新譜速報: 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック 廉価盤 シリーズもの マニア向け  
殿堂入り:交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック SALE!! レーベル・カタログ チャイ5



MELISM
(フランス)


Melismは、ギリシャ出身のヴィルトゥオーゾ・ピアニストであると同時に、フランス・パリを拠点に活躍する敏腕プロデューサー&エンジニアでもあるニコラオス・サマルタノスが設立したレーベルです。カツァリスなど様々な世界的ピアニストたちの録音を手がけてきたサマルタノスによる優秀録音はもちろんのこと、センスが光るユニークなプログラミングにもご注目下さい。


※表示価格は、全て税込み。品番結尾に特に表記のないものは、全て1CDです。
品番 内容 演奏者
MLSCD-003(3CD)
ピア・セーゲルスタム〜チェロ録音集成 (a piacere)
【CD1】
(1)シュニトケ:チェロ・ソナタ 第1番(1978)
(2)ダラピッコラ:チェロのために (無伴奏チェロのための) (1945)
(3)スカルコッタス:ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 (1947) 〔録音:1999年3月〕
(4)モーリス・オアナ:シルト[Syrtes] (チェロとピアノのための) (1970)
(5)ウェーベルン:チェロとピアノのための3つの小品 Op.11 (1914)
【CD2】
(1)ブラームス:4つの厳粛な歌 Op.121 (1896)
(2)ウェーベルン:チェロとピアノのための小品 第2番ヘ長調 (1899)/リヒャルト・デーメルの詩による5つの歌 から「夜毎の恐れ」/シュテファン・ゲオルゲの詩による4つの歌 から「深い夢の底から目覚めると」(1908-1909)
(3)ブリッジ:チェロ・ソナタ ニ短調 H.125 (1913-1917)
(4)エネスコ:チェロ・ソナタ 第2番 Op.26 No.2 (1935)

【CD3】
(1)スカルコッタス:チェロとピアノのための全作品[ソナティナ A/K 62 (1949)/セレナード A/K 64 (1948/1949)/ラルゴ A/K 66 (1940頃)/ボレロ A/K 63 (1948-1949)/優しいメロディー A/K 65 (1949)]
(2)リスト:チェロとピアノのための全作品[ノネンヴェルトの僧房 (エレジー) S.382 (1841-1883)/忘れられたロマンス S.132c (1843-1880)/エレジー 第1番S.136b (1874-1875)/エレジー 第2番S.131b (1877-1878)/悲しみのゴンドラ S.134 (1882-1885)]
(3)ブゾーニ:愛しい人 (Kultaselle) (フィンランド民謡によるチェロとピアノのための10の短い変奏)
ピア・セーゲルスタム (Vc)、
千々岩英一(Vn)、
マリア・ベロウソヴァ(P)、
クリストフ・シロドー (P)

【CD1】
(1)〔録音:1994年秋
(2)録音:1999年4月
(3)録音:1999年3月
(4)録音:1994年秋
(5)録音:1999年

【CD2】
(1)録音:1997年4月
(2)録音:1999年1月
(3)録音:2006年5月
(4)〔録音:2007年4月

【CD3】
(1)録音:1994年秋
(2)録音:1997年4月
(3)録音:2007年4月
フィンランドのチェリスト、ピア・セーゲルスタムによる、近現代作品を含む稀少な楽曲を集ピア・セーゲルスタム (Vc)、千々岩英一(Vn)、マリア・ベロウソヴァ(P)、クリストフ・シロドー (P)めた充実の3枚組。リストとスカルコッタスのチェロ作品全集に、ブリッジ、エネスコ、シュニトケの3つのチェロ・ソナタ、歌のパートをチェロで演奏したブラームスの「4つの厳粛な歌」など、シリアスで聴き応えのある作品が揃っています。ピアニストのクリストフ・シロドー、ヴァイオリニストの千々岩英一など共演者にも注目。
MLSCD-008
エンドレス・ワーグナー〜リスト/ワーグナー/ビューロー:ピアノ作品集
リスト:おお、お前、優しい夕星よ (ワーグナーのオペラ「タンホイザー」より) S.444, R.277
リスト:聖杯への厳かな行進曲 (ワーグナーの楽劇「パルジファル」より) S.450, R.283
ワーグナー:マティルデ・ヴェーゼンドンクのためのアルバムの綴り ト長調 (1857)
リスト:イゾルデの愛の死 (ワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」より) S.447, R.280
ワーグナー:エレジー (主題) 変イ長調 WWV 93
リスト:エルザの夢 (ワーグナーのオペラ「ローエングリン」より) S.446 No.2, R.279 No.2
リスト:ローエングリンのエルザへの非難(ワーグナーのオペラ「ローエングリン」より) S.446 No.3, R.279 No.3
ハンス・フォン・ビューロー:ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」の主題による演奏会用パラフレーズ
リスト:紡ぎ歌 (ワーグナーのオペラ「さまよえるオランダ人」より) S.440, R.273
リスト:前奏曲とフーガ イ短調(原曲:バッハ「オルガンのための前奏曲とフーガ BWV 543」) S.462 No.1, R.119 No.1
フローランス・ドラージュ(P)

録音:2016年4月、2017年3月、サン=マルセル教会(フランス、パリ)/※初紹介旧譜
コルトーの愛弟子フローランス・ドラージュによる、ワーグナーにまつわるピアノ・アルバム!「エンドレス・ワーグナー」と題された本アルバムには、リストとビューローによるワーグナーの素晴らしいトランスクリプション、パラフレーズに加え、ワーグナー自身の珍しい小品が2曲収録されています。ドラージュはワーグナーの音楽を得意としており、国際リヒャルト・ワーグナー協会e.V.から名誉勲章を授与されているほか、バイロイトで毎年リストのワーグナー・トランスクリプションを取り上げており、その演奏はバイロイト祝祭劇場の総監督を務めたリヒャルト・ワーグナーの孫、ヴォルフガング・ワーグナーからも称賛されました。
「もし私に娘がいたら、それはフローランス・ドラージュのようであっただろう」というコルトーの言葉が示すように、ドラージュはコルトーのピアニズムを受け継ぎ、それを現代の我々に伝えてくれる貴重な存在。独特の個性が感じられる味わい深い演奏と、プログラムの妙味を存分にお楽しみください。
MLSCD-009
イルマ・コラッシ アーカイヴズ Vol.1〜未発表録音集 1949-1953
(1)ルイ・オベール (1877-1968):1-6. 6つのアラブの詩 (1915-1917)
(2)ドビュッシー:二人の恋人の散歩道 (1904-1910)
 3つのビリティスの歌 (1897-1989)
(3)ジャン・ロジェ=デュカス (1873-1954):クリスマスのばら (1903)
 2つのロンデル (1897、1989)
 水の心 (1901)
(4)ジャック・ルゲルネ (1906-1997):夜(1951)
 とげのあるセイヨウネズの木 (1943)
イルマ・コラッシ (Ms)

(1)ルイ・オベール(P)
録音:1949年
(2)ピエール・キャプドヴィエル(P)
録音:1951年
(3)アンドレ・コラール(P)
録音:1953年
(4)アンドレ・コラール(P)
録音:1953年
ラヴェルやプーランクによって絶賛されたギリシャの名メゾ・ソプラノ、イルマ・コラッシの貴重な未発表録音集。コラッシはアテネ音楽院の教授としてマリア・カラスを指導したエピソードでも知られています。本アルバムはコラッシの生誕100年を記念し、彼女の個人的なアーカイブの音源から制作されたもので、コラッシが得意としたフランス近代歌曲の数々をたっぷりと楽しむことができます。ルイ・オベールからのヴィジティング・カードやクセナキスからの手紙など、ブックレットに掲載された貴重な写真資料にも注目。
MLSCD-010
ラヴェル:鏡
ナウモフによる即興演奏
ラヴェル: 高雅で感傷的なワルツ
 鏡
 亡き王女のためのパヴァーヌ
 ソナチネ 嬰ヘ短調 M.40
エミール・ナウモフ (P)

録音:2017年7月、サン=マルセル福音教会(フランス、パリ)
※使用楽器:スタインウェイ D, NO.499495※初紹介旧譜
7〜8歳の時にパリでナディア・ブーランジェに見出され彼女の最後の弟子になったという、天才型のピアニスト、エミール・ナウモフ。18歳でマインツの音楽出版社ショットと契約するなど、作曲家としての顔も持ち合わせ、ムソルグスキー「展覧会の絵」のピアノ協奏曲版や、フォーレ「レクイエム」のピアノ独奏版など、編曲ものを得意としています。ピアニストとしては、ホロヴィッツやルービンシュタインに例えられ、前者の炎と後者の詩情を持ち合わせていると評されます。
そんなナウモフのラヴェル・アルバムは、いかにも彼らしく自身のピアノ即興によって幕を開けるのですが、これがなんとも良い音楽で、続くラヴェルの音世界への素晴らしい導入となっています。(嬉しいことに、ブックレットに譜面が丸々掲載されています。)メインとなるラヴェルの演奏では、囁くようなピアニッシモから、鐘の音のような迫力と深みを兼ね備えたフォルティシモまで、幅広いタッチを使い分け、ラヴェルの音楽特有の複雑なテクスチャーと微妙なニュアンスを見事に表現しています。サン=マルセル福音教会の美しい残響を活かして遅めのテンポを採用した「亡き王女のためのパヴァーヌ」も絶品。
MLSCD-011
フェインベルク/ヴィンテルベルク:作品集
サムイル・フェインベルク(1890-1960):ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第1番Op.12 posth. (1912)*、
 ピアノのための幻想曲 第1番Op.5 (オリジナル版 1917)、
 ピアノ組曲 第1番「エチュード形式の4つの楽曲」 Op.11 (1919)
ハヌシュ(ハンス)・ヴィンテルベルク(1901-1991):ピアノ・ソナタ 第1番(1936)、ピアノ組曲「1945」(テレージエンシュタット)
クリストフ・シロドー(P)、
アンナ・ピーサレヴァ・ジンバリスト(Vn)*

録音:2018年3月&10月、2001年7月*、サン=マルセル福音教会(フランス、パリ)
※使用楽器(P):ベヒシュタイン D-282, No.206565、スタインウェイ D, NO.499495*
20世紀の"忘れられし"天才、フェインベルクとヴィンテルベルクのマスターピース!ウクライナ生まれ、20世紀ロシア(ソ連)を代表するコンポーザー=ピアニストの1人であるサムイル・フェインベルクと、彼の11歳年下でプラハ出身、ナチスの迫害によりテレージエンシュタットでの抑留経験を持つハヌシュ(ハンス)・ヴィンテルベルク、2人のユダヤ系作曲家による知られざる作品集。収録曲のほとんどが世界初録音ですが、作曲家でフェインベルクの研究も行っているピアニスト、クリストフ・シロドーの鋭い解釈により、思わず聴き入ってしまう説得力に満ちた演奏が繰り広げられています。
MLSCD-013
ロジェ=デュカス(1873-1954):ピアノ作品集
バルカローレ 第1番(1906)/エチュード 第1番(1914)/エチュード 第2番(1916)/6度のエチュード(第3番) (1916)/アラベスク 第1番(1917)/アラベスク 第2番(1919)/リズム (1917)/ソノリティ (1918)/バルカローレ 第2番(1920)/バルカローレ 第3番(1920)
パトリック・エメルレ (P)

録音:2018年3月&9月、サン=マルセル福音教会(フランス、パリ)
※使用楽器:ベヒシュタイン D-282, NO.206565
フランス近代のもう一人のデュカス、フォーレの愛弟子の1人、ジャン・ロジェ=デュカスに光を当てる1枚! ドビュッシーやラヴェルの陰に覆われてしまった感のあるロジェ=デュカス(ポール・デュカスとは血縁関係なし)ですが、ピアノ曲の分野ではショパンやフォーレの影響を受けた特筆すべき名品を残しています。バルカローレ(舟歌)、特に1920年作曲の第2番は必聴。ロジェ=デュカスの音楽は同じくフォーレに師事したジョルジェ・エネスコの作風と近いものがあるかもしれません。パリのサン=マルセル福音教会の素晴らしい音響効果とベヒシュタイン・ピアノの美しい音色、フランス近代音楽ファン必携の1枚です。
MLSCD-014
イルマ・コラッシ アーカイヴズ Vol.2〜未発表録音集
(1)シェーンベルク: モノドラマ「期待」Op.17
(2)ベートーヴェン: この暗き墓に WoO 133/ くちづけ Op.128 / 悲しみの喜び Op.83 No.1/ 彩られたリボンで Op.83 No.3
(3)バルトーク:20のハンガリー民謡 BB98 より〔 ねえ、優しいお母さん (No.16)/ 熟れたさくらんぼ (No.17)/ すでにドボズで (No.18)/ 黄色いとうもろこし (No.19)/ 小麦、小麦、小麦よ (No.20)/ 逃亡者の歌 (No.3)/ 羊飼いの歌 (No.4)/ セーケイ族のラッシュー (No.5)/ 縁結びの歌 (No.11)〕
イルマ・コラッシ (Ms)

(1)ハンス・ロスバウト&フランス国立放送O
録音:1952年、ライヴ

(2):オデット・ピゴー(P)
録音:1953年

(3):アンリエット・ピュイグ=ロジェ(P)
録音:1960年
ラヴェルやプーランクによって絶賛されたギリシャの名メゾ・ソプラノ、イルマ・コラッシの貴重な未発表録音集第2巻。コラッシはアテネ音楽院の教授としてマリア・カラスを指導したエピソードでも知られています。本アルバムは彼女の個人的なアーカイブに保存されていた音源を集めたもので、第1巻(MLS-CD-009)同様ブックレットにはさまざまな写真資料が掲載されています。メインとなるシェーンベルクの「期待」は、1952年の5月20日にパリのシャンゼリゼ劇場で演奏された際のライヴ録音です。

MLSCD-022
ブラームス:間奏曲集
4つの小品 Op.119より第1曲、第2曲/7つの幻想曲集 Op.116より第2曲、第4曲、第5曲、第6曲/8つのピアノ小品 Op.76より第3曲、第4曲、第6曲、第7曲/3つの間奏曲 Op.117/6つの小品 Op.118より第2曲
クリストフ・シロドー(P)

録音:2019年
1970年パリ生まれのフランスの作曲家・ピアニスト、クリストフ・シロドーがブラームスの間奏曲集をリリース!
10代より独学で作曲をはじめ、これまでに7つの交響曲を発表するなど、作曲家としても活躍するシロドーは、1982年にピアニストとしてデビュー。モスクワ音楽院でエフゲニー・マリーニンに学び、タチアナ・ニコラーエワやジョルジュ・シフラにも師事しています。シロドーは、これまでフェインベルクやウルマン、スカルコッタスといった少し珍しいレパートリーの録音によって高く評価されてきました。ブラームスの間奏曲集という王道レパートリーで見せる、コンポーザー=ピアニストならではの表現にご期待ください!
MLSCD-023
波〜ドビュッシー&クープラン:ピアノ作品集
クープラン:輝かしい女、またはボンタン夫人 (クラヴサン曲集 第2巻 第11組曲 第2曲)
ドビュッシー:グラドゥス・アド・パルナッスム博士 (「子供の領分」第1曲)
クープラン:花の女神 (クラヴサン組曲 第1巻 第5組曲 第9曲)
ドビュッシー:ヒース (前奏曲集 第2巻 第5曲)
クープラン:ゆりの花ひらく (クラヴサン組曲 第3巻 第13組曲 第1曲)
ドビュッシー:アナカプリの丘 (前奏曲集 第1巻 第5曲)
クープラン:子守歌、またはゆりかごの中のいとし子 (クラヴサン組曲 第3巻 第15組曲 第2曲)
ドビュッシー:トッカータ (「ピアノのために」第3曲)
クープラン:ティク=トク=ショック、またはオリーヴ搾り機 (クラヴサン組曲 第3巻 第18組曲 第6曲)
クープラン:双生児 (クラヴサン組曲 第2巻 第12組曲 第1曲)
ドビュッシー:沈める寺 (前奏曲集 第1巻 第10曲)
クープラン:波 (クラヴサン組曲 第1巻 第5組曲 第14曲)
ドビュッシー:金色の魚 (「映像」第2巻 第3曲)
クープラン:さまよう亡霊たち (クラヴサン組曲 第4巻 第25組曲 第5曲)
ドビュッシー:交代する3度 (前奏曲集 第2巻 第11曲)
クープラン:編物をする女たち (クラヴサン組曲 第4巻 第23組曲 第2曲)
クープラン:葦 (クラヴサン組曲 第3巻 第13組曲 第2曲)
ドビュッシー:喜びの島
アマンディーヌ・アビブ (P)

録音:2019年3月、サン=マルセル福音教会(フランス、パリ)
※使用楽器:スタインウェイ D, NO.499495
ドビュッシーとクープラン、時間的には遠く離れている2人の巨匠の作品を交互に演奏することで、両者の共通点を浮かび上がらせた秀逸な1枚。ドビュッシーはF.クープランやラモーといったロココ期の作曲家をフランス的であるとして高く評価していました。マルセイユ生まれのアマンディーヌ・アビブはヨーロッパ以外の音楽にも強い関心を寄せており、ラオスの音楽を研究したり、ジャズ奏者との共演を行ったりするなど、多方面での活躍を見せる卓越したピアニストです。
MLSCD-025
ニコス・スカルコッタス (1904-1949):世界初録音集 1949-2019 Vol.1
(1)ヴァイオリンと小オーケストラのための組曲(作曲家自身によるヴァイオリンとピアノ版) (1929)
(2)音楽 (メゾソプラノとピアノのための) (1946)
(3)海辺で (メゾソプラノとピアノのための) (1946)
(4)昔々 (メゾソプラノとピアノのための) (1938)
(5)オデュッセウスの帰還 (作曲家自身による2台ピアノ版) (1944-1949)
(6)12のギリシャ舞曲 (1931-1949)
(7)Sifneikos I - Ipirotikos I (作曲家自身によるピアノ版) (1946-1947)
(1)ニーナ・ピーサレヴァ・ジンバリスト (Vn)、ニコラオス・サマルタノス (P)/録音:2017年
(2)(3)(4)アンゲリカ・カタリオウ (Ms)、ニコラオス・サマルタノス (P)/録音:2017年
(5)ニコラオス・サマルタノス、クリストフ・シロドー (P)/録音:1994年、2018年(新編集、新マスタリング)
(6)リトル・シンフォニー・オーケストラ・オブ・サンフランシスコ、グレゴリー・ミラー (指)/録音:1957年 (ステレオ)
(7)トタ・エコノモス (P)/録音:1949年

※すべて世界初録音
20世紀前半のギリシャを代表する作曲家、ニコス・スカルコッタスの作品の世界初録音音源を選りすぐって紹介する好企画の第1巻。現在確認されているもっとも古い録音である1949年の「Sifneikos I」「Ipirotikos I」から、ニコラオス・サマルタノス、クリストフ・シロドーらの演奏によるスカルコッタスの代表作「オデュッセウスの帰還」、さらに2017年に録音されたばかりの組曲や歌曲まで、さまざまなジャンルの作品、音源が収録されています。ブックレットにはサマルタノスによる解説のほか、自筆譜や演奏会ポスターなどの図版が掲載されています。
著名な評論家で音楽学者のハンス・ケラーは近代音楽の4つの"S"のうちの一人としてスカルコッタスの名を挙げましたが(残りの3名はシェーンベルク、ストラヴィンスキー、ショスタコーヴィチ)、これはいわゆる近代音楽の美学を根本的に再定義した20世紀の最も優れた作曲家たちと、スカルコッタスを対等な立場に置くためのものでした。調性音楽と無調音楽、十二音技法を自在に使い分け、民族主義や新古典主義的な技法も取り入れた幅広い作風と、確立された個性により、近年再評価が進んでいます。


このページのトップへ


このサイト内の湧々堂オリジナル・コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
これを複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます
万一、これと類似するものを他でお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです




Copyright (C) 2004 WAKUWAKUDO All Rights Reserved.