、テレサ・ベルガンサ、エッダ・ヴィンチェンツィ、ユグ・キュエノー、ジョルジョ・タデオ、ピエロ・カプッチルリ、ヘザー・ハーパー、ジリアン・スペンサー、ジョイ・ハケット、フィルハーモニアO&cho、カルロ・マリア・ジュリーニ(指)

録音(ライヴ録音):1961年2月6日、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール(ロンドン、イギリス)
※リマスタリング:Circe
フランスのクラシック音楽専門雑誌である「ディアパゾン(Diapason)」が音楽史に輝く名曲の歴史的名演を選出し、新たなマスタリング施して復刻するシリーズ『レ・ザンディスパンサーブル・ド・ディアパゾン 〜 ディアパゾンが選んだ決定盤』。
第126集としてシリーズに加わるのはジュリーニ&フィルハーモニアOのコンビによるモーツァルトの「フィガロの結婚」であり、ディアパゾン誌が選んだのは1959年のロンドンでのセッション録音ではなく、1961年、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのライヴ録音!
存在感抜群のケルビーノ役のベルガンサをはじめ、1959年盤にも参加していたシュヴァルツコップやカプッチルリなど当時を代表する世界的歌手たちとジュリーニの共演による名録音が、新たなリマスタリングを施されてディアパゾンのシリーズに加わります!


King International
KKC-4230(3CD)
モーツァルト:歌劇「魔笛」 ヴィルマ・リップ(ソプラノ:夜の女王)、イルムガルト・ゼーフリート(ソプラノ:パミーナ)、アントン・デルモータ(テノール:タミーノ)、エーリッヒ・クンツ(バリトン:パパゲーノ)、エディット・オラヴェツ(ソプラノ:パパゲーナ)、ヨーゼフ・グラインドル(バス:ザラストロ)、ペーター・クライン(バリトン:モノスタトス)、パウル・シェフラー(バス:弁者)ほか
ウィーン国立歌劇場cho
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)VPO

録音:1951年8月6日 フェルゼンライトシューレ(祝祭劇場)、ザルツブルク(ライヴ)
音源提供:DISCOS,Milano
国内発売初LP:セブンシーズGT-7093/5(1980.2.21)(オリジナルLPはチェトラLO-9)
フルトヴェングラーは、1948年から亡くなる54年まで、肺炎で倒れた52年をのぞき毎年、ザルツブルクでオペラを振っていました。「フィデリオ」3回(年)、 「魔笛」3回、「ドン・ジョヴァンニ」3回。「フィガロ」「魔弾」「オテロ」は1回。「魔笛」は「フィデリオ」「ドン・ジョヴァンニ」と並ぶ愛好オペラでし た。49年、50年、51年の3種(50年盤は一部のみ)遺された「魔笛」録音。このなかで最も音質が良く、歌手もそろっている51年盤の登場です。49 年盤とくらべると劇的な要素よりも格調高く精神的な深さを感じさせる巨匠の指揮。名盤の復活です。
1980年、世界初出LPとなった伊チェトラ盤(LO-9)。ミラノ、ディスコス制作のこの音源をキングレコード(セブンシーズ・レーベル)は同年に国内発 売しました。4年後チェトラは「フルトヴェングラー・エディション」シリーズを立ち上げ、疑似ステレオ化して再発売(FE-19)、キングでは真正モノラル録 音のまま、K19C-9397/9で再発売しております。しかし、CD化は他社に(伊フォイヤー、伊アルカディアなど。2000年にはEMIでも)先行されたまま、 マスターテープはキングレコードの倉庫に眠っておりました。今回、このアナログテープ(2トラック、38cm/秒)から、キング関口台スタジオで40年ぶ りにデジタル・リマスタリング&初CD化になります!
音質は鮮明かつ明瞭!デジタル臭(金属的な響き)のしない、ふくよかで伸び伸びした自然な質感!!50年代「夜の女王」役を独占していたウィーンの 名花ヴィルマ・リップや芸達者なウィーンの名歌手エーリッヒ・クンツらの歌声ものびやかに響き、思わず録音年をわすれるほど。ウィーン・フィルの美音も まじえて、極上のモーツァルト世界へ誘ってくれます。ブックレットは日本語解説(浅里公三氏のライナーノーツ)付。台詞の場面も含めて全曲の歌詞対訳 は弊社HP(WEBサイト)に掲載します。プリントアウトも可能です!(ブックレットに記載してあるパスワードを入力してください)

MARSTON
NARS-55002-2(5CD)
「ロッテ・シェーネ全録音集」

A「Vox 機械式吹き込み録音」
ヴェルディ:「仮面舞踏会」―知りたいのなら(ドイツ語)
トマ:「ミニョン」―私はティターニア(ドイツ語)
ロッシーニ:「セビリアの理髪師」―少し前の声は(ドイツ語)
マイヤベーア:「ユグノー」―高貴な紳士たちよ、ごきげんよう!(ドイツ語)
プッチーニ:「ボエーム」―私が街を歩くと(ドイツ語)
B「Odeon 機械式吹き込み録音」
(1)モーツァルト:「フィガロの結婚」―恋とは何かご存じのあなた方
J・シュトラウス:「こうもり」―私の侯爵様,田舎娘を演じる時は
ロッシーニ:「セビリアの理髪師」―少し前の声は(ドイツ語)
モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニ」―あなたは見るでしょう、いとしい人よ(ドイツ語)
(2)R.シュトラウス:荒天 Op.69-5,セレナード Op.17-2
(3)プッチーニ:「ボエーム」―私が街を歩くと(ドイツ語)
ヨーゼフ・シュトラウス:オーストリアの村燕 Op.164
(4)ジョーンズ:「芸者」―ああ、踊りませんか?(ドイツ語)
ツェラー:「小鳥売り」―私は郵便配達人のクリステル
ツェラー:「抗夫長」―ええ、あそこの山々の中で
ジョーンズ:「芸者」―大きなガラス鉢の中で金魚が泳いでいた?(ドイツ語)
ジョーンズ:「芸者」―愛、愛、あなたは優しく呼んでいる(ドイツ語)
スッペ:「美しいガラテー」―グラスの中に明るく
J・シュトラウス:「陽気な戦い」―キスに何があるのだろう
J・シュトラウス:「インディゴと40 人の盗賊たち」―バッカナーレ
スッペ:「美しいガラテー」―あなたは何を言っているの?
ミレッカー:「哀れなヨナタン」―ああ、私たち哀れなプリマドンナたちは
J・シュトラウス:「ウィーンのカリオストロ」―ジプシーの子よ、あなたの髪は何と輝いていることか
ツェラー:「小鳥売り」―喜ばしいプファルツよ
(5)シューマン:くるみの木 Op.25-3/月の夜 Op.39-5
ブラームス:乙女は語る Op.107-3/セレナード Op.106-1/旋律のように Op.105-1
(6)J・シュトラウス:美しく青いドナウ/ルビンシテイン(ブロスマン編):謝肉祭
C「Odeon 電気録音」
ブラームス:旋律のように Op.105-1/シューベルト:愛の使い D550-1
D「Vox 電気録音」
ベネディクト:ヴェネツィアの謝肉祭
E「The Gramophone Company」
(1)ヴェルディ:「リゴレット」―それは魂の太陽
(2)ヴェルディ:「リゴレット」―祭日はいつでも寺院で
プッチーニ:「トゥーランドット」―氷のような姫君 フリッツ・ツヴァイク(指)ベルリン国立歌劇場O
(3)1928 年1 月25 日 ベルリン
プッチーニ:「トゥーランドット」―旦那様、お聞きください
モーツァルト:「魔笛」―ああ私は感じる/モーツァルト:「コジ・ファン・トゥッテ」―15 歳の女は(ドイツ語)
(4)J・シュトラウス:ウィーンの森の物語 Op.325/プッチーニ:「蝶々夫人」―ある日、私は見るでしょう(ドイツ語)
(5)プッチーニ:「蝶々夫人」―お前の母さんは(ドイツ語)/
J・シュトラウス:「こうもり」―あなた様、私について何をお考えですの?
(6)シューベルト:岩の上の羊飼い D965/ヴェルディ:「仮面舞踏会」―土色の顔を星に向けて(ドイツ語)
マスネ:「マノン」―さようなら私たちの小さなテーブル,彼等の声が甘い恋に誘う時(ドイツ語)
プッチーニ:「ボエーム」―私が街を歩くと
(7)ニコライ:「ウィンザーの陽気な女房たち」―さあこちらに急いで来なさい
(8)J・シュトラウス:「ヴェネツィアでの一夜」―アンニーナ!カラメッロ!,私の言うことを聞きなさい、アンニーナ
(9)モーツァルト:「魔笛」―ああ私は感じる/プッチーニ:「ボエーム」―あなたの愛の呼ぶ声に/ロッシーニ:誘い
(10)ドニゼッティ:「ドン・パスクワーレ」―私は用意ができたわ/「ドン・パスクワーレ」―私は用意ができたわ(ドイツ語)
(11)ヴォルフ:遠いところへ旅立つと/私の恋人はとても小さくて/私にはペンナに住んでいる恋人がいる/私の恋人が歌って
いる/ああ、あなたの家がガラスのように透明だったらいいのに/緑と緑を身に付けた人に祝福があるように/愛を信じて
はいけないわ、私の恋人よ、気を付けて!/進軍ラッパが鳴っている/夜明け前の心地よい一とき/妖精の歌
F「私的録音」
J・シュトラウス:酒、女と歌,わが人生は愛と喜び,アンネン・ポルカ
レーガー:マリアの子守歌 Op.76-52/クリスマスの歌:山の上のマリア
G「フランスでの放送録音」
(1)シューマン:リーダークライス Op.39―見知らぬ土地で,間奏曲,静けさ,月の夜,美しい異郷,異郷にて,春の夜
(2)シューマン:ミルテの花 Op.25―誰かが,山の人の離郷,ヴェネツィアの歌1,ヴェネツィアの歌2,遠くに
シューマン:祈り Op.135-5/メンデルスゾーン:ヴェネツィアのゴンドラの歌 Op.57-5
H「RIAS 放送録音:ベルリン」
(1)ルーセル:光 Op.19-1,サラバンド Op.20-2/ショーソン:イタリアのセレナーデ Op.2-5,静けさ Op.13-1
ラヴェル:魔法の笛/ドビュッシー:やるせなく夢見る思い,緑,操り人形,ピエロ
(2)シューマン:君は花のよう Op.25-24/雪の鈴花 Op.79-26/三月スミレ Op.40-1/時は春 Op.79-23/ジャスミンの茂み
Op.27-4/薔薇よ、かわいい薔薇よ Op.89-6/私の薔薇 Op.90-2/蓮の花 Op.25-7/ああ、殿方たちよ Op.37-3/
海の妖精 Op.125-3/私の馬車はゆっくりと行く Op.142-4/眠りの精 Op.79-12
A
1921 年12 月頃 ベルリン
管弦楽伴奏

B
(1)1924 年5 月5 日
フェリックス・グンター(P)
(3)1924 年5 月6 日
フェリックス・グンター(指)O
(4)1925 年6 月11,12,13 日
ヘルマン・ヴァイゲルト(指)O
(5)1926 年5 月3 日
ヘルマン・ヴァイゲルト(P)
(6)1926 年5 月4 日
ヘルマン・ヴァイゲルト(指)O

C
1927 年9 月16 日 ベルリン
ブラームス:旋律のように Op.105-1/シューベルト:愛の使い D550-1 ピアノ伴奏

D
1927 年4 月
管弦楽伴奏

E
(1)1927 年6 月20 日 ロンドン
ジョゼフ・ヒスロップ(T)、
ピエロ・コッポラ(指)O
(2)1927 年11 月11 日 ベルリン
フリッツ・ツヴァイク(指)
ベルリン国立歌劇場O
(3)1928 年1 月25 日 ベルリン
フリッツ・ツヴァイク(指)
ベルリン国立歌劇場O
(4)1928 年9 月25 日 ベルリン
レオ・ブレッヒ(指)
ベルリン国立歌劇場O
(5)1928 年10 月22 日 ベルリン
レオ・ブレッヒ(指)
ベルリン国立歌劇場O
(6)1929 年5 月4 日 ベルリン
レオ・ブレッヒ(指)
ベルリン国立歌劇場O
(7)1930 年5 月16 日 ベルリン
エーリヒ・オルトマン(指)ベルリン国立歌劇場O
(8)1930 年12 月11 日 ベルリン
マルセル・ヴィットリシュ(T)
クレメンス・シュマルスティヒ(指)
ベルリン国立歌劇場O
(9)1931 年3 月20 日 ベルリン
エーリヒ・オルトマン(指)
ベルリン国立歌劇場O
(10)1931 年3 月24 日 ベルリン
ヴィリ・ドムグラーフ=ファスベンダー(Br)
エーリヒ・オルトマン(指)
ベルリン国立歌劇場O
(11)1934 年9 月14 日 ウィーン
ピアノ伴奏

F
収録日不明

G
(1)1948 年2 月2 日 パリ
ドレル・ハンドマン(P)
(2)1948 年2 月8 日 パリ
ドレル・ハンドマン(P)

H
(1)1950 年5 月14 日
ヘルタ・クルスト(P)
(2)1950 年5 月16 日
ヘルタ・クルスト(P)
marston の新刊は、オーストリアの名ソプラノ、ロッテ・シェーネ(1891-1977)の全録音集。ロッテ・シェーネはウィーンの生 まれ。ウィーン国立歌劇場で人気を博した後、ベルリン国立歌劇場のプリマドンナとして大活躍。ユダヤ系だったためナチを 嫌ってパリに移住し、第二次世界大戦中は身を潜めて活動ができなかったため引退同然になった。やや古風な発声だが美 声かつ表現力が豊かで、何より愛らしい魅力に溢れています。この 5CD には彼女のそう多くはない商業録音に加え、パリでの 放送録音、さらには私的録音まで加えて、まさに全録音集というべき見事な内容になっています。

BMOP SOUND
BMOP-1070(1SACD)
ガンサー・シュラー(1925-2015):オペラ「漁師と女将さん」
台本:ジョン・アップダイク(グリム童話に基づく)
ソンドラ・ケリー(MS)
スティーヴン・ゴールドスタイン(T)
デイヴィット・クラヴィッツ(Br)
カトリーナ・ガルカ(S)
イーサン・ドゥプイ(T)
ギル・ローズ(指)
ボストン・モダン・オーケストラ・プロジェクト、
オデッセイ・オペラ

録音:2015年11月
ガンサー・シュラーは現代音楽とジャズ、ポップスを融合した作曲家の先駆けとして知られ、 彼の音楽は現代音楽界ではThe third stream(第3 の流れ)と呼ばれた。オリヴァー・ナッセン、 マーク・アンソニー・タネジは彼の弟子です。様々な楽器を演奏し、ジャズ・ミュージシャンとし てマイルス・デイヴィス、ジョン。ルイスらとも度々共演した。このディスクはグリム童話の同名の 物語に基づくオペラ。人の好い漁師と欲深い妻、そして魔法にかけられて魚になった王子様の 不思議な寓話。メルヘン・オペラだが、ジャズ、ポップス的な要素は薄く、ベルクの「ヴォツェッ ク」を思わせる表現主義的な厳しい作風で書かれています。

LA SIMFONICA DE COBLA I CORDA DE CATALUNYA
84365-74810486(2CD)
フランセスク・カス(1962-):歌劇「リュイ」 ルジェ・パドゥリェス(テノール:ラモン・リュイ)
マルタ・マテウ(ソプラノ:マグダレナ・リュイ)
ジェマ・コマ=アラベルト(メゾソプラノ:ブランカ・ピカニ)
トニ・マルソル(バリトン:ニクラウ・アイマリク)
ファラン・フラウカ(バリトン:トゥメウ、ラビ)
アザキエル・カザマダ(テノール:ジャック・ド・モレ)
ジュアン・ガルシア・グマ(バリトン:バルナ・ディサク)
リカルド・サバタ(テノール:モンジョ・カルトシャ)
マルク・プジョル(バス:教皇クレメンス5世)
ウリオル・ルゼス(カウンターテナー:フランス王フィリップ4世)
ポリフォニカ・プチ=レチ(合唱)
ラ・シンフォニカ・ダ・コブラ・イ・コルダ・ダ・カタルーニャ
フランセスク・カス(指)

録音:2018年夏、ラウディトリ、ジロナ、カタルーニャ、スペイン
マヨルカ島出身の哲学者・神学者ラモン・リュイ (1232頃-1315) を主役とする歌劇。


BRU ZANE
BZ-1041
(2CD+BOOK)
NX - E03
サン=サーンス:歌劇「銀の鈴」 エレーヌ…エレーヌ・ギュメット(S)
ローザ…ジョディ・デヴォス(S)
コンラッド…エドガラス・モントヴィダス(T)
ベネディクト…ユー・シャオ(T)
スピリディオン…タシス・クリストヤニス(Br)
パトリック…ジャン=イヴ・ラヴォー(T)
物乞い…マチュー・シャピュイ(T)
レ・シエクル(管弦楽/古楽器使用)
アクサンチェス(合唱)
フランソワ=グザヴィエ・ロト(指)

録音:2017年6月26、27日 パリ・フィルハーモニー・スタジオ
サン=サーンスが1865年に初めて書いた歌劇「銀の鈴」は、紆余曲折を経て1877年2月23日にパリのオペラ・コミック座で初演されました。 台本はオッフェンバックの「ホフマン物語」も手掛けた2人です。美しい魔女の愛を得るための金貨、それを手に入れるためには銀の鈴を鳴らさ なけらばなりません。しかしその鈴を鳴らすたびに、周りの誰かが犠牲になっていきます。最初はコンラッドの義理の父、次は彼の親友の一人… そんな悪夢が描かれています。ここで使用されているのは1914年の最終版で、作曲から50年の間、10回もの改訂が行われたと言います。 目を引くのは豪華な歌手陣で、フランス・オペラと歌曲いずれも高い評価を得ているエレーヌ・ギュメット、バロックから19世紀まで幅広いレパー トリーで近年急速に人気を高めているジョディ・デヴォス、現代オペラでも活躍するエドガラス・モントヴィダス、19世紀フランスの作品を特に得 意としているタシス・クリストヤニスといった面々を、ロトが手堅くまとめています。管弦楽はもちろん、19世紀以降の作品に古楽器を使ったピリ オド奏法で申し分ない実績をあげてきた手兵レ・シエクル、そして合唱には少数精鋭でピリオド解釈への対応も高く評価される声楽アンサンブ ル、アクサンチェスを起用。サン=サーンスのキャリア初期の知られざる大作に光を当て、その魅力を鮮烈に表現しています。フランス語のリブ レットと英訳、ふんだんな資料画像を掲載した140ページにも及ぶカラーブックレット付き。

露OLYMPIA
MKM-315(2CD)
リムスキー=コルサコフ:歌劇・バレエ「ムラダ」 アレクセイ・コロリョーフ(バス:レトラ公ムスチヴォイ)
タチアナ・トゥガリノヴァ(ソプラノ:ムスチヴォイの娘ヴォイスラヴァ)
ヴラジーミル・マーホフ(テノール:アルコナ公ヤロミール)
ニーナ・クラーギナ(メゾソプラノ:冥府の女神モレナ)
アレクセイ・ボリシャコフ(バリトン:太陽神の神官ラデガスト)
ヴァレンチーナ・クレパツカヤ(メゾソプラノ :チェコの吟遊詩人ルミル)  他
モスクワ放送cho
モスクワRSO
エフゲニー・スヴェトラーノフ(指)

録音:1962年

BENO BLACHT SOCIETY
SBB-014-16-02(2CD)
スメタナ:歌劇「くちづけ」(1876) *


[ボーナス・トラック]
オタカル・イェレミアーシュ(1892-1962): モラヴィアとスロヴァキアの歌 +
不詳:ヴルチュノフ民謡集 #
エドゥアルド・ハケン(バス:パロウツキー)
シャ・スラヴィツカー(ソプラノ:ヴェンドゥルカ)
ベノ・ブラハト [ブラフト](テノール:ルカーシュ)
ヴァーツラフ・ベドナーシュ(バリトン:トメシュ)
シュチェパーンカ・シュチェパーノヴァー(アルト :マルチンカ)
ラジスラフ・ムラーシュ(バスバリトン:マトウシュ)
マリア・タウベロヴァー(ソプラノ:バルチェ)
オルドジフ・コヴァーシュ(テノール:国境警備兵)
チェコスロヴァキア放送cho
プラハRSO
ヤロスラフ・クロンプホルツ(指)

[ボーナス・トラック]
マリア・タウベロヴァー(ソプラノ+)
ルドミラ・チェルヴィンコヴァー(S)#
ベノ・ブラハト(T)
チェコスロヴァキア放送cho+
プラハRSO+
イジー・ピンカス(指揮+)
ヤン・パネンカ(P)#
チェコ九重奏団#
アルベルト・ペク(指揮#)


録音:1948年*、1946年、チェコスロヴァキア放送スタジオ、プラハ、チェコスロヴァキア モノラル
BENO BLACHT SOCIETY
SBB-015-18-02(2CD)
ヨセフ・ボフスラフ・フェルステル(1859-1951) :歌劇「エヴァ」*


[ボーナス・トラック]
オタカル・イェレミアーシュ(1892-1962): 連作歌曲「愛」から +
ルドミラ・チェルヴィンコヴァー(ソプラノ :エヴァ)
ベノ・ブラハト [ブラフト](テノール:マーネク)
マルタ・クラーソヴァー(メゾソプラノ:メシュヤノフカ)
スタニスラフ・ムーシュ(バリトン:サムコ)
ルドミラ・ハンザリーコヴァー(ソプラノ: ズスカ)
ヴラジミール・イェデナーツチーク(バス: ルバーチ)
チェコスロヴァキア放送合唱団
プラハRSO
カレル・ネドバル(指)

[ボーナス・トラック]
ベノ・ブラハト(T)
プラハRSO
アロイス・クリーマ(指)

録音:1948年*、1951年+、チェコスロヴァキア放送スタジオ、プラハ、チェコスロヴァキア モノラル



C Major
75-5608
(17DVD)
画面:16:9、NTSC
音声:PCMステレオ、DTS 5.1/5.0
リージョン:All
1583分



75-5704
(10Bluray)
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、DTS HD MA 5.1/5.0
リージョン:All
1583分
ザルツブルク音楽祭100周年記念エディション



(1)ヴェルディ:歌劇「シモン・ボッカネグラ」


(2)ロッシーニ:歌劇「アルジェのイタリア女」



(3)R・シュトラウス:歌劇「サロメ」


(4)チャイコフスキー:歌劇「スペードの女王」

(5)モーツァルト:歌劇「魔笛」


(6)ヤナーチェク:「マクロプロス事件」



(7)シューベルト:オペラ「フィエラブラス」(全3幕)



(8)ヴェルディ:歌劇「オテロ」全曲



(9)R・シュトラウス:「ばらの騎士」全曲



(10)ヘンデル:オラトリオ「テオドーラ」全曲
クリス
(1)ルカ・サルシ(シモン・ボッカネグラ/バリトン)
マリーナ・レベカ(アメーリア/ソプラノ)
ルネ・パーペ(フィエスコ/バス)
チャールズ・カストロノヴォ(ガブリエーレ/テノール)
アンドレ・エイボエール(パオロ/バリトン)
アントニオ・ディ・マッテオ(ピエトロ/バス)
ロン・ロン(騎兵隊長/テノール)
ワレリー・ゲルギエフ(指)
VPO、ウィーン国立歌劇場cho
収録:2019年8月、ザルツブルク祝祭大劇場
字幕:独英仏西韓,日本語

(2)チェチーリア・バルトリ(イザベッラ/メゾ・ソプラノ)
イルダール・アブドラザコフ(ムスタファ/バス)
エドガルド・ロチャ(リンドーロ/テノール)
アレッサンドロ・コルベッリ(タッデーオ/バス)
ホセ・コカ・ロサ(ハーリー/バス)
レベカ・オルベラ(エルヴィーラ/ソプラノ)
ローザ・ボーヴェ(ズールマ/メゾ・ソプラノ)
アンサンブル・マテウス
ジャン・クリストフ・スピノジ(指)
ウィーン・フィルハーモニアcho
収録:2018年8月、モーツァルト劇場、ザルツブルク音楽祭(ライヴ)
字幕:英独仏伊韓,日本語

(3)アスミク・グリゴリアン(サロメ/ソプラノ)
ジョン・ダシャック(ヘロデ王/テノール)
アンナ・マリア・キウーリ(ヘロディアス/アルト)
ガボール・ブレッツ(ヨカナーン/バス)
ユリアン・プレガルディエン(ナラボート/テノール)
エイヴリー・アムロー(ヘロディアスの小姓/アルト)
マテウス・シュミットレヒナー(ユダヤ人1/テノール)
マティアス・フレイ(ユダヤ人2/テノール)
パトリック・フォーゲル(ユダヤ人3/テノール)
イェルク・シュナイダー(ユダヤ人4、奴隷/テノール)
ダヴィッド・シュテッフェンス(ユダヤ人5/バス)
ティルマン・レンネベック(ナザレ人1/バス)
パヴェル・トロヤク(ナザレ人2/バリトン)
ネヴェン・クルニッチ(カッパドキア人/バス)
ヘニング・フォン・シュールマン(兵士1/バス)
ダション・バートン(兵士2/バス・バリトン)
フランツ・ウェルザー=メスト(指)
VPO
収録:2018年7月28日フェルゼンライトシューレ(ザルツブルク)
字幕:英仏西伊韓,日本語

(4)ブランドン・ジョヴァノヴィチ(テノール/ゲルマン)
イゴール・ゴロヴァテンコ(バリトン/エレツキー公爵)
エフゲニア・ムラヴィエワ(ソプラノ/リーザ)
ハンナ・シュヴァルツ(メゾ・ソプラノ/伯爵夫人)
ヴラジスラフ・スリムスキー(バリトン/トムスキー伯爵、プルータス)
アレクサンダー・クラベッツ(テノール/チェカリンスキー)
オクサナ・ヴォルコワ(メゾ・ソプラノ/ポリーナ)
ウィーン国立歌劇場cho
ザルツブルク音楽祭および劇場児童cho
VPO
マリス・ヤンソンス(指)
収録:2018年8月2・10・13日ザルツブルク祝祭大劇場(オーストリア)
字幕:英独仏韓,日本語

(5)マティアス・ゲルネ(ザラストロ/バリトン)
マウロ・ペーター(タミーノ/テノール)
アルビナ・シャギムラトヴァ(夜の女王/ソプラノ)
クリスティアーネ・カルク(パミーナ/ソプラノ)
アダム・プラチェトカ(パパゲーノ/バス・バリトン)
マリア・ナザーロヴァ(パパゲーナ/ソプラノ)
マイケル・ポーター(モノスタトス/テノール)
クラウス・マリア・ブランダウアー(おじいさん/俳優)
タレク・ナズミ(語り手/バリトン)
ウィーン少年cho(3人の孫、3人の童子)
コンスタンティノス・カリディス(指)
VPO&cho
ウィーン少年cho
ソフィア・タムヴァコプール(ハンマークラヴィーア&オルガン)
アンドレアス・スクーラス(Cemb)
収録:2018年8月ザルツブルク祝祭大劇場
字幕:英仏韓,日本語

(6)アンゲラ・デノケ(Sエミリア・マルティ) 
レイモンド・ヴェリ(Tアルベルト・グレゴール)
ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー(Brコレナティ博士) 
ピーター・ホア(Tヴィーテク) 
ユルギタ・アダモニテー(Msクリスタ) 
ヨハン・ロイター(Brヤロスラフ・プルス男爵)
アレシュ・ブリスツェイン(Tヤネク) 
リンダ・オーミストン(Ms掃除婦) 
ペーター・ローベルト(Bs道具方) 
ライランズ・デイヴィス(Tハウク=シュレンドルフ) ほか,
エサ=ペッカ・サロネン(指)
VPO,ウィーン国立歌劇場cho
収録:2011年8月、ザルツブルク音楽祭(ライヴ)
字幕:英独仏西中韓

(7)台本:ヨゼフ・クーペルヴィーザー
ミヒャエル・シャーデ(フィエラブラス)
ゲオルク・ツェッペンフェルト(カール王)
ユリア・クライター(エンマ)
マルクス・ウェルバ(ローラント)
ベンジャミン・ベルンハイム(エギンハルト)
ドロテア・レシュマン(フロリンダ)
マリー・クロード・シャピュイ(マラゴン) ほか
アンゲリカ・プロコップ ウィーン・フィル・アカデミー
VPO
インゴ・メッツマッハー(指)
ボーナス:メイキング・オブ・フィエラブラス
収録:2014年8月22&25日、ザルツブルク、モーツァルトハウス(旧祝祭小劇場)、ライヴ
字幕:英仏西中韓,日本語

(8)アレクサンドルス・アントネンコ(Tオテロ)
マリーナ・ポプラフスカヤ(Sデズデモナ)
カルロス・アルバレス(Brイヤーゴ)
バルバラ・ディ・カストリ(Msエミーリア)
スティーヴン・コステロ(Tカッシオ)
アントネッロ・チェロン(Tロデリーゴ)
ミハイル・ペトレンコ(Bsロドヴィーコ)
シモーネ・デル・サヴィオ(Brモンターノ)
ザルツブルク音楽祭児童cho
ウィーン国立歌劇場cho
VPO
リッカルド・ムーティ(指)
収録:2008年8月,ザルツブルク祝祭大劇場(ライヴ)
特典映像:ドキュメンタリー『TalkingOtello』
字幕:伊独仏英西

(9)クラッシミラ・ストヤノヴァ(元帥夫人)
ギュンター・グロイスベック(オックス男爵)
ソフィー・コッホ(オクタヴィアン)
アドリアン・エレート(ファーニナル)
モイツァ・エルトマン(ゾフィー)
ジルヴァーナ・ドゥスマン(マリアンネ)
ルドルフ・シャッシング(ヴァルツァッキ)
ウィープケ・レームクール(アンニーナ)
トビアス・ケーラー(警部)、他
ウィーン国立歌劇場cho
VPO
フランツ・ヴェルザー=メスト(指)
収録:2014年8月8-14日,ザルツブルグ祝祭大劇場
字幕:英仏西中韓,日本語

(10)クリスティーネ・シェーファー(Msテオドーラ)
ベジュン・メータ(CTディディムス)
ヨハネス・マルティン・クレンツレ(Brヴァレンス)
ヨゼフ・カイザー(Tセプティミウス)
ベルナルダ・フィンク(Msアイリーン)
ライランド・デイヴィス(T使者)
ザルツブルク・バッハcho
フライブルク・バロックオーケストラ
アイヴァー・ボルトン(指)
収録:2009年8月,ザルツブルク音楽祭(ライヴ)
字幕:英独仏西
ザルツブルク音楽祭は、2020 年で 100 周年を迎えます。100 年前、マックス・ラインハルト、R・シュトラウスらが、荒廃したヨーロッパの人々を和解させることを目的とした平和プロジェクトとしてザルツブルク音楽祭を創設しました。本BOXは、2008〜2019年の約10年の間に上演された、記念碑的な演目を10作品選んで収録しています。
1.ゲルギエフが久々にザルツブルク音楽祭でオペラを振ったことでも話題となったヴェルディの「シモン・ボッカネグラ」。演出は、斬新な方法で人々を驚かすドイツ演劇界の鬼才クリーゲンブルが手掛けました。
2.2018年8月ザルツブルク音楽祭で上演されたロッシーニの「アルジェのイタリア女」。主役はチェチーリア・バルトリ、演出はバルトリとも多数共演しているモーシュ・ライザーとパトリス・コーリエのコンビ。
3.2018年の注目の新プロダクションとして話題となったR・シュトラウスの「サロメ」。ロメオ・カステルッチ演出、アスミク・グリゴリアンのサロメ、そしてフランツ・ウェルザー= メスト指揮。
4.ハンス・ノイエンフェルスの新演出、ヤンソンス指揮ウィーン・フィルで上演されたチャイコフスキー「スペードの女王」。
5.アメリカの女性演出家リディア・スタイアーが新演出を手掛けた「魔笛」。
6.カレル・チャペックの戯曲を原作としたヤナーチェク「マクロプロス事件」。エサ=ペッカ・サロネンとウィーン・フィルの演奏が極上、飛び切りの上演を鮮明映像で堪能できます。
7.2014年ザルツブルク音楽祭で上演されたシューベルトのオペラ「フィエラブラス」のライヴ映像。ペーター・シュタイン演出により、シューベルトの音楽にフォーカスしたシンプルで美しい舞台となっています。
8.2008年のザルツブルク音楽祭で上演されたムーティ指揮の「オテロ」。スティーブン・ラングリッジの演出は、全編に渡って黒を多用した陰鬱な雰囲気が印象的。
9.クプファー演出による「ばらの騎士」。ヴェルザー=メスト&ウィーン・フィル、ストヤノヴァ、グロイスベック、コッホ、エルトマン等、充実の歌唱陣による上演。
10.ヘンデル晩年の傑作オラトリオ「テオドーラ」。クリストフ・ロイの演出。テオドーラを歌うクリスティーネ・シェーファーの集中力のある歌と、いまやトップ・カウンターテノールとして大人気のベジュン・メータのディディムスが絶賛されました。

Dynamic
DYNDVD-37874(DVD)
NX-C05

DYNBRD-57874(Bluray)
NX-C05
プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」 ジャンニ・スキッキ…ブルーノ・デ・シモーネ(Br)
ラウレッタ:スキッキの娘…フランチェスカ・ロンガーリ(S)
ツィータ:大金持ちブオーゾのいとこ…アンナ・マリア・キウーリ(Ms)
リヌッチョ:ブオーゾの甥…デイヴ・モナコ(T)
ゲラルド:ブオーゾの甥…アントニオ・ガレス(T)
ネッラ:ゲラルドの妻…コスタンツァ・フォンターナ(S)
アマンティオ:公証人/スピネロッチョ:医者…エンリコ・マラベッリ(Br) 他
ヴァレリオ・ガッリ(指)
フィレンツェ五月音楽祭O&cho

収録:2019年11月20,23日フィレンツェ五月音楽祭劇場
収録時間:56分
PCMステレオ2.0/Dolby digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)

字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画面:16:9 REGION All(Code:0)
DVD…片面2層ディスク
Blu-ray・・・2層 50GB 1080i High Definition
「トゥーランドット」が未完に終わったため、作曲家自身が完成した最後のオペラとなった「ジャ ンニ・スキッキ」は、プッチーニの歌劇作品には数少ない喜劇の一つです。ダンテの”神曲”のエ ピソードに題材をとり、主人公が遺産相続を巡る欲の皮の突っ張った一族の目論見を逆手 に取って、遺産を掠め取り、娘とその婚約者の幸せを図るというストーリー。劇中、娘のラウ レッタが歌う「私のお父さん」は数あるソプラノの名アリアの中でも、とりわけよく知られた珠玉の 名曲です。本映像は、作品の舞台となったフィレンツェのご当地もの、フィレンツェ5月音楽 祭歌劇場の上演収録です。主人公ジャンニ・スキッキをイタリアのベテラン歌手ブルーノ・デ・ シモーネが巧みに演じ、新鋭ソプラノ、フランチェスカ・ロンガーリがラウレッタを表情豊かに歌い 上げます。遺産を巡る一族の人々もそれぞれが個性豊かに演技歌唱を繰り広げ、ヴァレリ オ・ガッリのタクトが導く活気溢れる音楽が、この傑作喜劇に生き生きとした表情を与えていま す。

Opus Arte
OA-1302D(DVD)
NX-C10

OABD-7266D(Bluray)
NX-D09
ドヴォルザーク:歌劇「ルサルカ」

【特典映像】 「ルサルカ-水を越えて」、キャスト・ギャラリー
ルサルカ…サリー・マシューズ(S)
王子…エヴァン・リロイ・ジョンソン(T)
ヴォドニク…アレクサンドル・ロスラヴェッツ(Bs)
イェジババ…パトリシア・バードン(Ms)
森番…コリン・ジャドソン(T)
料理人…アリックス・ル・ソー(Ms)
外国の王女…ゾーヤ・ツェレリーナ(S)
第1の木の精…ヴヴ・ムポフ(S)
第2の木の精…アンナ・ペニージ(S)
第3の木の精…アリョーナ・アブラモヴァ(Ms)
狩人…アダム・マースデン(Br)
グラインドボーン音楽祭cho
ロビン・ティチアーティ(指)LPO

収録:2019年8月7日 グラインドボーン音楽祭
収録時間:本編153分、特典映像8分
歌唱:チェコ語
字幕(本編のみ):、英、仏、独、韓
映像:16/9 NTSC All Region 片面2層(DVD、Blu-ray)
1080i High Definition(Blu-ray)
音声:Dolby Digital 2.0 & 5.1(DVD)
LPCM 2.0 & DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
人間の王子に恋をした水の精ルサルカ。魔法使いイェジババに人間の姿に変えてもらいますが、代わりに声を差し出さねばなりませんでした。さらに王子の愛を得られなかった ときは、2人とも永遠の呪いを受けるという条件を呑みます。2人は恋に落ちますが、結婚式の日、王子はあろうことか異国の王女を見初めてしまい… グラインドボーン音楽祭音楽監督のロビン・ティチアーティが、ドヴォルザークならではの美しく豊かな旋律とリズミックな音楽を、リリカルに時にダイナミックに奏で、充実した歌手 陣、ダンサーがそれに応えます。中でもルサルカ役のサリー・マシューズの切々たる歌唱が印象的。舞台美術、演出、振付をすべて引き受ける英国の舞台監督メリー・スティ ルによるステージが、水の精の悲恋の物語に刺激に満ちた異界的な彩りを添えています。

OEHMS
OC-990(2CD)
NX-D02
ヴァインベルク(1919-1996):歌劇「Wir gratulieren! おめでとう!」(1975-1982)
※ドイツ語歌唱
マダム…カティア・ゲデス(S)
フラドル…アンナ・ギュッター(S)
ベイリア…オリヴィア・サラゴサ(Ms)
年老いたレブ…ジェフ・マーティン(T)
チャイム…ロベルト・エリベイ=ハルト−ク(Br)
ウラディーミル・ストウペル(音楽監督)
ポツダム・カンマーアカデミー

録音:2019年9月21-23日
コンツェルトハウス、ベルリン
ヴェルナー=オットー=ザール
世界初録音
ポーランドで生まれ、ロシアで活躍したユダヤ人作曲家ヴァインベルク。一時は忘れられていたものの、21世紀になって作 品の復興が進み、多くのオーケストラ作品や室内楽作品などを耳にする機会が増えてきました。しかし歌劇はまだ上演の 機会がそれほどありません。この歌劇「おめでとう!」は、『屋根の上のバイオリン弾き』の原作者で"ユダヤのマーク・トウエイ ン"と称されたショーレム・アレイヘムの短編「Masel tov」を原作とした作品。貧乏な料理人ベイリアと金持ちの家主の関 係がイディッシュ語で描かれたもので、ヴァインベルクはロシアにおけるユダヤ人コミュニティのためにこの作品を書き上げまし た。ここではドイツ語に翻訳したテキストが用いられています。1983年にこの歌劇を聴いて以来、ずっと指揮をしたかったと 語るストウペルの渾身の演奏でお聴きください。

HARDY
HCD-4059(DVD)
NX-C02
『フェニーチェ歌劇場 ニューイヤー・コンサート 2020』
ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調 Op. 88
ヴェルディ:『レクイエム』 より 「サンクトゥス」
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」 より 「私が街を歩けば」
ニーノ・ロータ:『アマルコルド』組曲
ヴェルディ:歌劇「リゴレット」 より 「悪魔め、鬼め」
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」 より 「ああミミ、君はもう帰ってこない」
ヴェルディ:歌劇「椿姫」 より 「花から花へ」
プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」 より 「誰も寝てはならぬ」
オッフェンバック:歌劇「地獄のオルフェ(天国と地獄)」 より カンカン
ヴェルディ:歌劇「リゴレット」 より 「美しい愛の娘よ」
 歌劇「ナブッコ」 より 「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って」
プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」 より 「おお神聖なる父君陛下よ」
ヴェルディ:歌劇「椿姫」 より 「友よ、さあ飲み明かそう(乾杯の歌)」
 歌劇「椿姫」 より 「友よ、さあ飲み明かそう(乾杯の歌)」
フランチェスカ・ドット (S)
ヴァレリア・ジラルデッロ (C.A)
フランチェスコ・デムーロ (T)
ルカ・サルシ (Br)
チョン・ミョンフン(指)
フェニーチェ歌劇場O&cho

収録:2019年12月29日-2020年1月1日
収録時間:100分
映像:16:9 NTSC / リージョンコード 0 (ALL) / 片面二層
音声:Dolby digital 2.0 & 5.1
特典映像:フォト・ギャラリー
今回のプログラムはドヴォルザークの交響曲第8番と、プッチーニとヴェルディの歌劇からのシーンを中心としたガラ・コンサート。フェリーニの映画 「アマルコルド」からの組曲や、オッフェンバックのカンカンなど多彩な作品が演奏され、終盤にはお決まりの「行け、わが思いよ、黄金の翼に乗っ て」と「乾杯の歌」が高らかに歌われ、華々しく幕を閉じています。得意のドヴォルザーク第8番を熱く歌い上げるチョン・ミョンフンの切れの良い タクトと、2018年ローマ歌劇場日本公演の「椿姫」で脚光を浴びたフランチェスカ・ドット、2011年サントリーホール・ブルーローズでの公演が CDにもなっているフランチェスコ・デムーロ、2014年ローマ歌劇場日本公演「ナブッコ」でタイトルロールを歌ったルカ・サルシなど、日本にも馴 染み深い歌手たちの名唱が聴きどころです。

HARDY
HCA-6015(2CD)
NX-B03
ヴェルディ:歌劇「椿姫」 ヴィオレッタ…レナータ・テバルディ (S)
フローラ…ピーナ・アンジェリーニ (Ms)
アンニーナ…アンナ・デ・サンティス (S)
アルフレード…ジュゼッペ・カンポーラ (T)
ジョルジョ・ジェルモン…ジュゼッペ・タッディ (Br)
ガストン…ピエロ・デ・パルマ (T)
ガブリエレ・サンティーニ (指)
サン・カルロ劇場O&cho

録音:1952年1月17日、サン・カルロ劇場、ナポリ
1952年1月ナポリで、テバルディがヴィオレッタを歌った「椿姫」。

DUX
DUX-6331(Bluray)

DUX-8331(DVD/PAL)
モニューシュコ:歌劇「ハルカ」 ブィドゴシュチュ・オペラ・ノヴァO&バレエ団&cho、オトル・ヴァイラク(指)、ヤツェク・グレシュタ(Bs)、ヨランタ・ワグナー(S)、ドロタ・ソブチャク(Ms)、タデウシュ・シュレンキェル(T)、ウカシュ・ゴリンスキ(Bs-Br)、ウカシュ・ヤクブザク(Bs)

録音:2018年&2019年、オペラ・ノヴァ(ブィドゴシュチュ、ポーランド)
2019年に生誕200周年を迎え、様々な新録音のリリースやコンサートでの演奏など、ポーランドを中心に大きな盛り上がりを見せた「ポーランド・オペラの父」スタニスワフ・モニューシュコ(1819−1872)。
「幽霊屋敷」と並ぶモニューシュコの代表作である「ハルカ」は、1848年に全2幕の初稿版が作曲された後、全4幕に改定。ショパンが手懸けなかった「オペラ」の分野をポーランドで発展させた立役者であり、「ハルカ」はその切っ掛けとなった重要な作品です。
ポーランド北東の都市ブィドゴシュチュのオペラ・ノヴァは、モニューシュコ生誕200周年を記念するため「ハルカ」の上演を計画。同国の有力なオペラの舞台監督であるナタリア・バビンスカを招聘し、実力派歌手たちをソリストに起用し大成功を収めています。
※DVDはPAL方式のため、同方式に対応するプレーヤーでのみ再生が可能です。予めご了承下さい。

ORFEO
C-200021(10CD)
NX-F05
『伝説の歌手たち』〜ORFEOレーベル40周年記念
【Disc1】
ロッシーニ:1. 歌劇「セビリアの理髪師」 - 第1幕 カヴァティーナ 「今の歌声は」
2. 歌劇「湖上の美人」 - 第2幕 胸の思いは満ちあふれ
3. 歌劇「チェネレントラ(シンデレラ)」 - 第2幕 悲しみと涙のうちに生まれて
4. モーツァルト:歌劇「皇帝ティートの慈悲」 K. 621 - 第1幕 行こう、だが愛しい人よ
5. メルカダンテ:歌劇「誓い」 - 第1幕 そうなの、みんな聞いて…今も、あの波のかなたに
6. ドニゼッティ:歌劇「ラ・ファヴォリータ」 - 第3幕 これがまことか…私のフェルナンド
7. ヴェルディ:歌劇「マクベス」 - 第2幕 日の光が薄らいで
8. マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」 - ママも知るとおり
【Disc2】カルロ・ベルゴンツィ/ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ
1. ヴェルディ:歌劇「運命の力」- 第3幕 最後の頼みだ
2. ヴェルディ:歌劇「運命の力」- 第4幕 アルヴァーロ,偽善者の衣をもって
3. ポンキエッリ:歌劇「ラ・ジョコンダ」 - 第1幕 エンツォ・グリマルド、サンタフロールの王子
4. ヴェルディ:歌劇「オテロ」 - 第2幕 神にかけて誓う
5. ヴェルディ:歌劇「シチリア島の夕べの祈り」 - 第3幕 夢を見ているのか、それとも目覚めているのか?
6. ビゼー:歌劇「真珠採り」 - 第1幕 聖なる神殿の奥深く
7. プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」 - 第4幕 馬車にだって
8. ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」 - 第1幕 あの方だ…神よ,そのご意志にてこの心に
【Disc3】
1. ディ・カプア:オー・ソレ・ミオ
2. デ・クルティス:こんなにも君を愛している
3. ドナウディ:限りなく優雅な絵姿
4. ガスタルドン:禁じられた音楽
5. チオフィ:五月の一夜
6. ダンニバーレ:太陽の土地
7. デ・クルティス:勿忘草
8. レオンカヴァルロ:朝の歌
9. ブラッコ:セレナータ
10. マリオ:遥かなるサンタ・ルチア
11. トスティ:かわいい口もと
12. カルディッロ:カタリ・カタリ
13. トスティ:マレキアーレ
【Disc4】
1. ヴェルディ:歌劇「運命の力」 - 第4幕 平和を、平和を、わが神よ!
2. チレア 歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」 - 第1幕 私は創造の神の卑しい僕
3. ヴェルディ:歌劇「イル・トロヴァトーレ」 - 第1幕 穏やかな夜
4. カタラーニ:歌劇「ラ・ワリー」 - 第1幕 さようなら、ふるさとの家よ
5. マスネ:歌劇「ル・シッド」 - 第3幕 泣け、泣け、わが瞳よ
6. ポンキエッリ:歌劇「ラ・ジョコンダ」 - 第4幕 自殺!
7. シャルパンティエ:歌劇「ルイーズ」 - 第3幕 貴方に身を委ねた日から
8. ケルビーニ:歌劇「メデア」 - 第1幕 あなたの息子たちの母親が(イタリア語歌唱)
9. グノー:歌劇「サッフォー」 - 第3幕 わが不滅の竪琴よ
10. グルック:歌劇「アルチェステ」 - 第1幕 よみじの神々よ(フランス語歌唱)
【Disc5】
1. ヘンデル:歌劇「エジプトのジューリオ・チェーザレ」 HWV 17
- 第1幕 野の花もこれほど愛らしく美しくない
2. グルック:歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」 - 第3幕 アリア 「エウリディーチェを失って」
3. モーツァルト:歌劇「皇帝ティートの慈悲」 K. 621 - 第2幕 アリア 「ああ、このひと時だけでも」
4.ベッリーニ:歌劇「カプレーティとモンテッキ」
- 第1幕 喜ばしい気持ちで - お聞きくださ!ロメーオがあなた様の子息を亡き者にしたとはいえ
5. チャイコフスキー:歌劇「オルレアンの少女」- 第2幕 時が来た、ヨアンナの天の戒め
6. ビゼー:歌劇「カルメン」 - 第1幕 セギディーリャ 「セビリアの砦の近くの酒場で」
7. サン=サーンス:歌劇「サムソンとデリラ」 Op. 47 - 第1幕 春が始まれば
8. マスネ:歌劇「ウェルテル」 - 第3幕 春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか
9. ワーグナー:楽劇「神々の黄昏」 - 第1幕 私の言うことをよく聴いてください!
【Disc6】
1. モーツァルト:歌劇「ルーチョ・シッラ」 K. 135
- 第1幕 ああ、残酷にも - 夫の危険を思うと、すべてが恐ろしい
2. R・シュトラウス:歌劇「ナクソス島のアリアドネ」 Op. 60, TrV 228a- 偉大なる王女さま
3. ベッリーニ:歌劇「夢遊病の女」 - 第2幕 ああ、信じられないわ
4. ケルビーニ:歌劇「メデア」 - それからおんみ、わたしに幸福を約束してくれる御身
5. トマ:歌劇「ミニョン」 - 第2幕 ああ、今夜は - 私はティターニア
【Disc7】
チャイコフスキー:歌劇「エフゲニー・オネーギン」 Op.24 第1幕より
1. Nu, zaboltalas ya! まあ お喋りしすぎましたわ
2. Puskaj pagibnu ja, no prezhde 私は死んでもいいの でもその前に
3. Akh, noch minula ああ、夜が明けたわ
歌劇「オルレアンの少女」Op.4より
4. 序曲
5. 第1幕 Da, chas nastal - Prostite wy, cholmy, polia rodnyje 何が起こったの?-お願いします
歌劇「マゼッパ」より
6. 第3幕 The Battle of Poltava ポルタヴァの戦い
7. 第3幕 Spi, mladenez moi prekrasnyj 眠れ、私のかわいい子
8. 第1幕 Gopak ゴパーク
歌劇「チャロデイカ(魔女)」より
9. 第1幕 Glianut s Niznewo, so krutoi gory 険しい山、ニジネボから見てみましょう
10. 第4幕 Gde zhe ty, moi zhelennnyi? あなたはどこに?最愛の人
歌劇「スペードの女王」Op.68より
11. 第1幕 Otkuda eti slezy, zachem one? この涙はどこから「リーザのアリア」
12. 第3幕 Uzh polnoch blizitsya 真夜中が近づく
歌劇「イオランタ」Op.69より
13. 前奏曲
14. アリオーソ:Otchego eto prezhde ne znala li toskia ia なぜそれを知らなかったのか
【Disc8】
1. マイアベーア:歌劇「ユグノー教徒」- 第4幕 家に一人-涙の中で私の夢は生き返る
2. ヴェルディ:歌劇「シモン・ボッカネグラ」 - 第1幕 夕闇に星と海はほほえみ
3. ゴメス:歌劇「フォスカ」 - 第1幕 ああ、ここはどこ?-すべての動きが
4. プッチーニ:歌劇「妖精ヴィッリ」 - 第1幕 もしお前たちのように小さな花だったら
5. マスネ:歌劇「エロディアード」 - 第1幕 彼は優しい人
6. ゴメス:歌劇「グワラニー族の男」 - 第2幕 ああ! 空はなんて美しいのだろう
7. オッフェンバック:歌劇「ホフマン物語」 - 第3幕 逃げてしまったの、雉鳥は
8. ヴェルディ:歌劇「ルイザ・ミラー」 - 第1幕 彼を見たときに
9. アレヴィ:歌劇「ユダヤの女」 - 第2幕 彼が来ます
10. ヴェルディ:歌劇「レニャーノの戦い」 - 第1幕 友よ、あなたは祖国への愛を語った
【Disc9】アドリアンヌ・ピエチョンカ
ワーグナー:歌劇「タンホイザー」より
1. 第2幕 愛する殿堂よ、お久しぶり
2. 第3幕 全能の乙女マリア様・・・私の願いを聞いてください!
3.楽劇「ワルキューレ」 - 第1幕 館の男たちがすべてこの部屋に集まっていました
歌劇「ローエングリン」より
4. 第1幕 独りぼっちの、暗い日々に
5. 第2幕 風よ・・・あなたがたには
女声のための5つの詩『ヴェーゼンドンク歌曲集』 Op.91
6. No.1 天使
7. No.2 とまれ
8. No.3 温室にて
9. No.4 悩み
10. No.5 夢
R・シュトラウス:11. 歌劇「ナクソス島のアリアドネ」 Op. 60, TrV 228a - すべてのものが清らかである国が
12. 歌劇「アラベラ」 Op. 79, TrV 263 - 第3幕 マンドリカ、それは良かった
13. 歌劇「カプリッチョ」 Op. 85, TrV 279 - 第1幕 わが心を燃え立たせるものは他に無い
【Disc10】
ヴェルディ:1. 歌劇「リゴレット」 - 第2幕 あの娘は攫われてしまった!…あの娘の涙が見えるようだ
2. 歌劇「シチリアの夕べの祈り」- 第4幕 ギー・ド・モンフォール-悲しみの日(フランス語歌唱)
歌劇「イル・トロヴァトーレ」より
3. 第2幕 二人だけになった - 母さんは足枷に繋がれ
4. 第2幕 私はあなたの息子じゃないのですか?- 激しい攻撃にあの悪党は
5. 第3幕 ああ!そうなのだ
6. 歌劇「第1回十字軍のロンバルディア人」 - 第2幕 私の喜びを
7. 歌劇「アイーダ」 - 第1幕 もし私がその戦士であったなら...清きアイーダ
8. 歌劇「椿姫」 - 第2幕 あの人から遠く離れて...燃える心を
9. 歌劇「マクベス」 - 第4幕 おお我が子たちよ、お前たちを守る父の手は
10. レクイエム - 我は嘆く
11. 歌劇「仮面舞踏会」 - 第3幕 おそらく彼女は到着している…永久に君を失えば
12. 歌劇「ドン・カルロ」 - 第1幕 あ、あの方だ! あの方だ......皇太子!- われらの魂に呼び覚まそうとされた神よ
【Disc1】
アグネス・バルツァ(Ms)
ハインツ・ワルベルク(指)
ミュンヘン放送O
録音:1981年3月10-12日
バイエルン放送、ドイツ
【Disc2】
カルロ・ベルゴンツィ(T)
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)
ヘスス・ロペス=コボス(指)
バイエルンRSO
録音:1982年7月7-10日
バイエルン放送第1スタジオ、ドイツ

【Disc3】
フランコ・ボニゾッリ(T)
エルヴィオ・モンティ(指)
イ・マンドリーニ・マポレターニ・ディ・ジーノ・デル・ヴェスコーヴォ
オルケストラ・デルニオーネ・ムジチステ・ディ・ローマ
録音:1983年2月14-19日,4月18-29日
フォーラム・ミュージック・ヴィレッジ、ローマ、イタリア

【Disc4】
グレース・バンブリー(S)
ステファン・ゾルテシュ(指)
シュトゥットガルトRSO
録音:1893年4月11-16日,
1893年11月5-6日
南ドイツ放送局スタジオ、シュトゥットガルト

【Disc5】
ブリギッテ・ファスベンダー(Ms)
ザコス・テルツァキス(T)…6
ハンス・グラーフ(指)
シュトゥットガルトRSO
録音
1983年2月7-10日,11月26-27日
SDR放送スタジオ・ベルク、シュトゥットガルト

【Disc6】
エディタ・グルベローヴァ(S)
ランベルト・ガルデッリ(指)
ミュンヘン放送O
録音:1983年10月10-17日
バイエルン放送第1スタジオ、ドイツ

【Disc7】
ユリア・ヴァラディ(S)
ローマン・コフマン(指)
ミュンヘン放送O
録音:2000年6月8-10日,9月19-31日バイエルン放送第1スタジオ、ドイツ

【Disc8】
クラッシミラ・ストヤノヴァ(S)
ニコライ・ボルチェフ(Br)…10
プリスカ・エセル=シュトライト(S)…10
フリードリヒ・ハイダー(指)
ミュンヘン放送O
録音:2007年6月20-24日,9月25日
バイエルン放送第1スタジオ、ドイツ

【Disc9】
アドリアンヌ・ピエチョンカ(S)
ティム・ヘニス(Bs)…13
ウルフ・シルマー(指)
ミュンヘン放送O
録音:2005年3月18-23日
バイエルン放送、ミュンヘン、ドイツ

【Disc10】
ピョートル・ベチャワ(T)
エヴァ・ポドレシ(C.A)…3,4
マリウシュ・クヴィエチェン(Br)…12
ウカシュ・ボロヴィチ(指)
ポーランドRSO
録音:2011年8月-9月,2012年9月-10月
ポーランド放送、ヴィトルト・ルトスワフスキ・コンサートホール、ポーランド
1979年にミュンヘンで設立されたORFEOレーベル。40周年を記念したBOXセット。 前作の「指揮者」(C200011)たちに続く今作には、歴史を彩った「歌手」たちの名演奏を集めています。 ギリシャ出身のメゾ・ソプラノ、バルツァの清楚な歌声を始め、ベルゴンツィとフィッシャー=ディースカウのデュ オ、ボニゾッリのイタリア民謡集、バンブリーが歌う迫力あるアリア集、ドイツが誇る屈指ノメゾ・ソプラノ、ファ スベンダー、目を見張るようなコロラトゥーラの技術が素晴らしいグルベローヴァ、重鎮ヴァラディのチャイコフ スキー、注目のストヤノヴァとピエチョンカ、人気テノール、ベチャワまで、輝かしい歌唱を楽しめます。 ORFEOならではの素晴らしい内容です。

S.D.G
SDG-733(3CD)

KKC-6257(3CD)
国内盤仕様
税込定価
ヘンデル:歌劇「セメレ」HWV58 セメレ:ルイーズ・オルダー(S)
ユピテル:ヒューゴ・ハイマス(T)
ユーノ/イーノ:ルシール・リシャルドー(Ms)
アタマス:カルロ・ヴィストーリ(C.T)
カドモス/ソムヌス:ジャンルカ・ブラット(Bs)
イリス:エミリー・オ ー ウェン(S)
クピ ード ー:アンジェラ・ヒックス(S)
アポロ:ピーター・ダヴォーレン(T)
占 い 師:アンガラッド・ローランズ(Ms)
神官:ダン・デ スー ザ(Br)
ジョン・エリオット・ガーディナー(指)
モンテヴェルディcho
イングリッシュ・バロック・ソロイスツ

録音:2019年5月2日/ロンドン、アレクサンドラ・パレス(ライヴ)
ガーディナーと手兵モンテヴェルディ合唱団 & イングリッシュ・バロック・ソロイスツによる『セメレ』、2019 年ロンドン・ライヴの登場です!ガーディナーは 1981年に録音して以来『セメレ』を上演しておらず、久方ぶりに取り上げたのがこの2019年のツアー。イギリスが誇る名歌手ルイーズ・オルダーがタイトルロー ルを務め、若きテノール、ヒューゴ・ハイマスが好色なユピテルを演じました。アレクサンドラ・パレスで行われたロンドン公演はチケット完売となり、集まった 観客を大いに魅了しました。その全曲録音が3枚組CDで楽しめます!
『セメレ』はオラトリオとして書かれましたが、聖書を題材としてしめやかに展開される当時のオラトリオとは一線を画しています。神話を基にしながらも世俗 的な愛憎に満ちた劇的な台本を用い、完全なオペラとして上演できる内容を持っています。このライヴではオーケストラも舞台上に配し、歌手陣は演技を付けて 上演。衣装も華やかで、オペラの舞台上にオーケストラと指揮者が一緒に入り込んだような新鮮なステージとなっていました。技巧的なアジリタから夢見るよう な美しい旋律まで多彩な魅力にあふれたアリアの数々、そして物語を引き締める重要な役割を持った合唱と、音楽に生き生きとしたカタチを与えるオーケストラ。 それらすべてがガーディナーの指揮により見事にまとめあげられ、美しく透明でかつ芯のある力強さを持った、迷いのない音楽となってまっすぐに響いてきます。ガー ディナーは「前に『セメレ』を録音してから40年近く経ち、やっとこの前衛的な作品に時代が追い付いた」と語っていますが、この間にガーディナーの解釈も またさらに磨かれて、より輝かしいものになったと言えるでしょう。
『セメレ』のストーリーはオウィディウスの「変身物語」を基にしています。人間の女性セメレが神であるユピテルと恋仲になり天界へと連れられ、ユピテルの 妻ユーノに激しく嫉妬されます。ユーノはセメレに「ユピテルの真の姿を見れば不死の神となることができる」と嘘をつき、ユピテルには情欲を誘う夢を見させま す。そしてユピテルはセメレのもとへ駆けつけ、何でも言うことを聞くとステュクスの水とオリンポス山に誓うから、今すぐに会ってくれと懇願。当然セメレは真の 姿を見せてと願い、神聖な誓いに背くことのできないユピテルは悲しみながらも、止む無くその通りにします。それはユーノの罠で、生身の人間がユピテルの真の 姿である雷神の姿を目の当たりにすれば、たちまちその炎で焼き殺されてしまうのでした。しかしセメレは神の子を残していて、これがのちのバッカス神となります。 地上の人間関係も複雑に絡んだいかにもバロック・オペラらしい構図が音楽に深みを与え、登場人物の心情を巧みに描いたアリアが胸を打ちます。

Pentatone
PTC-5186754(1CD)
ミッシー・マッツォーリ(1980-):歌劇『Proving Up』(カレン・ラッセル:原作、ロイス・ヴァヴレック:台本) マイケル・スラッテリー(テノール/マイルス・ゼンガー)
ジョン・ムーア(バリトン/Mr.ヨハネス(ゼンガーの父))
タリーゼ・トレヴィーニェ(ソプラノ/Mrs.ヨハネス(ゼンガーの母))
アビゲイル・ニムス(メゾ・ソプラノ/ゼンガーの長女)
クリー・キャリコ(ソプラノ/ゼンガーの次女)
アンドリュー・ハリス(バス/農民)
オペラ・オマハ
クリストファー・ラウントリー(指)、
インターナショナル・コンテンポラリー・アンサンブル

録音:2018年4月17、18&20日/ウェア・ハウス・プロダクションズ、オハマ(ネブラスカ州)
1980年アメリカ生まれの女流作曲家ミッシー・マッツォーリ期待のオペラ『Proving Up』をおさめたアルバム。この作品は2018年にオペラ・オハマ で初演が行われましたが、当録音はそのキャストによるセッション録音です。
「ブルックリンの新時代のポスト・モーツァルト(タイムアウト・ニューヨーク誌)」と称されたマッツォーリは、今日最も注目を集める若手作曲家の一人。 これまでに発表したオペラ『Breaking the Waves』(2016)や『Song from the Uproar』(2012)などの作品で高い評価を得ています。
『Proving Up』はカレン・ラッセル(1981-)の短編小説を基にした作品で、カナダ出身で現在ブルックリンを拠点に活躍する劇作家・脚本家のロイス・ヴァ ヴレックによる台本です。ヴァヴレックはPENTATONEレーベルからリリースされているリッキー・イアン・ゴードン作曲『クリスマスツリーのない家』(PTC 5186697)の台本もつとめております。ここに収録された『Proving Up』は、19世紀後半のネブラスカ州の一家がホームステッド(自給自足のライフスタイル) を営む物語を通して、アメリカン・ドリームに対するシュールで不穏な批評を表現しております。 当作品はワシントン・ナショナル・オペラ、コロンビア大学、オペラ・オマハの委嘱を受けた作品でその初演は大成功をおさめました。今後、数年のうち に米国最大のオペラハウスで上演される予定です。ワシントン・ポスト紙はこの作品を「悲惨さと力強さを持った現代の真のオペラ」と評しています。 (Ki)

CLAVES
50-3010(1CD)
マイアベーア:歌劇「テオリンダの愛」〜ソプラノ、クラリネット、合唱とオーケストラのための情景カンタータ(1816) レネケ・ルイテン(S)、
ダヴィデ・バンディエーリ(Cl)
ローザンヌ室内O、
ローザンヌ歌劇場cho、
ディエゴ・ファソリス(指)

ライヴ録音:2019年11月8日/ローザンヌ歌劇場
ダルムシュタットでウェーバーと共にフォーグラー神父に師事したジャコモ・マイアベーアはオペラ作曲家として成功し、「預言者」、「アフリカの女」などの 傑作をのこしました。1816年から24年までイタリアにてロッシーニ風の歌劇を発表し、翌25年にはベルリンでドイツ語の歌劇を上演、その後26年にパ リに拠点とし、活躍の場を広げました。
ソプラノ、クラリネット、合唱とオーケストラのための情景カンタータ「テオリンダの愛」は1816年の作品。テオリンダとアルミドロの愛の物語をソプラ ノとクラリネットを登場させ表現したマイアベーアの才能が光った傑作です。名唱レネケ・ルイテンのソプラノと、ローザンヌ室内Oの首席ソロ・クラ リネット奏者のダヴィデ・バンディエーリが華やかに演奏します。 (Ki)


PAN CLASSICS

PC-10418(12CD)
ワーグナー:楽劇『ニーベルングの指環』 ヘルマン・ウーデ(ヴォータン、さすらい人)
ジェローム・ハインズ(ヴォータン)*『ワルキューレ』
ビルギット・ニルソン(ブリュンヒルデ)
アストリッド・ヴァルナイ(ブリュンヒルデ)*『ワルキューレ』
ハンス・ホップ(ジークフリート)
ヴォルフガング・ヴィントガッセン(ジークムント)
オーセ・ノルドモ=レーヴベリ(ジークリンデ)
ゴットローブ・フリック(フンディング、ハーゲン)
オタカール・クラウス(アルベリヒ)
ヘロルド・クラウス(ミーメ)
ゲルハルト・シュトルツェ(ローゲ)
ヘルタ・テッパー(フリッカ)
グレース・ホフマン(ヴァルトラウテ)
イングリット・ビョーナー(フライア、グートルーネ)
マルガ・ヘフゲン(エルダ)
トーマス・ステュアート(グンター、ドンナー)
ゲオルク・パスクダ(フロー)
ペーター・ロート・エーラング(ファフナー)
アルノルト・ファン・ミル(ファゾルト)
ドロテア・ジーベルト(森の小鳥)
ルドルフ・ケンぺ(指)
バイロイト祝祭O&cho
MYTOレーベル(2011年発売)からの移行再発売。ケンぺ指揮による1960年バイロイトでの『指環』全曲が12枚組ボックスセットで復活!
ケンぺは1960年から1963年にかけて4回バイロイトの『指環』を振りました。初登場となった1960年の公演は新演出を採用し、さらにビルギット・ 二ルソンやハンス・ホップをはじめ多くの新しい声楽家を起用したもので、50年代とは違う魅力を持つ新時代の『指環』となりました。ケンぺの指揮もすば らしく今なお名演として語り継がれる内容となっています。
『ワルキューレ』に関しては残された録音が第2サイクルのものであることが判明しているため、7月27日ではなく8月17日という日付表記になっています。 一部キャストが異なるのはそのためです。 (Ki)

SUPRAPHON
SU-4279(1CD)
ターリヒ唯一の歌劇録音
スメタナ:歌劇<リブシェ>(1881)より〜台本:ヨセフ・ウェンジク、エルヴィーン・シュピンドゥレル
(1)「序曲」
第3幕より
予言(ヴィシェフラドゥのリブシェの部屋で)
1場
(2)「2人の兄弟間で作られた平和」【31小節〜70小節】=(P166-6小節〜P167-15小節)
(3)「ああ、ありがとう(君に感謝)」【11小節の3拍目〜終わり】=(P170-3小節3拍目〜P172-8小節)
2場
(4)「彼来る!」【全小節】=(P172-8小節〜P176-3小節)
3場
(5)「ようこそ」【最初〜41小節】=(P176-4小節〜P178-13小節)
4場
(6)「ああ、兄弟、親愛なる兄弟よ」【66小節〜終わりまで】=(P186-2小節〜P189終わり)
5場
(7)「儀式行進」【全小節】=(P190-1小節〜P193終わり)
(8)「ねえ、不屈のヴィシェフラドゥ(高い城)」【最初〜40小節3拍目まで】=(P194最初〜P196-8小説3拍目まで )
(9)「結婚は貴方を祝福します」【5小節2音符目〜終わり】=(P197-15小節2音符目〜P222-5小節)
リブシェの予言
(10)「強力な神々」【全小節】=(P222-6小節〜P243)
(11)チェコ国歌:『我が家何処や』(観客の歌)
マリエ・ポドゥヴァロヴァー(リブシェ)、
スタニスラフ・ムジュ(プシェミスル)、
ヴィレーム・ジーテク(フルドシュ)
ヨセフ・ヴォイタ(シュチャーフラフ)、
ヤロスラフ・ヴェヴェルカ(ルトボル)、
オタ・ホラーコヴァー(クラサヴァ)
マルタ・クラーソヴァー(ラドゥミラ)、
ヨセフ・クジカヴァ(ラドヴァン)
(1)チェコPO
(2)-(11)プラハ国民劇場O&cho、
ヴァーツラフ・ターリヒ(指)

録音:(2)-(11)1939年5月29日/国民劇場、プラハ(ライヴ)、(1)1940年4月30日(HMV / Electrola)
1939 年 6 月 5 日、ナチス占領下のプラハで行われたヴァーツラフ・ターリヒ(タリフ)によるスメタナの<我が祖国>のライヴ録音(SU-4065)は世 界中で注目を集め、2012 年の英グラモフォン賞の「スペシャル・アワード〜歴史的録音部門」を受賞するなど、ターリヒのディスコグラフィ史上最も輝くディ スクの 1 枚となりました。
ここにリリースされる注目の CD は、リブシェ姫に傑出した最後のソプラノ歌手といえるマリエ・ポドゥヴァロヴァーが歌う、スメタナの歌劇<リブシェ> のライヴ録音が完全初出音源として日の目を見ます!当録音は既記した<我が祖国>の 1 週間前にあたる 1939 年 5 月 29 日、ターリヒ指揮により国民劇場 でライヴ収録されたもので、<リブシェ>第 3 幕の断片が奇跡的に残されておりました。
スメタナの歌劇<リブシェ>第 3 幕におけるリブシェの予言は、チェコ国家の未来の情景を伝えるもので、1939 年の情勢と歌劇の内容が重なり、国 家の誇りと勇気を思うチェコ市民に強く響いたに違いありません。残されていた貴重な音源は完全ではないものの、その価値は計り知れません。スプラフォン・ レーベルが誇る技術陣が丁寧にリマスタリングを施した結果、欠落部分はきわめて少なく、音楽的に聴きやすいフレーズを大切に復刻しました。欠落の有無 を含め、各トラックに収録されている小節を【 】内に記載しております。なお、参照したスコアは Prague:Um?lecka Beseda, n.d.(1917) で、当スコアのペー ジ及び小節も( )内に併記いたしました。
当 CD はターリヒ指揮による唯一の歌劇の録音で、プラハの国民劇場で行われた現存するもっとも古い歌劇の音源です。そして、ナチスによって厳しく 禁止される前の歌劇<リブシェ>最後の公演となった歴史的な記録とも言えます。この公演の熱狂ぶりは、記録された聴衆の長く盛大な拍手と共に歌われ た国歌からも窺い知ることが出来るでしょう。 なお、当ライヴの翌年 1940 年にスタジオ録音された<リブシェ>序曲も収録されております。 (Ki)

AQUARIUS
AQVR-403-2(1CD)
ミハイル・ソコロフスキー(1756-1795):歌劇「魔法使いだった粉挽き屋、ペテン師と仲人」

[ボーナス・トラック]
ボリス・アレクサドロフ編:ヴォルガの俗謡
ダニール・デミャーノフ(バス:農民アンクジン)
アントニーナ・クレショヴァ(メゾソプラノ:アンクジンの妻フェチーニャ)
ヴァルヴァラ・グラードヴァ(ソプラノ:夫妻の娘アニュータ)
コンスタンチン・ポリャーエフ(バス:粉挽き屋ファッデイ)
パーヴェル・ポントリャーギン(テノール:アニュータへの求婚者フィリモン)
モスクワ放送cho
モスクワ放送民族楽器楽団
ピョートル・アレクセーエフ(指)
録音:1950年

[ボーナス・トラック]
モスクワ放送歌謡アンサンブル
ボリス・アレクサドロフ(指)
録音:1943年
AQUARIUS
AQVR-405-2(2CD)
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」 (ロシア語版)

[ボーナス・トラック]
プッチーニ:歌劇「ボエーム」から
ロドルフォとミミの場面とデュエット(第1幕)
マルチェッロとロドルフォのデュエット (第4幕)
イヴァン・コズロフスキー(テノール:ロドルフォ)
エリザヴィエタ・シュムスカヤ(ソプラノ:ミミ)
イヴァン・ブルラク(バリトン:マルチェッロ)
アレクサンドラ・ヤコヴェンコ(ソプラノ:ムゼッタ)
アレクセイ・コロリョーフ(バス:コッリーネ)
アレクサンドル・チーホノフ(バリトン:ショナール)
ダニール・デミャーノフ(バリトン:ブノワ)
セルゲイ・フォミチェフ(テノール:パルピニョル)
ゲンナジー・トロイツキー(バス:アルチンドロ)
ボリス・ドブリン(バス:軍曹)
タチヤナ・ヴォロビエヴァ(少女) モスクワ放送cho
モスクワPO
サムイル・サモスード(指)
録音:1955年

[ボーナス・トラック]
エリザヴィエタ・シュムスカヤ(ソプラノ:ミミ)
イヴァン・コズロフスキー(テノール:ロドルフォ)
アンドレイ・イヴァノフ(バリトン:マルチェッロ)
ボリショイ劇場O
サムイル・サモスード(指)
録音:1950年
AQUARIUS
AQVR-404-2(1CD)
ニコライ・ゴロヴァーノフが指揮するムソルグスキーとリムスキー=コルサコフ
ムソルグスキー:歌劇「ソローチンツィの定期市」から 序奏 [1944] / ゴパーク [1944]
歌劇「ホヴァーンシチナ」から モスクワ川の夜明け [1947] / マルファの予言 [1939] +
リムスキー=コルサコフ:歌劇「皇帝の花嫁」から 序曲 [1944] / グリャズノイのアリア [1937](#/**)
歌劇「ムラダ」から 貴族たちの行列 [1941]
歌劇「見えざる町キーテジと聖女フェヴローニヤの物語」から ケルジェネツの戦い [1949]**
歌劇「パン・ヴォエヴォーダ」から マズルカ [1948]
歌劇「金鶏」から 序奏 [1937],婚礼の行列 [1937]
歌劇「サルタン皇帝の物語」から
第2幕への序奏 [1944] / くまばちの飛行 [1952] / 三つの奇跡 [1937]
前奏カンタータ「ゴメルより」 [1947]*
ナジェジダ・オブホヴァ(メゾソプラノ+)
セルゲイ・ミガイ(バリトン#)
ナタリヤ・シュピレル(ソプラノ*)
マリヤ・マクサコヴァ(メゾソプラノ*)
ブロニスラヴァ・ズラトゴロヴァ(アルト*)
モスクワ放送cho*
モスクワRSO(**以外)
ボリショイ劇場O**
ニコライ・ゴロヴァーノフ(指)

録音:[左記 年]

CPO
CPO-777708(2CD)
NX-D11
レハール:喜歌劇「クロクロ」 口ひげのクロクロ:踊り子…ジークリンデ・フェルトホーファー(S)
セヴェラン・コルニション:市長…ゲルト・フォーゲル(Bs)
メルジーネ:市長の妻…スザンナ・ヒルシュラー(S)
マキシム・デ・ラ・ヴァレ:クロクロの恋人…ダニエル・イェンツ(T)
シャブリ:ピアノ教師・・・リカルド・フレンツェル・バウディシュ(歌)
ペティポフ:警官…マティアス・シュテルマー(歌) 他
マリウス・ブルケルト(指)
バート・イシュル・レハール音楽祭cho
フランツ・レハールO

録音:2019年8月9-11日 ライヴ・バート・イシュル・レハール音楽祭
物語は1920年代、若い女性たちが独立した存在を主張し、短い丈のドレスを着て闊歩するというヴィク トール・マルグリットの小説をモデルにした、レハールの喜歌劇「クロクロ」。パリの踊り子クロクロと、彼女の パトロンである市長とその妻メルジーネ、クロクロの恋人マキシムが洒落た物語を紡ぎ出し、レハールが抒 情的で美しい音楽を付けています。現在ほとんど演奏されることはありませんが、1924年の初演時に は、曲中のフォックストロット「Ich habe La Garconne gelesen」が大ヒットしました。今回の“レハール 音楽祭”の蘇演では、クロクロを歌うフェルトホーファーを始め、芸達者な歌手たちが素晴らしい歌と演技 を次々と披露。また指揮のブルケルトはレハールの音楽を見事にまとめており、オーケストラも歌手も全て が楽しみながら演奏している様子が伝わります。レハールの甘い旋律がたっぷり散りばめられた美しい作 品をお楽しみください。

Ars Produktion
ARS-38754(1SACD)
美しい夢 〜 オペラ・アリア集
G.シャルパンティエ:「ルイーズ」より Depuis le jour
プッチーニ:「トゥーランドット」より Signore, ascolta!
ヴェルディ:「椿姫」より E tardi... Addio, del passato bei sogni ridenti
グノー:「ロメオとジュリエット」より Dieu! Quel frisson... Amour, ranime mon courage
プッチーニ:「つばめ」より Chi il bel sogno di Doretta
モーツァルト:「イドメーネオ」より Se il padre perdei
ブリテン:「ピーター・グライムズ」より Embroidery in childhood was a luxury of idleness
プレヴィン:「欲望という名の電車」より I can smell the sea air
レハール:「メリー・ウィドウ」より Es lebt eine Vilja
ロベルト・シュトルツ:「お気に入りの家来」より Du sollst der Kaiser meiner Seele sein
カロリーナ・ロペス・モレーノ(S)、
ドリアナ・チャカロヴァ(P)

録音:2017年11月、ドイツ
ボリビアとアルバニアの両親の下ドイツで育ち、バイエルン・シアター・アカデミーでミュージカルを、シュトゥットガルト音楽芸術大学でクラシックの声楽を学び、2018年にはSWR放送のテレビ番組「ヤング・オペラ・スターズ2018(Junge Opernstars 2018)」に出演したソプラノ歌手カロリーナ・ロペス・モレーノが歌うオペラ・アリア集。モーツァルトからアンドレ・プレヴィンまでの選曲も見事。


King International
KKC-4228(2CD)
ベートーヴェン:歌劇「フィデリオ」 マルタ・メードル(ソプラノ:レオノーレ)、ヴォルフガング・ヴィントガッセン(テノール:フロレスタン)、ゴットロープ・フリック(バス:ロッコ)、セーナ・ユリナッチ(ソプラノ:マルツェリーネ)、ルドルフ・ショック(テノール:ヤキーノ)、オットー・エーデルマン(バス:ドン・ピツァロ)、アルフレート・ペル(バリトン:ドン・フェルナンド)ほか
VPO、ウィーン国立歌劇場cho
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)

録音:1953年10月12日 アン・デア・ウィーン劇場、ウィーン(ライヴ)
音源提供:DISCOS,Milano
国内発売旧LP:セブンシーズK20C-417/9(1985.9.21)(オリジナルLPはチェトラFE-8/10)
国内発売旧CD:セブンシーズK30Y-10154/5(1992.6.21)(チェトラ輸入盤CDC-12の国内仕様)
生誕250年を迎えたベートーヴェン・イヤーの2020年、フルトヴェングラーの “大物” 貴重音源の登場。1805年「フィデリオ」が初演されたアン・デア・ ウィーン劇場で1953年に行われたライヴ「フィデリオ」です。 巨匠がとりわけ愛好した歌劇、それは「指環」「トリスタンとイゾルデ」「ドン・ジョヴァンニ」「魔笛」「魔弾の射手」とともに「フィデリオ」でした。この「フィ デリオ」には4種の録音((1)1948年ザルツブルク・ライヴ、(2)1950年ザルツブルク・ライヴ、(3)本録音にあたる1953年ウィーン・ライヴ、(4)翌日以降 に同じ顔ぶれで行なわれたEMIスタジオ録音)がありますが、この(3)、音質は(4)にこそ及ばないものの、明瞭明晰で解像度高く自然な音色で録音されてい ること、何よりも台詞もまじえた全曲のライヴ録音であること((4)は台詞カットのセッション録音)、そして、生き生きとした音楽の流れの良さで、適度の緊 張感をもって、豪華歌手陣も含めて演奏されていることなど、長所が見られます。 有名な録音だけにCD時代に入り、海外盤もいくつか発売されていますが、今回のKII盤の特徴は、「レオノーレ序曲第3番」演奏後の嵐のような拍手・歓 声・床を踏み鳴らす音がマスターテープに遺された1分20秒余りそのまま収録されていることです。(CETRAのCDC-12も、拍手は15秒ほどでカット されていました)台詞の場面も含めて歌詞対訳は弊社HP(WEBサイト)に掲載します。フルトヴェングラーの遺産として大いなる価値があるCDの復活と いえるでしょう。
1985年、(市販)世界初出LPとなった伊チェトラ盤。ミラノ、ディスコス社制作のこの音源をキングレコード(セブンシーズ・レーベル)は同年に国内 発売しましたが、CDはチェトラ輸入盤(CDC-12)の国内仕様(K30Y-10154/5)で対応したため、マスターテープはキングレコードの倉庫に眠ったま まになっておりました。今回、このアナログテープ(2トラック、38cm/秒)から、キング関口台スタジオで35年ぶりにデジタル・リマスタリング!初の CD化になります。日本語解説書(浅里公三氏のライナーノーツ)付。台詞の場面も含めて歌詞対訳は弊社HP(WEBサイト)に掲載。(ブックレットに記 載するパスワードを入力)
アメリカの著名な音楽評論家ジョン・アードイン(1935-2001)は、ファン必読の名著で本録音を称賛しています。 「ウィーンでのライヴ録音と聴き比べると、EMIのスタジオ録音盤は失望せざるを得ない。監獄場面のメロドラマを除いてせりふが入っておらず、場面転換も 息抜きなしに行なわれています。一連の音楽が終わっても感情的に解き放たれることがなく、次の音楽への気持ちの準備ができない。指揮者も歌い手たちも、 マイクの前では舞台のときほど熱く垂れていない。概念と実行が理想的な形でまとまりを見せたのは、やはり1953年のライヴ盤であろう。個々のキャストに 問題はあるものの、フルトヴェングラーの「フィデリオ」の中では最高の出来映えであり、嵐が吹きすさぶようなすさまじい「フィデリオ」が実現しています。」 (ジョン・アードイン著 藤井留美訳「フルトヴェングラー・グレート・レコーディングズ」音楽之友社刊、2000年)

DISCMEDI
DM-5264-02(1CD)
テレサ・ベルガンサ/ザルスエラ・コンサート
フェデリコ・チュエカ (1846-1908):サルスエラ「水、カルメラと焼酎」から 前奏曲
パブロ・ルナ (1879-1942):サルスエラ「ユダヤの子」から スペインの歌*
ルペルト・チャピ (1851-1909):サルスエラ「巻きせんべい売り」から ソコロのロマンサ*
フェデリコ・チュエカ:サルスエラ「大通り」から
エルネメヒルダのタンゴ*/エリセオ・マドリレニョのショティシュ*
ヘロニモ・ヒメネス (1854-1923):サルスエラ「ソレアレス」から 間奏曲
サルスエラ「ラ・テンプラニカ」から ロマンサ,サパテアド*
ルペルト・チャピ:サルスエラ「若い娘」から ジプシーの歌*
サルスエラ「セベデオの娘たち」から カルセレラ*
テレサ・ベルガンサ(Ms)*
イギリス室内O
エンリケ・ガルシア・アセンシオ(指)

録音:1975年、アビーロード・スタジオ、ロンドン、イギリス
原盤、ライセンサー、初出:Ensayo, ENY-CD-9707 (レーベル終了、廃盤)
DISCMEDI
DM-5207-02(1CD)
アンリク・ムレラ (1865-1942)/アペラス・メストラス (1854-1936)台本:「黄金のヴィオラとその他の歌」 (森の寓話、全3幕) ジュゼプ・ラモン・ウリベ (バリトン:サラフィ)
アンナ・アラス・イ・ジュベ (メゾソプラノ:クラレタ)
ジュエル・バルドゥレト (Vn)
アルスインノバ室内cho
コブラ・マリナダ (合奏)
ディエゴ・マルティン・エチェバリア(指)

録音:2015年8月2-4日、サリア劇場、バルセロナ、スペイン

BONGIOVANNI
GB-2575(2CD)
パイジェッロ:歌劇『勇敢な競演』 ゲリンダ:マリアーナ・マッパ(S)
バルティアーノ:ブルーノ・タッディア(Bs)
ドン・ベルリッコ:マヌエル・アマーティ(T)

ジョヴァンニ・ディ・ステファノ(指)
ジョヴァンニ・パイジェッロ祝祭O

録音:2018年9月14・15日
2018年のパイジェッロ・フェスティバルでの上演のライヴ録音です。『勇敢な競演』はほとんど知られていないオペラですが、モーツァルトがフルート四重 奏曲第4番K298の第3楽章で旋律を拝借したのがこのオペラの中のアリア「Chi mi mostra, chi m'addita」。当時は名の通った存在であったパイジェッロ の知られざるオペラの貴重な録音です。 (Ki)
BONGIOVANNI
GB-2578(1CD)
パイジェッロ:歌劇『奥様女中』 ウベルト:ジュゼッペ・ナヴィーリョ(Bs)
セルピナ:ヴァレリア・ラ・グロッタ(S)
ヴェスポーネ:ガブリエーレ・サロンネ(パントマイム)
サビーノ・マンツォ(指,Cemb)
サンタ・テレサ・デイ・マスキ・バロックオーケストラ

録音:2018年4月19日
奥様女中』と言えばペルゴレージのものが有名ですが、パイジェッロも同じ台本に曲を付けて発表しています。軽快な音楽が可愛らしく聴いていて楽しい 作品。

NAXOS/映像作品
NAXOS-2.110662
(DVD)
NX-C09

NBD-0112V(Bluray)
NX-C09

NYDX-50098(Bluray)
国内盤仕様
税込定価
アドルフ・アダン(1803-1856):喜歌劇「ロンジュモーの御者」 シャプルー / サン=ファール…マイケル・スパイアーズ (T)
マドレーヌ / マダム・ド・ラトゥール…フローリー・バリケット (S)
コルシ侯爵…フランク・ルゲリネル (Br)
ビジュー / アルサンドール…ローラン・キュブラ (Bs-Br)
ローズ…ミシェル・フォー (役者)
ルイ15世…ヤニス・エジャディ (役者)
ブルドン…ジュリアン・クレマン (Br)
セバスチャン・ルラン(指)
アクサンチュス
ルーアン・ノルマンディ歌劇場O&cho

収録 2019年4月5、7日
オペラ=コミック座
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
映像:16/9 NTSC All Region 片面2層(DVD、Blu-ray)
1080i High Definition(Blu-ray)
音声:ドイツ語歌唱
LPCM 2.0 & DTS Digital Surround 5.1(DVD)
LPCM 2.0 & DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
1836年にパリのオペラ・コミック座で初演された「ロンジュモーの御者」は、18世紀、ロココ文化の花開いたルイ15世の治世を時代背景とする喜 歌劇。田舎の御者だった主人公が唆されて妻を捨て、パリで歌手としてスターダムにのし上がり、貴婦人(実は叔母から莫大な遺産相続をし社 交界の華となっていた妻マドレーヌ)に出会い、妻とは気づかずに求婚、さらに彼女に懸想していたコルシ侯爵と恋のさや当てを演ずるという艶笑 喜劇。バレエ「ジゼル」とともに多作なアダンの代表的な作品となったもの。本映像はこの作品の初演の劇場、パリのオペラ・コミック座で180余年 の時を経て、フランスの人気コメディアン・舞台監督のミシェル・フォー(ローズ役で本舞台にも登場)が、全面的に見直した新演出。そのきらびやか な舞台と衣装(クリスチャン・ラクロワ)は目覚ましく、主人公シャプルーにフランスものを得意とするアメリカのテノール、マイケル・スパイアーズを配し、 その美声はパリの聴衆の大喝采を浴びました。2018年に新国立劇場の「ホフマン物語」を指揮し好評を博したセバスチャン・ルランの軽妙洒脱 なタクトに導かれ、充実した歌手陣の歌唱演技と相まってこのアダンの傑作喜歌劇を現代に蘇らせています。

GEGA NEW
GD-414(1CD)
ニコラ・ニコロフ〜アリア集
(1)ヴェルディ:「アイーダ」―清きアイーダ
(2)ヴェルディ:「トロヴァトーレ」―あの積み薪の恐ろしい炎が
(3)ヴェルディ:「オテッロ」―神よ!あなたは私に投げつけることができた
(4)マイヤベーア:「アフリカの女」―ああ楽園よ
(5)ポンキエッリ:「ジョコンダ」―空と海
(6)ロッシーニ:「ギヨーム・テル(ウィリアム・テル)」―先祖代々の住処よ(イタリア語)
(7)ジョルダーノ:「アンドレア・シェニエ」―五月の晴れた日のように
(8)マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」―母さん、この酒は強いね
(9)レオンカヴァッロ:「道化師」―衣装を着けろ
(10)プッチーニ:「ボエーム」―なんて冷たい手,皆行ったかしら?
(11)プッチーニ:「トスカ」―星は光りぬ
(12)プッチーニ:「マノン・レスコー」―今まで見たことのない美女
(13)プッチーニ:「蝶々夫人」―さようなら 花咲く家よ
(14)プッチーニ:「トゥーランドット」―誰も寝てはならぬ
(15)ピプホフ:「モンチル」―エレナとモンチルの二重唱
(16)フリストフ:ルコヴィトの娘たち
ニコラ・ニコロフ(T)
(1)(2)(4)(8)(10)(11)(14)ヴァシル・ステファノフ(指)ブルガリア国立RSO
(3)(12)(13)イヴァン・マリノフ(指)ブルガリア国立RSO
(5)アセン・ナイデノフ(指)ソフィア歌劇場O
(6)(7)(9)ルスラン・ライチェフ(指)ブルガリア国立RSO
(15)コンスタンティン・イリエフ(指)ブルガリア国立RSO
(16)ドラゴミール・ネノフ(指)ブルガリア国立RSO
(2)ソフィア歌劇場cho
(10)(15)リリャーナ・ヴァシレヴァ(S)

録音:(1)1961 年、(2)1963 年、(3)1968 年、(4)1965 年 1 月 23 日(ライヴ録音)、(5)1957 年、(6)(7)1969 年、(8)1957 年(ライヴ録音)、(9)1961 年、(10)(11)(14)1962 年、(12)(13)1968 年、(15)1969 年、(16)1982 年
20 世紀後半のブルガリアを代表するテノール、ニコラ・ニコロフ(1925‐2007)の様々な録音を集 めたCD。ソフィア国立歌劇場で長く活躍し、またボリショイ劇場、スカラ座(1955 年初出演)、メトロ ポリタン歌劇場(1960 年、当たり役のビゼーの「カルメン」のドン・ジョゼで初出演)、さらに東欧でも 西欧でも広く活躍し、しかも70 代でも主役を務めたという。逞しく輝かしい声が魅力。

IMPEX SONYLEC
AUD-001(2CDR)
サルスエラ名作選 Vol.1


[CD-R 1]
フアン・ベルト(1890-1931):サルスエラ「口づけの伝説」


[CD-R 2]
ルペルト・チャピ(1851-1909):サルスエラ「人騒がせな娘」
[CD-R 1]
ドロレス・ペレス(ソプラノ:アマポラ)
ルイサ・デ・コルドバ(ティプレ・コミカ:シメオナ)、アルベルト・アギラ(バリトン:マリオ)、ホセ・ピカソ(テノール:イバン)、サンティアゴ・ラマリェ(テノール:ゴロン)、ティノ・モロ(バリトン:グルコ)、アリシア・アラバリア(ソプラノ:コラル)、ホセ・ポロミンゴ(バス:エルネスト)、リリコス・デ・マドリードO&cho、フェデリコ・モレノ・トロバ(指)

[CD-R 2]
マヌエル・アウセンシ(Br)、アナ・マリア・イリアルテ(S)、イネス・リバデネイラ(Ms)、リリコス・デ・マドリードO&cho、フェデリコ・モレノ・トロバ(指)

演奏者表示には疑問があり、もしも歌手の表示が正しいならば合唱・管弦楽・指揮者は以下と推測されます。
[CD-R 1]
スペイン国立放送合唱団
マドリード室内O
エンリケ・エステラ(指)
[CD-R 2]
マドリード・カントレス合唱団
マドリード室内O
アタウルフォ・アルヘンタ(指)
IMPEX SONYLEC
AUD-002(2CDR)
サルスエラ名作選 Vol.2


[CD-R 1]
アマデオ・ビベス(1876-1931):サルスエラ「ドニャ・フランシスキタ」


[CD-R 2]
フェデリコ・モレノ・トロバ(1891-1982):サルスエラ「ルイサ・フェルナンダ」
[CD-R 1]
ドロレス・ペレス(S)、アルフレド・クラウス(T)、アナ・マリア・オラリア(S)、サンティアゴ・ラマリェ(T)、マドリード・リリカO&cho、フェデリコ・モレノ・トロバ(指)
[CD-R 2]
ドロレス・ペレス(S)、ルイス・サヒ=ベラ(Br)、ミゲル・シエラ(Br)、ナタリア・ボンバイ(?)、サンティアゴ・ラマリェ(T)、イサベラ・ペナゴス(S)、アンヘリネス・カルチェナ(S)、ティノ・モロ(Br)、ヘラルド・モンレアル(T)、ラファエル・マルドナド(Br)、マドリード・リリカO&cho、フェデリコ・モレノ・トロバ(指)

演奏者表示には疑問があり、もしも歌手の表示が正しいならば合唱・管弦楽・指揮者は以下と推測されます。
スペイン国立放送cho
マドリード室内O
ダニエル・モントリオ(指揮 [CD-R 1])
リカルド・エステバレナ(指揮 [CD-R 2])
IMPEX SONYLEC
AUD-003(2CDR)
サルスエラ名作選 Vol.3
エミリオ・アリエタ(1823-1894):サルスエラ「マリナ」
マリア・カバリェル(S)、ルイス・サヒ=ベラ(Br)、フェルナンド・バニョ(T)、ホアキン・デウス(Bs)、フェデリコ・モレノ・トロバ(指)


演奏者表示には疑問があり、もしも歌手の表示が正しいならば合唱・管弦楽・指揮者は以下と推測されます。
カントレス・リリコス・デ・マドリード(合唱)
マドリード室内O
ダニエル・モントリオ、エンリケ・ナバロ、リカルド・エステバレナ (指)

Chandos
CHSA-5253(2SACD)
オルウィン:歌劇「令嬢ジュリー」 サカリ・オラモ(指)BBC響、
アナ・パタロング(ソプラノ/ジュリー)、
ベネディクト・ネルソン(バス・バリトン/ジャン)、
ロジー・オールドリッジ(メゾ・ソプラノ/クリスティン)、
サミュエル・サッカー(テノール/ウルリク)

録音:2019年10月5日ー8日、フェニックス・コンサート・ホール(フェアフィールド・ホールズ、クロイドン、イギリス)
サカリ・オラモは、2015年にロイヤル・フィルハーモニック・ソサエティの「コンダクター・オヴ・ザ・イヤー」を受賞したフィンランド出身の名指揮者。現在、BBC響の首席指揮者に加え、ロイヤル・ストックホルムPOの首席指揮者&アーティスティック・アドヴァイザー、オストロボスニア室内O(フィンランド)の首席指揮者、フィンランドRSOの名誉指揮者を務めています。Chandosでレコーディングした「シベリウスのレンミンカイネン組曲(PCHAN 20136/CHAN-20136)」は、2019年度のレコード・アカデミー賞で「特別賞 録音」に選ばれ、サカリ・オラモの実力とChandosの超優秀録音の名声を高めました。
Chandosレーベルが黎明期からその作品を取り上げ続けてきた20世紀イギリスの作曲家、ウィリアム・オルウィン(1905−1985)の「令嬢ジュリー(ミス・ジュリー)」は、スウェーデンの劇作家ヨハン・アウグスト・ストリンドベリの戯曲「令嬢ジュリー」を元に、オルウィン自身が台本を書いたオペラで、1973年〜76年に作曲されたオルウィンの最後の大規模な作品です。映画音楽作曲家としても広範なキャリアを誇ったオルウィンの作曲技術が結集された知られざる傑作を、サカリ・オラモが円熟のタクトで披露します。
Chandos
CHSA-5276(1SACD)

RCHSA-5276(1SACD)
国内盤仕様
解説書&歌詞日本語訳付き/
税込定価
ダラピッコラ:歌劇 「囚われ人」
1-10. 歌劇 「囚われ人」(プロローグと1幕の歌劇、ヴィリエ・ド・リランダン伯爵の「希望による拷問」とシャルル・ド・コステルの「ウーレンシュピーゲルとお人好しのゲドツァックの伝説」による作曲者のリブレット)*
11-12. ミケランジェロ・ブオナローティの合唱曲 第1集(無伴奏混声合唱のための)〔a. 不幸な結婚をした女たちの合唱、b. 不幸な結婚をした男たちの合唱〕
13. 夏(ミティレネのアルカイオス〔古代ギリシャの叙情詩人〕の断片による男声合唱のための)
ジャナンドレア・ノセダ(指)、
デンマーク国立SO*、
デンマーク国立コンサートcho
アンナ・マリア・キウリ(Ms)*、ミヒャエル・ナジ(Br)*、シュテファン・リュガメル(T)*、アダム・リース(T)*、ステッフェン・ブルーン(Bs)*

録音:2019年9月20日−21日、デンマーク放送コンサート・ホール(コペンハーゲン)
017年からワシントン・ナショナルSOの第7代音楽監督に就任し、次代の巨匠指揮者の一人として大活躍を続けているジャナンドレア・ノセダ。ロンドン響とイスラエル・フィルの首席客演指揮者、ストレーザ音楽祭(イタリア)の芸術監督を務め、2021/22シーズンからはチューリッヒ歌劇場の音楽総監督への就任も予定しています。ChandosにはBBCフィルハーモニックの首席指揮者とトリノ王立歌劇場(テアトロ・レージョ)の音楽監督時代に、知られざるイタリア音楽を紹介する「ムジカ・イタリアーナ」シリーズを続々と録音し人気を博しました。
Chandosからは5年ぶりのリリースとなるノセダの新録音は、「ムジカ・イタリアーナ」でも2つの管弦楽作品集が録音されていた、20世紀イタリアの奇才ルイジ・ダラピッコラ(1904−1975)のオペラと2つの合唱作品集。1949年にラジオ放送で初演された「囚われ人(Il prigioniero)」は、フランスの作家ヴィリエ・ド・リランダンとベルギーの作家シャルル・ド・コステルの作品から、ダラピッコラ自身がリブレットを書き、12音技法などが使われたプロローグと1幕の歌劇です。

C Major
75-5008(2DVD)
KKC-9576(2DVD)
日本語帯・解説付
税込定価

75-5104(Bluray)
KKC-9575(Bluray)
日本語帯・解説付
税込定価
アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭2019オペラ・ガラ〜プラシド・ドミンゴ50周年記念

ヴェルディ:『ナブッコ』『マクベス』『シモン・ボッカネグラ』ハイライト
プラシド・ドミンゴ(ナブッコ、マクベス、シモン・ボッカネグラ)
アンナピロッツィ(アビガイッレ、マクベス夫人、アメーリア・グリマルディ)
アルトゥーロ・チャコン=クルス(イズマエーレ、マクダフ、ガブリエーレ・アドルノ)
マルコ・ミミカ(ザッカリア、ヤーコポ・フィエスコ)
ジェラルディーヌ・ショベ(フェネーナ)
カルロ・ボージ(アブダルロ、マルコム)
エリザベッタ・ジッツォ(アンナ)
ロマーノ・ダル・ゾーヴォ(バール神の祭司、医者)
ロリー・ガルシア(侍女)
ジョルディベルナセル(指)O&cho・バレエ団

収録:2019年8月、アレーナ・ディ・ヴェローナ(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9,NTSC
音声:PCMステレオ、DTS5.1
原語:イタリア語
字幕:独英仏西韓,日本語
リージョン:All"、154分
◆Bluray
画面:16:9,1080i
音声:PCMステレオ、
DTS-HDMA5.1
原語:イタリア語
字幕:独英仏西韓,日本語
リージョン:All、154分
アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭は、毎夏ヴェローナにあるローマ時代の円形闘技場が劇場と化して開催される、世界最大規模の野外オペラ音楽祭です。1913年から開催されており、その歴史は100年以上。世界中のオペラファンを魅了しています。2019年は、プラシド・ドミンゴの音楽祭出演50周年にあたり、記念ガラ・コンサートが盛大に行われました。『ナブッコ』『マクベス』『シモン・ボッカネグラ』のハイライトで、タイトルロールを歌うのはもちろんドミンゴ。近年、テノールからバリトンへの転向で世間を驚かせ、ヴェルディ・バリトンの役を徐々に広げているドミンゴらしいプログラムです。共演者もイタリア出身の女性ソプラノ歌手アンナ・ピロッツィ、メキシコ生まれの中堅テノール歌手、アルトゥーロ・チャコン=クルスと、華やかな布陣でドミンゴの記念の年をお祝いしています。 (Ki)

Dynamic
DYNDVD-37872(DVD)
NX-C05

DYNBRD-57872(Bluray)
NX-C05
プッチーニ:歌劇「外套」
ミケーレ…フランコ・ヴァッサッロ(Br)
ジョルジェッタ…マリア・ホセ・シリ(S)
ルイージ…アンジェロ・ヴィッラーリ(T)
ティンカ(あだ名:鯉)…アントニオ・ガレス(T)
タルパ(あだ名:もぐら)…エウジェニオ・ディ・リエト(T)
フルーゴラ(あだ名:フェレット)…アンナ・マリア・キウーリ(メゾ・ソプラ
流しの歌唄い…デイヴ・モナコ(T) 他
ヴァレリオ・ガッリ(指)
フィレンツェ五月音楽祭劇場O&cho

収録:2019年11月20,23日フィレンツェ五月音楽祭劇場
収録時間:54分
音声:フランス語歌唱
PCMステレオ2.0/Dolby digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画面:16:9 REGION All(Code:0)
DVD…片面2層ディスク
Blu-ray・・・2層 50GB 1080i High Definition
※CD(7872)はデジタル配信のみ
セーヌ川に浮かぶはしけの船長ミケーレは、妻ジョルジェッタの不倫を疑っています が相手がわかりません。しかし、一番疑わしいルイージは「次の停留で下船させて ほしい」と訴えています。「たとえ相手がだれであっても、自分の手で息の音を止め てやる」と息巻くミケーレ。やがて、漆黒の闇の中、ミケーレが擦ったマッチの火を逢 引の合図と勘違いして妻に会いに来たのはやはりルイージでした。ミケーレは彼の 首を絞め、息絶えた体を自らの外套の下に隠し… 「三部作」の一演目「外套」では、荷物船上で繰り広げられる、人々の愛憎劇が 描かれます。1913年にパリを訪れたプッチーニが、同地で上演されていたディディ エ・ゴールドの同名舞台劇からインスピレーションを得て書かれたもの。簡潔にまと められた台本に、川の流れを思わせるオスティナート(執拗な音型)・パターンを取 り入れた重厚な音楽を付けることで、逆らえない運命が描き出されています。ミ ケーレを歌うベテラン、ヴァッサッロの堂々たる歌唱、イタリアメディアで大絶賛された 輝かしい声を持つルイージ役のヴィッラーリ、2人の男性に翻弄されるジョルジェッタ を歌うホセ・シリ。この3人を取り巻くくせの強い登場人物たちをヴァレリオ・ガッリが 見事にまとめました。デニス・クリーフの演出は、背景に雑然とした川上の風景を投 影することで、逃げ場のない人々の心の歪みを表現しています。

CPO
CPO-555335(2CD)
NX-D11
イヴァン・ザイツ(1832-1914):歌劇「ニコラ・シュビッチ・ズリンスキ」 ニコラ・シュビッチ・ズリンスキ…ロベルト・コラール(Br)
エヴァ:ズリンスキの妻…クリスティーナ・コラール(Ms)
イェレナ:夫妻の娘…アンナマリヤ・クネゴ(S)
ロヴロ・ユラニッチ…アリアジェ・ファラスティン(T) 他
ヴィッレ・マトヴェイェフ(指)リエカSO
リエカ歌劇場cho

録音:2018年10月17-22日クロアチア・ナショナル劇場「イヴァン・ザイツ」
全曲版世界初録音
クロアチアの作曲家イヴァン・ザイツ。この歌劇「ニコラ・シュビッチ・ズリンスキ」は16世紀に実在したクロア チアの将軍ズリンスキが、1566年、小さな部隊を率いてオスマントルコの大部隊と戦い、命をかけてシゲ トヴァールの要塞を守り抜いたという実話を元に書かれています。ロッシーニやヴェルディを思わせるイタリ ア・オペラの伝統と、ウィーンのオペレッタを融合した作風による「英雄物語」を締めくくるのは、クロアチアの 愛国歌としてザイツが10年前に作曲した「ウ・ボイ、ウ・ボイ(突撃!)」。日本でもよく知られる旋律が 壮大な男声合唱に編曲され、高らかに歌われます。「ニコラ・シュビッチ・ズリンスキ」初の全曲録音となる このアルバムでは、これまでに何度もタイトルロールを歌ってきたロベルト・コラールを始め、優れた歌手を起 用。また物語の1/3を合唱が占めるこの作品での、リエカ歌劇場合唱団の力強いハーモニーが聴きどころ です。

Opus Arte
OA-1303D(DVD)
NX-C10

OABD-7267D(Bluray)
NX-D09

NYDX-50096(Bluray)
国内盤仕様
税込定価
マスネ:歌劇「サンドリヨン」

【特典映像】 キャスト・ギャラリー
サンドリヨン…ダニエル・ドゥ・ニース(S)
ド・ラ・アルティエール夫人(継母)…アグネス・ツヴィエルコ(Ms)
シャルマン王子…ケイト・リンジー(Ms)
名付け親の妖精…ニーナ・ミナシヤン(S)
ノエミ(義姉)…エドゥアルダ・メロ(S)
ドロテ(義姉)…ジュリー・パスチュロー(Ms)
パンドロフ(父)…ライオネル・ロート(Br)
ほか
ジョン・ウィルソン(指)LPO
グラインドボーンcho

収録:2019年6月30日グラインドボーン音楽祭
字幕:英・仏・独・韓・日本語
収録時間:140分
映像:16/9 NTSC All Region 片面2層(DVD、Blu-ray)
1080i High Definition(Blu-ray)
音声:Dolby Digital 2.0 & DTS Digital Surround 5.1(DVD)
LPCM 2.0 & DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
ペローによる有名なおとぎ話を下敷きにした台本にマスネが作曲した歌劇「サンドリヨン(シンデレラ)」。意地悪な継母と姉たち、舞踏会での王子との恋、ガラスの靴などお 染みのストーリーに、実の父親のサンドリヨンへの愛情や王子との森での邂逅など、ドラマチックなプロットを加え、創作当時のベルエポック時代の皮相的で享楽的な雰囲 をも捉えた作品です。本映像は俳優としても高名なフィオナ・ショウによるオリジナル演出にフィオナ・ダンが手を加えた2019年のグラインドボーン音楽祭のための新演出の 録。登場人物たちがスマホをいじり自撮りに興じるなど舞台を現代に置き換えつつ、王子が纏うキラキラのジャケットなどの奇抜な衣装と相まって、現代のおとぎ話として不 議な世界を創り出しています。近現代音楽からジャズ、ポップスまで幅広いレパートリーを誇るBBCプロムスの常連ジョン・ウィルソンのタクトから生まれるマスネの繊細かつ 密な音楽を背景に、愛らしく、たくましいサンドリヨン(ドゥ・ニース)、悩める今風な王子(リンジー)、マジカルなコロラトゥーラが印象的な名付け親の妖精(ミナシヤン)らが見 な演技と歌唱を繰り広げます。

C Major
80-3008(DVD)
KKC-9574(DVD)
日本語帯・解説付
税込定価

80-3104(Bluray)
KKC-9573(Bluray)
日本語帯・解説付
税込定価
オッフェンバック:喜歌劇「天国と地獄(地獄のオルフェ)」 エンリケ・マッツォーラ(指)VPO
アンネ・ソフィー・フォン・オッター(世論)
マックス・ホップ(ジョン・ステュクス)
キャスリーン・リーウェック(ウリディス)
ホエル・プリエト(オルフェ)
マルセル・ビークマン(アリステ/プリュトン)
ナディーネ・ヴァイスマン(キュピドン)
レア・ドゥサンドル(ヴェニュス)
マルティン・ヴィンクラー(ジュピテル)
フランシス・パパス(ジュノン)
ラファウ・パウヌク(マルス)
ヴァシリーサ・ベルザンスカヤ(ディアヌ)
ペーター・レンツ(メルキュール)
ベルリン・ヴォーカルコンソート

収録:2019年8月、ザルツブルク音楽祭(ライヴ)
◆DVD
画面:16:9、NTSC
音声PCMステレオ、DTS5.0
原語:仏独
字幕:英韓,日本語、140分
◆Bluray画面:16:9、1080i
音声PCMステレオ、DTS-HDMA5.0
原語:仏独
字幕:英韓,日本語、140分
オッフェンバックの生誕200年を記念して上演された『天国と地獄(地獄のオルフェ)』2019年ザルツブルク音楽のライヴ映像。19世紀パリでオペレッ タの華を咲かせたジャック・オッフェンバックは、歌劇『ホフマン物語』や、多くのオペレッタを作曲しています。その中でも『天国と地獄(地獄のオルフェ)』 は特に有名。運動会でよくかかるフレンチ・カンカンの<地獄のギャロップ>は、誰しも一度は耳にしたことのある楽曲でしょう。ギリシャ神話をもとにグルッ クが歌劇『オルフェオとエウリディーチェ』を作曲、それをオッフェンバックがパロディー化したのが『天国と地獄(地獄のオルフェ)』です。 今回の演出は、現在ベルリンのコーミッシェ・オーパーの総裁を務めている奇才バリー・コスキー。息つく暇もないほど、目まぐるしく変化する舞台、エロ ティックな衣装、オッフェンバックの風刺と皮肉を存分に利かせた、ハチャメチャなエンターテインメントを満喫できる上演です。 配役は、世論のアンネ・ソフィー・フォン・オッターは、さすがの貫録。ウリディス役のキャスリーン・リーウェックも体当たりの演技と圧倒的な歌唱で聴か せます。なんと言っても、一番の活躍はジョン・ステュクス役のマックス・ホップ。冒頭から登場し、全員のセリフ、擬音語も一人で行い、他の登場人物は 口パクという大胆な演出。そして演奏は、エンリケ・マッツォーラ指揮によるウィーン・フィルという何とも贅沢な布陣です。 (Ki)

PARNASSUS ARTS
91-2010487001
(3CD)
ヴィンチ:歌劇『ポーランド王ジズモンド』 マックス・エマヌエル・ツェンチッチ(カウンターテナー;ジズモンド)
ユーリ・ミネンコ(カウンターテナー;オトーネ)
ソフィー・ユンカー(ソプラノ;クネゴンダ)
アレクサンドラ・クバス=クルク(ソプラノ;プリミスラオ)
ジェイク・アルディッティ(カウンターテナー;エルネスト)
ディリアラ・イドリソヴァ(ソプラノ;ジュディッタ)
ニコラス・タマーニャ(カウンターテナー;エルマーノ)
マルツィン・シヴィオントキエヴィチ((指)チェンバロ)
マルティナ・パストゥシュカ(音楽監督)
{oh!}オルキェストラ・ヒストリチナ

録音:2019年
18世紀初頭に最も有名な歌劇作曲家はヘンデルでもヴィヴァルディでもなく、レオナルド・ヴィンチ(1690-1730)でした。ナポリで音楽を学んだ 彼は1719年には作曲した歌劇・ブッファが認められ名を知られるようになり、1722年からより権威のある歌劇・セリアも作るようになり、瞬く間に 成功を収めました。ヴィンチの名はヨーロッパ中に轟き、遠く離れたロンドンにいるヘンデルさえもその影響力に抗うことはできませんでした。しかし若く して毒により命を落としたとされ、突然の死は急速に世間から彼の音楽を忘れさせる結果となります。
今世紀になってようやく、ヴィンチの音楽を舞台や録音で聴くことができるようになってきました。1727年にローマのテアトロ・デッレ・ダーメで初演 された歌劇『ポーランド王ジズモンド』も不当に忘れ去られていた傑作のひとつであり、CDを通して多くの人に聴いてもらいたいという思いから、今回 の製品化がなされました。今やカウンターテナーの最高峰に位置するスター歌手でありParnassus Artsのアーティスティックディレクターも務めるツェ ンチッチがタイトルロールを歌い、他にも選りすぐりのメンバーが集まって最高の演奏を聴かせてくれる豪華なディスクです。ヴィンチの音楽のすばらしさ をぜひ体感ください。 (Ki)

CZECH RADIOSERVIS
CR-0922-2(2CD)
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」(チェコ語版) プシェミスル・コチー(バリトン:ドン・ジョヴァンニ)
カレル・カラシュ(バス:レポレッロ)
ヤロスラヴァ・ヴィマザロヴァー(ソプラノ:ドンナ・アンナ)
エドゥアルト・ハケン(バス:騎士団長)
イヴォ・ジーデク(テモール:ドン・オッターヴィオ)
ヤルミラ・ペホヴァー(ソプラノ:ドンナ・エルヴィーラ)
ミラダ・ムシロヴァー(ソプラノ:ソプラノ:ツェルリーナ)
ハヌシュ・テイン(バス:マゼット)
プラハ放送cho
プラハRSO
ヴァーツラフ・イラーチェク(指)

録音:1951年、チェコ放送、プラハ、チェコ
CZECH RADIOSERVIS
CR-0936-2(2CD)
オッフェンバック:オペレッタ集


(1)「盗賊」(チェコ語版)

(2)「エリゾンドの少女(ペピト)」(チェコ語版)
(1)ボフミール・ヴィーフ、フランチシェク・クレウズマン(俳優:ファルサカッパ)、ヤロスラヴァ・プロハースコヴァー(ソプラノ:フィオレッラ)、オルドジフ・コヴァーシュ(テノール:フラゴレット)、ヤロスラフ・ポスピーシル(テノール:ブラガンサ公)、オルドジフ・ノヴィー(朗読)、プラハ放送cho、プラハRSO、ヴラスチスラフ・アントニーン・ヴィプレル(指)
録音:1953年、チェコ放送、プラハ、チェコ

(2)ミランダ・イラースコヴァー(ソプラノ:マヌエリータ)、アントニーン・ヴォタヴァ(ミゲル)、カレル・カラシュ(バス:ヴェルティゴ)、プラハRSO、フランチシェク・ディク(指)
録音:1950年、チェコ放送、プラハ、チェコ
CZECH RADIOSERVIS
CR-0987-2C(1CD)
スメタナ、ドヴォルザーク:歌劇・アリア & デュエット集
スメタナ:歌劇「売られた花嫁」から ケツァルのアリア+
ドヴォルザーク:歌劇「ルサルカ」から ルサルカのアリア*
歌劇「ジャコバン党員」から ユリエとボフシュのデュエット(*/+)
歌劇「いたずら農夫」から 公のアリア+
スメタナ:歌劇「売られた花嫁」から マジェンカのアリア*
ドヴォルザーク:歌劇「ルサルカ」から 水の精のアリア+
スメタナ:歌劇「秘密」から ブラジェンカのアリア*
歌劇「リブシェ」から プシェミスルのアリア+
ドヴォルザーク:歌劇「ジャコバン党員」から テリンカのアリア*
スメタナ:歌劇「ボヘミアのブランデンブルク人」から ヤン・タウセントマルクのアリア+
 歌劇「悪魔の壁」から カトゥシュカのアリア*
ドヴォルザーク:歌劇「ジャコバン党員」から フィリプのアリア+
スメタナ:歌劇「ボヘミアのブランデンブルク人」から ルジシェとヤン・タウセントマルクのデュエット(*/+)
カテジナ・クニェジーコヴァー(S)*
アダム・プハレトカ(Bs-Br)+
プラハRSO
オンドレイ・レナルト(指)

録音:2018年

Dynamic
DYNDVD-37876(DVD)
NX-C09

DYNBRD-57876(Bluray)
NX-C09

NYDX-50094(Bluray)
国内盤仕様
税込定価
コルンゴルト:歌劇「ヴィオランタ」1幕 ヴィオランタ…アンネマリー・クレーマー(S)
軍事指揮官シモーネ・トロヴァイ…
ミヒャエル・クプファー=ラデツキー(Br)
アルフォンソ…ノーマン・ラインハルト(T)
ジョヴァンニ・ブラッカ…ペーター・ソン(T)
ビーチェ…ソウラ・パラシディス(S)
バルバラ:ヴィオランタの乳母…アンア・マリア・キウリ(Ms)
マッテオ…ホアン・フォルケ(T) 他
ピンカス・スタインバーグ(指)
トリノ王立劇場O&cho

収録:2020年1月21,23日トリノ王立劇場
収録時間:88分
字幕:日本語・イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
映像:
16/9 NTSC All Region 片面2層(DVD、Blu-ray)
1080i High Definition(Blu-ray)
音声:ドイツ語歌唱
LPCM 2.0 & DTS Digital Surround 5.1(DVD)
LPCM 2.0 & DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
幼い頃から神童ぶりを発揮したコルンゴルト。少年時代から次々に作品を発表し、いずれも高く評価されました。この「ヴィオランタ」は18歳頃に 書かれた彼の2作目の歌劇で、ヴェリズモ・歌劇やプッチーニ、さらにレスピーギやR・シュトラウスの影響も聴き取れます。初演は1916年3 月、ミュンヘン国立歌劇場で、コルンゴルトのもう一つの歌劇「ポリュクラテスの指輪」とともにブルーノ・ワルターの指揮によって行われ、大成功を収 めました。 本映像の演出家ピエール・ルイージ・ピッツィは、コルンゴルトが活躍した1920年代に舞台を移し、きらびやかな衣装と舞台装飾により、ヴェニスの カーニヴァルの夜のむせかえるような情緒を醸し出しています。アンネマリー・クレーマー(ヴィオランタ)の官能的な歌唱に、ノーマン・ラインハルト (アルフォンソ)の甘やかな美声、ミヒャエル・クプファー=ラデツキー(夫シモーネ)の剛直な歌唱と演技が見事な対照を形作り、名匠ピンカス・ スタインバーグのタクトがコルンゴルトの音楽の美しさをあますことなく引き出しています。

オクタヴィア
OVCL-00729(1CD)
税込定価
2020年6月24日発売
テルツェッティ
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 第1幕 「あそこで手を取り合って」
ドニゼッティ:歌劇「愛の妙薬」 第1幕 「戦いでも恋でも」
プッチーニ:歌劇「マノン・レスコー」 第1幕 「見た事もない美人」
 歌劇「ラ・ボエーム」 第4幕 「ミミ、君はもう戻ってこない」
ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」 第1幕 「我らの胸に友情を」
 歌劇「ドン・カルロ」 第3幕 「私の最後の日」~「私は死にましょう」
ワーグナー:歌劇「タンホイザー」 第2幕 「殿堂のアリア」
ジョルダーノ:歌劇「アンドレア・シェニエ」 第1幕 「ある日青い大空を見つめて」
 歌劇「アンドレア・シェニエ」 第2幕 「ここに祭壇があるわ…」
ヴェルディ:歌劇「イル・トロヴァトーレ」 第1幕 「静かな夜だ!」
西 正子(S)
村上 敏明(T)
須藤 慎吾(Br)
仲田 淳也(指)
F.O.A. アンサンブル

録音:2020年2月25-26日 岐阜、サラマンカホール

歌詞対訳付き
数々のオペラで活躍をしている実力派の歌手3名が集結し、有名オペラのアリアや二重 唱、三重唱を小編成オーケストラと共に演奏するという、滅多にないコンサートのライヴ録 音CDです。 ブックレットには、ソプラノ歌手・西正子による曲目解説と歌詞対訳も収録しました。オペラ のストーリーや歌詞の内容も楽しみながらお聴きいただけます。 オペラ・ファンはもちろん、歌を勉強される方にもおすすめの1枚です。(オクタヴィア)

Prima Classic
PRIMA-004(1CD)
エル〜フランスのオペラ・アリア集
G.シャルパンティエ:歌劇 「ルイーズ」より Depuis le jour ou je me suis donnee(その日から
マスネ:歌劇 「エロディアード」より Celui dont la parole… Il est doux, il est bon(彼のその言葉で)
マスネ:歌劇 「ル・シッド」より De cet affreux combat... Pleurez, pleurez mes yeux(泣け、泣け、わが目)
グノー:歌劇 「ファウスト」より Les grands seigneurs... Ah! Je ris de me voir si belle(宝石の歌)
ビゼー:歌劇 「カルメン」よりQuand je vous aimerai?... L'amour est un oiseau rebelle(恋は野の鳥〔ハバネラ〕)
ビゼー:歌劇 「真珠採り」より Me voila seule dans la nuit... Comme autrefois(夜に私は一人)
マスネ:歌劇 「マノン」より Allons! Il le faut!... Adieu, notre petite table(さようなら、私たちの小さなテーブルよ)
グノー:歌劇 「ロメオとジュリエット」より Ah! Je veux vivre(私は夢に生きたい)
マスネ:歌劇 「タイス」より Ah! Je suis seule ... Dis-moi que je suis belle(ああ、やっと一人になれた)
グノー:歌劇 「ファウスト」より Elles ne sont plus la… Il ne revient pas(あの人たちはもういない)
マスネ:歌劇 「タイス」より O messager de Dieu(おお、神の使者よ)
ドビュッシー:カンタータ 「放蕩息子」より L’annee, en vain chasse l’annee... Azael! Azael!(年はむなしく過ぎ)
グノー:歌劇 「ロメオとジュリエット」より Dieu! Quel frisson... Amour ranime mon courage(ああなんという戦慄か)
マリナ・レベカ(S)、
ミヒャエル・バルケ(指)、
ザンクトガレンSO

録音:2019年5月、ザンクトガレン・トーンハレ(スイス)
マリナ・レベカ(マリーナ・レベカ)はラトビアのリガ生まれ。ラトビアで音楽を学んだあとローマのサンタ・チェチーリア音楽院を卒業。ザルツブルクの国際サマー・アカデミーとペーザロのロッシーニ・アカデミーでも研鑽を積み、ヴェルディとロッシーニ、モーツァルトの第一人者として世界で高い評判を得、2017/18シーズンでは、ミュンヘン放送Oの最初のアーティスト・イン・レジデンスに選ばれています。また、これまでロイヤル・オペラ・ハウス、MET、ウィーン国立歌劇場、パリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座等、世界の主要なオペラ・ハウスで「椿姫」のタイトルロールを務め、名実ともに「現代最高のヴィオレッタの一人」として認められ、2019年11月に行われたトリエステ・ヴェルディ歌劇場の「椿姫」でも素晴らしいヴィオレッタを演じ大きな反響を呼びました。残念ながら中止となってしまった2020年ミラノ・スカラ座来日公演での「椿姫」でもヴィオレッタ役を予定していました。
そんなマリナ・レベカが歌う新たなオペラ・アリア集は、ギュスターヴ・シャルパンティエからシャルル・グノーまで、フランス・オペラの華麗で洒脱な名アリアたちを収録。愛の快楽、冷酷な決意、野性的な性格、深い悲しみ、無垢な恋など、フランスのオペラにおける多様な役を、圧倒的な歌唱力とモダンな解釈で歌い上げています。

Profil
PH-20012(11CD)
ルドルフ・ショック〜イタリア・オペラ名演集
■Disc 1
ヴェルディ:リゴレット〜第 1 幕
■Disc 2
ヴェルディ:リゴレット〜第2幕、3幕
■Disc 3
ヴェルディ:運命の力〜第1幕、2幕
■Disc 4
ヴェルディ:運命の力〜第3幕、4幕
■Disc 5
ヴェルディ:運命の力
(1)第2幕:聖なる御名において/天使の御母が
(2)第3幕:生きることは地獄/卑怯者!/武器を!/眠らせてくれ/死!
怖い/ラタプラン
(3)第4幕:無駄だったな、アルヴァーロ!
(4)第 2 幕修道院の場:やっと着いた !/あなたは誰 ?/誰が私を探し
ているの?/聖なる御名において/天使の御母が
■Disc 6
プッチーニ:トスカ〜第1幕
■Disc 7
プッチーニ:トスカ〜第2幕、3幕
■Disc 8
カルラ・マルティネス イタリア・オペラ・アリア集
(1)ヴェルディ:「アイーダ」〜勝ちて帰れ
(2)プッチーニ:「ラ・ボエーム」〜私の名はミミ
(3)ヴェルディ:「運命の力」〜神よ平和を与えたまえ
(4)プッチーニ:「マノン・レスコー」〜この柔らかなレースの中で
(5)同:「トスカ」〜歌に生き恋に生き
(6)ヴェルディ:「ドン・カルロ」〜世のむなしさを知る神
(7)マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」〜ママも知るとおり
(8)プッチーニ:「蝶々夫人」〜ある晴れた日に
(9)同:「蝶々夫人」〜名誉のために死なん
(10)ヴェルディ:「オテロ」〜私の母は可哀想
(11)同:「オテロ」〜アヴェ・マリア
■Disc 9
ドニゼッティ:愛の妙薬〜第1幕
■Disc 10
ドニゼッティ:愛の妙薬〜第2幕
■Disc 11
マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナ
■Disc1-2
マントヴァ公爵:ルドルフ・ショック(T)、リゴレット:ヨーゼフ・メッテルニッヒ(Br)、ジルダ:リタ・シュトライヒ(S)、スパラフチーレ:フリッツ・ホッペ(Bs)ほか
フェレンツ・フリッチャイ(指)RIAS室内cho、ベルリンRIASSO
■Disc3-4
カラトラーヴァ侯爵:ジークムント・ロート(Bs)、ドンナ・レオノーラ:カルラ・マルティニス(S)、ドン・カルロ:ヨーゼフ・メッテルニッヒ(Br)、ドン・
アルヴァーロ:ルドルフ・ショック(T)ほか
ハンス・シュミット=イッセルシュテット(指)北ドイツRSO、cho
■Disc5
ドンナ・レオノーラ:ヒルデガルト・ヒッレブレヒト(S)、ドン・カルロ:トーマス・ティプトン(Br)、ドン・アルヴァーロ:ルドルフ・ショック(T)
ほか
ヴィルヘルム・シュヒター(1)、ハインリヒ・ホルライザー(2)(3)(指)ベルリン・ドイツ・オペラO&cho(1)(2)(3)
ドンナ・レオノーラ:アンネリース・クッパー(S)、グァルディアーノ神父:ヨーゼフ・グラインドル(Bs)、メリトーネ:グスタフ・ナイトリンガー(Br)
フェルディナント・ライトナー(指)シュトゥットガルト州立歌劇場O、cho(4)
■Disc6-7
トスカ:カルラ・マルティニス(S)、カヴァラドッシ:ルドルフ・ショック(T)、スカルピア男爵:ヨーゼフ・メッテルニッヒ(Br)ほか
ヴィルヘルム・シュヒター(指)北ドイツRSO、cho
■Disc8
カルラ・マルティニス(S)、ジークリンデ・ワーグナー(A)(10)、ヴィルヘルム・シュヒター(指)ベルリン国立歌劇場O(1)‐(9)、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)ウィーン・フィル(10)(11)
■Disc9-10
アディーナ:スティーナ=ブリッタ・メランダー(S)、ネモリーノ:ルドルフ・ショック(T)、ベルコーレ:ローター・オステンブルク(Br)
エルンスト・メルツェンドルファー(指)ベルリンSO、ベルリン室内cho
■Disc11
サントゥッツァ:ヒルデガルト・ヒッレブレヒト(S)、トゥリッド:ルドルフ・ショック(T)、ルチア:アリス・エルケ(C.A)
ハインリヒ・ホルライザー(指)ベルリン・ドイツ・オペラO&cho

録音
■Disc1-2:1950年9月20-30日/ベルリン(モノ)
■Disc3-4:1952年11月26日-12月2日/ハンブルク(モノ)
■Disc5:1963年/ベルリン(ステレオ)(1)-(3)、1954年頃(モノ)(4)
■Disc6-7:1953年4月11-13日/ハンブルク(モノ)
■Disc8:1956年5月12-14日/ヴィンターガーテン(ベルリン)(1)-(9)、1951年8月
7日/ザルツブルク祝祭劇場(ライヴ)(10)(11)(モノ)
■Disc9-10:1962年/ベルリン(ステレオ)
■Disc11:1963年/ベルリン(ステレオ)
今日オペラは書かれた言語で歌われるのが通例ですが、20世紀前半は上演国語に翻訳され歌われることが当り前でした。ヴェルディやプッチーニもド イツ語訳で歌われていたことを証明する貴重な音源がBoxで登場します。
ルドルフ・ショック(1915-1986)はデュイスブルク生まれのテノール。1937年にデビューするものの兵役に就いていたため本格的な活動は戦後になっ てからですが、フルトヴェングラー、セル、ベームらと共演するかたわら、オペレッタやポピュラー・ソングまでレパートリーに持ち、テレビでもおなじみ の存在となりました。
ショックは独特な陽性で官能的な美声を持ち人気を誇りましたが、ここではその芸風を存分に堪能することができます。貴重な音源も多数収録。グライ ンドル、メッテルニヒの歌唱も味わえます。
加えて絶頂期に家庭の不幸から公を退いた幻のソプラノ、カルラ・マルティニスのイタリア・オペラのアリア集で一枚構成。カラヤンが「世界でもっとも 美しい声」と称えた伝説を伺うことができるのも嬉しい限りです。 (Ki)

REFERENCE
FR-736(2CD)
カーライル・フロイド:歌劇「役者王子」(2016) フロレンティン・オペラ団
ウィリアム・ボッグス(指)ミルウォーキーSO

録音:2018年10月12&14日/マーカス・センター、ウイエレイン・ホール(ミルウォーキー)
1926年生まれ、現在93歳で現役のアメリカの作曲家カーライル・フロイド。2016年作の最新オペラが世界発録音されました。
「役者王子」は17世紀王政復古期イギリスで絶大な人気を誇った最後の女形スター、エドワード・キナストン(1640‐1766)を主人公にしています。キ ナストンは絶世の美少年で、美しいソプラノで演じるシェイクスピア劇は理想的で、国王チャールズ二世もごひいきだったといわれています。演劇界の大 物たちから調教され同性愛に目覚めるものの、女役は女優が演じるという価値観の変化とともに自己への疑問が生じ、協力者マーガレットへの愛で異 性愛者となります。カーライル・フロイドは、17世紀の史実ながら、今日のアメリカ芸能界に巣食う病魔になぞらえ問題提起しています。音楽は王政復古時風な舞曲や民謡も 採り入れ、叙情性と現代性をうまくミックスしています。 (Ki)

Glossa
GCD-922520(2CD)
ホセ・デ・ネブラ:サルスエラ 「愛する人は目を閉ざしているが、盲目ではない」 ロス・エレメントス、アルベルト・ミゲレス・ロウコ(ハープシコード&指揮)、ジュリア・セメンツァート(S):アンキセス(イダ山の羊飼い)/ナタリー・ペレ(Ms):ヴィーナス(愛の女神)/アリシア・アモ(S):エウメネ(ディアナのお供のニンフ)/エバ・マリア・ソレル・ボイクス(S):ディアナ(狩猟の女神)/アマリア・モンテロ・ネイラ(S):ブルフラ(ティティロの婚約者)/ヤニック・デブス(Br):ティティロ(アンキセスの召使い)/ハビエル・ドトゥ:語り手

録音:2019年9月、リーエン(スイス)
古楽教育、古楽研究の総本山として知られるスイスの古楽専門音楽大学、バーゼル・スコラ・カントルム(SCB)。Glossaとバーゼル・スコラ・カントルムのコラボレーション企画 "Glossa SCB Series"の最新作。
サルスエラ(スペインの抒情的オペラ)などスペイン舞台音楽の開祖的存在でもあるホセ・デ・ネブラ(1702−1768)の「愛する人は目を閉ざしているが、盲目ではない(Vendado es Amor, no es ciego)」は、18世紀前半スペインを代表する劇作家ホセ・デ・カニサレスが書いた脚本、ハンサムなアンキセスをめぐっての、ヴィーナス、ディアナ、エウメネの恋物語を描いた2幕のサルスエラ。
ファンダンゴなども含むカラフルなオーケストラ、コミカルなキャラクターから情熱的な訴えまで、表情豊かで魅力的なアリアとコーラスを備えたネブラの重要作品です。
アルベルト・ミゲレス・ロウコは、1994年スペイン生まれの将来性豊かなテノール歌手。バーゼル・スコラ・カントルム(バーゼル音楽院)で学びながら2018年にバロック・オーケストラ「ロス・エレメントス」を設立し、このネブラの「愛する人は目を閉ざしているが、盲目ではない」のヒストリカル楽器による現代初演を果たすなど、忘れられたスペイン・バロックの再発見を進めています。

Capriccio
C-5405(2CD)
NX-C05
ヘンツェ:歌劇「ホンブルクの公子」 フリードリヒ・ヴィルヘルム:ブランデンブルク選帝侯…ステファン・マルギータ(T)
その妻…ヘレーネ・シュナイダーマン(Ms)
オラニエ公女ナターリエ:フリードリヒの姪…ヴェラ=ロッテ・ベッカー(S)
ホンブルクの公子フリードリヒ・アルトゥール…ロビン・アダムス(Br)
デルフリンク陸軍元帥…ミヒャエル・エベッケ(Br)
コトヴィッツ大佐…フリーデマン・レーリヒ(Bs)
ホーエンツォレルン伯爵…モーリツ・カレンベルク(T)
コルネリウス・マイスター(指)
シュトゥットガルト州立O

録音:2019年3月 シュトゥットガルト歌劇場
現代歌劇の古典ともいえるヘンツェの『ホンブルクの公子』はハインリヒ・フォン・クライストの原作による全3幕の作品で、 個人の決断と法の判断との齟齬という今日にも通じる重いテーマを扱う作品です。ヘンツェは「私の音楽から何か新し いものを生み出すことが出来る言葉を探していた時に、友人のクライストによる“ホンブルクの公子”に行き着いた。彼を おいて他に誰があれほどのリブレットを書くことができたでしょう。個人の決断とレゾン・デタ(国家の存在理由)の間の軋 轢と、法と秩序の問題、支配当局の絶大な力の前に震える人間というテーマは、すべて今日でも起こり得ることであ り、千年か二千年前にも起こり得たことでしょう。ここ数年における私の多くの努力は、このドラマを通して新しいポイント、 つまり慣例にとらわれない新しいポリフォニーに到達した」と語りました。現代物を得意とする実力派の歌手たちと、 1980年生まれで、2018年からシュトゥットガルト州立歌劇場の音楽監督に就任したコルネリウス・マイスターの指揮に よる演奏です。マイスターは2017年から20年3月まで読売日本SOで首席客演指揮者を務めており、日本で も馴染深い存在。シュトゥットガルトでも意欲的なプログラムを取り入れ話題となっています。

EUROARTS
20-13038(4DVD)
ワレリー・ゲルギエフ〜ロシア・歌劇BOX

(1)プロコフィエフ:歌劇 「修道院での婚約」

(2)ボロディン:歌劇 「イーゴリ公」

(3)チャイコフスキー:歌劇「マゼッパ」
全て、キーロフ歌劇場O&cho
ヴァレリー・ゲルギエフ(指)

(1)アンナ・ネトレプコ(S)、ラリッサ・ディアドコヴァ(Ms)、アレクサンダー・ゲルガロフ(Br)、マリアンナ・タラーソワ(Ms)、マリインスキー・バレエ
収録:1998年、マリインスキー歌劇場(ライヴ)
(2)ニコライ・プチーリン(イーゴリ公)
ガリーナ・ゴルチャコーワ(ヤロスラーヴナ)、エフゲニー・アキモフ(ヴラヂーミル)、セルゲイ・アレクサーシキン(ガーリチのヴラヂーミル)、ウラジーミル・ヴァネーエフ(コンチャーク)、オリガ・ボロディナ(コンチャーコヴナ)、マリインスキー・バレエ
収録:1998年、マリインスキー歌劇場(ライヴ)
(3)イリーナ・ロスクトーワ(マリア)、ラリーサ・ジャジコーワ(リュボフィ)、ヴィクトル・ルツィウク(アンドレイ)、ニコライ・プチーリン(マゼッパ)、セルゲイ・アレクサーシキン(コチュベイ)
収録:1996年、マリインスキー歌劇場(ライヴ)

画面:16:9 、 4:3、NTSC
音声:PCM Stereo
字幕:英独仏伊西中
リージョン:All、525分
ゲルギエフは、1988年、35歳の若さでキーロフ(現マリインスキー)劇場歌劇・カンパニーの芸術監督に就任。1996年からはマリインスキー劇場 (バレエ、歌劇、O)の芸術総監督と総裁を兼任しています。そして、このマリインスキー劇場で多くの世界的名歌手を育て、世界の音楽界へ送 り出してきました。今回リリースされるのは、1996、1998年に同劇場で上演されたロシア・歌劇3作品をまとめたDVDボックス。 一つ目はプロコフィエフの「修道院での婚約」。この作品は、キーロフ劇場で1946年に初演された歌劇。なんと今や現代最高峰の歌姫と言われるアンナ・ ネトレプコが出演しています。当時、ネトレプコはほとんど無名でしたが、ゲルギエフは彼女の才能を見出し、現在の活躍を予感させる見事な歌唱を聴か せてくれています。 次はあの有名な「だったん人の踊り」が含まれるボロディンの歌劇「イーゴリ公」。色彩豊かな異国情緒を湛えた舞台、そして歌手陣、合唱、オーケストラ、 そしてバレエが見事に集結した総合芸術として見ごたえのある上演です。 最後には、チャイコフスキーの歌劇「マゼッパ」。17世紀のウクライナを舞台とした作品で、政治的混沌を背景に、権力者マゼッパと親子ほど年の離れた マリアとの関係が描かれる劇的な内容。ゲルギエフの「マゼッパ」と言えば2019年の来日公演(演奏会形式)での上演が記憶に新たしいですが、マゼッ パ役のニコライ・プチーリンの荒々しさや、マリア役のロスクトーワのドラマテッィクな歌声など、歌手陣の質の高さに驚かされます。 (Ki)
EUROARTS
20-72027F(2DVD)
ワーグナー:「ローエングリン」 ローエングリン:ペーター・ホフマン
エルザ:カラン・アームストロング
オルトルート:エリザ ベ ス・コネル
テルラムント:レイフ・ロール
国 王 ハインリッヒ:ジークフリート・フォーゲル
軍令使:ベルント・ヴァイクル
バイロイト祝祭O&cho
ウォルデマール・ネルソン(指)

収録:1982年、バイロイト祝祭劇場
画面: 4:3 、NTSC
音声:PCMステレオ、DD5.1、DTS5.1
リージョンAll
字幕:英 独 仏 西
原語:ドイツ 語、200分
20-72028(廃盤)の再発売。1982年バイロイト音楽祭で上演されたゲッツ・フリードリヒの演出、ウォルデマール・ネルソンの指揮で行われた「ローエング リン」。バイロイト史上屈指の傑作との呼び声高い映像です。 (Ki)
EUROARTS
20-72007F(2DVD)
ワーグナー:「タンホイザー」 タンホイザー:リチャード・ヴァーサル
エリー ザ ベト:シェリル・ステューダ ー
ヴェーヌス:ルートヒルト・エンゲルト=エリ
ヴォルフラム:ヴォルフガング・ブレンデル
領 主ヘルマン:ハンス・ゾーティン
ヴァルター:ウィリアム・ペル
ハインリヒ:クレメンス・ビーバー
ビーテロルフ:ジークフリート・フォーゲル
ラインマル:シャンドール・ショーヨム・ナジ
牧童:ジョイ・ロビンソン
バイロイト祝祭O&cho
ジュゼッペ・シノーポリ(指)

収録:1989年、バイロイト祝祭劇場
画面: 4:3 、NTSC
音声:PCMステレオ、DD5.1、DTS5.1
リージョンAll
字幕:英 独 仏 西
原語:ドイツ 語
20-72008(廃盤)の再発売。ヴォルフガング・ワーグナーの演出、ジュゼッペ・シノーポリの指揮の「タンホイザー」。1985年に新演出で上演されたプロダク ションで、本映像は1989年収録。 わずかな装置と効果的な照明演出を特徴としていた1950年代、兄ヴィーラント・ワーグナーの演出へのノスタルジーを感じさせる手法が話題を呼びました。 ヴォルフガングの光と影を対比させた美しい舞台を、映像監督のラージが見事に映像化しています。 (Ki)

H.M.F
HMM-932414(2CD)
ベートーヴェン:歌劇『レオノーレ』, 1805年版(第1稿)
〜1805年11月20日、アン・デア・ウィーン劇場にて初演/3幕から成る歌劇(『フィデリオ』の第1稿)
ルネ・ヤーコプス(指)
フライブルク・バロック・オーケストラ「コンサートミストレス:アンネ・カタリーナ・シュライバー」
チューリヒ・ジング・アカデミー
マルリス・ペーターセン(レオノーレ(フィデリオ)/ソプラノ)
マキリミリアン・シュミット(フロレスタン/テノール)
ディミトリ・イヴァシュチェンコ(ロッコ/バス)
ロビン・ヨハンセン(マルツェリーネ/ソプラノ)
ヨハネス・ヴァイサー(ドン・ピツァロ/バリトン)
タレク・ナズミ(ドン・フェルナンド/バス)
ヨハンネス・チュム(ヤキーノ/テノール)

録音:2017年11月7日、フィルハーモニー・ド・パリ、ライヴ録音
ベートーヴェン・イヤーに注目のリリースの登場です!ヤーコプスが『レオノーレ』(第1稿)を録音しました!ベートーヴェン唯一の歌劇『フィデリオ』 (1814)には、3つの稿が存在していますが、現在では、1814年の最終形ともいえる『フィデリオ』がレパートリーとなっています。これに逆らうように、 ヤーコプスが『フィデリオ』の原型ともいえる『レオノーレ』第1稿を録音しました!
1805年に完成された第1稿は、初演時の様々な不運な状況もあり、失敗に終わりました。その後2度改訂され、1814年の稿が現在でも演奏されて います。1805年の初稿と、第2稿以降で大きく違う点は、第1稿が3幕構成なのに対し、第2稿以降は2幕構成になっていること。また、第1稿で重 要なウェイトを占めた台詞部分も、第2稿以降ではかなり縮小されています。ヤーコプスはこの第1稿の大きな魅力である台詞部分にも注目し、ゾンライ トナーの台本を尊重しつつ、原作のフランス語の小説にあたるなどして、多少の編集を施しながら、言葉づかいを現代に近づけています。たとえば冒頭序 曲の次も、この第1稿ではセリフ劇から始まります(現行の『フィデリオ』では二重唱)。この「レオノーレ」第1稿は、音楽的にもストーリー的にも比類 なきクオリティを持っており、オーケストラと歌唱陣の両者に高度な技術を要求します。ヤーコプスと彼が選んだメンバーたちだからこそ実現できた、素晴 らしい録音の登場です!
初回仕様盤(HMM 902414)が終了となりましたので、今後はこちらの品番で流通します。歌詞対訳つきの国内仕様盤も、こちらの商品に帯・解説等 が付属するかたちとなります。 (Ki)

【「フィデリオ」と「レオノーレ」のタイトルについて】
ベートーヴェンは1805年第1稿初演当初から「レオノーレ」というタイトルでの上演を希望していましたが、興業主側が他の作曲家による前作と区別す るために「フィデリオ」というタイトルで上演するよう要求しました。1806年のベートーヴェンの自費出版による台本、および1810年出版のヴォーカル・ スコアにはタイトルは「レオノーレ」をあり、現在では一般に最初の2つの稿を「レオノーレ」、そして第3稿にあたる現行の稿を「フィデリオ」と呼んで います。

Chandos
CHSA-5258(2SACD)
マスネ:歌劇 「タイス」 アンドルー・デイヴィス(指)トロントSO、
トロント・メンデルスゾーンcho、
ジョシュア・ホプキンス(バリトン/アタナエル)/アンドルー・ステイプルズ(テノール/ニシアス)/ネイサン・バーグ(バス・バリトン/パレモン)/ニール・アロノフ(バリトン/召使)/エリン・ウォール(ソプラノ/タイス)/リヴ・レッドパス(ソプラノ/クロビル)/アンドレア・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ/ミルタル)/エミリア・ボテヴァ(メゾ・ソプラノ/アルビーヌ)/ステイシー・タッパン(ソプラノ/ラ・シャルムーズ)

録音:2019年11月4日−9日、ロイ・トムソン・ホール(トロント、カナダ)
0年以上のキャリアで、BBC響、グラインドボーン音楽祭、トロントSOの主要ポストを歴任し、現在はメルボルンSOとリリック・オペラ・オヴ・ザ・シカゴの首席指揮者を務めるイギリスの名匠アンドルー・デイヴィス。現在は、ピーター・ウンジャンとグスターボ・ヒメノの間を繋ぐ"暫定芸術監督"(Interim Artistic Director)というポストに就くアンドルー・デイヴィスとトロントSOの新録音は、「タイスの瞑想曲」でも知られるジュール・マスネの抒情喜劇(Comedie lyrique)「タイス」の全曲録音。エリン・ウォールやジョシュア・ホプキンスといったカナダの名歌手たちを中心にした配役で、エディンバラ音楽祭やメルボルンの公演でも絶賛されてきたデイヴィス&トロント響の「タイス」を、優秀録音として定評のあるChandosのSACDサラウンド・サウンドでお贈りします。


King International
KKC-4219(2CD)
ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」第2・3幕


■ボーナストラック 
同日のリハーサル風景
1 トリスタンが今別れてゆくところへ(トリスタン)(第2幕第3場)    
2 皆死んだ!皆死んでしまった!(マルケ)(第3幕第3場)
ルートヴィヒ・ズートハウス(テノール:トリスタン)、エルナ・シュリューター(ソプラノ:イゾルデ)、ゴットロープ・フリック(バス:マルケ王)、
マルガレーテ・クローゼ(メッゾ・ソプラノ:ブランゲーネ)、クルト・レーム(テノール:メリット)ほか
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)
ベルリン国立歌劇場O&cho
録音:1947年10月3日 アドミラル・パラスト、ベルリン(ライヴ)(MONO)
音源提供:DISCOS,Milano
国内発売旧LP:セブンシーズK20C-402/4(1984.12.21)(オリジナルLPはチェトラFE-43)
国内発売旧CD:セブンシーズKICC-7150/1(1991.10.21)(チェトラ輸入盤CDE-1046/7の国内発売)

■ボーナストラック
音源提供:DISCOS,Milano
国内発売旧LP:セブンシーズK22C-234(1983.2.21)(オリジナルLPはチェトラFE-25)
国内発売CD:セブンシーズKICC-1383(2017.7.26)「ローエングリン〜フルトヴェングラー/ワーグナー・ドキュメント〜」より

日本語帯・解説付
巨匠の戦後初の歌劇公演は、1947年、楽壇にカムバックを果たし、意欲満々の巨匠がドイツのオケを振っての「トリスタン」でした。残念ながら第1幕は 原盤が欠落(録音機材が不調で収録できなかったとの説もあり)、第2幕、第3幕も一部はカットされていますが(計3か所、24分間ほど)、それぞれ66分、 68分の収録時間。有名な「愛の二重唱」から「愛の死」の終結シーンにいたるまで音楽の主要部は収録されております。音質は録音年を考えればきわめて良 好!トリスタン、イゾルデ、マルケ王の主要三役をドイツ人で固めた歌唱陣の充実ぶりもさることながら、何よりも特筆すべきはフルトヴェングラーの指揮!後年フィ ルハーモニアを振っての有名なEMI全曲録音をも凌ぐ、オーケストラ・コントロールの完成度の高さ!緊迫感に満ち、すさまじいまでの官能と情念の世界が繰り 広げられています。
1984年、世界初出LPとなった伊チェトラ盤。ミラノ、ディスコス社制作のこの音源をキングレコードは同年に国内発売。CDは91年にチェトラ輸入盤を国 内仕様で発売しましたが、マスターテープはキングレコードの倉庫に眠ったままでした。今回、このアナログテープ(2トラック、38cm/秒)から初のCD化! 日本語解説書(岡俊雄、浅里公三、両氏のライナーノーツ9,600字)付。歌詞対訳は弊社ホームページ(Webサイト)に掲載します(カット箇所も明示)。
さらにボーナストラックとして、同日の上演前のリハーサル風景の音源を収録。同一音盤に集められるのは世界で初めてとなります。
「後年の全曲録音はオケがドイツの団体でないことを考えれば、この記録の価値は増大する。事実、そのオケが素晴らしい。繊細で雄弁なニュアンス、劇的な緊迫、 重量感、後年以上であろう。」(1991年、CDジャーナル誌の試聴記)
「この演奏にはすくなからぬ感銘を与えられた。その最大の理由は、フルトヴェングラーの指揮がとくに素晴らしいというほかはないオーケストラ・コントロー ルです。多分、ピットにマイクを立ててあると思われるほど、1947年録音としてはオーケストラの細部がよくとらえられており、そのオーケストラが歌手の表 現を見事にカヴァーしているのです。ワーグナーの楽劇において、オーケストラの重要さを説いたフルトヴェングラーの見解はいろいろな文献に見られます。(そ の代表的な例はカルラ・ヘッカーの「フルトヴェングラーとの対話」の歌劇の章などである)。ドイツの楽壇に復活したフルトヴェングラーの精神的な昂揚が、オー ケストラの細部の息づかいにまで、一瞬の緩むところもなく張りつめており、筆者の耳には歌い手以上にオーケストラが本当の主役であるかのようにきこえた。き いているうちに、歌手への不満はほとんど気にならなくなってしまったほどです。」(岡俊雄、1984年記 キングレコード発売LP:K20C-402/4より)
King International
KKC-4221(1CD)
ワーグナー:楽劇「神々のたそがれ」第3幕(演奏会形式による全曲上演) キルステン・フラグスタート( ソプラノ:ブリュンヒルデ ) 、ルートヴィヒ・ズートハウス( テノール:ジークフリート)、
ヨーゼフ・ヘルマン(バリトン:グンター)、ヨーゼフ・グラインドル(バス:ハーゲン)、ヒルデ・コネツニ(ソプラノ:グートルーネ)、
ユリア・ムーア(ソプラノ:ウォークリンデ) ほか
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)
ローマRSO、cho

録音:1952年5月31日 RAI放送局スタジオ、ローマ(放送用ライヴ)(MONO)
音源提供:DISCOS, Milano
国内発売旧LP:セブンシーズK20C-383/4(1984.9.21) (オリジナルLPはチェトラFE-20)
日本語帯・解説付
巨匠の有名な「ローマの指環(1953)」が実現したきっかけは、1年前に行なわれたこの演奏会形式の放送録音でした!この演奏の出来に満足したフルトヴェ ングラーは、翌年「指環」全曲をRAI(イタリア放送協会)放送用に演奏会形式で上演するにいたるのです。 「指環」の主要構想が要約されている「神々のたそがれ」第3幕、この録音は歌唱陣がフラグスタート、ズートハウス、グラインドルと、顔ぶれも豪華。歌唱・ 演奏ともに1年後の全曲盤を凌いでおり、フルトヴェングラーの遺産として大いなる価値があります。
1982年、(市販)世界初出LPとなった伊チェトラ盤。ミラノ、ディスコス社制作のこの音源をキングレコードは84年に国内発売しましたが、CDは未発売のまま、 マスターテープは倉庫に眠っておりました。今回、このアナログテープ(2トラック、38cm/秒)から初のCD化!もとの音源はRAI放送用ディスク(アセテート盤) らしく、スクラッチノイズも残っていますが、音質自体は録音年を考えれば良好です。さらに今回、LPは2枚組でしたが、1CDに長時間収録。日本語解説書(岡 俊雄、浅里公三、両氏のライナーノーツ10,600字)付。歌詞対訳は弊社ホームページ(Webサイト)に掲載します。
「1953年のローマ放送の「指環」についてはフルトヴェングラーは親友の画家であり舞台装置家であったエミール・プレトリウスへの手紙(53年2月25日 付)で、こう書いています。“ローマでは、ニーベルングの指環全曲をラジオで指揮し、およそこれまで人間の作った最大の曲であることを再認識いたしました。オ ラトリオとしてさえ、この音楽は比類のないものです。” (仙北谷訳「フルトヴェングラーの手紙」白水社版、1972) ワーグナーの楽劇を演奏会形式で行った場合、フルトヴェングラーがオラトリオといっているのは興味深い。このことは、「神々のたそがれ」の第3幕のみを単 独にとりあげたときにとくにその感を深くするのは、この場に「指環」の主要構想が要約されているからでもあるでしょう。冒頭、ジークフリートが三人のラインの 乙女との出会いで指環にまつわる物語が回想され、ジークフリートの死をはさんでの、ブリュンヒルデの自己犠牲という壮烈なクライマックスから、ワルハラの炎 上の大詰めまでのはこびを、フルトヴェングラーは、歌手の” 大げさな身ぶり “にわずらわされることなく、悠然たるテンポで、じわじわクライマックスにもりあ げてゆきます。その長丁場に持続された音楽的緊張感の与える感動は余人の許さぬものだといえます。 フルトヴェングラーがのこした二つの「指環」の全曲、即ち1950年ミラノ・スカラ座、1953年ローマ放送のそれとくらべると、キャストが異なっており、二 種の全曲盤のもっともすぐれた歌手がここに集められています。ブリュンヒルデのフラグスタートは極めつきといえるもので、スカラ座録音の動きをともなった演唱 よりも内面的な集中力を感じさせる。(53年ローマ放送録音のマルタ・メードルも好演であったが、フラグスタートの役柄への読みの深さには及ばない)。ジー クフリートはスカラ盤のマックス・ローレンツより4歳若いズートハウスだが、この録音のとき48歳、8歳若いヴィントガッセンに与えた影響を感じさせる柔軟 性を示しています。ハーゲンは53年盤と同じグラインドルだが、その役柄の強直さで50年盤のルートヴィッヒ・ウェーバーに優り、50年盤と同じグンターのヨー ゼフ・ヘルマンは53年盤のアルフレッド・ペルとはまた異なった人間味を見せています。3種類のこされた「神々のたそがれ」の第3幕のフルトヴェングラー盤の なかで、キャストのバランスがもっともよくとれた演奏になっていることも特筆に値する。」 (岡俊雄、1984年記 キングレコード発売LP:K20C-383/4より)

Chateau de Versailles Spectacles
CVS-020(DVD)
NX-D09


NYDX-50075(DVD)
国内盤仕様
税込定価
ベルリオーズ:歌劇『ベンヴェヌート・チェッリーニ』〜ヴェルサイユ宮殿における演奏会形式ライヴ マイケル・スパイアーズ(T)…ベンヴェヌート・チェッリーニ
ソフィア・ブルゴス(S)…テレザ
マウリツィオ・ムラーロ(Br)…ジャコモ・バルドゥッチ
リオネル・ロット(Br)…フィエラモーザ
テレク・ナズミ(Bs)…教皇クレメンス7世
アデル・シャルヴェ(Ms)…アスカニオ
ヴァンサン・デルーム(T)…フランチェスコ
アシュリー・リッチェス(Bs)…ベルナルディーノ
ダンカン・ミードウズ…ペルセウス像
モンテヴェルディcho
オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティーク(古楽器使用)
ジョン・エリオット・ガーディナー(音楽総指揮)

収録:2019年9月8日、ヴェルサイユ旧王室歌劇場
字幕:日本語、仏語(歌唱言語)、英語、独語
収録時間:2時間53分
片面二層ディスク、NTSC、All Regions
画像:16:9
音声:ステレオ
ベルリオーズ復権に長く精力を傾けてきたピリオド系指揮者ガーディナー。歳を重ねてなお深みと輝きを増す音楽性そのまま、ロンドン交響楽 団との共演でも実績をあげている彼がヴェルサイユ宮殿に再び登場、19世紀作品のピリオド解釈に圧倒的アドバンテージを持つ自らの古楽 器集団オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティークとともに、作曲家が思い描いた「当時の響き」で宿命のオペラのライヴ収録に臨みま した。現代楽器でもなかなか全曲録音が出ない作品だけに、作曲者生前のモデルをふまえた古楽器での充実した演奏で映像化されるのは きわめて貴重です。 『幻想交響曲』の成功から数年後、自らを音楽に駆り立てた世界でもあるオペラの作曲に取り組んだベルリオーズが1838年に発表した『ベ ンヴェヌート・チェッリーニ』は、イタリアの伝説的彫刻家に光をあてた意欲作。しかし難局が多く初演は惨憺たるありさまで、その後リストによる ヴァイマール上演やロンドンでの上演などもありましたが、作曲家の生前には成功に至りませんでした。失敗の理由が演奏上の留意点の多さ にあったとすれば、ガーディナーをはじめ才人たちの意欲的な取り組みが実を結んだこの収録は、復権に大きく寄与しうる充溢度。あえての演 奏会形式で演出上の困難を回避しながら、ステージ上にピリオド楽器の楽団がそのまま配され、ベルリオーズが招かれ演奏した当時の内装 を復元した旧王室歌劇場のステージで演奏を繰り広げるという演出も見事です。歌手勢の迫真の歌にも息をのむ、映像作品であればこそ の好企画です。

BRU ZANE
BZ-1039
(2CD+BOOK)
NX-E03
オッフェンバック:『ペロニラ親方』 3幕のオペラ・ブフ (1878) ヴェロニク・ジャンス(S)…レオーナ
アントワネット・ダンネフェルド(Ms)…フリモスキーノ
シャンタル・サントン=ジェフリー(S)…アルヴァレス
アナイス・コンスタン(S)…マノエラ
ディアナ・アクセンティ(S)…パキータ、マリエッタ、ロジーナ
エリック・ユーシェ(T)…ペロニラ
タシス・クリストヤニス(Br)…リパルドス
フランソワ・ピオリーノ(T)…ドン・ガルドナ
パトリック・カボンゴ(T)…大ヴェラスケス
ロイク・フェリックス(T)…小ヴェラスケス
ヨアン・デュブルク(Br)…ドン・エンリケ侯爵
マチュー・レクロアール(Br)…ドン・ファブリス、第1の青年
ラファエル・ブレマール(T)…公証人、ペドリッロ
ジェローム・ブーティリエ(Br)…ル・コレヒドール、ボリドワソン、フアニート
フィリィップ・ニコラ=マルタン(Br)…フェリペ、アントニオ、第2の青年
アントワーヌ・フィリッポ(Br)…執事、執行官、従者
マルクス・ポシュナー(指)
フランス放送cho
フランス国立O

録音:2019年5月31日、5月1日 シャンゼリゼ劇場、パリ
1971年ミュンヘン生まれのマルクス・ポシュナーによる、オッフェンバック晩年の喜劇。ヴェロニク・ジャンスが重要な役回りで活躍するほか、シャ ンタル・サントン=ジェフリー、タシス・クリストヤニスなど、BRU ZANEレーベルやフランス・オペラで活躍する若手からベテランまでのメンバーが名 を連ねています。 マドリードで名を馳せるチョコレート職人ペロニラの娘マノエラが、老人のドン・ガルドナと結婚することになりますが、ペロニラの妹レオーナ、兵士 リパルドス、公証人の書記フリモスキーノらの策略により、若くて才能豊かな音楽家アルバレス(ソプラノが演じます)が新郎に差し替えられて現 場は混乱。結局はマノエラとアルバレス、レオーナとドン・ガルドナが結婚してめでたしめでたし、といった奇想天外なお話。現在では序曲が時 折演奏される程度のこの作品が、ここでは生き生きと魅力的に描かれています。

OUTHERE MUSIC FRANCE
OMF-705(1CD)
NX-B09
『ロマンス』〜オペラ・アリアと歌曲集
モーツァルト
1.歌劇『ドン・ジョヴァンニ』K.527 より ツェルリーナのアリア「わかるわね、かわいいあなた」
2.歌劇『フィガロの結婚』K.492 より スザンナのレチタティーヴォとアリア「とうとうその時が来た〜ああ、早く来て愛しい人」
3.歌劇『イドメネオ』K.366 より イリアのレチタティーヴォとアリア「いったいいつ終わるの〜父よ、兄たちよ、さようなら!」
4.歌劇『イドメネオ』K.366 より イリアのレチタティーヴォとアリア「孤独、友達よ〜喜びをくれるそよ風よ」
5.歌劇『ツァイーデ』K.344 より ツァイーデのアリア「安らかにお休みください 私の大切な命たるお方」
チャイコフスキー
6.7つの歌 より 「私は野の草ではなかったかしら」ハ短調 Op.47-7
ドヴォルザーク
7.歌劇『ルサルカ』Op.114 より 月に寄せる歌「白銀の月よ」
チャイコフスキー
8.歌劇『イオランタ』Op.69 より
イオランタのアリオーソ「どうして私はこのことを知らなかったの」
9.歌劇『イオランタ』Op.69 より 前奏曲
エフゲニー・ドガ(1937-):
10.私はあなたの名前しか知らなかった TE -TIAM NUMAI DIN NUME
11.あなたの愛らしい瞳 OCHIUL T-U IUBIT
12.ワルツ VALSUL
ヴァレンティナ・ナフォルニツァ(S)
ケリー=リン・ウィルソン(指)
ミュンヘン放送O

録音:2019年6月 バイエルン放送スタジオ1
生まれ故郷のモルドバでは5歳の頃から”ナイチンゲール”と呼ばれて有名であり、2011年に『魔笛』のパパゲーナでウィーン国立歌劇場にデ ビュー以来、モーツァルト歌いとして既に高い評価を得ているソプラノ、ヴァレンティナ・ナフォルニツァのデビュー・アルバム。前半に彼女のトレード マークとも言えるモーツァルトのレパートリー、後半には2019年にウィーン国立歌劇場でも歌った「月に寄せる歌」を含むスラヴのレパートリー、 さらに同郷モルドバ出身のロシア映画音楽の巨匠、エフゲニー・ドガの作品までを収録しています。そのドラマティックな歌唱を多彩な作品で堪 能することの出来る素晴らしいアルバムです。

BRU ZANE
ES-1032
(2CD+BOOK)
限定盤
NX-E03
アレヴィ(1799-1862):歌劇『キプロスの女王』 ヴェロニク・ジャンス(S)…カタリーナ・コルナーロ(アンドレアの姪)
シリル・デュボワ(T)…ジェラール・ド・クシー(フランスの騎士)
エティエンヌ・デュピュイ(Br)…ジャック・ド・リュジニャン(キプロスの王)
エリック・ユシェ(T)…モチェニーゴ(議員、十人評議会の一員)
クリストフォロス・スタンブリス(Bs)…アンドレア・コルナーロ(ヴェネツィアの貴族)
アルタヴァズ・サルジャン(T)…ストロッツィ(ヴェネツィアの傭兵Braviのリーダー)
トミスラフ・ラヴォア(Bs)…士官/紋章官
フランダース放送cho
パリ室内O(一部古楽器使用)
エルヴェ・ニケ(指)

録音:2017年6月5、7日 シャンゼリゼ劇場、パリ
180ページに及ぶフランス語と英語のブックレット付
1841年12月22日にパリ・オペラ座で初演された『キプロスの女王』。ベルリオーズは「アレヴィの出世作『ユダヤの女』に匹敵する大成功」と 讃え、ワーグナーもまた「アレヴィの新しいスタイルは最も輝かしい形で成功した」と絶賛しました。ドイツではラハナーが『カテリーナ・コルナーロ』 として同1841年、イタリアでもドニゼッティが同じタイトルで1843年に、ほぼ同じストーリーで歌劇を作るなど影響を与えましたが、アレヴィの 作品自体はヨーロッパの歌劇場からいつの日か姿を消しました。2017年にこの名作を蘇らせて大きな話題となったのが、ニケによるシャンゼリ ゼ劇場公演。その前後にセッション収録されたアルバムがこちらです。ニケの熱い統率に導かれた、作品の価値を圧倒的に知らしめる素晴ら しい演奏となっています。

BRU ZANE
BZ-1037(3CD)
NX-E07
グノー:歌劇『ファウスト』 ファウスト…ベンジャミン・ベルンハイム(T)
マルグリート…ヴェロニク・ジャンス(S)
メフィストフェレス…アンドリュー・フォスター=ウィリアムス(Bs)
ヴァランタン…ジャン=セバスチャン・ブ(Br)
ジーベル…ジュリエット・マルス(Ms)
ヴァグネル…アナス・セガン(Br)
マルト…イングリット・ペルシュ(S)
クリストフ・ルセ(指)
レ・タラン・リリク
フランダース放送cho

録音:2018年6月11,13日
ルセ率いるレ・タラン・リリクによる、グノーの『ファウスト』が登場。ベルンハイムとジャンスなどキャストも粒ぞろいですが、注目すべきは1859年初 演時のオペラ・コミック版を収録している点といえます。この版では音楽のない台詞が入るほか、通常の5幕ではなく4幕となり、追加されたバレ エ音楽も演奏されません。しかし後に音楽が足されたほか多くの改訂により、マルトのユーモアやメフィストフェレスの冷淡な皮肉さなどが薄れて しまうなど、初演版の方が優れていると考えられる点も多く、ルセは明快なスコア整理により、その価値を浮き彫りにしています。BRU ZANE レーベルお馴染みのハードカバー書籍型の装丁で、ブックレットは180ページに及んでいます。 フランス古楽シーンの躍進を支え、リュリやヘンデルなどバロック系作曲家はもとより、トラエッタやサリエリら古典派前後の知られざるオペラ作曲 家たちを痛快な名演で甦らせてきたルセですが、彼がこれほどまで本格的に大管弦楽ありきの19世紀ロマン派音楽をとりあげたのも珍しいの ではないでしょうか。ピリオド解釈の視点から見据えたグノー代表作の「生まれたての姿」、作曲家生誕200周年を飾るにふさわしい話題盤の 登場です。

OMF
KCD-2076(1CD)
税込定価
正岡美津子/ある晴れた日に
プッチーニ:氷に包まれた貴女様(歌劇「トゥーランドット」より
ご主人さま、お聞きください!(歌劇「トゥーランドット」より)
泣いているの? なぜ?〜ある晴れた日に[ある日、私たちは見るでしょう](歌劇「蝶々夫人」より)
歌に生き、愛に生き(歌劇「トスカ」より
ええ、私はミミと呼ばれています(歌劇「ラ・ボエーム」より)
ヴェルディ
不思議だわ!〜ああ、きっと彼なのね − 私はいつも自由で(歌劇「椿姫[ラ・トラヴィアータ]」より)
モーツァルト:ああ、私は感じます(歌劇「魔笛」より)
むごいですって?〜言わないでください、愛しい人よ(歌劇「ドン・ジョヴァンニ」より)
スザンナはまだ来ない!〜美しい時はどこにいったの(歌劇「フィガロの結婚」より)
髪(詩:原條あき子、曲:中田喜直)
悲しくなったときは(詩:寺山修司、曲:中田喜直)
霧と話した(詩:鎌田忠良、曲:中田喜直)
からたちの花(詩:北原白秋、曲:山田耕筰)
野薔薇  詩:三木露風、曲:山田耕筰)
この道(詩:北原白秋、曲:山田耕筰)
正岡美津子(S)
金井 紀子(P)

録音:2019年2月27日, 3月1日横浜市栄区民文化センター リリス

Caprice
CAP-21910
(3CD+Book)
コレクターズ・クラシックス Vol.14〜P=Bの秘密の箱で見つけた音楽
ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル(1867−1942)


■Disc 1:歌劇「アルンヨット(Arnljot)」(1907)第1幕
(1)『アルンヨット』「抜粋」とペッテション=ベリエルの思い出
(2)歌劇「アルンヨット」(1907)第1幕(初稿版)(全曲)
(3)「今もなお、たくましい山々は連なり(Alltjamt de maktiga fjall sig valva)」(短縮版)
(4)「今もなお、たくましい山々は連なり(Alltjamt de maktiga fjall sig valva)」

■Disc 2:歌劇「アルンヨット」(1907)第2幕
(1)『アルンヨット』「抜粋」とペッテション=ベリエルの思い出
(2)歌劇「アルンヨット」(1907)第2幕(初稿版)(全曲)
(3)ヴァイノの第1の歌「山を越えて聞こえるのは誰の泣き声だろう(Vems rost hor jag ropa over fjallen)」
(4)ヴァイノの第2の歌「O, vore var maska, jag knyter」
(5)ヴァイノの第2の歌「O, vore var maska, jag knyter」

■Disc 3
(1)「今もなお、たくましい山々は連なり(Alltjamt de maktiga fjall sig valva)」
(2)映画『Frosoblomster(フローセの花)』(1943)
ラジオ・インタビュー「音楽との最初の出会い(Mitt forsta mote med musiken)」
(3)ラジオ・インタビュー「歌劇「最後の審判の予言者」について(Om operan Domedagsprofeterna)」
(3)ラジオ・インタビュー「ワーグナーの楽劇「パルジファル」について(Om Wagneropperan Parsifal)」
(4)ベリヴィーク駅長ティレーンのための即興(3つの即興:1913年3月22日、即興:1913年3月28日、3つの即興:1913年5月11日、即興:1913年8月23日、即興:1913年(月日不明))
(5)ピアノのための6つの旋律(1897)より(第3曲 西の山地で(Vest i fjellom)、第5曲 神秘のコーラス(Chorus mysticus))
(6)夕べの気分(Aftonstamning)(1888)、マルハナバチ(Humlor)(1928)
(7)「フローセの花 第1巻(Frosoblomster I)」(断片) (夏の歌(Sommarsang)、あいさつ(Halsning))
(8)映画『Frosoblomster(フローセの花)』(1943)
王立劇場150周年記念カンタータ(1922/1935-36)(早春(Varbrytning)(混声合唱のための)(30−41小節)&(60−81小節)、バラード(独唱者重唱のための)(89−130小節)、バッカスの行列(Bacchostaget)(混声合唱のための)(1−52小節))
(9)神々の会合(Gudamotet)(バリトンとテノールのための)(59−80, 88−132小節)
(10)神々の会合(Gudamotet)(バリトンとテノールのための)(170−230小節)
(11)歌劇「アルンヨット」(1907)〜第3幕「若く勇敢に茶色の海鷲は翼を広げ(Ung och bald den bruna havsorn breder)」
(12)歌劇「ラン(Ran)」(1899−1900)〜第2幕「バ
(13)ミルテとジャスミンの間を(Ibland myrten och jasminer)(歌曲集「愛の物語」 Op.14 から)(第1テイク・第2テイク)
(14)待つときほどいいことは(Intet ar som vantans tider)(「スウェーデン抒情詩 第2集 第1巻」から)(第1テイク・第2テイク)
(15)菩提樹の陰の乙女(Jungfrun under lind)(「3つの歌」 Op.10 から)
(16)イルメリンのばら(Irmelin Rose)(「3つの歌」 Op.3 から)
■Disc 1
(1)マリア・シルトクネヒト(朗読・語り)(スウェーデン語)
録音:1974年12月9日(SR 放送)
(2)スウェーデン王立歌劇場、ニルス・グレヴィリウス(指)
録音:1942年9月17日 王立歌劇場(ストックホルム)(ライヴ録音)
(3)ヨン・フォシェル(Br)、ヤルマル・メイスネル(P)
録音:1912年8月22日 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)
Grammophon 082072
(4)エイナル・ラーション(Br)、ストックホルム放送O、ニルス・グレヴィリウス(指)
録音:1928年10月6日と8日の間 ホテル・イレット、バンケットホール(ストックホルム)
Odeon D4808/A162309
■Disc 2:
(1)マリア・シルトクネヒト(朗読・語り)(スウェーデン語)
録音:1974年12月9日(SR 放送)
(2)スウェーデン王立歌劇場、ニルス・グレヴィリウス(指)
録音:1942年3月(2日) 王立歌劇場(ストックホルム)(ライヴ録音)
(3)(4)
カーリン・リュードクヴィスト(S)、オスヴァルド・ローパレ(P)c.1960年 ローパレ家(私的テープ録音)
(5)エッラ・ピール(S)、ピアノ伴奏1945年12月13日 スウェーデン放送第2スタジオ(ストックホルム)
(6)ストックホルム放送O、アルマス・ヤルネフェルト(指)
録音:1929年1月14日と31日の間 Auditorium(ストックホルム)
■Disc 3
(1)ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル(朗読)、王立オペラO
録音:1942年8月15日 ソンマルハーゲン(フローセ)
(2)録音:1941年12月30日(SR 放送)
(3)録音:1940年9月28日(SR 放送)
(3)録音:1933年4月9日(SR 放送)
ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル(語り)(スウェーデン語)
(4)ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル(P)
録音:1913年 ベリヴィーク駅
(5)ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル(P)
録音:1928年11月 ストックホルム
Polyphon X.S.47035
(6)夕リンダ・オリェルンド(S)、ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル(P)
録音:1935年より後 Hamm & Nilsson ミュージックストア(オステルスンド)
私的ラッカー盤録音
(7)ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル(P)
録音:1942年8月15日 ソンマルハーゲン(フローセ)
(8)メルタ・ビューストレム(S)、マルギット・セールマルク=カールソン(Ms)、王立ストックホルム音楽大学O&cho、ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル(指)録音:1936年11月24日 王立ストックホルム音楽大学(リハーサル・私的録音)
(9)(10)セト・スヴァンホルム(T)、コニー・ムーリーン(Br)、王立ストックホルム音楽大学O&cho、ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル(指)録音:1936年11月27日 王立ストックホルム音楽大学(総練習・私的録音)
(11)ユーセフ・ヘーロウ(Br)、ヤルマル・メイスネル(P)
録音:1910年10月15日 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)
Grammophon 2-82864/282595
(12)リヴァ・エードストレム=ヤルネフェルト(Ms)、ピアノ伴奏
録音:1904年10月1日 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)
Grammophon 083000
(13)(14)マティルダ・ユングステット=リンデン=レウテシュヴェード(Ms)
録音:1904年2月、10月 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)
Grammophon 83136/83517/83215/83250
(15)ダーヴィド・ストックマン(T) 王立O員
録音:1908年9月30日 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)
Grammophon 2-82741
(16)ダーヴィド・ストックマン(T)、ピアノ伴奏
録音:1912年12月3日 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)
Favorit Record 1-85135

セレクション・復刻・プロセシング・テクスト:カール=グンナル・オーレーン/マスタリング:ユン・ヒュットネス
スウェーデンのヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル Wilhelm Peterson-Berger は、作曲家、批評家として活躍、3巻の「フローセの花」をはじめとするピアノ曲、混声合唱のための「春の歌 III 「ヴァルプルギスの夜に春が来た」」や男声合唱曲集「山の小旅行」などの合唱曲、「グッレバーンの子守歌」に代表される歌曲で親しまれています。2017年、彼の生誕150年に際して、それまで知られていなかったり忘れられてしまっていた録音が「秘密の箱」の中から見つかり、アルバム『P=Bの秘密の箱で見つけた音楽』にまとめられました。ストックホルムの王立劇場のライヴが収録された歌劇「アルンヨット」の第1幕と第2幕の全曲、自作と即興のピアノ演奏の記録、「合唱指揮者」P=Bの姿を垣間見ることのできる「王立劇場150周年記念カンタータ」の断片、彼の気に入りの歌手のひとりとされるマティルダ・ユングステット Mathilda Jungstedt(1864−1923)。シリンダー(蝋管)録音、ワイヤー(スチールテープ)録音(「アルンヨット」第1幕・第2幕)など、さまざまな媒体に記録された音源と、ペッテション=ベリエルの夏の別荘「ソンマルハーゲン」で発見された、ひびの入ったラッカー盤は、すべて、カール=グンナル・オーレーン Carl-Gunnar Ahlen がデジタル技術を使い、復刻、修復しました。

Prima Classic
PRIMA-0021(1CD)
ジョヴィン・フィアマ〜ロッシーニ:アリア集
●マヌエル・ガルシアのために〜
1.歌劇 「セビリアの理髪師」より「もう逆らうのをやめろ」
2.歌劇 「アルジェのイタリア女」より「Languir per una bella」
3.歌劇 「チェネレントラ」より「Si, ritrovarla io giuro」
4.歌劇 「セミラーミデ」より「Ah dov’e, dov’e il cimento?」
●ジョヴァンニ・ダヴィデのために〜
5.歌劇 「オテロ」より「Che ascolto?」−「Ah, come mai non senti」
6.歌劇 「湖上の美人」より「Oh fiamma soave」
7.歌劇 「ゼルミーラ」より「Terra amica, ove respira」
8.歌劇 「イタリアのトルコ人」より「Intesi: ah! tutto intesi」−「Tu seconda il mio disegno」
●アンドレア・ノッツァーリのために〜
9.歌劇 「イングランドの女王エリザベッタ」より「Deh! troncate i ceppi suoi」−「Vendicar sapro l’offesa」
レヴィ・セクガパネ(T)、
ジャコモ・サグリパンティ(指)、
ミュンヘン放送O

録音:2018年、バイエルン放送スタジオ
オペラと歌曲にフォーカスを当てた新しいインディペンデント・レーベル、Prima Classic(プリマ・クラシック)。ラトヴィアのソプラノ、マリーナ・レベカ(PRIMA 001)に続く第2弾では、南アフリカ出身の若きテノール、レヴィ・セクガパネのデビュー・アルバムが登場!
2017年にプラシド・ドミンゴが主宰する若手歌手のための権威あるオペラ・コンクール「オペラリア(Operalia)」で第1位を受賞した他、ベルヴェデーレ声楽コンクール、モンセラート・カバリェ国際コンクールでも優勝している期待の新星テノール。2019年のグラインドボーン音楽祭を始め、各国の主要なオペラ・ハウスで「セビリアの理髪師」のアルマヴィーヴァ伯爵を担当するなど、特に得意としているロッシーニのアリア集で鮮烈なるレコーディング・デビューを果たします。指揮は、2016年の国際オペラ・アワードで「ヤング・コンダクター」部門を受賞したジャコモ・サグリパンティ。BR Klassikとの共同制作によりバイエルン放送スタジオで録音されています。

BRU ZANE
BZ-1035
(2CD+BOOK)
NX-E03
スポンティーニ:歌劇「オリンピア」 カリーナ・ゴーヴァン(S)…オリンピア
ケイト・アルドリッチ(Ms)…スタティーラ
マティアス・ヴィダル(T)…カッサンドラ
ヨゼフ・ワグナー(Br)…アンティゴネ
パトリック・ボレール(Bs)…法王
フィリップ・スヴァジ(Br)…エルマス
ジェレミー・ロレール(指)
フランダース放送cho
ル・セルクル・ドゥラルモニー(古楽器使用)

録音:2016年5月31日-6月2日 フィルハーモニー・ド・パリ
イタリアに生まれたスポンティーニは30歳になる頃フランスへ移り、オペラ座などで成功を収め第一帝政時代に人気を博しました が、1819年に初演された「オリンピア」の評判は芳しくありませんでした。その後求められるままにドイツへ向かい、1821年には E.T.ホフマンのドイツ語訳にて改訂版をベルリンで上演、こちらはラストをハッピーエンドに改訂した上に、舞台に象を登場させる などのスペクタクルな演出もあり、大きな成功を収めました。さらに1826年、ハッピーエンドはそのままに、言語をフランス語に戻し て改訂された版をパリで上演。こちらが今回収録された最終版です。のちにベルリオーズにも多大な影響を与えたスポンティーニ の豪華なオーケストレーション、多彩な音楽が大きな魅力の作品です。 舞台は紀元前300年のエフェソス。先のアレクサンドロス大王の娘オリンピアと王位を巡り、対立するカッサンドラとアンティゴネで したが、オリンピアの失踪もあり、流血の事態を避けるために友情を結びます。オリンピアの代わりにアメナイスと結婚することにし たカッサンドラでしたが、実はアメナイスこそ姿を隠していたオリンピアであることを知ったアンティゴネは、カッサンドラへの復讐を誓 います。しかしその半ば、アンティゴネは神の裁きを受け死去。カッサンドラは大王の亡霊とその妃スタティーラの許しを得、改めて オリンピアと結ばれるという物語です。

NAXOS
NAXOS-2.110590
(DVD)
NX-C09

NBD-0084V(Bluray)
NX-C09
ヴェルディ:歌劇「スティッフェリオ」 スティッフェリオ:牧師…ルチアーノ・ガンチ(T)
リーナ:スティッフェリオの妻…
マリア・カッツァラーヴァ(S)
スタンカー伯爵:リーナの父…
フランチェスコ・ランドルフィ(Br)
ラファエーレ:リーナの恋人…
ジョヴァンニ・サーラ(T)
ヨルグ:老牧師…エマヌエーレ・コルダーロ(Bs)
ドロテア:リーナのいとこ…
チェチリア・ベルニーニ(Ms)
フェデリコ:ドロテアの恋人…ブリゴイ・ナコスキ(T)
グリエルモ・ガルシア・カルヴォ(指)
ボローニャ市立歌劇場O&cho

収録 2017年10月
ファルネーゼ劇場 パルマ、イタリア・ヴェルディ音楽祭
収録時間:119分
音声:フランス語歌唱
ステレオ2.0/DTS5.1(DVD)
ステレオ2.0/DTS5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・韓国語
画面:16:9
REGION All(Code:0)…DVD
A.B.C…Blu-ray
DVD…片面2層ディスク
Blu-ray・・・2層 50GB 1080i High Definition
1850年作曲、同年トリエステで初演されたこの作品、プロテスタントの牧師とその妻の不倫というスキャンダラスなテーマが検閲にかかり、大幅な改訂を要求されることに なりました。ヴェルディは迷った末、時代と舞台となる街を変更し、7年後に「アロルド」として改作。こちらは大絶賛されました。 注目のテノール、ルチアーノ・ガンチは、スティッフェリオの「神に仕える者としての堂々たる表情」と、「妻の不倫に悩む人間的な表情」を見事に歌い分け、この難しい役に 人間的なぬくもりを与えています。リーナ役のカッツァラーヴァ、父のスタンカーを歌うランドルフィも素晴らしい演技で作品を盛り上げるとともに、ラファエーレを歌うサーラの 若々しい歌唱も魅力的。全体をまとめ上げたカルヴォはヴェルディの躍動的なリズムを生かして、テンポ良く物語を進めています。 今回の上演は、聴衆が取り巻く中に設えられた舞台の上で物語が進行するというユニークな演出。若い二人の愛を見守るのも、罪人を糾弾するのも全て舞台を見てい る人たちというスリリングな演出が話題となり、この映像は2018年の第37回「フランコ・アッビアーティ」音楽評論家賞、特別賞を獲得しています。
NAXOS
NAXOS-2.110612
(DVD)
NX-C01
カルロ・コロンバーラ〜バスの芸術
1.フラメンコ・イントロダクション
2.ビゼー:歌劇「カルメン」-エスカミーリョのアリア「闘牛士の歌」
3.ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」-ひとり淋しく眠ろう
4.ロッシーニ(1791-1868):歌劇「セヴィリアの理髪師」-かげ口はそよ風のように
5.ヴェルディ:歌劇「シモン・ボッカネグラ」-哀れなる父の胸は
6.グノー(1818-1891):歌劇「ファウスト」-眠ったふりをしている君
7.ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」-御身は預言者たちの唇を
8.ボーイト(1842-1918):歌劇「メフィストフェーレ」-これが世界であるか
9.ヴェルディ:歌劇「アッティラ」-わが魂を膨れあがらせて
10.ラフマニノフ:歌劇「アレコ」-アレコのカヴァティーナ
11.ムソルグスキー:歌劇「ボリス・ゴドゥノフ」-さようなら、わが息子よ
12.クレジット
カルロ・コロンバーラ(Bs)

ジェルジ G.ラート(指)スイス・イタリア放送O…1.6.7.8.9.10
ウラディーミル・ギャウロフ(指)ブルガリア国立SO…2.5.11
ファブリツィオ・ミラーニ(指)プラハ・チャイコフスキーO…3.4
オスカー・マルトス(ディレクター)

収録:2006年1月28-31日 ソフィア…1.2.5.11
2006年 プラハ…3.4
2003年4月 スイス・イタリア放送…6-10
1964年、イタリア・ボローニャ生まれのバス歌手カルロ・コロンバーラ。12歳でピアノを始め、やがて歌の勉 強を始めたコロンバーラは、1986年に“ヴィオッティ・コンクール”で最優秀イタリア人歌手賞を受賞。 1989年にはミラノ・スカラ座でムーティが指揮する「シチリアの晩鐘」に出演し注目を浴びました。また紫 禁城で上演されたメータとの「トゥーランドット」にはティムール王役で出演し、こちらは世界で上演された 他、映像も発売され大ヒットとなったため、彼の名声も一躍上がったことで知られています。 この映像には、2003年と2006年に3つのオーケストラと共演し、名アリアを歌った場面が収録されてお り、当時の彼の若々しい歌唱と巧みな技術、幅広いレパートリーを聴くことができます。

Prima Classic
PRIMA-001(1CD)
スピーリト〜ベッリーニ、ドニゼッティ、スポンティーニ:アリア集
ベッリーニ:歌劇 「ノルマ」より〔Casta Diva... Fine Al Rito、Ah! Bello A Me Ritorna〕、歌劇 「海賊」より 〔Scena、Oh! S’io Potessi...、Col Sorriso D’innocenza... Qual Suono Ferale、Oh! Sole! Ti Vela Di Tenebre Oscure〕
ドニゼッティ:歌劇 「マリア・ストゥアルダ」より 〔Io Vi Rivedo Alfin!、Deh! Tu Di Un Umile Preghiera... Oh Colpo!、Di Un Cor Che Muore... Giunge Il Conte、Ah! Se Un Giorno Da Queste Ritorte〕、歌劇 「アンナ・ボレーナ」より 〔Piangete Voi?、Al Dolce Guidami... Che Mai Sento、Coppia Iniqua〕
スポンティーニ:歌劇 「ヴェスタの巫女」より 〔O Des Infortun s、Toi, Que J’implore Avec Effroi、Sur Cet Autel Sacr ...、Impitoyables Dieux〕
マリーナ・レベカ(S)、
ヤデル・ビニャミーニ(指)、
パレルモ・マッシモ劇場O&cho
オペラと歌曲にフォーカスを当てた新しいインディペンデント・レーベル、Prima Classic(プリマ・クラシック)が始動!
記念すべきレコーディング第1弾は、ラトヴィアの美しきソプラノ、マリーナ・レベカが歌うオペラ・アリア集。
マリーナ・レベカはラトヴィアのリガ生まれ。ラトヴィアで音楽を学んだあとローマのサンタ・チェチーリア音楽院を卒業。ザルツブルクの国際サマー・アカデミーとペーザロのロッシーニ・アカデミーでも研鑽を積み、ロッシーニとモーツァルトの第一人者として世界で高い評判を得、2017/18シーズンでは、ミュンヘン放送Oの最初のアーティスト・イン・レジデンスに選ばれています。
マリーナ・レベカの「スピーリト(SPIRITO)」は、ベッリーニ、ドニゼッティ、スポンティーニらのドラマティックなベル・カント・レパートリーのもっとも挑戦的な作品集。作曲家のアイディアを忠実に再現するため、オリジナルのマニュスクリプトを求めて各国を旅したという深い解釈と傑出したテクニックで、時代を超越した名曲を華々しく歌います。

NAXOS Audiovisual
NAXOS-2.110575(2DVD)
NX-D05

NBD-0074V(Bluray)
NX-D05
ベルリオーズ:歌劇「ベンヴェヌート・チェッリーニ」 ベンヴェヌート・チェッリーニ:ジョン・オズボーン(T)
ジャコモ・バルドゥッチ:マウリツィオ・ムラーロ(Bs)
フィエラモスカ:ローラン・ナウリ(Br)
教皇クレメンス7世:オルラン・アナスタソフ(Bs)
フランチェスコ:ニッキー・スペンス(T)
ベルナルディーノ:スコット・コナー(Bs)
ポンペオ:アンドレ・モルシュ(Br)
居酒屋の主人:マルセル・ビークマン(T)
テレーザ:マリアンジェラ・シチリア(S)
アスカニオ:ミシェル・ロジエ(S)
マーク・エルダー(指)
オランダ国立歌劇場cho
ロッテルダムPO

収録:オランダ国立歌劇場(アムステルダム)2015年5月15/18日
収録時間:180分
フランス語歌唱
音声:ステレオ2.0/DD5.1(DVD)
ステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画面:16:9
REGION All(Code:0)
DVD…片面2層ディスク
Blu-ray・・・2層 50GB 1080i High Definition
放蕩者、しかし腕は良い彫刻家チェッリーニには、相思相愛の若き恋人テレーザがいます。しかし恋敵フィエラモス カとのいざこざで、ついには殺人と誘拐の罪を犯してしまい、どうにも立場が悪くなってしまいました。その上、教皇か ら依頼されている彫刻は完成しておらず絶体絶命。一日だけ猶予をもらった彼がとった行動は・・・。 16世紀に実在した彫刻家ベンヴェヌート・チェッリーニの芸術と自由奔放な生き方に共感したベルリオーズは、一 気にこの大規模な初めてのオペラを完成させました。ベルリオーズは後年「このような活気に満ち勢いに富んだ数々 のアイディアを再現することは不可能だ」と語ったと伝えられます。多彩なエピソードが盛り込まれた喜劇ですが、こ の上演はテリー・ギリアムの色彩豊かでメリハリの利いた演出によりロマンスあり、活劇あり、コメディありのスペクタク ルな舞台となりました。題名役のジョン・オズボーン、ヒロイン、テレーザを歌うマリアンジェラ・シチリア、フィエラモスカ 役のローラン・ナウリが優れた歌唱とともに、熟練の演技で作品を盛り上げます。

田村麻子自主制作
TMRA-62007(1CD)
税込定価
田村麻子/ソプラノ オペラアリア集
プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」-ああ私のお父さん
ベッリーニ:歌劇「夢遊病の女」-この晴れやかな日に
 歌劇「カプレーティとモンテッキ」-ああ幾たびか
グノー:歌劇「ロミオとジュリエット」-私は夢に生きたい
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」-私が町を歩くと
ドニゼッティ:歌劇「シャモニーのリンダ」-この私の心の光
トマ:歌劇「ミニョン」-私はティターニア
 歌劇「ハムレット」-遊びの仲間に入れてください(オフェリー:狂乱の場)
田村麻子(S)
ハンガリー国立歌劇場O
ジョルジュ・ジョリヴァーニ(指)

録音:2005年7月27-29.31日ブダペスト ハンガリー放送 スタジオ5
2015年に、「Jewels of Ave Maria - ジュエルズ・オブ・アヴェマリア」と 「ノスタルジア-日本の歌」をリリース、大好評を博している田村さんですが、 2005年にブダペストに於いて録音したこのアリア集は、まさに彼女の評価を決定付けた記念碑的1枚であり、瑞々しく表 現力豊かな声を存分に楽しむことができる1枚です。誰もが知っている「私のお父さん」で始まるこのアルバム、華やかな技 巧を駆使するアリアだけでなく、ベッリーニ、トマ、グノーなどの叙情的なアリアもふんだんに盛り込まれており、彼女の多彩な 表現力に驚くほかありません。素晴らしい1枚です.

MASSIMO GIORDANO
MAS-538007812
(1CD)
NX-A13
マッシモ・ジョルダーノ〜愛と苦悩
プッチーニ:歌劇「マノン・レスコー」-なんと素晴らしい美人
チレア:歌劇「アドリアーナ・ルクブルール」-あなたの中に母の優しさと微笑みを
ジョルダーノ:歌劇「アンドレア・シェニエ」-5月の晴れた日のように
プッチーニ:歌劇「トスカ」-星は光りぬ
ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」-私は彼女を失った
チレア:歌劇「アルルの女」-フェデリーコの嘆き
プッチーニ:歌劇「トシカ」-妙なる調和
ジョルダーノ:歌劇「フェドーラ」-愛さずにいられないこの思い
プッチーニ:歌劇「妖精ヴィッリ」-僕の苦しい思いを
ヴェルディ:歌劇「シモン・ボッカネグラ」-ああ、地獄だ
プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」-さらば愛の巣
 歌劇「トゥーランドット」-泣くなリュウ
ポンキエッリ:歌劇「ラ・ジョコンダ」-空と海
ジョルダーノ:歌劇「マルケッタ」-優しく神秘的な夜
マッシモ・ジョルダーノ(T)
アンサンブリ・デル・マッジオ・ムジカーレ・フィオレンティーノ
カルロ・ゴールドスタイン(指)

録音:2013年
イタリアのテノール歌手、マッシモ・ジョルダーノの自主制作盤。 イタリアに生まれ、最初フルートを学んでいた音楽好きの少年。彼が学校を卒業する直前その「歌の才能」に注目が集まり、そのまま 歌手として才能を開花させたというマッシモ・ジョルダーノ。 そして、スポレートの歌劇場でマスネの「ウェルテル」を歌ってデビューを飾り、ミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場、コヴェントガーデン、 ウィーン国立歌劇場などの大舞台を次々に征服、数多くの指揮者、歌手と共演を果たしています。現在はイタリアを中心に活躍、直 近ではハンブルク歌劇場でカヴァラドッシが予定されています。

DACAPO
MAR-2.110415(DVD)
NX-D03
トマス・エーヤフェルト・オレセン:舞踊を伴う歌劇「ドリアン・グレイの肖像」 ドリアン・グレイ…アンドリュー・レイドリー(カウンター・テナー)/マキシミ リアン・シュミット(ダンサー)/ヘンリー卿…ジョナサン・ベスト(Bs)/ヨハン・オ ールソン(ダンサー)/ペイジル・ホールワード…ジェームズ・ボビー(演者)/ビョル ン・ニルソン(ダンサー)/ジェームズ・ヴェイン…ジェームズ・ボビー(Br)/デ ヴィッド・プライス(ダンサー)/シビル・ヴェイン…ジェニー・ティエレ(フォークシ ンガー)/シリ・ウォルソールン(ダンサー)/内なるもの…シグリッド・カンダル・フ ショルド(ダンサー)/ヴェイン夫人:シビルの母…ボレット・ブルーノ・ハンセン(ア ルト)/ヘンリエッタ・ヴァルベルク(ダンサー)他/デンマーク国立歌劇場合唱団/オ ーフスSO/ヨアヒム・グスタフソン(指揮&音楽監督)/マリー・ブロリン=タ ニ(ステージ・ディレクター&振付)/ヨハン・ケルケアー(装置)/メルテンK.アク セルソン(照明デザイン)/ホビ・ヤルネ(ヴィデオ・デザイン)/イェンス・ヘルスヴ ィング(サウンド・デザイン)

収録2013年8月22.24.26.28日オーフスMusikhusetライヴ
収録時間:107分
音声:英語歌唱ステレオ2.0
字幕:英語・デンマーク語
画面:16:9カラー/REGIO NAll(Code:0)
〈DVD〉片面2層ディスク
デンマークの現代作曲家オレセンの新作オペラ「ドリアン・グレイの肖像」。原作となったオスカー・ワイルドの幻想的な小 説は、何度か映画化されたり、舞台で上演されたりと、これまでにも様々な芸術家たちにインスピレーションを与えてきてい ますが、このオレセンの歌劇は、幻想的な音楽と魅惑的なダンスが融合した、極めてセンセーショナルな内容になっています。 スウェーデンの新進気鋭の振付家マリー・ブロリン=タニによる幻想的なダンスは、美しい衣装も含め、物語に強烈な作用を 及ぼします。またドリアン・グレイの歌唱部分はカウンター・テナーが担当することで一層神秘的な雰囲気を高めています。 耳にも目にも刺激的な作品です。

Aurora
ACD-5049(2CD)
オラヴ・アントン・トンメセン(1946-):室内オペラ《両性具有者》(1970-80) アイル・インデルハウグ(語り、ソプラノ)
イーサ・カタリーナ・ゲーリケ(S)
アンナ・エリサベト・アイナション(Ms)
ニルス・ハーラル・ソーダール(語り、T)
エスペン・フェーグラン(Br)
シェティル・フーゴース(Bs)
オスロ・シンフォニエッタ 
クリスチャン・エッゲン(指、語り)

録音:2006年9月17日-24日 ヤール教会(ベールム、ノルウェー)
制作・編集:フランソワ・エケール
録音:ジェフ・マイルズ
追加トラッキング・ミクシング:ショーン・ルイス
オラヴ・アントン・トンメセンは、2010年に亡くなったアルネ・ヌールハイムの次の世代を代表するノルウェー作曲家のひとり。1990年度 NOMUS 賞(北欧音楽委員会賞)を受けた《プリズムを通して》をはじめとする多くの作品を発表、1985年のベルゲン国際フェスティヴァルと1995年の北ノル ウェー芸術フェスティヴァルのテーマ作曲家に選ばれました。ノルウェー音楽アカデミーの名誉教授。室内オペラ《両性具有者》は、彼が1970年から 1980年にかけて作曲した作品です。自己認識の劇的な旅、男性性と女性性の統合に人間の二元的本性を洞察、人のセクシャリティ(性的指向)の目覚 めを寓意物語のうちに語る。グノーシス主義の文献『マルコによる秘密の福音書』、イジドール・デュカス(ロートレアモン)の『マルドロールの歌』、D・ H・ロレンスの『上音』のノルウェー語訳をテクストに採り、6人の独唱者、2人の俳優、ダンサーと室内オーケストラによる「バレエ・オペラ」として上 演されます。第1幕が〈秘密の福音書〉と〈両性具有者〉(「告白」「攻撃)」「欲望」「夢)」「眠り」)の2部、第2幕が〈コンサートの部屋〉〈交互に〉〈反 響するこだま〉〈上音〉〈マルドロール〉の5部。1976年にスウェーデンのヴァードステーナ・アカデミーで部分的に初演され、ベルゲン国際フェスティヴァ ルと王立スウェーデン・オペラで全曲が上演されました。6つのフルート、オーボエ、3つのクラリネット、ファゴット、ホルン、サクソフォーン、2つのト ランペット、テューバ、ハープ、打楽器群、オルガン、ピアノ、2つのヴァイオリンとヴィオラ、チェロとコントラバスの「シンフォニエッタ」。現代音楽のス ペシャリスト、クリスチャン・エッゲン(1957?)が指揮。ヤール教会でセッション録音されました。 (Ki)

BENO BRACHT SOCIETY
SBB-013-15-02(2CD)
ビゼー:歌劇「カルメン」(チェコ語訳版) ズデンカ・フルンチージョヴァー(メゾソプラノ:カルメン)
ベノ・ブラフト(テノール:ドン・ホセ)
マリア・タウベロヴァー(ソプラノ:ミカエラ)
ヴァーツラフ・ベドナーシュ(バリトン:エスカミーリョ)
シュテファ・ペトロヴァー(ソプラノ:フラスキータ)
ルドミラ・ハンザリーコヴァー(メゾゾプラノ:メルセデス)
エミル・ベルグマン(バリトン:ダンカイロ)
カレル・フルシュカ(テノール:レメンダード)
ヨセフ・ツェレリン(バス:ズニガ)
ボジェク・ルヤン(バリトン:モラレス)
チェコスロヴァキア放送Cho
チェコスロヴァキア児童Cho
プラハRSO
フランチシェク・ディク(指)

録音:1946年、チェコスロヴァキア放送スタジオ、プラハ、チェコスロヴァキア

LARGHETTO MUSIC
LARGH 001(1CD)
ウラジミール・コスマ(1940-):歌劇「マリウスとファニー」(抜粋) ロベルト・アラーニャ(テノール:マリウス)
アンジェラ・ゲオルギュー(ソプラノ:ファニー)
ジャン=フィリップ・ラフォン(バリトン:セザール)
マルク・バラール(バリトン:パニス)
ミシェル・ラグランジュ(ソプラノ:オノリーヌ)
アンサンブル・パレ・ロワイヤルCho
ウラジミール・コスマ(指) LSO

録音:時期の記載なし(2007年または2008年)、アビーロード・スタジオ、ロンドン、イギリス
ウラジミール・コスマはルーマニアに生まれたフランスの作曲家。たいへん多くの映画・TV音楽を手掛けていることで知られています。「マリウスとファニー」はマルセル・パニョル(1895-1974)の戯曲「マリウス」と「ファニー」を基に、南フランスの港町マルセイユの若い船乗りと幼なじみの女性の悲恋を描いた歌劇。抜粋なのが少々残念ですが、2007年マルセイユ・歌劇での初演にも登場したアラーニャ&ゲオルギュー夫妻、作曲者自身の指揮という理想的なキャストでの録音です。ブックレットに歌詞・訳の記載はありませんが、解説とあらすじがフランス語と英語で記載されています。

UNIVERSAL ITALY
DECCA-4811881(1CD)
カルロ・コロンバーラ〜オペラ名場面集
ロッシーニ:「セミラーミデ」〜Il di gia cade / Deh ti ferma / Quei numi furenti
ヴェルディ:「ドン・カルロ」〜4 Don Carlos: Elle ne m'aime pas
 「シチリア島の夕べの祈り」〜Palerme, o mon pays.. O toi, Palerme / Saint amour qui m'entraine
マスネ:「ドン・キホーテ」〜Riez, allez! / 間奏曲(第4幕)/ O mon maitre, o mon grand!.. Ecoute, mon ami
ワーグナー:「ヴァルキューレ」からl
カルロ・コロンバーラ(Bs)
グラーツPO
マルコ・ボエーミ(指)
カルロ・コロンバーラは1964年イタリアのボローニャ生まれ。1986年ヴィオッティ・コンクールにて最優秀イタリア人歌手賞受賞。1987年劇場デビューし、1989年にはリッカルド・ムーティ指揮のヴェルディ「シチリア島の夕べの祈り」でミラノ・スカラ座デビュー。以来世界各地の歌劇ハウスで著名指揮者たちと共演。優れた声質・声量・技巧・容姿・演技力を兼ね備え、現在最も脂の乗り切ったイタリアのバス歌手として高く評価されています。

MUSIEPOCA
MEPCD-008(1CD)
ヘンデル:オペラ・アリア集
「アタランタ」HWV35(1736)〜序曲,Se nasce un rivoletto
「ロターリオ」HWV26(1729)〜Scherza in mar la navicella
「クレタのアリアンナ」HWV32(1733)〜So che non e piu mio
「メディアの王ソザルメ」HWV30(1731-1732)〜Vola l'augello del caro nido
「インドの王ポーロ」(1730-1731)HWV28〜序曲,Se il ciel mi divide
「アリオダンテ」HWV33(1734)〜Volati amore
「オルランド」HWV31(1732)〜Verdi Piante
「アルチーナ」HWV34(1735)〜ガヴォット,サラバンド,ガヴォット・ダ・カーポ,メヌエット
「エツィオ」HWV29(1731)〜Finche un zeffiro soave
マリア・エスパダ(S)
ヴェスプラス・ダルナディ(管弦楽)
ダニ・エスパダ(指)
アンナ・マリア・ストラーダは1719頃から1741年まで活躍したイタリアのソプラノ。ヴェネツィアでヴィヴァルディの歌劇等に出演。その後ロンドンに活躍の場を移した彼女はヘンデルに賞賛され、1729年から1937年までの間に少なくとも24の彼の歌劇に出演しました。マリア・エスパダはスペインのバダホスに生まれたソプラノ。メリダ音楽院で学んだ後マドリード王立音楽院でペドロ・ラビリニャンに、ソフィア王妃高等音楽学校でアルフレド・クラウスに師事。1996年にソロ・デビュー以来世界的に活躍しており、ピリオド楽器オーケストラとの共演も数多く行っています。

MA theatre
MA-007(1CD)
ボック:屋根の上のバイオリン弾き ジェー・アレクザンダー(指)
ニュー・ロンドン・キャスト・レコーディングのオーケストラ
アメリカのミュージカルの傑作「屋根の上のバイオリン弾き」。ロンドン・サヴォィ劇場でのニュー・キャストによるサウンドトラック。

Ty Cerdd
TCR-013(2CDR)
メトカーフ:歌劇「アンダー・ミルク・ウッド」 ウェールズ・ナショナル・オペラ、
エリザベス・ドノヴァン(S)、
ヘレン=ジェーン・ハウエルズ(S)、
グウェネス=アン・ジェファーズ(S)、他

録音:2014年4月
1946年、ウェールズ、スウォンジー出身の作曲家ジョン・メトカーフのオペラ。ウェールズのレーベルならではのプロジェクト。
※Ty Cerddはレーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

LORELEY PRODUCTION
LY-057(1CD)
Violon& Songs
プニャーニ(クライスラー編):序奏とアレグロ
プッチーニ:トスカ〜「歌に生き、恋に生き」
ヴェルディ:オテッロ〜「アヴェ・マリア」
クライスラー:愛の歌
ベッリーニ:ノルマ〜「清らかな女神よ」
シューベルト:アヴェ・マリア
マスネ:タイスの瞑想曲
カタラーニ:ラ・ワリー〜「さようなら、ふるさとの家よ」
カッチーニ:アヴェ・マリア
タルティーニ:悪魔のトリル
ドヴォルザーク:ルサルカ〜「月に寄せる歌」
オルケストル・クラシック・アンサンブル
ファビアンヌ・コンラート(S)
ダヴィド・ブラッキーニ(Vn)

録音:2014年5月
パリのシテ島にある、圧倒的に美しく大規模なステンドグラスでも有名なゴシック建築の教会、サント・シャペルで行われた演奏会のライヴ録音。クラシッ クの名曲ばかりが並び、幸福のひとときを味わえます。 (Ki)

BENO BRACHT SOCIETY
SBB-012-14-02(3CD)
グノー:歌劇「ファウスト」(チェコ語歌唱)*

■ボーナス・トラック
アレヴィ:歌劇「ユダヤの女」〜ラシェルよ、主の恵みにより+
ボイエルデュー:歌劇「白衣の婦人」〜来たれ、やさしい君よ#
マイアベーア:歌劇「アフリカの女」〜おお、パラダイス**
オーベール:歌劇「ポルティチの唖娘」〜Du pauvre seul ami fidele**
 歌劇「フラ・ディアボロ」〜J'ai revu nos amis**
ベノ・ブラフト(テノール:ファウスト)
カレル・カラシュ(バス:メフィストフェレス*)
ヴァーツラフ・ベドナーシュ(バリトン:ヴァランタン*)
マリア・タウベロヴァー(ソプラノ:マルグリート*)
カルタ・クラーソヴァー(メゾソプラノ:マルト*)
アントニーン・イェジャーベク(バリトン:ジーベル*)
ヤン・ソウマル(バス:ブランデル*)
チェコスロヴァキア放送Cho(*/+)
プラハ放送O
フランチシェク・ディク(指)

録音:1950年*、1951年+、1953年#、1954年**、チェコスロヴァキア放送スタジオ、プラハ、チェコスロヴァキア

PRODUCTION CENTRE ODEON
LAPTEV-CD 1-6(6CD)
コンスタンチン・ラプチェフ/録音集成1948-1958
■CD 1〜フランスとイタリアの歌劇・アリア
ビゼー:「カルメン」〜エスカミリオのクプレ#((録音:1952年)
ヴェルディ:「仮面舞踏会」〜レナートのアリオーソ*(録音:1950年)
 「イル・トロヴァトーレ」〜ルーナ伯爵のアリア*(録音:1950年)
 「ラ・トラヴィアータ」〜ジェルモンのアリア(録音:1956年)
 「リゴレット」〜リゴレットのアリア(録音:1956年)
 「仮面舞踏会」〜レナートの場面とアリア*(録音:1950年)
 「リゴレット」〜ジルダとリゴレットの場面と二重唱(+/*)(録音:1950年)
 「リゴレット」〜ジルダとリゴレットの場面の断章と最後の二重唱(+/*)(録音:1950年)
レオンカヴァッロ:「ザザ」〜カスカールのアリア*(録音:1950年)
 「道化師」〜道化師のプロローグ*(録音:1948年)
トマ:「ハムレット」〜バッカスの歌*(録音:1950年)
■CD 2〜ロシアの歌劇・アリア
リムスキー=コルサコフ:「雪娘」〜ミズギールのアリア*(録音:データ記載なし
 「皇帝の花嫁」〜グリャーズノイのアリア+(録音:1953年)
ラフマニノフ:「アレコ」〜アレコのカヴァティーナ*(録音:データ記載なし
ボロディン:「イーゴリ公」〜イーゴリ公のアリア#(録音:1948年)
ルビンシテイン:「デーモン」から
 デーモンの第1のロマンス+/デーモンのモノローグと天使との二重唱(++/+)
 デーモンの第2のロマンス+(録音:1953年)
ルビンシテイン:「デーモン」〜デーモンとタマーラの場面**(録音:データ記載なし)
■CD 3〜ウクライナの歌
ヴラジスラフ・ザレンバ(1833-1902):Divlyus'ya na nebo*(録音:1949年)
ウクライナ民謡:Vzyav bi Ya banduru(録音:データ記載なし/Viryazhala mati sina#(録音:1950年)
ウクライナ民謡(L・レヴツキー編):Oj, gey! Ta oy khto gorya na znae**(録音:1950年)
ウクライナ民謡:Oj divichina-gorlicya#(録音:1950年)
ウクライナ民謡(A・エドリチェク編):Oj ti divcina+(録音:1950年)
ウクライナ民謡:Kolo mlina kreminina#(録音:1950年)/Oj, ishov ya vuliceyu raz, raz...*(録音:1946年)
 Oj, Vazha ya, vazhu#(録音:1950年)/Ol ne shumi luzhe*(録音:1948年)
ウクライナ民謡(L・レヴツキー編):Pro Karmelyuka**(録音:1950年)
ミコラ・リセンコ(1842-1912):Bazmezhnee pole*(録音:1948年)/Divichina ribalon'ko Lyudo+(録音:1950年)
 Minayut Dni*(録音:1948年)/Oj, chogo ti pochornilo*(録音:1948年)
ヤコフ・スチェポヴォイ(1883-1922):Oj, tri shlyakhi shirokii+(録音:1948年)
 Yak pochuesh vnochi kraj svojogo vikna+(録音:1950年)
キリル・スチェーツェンコ(1882-1921):Vyotsya Stypzhka*(録音:1948年)
ゲルマン・ジューコフスキー(1913-1976):Nochenka++(録音:1947年)
■CD 4〜ロシアの歌
アレクサンドル・グリリョーフ(1803-1858):馭者の歌#(録音:1960(1950?)年)
ロシア民謡:トロイカ(録音:記載なし+/清き野に**(録音:1954年)
 トロイカは駆け行く+(録音:データ記載なし
ロシア民謡(V・ボロズジン編):聖なる湖バイカル+(録音:データ記載なし
グリンカ:勝者*1949年)
チャイコフスキー:ぼくらは一緒に座っていた*/恐ろしい瞬間*/語るな、友よ(録音:1949年)
ダルゴムイシスキー(1813-1869):シエラ=ネバダは霧に包まれ*(録音:1949年)
ラフマニノフ:すべては過ぎ去った*(録音:1949年)
■CD 5〜イタリア、ロシア、ウクライナの歌劇・アリア
ロッシーニ:「セビリャの理髪師」からフィガロのカヴァティーナ*(録音:1950年)
ルビンシテイン:「ネロ」〜ヴィンデクスの婚礼の歌+(録音:1952年)
タネーエフ:「オレステイア」〜アイギストスとクリュタイムネストラの場面#(録音:1958年)
チャイコフスキー:「マゼッパ」からマゼッパのアリオーソ**(録音:1948年)
 「スペードの女王」〜エレツキーのアリア++(録音:1953年)
 「エフゲニー・オネーギン」〜タチアナとオネーギンの場面(第3幕第2場)##(録音:1950年)
ユーリー・メイトゥス(1903-1997):ソヴィエト人(***)(録音:1947年)
 「若い衛兵」〜オレグのレチタティーヴォとアリア,オレグのアリア,オレグのアリオーソ(+++)(録音:1947年)
ミコラ・リセンコ(1842-1912):「タラス・ブーリバ」〜オスタプのアリア(###)(録音:1948年)
キリル・スチェーツェンコ(1882-1921):「捕虜」〜からすが鳴く(###)(録音:1948年)
■CD 6〜ポーランド、イタリア、ロシアの歌
ショパン:17のポーランドの歌 Op.74 から*
 酒宴,彼女の好きな場所,つわもの,私の愛しい人,指輪(録音:1950年)
ミニョーネ:黄金の窓(最初の手紙)+(録音:1953年)
ビクシオ(1896-1978):船*(録音:1949年)/夜のセレナード+(録音:1954年)/われを忘るな+(録音:1956年)
デンツァ:来たれ+(録音:1954年)/妖精の瞳+(録音:1956年)
クレシェンツォ(1913-1987):不安な心*(録音:1949年)
クルティス(1875-1937):忘れな草+(録音:1956年)
レオンカヴァッロ:朝の歌+(録音:1954年)
ゲオルギー・ノソフ(1911-1970):レニングラードの歌+(録音:1954年)
■CD 1
マリア・ズヴェズジナ(S)+
モスクワRSO*
オニシム・ブロン(指)*
レニングラードRSO#
ニコライ・ラビノヴィチ(指)#
伴奏者記載なし(無印)

■CD 2
オリガ・カシェヴァーロヴァ(S)**
リュドミラ・グルージナ(Ms)++
アンドレーエフ記念国立ロシアO*
ヴラジーミル・ポポフ(指)*
キーロフ記念国立歌劇&バレエ劇場SO(+/**)
ボリス・ハイキン(指)+
ダニール・ポヒトノフ(指)**
ボリショイ劇場O#
キリル・コンドラシン(指)#

■CD 3
ダヴィド・ガクリン(P)*
N・コトリャルスカヤ(P)+
ミハイル・ゴレンコ(バヤン#)
ウクライナ放送バンドゥーラ・アンサンブル**
A・ボディール(指)**
ウクライナ国立歌劇&バレエ劇場O&cho++
ヴェニアミン・トルバ(指)++

■CD 4
ダヴィド・ガクリン(P)*
アンドレーエフ記念国立ロシアO(+/#)
ヴラジーミル・ポポフ(指)+
ゲオルギー・ドニヤフ(指)#
A・アニシモフ(指)吹奏楽団**

■CD 5
ソフィア・プレオブラジェンスカヤ(Ms)#
モスクワRSO*
オニシム・ブロン(指)*
レニングラードRSO(+/#)
ニコライ・ラビノヴィチ(指)+
ゲマル・ダルガート(指)#
ボリショイ劇場O**
ヴァシリー・ネボリシン(指)**
アレクサンドル・メリク=パシャーエフ(指) ##
キーロフ記念国立歌劇&バレエ劇場SO++
ボリス・ハイキン(指)++
ソヴィエト国立SO(***)
アレクサンドル・クリモフ(指(***))
ウクライナ国立歌劇&バレエ劇場O(+++)
ヴェニアミン・トルバ(指揮(+++))
ダヴィド・ガクリン(P(###))

■CD 6
ナウム・ヴァリテル(P)*
レニングラードRSO+
アレクサンドル・ヴラジミルツォフ(指)+
コンスタンチン・ラプチェフ(1904-1990)はウクライナのキエフに生まれたソヴィエトのバリトン。オデッサ(1930-1941)、キエフ(1941-1952)、レニングラード(1952-1965)の歌劇ハウスに所属し活躍しました。コンサート歌手としても活躍し、ロシア民謡、ウクライナ民謡、ナポリ歌謡を得意としていました。ロシア語またはウクライナ語が原語の楽曲以外はロシア語での歌唱。ブックレットにロシア語と英語の解説が記載されていますが、歌詞・訳の記載はありません。本体・外装に規格番号表示が無く、LAPTEV-CD 1-6 は弊社が付したものです。

DACAPO
MAR-6.220641(2SACD)
ニールセン:歌劇「仮面舞踏会」 ヨハン・ロイター(B)/シュテファン・ミリング(V)/ニルス・ヨルゲン・リース(T)/デニス・ベック(S)/アンネ・マルグレーテ・ダール(S)/ディッテ・ホジャール・アンデルセン(S)/クリスティアン・ダムスゴー=マドセン(T)/サイモン・ドゥース(B)/グィド・ペヴァタルー(Br)/スティグ・フォーグ・アンデルセン(T)/クリスティアン・ボランド(Br)/ステフェン・ブルーン(Br)他
デンマーク国立コンサートCho
デンマーク国立SO、アンサンブル
ミヒャエル・シェーンヴァント(指)

録音:2014年8月12-25日DRKoncerthuset
日本では、序曲のみが知られているニールセン(1865-1931)の「仮面舞踏会」。ほとんどの人は悲劇だと思っているようですが、実はとても楽しい作品です。仮面舞踏会で出会った女性に一目惚れした主人公レアンダー、そして同じように浮かれる彼の母。それを知って怒り狂うレアンダーの父。何しろレアンダーはすでに父が決めた(会ったことのない)許婚がいるのです。まあ、オチは想像通り・・・。何ともお約束ではありますが、ここに付けられている音楽が素晴らしいことも想像通り。




BADRIDZE L. D
BLD-2014
(5CD+DVD/PAL)
ダヴィト・バドリーゼ〜アリア&歌曲録音集成
■CD 1 (77.25)
Recorded from LPs 1931 - 1941 .
1. N. Rimsky-Korsakov. Song of the Indian Guest ("Sadko"). Orchestra of the Bolshoi Theatre, dir. L. Steinberg. Record 1931
2. D. Arakishvili. Song Arobschika (Urmuli) ("The Legend of Shota Rustaveli") (Georgians. Lang). Record 1931
3. D. Arakishvili. In the kingdom of roses and wine, piano S. Matsyushevich. Record 1933
4. 3. Faliashvili. Malkhaz output ("Daisi"), piano S. Matsyushevich (Georgians. Lang.). Record 1933
5. 3. Faliashvili. Malkhaz aria ("Daisi"), piano B.Zhilinsky (Georgians. Lang). Record 1935
6. A. Spendiarov. Ashyg Song ("Almast"). Orchestra of the State Academic Bolshoi Theater of p / u L.Steinberg (violin solo L.Shilo) (Georgians. Lang).
Record 1933
7. Ippolitov-Ivanov (1859-1935). Aria king Irakli ("Betrayal"). Orchestra of the State Academic Bolshoi Theater of p / u M.Ippolitova-Ivanov (Georgians. Lang.).
Record 1933
8. Bizet (1838 - 1875). Nadir's aria ("The Pearl fishers"). Orchestra of the State Academic Bolshoi Theater of p / u Ippolitov-Ivanov. Record 1933
9. Verdi (1813 - 1901). Aria Duke "Who could kidnap her" ("Rigoletto"). Orchestra of the Bolshoi Theatre, cond. L. Steinberg. Record 1935
10. R. Wagner (1813 -1883). Lohengrin aria ("Lohengrin"). Orchestra of the Bolshoi Theatre, dir. Melik-Pashayev. Record 1935
11. J. Offenbach (1819 -1880). Couplets Hoffmann ("The Tales of Hoffmann"). Moscow Philharmonic Orchestra, cond. A. Orlov. Record 1938
12. Offenbach. Arioso Hoffmann ("The Tales of Hoffmann"). Orchestra of the State Academic Bolshoi Theater of p / u L. Piatigorsky. Record 1941
13. Borodin. Aria Vladimir Igorevich ("Prince Igor"). Orchestra of the State Academic Bolshoi Theater of p / u Ippolitov-Ivanov. Record 1933
14. E. Napravnik. Aria Vladimir ("Dubrovsky"). Orchestra of the Bolshoi Theatre, dir. Melik-Pashayev. 3apis 1935
15. Gounod. Cavatina Faust ("Faust"). Leningrad State Philharmonic Orchestra, cond. C. Brog. Record 1940
16. Massenet. Aria Werther ("Werther"). Orchestra of the Bolshoi Theatre, dir. Melik-Pashayev. Record 1935
17-20. R. Schumann (1810 -1856). Four songs on poems by Heinrich Heine translated I.Tyumeneva, piano B.Zhilinsky. Entries 1937
17. Lotus (from the series "Myrtles"), Op. 25 number 7.
18. When it was wonderful in May (from the series "Dichterliebe"), Op. 48 number 1.
19. In my dream I wept bitterly (from the series Dichterliebe"), Op. 48 number 13.
20. From my tears (from the series "Dichterliebe"), Op. 48 number 2.
21. B. Fleece. Lullaby piano B.Zhilinsky. Record 1935
22. Kalman. Tango (instr. I. Furman). Jazz Orchestra p / u A. Grana. Record 1936
23. R. Frimley - G. Dutkiewicz. Charlie Song ("Love - love always"). Moscow Philharmonic Orchestra, cond. S. Sakharov. Record 1940
24. V. Youmans - B. Kaper. Signorina. Processing and technical equipment. G. Dudkevich. Orc. Moscow State Philharmonic p / u S. Sakharov. Record 1940
■CD 2 (72.05)
Recording on magnetic tape 1940 - 50s
1. Verdi (1813-1901). Duke's ballad ("Rigoletto").
2. Puccini (1858-1924). Cavaradossi's aria ("Tosca").
3. F. Cilea (1866-1950). Crying Frederick ("L'Arlesienne").
4. Bizet. Serenade Smith ("Perth Beauty").
5. N. Rimsky-Korsakov. Song of the Indian Guest ("Sadko").
6. A. Arensky. Song of the Singer backstage ("Rafael").
7. Ippolitov-Ivanov. Ole's aria ("Ole the Norseman").
8. 3. Faliashvili. Malkhaz output ("Daisi") (on gruzin.yaz).
9. Tchaikovsky. Would like in a single word ... (from Heinrich Heine, ln. L. Mey), Op. 1875
10. Tchaikovsky. Not a word, my friend (lyrics by A. Pleshcheeva) soch.6 number 2
11. Tchaikovsky. I Opened the Window (lyrics KR) soch.63 number 2
12. Tchaikovsky. Again, as before, one (lyrics D.Ratgauza), Op. 73 number 6
13. Rachmaninov. How it hurts me. (w Galina G.)
14. D. Arakishvili. On the hills of Georgia ... (lyrics by A. Pushkin)
15. D. Arakishvili. I'm waiting for you ... (w M. Davydova) (in Georgian.)
16. D. Arakishvili. On the hills of Georgia ... (lyrics by A. Pushkin) (in Georgian.)
17. Indy Mindy (Georgian folk song arr. K. Potskhverashvili)
18. M. Balanchine. Only you look you ... (w G. Abashidze) (Georgian)
19. I. Kargareteli. Oh, pretty baby (old Georgian romance) (Georgians).
20. A. Shaverzashvili. Mountain flowers (Georgians)
21. Bondzhovani. Genatsvale (Neapolitan song with Georgians. I. Grishashvili text)
22. Ch.A. Bixio - E. Misailov. Moonlight serenade
23. L. Maravigliya. Serenade. Arr. Isaacson, cl. B. Dragoon (iz k / f "Songs in the streets")
24. L. Biscardi. Be your only friend. Arr. and words. G. Gnesina
25. E.Talyaferri. warm night
26. Neapolitan song. Dance on!
27. N. Kirkulesku. All the fault of your eyes, Maria!
28. B. Crescenzo. Tarantella (lyrics by B. Ronginskoe)
29. Neapolitan song. Night descended over the sea
30. R. Frimley - G. Dutkiewicz. Charlie Song ("Love - love always")
■CD 3 (79.53)
Victor Dolidze 'Keto And Kote' (Montage) Comic Opera
Libretto - V. Dolidze comedy A. Tsagarely "Khanuma" Authors words - B. Ardov, T. Sikorski S. Bolotin Lead - I.Tumanov
Characters:
Keto - Galina Sakharova
Makar - Sergei Gotseridze
Kote - David Badridze
Levan - David Gamrekeli
Saco - Vladimir Kandelaki
Sicko - Lebedev
Matchmaker Barbalha - Zinaida Sokolovskaja
Matchmaker Kabat - Antonina Kleshcheva
Maro - R. Losev
Director - Joseph Tumanov
Soloists of the Bolshoi Theater of the USSR and the All-Union Radio, All-Union Radio Orchestra.
Conductor Alexei Kovalev. Recorded 1948
■CD 4 (79.45)
A. Shaverzashvili 'Marine' (Montage) Comic Opera
Libretto by N. Baratashvili Russian text E. Alexandrova
Characters:
Dragonfly Gayane Dolidze
Archil - Alexei Korolev
Ketevan - Olga Osipova
Marine - Claudia Konstantinova
Kokhta - David Badridze
Shota - Yefim Maev
Darejan - Tamara Prevezentseva
1st Girl - Taisa Bondar
2nd Girl - Vera Dracheva
The text read by Bogdanov
Conductor - Onesimus Bron
Recorded 1955
■CD 5 (68.15)
Songs of Georgian, Russian, Soviet and Italian composers. Record 1930 50s
1. D. Arakishvili. Arobnaya (Urmuli) ("The Legend of Shota Rustaveli") (Georgians. Lang.). Record in 1935.
2. I. Kargareteli. Aragva (folk ballad), piano B. ?ilina. Record in 1935.
3. K. Potskhverashvili. Laale (Georgian song), piano B. ?ilina. Record in 1935.
4. I. Kargareteli. Spring dream. Inst. J. Rogal-Levitsky. Orc. Gosfilmofond p / u S. Sakharov. Record in 1940.
5. S. Tsintsadze. Love song. State. symphony. Orchestra of the USSR State Committee for Cinematography. Record in 1950.
6. N. Rimsky-Korsakov. Song of the Indian Guest ("Sadko"). Orchestra of the Bolshoi Theatre, cond. Melik-Pashayev. Record in 1935.
7. V. Muradeli. On the Moscow-Volga Canal, piano E. Sienkiewicz. Record in 1938.
8. V. Muradeli. Four comrades, piano E. Sienkiewicz. Record in 1938.
9. M.Lalinov. Favorite. Inst. J. Rogal-Levitsky. Orchestra of Moscow. State Philharmonic, cond. S. Sakharov. Record in 1940.
10. 3. Kampaneyts. Spring sailor Instr. I. Furman. Orc. Mosk. State Philharmonic p / u S. Sakharov. Record in 1940.
11. E. Abrahamian. The road to Moscow. State. symphony. Orchestra of the USSR State Committee for Cinematography. Record in 1950.
12. Bondzhovani. Genatsvale, piano B. ?ilina. Record in 1935.
13. R. Frimley - G. Dutkiewicz. Charlie Song ("Love - love always"), piano Davydov. Record in 1940.
14. X. Padilla. Printsessita, piano Davydov. Record in 1940.
15. V. Youmans and B. Kaper. Signorina. Arr. G. Dudkevich, piano Davydov. Record in 1940.
16. E. Curtis. My Carmela (Neapolitan song). Inst. I. Furman. Jazz Orchestra p / u A. Grana. Record in 1936
Verdi's "La Traviata"
17. Fragment third act of the opera
Characters:
Violetta Valery - Gayane Dolidze.
Alfredo Germont - David Badridze
Giorgio Germont, his father - Peter Amiranashvili
Conductor - Givi Azmayparashvili
Recorded live from the Tbilisi State Academic Opera and Ballet Theatre. 3. Faliashvili April 5, 1962
Fragment of the documentary record of the celebrations dedicated to the 80th anniversary of the People's Artist of the GSPC, USSR State Prize winner, Professor
David G. Badridze. State Academic Opera and Ballet Theatre. Z.Paliashvili. Tbilisi. 1979
18. Greeting People's Artist Tamara Papitashvili GSPC.
19. Greeting People's Artist of the USSR Natalia Burmistrova.
In performance of DG Badridze :
20. D. Arakishvili. Arobnaya ("The Legend of Shota Rustaveli"), piano S. Kamoeva.
21. Ippolitov-Ivanov. Ole aria ("Ole from Nordpanda"), piano S. Kamoeva.
22. Georgian romance, piano S. Kamoeva.
23. K. Potskhverashvili. Laale, piano S. Kamoeva.
■ DVD (PAL)
Excerpts from the concert film "The Shield of Jurgai" (the film also stars Mikhail Grishko and David Gamrekeli)
Directed by: J. and S. Rondel Dolidze scenario poet G. Leonidze. Tbilisi studio. 1944
録音:1931-1950年代

音源提供:ロシア国立録音アーカイヴ、ロシア放送協会、グルジア放送協会
ソヴィエトのリリック・テノール、ダヴィト・バドリーゼ(1899-1987)を集成した限定生産品。ダヴィト・バドリーゼはソヴィエト連邦グルジア共和国のクタイシに生まれ、チフリス大学医学部を卒業後チフリス音楽院で声楽を学びました。チフリス・歌劇・バレエ劇場(1926-1934、1941-1944)、エカテリンブルク・歌劇・バレエ劇場(1934-1936)、モスクワのボリショイ劇場(1944-1948)で活躍しましたが1948年に早くも舞台から引退。以後1950年代まで放送の場で活動を続けました。
当DVDの再生にはPAL方式対応のプレーヤーが必要です。またパソコンでの再生につきまして弊社は再生の保証をいたしません。ご了承ください。

ARCO DIVA
UP-0140-2(2CD)
ドヴォルザーク:歌劇「アルフレート」B.16 ペトラ・フレーセ(ソプラノ:アルヴィーラ)
フェルディナント・フォン・ボトマー(テノール:ハラルト)
フェリクス・ルンプ(バリトン:アルフレート)
イェルク・ザブロフスキ(バリトン:ゴトロン)
ペテル・ミクラーシュ(バス:ジーヴァルト)
ティルマン・ウンガー(テノール:ドーセット、伝令)
ヤルミラ・バクソヴァー(ソプラノ:ロヴェーナ)
ブルノ・チェコ・フィルハーモニーCho
ペトル・フィアラ(合唱指揮)
プラハRSO
マレク・シュチレツ(副指揮)
ハイコ・マティアス・フェルスター(指)

録音:2014年9月16-17日、ライヴ、ドヴォルザーク・プラハ音楽祭、ドヴォルザーク・ホール、 ルドルフィヌム、プラハ、チェコ
「アルフレート」はドヴォルザークの歌劇第1作。イングランド国王アルフレッド大王(849-899、在位:871-899)の英雄伝に基づきカール・テオルール・ケルナーが書き上げたドイツ語の台本による3幕物で、ドヴォルザークの存命中には上演されず、1905年に序曲のみ「悲劇的序曲」Op.16aとして初演され、全曲は1938年になってようやくチェコ語訳版で初演されました。当盤は演奏会形式による公演のライヴ録音。ブックレットには英語とチェコ語で解説が記載されていますが、テキストは記載されておりません。ご了承ください。

Slovak Radio
RB-0341-2(1CD)
スロヴァキア・オペレッタの世界
ミクラーシュ・シュネイデル=トルナフスキー(1881-1958):「ベッラローザ」序曲
カロル・フィシェル:「リアと二人の父」、
ヤーン・モーリ(1892-1978):「レディー・ウィドー」、
ゲイザ・ドゥシーク(1907-1988):「リオのカーニバル」、「青いばら」、「それが恋」、
カロル・エルベルト(1911-1997):「さらば、恋」、「港から港へ」、
チボル・アンドラショヴァン(1917-2001):「紳士の選択」、「愚者たちの王」、
テオドル・シェボ=マルチンスキー(1911-1980):「火の鳥」、「検察官」、
ミラン・ノヴァーク(1927-):「恋たけなわ」、「ありふれた一日ではない」、「マフィア・歌劇」、
ズデンコ・ミクラ(1916-2012):「タトラの夜」、
イゴル・バーズリク(1941-):「フサーリ」、「祭」からのアリア
アドリアナ・コフートコヴァー、ヘレナ・ベチェ=サボー、エヴァ・ホルニャーコヴァー(S)
モニカ・ファビアノヴァー(Ms)
シサ・スクロウスカー(歌)
オト・クレイン、トマーシュ・ユハース(T)
パヴォル・レメナール、フィリプ・トゥーマ、リュドヴィート・ルドハ、
ドゥシャン・ヤルヤベク(Br)
ルーチニツァCho
エレナ・マトゥショヴァー(合唱指揮)
スロヴァキアRSO
ズデニェク・マハーチェク(指)
ブックレットはスロヴァキア語のみの簡素なもので、作曲家や作品についての情報を得られないのが何とも残念。タイトルは一部スロヴァキア音楽センターの英訳を参照しましたが、適切でない可能性がございます。ご了承ください。

Fra Prod
FRA-009(2DVD)

FRA-509(Bluray)
レイナルド・アーン:「シブレット」

■特典映像
ロランス・エキルベイ、ミシェル・フォ、アニェス・テリエ、ジェローム・ドゥシャン、ジュリー・フュクスのインタビュー
ジュリー・フュクス(S シブレット)
ジュリアン・ベーア(T アントナン)
ジャン=フランソワ・ラポワント(Br デュパルケ)
エヴァ・ガニザト(S ゼノビー)
ロナン・ドゥボワ(Br ロジェ)
セシル・アシール(S フランソワーズ)
ジャン=クロード・サラゴス(Bs グレニュ氏)
ギルメット・ロランス(S グレニュ夫人)
パトリック・カボンゴ・ムベンガ(T オーギュスト,ヴィクトル)
フランソワ・ルジェ(T 市長)
サフィル・ベルル(T グリサール)
オリヴィエ・デジャン(Bs-Br 中尉)
ベルナデット・ラフォン(パングレさん)
ミシェル・フォ( カスティリョーヌ伯爵 夫人)
ジェローム・ドゥシャン(劇場支配人)
ロランス・エキルベイ(指)
トゥロン歌劇場SO,アクサンチュス
ミシェル・フォ(演出,装置)
シトロネル・デュフェ(装置)
ダヴィド・ベリュグ(衣装 )
ヨエル・ファビング( 照 明 )
収録:2013 年2月、パリ

◆DVD
リージョン:All/NTSC
145分 +31分
Dolby digital 2.0 / DTS 5.1
字幕:仏英独西伊
◆Bluray
リージョン:All
HD 1080i
145分+31分
PCM 2.0 / DTS 5.1 HD Master Audio
字幕:仏英独西伊
素晴らしい舞台の映像が登場しました!アーンの人気作「シブレット」の初映像です!!しかもオペラ・コミクでの新制作上演の収録!オペラマニアは必 見です!! レイナルド・アーン(1875―1947)は、ベネズエラ生まれのドイツ系(ヒラリー・ハーンと同姓)ながら幼くしてパリに移住、20世紀前半のパリの雰囲気をもっ とも濃厚に伝える作曲家の一人として根強い人気があります。オペラ、オペレッタとも多く書いた中で、最も人気が高いのがこの「シブレット」。主人公の 名前シブレットとは、葱 シブル cibouleの縮小形で、日本ではアサツキに当ります。言わば「お葱ちゃん」。その名の通り野菜売りの娘で、彼女が心優し いがちょっと優柔不断な若い貴族アントナンと結ばれる物語。1923年4月7日、パリのヴァリエテ劇場で初演され、大成功を収めました。アーンの音楽 はとても充実していますし、貴族の夜会、下町の市場、郊外の田舎、偽スペイン歌姫と変化に富んだ展開も楽しく、人気の高さも納得です。「シブレット」 はオペラとオペレッタをこよなく愛した故永竹由幸氏が特に好んだ作品の一つで、30年ほど前に初録音が登場した時に作品の素晴らしさを熱心に説いて いました。 この映像は、2013年2月、パリのオペラ・コミクで新制作された舞台の収録。フランスの人気喜劇役者ミシェル・フォの演出で、舞台を台本に設定の 1867年から初演の頃、つまり「狂騒の時代 Les Annees folles」と呼ばれる1920年代のパリに移しています。これは大変よく出来た舞台で、たっぷ り愉快で、時にお洒落に、時に羽目を外してと、観客も大うけ。幕切れのアンコールの歌を客席中が一緒に歌う様子にはホッコリさせられます。大好評の ため2015年に再演が予定されているほど。 出演者は若手とベテランがうまく組み合わされています。タイトルロールのジュリー・フュクスはフランスの若いソプラノ。2013年、プラシド・ドミンゴ 主催のコンクール、オペラリアで女声部門第2位受賞なので歌の実力は保証済。加えて健康的な容姿もシブレットにピッタリ。ジュリアン・ベーアは1982年、 リヨン生まれのテノール。近年はモーツァルト・テノールとしての評価が高まっており、2015年にパリ・オペラ座での「魔笛」のタミーノを歌う予定です。 この若い二人ががんがんキスをする様子も微笑ましいもの。デュパルケのジャン=フランソワ・ラポワントは、カナダ、ケベック州、サグネ=ラク=サン= ジャン生まれのバリトン。歌手暦30年を越すベテランで、物語に大人の深みと渋みを与えています。魚売りのバングレ婆さんは、フランスの大女優、ベ ルナデット・ラフォン。フランソワ・トリュフォー監督の映画「私のように美しい娘」で知られるラフォンは1938年生まれ、この時74歳。この5ヵ月後 の2013年7月に亡くなりました。この舞台ではまだ元気元気、味のあるダミ声と絶妙な演技で会場を沸かしています。ところで軽薄女ゼノビーを演じた エヴァ・ガニザトは、1986年、パリ生まれの有望な新人歌手でしたが、この公演からおよそ1年後の2014年1月に交通事故でわずか28歳で亡くな りました。この「シブレット」はガニザトの貴重な舞台姿の記録でもあります。 指揮は、人気合唱団アクサンチュスの指揮者として知られているロランス・エキルベイ。ピットの中なので彼女の颯爽とした指揮姿がわずかしか映らない のは残念ですが、パリ風味を醸しつつキチッと纏め上げています。 第3幕冒頭には、演出を務めるミシェル・フォがカスティリョーヌ伯爵夫人に扮してハチャメチャな歌を歌い、それに本当のオペラ・コミク監督、ジェロー ム・ドゥシャンが劇場支配人役で絡む抱腹絶倒の寸劇が挟まれます。 こうした作品は音だけで聞くより舞台で見るほうが断然面白いというもの、日本語字幕はありませんが、あらすじさえ押さえておけば映像で物語は簡単に 理解できるでしょう。こうした作品がBlu-ray Discで発売されるのは珍しいこと、パリっ子を熱狂させたアーンの傑作を鮮明映像で楽しみましょう! (Ki)


MAGGIO LIVE
MAGGIO-004(2CD)
ヴェルディ:歌劇「椿姫」 チェチーリア・ガスディア(S ヴィオレッタ)
ペテル・ドヴォルスキー(T アルフレード)
ジョルジョ・ザンカナーロ(Br ジョルジョ・ジェルモン)
エディト・マルテッリ(S フローラ)
マウリツィオ・バルバチーニ(T ガストン)
ジュリアーナ・マッテイーニ(Ms アンニーナ)
グイード・マッツィーニ(Br ドゥフォル男爵)
ジョルジョ・ジョルジェッティ(Bs ドビニー侯爵)
レオナルド・モンレアーレ(Bs 医師グランヴィル)
オッターヴィオ・タッデーイ(Br ジュゼッペ)
マリオ・フロジーニ(Bs フローラの召使い)
アウグスト・フラーティ(Bs手紙を取り次ぐ男)
カルロス・クライバー(指)
フィレンツェ五月音楽祭O&cho

録音:1984 年 12 月 20 日、フィレンツェ
フィレンツェ五月音楽祭の新レーベル、MAGGIO LIVE、第2弾に凄いものを出してきました!カルロス・クライバーのヴェルディ「ト ラヴィアータ」!!! 1984年12月、カルロス・クライバーはフィレンツェ市立劇場でのフランコ・ゼッフィレッリ演出のヴェルディ「トラヴィアータ」を指揮、 記録によると公演は12月5、9、12、16、18、20、23日と行われたようです。これまで12月9日の日付のある海賊盤が出回った ことがありますが、音の状態は芳しいものではありませんでした。今回MAGGIO LIVEがお届けする録音は公演終盤の12月20日のもの、 目立つ咳の有無で別日の演奏だとはっきり分かります。これはこれまで出回った形跡のまったくない完全初出音源です。 クライバーの指揮については多くを語る必要はないでしょう、ここに聞けるのはまさしくライヴのクライバーの「トラヴィアータ」です!フィ レンツェの歌劇場ということもあり、クライバーの情熱とイタリアの歌劇場オーケストラの熟達がとても良い方向に作用しています。 歌手も非常に優れています。ヴィオレッタのチェチーリア・ガスディアは当時まだ24歳という若さ。この2年前にスカラ座でのドニゼッ ティ「アンナ・ボレーナ」のタイトルロールをモンセラート・カバリエの代役で急遽引き受けて大成功に導き、イタリアのプリマドンナの 新星となって人気急上昇の頃でした。これが彼女にとって初ヴィオレッタだったそうです。ガスディアはヴェルディの録音そのものが少な いので、このヴィオレッタのライヴ録音は超貴重。アルフレードのペテル・ドヴォルスキーは日本でも人気を博したスロヴァキアのテノール。 この時は33歳、既にスターテノールとして国際的に活躍していました。ドヴォルスキーはクライバーのお気に入りのテノールで、1981年、 1988年とスカラ座来日公演でのプッチーニ「ボエーム」でロドルフォを歌ったのもドヴォルスキーと、絶大な信頼を置かれていました。ジェ ルモンのジョルジョ・ザンカナーロはスカラ座時代のリッカルド・ムーティに重用されたバリトン。当時45歳でしたが、遅咲きの人だっ たのでちょうど国際的な人気が高まる頃でした。 音の状態は放送局の収録のようなバランスの整ったものではありませんが、ステレオで、劇場内の盛り上がりがとても生々しく伝わって きます。未発表録音の発掘がほとんど進まないカルロス・クライバー・ファンにとっては待望の音源、30年前の劇場の興奮をこのCD で分かち合いましょう! (Ki)

UNIVERSAL MUSIC SPAIN
00289-48112913(1CD)
ファリャ:歌劇「はかなき人生」 マリオラ・カンタレロ(ソプラノ:サルー)
ホセ・フェレロ(テノール:パコ)