湧々堂HOME 新譜速報 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 歌劇 バロック 廉価盤 シリーズ
旧譜カタログ チャイ5 殿堂入り 交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 歌劇 バロック


管弦楽曲、吹奏楽・バレエ・新譜速報1


※発売済のアイテムも含めて、約3ヶ月間掲載しています。
※表示価格は全て税込みです。





SUPRAPHON
SU-4308(15CD)
2021年最新リマスタリング
アンチェル&チェコPO〜ライヴ音源集




■CD1
スメタナ:連作交響詩『わが祖国』

■CD2
(1)モーツァルト:アダージョホ長調K.261)
(2)モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219『トルコ風』
(3)モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲ハ長調K.299(297c)
(4)ドヴォルザーク:スケルツォ・カプリチョーソ変ニ長調Op.66

■CD3
(1)ベートーヴェン:『コリオラン』序曲
(2)ベートーヴェン:ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲ハ長調Op.56
(3)ベートーヴェン:交響曲第2番ニ長調Op.36

■CD4
(1)ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調Op.93
(2)メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調Op.90『イタリア』
(3)R・シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』Op.20

■CD5
(1)ドヴォルザーク:交響曲第7番ニ短調Op.70(B141)
(2)ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調Op.88(B163)

■CD6
(1)ドヴォルザーク:『聖書の歌』Op.99
(2)スーク:『アスラエル』交響曲ハ短調Op.27

■CD7
(1)スーク:交響詩『人生の実り』Op.34
(2)フェルステル:交響曲第4番ハ短調Op.54『復活祭の夜』

■CD8
(1)クルサーク:マーラーの主題による変奏曲
(2)ノヴァーク:『秋の交響曲』Op.62

■CD9
(1)ノヴァーク:交響詩『パン』Op.43
(2)ムソルグスキー(イェレミアス編):『死の歌と踊り』

■CD10
(1)ドビュッシー:交響詩『海』
(2)ドビュッシー:夜想曲
(3)ラヴェル:シェエラザード
(4)ラヴェル:スペイン狂詩曲

■CD11
(1)エルガー:序奏とアレグロOp.47〜弦楽のための
(2)ヴォーン・ウィリアムズ:タリスの主題による幻想曲
(3)ピストン:トッカータ〜オーケストラのための
(4)プロコフィエフ:スキタイ組曲『アラとロリー』Op.20
(5)ルトフワフスキ:葬送音楽

■CD12
(1)マルティヌー:合奏協奏曲H263
(2)マルティヌー:交響曲第1番H289
(3)ヤナーチェク:2台のピアノのための協奏曲

■CD13
(1)クレイチー:交響曲第1番ニ長調
(2)クレイチー:交響曲第3番ニ長調
(3)イェジェク:ピアノと管弦楽のためのファンタジー*
(4)ストラヴィンスキー:ピアノと管楽器のための協奏曲

■CD14
(1)ヒンデミット:フィルハーモニー協奏曲
(2)パウエル:狂詩曲
(3)カベラーチ:交響曲第5番変ロ短調Op.41『ドラマティカ』

■CD15
(1)フェルド:管弦楽のための協奏曲
(2)シュルホフ:共産党宣言による交唱曲Op.82
カレル・アンチェル(指)
チェコPO、プラハRSO*

■CD1
録音:1968年5月12日スメタナ・ホール【プラハの春音楽祭】(ステレオ)
■CD2
(1)ヨゼフ・スーク(Vn)
録音:1968年5月24日スメタナ・ホール【プラハの春音楽祭】(ステレオ)
(2)アレクサンドル・プロチェク(Vn)
録音:1959年3月5日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(3)ゲーザ・ノヴァーク(Fl)、カレル・パトラス(Hp)
録音:1957年1月5日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(4)音:1957年9月21日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
■CD3
(1)録音:1966年10月27日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(2)ヨゼフ・スーク(Vn)、ヨゼフ・フッフロ(Vc)、ヤン・パネンカ(P)
録音:1964年10月24日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(3)録音:1968年2月1日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
■CD4
(1)録音:1960年3月3日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(2)録音:1968年2月1日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(3)録音:1965年2月26日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
■CD5
(1)録音:1962年2月18日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(2)録音:1960年2月10日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
■CD6
(1)ラディスラフ・ムラーツ(Bs)
録音:1956年1月4日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(2)録音:1967年4月6日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
■CD7
(1)プラハ・フィルハーモニックcho
録音:1968年5月24日スメタナ・ホール【プラハの春音楽祭】(ステレオ)
(2)録音:1959年5月16日スメタナ・ホール【プラハの春音楽祭】(モノラル)
■CD8
(1)録音:1964年10月22日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(2)プラハ・フィルハーモニックcho
録音:1960年2月18日スメタナ・ホール(モノラル)
■CD9
(1)録音:1967年10月16日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(2)録音:1961年2月9日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)
(モノラル)
■CD10
(1)録音:1958年10月2&3日(?)ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム
(プラハ)(モノラル)
(2)プラハ・フィルハーモニックcho
録音:1957年10月23-25日(?)ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(3)シュザンヌ・ダンコ(S)
録音:1957年5月21日スメタナ・ホール【プラハの春音楽祭】(モノラル)
(4)録音:1965年2月26日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
■CD11
(1)スメタナQ【イルジー・ノヴァーク(Vn1)、リュボミール・コステツキー(Vn2)、ミラン・シュカンパ(Va)、アントニーン・コホウト(Vc)】
録音:1956年9月27日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(2)録音:1962年2月18日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(3)録音:1965年10月10日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(4)録音:1960年2月4日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(5)録音:1960年1月21日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
■CD12
(1)録音:1964年10月16日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(2)録音:1963年10月17日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(3)ヤン・ノヴァーク(P)、エリシュカ・ノヴァーコヴァー(P)
録音:1957年3月29日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
■CD13
(1)録音:1957年3月29日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(2)録音:1964年2月15日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(3)ヴァーツラフ・ホルスクネフト(P)
録音:1949年3月16&17日プラハ放送第1スタジオ(プラハ)(モノラル)
(4)ズデニェク・イーレク(P)、チェコ・フィルハーモニック管楽アンサンブル
録音:1967年4月8日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
■CD14
(1)録音:1964年4月23日スメタナ・ホール(モノラル)
(2)録音:1953年10月22日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
(3)リブシェ・ドマニーンスカ(S)
録音:1961年4月27日ドヴォルザーク・ホール、ルドルフィヌム(プラハ)(モノラル)
■CD15
(1)録音:1962年4月5日スメタナ・ホール(モノラル)
(2)ヘレナ・タッテルムスホヴァー(S)、ヤルミラ・ボシュイノヴァー(A)、ヤン・ハラフサ(T)、テオドル・シュルバシュ(Bs)
録音:1962年4月5日スメタナ・ホール(モノラル)
これはすごいボックスの登場!第2次世界大戦後のチェコを代表する名指揮者カレル・アンチェルがチェコPOを振った未発表ライヴ音源 (1949年〜1968年)ばかりを集めた15枚組がスプラフォン・レーベルからリリースされます(1949年録音のイェジェクの作品のみプラハRSO)。
アンチェルは1939年のナチスのチェコ占領後1945年まで強制収容所に送られ、両親と妻子はアウシュヴィッツ収容所で虐殺されています。音楽家であったア ンチェルはテレジン収容所に送られ生還。その後共産主義国チェコスロバキアの反ユダヤ主義を生き抜いたアンチェルは1950年から68年までチェコ・フィルハー モニーOの芸術監督・首席指揮者に就任し、その間当団を名門オーケストラに育て上げ1959年の来日公演を含む世界各地での演奏会を成功させており ます。
当セットの注目すべき点は正規初出音源であること。しかもチェコ・フィルとのほぼすべてのスタジオ録音をリリースしたスプラフォンの『ゴールド・エディション』 (計48枚)とは全くの別音源で、チェコ放送(国営チェコスロバキア放送)のアーカイブに保管されているオリジナル・マスター・テープから正規ライセンスで復 刻しております。
収録作品はスメタナの『わが祖国』以外は『ゴールド・エディション』とは重ならないレパートリーを集めており、モーツァルト、ベートーヴェン、メンデルスゾー ンから母国の作曲家、そしてアンチェルの同時代の作品まで幅広くカバーしています。
なかでもドヴォルザークの交響曲第7番&第8番、『聖書の歌』やスークの『アスラエル』交響曲、交響詩『人生の実り』などの名作、アンチェルが敬愛していた マルティヌーの交響曲第1番、カベラーチの交響曲第5番『ドラマティカ』、そして20世紀の主要作品(ドビュッシー、ラヴェル、R.シュトラウス、プロコフィエフ、 ストラヴィンスキー)など興味の尽きないレパートリーをお楽しみいただけます。
1968年5月、「プラハの春音楽祭」における『わが祖国』のライヴ音源はRadio Servisレーベルからリリースされていますが、今回リリースされるセットで はもちろんチェコ放送からのオリジナル・マスター・テープを使用しております。亡命先のトロントに旅立つ前に行った最後のライヴ音源の一つであり、当団との熱 演は感動せずにはいられません。 ★
チェコを代表する名エンジニア、ヤン・ルジチャジュによる2021年最新リマスタリングです。

Lyrita
SRCD.394(1CDR)
エルガー、再想像
弦楽四重奏曲 ホ短調 Op.83(弦楽合奏版/デイヴィッド・マシューズ編)
チェロと弦楽合奏のためのミニチュア(ドナルド・フレイザー編)(世界初録音)
朝の歌 Op.15-2/夜の歌 Op.15-1
組曲「子供の魔法の杖」第2番より「野生の熊」
「エニグマ変奏曲」より「ニムロッド」
ロマンス Op.62/ため息 Op.70
マズルカ Op.10-1/Pleading Op.48
月明かりで/愛の挨拶/アデュー
ケネス・ウッズ(指)、
ラファエル・ウォルフィッシュ(Vc)、
イギリス弦楽オーケストラ

録音:2020年、ワイアストン・コンサートホール(イギリス)
イギリスSOの首席指揮者&芸術監督を務め、様々なレア作品、現代作品の録音に定評のあるケネス・ウッズと、ピアティゴルスキーに師事しこれまでにも多くの録音を残しているイギリス人チェリスト、ラファエル・ウォルフィッシュが手を組んだ「チェロと弦楽合奏のためのミニチュア」。エルガーの名曲をドナルド・フレイザーの編曲によりチェロと弦楽合奏による協奏曲のように仕立てました。
この作品は、イギリスSOがエルガー・フェスティバルの一環として生誕の地にあるウスター大聖堂で、エルガーの「チェロ協奏曲」作曲100周年記念公演を行った際、ラファエル・ウォルフィッシュと作曲家のドナルド・フレイザーが出会ったことがきっかけで生み出されました。「愛の挨拶」や「朝の歌」といった小曲から、「ニムロッド」のように管弦楽作品からの抜粋、また元々ファゴットと管弦楽のために書かれた「ロマンス」など幅広い種類の楽曲から構成されています。ドナルド・フレイザーの編曲が秀逸なこともあり、エルガーがいかにメロディメーカーであったかということを見せつけられる作品に仕上がっています。またラファエル・ウォルフィッシュの歌心に溢れたチェロの音色が素晴らしく、特に「月明りで」での幻想的な世界は必聴です。エルガー、イギリス音楽ファンのみならず、全てのクラシック・ファンにおすすめの一枚です。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

TOCCATA
TOCC-0616(1CD)
NX-B03
スティーヴ・エルコック(1957-):管弦楽作品集 第3集
交響曲第7番Op. 33(2020)
マニック・ダンシング Op. 25(2015)
交響曲第6番「Tyrants Destroyed 破壊された暴君」 Op. 30(2017)
マリナ・コステリナ(P)
シベリアSO
ドミートリー・バシリエフ(指)

録音:2021年6月21-23日、2021年6月24-25日
※世界初録音
英国で活動する作曲家スティーヴ・エルコックの作品集。シベリウスやニールセン、ブライアンなど過去の伝統を踏 襲しながら独自の作風を追求するエルコック、この第3集では2つの交響曲と、ピアノ協奏曲風の「マニック・ダンシ ング」を聴くことができます。「破壊された暴君」の副題を持つ第6交響曲は、悲しみ、怒りの感情の移り変わりが 表現されています。第7交響曲はエルコックが夢の中で聴いた歌から派生した素材が用いられた単一楽章の作 品。こちらも怒りから落胆まであらゆる感情を駆り立てます。マニック・ダンシングは複雑なダンスのリズムが横溢し たピアノ協奏曲。活力たっぷりの音楽が味わえます。

GRAND SLAM
GS-2266(1CD)
フルトヴェングラー/R・シュトラウス:作品集
(1)交響詩「ドン・ファン」Op.20
(2)「メタモルフォーゼン(変容)」
(3)交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」 Op.28
フルトヴェングラー・ステレオ・トランスクリプション 3
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指)BPO

録音:(1)1947年9月16日ベルリン・ダーレム、ゲマインデハウス(ベルリン)
(2)1947年10月27日ティタニア・パラスト(ベルリン)
(3)1943年11月13-16日旧フィルハーモニー(ベルリン)

使用音源:(1)(3)ドイツ・グラモフォン 139 957 (未刊行テスト・プレスLP)
(2)ドイツ・グラモフォン 139 958 (未刊行テスト・プレスLP)
録音方式:ステレオ(モノラル録音の電気的ステレオ)
■制作者より  
ベートーヴェンの「運命」+「エグモント」序曲(GS-2256)、シューマンの交響曲第4番+ハイドンの同第88番(GS-2257)に続く、“ステレオ・トランスク リプション”シリーズの第3弾です。今回も未刊行に終わった幻のテスト・プレスから復刻しています。今回のディスクはオリジナル・モノラルと比較すると、R.シュ トラウスにふさわしい艶やかな音色が増しています。本物のステレオではないとわかってはいても、つい聴き入ってしまう不思議な魅力に溢れています。 なお、このディスクはLPからの復刻ですので、LP特有のノイズが混入します。あらかじめご了承下さい。(平林 直哉)

BIS
BISSA-2483
(1SACD)
『バーバンクの変わり者』〜アルベット・シュネルツェル(1972-):室内楽と管弦楽の作品集
(1)「バーバンクの変わり者(A Freak in Burbank)」〜管弦楽のための(2007)
(2)「悪魔と踊る(Dance with the Devil)」〜ピアノのための(2000)
(3)「私の手紙を燃やして-クララの思い出(Burn My Letters - Remembering Clara)」〜室内管弦楽のための(2019)
(4)「アポロンの踊り(Apollonian Dances)」〜ヴァイオリンとピアノのための(2003)
(5)「凍りついた景色(Frozen Landscape)」〜チェロとピアノのための(2002)
(6)ヴァイオリン協奏曲第2番「夜の歌(Nocturnal Songs)」(2018)
ヴェステロース・シンフォニエッタ、
サイモン・クロフォード=フィリップス(指)
(2) ヘンリク・モーヴェ(P)、
(4) セシリア・シリアクス(Vn )、
(4) (5)ダ ーヴィド・フアン(P)、
(5)ヤコブ・コラーニ(Vc)、
(6)イリア・グリンゴルツ(Vn)

録音:(6)2019年11月26-29日、(2)(4)(5)2020年6月15-17日、(1)(3)2021年4月6-8日/ヴェステロース・コンサートホール(ヴェステロース、スウェーデン)
アルベット・シュネルツェルは、1972年生まれ。スカンディナヴィアの彼の世代でもっとも広く注目を集める作曲家のひとりです。チェ ロ協奏曲「狂気のダイアモンド:」など3つの管弦楽作品を収めた『郊外の話』(BIS SA-2313)に次ぐシュネルツェルの作品集。アルバム・タイトル曲の「バーバ ンクの変わり者」は、「今日の音楽に影響を及ぼしたはず」のハイドンと、ロサンゼルス郊外のバーバンクで子供時代を過ごし、『シザーハンズ』や『マー ズ・アタック』といった映画を作ってきたティム・バートン監督という、「遊び心とバーレスクをこよなく愛する」ところで似ている2人の芸術家をテーマに作曲さ れました。この作品は、ニュー・ストックホルム室内Oによる2008年の初演以後、30を超すオーケストラがベルリン・フィルハーモニーやアムステルダム・ コンセルトヘボウといったホールで70回以上演奏してきた人気曲です。サイモン・クロフォード=フィリップスとヴェステロース・シンフォニエッタによる2021年 4月のセッションが、世界初録音です。
ヴァイオリン協奏曲第2番「夜の歌」は、ウプサラ室内O、スウェーデン室内O、ヨンショーピング・シンフォニエッタがイリア・グリンゴルツの ために共同委嘱した作品です。「覚醒状態と睡眠という2つの異なる世界にはさまれた、重力のない浮遊する感覚」を背景にした4楽章で書かれています。空 間に漂う感覚をとらえることを試みた〈空中に浮遊する(Levitate)〉、1393年にフランス王シャルル六世がパリで開催した〈燃える人の舞踏会(Bal des Ardents)〉、シュネルツェルの夢に現れた「奇妙な想像上の動物たち」の〈行列(Procession)〉、夢から脱出したいと思いながらも行き場のない〈逃げろ (Run)〉。2019年4月11日、ウプサラで初演。この曲も、この演奏が世界初録音です。
もうひとつのオーケストラ曲「私の手紙を燃やして-クララの思い出」は、シュネルツェルがクララ・シューマンのエネルギーと「生への渇望」を表現することを試 みた作品です。ひとつの主要主題が「クララ・シューマン」を表す「荒々しく自由な」フルートと「ヨハネス・ブラームス」の「思慮深い」ファゴットに分かれ、対話し ていきます。「室内管弦楽」の版を使った、世界初録音です。
室内楽作品が3曲。「リストたちのロマンティックなヴィルトゥオーゾ曲と『われわれの時代』のヘヴィメタル音楽という、2つの『悪魔的』伝統を交配させた」 ソロ・ピアノのための「悪魔と踊る」。異なるクレズマースケールをハーモニー素材に使った〈アポロンの誕生(The Birth of Apollo)〉〈青年期のアポロン (Adolescent Apollo)〉の2楽章で書かれたヴァイオリンとピアノのための「アポロンの踊り」は、ギリシャ神話の神からイスピレーションを得た作品。「凍りつ いた景色」は、シュネルツェルが若い頃。スウェーデン北部の山脈で過ごした冬のある日の鮮やかな記憶を描いたチェロとピアノのための作品です。

DUX
DUX-1802(1CD)
「1948」
エンドレ・セルヴァーンスキ(1911-1977):弦楽オーケストラの為のセレナーデ
ヴァインベルク:ヴァイオリンと弦楽オーケストラの為のコンチェルティーノ Op.42
レジェー・シュガー(1919-1988):弦楽オーケストラの為のディヴェルティメント(世界初録音)
バツェヴィチ:弦楽オーケストラの為の協奏曲
エルデーディ室内O、
ツォルト・シェフツィク(コンサートマスター)

録音:2021年6月10日-14日、ベーラ・バルトーク・ユニテリアン教会(ブダペスト、ハンガリー)
ポーランドでは「統一労働者党」が、ハンガリーでは「社会主義労働者党」が結党されるなど両国にとって大きな転機の年となった「1948年」をテーマとしたプログラム。
収録曲もポーランドはヴァインベルクとバツェヴィチ、ハンガリーはセルヴァーンスキとシュガーの全て「1948年」に作曲された作品を取り上げるという徹底ぶり。
社会主義政権時代に誕生した両国の弦楽オーケストラの為の秀作の魅力と、その作品の裏側に刻まれた作曲者たちの思いをハンガリー、ブダペストの室内オーケストラが奏でています。
DUX
DUX-1625(1CD)
オーケストラの為のポーランド音楽 Vol.2
クルピンスキ:歌劇「2つのコテージ」序曲、歌劇「ヤドヴィガ、ポーランドの女王」序曲
カルウォヴィチ:弦楽セレナーデ Op.2
ルトスワフスキ:弦楽オーケストラの為の序曲
バツェヴィチ:弦楽、トランペットと打楽器の為の音楽
ヴィトルト・ルトスワフスキ・プウォツクSO、
ヤクブ・フレノヴィチ(指)

録音:2020年12月、シマノフスキ・コンサート・ホール(プウォツク、ポーランド)
19世紀初頭から20世紀にかけてのポーランドにおける「オーケストラ作品」の歴史と発展をたどる、ポーランドのレーベルならではの好企画シリーズの第2集!
1810年代に作曲されたクルピンスキの2つの歌劇の序曲、19世紀末、1897年作曲のカルウォヴィチの「弦楽セレナーデ」、20世紀中盤となる1949年のシマノフスキと1958年のバツェヴィチの作品という順番で時系列に沿って配置されており、ポーランドにおけるオーケストラの為の音楽の歴史を明確に感じ取ることの出来るプログラムとなっています。
ポーランド中部の都市プウォツクのオーケストラ、ヴィトルト・ルトスワフスキ・プウォツクSOを指揮するヤクブ・フレノヴィチは、2010年から2012年にかけてワルシャワ・フィルでアントニ・ヴィトのアシスタントを務め、近年急速に頭角を現しているポーランドの指揮者です。
2011/2012シーズンのポーランド国立歌劇場へのデビュー、ビャウィストク・ポドラシェ・歌劇&POの第1指揮者、ワルシャワのナショナル・歌劇・プロダクション・オブ・カサノヴァの音楽監督を経て、2017/2018シーズンからはポーランド北西部、コシャリンPOの音楽監督の任にあります。
DUX
DUX-1624(1CD)
オーケストラの為のポーランド音楽 Vol.1
シマノフスキ:練習曲変ホ短調 Op.4-3(オーケストレーション:グジェゴシュ・フィッテルベルク)
パデレフスキ:弦楽オーケストラの為の組曲ト長調
バツェヴィチ:弦楽オーケストラの為の協奏曲
キシエレフスキ:室内オーケストラの為の協奏曲(1949年改定版)
ルトスワフスキ:クラリネット、ハープ、ピアノ、打楽器と弦楽器の為の「ダンス・プレリュード(舞踏前奏曲)」、室内オーケストラの為の小組曲
シモン・エミル・パルルスキ(Cl)、
ヴィトルト・ルトスワフスキ・プウォツクSO、
マレク・ヴロニシェフスキ(指)

録音:2020年12月、シマノフスキ・コンサート・ホール(プウォツク、ポーランド)
19世紀から20世紀にかけてのポーランドにおける「オーケストラ作品」の歴史を紐解くシリーズの第1弾!
プログラムの冒頭を飾るのは、シマノフスキのピアノ作品「練習曲変ホ短調 Op.4-3」のオーケストラ・ヴァージョン。パデレフスキが絶賛したと伝わるこの「Op.4-3」のオーケストラ版は、さらなる色彩感を感じさせる優れた仕上がりは要注目です。
パデレフスキやバツェヴィチ、ルトスワフスキに加え、なかなか名前を見かける機会の少ないシュテファン・キシエレフスキ(1911-1991)の作品の収録もポーランド音楽ファンにとって嬉しいポイントです。

Paladino Music
PMR-0070(1CD)
ファラジ・カラーエフ(b.1943):管弦楽作品集
管弦楽とSologeigeの為の協奏曲*
Vingt ans apres - nostalgie…#
パトリシア・コパチンスカヤ(Vn)*、
アゼルバイジャン国立SO*、
ラウフ・アブドゥラエフ(指)*、
ロシア国立SO「シンフォニック・カペレ」#、
ワレリー・ポリャンスキー(指)#

録音:2009年&2011年
アゼルバイジャン生まれのファラジ・カラーエフ(カラ・カラーエフの息子)はポスト・ソビエト時代の主要な作曲家のひとりです。メンデルスゾーンなどの断片が現れる協奏曲は、古典から現代作品まで幅広いレパートリーを持つパトリシア・コパチンスカヤの驚異的なテクニックによって演奏され、聴きどころ満載の作品です。

GENUIN
GEN-22764(1CD)
「空中楼閣」
トルステン・ヴォルマン(b.1966):古風なシンフォニア
イェルク・マインカ(b.1962):空中楼閣
シュテファン・ホーデル(b.1973):クルピラの伝説
ダーフィト・ティンマ(指揮)
ザクセン管楽フィルハーモニー

録音:2020 年11 月10-13 日 バート・ラウシック
ザクセン管楽フィルハーモニーの新譜は、ドイツとスイスの中堅作曲家の作品集。トルステ ン・ヴォルマンは1966年、南ドイツのビーベラッハ=ラウプハイムの生まれ。「古風なシンフォ ニア」は題名の通りシャコンヌ、パヴァーヌ、スケルツォ、ロンドといった古典舞曲による作品。 イェルク・マインカは1962年、ザルツギッター=バートの生まれ。「空中楼閣」は2019年の最 新作。30分近い大作。シュテファン・ホーデルはスイス、ルツェルン州の生まれ。ボストンのバ ークレー音楽大学でも学んでおり、ジャズも得意とする。クルピラとはブラジルなど南米の森 の中に住む動物を守る精霊。 ダーフィト・ティンマ1969年、北ドイツのヴァーレン生まれの指揮者。2020年からザクセン管楽 フィルハーモニーの常任首席客演指揮者を務めている。

TOCCATA
TOCC-0633(1CD)
NX-B03
トーマス・ド・ハルトマン(1885-1956):管弦楽作品集
ウクライナのキャロル集 Op. 60(1940)*
交響詩 第4番 Op. 90(1955)
アンダルシア協奏曲- フルート、弦楽とパーカッションのために Op. 81(1949)
ウクライナの祭り - 大管弦楽のための組曲 Op. 62(1940)
ビューレント・エヴジル(Fl)
リヴィウ国立フィルハーモニーSO
テオドレ・クチャル(指)

録音 2021年9月11-13日
*以外=世界初録音
ウクライナで生まれたトーマス・ド・ハルトマン。作曲をアレンスキーやタネーエフ、リムスキー=コルサコフに師事、1907年に発表したバレエ『赤い花』はニジンス キーとパヴロワによりサンクトペテルブルクの帝国歌劇場で上演され、当時の皇帝に感銘を与えたため、彼はミュンヘンで指揮を学ぶ権利を得るとともに兵役 を免除されています。作曲家として活躍をはじめ1940年までは妻オルガとともにフランスに18年間居住。劇音楽やピアノ曲など数多くを発表するとともに、 著述家・神秘思想家ゲオルギイ・グルジエフや画家ワシリー・カンディンスキーとの協同作品を書いたことでも知られています。 このアルバムに収録された4つの作品は、ハルトマンが故郷を離れて45年を経た"人生最後の20年間"に書かれたもの。サンクトペテルブルク、パリ、ニュー ヨークなどで培った豊かな芸術体験が作風に反映され、望郷の念も感じられます。音楽はチャイコフスキーやラフマニノフなど後期ロマン派の流れを汲みつつ も、ジャン=ピエール・ランパルに献呈された「アンダルシア協奏曲」などで聴かれるエネルギッシュなパーカッションの響きには、ストラヴィンスキーやプロコフィエフ に通じるモダニズムの影響が見られます。ウクライナ出身の指揮者クチャルの巧みな演奏でお楽しみください。 原盤ブックレットにはハルトマンの研究者による詳細な解説が英語で掲載されています。

Nimbus Alliance
N-I6423(1CDR)
スティーヴン・ロイ・ガーバー(1948-2015):弦楽オーケストラの為の作品集
シンフォニエッタ第1番(P五重奏曲からの編曲/ダロン・ハーゲン編)*/ストリング・シンフォニア第1番(弦楽四重奏曲第4番からの編曲/エイドリアン・ウィリアムズ編)**/ヴァイオリンと弦楽の為の2つの叙情的小品#,**/ストリング・シンフォニア第2番(弦楽四重奏曲第6番からの編曲/エイドリアン・ウィリアムズ編)**/シンフォニエッタ第2番(弦楽四重奏曲第5番からの編曲/エイドリアン・ウィリアムズ編)*
ケネス・ウッズ(指)
エミリー・デイヴィス(Vn)#、
イギリス弦楽オーケストラ*、
イギリスSO**

録音:2020年10月7日-8日、ワイアストン・コンサート・ホール(モンマス、イギリス)
※全曲世界初録音
ロバート・スミス、J.K.ランドール、アール・キム、ミルトン・バビットらに師事し、2015年に66歳の若さで亡くなったアメリカの作曲家、スティーヴン・ロイ・ガーバー。彼の作曲家人生の最後の20年間で残した室内楽作品をオーケストラ・アレンジで贈るアルバムが登場。
イギリスSOの首席指揮者&芸術監督を務め、様々なレア作品、現代作品の録音に定評のあるケネス・ウッズの手腕で、ガーバーの魅力を伝えます。「2つの叙情的小品」では、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナルOでアソシエイト・リーダーを務めるエミリー・デイヴィスの麗しき旋律にも注目です。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

Diapason
DIAP-143(1CD)
ボロディン:作品集

「歌劇「イーゴリ公」より」
(1)だったん人の行進
(2)だったん人の踊り
(3)交響詩「中央アジアの草原にて」
(4)弦楽四重奏曲第2番ニ長調
(5)交響曲第3番イ短調(グラズノフによる補筆完成)
(1)フリッツ・ライナー(指)CSO
録音:1957年
(2)アンタル・ドラティ(指)LSO&cho
録音:1959年
(3)イーゴリ・マルケヴィチ(指)ラムルーO
録音:1959年
(4)ボロディンQ〔ロスティスラフ・ドゥビンスキー(Vn)、ヤロスラフ・アレクサンドロフ(Vn)、ディミトリー・シェバリーン(Va)、ヴァレンティン・ベルリンスキー(Vc)〕
録音:1961年
(5)エルネスト・アンセルメ(指)スイス・ロマンドO
録音:1954年
フランスの世界的クラシック音楽専門雑誌である「ディアパゾン(Diapason)」が音楽史に輝く名曲の歴史的名演を選出し、新たなマスタリングを施して復刻するシリーズ『レ・ザンディスパンサーブル・ド・ディアパゾン 〜 ディアパゾンが選んだ決定盤』。
同シリーズに第143巻として加わるのは19世紀ロシアの作曲家、ボロディンの管弦楽&室内楽作品集!
「イーゴリ公」からの「だったん人の踊り」や「弦楽四重奏曲第2番」、グラズノフが完成させた「交響曲第3番」など、まさにボロディンの作曲技法の魅力を存分に知ることの出来るプログラムが組まれています。

Cala Signum
SIGCD-2033(1CD)
フィラデルフィア・レアリティーズ
ストコフスキー編:2つの古い典礼歌の旋律「来たり給え、創造主なる聖霊よ」「久しく待ちにし主よとく来たりて」
ファリャ:歌劇「はかなき人生」より「スペイン舞曲」
トゥリーナ:5つのジプシーの踊り Op.55-5「聖なる山」
アルカディ・ドゥベンスキー:エドガー・アラン・ポー「大鴉」*
近衛秀麿編:越天楽
ハール・マクドナルド:アーカンザス・トラベラーの伝説#、「労働者の祭典」より「労働者の踊り」、
 交響曲第2番より「ルンバ」
ヘンリー・アイヒハイム:「オリエンタル・インプレッションズ」より「日本の夜想曲」、
「交響的変奏曲」より「バリ」
マクドナルド:2台のピアノの為の協奏曲
スーザ:マンハッタン・ビーチ、エル・カピタン
レオポルド・ストコフスキー(指)
フィラデルフィアO、
ベンジャミン・デ・ローチ(ナレーター)*、
アレクサンダー・ヒルズバーグ(Vn)#

録音:1928年-1940年
レオポルド・ストコフスキーは1912年にフィラデルフィアOの常任指揮者に就任すると、徹底的にアンサンブルを鍛え上げ1940年に退任するまで黄金時代を気づき上げました。1920年代にマイクが開発されると録音も本格的になされ、ストコフスキーとフィラデルフィアOはたくさんのLPを残しました。その膨大に残された音源の中には、それまで一度も録音されていなかった貴重な作品も残っています。それらを一枚にまとめた「フィラデルフィア・レアリティーズ」!作曲された時代も音楽様式もまったく違う作品を次々と録音したストコフスキーの手腕が見事に発揮されています。

BMC
BMCCD-058(1CD)
バルトーク:中国の不思議な役人 Op.19(Sz 73/BB 82)
管弦楽の為の協奏曲(Sz 116/BB 123)
ペーテル・エトヴェシュ(指)
ユンゲ・ドイチェO、
マーラー・ユーゲントO

録音:1992年、1994年
ハンガリーを代表する現代作曲家であり指揮者でもあるペーテル・エトヴェシュが、ユース・オーケストラを指揮してバルトークを収録。90年代に入り、オーケストラの将来と若い世代の教育により関心を持つようになったというエトヴェシュ。その一環として行われたツアーで収録されたこのアルバムに関してエトヴェシュは、「これらのコンサートのパフォーマンスは非常に強力で本物であり、オーケストラの熱意、個性、ダイナミズムもこの録音から感じられます」と語っています。
BMC
BMCCD-007(1CD)
エトヴェシュ:作品集
1. アトランティス(1995)
2. サイココスモス(1993)
3. シャドウズ(1996)
ペーテル・エトヴェシュ((指)1,2)、
マールタ・ファービアーン(ツィンバロン、1,2)、ディートリッヒ・ヘンシェル(バリトン、1)、ケルンWDRSO(1)、BBC響(2)、ハンス・ツェンダー((指)3)、ダグマー・ベッカー(フルート、3)、ヴォルフガング・メイヤー(クラリネット、3)、南西ドイツRSO(3)

録音:1995年、1996年
ハンガリーを代表する現代作曲家のひとりであり、指揮者、そして教育者としてなど多方面で活躍しているペーテル・エトヴェシュ(1944-)の代表作、「アトランティス」を含む作品集です。非常にカラフルで表現力豊かなエトヴェシュの音楽を堪能できるアルバムで、エトヴェシュ入門にもおすすめの一枚です。

CLAVES
50-3034(1CD)
プロコフィエフ:ピーターと狼Op.67
サン=サーンス:動物の謝肉祭(オリジナル版)*
クルト・エッシュバッハー(ドイツ語ナレーション)
ヴィリヤ・ポスクーテ&トマス・ダウカンタス(P・デュオ)*
ヴィンタートゥールSQ*
ロベルト・ゴンザレス=モンハス(指)
ヴィンタートゥール・ムジークコレギウム

録音:2021年3月29日-4月3日/シュターツハウス・ヴィンタートゥール(スイス)
ロベルト・ゴンザレス=モンハスがヴィンタートゥール・ムジークコレギウムと子供も楽しめる名作2点に挑戦。どちらもスイスの人気テレビ・アナウンサーのクル ト・エッシュバッハーがドイツ語でナレーションを務めています。
サン=サーンスの「動物の謝肉祭」はオリジナル室内楽版。弦楽四重奏の第1ヴァイオリンをゴンザレス=モンハス自身が務めているのも聴きもの。またほぼ主役 であるピアノ・デュオは、Ars productionレーベルからサン=サーンスの連弾曲全集をリリースしているヴィリヤ・ポスクテとトマス・ダウカンタスなのも魅力。 高度な技術とサン=サーンスのピアノ・デュオを熟知した説得力あふれる演奏を聴かせてくれます。 (Ki)



スリーシェルズ
3SCD-0068
(2CD+BOOK)
税込定価
「ハレンチ学園」音楽大全

【DISC 1】(全87 トラック)
『ハレンチ学園』
『ハレンチ学園 身体検査の巻』
『ハレンチ学園 タックル・キッスの巻』Part
【DISC 2】(全83 トラック)
『ハレンチ学園 タックル・キッスの巻』Part 2
『新・ハレンチ学園』

作曲:
山本直純(『ハレンチ学園』『身体検査の巻』)
鏑木創(『タックル・キッスの巻』『新・ハレンチ学園』)

「ズビズビ・ロック」「ベタベタ・ホレホレ」
作詞:永井豪/作曲:佐々木勉/編曲:馬飼野俊一
「十兵衛のこんなことってあるかしら」 作詞:高円寺博/作曲:奥沢一
「オーッ!ハレハレ」 作詞:北原たけし/作曲:奥沢一
「嘆きのボイン」映画ver. 作詞・作曲:月亭可朝
「ハレンチ天国」 作詞:飯田朗/作曲:佐々木勉/編曲:馬飼野俊一
「ハレンチ学園のテーマ」 作詞:日活翔/作曲:鏑木創
「ゴジラの唄」 作詞:田中登/作曲:楠井景久
「進めハレンチ美女部隊」 作詞:小沼勝/作曲:楠井景久
歌:ハレンチ学園コーラス部/月亭可朝/モラル・マイナス・1/高松しげお
DOMMUNE で2 回の特集放送が行われ大反響を呼んだ実写映画「ハレンチ学園」全4 部作の音楽大全CD が完成! 日活に残された同作品のマスターテープ+光学トラックから完全収録! 山本直純&鏑木創によるロック&ファンク&オケによる総トラック数 170、150 分を超える音楽大全 CD(2 枚組)が完成。50 ページを超える解説書には、日活全面協力による映画スチル写真を含む、全ページカラー。 インパクト大!な写真集付き解説書(冊子中身デザイン:横川寛人、解説:上妻祥浩)は54ページ!!! カバーのアートワークは宇川直宏が担当! 日活所有のスチルを豊富につかったA5 冊子+CD2 枚という「SOUNDTRACK BOOK」形式での商品となります。
■解説の内容 スチル写真集/曲目一覧/カラースチル写真集/映画『ハレンチ学園』シリーズについて/ 『ハレンチ学園』シリーズの音楽について/このCD について/ハレンチ学園職員室/作品データ/ W十兵衛写真集/ハレンチなスチル写真集/楽曲解説/キューシート

IBS CLASSICAL
IBS-202021(1CD)
カルメロ・ベルナオラ(1929-2002):バレエ音楽『ラ・セレスティナ』 他
カルメロ・ベルナオラ:バレエ音楽『ラ・セレスティナ』
スリーネ・F・ヘレナバレーナ(1965-):JASO ヤソ
ベルナオラ:GALATEA, ROCINANTE Y PRECIOSA - ソプラノとアンサンブルのために
ルシア・ゴメス(C.A)
ミケル・サバラ(Bs)
カルロス・チャマロ(俳優)
ヨランダ・ベガ(女優)
イレーネ・フライレ(S)
ムシケネSO
ナチョ・デ・パス(指)

録音:2020年12月
「スペインの51世代」と呼ばれる作曲家グループに属するカルメロ・ベルナオラのバレエ音楽『ラ・セレスティナ』。朗読 を伴い、激しく色彩的なオーケストラの音色が印象的な音楽です。 ベルナオラは20世紀後半のスペイン音楽界で最も影響力のあった作曲家の一人。イタリアでゴッフレード・ペトラッ シとブルーノ・マデルナに作曲、セルジュ・チェリビダッケに指揮を学び、ダルムシュタット夏季現代音楽講習会にも参 加、シュトックハウゼンやブーレーズ、ノーノから影響を受けたベルナオラは1962年にマドリードに戻り本格的な作曲 活動を始めます。セリエ形式を用いた「Espaciosvariados」や100曲以上のサウンドトラックを書き上げた後、 1990年代にはこのアルバムに収録された『ラ・セレスティナ』とカンタータ『Euskadi』を発表。現代音楽の担い手と して不動の地位を築きました。教師としても有能であり、このアルバムでは彼の生徒であるヘレナバレーナの 「JASO」も聴くことができます。 演奏を担当するナチョ・デ・パスは1974年生まれの指揮者。アルトゥーロ・タマヨのアシスタントを務め、アンサンブ ル・モデルンを指揮するなど20世紀から21世紀作品への積極的な取り組みで知られます。

CD ACCORD
ACD-287(2CD)
NX-D11
ポーランドの指揮者=作曲家の伝統
【CD1】
パウル・クレツキ(1900-1973):シンフォニエッタ ホ短調 Op. 7
ヤン・マクラキェヴィチ(1899-1954):4つの日本の歌 Op. 25
クレツキ:コンサート・ミュージック Op. 25
ブルックナー:弦楽五重奏曲 ヘ長調 WAB 112 - 第3楽章 アダージョ(S. スクロヴァチェフスキによる管弦楽編)*
スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ(1923-2017):6つのマドリガル(C.ジェズアルドのマドリガーレによる)
ブラームス:シューマンの主題による16の変奏曲 Op. 9(G. フィテルベルクによる管弦楽編)
オルガ・パシェチニク(S)
ワルシャワPO
アンドレイ・ボレイコ(指)

録音:2020年11月9-12、23-25日、2021年1月19-23日
*以外=世界初録音
先のショパン・コンクール最終ラウンドで颯爽とした指揮姿を披露したアンドイ・ボレイコ。サンクトペテルブルク生まれですが父方はポーランド系で、 2019/20のシーズンよりワルシャワPOの音楽監督を務めています。この2枚組のアルバムではワルシャワ・フィルと縁のある指 揮者=作曲家たちの作品を取り上げ、偉大な伝統へのオマージュとしています、 【CD1】で紹介されるのはパウル・クレツキと、1947年から48年までワルシャワ・フィルの指揮者を務めたマクラキェヴィチの作品。クレツキに作曲家の 一面があったことはあまり知られていませんが、立派なオーケストラ曲を遺しています。マクラキェヴィチの「4つの日本の歌」は、ポーランドに留学して日 本文化を伝えた梅田良忠(1900-1961)の詩をもとにしたポーランド語のテキストに日本風の旋律を付けたユニークな作品です。【CD2】では、日 本でも馴染み深いスクロヴァチェフスキと、ポーランド国立放送カトヴィツェSOの創設者及び指揮者として長く活躍したグジェゴシュ・フィテルベ ルクの編曲作品を収録。オーケストラの鳴らせ方を熟知した指揮者ならではの練達の管弦楽法が、ブルックナー、ジェズアルド、ブラームスの作品に 新たな魅力を加えています。

ACCENTUS Music
ACC-30567CD(1CD)
メタノイア
プッチーニ:4声のミサ曲(ミサ・ディ・グローリア )#
バッハ:無伴奏ヴァイオリンの為のパルティータ第1番ロ短調BWV1002より「サラバンド」*
ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ 第4番より「前奏曲」
ペルト:In spe(2010)
ボロディン(ヴァンサン・ポーレ編):だったん人の踊り
シモー ネ・メネセス(指)
K(室内楽アンサンブル)
セクエンツィア9.3(ヴォーカル・アンサンブル)#
マノン・ガリー(Vn)*

録音:2021年3月、RiffXスタジオ、ラ・セーヌ・ミュージカル、パリ
ブラジル出身の指揮者シモーネ・メネゼスのアルバム「メタノイア」。シモーネ・メネゼスが2020年に結成したアンサンブル「K」と声楽アンサンブル、セクエンツァ 9.3による演奏。アンサンブル「K」は、”クラシック/コスモポリタン/コンテンポラリー/クリエイティヴ/コネクテッド”の5つのテーマ(5つの"K")を掲げ、20 世紀の室内楽レパートリーを中心に活動するアンサンブルです。そしてバッハのソロを聴かせるのが、1996年トゥールーズ出身のヴァイオリニスト、マノン・ガリー という気鋭の演奏家たちによる注目の1枚です。
アルバム・タイトルの「メタノイア」とは、古代ギリシア語で、思考を超えて、視野を広げ、見方を変えることを意味しています。このアルバムは、そうしたコンセプ トのもと、バッハ、プッチーニ、ボロディン、ヴィラ=ロボス、ペルトといった時代と国境を越えた作曲家たちの作品を集めた内容となっています。シモーネ・メネゼ スの鋭い洞察力で、クラシックの偉人たちがどのように創造していったのかを明らかにしていきます。 (Ki)

Chandos
CHSA-5280(1SACD)
ラヴェル:管弦楽作品集
ラ・ヴァルス
マ・メール・ロワ(ピアノ・デュエットの為の組曲から拡張&オーケストレーション/このエディションによる世界初録音)
道化師の朝の歌
逝ける王女の為のパヴァーヌ
高雅で感傷的なワルツ
ボレロ M81(バレエ音楽/このエディションによる世界初録音)
ジョン・ウィルソン(指)
シンフォニア・オヴ・ロンドン

録音:2020年1月9日&8月30日-9月1日、セント・オーガスティン教会(キルバーン、ロンドン)
2度のBBCミュージック・マガジン賞受賞(レスピーギ〔RCHSA5261/CHSA5261〕、コルンゴルト〔RCHSA5220/CHSA5220〕)や、2021年のBBCプロムスでの初コンサートの世界的な評価で大活躍を続けるジョン・ウィルソンと、彼が再結成した"シンフォニア・オヴ・ロンドン"。6枚目のスタジオ・アルバムでは、ラヴェルの管弦楽作品集がリリース! 優れたピアニストでもあり、フランスでもっとも偉大な作曲家の1人であるだけでなく、史上もっとも偉大なオーケストレイターの1人としても評価されるラヴェル。オーケストラのパレットから可能な限り幅広い色彩とテクスチュアを引き出すラヴェルのユニークな才能が存分に発揮されたこれらの作品を、シンフォニア・オヴ・ロンドンの極めてハイレヴェルなパフォーマンスでお贈りします。「マ・メール・ロワ」と「ボレロ」の2つのバレエ音楽はコンプリート・オリジナル・ヴァージョンによる世界初録音。ラヴェルの意図を不用意に読み取ったり、ポピュラーなコンサート・ピースに変貌したことで失われてしまったスコアの多くのディテールを、細心の注意を払ってオリジナルのバレエ・スコアから復元しています。

Carl Davis Collection
CDC-033(2CD)
バスター・キートン〜ザ・カール・デイヴィス・サウンドトラックス
キートン将軍、荒武者キートン、キートンの船長、キートンのハイ・サイン、文化生活一週間、キートンの案山子、キートンの即席百人芸
カール・デイヴィス(指)、
テムズ・サイレンツ・オーケストラ、
ロンドン室内O、
チェコ国立SO

録音:1984年-2020年
バスター・キートン(1895-1966)は、アメリカの喜劇俳優であると同時に映画監督であり、チャールズ・チャップリン、ハロルド・ロイドと並び「世界の三大喜劇王」と呼ばれていました。そのバスター・キートンの初期の作品にあたる1920年代に作成された映画のサウンドトラックを、カール・デイヴィスが作曲しました。
カール・デイヴィスが、バスター・キートンの映画に出会ったのは1970年代後半でテムズ・テレビジョン・シリーズの準備をしていた頃でした。彼は作曲するにあたりチャールズ・チャップリン、ハロルド・ロイドそしてバスター・キートンそれぞれの個性を理解することが必要だったといいます。バスター・キートンに関しては、無表情で喜劇を演じることを芸風としていたことから「グレイト・ストーン・フェイス」と評しています。
コミカルで、古き良きアメリカを感じさせるカール・デイヴィスのサウンドを、彼自身の指揮でたっぷりとご堪能ください!

Skani
SKANI-127(1CD)
花咲くジャスミン
ブルノ・スクルテ(1905-1976):序曲
ヤーニス・イヴァノフス(1906-1983):虹
アルフレーズ・カルニンシュ(1879-1951):スタブラガで
ゲオルグス・ペレーツィス(b.1947):花咲くジャスミン(Vn、ヴィブラフォンと弦楽の為の協奏曲
ヤーニス・ポリエティス(b.1953):朝
ヤーニス・ケピーティス(1908-1989):抒情のバラード
グンタ・アーベレ(b.1986):瞑想(孤独)
アグリス・エンゲルマニス(1936-2011):セピア調の素描
エーリクス・エシェンヴァルズ(b.1977):夜想曲
リエパーヤSO、
グンティス・クズマ(指)
ナショナル・ロマンティシズムから21世紀のポスト・ロマンティシズムまで、ラトビアの一世紀にわたる管弦楽の為の小品集。ブルノ・スクルテ、交響曲作家ヤーニス・イヴァノフスといった作曲家たちが、夏の夜明け、空、花の芳しい香りなどからインスピレーションを得て作曲した音楽は、自然の美しさを描きながら、人と環境の間を橋渡しする役割も担っていると言われます。1881年創設、バルト三国でもっとも伝統のあるリエパーヤSOの演奏。

Diapason
DIAP-141(1CD)
エルガー:管弦楽作品集

(1)行進曲「威風堂々」第1番ニ長調 Op.39-1
行進曲「威風堂々」第3番ハ短調 Op.39-3

(2)エニグマ変奏曲 Op.36

(3)チェロ協奏曲ホ短調 Op.85

(4)気まぐれな女 Op.17

(5)戴冠式頌歌 Op.44〜「希望と栄光の国」
(1)エイドリアン・ボールト(指)LPO
録音:1955年
(2)ピエール・モントゥー(指)LSO
録音:1958年
(3)ポール・トルトゥリエ(Vc)、
マルコム・サージェント(指)BBC響
録音:1953年
(4)ヤッシャ・ハイフェッツ(Vn)、アールパード・シャンドール(P)
録音:1934年
(5)キャスリーン・フェリアー(C.A)、
ジョン・バルビローリ(指)ハレO
録音:1951年
フランスの世界的クラシック音楽専門雑誌である「ディアパゾン(Diapason)」が音楽史に輝く名曲の歴史的名演を選出し、新たなマスタリングを施して復刻するシリーズ『レ・ザンディスパンサーブル・ド・ディアパゾン 〜 ディアパゾンが選んだ決定盤』。 第141巻は、同シリーズとしては珍しいオール・イギリス・プログラム、エルガーの作品集! 「威風堂々」の2曲や「エニグマ変奏曲」、「チェロ協奏曲」、ハイフェッツの「気まぐれな女」と続き、プログラムの掉尾を飾るのは、キャスリーン・フェリアーが歌う「希望と栄光の国」。 威風堂々第1番の名旋律が、バルビローリ&ハレ管のサポートを得たキャスリーン・フェリアーの歌声で感動的に響き渡ります。

BMC
BMCCD-118(1CD)
ストラヴィンスキー:春の祭典、マヴラ* ペーテル・エトヴェシュ(指)、ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー、ヨーテボリSO*、マリア・フォントシュ(S)*、リュドミラ・シェムチュク(Ms)*、リリ・パーシキヴィ(Ms)*、ヴァレリー・セルキン(T)*

録音:2004年9月11日-12日(ライプツィヒ)
2003年10月15日-17日(ヨーテボリ、スウェーデン)
ハンガリーが生んだ名指揮者・作曲家、ぺーテル・エトヴェシュが振る春の祭典。ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニーは1974年に設立されたドイツを代表するユース・オーケストラで、28歳までの若いメンバーで構成されていますがプロも顔負けの非常に高い実力を持つことで知られています。難曲としても有名なストラヴィンスキーの傑作を、ユース・オケとは思えない安定した技術とエネルギー漲る熱演で楽しめます。


Altus
ALTBD-001(Bluray)
初回限定特典(封入)あり
エリシュカ〜ザ・フェアウェルコンサート・イン・札幌
スメタナ:歌劇『売られた花嫁』序曲
ドヴォルザーク:チェコ組曲 ニ長調 Op.39, B.93
リムスキー=コルサコフ:交響組曲『シェエラザード』 Op.35

■特典映像(リハーサル、終演後)
ラドミル・エリシュカ(指)札幌SO

収録:2017年10月27日、28日/札幌コンサートホールKitara(第604回定期演奏会)
「初回限定封入特典」エリシュカ・ポストカード2枚セット(初回出荷分は確保いたします。発売後は、数が無くなり次第終了となります。)

本編89分+特典映像16分
日本語解説付
2019年に惜しまれつつ世を去った指揮者ラドミル・エリシュカ。名演と名高い2017年最後の来日公演が、今年2021年エリシュカ生誕90 年・札幌交響楽 団創立60年を祝して全編ブルーレイ化されました。商品化前からエリシュカ本人がいたく気に入り自宅への来客には必ず見せていたという映像が、ついにエリシュ カ初映像作品としてリリースされます。
この日メインで演奏された『シェエラザード』は2006年の札響との初共演で披露されたプログラムです。健康上の理由でこの日が最後の日本公演になると決 まってからマエストロの希望により変更された曲目で、それだけに万感の思いが籠められた演奏となっています。特別な信頼関係を築き上げた札響の音色も素晴 らしく感動的で、映像で見るとよりいっそう当日の空気感がよみがえります。
エリシュカの招聘と録音に携わったオフィス・ブロウチェク代表の梶吉久美子氏と、札幌SO事業部長の宮下良介氏による解説書への寄稿文もエリシュカの 人柄を偲ばせます。マエストロとの出会い、最後の演奏会と別れ、映像化の経緯などについて書かれており、特別な存在と関わったのだというあたたかな感覚があ ります。また札響との全演奏会記録も掲載。舞台裏の特典映像も貴重な記録です。 (Ki)

BIS
BISSA-2622(1SACD)
ドビュッシー:『小組曲』(ビュッセル編)
バレエ音楽『おもちゃ箱』L.128(カプレ編)*
『子供の領分』L.113(カプレ編)
パスカル・ロフェ(指)、
フランス国立ロワールO

録音:2020年10月20&21日*、2021年1月7&8日/コンベンションセンター、アンジェ(フランス)
フランス近現代を得意とするパスカル・ロフェがドビュッシーの管弦楽作品を録音!といっても『海』や『牧神の午後への前奏曲』ではな く、管弦楽曲に編曲された『小組曲』、『おもちゃ箱』、『子供の領分』の3篇を収録しております。
『小組曲』はピアノ4手連弾の為の作品でアンリ・ビュッセル(1872-1973)により管弦楽曲に編曲。『おもちゃ箱』は全4場からなる子供の為のバレエ 音楽。こちらもピアノ4連弾作品で、管弦楽版は未完ながら残っていますがアンドレ・カプレにより補完されています。最後の『子供の領分』は ドビュッシーの娘エマのために作曲したピアノ独奏曲。こちらもカプレにより管弦楽曲に編曲されています。印象主義音楽の開拓者ドビュッシーの万華鏡のごとく色 鮮やかに変化する色彩感を見事に表現したこの編曲版をパスカル・ロフェが音楽監督をつとめるフランス国立ロワールOとカラフルに演奏しております。
ロフェと同団はこれまでにミカエル・ジャレルの作品集(KKC-6348 / BIS SA-2482)、ルーセル&デュカスの管弦楽作品集(BIS SA-2432)、パスカル・ デュサパンの管弦楽作品集(BIS SA-2262)、デュティユーの作品集(BIS SA-1651)をリリースしております。
BIS
BISSA-2438(1SACD)
ラヴェル:クープランの墓【@.プレリュード/A.フーガ/B.フォルラーヌ/C.リゴドン/D.メヌエット/E.トッカータ)】(フーガ、トッカータ:ケネス・ヘスケス管弦楽編)
道化師の朝の歌/海原の小舟
亡き王女の為のパヴァーヌ*
古風なメヌエット/ラ・ヴァルス
マルクス・マスクニッティ(Hrn)
サカリ・オラモ(指)、
ロイヤル・ストックホルムPO

録音:2020年2月12-15日、2021年3月24-26日/ストックホルム、コンサートホール(スウェーデン)(セッション&ライヴ)
サカリ・オラモ率いるロイヤル・ストックホルムPO。ニールセンの交響曲録音でも人気を集めていますが、当録音ではラヴェルの管弦楽曲に挑みました!
「クープランの墓」は同名のピアノ曲から「@.プレリュード/B.フォルラーヌ/D.メヌエット/C.リゴドン」の4曲をラヴェル自身が管弦楽編曲。当演奏ではラヴェルが省略した「A.フーガ」と「E.トッカータ」の2つの楽章をケネス・ヘスケスが管弦楽編曲したものを加え、原曲のピアノ作品の通りの順番で演奏しております。
ラヴェルの代表曲「亡き王女の為のパヴァーヌ」ではホルン奏者マルクス・マスクニッティがソロを務めております。マスクニッティは1994年開催のミュンヘン国際コンクールなど、数々のコンクールに入賞している実力派。ベルリンPOの首席奏者を務めたキャリアをもつマスクニッティがこの上なく美しいあの旋律を奏でております。このほか、「道化師の朝の歌」、「海原の小舟」、「古風なメヌエット」、そして「ラ・ヴァルス」と、オラモの冴えわたるラヴェルをお楽しみください! (Ki)

Simax
PSC-1376(2CD)
分点- オデッセイ全章
ヘンニング・クラッゲルード(1973-)/ヨースタイン・ゴルデル(1952-):分点(離れていく前の世界への24の全調性)
ヘンニング・クラッゲルード(Vn、リーダー)
アークティック・フィルハーモニック、
サイモン・カロウ(朗読)

録音:2014年6月2日?6日 グロンノーセン教会(トロムソ、ノルウェー)
『分点 - オデッセイ全章(Equinox - The Complete Odyssey)』のタイトルでリリースされるCD2枚のセットは、先にリリースされていた『分点 - ヴァ イオリンと室内オーケストラの為の全調性による24の後奏曲(24 Postludes in All Keys for Violin and Chamber Orchestra)』(PSC 1348)に ナレーションを加えた、オリジナルの構想どおりに制作されたアルバムです。
「作曲家」ヘンニング・クラッゲルード Henning Kraggerud の「分点」は、『ソフィーの世界』で知られるノルウェーの作家ヨースタイン・ゴルデル Jostein Gaarder(1952-)とのコラボレーションから生まれた作品です。ゴルデルの『カードミステリー(Kabalmystriet/The Solitaire Mystery)』を基にする この作品は、ロンドンのグリニッジ公園からアイスランドのイースフィヨルズルのホルンまで、24のタイムゾーン(時間帯)の「音楽による旅」として作られました。 「午後」から「朝」まで、一日の「時」をタイトルとする6楽章の4つの「協奏曲」と「終曲」の〈序曲〉で構成。「全調性」を使って作曲するという考えは、カナ ダの音楽学者リタ・ステブリン Rita Steblin(1951-2019)の『A History of Key Characteristics in the Eighteen and Early Nineteenth Centuries(18世紀と19世紀初期における「調」の特質の歴史)』からインスピレーションを得たと言われます。
各楽章の演奏に先立つナレーションは、『アマデウス』『眺めのいい部屋』『恋に落ちたシェイクスピア』などの映画で知られるイギリスの俳優サイモン・カロウ Simon Callow(1949?)が担当。英語で朗読される「Equinox 24 keys to a world before it slips away(分点 - 離れていく前の世界への24の調 性)」以下の全文が、ブックレットに掲載されています。音楽の部分は、前のアルバムと同じ、2014年にトロムソの教会で行われたセッションの録音です。 (Ki)

ONDINE
ODE-1398(1CD)
NX-B04
アルギルダス・マルティナイティス(1950-): シーズンとセレナード〜弦楽オーケストラの為の作品集
3つのマート・コメディ・シーズン(2014)- ヴァイオリンと弦楽オーケストラのために
アルティザッラ(2001) - 弦楽オーケストラとチェンバロのために
ヨーロッパのミストレスの為のセレナード(1999) - 弦楽オーケストラのために
楽園の鳥たち(1981) - 弦楽オーケストラのために
悲しきワルツ(2020) - ソプラノと弦楽オーケストラのために
彼方の愛の歌(2014) - ソプラノ、弦楽オーケストラとピアノのために
ルータ・リピナイティーテ(Vn)
アスタ・クリクシュチューナイテ(S)
ダウマンタス・スリプクス(Cemb、P)
セント・クリストファー室内O
モデスタス ・バルカウスカス(指)

録音:2020年2月
リトアニアの作曲家アルギルダス・マルティナイティスの弦楽オーケストラの為の作品集。 収録された作品は、初期の「楽園の鳥たち」(1981)から最近書かれた「悲しきワルツ」(2020)までの20年間にわたり、マルティナイティスの幅広い作風の 変遷が示されています。ヴィヴァルディの"四季"を意識した「3つのマート・コメディ・シーズン」、リトアニアの新ロマン主義運動の先鋒を果たした「楽園の鳥た ち」、チェンバロを効果的に用いた「アルティザッラ」、穏やかな美しさの中に時折アイロニカルな響きが入り混じる「ヨーロッパのミストレスの為のセレナード」など からはマルティナイティス独自の音楽を感じることができます。またソプラノ・ソロを伴う「悲しいワルツ」と「彼方の愛の歌」ではリトアニア系フランス人の詩人オス カル・ミロシュの詩が用いられています。 バルト三国音楽の熱心なファンの間ではよく知られるマルティナイティスですが、彼の作品を収録したアルバムはとても少なく、このモデスタス ・バルカウスカスが 指揮するセント・クリストファー室内Oの演奏は、ファンだけでなく多くの愛好家にとっても福音となることでしょう。

ALBANY
TROY-1866(1CD)
マイケル・ドアティ(b.1954)管弦楽曲集
(1)「ピッグス湾」(2006)〜ギターと弦楽の為の
(2)「ジーズ・ベンド」(2009)〜エレクトリック・ギターと管弦楽の為の
(3)「トロイジャム」(2008) 〜語りと管弦楽の為の
ニール・ギットルマン(指)
デイトン・フィルハーモニックO
(1)マヌエル・バルエコ(G)
(2)D.J.スパー(エレクトリックG)
(3)マイケル・リパート(語り)

録音:(1)2013年11月、(2)2011年3月、(3)2012年9月
マイケル・ドアティ(ドーティ、ドハティと表記されることもある)はアメリカ国内で学んだ 後、パリのIRCAMで研鑽を積みさらにハンブルクでリゲティに師事し、ジャズ、ロックな どのポップ・ミュージックと前衛音楽の技法を融合した作風で知られています。「ピッグス 湾」はキューバの地名でかつてアメリカCIAがキューバ革命政府転覆を狙って軍事介 入しようとして失敗したことで知られる「ピッグス湾事件」を題材にしており、キューバとフ ィデル・カストロに捧げられたエレジー。バルエコのギターと弦楽の哀愁を帯びた響き が美しい。「ジーズベント」は作品を委嘱した楽団があるアラバマ州の伝統工芸である キルトの名前。ロック、フォーク、アフロ・アメリカン音楽の要素を文字通りキルトのように ふんだんに織り込んだグルーヴィーな作品。「トロイジャム」は古代ギリシャを題材にし たアンヌ・カーソンの詩に基づく朗読音楽劇。

CPO
CPO-555487(1CD)
NX-B10
エネスコ:ヴァイオリン協奏曲
ピアノとオーケストラの為の幻想曲
カロリン・ヴィトマン(Vn)
ルイザ・ボラック(P)
ハノーファー北ドイツ放送PO
ペーター・ルジツカ(指)

録音:2021年5月25-28日
世界初録音
20世紀ルーマニアの作曲家ジョルジェ・エネスコ。幼い頃より楽才を発揮、10代の頃からヴァイオリニスト、指揮 者として演奏活動を行う他、7歳で入学したウィーン音楽院ではヨーゼフ・ヘルメスベルガー、ロベルト・フックスら に師事した後、パリ音楽院でも作曲をマスネとフォーレに師事するなど、和声、対位法、古楽などを幅広く学び、 作曲家としても早くから認められていました。交響曲や室内楽曲など多くの作品を書きましたが、ヴァイオリン協 奏曲は未完のものが残されているのみ。とはいえ、2つの楽章で600小節に及ぶ草稿は、それだけでも驚愕に 値する仕上がりを誇っています。ブラームスやベートーヴェンを思わせるオーケストラの長い提示部(90小節)で始 まる第1楽章は、3つのテーマが用いられており、どれも一度聴いただけで耳に残るほどの鮮烈な印象です。第2 楽章も夢見るような美しい主題が用いられています。ソリストのカロリン・ヴィトマンの見事な演奏も聴きどころ。 ピアノとオーケストラの為の幻想曲も、ブラームス風の重々しさとリストの超絶技巧を併せ持つ作品。カデンツァ 部分が欠如しているので、こちらは協奏曲の楽章として想定されたのではなく独立した作品と推定されていま す。2曲とも出版されておりませんが、指揮者ルジツカを中心とした人々がに散逸した資料を集め、作品の演奏 にこぎつけました。エネスコの未知の作品をお楽しみください。

FIRST HAND RECORDS
FHR-126(1CD)
モーティマー・ウィルソン:映画音楽『バグダッドの盗賊』(1924) マルク・フィッツ=ジェラルド(指)
フランクフルトRSO

録音:2019年
1924年に発表されたアメリカのサイレント映画『バグダッドの盗賊』。主演ダグラス・フェアバンクスの依頼でアメリカの作曲家モーティマー・ウィルソンが音 楽を担当しました。ウィルソンはクラシック音楽の作曲家であり、プッチーニやワーグナーの歌劇からの影響や、ベルク、レーガー、チャイコフスキーといった先人 たちの管弦楽語法を聴くことができます。これまでに録音がなかったのが不思議なくらい良い曲です。映画音楽を得意とするフィッツ=ジェラルドとフランクフルト 放送響による2019年録音。 (Ki)

BIS
BISSA-2549(1SACD)
『Renewal(リニューアル)』
ジョアナ・マーシュ(1970-)(ジュリアン・アズクール 編):冬の家には(2019)(弦楽オーケストラの為の)
キャロライン・ショー(1982-):間奏曲(2011/2014)(弦楽オーケストラの為の版)
(3)オスバルド・ゴリホフ(1960-):3つの歌(ソプラノと弦楽オーケストラの為の)*
メンデルスゾーン(ジュリアン・アズクール 編):弦楽四重奏曲第6番 ヘ短調 Op.80/MWV R37(1847)
キャロライン・ショー(1982-)(ジュリアン・アズクール 編):つばめは巣をかけて
ユナイテッド・ストリングズ・オブ・ヨーロッパ(USE)
ジュリアン・アズクール(ディレクター、コンサートマスター)
ルビー・ヒューズ(S)*

録音:2021年3月8日、9日、25日、26日セント・シラス教会(ケンティッシュ・タウン、ロンドン、イングランド)
ロンドンに本拠を置くアンサンブル「ユナイテッド・ストリングズ・オブ・ヨーロッパ(United Strings of Europe)」(USE)は、 2020年、デビュー・アルバム『In Motion(動いている)』(BIS SA-2529)をリリース。「独創的なプログラムと『高度な技術による表現豊かな』演奏」(「ザ・ タイムズ」)と称賛された活動を「録音」という形で示してみせました。アルバム第2作『Renewal(リニューアル)』。「喪失と変質」をテーマに据え、リーダーのジュ リアン・アズクールが「USE」のスタイルに合わせて編曲、選曲したプログラムが組まれています。
ジョアナ・マーシュが、「テネブレ」合唱団から委嘱を受け、「暗闇と光、再生の心象をおとぎ話の風景に詠んだ」ジェーン・ドレイコットの詩に作曲した「冬の家 には」の弦楽オーケストラの為の編曲。キャロライン・ショーが、メヌエットとトリオという古典の形式を「独創性と楽しさを等分」して現代に「再生」した弦楽四 重奏の為の作品を彼女自身が弦楽オーケストラのために編曲した「間奏曲」。
オスバルド・ゴリホフの「3つの歌」は、ソプラノと弦楽オーケストラの為の作品です。彼が音楽を担当したサリー・ポッターの映画『The Man Who Cried』 (邦題『耳に残る君の歌声』)のために書いた〈Close Your Eyes〉のバリー・デイヴィスによるイディッシュ語の子守歌から始まる〈空駆ける馬の夜〉。ロサリア・ デ・カストロのガリシア語の詩による〈色褪せた月〉。エミリ・ディキンソンの詩をテクストにした〈なんとゆっくりと風は〉。メンデルスゾーンが、姉ファニーの突然 の死に突き動かされて作曲したといわれる「弦楽四重奏曲第6番 ヘ短調」。キャロライン・ショーが、シリア難民とアメリカとメキシコの国境に押しよせた難民の姿 からインスピレーションを受け、『詩篇84番』をテクストに作曲した「つばめは巣をかけて」。
『In Motion』と同じスタッフが制作と録音を担当しました。 (Ki)

Danacord
DACOCD-917(2CDR)
トマス・イェンセンの遺産 第7集
(1)ロンビュー(1810-1874):ブーケ・ロワイヤル・ギャロップ#
女王ルイーセ・ワルツ*
コロンビーネ・ポルカ・マズルカ#
オギュスト・ブルノンヴィルを称えるギャロップ+
ヘスペロス・ワルツ#/アマー・ポルカ#
ソフィーエ・ワルツ#
スカンディナ ヴィア盟友ギャロップ#
ワルツ「クロルの舞踏会のざわめき+
バレエ「アマーの狩人たち - 終幕のギャロップ+
アメーリエ・ワルツ*/ブリタ・ポルカ*
シャンペン・ギャロップ*
管弦楽幻想曲「夢の絵姿」*
おやすみポルカ#
コペンハーゲン蒸気鉄道ギャロップ#
(2)ウェーバー:舞踏への誘い
(3)チャイコフスキー:歌劇「エフゲニー・オネーギン」 - 第2幕のワルツ
(4)ブラームス:ハンガリー舞曲第5番/第6番
(5)シューベルト:「ロザムンデ」- 間奏曲第3番
(6)チャイコフスキー:「くるみ割り人形」 - 花のワルツ、トレパック(ロシアの踊り)
(7)「エフゲニー・オネーギン」ポロネーズ
(8)ポンキエッリ:「ジョコンダ」 - 時の踊り
(9)J・シュトラウス:皇帝円舞曲
(10)サン=サーンス:死の舞踏
(11)A・ルビンシテイン:仮面舞踏会 Op.103 - 闘牛士とアンダルシアの娘
(12)ポール・ラコンブ(1837-1927):春のオーバード Op.37
(13)エルガー:威風堂々第1番
(14)ドリーブ:「コッペリア」 - チャールダーシュ
(15)ビゼー:「カルメン」 - 前奏曲
クリスチャン・フレゼリク・エミール・ホーネマン(1840-1906):演奏会序曲「アラディン」(1864)
シベリウス:「国王クリスチャン二世」組曲 Op.27 - 夜想曲
ビゼー:「カルメン」 - ジプシーの踊り
ドリーブ:バレエ「コッペリア」 - マズルカ
トマス・イェンセン(指)、
ティヴォリ・コンサートホールO

(1)録音:1940年*、1942年+、1943年#、ティヴォリ・コンサートホール
(2)録音:1946年
(3)録音:1942年
(4)録音:1946年
(5)録音:1946年
(6)録音:1946年
(7)録音:1943年
(8)録音:1946年
(9)録音:1946年
(10)録音:1947年
(11)録音:1947年
(12)録音:1947年
(13)録音:1942年
(14)録音:1946年
(15)録音:1957年8月24日:ティヴォリ・コンサートホール・コンサート(ライヴ)
ティヴォリ公園の魔法のような夕べ!」。トマス・イェンセン(1898-1963)の「遺産」シリーズの第7作にはワルツやポルカといったオーケストラのための軽い音楽が、ティヴォリのコンサートのライヴとスタジオの録音で集められました。デンマークの「ワルツ王」と呼ばれたハンス・クリスチャン・ロンビュー(ロンビ)(1810-1874)の「グレーテスト・ヒット」16曲は、1998年にアルバム「トマス・イェンセン、H・C・ロンビューを指揮する」(DACOCD503)でリリースされたのと同じOdeonとHMVの音源です。[Disc 2]の「カルメン」の〈前奏曲〉から「コッペリア」の〈マズルカ〉までの5曲は、1957年8月24日にティヴォリ公園から中継でラジオ放送されたコンサートの録音。ラジオ放送以外では初めて紹介される演奏です。イェンセンは、これらの作品でもカール・ニールセンやシベリウスの古典的録音で示したのと同じ「権威」をもってティヴォリのオーケストラを指揮しています。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。
Danacord
DACOCD-915(2CDR)
トマス・イェンセンの遺産 第5集
(1)メンデルスゾーン:序曲「真夏の夜の夢」
 ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64*
 交響曲第3番「スコットランド」
(2)ヘンデル:合奏協奏曲 Op.6-1 ト長調 HWV.319
モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番ハ長調 K.467**
(3)ニルス・W・ゲーゼ:ノヴェレッテ第1番ヘ長調 Op.53(弦楽オーケストラのための)
ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」
トマス・イェンセン(指)、
デンマークRSO
ヘンリク・サクセンスキョル(Vn)*
アニー・フィッシャー(P)**

(1)録音:1962年1月21日、デンマーク放送コンサートホール(コペンハーゲン)(ライヴ放送)
(2)録音:1963年10月31日、デンマーク放送コンサートホール(コペンハーゲン)(ライヴ放送)
(3)録音:1962年6月5日、デンマーク放送コンサートホール(コペンハーゲン)(ライヴ放送)
デンマークの指揮者トマス・イェンセン(1898-1963)の「遺産」シリーズ。イェンセンが、晩年に近い時期でありながらなお、オーケストラから生気にみちた音楽を引き出す力をもっていることを示した、1962年の「メンデルスゾーン」コンサート。序曲「真夏の夜の夢」、ヘンリク・サクセンスキョル(1918-2016)がソロを弾いた「ヴァイオリン協奏曲 ホ短調」、交響曲第3番イ短調「スコットランド」のプログラム。ヘンデルの「合奏協奏曲 ト長調」とアニー・フィッシャーをソリストに迎えたモーツァルトの「ピアノ協奏曲 ハ長調」の「淀みなく流れる、きらきらと輝く」演奏は、1963年11月13日に亡くなる2週間前、10月31日にライヴ放送されたコンサートの音源です。メンデルスゾーンに学び、デンマーク・ロマンティシズム時代を美しく彩ったニルス・W・ゲーゼのもっともロマンティックな作品のひとつ「ノヴェレッテ第1番」。デンマークRSOが国際レベルのオーケストラだということを示したドヴォルザークの「謝肉祭」。すべて、今回初めてCD化されます。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。
Danacord
DACOCD-916(2CDR)
トマス・イェンセンの遺産 第6集

(1)ニールセン:序曲「ヘリオス」 FS32(Op.17)*
(2)交響曲第3番「ひろがりの交響曲」
(3)交響曲第4番「不滅」
(4)シベリウス:交響曲第3番
(5)ニルス・ヴィゴ・ベンソン(1919-2000):突然変異 Op.123(1960)(管弦楽のための)
(6)交響曲第4番「メタモルフォーゼ」 Op.55(1948)
トマス・イェンセン(指)、
デンマークRSO、デンマーク王立O*

(1)録音:1942年9月、デンマーク放送スタジオ(コペンハーゲン)
(2)録音:1959年6月20日、デンマーク放送コンサートホール(コペンハーゲン)(ライヴ放送)
(3)録音:1952年9月2日、デンマーク放送コンサートホール(コペンハーゲン)(ライヴ放送)
(4)録音:1963年5月31日、デンマーク放送スタジオ(コペンハーゲン)(スタジオ放送)
(5)録音:1960年、コペンハーゲン(ライヴ放送)
(6)録音:1961年、コペンハーゲン(ライヴ放送)
デンマークの指揮者トマス・イェンセン(1898-1963)の「遺産」シリーズ。「Disc 1」には、イェンセンの「十八番」カール・ニールセンの3つの古典的録音が収録されています。Odeonの音源による、デンマーク王立Oを指揮した序曲「ヘリオス」。デンマークRSOを(指)ライヴ放送された第3番と第4番の交響曲。「Disc 2」のシベリウスの「交響曲第3番 ハ長調」と、デンマークのニルス・ヴィゴ・ベンソンの「突然変異」と「交響曲第4番」は、初めてリリースされる音源です。イェンセンの情熱的姿勢と鋭敏な解釈が「形式の新機軸」を打ち出したデンマークとフィンランドの「モダニズム」に相応しいと言われるライヴ演奏。オリジナル・テープからの新たなリマスターです。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

ARCANA
A-495(1CD)

NYCX-10268(1CD)
国内盤仕様
税込定価
エンニオ・モリコーネ:ヴァイオリンと管弦楽の為の「シネマ組曲」(2020)
1-5. 「セルジオ・レオーネ組曲」
 1. デボラのテーマ〜ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(84)
 2. コックアイズ・ソング〜ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
 3. メイン・テーマ〜ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
 4. メイン・テーマ〜ウエスタン(68)
 5. 黄金のエクスタシー〜続・夕陽のガンマン/地獄の決斗(66)
6-8. 「狂った旋律」
 6. 反行カノン I & II〜CANONE INVERSO(未)(00)
 7. マーチ〜CANONE INVERSO(未)
 8. 中断された最終楽章〜CANONE INVERSO(未)
9-13. 「ジュゼッペ・トルナトーレ組曲」
 9. 愛を奏でて〜海の上のピアニスト(98)
 10. ノスタルジア〜ニュー・シネマ・パラダイス(88)
 11. ルッキング・フォー・ユー(愛のテーマ) 〜 ニュー・シネマ・パラダイス
 12. メイン・テーマ〜マレーナ(00)
 13. メイン・テーマ〜記憶の扉(94)
14-15. 「ミッション」
 14. ガブリエルのオーボエ〜ミッション(86)
 15. イグアスの滝〜ミッション
16-17. 「ブライアン・デ・パルマ組曲」
 16. メイン・テーマ〜カジュアリティーズ(89)
 17. 死のテーマ〜アンタッチャブル(87)
18-20. 「モーセとマルコ・ポーロ組曲」
 18. 旅路〜MOSE’(未)(74)
 19. メイン・テーマ〜MOSE’(未)
 20. メイン・テーマ〜マルコ・ポーロ(82)
21. 古い階段の下で〜PER LE ANTICHE SCALE(未)(75)
マルコ・セリーノ(Vn)
ボルツァーノ・トレント・ハイドンO
アンドレア・モリコーネ(指)

録音:2021年3月10-13日 ボルツァーノ・テアトロ・コムナーレ 大ホール
世界初録音
※国内盤日本語解説…江守功也
2020年7月に亡くなった映画音楽界のレジェンド、エンニオ・モリコーネが、同年1月ローマでの最後の公開演奏直後に完成させた、ヴァイオリンと管弦楽のた めの「シネマ組曲」を初録音。ヴォーカル、ピアノ、パンフルート、チェロ、アコーディオンなど、モリコーネ自らがソリストに捧げたアルバム群の最後を飾るヴァイオリ ンの為のアレンジ集です。ヴァイオリンは、モリコーネの絶大な信頼を得て20年にわたりサントラやコンサート・ツアーでソロを担ってきたマルコ・セリーノ。指揮は 存命中であれば本人が務めたと思われるところ、ここでは共作者としても知られる次男のアンドレアが遺志を継いで素晴らしい演奏を聴かせます。「イル・ ヴォーロ・シングス・モリコーネ」(SONY)が話題になるなどトリビュート盤は尽きませんが、モリコーネ自らのアレンジである本作はその本命といえるでしょう。国内 仕様盤には日本でのモリコーネ音楽紹介の第一人者、江守功也氏による解説付。

Capriccio
C-5434(2CD)
NX-C05
ハンス・アイスラー:作品集
【CD1】クプレとバラード
Ballade von der Kruppelgarde Op. 18-1(1930)
Die weinenden Hohenzollern(1959)
Wohltatigkeit Op. 22-2(1930)
Ruckkehr zur Natur(1959)
Ballade von den Sackeschmeisern Op. 22-4(1930)
Ideal und Wirklichkeit(1956)
Ballade vom Nigger Jim Op.18-6(1930)
Stempellied Op.28-6
Das Lied vom SA-Mann(1931)
Bei der Kanone dort(1956)
Kalbermarsch(1943/1956)
Die Ballade vom Wasserrad Op. 45-11(1934)
Lied von der belebenden Wirkung des Geldes
Op. 45-9(1934)
Hollenangst(1948)
Des is a politischer Herr(1953)
O Fallada, da du hangest(1932)
Palmstrom Parodien Op. 5(1924)
【CD2】
オーケストラの為の組曲第2番Op. 24
オーケストラの為の組曲第3番Op. 26
オーケストラの為の組曲第4番Op. 30
劇音楽『Die letzte Nacht 最後の夜』 Op. 32-2
【CD1】
HK グルーバー(指)
マリノ・フォルメンティ(P)
アドルフ・ヘニング(P)
クラングフォルム・ウィーン(アンサンブル)

【CD2】
ヴォルフラム・ベルガー(ナレーター)
HK グルーバー(指)
マリノ・フォルメンティ(P)
アドルフ・ヘニング(P)
クラングフォルム・ウィーン(アンサンブル)
ディ・ライエ(アンサンブル)

録音:1996年4月12日、1999年10月24日
2022年に没後60年を迎える作曲家ハンス・アイスラー。シェーンベルクの高弟でありながら、政治上の対立を理由に決別。以降劇作家ベルト ルト・ブレヒトと協力し、劇音楽と映画音楽で独自の路線を追求しました。この2枚組には、アイスラーの創作活動のほとんどをカバーするオーケストラ曲と劇 音楽、歌曲を収録。中でもカール・クラウスの劇「人類最後の日々」の為の音楽『最後の夜』は、戯曲の風刺的な内容を音楽に反映することに成功して おり、アイスラーの思想と音楽性が最大限に発揮された傑作といえます。アイスラー作品の権威者として知られるHKグルーバーの指揮でどうぞ。 【HKグルーバー】 本名「ハインツ・カール"ナリ"グルーバー」。1943年オーストリア生まれの作曲家、指揮者、コントラバス奏者、歌手であり、作曲家としてはウィーン楽派の第 一人者として活躍しています。「きよしこの夜」の作曲家であるフランツ・クサーヴァー・グルーバーの子孫とのうわさもありますが、真相ははっきりしていません。 幼い頃にはウィーン少年合唱団のメンバーであり、ニックネームの「ナリ」はその時の名残です。彼は様々なスタイルの作品でも書くことができ、ジャズの演奏も 高く評価されています。指揮者としてはチェルハやアイネム作品の録音の他、ハンス・アイスラーとヴァイルの録音も行うマルチな音楽家です。

Forgotten Records
fr-1742(1CDR)
フェイリス/ドヴォルザーク&グリーグ
ドヴォルザーク:弦楽セレナーデ
 夜想曲 変ロ長調 Op.40
グリーグ:組曲「ホルベアの時代から」
アレグザンダー・ファリス(指)
シンフォニア・オヴ・ロンドン

録音:1959年 ステレオ
※音源:WRC ST-51
Forgotten Records
fr-1746(1CDR)
アレグザンダー・フェイリス/チャイコフスキー他
チャイコフスキー:弦楽セレナーデ
バッハ:G線上のアリア
ボッケリーニ:弦楽五重奏曲 ホ長調 Op.11 -5〜メヌエット
ヘンデル:歌劇「ベレニーチェ」〜メヌエット
アレグザンダー・ファリス(指)
シンフォニア・オヴ・ロンドン

録音:1959年5月 ステレオ
※音源:WRC ST-37

Altus
ALT-501(2CD)
INA秘蔵音源・クリュイタンス&パリ音楽院ライヴ
ドビュッシー&ラヴェル管弦楽作品集

ドビュッシー:夜想曲*
 カンタータ「選ばれた乙女」#
ラヴェル:道化師の朝の歌
 マ・メール・ロワ/ラ・ヴァルス
ジャニ ー ヌ・ミショー(S)#
アニエス・ディスネ(語り手;Ms)#
フランス放送cho(女声合唱)
アンドレ・クリュイタンス(指)
パリ音楽院O

ライヴ録音:1958年9月4日ブザンソン音楽祭(モノラル)
*以外=初CD化
INA(フランス国立視聴覚研究所)所有音源をライセンスし、ALTUS入魂のマスタリングでCD化。クリュイタンスとパリ音楽院による1日のコンサートを収録。 ドビュッシーの2曲はクリュイタンスにとって正規録音がなく、特に「選ばれた乙女」はレパートリーとしても初音盤化と思われる貴重音源!ラヴェルの作品も既発 演奏との聴き比べが興味津々です。楽器毎の色彩が濃厚でライヴならではの強烈な盛り上がりもあり、ミュンシュを彷彿とさせる瞬間も。モノラルながら丹念なマ スタリングでこの時代の響きをたっぷりと楽しめる音質に仕上げました。
《選ばれた乙女》を歌うソプラノのジャニーヌ・ミショーはパリ音楽院で学んだフランス音楽のスペシャリスト。名作フランス・オペラのソプラノ役をほとんど歌いつくしコンサート活動も多かった彼女、《選ばれた乙女》は得意曲のひとつで、楽曲の勘所を見事に押さえた美しい歌唱が聴けます。
〈「ラ・ヴァルス」はいかにもライヴらしい、覇気の感じられる演奏だ。弦楽器、管楽器を問わず独特な音色も楽しいし、最後の激しい加速もいかにも一発勝負的 です。クリュイタンスは日本公演のベルリオーズの幻想交響曲でも、オーケストラが崩壊寸前になるまでオーケストラをあおっていたのを思い起こさせる。〉〜平林直哉氏の解説より

CPO
CPO-555457(1CD)
NX-B10
弦楽の為のイギリス音楽 第3集〜英国の女性作曲家たちの作品集
エセル・スマイス(1858-1944):弦楽の為の組曲 Op. 1a(1883/1890改訂)
スーザン・スペイン=ダンク(1880-1962):弦楽オーケストラの為の組曲(1920)
コンスタンス・ウォーレン(1905-1984):ヘザー・ヒル- 弦楽オーケストラのために(1929-32)
スペイン=ダンク:哀歌- 弦楽オーケストラのために(1934)
ルース・ギップス(1921-1999):グリングルマイア・ガーデン(1952)- 弦楽オーケストラの為の印象 Op. 39
プフォルツハイム南西ドイツ室内O
ダグラス・ボストック(指)

録音:2020年11月16-18日Congress Centrum、プフォルツハイム(ドイツ)
ダグラス・ボストックが指揮する「弦楽の為のイギリス音楽」シリーズ第3集では、4人の女性作曲家の作品を紹介しています。 「プロムナード・コンサート」(BBCプロムス)を長らく指揮したヘンリー・ウッド卿と、ボーンマスSOの創設者ダン・ゴドフリーの2人は、新作の発表に 熱心であり、才能あふれる作曲家を支援していました。これは、当時新作を発表したいと考える女性作曲家たちにとっても素晴らしいチャンスであり、 1893年から1934年にかけて合計で25人の女性たちの作品が2人の指揮者によって紹介されることとなりました。とりわけエセル・スマイスとスーザン・ スペイン=ダンクの2人はこの支援を最大に活用し、大きな人気を獲得したのです。 もともと弦楽五重奏曲として1883年に書かれたスマイスの作品は、1890年にロンドンSOのコンサートで披露される際、コントラバス・パートが 加えられ響きが増強されました。スペイン=ダンクの組曲は1924年にヘンリー・ウッド卿によって演奏されたロマンティックな作品。その後も彼女の作品 はしばしば取り上げられています。 コンスタンス・ウォーレンはヨーク・ボウエンに師事し、学生時代にいくつかの作品を発表。これらはヘンリー・ウッド卿によって演奏されましたが、彼女は 1932年に作曲活動を停止、以降は教育者として後進の指導にあたりました。ルース・ギップスはジェイコブとレイフ・ヴォーン・ウィリアムズに作 曲を師事、作曲家・ピアニストとして活動し1942年には彼女の交響詩をヘンリー・ウッド卿が演奏しています。 ボストックはオーケストラの音色を最大に引き出すことで、これらの知られざる作品に光をあてました。

オクタヴィア
OVCL-00769(1SACD)
税込定価
2021年12月22日発売
モーツァルト:セレナード 第6番ニ長調 K.239「セレナータ・ノットゥルナ」*
ヴァイオリンと管弦楽のためのロンド 変ロ長調 K.269(261a)
ヴァイオリンと管弦楽のためのロンド ハ長調 K.373
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第14番嬰ハ短調 作品131(弦楽合奏版)
ライナー・ホーネック(Vn*、コンサートマスター)
玉井 菜採(Vn)*
市坪 俊彦(Va)*
池松 宏(Cb)*)
紀尾井ホール室内O

録音:2011年9月16-17日、2019年4月5-6日* 東京・紀尾井ホール・ライヴ
長年ウィーン・フィルのコンサートマスターを務め、指揮者としても名を馳せるライナー・ ホーネック。2017年より首席指揮者を務めている紀尾井ホール室内Oの前身、紀 尾井シンフォニエッタ東京との定期演奏会で披露されたモーツァルトとベートーヴェンの 秘曲。モーツァルトの2曲のロンドではソリストとして弾きぶりを、ベートーヴェンの弦楽四 重奏曲第14番ではホーネック・オリジナル編曲による弦楽合奏版での演奏を収録。 室内オーケストラでありながらも重厚で密度の濃い豊かな音色がより一層作品を際立た せ、活動初期から評価の高い見事なアンサンブルを聴かせています。古き良きヨーロッ パの香りが漂う充実の1枚、お楽しみください。(オクタヴィア)

ARCO DIVA
UP-0228(1CD)
NX-A14
ニールセン/フェルステル/ラビツキー:作品集
ニールセン:アラジン組曲 Op. 34 FS89
フェルステル(1859-1951):愛の歌 Op. 96(ドイツ語歌唱)*
ヨーゼフ・ラビツキー(1802-1881):カールスバート・ワルツ Op. 107
エステル・パヴルー(Ms)
カルロヴィ・ヴァリSO
デバシシュ・チャウドゥーリー(指)

録音:2020年9月
*=世界初録音
19世紀から20世紀にかけて活躍した3人の作曲家の色彩豊かなオーケストラ作品を集めた1枚。 ニールセンの「アラジン組曲」はアダム・エーレンシュレーアーの戯曲の為の音楽。アルバムの指揮者チャウドゥー リーがとりわけ心を惹かれる作品と語っています。全曲は80分を超える長いもので彼の歌劇に次ぐ長さを持つ 大作で、東洋的な音階を用いた音域の狭いフレーズを繰り返して異国情緒を演出したり、4群に分けられた オーケストラが異なる調とテンポで同時に演奏し市場の喧騒を表す実験的な書法などが用いられています。他 にはチェコの伝統を引き継いだフェルステルの美しい「愛の歌」、「ボヘミアのヨーゼフ・ランナー」と呼ばれたラビツ キーの親しみやすい「カールスバート・ワルツ」が収録されています。「愛の歌」を歌うエステル・パブルーはプラハ音 楽院出身のメゾ・ソプラノ。イルジービエロフラーヴェク、ピエタリ・インキネンら世界的指揮者との共演もある実力 派です。

IBS CLASSICAL
IBS-192021(1CD)
NX-B07
セサル・カマレロ(1962-):作品集
リキッド・シアターの為の音楽(2018年版)- フルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、パーカッションとピアノのために
略語(1999)- フルート、ヴァイオリン、チェロとピアノのために
スローモーションで波の進化を観察するための音楽(2012)- フルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロとピアノのために
コップ一杯の水を見る37の方法- フルート、クラリネット、サクソフォン、2人のパーカッション奏者、ギター、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのために
水の記憶- 独奏ギター、フルート、クラリネット、サクソフォン、パーカッション、ハープ、アコーディオン、ヴィオラ、チェロのために
サイール・エンセンブレ
フアン・ガルシア・ロドリゲス(指)

録音:2019年10月28-30日、2011年5月23日、2012年1月31日
セサル・カマレロの「リキッド・シアターの為の音楽集」。収録された5つの作品の中で最も初期に書かれた「Abreviaturas」は全体はピアニシモで統一さ れ、旋律や音色の変化もほとんどありません。「Musica para contemplar la evolucion de una ola a camara lenta」はカマレロがドキュメンタリー 作品を見ていた時に浮かんだタイトルで、柔らかいガラスでできた彫刻が生きているようにスローモーションで動く波の、幻想的なイメージが描かれています。。 マドリードのソフィア王妃芸術センターでのイヴ・クラインの回顧展から受けた深い印象が反映されているという「La memoria del agua」など水に由来する 作品も聴くことができます。 【セサル・カマレロ】 1962年マドリード生まれの作曲家。1977年にニューヨークに移り音楽を学び始めた彼は、1983年に「弦楽オーケストラと16のアコーディオンの為のメタモ ルフォシス」でBroadcast Music, Inc.(アメリカ合衆国の実演権団体)の「Young Composers Award」を受賞。以降、マドリードで更なる研鑽を積 み、世界的な作曲家として活躍しています。

REFERENCE
RR-148(2CD)
HDCD
バレエ『フランケンシュタイン』
振付:リアム・スカーレット
音楽:ローウェル・リーバーマン
デザイナー:ジョン・マクファーレイン
マーティン・ウェスト(指)
サンフランシスコ・バレエ・オーケストラ

録音:2018年3月6-9日戦争記念歌劇場、サンフランシスコ(バレエ公演でのライヴ収録)
英国ロイヤル・バレエとサンフランシスコ・バレエの共同制作によるバレエ『フランケンシュタイン』。振付けを担当したのは、先日35歳で死去したリアム・スカー レット。同作品はメアリ・シェリー原作の『フランケンシュタイン』を3幕仕立てにした全幕バレエ。原作も多くの映画や演劇で、様々な歪んだ愛の形が語られてきま したが、このリアム・スカーレットのバレエ『フランケンシュタイン』は博士と怪物、そして博士の妻エリザベスが紡ぎだす苦悩、怒り、切望、そして愛が描き出され ています。 本盤のブックレットに掲載された豪華な挿絵は、このバレエの舞台装置と衣装を担当したジョン・マクファーレインによるものです。 サンフランシスコ・バレエは、音楽監督兼首席指揮者であるマーティン・ウェストのもと意欲的な演目を次々と上演する世界有数のバレエ団です。 (Ki)

TOCCATA
TOCC-0598(1CD)
NX-B03
モシュコフスキ:管弦楽作品集 第3集
序曲 ニ長調(1871-1872)
管弦楽の為の第1組曲 へ長調 Op. 39(1885)
弦楽オーケストラの為の前奏曲とフーガ Op. 85(1910)
シンフォニア・ヴァルソヴィア
アンジェイ・クシジャノフスキ(Fl)イアン・ホブソン(指)

録音:2019年10月12-13日、11月4日、2019年11月7日、2021年6月5日
ユダヤ系ポーランド人のモシュコフスキの管弦楽作品集。第3集には世界初録音を含む3作品を収録。 生前ピアニストとして高い名声を誇り、ロマンティックなピアノ曲の作り手として知られるモシュコフスキですが、オーケ ストラのためにも優れた作品を残しています。「序曲」は彼が初めて書いたオーケストラ作品。17歳にして既に巧み なオーケストレーションの技法を身に着けていたことがうかがえます。「第1組曲」は次から次へと流麗な旋律が溢れ てくる作品。多彩なリズムを持った楽章や変奏曲などで構成されています。「前奏曲とフーガ」は、1910年、彼の 母親が亡くなり失意の底にあった時に書かれた曲。晩年、苦難にあえいだモシュコフスキの心情が現れた作品で す。シリーズを通じて、シンフォニア・ヴァルソヴィアが共感溢れる演奏を披露しています。

KLARTHE
KLA-128(1CD)
未来前夜
ベートーヴェン:バレエ音楽「プロメウスの創造物」〜序曲/序奏/第10曲「パストラーレ」/第5曲「アダージョ」/第8曲「行進曲」/第9曲「アダージョとアレグロ・モルト」/第16曲「終曲」
E.T.A.ホフマン:交響曲変ホ長調
ニコラ・シモン(指)
カーンO

録音:2021年2月/カーン音楽院講堂
ベートーヴェンのバレエ音楽「プロメテウスの創造物」は交響曲第2番と第3番「英雄」の間に作られましたが、彼のオーケストラ曲で唯一ハープやバセットホル ンを使用していたり、終曲の主題を「英雄」第4楽章の主題にしていたりと興味深い点に満ちています。
「クライスレリアーナ」「くるみ割り人形」「コッペリア」などで知られる文豪E.T.A.ホフマンは作曲家でもあり、なんと交響曲も残しています。ホフマンは交響曲 第5番を詳細に論じるほどベートーヴェンを高く評価していましたが、彼自身の交響曲はより古典派風でハイドンやモーツァルトを思わせます。
指揮のニコラ・シモンは2008年からフランソワ=グザヴィエ・ロトのアシスタントを務め、レ・シエクルの副指揮者の任にあります。自身が結成した極小団体「ポ ケットSO」のほか、近年はモダンのフルオーケストラや歌劇にも登場する注目株です。 (Ki)
KLARTHE
KLA-083(1CD)
異国趣味〜ラヴェル作品集
(1)シェエラザード(全3曲)
(2)序奏とアレグロ
(3)マラルメの3つの詩
(4)ツィガーヌ
(5)スペイン狂詩曲
マリー・ルノルマン(Ms)(1)(3)、
イリス・トロシアン(Hp)(2)、
パブロ・シャツマン(Vn)(4)
根本雄伯(指)ムジカ・ニジェラ

録音:2018年6月3(ライヴ)、6月4、5日(セッション)/ベルク=シュル=メール・クルサール(パ・ド・カレー)
※日本語解説付き
ミンコフスキのルーヴル宮音楽隊の首席ホルン奏者根本雄伯が音楽監督を務めるムジカ・ニジェラ。彼らがラヴェルに挑戦。ラヴェル作品のなかでも中東、スペ イン、ロマなどエキゾチックな題材に基づくものを集めています。編成を合わすため一部を根本が編曲、ラヴェルの繊細な音色を生かして見事な世界を作り上げて います。 (Ki)

ANTARCTICAANTAR-029(1CD)
ディルク・ブロッセ(1960-):作品集
UGent? Me2! 〜大学祝典序曲と讃美歌
音楽のDNA
死/ショスタコーヴィチの追憶に
神秘の子羊の秘密
キープ・ムーヴィング
In Motu
アヴィーチーの追憶に
喜びのパルス
ディルク・ブロッセ(指)
ブリュッセルPO
ベルギーの作曲家・指揮者ディルク・ブロッセの自作自演集。どれも世界初録音です。リズムや和声を持った映画音楽的サウンドで、生命力に満ちた力強い音楽 が、同時に死を思う側面を持ちながら展開されます。 (Ki)

Gramola
GRAM-99257(12CD)
NX-F09
「アンソロジー」アロイス・J・ ホーフシュトラッサー



【CD1】
1. ラインハルト・カイザー(1674-1739):マルコ受難曲 - 祝福されたこの時に
2. モーツァルト: 教会ソナタ 第17番K336
3-5. ヘンデル: オラトリオ『メサイア』(モーツァルト編)
3. 主なる神の栄光のために
4. いと高きところでは
5. ハレルヤ
6. ハイドン:交響曲第101番 ニ長調 「時計」 - 第1楽章
7. ハイドン:ミサ曲第9番『ネルソン・ミサ』 - キリエ
8. ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 Op.26 - 第2楽章
9. ブルックナー:モテット「正しい者の口は」 (八部合唱の為の)
10. シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47 - 第2楽章
11. ブラームス:運命の歌 Op. 54

【CD2】
1. ハイドン:交響曲第94番ト長調 「驚愕」 - 第2楽章
2-3. メンデルスゾーン: オラトリオ『エリア』 Op.70
2. 序章、合唱、レチタティーヴォ
3. 合唱付き二重唱
4. ロッシーニ:スターバト・マーテル (1842年パリ版) - 悲しみの聖母は
5. グノー:聖セシリア荘厳ミサ曲 - サンクトゥス、ベネディクトゥス
6. メンデルスゾーン:最初のワルプルギスの夜
7.ベートーヴェン: 交響曲第7番 イ長調 Op.92 - 第3楽章
8. ワーグナー:「さまよえるオランダ人」 - フィナーレ

【CD3】
1. モーツァルト:レクイエム K626 - キリエ
2. ベートーヴェン:荘厳ミサ曲 - アニュス・デイ
3. ブラームス:ドイツ・レクイエム Op.45 - 悲しんでいる人々は幸いである
4. ドヴォルザーク: レクイエム Op.89 - 主、イエス・キリストよ
5. ヴェルディ:レクイエム - リベラ・メ
6-7. フォーレ:レクイエム Op.48
6. おお、主イエス・キリストよ
7. ピエ・イエズ

【CD4】
1. モーツァルト:「魔笛」 K620 - 序曲
2. ハイドン:交響曲第101番 ニ長調 「時計」 - 第4楽章
3. モーツァルト:交響曲第40番 ト短調 K550 - 第1楽章
4. ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 「英雄」 Op.55 - 第4楽章
5. ベートーヴェン:交響曲第4番 変ロ長調 Op.60 - 第4楽章
6. ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 「田園」 Op.68 - 第2楽章
7. ベートーヴェン:合唱幻想曲 Op.80

【CD5】
1. ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番ハ短調 Op.37 - 第2楽章
2. シューベルト: 交響曲第8番 ロ短調 「未完成」 D 759 - 第1楽章
3. ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 「新世界より」 Op. 95 - 第2楽章
4. スメタナ:モルダウ
5. チャイコフスキー: 交響曲第5番 ホ短調 Op.64 - 第2楽章
6. リムスキー=コルサコフ: 交響組曲 「シェヘラザード」 Op.35 - 第3楽章

【CD6】
1. ハイドン:トランペット協奏曲 変ホ長調 - 第3楽章
2. モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K622 - 第3楽章
3. ハイドン:ピアノ協奏曲第11番ニ長調 - 第3楽章
4. シューベルト:交響曲第9番 ハ長調 「ザ・グレイト」 D 944 - 第3楽章
5. チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35 - 第1楽章
6. ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー (1924年版)
7. ラヴェル:ボレロ

【CD7】
1. ベートーヴェン:『プロメテウスの創造物』序曲 Op.43
2. ベートーヴェン:ミサ曲 ハ長調 Op.86 - 天のいと高きところには神に栄光あれ
3. ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 Op.92 - 第2楽章
4. ブラームス:アルト・ラプソディ Op. 53
5. シューベルト:音楽に寄せて(レーガー編)
6. ブラームス:哀悼歌 Op.82
7. ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
8-9. R・シュトラウス: ホルン協奏曲第2番 変ホ長調

【CD8】
1-5. ブルックナー:「テ・デウム」
6. ブルックナー:交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」 - 第1楽章
7-12. フランツ・シュミット(1874-1939):オラトリオ『7つの封印の書』
7. そうして天の長い沈黙が終わると
8. ラッパは鳴りつつ大いなる苦しみをもたらす
9. 白き御座にいますあの御方の御顔の前からは
10. そして私は見た、新しい天
11. 私はアルファでありオメガであり
12. ハレルヤ

【CD9,10】
ハイドン:オラトリオ『「天地創造』

【CD11】
1-4. ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」 Op.125

【CD12】
1-4. ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調 WAB 107
全て、 アロイス・J・ ホーフシュトラッサー(指)
【CD1】
1. 録音: 1971年6月18日、19日 ミュンヘン、CALIG-Verlag
2. 録音: 1974年 オーストリア [原盤: Preiser Records, Vox Productions, USA]
3-5. 2015年11月28日 フェルトバッハ文化センター
6. 録音: 2015年11月28日 フェルトバッハ文化センター
7. 録音:2008年12月 グラーツ、シュテファニエンザールでのクリスマス・コンサート
8. 録音:2015年5月31日 グラーツ、シュテファニエンザール
9. 録音: 2008年5月31日 グラーツ、聖アンドレ教会
10. 録音: 2004年7月14日 コングレス・レオーベン
11. 録音:1974/1976 [原盤 Preiser Records]
フランツ・ハーゼルベック(Org)…2、マルガレータ・クロブカール(S)…7、イレーネ・ヴァルナー(A)…7、ダニエル・ヨハンセン(T)…7、ダリウシュ・ニエミロヴィチ(Bs)…7、コーリー・セロヴシェク(Vn)…8、ソリスト不明…10、グラーツ・コンサートcho、…1、3-5、7、9、11、コンサート・ユーゲントcho…9、カペッラ・クラシカ…1、2、パノニアPO…3-5、6、7、8、10、ソンバトヘイ・サヴァリアSO…11
【CD2】
1. 録音:2009年6月6日 グラーツ、聖アンドレ教会
2-3. 録音:2003年 フォラウ 司教座教会
4. 録音:2008年3月9日 グラーツ、シュテファニエンザール
5. 録音:2018年5月23日 グラーツ、ヘルツ・イエス教会
6. 録音:2014年5月11日 グラーツ、シュテファニエンザール
7.録音:2007年12月16日 グラーツ、シュテファニエンザールでのクリスマス・コンサート
8. 録音:2013年5月26日 グラーツ、シュテファニエンザールでのワーグナー生誕200年記念公演
エレン・ファン・リール(S)…2-3、ロベルト・ホル(Bs)…2-3、マルガレータ・クロブカール(S)…4、ナテラ・ニコリ(Ms)…4、シャルヴァ・ムコナ(Bs)…4、ダリウス・ニエミロヴィチ(Bs)…4、ニコラ・プロクシュ(S)…5、ヤン・ペトリカ(T)…5、ヨハネス・クム(T)…6、キルステン・ブランク(ゼンタ、ソプラノ)…8、マティアス・ハウスマン(オランダ人、バリトン)…8、アンドラーシュ・モルナール(エリック、テノール)…8、クルト・リドル(ダラント、バス)…8、グラーツ・コンサートcho…2-6、8、コンサート・ユーゲントcho…2-4、6、パノニアPO…1-8
【CD3】
1. 2. 録音:2006年9月 フォラウ 司教座教会
3. 録音:2000年10月29日 グラーツ、シュテファニエンザール
4. 録音:2006年9月12日 フォラウ 司教座教会
5. 録音:2008年11月2日 グラーツ、シュテファニエンザール
6-7. 録音:2007年10月21日 グラーツ、シュテファニエンザール
エレン・ファン・リール(S)…1、ナテラ・ニコリ(Ms)…1、ヨハネス・クム(T)…1、ロベルト・ホル(Bs)…1、ビルギット・シュタインベルガー(S)…2、6-7、バルバラ・ヘルツル(Ms)…2、ヨハネス・クム(T)…2、アントン・シャリンガー(Bs-Br)…2、イヴェタ・イジーコヴァー(S)…4、バルバラ・ヘルツル(Ms)…4、オトカル・クライン(T)…4、クルト・リドル(Bs)…4、マルガレータ・クロブカール(S)…5、フローリアン・ベッシュ(Bs-Br)…6-7、ヴォルフガング・リーグラー=ソンタッキ(Org)…6-7、グラーツ・コンサートcho…1-7、コンサート・ユーゲントcho…2、4-7、パノニアPO…1-7
【CD4】
1. 録音:2012年5月5日 グラーツ、大カンマーザール
2. 録音:2015年11月28日 フェルトバッハ文化センター
3. 録音:2014年11月29日 フェルトバッハ文化センター
4. 録音:2008年3月9日 グラーツ、シュテファニンザール
5. 録音:2019年11月30日 フェルトバッハ文化センター
6. 録音:2018年12月1日 フェルトバッハ文化センター
7. 録音:2014年5月11日 グラーツ、シュテファニエンザール
ゴットリーブ・ヴァリッシュ(P)…7、ヨハネス・クム(T)…7、ゲオルク・クリムバッハー(Br)…7、マルティン・アッハライナー(Br)…7、グラーツ・ケプラースパッツェン…7、グラーツ・コンサートcho…7、パノニアPO…1-7
【CD5】
1. 録音:2014年5月11日 グラーツ、シュテファニエンザール
2. 録音:2017年12月2日 フェルトバッハ文化センター
3. 録音:2008年4月18日 ヴァイツ、クンストハウス
4. 録音:2009年7月26日 レオーベン、LCS-ドミニカーナーホーフ
5. 録音:2009年7月26日 レオーベン、LCS-ドミニカーナーホーフ
6. 録音:2009年7月26日 レオーベン、LCS-ドミニカーナーホーフ
ゴットリープ・ヴァリッシュ(P)…1、アーグネシュ・ソルテース(独奏Vn)…6、パノニアPO…1-6
【CD6】
1. 録音:2004年12月19日 グラーツ、シュテファニエンザール
2. 録音:2019年11月30日 フェルトバッハ・文化センター
3. 録音:2001年7月9日 グラーツ、シュテファニエンザール
4. 録音:1981年1月22日 エアフルト・歌劇ハウス
5. 録音:2016年12月31日 グラーツ、シュテファニエンザール
6. 録音:2010年7月24日 レオーベン、LCS-ドミニカーナーホーフ
7. 録音:2010年7月24日 レオーベン、LCS-ドミニカーナーホーフ
アルノルト・スタンコ(Tp)…1、マルリーズ・ヴィーザー(Cl)…2、バルバラ・モーザー(P)…3、コーリー・セロヴシェク(Vn)…5、カスパー・フランツ(P)…6、パノニアPO…1-3、5-7、エアフルトPO…4
【CD7】
1. 録音:2008年3月9日 グラーツ、シュテファニエンザール
2. 録音:2002年7月7日 レオーベン、ザンクト・シャビエル教区教会
3. 録音:2007年12月16日 グラーツ、シュテファニエンザールでのクリスマス・コンサート
4. 録音:2002年7月7日 レオーベン、ザンクト・シャビエル教区教会
5. 録音:2004年12月31日 グラーツ、シュテファニエンザールでのジルヴェスター・コンサート
6. 録音:1977年6月 【原盤:Preiser Records】
7. 録音:2013年7月13日 レオーベン、LCS-ドミニカーナーホーフ
8-9. 録音:2001年7月 レオーベン、マッセンブルク
マルガレータ・クロブカール(S)…2、ナテラ・ニコリ(メゾ・ソプラノ/アルト)…2、4、アティラ・フェケテ(T)…2、ギュンター・グロイスベック(Bs)…2、ロベルト・ホル(Bs-Br)…5、グラーツ・コンサートcho…2、4、6、ゾルタン・ヴァルガ(Hrn)…8-9、パノニアPO…1-5、7-9、ソンバトヘイ・サヴァリアSO…6
【CD8】
1-5. 録音:2017年6月5日 グラーツ、ヘルツ・イエス教会
6. 録音:1997年6月20日 レオーベン、ザンクト・シャビエル教区教会
7-12. 録音:2011年11月2日 グラーツ、シュテファニエンザール
二コラ・プロクシュ(S)…1-5、エヴァ・マリア・リードル(Ms)…1-5、マルクス・ミーゼンベルガー(T)…1-5、ロベルト・ホル(Bs)…1-5、ヨハネス・クム(T)…7-12、ロベルト・ホル(Bs)…7-12、エレン・ファン・リール(S)…7-12、エヴァ・マリア・リードル(Ms)…7-12、ヤン・ペトリカ(T)…7-12、ギュンター・ハウマー(Br)・・・7-12、ヴォルフガング・リーグラー・ソンタッキ(Org)…7-12、コンサート・ユーゲントcho…7-12、グラーツ・コンサートcho…1-5,7-12、パノニアPO…1-12
【CD9,10】
録音:1977年6月 ゼッカウ司教座教会及びグラーツ、シュテファニエンザール
マルガリータ・キリアキ(S)、ピーター・ベイリー(T)、ロベルト・ホル(Bs)、ルドルフ・ショルツ(Cemb)、グラーツ・コンサートcho、ソンバトヘイ・サヴァリアSO
【CD11】
1-4. 録音:2016年12月31日 グラーツ、シュテファニエンザールでのジルヴェスター・コンサート
ニコラ・プロクシュ(S)、クリスティーナ・コスロヴィ(Ms)、マーリン・ミラー(T)、ロベルト・ホル(Bs)、グラーツ・コンサートcho、パノニアPO
【CD12】
録音:2017年6月5日 グラーツ、ヘルツ・イエス教会
パノニアPO
アロイス・J・ホーフシュトラッサー(1941-)はオーストリアの指揮者。ウィーン大学とウィーンの音楽芸術大学でハ ンス・ギレスベルガーとハンス・スワロフスキーに指揮と合唱指揮を学んだ後、セルジュ・チェリビダッケの薫陶を受け ました。1966年から1971年まではグラーツ大聖堂のカペルマイスターを務め、1971年にグラーツ・コンサート合 唱団を設立、指揮するとともに、エルル国際オーケストラ週間(チロル)=現チロル・フェスティバル・エルルを設立 したほか、さまざまな教育機関で教職に就き後進の指導にあたりました。また長年にわたりパノニア・フィルハーモ ニーOの指揮者を務めています。2003年にはフランツ・シュミットの『7つの封印の書』をハンガリーで初 演するなど作品の普及に尽力し、ウィーンのフランツ・シュミット・コミュニティの名誉市民に選ばれました。
ホーフシュトラッサーが芸術監督兼会長を務めるインターパノン・コンサート・ソサエティの制作によるこのボックス セットは、グラーツ・コンサート合唱団の50年に及ぶライヴ録音を中心に収録しています。収録曲はバロックから ウィーン古典派、ロマン派、近代音楽までに及ぶ交響曲、協奏曲の楽章、オラトリオ、ミサ曲、歌劇の抜粋等と 多岐にわたるもの。使用された音源は、グラーツの歴史的なホールであるシュテファニエンザールや、レオーベンの ゾンマーフィルハーモニー国際音楽祭、ヴァイツでのペンテコステ・コンサートなどのライヴ録音を中心に、フェルト バッハやフォラウ(シュタイアーマルク州)での チャリティ・コンサートの録音も収録。さらにハイドンの『天地創造』、 ベートーヴェンの第九、ブルックナーの交響曲第7番の全曲録音も収録されています。 オーストリアの文化に深 く根ざしながらも、日本では広く知られているとは言えないホーフシュトラッサー。その指揮芸術に触れる上で恰好 のリリースです。


Anaklasis
ANABOX-20898
(36CD)
完全数量限定生産
00 for 100〜ポーランド音楽の100年







【CD1】
1. 1918年
シマノフスキ:狂ったムアッジンの歌 Op.42
2. 1919年
カジミエシュ・シコルスキ(1895-1986):交響曲第1番イ短調
3. 1920年
ルドミル・ミハウ・ロゴフスキ(1881-1954):ファンタスマゴリーズ
【CD2】
1. 1921年
アレクサンデル・タンスマン:7つの前奏曲
2. 1922年
エウゲニウシュ・モラフスキ:バレエ音楽「シヴィテジアンカ」
3. 1923年
アポリナリ・シェルト(1884-1966):交響組曲「パン・タデウシュ」Op.17

【CD3】
1. 1924年
シマノフスキ:歌劇「ロジェ王」Op.46

【CD4】
1. 1925年
アレクサンデル・タンスマン:ピアノ協奏曲第1番
2. 1926年
シマノフスキ:スターバト・マーテル Op.53

【CD5】
1. 1927年
スタニスワフ・ヴィエホヴィチ(1893-1963):ホップ 〜 シンフォニー・オーケストラの為の婚礼の踊り
2. 1928年
ロマン・マチエイェフスキ(1910-1998):クルピエ地方の歌
3. 1929年
タデウシュ・シェリゴフスキ(1896-1963):カジウキ
4. 1930年
ミハウ・コンドラツキ(1902-1984):小さな高地の交響曲「ピクチャーズ・オン・グラス」Op.8
録音年月日記載無し(2007年頃)

【CD6】
1. 1931年
シマノフスキ:バレエ音楽「ハルナシェ」Op.55
2. 1932年
ユゼフ・コフレル(1896-1944):ピアノ協奏曲 Op.13
【CD7】
1. 1933年
フェリクス・ノヴォヴィエイスキ(1877-1946):オルガン交響曲第9番ヘ短調 Op.4
2.1934年
ボレスワフ・ヴァレク・ヴァレフスキ(1885-1944):上部シレジアでの結婚

【CD8】
1. 1935年
シモン・ラクス(1901-1983):ポーランド組曲
2. 1936年
アントニ・シャウォフスキ(1907-1973):序曲
3. 1937年
ルドミル・ルジツキ:バレエ音楽「アポロと乙女」
【CD9】
1. 1938年
ヤン・アダム・マクラキエヴィチ(1899-1954):バレエ音楽「ワルシャワのカリオストロ」
2. 1939年
ロマン・パドレフスキ(1915-1944):スターバト・マーテルシャワ)
3. 1940年
ウワディスワフ・シュピルマン:ピアノとオーケストラの為のコンチェルティーノ
ピオトル・サワイチク(P)、ティヒ市室内O 「AUKSO」、マレク・モシ(指)

【CD10】
1. 1941年
ミハウ・スピサク(1914-1965):クラリネット協奏曲
2. 1942年
パヌフニク:悲劇的序曲
3. 1943年
カロル・ラートハウス(1895-1954):交響楽の為のポロネーズ Op.52
4. 1944年
コンスタンティ・レガメイ(1907-1982):五重奏曲

【CD11】
1. 1945年
ボレスワフ・ヴォイトヴィチ (1899-1980):交響曲第2番「ワルシャワ」
2. 1946年
タデウシュ・ジークフリート・カッセルン(1904-1957):オーボエと弦楽オーケストラの為の協奏曲
3. 1947年
ジグムント・ミチェルスキ:トリスタンの嘆き

【CD12】
1. 1948年
ズビグニェフ・トゥルスキ(1908-1979):交響曲第2番「オリンピック」
2. 1949年
ステファン・キシエレフスキ(1911-1991):室内オーケストラの為の協奏曲

【CD13】
1. 1950年
アルトゥル・マラフスキ(1904-1957):バレエ・パントマイム「ザ・ピークス」
2. 1951年
タデウシュ・バイルト(1928-1981):コラ・ブルニョン

【CD14】
1. 1952年
ロマン・パレスター(1907-1989):交響曲第4番
2. 1953年
バツェヴィチ:交響曲第4番

【CD15】
1. 1954年
ロマン・ハウベンストック=ラマティ(1919-1994):ハープシコード協奏曲「レチタティーヴォとアリア」
2. 1955年
ピオトル・ペルコフスキ(1901-1990):夜想曲
3. 1956年
セロツキ(1922-1981):2つの弦楽オーケストラの為のシンフォニエッタ
4. 1957年
タデウシュ・マフル(1922-2003):オルガン協奏曲第4番

【CD16】
1. 1958年
ルトスワフスキ:葬送音楽
録音年月日記載無し(1978年頃)
2. 1959年
ヴウォジミエシュ・コトンスキ(1925-2014):スタディ・オン・ワン・シンバル・ストローク
3. 1960年
ペンデレツキ:広島の犠牲者の追悼の為の哀歌
4. 1961年
バツェヴィチ:夜の思想
5. 1962年
ボレスワフ・シャベルスキ(1896-1979):「9つの」箴言
6. 1963年
7. 1964年
ボグスワフ・シェッフェル(1929-2019):交響曲「テープの為のエレクトリック・ミュージック」

【CD17】
1. 1965年
ペンデレツキ:ルカ受難曲

【CD18】
1. 1966年
タデウシュ・バイルト(1928-1981):音楽ドラマ「明日」
2. 1967年
エウゲニウシュ・ルドニク(1932-2016):ディクシー

【CD19】
1. 1968年
ルトスワフスキ:オーケストラの為の書
2. 1969年
ジグムント・クラウゼ(1938-):オーケストラの為の小品第1番
3. 1970年
ドブロヴォルスキ(1921-1990):オーケストラの為の音楽第2番「Amar.」
4. 1971年
セロツキ(1922-1981):ファンタズマゴリア
5. 1972年
ズビグニェフ・ペンヘルスキ(1935-2019):呪文 I

【CD20】
1. 1973年
ユリウシュ・ウーチュク(1927-):2部の歌劇=バレエ「オルフェウスの愛」
2. 1974年
バルバラ・ブチェク(1940-1993):89楽器の為の「アネクメーネ」
3. 1975年
クシャノフスキ(1951-1990):プログラム IV

【CD21】
1. 1976年
グレツキ:交響曲第3番「悲歌のシンフォニー」 Op.36
2. 1977年
ロムアルト・トヴァルドフスキ(1930-):ポーランドの守護聖人のセクエンツィア

【CD22】
1. 1978年
エウゲニウシュ・クナピク(1951-):コラール、間奏曲とアリア
2. 1979年
アウグスティン・ブロフ(1929-2006):アネナイキ
3. 1980年
トマシュ・シコルスキ(1939-1988):ストリングス・イン・ジ・アース
4. 1981年
パヌフニク:シンフォニア・ヴォティーヴァ

【CD23】
1. 1982年
ブロニスワフ・カジミエシュ・プシビルスキ(1941-2011):プログラム「S」 シマノフスキへのオマージュ
2. 1983年
ルトスワフスキ:交響曲第3番
3. 1984年
ユゼフ・シヴィデル(1930-):カノン

【CD24】
1. 1985年
マルタ・プタシンスカ(1943-):マリンバ協奏曲
2. 1986年
ヴォイチェフ・キラル(1932-2013):オラヴァ
3. 1987年
シャロネク(1927-2001):内側?外側?(Inside? ? Outside?)

【CD25】
1. 1988年
タデウシュ・ヴィエレツキ(1954-):枝分かれした無数の織(Numerous Branches of Ramified Plaits)
2. 1989年
アレクサンデル・ラソン(1951-):大聖堂

【CD26】
1. 1990年
パヴェウ・シマンスキ(1954-):シンフォニエッタ風に(Quasi una sinfonietta)
2. 1991年
グラジナ・プストロコニスカ=ナヴラティル(1947-):打楽器協奏曲
3. 1992年
ミェチスワフ・ヴァインベルク(1919-1996):室内交響曲第4番

【CD27】
1. 1993年
スタニスワフ・クルポヴィチ(1952-):世紀末
2. 1994年
ズビグニェフ・バルギェルスキ(1937-):トリゴナリア
3. 1995年
クリスティナ・モシュマンスカ=ナザル(1924-):弦楽四重奏曲第3番

【CD28】
1. 1996年
クシシュトフ・メイエル(1943-):ミサ曲 Op.68
2. 1997年
ラファウ・アウグスティン(1951-):鏡
【CD29】
1. 1998年
マレク・スタホフスキ(1936-2004):シンフォニエッタ
2. 1999年
パヴェウ・ウカシェフスキ(1968-):アンティフォン

【CD30】
1. 2000年
エルジュビェタ・シコラ(1943-):ピアノ協奏曲第1番 「ショパンへのオマージュ」
2. 2001年
ズビグニェフ・ブヤルスキ(1933-2018):弦楽四重奏曲 「秋のために」
3. 2002年
コシェフスキ(1922-2015):ウニティス・フィリブス
4. 2003年
ツェザリ・ドゥフノフスキ(1971-):monad3

【CD31】
1. 2004年
クシシュトフ・クニッテル(1947-):マタイ受難曲

【CD32】
1. 2005年
ペンデレツキ:交響曲第8番 「儚さの歌」
2. 2006年
イェジー・コルノヴィチ(1959-):暁光W 「Melos-Ethos」
3. 2007年
リディア・ジェリンスカ(1953-):コンラッドの7つの島

【CD33-34】
1. 2008年
パヴェウ・ミキエティン(1971-):マルコ受難曲

【CD34】
1. 2009年
ダリウシュ・プシビルスキ(1984-):ヴァイオリンと弦楽オーケストラの為の協奏曲 「Oneiros」 Op.47
【CD35】
1. 2010年
アガタ・ズベル(1978-):Not I
2. 2011年
ヤゴダ・シュミトゥカ(1982-):electrified memories of bloody cherries(血まみれのサクランボの電子的な思い出)
3. 2012年
マルツェル・フィジンスキ(1971-):浮世絵
4. 2013年
クヴィエチンスキ(1984-):Canzon de' baci
5. 2014年
ドブロミワ・ヤスコト(1981-):スレイプニル

【CD36】
1. 2015年
アレクサンデル・ノヴァク(1979-):ナニナーナ
2. 2016年
マルチン・スタンチク(1977-):サム・ドロップス
3. 2017年
ハンナ・クレンティ=マヨール(1961-):コンチェルト・ロッソ
3. 2018年
ペンデレツキ:独立したポーランドの為のファンファーレ
■CD1
1.バルバラ・ザゴルザンカ(S)、ポーランド国立歌劇場テアトロ・ヴィエルキO、ロベルト・サタノフスキ(指)
録音年月日記載無し(1986年頃)
2. ワルシャワPO、マジェナ・ディアクン(指)
録音:2018年5月-6月、ワルシャワ・フィルハーモニー・コンサート・ホール(ワルシャワ)
3. 1920年 ルドミル・ミハウ・ロゴフスキ(1881-1954):ファンタスマゴリーズ
イザベラ・コペッチ(Ms)、ポーランド国立歌劇場テアトロ・ヴィエルキO、ウカシュ・ボロヴィチ(指)
録音年月日記載無し(2017年頃)
■CD2
1. イグナツィ・リシエツキ(P)
録音:2018年2月、ワルシャワ・フィルハーモニー室内楽ホール(ワルシャワ)
2. ポーランド国立歌劇場テアトロ・ヴィエルキO、ウカシュ・ボロヴィチ(指)
録音:2017年11月、ポーランド国立歌劇場テアトロ・ヴィエルキ・モニューシュコ・ホール(ワルシャワ)
3. ポーランド放送O、ミハウ・クラウザ(指)
録音:2018年4月、ポーランド放送ヴィトルト・ルトスワフスキ・スタジオ(ワルシャワ)
■CD3
1. ヴォイチェフ・ドラボヴィチ(Br)、オルガ・パシェチニク(S)、クシシュトフ・シュミト(T)、ピオトル・ベチャワ(T)、ロムアルト・テサロヴィチ(Bs)、ステファニア・トチスカ(Ms)、アラ・ポラッカcho、ポーランド国立歌劇場テアトロ・ヴィエルキO&cho、ヤツェク・カスプシク(指)
録音年月日記載無し(2003年頃)
■CD4
1.ヴァルデマル・マリツキ(P)、カトヴィツェ・ポーランド放送大SO、アンドレイ・ボレイコ(指)
録音年月日記載無し(1997年頃)
2.アレクサンドラ・クジャク(S)、アグニェシュカ・レーリス(Ms)、アルトゥル・ルチキンスキ(Br)、ワルシャワPO&cho、ヤツェク・カスプシク(指)
録音年月日記載無し(2017年頃)
■CD5
1. カトヴィツェ・ポーランドRSO、ウカシュ・ボロヴィチ(指)
録音:2017年10月、NOSPRコンサートホール(カトヴィツェ)
2. ポーランド放送cho、マリア・ピオトロフスカ=ボガレツカ(指)
録音:2018年1月、聖マルティン教会(クラクフ)
3. ポズナンPO、ウカシュ・ボロヴィチ(指)
録音:2017年12月、アダム・ミツキェヴィチ大学講堂(ポズナン)
4. シンフォニア・ヴァルソヴィア、ヴォイチェフ・ミチニエフスキ(指)
録音年月日記載無し(2007年頃)
■CD6
1. イェジー・クネティク(T)、ワルシャワPO&cho、カジミエシュ・コルド(指)
録音年月日記載無し(1996年頃)
2. マウゴジャタ・ヴァレンティノヴィチ(P)、シンフォニア・ヴァルソヴィア、セバスティアン・ペルウォフスキ(指)
録音:2018年3月、ATMスタジオ(ワルシャワ)
■CD7
1. エルジュビエタ・カロラク(Org)、ポズナン空軍O、パヴェウ・ヨクス(指)
録音:2017年11月、聖ペテロ・パウロ大聖堂(ポズナン)
2.ボレスワフ・ヴァレク・ヴァレフスキ(1885-1944):上部シレジアでの結婚
スタニスワフ・ハディナ・ポーランド国立民族合唱舞踊団「シロンスク」、クシシュトフ・ジェヴィエンツキ(指)、ミロスワフ・マチェイ・バナフ(指)
録音:2018年2月、パレス&パーク・コンプレックス(コシェンチン)
■CD8
1. ポーランド放送O、ギヨーム・トゥルニエール(指)
録音年月日記載無し(2008年頃)
2. シンフォニア・ヴァルソヴィア、イェジー・マクシミウク(指)
録音年月日記載無し(2014年頃)
3.シンフォニア・ヴァルソヴィア、バッセム・アキキ(指)
録音:2018年1月、ペンデレツキ・ヨーロピアン・センター(ルスワビツェ)
■CD9
1. シンフォニア・ヴァルソヴィア、レナート・リヴォルタ(指)
録音:2017年10月、ポーランド放送ヴィトルト・ルトスワフスキ・コンサート・スタジオ(ワルシャワ)
2. ワルシャワ・フィルハーモニーcho、バルトシュ・ミハウォフスキ(指)
録音:2018年2月、ワルシャワ・フィルハーモニー・コンサート・ホール(ワルシャワ)
3. ウワディスワフ・シュピルマン:ピアノとオーケストラの為のコンチェルティーノ
ピオトル・サワイチク(P)、ティヒ市室内O 「AUKSO」、マレク・モシ(指)
録音:2018年2月、シマノフスキ音楽アカデミー・コンサート・ホール(カトヴィツェ)
■CD10
1. クシシュトフ・グジボフスキ(Cl)、ポーランド放送O、ミハウ・クラウザ(指)
録音:2018年3月、ポーランド放送ヴィトルト・ルトスワフスキ・スタジオ(ワルシャワ)
2. ポーランド放送O、ウカシュ・ボロヴィチ(指)
録音年月日記載無し(2008年頃)
3. シンフォニア・ヴァルソヴィア、アンドレス・ムストネン(指)
録音年月日記載無し(2015年頃)
4. ユリアン・パプロツキ(Cl)、アルトゥル・カスペレク(Fg)、ヤクブ・ヤコヴィチ(Vn)、アンジェイ・バウアー(Vc)、バルトシュ・ベドナルチク(P)
録音:2018年3月、ペンデレツキ・ヨーロピアン・センター(ルスワビツェ)
■CD11
1. カトヴィツェ・ポーランドRSO、ホセ・マリア・フローレンシオ(指)
録音:2017年7月、NOSPRコンサートホール(カトヴィツェ)
2. アルカディウシュ・クルパ(Ob)、ポーランド放送アマデウス室内O、アグニェシュカ・ドゥチマル(指)
録音年月日記載無し(2015年頃)
3. ポーランド放送O、アンジェイ・ストラシンスキ(指)
録音年月日記載無し(2007年頃)
■CD12
1. シレジアPO、ミロスワフ・ヤツェク・ブワシュチク(指)
録音:2017年12月、H.M.グレツキ・シレジア・フィルハーモニー・コンサート・ホール(カトヴィツェ)
2. ティヒ市室内O 「AUKSO」、マレク・モシ(指)
録音:2017年11月、アルヴェニア・スタジオ
■CD13
1. ヨアンナ・フレシェル(S)、トマシュ・クーク(T)、シモン・コマサ(Br)、NFMcho、NFMヴロツワフPO、ピオトル・スウコフスキ(指)
録音:2018年6月、ヴィトルト・ルトスワフス国立音楽フォーラム(NFM)メイン・コンサート・ホール(ヴロツワフ)
2. ウカシュ・ドゥウゴシュ(Fl)、ティヒ市室内O 「AUKSO」、マレク・モシ(指)
録音:2017年11月、アルヴェニア・スタジオ
■CD14
1. シンフォニア・ヴァルソヴィア、バッセム・アキキ(指)
録音:2018年1月、ペンデレツキ・ヨーロピアン・センター(ルスワビツェ)
2. シンフォニア・ヴァルソヴィア、エヴァ・ストゥルシンスカ(指)
録音:2018年5月、ATMスタジオ(ワルシャワ)
■CD15
1. 1ゴシュカ・イスフォルディング(ハープシコード)、ポーランド放送O、ミハウ・クラウザ(指)
録音:2018年4月、ポーランド放送ヴィトルト・ルトスワフスキ・スタジオ(ワルシャワ)
2. ポーランド・シンフォニア・ユヴェントスO、マチェイ・トヴォレク(指)
録音:2018年1月、ポーランド放送ヴィトルト・ルトスワフスキ・スタジオ(ワルシャワ)
3. ポーランド放送アマデウス室内O、アンナ・ドゥチマル=モルズ(指)
録音:2018年1月、アダム・ミツキェヴィチ大学講堂(ポズナン)
4. アンジェイ・ビアウコ(パイプ・オルガン)、シンフォニエッタ・クラコヴィア、ユレク・ディバウ(指)
録音:2018年1月、シマノフスキ・フィルハーモニック・コンサート・ホール(クラクフ)
■CD16
1. カトヴィツェ・ポーランド放送大SO、ヴィトルト・ルトスワフスキ(指)
録音年月日記載無し(1978年頃)
2. エウゲニウシュ・ルドニク(テープ制作)
録音年月日記載無し(1959年頃)
3. シンフォニア・ヴァルソヴィア、クシシュトフ・ウルバンスキ(指)
録音年月日記載無し(2013年頃)
4. シンフォニア・ヴァルソヴィア、レナート・リヴォルタ(指)
録音:2017年10月、ポーランド放送ヴィトルト・ルトスワフスキ・コンサート・スタジオ(ワルシャワ)
5.ニュー・ミュージック・オーケストラ〔アリチャ・モリトリス(Fl)、アダム・スタフラ(Ob)、ヤドヴィガ・チャルコフスカ(Cl)、トマシュ・ソスヴァ(Tp)、マテウシュ・コノプカ(Tb)、ヴォイチェフ・ヘジク(パーカッション)、イレナ・カリノフスカ=グロース(Vn)、クシシュトフ・バトグ(Va)、ダヌタ・ソビク=プトク(Vc)〕、シモン・ビヴァレツ(指)
録音:2018年1月、NOSPRコンサート・ホール(カトヴィツェ)
6. ティヒ市室内O 「AUKSO」、マレク・モシ(指)
録音年月日記載無し(2015年頃)
7. ボフダン・マズレク(テープ制作)
録音年月日記載無し(1970年頃)
■CD17
1. ステファニア・ヴォイトヴィチ(S)、アンジェイ・ヒオルスキ(Br)、ベルナルト・ワディシュ (Bs)、レシェク・ヘルデゲン(朗読)、クラクフ・フィルハーモニー少年cho、クラクフ・フィルハーモニー混声cho、クラクフPO、ヘンリク・チェズ(指)
録音年月日記載無し(1966年頃)
■CD18
1. クリスティナ・ショステク=ラトコヴァ(Ms)、イェジー・アルティシュ(Br)、エドヴァルト・パフラク(Bs)、ヤヌシュ・オストロフスキ(朗読)、ポズナンPO、レナルト・チャイコフスキ(指)
録音年月日記載無し(1973年頃)
2. エウゲニウシュ・ルドニク(テープ制作)
録音年月日記載無し(1967年頃)
■CD19
1. カトヴィツェ・ポーランド放送大SO、ヴィトルト・ルトスワフスキ(指)
録音年月日記載無し(1978年頃)
2. シンフォニア・ヴァルソヴィア、シモン・ビヴァレツ(指)
録音:2017年10月、ポーランド放送ヴィトルト・ルトスワフスキ・スタジオ(ワルシャワ)
3. ティヒ市室内O 「AUKSO」、マレク・モシ(指)
録音:2017年11月、アルバーニア・スタジオ(クラクフ)
4. エミリア・シタシュ(P)、マグダレーナ・コルディラシンスカ=ペンカラ(パーカッション)
録音:2017年12月、ポーランド放送S2スタジオ(ワルシャワ)
5. ホブ=ビーツ・パーカッション・グループ
録音:2017年12月、ポーランド放送S2スタジオ(ワルシャワ)
■CD20
1. オルガ・パシェチュニク(S)、ヨアンナ・フレシェル(S)、タデウシュ・シュレンキェル(T)、トマシュ・コニェチュニ(Br)、ワルシャワ・フィルハーモニーcho、シンフォニア・ヴァルソヴィア、グジェゴシュ・ノヴァク(指)
録音:2017年12月、ポーランド放送ヴィトルト・ルトスワフスキ・スタジオ(ワルシャワ)
2. カトヴィツェ・ポーランド国立RSO、マチェイ・トヴォレク(指)
録音:2018年7月、NOSPRコンサートホール(カトヴィツェ)
3. ミウォシュ・ペンカラ(テープ・プロダクション、アーティスティック・ディレクション)、オルガ・プシビウ(サイレン)、マグダレーナ・コルディラシンスカ=ペンカラ(プレート)、ラドスワフ・クシジョフスキ(スピーカー)、ヤロスワフ・ベステル(アコーディオン)
録音:2017年12月、ポーランド放送S2スタジオ(ワルシャワ)
■CD21
1. ゾフィア・キラノヴィチ(S)、カトヴィツェ・ポーランド国立RSO、アントニ・ヴィト(指)
録音年月日記載無し(1994年頃)
2. トマシュ・コニェチュニ(Br)、ワルシャワ・フィルハーモニーcho、シンフォニア・ヴァルソヴィア、グジェゴシュ・ノヴァク(指)
録音:2017年12月、ポーランド放送ヴィトルト・ルトスワフスキ・スタジオ(ワルシャワ)
■CD22
1. ウカシュ・ドゥウゴシュ(Fl)、マルチン・シヴィオントキエヴィチ(ハープシコード)、ティヒ市室内O 「AUKSO」、マレク・モシ(指)
録音:2017年11月
2. カメラータ・シレジア、アンナ・ショスタク(指)
録音:2017年10月、NOSPRコンサートホール(カトヴィツェ)
3. ティヒ市室内O 「AUKSO」、マレク・モシ(指)
録音:2017年10月、アルバーニア・スタジオ(クラクフ)
4. カトヴィツェ・ポーランド国立RSO、タデウシュ・ヴォイチェホフスキ(指)
録音年月日記載無し(2001年頃)
■CD23
1. ティヒ市室内O 「AUKSO」、マレク・モシ(指)
録音:2017年10月、アルバーニア・スタジオ(クラクフ)
2. カトヴィツェ・ポーランド放送大SO、ヴィトルト・ルトスワフスキ(指)
録音年月日記載無し(1992年頃)
3. カメラータ・シレジア、アンナ・ショスタク(指)
録音:2017年11月、NOSPRコンサートホール(カトヴィツェ)
■CD24
1. マルタ・クリマサラ(マリンバ)、シンフォニア・ヴァルソヴィア、シモン・ビヴァレツ(指)
録音:2017年10月、ポーランド放送ヴィトルト・ルトスワフスキ・スタジオ(ワルシャワ)
2. ティヒ市室内O 「AUKSO」、マレク・モシ(指)
録音:2018年8月、シマノフスキ音楽院コンサートホール(カトヴィツェ)
3. ミハウ・グルチンスキ(バスクラリネット)、シレジアSQ
録音年月日記載無し(2004年頃)
■CD25
1. 1ユリアン・パプロツキ(Cl)、アダム・コシュミエヤ(P)、アンジェイ・バウアー(Vc)
録音:2018年3月、ペンデレツキ・ヨーロッパ音楽センター(ルスワビツェ)
2. 1989年
アレクサンデル・ラソン(1951-):大聖堂
カトヴィツェ・ポーランド放送大SO、アントニ・ヴィト(指)
録音年月日記載無し(1990年頃)
■CD26
1. ティヒ市室内O 「AUKSO」、マレク・モシ(指)
録音:2018年8月、シマノフスキ音楽院コンサートホール(カトヴィツェ)
2. マリアンナ・ベドナルスカ(パーカッション)、ポーランド・シンフォニア・ユヴェントゥスO、マチェイ・トヴォレク(指)
録音:2018年1月、ポーランド放送ヴィトルト・ルトスワフスキ・スタジオ(ワルシャワ)
3. ポーランド放送アマデウス室内O、アグニェシュカ・ドゥチマル(指)
録音年月日記載無し(2015年頃)
■CD27
1. カトヴィツェ・ポーランド放送大SO、浮ヶ谷孝夫(指)
録音年月日記載無し(1993年頃)
2. マルチン・ディラ(G)、クラウディウシュ・バラン(アコーディオン)、リシャルト・ハーバ(パーカッション)、シンフォニエッタ・クラコヴィア、ユレク・ディバウ(指)
録音:2018年1月、クラクフ放送ロマナ・ボブロフスカ・スタジオ
3. シレジアSQ
録音:2018年1月、シマノフスキ音楽院コンサートホール(カトヴィツェ)
■CD28
1. ポーランド放送cho、カトヴィツェ・ポーランドRSO、アントニ・ヴィト(指)
録音年月日記載無し(1999年頃)
2. NFMアンサンブル、ジャヌシュ・ムシャウ(Cb)、ヴワジスワフ・コセンディアク(Sax)、エロイ・パニソ(Tb)、クシシュトフ・クションジェク(P)、ヴォイチェフ・ブリンスキ(パーカッション)、ラファウ・アウグスティン(ヴォイス)
録音:2018年6月、ヴィトルト・ルトスワフス国立音楽フォーラム(NFM)メイン・コンサート・ホール(ヴロツワフ)
■CD29
1. 1998年
マレク・スタホフスキ(1936-2004):シンフォニエッタ
ポーランド放送アマデウス室内O、アグニェシュカ・ドゥチマル(指)
2. 1999年
パヴェウ・ウカシェフスキ(1968-):アンティフォン
シレジア・アンサンブル、アンナ・ショスタク(指)
録音:2017年12月、NOSPRコンサート・ホール(カトヴィツェ)
■CD30
1. アダム・コシュミエヤ(P)、シンフォニア・ヴァルソヴィア、バッセム・アキキ(指)
録音:2018年1月、ペンデレツキ・ヨーロッパ音楽センター(ルスワビツェ)
2. ルトスワフスキ四重奏団〔バルトシュ・ヴォロフ(Vn1)、マルチン・マルコヴィチ(Vn2)、アルトゥル・ロズミスウォヴィチ(Va)、マチェイ・ムウォダフスキ(Vc)〕
録音:2018年5月、ヴィトルト・ルトスワフス国立音楽フォーラム(NFM)メイン・コンサート・ホール(ヴロツワフ)
3. シレジア・アンサンブル、アンナ・ショスタク(指)
録音:2017年11月、NOSPRコンサート・ホール(カトヴィツェ)
4. アガタ・ズベル(ヴォイス)、ツェザリ・ドゥフノフスキ(コンピューター、ピアノ)
録音年月日記載無し(2004年頃)
■CD31
1. ドロタ・ラホヴィチ=ピエンジェイェフスカ(Ms)、アグニェシュカ・リプスカ=ナコニェチニク(Ms)、クシシュトフ・クル(T)、ウカシュ・ロシアク(Br)、ヤロスワフ・ブレンク(Br)、ヴォイチェフ・ギエルラフ(Bs)、クシシュトフ・クニッテル(電子楽器)、ポーランド放送アマデウス室内O、アグニェシュカ・ドゥチマル(指)
録音年月日記載無し(2004年頃)
■CD32
1. イヴォナ・ホッサ(S)、エヴァ・ヴォラク(A)、トマス・E.バウアー(Br)、シレジア・フィルハーモニーcho、ポーランド放送cho、カトヴィツェ・ポーランドRSO、ペンデレツキ(指)
録音年月日記載無し(2007年頃)
2. ニュー・ミュージック・オーケストラ〔アリチャ・モリトリス(Fl)、アダム・スタフラ(Ob)、ヤドヴィガ・チャルコフスカ(Cl)、ヤチェク・オレシク(Fg)、トマシュ・ソスヴァ(Tp)、ミロスワフ・クフレフスキ(Hrn)、マテウシュ・コノプカ(Tb)、ヴォイチェフ・ヘジク(パーカッション)、ドロタ・アダムチャク(P)、マレク・アンドリセク(アコーディオン)、イレナ・カリノフスカ=グロース(Vn)、アグニェシュカ・ラソン(Vn)、クシシュトフ・バトグ(Va)、ダヌタ・ソビク=プトク(Vc)、ウカシュ・ベブウォト(Cb)〕、シモン・ビヴァレツ(指)
録音:2017年10月、NOSPRコンサート・ホール(カトヴィツェ)
3. 2007年
リディア・ジェリンスカ(1953-):コンラッドの7つの島
ニュー・ミュージック・オーケストラ〔シモン・ビヴァレツ(指)
録音年月日記載無し(2007年頃)
■CD33-34
1. ウルシュラ・クリゲル(S)、カタジナ・モシ(ナチュラル・ヴォイス)、マチェイ・ストゥール(朗読)、カントレス・ミノレス・ヴラティスラヴィエンセス、ショパン音楽大学ワルシャワ少年cho、ティヒ市室内O 「AUKSO」、クシシュトフ・バルチク(エレクトリック・ギター)、パヴェウ・スタンキエヴィチ(エレクトリック・ギター)、ヴォイチェフ・ゴンショル(ベース・ギター)、ヴワディスワフ・コセンディアク(Sax)、ロベルト・シヴァク(パーカッション)、モニカ・シュリンスカ(パーカッション)、ヤクブ・ウルバンチク(テューバ)、マレク・モシ(指)
録音年月日記載無し(2010年頃)
■CD34
1. ヤヌシュ・ヴァフロフスキ(Vn)、ティヒ市室内O 「AUKSO」、マレク・モシ(指)
録音年月日記載無し(2010年頃)
■CD35
1. アガタ・ズベル(ヴォイス)、ニュー・ミュージック・オーケストラ〔アリチャ・モリトリス(Fl)、ヤドヴィガ・チャルコフスカ(Cl)、ヴォイチェフ・ヘジク(パーカッション)、アンナ・クシェショヴィエツ(P)、クシシュトフ・ラソン(Vn)、スタニスワフ・ラソン(Vc)〕、シモン・ビヴァレツ(指)
録音:2018年1月、NOSPRコンサート・ホール(カトヴィツェ)
2. コンテンポラリー・アンサンブル「Spo?dzielnia Muzyczna」、バルバラ・ボロヴィチ(Cl)、ミハウ・ラザル(G)、アレクサンデル・ヴヌク(パーカッション)、マルティナ・ザクジェフスカ(P)、ヤクブ・グチク(Vc)、マテウシュ・ラスカ(Cb)
録音:2017年12月、ポーランド放送イェジー・ヴァソフスキ・スタジオ(ワルシャワ)
3. ティヒ市室内O 「AUKSO」、マレク・モシ(指)
録音:2017年11月、アルヴェルニア・スタジオ(ポーランド)
4. カロル・コズウォフスキ(T)、ティヒ市室内O 「AUKSO」、マレク・モシ(指)
録音年月日記載無し(2013年頃)
5. フランク・ヴォルナー(Br)、マウゴジャタ・ヴァレンティノヴィチ(P、ヴォイス)、アグニェシュカ・コプロフスカ=ボルン(パーカッション、ヴォイス)
録音年月日記載無し(2014年頃)
■CD36
1. ピオトル・オジェホフスキ(ローズ・ピアノ)、ティヒ市室内O 「AUKSO」、マレク・モシ(指)
録音:2018年6月、シマノフスキ音楽アカデミー・コンサート・ホール(カトヴィツェ)
2. マルコ・ブラーウ(Tp)ニュー・ミュージック・オーケストラ〔アリチャ・モリトリス(Fl)、アダム・スタフラ(Ob)、ヤドヴィガ・チャルコフスカ(Cl)、ドロタ・アダムチャク(P)、ヴォイチェフ・ヘジク(パーカッション)、ドミニク・コスサコフスキ(Vn)、イザベラ・コザク(Vn)、クシシュトフ・バトグ(Va)、ダヌタ・ソビク=プトク(Vc)、ウカシュ・ベブウォト(Cb)〕、アンサンブル・ムジクファブリク、シモン・ビヴァレツ(指)
録音:2018年3月、NOSPRコンサート・ホール(カトヴィツェ)
3. アトムSQ〔ダヴィド・ルボヴィチ(Vn1)、マテウシュ・スモチンスキ(Vn2)、ミハウ・ザボルスキ(Va)、クシシュトフ・レンチョフスキ(Vc)〕、NFMレオポルディヌム・オーケストラ、クリスティアン・dノヴィチ(指)
録音年月日記載無し(2017年頃)
3. ポーランド国立RSOの室内ミュージシャン〔タデウシュ・トマシェフスキ(Hrn)、スタニスワフ・ジェヴィオル(Tp)、ピオトル・ピダ(Tp)、ピオトル・ノヴァク(Tp)、トマシュ・ハイダ(Tb)、ミハウ・マズルキエヴィチ(Tb)、マレク・コストゥカ(テューバ)、ヴォイチェフ・モルチンチク(ティンパニ)、ミハウ・ジメウカ(パーカッション)〕、マチェイ・トヴォレク(指)
録音:2018年7月、NOSPRコンサート・ホール(カトヴィツェ)
ポーランド最大級の音楽出版社「ポーランド音楽出版社(PWM Edition)」が設立したレーベル「Anaklasis(アナクラシス)」より、2018年のポーランド独立100周年を記念した超特大BOXセットがリリース。1918年から2018年までに作曲されたポーランド音楽から、その年を代表する1曲を選び、1年につき1曲ずつ収録。シマノフスキ、タンスマン、パヌフニク、バツェヴィチ、ルトスワフスキ、ペンデレツキなど20世紀ポーランドを代表する作曲家たちの作品から、ポーランド国外では余り知られていない作曲家の作品、現代ポーランド楽壇を担う現代作曲家たちの作品までを36枚のCDに集成(ポーランド放送のアーカイヴ音源と、このプロジェクトのために製作された新録音)。重厚な10冊のブックレット(英語)には、豊富な楽譜資料を含む詳細な作品解説や作曲家の略歴、演奏家の紹介、録音データ、ポーランド音楽の歴史についてなどが掲載されています。もちろん、参加アーティストはポーランドを代表する指揮者、オーケストラ、合唱団、アンサンブル、ソリストたちが満載。ポーランド音楽ファン必聴必携の限定豪華BOXセットにご期待ください!
※輸入商品、特殊形態商品につき、ポーランドからの輸送中に収納ケース外側などに軽微な傷や汚れ、へこみ等が発生する可能性がございます。予めご了承下さい。

Altus
ALT-499(2CD)
ゴロワノフの芸術 第5集〜ワーグナー:管弦楽作品集
(1)「さまよえるオランダ人」序曲
(2)「リエンツィ」序 曲
(3)「タンホ イザー」序 曲
(4)序曲「ファウスト」
(5)「トリスタンとイゾルデ」 前奏曲と愛の死
(6)「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 第1幕への前奏曲
(7)「パルジファル」 前奏曲
(8)「パルジファル」 聖金曜日の奇跡
ニコライ・ゴロワノフ(指)
モスクワRSO

(1)モノラル録音:1951年12月16日
(2)モノラル録音:1951年12月13日
(3)モノラル録音:1951年11月14日
(4)モノラル録音:1947年
(5)モノラル録音:1950年10月3日
(6)モノラル録音:1951年12月16日
(7)モノラル録音:1951年
(8)モノラル録音:1948年
ムラヴィンスキーと対を成すロシアのカリスマにして、強烈な爆演で知られるロシアの伝説的指揮者ニコライ・ゴロワノフの音源をALTUS渾 身のマスタリングで発売!脳も灼けつく怒涛の大演奏、異様な指揮者の存在感が生む空前の大迫力。第5集はワーグナーの管弦楽作品集。厚く塗りこめられた管弦 楽の響きとその中にあってなお突出した叫びを上げる金管楽器、リミッターなどあろうはずがない圧倒的な表現力。人類の表現しうる極北のさらに先といった凄ま じさに心底打ちのめされます。
「リエンツィ」は序奏の重心の低い、そして色でいうとドス黒いような響きが何とも言えない。主部は酩酊した連中が大騒ぎしたかのようなお祭状態で、その熱 狂と興奮は凄い。「マイスタージンガー」も最初のフレーズからして異常で、金管楽器の各奏者が野獣のようにわめいているようにも思えます。そして中間部の濃厚 な歌、そして最後の大きな緩急と、まさにやりたい放題です。「パルジファル」前奏曲では〈信仰の動機〉の金管楽器が場違いなほど隆々と奏される…(平林直 哉氏の解説より)

Opus Arte
OA-1350D(DVD)
NX-C02

OABD-7301D(Bluray)

NX-C10
バレエ映画『ドン・キホーテ』

【特典映像】
・ メイキング・ドキュメンタリー A Litte of Don Quixote
・ ドン・キホーテの修復過程
・ バイオグラフィー
ドン・キホーテ…ロバート・ヘルプマン
サンチョ・パンサ…レイ・パウエル
キトリ/ドルネシア…ルセット・オルダス
バジリオ…ルドルフ・ヌレエフ
ロレンツォ…フランシス・クロイゼ
ガマーシュ…オリン・ピーズリー
エスパーダ…ケルヴィン・コウ
キトリの友人たち…ゲイリーン・ストック、キャロリン・ラペル
ドリアードの女王…マリリン・ロウ
キューピッド…パトリシア・コックス
ファンダンゴのカップル…ジャネット・ヴァーノン、ギャリー・ノーマン
他 オーストラリア・バレエ団員
振付:ルドルフ・ヌレエフ(原振付:マウリス・プティパ)
ヴィクトリアO
指揮:ジョン・ランチベリー

【特典映像】
収録:1972年 メルボルン・エッセンドン空港 格納庫(オーストラリア)

収録時間:102分(本編)+特典映像(19分)
音声:
Dolby Digital ステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD)
PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(Blu-ray)

画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
本作は数多くのバレエ作品の中でもっとも愛される作品のひとつ『ドン・キホーテ』の歴史的映画映像です。この『ドン・キホーテ』はマリウス・プティパの 振付(ペテルブルク版:1871年)をベースに、1970年ルドルフ・ヌレエフがオーストラリア・バレエのために新たに振付け、1971年に同団によってサンフラ ンシスコで上演された後、1972年メルボルンで映画撮影されました。この映画にはキトリ役のルセット・オルダス、ドン・キホーテ役のロバート・ヘルプマ ンらの名ダンサーとともにヌレエフ自身もバジリオ役で参加、さらに英国でバレエ音楽の編曲者、指揮者としてその名を馳せたジョン・ランチベリーがタク トを執っています。当盤は、オリジナルの35mmフィルムを修復デジタル化したマスターを使用し高品位な映像を再現しています。



Treasures
TRE-239(1CDR)
アンセルメ〜ファリャ&アルベニス
アルベニス(アルボス編):組曲「イベリア」*
ファリャ:「はかなき人生」〜間奏曲/スペイン舞曲
 バレエ音楽「三角帽子」#
エルネスト・アンセルメ(指)
スイス・ロマンドO
テレサ・ベルガンサ(Ms)#

録音:1960年5月5-20日*、1961年2月12&17日(全てステレオ)
※音源:LONDON CS-6194*、日KING SL-1138
◎収録時間:79:05
“明晰さを共有するアンセルメとデッカ録音の強力合体が織りなす色彩と迫力!”
■音源について
アンセルメ最大のオーディオファイル盤と言っても過言ではないでしょう。打楽器群の強烈な打ち込みと重量感は、まさに鋼鉄の鉄槌。ヴィクトリア・ホールの特等席で聴いているような豪奢なサウンドは圧倒的です。既存のCDでは音の明快さ以外の要素はあまり感じられません。「イベリア」は、最後の6曲目に「ナバーラ」が追加されています。英スタンパーによるキング盤の威力にも是非ご注目を。

★ベートーヴェンでは意外にもパワーをダイレクトに放出していたアンセルメですが、その意外性は、お得意のラテン系作品で音を外に放射せず、空気中にしばらく音の余韻を留まらせるようなある種の重みを湛えた音、決して極彩色ではなく、むしろ制御された寒色のトーンがアンセルメの音のイメージとして固定化されていることに拠るのだと思います。しかも、ほぼ全てがデッカ録音なので、一貫したイメージの定着度は他の指揮者の比ではありません。中でも、60年代初頭のこれらの録音は、明晰さの一つの頂点に達していたデッカ録音の技術とアンセルメの精巧な音作りが最高次元で完全融合した超逸品揃いだと言っても過言ではありません。
 「イベリア」第1曲は、雰囲気を演出する素振りがどこにもありません。そんなことをしなくても、録音技術に全幅の信頼をおいた上で丁寧に音符を紡ぐことだけに専心することへの強い確信を感じます。第2曲「セヴィリアの聖体祭」も、キラキラした音を決して空気中に放射せず、空気中の隅々にまで余波が浸透するまで寝かせるようなゆとりと風格が比類なく、6:20以降の深々とした静謐美は誰も足元にも及ばないでしょう。第3曲「トゥリアーナ」では、アンセルメの特徴的な重心の低いリズムの威力とスケール感が全開。多くの場合、リズムのエッジが立ちすぎてエキゾチシズムが後退しているような気がしてなりません。
 「はかなき人生」の舞曲は均整の取れたフォルムとぶれないテンポ感による品格美が印象的。硬質のティンパニが真にスパイスとして活きている点にもご注目を。このティンパニの一撃が、強弱共にピンと張り詰めた音で迫るのは60年代中頃までで、それ以降はデッカは全体の中にマイルドに溶け込む路線へ舵を切ったとように感じられます。
 そのティンパニの威力を徹底的に思い知るのがなんと言っても「三角帽子」。第1曲冒頭連打や第2曲中間部など、皮の質感まで生々しく伝えた例が他にあるでしょうか?余計な演出を加えずに、作品の佇まいを具に引き出すことに注力する姿勢はここでも一貫。そのように評される演奏の蓋を開けてみれば毒にも薬にもならない演奏、というのはこの演奏には無縁の話。作品を信じる力と共感は誰にも負けないという自負が脈々と張り巡らされているので、淡白に流れているように見えるシーンでも、常に一定の訴えかけがあるのです。緩急自在のアゴーギクのセンスも絶品で、どんなにテンポを畳み掛けても音が腰高にならなず、スケール感も失わないのはまさに熟練技。
 アンセルメの音作りが「知的でクール」と評されるの意味と内実を知るうえで、これらは絶対に外せない録音だと思います。 【2021年10月・湧々堂】

仏Bel Air
BAC-074(DVD)
NX-C09
バレエ『ジゼル』 ジゼル…スヴェトラーナ・ルンキナ
アルブレヒト…ドミトリー・グダーノフ
ハンス…ヴィタリー・ビクティミロフ
ミルタ…マリヤ・アラシュ他
ボリショイ・バレエ
ボリショイ劇場O
指揮:パヴェル・クリニチェフ
原振付:ジャン・コラーリ、ジュール・ペロー、マウリス・プティパ
振付:ユーリー・グリゴローヴィチ
舞台美術・衣装:シモン・ヴィルサラーゼ
照明:ミハイル・ソコロフ

収録:2011年1月 ボリショイ劇場(モスクワ)
収録時間:109分
音声:PCMステレオ2.0/Dolby Digital 5.1(DVD)
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
※同内容の既発Blu-ray…BAC474
ロシアの名振付師ユーリー・グリゴローヴィチによる傑作バレエ『ジゼル』。 身分違いの恋をした病弱な村娘ジゼル。悲しい死を遂げウィリとなってもなお愛を貫く彼女の純愛を夢幻的に描き出した名作です。1997年、ボリ ショイ・バレエ入団1年目で主役ジゼルに抜擢されたスヴェトラーナ・ルンキナの美しい姿、また第2幕での精霊たちの群舞など見どころ満載の舞台で す。

DIE THEATEREDITION
THE-08074(DVD)
NX-C05

THE-08075(Bluray)
NX-C05
フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 使用音源:
ヘンゼル…クリスティーナ・ナウデ(Ms)
グレーテル…アネッテ・ダッシュ(S)
お菓子の魔女…ギードレ・ポヴィライティテ(Ms)
ペーター(父親)…イェルク・ゴットシック(Br)
ゲルトルート(母親) …マルティナ・ハンベルク=メビウス(Ms)
砂男(眠りの精) …林田明子(S)
露の精… ビニ・リー(S)
イン・ボッカ・アル・ルーポO&少年少女合唱団
指揮:アンドレアス・シュラー
人形師:ザルツブルク・マリオネット劇場劇団員
演出&舞台美術:ヒンリッヒ・ホルストコッテ
マリオネット製作:ピエール・モネラ
映像監督:アーニャ・ボイシュテリエン
映像収録:2009年ザルツブルク・マリオネット劇場
収録時間:101分
音声:ドイツ語
ステレオ2.0(DVD)
PCMステレオ2.0(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面単層ディスク
Blu-ray・・・片面単層ディスク 1080i High Definition
※Belvedereレーベルからの移行盤
グリム童話を原作とするフンパーディンクの歌劇「ヘンゼルとグレーテル」。欧州では『くるみ割り人形』とともにクリスマス・シーズンの定番演目として、子 供から大人にまで親しまれています。音楽はワーグナーを彷彿させる後期ロマン派の重厚なオーケストレーションの中にわらべ歌や美しい合唱曲などを ちりばめた魅力溢れるもの。可憐な歌唱を聴かせるアネッテ・ダッシュ(グレーテル役)を初めとする優れた歌手陣とアンドレアス・シュラー率いるイン・ボッ カ・アル・ルーポのオーケストラ、少年少女合唱団が見事な演奏を聴かせます。この人形劇では、お菓子の家がバイロイト祝祭劇場のレプリカだった り、魔女が途中でワーグナーの風貌に変わったりと人形劇ならではのウィットに富んだ演出が楽しめます。
DIE THEATEREDITION
THE-08072(DVD)
NX-C05

THE-08073(Bluray)
NX-C05
バレエ『くるみ割り人形』
音楽:チャイコフスキー
使用音源:スイス・ロマンドO
指揮:エルネスト・アンセルメ
人形師:ザルツブルク・マリオネット劇場劇団員
演出:ラウス・グマイナー
振付:レエオナルド・サラス
舞台美術:ギュンター・シュナイダー・ジームセン
衣装:マリー・ルイーゼ・ヴァレク
映像収録:2009年 ザルツブルク・マリオネット劇場
収録時間:63分
音声:ドイツ語・英語・フランス語
ステレオ2.0(DVD)
PCMステレオ2.0(Blu-ray)
字幕:日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面単層ディスク
Blu-ray・・・片面単層ディスク 1080i High Definition
※Belvedereレーベルからの移行盤
クリスマス・シーズンの定番バレエ作品、チャイコフスキーの『くるみ割り人形』が楽しい人形劇に変身。瀟洒な衣装と人形ならではダイナミックな動きとと もに、その精緻な表情に目を奪われます。使用音源のアンセルメ指揮のスイス・ロマンドOとのマッチングも素晴しい舞台です。

EUROARTS
20-68834
(31Bluray)
ベルリン・フィル/ヨーロッパコンサート1991-2021
(1)【ヨーロッパ・コンサート2021フロムベルリン】
ブラッハー:「フィルハーモニー開幕の為のファンファーレ」
アイヴズ:「答えのない質問」
モーツァルト:4つの管弦楽の為のノットゥルノニ長調
ペンデレツキ:2つの弦楽合奏の為の「エマナツィオーネン」(放射)
チャイコフスキー:組曲第3番ト長調
ジョン・アダムズ:「ショート・ライド・イン・ア・ファースト・マシーン」
(2)【ヨーロッパ・コンサート2020フロムベルリン】
ペルト:「フラトレス」
リゲティ:弦楽合奏の為の「ラミフィカシオン」
バーバー:弦楽の為のアダージョOp.11
マーラー:交響曲第4番ト長調(エルヴィン・シュタインによる室内アンサンブル版)
(3)【ヨーロッパ・コンサート2019フロムパリ】
ワーグナー:舞台神聖祭典劇「パルシファル」〜「聖金曜日の不思議」
ベルリオーズ:「トロイアの人々」〜「王の狩りと嵐」
ドビュッシー(エーリッヒ・ラインスドルフ編):「ペレアスとメリザンド」組曲
(抜粋)
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
ベルリオーズ:劇的交響曲「ロメオとジュリエット」〜愛の場面
ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」〜「さようなら勇ましいわが子」「魔の炎」
ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」〜「イゾルデの愛の死」
(4)【ヨーロッパ・コンサート2018フロム・バイロイト】
ベートーヴェン:『レオノーレ』序曲第3番ハ長調Op.72
ワーグナー:ヴェーゼンドンク歌曲集*
ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調
ベートーヴェン:『プロメテウスの創造物』序曲(アンコール)
(5)【ヨーロッパ・コンサート2017フロム・キプロス】
ウェーバー:『オベロン』序曲
ウェーバー:クラリネット協奏曲第1番*
シュテファン・コンツ:ウェーバーの主題によるハンガリー幻想曲(アンコール)*
ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調Op.88
ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
(6)【ヨーロッパ・コンサート2016フロム・レーロース】
グリーグ:抒情組曲〜第5番『山の夕べ』(管弦楽版)
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調*
ビャーネ・ブルースタ:『お伽噺組曲』〜ヴェスレフリク(アンコール)
ベートーヴェン:交響曲第3番『英雄』
(7)【ヨーロッパ・コンサート2015フロム・アテネ】
ロッシーニ:『セミラーミデ』序曲
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番ハ長調BWV.1005からラル
ゴ(アンコール)
シューマン:交響曲第3番『ライン』
(8)【ヨーロッパ・コンサート2014フロム・ベルリン】
ニコライ:『ウィンザーの陽気な女房たち』序曲
エルガー:交響的習作『ファルスタッフ』Op.68
チャイコフスキー:交響曲第5番
(9)【ヨーロッパ・コンサート2013フロム・プラハ】
ヴォーン・ウィリアムズ:トマス・タリスの主題による幻想曲
ドヴォルザーク:聖書の歌Op.99
ベートーヴェン:交響曲第6番『田園』
(10)【ヨーロッパ・コンサート2012フロム・ウィーン】
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
ハイドン:チェロ協奏曲第1番
ベートーヴェン:交響曲第5番『運命』
(11)【ヨーロッパ・コンサート2011フロム・マドリード】
シャブリエ:狂詩曲『スペイン』
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
ラフマニノフ:交響曲第2番
(12)【ヨーロッパ・コンサート2010フロム・オックスフォード】
ワーグナー:『ニュルンベルクのマイスタージンガー』から第3幕前奏曲
エルガー:チェロ協奏曲ホ短調Op.85
ブラームス:交響曲第1番
(13)【ヨーロッパ・コンサート2009フロム・ナポリ】
ヴェルディ:『運命の力』序曲
マルトゥッチ:『追憶の歌』
シューベルト:交響曲第9番『グレート』
(14)【ヨーロッパ・コンサート2008フロム・モスクワ】
ストラヴィンスキー:3楽章の交響曲
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
ベートーヴェン:交響曲第7番
(15)【ヨーロッパ・コンサート2007フロム・
ベルリン】
ワーグナー:『パルジファル』前奏曲
ブラームス:二重協奏曲イ短調Op.102
ブラームス:交響曲第4番
(16)【ヨーロッパ・コンサート2006フロム・プラハ】
モーツァルト:交響曲第35番ニ『ハフナー』
モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番
モーツァルト:ホルン協奏曲第1番ニK.412/514(K.386b)
モーツァルト:交響曲第36番『リンツ』
(17)【ヨーロッパ・コンサート2005フロム・ブダペスト】
ベルリオーズ:序曲『海賊』
バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番
ストラヴィンスキー:『火の鳥』
(18)【ヨーロッパ・コンサート2004フロム・アテネ】
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番ニ短調Op.15
ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番ト短調Op.25(シェーンベルク編曲管弦楽版)
(19)【ヨーロッパ・コンサート2003フロム・リスボン】
ラヴェル:組曲『クープランの墓』
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番
バルトーク:管弦楽の為の協奏曲
(20)【ヨーロッパ・コンサート2002フロム・パレルモ】
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
ドヴォルザーク:交響曲第9番『新世界より』
ベートーヴェン:『エグモント』序曲
ヴェルディ:『シチリア島の夕べの祈り』序曲
(21)【ヨーロッパ・コンサート2001フロム・イスタンブール】
ハイドン:交響曲第94番『驚愕』
モーツァルト:フルート協奏曲第2番
ベルリオーズ:幻想交響曲
(22)【ヨーロッパ・コンサート2000フロム・ベルリン】
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番
ベートーヴェン:交響曲第9番『合唱』
(23)【ヨーロッパ・コンサート1999フロム・クラクフ】
モーツァルト:モテット『エクスルターテ・ユビラーテ』K.165
モーツァルト:ミサ曲ハ短調K.427〜『聖霊によりて』
ショパン:ピアノ協奏曲第2番
シューマン:交響曲第1番『春』
(24)【ヨーロッパ・コンサート1998フロム・ストックホルム】
ワーグナー:『さまよえるオランダ人』序曲
チャイコフスキー:交響的幻想曲『テンペスト』Op.18
ドビュッシー:夜想曲
ヴェルディ:聖歌四篇
(25)【ヨーロッパ・コンサート1997フロム・ヴェルサイユ】
ラヴェル:組曲『クープランの墓』
モーツァルト:ピアノ協奏曲第13番
ベートーヴェン:交響曲第3番『英雄』
(26)【ヨーロッパ・コンサート1996フロム・サンクト・ペテルブルク】
プロコフィエフ:『ロメオとジュリエット』より
ラフマニノフ:『アレコ』より『月は高く輝く』
ベートーヴェン:ロマンス第1番、第2番
ベートーヴェン:交響曲第7番
チャイコフスキー:『くるみ割り人形』より『花のワルツ』
(27)【ヨーロッパ・コンサート1995フロム・フィレンツェ】
ベートーヴェン:『フィデリオ』序曲
ブラッハー:パガニーニの主題による変奏曲
パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番(第1楽章)
ストラヴィンスキー:『ペトルーシュカ』
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集Op.96〜第8番ト短調
(28)【ヨーロッパ・コンサート1994フロム・マイニンゲン】
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番『皇帝』
ブラームス:交響曲第2番
(29)【ヨーロッパ・コンサート1993フロム・ロンドン】
チャイコフスキー:幻想序曲『ロメオとジュリエット』
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調K.216
ストラヴィンスキー:『春の祭典』
チャイコフスキー:『くるみ割り人形』Op.71〜『花のワルツ』
(30)【ヨーロッパ・コンサート1992フロム・マドリード】
ヴェルディ:『運命の力』序曲
ヴェルディ:『ドン・カルロ』〜『私は望みを失った』
ベルリオーズ:『ファウストの却罰』〜ラコッツィ行進曲/自然への祈り
シューベルト:交響曲第8番『未完成』
ワーグナー:『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第1幕への前奏曲
ワーグナー:『ワルキューレ』〜ジークムントの愛の歌『冬の嵐はすぎ去り』
ワーグナー:『神々の黄昏』〜夜明けとジークフリートのラインへの旅/
ジークフリートの葬送行進曲/終曲
(31)【ヨーロッパ・コンサート1991フロム・プラハ】
モーツァルト:『ドン・ジョヴァンニ』序曲/ドンナ・アンナのアリア
モーツァルト:交響曲第29番イ長調K.201
モーツァルト:演奏会用アリア『心配しなくともいいのです、愛する人よ』
K.505
モーツァルト:交響曲第35番ハフナー』
(1)キリル・ペトレンコ(指)
ベルリンPO
クリスティアーネ・カルク(S)
収録:2020年5月1日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

(2)キリル・ペトレンコ(指)
ベルリンPO
クリスティアーネ・カルク(S)
収録:2020年5月1日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

(3)ダニエル・ハーディング(指)
ベルリンPO
ブリン・ターフェル(バス=バリトン)
収録:2019年5月1日、パリ、オルセー美術館(ライヴ)

(4)エヴァ=マリア・ウェストブレーク(S)*
ベルリンPO
パーヴォ・ヤルヴィ(指)
収録:2018年5月1日、バイロイト辺境伯場(ライヴ)

(5)アンドレアス・オッテンザマー(Cl)*
ベルリンPO
マリス・ヤンソンス(指)
収録:2017年5月1日、パフォス城野外特設会場(キプロス)

(6)ヴィルデ・フラング(Vn)*
ベルリンPO
サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2016年5月1日 ノルウェー、レーロース教会(ライヴ)

(7)レオニダス・カヴァコス(Vn)
ベルリンPO
サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2015年5月1日、メガロン・アテネ・コンサートホール(ライヴ)

(8)ベルリンPO
ダニエル・バレンボイム(指)
収録:2014年5月1日 ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

(9)マグダレーナ・コジェナー(Ms)
ベルリンPO
サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2013年5月1日、チェコ、プラハ城、スペイン・ホール(ライヴ)

(10)ゴーティエ・カプソン(Vc)
ベルリンPO
グスターボ・ドゥダメル(指)
収録:2012年5月1日、ウィーン、スペイン乗馬学校(ライヴ)

(11)サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2011年5月1日、マドリード・レアル劇場(ライヴ)

(12)アリサ・ワイラースタイン(Vc)
ベルリンPO
ダニエル・バレンボイム(指)
収録:2010年5月1日、オックスフォード大学シェルドニアン講堂(ライヴ)

(13)ヴィオレータ・ウルマーナ(S)
ベルリンPO
リッカルド・ムーティ(指)
収録:2009年5月1日、ナポリ、サン・カルロ劇場(ライヴ)

(14)ヴァディム・レーピン(Vn)
ベルリンPO
サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2008年5月1日、モスクワ音楽院大ホール(ライヴ)

(15)リサ・バティアシヴィリ(Vn)
トルルス・モルク(Vc)
ベルリンPO
サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2007年5月1日、ベルリン、カーベルヴェルク・オーバーシュプレー(ライヴ)

(16)ラデク・バボラーク(Hrn)
ベルリンPO
ダニエル・バレンボイム(P、指揮)
収録:2006年5月1日、プラハ、エステート劇場(ライヴ)

(17)レオニダス・カヴァコス(Vn)
ベルリンPO
サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2015年5月1日、ハンガリー国立場(ライヴ)

(18)ダニエル・バレンボイム(P)
ベルリンPO
サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2004年5月1日、アテネ、ヘロデス・アッティコス奏楽堂(ライヴ)

(19)マリア・ジョアン・ピリス(P)
ベルリンPO
ブーレーズ(指)
収録:2003年5月1日、リスボン、ジェロニモス修道院(ライヴ)

(20)ギル・シャハム(Vn)
ベルリンPO
クラウディオ・アバド(指)
収録:2002年5月1日、パレルモ、マッシモ劇場(ライヴ)

(21)エマニュエル・パユ(Fl)
ベルリンPO
マリス・ヤンソンス(指)
収録:2001年5月1日、イスタンブール、聖イレーネ聖堂(ライヴ)

(22)ミハイル・プレトニョフ(P)
カリタ・マッティラ(S)
ヴィオレータ・ウルマーナ(C.A)
トマス・モーザー(T)
アイケ・ヴィルム・シュルテ(Br)
エリック・エリクソン室内合唱団
スウェーデン放送合唱団
トヌ・カリユステ(合唱指揮)
ベルリンPO
クラウディオ・アバド(指)
収録:2000年5月1日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

(23)クリスティーネ・シェーファー(S)
エマニュエル・アックス(P)
ベルリンPO
ベルナルド・ハイティンク(指)
収録:1999年5月1日、クラクフ、聖マリア教会(ライヴ)

(24)マリー・アレクシス(S)
スウェーデン放送合唱団
エリック・エリクソン室内合唱団
マリア・ヴィースランデル(コーラスマスター)
ベルリンPO
クラウディオ・アバド(指)
収録:1998年5月1日、ストックホルム、バーサ号博物館(ライヴ)

(25)ベルリンPO
ダニエル・バレンボイム((指)ピアノ)
収録:1997年5月1日、ヴェルサイユ宮殿歌劇・ロワイヤル(ライヴ)

(26)アナトーリ・コチェルガ(Br)
コーリャ・ブラッハー(Vn)
ベルリンPO
クラウディオ・アバド(指)
収録:1996年5月1日、マリインスキー劇場(ライヴ)

(27)サラ・チャン(Vn)
ベルリンPO
ズービン・メータ(指)
収録:1995年5月1日、ヴェッキオ宮殿(ライヴ)

(28)ダニエル・バレンボイム(P)
ベルリンPO
クラウディオ・アバド(指)
収録:1994年5月1日、ドイツ、マイニンゲン劇場(ライヴ)

(29)フランク・ペーター・ツィンマーマン(Vn)
ベルリンPO
ベルナルド・ハイティンク(指)
収録:1993年5月1日、ロンドン、ロイヤル・アルバート・ホール(ライヴ)

(30)プラシド・ドミンゴ(T)
ベルリンPO
ダニエル・バレンボイム(指)
収録:1992年5月1日、スペイン、エル・エスコリアル教会堂(ライヴ)

(31)シェリル・ステューダー(S)
ブルーノ・カニーノ(P)
ベルリンPO
クラウディオ・アバド(指)
収録:1991年5月1日、プラハ、スメタナ・ホール(ライヴ)






画面:1080i Full HD、16:9
音声:PCM Stereo, DTS-HD
Master Audio 5.0
ボックスサイズ:12,7 x 12,7 x 12,7 cm(WxDxH)
48時間(2900 分)
この度ヨーロッパ・コンサート30周年を記念して、コンサート開始の1991年から今年2021年までに行われた全コンサートを収めたブルーレイ・ボックスが 登場!
1991年にスタートしたベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート。ベルリン・フィルの創立記念日5月1日に毎年行われ、ヨーロッパ各地のホールや歴史的建 造物を巡る形で行われており、夏のヴァルトビューネ・コンサートよりも本格的なプログラムで、美しい建物や街で行われるコンサートは、多くの音楽ファンに支持 されているコンサートの一つでもあります。
第1回のコンサートは、クラウディオ・アバドが正式にベルリン・フィルの指揮者に就任した2年後の1991年。カラヤンから新たな指揮者として就任したアバド がベルリン・フィルに打ち立てた新企画の一つとして始まりました。その後の30年間には錚々たる面々の指揮者が登場し、それぞれの都市に合ったプログラミン グとソリストを迎え充実したコンサートを続けてきました。その全てが詰まった映像がブルーレイで観られるのは嬉しい限り。
そして、新型コロナウィルスの蔓延により、開催が危ぶまれた2020年は、演目内容を変更して実現しました。当初予定されていたイスラエルのテル・アヴィヴ ではなく、ベルリン・フィルハーモニー で無観客にて行われました。キリル・ペトレンコの指揮のもと、ベルリン・フィルは最大15人の室内アンサンブル編成で演奏。 プログラム前半は、「兄弟」を意味するペルトの「フラトレス」、死者への哀悼に満ちたバーバーの「弦楽の為のアダージョ」など、直面する危機に対してヨーロッ パ諸国への連帯を表明する内容となりました。また後半は、エルヴィン・シュタインによるマーラー「交響曲第4番」の室内アンサンブル版が演奏されています。
続く2021年も終息の兆しが見えない中、行われたコンサートは、ベルリン・フィルハーモニー、そのホワイエが舞台となりました。プログラムには、ブラッハー の祝祭的な「ファンファーレ」、アイヴスの謎めいた「答えのない質問」、モーツァルトの静謐な「ノットゥルノ」、ペンデレツキの「エマナツィオーネン」など、フィル ハーモニーの空間効果が活かされる作品が選ばれました。この他、チャイコフスキーの管弦楽組曲第3番、アダムズの「ショート・ライド・イン・ア・ファースト・マシー ン」も披露されました。。
ブルーレイ化にあたって、画質、音質に細心の注意を払ってリマスターされていますが、初期の映像素材は本来のHDではないため、再生機種によっては映像が 多少乱れることがございますので、予めご了承ください。 (Ki)

AD VITAM
AV-210615(1CD)
動物の討論会
動物の討論会(サン=サーンスの「動物の謝肉祭」による)
編曲・構成:ジルダ・パンジェ
原作:エマニュエル・スアレス
語り:ジャン=ミシェル・フルヌロー
モード・アモン=ロワサンス(指)
ブルターニュ国立SOのメンバー
ジルダ・パンジェ(指)
室内合唱団メリスム、ブルターニュ聖歌隊

録音:2020年11月25、26日/レンヌ歌劇場
2021年歿後100年を迎えるサン=サーンス。代表作「動物の謝肉祭」のリリースですが、全く新しい試みを示す画期的な内容となっています。題して「動物の討論 会(Le Carnav(oc)al des animaux)」。
ライオンが「動物連合大サミット」を開催し、動物と人間の世界的状況について討論するために動物たちを招集します。そして動物たちはそれぞれ実情を訴えま す。エマニュエル・スアレスのフランス語台本をジルダ・パンジェが原曲を変更することなく語りと声楽アンサンブルに仕立てています。とても自然なため、サン= サーンスのオリジナル器楽部分がカラオケのように感じられるほどです。
もともとが親しみやすい音楽なため子供も大喜び。聖歌のような「白鳥」、幻想的な「水族館」はその世界に引き込まれますが、ピアノがサン=サーンスならでは の落着きなさで走り回る「ロバ」や、下手な音階練習をする「ピアニスト」も見事な声楽曲になっているのが聴きもの。サン=サーンス・イヤーに向け、さすがフラ ンスならではの洒落た趣向をみせてくれます。

Hanssler
HC-21043(1CD)
マーチャーシュ・シェイベル(1905-1960):作品集
(1)シンフォニエッタ〜弦楽オーケストラの為の(1923)(アンタル・ドラティ編)
(2)ベザール組曲第2番〜弦楽オーケストラの為の(1942)
(3)ファンタジア・コンチェルタンテ〜ヴァイオリンと弦楽オーケストラの為の(1943-44)
(4)ヴァイオリン・ソナタ(1960)
(5)演奏会用小品〜ヴァイオリンとピアノのため(1954)
(3)(4)(5)ニーナ・カーモン(Vn)、
(4)(5)オリヴァー・トリンドル(P)
(1)(2)(3)ハイルブロン・ヴュルテンベルク室内O、
レヴェンテ・トゥルク(指)

録音:(1)-(3)2021年5月26-28日エルレンバッハ(ドイツ)
(4)(5)2021年8月10&11日ロイトリンゲン(ドイツ)
リスト音楽院でコダーイに師事したマーチャーシュ・シェイベル。同門に1歳年下のアンタル・ドラティがおりドラティとは良好な友人関係が続きました。このアル バムはシェイベルの弦楽オーケストラの為の作品とヴァイオリンとピアノための作品を収録。 シェイベルはナチスの迫害を避けるため、1935年に渡英。その後モーリー大学で後進の育成に力を注ぎながら作曲を続けてきました。1960年、講演のために 南アフリカへ旅行中に自動車事故で亡くなってしまった悲劇の作曲家。当アルバムではシェイベルの18歳から50歳までの作品を収録しております。20世紀ハン ガリーが生んだ作曲家シェイベルの作品をご堪能ください。 (Ki)

WERGO
WER-6435(1CD)
マティアス・クリューガー(1987-):作品集
(1)le vide a perdre(2016, rev. 2019)
〜プリペアド・トランペット、プリペアド・トロンボーン、ドラムセット、バスドラム、シンセサイザー、エレキギター、エレキチェロ、ライヴ・エレクトロニクスの為の
(2)Wie ein Stuck Fett(Redux)(2016)
〜ソプラノ歌手、アルト&ピッコロ・フルート、プリペアド・チェロ、プリペアド・ピアノの為の
(3)Bellygoat Boom(substrate)(2019)〜オーケストラの為の
【ボーナス・ビデオ】
(4)sweep over me them dusty bristles(2018, rev. 2020)〜プリペアド・フルート、プリペアド・サックス、シンセサイザー、ピアノ、ドラムセット、ライブ・エレクトロニクス、身体、声、顔の為の
(1)ニコラス・コック(指)アンサンブル・アスコルタ
(2)アンサンブル・BRuCH
(3)エレナ・シュヴァルツ(指)WDR響
(4)アンサンブル・インヴァースペース

録音:2016-2020年
マティアス・クリューガーは1987年ドイツ・ウルム生まれ。ケルン音楽大学、ニューヨークのコロンビア大学で作曲を学び、パリのソルボンヌ大学で語楽、 IRCAMで作曲と電子音楽を学びました。
「le vide a perdre」(失うべき空虚)は、イスタンブールにあるクラブの名前から取られたタイトル。「Wie ein Stuck Fett」(脂肪の塊)はグスタフ・マイ リンクの小説「ゴーレム」からテキストを取っています。「Bellygoat Boom」(基板)は、作曲家がニュージーランドで体験したマオリ族の文化に影響を受けて書 かれたもの。さまざまな価値観と世界観が電子音響的なサウンドで幻想的に描かれます。
解説書内のQRコードから、レトロな音楽を採り入れた不思議な「sweep over me them dusty bristles」のライヴ映像が見れます。

KAIROS
0012332KAI(1CD)
ハース:24の楽器の為の 「無駄に(In Vain)」 シルヴァン・カンブルラン(指)、
クラングフォルム・ウィーン

録音:2002年2月2日-4日、オーストリア放送(OR-F)文化会館(オーストリア)
ミクロポリフォニーやミクロインターバルを用いるなど、リゲティの作風との共通点を持つとされるオーストリア、グラーツ出身のスペクトル楽派の現代作曲家、ゲオルグ・フリードリヒ・ハース(1953−)。「無駄に(In Vain)」は、24の弦楽器、管楽器、打楽器のために2000年に作曲された演奏時間60分超の大作(しかもこのCDでは1トラックのみ!)。WDRからの委嘱によって書かれハースの作品のテクスチュアを、カンブルランのタクトが見事に解析しています。
KAIROS
0012742KAI(1CD)
メシアン:彼方の閃光 インゴ・メッツマッハー(指)VPO

録音(ライヴ):2008年1月20日、ウィーン楽友協会大ホール(オーストリア)
20世紀フランスの巨匠オリヴィエ・メシアンが、その生涯で最後に完成させた大規模な管弦楽作品であり、代表作の1つ「彼方の閃光」。ニューヨーク・フィルの創立150周年記念として委嘱されながらも、メシアンはその初演に立ち会えずに他界してしまっています。当盤の最大の驚きは、やはり何といってもオーケストラがウィーン・フィルであること!メッツマッハ―の指揮とウィーン・フィルの組み合わせが、メシアンの神秘性を巧みに表現した名演です。
KAIROS
0013062KAI(1CD)
チン・ウンスク:作品集
ファンタジー・メカニーク*/Xi+
アクロスティコン=ボースピール**
二重協奏曲++
パトリック・ダヴァン(指)*、
デイヴィッド・ロバートソン(指)+、
大野和士(指)**、
ステファン・アスバリー(指)++、
アンサンブル・アンテルコンタンポラン、
ピーア・コムシ(S)**、
サミュエル・ファヴレ(打楽器)++、
ディミトリー・ヴァシラキス(P)++

録音:2004年1月*、1999年2月+、2004年2月**、2003年2月++
現在の韓国、そして世界の女流作曲家を代表する1人としてその名声を確立した陳銀淑(チン・ウンスク)の管弦楽作品集。ハンブルクでリゲティに師事し、自らの作風を確立した後、その作品はベルリン・フィルをはじめとする世界有数のオーケストラや指揮者、ソリストに取り上げられています。師である姜碩煕(カン・ソッキ)が尹伊桑(ユン・イサン)の弟子であることから、その系譜に連なる文字通り現代の韓国楽壇を代表する存在です。
KAIROS
0013162KAI(1CD)
ピンチャー:作品集
トランペット独奏、ホルン独奏とアンサンブルの為の 「ソニック・エクリプス」*/E.E.カミングスの詩によるソプラノと7つの楽器の為の「トワイライト・ソング」+/無伴奏混声合唱(32声)の為の「私は如何に恋煩っているか」〜 ソロモンの雅歌に基づく#
ギャレス・フラワーズ(Tp)*、
デイヴィッド・バード=マロウ(Hrn)*、
マリソル・モンタルヴォ(S)+、
マティアス・ピンチャー(指)*/+、
インターナショナル・コンテンポラリー・アンサンブル*/+、
マーカス・クリード(指)#、
SWRヴォーカル・アンサンブル・シュトゥットガルト#

録音:2010年10月21日-22日*、2010年11月9日+、2009年11月21日#
70年台のドイツ出身の作曲家における最重要人物の1人として、現代音楽界の中で抜群の存在感を発揮し続けているマティアス・ピンチャー(1971-)の管弦楽曲、声楽曲、合唱曲を収録したポートレート・アルバム。
ヘンツェとの出会いが転機となり、ラッヘンマンやファーニホウからの影響も要所に感じさせるピンツァーの作品は、厳格ともいえる響きや表現が特徴の1つ。また、32声を要する混声合唱作品では、大胆かつ劇的な表現だけでなく、時折現れる荘厳かつ抒情的な響きが、他の作品とは異なるピンチャーの側面を教えてくれます。
KAIROS
0013302KAI(1CD)
ice〜藤倉大:作品集
ギター独奏の為の「スパークス」/アンサンブルの為の「アイス」/アンサンブルとライヴ・エレクトロニクスの為の「ファントム・スプリンター」/エレクトリック・ギター独奏とアンサンブルの為の「廃棄された時間」/予め録音されたエレクトロニクスの為の「私は歌う花々の夢を見た」/エレクトリック・ギター独奏とライヴ・エレクトロニクスの為の「スパーキング・オービット」
ダニエル・リッペル(G)、
ジェイス・オグレン(指)、
マシュー・ウォード(指)、
インターナショナル・コンテンポラリー・アンサンブル
Dai Fujik

録音:2007年-2013年
ロンドンを活躍の場の拠点とし、着実に現在の日本を代表する作曲家の1人としての足場を固めた藤倉大(1977-)のカイロス(KAIROS)第1弾となった作品集。
優れた作曲技法に基づく緻密な作品はもちろんのこと、ユーモアやセンスにあふれる作品名、スタイルで話題を呼び続けている藤倉大の独奏曲から、ライヴ・エレクトロニクスとアコースティックのコラボまでを収録。日本の作曲界の新時代を担うその才能に接することのできる作品集です。インターナショナル・コンテンポラリー・アンサンブルの演奏もハイレベルです。

Paladino Music
PMR-0092(1CD)
束の間の命〜ヘスケス:管弦楽作品集
ノッテッド・タンズ
時と幻滅/3つの瞑想曲「束の間の命」
クリストフ=マティアス・ミュラー(指)
BBCウェールズ・ナショナル・オーケストラ

録音:2017年9月19-20日、BBCホディノット・ホール(カーディフ、ウェールズ)
「マスク」など吹奏楽の為の秀作を作曲するなど、様々な楽器、編成の為の作品を生み出しているイギリスのコンポーザー、ケネス・ヘスケスの管弦楽作品集。
2007年から2009年にかけてはロイヤル・リヴァプールPOのコンポーザー・イン・ハウスとして活躍するなど、現在のイギリスを代表する作曲家の1人として高い評価を受けています。
ここに収録された3作品は、絵画や彫刻からインスピレーションを受けて作曲されたました。BBCウェールズ・ナショナルOの好演も光ります。

LAWO Classics
LWC-1218(1CD)
ノルウェー・歌劇序曲集
ヴァルデマル・トラーネ(1790-1828):歌劇「山の物語」(1824)-序曲
マッティン・アンドレーアス・ウードビュー(1820-1889):歌劇「平和の少女」(1859)-序曲
ヨハンネス・ホールクロウ(1847-1925):歌劇「イスタンブールのヴァイキング」(1897-1900)-序曲
オーレ・オールセン(1850-1927):歌劇「ライヤ」(1893)-序曲
シーグヴァルト・アスペシュトラン(1856-1942):歌劇「リュシュコウスハイドの英雄」(1901)-序曲
カタリヌス・エリング(1858-1942):歌劇「コサック兵たち」(1894)-序曲、バレエ
ヤルマル・ボルグストレム(1864-1925):歌劇「リーモルのトーラ」(1894)-序曲
アルネ・エッゲン:歌劇「オラヴ・リリエクランス」(1931-40)-バレエ
ノルウェー国立歌劇O
インガル・ベルグビュー(指)

録音:2020年1月20日-24日&3月10日、オスロ・歌劇ハウス(ノルウェー国立歌劇・バレエ団)オーケストラ・リハーサル・ホール(オスロ)
グリーグやスヴェンセンが優れた作品を次々と発表した1860年代の終わり、ノルウェーの文化生活は黄金時代を迎えたといわれます。LAWO Classics のこのアルバムでは、グリーグたちの以前、ノルウェー音楽の基礎が作られた時代と、その後の時代に作曲されたノルウェーの「文化遺産」ともいうべき歌劇の序曲とバレエが、ノルウェー国立歌劇Oとインガル・ベルグビューの演奏で紹介されます。
ヴァルデマル・トラーネ(1790-1828)の「山の物語」は、ヘンリク・アンケル・ビェッレゴーの1927年に映画化もされた同名の劇に基づく作品。マッティン・アンドレーアス・ウードビュー(1820-1889)の「平和の少女」は、12世紀のノルウェー王マグヌス三世と結婚したスウェーデン王女マルガレータ・フレドクッラ(平和の少女)が題材にとられた歌劇です。ワーグナーの音楽からインスピレーションを得たヨハンネス・ホールクロウ(1847-1925)の「イスタンブールのヴァイキング」。交響詩「アスゴールの騎行」や交響曲ト長調(Sterling CDS10862)のオーレ・オールセン(1850-1927)の「ライヤ」。シーグヴァルト・アスペシュトラン(1856-1942)の「バレエつき4幕」の歌劇「リュシュコウスハイドの英雄」は、全曲の演奏がまだ行われていない作品です。ニコライ・ゴーゴリの小説『タラス・ブーリバ』を基にエドヴァルド・ハーゲルプ・ブルが執筆した台本によるカタリヌス・エリング(1858-1942)の「コサック兵たち」。イプセンの戯曲によるアルネ・エッゲンの「オラヴ・リリエクランス」。これらの作品がほとんど知られていない一方、ホーコン・ヤールのメルフス訪問を題材にしたヤルマル・ボルグストレム(1864-1925)の「リーモルのトーラ」は、復活上演され、全曲録音も作られています。

CASCAVELLE
VEL-1620(1CD)
「アルミン・ジョルダンを讃えて」
(1)ブロッホ:シェロモ
(2)デュティユー:遥かなる遠い世界へ
フランソワ・ギエ(Vc)
アルミン・ジョルダン(指)
スイス・ロマンドO

録音:(1)1990年5月、(2)1991年3月
6日,ジュネーヴ
名指揮者アルミン・ジョルダンの放送録音をCD化。2曲ともチェロ独奏が活躍す る、ブロッホの「シェロモ」とデュティユーの「遥かなる遠い世界へ」。どちらの作品 も、またブロッホもテュティユーも、ジョルダンは録音を残していなかったと思われ る。どちらも大変な名演で、特にデュティユーの「遥かなる遠い世界へ」では、スイ スのチェロ奏者、フランソワ・ギエともども熱く燃えています。フランソワ・ギエは1953 年、地元ジュネーヴ生まれ。1979年から最近までスイス・ロマンドOの首席 ソロチェロ奏者を務めていた。

NMC
NMC-D267(1CD)
ライアン・ラティマー(b.1990):作品集
(1)ミルズ・メス
(2)フリゲート艦と愚行
(3)ディヴェルティメント
(4)白鯨
(5)スピーキング・オブ・レター&ダンシング
(6)スリンク&スライド
(7)アンティアルキー
(1)オリヴァー・ナッセン(指)ロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージック・マンソン・アンサンブル
(2)デヴィッド・テンプル(指)BBCコンサート・オーケ
ストラ&クローチ・エンド・フェスティバルcho
(3)ブリテン・シンフォニア
(4)ゲーリー・ウォーカー(指)ロンドン・シンフォニエッタ
(5)ロジー・ミドルトン(M.Sop)
ダニエーレ・ロジーナ(指)ロキ・アンサンブル
(6)プサッファ
(7)ピエール=アンドレ・ヴァラード(指)LSO

録音:(1)2015 年1 月30 日、(2)2018 年10 月24 日
&11 月16 日、(3)2013 年4 月9 日&26 日、(4)2014
年8 月19-22 日、(5)2021 年5 月6 日、(6)2021 年5
月27 日、(7)2016 年3 月24 日&4 月30 日
ライアン・ラティマーはイギリスの若手作曲家。このディスクは彼のデビュー・アルバム。彼 の音楽はストラヴィンスキー、ポスト・ミニマル(ジョン・アダムスやマイケル・トーキーなど)、ジ ャズ、パンク・ロック、更にはコープランドとバーンスタインまで一緒くたにしてミキサーにか けたようなキッチュでポップな作風。力強いリズムを推進力にして次々と移り変わるメロディ、 音の風景が楽しい。イギリスにはアカデミックな硬派の現代音楽に対してポップスやストリー ト・ミュージックの要素を積極的に取り入れる作曲家がおり、その代表格がマーク=アンソニ ー・タネジだが、その流れを汲む作曲家のようです。ISCM World New Music Days 北京大 会に入選した「アンティアルキー」はいまや世界中で取り上げられている彼の出世作。

オクタヴィア
OVCL-00765(1SACD)
税込定価
2021年10月20日発売
久石譲 presents ミュージック・フューチャーX
久石譲:2 Pieces 2020 for Strange Ensemble(2016/2020)
ジョン・アダムズ:Gnarly Buttons for Clarinet and Small Orchestra(1996)
ブライス・デスナー:Skrik Trio for Violin, Viola and Violoncello(2017)
久石譲:Variation 14 for MFB(2020)[世界初演]
久石譲(指)
マルコス・ペレス・ミランダ(ソロCl)
ミュージック・フューチャー・バンド

録音:2020年11月19、20日 東京・よみうり大手町ホール・ライヴ
久石譲が“明日のために届けたい”音楽をナビゲートするコンサート・シリーズ「ミュージッ ク・フューチャー」より、アルバム第5弾が登場。2020年のコンサートのライヴを収録した本 作は、エネルギッシュなミニマル作品が集められ、エキサイティングなアルバムとなりまし た。ジョン・アダムズの「Gnarly Buttons」のソロを熱演したクラリネット奏者マルコス・ペレ ス・ミランダには、会場が大きな拍手を送りました。 日本を代表する名手たちが揃った「ミュージック・フューチャー・バンド」が奏でる音楽も、高 い技術とアンサンブルで見事に芸術の高みへと昇華していきます。EXTONレーベルが誇 る最新技術により、非常に高い音楽性と臨場感あふれるサウンドも必聴です。「明日のた めの音楽」がここにあります。

Pentatone
PTC-5186782
(2SACD)
ドビュッシー(ジョナサン・ノット編):交響的組曲『ペレアスとメリザンド』【世界初録音】
シェーンベルク:交響詩『ペレアスとメリザンド』*
ジョナサン・ノット(指)、
スイス・ロマンドO

録音:2019年6月*、2020年11月ヴィクトリア・ホール(ジュネーヴ)
ベルギーの象徴派詩人メーテルランク(1862-1949)が1893年に発表した戯曲『ペレアスとメリザンド』。この悲劇的な愛のドラ マはドビュッシー、シベリウス、シェーンベルク、フォーレといった大作曲家たちが歌劇から交響詩まで様々な形態で音楽を付けています。
ドビュッシーは全5幕の歌劇に、シェーンベルクは交響詩として作曲。ともに自身唯一のジャンルに書いたのがこの戯曲を基にした作品でした。この2作をジョ ナサン・ノット率いるスイス・ロマンドOが録音。なおドビュッシーはノットが編曲した交響的組曲『ペレアスとメリザンド』で、この度世界初録音となります! ノットは全5幕から15曲を選曲。実際のドラマを交響的組曲に仕上げました。
一方、シェーンベルクは1902年から1903年にかけ交響詩『ペレアスとメリザンド』を作曲。初演は1905年、シェーンベルク自身の指揮でウィーン演奏協 会Oにより行われました。無調時代に入る前のこの作品は後期ロマン派風の旋律ですが、四度和、複雑な対位法、そして交響曲を単一楽章に収めたよう な特異な形式など、実に多様な試みがなされています。創作意欲を示したシェーンベルク初期の傑作です。2017年1月よりスイス・ロマンドOの音楽監 督を務めるノットが絶大なる信頼を寄せる手兵とともに全身全霊で演奏しております。
演奏の素晴らしさに加え、長年同管を録音してきたPENTATONEの技術チームによる録音であることも注目です! (Ki)


Treasures
TRE-261(2CDR)
A.コリンズ〜ディーリアス&V=ウィリアムズ
■ディスク1
ディーリアス:イギリス狂詩曲「ブリッグの定期市」
 歌劇「村のロメオとジュリエット」〜「楽園への道」
 パリ(大都会の歌)*
■ディスク2
ディーリアス:春初めてのカッコウの声を聞いて
 川面の夏の夜*
 夏の庭で*/夏の歌
ヴォーン=ウィリアムズ:グリーンスリーヴス幻想曲#
 タリスの主題による幻想曲#
アンソニー・コリンズ(指)
LSO、ロンドン新SO#

録音:1953年2月23-25日、1953年10月20-21日*、1952年3月31日-4月1日#
※音源:英DECCA ACL-245、米LONDON LL-758、英DECCA ACL-144
◎収録時間:104:29
“ディーリアスの音楽にビーチャムとは異なる光を与えた歴史的名演!”
■音源について
A.コリンズのディーリアスとV=ウィリアムズの全録音を収録。ディーリアスといえばビーチャムの存在を無視できませんが、あまり英国関連作品の録音には積極的ではなかったDECCAに、コリンズがまとまった録音を遺してくれたのは幸運でした。エンジニア、ケネス・ウィルキンソンの明瞭な録音にもご注目を。

★アンソニー・コリンズ(1893-1963)の最も有名な遺産であるシベリウスの交響曲全集にはっきり刻印されている確信溢れる音作りの特徴は、ディーリアスにおいてもはっきりと聞き取れます。録音の数こそ少ないですが、その演奏は、ビーチャムと並ぶ2大ディーリアンと讃えたいほど魅力的。どんな弱音でも音楽が萎縮せず、芯を脆弱化させない意思の強さが静かに息づいていことが、これほどの名演を生む土台となっていることは間違いないでしょう。
 「春初めてのカッコウの声を聞いて」の導入から、曖昧模糊とした雰囲気に流れずに人間臭い呼吸をふんだんに盛り込み、しかも目の詰んだ音彩が心に染みます。弦の第2主題も音の隈取が克明で、そこに温かな歌が脈打ちます。この感覚的な雰囲気以上の入念な音作りだけでも、コリンズのディーリアスへの共感が尋常ではないことは明らかでしょう。
 「夏の庭で」の瞬発的な色彩の変化も鮮やか。特に第3主題(4:51〜)のヴィオラの静謐美と、それを取り巻く木管等の融合ぶりは鳥肌必至!ちなみに、コリンズは指揮者に転向する前に、LSOの主席ヴィオラ奏者でした。
 「ブリッグの定期市」は、グレインジャーが合唱曲に編曲したイングランド民謡を基にした管弦楽曲。その民謡主題は1:33からオーボエによって歌われますが、続くフルートも含めて常に残り香を感じさせるフレージングが絶品。その後の腰の入ったリズムの躍動と呼吸も迫真で、大きなスケール感で描き切ります。
 スケール感といえば「楽園への道」も。音の密度が極めて高い上に、フレージングはどこまでも伸びやか。どの部分を取っても心が震え、もはやLSOが遺した全録音の中でも別格の名演と言えるのではないでしょうか。
 「グリーンスリーヴス幻想曲」は、とっくに中間部が聴きもの。安易にテンポを速めず、各音をじっくりと吟味しながら歌い抜く一方で、ここでも声部間の連携が緊密で音楽を弛緩させないあたりに、コリンズの真骨頂が伺えます。
 ホルストから学んが作曲技法と眼力、音楽への共感力の強さ、アンサンブルの統率力の高さと、指揮者に必要な条件を兼ね備えていたコリンズ。その指揮者としての活動は30年にも満たないものだったのが残念でなりません。 【2021年9月・湧々堂】

Chandos
CHSA-5289(1SACD)
ブリテン&カントル―プ:管弦楽歌曲集
ブリテン:4つのフランスの歌(ハイ・ヴォイスと管弦楽の為の)
マリー=カントルーブ・ド・マラレー(1879−1957):「オーヴェルニュの歌」からのセレクション(14曲)
ブリテン:イリュミナシオン Op.18(ソプラノもしくはテノールと弦楽オーケストラの為の)
マリ・エーリクスモン(S)、
エドワード・ガードナー(指)、
ベルゲンPO

録音:2021年2月12日−13日&6月21日−23日、グリーグホール(ベルゲン、ノルウェー)
2015年にノルウェーの名門オーケストラ、ベルゲンPOの首席指揮者に就任し、絶賛されたエディンバラ国際音楽祭や7度の国際ツアー、数々のレコーディングを通じてベルゲン・フィルの魅力を世界に伝えてきた次代を担うマエストロ、エドワード・ガードナー。2021年9月からはユロフスキの後任としてロンドン・フィルの首席指揮者という重要ポストに就きましたが、ベルゲン・フィルとの契約も2年間延長し、2023年まで首席指揮者を継続しています。録音でも、ベルリオーズやシェーンベルクなど、とりわけ合唱を伴う大編成作品で高い評価を得、前作「シベリウスの「ペレアスとメリザンド」」(RCHSA5217)もレコード芸術「特選盤」に選ばれ話題を呼んだガードナーとベルゲン・フィルの充実コンビ。ニュー・アルバムは、ノルウェーの注目ソプラノ、マリ・エーリクスモン(マリ・エリクスモーン)との共演によるブリテンとカントループのオーケストラル・ソング集!
マリ・エーリクスモンはパリ・歌劇=コミック座やジュネーヴ大劇場、フランクフルト歌劇場、ベルリン・コーミッシェ・オーパー、ミラノ・スカラ座などで成功を収めてきたノルウェーのライジング・スター。ノルウェー音楽アカデミーとコペンハーゲン・歌劇・アカデミーで学んだ後、パリ国立高等音楽院でイザベル・ギヨーに師事し、フランス語歌唱をマスター。「フランス語は母国語ではないが、フランス語で歌うときはいつもくつろいでいて、フランス語への愛情を育んでいる」と語るエーリクスモンが、ヴィクトル・ユゴーやポール・ヴェルレーヌの詩によるブリテンの「4つのフランスの歌」、アルチュール・ランボーの詩集による「イリュミナシオン」、そしてカントループの代表作である、オーヴェルニュ地方の民謡を元にした「オーヴェルニュの歌」の3つのフランス語管弦楽歌曲を優美に歌います。もちろん、ガードナーの敏腕指揮のもと流麗な弦楽を響かせるベルゲン・フィル、CHANDOSの優秀録音(SACDハイブリッド盤)にも注目です。

ANALEKTA
AN-29263(1CD)
新しいユダヤの音楽 Vol.3〜アズリエリ音楽賞
イツハク・イエディッド:14人の音楽家の為の 「Kadosh Kadosh and Cursed」
ヨタム・ヘイバー:メゾ・ソプラノと15人の音楽家、オーディオ・プレイバックの為の 「Estro Poetico-armonico III」
ケイコ・デヴォー:14人の音楽家の為の 「Arras」
ピエール・メルキュール:Dissidence(ジョナサン・モンローによるソプラノと14人の音楽家の為の編曲版)
ロレーヌ・ヴァヤンクール(指)
ヌーヴェル・アンサンブル・モデルヌ、
シャロン・アズリエリ(S)、
クリスティナ・サボー(Ms)

録音:2021年6月、ピエール=メルキュール・ホール(カナダ、モントリオール)
カナダのソプラノ歌手でもあるシャロン・アズリエリ博士が創設したアズリエリ財団によるユダヤ音楽の為の作曲コンクール「アズリエリ音楽賞(the Azrieli Music Prizes)」の作品を録音する「新しいユダヤの音楽」シリーズ第3弾。
今作では、2020年のアズリエリ音楽賞ユダヤ音楽部門受賞者であるイツハク・イエディッドと、同年のアズリエリ・コミッション、カナダ音楽部門受賞のケイコ・デヴォー、そしてユダヤ音楽部門受賞のヨタム・ヘイバーの作品を収録。さらにナディア・ブーランジェやダラピッコラに作曲を学び、自国の現代音楽家のトップに登り詰めながらも、交通事故で若くして亡くなってしまったカナダの有名な作曲家ピエール・メルキュール(1927-1966)の作品をカップリングしています。


EUROARTS
20-57544
(20Bluray)
旧譜
ジルヴェスター・コンサートBOX(数量限定特価 画面:1080i Full HD - 16:9(Disc 1 in 4:3)
音声:PCM Stereo 、 DD 5.1, DTS 5.1
ベルリン・フィル恒例の大晦日のジルヴェスター・コンサート。1977年から2019年の間に行われた中から20のコンサート映像をまとめたブルーレイ・ボッ クスが発売されました。 以前DVDボックスとして発売されていましたが、今回は内容を一部変更し、さらにディスク未発売の2つのコンサートが追加されています。 ひとつは、スター・ピアニスト、ラン・ランをソリストに迎えた2009年。曲目は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、チャイコフスキーの『くるみ割り人 形』第2幕と、ロシアものをあまり指揮しないラトルとしては、珍しいプログラムでした。ラン・ランは翌2010年シーズンの「ピアニスト・イン・レジデンス」 にも招かれており、まさに上昇気流乗っている只中。そのラン・ランが登場したラフマニノフのピアノ協奏曲第2番では、ラン・ランの輝かしい音色と正確 なテクニック、派手なパーフォーマンスで大喝采を浴び、後半は、ベルリン・フィルの華麗な演奏技巧とラトルの洗練された音楽作りに魅了された『くるみ 割り人形』。コンサートマスターは、当時入団したばかりの樫本大進が務めています。 もう一つは、2011年のチャイコフスキー国際コンクール優勝以来、若い世代の最も有望なピアニストのひとりとして、聴衆と批評家の熱い支持を集めてい るダニール・トリフォノフ。2016 年のジルヴェスターコンサートが彼にとってのベルリン・フィル・デビューとなりました。今回は、ラフマニノフのピアノ協 奏曲第3番という、「技術的に最も難しいピアノ・コンチェルト」が取り上げられました。トリフォノフの超絶技巧と優れた音楽性が存分に発揮されています。 曲目は、カバレフスキーの「コラ・ブルニョン」序曲、ウォルトンの「ファサード」というサー・サイモン・ラトルならではのひとひねりした選曲が目を引きます。 他にも、歴代の首席指揮者が登場。カラヤン全盛の1977年の「第9」、2000年12月に新世紀の幕開けを祝って行われたアバド指揮の「グラインド・フィナー レ」と題されたコンサート、ラトルは多彩なプログラミングで聴衆を楽しませ、そして最新2019年新首席指揮者キリル・ペトレンコのコンサートまで、忘れ られない貴重な20のコンサートが収録されています。 (Ki)

Sterling
CDS-112911302
(2CDR)
オーケストラ音楽のスウェーデン・スモーガスボード
■Disc 1
(1)ユーハン・アグレル(1701−1765?):シンフォニア ヘ長調 Op.1 nO6

(2)アウグスト・セーデルマン(1832−1876):スウェーデン祝祭音楽(1858/1867)
(3)ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル(1867−1942):ストックホルムの五月カーニヴァル(1892)
 フロレスとブランセフロール Op.18 nO1(1896 rev.1898)*/秋の歌 Op.18 nO2(1896)*
[Sterling S-1006(LP)]

(4)ヒューゴ・アルヴェーン(1872−1960):黙示録カンタータ Op.31(1913)− アンダンテ・レリジョーゾ
ノルショーピングSO、ステーン・フリュクベリ(指)

(5)ルーベン・リリエフォシュ(1871−1936)
フリチョフとインゲボリ(1916)− 犠牲の行列/祝祭(1932)

(6)アドルフ・ヴィークルンド(1879−1950):交響的プロローグ(1934)

■Disc 2
(1)ラーシュ=エーリク・ラーション(1908−1986):冬物語 Op.18(1937−38)(ウィリアム・シェイクスピアの『冬物語』による4つのヴィニェット)−シチリアーナ、間奏曲、田園詩、エピローグ

(2)スヴェン・ショルド(1899−1956):夏(1938)

(3)アルベルト・ヘンネベリ(1901−1991):コミック歌劇 「ボッラとバーディン」(1942)− 序曲

(4)ブー・リンデ(1933−1970):ピアノと弦楽の為の協奏曲(第1番) Op.12(1955)

(5)前奏曲と終曲 Op.16(1955)

(6)スヴェン=エーリク・ユーハンソン(1919−1997):ヴェルムランドのオッルロートによる変奏曲(1963)
■Disc 1
(1)ノルショーピングSO、ステーン・フリュクベリ(指)
録音:1976年9月9日−10日、ホールサーレン(ノルショーピング、スウェーデン)
※制作:ブー・ヒュットネル、録音:ローベット・フォン・バール[Sterling S-1003(LP)]
(2)(3)ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニックO、ビョーン・ハルマン (指)、エーリク・セデーン(Br)*
録音:1980年4月30日、ストックホルム・コンサートホール(ストックホルム、スウェーデン)
※制作:ホーカン・エルムクヴィスト、録音:ウッレ・ブーランデル
[Sterling S-1006(LP)]
(4)ノルショーピングSO、ステーン・フリュクベリ(指)
録音:1976年9月9日−10日、ホールサーレン(ノルショーピング、スウェーデン)
※制作:ブー・ヒュットネル、録音:ローベット・フォン・バール[Sterling S-1003(LP)]
(5)イェヴレSO、ヨーラン・W・ニルソン(指)
録音:1981年10月14日、オーケストラホール(イェヴレ、スウェーデン)
※制作:カール=グンナル・オーレーン、録音:ベンクト・ヨーラン・ストーフ 
[Sterling S-1007(LP)]
(6)ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニックO
ビョーン・ハルマン(指)
録音:1980年4月30日、ストックホルム・コンサートホール
(ストックホルム、スウェーデン)
※制作:ホーカン・エルムクヴィスト、録音:ウッレ・ブーランデル
[Sterling S-1006(LP)]
■Disc 2
(1)ノルショーピングSO、ステーン・フリュクベリ(指)
録音:1976年9月9日−10日、ホールサーレン(ノルショーピング、スウェーデン)
※制作:ブー・ヒュットネル、録音:ローベット・フォン・バール
[Sterling S-1003(LP)]
(2)ヴェステロースSO、ハリ・ダムゴー(指)、
アントニオ・ニコリーニ(Vn・ソロ)
録音:1978年5月11日、ヴェステロース・コンサートホール
(ヴェステロース、スウェーデン)]
※制作:ブー・ヒュットネル、録音:ステーン・ユーマンソン][Sterling S-1005(LP)]
(3)アノルショーピングSO、ステーン・フリュクベリ(指)
録音:1976年9月9日−10日、ホールサーレン(ノルショーピング、スウェーデン)
※制作:ブー・ヒュットネル、録音:ローベット・フォン・バール
[Sterling S-1003(LP)]
(4)ブー・リンデ(P)、イェヴレボリ管弦楽協会、グンナル・ステルン(指)
録音:1955年3月13日、イェヴレ劇場(イェヴレ、スウェーデン)
(ライヴ録音)(mono)[Sterling S-1007 (LP)]
(5)ヴェステロースSO、ハリ・ダムゴー(指)、アントニオ・ニコリーニ(Vn・ソロ)
録音:1978年5月11日、ヴェステロース・コンサートホール
(ヴェステロース、スウェーデン)]
※制作:ブー・ヒュットネル、録音:ステーン・ユーマンソン]
[Sterling S-1005(LP)]
(6)ノルショーピングSO、ステーン・フリュクベリ(指)
録音:1976年9月9日−10日、ホールサーレン(ノルショーピング、スウェーデン)
※制作:ブー・ヒュットネル、録音:ローベット・フォン・バール]
[Sterling S-1003(LP)]
Sterling Records のオーナー、ブー・ヒュットネル氏は、1970年代、ストックホルムの中心部でレコード・ショップ「Sterling」を経営していました。当時は、今でこそ一般的になったスウェーデン音楽の標準的レパートリーの作品はほとんどレコードで流通しておらず、ラーションの 「冬物語」 も EP リリースされた〈エピローグ〉だけで満足するしかないという状況だったと言います。『オーケストラ音楽のスウェーデン・スモーガスボード』と題したアルバムには、ラーションの知り合いだったステーン・フリュクベリ(1910−1983)の指揮した「シェイクスピアの『冬物語』による4つのヴィニェット」に始まる、ヒュットネル氏みずからプロデュース、LP リリースした「スウェーデン・ロマンティシズム」の作品が集められています。アグレルの 「シンフォニア」 は、「ad lib」のオーボエをホルンを含まない、弦楽オーケストラだけの演奏。アルベット・ヘンネベリのコミック歌劇 「ボッラとバーディン」 の〈序曲〉は、『スウェーデン作曲家協会の歴史 1918年−1993年」(Phono Suecia PSCD 58)に収録された音源です。ブー・リンデの 「ピアノと弦楽の為の協奏曲」 は、作曲者自身がピアノを弾いたライヴ録音。
※全トラック、LP から直接の復刻です。そのため、音量を上げた場合に歪みが感じられることがあります。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

スリーシェルズ
3SCD-0064(1CD)
税込定価
「冨田勲メモリアルコンサート」
(作曲:冨田勲)
1.コムポジション愛
2.ジャングル大帝のテーマ
3.ビッグX 主題歌
4.「キャプテンウルトラ」組曲

「NHKの為の映像音楽より」
5.きょうの料理
6.新日本紀行テーマ
7.大河ドラマ「花の生涯」
8.大河ドラマ「徳川家康」
9.大河ドラマ「勝海舟」

10.「ノストラダムスの大予言」組曲
11.「マイティジャック」組曲
12.アンコール(マイティジャックの歌)
藤岡幸夫(指)
オーケストラ・トリプティーク
冨田勲メモリアルcho
杉並児童cho

録音:2018 年9 月17 日東京国際フォーラム ホールC
「冨田勲 映像音楽の世界 Sounds of TOMITA」として2018 年9 月17 日に東京国際フォーラムで行われた伝説のメモ リアルコンサートがついに CD 化! 小林淳(評論家)による約 1 万字の書き下ろし解説と、コンサートパンフレット掲載のメ ッセージを収録。上埜嘉雄による高精細録音を、磯部英彬による迫力のサウンドバランスで再現した感動の録音! 庵野秀明監督から「マイティジャック」を生オーケストラで聴けることへの感激のメッセージが届くなど、コンサート開始前から 話題になったイベントであり、司会は樋口尚文(公演監修も)と中江有里が担当。 花の生涯、徳川家康、勝海舟など「大河ドラマのテーマ音楽」や「マイティジャック」「キャプテンウルトラ」「ノストラダムスの大 予言」などの特撮音楽、手塚治虫のアニメ音楽などを大特集。 藤岡幸夫の指揮により、シンセサイザーを加えたオーケストラにダンスや合唱も参加しての圧巻のステージに、来場したファ ンは、鳴り止まぬ拍手で色褪せぬトミタサウンドへ喝采を送った。アニメ映画音楽、現代音楽、日本の作曲家の演奏に定評 のあるオーケストラ・トリプティークのエネルギッシュな演奏がトミタサウンドを新たな時代に届けるような歴史的なコンサートと なった。 会場を埋め尽くした1200 人の観客と合唱団、児童、ダンスの皆さんによる「マイティジャックの歌」をアンコールとして特別に 収録。力強く、どこか儚い、胸に熱く響き渡るトミタサウンドが甦る。

NCA
NCA-60246(1CD)
ヴァイマールの響き Vol.2〜リスト:管弦楽作品集
リスト:交響詩第3番「前奏曲」
交響詩第4番「オルフェウス」
交響詩第1番「人、山上にて聞きしこと」
マルティン・ハーゼルベック(指)、
ウィーン・アカデミーO

録音(ライヴ):2011年1月29日−31日、リスト・センター(ライディング、オーストリア)
オーストリア出身の指揮者マルティン・ハーゼルベックと、彼が創設したウィーン・アカデミーOが、徹底的な時代考証と古楽器の使用により、リストが作曲した当時の響きを極限まで追求した交響詩全曲を含む管弦楽作品録音プロジェクトの第2巻。ブックレットにはオーケストラが録音に使用している楽器が全て列記されており、その拘りぶりに感服させられます。このアルバムはライディングで行われたリスト音楽祭のライヴ録音で、現在でも演奏機会の多い「前奏曲」に加え、作曲当初は歌劇の序曲として書かれた「オルフェウス」、「山岳交響曲」とも呼ばれ30分もの演奏時間を要する「人、山上にて聞きしこと」を収録。
NCA
NCA-60250(1CD)
ヴァイマールの響き Vol.3〜リスト:管弦楽作品集
リスト:交響詩第11番「フン族の戦い」
交響詩第9番「ハンガリー」
交響詩第6番「マゼッパ」
マルティン・ハーゼルベック(指)、
ウィーン・アカデミーO

録音:2011年1月29日〜6月1日(ライディング、オーストリア)
オーストリア出身の指揮者マルティン・ハーゼルベックと、彼が創設したウィーン・アカデミーOが、徹底的な時代考証と古楽器の使用により、リストが作曲した当時の響きを極限まで追求した交響詩全曲を含む管弦楽作品録音プロジェクトの第3巻。ブックレットにはオーケストラが録音に使用している楽器が全て列記されており、その拘りぶりに感服させられます。本作は西暦451年に発生したカタラウヌムの戦いの様子を描いた「フン族の戦い」、元々ピアノ曲として作曲されたものを改作した「ハンガリー」、ヴィクトル・ユーゴーの叙事詩に基づいた「マゼッパ」の3曲を収録。
NCA
NCA-60254(1CD)
ヴァイマールの響き Vol.4〜リスト:管弦楽作品集
リスト:交響詩第2番「タッソ、悲哀と勝利」
3つの葬送的頌歌より第3番「タッソの葬送的凱旋」
交響詩第8番「英雄の嘆き」
交響詩第12番「理想」
マルティン・ハーゼルベック(指)
ウィーン・アカデミーO

録音:2011年3月25日−27日、10月24日(ライディング、オーストリア)
オーストリア出身の指揮者マルティン・ハーゼルベックと、彼が創設したウィーン・アカデミーOが、徹底的な時代考証と古楽器の使用により、リストが作曲した当時の響きを極限まで追求した交響詩全曲を含む管弦楽作品録音プロジェクトの第4巻。ブックレットにはオーケストラが録音に使用している楽器が全て列記されており、その拘りぶりに感服させられます。本作には戯曲の序曲として作曲された「タッソ」と、同じくイタリアの叙事詩人、トルクァート・タッソの生涯を題材とした「タッソの葬送的凱旋」など計4曲を収録。
NCA
NCA-60255(1CD)
ヴァイマールの響き Vol.5〜リスト:管弦楽作品集
リスト:交響詩第5番「プロメテウス」
交響詩第7番「祭りのどよめき」
交響詩第10番「ハムレット」
交響詩第13番「ゆりかごから墓場まで」
マルティン・ハーゼルベック(指)、
ウィーン・アカデミーO

録音:2011年6月&10月(ライディング、オーストリア)
オーストリア出身の指揮者マルティン・ハーゼルベックと、彼が創設したウィーン・アカデミーOが、徹底的な時代考証と古楽器の使用により、リストが作曲した当時の響きを極限まで追求した交響詩全曲を含む管弦楽作品録音プロジェクトの第5巻。ブックレットにはオーケストラが録音に使用している楽器が全て列記されており、その拘りぶりに感服させられます。本作にはギリシャ神話を描いた「プロメテウス」や、最後の交響詩となった晩年の作品「ゆりかごから墓場まで」など計4曲を収録。

BIS
BISSA-2371(1SACD)
カレヴァラの情景
(1)レーヴィ・マデトヤ(1887-1947):交響詩 「クッレルヴォ」 Op.15(1913)
(2)ウーノ・クラミ(1900-1961):カレヴァラ組曲
(3)シベリウス:トゥオネラのレンミンカイネンOp.22 nO2(1897年版)
(4)タウノ・ピュルッカネン(1918-1980):クッレルヴォの出征(1942)
ラハティSO、
ディーマ・スロボデニューク(指)

録音:(2)2017年9月、(3)2018年1月、(1)(4)2020年1月/シベリウスホール(ラハティ)
フィンランドがロシア帝国の支配下にあった1935年、医者で文献学者のエリアス・リョンロート(1802?1884)が収集、編纂した民 族叙事詩集『カレヴァラ(カレワラ)(Kalevala)』が出版されました。1849年には50のルーノ(章)からなる増補版(最終版)が出版され、フィンランドの民 族意識を刺激するとともに、世界の創造の物語や、冒険者と英雄と詩人のエピソードがフィンランドの文化と芸術にインスピレーションを与えつづけてきました。ラ ハティSOと首席指揮者ディーマ・スロボデニュークのこのアルバムでは、『カレヴァラ』に関連する1897年から1943年の間に作曲された管弦楽作品が 4曲収録しております。
レーヴィ・マデトヤ(1887-1947)の「クッレルヴォ」は、シベリウスが1892年に作曲したメゾ・ソプラノ、バリトン、男声合唱と管弦楽の為の作品と同じ『カ レヴァラ』第33章から第36章のエピソードを基に交響詩(音詩、または演奏会序曲)として書かれました。印象的な旋律と風通しのいいオーケストレーションに よる哀愁と感傷に彩られた作品です。
ウーノ・クラミ(1900-1961)の「カレヴァラ組曲」【大地の創造(Maan synty)/春の芽吹き(Kevaan oras)/テルヘンニエミ(Terhenniemi)/レ ンミンカイネンの子守歌(Kehtolaulu Lemminkaiselle)/サンポの鋳造(Sammon taonta)】は、フィンランドのこのジャンルの一里塚とみなされている 作品です。無限の宇宙の光景を描いた〈大地の創造〉、穏やかな田園詩の〈春の芽吹き〉、夏の夜のスケルツォ〈テルヘンニエミ〉、哀調のメロディの〈レンミンカイ ネンの子守歌〉、金属ハンマーの響きがクライマックスに導くフィナーレ〈サンポの鋳造〉。ストラヴィンスキーの「春の祭典」にもくらべられる「原色」のオーケスト レーションを大胆に使い、シベリウスの影響から離れた、新しい「カレヴァラの世界」を創造した作品です。
タウノ・ピュルッカネン(1918-1980)の「クッレルヴォの出征」は、彼が歌劇「マレと息子」で成功を収める3年前、24歳の時に作曲した作品です。馬の 疾走を思わせるリズムの主題、クッレルヴォの好戦的な性格を表すエネルギッシュな音楽、コールアングレのソロが醸し出すメランコリックな気分。画家アクセリ・ガッ レン=カッレラの同名のフレスコ画をインスピレーションに作曲されました。
シベリウスの交響詩「レンミンカイネン」 (4つの伝説曲)は、「クッレルヴォ」とともに彼の初期を代表する作品のひとつです。1895年の初稿が翌1896年4 月に初演され、2年後の1897年に最初の改訂が行われました。この改訂で第2曲の〈トゥオネラのレンミンカイネン〉は、32小節の序奏部が完全にカットされ、 中間部も大幅に短縮。オーケストレーションにも手が加えられました。通常の演奏に使われているのは、1897年版をさらに凝縮した1939年の改訂版。1897 年版はこのアルバムが世界初録音です。 (Ki)

TOCCATA
TOCC-0625(1CD)
NX-B03
ピーター・フィッシャー(1956-):吹奏楽の為の作品全集
炎の踊り(2011/2019改訂)
トランペット協奏曲(2014-16)
地球の生まれ、山のように古く
『Magical Being 魔法の存在』のバレエ
イェンズ・リンデマン(コルネット/フルーゲルホルン/トランペット)
ミドル・テネシー州立大学ウィンド・アンサンブル
リード・トーマス(指)

録音:2006年4月14日、2006年11月4日、2019年11月12日、2017年3月2日(ライヴ)
世界初録音
1956年、カリフォルニア州、マーティネズに生まれたピーター・フィッシャー。サンフランシスコのベイエリアでサンタク ルーズ山脈を眺めながら子供時代を過ごしたフィッシャーは、最初は科学者を志していたといいます。しかしエル トン・ジョンの歌を知ってからはポピュラー音楽に傾倒、16歳のときにピアノを学び始め、その後ギターも習得、ロッ ク・バンドに参加したのち、音楽の道に進むことを決意しました。そんなフィッシャーの作品はジャズやロックの香り が感じられる都会的な雰囲気を湛えています。 このアルバムに収録された作品も、ストラヴィンスキー、レブエルタス、バーンスタインらの影響を感じさせる、マン ボ、タンゴ、タランテッラ、ワルツなど舞曲を元に、現代的なひねりが加えられた活気ある仕上がりです。

MUSICAPHON
M-56859(1CD)
敬虔なヘレネ
ベルント・アロイス・ツィンマーマン:敬虔なヘレネ、ライン州の教会舞曲
ドヴォルザーク:マズレック ホ短調 Op.49、
 ロンド ト短調 Op.94
スメタナ:歌劇 「売られた花嫁」 より3つの舞曲
ギーゼラ・マイ(朗読)、
エムスラント・アンサンブル、
アンサンブル・プリズマ

録音:2004年3月(ドイツ)
代音楽作曲家、ベルント・アロイス・ツィンマーマンの、録音自体が希少な「敬虔なヘレネ」を、2016年に惜しまれつつこの世を去ったドイツの著名な女優、歌手であるギーゼラ・マイの語りで聴ける1枚。後半はドヴォルザークとスメタナというチェコの偉大な作曲家の作品のアンサンブル版が収録されています。

Paladino Music
PMR-0112(1CD)
クリスティアン・オフェンバウアー(b.1961):ヤンナ・ポリツォイデスのために(2006)*
クラヴィーアシュトゥック2018
ヤンナ・ポリツォイデス(P)、
アンサンブル・ディ・ライエ*、
クリスチャン・ムースピール(指)*

録音:2010年11月&2021年1月(オーストリア、ウィーン)
作曲をフリードリヒ・チェルハに師事したオーストリアの作曲家、音楽理論家のクリスティアン・オフェンバウアー(1961-)は、ギリシャ出身の音楽家を両親に持つオーストリア・グラーツ出身のピアニスト、ヤンナ・ポリツォイデスのために2つの大規模な作品を書きました。オフェンバウアーのインスピレーションに満ちた音楽言語と、ポリツォイデスの繊細かつパワフルな演奏は、聴き手にとっても挑戦的でやりがいのある、喜びに満ちた音楽的発見の旅を約束してくれます。

SWR music
SWR-19111CD(6CD)
NX-E03
ミヒャエル・ギーレン・エディション 第10集


【CD1】
1-6. ベルント・アロイス・ツィンマーマン(1918-1970):ある若き詩人のためのレクイエム…初出音源
【CD2】
(1)リゲティ:レクイエム-ソプラノ、メゾ・ソプラノ、混声二部合唱とオーケストラのための…初出音源
(2)ジョージ・クラム(1929-):Star-Child 星の子-ソプラノ、児童の声、男声合唱、ベル、大オーケストラのための…初出音源
【CD3】
(1) ホルヘ E.ロペス(1955-):Breath - Hammer - Lightning- オーケストラのための…初出音源
(2) ロペス:Dome Peak- 部屋中に配置された82の楽器のための…初出音源
【CD4】
ルイジ・ノーノ(1924-1990):ヴァリアツィオーニ・カノニシェ- シェーンベルクの室内オーケストラのためのシリーズ Op.41に基づく- 室内オーケストラのための
建築家のカルロ・スカルパに、彼の無限の可能性に - オーケストラのための
進むべき道はない、だが進まなければならない…アンドレイ・タルコフスキー
(1987)
モートン・フェルドマン(1926-1987):コプトの光
【CD5】
ミヒャエル・ギーレン(1927-2019):シュテファン・ゲオルゲによる4つの詩- 混声合唱と19楽器のための…初出音源
ジェルジ・クルターグ(1926-):Stele ステーレ op. 33- 大オーケストラのための
マウリシオ・カーゲル(1931-2008):手紙- メゾ・ソプラノとオーケストラの演奏会用情景…初出音源
【CD6】
ピエール・ブーレーズ(1925-2016):リチュエル- ブルーノ・マデルナの追憶に- 8群のオーケストラのための
ノタシオン I-IV&VII - オーケストラのための
ジョン・ケージ(1912-1992):ピアノ協奏曲…初出音源
【CD1】
イゾルデ・ジーベルト、レナーテ・ベーレ(S)
リチャード・ソルター(Br)
ミヒャエル・ロトショップ、ベルンハルト・シア(ナレーター)
アンドレアス・ブライトシャイト(サウンドディレクター)
ケルン放送合唱団
南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブル
ヨーロッパ合唱アカデミー
ベルリン放送合唱団
アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ・ジャズコンボ
バーデン=バーデン・フライブルクSWRSO
ミヒャエル・ギーレン(指)
録音:1999年4月17日(ライヴ)フライブルク、コンツェルトハウス(ドイツ)
【CD2】
(1)リリアーナ・ポリ、アイリーン・グブラット(S)
バーブルー・エーリクソン(A)
南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブル
バイエルン放送合唱団
シュトゥットガルトRSO
ミヒャエル・ギーレン(指)
録音:1969年7月17日(ライヴ)
シュトゥットガルト、シュティフト教会(ドイツ)
(2)アルミン・ロジン(Tb)
クリストフォルス=カントライ・アルテンシュタイク
南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブル
シュトゥットガルトRSO
クリトゥス・ゴットヴァルト、マンフレート・シュライアー、マリヌス・フォールベルク(指揮協力)
ミヒャエル・ギーレン(総指揮)
録音:1979年2月24日(ライヴ)
【CD3】
(1) バーデン=バーデン・フライブルクSWRSO
ミヒャエル・ギーレン(指)
録音:1993年9月20日(ライヴ)フランクフルト、アルテ・オパー(ドイツ)
(2) ※このアルバムは弱音と強音のダイナミクスの幅が非常に大きいため、再生時にはご注意いただけますようお願いいたします。
バーデン=バーデン・フライブルクSWRSO
オズワルド・サラベルガー、シュテファン・シュミット(指)
トーマス・ライジヒ(サウンドテクニック)
ミヒャエル・ギーレン(総指揮)
録音:1993年9月20日(ライヴ)フランクフルト、アルテ・オパー(ドイツ)
【CD4】
バーデン=バーデン・フライブルクSWRSO
ミヒャエル・ギーレン(指)
録音:1989年9月17日(ライヴ)1997年12月12日 フライブルク、コンツェルトハウス(セッション)
【CD5】
南西ドイツ放送ヴォーカル・アンサンブル
バーデン=バーデン・フライブルクSWRSO
ミヒャエル・ギーレン(指)
録音:2010年7月12日フライブルク、コンツェルトハウス(セッション)
2001年3月26日フライブルク、コンツェルトハウス(セッション)
1996年11月25,26日フライブルク、コンツェルトハウス(セッション)
1987年10月30日バーデン=バーデン、ハンス・ロスバウト・スタジオ(セッション)
【CD6】
バーデン=バーデン・フライブルクSWRSO
クロード・エルフェ(P)
シュトゥットガルトRSO
録音:1990年9月19-21日バーデン=バーデン、ハンス・ロスバウト・スタジオ…1-5(セッション)
2003年6月27日-7月4日フライブルク、コンツェルトハウス(セッション)
1975年6月21日 I(ライヴ)
ミヒャエル・ギーレン(1927-2019)の名演を集めた大人気シリーズの掉尾を飾る第10集。 今回は1945年以降に書かれた、ギーレンが得意とする「現代音楽」をフィーチャー。 8曲の初出音源とギーレン自身の2作品も含む興味深い作品集です。 ここで聴かれる作曲家のほとんどはギーレンと個人的に親しく、彼もこれらの作品を積極的にサポートしてい ました。中でもキューバ出身の作曲家、ホルヘ E.ロペスは、ギーレンによって作品を演奏されたことで世界 的知名度を獲得、このアルバムに収録されている「Breath ? Hammer ? Lightning」もギーレンがドイ ツ初演を行うなど彼の作品の普及に努めました。 また、活躍当時からマーラーやシェーンベルクなどの大編成の作品の解釈で定評のあったギーレンらしく、複 雑な書法で知られるアロイス・ツィンマーマンやリゲティの作品をはじめ、ジョージ・クラムやノーノ、ブーレーズ までレパートリーに加えており、ここでもギーレンの特徴ともいえる、スコアを隅々まで読み込んだ緻密な演奏 を聴かせます。

QUERSTAND
VKJK-2014(2CD)
縦長ブック仕様
シルエット〜追放された作曲家の管弦楽作品集
ウールフェルダー(1868-1946):闘牛士の血
ジョベール(1900-1940):映画「7 月14 日」の為の音楽からの組曲
カプラーロヴァー(1915-1940):ミニチュア組曲
ミヨー:ロンドンの謝肉祭 Op.172
ツファスマン(1906-1971):ジャズ組曲(オーケストレイション:アビャゾフ)
ロスラヴェッツ(1881-1944):室内交響曲
ヤン・ミヒャエル・ホルストマン(指)
シェーネベック中部ドイツ室内フィルハーモニー
ソフィア・ギュルバダモヴァ(P)

録音:2020年4月27-30日,5月5-8日 ドイツ シェーネベック
これは大変意欲的な CD です。20 世紀の作曲家で何らかの理由でひどい不遇 をかこった人たちの作品を集めています。ベンノ・ウールフェルダー(1868-1946)はドイ ツ、バイロイトの生まれ。ユダヤ系だったためにナチの台頭からアルゼンチンに亡命 した。モーリス・ジョベール(1900-1940)はニース生まれのフランスの作曲家。1930 年 代に映画音楽で名を派したが、40 歳で早世してしまった。ヴィーチェスラヴァ・カプラ ーロヴァー(1915-1940)はブルノの生まれ。プラハ、さらにパリで学び、当時まだ珍し かった女性作曲家として大きな注目を浴びた。しかしフランスにドイツが侵攻すると 南仏モンペリエに逃れ、病気のため僅か 25 歳で亡くなった。ダリウス・ミヨー(1892-1974)は長命したためフランスの作曲家として知られるが、ユダヤ系だったため第二 次世界大戦中は米国に移住していた。アレクサンドル・“ボブ”・ツファスマン(1906-1971)はソ連における代表的ジャズ・ピアニスト。作曲家としても活躍したが、当然ソ 連ではジャズは弾圧の対象になっていた。古いジャズに近代クラシック音楽を混ぜあ わえたような作風は西側では見られないものだ。ニコライ・アンドレーヴィチ・ロスラヴ ェッツ(1881-1944)は、ロシア・アヴァンギャルドの旗手だったが、後にソ連政府、音 楽界から抹殺状態になり、ごく近年になるまで再評価が進まなかった。 ヤン・ミヒャエル・ホルストマンは、1968 年、フランクフルト・アム・マインの生まれ。長ら く歌劇の指揮者として活躍した後、2019 年からシェーネベック中部ドイツ室内フィ ルハーモニーの首席指揮者を務めています。 ハードカヴァーのブック仕様で、解説も充実しています。

BR KLASSIK
BR-900203(3CD)
NX-D09
メシアン:我らの主イエス・キリストの変容 他

【CD1.2】
我らの主イエス・キリストの変容-混声合唱、7つの楽器の独奏と大オーケストラのために

【CD3】
ミの為の詩-ソプラノとオーケストラのために
クロノクロミー-大オーケストラのために
【CD1.2】ピエール=ロラン・エマール(P)
リオネル・コテ(Vc)
ヘンリク・ヴィーゼ(Fl)
シュテファン・シリング(Cl)
クリスティアン・ピルツ(シロリンバ)
グイド・マーグランダー(マリンバ)
イェルク・ハンナバッハ(ヴィブラフォン)
オ・ムンヨン(T)
マティアス・エットマイアー(Bs)
バイエルン放送cho
バイエルンRSO
ケント・ナガノ(指)

【CD3】
ジェニー・ダヴィエ(S)
バイエルンRSO
ケント・ナガノ(指)


クロノクロミー-大オーケストラのために

録音:ミュンヘン(ドイツ)全てライヴ
2017年6月20-23日 フィルハーモニー・イン・ガスタイク、2019年2月11-15日 ヘルクレスザール、2018年7月3-6日 ヘルクレスザール
アシスタントに指名されていたのがケント・ナガノ。メシアンから高く評価されていたケント・ナガノは、その後もメシ アン作品を積極的にプログラムに採り入れてきました。2000年にベルリン・フィルと録音した「トゥーランガリラ交響 曲」(2000年)は、隅々まで解釈されて明晰に聞こえる演奏で、"複雑、難解"といった聴き手が持つこの作 品のイメージを根本的に変えるほどの鮮烈な印象を与えるなど、現代最高のメシアン指揮者の一人と見なされ ています。 この3枚組は、そんなケント・ナガノによるメシアンの3作品のライヴ録音を収録。メインとなるのは1965年から 1969年に書かれた、5管編成の巨大オーケストラ、100人の合唱団、ソリストと打楽器を含む7つの独奏楽器 を要する『われらの主イエス・キリストの変容』で、ピアノを担当するのはおなじみピエール=ロラン・エマール、また 美しいチェロのソロを披露するのはバイエルンRSOの首席チェロ奏者を務めるリオネル・コテという期待 に違わぬもの。大編成のオーケストラが紡ぎ出す複雑なリズムと、陶然とするような響きをかいくぐって聞こえてくる 鳥の声や合唱による神秘的なコラールなど、メシアンの創作の頂点ともいえる作品を存分に楽しませてくれま す。他にはメシアンの最初の妻クレール・デルボスに捧げられた「ミの為の詩」、やはり鳥の声が重要な働きを見 せる「クロノクロミー」を収録。

Capriccio
C-5350(1CD)
NX-B05
シュニトケ(1934-1998):映画音楽集 第5集
昼間の星(1966)
ハーディ-ガーディ II - 鐘 - 狙撃者
最愛の人(1985)
セルギー神父(1978)

全てフランク・シュトローベルによる組曲編
ベルリン放送cho
ベルリンRSO
フランク・シュトローベル(指)

録音:2018年3月8-10日
ユダヤとドイツの血を引く作曲家シュニトケは、少年時代からドイツ語を使い12歳の時には父親の赴任地ウィーンで最初の音楽教育を受けました。14歳の 時にモスクワに転居し、27歳でモスクワ音楽院を卒業、翌年から10年間はモスクワ音楽院の講師を務めましたが、その後は一時、1960年代から手掛けて いた映画音楽の作曲で糊口をしのいでいました。彼は1984年までに66作の映画音楽を作りましたが、これらには「polystylis=多様式主義者」と自称す る彼の作曲スタイルのさまざまな形が示されており、疑似バロック風の美しい旋律を持つ曲から、実験的な曲まで、多彩な作品が含まれています。プロコフィエ フの『イワン雷帝』をはじめとする数々の映画音楽の復刻で知られるフランク・シュトローベルは、シュニトケの映画音楽の紹介に熱心に取り組んでおり、これま でにも『無名の俳優の物語』や『歯科医の冒険』などのサウンド・トラックを組曲に再編してきましたが、今回は『昼間の星』『最愛の人』『セルギー神父』の3編 の音楽を組曲に編成し、音による物語を存分に聴かせます。

Altus
ALT-496(1CD)
ゴロワノフの芸術第2集
ムソルグスキー:組曲『展覧会の絵』(ラヴェル編)
 ポロネーズ(歌劇『ボリス・ゴドゥノフ』より)*
 モスクワ河の夜明け(歌劇『ホヴァンシチーナ』前奏曲)#
チャイコフスキー:序曲『1812年』##
ニコライ・ゴロワノフ(指)
モスクワRSO

モノラル録音:1953年3月24日 1950年6月7日*、1947年10月17日# 1948年2月7日##
ムラヴィンスキーと対を成すロシアのカリスマにして、強烈な爆演で知られる伝説的指揮者ニコライ・ゴロワノフの音源をALTUS渾身のマス タリングで発売!脳も灼けつく怒涛の大演奏、異様な指揮者の存在感が生む空前の大迫力。ここまで熾烈な演奏はそうありません。「展覧会の絵」や「1812年」 といった大管弦楽のエネルギーを存分に味わえる濃厚作品を収録。
「〈金管楽器の咆哮〉という言葉が使われるが、ゴロワノフの演奏は、まさにこの言葉の通りです。咆哮とは獣が何かに対して本能的、直観的に叫び声をあげ ることで、決して理性的なものとは相いれない。ゴロワノフの演奏での金管楽器の鳴らし方は、理性を失う寸前のようなスリルと興奮がある」「「展覧会の絵」では 冒頭の脂ぎったトランペットから早くも金管楽器が爆発。さらに独自のカットや打楽器の追加をし、曲を完全にゴロワノフ調に塗りつぶしている」「「1812年」も 凄い。開始して間もなく最初に盛り上がるところがあるが、そこからしてすでに正気ではない。その興奮も音楽をねじ曲げるようなリタルダンドでいったん落ち着 かせるが、主部に入ると小太鼓を追加して大暴れしている」(平林直哉氏の解説より)

新書館
DB21-0201(Bluray)
税込定価
マリインスキー・バレエ〜「ジゼル」 [出演]
ジゼル:ディアナ・ヴィシニョーワ
アルブレヒト:マチュー・ガニオ(パリ・オペラ座バレエ)
ハンス:イーゴリ・コルプ
ミルタ:エカテリーナ・イワンニコワ
ベルタ(ジゼルの母):ワレリア・カルピーナ
バチルド:エレーナ・バシェノワ
太刀持ち:アレクセイ・ネドヴィガ
公爵:ウラディーミル・ポノマリョフ
モンナ(ドゥ・ウィリ):クセーニャ・オストレイコフスカヤ
ズルマ(ドゥ・ウィリ):ディアナ・スミルノワ
ペザント・パ・ド・ドゥ:レナータ・シャキロワ/フィリップ・スチョーピン
ほかマリインスキー・バレエ
[STAFF]
芸術監督:ワレリー・ゲルギエフ
振付:ジャン・コラーリ/ジュール・ペロー/マリウス・プティパ
音楽:アドルフ・アダン
台本:ジュール・アンリ・ヴェルノワ・ド・サン・ジョルジュ/テオフィル・ゴーティエ/ジャン・コラーリ
舞台美術:イーゴリ・イワノフ
衣裳:イリーナ・プレス
指揮:ワレリー・オフシャニコフ
演奏:マリインスキー劇場O

収録:2016年7月11,13日マリインスキー劇場
マリインスキー劇場が誇る大バレリーナ、ヴィシニョーワとパリ・オペラ座の美しきエトワール、ガニオ。 それぞれのカンパニーを代表するスーパースターが出逢い、新たなケミストリーが生まれた奇跡のような時間「ジゼル」に新たな決定盤が誕生!
新書館
DB21-0202(Bluray)
税込定価
マリインスキー・バレエ〜「ライモンダ」 [出演]
ライモンダ:ヴィクトリア・テリョーシキナ
ジャン・ド・ブリエンヌ:ザンダー・パリッシュ
アブデラフマン:コンスタンチン・ズヴェレフ
クレマンス:エカテリーナ・チェブィキナ
アンリエッタ:ナデージダ・バトーエワ
ほか マリインスキー・バレエ/ワガノワ・バレエ・アカデミー
[STAFF]
芸術監督:ワレリー・ゲルギエフ
振付:マリウス・プティパ
改訂振付:コンスタンチン・セルゲーエフ
追加振付:フョードル・ロプホーフ
音楽:アレクサンドル・グラズノフ
美術:シモン・ヴィルサラーゼ
衣裳:エレーナ・ザイツェワ(ヴィルサラーゼのスケッチに基づく)
指揮:ワレリー・ゲルギエフ
演奏:マリインスキー劇場O

収録:2018年5月26日 マリインスキー劇場
マリウス・プティパ最後の傑作をこのバレエが生まれたマリインスキー劇場による豪華絢爛なプロダクションでお届けする。 音楽性にあふれたプリマ、テリョーシキナと中世の美しい騎士にふさわしい貴公子パリッシュの共演。 マリインスキー劇場総監督である巨匠ゲルギエフがグラズノフの珠玉の名曲を自ら指揮する。
新書館
BD21 0303(Bluray)
税込定価
マリインスキー・バレエ〜「海賊」 [出演]
コンラッド:ティムール・アスケロフ
メドーラ:アリーナ・ソーモワ
アリ:キム・キミン
ギュルナーラ:ナデージダ・バトーエワ
ランケデム:フィリップ・スチョーピン
ビル バント:イスロム・バイムラードフ
パシャ:ソスラン・クラエフ
オダリスク:ダリア・イオノワ/マリア・ホーレワ/アナスタシア・ニュイキナ
ほか マリインスキー・バレエ/ワガノワ・バレエ・アカデミー
[STAFF]
芸術監督:ワレリー・ゲルギエフ
原振付:マリウス・プティパ
振 付:ピョートル・グーゼフ
音楽:アドルフ・アダン/チェーザレ・プーニ/レオ・ドリーブ/
リッカルド・ドリゴ / ペーター・オルデンブルク
舞台美術:テイムラス・ムルヴァニーゼ
衣裳:ガリーナ・ソロヴィヨワ
照明:ウラジーミル・ルカセーヴィチ
指揮:アレクセイ・レプニコフ
演奏:マリインスキー劇場O

収録:2019年6月 マリインスキー劇場
いまもっとも注目のダンサー、キム・キミンの初の映像が登場! 共演はソーモワ、アスケロフ。新星マリア・ホーレワも出演。

Etcetra
KTC-1647(1CD)
私的演奏協会の音楽 Vol.6
レーガー:アイヒェンドルフの詩による「ロマンティックな組曲」Op.125(シェーンベルク&ルドルフ・コーリッシュ編曲/室内アンサンブル版)
ウェーベルン:パッサカリア Op.1(ヘンク・グイタルト編曲/室内アンサンブル版)、
 リルケの詩による2つの歌 Op.8*、
 4つの歌 Op.13*
ツェムリンスキー:詩篇第23篇 Op.14(ヘンク・グイタルト編曲/室内アンサンブル版)
ヘンク・グイタルト(指)、
グルッポ・モンテベロ、
アンナ・ルツィア・リヒター(S)*
シェーンベルクが1918年に設立し、自身と同時代の作曲家の交響曲や管弦楽曲などを室内楽編成に編曲し演奏していた「私的演奏協会」。その演奏会は、最終的には計113回も開かれたということです。『私的演奏協会の音楽』は、シェーンベルク・アンサンブルを創設し、シェーンベルク・クヮルテットのヴィオリストとして数多くの録音に参加した新ウィーン楽派のスペシャリスト、ヘンク・グイタルトと、グイタルトによるアンサンブル・プロジェクト「グルッポ・モンテベロ」によって、シェーンベルクの仲間や弟子たちがアレンジした様々な室内楽バージョンを取り上げ、「私的演奏協会」の音楽を現代に再現するという人気シリーズです。
第6弾となる今回は、「私的演奏協会」の設立者であるシェーンベルクが編曲した、レーガーの「ロマンティックな組曲」はもちろんのこと、新ウィーン学派を得意とするヘンク・グイタルトとグルッポ・モンテベロの編曲によるウェーベルンも収録され充実の内容です!グルッポ・モンテベロの巧みなアンサンブルをご堪能ください!

Indesens
INDE-035(1CD)
ワーグナー:楽劇「トリスタンとイズー(トリスタンとイゾルデ)」〜 イゾルデの歌唱を中心とする室内楽編曲版(編曲:ジャン=ピエール・アルノー) アンサンブル・カルペ・ディエム、
クリスティーヌ・シュヴェツェール(S)、
ランベール・ウィルソン(語り)
、ジャン=ピエール・アルノー(指)

録音:2006年12月&2011年6月、パリ(フランス)
ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ(ここではトリスタンとイズー)」のイゾルデの歌唱を中心とした14曲を、ソプラノと10の楽器による「11重奏」へとジャン=ピエール・アルノーがアレンジした「室内楽版」。
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ハープ、フルート、オーボエ、トランペット、ハープ、ティンパニで構成されるアンサンブルがクリスティーヌ・シュヴェツェールの歌声を引き立て、編成はコンパクトながらもスケールの大きなワーグナーを披露してくれています。


Opus Arte
OA-1338BD(15DVD)
NX-M02


OABD-7292BD
(15Bluray)
NX-M02
英国ロイヤル・バレエ「ザ・コレクション」BOX
【Disc 1】ジゼル(2014)
音楽:アダン
【Disc 2】ラ・バヤデール(2009)
音楽:ミンクス
【Disc 3】ドン・キホーテ(2013)
音楽:ミンクス
【Disc 4】眠れる森の美女(2006)
音楽:チャイコフスキー
【Disc 5】くるみ割り人形(2009)
音楽:チャイコフスキー
【Disc 6】白鳥の湖(2009)
音楽:チャイコフスキー
【Disc 7】シルヴィア(2005)
音楽:ドリーブ
【Disc 8】ラ・フィーユ・マル・ガルデ(2015)
音楽:エロール
【Disc 9】ラプソディ/二羽の鳩(2016)
(1) ラプソディ
音楽:セルゲイ・ラフマニノフ
(2)二羽の鳩
音楽:アンドレ・メサジェ
【Disc 10】アシュトン・セレブレーション(2013)
(1)ラ・ヴァルス
小林ひかる/平野亮一/サマンサ・レイン
(2) タイスの瞑想曲
リャーン・ベンジャミン/ワレリー・フリストフ
(3) 春の声
崔由姫/アレクサンダー・キャンベル
(4) モノトーンズ I & II
高田茜/マリアネラ・ヌニェス/フェデリコ・ボネッリ/エドワード・ワトソン
(5) マルグリットとアルマン
タマラ・ロホ/セルゲイ・ポルーニン/ギャリー・エイヴィス
振付:フレデリック・アシュトン
【Disc 11】ロミオとジュリエット(2012)
音楽:プロコフィエフ
【Disc 12】マイヤリング(うたかたの恋)(2009)
ルドルフ皇太子:エドワード・ワトソン
マリー・ヴェッツェラ:マーラ・ガレアッツィ
振付:ケネス・マクミラン
音楽:フランツ・リスト
【Disc 13】不思議の国のアリス(2011)
音楽:ジョビィ・タルボット
【Disc 14】冬物語(2014)
音楽:ジョビィ・タルボット
【Disc 15】マクレガー・トリプル・ビル(クローマ/インフラ/リーメン)(2006-09)
【Disc 1】
ジゼル:ナタリア・オシポワ
アルブレヒト:カルロス・アコスタ
振付:マリウス・プティパ
【Disc 2】
ニキヤ:タマラ・ロホ
ソロル:カルロス・アコスタ
ガムザッティ:マリアネラ・ヌニェス
振付:ナタリア・マカロワ
【Disc 3】ド
キトリ:マリアネラ・ヌニェス
ドン・キホーテ:クリストファー・サウンダース
振付:カルロス・アコスタ
【Disc 4】
オーロラ姫:アリーナ・コジョカル
フロリムント:フェデリコ・ボネッリ
リラの精:マリアネラ・ヌニェス
振付:マリウス・プティパ
【Disc 5】
こんぺい糖の精:吉田都
王子:スティーヴン・マクレー
振付:ピーター・ライト
【Disc 6】
オデット:マリアネラ・ヌニェス
ジークフリート王子:ティアゴ・ソアレス
振付:アンソニー・ダウエル
【Disc 7】
シルヴィア:ダーシー・バッセル
アミンタ:ロベルト・ボッレ
振付:フレデリック・アシュトン
【Disc 8】
リーズ:ナタリア・オシポワ
コーラス:スティーヴン・マクレー
振付:フレデリック・アシュトン
【Disc 9】
(1) ナタリア・オシポワ
スティーヴン・マクレー
振付:フレデリック・アシュトン
(2)娘:ローレン・カスバートソン
若者:ワディム・ムンタギロフ
ジプシーの娘:ラウラ・モレーラ
その恋人:平野亮一
振付:フレデリック・アシュトン
【Disc 10】
(1)小林ひかる/平野亮一/サマンサ・レイン
(2) リャーン・ベンジャミン/ワレリー・フリストフ
(3) 崔由姫/アレクサンダー・キャンベル
(4) 高田茜/マリアネラ・ヌニェス/フェデリコ・ボネッリ/エドワード・ワトソン
(5) タマラ・ロホ/セルゲイ・ポルーニン/ギャリー・エイヴィス
振付:フレデリック・アシュトン
【Disc 11】
ジュリエット:ローレン・カスバートソン
ロミオ:フェデリコ・ボネッリ
振付:ケネス・マクミラン
【Disc 12】マイヤリング(うたかたの恋)(2009)
ルドルフ皇太子:エドワード・ワトソン
マリー・ヴェッツェラ:マーラ・ガレアッツィ
振付:ケネス・マクミラン
【Disc 13】
アリス:ローレン・カスバートソン
ハートのジャック:セルゲイ・ポルーニン
振付:クリストファー・ウィールドン
【Disc 14】
レオンティーズ:エドワード・ワトソン
ハーマイオニー:ローレン・カスバートソン
バーディタ:サラ・ラム
パウリーナ:ゼナイダ・ヤノウスキー
フロリツェル:スティーヴン・マクレー
ポリセネス:フェデリコ・ボネッリ
振付:クリストファー・ウィールドン
【Disc 15】
タマラ・ロホ(クローマ)
フェデリコ・ボネッリ(クローマ)
エドワード・ワトソン(クローマ/インフラ/リーメン)
サラ・ラム(クローマ/リーメン)
ローレン・カスバートソン(インフラ/リーメン)
スティーヴン・マクレー(リーメン)
振付:ウエイン・マクレガー

収録総時間:約36時間8分
音声:PCMステレオ2.0/DTS5.0(DVD)
PCMステレオ2.0/DTS-HDマスターオーディオ5.0(Blu-ray)
画角:16/9 NTSC All Region
DVD…片面二層ディスク
Blu-ray・・・片面二層ディスク 1080i High Definition
バレエ・リュスで活躍したデイム・ニネット・ド・ヴァロワが1931年にロンドンに設立し たバレエ団がいく度かの変遷を経て1956年に英国王室の詔勅(ロイヤル・チャー ター)を受け、コヴェント・ガーデン王立歌劇場に本拠をおく王立バレエ団(英国ロ イヤル・バレエ)となりました。設立当初からのアシュトンやマクミランに代表される 演劇性の高い振付は同バレエ団の伝統として脈々と現代に受け継がれていま す。 本コレクションは2016年、英国ロイヤル・バレエのロイヤル・チャーター60周年を 記念して、世界のバレエ界の頂点に輝く同バレエ団のクラシック・バレエの代表作 にコンテンポラリー作品を加えたレパートリーを大集成。ロホ、ヌニェス、コジョカル、 吉田都、カスバートソン、アコスタ、マクレー、ワトソン、ボネッリ、2016年にプリン シパルに昇格した高田茜、平野亮一も登場、綺羅星を並べるスターダンサー出 演の「ザ・コレクション」の名に相応しい英国ロイヤル・バレエの精華を、すべてのバ レエ愛好家にお届けします。多くの図版、写真を含む豪華解説書付!


ALPHA
ALPHA-654(7CD)
NX-D11
アニマ・エテルナ・ブリュッヘBOX 〜国民楽派からガーシュウィンまで〜
【DISC 1】
リスト:死の舞踏 S.126
ハンガリー狂詩曲第1番ヘ短調 S.244
交響詩 「レ・プレリュード」 S.97
ハンガリー狂詩曲 第3番ニ長調 S.244
交響詩 「揺り籠から墓場まで」 S.107
交響詩 「マゼッパ」 S.100
【DISC 2】
オルフ:世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」
【DISC 3】
リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェヘラザード」 Op. 35
 序曲「ロシアの謝肉祭」 Op. 36
ボロディン:中央アジアの平原にて
 歌劇「イーゴリ公」〜だったん人の踊り
【DISC 4】
J・シュトラウス:トリッチ・トラッチ・ポルカ Op. 214
喜歌劇「こうもり」序曲
チャルダーシュ 〜喜歌劇「こうもり」RV 503より
ワルツ「北海の絵」 Op. 390
ポルカ「突進」 Op. 348
新ピツィカート・ポルカ Op. 449
常動曲 Op. 257(第2版)
ワルツ「春の声」 Op. 410
喜歌劇「ジプシー男爵」序曲
ワルツ「美しく青きドナウ」 Op. 314
エジプト行進曲 Op. 335
ポルカ「ハンガリー万歳!」 Op. 332
フリオーゾ・ポルカ Op. 260
【DISC 5】
チャイコフスキー:交響曲第4番ヘ短調 Op. 36
組曲「くるみ割り人形」 Op. 71a
【DISC 6】
ヤナーチェク:シンフォニエッタ Op. 60
ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 Op.95「新世界より」
【DISC 7】
ガーシュウィン:キャットフィッシュ・ロウ (スティーヴン・D.ボーウェン編)
歌劇「ポーギーとベス」による組曲
サマータイム〜歌劇「ポーギーとベス」より
シュトラウス流
パリのアメリカ人
わたしの愛する男 〜ミュージカル「レディ・ビー・グッド」より
あの人は逝ってしまった〜歌劇「ポーギーとベス」より
アイ・ガット・リズム
ラプソディ・イン・ブルー (ファーディ・グロフェ、ポール・ホワイトマン編曲、ジャズバンドとピアノ版)
アニマ・エテルナ・ブリュッヘ(古楽器使用)
ジョス・ファン・インマゼール(指)

【DISC 1】
リアン・デ・ヴァール(P/パリのエラール1886年製オリジナル)
録音:2003年9月、コンセルトヘボウ、ブリュッヘ、ベルギー
※ ブックレットにミスプリントがあり、トラック2が「in F」となっております。正しくは「in F minor」です。ご了承ください。
【DISC 2】
コレギウム・ヴォカーレ・ヘント、カンターテ・ドミノ(合唱)
徐藝俐(イェリー・スー)(S)
イヴ・サーレンス(T)
トーマス・バウアー(Br)
録音:2014年2月、コンセルトヘボウ、ブリュッヘ、ベルギー
※ブックレットのトラック表記にミスプリントがあり、トラック25の表記がなく、代わりにトラック12-14がもう一度表記されています。ご了承ください。
【DISC 3】
ミドリ・ザイラー(Vn)
録音:2004年6月、コンセルトヘボウ、ブリュッヘ、ベルギー
【DISC 4】
録音:1999年9月、アルスナル、メス、フランス
【DISC 5】
録音:2000年、パレ・デ・ボザール、ブリュッセル、ベルギー
【DISC 6】
ファンファーレ・ヤナーチェク(古楽器使用)
録音:2016年3月、コンセルトヘボウ、ブリュッヘ、ベルギー
【DISC 7】
クラロン・マクファーデン(S)
バルト・ファン・カネヘム(P/スタインウェイ1906年製オリジナル)
録音:2017年3月、デ・シンヘル、アントウェルペン& コンセルトヘボウ、ブリュッヘ、ベルギー

※DISC7は収録時間が86分以上のため、一部のプレイヤーでは再生できない場合があります。
現代のピアノではなく、19世紀以前の作曲家たちが知っていた当時のモデルの歴史的ピアノを早くから弾きこなし、バロックやモーツァルトから ドビュッシー、ラフマニノフに至る広範な演目で「作曲当時の姿」を解き明かしてきた古楽大国ベルギーの才人ジョス・ファン・インマゼール。信 頼できる古楽器奏者たちを集めてのアニマ・エテルナ(現在の呼称は拠点都市の名を冠しての「アニマ・エテルナ・ブリュッヘ」)では、モーツァル トのピアノ協奏曲に始まりベートーヴェン作品での画期的録音で注目を集めましたが、その後Zig-Zag Territoiresではヨハン・シュトラウ ス、チャイコフスキー、ドヴォルザーク、さらにオルフやガーシュウィン……と、オーケストラ演奏の王道演目にどんどん切り込み、その発表当初の 響きを探り続け世界を驚かせました。同レーベルの音源を受け継いだAlphaからは、ベートーヴェンの交響曲全集やフランス音楽BOXに続 いて今回、ロマン派以降の作曲家たちのBOXが登場。2018年にAlphaから発表されたガーシュウィン古楽器演奏アルバム(!)まで含め、 客観性を重視しながらパッションに溢れた妥協のない解釈の数々を、改めて味わい尽くす好企画となっています。 なおDISC7は86分を超える収録時間のため、一部のプレイヤーでは正常に再生できない場合があります。商品の仕様となりますので、ご 了承ください。またブックレットに一部誤記がございますが、そのままでのご提供となります。

ONDINE
ODE-1396(1CD)
NX-B04

NYCX-10245(1CD)
国内盤仕様
税込定価
アメリカの眺望
チャールズ・マーティン・レフラー(1861-1935):ティンタジレスの死 Op. 6(1897)
カール・ラッグルズ(1876-1971):エヴォケーション(1943 管弦楽版)
ハワード・ハンソン(1896-1981):夜明け前 Op. 17(1920)…世界初録音
ヘンリー・カウエル(1897-1965):オーケストラのための変奏曲(1956)
デルフィーヌ・デュピュイ(ヴィオラ・ダモーレ)
バスク国立O
ロバート・トレヴィーノ(指)

録音:2020年9月15-19日
※国内仕様盤には谷口昭弘氏による日本語解説が付属します。
ロバート・トレヴィーノとバスク国立Oによる2枚目のアルバムは、19世紀から20世紀にかけて活躍した4人のアメリカ人作曲家の作品集。 アメリカ生まれのトレヴィーノはこのCDの原盤解説(英語)の中で「ガーシュウィン、コープランド、バーンスタインだけがアメリカ音楽ではない」「多様な文化的 背景を持った個人が相互に感化し、影響し、結びつきながら大きな理想を追求してゆくことがアメリカ的」と語り、作風の異なる4人の作曲家を通して、見過 ごされがちなアメリカ音楽の側面を伝えます。 チャールズ・マーティン・レフラーはベルリンに生まれ、欧州を転々とした後に1882年に渡米し、ボストンSOのヴァイオリン奏者としても活躍しました。「ア ルザスの作曲家」と自称し、その作風はフランス印象派の流れを感じさせます。メーテルリンクの人形芝居に想を得た「ティンタジールの死」は26分ほどの 堂々たる交響詩で、レフラーが好んだヴィオラ・ダモーレが活躍します。評論家のティム・ペイジはこの作品を「リムスキー=コルサコフの『シェエラザード』をフォー レがオーケストレーションし直したものと思えばイメージがつかめるだろう」と評しています。 「無調の人」として知られるカール・ラッグルズは、生前は作曲よりも絵を描くことを好んだというエピソードがあります。残された音楽作品は極端に少ないなが ら、その厳格で突き詰めた作曲技法は近年再評価されています。「エヴォケーション」は4楽章で10分ほどの曲。ラッグルズの特徴である緻密な管弦楽法が 示されています。 3人目は保守的な新ロマン主義音楽の作曲家ハワード・ハンソン。「夜明け前」は彼の若き日の作品で、今回が世界初録音となります。7分弱の短い曲で すが、R・シュトラウスを思わせる壮大な響きで雄大な自然が感じさせます。 ヘンリー・カウエルはトーン・クラスターなど実験音楽で知られる人。その先進的な作風は後続世代に大きな影響を与えました。演奏時間20分ほどの「オーケ ストラのための変奏曲」は後期の作品。実験的な要素は影をひそめているものの、サックスの美しい響きや、ピアノやパーカッションの活躍など、次々と変化す る情景が見事です。
ONDINE
ODE-1355(1CD)
NX-B04
ペトリス・ヴァスクス(1946-):管弦楽作品集
オーボエ協奏曲(2018)…世界初録音
メッセージ(1982)
ラウダ(1985)
アルブレヒト・マイヤー(Ob)
ラトヴィア国立SO
アンドリス・ポガ(指)

録音:2020年7月16-17日、2020年7月20-21日
現代ラトヴィアを代表する作曲家の一人、ペトリス・ヴァスクス。初期の作品こそ前衛の最先端を行っていたものの、20世紀の終わり頃にはラトヴィア 民謡の素材を効果的に用いた平明な作風へと移行。その頃から注目が高まり、21世紀になると世界中で演奏されるようになりました。 このアルバムに収録されている3つの作品の中で、とりわけ注目度が高いのは名手アルブレヒト・マイヤーがソロを務める「オーボエ協奏曲」でしょう。この 曲は、ラトヴィアが「第一共和国」(1940年にソビエト連邦に占領、併合されて一旦消滅)として第一次世界大戦後の1918年に独立を宣言してか ら100年を経た記念として作曲されたもの。「朝の牧歌」と題された第1楽章は、朝霧を思わせるオーケストラの淡い響きから立ち上がる凛としたオー ボエの旋律が印象的。音楽は少しずつ力強さを増し終盤で輝かしい盛り上がりを見せます。続く第2楽章、スケルツォは少し哀愁を帯びた民謡風の 舞曲に変化。中間部には技巧的なカデンツァが置かれ、最後に圧倒的なオーケストラの盛り上がりを見せます。そして「夕べの牧歌」と題された第3 楽章では、朝とは違う喧騒を残した風景の中をオーボエの旋律が漂います。曲の終わりでは鳥の声を模すオーボエとパーカッションが絶妙な絡みを見 せ、希望を感じさせつつ全曲を閉じます。ヴァスクスの祖国と平和への思いが凝縮した聴きごたえのあるこの協奏曲は、こちらが世界初録音となりま す。 1980年代の2作品「メッセージ」と「ラウダ」は、どちらもラトヴィアがソ連から再度の独立を試みている頃に書かれており、怒りや不安、絶望などの感情 も垣間見えるとともに、祈りや希望も描かれています。

H.M.F
HMM-902370(1CD)
ケラス、ツィンマーマン、ロトの「ドン・キホーテ」
R・シュトラウス:交響詩「ドン・キホーテ」
交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
ロマンス (1883)〜チェロと管弦楽のための
ジャン=ギアン・ケラス(Vc)、
タベ ア・ツィンマーマン(Va)
フランソワ=グザヴィエ・ロト(指)
ケルン・ギュルツェニヒO

録音:2019年1、2、7月/ギュルツェニヒOリハーサル場(ケルン)
今やリリースするディスクがすべてニュースとなるフランソワ=グザヴィエ・ロト。彼はR・シュトラウスに並々ならぬ情熱を示し、6年ほど前にバーデ ン=バーデン&フライブルク南西ドイツRSOと交響詩全集を完成しています。 そのロトが「ドン・キホーテ」と「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」に再挑戦。今回はケルン・ギュルツェニヒOで、「ドン・キホーテ」 の独奏者がジャン=ギアン・ケラスとタベア・ツィンマーマンという2 大スターなのも注目です。
短期間で再録音の理由は、「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」が1895年11月に、「ドン・キホーテ」が1898年にギュルツェニヒO により初演されていることによります。ロトはギュルツェニヒOが世界初演したマーラーの交響曲第5番を2017年に、交響曲第3番を2019年に録 音していて、そのシリーズとなります。
「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」と「ドン・キホーテ」は、「ツァラツストラはかく語りき」を間にはさんだシュトラウス30代前半の力作。 どちらも架空の人物の気まぐれな冒険をオーケストラの機能を駆使して描いています。
「ドン・キホーテ」は事実上二重協奏曲で、とりわけ主役ドン・キホーテ役のチェロは大物が起用されます。ケラスはまさに適任で、ロトと音楽性も共通する だけでなく、オーケストラという権力とそれに立ち向かうチェロを演じる役者ぶりに感心させられます。
さらにサンチョ・パンサ役のタベア・ツィンマーマンの圧倒的な存在感。これくらいサンチョが雄弁だと、音楽がますます映像的で面白くなります。曲を知り尽 くしたロトの自在な表現も神業。ゆかりの深いギュルツェニヒOから極彩色の絵巻と悲哀を引き出します。 ★2つのピカレスク・ロマンに満腹となったデザートとして、ケラスとロトがシュトラウス初期の美しいロマンスを奏でます。シューマンとブラームスの系譜上のあ るドイツ的な歌をしっとりと聴かせてくれます。 (Ki)

ARTHAUS
10-9440BD(Bluray)
『パラード/プルチネルラ』 ■『パラード』
振付:レオニード・マシーン
台本:ジャン・コクトー
音楽:エリック・サティ
装置&衣裳:パブロ・ピカソ
出演者:マヌエル・パルッチーニ(中国の奇術師)、サラ・ローロ、ミケーレ・サトリアーノ(アクロバット師)、クリスティアーナ・ミリリアーノ(アメリカの少女)、ジャコモ・カステッラーナ(フランス人マネジャー)、ロイック・ピロー(アメリカ人マネジャー)、ルカ・ドッターヴィオ、ルイジ・コッラード(馬)
■『プルチネルラ』
台本&振付:レオニード・マシーン
音楽:イーゴル・ストラヴィンスキー(ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージの音楽から)
装置&衣裳:パブロ・ピカソ
出演者:クラウディオ・コチーノ(プルチネルラ)、レベッカ・ビアンキ(ピンピネッラ)、マリアンナ・スリアーノ(プルデンツァ)、エレーナ・ビディーニ(ロゼッタ)、マルコ・マランジョ(魔術師)、ジュゼッペ・デパーロ(カビエッロ)、ジャコモ・ルーチ(フロリンド)、マヌエル・ザッパコスタ(医者)、マッシモ・ペルジーニ(タルタッリア)、ルカ・ドッターヴィオ(バッボ)、ジャコモ・カステッラーナ、ルイジ・コッラード、ジョヴァンニ・カステッリ、マッシミリアーノ・リッツォ(4人のプルチネルラ

ローマ歌劇場バレエ団
エレオノラ・アッバニャート(芸術監督)

収録:2017年7月27日〜29日ポンペイ大劇場
(Blu-ray)
画面:1080i/16:9/Full HD
音声:PCMステレオ
リージョン:All
原語:イタリア語
字幕:英独仏伊,日本語
63分
映像監督:パオロ・サントーニ
バレエ・リュスを率いたセルゲイ・ディアギレフが活躍した20世紀初頭のパリには才能ある芸術家が集まり、後世の残る作品を次々と生み出しました。この映像 は、その時代の数ある名作からパブロ・ピカソが衣装と舞台装置を手掛けた、サティの『パラード』とストラヴィンスキーの『プルチネルラ』の2つのバレエ作品を 収録。ピカソのイタリア訪問100周年を記念して、古代ローマ・ポンペイ遺跡の中の野外大劇場で行われた公演の模様です。さらには、レオニード・マシーンの振 付など初演の舞台を再現した内容にも注目。パリ・オペラ座バレエのエトワール、エレオノラ・アッバニャートが芸術監督を務めるローマ歌劇場バレエのダンサーた ちの、見事な踊りが、初演当時の雰囲気を伝え、現在見てもまったく古びないカラフルな舞台は必見です。
ピカソの色彩とサティの奇抜な音楽、そしてコミカルで軽やかな愉悦が溢れ出す『パラード』。月明かりに照らされた美しいナポリの夜を模したピカソの舞台画と ディアギレフの提案で、ペルゴレージの音楽から選んだものをバロックの組曲風に並べ、そこにストラヴィンスキーならではのモダンなオーケストレーションを施した 『プルチネルラ』。ピカソがデザインしたバレエ・リュスの名作を現代のポンペイで観られる、貴重な映像作品です。 (Ki)

Hanssler
HC-21013(1CD)
モーツァルト:セレナード、他
(1)セレナード第6番ニ長調K.239「セレナータ・ノットゥルナ」
(2)自動オルガンのためのアダージョとアレグロ ヘ短調 K.594
(3)アダージョとフーガ ハ短調 K.546
(4)セレナード 第13番ト長調 K.525「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
ベルリン・バロック・ゾリステン
ロベルト・ゴンザレス=モンハス*(コンサートマスター)
町田琴和、ゾルタン・アルマージ、ハンデ・コデン(Vn1)
ドリアン・ジョジ*、アンナ・ルイーザ・メーリン、ライマー・オルロフスキー、コルネリア・ガルテマン(Vn2)
ヴァルター・キュスナー*、ユリア・ガルテマン(Va)
クリスティン・フォン・デル・ゴルツ、ジョアン・バシュ(Vc)
ウルリヒ・ヴォルフ*(ヴィオローネ) 
*=ソロ
(1)ライナー・ゼーガーズ(ティンパニ)
ラインハルト・ゲーベル(指)

録音:2021年1月25-28日/ベルリン・フィルハーモニー、カンマームジークザール(ベルリン)
世界最高峰のメンバーが揃ったベルリン・バロック・ゾリステン。近年は独ヘンスラー・レーベルより非常に積極的なリリースが続いております。当アルバムでは モーツァルトのセレナードを録音。指揮は今回もラインハルト・ゲーベルです。ゲーベルといえばムジカ・アンティクヮ・ケルン(MAK)と1986年から1987年 にかけて録音したブランデンブルク協奏曲の録音で、ピリオド楽器演奏における新たな解釈でのアプローチで衝撃を与え、以後革新的な演奏で聴衆を魅了してきま した。2018年にベルリン・バロック・ゾリステンの音楽監督に就任し、ヘンデルの6つの合奏協奏曲 Op.3(HC-19031)、ベンヤミン・アップルをソリストに 迎えた「バッハ・ファミリーのカンタータ集」(HC-19081)をリリースしております。ゲーベルが描くモーツァルトは実に明快。見通しのよい解釈のもとベルリン・ バロック・ゾリステンの質の高い演奏が光ります!

ARTHAUS
10-9443DVD(DVD)
ドキュメンタリー「ダニエル・バレンボイム〜あるいは音楽の力」

■ドキュメンタリー「ダニエル・バレンボイム〜あるいは音楽の力」

■コンサート:
ブーレーズ:イニシアル
シューベルト:岩の上の羊飼い D965 (ソプラノ、クラリネットとピアノのための)
■ドキュメンタリー
出演者:ダニエル・バレンボイム
ズービン・メータ、マルタ・アルゲリッチ、ヴァルトラウト・マイヤー、
ヴィム・ヴェンダース、マイケル・バレンボイム
■コンサート:
ブーレーズ・アンサンブル
アンナ・プロハスカ(S)
イェルク・ヴィトマン(Cl)
ダニエル・バレンボイム(指)
収録:2017年、ピエール・ブーレーズ・ザール、オープニング・コンサート
画面:16:9,NTSC
音声:PCMステレオ
DVD9
言語:ドイツ語
字幕:英独,日本語
109分(ドキュメンタリー:90 分 /コンサート:19 分)
2021年 6月には、コロナ禍の日本に単独来日し行われたピアノ・リサイタルが記憶に新しいダニエル・バレンボイムは、2022 年 11月15日に 80 歳を迎 えます。この映像は、バレンボイムのこれまでの人生とキャリアを振り返るドキュメンタリー。
ピアニストとして、指揮者として、音楽監督として、そして世界的な著名人として、バレンボイムはもはや説明不要の人物ですが、本作は現代を代表する音楽家 としての活躍はもとより、 アルゼンチン出身のユダヤ人でイスラエル国籍という自身のバックボーンに対する、強い社会的意識をもって活動している彼の姿にも焦 点を当てています。その筆頭には、中東の障壁を打ち破ろうと、バレンボイムが1999年に結成したオーケストラ「ウェスト・イースタン・ディヴァンO」 の活動。9歳まで過ごしたアルゼンチンでの思い出、また同郷のアルゲリッチとの関係。映像の中でバレンボイムは、心には常に、幼少期を過ごしたアルゼンチ ンそしてイスラエルにあると語っている通り、その2つの地は彼を語る上では欠かせない存在です。もちろん、ピアニストとしてデビューした頃や、指揮活動を 開始した当時の思いも語っており、バレンボイムのすべてを知ることができる内容となっています。
そして2017年にオープンした、ベルリンの新ホール、ピエール・ブーレーズ・ザール。このホールは、長年音楽を通してパレスチナとイスラエルの融和を目指 して活動してきたバレンボイムが 2016 年に開校した音楽学校、バレンボイム・サイード・アカデミーの一部として設立。ホール建設までの過程もバレンボイムが 語っており、さらにはオープニングコンサートの一部もボーナス映像として収録しています。

BRIDGE
BCD-9560(1CD)
「刺青をした訪問者」〜アラン・シュルマン(1915-2002)の映画音楽(1946-50)サウンド・トラック集
(1)「刺青をした訪問者The Tattooed Stranger」(1950)
(2)「テネシー川流域開発公社」(1946)
(3)「自由と飢餓」(1946)
(4)「ニューヨークの港」(1946)
(5)「ラジオ・ダイヤルの背後に」(1948)
サウンド・トラック
(1)RKOラジオ・ピクチャーズ
(2)(3)(4)(5)RKOパテ・ドキュメンタリー
全曲モノラル
BRIDGEレーベルがリリースしているアラン・シュルマン作品集シリーズのひとつ。 シュルマンはロシア系ユダヤ人の子としてメリーランドに生まれた。当初はアレンジャーとしてアンドレ・コステラネッツ、アーサー・フィードラーとともに仕事をし、ナット・キング・コール、フランク・シナトラらに作編曲を提供した。その傍らクラシック・コンサートのためのオリジナルの作曲も盛んに行い、管弦楽曲を中心に多くの作品を残しています。このディスクは彼が作曲した映画のための音楽集。同時代のハリウッドの映画音楽作曲家エーリッヒ・コルンゴルトやディミトリ・ティオムキンなどからの影響が感じられます。

Bastille Musique
OBM-011(2CD)
ルチアーノ・ベリオ:シュマン(全曲)
シュマンI(ハープと管弦楽のための)/シュマンII (ヴィオラと9楽器のための)/シュマンIIb (管弦楽のための)/シュマンIIc (バスクラリネットと管弦楽のための)/シュマンIII(ヴィオラと管弦楽のための)/シュマンIV(オーボエと11弦楽器のための)/シュマンV(ギターと室内オーケストラのための)/コル・オド(シュマンVI)(トランペットと室内オーケストラのための)/レシ(シュマンVII)(アルトサクソフォンと管弦楽のための)
ケルンWDRSO、アンドレアス・ミルトナー(Hp)、クリストフ・デジャルダン(Va)、アンドレアス・ランゲンブッフ(バスクラリネット)、マールテン・デッケルス(Ob)、パブロ・マルケス(G)、マーティン・グリープル(Tp)、ルッツ・コペッチ(アルト・サクソフォン)
指揮:ペーテル・エトヴェシュ、エミリオ・ポマリコ、マリアーノ・キアッキアリーニ、マヌエル・ナウリ、バス・ウィーヘルス、ジャン=ミカエル・ラヴォア、ブラッド・ルブマン

録音:2016年〜2017年、ケルン・フィルハーモニー(ケルン、ドイツ)
ルチアーノ・ベリオの「シュマン」、初のコンプリート・ボックス! 「シュマン」(「道」を意味するフランス語の複数形)は、さまざまな楽器のために書かれた器楽曲「セクエンツィア」を、ベリオ自身が管弦楽や室内オーケストラを含む編成に拡大編曲したもので、本アルバムはIからVIIまで全曲を収録しています。ソリストはハープのアンドレアス・ミルトナー、ヴィオラのクリストフ・デジャルダンなど一流の奏者が担当。ペーテル・エトヴェシュやエミリオ・ポマリコ、マリアーノ・キアッキアリーニなど豪華指揮者陣がWDRSOを振っています。
全64ページのブックレット(英語、ドイツ語)には音楽学者マルティナ・ジーバーによる解説や、ソリストへのインタビューが掲載され、作曲家や演奏家の写真、自筆などの資料も付属しています。

Centaur
CRC-3800(1CD)
グリンカ、チャイコフスキー、ムソルグスキー:室内管弦楽作品集
グリンカ:ワルツ幻想曲(イーゴリ・ホロポフ編)):室内管弦楽版)
チャイコフスキー:弦楽のためのセレナード
ムソルグスキー:展覧会の絵(イーゴリ・ホロポフ編):弦楽合奏版)
アルコ室内O、
レヴォン・アンバルツミアン(指)

録音(ライヴ):2019年4月(グリンカ)、2012年11月(チャイコフスキー)、2018年10月(ムソルグスキー)、(アメリカ)
国際的に評価されているヴァイオリニスト、指揮者のレヴォン・アンバルツミアンは、フェリックス・アンドリエフスキー、ユーリ・ヤンケレヴィチ、レオニード・コーガン、イーゴリ・ベズロドニーに師事し、1977年のザグレブ国際ヴァイオリン・コンクール第1位、1979年モントリオール国際コンクール入賞。1978年にモスクワ音楽院で15年間教授を務め、その後はインディアナ大学音楽学校やジョージア大学ヒュー・ホジソン・ミュージック・スクールのヴァイオリン教授も務めています。アルコ室内管弦楽は、アンバルツミアンがモスクワ音楽院の教授を務めていた1989年に創設され、これまでに15枚のアルバムをリリースし、カーネギー・ホールのワイル・リサイタル・ホールや、イタリアのフェニーチェ劇場などでも演奏しています。
Centaur
CRC-3794(1CD)
アラン・クロスマン(1942-):室内楽と管弦楽作品集
海岸の幽霊
フリクエント・フライヤー
ローモンド湖への到着
弦楽四重奏曲第2番
アース・マーチ/イカロス
サンフランシスコ・コンポーザーズ室内O、
マーク・アルバーガー(指)、
チャールズ・メイネン(Va)、
ローリー・アルトマン(P)、
モレンシーQ、
ジョン・ケンドール・ベイリー(指)、トリオ・フォス

録音:2008年(サンフランシスコ)
アメリカの作曲家・ピアニスト、アラン・クロスマン(1942-)の作品集。クロスマンはニューヨークの芸術一家に生まれ、ジョージ・ロッホバーグ、ジョージ・クラムなどに師事。クラシック音楽の作曲のみならず、シューベルトの未完の初期作品を補完したり、舞台やミュージカルへも作品を提供するなど幅広いジャンルでその名が知られています。
Centaur
CRC-3793(1CD)
クスター、ラッシュ、チェンバース、ボルコム:管弦楽作品集
クリスティン・クスター(1973-):雨が降る
スティーヴン・ラッシュ(1958-):内城
エヴァン・チェンバース(1963-):カイロス
ウィリアム・ボルコム(1938-):抒情協奏曲
ミシガン大学SO、
ケネス・キースラー(指)、
エイミー・ポーター(Fl)

録音:2002年〜2015年(ミシガン)
アメリカの現代作曲家たちによる管弦楽作品集。グラミー賞を2度受賞している大御所、ウィリアム・ボルコムからこのアルバムの管弦楽演奏も担当しているミシガン大学で作曲家の教授を務める女性作曲家、クリスティン・クスターまで様々な意欲作が並びます。全曲世界初録音。

LAWO Classics
LWC-1223(1CD)
武装した男〜シェティル・ヴォスレフ作品集
シェティル・ヴォスレフ(1939−):カントゥス・ルトラ・ルトラ:溺れたラッコ追悼(2018)
モッキングバード II(2015 rev.2019)(ミリタリーバンドのための)
武装した男(2012/15)
ノルウェー海軍音楽隊、
インガル・ベルグビュー(指)、
ルネ・ヴィーク(サクソフォーン)、
クレイグ・ファー(打楽器)

録音:2019年10月21日−25日、ルンゲゴーデン文化アリーナ(ベルゲン、ノルウェー)/Recorded in DXD 24bit/352.8kHz
ノルウェー海軍音楽隊(ノルウェー軍西部音楽隊)は、ノルウェー軍の擁する「プロフェッショナル」バンドのひとつです。港湾都市ベルゲンに本拠を置き、軍の音楽隊としてベルゲンの音楽生活に深く根ざした活動を行っています。ベルゲン在住の作曲家シェティル・ヴォスレフとは長年にわたりコラボレーションをつづけ、新しく録音された『武装した男』は、その共同作業へのオマージュとして制作されたアルバムです。「カントゥス・ルトラ・ルトラ」は、アルトサックスと打楽器の奏者とジャニサリー・オーケストラのための「二重協奏曲」として作曲されました。ヴォスレフが設置したタラ捕りカゴにかかってしまったラッコを追悼、「ビデオで観た、楽しそうに歌っているラッコの群れ」をアルトサックス、「罠にひっかかったラッコ」を打楽器が表しています。「モッキングバード II」は、ヴォスレフが、テキサスの小さなプールで泳いでいた時に聞いた「とても愛らしく独創的な鳥の歌声」からインスピレーションを得て作曲した、木管楽器群のための「モッキングバード」の改作。「武装した男」は、ルネサンス期の歌「武装した男」を素材にとり、対位法的に処理して作ったという作品です。

BIS
BISSA-2378
(1SACD)
バルトーク:弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽Sz.106
管弦楽のための協奏曲*
スサンナ・マルッキ(指)、
ヘルシンキPO

録音:2018年5月30日-6月1日*、2019年5月27、28&31日ヘルシンキ・ミュージックセンター(ヘルシンキ、フィンランド)
1936年夏ブタペストで完成したに弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽は、弦楽5部のパートを2群に分け、チェレスタと打楽器その他の楽器を中央に配 置する特異な編成。バルトークらしい民俗色を色濃く呈したリズムとチェレスタの音色が最大の魅力です。5つの楽章からなる管弦楽のための協奏曲はバルトーク 晩年の傑作。各楽器がソロとトゥッティのように室内アンサンブルのように交錯する楽曲構造をとっており、その立体的な音楽はバルトークならではといえます。当 ディスクのSACD層では5.0 Surround sound、マルチチャンネルで収録されており、SACD層で再生することによりその音響効果も存分にお楽しみいただけ ます。
マルッキはシベリウス音楽院、ロンドン・ロイヤル・アカデミーなどでチェロを学び、フィンランド・チェロ・コンクールで優勝し、1995年から98年までエーテ ボリOの首席チェリストをつとめた実力派。指揮は1995年よりシベリウス音楽院にてレイフ・セーゲルスタム、エリ・クラスらに師事しその才能を開花させ ました。2016年よりヘルシンキPOの常任指揮者として活躍する現代フィンランドを代表する演奏家のひとりです。
BISレーベルよりバルトークの録音を続けてリリースしており、これまでバレエ音楽『かかし王子』『不思議なマンダリン』(BIS SA-2328)、歌劇『青ひげ公 の城』(BIS SA-2388)をリリース。英グラモフォン誌などで絶賛されております! (Ki)

SUPRAPHON
SU-4295 (1CD)
マルティヌー:管弦楽曲集
「序曲」〜オーケストラのためのH 345
「ピエロ・デッラ・フランチェスカのフレスコ画」〜大オーケストラのための H 352
交響的前奏曲「ザ・ロック」〜大オーケストラのための H 363
「寓話集」〜大オーケストラのための H 367
「版画」〜オーケストラのためのH 369
トマーシュ・ネトピル(指)
プラハRSO

録音:2021年1月11&12日、4月30日-5月2日/チェコ放送第1スタジオ(プラハ)
多作曲家マルティヌーは交響曲をはじめアメリカ時代の産物が主要曲として知られますが、ヨーロッパにうつった1953年以降も精力的に作品を書き上げまし た。「ピエロ・デッラ・フランチェスカのフレスコ画」は、1954年イタリアを訪れた際に聖フランチェスコ聖堂中央礼拝堂のピエロ・デラ・フランチェスカの「十字 架物語」に基づく壁画に触発されて1955年に作曲した3楽章構成の作品。「フレスコ画には独特の厳格な静けさがあり、穏やかで感動的な詩が溢れています。そ れは私が音楽で表現したい暗い色の雰囲気をもつ」と生前マルティヌーは語っています。この作品はハープを伴う4管編成で書かれています。
「寓話集」もまたもマルティヌーの哲学的な思想が反映されており、3つの楽章それぞれに人生や人間の探求の寓話が描かれています。交響的前奏曲「ザ・ロッ ク」は、1619年に北米にやってきたイギリス人入植者の上陸地と巡礼者としてのマルティヌー自身の運命を重ね合わせた作品。最後の「版画」は、これまでのオー ケストラ作品のような何かにインスパイアされたというよりも、静寂の中に織り込まれた細密画のような印象を受ける美しい作品です。これら素晴らしいマルティ ヌーの作品はいまだに正当な評価を得ているとは言えず、ネトピル率いるプラハRSOが自国の偉大な作曲家への思いを丁寧に描き出します。
1975年チェコ共和国東部のクロメルジーシュに生まれたトマーシュ・ネトピル。ザルツブルク音楽祭やベルリン・フィル、ドレスデン・シュターツカペレの公演に 出演、2013/14年のシーズンよりエッセン歌劇場の音楽総監督に就任すると同時に、ドレスデン国立歌劇場、パリ国立オペラ座、ウィーン国立歌劇場、またベルリ ン・フィル、パリ管、ロンドン・フィルといった、欧州各地のオーケストラや劇場へ出演するなど、オペラ、コンサートの両面で活躍を続けています。日本では2019 年11月、読売日本SOとの演奏会も話題となりました。SUPRAPHONレーベルからはマルティヌーの混声、児童合唱と独唱、小管弦楽のための民俗詩への 連曲、カンタータ「花束」(SU-4220)をリリースしております。 (Ki)

MELODIYA
MEL-1002629(3CD)
NX-D03
アレクサンドル・アリャビエフ(1787-1851): 室内楽、管弦楽、劇音楽作品集

【CD1】
1-3. ヴァイオリン・ソナタ ホ短調
4-6. ピアノ三重奏曲 イ短調
7. ピアノ三重奏曲 変ホ長調
【CD2】
1-4. 弦楽四重奏曲第1番変ホ長調
5-8. 弦楽四重奏曲第3番ト長調
9. フルート四重奏曲 ト長調
10. 五重奏曲 ハ短調 - フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴットとホルンのための
【CD3】 序曲・劇音楽集
1. 序奏、主題と変奏 ニ短調 - ヴァイオリンとオーケストラのために
2. 序曲 ヘ短調
3. 劇音楽『三つの10』(または『新・二日間』)- 序曲
4. 劇音楽『分離不可能』(または『債務を支払うための新しい手段』) - 序曲
コミック・バレエ『魔法の太鼓』(または『魔法の笛続編』) - 組曲[5. 序曲
第1幕/6. 第1場/7. 第2場/8. 第3場/9. 第5場(終曲)/10. 第6場/11. 第7場/12. 第8場/第2幕13. 序曲/14. 第9場/15. 第10場/16. 第11場/17. 終曲(第1幕、第5場)
18. 劇音楽『村の哲学者』 - 序曲
【CD1】
レヴォン・アンバルツミャン(Vn)…1-6
アレクサンドル・クニャーゼフ(Vc)…4-6
ミハイル・ヴォスクレセンスキー(P)…1-6
モスクワ三重奏団…7【アレクサンドル・ボンドゥリャンスキー(P)、ウラディーミル・イヴァノフ(Vn)、ミハイル・ウトキン(Vc)】
録音:1986年…1-6:1988年5月26日 モスクワ音楽院大ホール(ライヴ)…7
【CD2】
リムスキー=コルサコフ四重奏団…1-8【ウラディーミル・ペッロ(Vn1)、サムイル・イグデスマン(Vn2)、ユーリ・クラマロフ(Va)、ドミトリー・レヴィン(Vc)】
アレクサンドル・コルネーエフ(第1フルート)…9
アルベルト・ゴフマン(第2フルート)…9
ウラディーミル・パクリチェフ(第3フルート)…9
レオニード・レベデフ(第4フルート)…9
ヴァレンテイン・ズヴェレフ(Fl)…10
アナトリー・リュビモフ(Ob)…10
ウラディーミル・ソコロフ(Cl)…10
セルゲイ・クラサヴィン(Fg)…10
アナトリー・デミン(Hrn)…10
録音:1965年…1-8、1990年…9、1975年…10
【CD3】
エドゥアルド・グラッチ(Vn)…1
ソビエト国立SO…1、18
ウラディーミル・ヴェルビツキー(指)…1
ニコライ・アノソフ(指)…18
モスクワPO…2
アレクサンドル・コルネーエフ(指)…2
コンチェルティーノ・ソロイスツ・アンサンブル…3-17
アンドレイ・コルサコフ(芸術監督)…3-17
録音:1986年…1、1990年…2、1987年…3-17、1948年(アーカイヴ録音)…18 MONO
ロマンティックな旋律を持つ歌曲「ナイチンゲール」で知られるアレクサンドル・アリャビエフ。彼はほぼ独学で作曲を学び、1812年のナポレオン侵攻によ る祖国防衛戦争に参戦、退役後はヴォードヴィルと呼ばれる劇音楽やオペラ、合唱曲、バレエ音楽などの舞台作品を中心に、ピアノ曲や室内楽曲 を含む450曲以上を作曲。プーシキン時代の最も独創的な作曲家の一人として名声を博しました。しかしこれらのほとんどは出版されることもなく忘 れられてしまいました。ようやく彼の死後100年を経た20世紀半ばになって、ボリス・ドブロコトフ、ニコライ・プラトーノフ、ゲオルギー・キルコールなどのロ シアの音楽家たちの尽力によって、遺稿のいくつかが出版され、その多彩な作品が知られるようになったのです。 この3枚組にはアリャビエフの様々な室内楽作品と、劇音楽、バレエ音楽などを収録。演奏はレヴォン・アンバルツミャン、アレクサンドル・クニャーゼフ、ミ ハイル・ヴォスクレセンスキー、エドゥアルド・グラッチといったソリストたちに、モスクワ三重奏団やリムスキー=コルサコフ四重奏団など、20世紀後半にソ ビエト連邦を中心に活躍していた演奏家たちによるもので、ほとんどの演奏が初CD化です。中には1948年にニコライ・アノソフとソビエト国立交響楽 団によって演奏された『村の哲学者』の序曲といった珍しい作品も含まれています。 アリャビエフの濃厚な旋律美が堪能できるアルバムです。
MELODIYA
MEL-1002636(2CD)
NX-C01
ドミートリー・ショスタコーヴィチ: 劇音楽集


【CD1】
1-6. 映画音楽『黄金山脈』 Op. 30 - 組曲
7-19. 劇音楽『ハムレット』 Op. 32a - 組曲
20-24. 劇音楽『人間喜劇』 Op. 37 - P. スホーチンの劇からの断片
25-31. 劇音楽『リア王』 Op. 58a - W.シェイクスピアの劇からの断片

【CD2】
『女友だち』 Op. 41 - 弦楽四重奏、ピアノ、トランペットのための3つの前奏曲
1. 前奏曲 ホ長調
2. 前奏曲 イ短調(フォレスターの小屋)
3. 前奏曲 ニ長調
4-15. 映画音楽『馬あぶ』 Op. 97a - 組曲(L.アトフミャンによる組曲編)
16-22. 映画音楽『ハムレット』 Op. 116a- 組曲(L.アトフミャンによる組曲編)
【CD1】
ニコライ・ステパノフ(ラップ・スティール・ギター)…2
リュドミラ・ゴルブ(Org)…3
ニーナ・ロマノヴァ(Ms)…31
ソビエト国立文化省SO…1-6
モスクワPO…7-19
ゲンナジ・ロジェストヴェンスキー(指)…1-19
レニングラード・オーケストラ・オブ・アーリー・アンド・モダン・ミュージック…20-31
エドワルド・セーロフ(指)…20-31
録音:1985年…1-6/1975年…7-19、1984年…20-31
【CD2】
アレクサンドル・セミャニコフ(Vn)…1-3
アレクサンドル・シャニン(Vn)…1-3
ニコライ・マシュカンツェフ(Va)…1-3
セルゲイ・ムノジン(Vc)…1-3
ウラディーミル・プシュカレフ(Tp)…1-3
ヴィクトリア・ポストニコヴァ(P)…1-3
グリゴリー・ケムリン(Vn)…11
アルノルト・フェルケルマン(Vc)…13
ロシア国立シネマO…4-15
エミン・ハチャトゥリアン(指)…4-15
モスクワRSO…16-22
ニコライ・ラビノヴィチ(指)…16-22
録音:1983年…1-3/1961年…4-15、1966年…16-22
若い頃、映画館「スヴェトラーヤ・フィリム」でピアノ伴奏のアルバイトをしていたショスタコーヴィチは、22歳の時 に初めて無声映画のために書いた『新バビロン』を筆頭に、1920年後半から型破りな映画音楽作曲家とし て頭角を現し、生涯を通じて映画や劇のための音楽を書きました。 このアルバムには、1931年の映画『黄金山脈』のサウンド・トラックからの組曲をはじめ、1932年の劇音楽 『ハムレット』や、1934年の『人間喜劇』、『リア王』からの組曲を収録。更に1935年の『女友だち』からの前 奏曲、そして美しい旋律でおなじみの「ロマンス」が大ヒットした映画『馬あぶ』と1964年の映画『ハムレット』 からはレヴォフ・アトフミャンが編纂した組曲が収録されています。 ゲンナジ・ロジェストヴェンスキー、エミン・ハチャトゥリアン、ニコライ・ラビノヴィチ、エドワルド・セーロフの指揮によ る1960年代から1980年代の演奏で、"親しみやすいショスタコーヴィチ"をご堪能ください。

新書館
DB2-10705(Bluray)
税込定価
バレエ『眠れる森の美女』 オーロラ姫:金子扶生
フロリムント王子:フェデリコ・ボネッリ
リラの精:ジーナ・ストーム=ジェンセン
カラボス:クリステン・マクナリー
澄んだ泉の精:ロマニー・パイダク
魔法の庭の精:マヤラ・マグリ
森の草地の精:クレア・カルヴァート
歌鳥の精:アンナ・ローズ・オサリヴァン
黄金のつる草の精:崔 由姫
フロリナ王女:ヤスミン・ナグディ
青い鳥:マシュー・ボール ほか
英国ロイヤル・バレエ
英国ロイヤル・バレエ・スクール
振付 マリウス・プティパ
追加振付:フレデリック・アシュトン、アンソニー・ダウエル、クリストファー・ウィールドン
音楽:ピョートル・チャイコフスキー
指揮:サイモン・ヒューイット
演奏:ロイヤル・オペラ・ハウスO

収録:2020年1月 ロイヤル・オペラハウス
【特典映像】
「ローズ・アダージオ」リハーサル
(指導:ダーシー・バッセル&ケヴィン・オヘア)
英国ロイヤル・バレエ「眠れる森の美女」の歴史
収録時間:本編150 分+特典15 分
音声:L-PCMステレオ
画角:16/9
片面二層ディスク HD
ロイヤル・バレエの次代を担うバレリーナ、金子扶生。 華やかで瑞々しいオーロラ姫が観る者を魅了します。 王子のフェデリコ・ボネッリ、青い鳥のマシュー・ボール&ヤスミン・ナグディなど豪華 キャストで贈る話題作!

EUROARTS
20-65204F(Bluray)

20-65207(1CD)
マーダー・アット・ザ・シンフォニー
1.ドラマ『バビロン・ベルリン』〜灰へ、塵へ(作曲:ニッコー・ヴァイデンマン、マリオ・カミエン、トム・ティクヴァ)
2.映画『めまい』〜プレリュード(作曲:バーナード・ハーマン)
3.映画『サイコ』〜マーダー(作曲:バーナード・ハーマン)
4.映画『野の薔薇の咲くところ』(作曲:ニック・ゲーヴ)
5.映画『ゴッドファーザー』〜組曲(作曲:ニーノ・ロータ)
6.映画『オリエント急行殺人事件』〜ワルツ(作曲:リチャード・ロドニー・ベネット)
7.映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』〜オープン・スペース(作曲:ジョニー・グリーンウッド)
8.映画『ツイン・ピークス』〜シカモア・トゥリーズ(作曲:アンジェロ・バダラメンティ)
9.映画『ツイン・ピークス』〜ローラ・パーマーのテーマ(作曲:アンジェロ・バダラメンティ)
10.映画『ツイン・ピークス』〜ツイン・ピークスのテーマ(作曲:アンジェロ・バダラメンティ)
11.映画『特捜部Q −Pからのメッセージ−』(作曲:ニクラス・シュミット)
12.映画『トゥルー・ディテクティブ』〜ネヴァーマインド(作曲:レナード・コーエン)
13.映画『ダヴィンチ・コード』〜聖杯の騎士(作曲:ハンス・ジマー)
14.ドラマ『ザ・ブリッジ』〜ホロウ・トーク(虚しき対話)(作曲:クワイアー・オブ・ヤング・ビリーヴァーズ)
15.ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲〜冒頭
16.映画『シャーロック・ホームズ』〜Discombobulate(作曲:ハンス・ジマー)
デンマーク国立SO
サラ・ヒックス(指)
ミヒャエル・メーラー(S)
クリスティーネ・ノンボ・アンデルセン(S)
クリスティーナ・オストラン(Vn)
キラ・スコーフ(Vn)

収録:2019年
◆Bluray
画面:16:9,NTSC
音声:PCMステレオ、DD5.1、DTS5.1
80分
ンマーク国立SOによる大好評のシリーズ。第1弾はゲーム・ミュージックの祭典「Gaming in Symphony」、第2弾はSF映画の名作音楽集 「GALAXYMPHONY」、第3弾は、ファンタジー映画やドラマの音楽を取り上げた「FANTASYMPHONY」、第4弾はスパイ映画音楽を集めた「Agents are Forever」。第5弾は、ハリウッド黄金期のモノクロ映画の名曲を集めた「Divas & Diamonds」。今回は、サスペンス、スリラー、ミステリーなど恐怖 映画の音楽を集めた一枚。
「黄金の20年代」と呼ばれた当時のベルリンを描いたドイツの連続ドラマ「バビロン・ベルリン」、人気北欧ミステリードラマ「ザ・ブリッジ」。そして巨匠アルフレッド・ ヒッチコックの賛否両論を巻き起こした映画「めまい」「サイコ」。全世界で社会現象を巻き起こした伝説のドラマシリーズ「ツイン・ピークス」。さらに大ヒットミ ステリー映画「ダヴィンチ・コード」「シャーロック・ホームズ」「オリエント急行殺人事件」など、暑さを吹き飛ばすような、ぞくっとするスリル満点の音楽集です。ki

Etcetra
KTC-1647(1CD)
私的演奏協会の音楽 Vol.6
レーガー:ロマンティックな組曲(シェーンベルク&ルドルフ・コーリッシュ編/室内アンサンブル版)
ウェーンベルン:パッサカリア Op.1(ヘンク・グイタルト編曲/室内アンサンブル版)
ツェムリンスキー:詩篇第23篇(ヘンク・グイタルト編曲/室内アンサンブル版)
ヘンク・グイタルト(指)、
グルッポ・モンテベロ
シェーンベルクが1918年に設立し、自身と同時代の作曲家の交響曲や管弦楽曲などを室内楽編成に編曲し演奏していた「私的演奏協会」。その演奏会は、最終的には計113回も開かれたということです。『私的演奏協会の音楽』は、シェーンベルク・アンサンブルを創設し、シェーンベルク・クヮルテットのヴィオリストとして数多くの録音に参加した新ウィーン楽派のスペシャリスト、ヘンク・グイタルトと、グイタルトによるアンサンブル・プロジェクト「グルッポ・モンテベロ」によって、シェーンベルクの仲間や弟子たちがアレンジした様々な室内楽バージョンを取り上げ、「私的演奏協会」の音楽を現代に再現するという人気シリーズです。
第6弾となる今回は、「私的演奏協会」の設立者であるシェーンベルクが編曲した、レーガーの「ロマンティックな組曲」はもちろんのこと、新ウィーン学派を得意とするヘンク・グイタルトとグルッポ・モンテベロの編曲によるウェーンベルンも収録され充実の内容です!グルッポ・モンテベロの巧みなアンサンブルをご堪能ください!

EUROARTS
20-58073(Bluray)


20-58079(DVD)
ヴァルトビューネ2010〜『愛の夜』
ムソルグスキー(リムスキー・コルサコフ編):交響詩『禿山の一夜』
ドヴォルザーク:歌劇『ルサルカ』Op.114より「月に寄せる歌」*
ハチャトゥリアン:バレエ音楽『スパルタクス』より「アダージョ」
R.シュトラウス:歌劇『カプリッチョ』Op.85より「最後の場」*
ワーグナー:歌 劇『リエンツィ』序 曲
コルンゴルト:歌劇『死の都』より「わたしに残されたしあわせ」*
R.シュトラウス:歌曲集Op.10より「献身」*
エルガー:愛のあいさつ
プッチーニ:歌劇『ボエーム』より「さようなら」*
プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』より「氷のような姫君の心も」*
プッチーニ:歌劇『ジャンニ・スキッキ』より「わたしのおとうさん」*
レオンカヴァッロ:歌劇『ボエーム』より「ミュゼットはみずみずしい唇に美しい歌を」*
レオンカヴァッロ:歌劇『ボエーム』より「ミミ・ピンソンは金髪娘」*
チャイコフスキー:幻想序曲『ロメオとジュリエット』
ディニーク:ホラ・スタカート
リンケ:ベルリンの風
ル ネ・フレミング(S)
イオン・マリン(指)BPO

収録:2010年6月27日、ベルリン、ヴァルトビューネ野外音楽堂(ライヴ)

◆Bluray
画面:16:9、
1080i Full HD
音声:PCM2.0、
DTS Master Audio5.1
リージョン:All
BD 25
字幕:英独仏、130 分

◆DVD
画面:カラー、16:9
音声:PCM Stereo、
Dolby Digital 5.1、
DTS 5.1
リージョン:All
DVD9
字幕:英独仏、130 分
新装丁盤。毎夏恒例のベルリン・フィルの野外コンサート、ヴァルトビューネ・コンサート。2010年の主役はMETの女王、ルネ・フレミング。ドヴォルザーク、プッ チーニなどのアリアを美しく歌い上げ、「愛の夜(Nacht der Liebe)」と題した夏の夜のコンサートを盛り上げました。特にR.シュトラウス『カプリッチョ』の「最 後の場」はなんともロマンティック。そしてコルンゴルトの『死の都』より「わたしに残されたしあわせ」は叙情的で美しく絶品の歌声を聴かせてくれます。 指揮はルーマニア出身の気鋭イオン・マリン。『禿山の一夜』では絶妙なハーモニーと精密なニュアンス、弦は常に柔らかく、管は華麗に表情豊かに鳴らし、濃密な 音楽を作っています。 ヴァルトビューネならではのリラックスした会場の雰囲気の中、至福の音楽を楽しめる映像です。 (旧品番:20.58078/20.58074は廃盤となっております。)
EUROARTS
20-53093
(Bluray)

20-53099(DVD)
ヴァルトビューネ2003〜ガーシュウィン・ナイト
ガーシュウィン:パリのアメリカ人
ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー(マーカス・ロバーツ編)
ガーシュウィン:ピアノ協奏曲ヘ調(マーカス・ロバーツ編)
ロバーツ:コール・アフター・ミッドナイト
ガーシュウィン:ストライク・アップ・ザ・バンド(ドン・ローズ編)
ガーシュウィン:アイ・ガット・リズム
リンケ:ベルリンの風(アンコール)
マーカス・ロバーツ・トリオ
マ ーカス・ロバー ツ(P)
ロ ーランド・ゲリン( ベ ース )
ジェイソン・マルサリス(ドラムス)
小澤征爾(指)BPO

収録:2003年6月29日、ベルリン、ヴァルトビューネ(ライヴ)

◆Bluray
画面:16:9、Full HD
音声:PCM2.0、
DTS Master Audio5.1
リージョン:All
BD 25
111分+18 分(ボーナス)
◆DVD
画面:カラー、16:9
音声:PCM Stereo、
Dolby Digital 5.1、
DTS 5.1
リージョン:All
DVD9
111分+18 分(ボーナス)
ベルリン・フィル恒例の夏の野外コンサート、ヴァルトビューネ。小澤征爾が登場して話題となった2003年のガーシュウィン・ナイトが新装丁盤で再登場。 盲目のジャズ・ピアニスト、マーカス・ロバーツ率いるトリオが、ベルリン・フィルを圧倒的な存在感で巻き込み、古典的なシンフォニック・ジャズにモダンの要素 を融合させたスリリングで興味深いパォーマンスをみせています。 (旧品番:20.53094/20.53098は廃盤となります。)

Cybele
3D-862101(1SACD)
3D-Binaural-Stereo
pure DSD Recording

ヴッパータールSOLIVE Vol.3
デュティユー:メタボール
メシアン:忘れられた捧げもの、微笑み
ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲
ジュリア・ジョーンズ(指)
ヴッパータールSO
ヘッドホンで聴くことにより最高音質の効果を発揮するように作られた「バイノーラル録音」によるヴッパータールSOのライヴ・シリーズ第3弾。近現代フ ランスの管弦楽作品が収録されており、きらめく色彩をふりまくオーケストラの響きを見事にとらえた高音質録音がたっぷりと楽しめます。ヴッパータール響の本 拠地であり歴史的建造物でもあるシュタットハレ
デュティユーの『メタボール』はクリーヴランドOの創立40周年記念として書かれ、1965年にジョージ・セルの指揮で初演されました。「代謝」(メタ ボリズム)を意味するタイトルを持ち、モチーフが変容・変成していく切れ目ない5つの楽章から成っています。
1931年にメシアン最初のオーケストラ作品としてパリで初演された『忘れられた捧げもの』は3部分からなる瞑想曲で、メシアンならではのユニークな宗教性 がすでに見て取れます。また『微笑み』は1991年モーツァルト没後200年を記念して書かれた晩年の作品で、天真爛漫なモーツァルトの音楽に微笑みかけるよ うな印象的な音楽。
ラヴェルの『ダフニスとクロエ』第2組曲(1913年)は原曲の終盤である第3場を用いたもので、管弦楽法の無限の可能性を感じるような輝かしい美しさを 持つ人気作品。壮麗な響きがたまりません。 (Ki)
Cybele
SC-862102(1CD)
ピアソラ:作品集
シンフォニエッタ1953
アディオス・ノニーノ
タンガーソ
ブエノスアイレスの四季
オブリビオン
ローター・ヘンゼル(バンドネオン)
ラスムス・バウマン(指)
ノイエ・フィルハーモニー・ヴェストファーレン
2021年3月11日に生誕100歳を迎えたピアソラの作品集。ピアソラ32歳の若き日の注目作『シンフォニエッタ1953』から有名な『オブリビオン』まで収録。ベネズエラ人指揮者エドゥアルド・マルトゥレの指揮で、バンドネオンのスペシャリストであるローター・ヘンゼルを招いての演奏です。 (Ki)

OEHMS
OC-1903(2CD)
NX-C05
チャイコフスキー:管弦楽作品集
歌劇「スペードの女王」 Op. 68 - 序曲
イタリア奇想曲 Op. 45
劇付随音楽『雪娘』 Op. 12(3曲抜粋)
バレエ音楽『眠りの森の美女』 Op. 66(4曲抜粋)
ロココ風の主題による変奏曲 Op. 33
弦楽四重奏曲第1番ニ長調 Op. 11 - 第2楽章「アンダンテ・カンタービレ」(Vcと弦楽オーケストラ編)
バレエ音楽『くるみ割り人形』 Op. 71(17曲抜粋)
レオナルド・エルシェンブロイヒ(Vc)
ケルン・ギュルツェニヒO
ドミートリー・キタエンコ(指)

録音:2011年3月、2010年11月、2011年12月、2009年8月、2012年3月、2015年10月5-9日
2020年に80歳を迎えたキタエンコを祝して、彼と30年以上にわたって協力関係を築いてきたケルン・ギュルツェニ ヒ管とのコンビによるチャイコフスキーの録音から、管弦楽作品をセレクトした2枚組。プロコフィエフやショスタコーヴィ チなどではオーケストラの機動力を存分に生かした、切れ味のよい演奏を聴かせることで知られるキタエンコ、この チャイコフスキーでは、作品の持つ旋律の美しさを際立たせるとともに、バレエ音楽では抒情的な場面と躍動的な 場面とのメリハリの効いた表現を聴かせています。 共演するチェリスト、エルチェンブロイヒは1986年ボリビア生まれの実力派。近年は指揮者としても頭角を現し、ボ リビアでオーケストラを共同設立し様々な曲の演奏で高い評価を受けています。

Stradivarius
STR-37186(1CD)
ニコラ・サーニ(b.1961):管弦楽作品集
(1)「海の情景IX/ミュンスター」(2016)
(2)「2、1 の反対」(2012)〜アンサンブルの為の
(3)「ライト・レッド・オーヴァー・ブラック」(2012) 〜弦楽とエレクトロニクスの為の
(4)「ギム・シェルシ」(2013)〜アンサンブルの為の
(5)「テンペスト(嵐)」(2019)〜管弦楽とライヴ・エレクトロニクスの為の
マルコ・アンギウス(指)
パドヴァ・ヴェネトO
オルヴィス・ヴィドリン(ライヴ・エレクトロニクス)

録音:(1)2019年3月27日、(2)2019年4月10日、(3)2020年10月21日、(4)2019年5月3日、(5)2019年2月28日、以上パドヴァ
ニコラ・サーニはシュトックハウゼンに作曲と電子音楽を師事、その後、スペクトル楽派の先 駆者トリスタン・ミュライユ、イギリスのジョージ・ベンジャミン、ジョナサン・ハーヴェイらにも学ん でいます。ザーニの音楽は様々な音響の色彩、テクスチュアの変化のみで構成されており、シュト ックハウゼンやスペクトル楽派の影響を濃厚に聴き取ることが出来ます。アンビエント・ミュージック としても楽しめる彼の音楽は映画、ヴィデオ、美術作家とのコラボレーションが多い。

NEOS
NEOS-12108(2CD)
「マザー・タン」〜チャールズ・ウゾー(b.1961)作品集
(1)マザー・タン(母国語)(2019)〜メゾ・ソプラノ、テープとアンサンブルの為の
(2)天安門広場に降り注ぐ白い紙の花(1989)
〜5 つのチェロの為の
(3)8’46”/ジョージ・ロイドの追憶に(2020)〜何らかの楽器を伴う何人かのアンサンブルの為の
(4)Go(1999/2019)〜想像上のバレエの為の六重奏曲
(5)Zimzum(1998)〜2 つのギターの為の
(6)Sephardic lilt.mimicri(2017-18)〜ギター、アコーディオンとテープの為の
(7)サマルカンドの王女(2001)〜打楽器独奏の為の
(1)(3)(4)ルペルト・フーバー(指)アンサンブル・マザー・タン
(1)(2)チャールズ・ウゾー((1)Tape、(2)指揮)
(1)イザベル・プフェッファーコーン(MS)
(2)アンサンブル・ラ・ノッテ(Vc・アンサンブル)
(5)アンサンブル・クアジ・ファンタジア
(6)ルクス・ノヴァ・デュオ、
ドメニコ・チェラサーニ(Tape)
(7)エルンスト・ブルンナー(Perc)

録音:(2)1996年9月4日、(5)1998年6月6-7 日、(1)(4)(3)2020 年9 月6 日、(7)2001年2月18日、(6)2020年3月3-5日 ]
チャールズ・ウゾーはナイジェリア出身の作曲家。母国の内戦のため親とともに幼少期にスイ スへ移住した後、ベルン、チューリヒ、ロンドンで作曲を学んだ。作品は歌劇、ダンスの為の 音楽、管弦楽、室内楽と多岐に及んでいます。このディスクに収められた作品は編成も作風も非 常にバラエティ豊かであり、アフリカの民族的な要素は直接感じられないものの、それらはヨー ロッパ前衛音楽の語法の中で抽象化され昇華されています。むしろ作曲者の経て来た過酷な前 半生を反映してか、民主主義や平和への思いが作品に強く反映されています。母国ナイジェリア の思いをつづった「マザー・タン(母国語)」ではナイジェリアの自然が描かれるとともに重苦しい ノイズが民衆への暴力を感じさせ、天安門事件の直後に書かれた「天安門広場に降り注ぐ広い 紙の花」には力に圧制への強い抗議の意志が感じられます。一方、実験的な作品も見られ、 「8’46”」ではケージの 4’33”さながらに 8 分 46 秒間、ほとんど無音(吐息のような音が僅かに 聴かれる)しかないという野心的な試みがなされています。ヨーロッパ前衛音楽界に一石を投じる ユニークな才能のまとまった作品集。

Capriccio
C-5380(1CD)
NX-B05
ドホナーニ:組曲 嬰ヘ短調 他/レオー・ヴェイネル: セレナード
エルンスト・フォン・ドホナーニ(1877-1960):歌劇「Tante Simona シモーナおばさん」 Op. 20 - 序曲(1911/12)
 組曲 嬰ヘ短調 Op. 19(1908/09)
 アメリカ狂詩曲 Op. 47(1953)
レオー・ヴェイネル(1885-1960):セレナード ヘ短調 Op. 3(1906)
ウィーンRSO
ロベルト・パーテルノストロ(指)

録音:2019年6月18-19日、2020年6月22-23日
名指揮者クリストフ・フォン・ドホナーニの祖父、エルンスト・フォン・ドホナーニ(ドホナーニ・エルネー)。ピアニストとして活躍しただけではなく、教育者としては アニー・フィッシャーやゲオルク・ショルティなど数多くの弟子を育て上げた優れた功績で知られます。作曲家としても数多くの作品を残しましたが、残念なことに 演奏される機会が多いとはいえません。このCapriccioのシリーズではドホナーニのロマンティシズムと官能性に満ちた作品の数々を現代に蘇らせています。 シリーズ第5集となるこのアルバムに収録されているのは、1幕ものの歌劇「シモーナおばさん」の序曲と、ドホナーニの代表作の一つ「組曲 嬰ヘ短調」、彼の 最後のオーケストラ作品となった「アメリカ狂詩曲」の3曲。なかでもアメリカ民謡が数多く引用された「アメリカ狂詩曲」は聴きごたえたっぷりの作品です。添え られているのはドホナーニより8歳年下のレオー・ヴェイネルの「セレナード」。彼もドイツ・ロマン派とハンガリー民謡の融合を目指した作曲家の一人です。演奏 は世界的なオーケストラと数多く共演し、卓越したパフォーマンスで活躍する指揮者パーテルノストロ。交響曲第1番(C5386)に続くドホナーニ作品のアル バムとなります。

TOCCATA
TOCC-0601(1CD)
NX-B03
リヒャルト・フルーリー(1896-1967):管弦楽作品集第2集
祝典の為の5つの管弦楽小品「Der Scholle treu」(1935)
4つのカプリース - ヴァイオリンとオーケストラの為の(1966-67)
アンダンテ・ソステヌート(1967)(P. マンによる管弦楽編 2021)
ヴァイオリン協奏曲第3番(1943-44)*
アレクサンドル・ドゥバッハ(Vn)
リエパーヤSO
ポール・マン(指)

録音:2021年3月22-26日
※*以外=世界初録音
第1集(TOCC-552)に続くスイスの作曲家リヒャルト・フルーリーの管弦楽作品集。このアルバムには1935年から1967年までにわたる4作品を収録、フルーリーの壮年期から円熟期、晩年に至るまでの作風の変遷を知ることができます。「祝典の為の5つの管弦楽小品」はエルガーを思わせる行進曲で始まる魅力的な音楽。第二次世界大戦中に書かれた「ヴァイオリン協奏曲第3番」は、才能あるヴァイオリニストとして評価されたフルーリーらしい技巧的な作品で、後期ロマン派風の抒情的な雰囲気を持っています。最晩年の「4つのカプリース」は協奏交響曲の形式を持つ現代的なセレナーデ。同じく没年に書かれた「アンダンテ・ソステヌート」は、彼の友人で指揮者ゴットフリート・カッソヴィッツの70歳の誕生日の為の作品。本来は4楽章からなる組曲として構想されましたが、完成されることなくこの楽章の下書きのみを残してフルーリーは世を去ってしまいました。カッソヴィッツは1969年まで生きましたが、恐らくこの作品の存在は知らなかったようです。この録音のためにポール・マン自身がオーケストラ用に編曲しています。


Treasures
TRE-256(1CDR)
ロイヤル・ネヴィー・バンド/ダイナミック・マーチ集
今井光也:東京オリンピック・ファンファーレ(ドラムロールなし)
古関裕而:オリンピック・マーチ(リピートなし/テンポ112)
今井光也:東京オリンピック・ファンファーレ(ドラムロールあり)*
古関裕而:オリンピック・マーチ(リピートあり/テンポ120)*
吉本行蔵:君が代行進曲
瀬戸口藤吉::軍艦行進曲
ツィマーマン:錨を上げて
作曲者不詳:海兵隊讃歌
ヘンリー・クレイ・ワーク:ジョージア行進曲
スコットランド民謡(リーンショーテン編):行進曲「蛍の光」
アルフォード:ボギー大佐
アメリカ民謡:黄色いリボン
ポール・アンカ:「史上最大の作戦」マーチ
W.C.ハンディ(ジェリー・グレイ編):セントルイス・ブルース・マーチ
ミーチャム:アメリカン・パトロール
伝承曲:聖者の行進
ワーグナー:「タンホイザー」大行進曲
スーザ:星条旗よ永遠なれ#/美中の美#
 士官候補生#/忠誠#/雷神#
 ワシントン・ポスト#/海を越える握手#
J.F.ワーグナー:双頭の鷲の旗の下に#
エルガー:「威風堂々」第1番#
バグレイ:行進曲「国民の象徴」#
H・C・ヴァン・リーンショーテン(指)
ロイヤル・ネヴィー・バンド(オランダ海軍バンド)

録音:1963-1964年(ステレオ)
※音源:日Victor SFL-3052*、SFX-7032、SFX-7031#
◎収録時間:76:52
“1964東京オリンピック・ファンファーレ&マーチの知られざるロング・ヴァージョン!”
■音源について
1964年の東京オリンピックのファンファーレと行進曲は、オリンピック東京大会組織委員会(OOC)とNHKの共同制作。各レコード会社は、陸海空の自衛隊音楽隊に録音を依頼しましたが、ビクター(フィリップス)は専属契約を結んでいたロイヤル・ネヴィー・バンドが録音。その2曲の録音には、それぞれ2種のヴァージョンが存在しますが、殆どの再発レコードで採用されていkるのは共にショート・ヴァージョンばかりで、1964年に発売されたEP盤(SFL-3052)に収録されたロング・ヴァージョンに関しては、その存在さえご存じない方も多いのではないでしょうか?

★決して悪ノリりせず、作品のフォルムを崩さず、堅実なニュアンスを誇るこの海兵隊の演奏は、いかにも日本人好みなので、発売当初に好セールスを記録したというのも頷けます。1864年以来の歴史を持つこの名門バンドの指揮者を1957年から担ったリーンショーテン(レインスホーテン)大尉のハイセンスな指揮の功績も絶大です。
 まずは1964年の東京オリンピック・ファンファーレとマーチ。特に全リピートを行ったヴァージョンはテンポ120(楽譜の指示)で、実際の行進にはやや速いですが、明らかに通常聴かれる「テンポ112」よりも生命力が漲っており、音楽的充実度は明らかに上。改めて演奏におけるテンポの重要性を再認識させられます。
 「ジョージア行進曲」は、上質のアンサンブルが活きた凝縮力の高いサウンドのが印象的。完全イン・テンポを貫徹しながら、無機質なニュアンスなど皆無。「アメリカン・パトロール」「聖者の行進」も、ヤンキーに傾かない演奏だとかくも名曲に変貌するのかと驚きを禁じえません。こういう曲を日本のバンドが演奏すると、無理にノリノリ感を出した演奏に出会うことが多いですが、心で感じていない嘘の表現が人の心を打つはずなどないのです。
 スーザの「美中の美」の格調の高さも比類なし。「海を超える握手」は、リズムに腰が入りまくった安定感で文句なし!「国民の象徴」トリオの2:00からのクレッシェンドが全く恣意的に響かず、フワッとした増幅に抑えているあたりもニクいセンス!
 2021年6月29日現在、2度目の東京オリンピックは、コロナ禍でも粛々と開催に向かって事が進んでいます。1964年のようにファンファーレや行進曲が演奏されるかどうか知りませんが、音楽にせよ競技にせよ、心の底からから感動を共有し発散することが許されないのはそもそも大会の本旨から外れており、ますますビジネス色が露呈するだけだと思います。せめて、成功裏に終えると言っても、何をもって成功と呼ぶのやら…。せめてこのディスクで本来のオリンピックのワクワク感を追体験していただければ幸いです。【2021年6月・湧々堂】

ARTHAUS
10-9439DVD(DVD)
ドキュメンタリー「良き考え、良き言葉、良き行い」

■コンサート映像:
ウェーベルン:管弦楽のための6つの小品 op.6
マーラー:亡き子をしのぶ歌
R・シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはこう語った」op.30

ズービン・メータ〜ドキュメンタリー「良き考え、良き言葉、良き行い」
トーマス・クヴァストホフ(Br)
ズービン・メータ(指)
シュターツカペレ・ドレスデン

出演者:
ズービン・メータ、ナンシー・メータ、ユスフ・ハミド(幼馴染)
ダニエル・バレンボイム(指揮者、ピアニスト)
クラウス・マリア・ブランダウアー(俳優)
ピーター・ジョナス(バイエルン州立歌劇場総支配人1993年〜2006年)
ナスリー・ワーディヤー(親友)
ユジャ・ワン(ピアニスト)
イスラエルPO
オーストラリア・ワールド・オーケストラ
フィレンツェ五月音楽祭O

監督:ベッティーナ・エールハルト
制作:2016年

コンサート映像収録録:2010年、ドレスデン、ゼンパーオーパー(ライヴ)

画面:16:9,NTSC
音声:PCMステレオ(ドキュメンタリー)
DTS 5.0
原語:ドイツ語、字幕:独英仏伊、120 分
2021年4月29日に85歳を迎えたズービン・メータ。当日は無観客でしたが85歳を祝うコンサートがベルリン国立歌劇場で行われたりと、年齢を重ねても なお情熱的に指揮活動を行っています。今回リリースされるドキュメンタリーは、2016年メータの80歳を記念して制作されたもの。インド出身のメータの現在ま での活躍は、今日の異文化世界の輝かしい象徴であり、音楽が異文化の橋渡しとなって、時には社会的・政治的な障壁を打ち破る力があることを示しているとも いえるでしょう。メータと共演した演奏家や音楽関係者、またインドの幼馴染・親友といったプライベートな人間関係も映し出された映像は、メータがもつ温かい人 柄を音楽と人生の両方から映し出した映像といえるでしょう。 またコンサート映像として、すでにブルーレイではリリースされている、シュターツカペレ・ドレスデンとクヴァストホフと行った、2010年マーラー生誕150周年 記念公演の模様が収録されています。 (Ki)

SOMM
ARIADNE-5012(1CD)
NX-B04
オーケストラ名曲集
シャルパンティエ:テ・デウム - 前奏曲
コールリッジ=テイラー:演奏会用小組曲 Op. 77 - ナネットの奇想曲
プロコフィエフ:バレエ音楽『ロメオとジュリエット』 - 若いジュリエット
マスカーニ:歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』 - 間奏曲
ビゼー:組曲『アルルの女』 - メヌエット
グリーグ:抒情小曲集 - ノルウェー農民の行進曲
ディーリアス:春を告げるかっこうを聞いて
メンデルスゾーン:『真夏の夜の夢』 - スケルツォ
バッハ:羊は安らかに草を食み(W. ウォルトン編)
ファリャ:バレエ音楽『恋は魔術師』 - 火祭りの踊り
ストラヴィンスキー:バレエ音楽『火の鳥』 - 子守歌
コープランド:『ロデオ』 - ホー・ダウン
プッチーニ:歌劇「修道女アンジェリカ」 - 間奏曲
グリーグ:抒情小曲集 - トロルドハウゲンの婚礼の日
ディーリアス:歌劇「村のロメオとジュリエット」 - 楽園への道
ハチャトゥリアン:『仮面舞踏会』 - ギャロップ
ドビュッシー:小組曲 - 小舟にて
ハチャトゥリアン:バレエ音楽『ガイーヌ』 - 剣の舞
チャイコフスキー:バレエ音楽『白鳥の湖』 - 情景
フィルハーモニック・コンサート・オーケストラ
イアン・サザーランド(指)

録音:1988年6月 BRスタジオ、ミュンヘン(ドイツ)
1992年12月 NDRスタジオ、ハノーファー(ドイツ)
1936年、グラスゴー出身の指揮者イアン・サザーランド。1966年からBBCスコティッシュ・ラジオ・オーケストラの 指揮者に就任、1972年にオーケストラが改変されるまで、軽音楽を中心とした演奏で幅広い人気を獲得しま した。その後はBBCコンサート・オーケストラにたびたび客演し、BBCラジオの「フライデー・ナイト・イズ・ミュージッ ク・ナイト」に定期的に出演するなど幅広いレパートリーで聴衆を魅了しました。1980年代にはBBCラジオ・オー ケストラに初の首席指揮者として就任し、1991年にオーケストラが解散するまで、バロック、クラシック、ロマン ティック、コンテンポラリーの作品に加え、ハリウッドやブロードウェイのミュージカルまで数多くの作品を演奏した功 績で知られています。 このアルバムには、1988年と1992年にフィルハーモニック・コンサート・オーケストラと行った録音が収録されてお り、3世紀にわたる16人の作曲家のさまざまな作品を聴くことができます。祝祭的なシャルパンティエの「テ・デウ ム」からの前奏曲や、あまり耳にすることのないコールリッジ=テイラーの「ナネットの奇想曲」、熱狂的なハチャトゥ リアンの「剣の舞」など、耳に楽しい名曲が次々と聞こえてくる楽しい1枚です。

Altus
ALT-489(1CD)
スメターチェクの芸術 第3集
R=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」 作品35
「見えざる町キテージと聖女フェヴローニャの物語」組曲*
ヴァーツラフ・スメターチェク(指)
プラハRSO、プラハSO*

録音:1975年6月3-5日/1967年1月17日*(すべてステレオ)
世界を股にかけ活躍し、チェコでは「空飛ぶ指揮者」「音楽大使」と呼ばれ、日本では「チェコのカラヤン」とのキャッチフレーズで親しまれたスメターチェクの名 演。チェコ・フィルとあわせて「チェコ3大オーケストラ」と言われるプラハSO、プラハRSOとの共演です。この『シェエラザード』は国内初出時、盤 鬼として知られる音楽評論家・平林直哉氏が絶賛した大名演。このたびALTUSによる最新のリマスターがなされ再び世に出されることになりました。
「シェエラザード」がやはり素晴らしい。スメターチェクは正攻法にオーケストラをきちっと制御し、見通しの良い響きを再現しています。ちょっと聴くと淡白のよう に思えるが、その過不足のない表現から、曲の面白さがくっきりと浮かびあがっているのだ。スメターチェクらしい繊細さも十分に生きています。手綱をゆるめず、 最後まで凜々しく格調を保っており、後味も最高だ。(平林直哉氏の解説より) (Ki)

Bastille Musique
BM-014(3CD)
クリストフ・ベルトラン:眩暈〜器楽作品集 プレミル・ペトロヴィッチ(指)、
ヴィクトール・アヴィア(指)、
ブラッド・ルブマン(指)、
ピーター・ランデル(指)、
バルドゥア・ブレニマン(指)、
エミリオ・ポマリコ(指)、ケルンWDRSO、
KNM ベルリン、
グラウシューマッハー・ピアノ・デュオ、
ザフラーン・アンサンブル、他

録音:2013年-2020年、ケルン(ドイツ)
新規取り扱いレーベル、ベルリンの「Bastille Musique(バスティーユ・ミュズィク)」!
☆スリムボックスを採用し、CDやブックレットだけでなくフォト・リーフレットなども封入した豪華ラグジュアリー・パッケージ!
Bastille Musiqueの14番目のディスクとなったのは、フランスの現代作曲家クリストフ・ベルトラン(1981-2010)が書いた様々な編成の器楽作品を始めて全曲収録した3枚組BOX。録音中の作曲者と演奏者の写真や、演奏者のインタヴューなどを掲載した80ページ(英語、フランス語、ドイツ語)のライナーノーツもセットになっています。

Bastille Musique
BM-013(1CD)
ヴィヴィエ:みなし児
クロード・ヴィヴィエ(1948-1983):みなし児(Lonely Child)*/シラズ(Shiraz)#/Pulau Dewata$/ラヴ・ソングズ(Love Songs)§/ジパング(Zipangu)$
ケイトリエン・バーツ(S)*、
バス・ウィーヘルス(指)ケルンWDRSO*、
オカベ・アキコ(P)#、
クラウス・ジモン(指)ホルスト・シンフォニエッタ$、
ノイエ・ヴォーカルゾリステン§

録音:2013-2019年(ドイツ)
20世紀カナダの現代音楽作曲家、クロード・ヴィヴィエ(1948-1983)が1977年と1980年に作曲した5つの作品を収録したアルバム『Lonely Child』。1976年から1977年にかけて、ヴィヴィエは日本、イラン、ジャワ島、バリ島などに長期間滞在し、新たな音楽技術や「芸術を日常生活に統合する」という考え方を学びました。「Shiraz」や「Pulau Dewata」といった1977年の作品には、そうした東洋での体験が反映されています。歌詞や自筆資料を含む56ページのブックレット(英語、フランス語、ドイツ語)のほか、作曲家やアーティストの写真が掲載されたリーフレットが付属しています。

Pentatone
PTC-5186802
(1SACD)
R・シュトラウス:アルプス交響曲 ウラディーミル・ユロフスキ(指)、
ベルリンRSO

ライヴ録音:2019年2月22&24日コンツェルトハウス(ベルリン)
。PENTATONEレーベルからも積極的なリリースが続くウラディーミル・ユロフスキ。当アルバムはベルリンRSOを振ったR.シュ トラウスのアルプス交響曲です!
祖父が作曲家、父親が指揮者という音楽一家に1972年モスクワで生まれたユロフスキは、1990年18歳のときに家族とともにドイツに移住。ドレスデン およびベルリンで研鑽をつみ、95年ウェクスフォード音楽祭におけるリムスキー=コルサコフの「5月の夜」の演奏で世界的に注目されました。翌年にはレコー ディングを開始し、2007年より首席指揮者に就任したロンドンPOをはじめ、ロシア・ナショナルOと自国ロシアの作品を数多 く録音をのこしております。また、2017/18シーズンからはベルリンRSOの首席指揮者兼芸術監督にも就任しており、PENTATONEレーベルよりマー ラーの「大地の歌」(PTC-5186760)、R.シュトラウスの交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」、マーラーの交響詩「葬礼」、交響的前奏曲(KKC-5846 / PTC-5186597)、シュニトケの交響曲第3番(PTC-5186485)、アラベラ・美歩・シュタインバッハーを独奏に迎えたブリテン&ヒンデミットのヴァイオリン 協奏曲集(KKC-5839 / PTC-5186625)をリリースしております。
R.シュトラウスが書いた管弦楽のための大曲「アルプス交響曲」は、アルプス登山のいろいろな場面を映画のように写実的に描いた作品で、自然描写の大家 といわれたR.シュトラウスの傑作にかぞえられます。ユロフスキは2016年4月にロンドンPOと同曲をライヴ収録(LPO-0106)し ておりますが、当盤は2019年2月、ベルリンRSOとのライヴ収録です。当演奏では管楽器が活躍する場面での巧みなバランス感覚はユロフスキなら ではといえ、ベルリンRSOの腕の確かさと相性のよさを実感できる白熱の演奏です! (Ki)

BRIDGE
BCD-9553(1CD)
ウル・ルーザース(b.1949)作品集16
(1)「サウンド・アンド・シンプリシティ」(2018) 〜アコーディオンと管弦楽のための7つの柱
(2)「ドリーム・キャッチャー」(2004)〜アコーディオンのための (B.モーゲンセン編)
(3)交響曲第3番「ドリーム・キャッチャー」(2005-06, rev.2009)
(1)(2)ビャーケ・モーゲンセン(アコーディオン)
(1)セバスチャン・ラング=レッシング(指)
(3)スコット・ユー(指)
(1)(3)オーゼンセSO

録音:(1)(2)2020年8月24,25日、
(3)2012年1月18-20日、何れもカール・ニールセン・ホール、オーゼンセ
((3)はBCD9382で出ていたものと同一録音)
Bridge レーベルでは16 枚目となるポウル・ルーザースの近作を集めた作品集。ルーザスは デンマーク出身。オルガニストとして修業を積んだ後、カール・オーエ・ラムスセンに作曲を師 事した。このアルバムではアコーディオン奏者ビャーケ・モーゲンセンをソリストに迎えた協奏 曲、何度も改訂が行われた交響曲第3 番が聴きもの。

NMC
NMC-D260(1CD)
タンジー・デイヴィス(b.1973):管弦楽作品集
(1)足音の砂丘/(2)自然
(3)「我々は何を見たのか」〜歌劇「世界の狭間」からの組曲
(4)リ・グリーニング(再緑化)
(1)(3)カレン・カメンセック(指)
ノルウェー放送O
(2)オリヴァー・ナッセン(指)バーミンガム・コンテンポラリー・ミュージック・グループ
ヒュー・ワトキンス(P)
(4)イギリス・ナショナル・ユースO

録音:2014-2018年
タンジー・デイヴィスは 10 代の頃ロック・バンドでヴォーカルとギターを担当していたが、 やがて現代音楽に関心を持ち、サイモン・ホルトに作曲を師事した。その後イギリス国内の コンクールに入賞し、BBC 響、ロンドン響などから数多くの委嘱を受け今日に至っています。 「足音の砂丘」では絶え間なく続く響きの色彩と質感の推移で作品が構成され砂漠の砂の 紋様が描かれます。「自然」では細かくせわしなく動き回るモティーフの連鎖が原初的な生命 の発生を思わせる。「リ・グリーニング(再緑化)」は合唱と管弦楽が大地を潤すような活き活き とした音の運動を繰り広げる。いずれも標題といい内容といい自然を題材にした作品が多 く、ヴォーン・ウィリアムスら自然を愛するイギリス音楽の作曲家の系譜を感じさせる。2018 年 に亡くなった作曲家・指揮者オリヴァー・ナッセンの晩年の円熟した指揮ぶりも聴きもの。
NMC
NMC-D262(1CD)
〜デビュー・ディスク・シリーズ〜
マーティン・サックリング(b.1981)管弦楽作品集

(1)「ホワイト・ロード」〜エドムンド・デ・ワールによる
(2)放流/(3)ピアノ協奏曲
(4)旅立ちの風景
イラン・ヴォルコフ(指)
(1)-(3)BBCスコティッシュSO
(4)BBCフィルハーモニック
(1)キャスリーン・ブライアン(Fl)
(3)タマラ・ステファノヴィチ(P)

録音:2013/2020年
マーティン・サックリングはイギリスの若手作曲家でヴァイオリニストでもある。作曲をジョージ・ ベンジャミンに師事、現在王立音楽院で教鞭を執りつつ作曲活動を続けています。師匠ベンジャ ミンの影響からか新印象主義、新ロマン主義的な傾向の作風を持ち、手堅い管弦楽法も相まっ て聴きごたえのある音響空間を作り上げる。ピアノ協奏曲は忙しなく動き回るピアノに管弦楽が 鉄槌を下すようなクラスターを打ち込む。ユーモアがあり、ジャズの影響を感じさせる秀作。
NMC
NMC-D265(1CD)
パラム・ヴィール(b.1952)作品集
(1)「ラーガ・フィールド」〜サロードとアンサンブルのための
(2)「クリシュナの前に」〜管弦楽のための
(3)「星空を駆け巡る」〜タゴールの詩によるソプラノとチェロのための
(4)「ハヤグリバ(馬頭観音)」〜アンサンブルのための
(1)ソーミク・ダッタ(サロード)
エンノ・ポッペ(指)クラング・フォルム・ウィーン
(2)オダリーネ・デ・ラ・マルティネス(指)ロンドン室内O
(3)パトリシア・オークタロニー (S)
ウルヒッヒ・ハイネン(Vc)
(4)ミハ・ハメル(指)シェーンベルク・アンサンブル
パラム・ヴィールはインド系イギリス人作曲家。デリーでインド古典音楽を学んだ後、渡英して 作曲をP.M.デイヴィス、オリヴァー・ナッセンに師事した。「ラーガ・フィールド」はシタールに似た インドの伝統楽器サロードとアンサンブルのための協奏曲。神秘的なサロードの音色とエンノ・ ポッペ指揮によるクラング・フォルム・ウィーンの乾いた響きがインドとヨーロッパの対話を図る。イ ンドの偉大な詩人ラビンドラナート・タゴールの詩による歌曲集「星空を駆け巡る」はソプラノがチ ェロ一本を伴奏にやや表現主義的で緊密な音楽を作り上げる。「ハヤグリパ(馬頭観音)とはヒン ドゥー教の最高神ヴィシュヌの別名であり、仏教では菩薩ととらえられている神をややリゲティ風 の色彩豊かな書法で表現しています。インドの伝統的な音楽や思想をヨーロッパの抽象的な思考 で再解釈、音楽化した秀作です。

BMOP SOUND
BMOP-1076(1CD)
ロバート・カール(b.1954)管弦楽作品集
(1)白鷺(2012)
(2)足元にあるもの(2016)
(3)ロッキング・チェア・セレナーデ(2013)〜弦楽オーケストラのための
(4)交響曲第5 番「ランド(陸上)」(2013)
ギル・ローズ(指)
ボストン・モダン・オーケストラ・プロジェクト

録音:2017-19年
ロバート・カールはジョージ・ロックバーグ、イァニス・クセナキスという個性も作風も著しく異な る作曲家に師事したが、彼の作風は新古典主義もしくは新ロマン主義的な傾向があり、ここに 収められた作品もドラマティックで抒情的な作風です。交響曲第 5 番は標題の通り、平原や 山、嵐など大地にまつわる様々な自然現象を巧みなオーケストレーションで表した聴きごたえ のある作品。

BIS
BISSA-2385(1SACD)
ピアソラ三部作
(1)「ブエノスアイレス秋」(レオニード・デシャトニコフ編曲によるヴァイオリンと弦楽合奏版)
(2)タンゴ風エチュード第3番(Vn独奏)
(3)タンゴ風エチュード第4番(Vn独奏)
(4)タンゴ風エチュード第5番(Vn独奏)
(5)タンゴの歴史(Vnとギター版)
五明カレン(Vn/ストラディヴァリウス“Healy”(1711年頃)、(1)指)
(1)ジュリアン・ズルマン(指)、フランス国立ロワールO
(3) ステファニ ー・ジョーンズ( ギター )

録音:(1)2020年6月26&27日/ナント
(2)-(5)2020年8月10-13日/ニコデモ教会(ベルリン)
。麗しのヴァイオリニスト五明カレン、BISレーベル第2弾はピアソラ生誕100周年を記念した注目盤です!五明カレンは1982年東京生 まれで2歳の時にモントリオールに移住。5歳でヴァイオリンをはじめ、わずか9歳でカナダ音楽コンクール第1位受賞した才華です。その後名教師ドロシー・ディ レイに師事しジュリアード音楽院で学び研鑽を積みました。現在アメリカを拠点にソリストとして活躍。日本ではル・ポン国際音楽祭2019にも出演しております。 2013年11月にNHKスペシャル『至高のバイオリン ストラディバリウスの謎』でイタリアのクレモナを訪れヴァイオリンの史上最高の名器ストラディヴァリウス の秘密に迫るドキュメンタリーに出演し、名器「オーロラ」の音色を名曲に乗せて披露したことでその名が知られております。
当アルバムでは五明の洗練された表現力でピアソラの情熱と官能の世界を披露。この名曲を表現するのはやはりストラディヴァリウス。当録音では1711年頃 に製作された銘器“Healy”で雄弁に奏でます (Ki)

Danacord
DACOCD-899(1CDR)
エミール・レーセン(1887ー1964):作品集


(1)ヒマラン(デンマーク・ラプソディ)(1926)
(2)シューベルトの主題による変奏曲(1928)
(3)グリーンランドの民謡(1934)
(4)歌劇「ある母親の物語」(1941)〜間奏曲
(5)喜歌劇「ファリネッリ」〜アリア集
歌に翼あり/人生の優しさを追ったものは/人生のよろこび/そこ  に歌あり
(6)南ユランの旋律による幻想曲(1930)
(7)デンマークのクリスマス・キャロルによる幻想曲(1933)
(8)デンマーク放送展覧会のファンファーレ(1950)
(9)ラジオフォニア(バーレスク・ラプソディ)(1950)*
デンマークRSO、デンマーク放送コンサート・オーケストラ*
(1)エミール・レーセン(指)
 録音:1953年
(2)アーネ・ハメルボー(指)
 録音:1959年10月3日(コンサート・ライヴ)
(3)トマス・イェンセン(指)
 録音:1959年2月15日(コンサート・ライヴ)
(4)トマス・イェンセン(指)
 録音:1958年4月3日(コンサート・ライヴ)
(5)アクセル・シュツ(T)、
 エミール・レーセン(指)
 録音:1941年11月25日
(6)エミール・レーセン(指)
 録音:1946年
(7)トマス・イェンセン(指)
 録音:1957年12月14日(コンサート・ライヴ)
(8)エーリク・トゥクセン(指)
 録音:1956年8月31日(コンサート・ライヴ)
(9)ハンス・ペーザー・オーセ(指)
 録音:1969年(ライヴ TV プロダクション)
エミール・レーセン(1887−1964)は、コペンハーゲン生まれ。フランツ・リストの弟子シークフリト・ランゴーにピアノ、作曲家ヴィルヘルム・ローセンベアに音楽理論を学び、1911年、ピアニストとしてコンサート・デビューしました。レストランと劇場で演奏、編曲と作曲を手がけることからキャリアをスタート、1917年に初めてティヴォリ公園のオーケストラを指揮しています。デンマークRSOの指揮者を務め、王立デンマーク劇場ではバレエの指揮を担当しました。管弦楽曲、バレエや歌劇など劇場のための音楽、映画音楽を主に作曲。カール・ニールセン作品のオーケストレーションも彼の業績のひとつです。Danacord がリリースする「トリビュート」アルバムには、レーセンの作品がレーセン自身とデンマーク放送ゆかりの指揮者による演奏で収録されています。
ユラン半島北部のヒマラン地方のフィドル曲を素材に採り「H.C.ロンビュー風テクスチュア」の軽いオーケストラ曲にした「デンマーク・ラプソディ」「ヒマラン」。シューベルト没後100年の1928年に作曲された、四手のピアノ曲を主題とする「シューベルトの主題による変奏曲」。1933年に没した、グリーンランドの極地探検家クヌーズ・ラスムセンの追悼コンサートのための「グリーンランドの民謡」。アンデルセンの「暗い童話」に基づく歌劇「ある母親の物語」のメランコリックな〈間奏曲〉。有名なカストラート歌手を主人公にしたオペレッタ「ファリネッリ」は、現在も上演され、レーセンの代表作のひとつに挙げられる作品です。一世を風靡したデンマークのテノール歌手アクセル・シュツ(シェッツ)がHMVに録音した4つのアリアが収録されています。ドイツと国境を接した南ユラン地方の民謡10曲と、19世紀デンマークのキャロルを素材にした2つの「幻想曲」。デンマーク放送の25周年を記念する展覧会のオープニング「ファンファーレ」。雑多なラジオ番組をモンタージュした「ラジオフォニア」。初めて紹介されるコンサートのライヴ録音と放送録音が多数含まれるコレクションです。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

Bastille Musique
BM-011(2CD)
ルチアーノ・ベリオ:シュマン(全曲)
シュマンI(ハープと管弦楽のための)
シュマンII (ヴィオラと9楽器のための)
シュマンIIb (管弦楽のための)
シュマンIIc (バスクラリネットと管弦楽のための)
シュマンIII(ヴィオラと管弦楽のための)
シュマンIV(オーボエと11弦楽器のための)
シュマンV(ギターと室内オーケストラのための)
コル・オド(シュマンVI)(トランペットと室内オーケストラのための)
レシ(シュマンVII)(アルトサクソフォンと管弦楽のための
ケルンWDR響、
アンドレアス・ミルトナー(Hp)、
クリストフ・デジャルダン(Va)、
アンドレアス・ランゲンブッフ(バスクラリネット)、
マールテン・デッケルス(Ob)、
パブロ・マルケス(G)、
マーティン・グリープル(Tp)、
ルッツ・コペッチ(アルト・サクソフォン)
指揮:ペーテル・エトヴェシュ、エミリオ・ポマリコ、マリアーノ・キアッキアリーニ、マヌエル・ナウリ、バス・ウィーヘルス、ジャン=ミカエル・ラヴォア、ブラッド・ルブマン

録音:2016年〜2017年、ケルン・フィルハーモニー(ケルン、ドイツ)
ルチアーノ・ベリオの「シュマン」、初のコンプリート・ボックス! 「シュマン」(「道」を意味するフランス語の複数形)は、さまざまな楽器のために書かれた器楽曲「セクエンツィア」を、ベリオ自身が管弦楽や室内オーケストラを含む編成に拡大編曲したもので、本アルバムはIからVIIまで全曲を収録しています。ソリストはハープのアンドレアス・ミルトナー、ヴィオラのクリストフ・デジャルダンなど一流の奏者が担当。ペーテル・エトヴェシュやエミリオ・ポマリコ、マリアーノ・キアッキアリーニなど豪華指揮者陣がWDRSOを振っています。
全64ページのブックレット(英語、ドイツ語)には音楽学者マルティナ・ジーバーによる解説や、ソリストへのインタビューが掲載され、作曲家や演奏家の写真、自筆などの資料も付属しています。

スリーシェルズ
3SCD-0063(1CD)
初回プレス枚数300 組
税込定価
「太平洋ひとりぼっち・音楽大全」
作曲:芥川也寸志、武満徹
【収録内容】
トラック1〜23:本編使用楽曲
トラック24〜48:ボーナストラック(本編用編集済楽曲、加工前素材曲、本編使用楽曲別
テイク、本編未使用楽曲)

※40 ページ・プックレット収録詳細内容
カラースチル写真集
モノクロスチル写真集
曲目一覧
映画『太平洋ひとりぼっち』について(上妻祥浩)
芥川也寸志と武満徹―二大音楽家の共作―(上妻祥浩)
市川崑の映画音楽を手がけた作曲家たち(上妻祥浩)
このCDについて(上妻祥浩)
作品データ
楽曲解説(上妻祥浩)
「畏友」と「恩人」、二人の航海(徳永洋明)
プレスシート
企画構成:上妻祥浩(映画研究・解説)
解説:コ永洋明(作曲家、新・3人の会)
プロデュース:西耕一(スリーシェルズ)
協力:日活
原盤:日活株式会社
(C)日活株式会社
日活全面協力!日本映画史に残る感動の名作のサウンドトラックCD 完成! 映画のために録音されたBGM48 曲時間にすると73 分を超える音楽を収録。 「分厚い解説書がついていて欲しい」というファンのリクエストにお応えしてA5 サイズ40 ページのブックレットと、音楽CD と いう新たな「SOUNDTRACK CD BOOK」形式の実験的な発売となります。 40 ページ BOOK の中身は、秘蔵のカラー、モノクロのスチル写真、音楽録音シートなど多数掲載! 映画評論家の上妻 祥浩による楽曲ごとの詳細な解説と、新・3 人の会の徳永洋明による、芥川也寸志と武満徹の音楽作法とその交友を踏まえ た作品分析など豊富な内容となっています。読み物としてだけでなく資料価値も極めて高いBOOK となりました。 音楽CD 部分は、芥川と武満が本作のために作曲・録音したオリジナル楽曲のOK テイクをはじめ、別テイクや本編未使用 曲も含めてすべて収録し、デジタルリマスタリングによるノイズ除去など音質を向上させて、究極の大全を完成しました。 壮大で美しいメインテーマをはじめ、主人公の不安な心情を表現した前衛音楽的な響きを持つ曲などバラエティに富んだ 楽曲が揃い、巨匠同士のタッグが生んだ珠玉のアルバムとなりました。 これまで本作の楽曲は、武満の作品集などに抜粋して収録されたことは何度かありましたが、今回ついに完全収録による 単独音盤化が、初めて実現しました。 感動の名作を盛り上げた素晴らしい音楽の数々が、その背景を詳細にまとめたCD&BOOK として甦ります! 芥川也寸志、武満徹、市川崑、石原裕次郎など夢の共演を記録した伝説の映画音楽の完全盤が登場!!

スリーシェルズ
3SCD-0062(1CD)
税込定価
渡辺宙明音楽選1
■CBC 歌謡
01.水たまりの歌/02.沈丁花が匂います/03.ひぐらしの笛/04.追分船頭さん/05.フランテンの唄
■歌のおもちゃ箱
06-30.『雨ぼうず』/31-54.『僕の日記3 初秋の空』/55-62.『仲良し劇場』BGM/63-70.水たまりの歌
※渡辺宙明所有マスターテープ音源を使用(03.04.05 はSP 盤より)
渡辺宙明(作曲、指揮)
CBC O
合唱:CBC ポッポ会、CBC合唱団、他
歌唱:石井千穂、泉ケイ子、伊東満、春日八郎、他
渡辺宙明インタビュー(聞き手:田野倉健之)
ラジオ歌謡や子供のためのラジオミュージカルなど最古の宙明作品をCD化! 現在放送中の『機界戦隊ゼンカイジャー』の音楽で絶好調の渡辺宙明先生。2021 年8 月19 日には96 歳を迎えます。作 曲家デビュー以来、数え切れないほどの作品を世に送り出してきました。この度、その御本人が保存していた録音からアー カイブするシリーズが開始されました。 今回は、作曲家デビューとなったCBC ラジオ音楽を中心に、SPレコードやオープンリールテープからのCD化です。60 年 以上前のラジオ歌謡やラジオミュージカルなど、美しいメロディと叙情的な音楽の宝庫です。 團伊玖磨門下の渡辺宙明、と安易につなげてはいけないが、しかし、やはりこのメロディ、このオーケストレーションは、日本 音楽界の正統派の血脈を感じること多し!今こそあらためて聴いて欲しい。 令和につながる渡辺宙明先生の原点を是非お聴きください。 ※マスターテープ、マスター音源について マスターテープの保存状態は 60 年以上の前のものとは思えないほど良質なものが多かったため、なるべくマスターの音質 のままのマスタリングを致しました。SP 盤については、盤が割れたものしか発見されなかった楽曲が2 曲あり、レーザーター ンテーブルで再生をした後、デジタル上で音飛びノイズを削っていく作業を行いました。経年劣化によるノイズはございま す。そして、すべてモノラル音源となりますが、作品のクオリティの高さはもちろん、1950 年代のラジオ放送の演奏レベルや 音質の良さは特筆されるべきでしょう。放送史、児童音楽史、ラジオ音楽など様々な意味でも貴重な資料となることでしょう。

MUSICA VIVA
MV-107(1CD)
ビーダーマイヤー様式の織りなすもの
ヴァイグル:歌劇「船乗りの恋、あるいは海賊」序曲
マティーカ:ノットゥルノ Op.21
ヴァイグル:歌劇「スイス人の一家」序曲
クフナー:セレナーデ Op.2
クラシコ・テルツェット・イタリアーノ

録音:2015年、モンフォルテ・ダルバ(ピエモンテ、イタリア)
ビーダーマイヤー様式が流行したウィーン会議の時代の音楽と当時の文化の結び付きを、18世紀後半〜19世紀前半の音楽で表現。
イタリアのピリオド・アンサンブルがトラヴェルソ、ヴァイオリン(またはヴィオラ)、そしてギターのトリオで奏でるヨーゼフ・ヴァイグル(1766−1846)、ヴェンツェスラウス・マティーカ(1773−1830)、ヨーゼフ・クフナー(1776−1856)作品からは、モーツァルトやシューベルトの響きが時折、顔をのぞかせます。
MUSICA VIVA
MV-101(1CD)
18世紀のウィーンにおけるフリーメイソンのための音楽
ケルビーニ:行進曲ヘ長調
サリエリ:小さなセレナード変ホ長調
モーツァルト:セレナード変ホ長調(グラン・パルティータからの編曲による管楽八重奏版)
サリエリ:夜の神殿のためのハルモニー
アッカデーミア・ムジカーレ・デラヌンチアータ、
セルジオ・デルマストロ(指)
18世紀のウィーンにおいて、秘密結社フリーメイソンの儀式で演奏されていたのではないかと推測される管楽アンサンブルのための作品を集めたユニークなコンセプトのプログラム。
サリエリやケルビーニの管楽アンサンブルの作品が並ぶ中、最も注目なのはモーツァルトの「セレナード」。ウィーン宮廷劇場の匿名の音楽家が1799年にペーター・フォン・ブラウン男爵に依頼して8つの管楽器での演奏のために「グラン・パルティータ」を編曲した作品であり、ウィーン国立音楽大学に保管されているオリジナル・スコアに基づいて演奏された世界初録音となります。
アッカデーミア・ムジカーレ・デラヌンチアータは2009年に結成されたイタリアの管楽アンサンブル。ミラノのジュゼッペ・ヴェルディ音楽院で教鞭を執るクラリネット奏者、セルジオ・デルマストロが指揮を担当しています。

MUSICAPHON
M-56901(1SACD)
戦後スイスのサウンド(リューベック・フィルハーモニー・ライヴ Vol.1)
ロルフ・リーバーマン(1910-1999):フリオーソ(1945)
R・シュトラウス:メタモルフォーゼン(23の独奏弦楽器のための習作)
オネゲル:交響曲第3番「典礼風」
ロマン・ブログリ=ザッヒャー(指)、
リューベックPO

録音:2007年3月
スイス出身の名指揮者ロマン・ブログリ=ザッヒャー(1966-)と、彼が音楽監督を務めたドイツの歴史あるオーケストラ、リューベック・フィル(1897年創設)による「リューベック・フィルハーモニック・ライヴ」シリーズ第1巻。一見、折り合いのつかない2つの言葉「戦後の音」と「スイス」をテーマとしたシリアスなプログラムで、スイスの作曲家リーバーマンとオネゲル、そして戦後スイスに移住したR.シュトラウスの、第二次世界大戦とかかわりの深い作品「メタモルフォーゼン」を取りあげています。3作品とも、リューベック・フィルの高い演奏技術、アンサンブル力が存分に生かされた名演です。
ブログリ=ザッヒャーは2001年からハンザ都市リューベックの音楽監督に就任し、2007年から2013年まで、リューベック歌劇場の音楽監督を7年間務めた実力派の指揮者です。(ブログリ=ザッヒャーの後は沼尻竜典が、2019/2020シーズンからはシュテファン・ヴラダーが就任)歌劇場の音楽監督時代に行った「ニーベルングの指環」上演&DVD製作のプロジェクトは各界より非常に高く評価され、2012年のドイツECHO賞を受賞しました。
MUSICAPHON
M-56902(1SACD)
おとぎ話と動物(リューベック・フィルハーモニー・ライヴ Vol.2)
サン=サーンス:動物の謝肉祭
ラヴェル:マ・メール・ロワ
ロマン・ブログリ=ザッヒャー(指)、
リューベックPO、
ビョルン・エングホルム(ナレーター)

録音:2007年10月
スイス出身の名指揮者ロマン・ブログリ=ザッヒャー(1966-)と、彼が音楽監督を務めたドイツの歴史あるオーケストラ、リューベック・フィル(1897年創設)による「リューベック・フィルハーモニック・ライヴ」シリーズ第2巻はメルヘンと動物をテーマに、サン=サーンスの「動物の謝肉祭」とラヴェルの「マ・メール・ロワ」をカップリング。ビョルン・エングホルムによるナレーションが収録されているのも特徴です。
ブログリ=ザッヒャーは2001年からハンザ都市リューベックの音楽監督に就任し、2007年から2013年まで、リューベック歌劇場の音楽監督を7年間務めた実力派の指揮者です。(ブログリ=ザッヒャーの後は沼尻竜典が、2019/2020シーズンからはシュテファン・ヴラダーが就任)歌劇場の音楽監督時代に行った「ニーベルングの指環」上演&DVD製作のプロジェクトは各界より非常に高く評価され、2012年のドイツECHO賞を受賞しました。
MUSICAPHON
M-56912(1SACD)
クラリネット、宇宙(リューベック・フィルハーモニー・ライヴ Vol.5)
ブラームス:クラリネット・ソナタ第1番へ短調 Op.120-1(L.ベリオによるクラリネットと管弦楽版)
ホルスト:組曲「惑星」 Op.32
ロマン・ブログリ=ザッヒャー(指)、
リューベックPO、
ライナー・ヴェーレ(Cl)

録音:2008年10月
スイス出身の名指揮者ロマン・ブログリ=ザッヒャー(1966-)と、彼が音楽監督を務めたドイツの歴史あるオーケストラ、リューベック・フィル(1897年創設)による「リューベック・フィルハーモニック・ライヴ」シリーズ第5巻!ルチアーノ・ベリオが編曲した管弦楽伴奏版のブラームスのクラリネット・ソナタ第1番に、ホルストの名曲をカップリングしたユニークな組み合わせで、伝統あるリューベック・フィルのオーケストラ・サウンドを存分に楽しめる1枚。ブラームスの交響曲ツィクルス(M56936,M56947,M56950,M56954)同様、過剰な派手さを避けた、丁寧かつスケールの大きな演奏が大変魅力的です。
ブログリ=ザッヒャーは2001年からハンザ都市リューベックの音楽監督に就任し、2007年から2013年まで、リューベック歌劇場の音楽監督を7年間務めた実力派の指揮者です。(ブログリ=ザッヒャーの後は沼尻竜典が、2019/2020シーズンからはシュテファン・ヴラダーが就任)歌劇場の音楽監督時代に行った「ニーベルングの指環」上演&DVD製作のプロジェクトは各界より非常に高く評価され、2012年のドイツECHO賞を受賞しました。

EUROARTS
20-65528(7DVD)
ズービン・メータ〜レトロスペクティブ
■DVD1
モーツァルト:ファゴット協奏曲変ロ長調K.191
バルトーク:管弦楽のための協奏曲
ドヴォルザーク:序曲『謝肉祭』op.92
ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調op.88
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第8番ト長調op.46-8
■DVD2
◎ヴァルトビューネ1997/ホワイト・ナイト
グリンカ:歌劇『ルスランとリュドミラ』序曲
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調op.23〜第1楽章
チャイコフスキー:バレエ『白鳥の湖』〜ワルツ(チャイコフスキー)
ショパン:小犬のワルツ
ムソルグスキー:歌劇『ホヴァーンシチナ』〜前奏曲『モスクワ川の夜明け』
ムソルグスキー:歌劇『ソロチンスクの定期市』〜陽気な若者たちのゴパーク
リムスキー=コルサコフ:くまんばちの飛行
リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲
プロコフィエフ:バレエ『ロミオとジュリエット』〜タイボルトの死
リンケ:ベルリンの風
■DVD3
ヴェルディ・ガラ
第1部
『ナブッコ』より『行け、我が想いよ』
『イェルサレム』より『神が私たちを引き離そうとしている』
『海賊』より『俺が捕虜になるとは』、『天と地から嫌われようと』
『リゴレット』より『女心の歌』、『いつだか君と出会ったのを』
『トロヴァトーレ』より『夜は静まりかえっている』、『母さん眠れないのかい?』
『椿姫』より『不思議だわ…ああ多分彼なのね』
『仮面舞踏会』より『立てお前の息子に…お前だったのだな』、『ああ!死を恥辱を』
第2部
『運命の力』より『神よ平安をください』
『ドン・カルロ』より『彼女は私を愛してはくれぬ』、『宿命的な授かり物!』
『アイーダ』より『勝ちて帰れ!』、『祖国を救った者よ』
『ファルスタッフ』より『世の中みな冗談』
■DVD4(95mm)
◎イスラエル・フィル創立75周年記念コンサート
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソOp.28
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番〜サラバンド
ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調Op.11
ショーソン:詩曲Op.25
ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調Op.93
■DVD5(125mm)
ヴェルディ:歌劇『ファルスタッフ』
■DVD6(88mm)
モーリス・ベジャール振付ベートーヴェン「第九交響曲」
音楽:ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン
■DVD7(130mm)
◎イスラエル・フィル退任記念演奏会
イスラエル国歌
リスト:ピアノ協奏曲第2番イ長調S.125
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲Op.72より第2番ホ短調ドゥムカ
マーラー:交響曲第2番「復活」
※ズービン・メータのインタビュー(字幕:独、英)
全て、ズービン・メータ(指)

■DVD1(110mm)
ロサンジェルスPO
収録:1977年1月10−13日ロサンジェルス、ドロシー・チャンドラー・パヴィリオン、ミュージック・センター(ライヴ)
■DVD2(96mm)
ダニエル・バレンボイム(P)
ベルリンPO
■DVD3(182mm)
マルセロ・アルバレス、ホセ・カレーラス、ホセ・クーラ、ダニエラ・デッシー、マリエッラ・デヴィーア、ルチアーナ・ディンティーノ、プラシド・ドミンゴ、ジャンルカ・フロリス、バルバラ・フリットリ、コンスタンティン・ゴーニー、エリザベート・マトス、レオ・ヌッチ、ルッジェーロ・ライモンディ、ロッサーナ・リナルディ、チンツィア・リッツォーネ、グローリア・スカルキ、リッカルド・ザネッラート
ヴェルディ音楽祭cho
フィレンツェ5月祭O
ズービン・メータ(指)
収録:2001年5月11日、パルマ、テアトロ・パディリョーネ・パラカッサ(ライヴ)
■DVD4(95mm)
ジュリアン・ラクリン(Vn)
エフゲニー・キーシン(P)
ヴァディム・レーピン(Vn)
イスラエルPO
収録:2011年12月24日、テル・アヴィヴ(ライヴ)
■DVD5(125mm)
アンブロージョ・マエストリ(Brファルスタッフ)
フィオレンツァ・チェドリンス(Sアリーチェ)
マッシモ・カヴァレッティ(Brフォード)
エレオノーラ・ブラット(Sナンネッタ)
エリーザベト・クルマン(Msクイックリー夫人)
シュテファニー・ホウッツェール(Msメグ)
ハヴィエル・カマレナ(Tフェントン)
ルカ・カザリン(T医師カイウス)
ジャンルカ・ソレンティーノ(Tバルドルフォ)
ダヴィデ・フェルシーニ(Brピストーラ)
ウィーン・フィルハーモニア合唱団(Philharmonia Chor Wien)
ウィーンPO
演出:ダミアーノ・ミキエレット
装置:パオロ・ファンティン
衣装:カルラ・テーティ
照明:アレッサンドロ・カルレッティ
収録:2013年8月ザルツブルク、モーツァルトのための劇場(ライヴ)
字幕:伊英独仏西中韓,日本語
■DVD6(88mm)
振付:モーリス・ベジャール
イスラエルPO
芸術監督:ジル・ロマン
出演:東京バレエ団、モーリス・ベジャール・バレエ団
クリスティン・ルイス(S)
藤村実穂子(Ms)
ペーター・スヴェンソン(T)
アレクサンダー・ヴィノグラードフ(Bs)
栗友会(合唱)
栗山文昭(合唱指揮)
ピョートル・ナルデリ(振付指導)
収録:2014年11月8&9日NHKホール、東京、ライヴ
■DVD7(130mm)
イスラエルPO
イェフィム・ブロンフマン(P)
チェン・レイス(S)オッカ・フォン・デア・ダムラウ(Ms)
収録:2019年10月、テル・アヴィヴ(ライヴ)

画面:NTSC 、16:9 & 4:3
音声:PCM Stereo、Dolby Digital 5.1、dts 5.1
リージョン:All
2021年4月29日に85歳を迎えたズービン・メータ。当日は無観客でしたが85歳を祝うコンサートがベルリン国立歌劇場で行われたりと、年齢を重ねても なお情熱的に指揮活動を行っています。 今回リリースされる7枚組のDVDセットには、そうしたメータの歴史が詰まっています。DVD1は、ロス・フィルとの共演。異例の若さでロス・フィルの音楽監督 (1962-1978)に抜擢されたズービン・メータ。Deccaと専属契約したかれはダイナミックな指揮ぶりで手兵とともに、ストラヴィンスキーやホルストなどいま も誉れ高いアルバムをつぎつぎと発表し、一躍その名を世界に轟かせることになります。このライヴ映像では、スタジオ盤でも知られるバルトーク、ドヴォ8を筆頭 に、その白熱ぶり、切れ味とも最高のパフォーマンスをみせてくれます。この頃のメータの音楽運びは迷いのない思い切りのよさがなによりの魅力で、痛快でさえ あります。ロス・フィルとともにスターダムに駆け上がり、その黄金時代を築いたメータがもっとも輝いていた時期のかけがえのない記録といえるでしょう。 DVD2には、1977年にベルリン・フィルの夏の風物詩、ヴァルトビューネの野外コンサート映像。1997年のテーマはロシアの古都サンクト・ペテルブルク。メー タとバレンボイムの息の合ったチャイコフスキーの協奏曲をはじめ、ロシアの名曲を堪能できます。 ヴェルディ没後100周年記念ガラ・コンサートの模様を収録したDVD3。ドミンゴ、カレーラス、テッシーら617名のスター歌手たちが勢揃いした奇跡の超豪華ガ ラ・コンサートです。 DVD4は、イスラエル・フィル創立75周年記念コンサート。ヴァイオリニストのフーベルマンの呼びかけで、ヨーロッパのユダヤ系音楽家たちがパレスチナに建設し たオーケストラがトスカニーニの指揮で初披露されたのが1936年12月26日。それが今日のイスラエル・フィルとなり、2011年に創立75周年を迎えました。 それを祝い2011年12月に行われたコンサートをライヴ収録。 DVD5には、2013年、ヴェルディ・イヤーのザルツブルク音楽祭での『ファルスタッフ』。辛口新聞評でも大絶賛されたミキエレットの舞台。 DVD6は、東京バレエ団&モーリス・ベジャール・バレエ団が共演した「第九交響曲」。1964年東京バレエ団が創立された年に初演されたモーリス・ベジャール 振付によるベートーヴェン「第九交響曲」。東京バレエ団創立50周年にモーリス・ベジャール・バレエ団との共同制作により東京、NHKホールで2014年に上演 された際の映像がDVDとブルーレイで発売されます。ダンサー、オーケストラ、独唱歌手、合唱団の総勢350人が繰り広げる大スペクタクルの舞台が高画質で楽 しむことができます。 最後に、2019年10月に行われた長らく音楽監督を務めたイスラエル・フィルの退任コンサートの模様は映像初収録です。またボーナス・インタビューには、これ までの音楽人生を振り返ったメータのインタビューが収録されています。 (Ki)

H.M.F
HMX-2905342(2CD)
ロト&レ・シエクルのバレエ・リュス
[CD1]ストラヴィンスキー:(1)バレエ音楽「春の祭典」 (1913年初版) 
(2)バレエ音楽「ペトルーシュカ」 (1911年初版)
[CD2](1)グラズノフ:バレエ音楽「ライモンダ」第2幕よりサラセン人の入場/東洋の踊り
(2)同:バレエ音楽「四季」より秋のバッカナール
(3)シンディング(チャーリー・パイパー編):東洋舞曲Op.32の5 
(4)アレンスキー:バレエ音楽「エジプトの夜」よりエジプト女の踊り/蛇のシャルムーズ/ガジーの踊り
(5)グリーグ(ブルーノ・マントヴァーニ編):小妖精Op.71の3(抒情小曲集より)
(6)ストラヴィンスキー:バレエ音楽「火の鳥」(1910年版全曲)
フランソワ=グザヴィエ・ロト(指)
レ・シエクル

録音:[CD1]2013年5月14日メス・アルセナル、5月16日グルノーブルMC2、9月29日フランクフルト旧オペラ座(1)、
2013年5月14日メス・アルセナル、5月16日グルノーブルMC2(2)(すべてライヴ)

[CD2]2010年10月2日シテ・ド・ラ・ミュジーク(パリ)、10月9日/ラン大聖堂(ともにライヴ)
CDリリースのたびに世界中に大きな音楽的ショックを与え続けているロト&レ・シエクル。2014年度レコード・アカデミー大賞を受賞した衝撃の名盤「春 の祭典」&「ペトルーシュカ」[ASM-015およびKKC-5401、いずれも廃盤]、そして「火の鳥」が入ったアルバム[ASM-06およびKKC-5195、いずれも廃盤]が、 このたびharmoniamundiレーベルからあらたな装いで2枚組として再登場します!
「春の祭典」は1913年5月29日、モントゥーの指揮によりシャンゼリゼ劇場で初演され、音楽史上最大のスキャンダルとなりました。今日では人気曲とし て、またオーケストラの性能を披露できる好個の楽曲として頻繁に演奏されますが、複雑な変拍子、無理な楽器法など、古楽器あるいは古楽指揮者には不可能 な作品とされてきました。ここでは、まず冒頭のファゴット(1900年ビュッフェ・クランポン製バソン)の音から未知のもので衝撃度満点。また小型のフレンチ・ チューバ、小トロンボーンも新鮮で、ピストン・ホルン8本の響きも独特。ロシア的な重量感あふれる音で奏されるのが常ですが、この明るいフランス的音色こ そまさに初演時の音。目から鱗が落ちる衝撃度です。 
また「春の祭典」初演時1913年版楽譜は自筆のままでパウル・ザッハー財団が所蔵していますが、ロトはこれと1922年ロシア音楽出版社初版のスコア、モ ントゥー所蔵の1920年代初頭の楽譜を検討、音の間違いとストラヴィンスキーが改訂した箇所をはっきりさせ、1913年5月29日初演時の音の再現を試みま し た 。
「ペトルーシュカ」も初演時1911年版。四管の大編成で、協奏曲風に活躍するはずのピアノがあまり目立ちません。ここでは日本人ジャン=ヒサノリ・スギタ ニが1892年製エラールのピアノで美しい響きを醸し出しています。通常のSOがこの版をとりあげると、もっさりと重くなりますが、ロト&レ・シエクルは 大編成なことを意識させない透明さ。ことにグロッケンシュピールやチェレスタのキラキラした響きが効果的で、ロシア・バレエならではの夢のあふれる世界を 創り出しています。 
「火の鳥」全曲でも、この作品が百年前の1910年6月、ピエルネの指揮によりパリ・オペラ座で初演された際の響きを再現しています。ピッチこそさほど違 和感はありませんが、弦楽器はガット弦、金管は細管、木管やハープはいずれもフランス製で、パリ音楽院直伝の奏法を遵守しているため、聴感上の印象はか なり違います。ヴィブラートも少なめで、パステル画のような色彩がいかにもフランス風。4管の大編成ながらすっきりしていて、金管の響きが独特。原色的で 厚い音というストラヴィンスキーのイメージが一新され新鮮の極み。グラズノフのサウンドも向い (Ki)

Resonus
RES-10279(1CD)
NX-B05
プレスティン音楽祭の新作曲集
「愛らしいジョアン」の変奏曲
トーマス・ハイド(1978-):前奏曲 - 主題 - 主題のエラボラータ
デイヴィッド・マシューズ(1943-):変奏曲 I:Molto vivace
エイドリアン・ウィリアムズ(1956-):変奏曲 II:Adagio molto
マイケル・バークリー:(1948-):変奏曲 III:Frolic for Lovely Joan
クリストファー・ガニング(1944-):変奏曲 IV:Andante
ヒュー・ワトキンズ(1976-):変奏曲 V:Allegretto
サリー・バーミッシュ(1956-):変奏曲 VI:Adagio、very still
マシュー・テイラー(1964-):変奏曲 VII:フィナーレ Prestissimo
マーティン・バトラー(1960-):協奏曲- ソプラノ・サクソフォンと弦楽合奏のために

ヒュー・ウッド(1932-):「Beginnings 始まり」 3つの初期の歌 Op. 54- メゾ・ソプラノと弦楽オーケストラのために
ジョー・ダドゥル(1972-):Mnemonic ニモニック- フルート、ハープと弦楽オーケストラのために
ウッド:ディヴェルティメント Op. 51
エイミー・ディクソン(Sax)
レベッカ・アフォニー=ジョーンズ(Ms)
キャサリン・ベイカー(Fl)
スージー・ウィルソン=カヴァレク(Hp)
プレスティン祝祭O
ジョージ・ヴァス(指)

録音:2020年8月19-21日
世界初録音
1982年からウェールズのラドノーシャーで行われている"プレスティン音楽祭"。地元の作曲家エイドリアン・ウィリアムズを含む音楽愛好家たちによって 始められた40年近い歴史を持つ音楽祭は、現代音楽のプロモーションを目的にしており、作曲家とともに若いアーティストをサポート。設立当初から 多彩なコンサートを開催することで、ウェールズの夏の風物詩の一つとして知られています。初期には英国の作曲家の作品を紹介していましたが、 1993年より指揮者ジョージ・ヴァスが芸術監督に就任、翌年からアーティスト・イン・レジデンス制度を設けることでレパートリーを広げ、2006年には 初めてペトリス・ヴァスクスの作品を演奏しています。2020年の音楽祭は中止になってしまいましたが、サポーターたちの支援で初の「デジタル音楽祭」 が実現。民謡「愛らしいジョアン」を主題にした8人の作曲家による変奏曲など、その模様がこのアルバムに収められています。2020年11月に延期さ れたリアル音楽祭も中止の憂き目を見ることになってしまいましたが、2021年には万全の対策を施し、夏の音楽祭を計画中とのことです。

Opus Arte
OA-1233BD(3DVD)
NX-D09

OABD-7224BD
(3Bluray)
NX-E04
ロベルト・ボッレの芸術

【Disc1】
『シルヴィア』全3幕


【Disc2】
『ノートルダム・ド・パリ』


【Disc3】
エトワール・ガラ ミラノ・スカラ座2015
【Disc1】シルヴィア…ダーシー・バッセル
アミンタ…ロベルト・ボッレ
オリオン…ティアゴ・ソアレス
エロス…マーティン・ハーヴェイ
ディアナ…マラ・ガレアッツィ
振付:フレデリック・アシュトン
音楽:レオ・ドリーブ
他、英国ロイヤル・バレエ団
演奏:コヴェント・ガーデン王立歌劇場O
指揮:グラハム・ボンド
収録:2005年12月 コヴェントガーデン王立歌劇場
特典映像…ダーシー・バッセルによる解説と舞台裏
※日本語字幕はありません

【Disc2】エスメラルダ…ナタリヤ・オシポワ
カジモド…ロベルト・ボッレ
フェビュス…エリス・ネーザ
フロロ…ミック・ゼーニ
振付・台本:ローラン・プティ(振付、台本)
音楽:モーリス・ジャール
ミラノ・スカラ座バレエ
演奏:ミラノ・スカラ座O
指揮:ポール・コネリー
収録:2013年3月ミラノ・スカラ座(ライヴ)
特典映像…カーテンの後ろから:メイキング映像 他
※日本語字幕はありません

【Disc3】
〈女性ダンサー〉
ルシア・ラカッラ (バイエルン国立バレエ)
メリッサ・ハミルトン (英国ロイヤル・バレエ)
マリア・アイヒヴァルト (シュトゥトガルト・バレエ)
アリーナ・ソーモワ (マリインスキー・バレエ)
ポリーナ・セミオノワ (アメリカン・バレエ・シアター)
スヴェトラーナ・ザハーロワ (スカラ座バレエ)
ニコレッタ・マンニ (スカラ座バレエ)
マリア・ヴィノグラードワ (ボルショイ・バレエ)
〈男性ダンサー〉
マーロン・ディノ(バイエルン国立バレエ)
クラウディオ・コヴィエッロ (スカラ座バレエ)
ミック・ツェーニ (スカラ座バレエ)
レオニード・サラファーノフ (ミハイロフスキー劇場バレエ)
ロベルト・ボッレ (スカラ座バレエ)
イワン・ワシーリエフ (ミハイロフスキー劇場バレエ)
マッシモ・ムッル (スカラ座バレエ)
収録:2015年10月 ミラノ・スカラ座
幼い頃からダンスへの興味を示し、地元ピエモンテでバレエを学んだロベルト・ボッレは12歳でミラノ・スカラ座バレエ学校へ入学。スカラ座を訪れたルド ルフ・ヌレエフが15歳のボッレの才能を見いだし、「ヴェニスに死す」の美少年タジオ役に抜擢し話題になりました。1994年にスカラ座バレエ団に入団、 1995年「ロミオとジュリエット」のロミオ役を演じ、翌年1996年にプリンシパル・ダンサーに昇格。1997年、イングリッシュ・ナショナル・バレエ「白鳥の 湖」への出演で英国デビューを飾り、1999年には英国ロイヤル・バレエの「くるみ割り人形」の王子を踊ります。その後、マリインスキー劇場、ボリショイ 劇場、メトロポリタン歌劇場、アメリカン・バレエ・シアターなど世界中の名だたるステージに出演。クラシックからコンテンポラリーまで幅広いレパートリーを 持つ世界的ダンサーとして幅広く活躍しています。1997年初来日。その後、しばしば日本を訪れ、その鍛え抜かれた肉体から生まれるダイナミックか つ精巧な踊りで観衆を魅了しています。

ALPHA
(ALPHA COLLECTION)
ALPHA-618(1CD)
NX-A11
モーツァルト:コンチェルトーネ ほか
(1)2セレナード 第6番ニ長調 「セレナータ・ノットゥルナ」 K. 239
(2)カッサシオン 第1番ト長調 K. 63
(3)コンチェルトーネ ハ長調 K. 190
アンサンブル415(古楽器使用)
(1)キアラ・バンキーニ、ダヴィド・プランティエ(Vn)、パトリシア・ガニョン(Va)、ミカエル・シャニュ(Cb)、マティアス・ヴュルシュ(ティンパニ) ほか
(2)キアラ・バンキーニ(Vn) ほか
(3)キアラ・バンキーニ、アマンディーヌ・ベイエ(Vn)、ジル・ヴァンソン(Ob)、ガエターノ・ナジッロ(Vc) ほか

録音:2005年7月24-28日 フォルクスハウス、バーゼル、スイス
※旧品番:ZZT060301
選曲の面白さもさることながら、ソリスト陣にその後ソロで注目されるようになった名手が多く揃っており、聴きどころに満ちた充実の演奏内容に なっている名盤。モーツァルトがまだザルツブルクにいた頃、音楽好きの大司教のために作曲した大掛かりな合奏音楽を集めたプログラムで、 中でも10代の作であるカッサシオンは録音が少ない作品。コントラバスの独奏もありティンパニが独特な活躍をみせるセレナータ・ノットゥルナで の大きな抑揚感のある演奏もさることながら、長大な展開をまったく飽きさせずに聴かせてしまうコンチェルトーネの充実度も圧巻です。リ・イン コーニティのベイエ(ALPHA610)、レ・プレジール・デュ・パルナスのプランティエ(ALPHA621)ら今回のAlpha Collectionシリーズで後年の 活躍が見られる俊才たちもソロ参加。プレス切れが長く続いていただけに待望の新装再リリースと言えるでしょう。

Forgotten Records
fr-1697(1CDR)
モーツァルト:セレナーデ第10番「グラン・パルティータ」*
交響曲第38番「プラハ」#
エルネスト・アンセルメ(指)
スイス・ロマンドO

録音:1955年5月* 、1947年7月4日#
※音源:Decca LXT 5121*、LXT 2614#
Forgotten Records
fr-1710(1CDR)
フローラン・シュミット:叙情的情景「セミラミス」 Op.14*
バレエ音楽「オリアーヌと愛の王子」 組曲#
デーヴァダーシーの踊りOp.47 +
ジュヌヴィエーヴ・モワザン(S)*
ルイ・リアラン(T)*
ルイ・ノゲラ(Br)*
アンリ・トマジ(指)フランス国営放送ラジオ・リリークO*
フランソワーズ・オジュア(S)+
ジャン・マルティノン(指)#
デジレ・エミール・アンゲルブレシュト(指)+
フランス国立放送O#,+
フランス国立放送cho+

録音:1954年5月14日*、1953年8月13日#、1956年5月3日+、全て放送音源


Altus
ALT-483(3CD)
メシアン:管弦楽作品集〜サントリーホール10周年記念公演
ブルックナー・チクルス1996〜98 「2つの世紀のカトリック」より

[CD1] チクルス第1期
(1)忘れられた捧げもの(1930)
(2)教会のステンドグラスと小鳥たち(1986)
(3)かの高みの都市(1987)〈日本初演〉
[CD2] チクルス第2期
(4)われら死者のよみがえりを待ち望む(1964)
(5)聖体秘蹟への賛歌(1932)〈日本初演〉
(6)キリストの昇天(1932-33)
[CD3] チクルス第3期
(7)天国の色彩(1963)
(8)神の顕現の三つの小典礼(1945)
(9)輝ける墓(1931)
木村かをり((2)(3)(7)(8)P)
原田 節((8)オンド・マルトノ)
東京混声cho((8)女声合唱)
大谷研二((8)合唱指揮)
若杉 弘(指)NHKSO

[CD1]
(1)録音:1996年1月29日
(2)〈日本初演〉録音:1996年2月26日
(3)〈日本初演〉録音:1996年3月31日
[CD2] 録音:1997年1月13日
(5)〈日本初演〉録音:1997年2月24日
(6)録音:1997年3月18日
[CD3]
(7)録音:1998年1月27日
(8)録音:1998年2月28日
(9)録音:1998年3月13日

すべてサントリーホールでのライヴ録音
1996年から98年にかけて3期9公演に渡り行われた若杉弘指揮・NHKSOによるブルックナー・チクルス「2つの世紀のカトリック」は、各回ブルッ クナーの交響曲1曲とメシアンの作品を組み合わせた意欲的なプログラムで構成されていました。この時のブルックナーの録音は2020年にALTUSからめで たく全集として発売され(ALT-431/440)、大ベストセラーを記録しています。
そして今回ついに待望のメシアンがリリース!9曲すべてを公演順に3枚のCDに収録。ブルックナーと併せたプログラムでありながら30分超えの楽曲もあ り編成も多様で、この演奏会が日本初演となったものもあります。改めて聴きこむと、1曲1曲とても丁寧に演奏を作り上げていたことに驚かされ、また心から 感動させられます。これほどの規模と完成度で残された一貫した解釈によるライヴ録音はメシアン演奏史に刻まれて然るべき不朽の価値を誇っていると言って 良いでしょう。2022年メシアン没後30年に先駆けてお送りする大注目盤です!
ブックレットには当時のプログラムに掲載された笠羽映子氏による楽曲解説を掲載。相当な文量で詳細に書かれており、日本語で読める資料としてもたいへ ん貴重なもの。若杉の清冽な演奏を聴きながら読めば、メシアンの複雑な作曲技法が鮮やかに解きほぐされていくよう。女声合唱を伴う『神の顕現の三つの小 典礼』の歌詞対訳もついています。 (Ki)


Spectrum Sound
CDSMBA-079(1CD)
ブーレーズの春の祭典
(1)ストラヴィンスキー:「春の祭典」
(2)マーラー:「アダージョ」〜交響曲第10番より
【ボーナストラック】
(3)R.シュトラウス:「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
(1)フランス国立O、
(2)パリO+パリ国立高等音楽院O、
(3)BPO
(1)(2)ピエール・ブーレーズ(指)、
(3)ヘルベルト・フォン・カラヤン(指)

ライヴ録音:(1)1989年7月2日/ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院(ミラノ音楽院)
(2)1995年1月13日/シテ・ド・ラ・ミュジーク(パリ)
(3)1979年6月23日/ラジオ・フランス会館104スタジオ(パリ)
音源:(1)(2)フランス国立視聴覚研究所音源提供、(3)ラジオ・フランス提供
(24bit/192KHz digital restoration and remastering from the original master tapes)
これはすごい!ブーレーズが1989年にフランス国立管を振った「春の祭典」が登場!日本語解説書を執筆した平林直哉氏によれば「個々のパートが実にくっ きりと冴えており、全体の音も濃密である」とのことで、ステレオで聴く気迫の演奏は大きな期待を寄せられます。また1995年、パリ管とパリ国立高等音楽院 Oの合同オーケストラを振ったマーラーのアダージョは絶美の一言。この世のものとは思えないほど神々しい美しさで聴かせるブーレーズのタクトには 脱帽です。
当アルバムのボーナストラックには1979年6月23日、カラヤンがベルリン・フィルを振った「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」を収録。当演 奏はラジオ・フランスにおけるラジオ放送用に演奏されたもので、同日カラヤンが演奏したのはこの作品のみで、そのほかは団員の室内楽などを演奏したとの こと(詳細は平林直哉氏の解説に記載)。カラヤン時代のベルリン・フィルの響きを存分にお楽しみいただけます。 (Ki)

Chandos
CHSA-5217(1SACD)
シベリウス:組曲 「ぺレアスとメリザンド」
ソプラノと管弦楽のための交響詩 「ルオンノタル」 嬰ヘ短調 Op.70*
大管弦楽のための交響詩 「タピオラ」 ロ短調 Op.112
劇付随音楽 「ペレアスとメリザンド」 Op.46 からの組曲*
トライアングルとティンパニを伴う弦楽オーケストラのための 「恋人」 Op.14
交響詩 「春の歌」 Op.16
エドワード・ガードナー(指)、
ベルゲンPO、
リーセ・ダーヴィドセン(S)*

録音:2018年5月7日−9日&2021年2月16日−19日、グリーグホール(ベルゲン、ノルウェー)
2015年にノルウェーの名門オーケストラ、ベルゲンPOの首席指揮者に就任し、絶賛されたエディンバラ国際音楽祭や7度の国際ツアー、数々のレコーディングを通じてベルゲン・フィルの魅力を世界に伝えてきた次代を担うマエストロ、エドワード・ガードナー。2021年9月からはユロフスキの後任としてロンドン・フィルの首席指揮者に就任することが発表されましたが、ベルゲン・フィルとの契約も2年間延長し、2023年まで首席指揮者のポストを継続しています。録音でも、ベルリオーズやシェーンベルクなど、とりわけ合唱を伴う大編成作品で高い評価を得てきたガードナーとベルゲン・フィルの充実コンビによる新たなレコーディングは、シベリウス! 「ペレアスとメリザンド」の組曲を中心に、フィンランドの抒情あふれる各種交響詩(トーン・ポエム)を収録したシベリウス・アルバムです。
フォーレやドビュッシー、シェーンベルクなど多くの作曲家も取り上げてきたメーテルリンクの名作戯曲「ペレアスとメリザンド」。シベリウスの「ペレアスとメリザンド」はベルテル・グリペンベリによるスウェーデン語版で、1905年にヘルシンキで初演されたもの。「ルオンノタル」と「ペレアスとメリザンド」では、グリーグの「ペール・ギュント」(CHSA5190)でもガードナー&ベルゲン・フィルと共演したノルウェーのソプラノ、リーセ・ダーヴィドセンがソロを歌います。
リーセ・ダーヴィドセンは、2015年にプラシド・ドミンゴが主宰する若手歌手のための権威あるオペラ・コンクール「オペラリア(Operalia)」と、ノルウェーのソニア王妃国際音楽コンクールで優勝し、2018年グラモフォン賞の「ヤング・アーティスト・オヴ・ザ・イヤー」を受賞。Deccaから2つのソロ・アルバムをリリースし、グラモフォン誌の2021年4月号では表紙を飾った、今もっとも注目を浴びる歌手の一人です。

Da Vinci Classics
C-00390(1CD)
チャイコフスキー:オーケストラのための「子供のアルバム」Op.39(オーケストレーション:ヤコポ・リヴァーニ/室内オーケストラ版世界初録音)
弦楽セレナード ハ長調 Op.48
オルケストラ・アルカンジェロ・コレッリ、
ヤコポ・リヴァーニ(指)

録音:2020年7月、フジニャーノ(イタリア)
結婚の失敗により精神的ダメージを受けてモスクワ川で入水自殺未遂を起こしたチャイコフスキーが、作曲に専念するためにモスクワ音楽院の講師職を辞し、フィレンツェやパリ、ナポリなどのヨーロッパ各地に滞在していた時代に書かれた「子供のアルバム」と「弦楽セレナード」をカップリング。
ここではシューマンの「子供のためのアルバム」から影響を受けたとされるチャイコフスキーが1878年に作曲し、甥であるウラディーミル・ダヴィドフに捧げた24曲からなるピアノ曲集「子供のアルバム」の世界初録音となる室内オーケストラ・ヴァージョンを収録!
イタリア、ラヴェンナ出身の指揮者であるヤコポ・リヴァーニは、「子供のアルバム」のピアノ版が持つ旋律の美しさ、シンプルなスタイルをより際立たせることを目指してオーケストレーションを施しており、オリジナル作品である「弦楽セレナード」との対比による相乗効果を狙っています。
室内オーケストラ版の「子供のアルバム」は世界初録音。巨匠コレッリの名前を冠する室内オーケストラとの組み合わせもユニークです。

MUSICAPHON
M-52901(1CD)
(旧)社会主義国の(元)国歌集
ポーランド人民共和国/ソビエト社会主義共和国連邦/ドイツ民主共和国/チェコスロバキア社会主義共和国/ブルガリア人民共和国/ハンガリー社会主義共和国/ルーマニア社会主義共和国/ベトナム民主共和国/ユーゴスラビア社会主義連邦共和国/朝鮮民主主義人民共和国/キューバ共和国/モンゴル人民共和国/アルバニア人民共和国/中華人民共和国/インターナショナル
アルノルト・レズレル(指)、
ポーランド人民軍O

録音年不詳(STEREO)/収録時間:約20分
ビドゴシュチのポーランドRSOなどを率いた指揮者アルノルト・レズレル(1909-2000)とポーランド人民軍Oによる、オーケストラ版「世界の国歌集」。それも、社会主義・共産主義国家時代の国歌ばかりを集めたという超濃厚企画アルバム。東欧の旧ソ連圏だけでなく、中国や北朝鮮、モンゴル、ベトナムなどのアジア圏や、中米のキューバまで、社会主義や共産主義を標榜した全14ヵ国の国歌が、ポーランド人民軍オーケストラのド派手な行進曲風アレンジで楽しめます。最後は世界で親しまれている革命歌「インターナショナル」で締めるというのもツボを抑えているでしょう。共産趣味者要チェック!
MUSICAPHON
M-56951(1CD)
チャイコフスキー:シェイクスピアによる幻想序曲集
「テンペスト」 Op.18、
幻想序曲「ロメオとジュリエット」、
幻想序曲「ハムレット」 Op.67
ピエール=ドミニク・ポネル(指)
ベラルーシ国立ミンスクPO

録音:1993年7月、ミンスク(ベラルーシ)
チャイコフスキーが敬愛してやまなかったシェイクスピアの作品を 題材にした幻想序曲集。「ロメオとジュリエット」(1869)、「テン ペスト」(1873)、そして「ハムレット」(1888)の順で作曲され、 どの作品もチャイコフスキーならではの美しい旋律に溢れています。 ミュンヘン出身でカラヤンに師事した、ピエール=ドミニク・ポネル はその美
MUSICAPHON
M-56909(1SACD)
詩的作品集(リューベック・フィルハーモニー・ライヴ Vol.4)
R.シュトラウス:ドン・ファン Op.20、
 ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら
ストラヴィンスキー:春の祭典
ロマン・ブログリ=ザッヒャー(指)、
リューベックPO

録音:2007年7月8日-9日、2008年6月8日-9日、リューベック(ドイツ)
ブログリ=ザッヒャーは2001年からハンザ都市リューベックの音楽監督に就任し、2007年から2013年まで、リューベック歌劇場の音楽監督を7年間務めた実力派の指揮者です。(ブログリ=ザッヒャーの後は沼尻竜典が、2019/2020シーズンからはシュテファン・ヴラダーが就任)歌劇場の音楽監督時代に行った「ニーベルングの指環」上演&DVD製作のプロジェクトは各界より非常に高く評価され、2012年のドイツECHO賞を受賞しました。「春の祭典」では手兵リューベック・フィルを見事に統率し、細部まで行き届いた非常に丁寧な演奏になっています。

PROSPERO CLASSICAL
PROSP-0012(2CD)
スポットライト・オン・ジョン・ウィリアムズ
[CD1]
『11人のカウボーイ』序曲
『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』エンドロール
『ジュラシック・パーク』メインテーマ
『フック』The Flight to Neverland
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』The Chamber of Secrets
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』Fawkes the Phoenix
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』Witches, Wands and Wizards
『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』The Duel
『スーパーマン』Superman March
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』管弦楽組曲
(March of the Resistance / Rey's Theme / Scherzo for X-Wings / The Jedi Steps and Finale)
[CD2]
『JFK』テーマ
『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』Escapades(Closing In / Reflections / Joy Ride)〜アルトサックスと管弦楽のための
『7月4日に生まれて』メインテーマ
『ターミナル』Viktor’s Tale 〜クラリネット独奏と管弦楽のために
『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』オープニングクレジット
『ハリー・ポッターと賢者の石』Nimbus 2000
ポール・メイエ(Cl)他
ケヴィン・グリフィス(指)
シティライトSO

録音:2020年9月22-30日
映画音楽の王様と言っても過言ではないジョン・ウィリアムズ。アカデミー賞やグラミー賞を多数受賞しているこの巨匠を讃えるべくリリースされる2枚組アル バムです。『ジュラシック・パーク』『ハリー・ポッター』『スター・ウォーズ』など誰もが知っている人気作品のテーマが映画音楽を専門とするシティライト交響楽 団によって演奏されており、CD2ではクラリネット奏者のポール・メイエやトランペット奏者のラインホルト・フリードリヒなどの名手もソロで参加しています。 (Ki)

BIS
BIS-2113(1CD)
イェ・シャオガン(1955-):作品集
(1)「悲しみと喜びの歌」 Op.67〜バス・バリトンとオーケストラのための(2012)
(2)「12月の菊の花」 Op.52b〜フルートとオーケストラのための(2006)
(3)「冬」 Op.28〜オーケストラのための(1988)
(4)「西涼の輝き」Op.16〜ヴァイオリンとオーケストラのための(1983)
(5)「星空」Op.56〜ピアノ、児童合唱、女声合唱とオーケストラのための協奏曲版(2008)
(1)シェンヤン【瀋陽】(Bs-Br)、
(2)シャロン・ベザリー(フルート/Muramatsu 24k All Gold Model)、
(4)ウェン・ウェイ【劉薇】(Vn/ジュゼッペ・ロッカ、1843年製作)、
(5)小川典子(P/スタインウェイD)、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナルO合唱団
ロイヤル・スコティッシュ・ナショナルO
(1)(4)ギルバート・ヴァルガ(指)、(2)(3)(5)ホセ・セレブリエール(指)

録音:(1)(4)2018年8月、(2)(3)(5)2016年8月/RSNOセンター(グラスゴー、イギリス)
1955年生まれの中国を代表する作曲家イェ・シャオガン【葉小鋼】。中央音楽院で学んだのち、1987年からはニューヨークに留学し研鑽を積みました。その シャオガンの名が世界に知られることとなったのは2008年の北京オリンピック開会式に使用されたピアノ協奏曲「Starring Sky(星空)」で、ラン・ランが演奏 したことにより話題となりました。この度世界的ピアニスト小川典子が演奏!「人生の幻想と情熱」をテーマに書かれたこの作品には生命力あふれる旋律が印象的。 小川典子の圧倒的な表現力で聴かせます!
「Winter(冬)」はシャオガンがニューヨーク留学中1988年の作品。どこか暗くて憂鬱な気分を表現したこの作品は1991年にイーストマン音楽学校でハワー ド・ハンソン賞を、翌1992年には国立台湾SOの第1回交響曲作曲コンクールで金賞を受賞しているシャオガン出世作です。
このほか「悲しみと喜びの歌」(シェンヤン独唱)、「12月の菊の花」(シャロン・ベザリー独奏)、「西涼の輝き」(ウェン・ウェイ独奏)と豪華ソリスト陣を迎え たシャオガンの作品を堪能することできます。 (Ki)

ONDINE
ODE-938(1CD)
NX-A11
ロシアのアダージョ集
ハチャトゥリアン:バレエ音楽『スパルタクス』 - 第2幕 クラッススとイギーナのアダージョ
フレンニコフ(1913-2007):バレエ音楽『軽騎兵のバラード』 Op. 25 - アダージョ
プロコフィエフ:バレエ音楽『シンデレラ』 Op. 87 - 第3幕 シンデレラを思い出す王子のアダージョ
リムスキー=コルサコフ:歌劇『地方長官』 - 夜想曲
グラズノフ(1865-1936):バレエ音楽『ライモンダ』 Op. 57 - 第2幕 間奏曲
 バレエ音楽『四季』 Op. 67 - 秋:プチ・アダージョ
 バレエ音楽『ライモンダ』 Op. 57 - 第3幕 間奏曲
チャイコフスキー:バレエ音楽『眠りの森の美女』 Op. 66〜第2幕:パノラマ/第2幕:パダクション: アダージョ
 バレエ音楽『くるみ割り人形』〜第2幕 第2幕 パ・ド・ドゥ - 王子とこんぺい糖
エフゲニー・スヴェトラーノフ(指)
スウェーデンRSO

録音:1999年5月ベルワルド・ホール、ストックホルム、スウェーデン
1999年5月にストックホルムのベルワルド・ホールで録音された、ロシアの伝説的な指揮者エフゲ ニー・スヴェトラーノフ(1928-2002)による晩年の録音の1つ。長らく入手困難になっていたこのアル バムがお求めやすい価格にて復活いたしました。 「ロシア人による管弦楽作品すべて(共産党幹部から禁止された作曲家を除く)を指揮したことがある 唯一の指揮者」という説もあるスヴェトラーノフ。このアルバムでは膨大なレパートリーの中から彼自身 が選んだ「美しくゆったりとした曲」が演奏されており、中にはあまり耳にすることのないフレンニコフのア ダージョなど濃厚な美しさを湛えた作品も含まれています。ほぼ同じ選曲で1998年に録音されたロシ ア国立SOとの「アダージョ集」も存在しますが、この演奏は、1996年から1999年まで音楽監 督を務めたスウェーデンRSOとの最後の録音の一つであり、オーケストラとの良好な関係が 反映された演奏として知られるもの。スケールの大きさと濃厚な音楽作りに加え、ロシアのオーケストラ とはまた違う繊細な表現も楽しめるスヴェトラーノフならではの名演です。

Da Vinci Classics
C-00275(1CD)
バルトーク:組曲「中国の不思議な役人」Sz.63(トリオ・ディアギレフ編/2台ピアノと打楽器版)
2台のピアノと打楽器のためのソナタ Sz.110
トリオ・ディアギレフ〔マリオ・トターロ(P)、ダニエラ・フェラッティ(P)、イヴァン・ガンビーニ(打楽器)〕

録音:1997年4月&2013年6月、ペーザロ(イタリア)
ロシア・バレエ団(バレエ・リュス)を創設し、19世紀後半〜20世紀前半の芸術界に絶大な影響を与えた巨星セルゲイ・ディアギレフの名を関する「ピアノ・デュオ+打楽器」のアンサンブル、デュオ・ディアギレフの衝撃的なバルトーク作品集は、編成と編曲が非常に貴重でユニーク。
「2台のピアノと打楽器のためのソナタ」は、2名のピアニストと2名の打楽器奏者のための室内楽曲であるものの、ここでは「2名のピアニストと1名の打楽器奏者」で演奏。打楽器のイヴァン・ガンビーニは多重録音や演奏箇所の削減を行わず、バルトークが書いた2パートを全て1人で演奏しています。
トリオ・ディアギレフの編曲による「2台ピアノと打楽器」による「中国の不思議な役人」は、ピアノ・パートは作曲者本人の編曲をベースに、そして打楽器パートはオリジナルのオーケストラ・スコアをベースとして構成されており、作曲当時から物議を醸し、上演禁止にもなったバルトークの問題作であると同時に屈指の傑作でもあるこの作品の生々しいストーリーを見事に表現しています。
※注:当タイトルはトラック3(Sz.110の第3楽章)の4分48秒付近で製造に起因する音飛びが発生いたします。現時点でレーベル側での修正の予定がないこと、また収録内容の重要度を鑑み、注意喚起のシールを添付して当タイトルの発売を行うことといたします。当該箇所の音飛びを理由とする返品はお受けいたしかねます。予めご了承のほどよろしくお願いいたします。

Chandos
CHSA-5263(1SACD)

RCHSA-5263(1SACD)
国内盤仕様
税込定価
デュティユー:バレエ音楽 「狼」
フルートとピアノのためのソナティネ*
オーボエとピアノのためのソナタ#
ファゴットとピアノのための 「サラバンドとコルテージュ」+

(*#+=2019年ケネス・ヘスケスによるオーケストレーション/このオーケストレーション版は世界初録音)
ジョン・ウィルソン(指)、
シンフォニア・オヴ・ロンドン、
アダム・ウォーカー(Fl)*、
ジュリアナ・コッホ(Ob)#、
ジョナサン・デイヴィス(Fg)+

録音:2020年1月6日−9日、セント・オーガスティン教会(キルバーン、ロンドン)
レスピーギの「ローマ三部作」(RCHSA5261/CHSA5261)の世界的ヒットに続き、「弦楽のためのイギリス音楽」(RCHSA5264/CHSA5264)でも大反響を巻き起こしている(レコード芸術「特選盤」、英グラモフォン誌「Editor's Choice」等)、今もっとも注目を集める指揮者の一人、ジョン・ウィルソン。彼が再結成した"シンフォニア・オヴ・ロンドン"との新盤は、なんとデュティユーが登場!
20世紀後半のフランスを代表する作曲家、アンリ・デュティユー(1916ー2013)のバレエ音楽「狼(Le Loup)」は、ローラン・プティのダンス・カンパニーの委嘱により作曲され、1953年3月にパリで初演。録音も少なく、フランス以外のオーケストラによるレコーディングはこれが初となります。カップリングには、1940年代にパリ国立高等音楽院のために書かれた3つの木管楽器のための作品を、吹奏楽のための「マスク」などでも知られるイギリスの作曲家、ケネス・ヘスケス(b.1968)がオーケストレーションを施した管弦楽伴奏版(世界初録音)も収録。オルシノ・アンサンブルでの新録音「ベル・エポック」(RCHSA5282/CHSA5282)でも好評を博した天才アダム・ウォーカーを始め、ロンドン響の首席奏者ジュリアナ・コッホ、ロンドン・フィルの首席奏者ジョナサン・デイヴィスといった、イギリスの名手たちがソロを担当しています。

CALLIOPE
CAL-1620(1CD)
サヴォワ宮廷の作曲家たち
プニャーニ:シンフォニア ト長調
ガスパリーニ:「ミトリダーテ」序曲
ヴィオッティ:ヴァイオリン協奏曲第23番ト長調
ジアイ:シンフォニア ニ長調
オッターニ:「悪意のない恋」序曲
ソミス:4声の序曲
ラインハルト・ゲーベル(指)、
サヴォワ地方O、
ギィ・コマンタル(Vn)

録音:2000年5月、アントワーヌ・リブー・デヴィアン劇場(フランス)
ムジカ・アンティクヮ・ケルン(MAK)の創設者である世界的バロック・ヴァイオリニスト、ラインハルト・ゲーベルがサヴォワ地方Oを振り、サヴォワ侯爵家600周年を記念してレコ―ディング行われたその名も「サヴォワ宮廷の作曲家たち」。
フランスのサヴォワ地方からイタリアのピエモンテ地方にかけての地域を統治していたサヴォワ公の宮廷には、コレッリの門弟ソミスが活躍していたことでも知られています。
このソミスの「4声の序曲」やプニャーニの「シンフォニア」など、サヴォワ宮廷に縁のある音楽家たちが遺した秀作が備えた魅力を、名匠ゲーベルのタクトが巧みに引き出しています。

ALPHA
ALPHA-733(1CD)
R・シュトラウス:ブルレスケ
管楽器のためのセレナード 変ホ長調 Op. 7*
交響詩「死と変容」#
ネルソン・ゲルナー(P)
フランス放送PO
ミッコ・フランク(指)

録音:2020年9月、2021年1月*、2019年6月# オーディトリアム、ラジオ・フランス、パリ
ミッコ・フランクと、彼が2015年から音楽監督を務めるフランス放送POとのR・シュトラウス。冒頭を飾る「ブルレス ケ」にはアルゼンチン出身のピアニスト、ネルソン・ゲルナーが参加していることにも注目です。古典派からショパン、現代までの幅広いレパート リーを持ち、どの作品でもピアノをとにかく美しく響かせることに定評のあるゲルナーと、高い機能性を誇るオーケストラからフランクの棒が引き出 す硬軟メリハリの利いたサウンドが、時に激しいくぶつかり合い、時に親密に調和しながら曲の魅力を引き立てる「ブルレスケ」。コントラファゴット とコントラバスを重ねた14人編成で、若きシュトラウスの音楽性を瑞々しく歌い上げる「セレナード」。そして「死と変容」は、作品が持つ振幅の 激しい場面展開をめくるめく色彩感と大きな高揚で見事に描き、救済の高みへと導く終盤も至福の美しさです。性格の異なる3曲を上質の 演奏で聴くことにより、シュトラウスの幅広い作風を堪能出来る一枚。ALPHAレーベルとラジオ・フランスの共同企画第2弾。

CPO
CPO-555302
(1SACD)
NX-C01
ベートーヴェン
劇場のための音楽集 第3集

劇音楽『エグモント』(付随音楽、完全版)
序曲「コリオラン」 Op. 62
序曲「献堂式」 Op. 124
序曲「命名祝日」 Op.115
ウェリントンの勝利 Op. 91
ラファエラ・リントル(S)
フレデリック・ベーレ(語り…ドイツ語)
カペッラ・アクイレイア
マルクス・ボッシュ(指)

録音:2020年7月23-25日
マルクス・ボッシュが率いるカペッラ・アクイレイアによる「ベートーヴェンの劇場のための音楽集 第3集」。今回 収録されているのは、1809年、ウィーン宮廷劇場の支配人ヨゼフ・ハルトルの依頼を受け、ゲーテの同名 戯曲のために作曲した劇付随音楽『エグモント』です。16世紀に実在したオランダの軍人エグモント(エフモ ント)伯爵を巡る物語に付けられた音楽は、ベートーヴェンの政治的関心とゲーテへの称賛が込められてお り、近年全曲が演奏される機会も増えてきました。全体は、序曲とソプラノ・アリアを含む9曲で構成されて おり、劇の内容はナレーターによって語られます。この台本は、通常、ゲーテの友人フリードリヒ・モセンゲイル とベートーヴェンの友人、フランツ・グリルパルツァーによるものが使われますが、この録音では現代の劇作家 シュテファン・ニースが自由にセリフを追加、より深化した物語が描かれています。アルバムには他3曲の序曲 と、『戦争交響曲』の別名でも知られる「ウェリントンの勝利」も収録。これらの臨場感ある演奏をSACDハイブリッドの高音質盤でお届けいたします。

オクタヴィア
OVCL-00751(1SACD)
2021年4月21日発売
チャイコフスキー:弦楽セレナード ハ長調 Op.48
メンデルスゾーン:ヴァイオリン、ピアノと弦楽のための協奏曲 ニ短調 MWV.O4 *
モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K.136
チェンバー・ミュージック・プレーヤーズ・オブ・トウキョウ
永野光太郎(ソロP)*
須山暢大(ソロVn*、コンサートマスター)

録音:2020年12月14日 東京・紀尾井ホール・ライブ
クラシック音楽の感動を身近に感じて欲しいという願いで活動する「100万人のクラシックラ イブ」が企画した、紀尾井ホールでのコンサートのライブ録音がCD化。CHAMBER MUSICPLAYERS OF TOKYOは、ヴァイオリニスト須山暢大を中心に若手音楽家が集ま り、積極的な音楽作りを目指すアンサンブルです。モーツァルトとチャイコフスキーの名曲 では様々なキャラクターが顔を見せ、メンデルスゾーンの協奏曲は楽器の魅力が感じられ る、宝箱のような楽しいアルバムとなりました。ライブならではの生命感あふれる演奏を、 どうぞご堪能ください。(オクタヴィア)

H.M.F
HMM-902611(1CD)
アメリカンズ
バーンスタイン:「ウエストサイド物語」よりシンフォニック・ダンス
アイヴズ:交響曲第3番「キャンプの集い」
バーバー:序曲「悪口学校」Op.5
ルース・クロフォード・シーガー:弦楽のためのアンダンテ
バーバー:祝典トッカータOp.36
ポール・ジェイコブス(Org)
ジェイムズ・ガフィガン(指)
ルツェルンSO

録音:2018年11月/ルツェルン・カルチャー・コングレスセンター
1979年生まれの指揮者ジェイムズ・ガフィガンは近年精力的なレコーディングを示していますが、今回は手兵ルツェルンSOを率いて、故郷アメリカ の作品集に挑戦。現代のミニマル音楽ではなく、半世紀以上前に作られた正統派オーケストラ曲が集められています。
メインはバーンスタインが「ウエストサイド物語」の音楽を自ら交響組曲に編みなおした「シンフォニック・ダンス」。これを発表から60年目に最新録音と若 い感性で再構築。またバーバー最初のオーケストラ作品「悪口学校」と、驚くべき進歩的感性を示す女性作曲家ルース・クロフォード・シーガーの「弦楽のため のアンダンテ」はともに1931年、大恐慌時代のアメリカで生まれた作品。もとは弦楽四重奏曲の第3楽章だったものを作曲者が弦楽オーケストラ用にしたも ので、明瞭なトーンクラスターを用いた音世界は90年前の作とは思えぬフレッシュな感覚に満ちています。
このアルバムのもうひとつのキーワードとなっているのが「オルガン」。アイヴスの交響曲第3番「キャンプの集い」は当初自身がオルガニストを務めていた 教会用にオルガン曲として作ったものをオーケストラ曲に採り入れました。讃美歌の引用が多いため敬虔な雰囲気も感じられます。フィラデルフィアのアカデ ミー・オブ・ミュージックが新しいオルガンを設備したことを祝いバーバーが作曲した「祝典トッカータ」はオルガンの荘厳さと足鍵盤も含め派手なテクニック を楽しめる充実作。1977年生まれのアメリカの名手ポール・ジェイコブスの見事な演奏が聴きものです。 (Ki)

ARTHAUS
10-9438DVD(DVD)
伝説の指揮者〜ハンス・ツェンダー

[ドキュメンタリー]
『THINKING WITH YOUR SENSES』〜ハンス・ツェンダー

[コンサート]
ドビュッシー:交響詩「海」
[ドキュメンタリー]
監督:ライナー・E・モーリツ

[コンサート]
ザールブリュッケンRSO
ハンス・ツェンダー(指)
録音:1974年

画面:16:9、NTSC
音声:PCM2.0Stereo(Documentary) ,PCM Mono1.0(Concert)
リージョン:ALL
原語:ドイツ語
字幕:英、独、79'00
指揮者、作曲家として活躍したハンス・ツェンダー(1936-2019)。彼の芸術的な創造過程を知ることのできる興味深いドキュメンタリー映像『THINKING WITH YOUR SENSES』。ツェンダーの指揮者として、作曲家として音楽・芸術に向き合い、創造していくプロセスを見ることができる貴重な内容です。友人で もある作曲家のヘルムート・ラッヘンマンや作曲の弟子のフランク・ゲルハルトへのインタビュー、さらに2019年10月亡くなる直前に収録されたツェンダー自身 へのインタビュー映像も含んでいます。 そして首席指揮者を務めていたザールブリュッケンRSO(1972-1984年)と1974年に収録されたドビュッシーの「海」のコンサート映像も収録して います。 ハンス・ツェンダーという芸術家の全体像をつかむことのできる1枚といえるでしょう。 (Ki)


Epitagraph
EPITA-017(2CD)
(2UHQCD)
限定発売
ニューイヤー・コンサート1954/クレメンス・クラウス&ウィーン・フィル
■DISC1 第1部
ヨーゼフ・シュトラウス:剣と琴(ワルツ)
 ルドルフスハイムの人々
 とんぼ/休暇旅行で*
J・シュトラウス:わが家で
 新ピツィカート・ポルカ*
 ハンガリー万歳*
■DISC2 第2部
ヨーゼフ・シュトラウス:天体の音楽
 5月の喜び
 おしゃべりなかわいい口*
J・シュトラウス:クラップフェンの森で
 春の声/狩り*/常動曲
 美しく青きドナウ
ヨハン・シュトラウス1世:ラデツキー行進曲
*はアンコールも収録
クレメンス・クラウス(指)VPO

録音:1954年1月1日 ムジークフェラインザール(楽友協会大ホール)、ウィーン(ライヴ)
Produced by Epitagraph(原盤:エピタグラフ)
※日本語帯・解説付
ウィーンで新年を祝う音楽会、“黄金の間”と称されるムジークフェラインザールで開かれる、ウィーン・フィルの「ニューイヤー・コンサート」はいまや全世 界に実況中継されるなどしてすっかりおなじみですが、この「ニューイヤー・コンサート」の創始者こそウィーンが生んだ名指揮者クレメンス・クラウス(1893-1954)。 1939年の大みそかに原型となる演奏会を指揮したのが最初で、1941年からは元旦の演奏会が恒例となり、クラウスは連合軍に指揮を止められていた46年 と47年を除き、54年まで、「ニューイヤー」の指揮台に上り続けました。その彼が亡くなる4か月前、最初の全曲録音にして最後の「ニューイヤー」となったラ イヴ公演の記録であります。
「天体の音楽」、「春の声」、「美しく青きドナウ」等おなじみのワルツではこの上なく優雅に、かつ上品に指揮してウィーン・フィルの美音を引き出し、十八番の 「とんぼ」では空中に漂い舞うとんぼを他にはみられないほど巧みに描写しています。「休暇旅行で」、「ハンガリー万歳」、「狩り」等アップテンポのポルカでは 英デッカ/ロンドン録音ではきけないほど生命力豊かにキレキレに演奏!カルロス・クライバーも顔負けの猛スピードぶりです。 ポルカ作品のうち5曲をアンコール演奏している、最後にアンコール演奏される「ラデツキー行進曲」では今日のような手拍子がないなど、当時の演奏記録とし ても貴重。ファンならずともたまらない魅力充実のCDとなっております。
今回の音源は、1989年に日本のMUSENKURANZ(ミューゼンクランツ)というレーベルから世界初出音盤(LP)として発売されていました。このLPの盤 おこしでOpus蔵が2004年にCDを発売(OPK-7006/7)。じつはMUSENKURANZはエピタグラフ・レーベルの主宰者がおこした自主制作LPのレーベル でかつて主宰者がクレメンス・クラウス・アーカイヴより入手、ラジオ中継収録の放送原盤から作られた音源であることが判明、今回、このLPのマスターテー プがついにCD化されます! 元日11時より開催された「ニューイヤー」。実況中継番組収録のため曲間での猛烈盛大な拍手や曲目紹介のアナウンスが入りますが、当時の様子を伝えて貴重。臨場感も抜群です。完全全曲収録のライヴ!「ムジークフェラインから、クレメンス・クラウス指揮のウィーン・フィルで、ノイヤールスコンツェルト(ニューイ ヤー・コンサート)をお届けしました」旨の最後のアナウンスもカットすることなく、本CDに収録しています。 今回は“高音質CDの決定版”であるUHQCDで発売! (Ki)

Tactus
TC-871805(1CD)
レスピーギ:フルートと管弦楽のための作品集
フルートと弦楽器のための組曲(1905/世界初録音)、
フルートと弦楽合奏のための甘美なワルツとメロディ(1902/世界初録音)、
小さなオーケストラのためのセレナータ(1904)、
小さなオーケストラのための組曲「鳥」(1928)
ロベルト・ファブリツィアーニ(Fl)、
ニコラ・パスコフスキ(指)、
アブルッツォSO

録音:2020年2月(トルトレート、イタリア)
レスピーギといえばまず思いつくのは、「ローマ三部作」ではないでしょうか。ですが、あれだけ見事にオーケストラを鳴らすオーケストレーションの達人レスピーギ、他にも数々の名曲を残しています。その中でも、今回のアルバムはフルートと管弦楽のための作品を取り上げています。
フルートはイタリア・フルート界の重鎮、ロベルト・ファブリツィアーニ。そのテクニックと音色の豊かさは健在です。初期の作品である、1902年から1905年作曲の3曲は素朴ながらも、レスピーギらしい色彩豊かな曲に仕上がっています。その中でも最初期に作られた「フルートと弦楽合奏のための甘美なワルツとメロディ」は若々しさと、ロマンティックな雰囲気で溢れており、ファブリツィアーニのフルートと相まって小品ながらも、とても楽しめます。
1928年に作曲された組曲「鳥」は、ルネサンスやバロックから影響を受けていたレスピーギの手法が存分に発揮され古楽的な響きが巧みに使われています。緻密な部分まで計算しつくされており、晩年を迎えようとしていたレスピーギの傑作のひとつといえるでしょう。

MSR
MS-1726(1CD)
「金メッキ時代」〜19世紀後半の米国の吹奏楽隊のための音楽
ギルモア:ニューヨークに敬意を表する行進曲
バイヤー:ヤンキー・ティックル・メロディ
カヴァッリ―ニ(カーニー編):「夢遊病の女」幻想曲
ヴェルディ(クラウス編):「ナブッコ」序曲
ミシュド:「マニャナ」―チリの踊り
シュライファース:陽気な熊たち
ダン:空を抜けて
スーザ:常に忠実な
ピンスーティ(ペッカム編):セレナーデ「おやすみ愛する人よ」
リベラーティ:解放のときの声
コーツ:「私は起きている」 クイックステップ
ワルトトイフェル:「学生楽隊」(通称「女学生」)
ヴェルディ(クラウス編):「アッティラ」〜三重唱とフィナーレ
エリザ・ケーラー(指)
ニューベリーズ・ヴィクト
リアン・コルネット・バンド

録音:2018年7月31日―8月2日 米国,ニューヨーク州メナンズ
トーマス・コーツ作品集(MS-1556)に次ぐニューベリーズ・ヴィクトリアン・コルネット・バンドの CD。今回はエリザ・ケーラーの指揮で、19 世紀後半の米国の吹奏楽隊のための作品を集めて います。題名の「金メッキ時代 The gilded age」とは、1865 年に南北戦争が終結して以降、経済が 好調な豊かな時代を指す。収録曲は、軍楽隊音楽、軽音楽、さらにはオペラからの編曲と様々 だが、いずれも 1880 年代に出版された作品。それらをニューベリーズ・ヴィクトリアン・コルネッ ト・バンドは時代に合った楽器で演奏しているところが重要。


FIRST HAND RECORDS
FHR-79(1CD)
初期ステレオ録音集第4集
(1)ラヴェル:『ダフニスとクロエ』第2組曲より「全員の踊り」
(2)アルベニス:『イベリア』第1巻(アルボス編)
(3)ラヴェル:ボレロ
(4)ビゼー:小組曲『子供の遊び』 Op.22
(5)コダーイ:ガランタ舞曲
(1)グイド・カンテッリ(指)フィルハーモニアO
(2)サー・ユージン・グーセンス(指)フィルハーモニアO
(3)サー・ユージン・グーセンス(指)ロイヤルPO
(4)ヴィットリオ・グイ(指)ロイヤルPO
(5)パウル・クレツキ(指)ロイヤルPO

録音:(1)1956年5月28日キングスウェイ・ホール
(2)1956年2月15日キングスウェイ・ホール
(3)1957年9月18日アビーロード第1スタジオ
(4)1955年7月12日アビーロード第1スタジオ
(5)1956年3月24日キングスウェイ・ホール
Archive of Recorded Sound(ARS)と協力しての制作でEMI最初期ステレオ録音を発売するシリーズの4作目。EMIは54年からステレオ録音を開始し ており当時の偉大な演奏家たちが意欲的に取り組んでいました。今作に収められたカンテッリ、グーセンス、グイ、クレツキの録音はすべて初CD化の音源。丁寧な リマスターで貴重な名演奏が感動的に蘇ります! (Ki)

Alba
ABACD-24(1CD)
雪の天使
チャイコフスキー(メイヒュー・レスター・レイク(1879-1955)編):小序曲(Miniature Overture)(バレエ「くるみ割り人形」から)
ヴラディーミル・ヴァヴィーロフ(1925-1973)(ティモ・フォシュトレム(1961-)編):アヴェ・マリア(Ave Maria)(カッチーニ
のアヴェ・マリア)(c.1970)*
シベリウス(ティモ・フォシュトレム(1961-)編):クリスマスの歌「私には富も名声もいらない」(Jouluvirsi
"En etsi valtaa, loistoa") **
オット・コティライネン(1868-1936)(ヘイッキ・エロ 編):クリスマスの朝の雀(Varpunen jouluaamuna)*
カール・コッラン(1828-1871)(ヘイッキ・エロ 編):ナイチンゲールのクリスマスの歌(Sylvian joululaulu)**
コンスタ・ユルハ(1910-1984)(ティモ・フォシュトレム(1961-)編):クリスマスの歌(Joululaulu)**
ヘイノ・カスキ(1885-1957)(ライネ・アムプヤ(1958-)編) :小屋は雪の下に眠る(Mokit nukkuu lumiset)**
イラリ・ヒュルキラ(1978-):わたしのクリスマスの夢(My Christmas Dream)
ヨースタ・スンドクヴィスト(1957-2003)(ティモ・フォシュトレム(1961-)編):クリスマスの話(Joulukertomus)*
ティモ・フォシュトレム(1961-):雪の天使(Snow Angels)
ランドル・アラン・ベース(1953-):クリスマスイブ(Jouluaattoyo)(The Night before Christmas)*
ジョニ・ミッチェル(1943-)(ヘイッキ・スンマネン 編):River *
ヒュー・マーティン(1914-2011)(エスコ・ヘイッキネン(1953-)編):Have Yourself a Merry Little Christmas *
アドルフ・アダン(1803-1856)(エスコ・ヘイッキネン(1953-)編):クリスマスの歌「聖らに星すむ今宵」(Oi jouluyo)**
ヘルシンキ警察シンフォニックバンド
サミ・ルースヴオリ(指)
ヘレナ・ユントゥネン*
ミカ・ポホヨネン(T)**

録音:2020年7月、8月 ニュー・パヴィリオン(カウニアイネン、フィンランド)
ヘルシンキ警察シンフォニックバンド(Helsingin Poliisisoittokunta)は、1947年、警察と市民の親睦を目的に作られました。14人のメンバーのバンドか ら始まり、団員数43名の「シンフォニック・バンド」として演奏するようになりました。ヘルシンキ市民と子供たちのためのコンサートの他、フィンランド国内外の さまざまなイベントで演奏しています。2002年から、シベリウス・アカデミー、パイヤト=ハメ音楽院、スウェーデンのヨーテボリ音楽学校で学んだサミ・ルースヴ オリ Sami Ruusuvuori(1976-)が首席指揮者を務めています。ヘルシンキ警察シンフォニック・バンドの『雪の天使』は、COVID-19 の影響下、2020年 夏、カウニアイネンのニュー・パヴィリオンで録音された「クリスマス・アルバム」です。6月、数週間のリハーサルが始まり、夏期休暇の後、7月と8月のセッション で録音が行われました。
「くるみ割り人形」の〈小序曲〉に始まるプログラム。バンドのサクソフォーン奏者、ティモ・フォシュトレム Timo Forstrom が編曲した、『カッチーニのア ヴェ・マリア』として知られるヴァヴィーロフの「アヴェ・マリア」とシベリウスの「クリスマスの歌」。フィンランドのクリスマスにかならず歌われる「クリスマスの 朝の雀」「ナイチンゲールのクリスマスの歌」「小屋は雪の下に眠る」。シンガーソングライター、コメディアンとして親しまれたヨースタ・スンドクヴィスト Gosta Sundqvist の「クリスマスの話」は、フォシュトレムがバンド用に編曲した音楽に乗ってソプラノがニュアンス豊かに語ります。アメリカの歌が3曲。ジョニ・ミッチェ ルの「River(リヴァー)」は、メンバーのヘイッキ・スンマネン Heikki Summanen が編曲とサクソフォーン・ソロを担当しました。 (Ki)

BIS
BISSA-2499(1SACD)
4人の作曲家のディヴェルティメント
イベール:ディヴェルティスマン〜室内オーケストラのための(1930)
ベルナール:ディヴェルティスマン Op.36〜管楽器のための(1894)
バルトーク:ディヴェルティメント Sz.113 (BB.118)〜弦楽オーケストラのための(1939)*
イッポリート:ディヴェルティメント〜室内オーケストラのための(2017)
c/o室内オーケストラ

録音:2018年8月イエス・キリスト教会(ベルリン、ダーレム)
2020年10月キリスト教会(ベルリン、オーバーシェーネヴァイデ)*
指揮者を立てない「c/o室内オーケストラ」。当団はヨーロッパを中心とする10か国以上から集結した若手の精鋭が集い、室内オーケスト ラの高みを目指す注目の団体です。
「c/o」は英語の「care of」の略で、郵便や宅配など、本人に直接届けることが出来ず他の人が代わりに預かってくれる場合に「c/o(日本語では「様方」)」 と記します。このイメージから当団は「作曲家が作曲しただけでは音楽を聴衆に届けることはできず、音楽家が演奏することによりはじめて音楽に命が宿る」とい う思いを込め「c/o室内オーケストラ」と名付けました。
このアルバムでは4人の作曲家の「ディヴェルティメント(ディヴェルティスマン)」を収録。ディヴェルティメントといってもその演奏形態は実に様々。バルトー クは弦楽オーケストラ、エミール・ベルナール(1843-1902)は管楽合奏、イベールとマイケル・イッポリート(1985-)は室内オーケストラとその作品は多彩で す。また、アンサンブルの作品ながらメンバーの個性も発揮されるのがこれらの作品の魅力でもあります。名手が揃った当団のメンバーが自由に楽しく演奏してお ります! (Ki)

ALPHA
ALPHA-744(1CD)
ウェーバー:作品集
序曲 「精霊の支配者」 ニ短調 Op. 27 (歌劇「リューベツァール」 序曲)
ピアノと管弦楽のための小協奏曲(コンツェルトシュトゥック) ヘ短調 Op. 79
歌劇「魔弾の射手」〜序曲/エンヒェンのロマンツェ、レチタティーヴォとアリア「死んだ従姉が見た夢よ」 (第3幕)/エンヒェンのアリエッタ「凛々しい青年の姿を見れば」 (第2幕)
歌劇「オベロン」 序曲
マルティン・ヘルムヒェン(P)
アンナ・プロハスカ(S)
ベルリン・コンツェルトハウスO
クリストフ・エッシェンバッハ(指)

録音:2020年11月21-23日、2021年2月15-16日 コンツェルトハウス大ホール、ベルリン
1821年5月26日、躍進めざましいプロイセン王国の首都ベルリンに新しい王立劇場がオープンしました。直後の6月18日にはウェーバーの 歌劇「魔弾の射手」の初演が大成功を収めてドイツ・ロマン派音楽に決定的一歩をもたらし、翌週には同じ作曲家の「ピアノと管弦楽のた めの小協奏曲」も同劇場で初演されました。後にケルン大聖堂を完成に導くことになる大建築家シンケルが設計したこの劇場は、第二次大 戦での損壊を経ながら1984年10月に「シャウシュピールハウス」と名を変えて復活。東ドイツ時代にはクルト・ザンデルリング率いるベルリン交 響楽団(現ベルリン・コンツェルトハウスO)の拠点となったほか、「ベルリンの壁」開放直後の1989年12月にはバーンスタイン指揮の 下に第二次大戦での対戦国の音楽家が集まり記念コンサートが開催されるなど、ベルリンの音楽史において独自の伝統を誇っています。 2021年は劇場落成200周年を記念すべく、来日機会も多いベルリン生まれの俊才ヘルムヒェン、ベルリンを拠点に際立った個性を発揮し てきたプロハスカをゲストに迎え、2019年にコンツェルトハウス管音楽監督となったクリストフ・エッシェンバッハの指揮のもと、「魔弾の射手」の 重要ナンバーを軸としたウェーバー・アルバムを録音!やはり同劇場ゆかりの小協奏曲、作曲家最後の傑作「オベロン」の序曲、演奏会用に 転用された「リューベツァール」序曲と、ウェーバーの天才を多角的に味わえる選曲も嬉しいところです。2008年からコンサートマスターを務め る日下紗矢子も参加。名技師シュテファン・レーの適切なエンジニアリングによって劇場空間の音響が鮮やかに収められ、抑揚鮮やかな名演 の魅力がきわだつ記念盤となりました。

ONDINE
ODE-1384(1CD)
NX-B04
マグヌス・リンドベルイ(1958-):作品集
オーラ〜ヴィトルト・ルトスワフスキの思い出に(1993-94)…世界初録音
関連する岩(1997)…世界初録音〜2台ピアノ、2人のパーカッション奏者とエレクトロニクスのために
マレア(1989-90)
エミール・ホルムストレム(P&キーボード)
ヨーナス・アホネン(P&キーボード)
ヤニ・ニーニマキ(パーカッション)
イェリ・ピーッポネン(パーカッション)
フィンランドRSO
ハンヌ・リントゥ(指)

録音:2019年10月、2019年11月(全てライヴ)
21世紀に活躍する作曲家の中でも、とりわけ高い評価を受けているフィンランドの作曲家マグヌス・リンドベル イ。現代音楽の振興と宣伝を目的としたグループ「耳を開け!」 (Korvat auki!)のメンバーとして活躍する するなど精力的な活動を行っています。このアルバムには1990年代に書かれた3曲を収録。冒頭の「AURA オーラ」は1993年、サントリーホールの「国際作曲委嘱シリーズ No.18」のための作品。4つの楽章で構成さ れた実質上の交響曲ともいえるこの曲には、リンドベルイのオーケストラに対する様々なアプローチが集約され ています。 作曲中にルトスワフスキの死去の知らせを受けたリンドベルイは、この曲を偉大な作曲家の思い出に捧げまし た。作品は1994年6月11日に山下一史が指揮する東京SOによって世界初演されています。 「Related Rocks」はベルギーのアンサンブルIctusの委嘱作品。バルトークのソナタにインスパイアされた草案 に、更に多彩なパーカッションとエレクトロニクスを加えた意欲作です。イタリア語で"湖"を意味する「Marea」は 同時期に書かれた2作品「Kinetics (1988?89」と「Joy (1989?1990)」との実質三部作の一つです。

Opus Arte
OA-1314D(DVD)
NX-C10

OABD-7273D(Bluray)
NX-D09
バレエ『ロミオとジュリエット』
プロコフィエフ作曲
振付:ケネス・マクミラン/ 英国ロイヤル・バレエ

特典映像:
◎「なぜロイヤル・バレエは『ロメオとジュリエット』を愛するのか」
◎ダーシー・バッセルとヤスミン・ナグディのリハーサル
◎『ロメオとジュリエット』の剣戟リハーサル
◎キャスト・ギャラリー
ロミオ…マシュー・ボール
ジュリエット…ヤスミン・ナグディ
ティボルト…ギャリー・エイビス
マキューシオ…ヴァレンティノ・ズッケッティ
べンヴォーリオ…ベンジャミン・エラ
パリス…ニコル・エドモンズ
キャピュレット卿…クリストファー・サウンダース
キャピュレット夫人…クリスティーナ・アレスティス
エスカラス大公…トーマス・ホワイトヘッド
ロザライン … 金子扶生
乳母…クリステン・マクナリー
ロレンス神父/モンタギュー卿…ジョナサン・ハウエルズ
モンタギュー夫人…タラ=ブリギッテ・バフナニ
英国ロイヤル・バレエ
コヴェントガーデン王立歌劇場O
指揮…パヴェル・ソローキン
振付 … ケネス・マクミラン
作曲 … セルゲイ・プロコフィエフ
美術・衣装 … ニコラス・ジョージアディス

収録:2019年6月1,11日 コヴェントガーデン王立歌劇場

収録時間:本編137分、特典映像12分
字幕(特典映像のみ):日本語・英語・フランス語・ドイツ語・韓国語
映像:16:9 NTSC All Region 片面2層(DVD、Blu-ray)
1080i High Definition(Blu-ray)
音声:LPCM 2.0 & DTS Digital Surround 5.1(DVD)
LPCM 24bit 2.0 & DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
プロコフィエフ作曲の劇的緊張にみちた才気溢れるバレエ音楽『ロメオとジュリエット』は1936年の初演に始まり、多くの振付家、バレエ団が取り組み数々の 名舞台が生まれてきましたが、中でも1965年ケネス・マクミラン振付、ニコラス・ジョージアディスの美術によるフォンテーンとヌレエフのコンビで初演された英国 ロイヤル・バレエの舞台は絶大な人気を博し、同カンパニーを代表する演目として現在に至っています。 この上演収録では2019年6月、英国ロイヤル・バレエの若手人気プリンシパル、ヤスミン・ナグディとマシュー・ボールが主役カップルとして登場。伝統の舞 台に若々しく鮮烈な息吹を吹き込んでいます。金子扶生がロザライン役で登場するのも嬉しいところです。 ロミオ(マシュー・ボール)とティボルト(ギャリー・エイヴィス)の剣戟のリハーサルなど普段は見られない舞台裏の情景を収録した特典映像も必見。

Carl Davis Collection
CDC-032(1CD)
カール・デイヴィス:バレエ「グレイト・ギャッツビー」 カール・デイヴィス(指)、
チェコ・ナショナルSO

録音:2019年9月25-28日〔チェコ・ナショナルSOスタジオ(プラハ)、チェコ〕
アメリカ人作家、F・スコット・フィッツジェラルドの最高傑作「グレイト・ギャツビー」が刊行されたのが1925年。
同じころ作曲されたのが、クラシックにジャズの要素を取り入れた名曲、ガーシュウィンの「ラプソディー・イン・ブルー」でした。
当時アメリカではジャズが非常に流行しており、フィッツジェラルドの「ジャズ・エイジの物語」から由来して1920年代のアメリカ文化は「ジャズ・エイジ」と呼ばれます。
まさにその時代に生まれたのが、当時のアメリカ文化を体現したような二つの作品でした。
その二つの作品が世に出でてから長い年月を経た2019年、ピッツバーグ・バレエ・シアターが同小説のバレエ作品化。
そしてその音楽を手掛けることになったのが、カール・デイヴィスでした。
幼いころからこれら二つの作品に親しんでいたというカール・デイヴィス。
「グレイト・ギャッツビー」を作曲する際には、ブロードウェイ・ミュージカルの要素を取り入れたいと考え作曲したということです。
その言葉通り、全編キャッチーな音楽に溢れ、親しみやすい音楽に仕上がっています。
また、「ジャズ・エイジ」と呼ばれた1920年代に刊行された作品ということもあり、当時流行していたジャズの要素もふんだんに取り入れたものになっています。

King International
KKC-2710(1CD)
税込定価
外山雄三:自作自演集
(1)オーケストラのための「玄奥」(2015)
(2)沖縄民謡によるラプソディー(1964)
(3)バレエ音楽「お夏、清十郎」〜パ・ド・ドゥ(1975)
(4)前奏曲(2012/13)
(5)交響曲(世界初演)(2018)
(6)管弦楽のためのラプソディー(1960)
外山雄三(指)大阪SO

録音:2016年5月10日(1)、2019年8月31日(2)(6)、11月21日(3)、2月28日(4)(5)/ザ・シンフォニーホール(ライヴ)
現在大阪SOミュージック・アドヴァイザーを務める外山雄三。今年2021年5月10日に90歳の誕生日を迎える日本現役最長老指揮者で、ますます円 熟の芸を聴かせてくれます。それをお祝いしたアルバム。
日本で最もポピュラーな管弦楽曲「ラプソディー」の作曲者としても有名な彼は、ほかにも興味深い作品を数多く残しています。その中から選りすぐりの6作品 を、自身の指揮による大阪SOの最新録音で収録。「ラプソディー」は多くの指揮者がとりあげますが、やはり説得力の違いに感動させられます。
2018年作「交響曲」の世界初演時の録音や、エキゾチックな沖縄民謡が巧みなオーケストレーションで描かれる「沖縄民謡によるラプソディー」などオーケスト ラの効果を知り尽くした職人芸光る世界を楽しめます。注目は1975年作曲ながら、その後スコアが行方不明となっていたバレエ音楽「お夏、清十郎」。「パ・ド・ ドゥ」のみながら、邦楽素材の洋楽化が興味深く、独特な世界に引き込まれます。 (Ki)

King International
KKC-4254(4CD)
超絶の至芸!クナッパーツブッシュの遺産
■CD1
1.ブラームス:交響曲第3番
2.プフィッツナー:管弦楽のためのスケルツォ.ハ短調
■CD2
ブルックナー:交響曲第7番(1885年出版譜)
■CD3
1. ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調 Op.55「英雄」
2. ワーグナー:「トリスタンとイゾルデ」―前奏曲と愛の死(管弦楽版) 
■CD4
南国のバラ〜ポップス・コンサート
1.ウェーバー:舞踏への勧誘(ワインガルトナー編) 
2.J・シュトラウス:ワルツ「ウィーンの森の物語
3.J・シュトラウス:喜歌劇「千一夜物語」間奏曲
4.ランナー:ワルツ「シェーンブルンの人々」
5.J・シュトラウス:エジプト行進曲(終結の一部)
6.シューベルト:軍隊行進曲
7.J・シュトラウス:アンネン・ポルカ 
8.J・シュトラウス:ワルツ「南国のバラ」
9.ヨハン・シュトラウス&ヨゼフ・シュトラウス:ピツィカート・ポルカ
10.コムツァーク2世:ワルツ「バーデン娘」
ハンス・クナッパーツブッシュ(指)

■CD1
BPO(1)、
ミュンヘンPO(2)
録音:(1)1950年11月 (ライヴ)、(2)1957年1月6日ミュンヘン,コングレスザール(ライヴ)

■CD2
ケルンRSO
録音:1963年5月10日 ケルン(ライヴ)

■CD3
ウィーンPO(1)、
シュターツカペレ・ベルリン(2)
録音:(1)1962年2月17日 ウィーン,ムジークフェラインザール(ライヴ)、(2)1959年11月19日 ベルリン(ライヴ)

■CD4
バイエルン国立O
録音:1955年3月20日 ミュンヘン,コングレスザール(ライヴ)
ハンス・クナッパーツブッシュ(1888.3.12 ? 1965.10.25)の怪物的・巨大な指揮ぶりは、日本でのブームの火付け役・宇野功芳の評論と相まって、人気 を爆発させ、わが国に多大なファン層を作ってきました。 2015年に宇野功芳の書き下ろし解説付きでキングレコードが発売したファン垂涎の名演4タイトルが、このたび4CD集成BOXとして、キングインターナショナ ルより復活します。しかも宇野氏の解説はそのまま。「ワーグナーを除いた全作品の中で、クナッパーツブッシュが最も得意にしていた交響曲、ブラームスの3番」の “ベスト”50年ベルリン・フィル盤から、“命を賭けた遊び“と称された「バーデン娘」(55年バイエルン盤)まで、宇野氏のキャッチコピーがぴったりくるクナの 超絶”名演““怪演”を本4CDで存分にご堪能ください。  (Ki)
■CD1
ワーグナーを除いた全作品の中で、クナッパーツブッシュが最も得意にしていた交響曲はブラームスの3番であり、演奏頻度も高い。・・・彼の同曲CDはどれもすばらしいが、わけてもこの50年盤はベストに挙げられます。欠点は音が割れ気味だったことだが。今回のリマスター盤はすっかり改善され,ひびきの鮮度も上り、迷うことなしのベスト盤に仕上った。こんな嬉しいことはない。(宇野功芳、ライナーノーツより)
■CD2
(スケルツォの)中間部はとても美しい。第2部の淋しさ!こんなに淋しい演奏は他に決してない。やがてヴァイオリンが天上から聴こえてくる。そのあとの盛上りは、ことによると7番全曲の頂点かも知れない。スケルツォのトリオが全曲のクライマックスとは!フィナーレもじっくりと遅く、丁寧に音符を追ってゆきます。クナはスコアを読み尽しており、緩急が自在で、すべてのテンポが曲想にぴったりの名演がつづくのです。(宇野功芳、ライナーノーツより)
■CD3
クナは根っからのワーグナー指揮者だ。この「トリスタン」がこれ以上すばらしく演奏された例を僕は知らない。フルトヴェングラーがいいという人も多いが、ものが違う。格が違う。フルトヴェングラーの音楽の根は古典にある。しかしクナの根はワーグナーという作曲家一本にしぼられます。このうねりまくり、聴く者を押し流す音の大波は、ものすごいエスプレッシーヴォとなって、われわれを圧倒しつくす。こんな「トリスタン」は他にはない。絶対にない!なにしろ「前奏曲」のp p からの短いクレッシェンドがf にまで達してしまうのだから!!(宇野功芳、ライナーノーツより)
■CD4
10曲の小品だけを集めたこのようなプログラムはクナッパーツブッシュでも珍しいのではないだろうか。しかし珍しくても何でも、こんな演奏会を他の巨匠たちができただろうか。まさに遊び好きのクナだからこそといえるでしょう。(中略)トリが「バーデン娘」なのは当然であろう。こういう曲を偏愛し、演奏しつづけたクナッパーツブッシュという芸術家のふところの深さに改めて敬意を表したい。この日も最初のフォルテから怪演が始まり、品の悪い大暴れとなります。オーケストラは鳴り切っています。まさにミュンヘンの野武士見参!!の名場面だ。(宇野功芳、ライナーノーツより)

BIS
BISSA-2455(1SACD)
セバスチャン・ファーゲルルンド(1972-):作品集
(1)ノマド(Nomade)(2018)〜チェロと管弦楽のための
(2)水の世界地図(Water Atlas)(2017?18)〜管弦楽のための
(1)ニコラ・アルトシュテット(Vc)
フィンランドRSO、
ハンヌ・リントゥ(指)

録音:(1)2019年4月10&11日(ライヴ)、(2)2019年8月/ヘルシンキ・ミュージックセンター(フィンランド)
セバスチャン・ファーゲルルンド(1972?)は、シベリウス・アカデミーのエルッキ・ヨキネンのクラスで学びました。2004年、作曲のディ プロマを取得。人生の「根本的疑問」と「実存経験」を深い洞察に基づく音楽表現に作った管弦楽作品が注目され、フィンランドの彼の世代を代表する作曲家のひ とりとして認められるようになりました。フィンランドRSOとハンヌ・リントゥによるファーゲルルンドの音楽の第3作。2018年の作品が2曲、収録され ています。
チェロ協奏曲「ノマド」は、NDR エルプPOとフィンランドRSOから委嘱を受けて作曲された作品です。「探求」と「移動」を抽象 的に言う「ノマド」を曲名にとり、「チェリスト=放浪者」が、管弦楽によって描かれるさまざまな景色と気分と出来事の間を旅してゆくスタイルの音楽として作られ ています。第1部分「エスプレッシーヴォ(表情豊かに)」、第2部分「アジタート、モルト・リトミーコ(激して、きわめてリズミカルに)」、「ミステリオーソ(神秘的 に)」の〈間奏曲 I〉、第3部分「ヴィヴァーチェ・カプリッチョーソ(生き生きと、気ままに)」、第4部分「レント ・コンテンプラティーヴォ(ゆったりと、瞑想する ように)」、「ミステリオーソ、ポコ・テヌート(神秘的に、テヌート気味に)」の〈間奏曲 II〉、第5部分「エスプレッシーヴォ、リベラメンテ(表情豊かに、自由に)」、 第6部分「エザルタート、モルト・アジタート(熱狂し、きわめて興奮して)」。8つの曲が切れ目なく演奏されます。この協奏曲は、多才なアーティストとして注目さ れる、ドイツ系フランスのチェリスト、ニコラ・アルトシュテットのために書かれ、2019年2月15日、彼とリントゥによりハンブルクで初演されました。
「水の世界地図」は、「吹きだまり(Drifts)」「石造物(Stonework)」(BIS SA-2295)とともに「三部作」として構想された最後の作品です。3作は、共 通の音楽素材を基礎につながりながら、それぞれが独立、自己完結した曲として書かれました。ファーゲルルンド毎年、長い時間を過ごすというバルト海沿岸の夏 の家から望むフィンランド群島とごつごつした岩盤の島々の広大な姿からインスピレーションを得て、一般的、哲学的、抽象的要素としての「海」を「人間の目」で 描いた作品です。アムステルダムのコンサートホール「コンセルトヘボウ」、BBCSO、フィンランドRSOの共同委嘱作。2018年4月、オスモ・ヴァ ンスカ指揮のオランダ放送フィルハーモニックOにより初演されました。
チェロ協奏曲「ノマド」は、2019年4月、ヘルシンキ・ミュージックセンターで行われた「ヘルシンキ初演」のライヴ録音。「水の世界地図」は、8月、ミュージッ クセンターでのセッションの録音です。 (Ki)

H.M.F
HMM-902627(1CD)
モーツァルト:セレナード第11番変ホ長調 K.375
セレナード第10番変ロ長調「グラン・パルティータ」K.361
ベルリン古楽アカデミー
[メンバー]クセニア・レフラー(Ob)
ミヒャエル・ボッシュ(Ob)
エルンスト・シュラーダー(Cl)、K.375andバセットホルン/K.361)
マルクス・シュプリンガー(Cl)
ベンヤミン・ライセンベルガー(Cl)*
フィリップ・カステホン(バセットホルン)*
エルヴィン・ヴィーリンガ(Hrn)
ミロスラフ・ロヴェンスキ(Hrn)
ヤナ・シュヴァドレンコヴァー(Hrn)*
ヴィクトリア・ハウアー(Hrn)*
ジェーン・ガワー(Fg)
エクハルト・レンツィング(Fg)
クリスティーネ・シュティハー(Cb)*
*=K.361のみ

録音:2020年1月、テルデックス・スタジオ・ベルリン
ベルリン古楽アカデミーのメンバーによるモーツァルトの「グラン・パルティータ」がリリースされます。本作は、通常の八重奏(オーボエ、クラリネット、ホルン、 ファゴット各2)にさらに管楽器4本とコントラバスを加えた13人という編成で、全7楽章演奏時間は約50分を要する大規模な作品です。名手揃いのベルリ ン古楽アカデミーの秀逸なアンサンブルは、聴きごたえがあり、特にバロック・オーボエの名手クセニア・レフラーのソロなどはっとするような美しさで、この曲 の魅力を存分に伝えてくれます。また妙技を強調するではなく、それぞれのメンバーの演奏がのびのびとしていて、かつ嬉々とした生気が感じられる演奏です。 カップリングには、セレナード第11番を収録。全5楽章モーツァルトが好んだ調性変ホ長調で書かれ、モーツァルトならではの瑞々しい色彩を持ち、各楽器の 掛け合いが聴きもの。モーツァルトは13曲のセレナーデを残していますが、管楽器だけのために書かれたのは、前述の第10番、この第11番、そして第12 番の三作品。ベルリン古楽アカデミーの精鋭による演奏は必聴です。 (Ki)

EUROARTS
20-65990(1CD)
Divas & Diamonds
1.映画『紳士は金髪がお好き』〜「ダイアモンド:は女の親友(Diamonds Are a Girl's Best Friend)」
2.映画『帰らざる河』〜「一枚の銀貨(One Silver Dollar)」
3.映画『サウンド・オブ・ミュージック』〜「わたしのお気に入り(My Favorite Things)」
4.映画『シャレード』〜「シャレード(Charade)」
5.映画『オズの魔法使』〜「虹の彼方に(Over The Rainbow )」
6.映画『トーク・トゥ・ハー』〜「ククルクク・パロマ(Cucurrucucu Paloma)」
7.映画『ティファニーで朝食を』〜「ムーン・リバー(Moon River)」
8.映画『旅愁』〜「セプテンバー・ソング(September Song)」
9 .映画『ブランシェ』
10.映画『酒とバラの日々』〜「酒とバラの日々(Days Of Wine And Roses)」
11.映画『ピンク・パンサー』〜「今宵を楽しく(Meglio Stasera)」
12.映画『007 女王陛下の007』〜「愛はすべてを越えて(We Have All The Time In The World)」
13.映画『カサブランカ』〜「アズ・タイム・ゴーズ・バイ(As Time Goes By)」
14.映画『キャバレー』〜「私の愛するあなた(Mein Herr)」
デンマーク国立声楽アンサンブル
デンマーク国立SO
DE ビック・バンド
クラウス・テンスホフ(指)
トゥーヴァ・セミングセン(歌)

録音:2020年6月、デンマーク
デンマーク国立SOによる大好評のシリーズ。第1弾はゲーム・ミュージックの祭典「Gaming in Symphony」、第2弾はSF映画の名作音楽集 「GALAXYMPHONY」、第3弾は、ファンタジー映画やドラマの音楽を取り上げた「FANTASYMPHONY」、第4弾はスパイ映画音楽を集めた「Agents are Forever」。今回は、ハリウッド黄金期のモノクロ映画の名曲を集めた「Divas & Diamonds」。マリリン・モンロー、ジュディ・ガーランド、オードリー・ヘップバー ンなど往年の銀幕のスターたちの名場面が蘇る1枚となっています。 (Ki)

Pentatone
PTC-5186951
(1SACD)
フランシスコ・コーイ(1985-):作品集
(1)ヴァイオリン協奏曲(2019)
(2)「Hidd'n Blue」Op.6〜オーケストラのための(2009-2011)
(3)「Mural」〜大オーケストラのための(2013-2015)
(4)4つのイベリアのミニチュア〜ヴァイオリンと室内オーケストラのための(2014)
(5)「Aqua Cinerea」Op.1〜オーケストラのための(2005/2019)
(1)(4)パトリツィア・コパチンスカヤ((Vn)
グスターボ・ヒメノ(指)
ルクセンブルクPO

録音:(2)(3)2019年7月、(1)(4)2020年6&7月、(5)2020年12月/フィルハーモニー・ルクセンブルク
今世界が注目する指揮者グスターボ・ヒメノ率いるルクセンブルク・フィルとの作曲家のポートレート・シリーズ。これまでにショスタコー ヴィチ、ブルックナー、ラヴェル、マーラー、ストラヴィンスキー、ドビュッシー、ロッシーニ、フランクをリリースしており好評を博しております。当アルバムではスペ イン期待の作曲家フランシスコ・コーイ(1985-)に焦点を当て、コパチンスカヤを迎えたヴァイオリン協奏曲などの注目録音です!ロドリーゴ音楽院とマドリード 音楽院でトロンボーンを学び、その後ギルドホール音楽演劇学校にて作曲を専攻し、2010年は作曲の修士課程を優秀な成績で修了。その間トーマス・アデスにも 師事しています。「過去と現在が一つの空間に収束している」とも形容されるコーイの作品は、ヴァイオリン協奏曲など伝統的な形式をとりながらも現代的な音の 世界を作り上げております。
世界が最も注目するヴァイオリニスト、コパチンスカヤはツィンバロンの名手の父とヴァイオリニストの母との間にモルドヴァで生まれました。ヴァイオリンおよび 作曲をウィーンとベルンで学んだのち、2000年にシェリング国際コンクール優勝、2002年には「クレディ・スイス・グループ・ヤング・アーティスト賞」を受賞 し注目され、ヨーロッパを中心に活躍の場を拡げてきました。強烈な個性からうまれる音楽はまさに唯一無二。驚くべき演奏を聴かせてくれます。

スリーシェルズ
3SCD-0056(2CD)
税込定価
佐藤勝/戦争と人間〜音楽大全
【収録内容】
【DISC1】
トラック1〜45:『戦争と人間 第一部 運命の序曲』
トラック46〜61:『戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河』(前半)
【DISC2】
トラック1〜22:『戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河』(後半)
トラック23〜61:『戦争と人間 第三部 完結篇』
企画構成:上妻祥浩(映画研究・解説)
プロデュース:西耕一(スリーシェルズ)
マスタリング:仁木高史(スリーシェルズ)
デザイン:田代亜弓
原盤・協力:日活株式会社
(C)日活株式会社
日活全面協力!日本映画史に残る超大作のサウンドトラックCD 完成! 「佐藤勝/戦争と人間 音楽大全」(CD2 枚組)が12 月5 日に発売。三部作に使用されたBGM122 曲を収録! 『人間の條件』の五味川純平による大河小説を、社会派映画の巨匠・山本薩夫監督が映画化。 日活が社運を賭けた超大作として製作し、1970 年から73 年にかけて全三部が公開されました。 浅丘ルリ子、高橋英樹、吉永小百合、石原裕次郎ら日活のスター俳優をはじめ、北大路欣也、山本圭、滝沢修、芦田伸 介、高橋悦史、三國連太郎、栗原小巻、加藤剛など、当時の日本映画を代表する豪華キャストが、日本の中国大陸進出の 混乱の中に巻き込まれた人々がそれぞれの生き方を貫こうとするさまざまな人間ドラマを演じます。総上映時間 9 時間 23 分、日本映画でも屈指のスケールを誇る壮大な作品です。 音楽担当は、日本映画界を代表する名作曲家・佐藤勝。本作は彼と山本の初コンビ作品だが、二人はこの後も『華麗な る一族』(1974)や『あゝ野麦峠』(1979)などの社会派エンターテインメント大作でタッグを組んでいくことになります。

DIVINE ART
DDA-25216(1CD)
NX-B07
マリウス・コンスタン(1925-2004):管弦楽作品集
ターナー(1961)-J.M.W. ターナーの絵画にインスパイアされた
ブレヴィッシマ(1992)
圧縮された形式の4楽章交響曲:壮大な伝統への10分間のオマージュ
103の水中スタイル(1981)
103の「水中の詩的な祝典」-4楽章からなる素晴らしく技巧的で深みのあるヴァイオリン協奏曲
オリヴィエ・シャルリエ(Vn)
リヴァーサイドSO
ジョージ・ロスマン(指)

録音:2001年11月5日、2006年1月22日
ルーマニア出身の作曲家マリウス(マリユスとも)・コンスタン。11歳でブカレスト国立音楽大学に入学、正式に音楽教育を受けたのち、フランスに移 住。パリ音楽院でメシアン、オネゲル、ナディア・ブーランジェから作曲の指導を受けました。1963年に現代音楽アンサンブル・アルスノヴァを設立。 1978年より1988年までパリ音楽院で教鞭をとり、1993年よりメシアンの後任としてフランス美術院アカデミー会員に就任するなど輝かしい経歴を誇 ります。 テレビ番組や映画音楽の分野でも幅広い作品を発表、またラヴェルの「夜のガスパール」の管弦楽版編曲でも知られているコンスタン、このアルバムで は彼の本領である「現代音楽作曲家」としての才能を余すことなく披露、3作品とも彼自身が付けた副題通りの色彩豊かな音楽が展開されていま す。 1981年、ニューヨークを拠点に活躍する演奏家たちによって構成されたリヴァーサイドSOは、現代音楽の普及に力を注ぐオーケストラ。このア ルバムは2014年にリリースされた彼らの自主制作盤で、パソコンのみで再生できるビデオ・クリップが収録されています。

Capriccio
C-5429(1CD)
NX-B05
ヴァルター・ブラウンフェルス(1882-1954): 管弦楽作品集
ディヴェルティメント Op. 42(1929)
放送オーケストラのために
アリエルの歌 Op. 18(1910)-シェイクスピアの「嵐」より
セレナード 変ホ長調 Op. 20(1910)
ウィーンRSO
グレゴール・ビュール(指)

録音:2020年6月12-13日、16日
ウィーン
"聴衆たちは、調性音楽作曲家の末裔として私を覚えているかもしれません。 私は未だ生きていて、作曲を続けています"…ヴァルター・ブラウンフェルス(1946年)
ブラウンフェルスの音楽は2度、歴史の闇に葬られました。1回目はナチスによって「退廃音楽」の烙印を押された時。2回目は戦後のドイツが調性音 楽を含む、あらゆる形式のロマン派音楽の大部分を排除した時。しかし、21世紀になって彼の音楽は再復興を遂げており、このCapriccioのシリー ズをはじめ、ドイツを中心に次々と彼の作品がリリースされています。 このアルバムにはジャズの様式を取り入れた「ディヴェルティメント」や、喜劇「緑のズボンのドン・ギル」序曲と言った、ブラウンフェルスの柔軟性に富んだ 作風による作品を収録。ブラウンフェルス作品を得意とするグレゴール・ビュールの指揮は作品の美点をあますことなく伝えます。 グレゴール・ビュール

CPO
CPO-555346(1CD)
NX-B10
バッハ:管弦楽組曲(序曲) BWV1066-1069(オリジナル版) コンチェルト・コペンハーゲン(古楽器使用)
ラース・ウルリク・モルテンセン(指)

録音:2019年11月20-24日
通常「管弦楽組曲」と呼ばれるバッハのBWV1066から1069までの4作品。バッハ自身はこれらの作 品を「組曲」とは呼ばず「フランス風の序曲から始まる作品」と称していたとされます。近年の研究によると、 作曲年代もこれまで想定されていた年代よりはるか以前のヴァイマール、及びケーテン時代の作品と推測 されており、譜面に記されたトランペットやティンパニは、後年、ライプツィヒで演奏するために追加された可 能性も指摘されています。自筆のスコアは散逸してしまいましたが、モルテンセンは研究結果が反映された オリジナル・ヴァージョンで演奏、バッハがもともと意図したであろう、小規模なアンサンブルによる組曲として 聴かせます。例えば特徴的な第3序曲(組曲)のトランペットとティンパニは省かれていますが、作品の美し さは全く損なわれていません。デンマークを代表するバロック・アンサンブル、コンチェルト・コペンハーゲンによ る演奏です。

CPO
CPO-555395(1CD)
NX-B10
弦楽のためのイギリス音楽集 第2集
クリストファー・ウィルソン(1874-1919):弦楽オーケストラのための組曲(1901)
グランヴィル・バントック(1868-1946):弦楽オーケストラのためのセレナーデ「西の果てに」
 弦楽のための組曲「スコットランド、ハイランドの情景から」
南西ドイツ・プフォルツハイム室内O
ダグラス・ボストック(指)

録音:2020年7月1-3日
第1集が好評を博した「弦楽のためのイギリス音楽集」。第2集には後期ロマン派に属する2人の作品が収 録されています。バントックはバーミンガム総合大学音楽科教授を務めた作曲家で、長大な交響曲を残し たハヴァーガル・ブライアンの親しい友人としても名を残しています。セレナード「西の果てから」は1912年、 ヘレフォードで開催された「スリー・クワイア・フェスティヴァル」からの委嘱作品。ヘレフォードはイングランド西 部にあるため「西の果てから」と名付けられました。この曲を演奏したダグラス・ボストックが「この曲はセレ ナードではありません」と語ったほど、シンフォニックで簡潔に整理された厳しい表情を持つ素晴らしい"弦楽 のための交響曲"です。他にはバントックが愛したスコットランドの旋律が用いられた組曲と、シェイクスピアの 劇のための作品で知られるウィルソンの6つの小品で構成された組曲が収録されています。

CONTINUO Classics
CC777-739(1CD)
ドミニク・プローブスト(1954-):管弦楽作品集
(1)「群雲」序曲〜管弦楽のための(2014)
(2)「世界の期限」〜ロック・ミュージックのトリオと大編成のオーケストラのための(2006)
(3)「同じ波長で」〜ヴァイオリンと管弦楽のための(1999)
(4)「ヴェルサイユの1日」管弦楽のための(1991)
(5)恋人たちの死【詩:シャルル・ボードレール】ボーナス・トラック
(6)恋人たちの死〜ソプラノと弦楽四重奏のための(2014)ボーナス・ビデオ(Quiktime Playerで再生可能)
(1)エン・シャオ(指)スロヴェニアRSO
(2)ポール・ポリヴニック(指)
 リール国立O、
 マット・ザ・ファックス・トリオ
(3)パスカル・ロフェ(指)
 フランス放送PO、
 ディディエ・ロックウッド(ジャズ・ヴァイオリン)
(4)バンジャマン・レヴィ(指)カンヌO
(5)ジゼル・カザドゥシュ(朗読)、
 リュシアン・パスカル(朗読)
(6)タチアナ・プローブスト(S)、
 エルメスSQ
ドミニク・プローブストは1954年生まれのフランス現代作曲家。デュティユー門下ながら、作風はフランス音楽のいかなる系譜にも属さず、前衛的でありなが らジャズやロックの世界にも足を踏み入れております。このアルバムは1991年から2014年までの作品を収めており、その壮大な音楽をご堪能いただけます。
ボーナス・トラックには1980年にドミニク・プローブストがシャルル・ボードレールの詩を用いて作曲することを夢見ていたころに、プローブストの両親で偉大 な俳優だったジゼル・カザドゥシュ(1914-2017)、リュシアン・パスカル(1906-2006)が朗読した貴重音源も収録しております。日本語解説付。プローブ ストのアルバム「BA[L]LADES」(CC777-710)も好評発売中です。 (Ki)

Nimbus Alliance
NI-6408(1CDR)
ヴィジョンズ・オヴ・チャイルドフッド
マーラー(エルヴィン・シュタイン編):交響曲第4番より プロローグ
ワーグナー(ケネス・ウッズ編):ジークフリート牧歌
フンパーディンク(ケネス・ウッズ編):歌劇「ヘンデルとグレーテル」よりDer kleine Sandmann and Abendsegen
シューベルト(ケネス・ウッズ編):ます
マーラー(ケネス・ウッズ編):歌曲集「子供の不思議な角笛」より「この世の生活」
シューベルト(ケネス・ウッズ編):死と乙女
マーラー:交響曲第4番より 「天上の生活」
R.シュトラウス(ジェイムズ・レッジャー編):4つの最後の歌*
ケネス・ウッズ(指)イギリスSO、
エイプリル・フレデリック(S)*

録音:2020年7月26-28日、(イギリス)
イギリスSOの首席指揮者&芸術監督を務め、様々なレア作品、現代作品の録音に定評のあるケネス・ウッズがアレンジャーとしての力量も発揮したアルバム、「ヴィジョンズ・オヴ・チャイルドフッド(子供時代の幻影)」。エルヴィン・シュタインやジェイムズ・レッジャーがアレンジした室内楽版にケネス・ウッズ自身のチェンバー・アレンジによる「ジークフリート牧歌」、「ます」、「死と乙女」なども加えて、1つの作品にまとめ上げています。
2020年のコロナ禍の中で行わわれた録音で、ソプラノのフレデリック自身も感染してしまい、復帰後に収録が行われました。ほとんどの楽器が各1名ずつと少人数の編成で演奏できるように編曲されたものですが、どの曲も小編成とは思えない仕上がりで、とても自然な編曲となっています。むしろ、編成を小さくしたことによりそれぞれの楽器の輪郭が際立ち、きわめて美しい音楽となっています。フレデリックの歌唱も巧みでアンサンブルの中で活き活きとした歌声を披露しています。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

Delphian
DCD-34225(1CD)
レイモンド・ユー:ザ・ワールド・ワズ・ワンス・オール・ミラクル
ザ・ロンドン・シティズン・イクスシーディングリー・インジャード(管弦楽のためのシンフォニック・ゲーム)(2012)*
ザ・ワールド・ワズ・ワンス・オール・ミラクル (2016-17)+
交響曲(2014-15)#
デイヴィッド・ロバートソン(指)*、
アンドルー・デイヴィス(指)+、
エドワード・ガードナー(指)#、
BBCSO、アンドルー・ワッツ(C.T)#、
ロデリック・ウィリアムズ(Br)+

録音(ライヴ):バービカン・ホール*+&ロイヤル・アルバート・ホール#
※全曲世界初録音
レイモンド・ユー(Raymond Yiu)は1973年香港生まれ、10代後半からロンドンに移住。ほとんど独学で作曲を学び、洗練されながらも大胆で折衷的な独自のスタイルを開発してきた作曲家、ジャズ・ピアニスト、指揮者、音楽作家。Delphianからリリースされるレイモンド・ユーの管弦楽作品集は、アンドルー・デイヴィス、エドワード・ガードナー、デイヴィッド・ロバートソン、アンドルー・ワッツ、ロデリック・ウィリアムズといった超豪華アーティストたちによって演奏されてきた3つのライヴ(もちろん、世界初録音)。レイモンド・ユーの最初の主要なオーケストラ作品として2013年に英国作曲家賞(現:アイヴァーズ作曲家賞)にノミネートした「The London Citizen Exceedingly Injured」。2015年のBBCプロムス委嘱作であり、プロムスでガードナーが初演し話題を呼んだ「Symphony」。そして、国際アンソニー・バージェス財団の委嘱によりバージェスの生誕100周年のために作曲、マンチェスター国際音楽祭2017で初演され、ロイヤル・フィルハーモニック協会賞2018(大規模作曲部門)にノミネートされた、バリトンとSOのための連作歌曲「The World Was Once All Miracle」です。

ANALEKTA
AN2-8749(1CD)
イマージョン
1.ヴァレンティン・ハジャド:Flying
2.アルマンド・アマール:Human
3.ウーノ・ヘルメション:The Grandmaster Suite
4.オーラヴル・アルナルズ:1440 (Eulogy for Evolution)
5.アルマンド・アマール:Planet Ocean Suite:Underwater − I Come from the Ocean − Coral Tree
6.ダリオ・マリアネッリ:My Edward and I
7.ルドヴィコ・エイナウディ:Fly
8.マイケル・ナイマン:If
9.フィリップ・グラス:Facades
10.アルマンド・アマール:Inanna
11.レモ・アンツォヴィーノ:Water Lilies
12.オーラヴル・アルナルズ:Doria
13.ジョニー・グリーンウッド:There Will Be Blood:HW / Hope of New Field − Oil − Prospector’s quartet
14.スティーヴ・ライヒ:Duet
アンジェル・デュボー(Vn&揮)、
ラ・ピエタ

録音:2020年11月、サン=マチュー=ド=ブロイユ教会(ケベック、カナダ)
クラシック、現代音楽、映画やゲームの音楽など、さまざまなジャンルの作品を弦楽アンサンブルのためにアレンジした数多くのレコーディングで高い評価を得てきたアンジェル・デュボーと、彼女が創設した女性奏者のみの弦楽オーケストラ「ラ・ピエタ」による、映画音楽やミニマル系の作曲家を中心とした最新盤。ただひたすらに美しい、聴き手の心に深く染み入るような音楽を、情緒豊かな演奏で聞かせます。幅広いリスナーにおすすめしたい、感動的な1枚です。
「このアルバムには私の心に深く語りかけてくる作曲家たちが登場します。私が心の逃げ場としている音楽、そして善良さの源泉を見つけた音楽。時に精妙さや純粋さ、儚さ、瞑想的な優しさに満ちた音楽は、自分の感情を内省することができます。自分自身への没入(Immersion)。」(アンジェル・デュボー)


H.M.F
HMM-902655(1CD)

KKC-6367(1CD)
国内盤仕様
税込定価
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」
ペーテル・エトヴェシュ:ヴァイオリン協奏曲第3番「アルハンブラ」*
パブロ・エラス=カサド(指)
パリO
イザベル・ファウスト(Vn)*

録音:2019年9月、グランド・サルル・ピエール・ブーレーズ、フィルハーモニー・ド・パリ
2020年度のレコード・アカデミー賞大賞受賞したスペイン生まれの指揮者パブロ・エラス=カサド。深い解釈と高い説得力、そしてバロックから現代音楽ま での広いレパートリー、さらには、フライブルク・バロック・オーケストラ、バイエルンRSO、マーラー・チェンバー・オーケストラ、ミュンヘン・フィルハー モニーO、フィルハーモニアOと様々なオーケストラと共演・録音を行っていることを見れば、彼の多才さがよく分かります。
今回録音されたのは、1913年パリのシャンゼリゼ劇場で初演され、一大センセーションを巻き起こしたストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」。反バ レエ的な動き、バレエ界にとって大スキャンダルでもありましたが、同時に聴衆を驚かせたのは、5管編成という独特のオーケストラ編成から生み出される響き、 そして不規則で鋭いアクセント、変拍子というストラヴィンスキーの斬新な音楽です。 エラス=カサドの明晰な解釈とパリ管による精緻で多彩な色彩感をもつ演奏、個性的なパリ管の奏者たちの楽器一つ一つが良く響き、最高のアンサンブルで奏 でています。第1部では、土着的な要素よりも知的で洗練された印象ですが、第2部では万華鏡のように、光と色彩が目まぐるしく変化する演奏、それを躍動 的かつ鮮やかに引き出すエラス=カサドの手腕にも脱帽です。
カップリングのペーテル・エトヴェシュのヴァイオリン協奏曲第3番「アルハンブラ」。この作品は2019年7月12日にスペインのグラナダ音楽祭の委嘱作 品として、イザベル・ファウスト、エラス=カサド指揮マーラー・チェンバー・オーケストラによって初演されています。スペイン・グラナダにある有名なアルハン ブラ宮殿に触発され、そして初演者であるイザベル・ファウスト、エラス=カサドの二人に捧げられています。エトヴェシュは、「宮殿の噴水、その次元、周囲の山々、 アンダルシアの素晴らしい夕日、これらすべてが私の作品の一部となりました。私が画家であったらそれを描いていたでしょう。」と語っています。また作品には、 二人の名前が音名として隠されています。

APARTE
AP-243(1CD)
訛り
ボロディン(ヴァンサン・ポーレ編):だったん人の踊り
ドビュッシー(ベンノ・ザックス編):牧神の午後への前奏曲
コープランドアパラチアの春(原典版)
ヴィラ=ロボス(グスタボ・デ・サ編):ショーロス第5番
ソフィー・ラカーズ:無言の物語*
シモーネ・メネゼス(指)
アンサンブルK
ノン・ガリー(Vn)、
カツペル・ノヴァーク(Vc)、
マーラ・ドブレスコ(P)*

録音:2020年7月6-9日/トゥールコワン音楽院講堂
1977年ブラジル出身の女性指揮者シモーネ・メネゼス率いるアンサンブルKのデビュー・アルバム。アコーディオンも含む13人から成る若きアンサンブルで、 フレッシュな感覚が魅力。さまざまな出自からなる彼らが5つの民族の作品から、その言語と同じく音楽にもある「訛り」を追求しています。 ロシア東方のアジア系民族の音楽であるボロディンの「だったん人の踊り」と南米ブラジルのヴィラ=ロボスに不思議な親近性があったり、コープランドの「アパ ラチアの春」が13楽器のための原典版を使用するなど多くの発見に満ちています。1963年生まれのフランスの女性作曲家ソフィー・ラカーズ作品はアンサンブルのメンバーによるピアノ三重奏。オーストラリアのアボリジニの音楽に基づき、原 始的な活力がロックを思わせる作風となっています。 (Ki)
APARTE
AP-246(1CD)
タンゴ
(1)グラシエラ・プエヨ:ストラス・メディアノーチェ
(2)アウグスティン・バルディ:何という夜
(3)同:盲目の雄鶏
(4)カルロス・ガルデス:帰郷
(5)フアン・ダリエンソ:7月9日
(6)オラシオ・サルガン&ウバルド・デ・リオ:ワルツ
とお前
(7)ピアソラ:オブリビオン
(8)同:リベルタンゴ
(9)エドゥアルド・アロラス:適切な
(10)クリストフ・ジュリアン:ヴァレンティノ組曲(全4曲)
パスカ ル・コン テ(アコーディオン )
ポール・メイエ(指)
ワロニー室内O

録音:2020年1月8-10日/アルソニック(モンス、ベルギー)
1963年生まれのフランスのコンテンポラリー・アコーディオン奏者パスカル・コンテ。様々なジャンル、様々な楽器とのコラボを意欲的に続けてきた彼が、今 回オーケストラ伴奏でタンゴに挑戦。大半がタンゴの巨匠の作で、王道的な世界を堪能できます。新作では1972年生まれのフランスの作曲家クリストフ・ジュリ アンがサイレント映画のスター、ルドルフ・ヴァレンティノを題材にした組曲も注目。オーケストラの指揮を名クラリネット奏者ポール・メイエが務めているのも興味 津々です。 (Ki)

新書館
DB20-1102
(Bluray)
税込定価
ミラノ・スカラ座&バレエ/ルドルフ・ヌレエフ振付
「眠れる森の美女」
セミオノワ&アンドリヤシェンコ
オーロラ姫:ポリ ー ナ・ セミオノワ
デジレ 王子:ティモ フェイ・ アンドリヤシェンコ
リラ の 精:エマヌエラ・ モンタナー リ
カラ ボス ベアトリーチェ・ カルボーネ
妖精:ニコレッタ・ マ ン ニ 、 カテリーナ・ ビアン キ 、 マリア・ セレステ・ ローザ、 マ ルティーナ・ アルドュイノ
青 い 鳥:クラウディオ・ コヴィ エッロ
フロリナ 王女:ヴ ィットリア・ ヴ ァレ リオ ほ か ミラノ・スカラ 座 バレエ
振付 ・ 演出:ルドルフ・ ヌレエフ
振付指導:フロ ー ランス・ クレール
音楽:ピョートル・ I ・ チャイコフスキー
舞台芸術・ 衣裳 フランカ・ スクァルチャピーノ
照明:マルコ・ フィリベック
指揮:フェリックス・ コロボフ
演奏 ミラノ・ スカラ座 O

収録:2019年6月 26・29日

※初回限定特典:マスクケース
美しくダイナミックな踊りで人気のセミオノワ。彼女の当たり役オーロラ姫の映像が登場!王子は甘いマスクで人気急上昇のアンドリヤシェンコ。スカラ座ならでは の絢爛豪華なヌレエフ版!
オーロラ姫を演じるポリーナ・セミオノワ。日本でも大人気で、強靭なテクニックと華やかなオーラで魅せるオーロラ姫は彼女の美質を最大限に味わうことがで きます。
デジレ王子を踊るのはリトアニア出身のティモフェイ・アンドリヤシェンコ。ノイマイヤーが「椿姫」アルマン役に大抜擢し、2018年ミラノ・スカラ座バレエのプリ ンシパルに。ロイヤル・バレエ「ロミオとジュリエット」にも招かれるなど世界が注目のバレエ界の新たな貴公子です。
初回封入特典としてマスクケースが付きます。(なくなり次第終了) (Ki)

フォンテック
FOCD-2586(1CD)
税込定価
2021年3月31日発売
現代日本の作曲家 シリーズ第56 集〜鈴木純明(1970 - ):作品集

(1)明るい方へ 〜6 人の奏者のための(2012)

(2)ヴォルフィエド 〜アルト・サクソフォン独奏と7 人の奏者のための(2015)

(3)うさぎファンタジア 〜サクソフォンと管弦楽のための(2019)

(4)ラ・ロマネスカII ―ペトルッチの遍歴 〜管弦楽のための(2013)
(1)安良岡章夫(指)、多久潤一朗(Fl)、鈴木生子(Cl)、寺岡有希子(Vn) 、甲斐史子(Va)、松本卓以(Vc)、及川夕美(P)
(2)阿部加奈子(指)、原博巳(サクソフォン独奏) 、トーキョー・アンサンナブル・ファクトリー 、加治佑子(Hrn) 、岩崎愛子(打楽器) 、松岡麻衣子・迫田圭(Vn) 、藤原歌花(Va) 、山澤慧(Vc) 、佐藤洋嗣(Cb)
(3)小鍛冶邦隆(指)、大石将紀(Sax)、東京SO
(4)杉山洋一(指)新日本フィルハーモニーSO
現代日本の作曲による創作活動の成果である作品の記録を、系統的・持続的に行う必要を満たすべく、リリース を開始したCD シリーズ"現代日本の作曲家。 昨年(2020 年)発売の「藤井喬梓 作品集」(FOCD2585)に 続く第56 集は、ルネッサンス以来の西洋音楽の伝統との距離(引用)、また"音楽における時間と記憶”に繊細な 感陛をもって独自の作品を創造する作曲家 鈴木純明の作品集です。 鈴木は1970 年東京生まれ。2000 年、東京藝術大学大学院修士課程修了後、1997 年一2002 年、パリ国立 高等音楽院で学びました。2003 年にはIRCAM(フランス国立音響音楽研究所)作曲研修課程(CURUS)修了。 第64 回日本音楽コンクール、第18 回日本交響楽振興財団作曲賞、ガウデアムス国際音楽週間、99 等に入選、 2014 年、オーケストラのための「ラ・ロマネスカII ― ペトルッチの遍歴」で、第24 回芥川作曲賞を受賞。作 品は、ザグレブ現代音楽ビエンナーレ、レゾナンス 2003(パリ)、モンテカルロ春の芸術祭(モナコ)、ミュー ジック・フ ロム・ジャパン(ニューヨーク)等の音楽祭で初演され、アンリ・ルモワンヌ社(パリ)、全音楽譜出 版社等から出版されています。 現在、東京藝術大学音楽学部作曲科准教授、桐朋学園大学非常勤講師、21 世紀音 楽の会、日本現代音楽協会、フランス著作権協会(SACEM)会員を務めています。 50 曲に及ぶ鈴木の作品ですが、今回のCD は彼の音楽のテーマでもある「既存の音楽の引用」が取り分け顕著 な管弦楽作品、及び最新作での構成です。 現代音楽ファンのみならず、聴く人を新しい音響世界へと誘う1 枚です。 (フォンテック)

Goodies
78CDR-3828(1CDR)
税込定価
モーツァルト:セレナード第13番ト長調 K.525「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」
セレナード第10番変ロ長調 K.361(370a)「グラン・パルティータ」(抜粋)
レオ・ブレッヒ指揮
ベルリン国立歌劇場O

英 HMV EJ326/7(K.525)
英 HMV DB4401/2(K.361)
1928年8月30日(K.525)& 1931年頃(K.361)ベルリン録音
レオ・ブレッヒ(1871-1958)はドイツのユダヤ系指揮者。ベルリン高等音楽院で ピアノと作曲を修め、1893年にアーヘン市立歌劇場の指揮者になった。1899年 プラハ・ドイツ歌劇場に転出、オイゲン・ダルベルトの歌劇「低地」を初演し た。1906年にベルリン国立歌劇場の指揮者に任命され、1913年に総監督に昇進、 以降シャルロッテンブルク歌劇場(現ベルリン・ドイツ・オペラ)、ベルリン・ フォルクスオーパー、ウィーン・フォルクスオーパーの指揮者を歴任。その後 ベルリン国立歌劇場に復帰し、1937年までに2846回の公演を指揮した。1937年 にラトヴィアのリガ国立歌劇場の音楽監督に転出、1940年にラトヴィアがソビ エト連邦に占拠されると、モスクワやレニングラードに客演して大成功を収め、 モスクワ音楽院の院長を要請された。ブレッヒはこれを断りリガに戻ったが、 1941年ドイツ軍がリガに侵攻したとき、親しかったナチスの文芸部員の仲介で 秘密りにスエーデンに亡命、かねてから要請されていたストックホルム王立歌 劇場の楽長に就任した。戦後の1949年にドイツに帰国、シャルロッテンブルク 歌劇場の音楽監督に就任した。ブレッヒは1926-7年にフリッツ・クライスラー (1875-1962)と共演したベートーヴェン、メンデルスゾーン、ブラームスのヴァ イオリン協奏曲の録音で名前が知られているが、その波瀾の生涯はほとんど知 られていなかった。 復刻には「音のエジソン」 http://www.otono-edison.com/ SPレコード専用 MC型カートリッジ(3mil針)とコルグのNu1 DSD録音機を使用した。(グッディーズ)

CD ACCORD
ACD-282(1CD)
NX-C03
クルピンスキ/ドブジンスキ/モニューシュコ: 作品集
カロル・クルピンスキ(1785-1857):エレジー ハ短調(J.ティエルによる補筆完成版)*
イグナツィ・フェリクス・ドブジンスキ(1807-1867):交響曲第2番ハ短調 Op. 15「性格的」#
モニューシュコ(1819-1872):おとぎ話(冬物語) -大オーケストラのための幻想的序曲#
ヤロスワフ・ティエル(指)
ヴロツワフ・バロックO

録音:2020年9月17-20日ヴィトルト・ルトスワフスキ・ナショナル・フォーラム・オブ・ミュージック・メイン・ホール、ヴロツワフ(ポーランド)
*=世界初録音
#=ピリオド楽器による世界初録音
A=438Hz
このアルバムに登場する3人の作曲家が生きた時代は、1772年のロシア、プロイセン、オーストリアによる 「ポーランドの分割に関する条約」に象徴されるように、ポーランドという国自体の存在すら認められない厳しい ものでした。パリへ亡命したショパンとは違い、彼らはポーランドに留まり、ローカルな文化水準を引き上げるた めに尽力しましたが、その作品のほとんどは散逸してしまい、現代でも顧みられることはあまりありません。指揮 者ヤロスワフ・ティエルは、当時の楽器を用いて録音を行い、歴史に埋もれてしまった作品に新たな光を当て てました。

IBS CLASSICAL
IBS-172020(1CD)
エネコ・バディーリョ(1973-):作品集
Renascencias ルネッサンス(2015/2018改訂)
Antibes アンティーブ(2001/2011改訂)
Selene セレーネ(2010)
Sabah サバ(2006/2016改訂)
Transparences 透明性(2010)
Ar-Rayhan アル=ライハン(2012)
Anima 魂(2007/2010改訂)
ザーイル・アンサンブル
フアン・ガルシア・ロドリゲス(指)

録音:2010年2月2日、2011年12月1日、2012年6月4日、2014年2月4日、2019年10月30日
エネコ・バディーリョはマラガ音楽院でピアノと音楽理論を学んだ後、マドリード音楽院で作曲の学位を取得、ロ ンドンの王立音楽大学ではジュリアン・アンダーソン、ジョージ・ベンジャミンらに師事した作曲家です。彼の作品 は、フランスのIRCAMに端を発する「スペクトル楽派=音響現象を音波としてとらえ、その倍音を解析、理論的 に合成する方法論を用いる作曲家の一群」からの影響を受けており、ユニークな響きに満ちたその作品は、世 界各国で演奏されるだけではなく、さまざまなメディアや視聴覚作品で重用されています。この「ANIMA」と題さ れたアルバムには2010年以降に作曲された作品と、改訂された作品を収録。現在のバディーリョの作風が窺え ます。

BIS
BISSA-2412
(1SACD)
『ロシアン・スペクタキュラー』
(1)ムソルグスキー(リムスキー=コルサコフ編):交響詩『禿山の一夜』
(2)ムソルグスキー(ラヴェル編):『展覧会の絵』
(3)バラキレフ(リャプノフ編):『イスラメイ』
(4)ボロディン(リムスキー=コルサコフ―リャードフ編):『ダッタン人の踊り』【「序章」アンダンティーノ/「娘達の踊り」
アンダンティーノ」/「男達の踊り」アレグロ・ヴィーヴォ/「全員の踊り」アレグロ/「少年達の踊りと男達の踊り」プレスト/「娘達の踊り」モデラート・アラ・ブレーヴェ/「少年達の踊りと男達の踊り」プレスト/「全員の踊り」アレグロ・コン・スピリート/ピウ・アニマート】〜歌劇『イーゴリ公』第2幕第17番より
(4)シンガポール交響cho、
(4)シンガポール交響ユースcho、
ウォン・ライ・フーン(コラールマスター)
ラン・シュイ(指)、
シンガポールSO

録音:2018年7月/エスパラネード・ホール(シンガポール)
『ロシアン・スペクタキュラー』と題された当アルバムにはロシアを代表する作曲家の名作を大作曲家が編曲した管弦楽作品集!なんと いっても編曲した作曲家の個性が反映され、原曲を勝る魅力を放っているのが興味津々です。
交響詩『禿山の一夜』はムソルグスキー没後、未発表だった作品からリムスキー=コルサコフが編曲し有名になった作品。ムソルグスキーへの敬愛と思いがつまっ た名編曲です!
バラキレフの『イスラメイ』の原曲は、コーカサスの民族舞曲をもとにしたエキゾティシズムを華やかな技巧で表現したピアノ独奏の超難曲。この作品を同じくピ アノの超絶技巧作品を残したリャプノフが管弦楽にアレンジしました。この編曲版はゲルギエフ(指)キーロフ歌劇場O(現マリインスキー劇場O)が 録音しその知名度があがりました。オーケストラ版もやはり高度な技巧を要する、独特の魅力を持った唯一無二の存在です。
メインはやはりラヴェル編の『展覧会の絵』!ラヴェルのキラキラとした眩い編曲は圧巻の一言です。そして、リムスキー=コルサコフ―リャードフ編の『ダッタン 人の踊り』は合唱付!アルバム・タイトル通りのロシアの壮観さ、華やかさを堪能できる内容です。当団は色彩豊かかつ明瞭にこれらの名曲を演奏しております!
1997年にシンガポールSOの音楽監督に就任し、今や一流のアンサンブルにしあげたラン・シュイ。ラン・シュイは2019年まで当団の音楽監督をつと め、現在は桂冠指揮者として共演を続けております。BISレーベルから数多くの録音を発表しており、R・シュトラウスの管弦楽曲集(KKC-6271 / BIS SA-2342)はレコード芸術特選盤ほか、各誌で絶賛されています。 (Ki)

ONDINE
ODE-1385(1CD)
NX-B04
ラヴェル:管弦楽曲集
ラ・ヴァルス/道化師の朝の歌
スペイン狂詩曲/海原の小舟
亡き王女のためのパヴァーヌ/ボレロ
バスク国立O
ロバート・トレヴィーノ(指)

録音:2020年10月14-17日クルサール国際会議場・公会堂、サン・セバスチャン(スペイン)
2019年に首席指揮者として就任したばかりのマルメSOを颯爽と指揮し、ベートーヴェンの交響曲全曲を録音、2020年にONDINEレーベル からリリース(ODE-1348)し、高く評価されたロバート・トレヴィーノ(1984年生まれ)。 彼の新しいアルバムは、バスク国立Oを率いてのラヴェルのオーケストラ作品集です。 フランスの作曲家としてカテゴライズされるラヴェルですが、母親はバスク人。フランス領バスク地方で生まれ、3か月後には移住してしまったものの、 母親の影響もありバスク文化に高い関心を持っていました。その文化のお膝元であるバスク国立Oによる貴重なラヴェル録音の登場です。 冒頭の「ラ・ヴァルス」から「亡き王女のバヴァーヌ」を経て最後の「ボレロ」までの6曲、ラヴェルのバスク地方への憧れを描き出すとともに、オーケストラ からは魔法のように精緻な響きを紡ぎだすトレヴィーノの手腕をご堪能いただけます。2021年、大注目間違いなしの1枚と言えるでしょう。

GENUIN
GEN-21740(1CD)
「モーツァルト=サリエリ」
モーツァルト:セレナード第 10 番変ロ長調 K.361「グラン・パルティータ」
サリエリ(ヘルマン編):「トロフォニオの洞窟」序曲*
サリエリ夜の神殿のためのアルモニア 変ホ長調 *
 小セレナータ 変ロ長調#$
アルモニア・アンサンブル

録音:2016年4月2-4日,2017年10月18日*,2004年春#、ライプツィヒ
モーツァルトの傑作「グラン・パルティータ」に、サリエリの作品も加えた管楽合奏(独ハル モニームジーク,伊アルモニア)作品集。サリエリの「夜の神殿のためのアルモニア」は、ベー トーヴェンの「フィデリオ」を発案した男爵ペーター・フォン・ブラウンがウィーン近郊シェーナ ウに建てた別荘「夜の神殿」の天井に設置された機械仕掛けのためのもの。5 分強の短い曲 だがたいへん魅力的な音楽で、サリエリの良さが凝縮されています。。 アルモニア・アンサンブルは 2000 年結成の管楽合奏団。たいへん素晴らしい演奏だと思っ たら、彼らはライプツィヒ・ゲヴァントハウスOの団員達、つまりライプツィヒ・ゲヴァント ハウスOの管楽器部門による演奏。さすがの演奏です。なお「グラン・パルティータ」 は指示通りコントラバスを用いて演奏しています。

NIFC
NIFCCD-060(1CD)
フェリクス・ノヴォヴィエイスキ(1877−1946):バレエ 「風の王」序曲 Op.37、
 歌劇 「バルトの伝説」序曲 Op.28
イグナツィ・フェリクス・ドブジンスキ(1807−1867):交響曲第2番ハ短調 Op.15 「性格的」
グジェゴシュ・ノヴァク(指)
シンフォニア・ヴァルソヴィア

録音:2016年8月24日&8月19日、ワルシャワ・フィルハーモニー・コンサート・ホール(ポーランド)
ポーランド国立ショパン研究所(NIFC)が主催する「ショパンと彼のヨーロッパ国際音楽祭」のライヴ録音シリーズ。2016年のライヴから、グジェゴシュ・ノヴァクが振ったドブジンスキの交響曲第2番&ノヴォヴィエイスキの序曲集が登場!
フェリクス・ノヴォヴィエイスキ(1877−1946)は、ベルリンでブルッフに作曲を学び、クラクフ芸術協会の芸術監督を務め、ポーランド独立後はポズナンに定住し第二次世界大戦後まで生きた作曲家。
ショパンと同世代のポーランド初期ロマン派の作曲家、イグナツィ・フェリクス・ドブジンスキ(1807−14867)は、祖国に戻ることのなかった(戻れなかった)ショパンとは対照的に、帝政ロシアの圧政下にあったワルシャワで活動した作曲家。ショパンの師でもあるユゼフ・エルスネルに作曲を学び、エルスネルは管弦楽、合唱、室内楽の分野における和声と対位法の扱いについてはショパンよりも才能を見出していたそうです。交響曲第2番は1831年の「11月蜂起」をきっかけに書かれ、1835年のウィーンでのコンクールで第2位を受賞、1839年にライプツィヒで指揮したメンデルスゾーンから賞賛されたという作品。当初は「コンクール用交響曲」として知られていましたが、後により刺激的で国民性が強調された「ポーランド音楽の精神に基づく性格的(特徴的)交響曲」というタイトルが付けられおり、各楽章にポーランドの舞曲(ポロネーズ、クヤヴィアク、メヌエット/マズルカ、クラコヴィアク)が関連付けられています。
ワルシャワのテアトル・ヴィエルキ(ポーランド国立歌劇場)の音楽監督、英国ロイヤル・フィルの常任副指揮者を務めるポーランドの名匠グジェゴシュ・ノヴァクがシンフォニア・ヴァルソヴィアを振ったこの録音では、緩徐楽章の「エレジー」は1862年版(弦楽六重奏曲 Op.39の音楽を再利用して置き換えたバージョン)を使用しています。

HUNGAROTON
HCD-32847(1CD)
弦楽セレナード第3集〜ハーバート、エルガー、フックス、シューベルト
ハーバート:セレナード ヘ長調 Op.12〜弦楽オーケストラのための
エルガー:セレナード ホ短調 Op.20〜弦楽オーケストラのための
フックス:弦楽セレナード第1番ニ長調 Op.9
シューベルト(ナフティン編):セレナード〜「白鳥の歌」より
アニマ・ムジケ室内O

録音:2020年/フンガロトン・スタジオ(ハンガリー)
リスト音楽院の首席メンバーにより2010年に創設された新進気鋭の名人集団アニマ・ムジケ室内Oによる弦楽セレナード集。第1集【ドホナーニとチャ イコフスキー】(HCD-32764)、第2集【スークとドヴォルザーク】(HCD-32824)に続く第3集はロマン派に焦点を当て、ハーバート、エルガー、フックス、 シューベルト(マシュー・ナフティン編)の作品を収録しました!
「ライト・オペラ」と呼ばれた草創期のミュージカルの作曲で人気を集めたヴィクター・ハーバート(1859-1924)の弦楽セレナードは38歳の時に書かれま した。舞台音楽を熟知したハーバートらしいメロディアスな作品です。オーストリアのロベルト・フックス(1847-1927)は弦楽セレナードを複数のこしています が、当録音では第1番を収録。旋律美豊かな弦楽の響きが最大の魅力です。この他、30代半ばに書き上げたエルガーの弦楽セレナード、そしてシューベルトの白鳥 の歌からの「セレナード」も聴き逃せません。
アニマ・ムジケ室内Oは古楽から現代まで、ジャンルはハンガリーの伝統音楽からクラシックの室内楽の主要なレパートリーを網羅し、定期演奏会をはじ め各地での音楽祭に参加し国内では定評のあるユース・オーケストラ。デビュー録音となったモーツァルトの名曲ディヴェルティメント集(HCD-32752)でも抜 群のアンサンブル力で高く評価されております。当演奏でもさらに磨きのかかった演奏を聴かせます。 (Ki)

MDG
MDG-90121856
(1SACD)
イベール:管弦楽作品集
ルイヴィル協奏曲
交響組曲「パリ」
フルート協奏曲
海の交響曲
交響組曲「寄港地」
ヘレン・ダブリングハウス(Fl)
ブランデンブルクSO
ペーター・ギュルケ(指)
色彩豊かな洗練された楽曲が印象的であるフランスの作曲家ジャック・イベール:(1890-1962)。パリ音楽院時代には「フランス六人組」として知られるミヨー やオネゲルらと親交も深く、優秀な成績で卒業、フランスに於ける作曲家の登龍門である「ローマ大賞」を受賞、作曲ジャンルも幅広く現在でも数多くの作品が演 奏されている人気作曲家です。また昭和15年に開催された「紀元二千六百年記念行事」のための祝典曲を日本政府から依頼され「祝典序曲」を作曲するなど、日本 との意外な関係もあります。しかし第一次大戦で海軍士官を務めるなどフランスを長く離れていたことから、「6人組」のメンバーとして数え入れることはありませ んでした。
本盤は、イベール:の主要作品をペーター・ギュルケ指揮ブランデンブルクSOによる演奏で録音しています。アメリカのルイヴィルOのために書いた「ル イヴィル協奏曲」。 パリの様々な情景を描写した6曲から成る「交響組曲パリ」。現代フルート奏法の基礎を作ったマルセル・モイーズのために書かれた「フルート協 奏曲」はヘレン・ダブリングハウスの煌びやかな演奏で華やかに奏でられます。『SOSフォック号』という遭難船からの救出を描いた映画のために書かれた「海の 交響曲」。そしてイベール:を代表する交響組曲「寄港地」。異国情緒に富む作品をペーター・ギュルケ指揮ブランデンブルクSOが鮮やかに描き出しています。 (Ki)

Capriccio
C-8053(2CD)
NX-B05
パンチョ・ヴラディゲロフ(1899-1978):管弦楽作品集 第2集
ブルガリア狂詩曲 「ヴァルダル」 Op. 16
7つの交響的ブルガリア舞曲 Op. 23
2つのブルガリア・パラフレーズ Op. 18 No. 2 「ラヘニストサ」
ブルガリア組曲 Op. 21
4つの交響的ルーマニア舞曲 Op. 38
2つの交響的ルーマニア素描 Op. 39
バルカン舞曲 Op. 6
管弦楽のための4つのワルツ
原始のダンス Op. 53
フォックストロット
グリゴラス・ディニーク(1889-1949):ホラ・スタッカート(ヴラディゲロフによるオーケストラ編)
パンチョ・ヴラディゲロフへのインタビュー(ブルガリア語)
アレクサンドル・ヴラディゲロフ(指)
ブルガリア国立RSO

録音:1970-1975年バルカントン、ソフィア(ブルガリア)
パンチョ・ヴラディゲロフはブルガリアの近代作曲家。1933年にはブルガリア現代音楽協会の創立メンバーに名を連ねるなど、ブルガリア音楽史に名を 遺す重要な人物です。この2枚組には、ブルガリアの民謡や、周辺ヨーロッパの民謡をふんだんに採り入れた管弦楽作品を中心に収録。この中には ヴラディゲロフ作品の中でも最も頻繁に演奏されたブルガリア狂詩曲「ヴァルダル」や、ヴラディゲロフ自身が管弦楽版に編曲した「ホラ・スタッカート」も 含まれています。ここでタクトを振っているのは、彼の息子アレクサンドル(1933-1993)。偉大な父の音楽を未来に継承するために見事な演奏を披 露。またボーナス・トラックとしてヴラディゲロフへのインタビュー(ブックレットに英語、ドイツ語訳掲載)も収録されています。

CPO
CPO-555179(1CD)
NX-B10
フィリップ・ファールバッハ1世(1815-1885)&フィリップ・ファールバッハ2世(1843-1894):ポルカ、ワルツと行進曲集
1. ギャロップ「Storchschnabel コウノトリ」 Op. 149 (II)
2. フランス風ポルカ「Aus Sympathie 同情から」 (II)
3. ワルツ「Ocarina オカリナ」 Op. 330 (I)
4. ギャロップ「Fluide 液体」 Op. 133 (II)
5. ポルカ「La Perle du Bresil ブラジルの真珠」 (II)
6. ワルツ「Traum der Liebe 愛の夢」 Op. 341 (II)
7. ポルカ・シュネル「Zirkus サーカス」 Op. 110 (II)
8. ポルカ・マズルカ「Souvenir a Madrid マドリードのおみやげ」 Op. 304 (II)
9. 行進曲「Columbus コロンブス」 Op. 332 (II)
10. ワルツ「Pariser Opernball-Tanze パリのオペラ舞踏会」 Op. 147 (II)
11. フランス風ポルカ「Im Kahlenberger Dorfel カーレンベルクの村で」 (II)
12. 行進曲「Wiener Weltausstellungs-Marsch ウィーン万博」 Op. 90 (II)
13. レントラー風ワルツ「s’Schwarzblatl aus’n Weanerwald ウィーンの森のツノメドリ」 Op.61(I)
14. ポルカ・シュネル「Talmi タルミ」 Op. 304 (I)
クリスティアン・シモニス(指)
ニュルンベルクSO

録音:2017年3月2-4日バイエルン放送、スタジオ・フランケン(ドイツ)
19世紀ヨーロッパで大流行したウィンナ・ワルツ。このアルバム収録曲の作曲家、フィリップ・ファールバッハ親 子は、ヨハン・シュトラウス1世やヨーゼフ・ランナーから認められたワルツ作曲家でした。父のファールバッハ1 世は幼少期から音楽の才能を示し、10歳の時にヨハン・シュトラウス1世の楽団に所属、フルート奏者を 務めています。20歳の時に独立し、自身のオーケストラとともに演奏旅行を続け、シュトラウス1世の没後 はウィーンの宮廷舞踏会音楽監督を引き継ぎ、更にワルツを広めました。彼の息子ファールバッハ2世は 11歳の時に指揮者として演奏会を行い、やがて父のオーケストラを引き継ぎ活躍、ヨハン・シュトラウス2世 の良きライバルとして名を馳せます。しかし、楽譜の保存状態が悪かったためか、2人の作品は演奏機会を 逸してしまい、現在ではほとんど演奏されることがありません。このアルバムでは、彼らの作品の中で最も知 名度が高い、2世のフランス風ポルカ「カーレンベルクの村で」を含む、香り高い14曲のポルカ、ワルツと行進 曲を楽しめます。

Da Vinci Classics
C-00249(1CD)
カンビッサ:管弦楽作品集
管弦楽のための5つの小品
管弦楽のための協奏曲第1番
管弦楽のための協奏曲第2番
管弦楽のための協奏曲第4番
モルドバ国立PO
マッシミリアーノ・ドニネッリ(指)

録音:2019年8月26日−9月3日、キシナウ・フィルハーモニー劇場(モルドバ)
スイスのボーディオ出身の指揮者であり作曲家ジョルジオ・カンビッサ(1921−1998)の主要作品を集めた管弦楽作品集は、モルドバのオーケストラとイタリアの指揮者のコンビによる2019年の新録音。
作曲をジョルジョ・ゲディーニとヴィート・レヴィに、指揮法をアントニオ・グァルニエリとヘルベルト・フォン・カラヤンに学んだカンビッサ。
1961年のエリザベート王妃国際音楽コンクールの作曲部門(室内楽)で第1位を受賞し、1962年から1980年にかけてはボルツァーノ音楽院の院長、その後、1989年まではローマ音楽院の院長とサンタ・チェチーリア・アカデミーのメンバーを務めるなど、作曲家、教育者としての功績がクローズアップされがちなカンビッサですが、指揮者としてもバックハウスやコルトー、ギーゼキング、グリュミオーといった巨匠たちと共演を重ねた実力者としてイタリアの音楽史にその名を残しています。

スリーシェルズ
3SCD-005(1CD)
税込定価

※初回プレス枚数300組
湯浅譲二の映画音楽〜松本俊夫監督作品
【収録作品】
湯浅譲二作曲/松本俊夫監督
1-19.『薔薇の葬列』(1969)
20-41.『母たち』(1967)
42-59.『わたしはナイロン』(1962)
企画監修:川崎弘二、西耕一
解説:阪本裕文
協力:湯浅譲二、湯浅玲奈
作曲家・湯浅譲二氏が保管していたマスターテープを発掘&高音質デジタル 化! これまで1 度も音盤化されていない湯浅譲二作曲、松本俊夫監督作品から3 作 が初CD 化です! トールケース仕様・特殊 A5 判のジャケットは両面カラーで写真家・遠藤正による 『薔薇の葬列』のスチール写真を使用。全24 ページの付属冊子には、松本俊夫 監督と親交のあった映像研究者・阪本裕文による詳細な解説や、湯浅譲二作 曲・松本俊夫監督によるフィルモグラフィーを掲載しています。
【薔薇の葬列】
エレクトーンの電子サウンドが不条理なる美しさを掻き立てる。
【母たち】
ピアノ、カリンバ、赤ちゃんが母を呼ぶ声など。世界各地の母を巡る音楽。湯浅&松本だけでなく、寺山修司も作詩で加わった。
【わたしはナイロン】
日野皓正のトランペット演奏が心地よく響く湯浅ジャズ。コーラスや電子音も加わり、前衛的かつ爽快なサウンドを展開。
スリーシェルズ
3SCD-0060(1CD)
税込定価

※初回プレス枚数500組
湯浅譲二/EXPO’70「せんい館」のための音楽
【収録作品】
湯浅譲二作曲
1-22.スペース・プロジェクション「アコ」の音楽
23-27.ファッション・ショーの音楽
28.回廊A の音楽「パターンスライドの音楽」
29.回廊B の音楽「カラーゴーラウンドの音楽」
30-33.回廊B の音楽「カラーゴーラウンドの音楽素材1-4」
34.ルネ・マグリットの男の音楽「人形A その1」
35.ルネ・マグリットの男の音楽「人形A その2」
36.スペース・プロジェクション「アコ」の音楽(完成版)
企画監修:川崎弘二、西耕一
解説:阪本裕文
協力:湯浅譲二、湯浅玲奈
今回、CD 化されるのは、せんい館の天井、床などを取り囲む25系統のスピーカ ー群で再生された多チャンネル音源ではなく、テープ加工・編集用の素材として 収録された2ch のオーケストラ曲のマスター音源です。 しかし、それは「素材」といってしまうにはあまりに勿体ない。それだけでも鑑賞で きる作品でした。これまで知られた音源より数段鮮度の高いサウンドも必聴で す。これは大発見と言って良いでしょう。 同じく湯浅譲二氏保管マスターテープには「スペース・プロジェクションのための 音楽」も、これまで知られているものより音質の良いものが記録されていました。 こちらも新発見です。 今回は、純粋な管弦楽のみの版と、完成版の両方を収録して比較鑑賞が可能と なりました。
トールケース仕様・特殊 A5 判のジャケットは両面カラーで写真家・遠藤正による 大阪万博せんい館のスチール写真を使用。附録冊子は2 種類。 ・川崎弘二「日本万国博覧会の電子音楽第1 巻・せんい館」(40 ページ) ・写真家・遠藤正による「せんい館写真集」(8 ページカラー) 『日本の電子音楽』『武満徹の電子音楽』などで知られる川崎弘二とスリーシェル ズの西耕一の共同企画で作られた湯浅譲二CD 完成です!

Indesens
INDE-146(1CD)
静かな都市
コープランド静かな都市
ホヴァネス:復活 Op.71より アリア
デュパルク:前世
パーシケッティ:空ろな人々
ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」より 第2曲「古城」
ホヴァネス:聖グレゴリウスの祈り
マーラー:交響曲第1番「巨人」より 花の章
エネスコ(オーケストレーション:リシャール・デュビュニョン):伝説
ピアソラ(編曲:リシャール・デュビュニョン):アディオス・ノニーノ
アンダーソン:トランペット吹きの子守歌
オリヴィエ・アントニー・テリア(トランペット、コルネット&フリューゲルホルン)、
ローラン・ゲイ(指)、
ローザンヌ室内O

※使用楽器:アダムス
録音:サル・メトロポール(ローザンヌ、スイス)
時計都市として有名なスイスのラ・ショー=ド=フォン出身で現在はクラシックとジャズの両ジャンルで活躍する世界的トランペット奏者、オリヴィエ・アントニー・テリアが自身の古巣であるローザンヌ室内Oとの共演で繰り広げる多彩な「クラシック・プログラム」!
1996年から2002年までローザンヌ室内O、2005年から2012年までベルンSOの首席トランペット奏者を務め、ラインホルト・フリードリヒからの招きでルツェルン祝祭Oにも参加するなど世界の第一線で活躍してきたアントニー・テリア。
プログラムの冒頭に置かれたコープランドの「静かな都市」代表されるように、アントニー・テリアがこのプログラムで表現しているのは「眠る街、静かな夜、そして一瞬の安らぎ」。
クラシック、ジャズの両方のジャンルに精通するアントニー・テリアのセンスに満ちた、美しくも繊細な完成度の高いトランペット・アルバムです。

EUROARTS
20-54697(Bluray)
モリコーネ・コンダクツ・モリコーネ
【人生と伝説】
1. アンタッチャブル
2. デボラのテーマ「つらい想い」〜メインテーマ
3. 海の上のピアニスト
4. ニュー・シネマ・パラダイス
【1 ページ】
5. H2S
6. シシリアン
7. ある夕食のテーブル
8. 愛のさけび声
9. マッダレーナ
【セルジオ・レオーネによる伝説】
10. ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ〜 Cockey's Song
11. 続・夕陽のガンマン/ 地獄の決斗
12. ウェスタン
13. 夕陽のギャングたち
14. 黄金のエクスタシー
【社会派映画】
15. 狂った旋律
16. 殺人操作
17. 供述によるとペレイラは…
18. 労働者階級は天国に入る
19. カジュアリティーズ
【悲劇的、叙情的、叙事詩...】
20. タタール人の砂漠
21. ミッション
エンニオ・モリコーネ(指)
ミュンヘン放送O
バイエルン放送cho
スザンナ・リガッチ(S)
ギルダ・ブッタ(P)
ウルリヒ・ヘルケンホフ(パンパイプス)
ヘンリー・ラウダレス(Vn)
ノルベルト・メルケル(Va)

収録:2004年10月20日、ミュンヘン、フィルハーモニー・ガスタイク(ライヴ)
映像監督:ジョヴァンニ・モリコーネ
プロデュース:ヘルムート・パウリ
画面:1080i、Full HD
音声:PCMステレオ
DTS-HD Master Audi
リージョン:All、片面1層
イタリアを代表する世界的な映画音楽の巨匠で、「ニュー・シネマ・パラダイス」や「海の上のピアニスト」など、500 本以上の長編映画の音楽を手掛けたエンニ オ・モリコーネが2020 年7 月6 日(現地時間)お亡くなりました。91 歳でした。 本盤は、モリコーネが2004 年にミュンヘン放送Oとミュンヘンのフィルハーモニー・ガスタイクで行ったコンサートの模様を収録し映像を今回デジタル・リ ストアしてブルーレイで発売されます。 モリコーネは、1928 年ローマで生まれ、1960 年代は映画監督セルジオ・レオーネとのコンビで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」や「続・夕陽の ガンマン」といったいわゆるマカロニ・ウェスタン音楽の第一人者となりました。1986 年にはローランド・ジョフィ監督の「ミッション」を担当しゴールデングロー ブ賞作曲賞を受賞、1987 年に「アンタッチャブル」でハリウッド進出を果たしグラミー賞を受賞、その直後1989 年には世界的に大ヒットした「ニュー・シネマ・ パラダイス」で一気に知名度をあげました。 このコンサートは、モリコーネの息子ジョヴァンニ・モリコーネが監督を務めており、モリコーネの映画音楽人生を時期ごとに振り返るような演出で、途中には映画 の場面が映し出されるなど、感動的な構成でモリコーネ・ファンなら必聴。 (既発の20-54694と同内容ですが、音声にDTS-HS MAが加わりましたので、新品番となり再発売となりました。既発の20-54694は廃盤となります。)

C Major
75-6208(DVD)

75 6304(Bluray)
アダン:バレエ『海賊』 振付:アンナ・マリー・ホームズ
(原振付:マリウス・プティパ、コンスタンチン・セルゲイエフ)
作曲:アドルフ・アダン(プーニ、ドリーブ、ドリゴ、オルデンブルク)
編曲:ケヴィン・ガリエ
舞台美術・衣装:ルイザ・スピナテッリ
照明:マルコ・フィリベック
出演:ニコレッタ・マンニ(メドーラ/ギリシャの娘)
マルティナ・アルドゥイーノ(ギュリナーラ/メドーラの友人)
ティモフェイ・アンドリヤシェンコ(コンラッド/海賊の首領)
マルコ・アゴスティーノ(ランケデム/奴隷商人)
アントニーノ・ステラ(ビルバント/コンラッドの友人)
マッティア・センペルボーニ(アリ/奴隷)
アントネッラ・アルバーノ(ズルメア/ビルバントの恋人)
アレッサンドロ・グリロ(パシャ/トルコの総督) ほか
ミラノ・スカラ座バレエ
ミラノ・スカラ座バレエ学校
ミラノ・スカラ座O
パトリック・フルニリエ(指)

収録:2018年4月11・16・19日ミラノ・スカラ座、イタリア
◆DVD
画面:NTSC,16:9
音声:PCM ステレオ
DTS5.0
リージョン:All
DVD9、108分
◆Bluray
画面:HD,1080i,16:9
音声:PCM ステレオ、
DTS-HD MA5.1
リージョン:All、BD:50、108分
オスマン帝国全盛期の地中海で海賊たちが繰り広げる壮麗なバレエ『海賊』。この映像は、2018 年ミラノ・スカラ座でのアンナ・マリー・ホームズ版の新作 上演です。本版は、アメリカン・バレエ・シアター、イングリッシュ・ナショナル・バレエ、東京バレエ団らにも採用されており、クラシック・バレエの父と言われ るマリウス・プティパによる改訂を踏まえたコンスタンチン・セルゲイエフ版に基づくもので、物語がテンポよく展開し、豪華な衣装、 舞台装置が魅力的な上演 です。 トルコの奴隷市場で海賊の首領コンラッドと奴隷として売られようとしていたギリシャの娘メドーラが出会い、二人の愛を中心に物語は展開します。メドーラに は魅惑的な踊りで今やスカラ座の顔ともいえるニコレッタ・マンニ。コンラッドには、ラトヴィア出身で2018年2月にプリンシパルに昇格した、甘いマスクと 華麗な技巧を持つティモフェイ・アンドリヤシェンコ。コール・ド・バレエながらの大抜擢で役を射止めたアリを踊るマッティア・センペルボーニ。など『海賊』は、 男性ダンサーによる躍動感あふれる見せ場が魅力のひとつです。 (Ki)

TOCCATA
TOCC-0589(1CD)
NX-B03
デレク・スコット(1950-):管弦楽作品集
「Pagan 異教」序曲 Op. 2(1973)
エアと舞曲:ハイランド・バグパイプとオーケストラのための協奏曲 Op. 28(1998)
ブラニガンの旅 Op. 30(2003)
Dafydd y Garreg Wen 白い岩のダヴィッド:オーケストラのための幻想曲 Op. 25(1996)
グロテスク組曲 Op. 32(2006/2020)
シャコニー Op. 24(1995/2019改訂)
「フガール」序曲 Op. 6(1975)
カークリストン・ワルツ Op. 31(2003)
戦闘準備!オーケストラのためのブギウギ Op. 21(1995)
ジョン・デュー(ハイランド・バグパイプ)
ポール・マン(指)
リエパーヤSO

録音:2020年11月24-27日
世界初録音
1950年、バーミンガム生まれのデレク・スコットの管弦楽作品集。彼は作曲家であるとともに音楽学、歴 史学の教授であり、音楽、文化、イデオロギーを研究しています。またポピュラー音楽と舞台音楽の歴史 に特別な関心を抱いており、自身の作品にもこの研究成果を反映させています。このアルバムでは、彼が 愛するスコットランド民謡を効果的に用いたハイランド・バグパイプのための協奏曲「エアと舞曲」を始め、 劇場を意識した「グロテスク組曲」や「戦闘準備!」と題されたオーケストラのためのブギウギなど、ユーモア を交えた多彩な作品を聴くことができます。

Onyx
ONYX-4197(1CD)
ツェムリンスキー:人魚姫
シュレーカー:王女の誕生日
ワシリー・ペトレンコ(指)
、ロイヤル・リヴァプールPO
2021年からシャルル・デュトワの後任としてロイヤルPOの音楽監督に任命されており、2021年1月にはスヴェトラーノフ記念ロシア国立SOの芸術監督をウラディーミル・ユロフスキから引き継ぐことも発表されるなど、新時代の巨匠としての道を邁進するワシリー・ペトレンコ。
ペトレンコが2006年から首席指揮者(Principal Conductor。2009年からはChief Conductor)として15年間篤い信頼を築き、2021年9月以降も桂冠指揮者(Conductor Laureate)として関係を継続する英国の名門オーケストラ、ロイヤル・リヴァプールPO(RLPO)。ストラヴィンスキー、エルガー、チャイコフスキーなど絶賛されたアルバムに続いてペトレンコ&RLPOが目を向けたのは、童話やおとぎ話を題材に書かれた、ツェムリンスキーとシュレーカーのドラマティックな管弦楽作品。
アンデルセンの童話を基に作曲され、義弟シェーンベルクの「ペレアスとメリザンド」と同じコンサート(1905年)で初演されたツェムリンスキーの代表作「人魚姫」は、初演時の酷評によりカットされた部分などを復元したオリジナル・ヴァージョンのスコアで演奏。
当時のウィーンの作曲家の中でもっとも進歩的な一人でありながら、ナチスによって排斥されたフランツ・シュレーカーの「王女の誕生日」は、オスカー・ワイルドの物語によるパントマイムのための音楽で、1908年に初演され、シュレーカーの最初の成功した作品となりました。

Orchid Classics
ORC-100153(1CD)
NX-B03
ナイジェル・ヘス(1953-):作品集
祝典序曲(2015)
キリエ(2004/2020編)
行進曲「バーンズ・ウォリス」(2013)
「イエスは喜び」変奏曲(2008)
組曲『 ロッホナガーのおじいさん』
(2007/2019編)
夜想曲(2015)
一緒に暮らし、僕の恋人になってくれ(2018)
Chansons de Normandie ノルマンディーの歌(2014)
The Lakes of Cold Fen コールドフェンの湖(2017)
ベネディクトゥス(2009/2011編)
Arise My Love 私の愛を目覚めさせて(1986)
The Way of Light 光の道(1985)
BBCコンサート・オーケストラ
BBCシンガーズ
ケンブリッジ・セント・キャサリン・カレッジ少女cho
メトロ・ヴォイセズ
ロイヤル・エア・フォース・セントラル・バンド
ポーツマス英国海兵隊軍楽隊
リチャード・バルカム(指)
ソフィー・ジャナン(指)
ダンカン・スタッブス(指)
ニック・グレース(指)
エマ・トリング(S)
エレノア・グラント(S)
クリストファー・ブラウン(T)
ピアーズ・レーン(P)
ニコラス・マッカーシー(P)
ベンジャミン・ヒューズ(Vc)
デレク・ジャコビ(朗読)

録音:2019年11月25-26日、2020年3月12日、2020年2月14日
イギリスを拠点に、映画音楽や劇音楽、吹奏楽の分野で幅広く活躍する作曲家ナイジェル・ヘス。親しみやすい旋律を多用した彼の作品は、過去 40年にわたって世界中の数多くの人々に強い影響を与えています。しかし、この最新アルバムに収録されているのはテレビや映画のための音楽では なく、彼自身の自発的な創造から生まれた音楽です。伝統的な合唱作品「光の道」や、彼が得意とする吹奏楽作品、チャールズ英皇太子殿下が 書いた絵本「ロッホナガーのおじいさん」のためのバレエ音楽など多岐に渡る作品が楽しめます。これらを演奏するのは、ボルコムが率いるBBCコンサー ト・オーケストラをはじめとする英国を代表する演奏家たち。吹奏楽好きの方にもおすすめの1枚です。

Chandos
CHAN-20151(1CD)
フランスの舞台音楽
トマ:歌劇「レーモン、または女王の秘密」 への序曲
オーベール:歌劇「フラ・ディアヴォロ、またはテッラチーナの館」 S.18 への序曲
ボワエルデュー:歌劇 「バグダッドの太守」 への序曲、
 歌劇 「白衣の婦人」 への序曲
ドリーブ:歌劇 「王の楽しみ」より 舞踏会の情景と古い歌
マスネ:バレエ 「エスパーダ」
ネーメ・ヤルヴィ(指)、
エストニア国立SO

録音:2018年5月30日−31日、2019年5月6日&31日、エストニア・コンサート・ホール(タリン)
500タイトル近くに及ぶ膨大な、そして多彩な内容のレコーディングという偉大な業績を誇り、2018年の英グラモフォン賞において「生涯功労賞(ライフタイム・アチーヴメント賞)」を受賞したエストニアの巨匠ネーメ・ヤルヴィ。ヤルヴィの打楽器奏者時代からの付き合いという長い関係を築き、現在は音楽監督&首席指揮者の任にあるエストニア国立SO(ENSO)との新録音は、2019年にリリースされレコード芸術特選盤に選ばれた「フランスのバレエ音楽(PCHAN20132/CHAN20132)」の続編的位置づけとなるであろう、舞台作品のためのフランス音楽集。
18世紀から20世紀初頭のあまり知られていない舞台音楽を集めた愉しいプログラムで、トマ、オベール、ボワエルデューの序曲はすべてパリのオペラ=コミック座で上演された作品のための音楽。ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管と共演した「ドリーブ:バレエ組曲集(RCHSA5257/CHSA5257)」でも好評価(レコード芸術特選盤他)を得たヤルヴィによるドリーブの「王の楽しみ」からの音楽や、マスネのスペイン情緒あふれるバレエ音楽「エスパーダ」など、ファン垂涎の濃密プログラムです

Quadrivium
QUAD-0017(1CD)

PQUAD-0017(1CD)
国内盤仕様
税込定価
セガッタ:チェロとオーケストラのための「コンチェルト・ビザンチノ」(世界初録音) ジョヴァンニ・ソッリマ(Vc)、
マルチェロ・フェーラ(指)、
ラ・ピッコラ・オルケストラ・ルミエーレ

録音:2020年1月22日−23日、グスタフ・マーラー文化センター(ドッビアーコ、イタリア)
北イタリアの都市トレントの出身で、近年急速に注目を集めている気鋭のコンポーザー=チェリストであり楽器製作者、ニコラ・セガッタが自らの師であるジョヴァンニ・ソッリマのために作曲した意欲作「コンチェルト・ビザンチノ」の世界初録音!ソリストはもちろん、作品を献呈されたイタリアを代表するチェロの鬼才、ジョヴァンニ・ソッリマ!!
チェロ独奏をジョヴァンニ・ソッリマが務めた宗教オペラ「イコン」の成功により、次代のイタリア楽壇を担う音楽家の1人として大きな注目を集める存在となったセガッタ。師匠のソッリマに捧げた渾身のチェロ協奏曲の舞台は、東洋と西洋の理想的な架け橋であり、人類の頭脳の中で何千年にもわたって対話が続けられてきた2つの半球を象徴する見えざる空想上の都市「ビザンチウム」。3楽章で構成される「コンチェルト・ビザンチノ」の第1楽章「パラジャーノフ」は、アルメニア人映画監督セルゲイ・パラジャーノフと彼の代表作である「ざくろの色」から名付けられています。続く第2楽章「アヴェ・マリア」は、ビザンチンとコルシカの聖歌にインスパイアされ、ロザリオの祈りのように繰り返される協奏曲の緩徐楽章。そして作品の掉尾を飾る第3楽章「イヴリー」は、1990年に東京で行われた偉大なヴィルトゥオーゾ、イヴリー・ギトリスのヴァイオリンによる即興演奏からヒントを得ています。タイトルはギトリスに捧げられたもので、「ユダヤ人」と「酩酊」(フランス語のイヴレから)という2つの形容詞の両方を意味し、この音楽の性格を表しています。
その構想にソッリマが太鼓判を押し、7年という歳月を経て実現した「コンチェルト・ビザンチノ」のレコーディング。壮大なスケールで描かれる「コンチェルト・ビザンチノ」の映画音楽的なスタイルと、ソッリマの変幻自在の超絶技巧が見事にマッチ!21世紀イタリアの新たな傑作と、イタリアの鬼才の超絶技巧を一緒に楽しめてしまうという贅沢かつ要注目のアルバムの登場です!

Diapason
DIAP-130(1CD)
ベルリオーズ:序曲集

(1)序曲「ローマの謝肉祭」Op.9
(2)歌劇「ベアトリスとベネディクト」序曲
(3)序曲「海賊」Op.21
(4)「ロブ・ロイ・マグレガー」前奏曲
(5)大序曲「リア王」Op.4
(6)歌劇「ベンヴェヌート・チェルリーニ」序曲
(7)序曲「宗教裁判官」Op.3
(8)「ファウストの劫罰」Op.24より ハンガリー行進曲
(1)フランス国立O、アンドレ・クリュイタンス(指)
録音:1961年
(2)ボストンSO、シャルル・ミュンシュ(指)
録音:1958年
(3)デトロイトSO、ポール・パレー(指)
録音:1958年
(4)LPO、エイドリアン・ボールト(指)
録音:1956年
(5)ロイヤルPO、トーマス・ビーチャム(指)
録音:1947年
(6)サンフランシスコSO、ピエール・モントゥー(指)
録音:1952年
(7)NBC響、アルトゥーロ・トスカニーニ(指)
録音:1941年
(8)クリーヴランドO、ジョージ・セル(指)
録音;1957年

※リマスタリング:Circe(フランス)
ディアパゾン・レーベルの『レ・ザンディスパンサーブル・ド・ディアパゾン 〜 ディアパゾンが選んだ決定盤』シリーズの第130集で選ばれた作曲家は、同国の巨匠ベルリオーズ。
この「7つの序曲」には、クリュイタンス、ミュンシュ、パレー、モントゥーのフランス勢、ボールト、ビーチャムのイギリス勢、そしてイタリアのトスカニーニ、ハンガリーのセルたちによる演奏を収録。
7人の巨匠たちによるベルリオーズの7つの序曲の"饗宴"はディアパゾン誌ならではの選曲です。

Coviello
COV-92102(1CD)
チャイコフスキー:歌劇『スペードの女王』序曲
ストラヴィンスキー:3ラウンドのバレエ『カルタ遊び』
プロコフィエフ:歌劇『賭博者』より 4つの描写と終結
マルクス・ボッシュ(指)
ロストック北ドイツPO

録音:2020年2月6-10日/ロストック国民劇場
幸運か破滅か―、19世紀末から20世紀初頭にかけてトランプやサイコロを使ったギャンブルはどんどん流行し人々を魅了しました。特にロシアはその危険 な魅力を強く受け入れたようです。プーシキンの『スペードの女王』、ドストエフスキーの『賭博者』といった文学作品が書かれ、オペラにもなったことがそれを 証明しています。その中からの管弦楽曲と、ポーカー対決を描いた軽妙なバレエ音楽『カルタ遊び』を収録。ロマン派の文脈からロシア的モダニズムに変化して いく頃のユーモアあふれる筆致が楽しめます。 (Ki)


LPO
LPO-0119(5CD)
エイドリアン・ボールトの音楽的遺産


■Disc1(87’12)〜初期録音集
(1)エルガー:交響曲第1番変イ長調Op.55
(2)ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第6番ホ短調


■Disc2(82’59)〜ベートーヴェンとその先
(1)ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」
(2)ブルッフ:コル・ニドライOp.47
(3)ドホナーニ:童謡の主題による変奏曲Op.25


■Disc3(69’11)〜バレエ音楽集
(1)ファリャ:恋は魔術師より「火祭りの踊り」
(2)ドリーブ:『シルヴィア』組曲、ナイラ・ワルツ、『コッペリア』組曲
(3)サン=サーンス:死の舞踏Op.40
(4)ホルスト:歌劇「どこまでも馬鹿な男」Op.39〜バレエ組曲
(5)ストラヴィンスキー:サーカス・ポルカ


■Disc4(73’00)〜万能指揮者
(1)クラーク:トランペット・ヴォランタリー(デンマーク王子の行進曲)*ステレオ
(2)ヴォーン・ウィリアムズ:揚げひばり
(3)シベリウス:レンミンカイネン組曲(4つの伝説曲)より第4曲:レンミンカイネンの帰郷
(4)ウォルトン:ポーツマス・ポイント序曲 *
(5)バルトーク:弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽
(6)ヴォルフ=フェラーリ:マドンナの宝石
(7)サン=サーンス:カプリス・ワルツ「ウェディング・ケーキ」Op.76 *
(8)ガーシュウィン:キューバ序曲「ルンバ」


■Disc5(71’4)〜英国音楽のチャンピオン
(1)スタンフォード:艦隊の歌Op.117

(2)アーノルド:オルガン協奏曲Op47
(3)バターワース:シュロップシャーの若者
(4)バックス:ファンドの園
(5)エルガー:序曲「南国にて(アラッシオ)」Op.50
エイドリアン・ボールト(指)LPO
■Disc1
(1)録音:1949年9月、アビー・ロード・スタジオ、録音:1953年12月、キングスウェイ・ホール、ロンドン
Vinyl transfer:Mike Clements
Re-mastering:Deborah Spanton, K&A Productions
■Disc2
(1)録音:1957年6月、ウォルサムストウ・アセンブリー・ホール、ロンドン
(2)クリストファー・ブンティング(Vc)
録音:1967年7月、アビー・ロード・スタジオ、ロンドン(Parlophone)
(3)パトリシア・ビショップ(P)
録音:1955年11月21日、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ロンドン(BBC)
Vinyl transfer:Mike Clements(Beethoven),Karl Jenkins,courstest of the
British Library(Bruch,Dohnanyi)
Re-mastering:Deborah Spanton, K&A Productions
■Disc3
(1)録音:1967年、アビー・ロード・スタジオ、ロンドン(ステレオ)
(2)録音:1955年、ウォルサムストウ・アセンブリー・ホール、ロンドン
(3)録音:1967年、アビー・ロード・スタジオ、ロンドン(ステレオ)
(4)録音:1954年、キングスウェイ・ホール、ロンドン
(5)録音:1967年、アビー・ロード・スタジオ、ロンドン(ステレオ)
*Stereo:Parlophone Records Ltd(original sound recording)
Vinyl transfer:Mike Clements(Delibes),Andrew Walton(Holst)
Re-mastering:Deborah Spanton, K&A Productions
■Disc4
(1)(2)ジャン・プーニェ(Vn)
録音:1952年、アビー・ロード・スタジオ、ロンドン
(3)録音:1956年、ウォルサムストウ・アセンブリー・ホール、ロンドン
(4)録音:1967年、アビー・ロード・スタジオ、ロンドン(ステレオ)
(5録音:1955年、ウォルサムストウ・アセンブリー・ホール、ロンドン
(6)(7)ジェルヴァース・プライアー(P)
録音:1967年、アビー・ロード・スタジオ、ロンドン(ステレオ)
(8)録音:1967年、アビー・ロード・スタジオ、ロンドン
*Stereo:Parlophone Records Ltd(original sound recording)
Vinyl transfer:Mike Clements(Sibelius),Andrew Walton(Bartok)
Re-mastering:Deborah Spanton, K&A Productions
■Disc5
(1)フレデリック・ハーヴェイ(Br)
クロイドン・フィルハーモニー・ソサエティ
録音:1955年ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ロンドン(BBC)
(2)ヒュー・マクリーン(Org)
録音:1955年ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ロンドン( BBC)
(3)録音:1969年メイダ・ヴェール・スタジオ、ロンドン( BBC)
(4)録音:1962年ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ロンドン( BBC)
(5)録音:1955年ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ロンドン( BBC)
Vinyl transfer:Karl Jenkins(Stanford,Arnold,Elger)
Re-mastering:Deborah Spanton, K&A Productions
英国の巨匠、サー・エイドリアン・ボールト(1889-1983)のロンドンPOと残した録音をまとめた5枚組のボックスがリリースされました。 これは、首席指揮者としての在任期間(1950〜57年)と彼が引退するまでの間、ロンドン・フィルとの素晴らしい関係を祝うものとなっています。 首席指揮者就任前でロンドン・フィルとボールトの最初の録音となった、1949年に録音されたエルガーの交響曲第1番や、バルトーク、ストラヴィンスキーと いった当時は現代音楽とみなされていた作品も積極に取り上げ、そして自国英国の作曲家を頻繁に演奏したボールトの幅広い音楽性を楽しむことのできるセット となっています。 ボールトは、1889年4月8日チェスター出身。オックスフォード大学を経てライプツィヒ音楽院に留学。マックス・レーガーに作曲を師事し、アルトゥール・ニキシュ に多大な影響を受け、1914年に指揮者デビュー、1919年にはディアギレフのロシア・バレエ団のロンドン公演で指揮を行う。1924年からバーミンガム市交 響楽団の指揮者に就任。1930年にはBBCSOの創立に携わり、50年代にはロンドン・フィルの首席指揮者となり。英国の作曲家の作品を取り上げて 高い評価を得る。1981年に92歳で引退。1983年2月22日にロンドンで93歳で死去。

Profil
PH-20060(1CD)
フランク:交響詩「呪われた狩人」
 交響変奏曲
R・シュトラウス:ブルレスケ
 交響詩「死と変容」Op.24
エカテリーナ・リトヴィンツェヴァ(P)(2)(3)
ジョナサン・ブロックスハム(指)
北西ドイツPO

録音:2020年1月27-30日ヘルホルト・シュッツェンホフ国立公園
1986年生まれのロシアの若手リトヴィンツェヴァProfilレーベル第6弾。協奏曲とは銘打たれないものの難曲なフランクの「交響変奏曲」とリヒャルト・ シュトラウスの「ブルレスケ」に挑戦。この2篇は同じ1885年に作曲されていますが、他の収録曲もほぼ同時期のもので、時代的な雰囲気と作者の個性 の違いも味わえます。
指揮のジョナサン・ブロックスハムはイギリスの新進。今年3月に大阪フィル、東京SO、日本センチュリーSOで日本デビューが予定される注 目株です。リトヴィンツェヴァと息の合った解釈を披露しています。 (Ki)

Avie
AV-2434LP(2LP)
アンナ・クライン:神話集
仮面舞踏会(世界初録音)*
真夜中の時間**/女仕立屋#
ナイト・フェリー+/<<巻き戻し<< **
ジェニファー・コー(ソロ・ヴァイオリン)#、
アイリーン・バックリー(ヴォイス)#、
マリン・オールソップ(指)*、
サカリ・オラモ(指)**#、
アンドルー・リットン(指)+、
アンドレ・デ・リッダー(指)**

録音:2012年、2013年、2016年、2018年
※180g
1980年ロンドン生まれのアンナ・クラインは、2015年にグラミー賞の現代クラシック作曲家賞にノミネートしたアコースティックおよびエレクトロ・アコースティック音楽の作曲家。世界中の最先端の振付家、ビジュアル・アーティスト、映画製作者、ミュージシャンとのコラボレーションを行い、2010年〜2015年まではリッカルド・ムーティの下でシカゴSOのコンポーザー・イン・レジデンスを務め、その後も、ボルティモアSO、イル・ド・フランス国立O、バークリーSOの作曲家を歴任。2020年からはスコットランド室内Oのアソシエイト・コンポーザーに就任しています。
アンナ・クラインの「神話集(Mythologies)」は、2005年〜2015年にわたって書かれ、BBCラジオ3で放送されてきたバービカン・ホールとロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ録音。マリン・オールソップ、サカリ・オラモ、アンドルー・リットン、アンドレ・デ・リッダーといった4人の名指揮者がそれぞれBBCSOを振っており、歴史的なスタイルから新しい音楽への変容、エレクトロ・アコースティック音楽のバックグラウンドと詩、ビジュアルアート、ビデオグラフィーなど様々なマルチメディアとのコラボレーションで培ってきたアンナ・クラインの豊かな魅力が凝縮された作品です。
CD盤(AV2434)は2020年10月にワールド・リリースされ、グラモフォン「エディターズ・チョイス」、プレスト・クラシカル「エディターズ・チョイス」などに選定。ニューヨーク・ミュージック・デイリーでは「2020年の6つのベスト・クラシカル・アルバムの1つ」に選ばれるなど大成功を収め、豪華2枚組LPセットの発売が実現しました。180g重量盤アナログ・レコードによる高品質サウンドで、アンナ・クラインのカラフルな音のパレットと特殊効果を再現します。

Indesens
INDE-069
(1CD+DVD/PAL)
サヴォワ地方O〜コンサート・ライヴ
エルガー:弦楽セレナード ホ短調 Op.20
ネルーダ:トランペット協奏曲変ホ長調
ドヴォルザーク:弦楽セレナード ホ長調 Op.22
ニコラ・シャルヴァン(指)、
サヴォワ地方O、ロマン・ルルー(Tp)

録音(ライヴ):2013年11月23日
フランス、サヴォワ地方のオーケストラ、サヴォワ地方Oの創立30周年を記念して製作されたライヴ・レコーディング。
ネルーダのトランペット協奏曲では、フリードリヒ門下の名手で次代のフランス・トランペット界の盟主候補、ロマン・ルルーの見事なソロが繰り広げられています。
※DVDにはCDと同プログラムの演奏映像が収録されています。当DVDはPAL方式のため、PAL方式対応のプレーヤーやパソコンのみで再生可能です。予めご了承下さい。

Chandos
CHSA-5264(1SACD)
弦楽オーケストラのためのイギリス音楽
ブリテン:フランク・ブリッジの主題による変奏曲
ブリッジ
:弦楽オーケストラのための 「ラメント(哀歌)」 H.117
レノックス・バークリー:弦楽セレナード Op.12
ブリス:弦楽のための音楽 F.123
ジョン・ウィルソン(指)、
シンフォニア・オヴ・ロンドン

録音:2020年1月9日−11日、セント・オーガスティン教会(キルバーン、ロンドン)
指揮者、編曲家、そしてライト・ミュージックやアメリカ音楽のスペシャリストとして活躍し、Chandosでは、リチャード・ロドニー・ベネット、コープランド、エリック・コーツの管弦楽作品集などで圧倒的な評価を築いてきたジョン・ウィルソン。
"シンフォニア・オヴ・ロンドン"は、映画音楽やレコーディング・セッションのための専門的なオーケストラとして1955年に設立され、これまで300以上の映画や多数のレコーディングにその名がクレジットされてきましたが、2018年にジョン・ウィルソンが再結成。コルンゴルト(CHSA5220)、フランス作品(CHSA5252)、レスピーギ(CHSA5261)の録音はいずれもグラモフォン誌、BBCミュージック・マガジンの両誌で「特選盤」に選ばれ(国内仕様盤のRCHSA5261はレコード芸術でも「特選盤」)、イギリス中の名手が集う実力派オーケストラとして急速に注目を浴びています。
ジョン・ウィルソンと新生"シンフォニア・オヴ・ロンドン"のオーケストラ録音第4弾は、エルガーやヴォーン・ウィリアムズの足跡を辿る、20世紀前半イギリスの弦楽オーケストラ作品集。第1次大戦中に作曲されたブリッジの「哀歌」を除く3曲はすべて1930年代の作品で、師ブリッジの主題(弦楽四重奏のための3つの牧歌第2番より)によるブリテンの変奏曲、ブリテンと一緒に暮らしていた時期に書かれたL.バークリーの弦楽セレナーデ、映画「来るべき世界」の音楽を完成させたブリスが「純粋な音楽」を書きたいと取り組んだ「弦楽のための音楽」が、シンフォニア・オヴ・ロンドンの瑞々しい弦の響きを存分に引き立てる、英国音楽ファン必聴のプログラムです。

ONDINE
ODE-1386(1CD)
NX-B04
ジブオクレ・マルティナイティーテ(1973-): 作品集
Saudade 郷愁(2019)
Millefleur 千花模様(2018)
Horizons 地平線(2013)
キアロスクーロ三部作(2017)-ピアノと弦楽オーケストラのために
リトアニア国立SO
リトアニア室内O
ガブリエリウス・アレクナ(P)
ギエドレ・シュレキーテ(指)

録音:2020年7月28-30日
ニューヨークを拠点に活躍するリトアニアの女性作曲家、ジブオクレ・マルティナイティーテの作品集。どれも 2013年以降に作曲された直近のもので、細部まで練り上げられたオーケストラの質感豊かな響きを特長とし ています。最新の作品「Saudade 郷愁」は彼女自身の過去を辿り、失われた悲しみと憧れを象徴的に音 にしています。「Millefleur 千花模様」は音響による快楽の探求を表現した作品。さまざまな音が層を成 し、聴き手の耳を刺激します。2013年の「Horizons 地平線」は映画『クラウド・アトラス』と『めぐりあう時間 たち』そして、イタロ・カルヴィーノの小説『冬の夜ひとりの旅人が』にインスパイアされた作品。さまざまなストー リーが交錯しながら、クライマックスへと到達します。「キアロスクーロ三部作」はピアノが縦横無尽に活躍する 華麗な作品。ここで素晴らしい演奏を披露しているガブリエウス・アレクナは2005年「ベートーヴェン国際ピア ノ・コンクール」で2位を獲得したピアニストです。


SWR music
SWR-19426CD(5CD)
NX-C05
R・シュトラウス:交響詩全集

【CD1】…93.229
(1)英雄の生涯 Op.40
(2)死と浄化 Op.24

【CD2】…93.304
(1)ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら Op.28
(2)ドン・キホーテ Op.35
(3)マクベス Op.23

【CD3】…93.320
(1)ツァラトゥストラはこう語った Op.30
(2)交響的幻想曲「イタリアより」 Op.16

【CD4】…93.335
(1)アルプス交響曲 Op.64
(2) ドン・ファン Op.20
【CD5】…SWR19021CD
(1)家庭交響曲 Op.53
(2) メタモルフォーゼン
フランソワ=グザヴィエ・ロト(指)
バーデン・バーデン&フライブルク南西ドイツRSO

【CD1】
(1)クリスティアン・オステルターク(Vn)
録音:(1)2012年11月7-8日、 (2)2012年6月27,28日
【CD2】
(2)ヨハネス・リューティ(Va)、フランク=ミヒャエル・グートマン(Vc)
録音:(1)2012年6月23-29日、(2)2012年12月20,21日 Mannheim, Rosengarten、(3)2013年3月14,19日
【CD3】
(1)イェルモライ・アルビケル(Vn)
録音:(1)2013年9月4,5日
(2) 2014年2月17,18日
【CD4】
録音:(1)2014年11月5,6日、(2)2014年9月28日 Frankfurt, Alte Oper
【CD5】
録音:(1)2014年9月9-11日、(2)2015年3月6日

*録音場所の表記なしは、全てFreiburg, Konzerthausにて収録
2011年から2016年までバーデン=バーデン・フライブルクSWRSOの首席指揮者を務め、数々の素晴らしい演奏を披露したロト。このリヒャ ルト・シュトラウスの交響詩全集は、2012年/2013年のシーズンから取り組み、足掛け4年で完成させた力作です。シリーズ最初の録音である「死と 浄化」「ティル・オイレンシュピーゲル」から大編成のオーケストラを自在に操り、独自の表現と華麗な響きを追求したロト、次の「英雄の生涯」は収録 前に実演を繰り返し、表現をブラッシュアップした上での録音ということで、大きな話題となりました。以降、順調に収録を進め、シリーズの最後をシュト ラウスの晩年の作品「メタモルフォーゼン」で締めくくるという万全のプログラムにも、ロトの熱い意気込みが感じられます。

EUROARTS
20-55388(5DVD)
小澤征爾〜レトロスペクティブ
■DVD1(107分)
シューベルト:交響曲第5番*
武満徹:ノヴェンバー・ステップス*
ブラームス:交響曲第4番ホ短調Op.98
モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K.136第2楽章
■DVD2(98分)
ヴァルトビューネ・コンサート1993〜ロシアン・ナイト
リムスキー=コルサコフ:序曲『ロシアの復活祭』
チャイコフスキー:バレエ組曲『くるみ割り人形』
ボロディン:歌劇『イーゴリ公』より『ダッタン人の踊り』
ストラヴィンスキー:バレエ音楽『火の鳥』抜粋
チャイコフスキー:序曲『1812年』
ハチャトゥリアン:バレエ音楽『ガイーヌ』より『剣の舞』
チャイコフスキー:弦楽セレナードよりエレジー
J・シュトラウス:ラデツキー行進曲
パウル・リンケ:『ベルリンの風』
■DVD3(111分)
ヴァルトビューネ2003〜ガーシュウィン・ナイト
ガーシュウィン:パリのアメリカ人、ラプソディ・イン・ブルー( マーカス・ロバーツ編曲 )、ピアノ協奏曲ヘ調 ( マーカス・ロバーツ編曲 )
マーカス・ロバーツ:コール・アフター・ミッドナイト
ガーシュウィン:ストライク・アップ・ザ・バンド ( ドン・ローズ編曲 )、アイ・ガット・リズム
パウル・リンケ:ベルリンの風
■DVD4(113分)
カラヤン・メモリアル・コンサート2008
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番ニ短調より第3楽章サラバンド
チャイコフスキー:交響曲第6番『悲愴』
■DVD5(82分)
(1)ベートーヴェン:交響曲第2番&第7番
(2)ベートーヴェン:合唱幻想曲
特記以外、全て小澤征爾(指)

■DVD1(107分)
秋山和慶(指)*
横山勝也(尺八)*
鶴田錦史(琵琶)*
サイトウ・キネン・オーケストラ
収録:1989年、アルテ・オーパー、フランクフルト(ライヴ)
■DVD2(98分)
BPO
収録:1993年6月21日、ヴァルトビューネ野外劇場、ベルリン(ライヴ)
映像監督:ブライン・ラージ
■DVD3(111分)
BPO
マーカス・ロバーツ・トリオ【マーカス・ロバーツ(P)、ローランド・ゲリン(ベース)
ジェイソン・マルサリス(ドラムス)】
収録:2003年6月29日、ヴァルトビューネ野外劇場、ベルリン(ライヴ)
映像監督:アンドレアス・モレル
■DVD4(113分)
アンネ=ゾフィー・ムター(Vn)
BPO

収録:2008年1月28日、ウィーン、ムジークフェラインザール(ライヴ)
■DVD5(82分)
(1)サイトウ・キネン・オーケストラ
収録:2015年9月6日(第2番)、2016年8月18日(第7番)、キッセイ文化ホール、ライヴ
(2)サイトウ・キネン・オーケストラ
マルタ・アルゲリッチ(P)
リディア・トイシャー(S)
三宅 理恵(S)
ナタリー・シュトゥッツマン(C.A)
福井 敬(T) 
ジャン=ポール・フーシェクール(T)
マティアス・ゲルネ(Br)
OMF合唱団
収録:2015年9月1日、キッセイ文化ホール、ライヴ

NTSC,リージョン:All
小澤征爾が1989年にサイトウ・キネン・オーケストラと行った2回目のヨーロッパツアーの映像。「ブラームスの交響曲第4番」は、以前LDでリリー スされていましたが、今回は秋山和慶指揮の「シューベルト交響曲第5番」、さらにLDでは未収録だった小澤征爾指揮の「武満徹のノヴェンバー・ステッ プス」も収録され、フランクフルトで行われたコンサートの全体を聴くことができます。サイトウ・キネン・オーケストラは、故齋藤秀雄(1902-74)の 業績を称えるため小澤征爾と秋山和慶により1984年に創設されました。1987年には第1回ヨーロッパツアーを成功させ、その高い演奏技術と音楽 性は世界的に広く認められるようになりました。 今回のDVDに収録されている演目は、冒頭に秋山和慶指揮の「シューベルト交響曲第5番」、続いて1967年に小澤征爾もよって初演された「武満徹 のノヴェンバー・ステップス」(ソリストの尺八の横山勝也、琵琶の鶴田錦史がツアーに同行)。そして「ブラームスの交響曲第4番」がメインプログラ ムとして選ばれました。サイトウ・キネン・オーケストラの当時の構成メンバーは、故齋藤秀雄に指導を受けた音楽家たちをメインにしており、ヴァイオリ ンには宗倫匡、安芸晶子、藤原浜雄、ヴィオラには今井信子、チェロには徳永兼一郎、岩崎洸、フルートには工藤重典、オーボエには宮本文昭といった 国内外で活躍している名手が名を連ねています。さらにこのヨーロッパツアーでは、クラリネットにカール・ライスター(ベルリン・フィル)、ティンパニ のエヴァレット・ファース(ボストン響)、ファゴットのシャーマン・ウォルト(ボストン響)といった当時一流の海外オケで活躍していた3名がゲスト参 加しており、見事な演奏を聴かせてくれています。この日の会場の熱気は、今日までのサイトウ・キネン・オーケストラの活躍を確信するような、感動的 な公演となっています。 このDVDボックスには、小澤征爾がはじめてヴァルトビューネに登場した1993年の映像、盲目のジャズ・ピアニスト、マーカス・ロバーツ率いるトリ オが出演した2003年のヴァルトビューネ「ガーシュウィン・ナイト」、アンネ=ゾフィー・ムターがソリストとして登場したカラヤン生誕100年を記念 したベルリン・フィルのウィーン公演「カラヤン・メモリアル・コンサート」、そして2015&2016『セイジ・オザワ 松本フェスティバル』のオール・ベー トーヴェン・プログラム の映像が収録され、小澤征爾の華々しい活躍を映像で堪能することができます。 (Ki)

IDIS
IDIS-6741(1CD)
カラヤン・スペクタキュラー vol.6
(1)ベートーヴェン:『エグモント』序曲
 『コリオラン』序曲 Op.62
(2)ワーグナー:『さまよえるオランダ人』序曲*
 『タンホイザー』序曲
  『ローエングリン』第1幕前奏曲*
 『トリスタンとイゾルデ』前奏曲と愛の死
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指)
(1)フィルハーモニアO
(2)BPO

録音:(1)1953年、(2)1957年、1960年(*)
フィルハーモニアとベルリン・フィルを振った若きカラヤンの壮絶演奏!覇気にあふれた炎のようなトゥッティと抜群のコントロールで磨かれた宝石のよう なメロディ。大得意のベートーヴェンとワーグナー、すでに完璧に曲を自分のものとしているカラヤンの見事な指揮ぶりが堪能できます。2020年最新デジ タル・リマスターがなされており、53年録音のベートーヴェンもストレートに胸に迫りくる驚きの音質!ワーグナーは『さまよえるオランダ人』と『ローエン グリン』がステレオ音源で、さらに眼の醒めるような音質。素晴らしきカラヤン・サウンドここに極まれり! (Ki)

KLARTHE
KLA-105(1CD)
ベートーヴェン、あなたが私たちを聞くことができれば
ベートーヴェンの主題をロバン・メルシオールが再構築

(1)前奏曲/(2)学習/(3)間奏曲1
(4)近寄りがたい情熱/(5)間奏曲2
(6)反感/(7)間奏曲3
(8)英雄の死/(9)和解
ニコラ・シモン(指)ポケットSO

録音:2020年8月9-12日/スタジオ・セクスタン(マラコフ)
ベートーヴェン・イヤー一番の抱腹絶倒 CD が登場します。作曲家ロビン・メルヒオールがベートーヴェンの9篇の交響曲の有名なメロディを中心に、「月光」 ソナタなど有名曲もさしはさみつつ再構築した 9 つの楽曲。それをヴァイオリン 2、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、クラリネット、バスクラリネット、 バリトン・サクソフォン各1にアコーディオン、ハープ、打楽器による「ポケットSO」が演じる娯楽アルバム。
コンセプトはベートーヴェンの生涯をムソルグスキーの「展覧会の絵」のスタイルで見て回るもので、深い知識に裏付けされた多くの仕掛けはベートーヴェン好 きをニンマリさせます。アルバム・タイトルは聴覚障害に苦しんだベートーヴェンが聴いたらば、さぞや喜んでくれたであろうという自信にあふれています。
意外なのはアコーディオンが違和感なく活躍すること。「田園」の冒頭を奏しているのは仰天されられますが、カラフルな色彩と教条的でない世界は大人から 子供まで楽しめます。
コロナ禍中の今年 8月にフランスで録音されましたが、全員が楽しんで演奏しているのが伝わってきます。

Stradivarius
STR-37169(1CD)
デリラ・グートマン(b.1978)作品集
「夢/モディリアーニとジャンヌ・エビュテルヌ」
管弦楽組曲「ジャンヌとデド」
ラウラ・カトラーニ(S)
アレッサンドロ・デ・リシ(メモリー・ヴォイス)
デリラ・グートマン(Pf, Electronics)
マルチェロ・ブッファリーニ(指)
ローマ・トレO

録音:2019年11月25日ライヴ
デリラ・グートマンはスペインのピアニストであり歌手、作曲家でもある。マドリッド生まれ。ミラ ノのヴェルディ音楽院で作曲と電子音楽について学んだ。ジェルジ・リゲティ、サルヴァトーレ・ シャリーノのマスター・クラスで学んだことから考えるとバリバリの前衛音楽作曲家のように思える がソプラノとピアノのための歌曲集「夢/モディリアーニとジャンヌ・エビュテルヌ」はまるで古きよ き時代のシャンソンのような優美で心地よい作品。組曲「ジャンヌとデド」は5分半の小品で映画 音楽のように親しみやすく美しい音楽。

BRIDGE
BCD-9540(1CD)
「生き埋め」
オネゲル:交響的運動「ラグビー」
シェック(1886-1957):「生きしまま葬られ」〜ゴットフリート・ケラーの詩による歌曲集
ディミトリ・ミトロプーロス(1896-1960):合奏協奏曲
レオン・ボットスタイン(指)
ザ・オーケストラ・ナウ
ミハエル・ナジ(Br)、
ザ・バード・フェスティヴァルcho

録音:2019年11月バード・カレッジ
メインはオトマール・シェックの演奏時間 45 分からなる大作、ケラーの詩による歌曲集 「生きしまま葬られ」。自由な無調でかかれています。シェックは詩人ヘルマン・ヘッセとも親 交があったが戦争中のナチスとの関係を疑われ、戦後の評価は進まなかった。この作品 はオペラ的ともいうべき壮大な歌曲集で聴きごたえ充分。そして生前指揮者として名声を 博したミトロプーロスの合奏協奏曲もシェックに劣らぬ 25 分に及ぶ大作。マーラーや新ウ ィーン楽派また同時代の音楽に理解のあったミトロプーロス自身も先進的な作品を数多く 残しています。この作品も自由な無調とバルトーク、ロシア系、東欧系の音楽を混ぜ合わせ たような面白い作品。いずれも他では聴く機会の少ない貴重な作品の録音です。

スリーシェルズ
3SCD-0057(2CD)
税込定価
團伊玖磨:映画音楽集成 東宝編
■Disc 1
1 宮本武蔵M-1T2
2 宮本武蔵M-2T3
3 宮本武蔵M-6
4 宮本武蔵M-9
5 宮本武蔵M-19
6 続 宮本武蔵 一乗寺の決闘M-13
7 決闘巌流島M-1A
8 決闘巌流島M-8T2
9 決闘巌流島M-16
10 決闘巌流島M-24A
11 麦笛M-4
12 夫婦善哉M-1
13 夫婦善哉M-24
14 乱菊物語M-1
15 白夫人の妖恋M-25 再編集
16 雪国M-1T2
17 雪国M-3
18 雪国M-7
19 雪国M-19
20 雪国M-24
21 雪国M-32
22 雪国(カンヌ版)M-1T2
23 善太と三平物語 風の中の子供M-1T4
24 無法松の一生M-1T3
25 無法松の一生M-7T3
26 無法松の一生M-9
27 無法松の一生M-11T2
28 無法松の一生M-27T2
29 無法松の一生M-32T2
30 無法松の一生M-35T3
31 ボーナストラックO.S.C
32 ボーナストラック『太平洋の嵐』タイトルクレ
ジット
33 ボーナストラック『世界大戦争』タイトルクレ
ジット
34 ボーナストラック『太平洋の翼』タイトルクレ
ジット
35 ボーナストラック『キスカ』タイトルクレジット
36 ボーナストラックPi

36 戦場にながれる歌M-1T2
37 戦場にながれる歌M-9
38 戦場にながれる歌M-17
39 戦場にながれる歌M-27
■Disc 2
1 孫悟空M-1
2 孫悟空PS-12T2
3 孫悟空M-25
4 孫悟空PS-69
5 孫悟空M-30
6 孫悟空M-31
7 潜水艦イ-57 降伏せずM-14A
8 潜水艦イ-57 降伏せずM-24
9 戦国群盗伝M-1
10 ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐M-1
11 ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐M-17B
12 ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐M-27T2
13 ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐M-33
14 ふんどし医者M-1
15 ふんどし医者M-4
16 地の涯に生きるものM-1
17 地の涯に生きるものM-5
18 ゲンと不動明王M-1
19 ゲンと不動明王M-4
20 ゲンと不動明王M-11
21 ゲンと不動明王M-19
22 ゲンと不動明王M-30
23 ゲンと不動明王M-33
24 世界大戦争M-3
25 世界大戦争M-33
26 太平洋の翼M-1
27 太平洋の翼M-10
28 独立機関銃隊未だ射撃中M-1
29 のら犬作戦M-1
30 のら犬作戦M-27
31 のら犬作戦M-31
32 がらくたM-1T2
33 太平洋奇跡の作戦 キスカM-7
34 太平洋奇跡の作戦 キスカM-13T2
35 太平洋奇跡の作戦キスカM-23
オペラ「夕鶴」や「ぞうさん」「ラジオ体操第二」でも知られる国民的作曲家・團伊玖磨(だん・いくま/1924-2001)が東宝映画 に残した全24 作品から選びぬいた音楽集成CD です。
2 枚のCD には約160 分、69 トラックを収録。團伊玖磨の珠玉の映画音楽が満載されています。朗々と奏でられる美しい ロディーや、血湧き肉躍るオーケストラサウンドなど、まさに充実の聴き応えです。クラシックの交響作品として味わえるような 「壮大」で「長尺」の作品もあり、シンフォニスト團伊玖磨の面目躍如たる傑作群が CD になる喜びは語り尽くせません。主に 1954 年から1970 年初頭かけて約120 作品もの映画音楽を手掛けた團伊玖磨。そのなかで最も力を注いだ東宝映画に残 した24 作品より選びぬいた傑作選といえます。 戦後の日本映画界をリアルに記録した付属音源も貴重です。録音時に吹き込まれたタイトルクレジット等、なかなか CD な どで公開されない重要な資料となることでしょう。
収録音源は可能な限りマスターテープにまで遡り、ニューリマスターを敢行。より高音質な CD にするため、正副(メイン/サ ブ)両テープが残る作品は音質比較を行い、より最良の音源を収録しました。また原音の持ち味を充分に引き出すため、リ マスターに際しては最小限の整音しか行っていません。再生機は STUDER A812、高音質&原音再生で知られる ACOUSTIC REVIVE 社製のケーブルを使用しました。

EVIDENCE
EVCD-062(1CD)
Notes〜新時代のロシア音楽
ココウロフ:燃える太陽
つむじ風/魔女の家で
内なるエレジー/森の住民
シベリアの声/氷穴/追憶のワルツ
エアー(ジェイソン・ベッカー原曲)
アウトロ
パヴェル・シャツキー(P)、
ベルンハルト・ヴュンシュ(指)
スコアリング・ベルリンO
エフゲニー・ヴォルコフ(指)
スヴェシニコフ国立アカデミーcho

録音:テルデックス・スタジオ(ベルリン)、マトヴェンコ・スタジオ(モスクワ)
コンスタンチン・ココウロフは 1992 年イルクーツク生まれのピアニストで作曲家。20 歳の時、家族とともにクロアチアのザグレブに移住し、この地で活 躍しています。デス、パンテラ、ドラゴンフォースなどヘヴィメタやパンクを聴いて育ち、後にクラシック音楽を学びました。クラシック作曲家としてはチャイ コフスキー、ムソルグスキー、ラフマニノフらの伝統を受け継ぐロマンティックで流れるようなメロディとボルテージの高さに、ポップな感覚を加えた新しい ロシア音楽を示しています。
ここに収められた 10 曲はいずれもココウロフの作風を明確に表していますが、興味深いのは 30 年前にリリースされたジェイソン・ベッカーのアルバム 「Perpetual Burn」の Air をピアノとオーケストラへのカバー。完全なロシアのオーケストラ曲となっているのが聴きもの。他も映画音楽風、ゲーム音楽風 の壮大な世界が広がり、ピアノやオーケストラが熱く謳いあげます。興味深いのはベルリンで器楽部分、モスクワで合唱部分を別々に録音してミキシングして いること。全く自然な出来に感心させられます。ロシア音楽好きには超オススメの不思議なアルバムです。 (Ki)

BIS
BISSA-2350(1SACD)

KKC-6322(1SACD)
国内盤仕様
日本語解説付
税込定価
レスピーギ編曲のバッハ&ラフマニノフ作品集
(1)バッハ(レスピーギ編):前奏曲とフーガ ニ長調(BWV532)P 158(1929)
(2)バッハ(レスピーギ編):パッサカリア ハ短調(BWV582)P 159(1930)
(3)バッハ(レスピーギ編):3つのコラール P 167(1930)【@.レント・アッサイ「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」(BWV659)/A.アンダンテ・コン・モート・エ・スケルツァンド「わが魂は主をあがめ」(BWV648)/B.アンダンテ「目覚めよと呼びわたる物見の声」(BWV645)】
(4)ラフマニノフ(レスピーギ編):5つの絵画的練習曲『音の絵』 P 160(1930)【@.「海とかもめ」(Op.39-2)/A. 「祭り」(Op.33-4)/B.「葬送行進曲」(Op.39-7)/ C.「赤ずきんと狼」(Op.39-6)/D.「行進曲」(Op.39-9)】
ジョン・ネシリング(指)
リエージュ王立PO(リエージュPO)、
アンヌ・メルシエ(コンサートマスター)

録音:2017年9月/フィルハーモニーホール、リエージュ(ベルギー)
好評のジョン・ネシリング指揮によるレスピーギの管弦楽作品集。当アルバムにはバッハとラフマニノフの編曲作品を収録しております。
バッハのオーケストラ編曲版といえば、ストコフスキー編のトッカータとフーガ ニ短調 BWV565、シェーンベルク編の前奏曲とフーガ 変ホ長調 BWV552 『聖アン』、エルガー編の幻想曲(前奏曲)とフーガ ハ短調 BWV537などが有名ですが、レスピーギもバッハのオルガン作品を編曲しております。
前奏曲とフーガ ニ長調 BWV532は、前奏曲の豪快なペダルと同一音型をたたみかけるように反復する主題が印象的なフーガの非常に技巧的かつ煌びや かな作品ですが、レスピーギは巧みなオーケストレーションで立体的かつ豪華サウンドに仕上げました。木管、金管、弦楽器、そしてピアノも登場し、各パート の主題の掛け合いが聴きどころです。パッサカリアも実に見事です。あの低音主題による変奏曲の奥義を極めた最高傑作を、まるで『ローマ三部作』を思わせる 優美で色彩的なオーケストレーションが魅力です。3つのコラールはライプツィヒ・コラール「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」およびシュープラー・コラール「わ が魂は主をあがめ」「目覚めよと呼びわたる物見の声」の3曲をオーケストラ版にした作品。3楽章形式の組曲に仕上げており、レスピーギのセンスのよさを感 じさせます。
ラフマニノフの音の絵も聴きもの。作品33と作品39の2巻からなるピアノ曲からレスピーギが5曲を組曲形式にした作品。ラフマニノフの叙情的な旋律を レスピーギの見事なオーケストレーションで聴くことができます。
1947年サンパウロ生まれの指揮者ブラジルのジョン・ネシリングは、ボダンツキーやシェーンベルクの血を引くという逸材で、バーンスタインやスワロフス キーの薫陶を受けております。自身の持ち味である情熱的かつ抜群のリズム感で、色彩豊かにレスピーギを振っております。 (Ki)

PASCHENrecords
PR-200066(1CD)
LIEBESLIED(愛の歌)
ブラームス:ワルツ集 「愛の歌」 Op.52より第1番、第2番、第4番、第5番、第6番、第11番(管弦楽版)、ワルツ集 「新・愛の歌」 Op.65より第9番(管弦楽版)
ドリー・パートン:オールウェイズ・ラヴ・ユー(マルテ・シラーによる管弦楽版)
イェルン=ウーヴェ・ファーレンクローク=ぺーターゼン&カルロ・カルゲス:Irgendwie, irgendwo, irgendwann
チャールズ・フォックス:やさしく歌って
ベートーヴェン:交響曲第8番 ヘ長調 Op.93
トーマス・クルーク(指)、
アンサンブル・リフレクター

録音:2020年3月、ブレーメン放送ホール(ドイツ)
クラシックに馴染みの薄い現代の聴衆を魅了することを目的に若手音楽家たちによって設立された「アンサンブル・リフレクター」、2020年録音のセカンド・アルバム!ベートーヴェンの「交響曲第5番」を中心に、暴力性と絡み合う感情的な世界を描いたデビュー・アルバム『GEWALTAKT(暴力)』(PR190050)に続く、本作のテーマは”愛”!
アルバムの構成は、全体にブラームスの「愛の歌」(管弦楽版)を散りばめつつ、間にホイットニー・ヒューストンの「オールウェイズ・ラヴ・ユー」やロバータ・フラック の「やさしく歌って」、ネーナの「Irgendwie, irgendwo, irgendwann」(邦題:未来へのスパークル)など、20世紀ポピュラー・ソングの名曲を挟んだユニークなプログラミングで、最後はベートーヴェンの「交響曲第8番」で締めくくられます。この「時代を超越した名曲で愛の宣言をおこなう」というコンセプトは、ベートーヴェンが1812年に「不滅の恋人」に宛てて書いた有名な手紙(特に「悲しいことに、言葉は結局のところ何の意味もないと思う瞬間がある」という言葉)にインスピレーションを受けたもので、彼らはベートーヴェンが言葉では表現しきれなかったすべてのことが「交響曲第8番」(「不滅の恋人」の手紙と同時期の作品)に込められているのではないかと考えました。ブレーメン・ドイツ・カンマーPOの元コンサートマスター、トーマス・クルークがメンターと指揮者を務める同団体の、みずみずしく溌溂とした音楽が素晴らしい、注目の1枚です。

CPO
CPO-777771(1CD)
NX-B10
ベートーヴェン:劇場のための音楽集 第2集
付随音楽『シュテファン王』 Op.117
レオノーレ序曲 第2番Op.72a
レオノーレ序曲 第3番Op.72b
レオノーレ序曲 第1番Op.138
フィデリオ序曲 Op.72
ベルント・タウバー(朗読)
ブルノ・チェコ・フィルハーモニーcho
カペッラ・アクイレイア
マルクス・ボッシュ(指)

録音:2019年7月8,9日
マルクス・ボッシュとカペッラ・アクイレイラによるベートーヴェン「劇場のための音楽集」。前作ではあまり演奏 されることのない『アテネの廃墟』全曲とカンタータ『静かな海と楽しい航海』を取り上げたボッシュ、今作で は更に珍しい『シュテファン王』に取り組みました。1811年に作曲されたこの『シュテファン王』は前述の『ア テネの廃墟』と同様、オーストリア皇帝フランツ1世がハンガリーに建築した"ドイツ劇場"のこけら落としのた めの作品。主人公は西暦1000年にハンガリー王国を建国したイシュトヴァーン1世で、副題には「ハンガ リーで最初の善政者」と書かれています。テキストは『アテネの廃墟』と同じくアウグスト・フォン・コツェブーに よるものですが、このアルバムでは前作と同じくカイ・ヴェスラーがカイ・ヴェスラーが現代的な言葉に置き換 え、21世紀に通じる内容に作り替えています。他には歌劇「フィデリオ」にまつわる4曲の序曲を収録。

TOCCATA
TOCC-0595(1CD)
NX-B03
リヴィア・テオドレスク=ショケニア(1959-):バレエ音楽『Rouge et le noir 赤と黒』 ミハエラ・スタンチュ(S)
ロメオ・コルネリウス(C.T)
ルーマニア国立歌劇場O
ルーマニア国立歌劇場cho(男声)
ルミニツァ・エレフテリウ(コンサート・マスター)
ラズヴァン・チェルナット(指)

録音:2000年6月11-15日
世界初録音
ルーマニアの女性作曲家リヴィア・テオドレスク=ショケニア。地元の音楽院でピアノを学び、1998年から 1999年にはルーマニア政府から奨学金を得て、イギリスに留学。その後はブカレストに戻り、国立音楽 大学の教授としてルーマニアの音楽教育に力を注いています。このバレエ音楽『赤と黒』はスタンダールの 同名小説をモティーフにした作品。実在の事件を元に、青年の青春や恋愛と貴族階級の腐敗を絡めた 壮大な原作から、テオドレスク=ショケニアは印象的なエピソードを抽出し、ルーマニア民謡を巧みに用い たモダンな音楽を付けることで独自の世界を創出しています。

Halle
CDHLL-7556(1CDR)
ヴォーン・ウィリアムズ
旅の歌〔管弦楽版編曲:第1曲、第3曲、第8曲(作曲者自身)
第2曲、第4曲〜7曲、第9曲(ロイ・ダグラス)〕*
仮面劇 「ヨブ」 **
マーク・エルダー(指)ハレO、
ニール・デイヴィス(Bs-Br)*、
デイヴィッド・アダムス(Vn)**、
ダリウス・バッティワラ(Org)**

録音:2019年7月2日−4日、ブリッジウォーター・ホール(マンチェスター)
イギリスで最古の歴史を持つオーケストラのひとつ、ハレOと音楽監督マーク・エルダーによるヴォーン・ウィリアムズ・サイクル最新巻。交響曲第6番&第4番(CDHLL7547)に続く新録音は、イギリスの詩人、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの作品に基づき作曲された9曲からなる連作歌曲「旅の歌」に、イギリスの詩人、画家のウィリアム・ブレイクが描いたヨブ記への挿絵を基に作曲され、傑作のひとつと称される「仮面劇ヨブ」をカップリング。華やかさの中に静謐さを合わせた上質な音楽、美しいヴァイオリン・ソロにも注目です。
「旅の歌」でソロを務めるニール・デイヴィスは、1991年のカーディフ・シンガー・オブ・ザ・ワールド・コンクールで歌曲賞を受賞。マリス・ヤンソンス、ピエール・ブーレーズ、フランス・ブリュッヘン、ダニエル・ハーディングといった著名な指揮者の下、世界各国の主要オーケストラと共演。日本では、2019年のバッハ・コレギウム・ジャパンとの共演でベートーヴェン 「交響曲第9番」 のソリストを務めています。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

DUX
DUX-1621(1CD)
カルウォヴィチ:交響詩集
交響詩「オシフィエンチム家のスタニスワフとアンナ」Op.12、交響詩「悲しい物語(永遠への序曲)」Op.13、交響詩「仮面舞踏会の出来事」Op.14
ショパン
:演奏会用アレグロ Op.46(コンラート・ビニエンダのオーケストレーションによるピアノとオーケストラ版)*
ロイヤルPO、
グジェゴシュ・ノヴァーク(指)、
コンラート・ビニエンダ(P)*

録音:2019年10月17日、アルトゥール・ルービンシュタイン・コンサート・ホール(ウッチ、ポーランド)
タトラ山脈でのスキー中に雪崩に遭遇し悲劇的な最期を遂げたポーランドの夭折の天才作曲家、ミェチスワフ・カルウォヴィチ(1876−1909)。
シマノフスキ以上にポーランド楽壇の希望の光として将来を嘱望されていた天才が遺した代表的ジャンル「交響詩」の中から、晩年(1907〜1909)に作曲された3曲の傑作を、同郷のマエストロ、グジェゴシュ・ノヴァークが長きに渡り良好な関係を築いてきたロイヤル・フィルとのコンビでレコーディング。
カルウォヴィチの管弦楽作品の魅力でる色彩感、卓越したオーケストレーション、抒情性を、ノヴァークのタクトが見事に描き出しています。
カップリングのショパンの「演奏会用アレグロ」は、ソリストを務めるポーランド系アメリカ人のピアニスト、コンラート・ビニエンダ自身のオーケストレーションによる「ピアノ&オーケストラ版」。
ショパンが構想していたと伝わる「3曲目のピアノ協奏曲」としての姿が見えてくる優れた編曲と演奏は要注目です。

Onyx
ONYX-4213(1CD)
バルトーク:管弦楽作品集 Vol.2
中国の不思議な役人 Sz.73
組曲第2番Sz.34
ハンガリー農民の歌 Sz.100
トーマス・ダウスゴー(指)、
BBCスコティッシュSO
トーマス・ダウスゴーは、現在BBCスコティッシュSO(BBC SSO)の首席指揮者、スウェーデン室内Oの首席指揮者、シアトルSOの首席客演指揮者(2019シーズンより音楽監督)、トスカーナOの名誉指揮者、デンマーク国立SOの名誉指揮者(2004年〜2011年まで首席指揮者)という多くの重要ポストを務めるデンマーク出身の名指揮者。2019年10月&11月に初開催となった「BBCプロムス・ジャパン」では、メイン指揮者&オーケストラとしてBBCスコティッシュSOとともに来日し、日本でも再び注目を浴びました。
「バルトークの多様なスタイルを示すために、2つ以上の対照的な作品を1つのディスクにまとめる」との意欲的なコンセプトでOnyxから新たにスタートしたバルトークの管弦楽作品集。「組曲第1番」と「管弦楽のための協奏曲」の組み合わせで収録された前作(ONYX4210)に続く第2巻は、1幕のパントマイムのための音楽として作曲され、バレエ音楽としても親しまれるバルトークの傑作「中国の不思議な役人」と、「第1番」よりも規模が小さく民謡などの要素が組み込まれていった「組曲第2番」、そしてオーケストラによる「ハンガリー農民の歌」のカップリングです。

Chandos
CHAN-20196(21CD)
コンプリート・パーシー・グレインジャー・エディション 〜 没後60周年記念BOX
■CD1:管弦楽作品集Vol.1
モールバラ公爵のファンファーレ/コロニアル・ソング(センティメンタル第1番)/イングリッシュ・ダンス/シェパーズ・ヘイ(羊飼いの呼び声)/三人の仲間がいた/フィッシャーの水夫宿/われら夢見し者たち/収穫の讃歌/楽しい鐘の音/ウォーキング・チューン/組曲「早わかり」/森の茂み
■CD2:管弦楽作品集Vol.2
ユースフル組曲/岸辺のモリー/デリー地方のアイルランド民謡(ロンドンデリーの歌)/シェパーズ・ヘイ(羊飼いの呼び声)/カントリー・ガーデンズ(ヴァージョンA)/ある朝早く/ストランド通りのヘンデル/モック・モリス/ドリーマリー/戦士たち(ザ・ウォリアーズ)
■CD3:管弦楽作品集Vol.3
緑の茂み(イギリス民謡によるパッサカリア)/ヒル・ソング(丘の歌)第2番/陽気な王様/東洋的間奏曲(パーカッション・アンサンブルのための)/コロニアル・ソング(1919年版)/スプーン・リヴァー/マクスウェル卿のおやすみなさい/ローマ権力とキリスト教徒の心/固定されたド/デリー地方のアイルランド民謡(ロンドンデリーの歌)/ボニー・ドゥーンの堤よ土手よ/イングリッシュ・ダンス第1番
■CD4:合唱と管弦楽のための作品集Vol.1
シャロウ・ブラウン/マーチング・チューン/日曜日が来ればわたしは17歳/2つのシー・シャンティー/岸辺のモリー/ブリッグの定期市/ある朝早く/アフターワード/ゼア・ワズ・ア・ピッグ・ウェント・アウト・トゥ・ディグ/孤独な砂漠の男が陽気な部族のテントを見る/ゾウ・グレイシャス・パワー/カントリー・デリー・エア/ストランド通りのヘンデル/6人の公爵が釣りに出かけると/アンカー・ソング/ボニー・ドゥーンの堤よ土手よ
■CD5:合唱と管弦楽のための作品集Vol.2
ウィンドウズ・パーティ/シー・ワイフ/ザ・ランニング・オヴ・シンドランド/ウィー・ハヴ・フェド・アワ・シー・フォー・ア・サウザンド・イヤーズ/タイガー・タイガー/ハル・ダヤールの愛の歌/カントリー・ガーデンズ/固定されたド/モック・モリス/コリーン・ダス/スコットランドのストラススペイとリール/ドリーマリー/コロニアル・ソング/わたしのロビンは緑の森へ/収穫の讃歌/マクスウェル卿のおやすみなさい/行方不明の夫人が見つかった
■CD6:合唱と管弦楽のための作品集Vol.3
モック・モリス/愛の力/愛に死す/ソロモンの雅歌からのラヴ・ヴァース/シェパーズ・ヘイ(羊飼いの呼び声)/ある朝早く/三羽のワタリガラス/スケルツォ/青春の歓喜/ランダム・ラウンド(セット・ヴァージョン)/陽気な王様/オー・ジン・ワー・ホエア・ガディー・リンズ/スカイ・ボート・ソング/ダニー・ディーヴァー/デリー地方のアイルランド民謡(ロンドンデリーの歌)(1952)/ドルと半日/岸辺のモリー
■CD7:合唱と管弦楽のための作品集Vol.4
父と娘/小さな変奏形式/ヴァルメランの歌/北の国の王女に/楽しい婚礼/高慢なヴェッセリル/ライバル兄弟/ダールの歌/大蛇号の乗組員/橋の下で/デンマーク民謡組曲〔愛の力、領主ペーターの馬丁、ナイチンゲールと2人の姉妹、ユランの民謡集〕
■CD8:無伴奏合唱作品集
ゲルマニーでの私の愛/6人の公爵が釣りに出かけると/おお私の女王/メリー・トムソン/ある朝早く/デリー地方のアイルランド民謡(ロンドンデリーの歌)/アジャンクールの歌/オーストラリアの内陸地の歌/退場の賛美歌/たそがれどきに/ジプシーの婚礼の日/わが黒髪の乙女/ボニー・ドゥーンの堤よ土手よ/兵士よ, 兵士/ジャングル・ブックの節〔ジャングルの夜の歌、ルカノン、シーオニー・パックの狩りの歌、タイガー=タイガー〕/ウッドストック・タウンの近くで/一目惚れ
■CD9:吹奏楽作品集Vol.1
ヒル・ソング(丘の歌)第2番/ボニー・ドゥーンの堤よ土手よ/フェロー諸島の踊り/行進曲「ワンフレーの若者」/デリー地方のアイルランド民謡(ロンドンデリーの歌)/シェパーズ・ヘイ(羊飼いの呼び声)/陽気な王様/岸辺のモリー/カントリー・ガーデンズ(第2ヴァージョン)/コロニアル・ソング(センティメンタル第1番)/ガムサッカーズ・マーチ/リンカンシャーの花束
■CD10:吹奏楽作品集Vol.2
ローマ権力とキリスト教徒の心/チルドレンズ・マーチ/ベル・ピース/楽しい鐘の音/固定されたド/ヒル・ソング(丘の歌)T/ヒル・ソング(丘の歌)U/デリー地方のアイルランド民謡(ロンドンデリーの歌)/民主主義の行進歌
■CD11:室内楽作品集Vol.1
岸辺のモリー/わたしのロビンは緑の森へ/シェパーズ・ヘイ(羊飼いの呼び声)/収穫の讃歌/到着ホームでうたう鼻歌/ストランド通りのヘンデル/スカンジナヴィア組曲〔スウェーデンの歌と踊り、ヴェルムランドの歌、ノルウェーのポルスカ、デンマークのメロディ、ノルウェーの踊りによる歌とフィナーレ〕/ナイチンゲールと2人の姉妹/乙女と蛙/エルサレムから来た靴屋/モック・モリス/ サセックスの仮装行列によるクリスマス・キャロル/主題と変奏/青春の歓喜/コロニアル・ソング
■CD12:室内楽作品集Vol.2
ピーター卿の馬丁/エルサレムから来た靴屋/ハビー・アンド・ワイフィー/一人息子/ボニー・ドゥーンの堤よ土手よ/リスボン/花婿の挨拶/ランド・オー・ザ・リール/ウォーキング・チューン/柳よ柳よ/収穫の讃歌/洗礼式での老女/ナイチンゲール/二人の姉妹/海の歌/大胆なウィリアム・テイラー/愛の力/マクスウェル卿のおやすみなさい/コロニアル・ソング/フリー・ミュージック/二羽のカラス/愛に死す/岸辺のモリー
■CD13:メゾ・ソプラノのための歌曲集
ホワイト・ロックのデイヴィッド/愛に死す/タイムの小枝/柳よ柳よ/ウッドストック・タウンの近くで/ある朝早く/イン・ブリストル・タウン/北の歌からの4つのセッティング/花婿の挨拶/ランド・オー・ザ・リール/誇り高きヴェッセリル/橋の下で/ハビー・アンド・ワイフィー/孤独な砂漠の男が陽気な部族のテントを見る/コロニアル・ソング/ラドヤード・キップリングの2つのセッティング〔一人息子、ハル・ダヤールの愛の歌〕/秋の歌/エラ・グレインジャーの5つのセッティング/オー・グロリアス, ゴールデン・エラ/傘を持ったリトル・オレ/ヘンデルの「調子の良い鍛冶屋」による変奏曲/収穫の讃歌/アフター・ワード
■CD14:テノールのための歌曲集
ラドヤード・キップリングの9つのセッティング〔デディケーション2、アンカー・ソング、シー=ワイフ、ガンジス・パイロット、ファースト・シャンティ、ウィドウズ・パーティ、兵士よ, 兵士、若いイギリス兵、デディケーション1〕/ロバート・バーンズの3つのセッティング〔ヨン・ワイルド・モシー・マウンテン、エアヴァン・バンクス、アフトン・ウォーター〕/北の歌からの4つのセッティング/愛の力/二羽のカラス/リーヴァーズ・ネック=ヴァース/マクスウェル卿のおやすみなさい
■CD15:バリトンのための歌曲集
柳よ柳よ/6人の公爵が釣りに出かけると/ブリティッシュ・ウォーターサイド/牛を搾り出すかわいい女の子/行方不明の夫人が見つかった/クリーピン・ジェーン/大胆なウィリアム・テイラー/北の歌からの4つのセッティング/ラドヤード・キップリングの6つのセッティング〔ルカノン、慈悲深い町、ライド・ウィズ・アン・アイドル・ウィップ、ノーザン・バラッド、海の男たち、兵士よ, 兵士〕/心の冷たいバーブラ・ヘレン/海の秘密/セイラーズ・シャンティ/シャロー・ブラウン
■CD16:複数台ピアノのための作品集
緑の茂み/緑の草原で楽しく踊ろう/イン・ブリストル・タウン/イングリッシュ・ダンス/ザンジバルのボート・ソング/ウィドウズ・パーティ・マーチ/ボニー・ドゥーンの堤よ土手よ/ユトランド民謡メドレー/収穫の讃歌/カントリー・ガーデンズ/ランダム・ラウンド/キール・ロウ/兵士たち
■CD17:独奏ピアノ作品集Vol.1
前奏曲ハ長調/ジグ/アンダンテ・コン・モート/ピアノ小品ニ長調/ピアノ小品ホ長調/ピアノ小品イ短調/ピアノ小品変ロ長調/平和/サクソン・ツイ・プレイ/東洋的間奏曲/イングリッシュ・ワルツ/夕暮れに/トレイン・ミュージック/船乗りの歌/ウォーキング・チューン/3つのスコットランド民謡/スコットランドのストラススペイとリール/全世界からの7人の男/チャイコフスキーの「花のワルツ」によるパラフレーズ/デリー地方のアイルランド民謡(ロンドンデリーの歌)/ウッドストック・タウンの近くで/ダオメーにて
■CD18:独奏ピアノ作品集Vol.2
タイガー=タイガー/玄人の猟師/サセックスの仮装行列によるクリスマス・キャロル/ライバル兄弟/オーストラリアの内陸地の歌/収穫の讃歌/陽気な王様/リスボン(ダブリンの港)/パストラル/ウィドウズ・パーティ/愛に死す/ホークストウ・グランジ/元気な若い船乗り/心の冷たいバーブラ・ヘレン/ブリストル・タウン/海の歌のスケッチ/岸辺のモリー/到着ホームでうたう鼻歌/シェパーズ・ヘイ(羊飼いの呼び声)/カントリー・ガーデンズ/モック・モリス/ガムサッカーズ・マーチ/コロニアル・ソング/陽気な部族のテント/陽気な, しかしもの悲しそうな/ストランド通りのヘンデル/わたしのロビンは緑の森へ
■CD19:独奏ピアノ作品集Vol.3
フォスターに捧ぐ子守歌/わたしのジョンよ, もう一日/婚礼のララバイ/騎士と羊飼いの娘/子供の行進曲「丘を越えて遙かに」/婚礼のララバイのランブル/スプーン・リヴァー/シュトラウスの「ばらの騎士」の最後の愛の二重唱によるランブル/デンマーク民謡組曲〔愛の力、ナイチンゲールと2人の姉妹、ユトランド民謡メドレー〕/北欧の王女へ/楽しい鐘の音/ウォーキング・チューン/フォスターに捧ぐ子守歌/誇り高きヴェッセリ/リマーとゴールドカッスル/デリー地方のアイルランド民謡(ロンドンデリーの歌)/カントリー・ガーデンズ/固定されたド/美しく新鮮な花/おお, 今こそ別れねばならぬ
■CD20:大合唱と管弦楽のための作品集
「ソロモンの雅歌」より ソロモン王の結婚/ダニー・ディーヴァー/民主主義の行進歌/オーディンの霊/玄人の猟師/エグラモア卿/ワムフレイの若者たち/花嫁の悲劇/フォスターに捧ぐ/感謝の歌
■CD21:吹奏楽のための編曲集
作曲者不詳(13世紀):乙女は天使に/マショー:バラード第17番/ジョスカン・デ・プレ:ラ・ベルナルディーナ/カベソン:ドリア旋法による前奏曲/フェッラボスコ:4つの音符のパヴァーヌ/ジョン・ジェンキンス:5声のファンタジー第15番/バッハ:行進曲 BWV Anh.122、カンタータ第85番「われはよき牧人なり」BWV.85より、コラール「おお人よ、汝の罪の大いなるを嘆け」BWV.622/リスト:ハンガリー幻想曲 S.123/フランク:コラール第2番/フォーレ:トスカナのセレナード Op.3-2/グーセンス:民謡/キャサリン・パーカー:ダウン・ラングフォード・ウェイ
■CD1
リチャード・ヒコックス(指)
BBCフィルハーモニック
録音:1996年(CHAN9493)


■CD2
リチャード・ヒコックス(指)、
BBCフィルハーモニック
録音:1997年(CHAN9584)


■CD3
リチャード・ヒコックス(指)、
BBCフィルハーモニック、
ジョナサン・スコット(ハーモニウム)
録音:1999年(CHAN9839)


■CD4
リチャード・ヒコックス(指)、
シティ・オヴ・ロンドン・シンフォニア、
ジョイフル・カンパニー・オヴ・シンガーズ、
マーク・パドモア(T)、
スティーヴン・ヴァーコー(Br)
デューク・ドービング(Fl)、
デイヴィッド・アーチャー(Tp)、
アンドルー・ワトキンソン(Vn)、
ペネロピ・スウェイツ(P)
録音:1996年(CHAN9499)


■CD5
リチャード・ヒコックス(指)、
シティ・オヴ・ロンドン・シンフォニア、
ジョイフル・カンパニー・オヴ・シンガーズ、
パメラ・ヘレン・スティーヴン(Ms)
マーク・パドモア(T)、
スティーヴン・ヴァーコー(Br)、
ジェフリー・トーザー(P)
録音:1997年(CHAN9554)


■CD6
リチャード・ヒコックス(指)、
シティ・オヴ・ロンドン・シンフォニア、
ジョイフル・カンパニー・オヴ・シンガーズ、
スーザン・グリットン(S)、
パメラ・ヘレン・スティーヴン(Ms)
マーク・タッカー(T)、
スティーヴン・ヴァーコー(Br)、
ティム・ヒュー(Vc)
録音:1998年(CHAN9653)


■CD7
リチャード・ヒコックス(指)
、デンマーク国立RSO&cho、
パメラ・ヘレン・スティーヴン (Ms)、
ヨハン・ロイター(Br)
録音:1998年(CHAN9721)


■CD8
リチャード・ヒコックス(指)、
アカデミー・オヴ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ合唱団
録音:2002年(CHAN9987)


■CD9
ティモシー・レイニッシュ(指)
、クラーク・ランデル(指)、
ロイヤル・ノーザン・カレッジ・オヴ・ミュージック・ウィンド・オーケストラ
録音:1996年(CHAN9549)


■CD10
ティモシー・レイニッシュ(指)、
クラーク・ランデル(指)、
ロイヤル・ノーザン・カレッジ・オヴ・ミュージック・ウィンド・オーケストラ
録音:1992年&1997年(CHAN9630)


■CD11
アカデミー・オヴ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ・チェンバー・アンサンブル
録音:1998年(CHAN9746)

■CD12
アカデミー・オヴ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ・チェンバー・アンサンブル、
デッラ・ジョーンズ(Ms)、
マーティン・ヒル(T)、
スティーヴン・ヴァーコー(Br)
録音:1999年(CHAN9819)


■CD13
デッラ・ジョーンズ(Ms)、
ペネロピ・スウェイツ(P)、
マーク・パドモア(T)、
スティーヴン・ヴァーコー(Br)、
ジョン・ラヴェンダー(P)
録音:1998年(CHAN9730)


■CD14
マーティン・ヒル(T)、
ペネロピ・スウェイツ(P)
録音:1997年(CHAN9610)


■CD15
スティーヴン・ヴァーコー(Br)、
ペネロピ・スウェイツ(P)
録音:1996年(CHAN9503)

■CD16
ペネロピ・スウェイツ(P)
ウェイン・マーシャル(P)、
ジョン・ラヴェンダー(P)、
ロンダ・ギレスピー(P)、
アントニー・グレイ(P)
録音:1998年(CHAN9702)


■CD17
ペネロピ・スウェイツ(P)
録音:2000年(CHAN9895)


■CD18
ペネロピ・スウェイツ(P)
録音:2001年(CHAN9919)


■CD19
ペネロピ・スウェイツ(P)
録音:2003年(CHAN10205)


■CD20
アンドルー・デイヴィス(指)、
メルボルンSO&cho
、シドニー室内合唱団
録音:2012年(CHSA5121)


■CD21
クラーク・ランデル(指)
ロイヤル・ノーザン・カレッジ・オヴ・ミュージック・ウィンド・オーケストラ、
イヴァン・ホヴォラン(P)
録音:2007年(CHAN10455)
当時イギリス領だったオーストラリアのメルボルンで生まれた作曲家&ピアニスト、パーシー・グレインジャー(1882−1961)。各地の民謡を採集し多彩な編曲を施し、また小節、拍子、和声にこだわらない「自在音楽(フリーミュージック)」や電子音楽(シンセサイザー)の先駆者としての功績も残す偉大な作曲家の作品を地道に取り上げ、再評価へと導いてきたChandosのグレインジャー・エディション。 グレインジャーの没後50周年となる2011年には、1996年にリリースされた第1巻から2003年リリースの第19巻までの19枚のアルバムをセットにしたBOXセット(CHAN10638)が発売され話題を呼びました。同セットはしばらく廃盤となっておりましたが、この度新たに2008年リリースの「吹奏楽編曲集(CHAN10455)」と2013年リリースの「大合唱と管弦楽のための作品集(CHSA5121)」の2タイトルを加えた全21枚組コンプリートBOXとして、Chandosのグレインジャー・エディションが復活します! 「カントリー・ガーデン」、「岸辺のモリー」、「デリー地方のアイルランド民謡(ロンドンデリーの歌)」などの名旋律が、様々な編成(オーケストラ、吹奏楽、合唱、室内楽、ピアノ等)で楽しめるのもグレインジャーの大きな魅力の1つ。グレインジャー愛好家はもちろん、フォークソングや吹奏楽、合唱、ピアノのファンも要注目の、記念碑的なBOXセットです!


Treasures
TRE-235(1CDR)
ロヴィツキの「ガイーヌ」「ボレロ」「展覧会の絵」
ハチャトゥリアン:「ガイーヌ」組曲【バラの乙女たちの踊り /アイシャの目覚めと舞踊/レズギンカ/子守歌/剣の舞/ 抒情的デュエット/ゴパック】*
ラヴェル:ボレロ
ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」
ヴィトルド・ロヴィツキ(指)
ハーグPO*、ワルシャワ国立PO

録音:1960年11月1-4日*、1967年8月21-23, 28-30日(全てステレオ)
※音源:日Victor SFON-7528*、日COLUMBIA WX-28-PM
◎収録時間:74:28
“西側の常識とは無縁の汚れなき感性と盤石の音像バランス!!”
■音源について
★「展覧会の絵」と「ボレロ」の原盤はMUZAですが、必ずどこかに不満が残るポーランド盤ではなく、「SX68カッティング」と銘打たれている日本盤を採用。ハチャトゥリアンはフィリップス原盤。このビクター盤も同じく安定感抜群のサウンド。なお、「展覧会の絵」の録音データは、CD(PNCD502)では1967年9月26日と記載されていましたが、ここではMichaelGray氏のディスコグラフィに拠ります。

★私は、ロヴィツキの演奏を聴くとよくロリン・マゼールのことを思い出します。あからさまなデフォルメも辞さない独特の表現は単なるこけおどしではなく、強い確信に基づく嘘のない表現であることは両者に共通していると思います。しかし、その表現の導き出し方は異なり、マゼールの場合は、一般的な演奏スタイルを見据えたうえで、「自分ならこうする」「こうすればもっと曲が光るはず」という、いわば解釈の「練り込み」が加わるのに対し、ロヴィツキの場合はスコアを直感的に捉え、他者の演奏など最初から眼中にないかのように、その直感をダイレクトにぶつけているように思われます。いわゆる西側諸国のスタンダードな解釈に触れる機会が限られていたポーランドや旧ソ連では、スコアから受ける直感を信じるしかなく、そこにいかに高い説得力を与えられるか、日々格闘するのが当時の音楽家の宿命だったのかも知れません。。因みに、ロヴィツキは1989年9月7日に非共産党政府の成立した直後の10月1日に亡くなっています。
 レパートリーは当然ながら民族色を帯びた作品が多いですが、音作りの志向はドロっとした粘着性ではなく、むしろ俊敏なレスポンスを生かしたスタイリッシュなもの。「それは上質な楽器など揃っていなかった当時のオケが重厚な音を出せなかっただけでは?」と思われるかもしれませんが、オランダのハーグ・フィルを振った「ガイーヌ」でも極端なほどの鄙びた音色と腰高のハーモニーで一貫しており、ロヴィツキ自身の編み出した音であることは明らか。"バラの乙女たちの踊り"では主旋律に絡む管楽器がいちいち妖しい光を放つのが印象的ですし、"アイシャの目覚めと舞踊"の前半はまさにその色彩感覚の真骨頂。後半は人間臭さ全開で、音量による威圧など必要としません。最後の"ゴパック"はリズムの切れ味がすこぶる良く、重量級の演奏では望めない痛快さ。しかし、底抜けの明るさとは違う点がこれまたロヴィツキならではと言えましょう。 
 「ボレロ」は一見真面目な楷書風ですが、フランス的な香気ともスペイン風のエキゾチシズムとも違う不健康な空気が横溢。冒頭からピアニッシモを無視して、旋律線の克明化を最優先させる頑なさを見せます。
 「展覧会の絵」も一見正攻法ですが、独自の色彩センスの注入はもちろん抜かりなし。"キエフの大門"の4:18からの弦のリズムの刻みを誰よりも明確に打ち出したり、ティンパニの一部のロールへ変更する点など注目すべきですが、そんな独自色よりもここであえて強調したいのは、驚異的な声部バランスの良さ!全体的な推進力を確保しながらこれほど響きの均衡も保った演奏は滅多に聴けません。【2020年11月・湧々堂】

ARCO DIVA
UP-0223(1CD)
NX-A14
シェーンベルク:浄められた夜 Op.4
チャイコフスキー:フィレンツェの思い出 Op.70
マルケータ・ヴォカツォヴァー(Vn)
ヤン・ムラーチェク(Vn)
カレル・ウンテルミュラー(Va)
クリスティーナ・フィアロヴァー(Va)
ペトル・ノウゾフスキー(Vc)
イヴァン・ヴォカーツ(Vc)
チャイコフスキーとシェーンベルク、それぞれタイトルを持つ弦楽六重奏曲を収録した1枚。20代後半から30代 後半でチェコ出身の若手演奏家たちによるライヴ録音です。チェコ・フィルの若きコンサートマスターのムラーチェク と、ソリストとして国際的に活躍し、スプラフォン、MDG、Arcodivaに録音も多いチェロのノウゾフスキーを軸に、 若き音楽仲間たちが熱のこもった演奏を披露。温かみのある弦の響きが美しい。

ARTHAUS
10-9421BD(Bluray)
クヴァストホフ、マーラーを歌う
ウェーベルン:管弦楽のための6つの小品 op.6
マーラー:亡き子をしのぶ歌
R・シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはこう語った」
トー マ ス・クヴァストホフ(Br)
ズービン・メータ(指)
シュターツカペレ・ドレスデン

収録:2010年、ドレスデン、ゼンパーオーパー(ライヴ)
画面:16:9、1080i
音声:PCMステレオ、DTS-HD MA5.0
原語:独
字幕:独 英 仏 韓,日本語
73分
マーラーの生誕150周年を記念して、2010年にドレスデンで行われたズービン・メータ(指)シュターツカペレ・ドレスデンのコンサートのライヴ映像。世界 で最も偉大なバリトン歌手の一人トーマス・クヴァストホフをソリストに迎え、マーラーの「亡き子をしのぶ歌」が演奏されました。 「亡き子をしのぶ歌」は、フリードリヒ・リュッケルトの同名の詩によるもので、1833年の冬に二人の我が子を相次いで亡くした心情を425編の詩に綴り、マーラー はその中から5編を選び作曲された傑作です。クヴァストホフは、陰影に富んだ深い心情を歌い、感動的な名唱を聴かせています。 前半には、ウェーベルン:管弦楽のための6つの小品を演奏。この作品も、ウェーベルン自身の母の死を契機に書かれたもので、4曲目は葬送行進曲として作曲 されています。後半のメインの作品は、ニーチェの著作にインスピレーションを得たと言われている、R・シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはこう語った」。 大編成のオーケストラを駆使したダイナミックな演奏です。 (Ki)

NoMadMusic

NMM-081(1CD)
オレリアン・デュモン:潮
(1)かけらのたまり
(2)ブリオーヌより〜エミリー・ディッキンソンの詩による
(3)ベーニュ(全4曲)
ピエール・ルーリエ(指)
アンサンブル2e2m
エレーヌ・フォーシェー(S)

録音:2018年3月20日(1)、5月3日(2)、1月16日(3)/マルセル・ランドフスキ講堂(ライヴ)
オレリアン・デュモンは1980年生まれのフランスの作曲家。日本文化に深い興味と愛を抱き、源氏物語に題をとる「垣間見」、黒塚に基づく能オペラ「秘 密の間」などを作曲していますが、トゥール大医学部で音楽療法を学んだ経歴からも、様式ではなく精神的な日本性を見事に表現しています。ここに収めら れたものは日本と関係ないものの、「ブリオーヌによる」ではエレクロニクス、「ベーニュ」では映像作家ジェニファー・ドゥゼネルのヴィデオとのコラボとい う新しいメディアとの可能性を試みています。 (Ki)

Chandos
CHSA-5243(1SACD)

RCHSA-5243(1SACD)
国内盤仕様
税込定価
シェーンベルク:浄められた夜
レハール:テノールと大管弦楽のためのトーン・ポエム 「熱」*
オスカー・フリート:メゾ・ソプラノ、テノールと管弦楽のための 「浄められた夜」 Op.9*+
シェーンベルク:「浄められた夜」 Op.4(作曲者自身の編曲による弦楽オーケストラ版)
コルンゴルト:テノールと管弦楽のための 「別れの歌」 Op.14*
エドワード・ガードナー(指)
BBC響、
クリスティーネ・ライス(Ms)+、
ステュアート・スケルトン(T)*

録音:2020年3月14日−15日、フェニックス・コンサート・ホール(フェアフィールド・ホール、クロイドン、イギリス)
2015年からベルゲンPOの首席指揮者を務める次代のマエストロ、エドワード・ガードナー。2021年からはユロフスキの後任としてロンドン・フィルの首席指揮者に就任することが発表され、話題を呼んでいます。ガードナーとBBC響とは、BBCプロムスではファースト・ナイトとラスト・ナイトを演奏したこともあるほど長く強固な関係を築いており、録音でもルトスワフスキやウォルトンの管弦楽作品集など、多くの名盤を残してきました。そんな、ガードナーとBBC響による新たなSACDハイブリッド録音は、ガードナーの前作「ブリテン:ピーター・グライムズ(CHSA5250)」に引き続き、今をときめくオーストラリアの名ヘルデン・テノール、ステュアート・スケルトン(スチュアート・スケルトン)との豪華共演。ガードナーとスケルトンの共演も名演揃いで、前出の「ピーター・グライムズ」は英グラモフォン誌の2020年10月「レコーディング・オヴ・ザ・マンス」に選ばれた他、英プレスト・クラシカルの「エディターズ・チョイス」に選定。また、「ヤナーチェク:グラゴル・ミサ(CHSA5165)」では2016年グラミー賞にノミネートしています。
シェーンベルクが無調や十二音技法へと至る前の時代の代表作の1つ、弦楽六重奏のための「浄められた夜」(作曲者自身による弦楽オーケストラ版)を中心に、同じリヒャルト・デーメルの詩を基に作られたオスカー・フリートの「浄められた夜」やレハール、コルンゴルトらによるドイツ語の管弦楽伴奏付き歌曲を組み合わせた魅惑のプログラムです。

Skani
SKANI-079(1CD)
風の輝き(The Glittering Wind)〜ラトビア女性作曲家の管弦楽作品集
サンタ・ラトニエチェ(1977−):ピアノと管弦楽のためのリエパーヤ協奏曲第7番(2014)*
マリーナ・グリビンチカ(1966−):コルカ岬の波(2018)
マイヤ・エインフェルデ(1939−):そして三色の太陽がすべてを照らす(2018)
グンデガ・シュミテ(1977−):音詩「風の輝き」(2018)
サンタ・ラトニエチェ(1977):光輪(2018)
セルガ・メンツェ(1953−):波の戯れ(2018)
リエパーヤSO、
ギンタラス・リンケヴィチュス(指)*、
アトヴァルス・ラクスティーガラ(指)
ヴェスタルズ・シムクス(P)*

録音(ライヴ):2004年4月22日、リエパーヤ・ラトビア協会ホール(リエパーヤ)*、2018年11月17日、グレート・アンバー・コンサートホール(リエパーヤ、ラトビア)
ラトビア共和国の独立100年の2018年11月18日の前夜、バルト海沿岸の都市リエパーヤで「母なるラトビア」コンサートが、開催されました。このコンサートでは、「母なるラトビア」に捧げる愛の贈り物にふさわしい「わが祖国の新しい音」を未来に向けて響かせるため、ラトビアの女性作曲家5人の作品が演奏されました。
サンタ・ラトニエチェ(1977−)が、微小な氷の結晶が光の輪を作ってゆくプロセスを管弦楽の小品に描いた「光輪」。ラトビアでもっとも美しい自然のひとつ、リガから寄せる波とバルト海の波がぶつかって生まれる光景で知られる岬を描いた、ウクライナ生まれのマリーナ・グリビンチカ(1966−)の「コルカ岬の波」。マイヤ・エインフェルデ(1939−)の「そして三色の太陽がすべてを照らす」は、ラトビアの詩人アスパジヤの詩集「三色の太陽」の詩から曲名が採られました。グンデガ・シュミテ(1977−)の「それは風、ラトビアの色鮮やかな牧草地の花粉をいっぱい乗せた…」「風の輝き」。セルガ・メンツェ(1953−)は、子供のころ最初に出会った音楽の印象を懐かしい歌のメロディを織りこみ、描写的な「波の戯れ」を作りました。アルバムの最初に収録されたラトニエチェの「ピアノと管弦楽のためのリエパーヤ協奏曲第7番」は、リエパーヤSOの「リエパーヤ協奏曲ツィクルス」の唯一の女性作曲家による作品です。

Signum Classics
SIGCD-662(1CD)
タイムラプス
シューベルト/デイヴィッド・ル・ページ:スリープ・ソフトリー
グリーグ:エア(アリア)
クープラン(ル・ページ編):神秘の防壁
ライヒデュエット
アデス:オー・アルビオン
ヴィヴァルディ/トリッシュ・クローズ:スリープ 1
サティ(ル・ページ編):グノシエンヌ 第1番
レディオヘッド(ル・ページ編):ピラミッド・ソング
ラモー:歌劇 「ボレアド」より
ヴィヴァルディ/デイヴィッド・ゴードン:スリープ 2
デイヴィッド・ボウイ、ブライアン・イーノ(ル・ページ編):ヒーローズ
エロリン・ウォーレン:コラール
ジョニー・マー(ル・ページ編):消えない光があるのなら
グレツキ3つの古い様式の小品より 第3楽章
オーケストラ・オヴ・ザ・スワン、
デイヴィッド・ル・ページ(ソロ・ヴァイオリン、芸術監督)、
キャサリン・リーチ(ソロ・ヴァイオリン)、
トリッシュ・クローズ(Sax)、
ブルース・オニール(P)、
グレアム・インストール(ドラム)、
デイヴィッド・ゴードン(P)、
ニック・ストリングフェロー(Vc)、
アンドルー・デイヴィス(Bs)、
エレナー・ターナー(Hp)

録音:2020年1月&3月、王立バーミンガム音楽院(イギリス)
ハンス・ガルをはじめとする、レア・レパートリーのレコーディングでも名を馳せるオーケストラ・オヴ・ザ・スワン。同オーケストラのコンサートマスターを務めるヴィルトゥオーゾ、デイヴィッド・ル・ページがリードし、ラモーとレディオヘッド、アデスとグリーグ、サティとライヒの興味深い作品の組み合わせで、数世紀にわたる作品を有機的に織り成しています。

Guild Histolical
GHCD-3504(1CD)
アルトゥーロ・トスカニーニ〜ザ・ファースト・レコーディングス1920-1926
(1)レスピーギ:「古風な舞曲とアリア」より ガリアード
(2)ドニゼッティ:「ドン・パスクワーレ」より 序曲
(3)メンデルスゾーン:「夏の夜の夢」より スケルツォ、結婚行進曲*
(4)ベルリオーズ:「ファウストの劫罰」より ハンガリー行進曲
(5)ビゼー:「アルルの女」第2組曲より ファランドール
(6)ビゼー:「カルメン」より アラゴネーズ
(7)マスネ:「絵のような風景」より ジプシーの祭
(8)ヴォルフ=フェラーリ:「スザンナの秘密」序曲
(9)ピツェッティ「ピサの少女」組曲より 第2番
(10)モーツァルト:交響曲第39番変ホ長調 K.543より 第3楽章、第4楽章*
(11)ベートーヴェン:交響曲第1番より 第4楽章
(12)ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」より 第4楽章
(13)メンデルスゾーン:「真夏の夜の夢」より 夜想曲*、スケルツォ*
アルトゥーロ・トスカニーニ(指)
ミラノ・スカラ座O、NYO*

(1)録音:1920年12月18日
(2)録音:1921年3月29日−30日
(3)録音:1921年3月11日、1921年3月9日*
(4)録音:1920年12月24日
(5)録音:1921年3月11日
(6)録音:1921年3月31日
(7)録音:1921年3月3日
(8)録音:1921年3月31日
(9)録音:1920年12月20日
(10)録音:1920年12月17日、録音:1920年12月20日*
(11)録音:1921年3月30日
(12)録音:1920年12月23日
(13)録音:1926年1月/2月

※リマスター:ピーター・レイノルズ&レイノルズ・マスタリング
上質のリマスターで数々の貴重な歴史的音源を復刻してきたギルド・ヒストリカル(Guild Historical)より、20世紀のもっとも偉大な指揮者の一人、アルトゥーロ・トスカニーニの最初期の録音集が登場!
ミラノ・スカラ座を率いて1920年12月と1921年3月に行った北米ツアーの際に録音され、トスカニーニとって最初のレコーディングとなった録音集。ベートーヴェンやモーツァルトの交響曲(抜粋)の他、レスピーギ、メンデルスゾーン、ベルリオーズ、ビゼー、ヴォルフ=フェラーリ、ピツェッティなど多彩なプログラムで、トスカニーニの偉大な芸術の一端を窺い知ることができます。1926年に録音されたニューヨーク・フィルとのメンデルスゾーンもカップリングしています。

Carl Davis Collection
CDC-005(1CD)
セイクリッド・シーズンズ〜カール・デイヴィスのクリスマス
カール・デイヴィス:バレエ組曲 「ア・クリスマス・キャロル」
カール・デイヴィス:ザ・ナティヴィティ・ストーリー(降誕の物語)〔映画「ベン・ハー」(1925)のスコアより〕
バッハ(カール・デイヴィス&コリン・マシューズ編):アイネ・クライネ・バッハムジーク
モートン・グールド:セレナーデ・オヴ・キャロル
バッハ(カール・デイヴィス&デイヴィッド・マシューズ編):セイクリッド・シーズンズ(聖なる四季)
モーツァルト(チャイコフスキー&リスト編):モーツァルティアーナより 「祈り」
カール・デイヴィス(指)
フィルハーモニアO、
ティモシー・ウェスト(ナレーター)

録音:2009年5月&8月、ヘンリー・ウッド・ホール
教会で歌われる讃美歌や伝統的なキャロルだけでなく、コンサートホール、映画、オペラ、ミュージカル、ダンス、ポップ、そして自宅など、様々な形で楽しまれるクリスマスの音楽。それらの要素のいくつかを補う、カール・デイヴィスのクリスマス・コレクション。自身の作品の他、バッハのアレンジやモートン・グールドの作品、チャイコフスキーの「モーツァルティアーナ」を収録。
「アイネ・クライネ・バッハムジーク」は、「バッハのメヌエット」として知られる有名なメヌエット ト長調(現在はクリスティアン・ペツォールトの作曲とされている)を含む、アンナ・マグダレーナの音楽帳からの行進曲、ミュゼット、メヌエットを組み合わせた小組曲。「セイクリッド・シーズンズ」はバッハの有名な旋律を四季に当てはめた組曲で、冬はカンタータ第140番より「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」、春はカンタータ第208番より「羊は安らかに草を食み」、夏はアンナ・マグダレーナの音楽帳より「あなたがそばにいれば」(伝シュテルツェル作曲)、秋はカンタータ第147番より「主よ、人の望みの喜びよ」といった名旋律が、デイヴィッド・マシューズの華麗なオーケストレーションで描かれます。

Indesens
INDE-072(2CD)
クリスマスのトランペット〜モーリス・アンドレに捧ぐ
【CD1】:ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー*
ルグラン:映画音楽メドレー***〜 華麗なる賭け、 シェルブールの雨傘、おもいでの夏、ロシュフォールの恋人たち、愛のイエントル
クロード・ボリング:トゥート組曲**
ギィ=クロード・ルイパルツ:トランペット協奏曲***
【CD2】:伝承曲(ティエリー・エスケシュ編)#:神の子は生まれた、聖夜、荒野の果てに、ダカンのクリスマス
黒人霊歌(ティエリー・エスケシュ編):誰も知らない私の悩み、アメイジング・グレイス
ビゼー:アニュス・デイ
フランク:天使の糧
バッハ/グノー:アヴェ・マリア
バッハ
:カンタータ第147番 「心と口と行いと生命もて」 BWV.147 より コラール 「主よ、人の望みの喜びよ」 、管弦楽組曲第2番ロ短調 BWV.1067 より ロンド, バディヌリ、管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV.1068 より アリア
モーツァルト
:アヴェ・ヴェルム・コルプス
クラーク:デンマーク王子の行進 「トランペット・ヴォランタリー」#
アルビノーニ:トランペット協奏曲変ロ長調 「サン=マルク」+
エリック・オービエ(Tp)
パリ・ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団*、
フランソワ・ブーランジェ(指)*、
アンドレ・チェッカレリ(ドラム)**、
リカルド・デル・フラ(ベース)**、
エルヴェ・セラン(P)**、
フランス空軍音楽隊***、
クロード・ケメッケル(指)***、
ティエリー・エスケシュ(Org)#、
ベールマン・クラリネット六重奏団+
トランペット界の伝説的プレーヤー、モーリス・アンドレの高弟であり、その流派を受け継ぐフランスの名手エリック・オービエが奏でるクリスマスの名曲集。世界有数の吹奏楽団であるパリ・ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団をバックに奏でる「ラプソディ・イン・ブルー」から始まり、CD2では、バッハ、モーツァルトといった、クリスマスではお馴染みの名曲を中心としたバラエティーに富んだ好プログラムで贈ります。華やかであり、洗練された美しい音色で奏でるオービエの説得力満点の演奏にご期待ください!

Coviello
COV-92017(1SACD)
イギリスのコネクション
パリー(1848-1918):交響的変奏曲
バントック(1864-1946):異教のシンフォニー
P.M.デイヴィス(1934-2016):5つのクレーの絵
ダグラス・ボストック(指)
アールガウSO

録音:2018年9月22-25日
ボストックが奏でるイギリスの管弦楽作品集、ライヴ録音です。パリーの『交響的変奏曲』はブラームス、ドヴォルザーク、エルガー といった管弦楽による変奏曲の名手の伝統を汲む見事な構成力を持った作品。バントックの『異教のシンフォニー』はアルカディアの古代神話的な世界を彷 彿とさせる印象的な音楽。P.M.デイヴィスの『5つのクレーの絵』はクレーの絵画に創造力を刺激された作曲家による詩的なミニアチュア。 (Ki)

KLARTHE
KLA-097(1CD)
護符〜カロル・ベッファ作品集
(1)円環の廃墟(2002)〜オーケストラのための
(2)護符(2018)〜ピアノ、クラリネット、弦楽四重奏のための
(3)破壊(2006)〜ピアノ五重奏のための
(4)テネブレ(2018)〜フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのための
(5)酔いどれ船(2017)〜オーケストラのための
(1)パスカル・ロフェ(指)フランス放送PO
(2)サーニャ(サンヤ)・ビジャーク(P)、パトリック・メッシーナ(クラリネット)、リョードウ・カネコ、コ・ヤンウン(ヴァイオリン)、
アラン・シュヴィートン(Va)、マルレーヌ・リヴィエール(Vc)
(3)カロル・ベッファ(P)、ルノワールQ
(4)グスタフ・ビレガス(Fl)、ギヨーム・シレム(Vn)、
レア・エニノ(Va)、ヴィクトル・ジュリアン=ラフェリエール(Vc)
(5)アラン・アルティノグル(指)フランス国立O
カロル・ベッファは1973年生まれのポーランド系フランス人作曲家。美少年だったため子役として活躍しましたが、音楽と数学を専攻し、さらにパリ音 楽院で8つのプルミエ・プリを取った天才。リゲティの研究でも知られています。
近年彼の作品は録音が次々と現われていますが、このアルバムはオーケストラ曲と室内楽を集めています。「円環の廃墟」はボルヘス、「酔いどれ船」はボー ドレールの文学作品のタイトルですが、それを描写したものではないとのこと。シマノフスキを思わすひんやりとした色彩的な世界が興味津々です。「破壊」 ではベッファ自身がピアノの名手ぶりを示しています。また「護符」にはフォルジュルネ音楽祭でもおなじみのビジャーク姉妹のサーニャ(サンヤ)が参加し ています。 (Ki)

ACCENTUS Music
ACC-60507BD
(3Bluray)

ACC-70507DVD
(3DVD)
チューリッヒ・バレエ・コレクション


■DISC1:
ヴェルディ:レクイエム

■DISC2:
チャイコフスキー:バレエ「くるみ割り人形とねずみの王様」

■DISC3:
プロコフィエフ:バレエ『ロメオとジュリエット』
■DISC1:
ファビオ・ルイージ(指)
フィルハーモニア・チューリヒ
チューリヒ歌劇場cho
クラッシミラ・ストヤノヴァ(S)
ヴェロニカ・シメオーニ(メゾ・ソプラノ)
フランチェスコ・メーリ(T)
ゲオルク・ツェッペンフェルト(Bs)
チューリヒ・バレエ団
マシュー・ナイト、マニュエル・ルナール、
アンナ・ハムジナ、アレグザンダー・ジョーンズ、
メリッサ・リギョグ、カーチャ・ヴュンシュ、
ジュリア・トネッリ、ウィリアム・ムーア、イェン・ハン、
フィリペ・ポルトゥガル
振付・演出:クリスティアン・シュプック
舞台美術:クリスティアン・シュミット
衣装:エマ・ライオット
照明:マルティン・ゲプハルト
収録:2016年12月、チューリッヒ歌劇場、ライヴ
映像監督:ミヒャエル・ベイヤー
ドキュメンタリー:クリスティアン・シュプック演出による
ヴェルディのレクイエムの舞台裏
(監督:ヨルグ・ゴーチ)
■DISC2:
振付:クリスティアン・シュプック(台本:E.T.A.ホフマン)
出演者:ドミニク・スラウコフスキー(ドロッセルマイヤー)
ミシェル・ウィレムス(マリー)
ダニエル・マリガン(フリッツ)
ウィリアム・ムーア(くるみ割り人形/王子/ドロッセルマイ
ヤーの甥)
ジュリア・トネッリ(ピルリパート姫)
チューリヒ・バレエ団
チューリヒ・ジュニア・バレエ団
演奏:フィルハーモニア・チューリヒ
ポール・コネリー(指)
チューリヒ歌劇場女声cho
チューリヒ歌劇場児童cho
舞台美術:ルフス・ディドヴィツァス
照明:マルティン・ゲプハルト
衣装:ブキ・シフ
ドラマトゥルク:マルティン・キュスター、クラウス・スパーン
プロデューサー:ポール・スマツニュイ
映像監督:ミヒャエル・ベイヤー
収録:2018年4月、チューリヒ歌劇場(ライヴ)
■DISC3:
振付:クリスチャン・スプーク
チューリッヒ・バレエ団,ジュニア・バレエ団
フィルハーモニア・チューリッヒ
ミハイル・ユロフスキ(指)
舞台:クリスティアン・シュミット
照明:ラインハルト・トラウプ
ドラマツゥルギー:ミヒャエル・キュースター
映像監督:ミヒャエル・ベイヤー
収録:2019年6月、チューリッヒ・オペラハウス(ライヴ)

◆Bluray
画面:Full HD 16:9
音声:DTS HD MA,
PCM ステレオ
リージョン:All
ディスク・フォーマット:BD25

◆DVD
画面:16:9,NTSC
音声:DTS5.1、DD5.1、
PCM ステレオ
リージョン:All
ディスク・フォーマット:DVD9
2012/13シーズンよりチューリッヒ・バレエ団の芸術監督に就任したクリスチャン・スプークによる3作品をまとめた映像ボックス・セット。
イタリアの文豪アレッサンドロ・マンゾーニの追悼のために作曲されたヴェルディの「レクイエム」。宗教音楽の形態をとってはいるものの、ドラマティッ ク・オペラを得意としたヴェルディならではの、華やかさを備えた音楽性で現代まで根強い人気を誇る楽曲です。しかし、初演時はそうした劇的表現が「教 会に相応しくない」という反応もありましたが、この映像はそうした意見を逆手にとったような舞台の上演です。歌劇場所属のオーケストラ、合唱団、バ レエ団が総出となり、上演された圧巻の舞台です。チューリッヒ・オペラだからこそできる総合芸術といえるでしょう。クリスティアン・シュプックによる振 付・演出は、モノトーンの衣装や効果的な照明によってヴェルディの卓越した音楽による描写力を見事に表現しています。バレエ・ダンサーの動きはもちろん、 歌手陣の配置についても音楽に沿った自然な演出は必見。指揮はファビオ・ルイージ。高い音楽性と視覚的効果とのコラボレーションは、オペラ指揮者と して確固たる地位を築いているルイージならではの演奏です。
チャイコフスキーの名作として名高い、バレエ「くるみ割り人形」は、E.T.A.ホフマンの童話『くるみ割り人形とねずみの王様』を、クラシック・バレ エの父とも言われる振付師マリウス・プティパ(デュマの仏訳を使用)が、バレエ用の作品として書き直したものが通常上演されています。今回リリース されるチューリヒ・バレエのものは、同団の芸術監督でもあるクリスティアン・シュプックがE.T.A.ホフマンの原作に忠実に振付けたものが上演されました。 物語が重視されているので、演出も演劇的要素が強く出たもので、役柄のキャラクターも際立っており、ダンサーたちの踊りとともに、物語の世界に入り 込むことができます。 原作のあらすじは、ドイツの古い町に雪がしんしんと降り続くクリスマスの日。主人公マリーは、名付け親のドロッセルマイヤーおじさんがプレゼントして くれた兵隊の姿のくるみ割り人形をとても気に入ります。しかし兄のフリッツが壊してしまい、壊れた人形を手当てするように眠ったマリーが夜中に目を覚 ますと…。クリスマスの夜に起こる、夢と現実が交差する不思議な世界に子供も大人も惹きつけられます。
2019年6月に上演された『ロメオとジュリエット』。この作品は2012年にスプークがチューリッヒで初めて手掛けた振付です。 『ロメオとジュリエット』 は、シェイクスピアによって400年以上前に書かれた戯曲をバレエに翻案し、プロコフィエフの美しくも繊細な音楽で彩られた名作。クリスチャン・スプー クの舞台は、華美な装飾はなくシンプルな舞台装置で、人間の細やかな心情を描き出しています。ロメオ役のウィリアム・ムーアは、印象的な巻き毛と誰 もが恋に落ちてしまいそうな魅力的な踊りで一際存在感を放っています。そしてジュリエット役のカティヤ・ヴュンシェは、思春期特有の繊細さと両親への 反発心を見事表現しています。ジュリエットは、透き通った白いドレスを着用し、長い髪は女学生のようにひっつめ、少女の無垢さを強調しています。この 若い恋人たちを演じた二人のダンサーは、スプークの非常に緻密で複雑な振付を巧みに踊りこなし、幸福感や絶望感といった感情を身体を通して完璧な 演技力で魅せます。 そして作品の重要な要素であるプロコフィエフの音楽も、ロシアの名指揮者ミハイル・ユロフスキ(近年目覚ましい活躍をしているウラディーミル・ユロフスキの父)の好サポートとフィルハーモニア・チューリッヒの高いコントラストと豊かな表現力で聴かせてくれます。 (Ki)

Danacord
DACOCD-883(2CDR)
ラウニ・グランデールの遺産 第3集
■Disc1:1955年4月1日H.C. アンデルセン生誕150年記念コンサート・ライヴ
(1)ニルス・W・ゲーゼ(1817−1890):演奏会序曲 「オシアンの余韻」 Op.1
(2)アウゴスト・エナ(1859−1939):歌劇 「マッチ売りの少女」 序曲
(3)ニルス・W・ゲーゼ:アウネーテと人魚の男 Op.3 *、青の洞窟で
(4)クヌーズオーウ・リスエーヤ(1897−1974):バレエ 「郵便馬車で来た十二人」 Op.37−8月、10月
(5)フィン・フフディング(1899−1997):まったくほんとう Op.37(管弦楽のための)
(6)ハンス・クリスチャン・ロンビュー(ロンビ)(1810−1874):幻想曲 「夢の絵」
(7)フィニ・ヘンリケス(1867−1940):バレエ 「人魚姫」 −人生の喜びの踊り
(8)ポウル・シアベク(1888−1949):ブリキの箱 Op.61(朗読と管弦楽のための)**

■Disc2:1957年5月5日 ライヴ・コンサート
(1)ペーザー・グラム(1881− 1956):イントラーダ・セリア Op.34
(2)ヘニング・ヴェレユス(1919−2002):自由の序曲 Op.45
(3)エベ・ハンメリク(1898−1951):古いデンマークの主題による管弦楽変奏曲
(4)ルーズ・ランゴー(1907−09):ドラーパ(頌歌)BVN.20
(5)ヴァルダー・スクレザー(1895−1976):ザルツブルク序曲
(6)スヴェン・S・シュルス(シュルツ)(1913−1998):歌劇 「雷雨」 − 序曲
デンマークRSO、
ラウニ・グランデール(指)、
エルセ・ブレムス(Ms)*、
デンマーク放送cho *、
モーウンス・ヴィト(朗読)**

■Disc1
(1)録音:1950年 HMV Z 343−4(2CS2737/9)
(2)(3)録音:1950年 HMV Z 344(2CS2742)
(4)(5)(6)録音:1951年  HMV Z 345 Mtx. 2743−44

■Disc2
[mono(全トラック)]

復刻:クラウス・ビューリト
ラウニ・グランデールの「遺産」シリーズ。カール・ニルセン、ベートーヴェンとハイドンの作品を指揮した第1集(DACOCD881)、自作の管弦楽作品を集めた第2集(DACOCD882)。第3集では、ロマンティシズム時代と20世紀のデンマーク音楽が、SPレコードで発売されたことのあるスタジオ録音と初めて発表されるライヴ・コンサートの録音で特集されます。
ゲーゼがスコットランドの伝説を題材に作曲、出世作となった序曲「オシアンの余韻」。ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話に基づき、アウゴスト・エナ、ゲーゼ、リスエーヤ、フフディング、ヘンリケスたちが書いた音楽。1945年、ナチス・ドイツの占領から解放されたことを祝って作曲された「自由の序曲」。「デンマーク放送のテーマ」を主題にした管弦楽のための色彩的な変奏曲。すべて、オリジナルテープから新たにリマスターした音源が使われています。自国の音楽を積極的に紹介したグランデールと70年近く前のデンマークRSO(現、デンマーク国立SO)の高い演奏水準、そしてデンマーク文化の豊かさが記録されたアルバムです。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

Diapason
DIAPCF-020(10CD)
ドビュッシー:ペレアスとメリザンド&管弦楽作品集 〜 仏ディアパゾン誌のジャーナリストの選曲による名録音集




【CD1】
(1)交響詩「海」
(2)牧神の午後への前奏曲
(3)英雄的な子守歌
(4)第1狂詩曲
(5)交響詩「海」
(6)牧神の午後への前奏曲
【CD2】

(1)夜想曲
(2)神聖な舞曲と世俗的な舞曲
(4)バレエ音楽「遊戯」
(5)夜想曲

【CD3】
(1)管弦楽のための「映像」
(2)交響詩「海」
(3)イベリア

【CD4】
(1)レントよりおそく
(2)ピアノと管弦楽のための幻想曲
(3)バレエ音楽「おもちゃ箱」(オーケストレーション:カプレ)
(5)・神聖な舞曲と世俗的な舞曲(Pと弦楽オーケストラ版)
【CD5】
(1)交響組曲「春」(オーケストレーション:ビュッセル)
(2)小組曲(オーケストレーション:ビュッセル)
(3)バレエ音楽「カンマ」(オーケストレーション:ケクラン)
(4)組曲「子供の領分」(オーケストレーション:カプレ)
(5)サクソフォーンと管弦楽のための狂詩曲(オーケストレーション:ロジェ=デュカス)
(6)喜びの島(オーケストレーション:モリナーリ)

【CD6】
(1)沈める寺(オーケストレーション:ウッド)
(2)交響組曲「春」
(3)6つの古代の墓碑銘(オーケストレーション:アンセルメ)
(4)舞曲(スティリー風のタランテラ)(オーケストレーション:ラヴェル)
(5)サラバンド(オーケストレーション:ラヴェル)
(6)グラナダの夕べ(オーケストレーション:コッポラ)
葉ずえを渡る鐘の音(オーケストレーション:コッポラ)

【CD7】
(1)パゴダ(オーケストレーション:カプレ)
(2)劇音楽「リア王」(オーケストレーション:ロジェ=デュカス)
(3)バッカスの勝利
(4)パゴダ(オーケストレーション:グレインジャー)
(5)月の光(オーケストレーション:ストコフスキー)
(6)ベルガマスク組曲(オーケストレーション:クロエ&カプレ)
(7)もう家もない子供たちのためのクリスマス(オーケストレーション:不明)

【CD8&CD9】
歌劇「ペレアスとメリザンド」

【CD10】
(1)交響的断章「聖セバスティアンの殉教」
(2)カンタータ「選ばれし乙女」

【CD11】
(1)フランソワ・ヴィヨンの詩による3つのバラード
(2)2人の恋人の散歩道
【CD1】
(1)シャルル・ミュンシュ(指)ボストンSO/録音:1956年
(2)ジュリアス・ベイカー(Fl)、レオポルド・ストコフスキ(指)ヒズ・シンフォニー・オーケストラ/録音:1957年
(3)エドゥアルト・ファン・ベイヌム(指)アムステルダム・コンセルトヘボウO/録音:1957年
(4)ガストン・アムラン(Cl)、ピエロ・コッポラ(指)オーケストラ名不詳/録音:1931年
(5)ロジェ・デゾルミエール(指)チェコPO/録音:1950年
(6)マルセル・モイーズ(Fl)、ヴァルター・ストララム(指)コンセール・ストララムO/録音:1930年
【CD2】
(1)ピエール・モントゥー(指)ボストンSO、バークシャー音楽祭女声合唱/録音:1955年
(2)アン・メイソン・ストックトン(Hp)、フェリックス・スラットキン(指)コンサート(3)アーツ・ストリング・アンサンブル/録音;1955年
(4)エルネスト・アンセルメ(指)スイス・ロマンドO/録音:1958年
(5)デジレ=エミール・アンゲルブレシュト(指)ドビュッシー祝祭O&cho/録音:1932年&1934年
【CD3】
(1)アタウルフォ・アルヘンタ(指)スイス・ロマンドO/録音:1957年
(2)ジョージ・セル(指)クリーヴランドO/録音:1957年
(3)フリッツ・ライナー(指)CSO/録音:1957年
【CD4】
(1)ジョン・リーチ(ツィンバロム)、ジャン・マルティノン(指)フランス国立放送O/録音:1973年
(2)サンソン・フランソワ(P)、ブルーノ・マデルナ(指)バイエルンRSO/録音:1962年頃
(3)アンドレ・クリュイタンス(指)フランス国立放送O/録音:1954年
(4)アルトゥーロ・トスカニーニ(指)NBCSO/録音:1940年
(5)エセル・バートレット(P)、ジョン・バルビローリ(指)ナショナル・グラモフォニック・ソサエティ/録音:1927年
【CD5】
(1)シャルル・ミュンシュ(指)ボストンSO/録音:1962年
(2)ポール・パレー(指)デトロイトSO/録音:1959年
(3)エルネスト・ブール(指)南西ドイツRSO/録音:1969年
(4)アンドレ・クリュイタンス(指)フランス国立放送O/録音:1954年
(5)マルセル・ミュール(Sax)、マニュエル・ロザンタール(指)パリO/録音:1952年
(6)ピエロ・コッポラ、オーケストラ名不詳/録音:1929年
【CD6】
(1)ニコラス・ブレイスウェイト(指)ロンドンPO/録音:1993年
(2)エミル・ド・クー(指)サンフランシスコ・バレエO/録音:1999年
(3)エルネスト・アンセルメ(指)スイス・ロマンドO/録音:1953年
(4)フリッツ・ライナー(指)ピッツバークSO
録音:1947年
(5)ピエール・モントゥー(指)サンフランシスコSO/録音:1946年
(6)ピエロ・コッポラ(指)パリ音楽院O/録音:1935年
【CD7】
(1)レイフ・セーゲルスタム(指)ラインラント=プファルツ州立PO/録音:1987年
(2)(3)ルイ・ド・フロマン(指)ルクセンブルク放送O/録音:1972年
(4)ジェフリー・サイモン(指)フィルハーモニアO/録音:1990年
(5)レオポルド・ストコフスキー(指)ヒズ・シンフォニー・オーケストラ/録音:1957年
(6)ギュスターヴ・クロエ(指)マルキ・ド・クエバスO/録音:1955年頃
(7)もシャルル・パンゼラ(Br)、ピエロ・コッポラ(指)オーケストラ名不詳/録音:1926年
【CD8&CD9】
ジャニーヌ・ミショー(メリザンド/ソプラノ)、カミーユ・モラーヌ(ペレアス/バリトン)、ミシェル・ルー(ゴロー/バス)、リタ・ゴール(ジュヌヴィエーヴ/メゾ・ソプラノ)、グサヴィエ・ドゥプラ(アルケル/バス)、アニック・シモン(イニョルド/ソプラノ)、マルセル・ヴィニュロン(医師、牧童)、ジャン・フルネ(指)コンセール・ラムルーO、エリザベート・ブラッスールcho/録音:1953年
【CD10】
(1)フローレンス・コプレフ(A)、キャサリン・アコス(Ms)、フィリス・カーティン(S)、シャルル・ミュンシュ(指)ボストンSO、ニューイングランド音楽cho/録音:1956年
(2)ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス(S)、キャロル・スミス(C.A)、シャルル・ミュンシュ(指)ボストンSO、ラドクリフ合唱協会/録音:1955年
【CD11】
(1)カミーユ・モラーヌ(Br)、ジャン・フルネ(指)コンセール・ラムルーO/録音:1954年
(2)ニノン・ヴァラン(S)、ルイ・ベイツ(指)オーケストラ名不詳/録音:1943年
フランスで最も権威のある世界有数のクラシック音楽専門誌「ディアパゾン(Diapason)」の自主レーベルから、同誌のジャーナリストたちの選曲で構成される看板シリーズであるボックス・セットの第20弾、クロード・ドビュッシーの「管弦楽作品集&ペレアスとメリザンド」が登場します!
フランスの音楽誌らしくミュンシュやアンセルメ、マルティノン、モントゥー、フルネなど、20世紀フランスの巨匠たちの名演を手堅くプログラムの中心として選びつつ、デゾルミエールやアンゲルブレシュト、ロザンタールなどのフランス勢、イタリアのコッポラ、さらにはストコフスキやトスカニーニ、パレー、スラットキン(父)の録音を組み合わせるなど、バラエティに富んだラインアップはさすがディアパゾン。
オーケストラと共演しているソリストも、マルセル・モイーズやマルセル・ミュール、サンソン・フランソワなど20世紀のフランスを代表する名匠揃い。
フランスのクラシック音楽専門誌である「ディアパゾン」がそのプライドを賭け、総力を挙げて贈る、フランス印象派の巨匠ドビュッシーの管弦楽作品集(&ペレアスとメリザンド、管弦楽付き作品)。要注目の第20弾にご期待下さい!

Altus
PALTSA-021
(2SACD)
ギュンター・ヴァント 不滅の名盤[11]〜ドイツRSO編
(1)ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」
(2)チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
(3)オルフ:カルミナ・ブラーナ
ホルヘ・ボレット(P(2))
マリア・ヴェヌティ(S(3)
ウルフ・ケンクリーズ(T(3)
ペーター・ビンダー(Br(3)
北ドイツ放送cho(3)
ハンブルク少年cho(3)
ハノーファー国立劇場cho(3)
ギュンター・ヴァント(指)
北ドイツRSO

ライヴ録音:(1)1982年9月20日、(2)1985年1月14日、(3)1984年5月14日/ハンブルク、ムジークハレ
Profilレーベルのヴァントの名盤がSACDハイブリッド化!Altusレーベルがライセンスし、このハイブリッド盤のための最新リマスタリングを施して製品 化。CD層・SACD層共にかつてないほどリアルな音質が追求されています。眼の醒めるようなヴァントの名演が、更なる鮮烈さを持って堂々の再登場!
『カルミナ・ブラーナ』は古今東西あらゆる演奏の中でも最高峰に位置する衝撃的大名演・大名盤。異様なボルテージでありながら声楽と管弦楽が完璧 なバランスで鳴り渡り、緻密に構築された激情が終曲で途轍もないカタストロフを生み出す圧巻の大演奏!またロシアの原色ともフランスの色彩とも違う、し なやかにして強靭・堅牢なヴァント節全開の『展覧会の絵』もすばらしく聴き応えがあり、大管弦楽から引き出す確信に満ちた響きに思わず襟を正したくな ります。71歳の名匠ボレットと共に、世俗を超越したように雄大な協奏を聴かせるチャイコフスキーも御見事!
オルフ『カルミナ・ブラーナ』は同曲の決定盤といっても過言ではない名演だ―ヴァントは歌手陣に対しても「楽器」を自由自在に操るが如く音程も音量 も細やかなコントロールを効かせています。発音に関しては独唱も合唱も徹底したドイツ式のラテン語発音で、(意外にも、合唱団と独唱者でラテン語の発音 が異なることは、しばしば散見されることなのだ。)ここまで発音を明確に揃えている演奏は、ケーゲル指揮/ライプツィヒ放送響(1959 年録音)と本録音:しか存在しないでしょう。〈指揮者・坂入 健司郎氏の解説より〉
カルミナ・ブラーナは歌詞対訳つき。ラテン語の権威・細川哲士氏の名訳を掲載しています! (Ki)

BR KLASSIK
BR-900334(1CD)
NX-B05
ペトリス・ヴァスクス(1946-):弦楽のための作品集
Viatore 旅人(2001)
11の独奏弦楽器のために(S.ヴァンセロウ編)
ヴァイオリン協奏曲「遠い光」-ヴァイオリンと弦楽オーケストラのために(1997)
交響曲第1番「Balsis 声」-弦楽合奏のために(1996/1997)
スタンコ・マディチ(Vn)
イヴァン・レプシッチ(指)
ミュンヘン放送O

録音:2020年6月23-27,29日バイエルン放送第1スタジオ、ミュンヘン
1946年にラトヴィアのプロテスタントの牧師の家に生まれたヴァスクスは、リガの音楽院でコントラバスと作曲を学び、早くも1961年にはオーケストラや 室内楽での演奏を開始。1970年から1年間、旧ソ連軍での兵役期間をはさんで演奏を続け、並行して作曲も学び続けます。宗教家の出自ゆ え、旧ソ連の宗教抑圧政策に悩まされた時期もありましたが、1990年代にギドン・クレーメル(ヴァスクスと同郷で一歳違い)によって作品が紹介 されて以後は、一躍世界の注目を集める存在となりました。ヴァスクス作品の特徴は、作曲技法の先鋭さを競うのではなく、内省的で心に響く音楽 となっていること。波や風などの自然音を思わせるサウンドや、伝承曲や教会音楽のような感傷的で息の長い旋律もしばしば聞かれます。 このアルバムには弦楽のための3作品を収録。ザルツブルク音楽祭からの委嘱で1997年に書かれ、クレーメルが初演した「遠い光」は、世界的に演 奏機会や録音に恵まれ、20世紀最後の10年間で書かれたヴァイオリン協奏曲の中でも代表格的な存在。8楽章から成り、メロディアスに高揚する 2つのカンタービレや超絶技巧を伴う3つのカデンツァを静謐な緩徐楽章で挟んだ置いた構成は、無から始まり無に還る音楽や人の一生を象徴して いるかのようです。同様の構成は、弦楽のための「交響曲第1番」やアルヴォ・ペルトへのオマージュである「旅人」にも見られます。 ヴァイオリン協奏曲のソリストを務めるのは、現在オーケストラの第1コンサート・マスターを務める1984年生まれの期待の奏者スタンコ・マディチ。 録音セッションは、コロナ禍による自粛を経てオーケストラが活動を再開し始めた2020年6月下旬に行われました。

Seattle Symphony Media
SSM-1025(1CD)
NX-B03
R・シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」
スクリャービン:交響曲第4番「法悦の詩」 Op.54*
トーマス・ダウスゴー(指)
シアトルSO

録音:2019年9月14日 ライヴ、2019年11月21,23日 ライヴ*
2014年よりシアトルSOの首席客演指揮者を務め、2019/20年シーズンからは音楽監督に就任し たトーマス・ダウスゴー。その最初のシーズンにふさわしい大作2曲のカップリングです。 19世紀から20世紀への変わり目をはさんで書かれたシュトラウスとスクリャービンの2作品は、どちらも伝統的 な形式から逸脱し、管弦楽の可能性を極限まで探求した作品として知られています。ダウスゴーはベナロヤ ホールの音響を存分に生かし、シアトルSOのふっくらとした弦の響きと、力みのない金管の滑らかな音 色による立体的な音楽を紡ぎだしています。音楽監督としての船出を飾る、輝かしい1枚。

Opus Arte
OA-1248D(DVD)
NX-B06
バレエ『くるみ割り人形』全2幕のバレエ原作: E.T.A.ホフマン、音楽:チャイコフスキー、振付: ルドルフ・ヌレエフ クララ…メール・パーク
ドロッセルマイヤー、王子…ルドルフ・ヌレエフ
羊飼い…レスリー・コリア
ねずみの王…ロナルド・プライステッド
くるみ割り人形…ウェイン・スリープ
雪の精…モニカ・メイソン
雪の精…ディアンヌ・ベルガム
フリッツ…キース・マーティーン
ルイザ…アン・ジェンナー
シュタールバウム…レズリー・エドワーズ
シュタールバウム夫人…ベティー・カヴァナ
おばあさん…ジェルド・ラーセン
おじいさん…スタンリー・ホールデン
ほか 英国ロイヤル・バレエ
コヴェントガーデン王立歌劇場O、合唱団
ジョン・ランチベリー(指)
振付・制作…ルドルフ・ヌレエフ
美術…ニコラス・ジョージアディス
照明…ウィリアム・バンディ

収録:1968年3月10日 コヴェントガーデン王立歌劇場
収録時間:本編96分
映像:4:3 カラー NTSC All Region 片面1層(DVD)
音声:LPCM mono
英国BBC放送が収録した1968年の貴重な舞台の商品化。ソヴィエトからの亡命後、英国ロイヤル・バレエを中心に活躍していたヌレエフが振付を行った『くるみ割り人 形』。ドロッセルマイヤーと王子をヌレエフが1人2役で演じるなど、随所に独自の演出が見られ、振付そのものも古臭さを全く感じさせません。またヌレエフが当時よく組んでい たマーゴ・フォンテインではなく、メール・パークがパートナーを務めていることも新鮮。50年以上前としてはかなり上質なカラー映像で、当時のスターたちの瑞々しい演技を十 二分に堪能することができます。

NMC
NMC-D255(1CD)
「深紅の鳥」〜ニコラ・ルファヌ(b.1947)管弦楽作品集
(1)隠された風景(1973)
(2)コロンビア・フォールズ(1975)
(3)哀歌(2014)
(4)深紅の鳥(2017)
(1)ノーマン・デル・マー(指)BBCSO
(2)コルマン・ピアース(指)RTEナショナルSO
(3)ギャヴィン・マロニー(指)RTEナショナルSO
(4)レイチェル・ニコールス(S)
イラン・ヴォルコフ(指)BBC響

録音:1973/1997/2015/2017年
ニコラ・ルファヌはオックスフォード大などで学び、これまで 100 曲あまりの作品を発表 し、あらゆるジャンルに作曲しています。このディスクに収められた作品はいずれも自由な 無調の様式で書かれていながら、旋律が豊かで現代のロマン主義とでもいうべき抒情性 を備えています。ジョン・フューラーの詩をテキストとした「深紅の鳥」はオペラ的な拡がりを 持つロマンティックなオーケストラ伴奏付き歌曲集。

BMOP SOUND
BMOP-1072(1SACD)
ハロルド・シェイペロー(1920-2013):管弦楽作品集
シンフォニア ハ短調(1948)
管弦楽のためのクレド(1955)
ピアノと小管弦楽のためのパルティータ(1960)
「緑の山のうえで」〜ジャズ・アンサンブルのための(1957
セレナーデ ニ調(1945)〜弦楽合奏のための
ギル・ローズ(指)
ボストン・モダン・オーケストラ・プロジェクト

録音:2014-2016年
ハロルド・シェイペローはロシア系ユダヤ人の移民。ハーバード大学でピストンらに師事。在 学中、同じ生徒であったレナード・バーンスタインと親交を深めた。その後、ブーランジェ、ヒン デミット、クレネクにも学んだ。彼の作風は新古典主義ともいうべきものでいずれの作品も調性 を基本としつつ、少しずつ新しい語法を取り込んで作品に新鮮味を出そうとしています。ジャズ・ アンサンブルのために書かれた「緑の山のうえで」は讃美歌風のテーマがビッグバンドのなかで 様々に色付けされ変奏されてゆく様が聴きもの。

CPO
CPO-555382(1CD)
NX-B10
弦楽のためのイギリス音楽集 第1集
パリー(1848-1918):イギリス組曲(1914-1916)
エルガー:オルガン・ソナタ ト長調 Op.28(1895)(ハンス・クンストフニーによる弦楽オーケストラ編「スウィナートンの夢」)
ゴードン・ジェイコブ(1895-1984):弦楽のための交響曲(1943)
ダグラス・ボストック(指)
南西ドイツ・プフォルツハイム室内O

録音:2020年1月21-24日
cpoレーベルの新シリーズ「弦楽のためのイギリス音楽集」が始動。第1集にはパリー、エルガー、ジェイコブ の3作品が収録されています。ワーグナーやブラームスなどドイツ・ロマン派の作風から影響を受けたパリー、 20世紀に書かれたほとんど無調ともいえる旋律が展開するジェイコブ。そしてエルガーのオルガン・ソナタを 原曲とするクンストフニーの「スウィナートンの夢」は2006年に南西ドイツ・プフォルツハイム室内O が、セバスティアン・テヴィンケルの指揮で初演したオーケストラにとって記念碑的作品。曲のタイトルは、青 年時代のエルガーを支援したオルガニスト、合唱指揮者チャールズ・スウィナートン・ヒープの名前から採ら れました。日本でもおなじみの指揮者ボストックが紡ぎ出す美しい弦の響きに圧倒されます。


Cala Signum
SIGCD-2164(1CD)
グレインジャー:戦士たち
ロンドンデリーの歌/デンマーク民謡組曲
ヒル・ソング第1番*
美しく新鮮な花(スカルソープ編)*
コリーン・ダス*/ヒル・ソング第2番*
ジェフリー・サイモン(指)
メルボルンSO

録音:1989年2月22日−28日、サウス・メルボルン・タウン・ホール
旧品番:CACDS4033
*=世界初録音
イギリスで活躍し、様々な編曲作品・レア作品を録音してきたジェフリー・サイモンが、1989年に母国オーストラリアのメルボルンSOを振り、オーストラリアの作曲家パーシー・グレインジャーの珍しい管弦楽作品を録音した1枚。バレエ音楽として構想された「戦士たち」を中心に、グレインジャーの特徴の1つである民謡をテーマにした作品などを収録。後半4曲は当時世界初録音となった作品。

KAIROS
0015043KAI(1CD)
スティーヴ・ライヒ:18人の音楽家のための音楽 アンサンブル・リンクス、
レミ・デュルプト(指,ヴィブラフォン,P)

録音:2020年3月
独創的で革新的な作品を生み出すことを目的として2007年に結成されたフランスのピアノ・パーカッション・デュオ「リンクス(LINKS)」とそのアンサンブルが、ミニマル・ミュージックの古典をお届けします。シュトックハウゼンの「Kontakte」にインスパイアされた彼らは、レパートリーをできるだけ広く共有し、新しい作品の創造を促したいと考え、20世紀を代表する音楽作品と、現代音楽の双方に積極的に取り組んでいます。本アルバムではライヒの名作「18人の音楽家のための音楽」を取り上げ、リズムの正確さ、幅広いダイナミクス、そして作品と演奏の両方が生みだす独特の色彩感によって、聴き手に忘れられないリスニング体験をもたらします。ブックレット(英語、フランス語、ドイツ語)にはライヒ自身の作品解説が掲載されています。

NCA
NCA-60249(1CD)
マルティン・ハーゼルベック(フリーデリケ・マイレッカー作詩):エルンスト・ヤンドゥルのためのレクイエム 「… will nicht mehr weiden …」
ハーゼルベック(エルンスト・ヤンドゥル作詩):Weltgebrauche
ウィーン・アカデミーO、
マルティン・ハーゼルベック(指)、
クリス・ピーラー(語り)、
マルティン・シュヴァープ(語り)

録音:2010年11月6日(ドイツ)
音を伝える言葉の無い詩を創作したといわれている、オーストリアの詩人エルンスト・ヤンドゥル。同郷の詩人フリーデリケ・マイレッカーとの共作「五人の人間」はドイツで文学賞を受賞し高い評価を受けています。
指揮者、作曲家、オルガン奏者として活躍しリストやベートーヴェンのピリオド演奏で名高いハーゼルベックが、詩(語り)と音楽を融合させた芸術作品をお贈りします。

EUROARTS
20-67777(1CD)

20-67774F
(Bluray)
Agents are Forever〜スパイ映画音楽集
1.映画『ジェームズ・ボンド』のテーマ「Dr. No」
2. 映画『国際諜報局のテーマ』
3. 映画『ブリッジ・オブ・スパイ』〜 Sunlit Silence
4. 映画『キングスマン』〜フィナーレ
5. 映画『ピンク・パンサー』のテーマ
6. 映画『ディック・トレイシー』〜 Sooner or Later
7. 映画『シャーロック・ホームズ』〜シャーロック組曲
8. 映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』〜Solomon Lane
9. 映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』〜A Man, A Plan, A Code, Dubai
10. 映画『ミッション:インポッシブル3』〜メイン・テーマ
11.ドラマ『ホームランド』〜メイン・テーマ
12.映画『キャチ・ミー・イフ・ユー・キャン』〜Closing In
13.映画『ミュンヘン』〜平和への祈り
映画『007』シリーズ
14.『女王陛下の007』
15.『ロシアより愛を込めて』
16.『ダイヤモンドは永遠に』
17.『007は二度死ぬ』〜Mountains and Sunsets
18.『サンダーボール作戦』
19.『ゴールドフィンガー』
20.『ゴールデンアイ』
21.『スカイフォール』
22.『死ぬのは奴らだ』
デンマーク国立SO
ハンス・エーク(指)
キャロライン・ヘンダーソン(ヴォーカル)

◆Bluray
画面:Full HD,16:9
音声:PCMステレオ、
DTS-HD MA5.1
リージョン:All、85分
デンマーク国立SOによる大好評のコンサート・シリーズ第 4 弾。第 1 弾はゲーム・ミュージックの祭典「Gaming in Symphony」、第 2 弾は SF 映画の名作音楽集「GALAXYMPHONY」、第 3 弾は、ファンタジー映画やドラマの音楽を取り上げた「FANTASYMPHONY」、そして第 4 弾はス パイ映画音楽を集めた「Agents are Forever」。王道『007』シリーズ、トム・クルーズの人気シリーズ『ミッション:インポッシブル』など、ハラハラ・ ドキドキのスパイ映画を盛り上げる音楽が盛りだくさんです。デンマーク王室お墨付きの国民的シンガー、キャロライン・ヘンダーソンも登場し会場は興 奮の熱気に包まれています。 映像は 16 台のカメラでその盛り上りをとらえ、音は高音質収録。ジェームズ・ボンド・ファンは必見の映像です。

ONDINE
ODE-1326(1CD)
NX-B04
アンティ・アウヴィネン(1974-):管弦楽作品集
Junker Twist ユンカー・ツイスト(2015)
Himmel Punk ヒンメル・パンク(2016)*
Turbo Aria ターボ・アリア(2017/2018)#
ハンヌ・リントゥ(指)
フィンランドRSO

録音:2016年6月、2017年8月*、2018年5月#
ハンヌ・リントゥとフィンランドRSOの新作は、2016年にTeosto賞を受賞したフィンランドの現代作曲 家アンティ・アウヴィネン(1974-)の作品集。Teosto賞はフィンランドにおいて直近1年で最も創造的な新作を 発表した作曲家・作詞家に授与されるもので、北欧諸国で最大の音楽賞の1つです。ジャンルの壁はなく、売 上や人気ではない作品の創造性だけを基準とする、名誉ある賞です。このアルバムには最近書かれた3作品が 収録されており、どれも爆発的なリズムと力強いサウンドを特徴としています。ネオナチ思想の高まりを危惧したと いう「ユンカー・ツイスト」、宗教的差別に反対を唱えた「ヒンメル・パンク」、そして、100年前に録音された「アリ ア」を元にノイズを加えた「ターボ・アリア」。この曲には難民危機というテーマも隠されています。

仏Bel Air
BAC-182(DVD)
NX-C09

BAC-482(Bluray)
NX-D03
バレエ 「ラ・バヤデール」全3幕
ミハイロフスキー劇場バレエ
改訂新振付:ナチョ・ドゥアト 
原振付:マリウス・プティパ 
音楽:レオン・ミンクス

【特典映像】
ウラジーミル・ケフマン(ミハイロフスキー劇場総裁)、ナチョ・ドゥアト、インタビュー
ニキヤ…アンジェリーナ・ボロンツォワ
ソロル…ヴィクトル・レベデフ
大僧正…セルゲイ・ストレルコフ
ドゥグマンタ…アンドレイ・カシャネンコ
ガムザッティ…アンドレア・ラザコワ
ブロンズ・アイドル(青銅の仏像)…ニキータ・チェトヴェリコフ
ほか ミハイロフスキー劇場バレエ団員
ミハイロフスキー劇場O
パヴェル・ソロキン(指)
改訂新振付:ナチョ・ドゥアト
原振付:マリウス・プティパ
音楽:レオン・ミンクス
舞台・衣装:アンジェリーナ・アトラジック
照明:ブラッド・フィールズ

収録:2019年11月14、16日
ミハイロフスキー劇場、サンクトペテルブルク
収録時間:本編98分、特典映像12分
字幕(特典映像のみ):英語、仏語
映像:
16/9 NTSC All Region 片面2層(DVD、Blu-ray)
Full HD(Blu-ray)
音声:
PCM 2.0 & Digital Surround 5.1(DVD)
PCM 2.0 & DTS-HD Master Audio 5.1(Blu-ray)
2019年秋サンクトペテルブルクのミハイロフスキー劇場で、コンテンポラリー・バレエ界の鬼才ナチョ・ドゥアトによる話題作「ラ・バヤデール」の改訂振付版が初演されました。 本映像は、その公演をドゥアトのクラシック・バレエ振付シリーズ、「くるみ割り人形」(BAC125/BAC425)、「眠れる森の美女」(BAC131/BAC431)に続く3作目とし て収録したものです。ドゥアトはフデコフの台本とプティパによる原振付を尊重しつつも、本作でその扱いが話題となる神殿崩壊のシーンは外す立場を採り、独自の解釈によ りストーリーの展開を加速させるために大胆なカットも加えています。これによって、ほぼ全ての登場人物を躍らせつつ、スピーディーな展開に民族舞踊をふんだんに盛り込 み、この名作バレエを現代に生かす斬新な光を当てました。ニキヤを演ずるのは2019年ミハイロフスキー劇場バレエの来日公演にも参加し、可憐さと力強さを兼ね備えた 踊りを披露したアンジェリーナ・ボロンツォワ。さらにアンドレア・ラザコフの誇り高きガムザッティ、新鋭ヴィクトル・レベデフによるソロルら主役に実力派ダンサーを配し、アトラジック の美しい舞台美術とあいまって、見る者を異国情緒溢れる夢幻の世界に誘わずにはおきません。

EUROARTS
20-57544
(20Bluray)
ジルヴェスター・コンサートBOX(20Blu-ray)
■BD1
ジルヴェスター・コンサート1977
ベートーヴェン:交響曲第9番『合唱』
■BD2
ジルヴェスター・コンサート1996
ブラームス:ハンガリー舞曲第1番、第10番
 ジプシーの歌 Op.103より
第1曲『さあ、ジプシーよ』、 第2曲『高く波立つリマの流れよ』、第3曲『知っているかい』、 第4曲『神様、お分かりですね』、第9曲『どこへ行っても』
ラヴェル:演奏会用狂詩曲『ツィガーヌ』
ブラームス:ハンガリー舞曲第7番、第17番、第21番
 ハープが豊かに鳴り響く
 『愛の歌』より
ラヴェル:『ラ・ヴァルス』
ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
ベルリオーズ:『ファウストの劫罰』より『ラコッツィ行進曲』
■BD3
ジルヴェスター・コンサート1997
ビゼー:歌劇『カルメン』〜前奏曲/ ハバネラ/ 闘牛士の歌/ にぎやかな楽の調べ/花の歌/ 合唱と場面
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲
サラサーテ:カルメン幻想曲
ラヴェル:スペイン狂詩曲
ファリャ:『恋は魔術師』より『火祭りの踊り』
ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
■BD4
ジルヴェスター・コンサート1998
モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』より序曲/アリア『とうとう嬉しい時が来た〜恋人よここに』
モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』よりセレナード『窓辺においで』
モーツァルト:歌劇『魔笛』より二重唱『愛を感じる男の人たちには』
モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』〜シャンペンの歌/二重唱『お手をどうぞ』
ビゼー:『アルルの女』組曲より(カリヨン/ファランドール)
ロッシーニ:歌劇『泥棒かささぎ』序曲
ヴェルディ:歌劇『リゴレット』より二重唱『それは心の太陽〜さようなら』/アリア『慕わしい名』/女心の歌
 歌劇『仮面舞踏会』〜アリア『お前こそ心を汚す者』
ベルリオーズ:序曲『ローマの謝肉祭』
チャイコフスキー:歌劇『エフゲニ・オネーギン』〜ポロネーズ/手紙の場『たとえ死ぬことになっても』
ヴェルディ:歌劇『椿姫』より乾杯の歌
■BD5
ジルヴェスター・コンサート1999
ベートーヴェン:交響曲第7番より第4楽章
ドヴォルザーク:交響曲第8番より第4楽章
マーラー:交響曲第5番より第5楽章
ストラヴィンスキー:『火の鳥』より(カスチェイ王の魔の踊り/子守歌/終曲)
ラヴェル:『ダフニスとクロエ』より「全員の踊り」
プロコフィエフ:『アレクサンドル・ネフスキー』より「アレクサンドルのプスコフへの入場」
シェーンベルク:『グレの歌』より「見よ、太陽」
リンケ:『グリグリ』序曲
 『フォリー・ベルジェール』より「行進曲」
 『督促』より「ギャロップ」
 ベルリンの風
トランスラトイル:スポーツ宮殿ワルツ
フィッシャー:スパークリング・シャンペン
ニコライ:『ウィンザーの陽気な女房たち』序曲
コロ:菩提樹の木陰にいる限り
■BD6
ジルヴェスター・コンサート2000
ヴェルディ:「仮面舞踏会」より〈彼女は天を見つめる〉・〈諸君 ウルリカの家で〉・〈見よ この夜に〉・オスカルのカンツォーネ
 「ドン・カルロ」より〈王妃の舞踏会〉
 「リゴレット」より〈あれかこれか〉・女心の歌
 「椿姫」より乾杯の歌・〈花から花へ〉
 「ファルスタッフ」より第1幕第2場/第2幕第2場/第3幕フィナーレ
J・シュトラウス:「仮面舞踏会」によるカドリーユ
■BD7
ジルヴェスター・コンサート2001
バッハ:管弦楽組曲第3番BよりガヴォットT&U
モーツァルト:ディヴェルティメントK.334よりメヌエット
 ピアノと管弦楽のためのロンドK.382
ヴェルディ:「アイーダ」第2幕第1場より若いムーアの奴隷たちの踊り
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第8番ト短調Op.46-8
チャイコフスキー:バレエ「くるみ割り人形」〜花のワルツ
シベリウス:悲しいワルツOp.44
J・シュトラウス:皇帝円舞曲Op.437
コダーイガランタ舞曲
オラシオ・サルガン(ホセ・カルリ編):ア・フエゴ・レント
ゼキーニャ・ジ・アブレウ(アロイジオ・オリヴェイラ編):ティコ・ティコ
J・シュトラウス:ポルカ「雷鳴と電光」
ホセ・カルリ:タンゴ「エル・フィルレテ」
ブラームス:ハンガリー舞曲第1番
■BD8
ジルヴェスター・コンサート2002
バーンスタイン:ミュージカル『ワンダフル・タウン』より
序曲/クリストファー・ストリート/オハイオ/コンカリング・ニューヨーク/100
通りの抜け道/何と言う無駄/ちょっと恋して/ パス・ザ・フットボール/もの静
かな娘/コンガ!/マイ・ダーリン・アイリーン/スウィング!/イッツ・ラヴ/バレエ・アット・ヴィレッジ・ヴォルテックス/ 音の狂ったラグタイム/リプライズ:イッツ・ラヴ/コンガ!(アンコール)
■BD9
ジルヴェスター・コンサート2004
ベートーヴェン:レオノーレ序曲第3番ハ長調
オルフ:カルミナ・ブラーナ
ヘンデル:「メサイア」より〈ハレルヤ〉
■BD10
ジルヴェスター・コンサート2007
ボロディン:歌劇『イーゴリ公』より『だったん人の踊り』
ボロディン:交響曲第2番ロ短調
ムソルグスキー:歌劇『ホヴァンシチナ』より前奏曲『モスクワ河の夜明け』
ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲『展覧会の絵』
ショスタコーヴィチ:バレエ音楽『黄金時代』より舞曲(アンコール)
■BD11
ジルヴェスター・コンサート2008
ガーシュウィン:キューバ序曲
バーバー::弦楽のためのアダージョ
コープランドアメリカの古い歌(船頭の踊り/ちらし/ 遠い昔/ささやかな贈り物/ 私は猫を買ってきた)
ジョン・アダムズ:高速機械で早乗り
ガーシュウィン:『ポーギーとベス』より「サマータイム」「ベス、お前は俺のもの」
ガーシュウィン:パリのアメリカ人
ジェローム・カーン:『ショウ・ボート』より「オールマン・リバー」
スーザ:自由の鐘
■BD12
ジルヴェスター・コンサート2009
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
ショパン:練習曲Op25-1(牧童)、(アンコール)
チャイコフスキー:バレエ『くるみ割り人形』〜第2幕
チャイコフスキー:バレエ『くるみ割り人形』〜第1幕より「雪のワルツ」(アンコール)
■BD13
ジルヴェスター・コンサート2010
ビゼー:『カルメン』からのアリア
ベルリオーズ:『ファウストの劫罰』からのアリア
ベルリオーズ:『ローマの謝肉祭』序曲
ファリャ:『三角帽子』
■BD14
ジルヴェスター・コンサート2011
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲ハ長調 Op.46-1
グリーグ:交響的舞曲 Op.64-2
 ピアノ協奏曲イ短調 Op.16
ラヴェル:道化師の朝の歌
R.シュトラウス:『サロメ』より7 つのヴェールの踊り
ストラヴィンスキー:バレエ音楽『火の鳥』よりカスチェイ一味の凶悪な踊り、子守歌 、フィナーレ
ブラームス:ハンガリー舞曲第1 番ト短調
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲ハ長調 Op.72-7(アンコール)
■BD15
ジルヴェスター・コンサート2014
ラモー:『優雅なインドの国々』組曲(アフリカの奴隷たちのための歌/田園舞曲
/太陽礼賛のための歌/未開人のための歌/シャコンヌ)
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第2番/第7番
コダーイ『ハーリ・ヤーノシュ』組曲(前奏曲「おとぎ話は始まる」/ウィーンの音楽時計/歌/間奏曲/皇帝と廷臣たちの入場)
ブラームス:ハンガリー舞曲第1番ト短調
ハチャトゥリアン:『ガイーヌ』〜第8番『レズギンカ』
●特典映像:ドキュメンタリー「メナヘム・プレスラー/私が愛する人生」
■BD16
ジルヴェスター・コンサート2015
シャブリエ:『エトワール』序曲
サン=サーンス:ヴァイオリンと管弦楽のための序奏と
 ロンド・カプリチオーソ イ短調 Op.28
マスネ:オペラ『ル・シッド』より管弦楽小品
ラヴェル:ヴァイオリンと管弦楽のための狂詩曲『ツィガーヌ』
プーランク:バレエ組曲『牝鹿』
ラヴェル:管弦楽のための舞踏詩『ラ・ヴァルス』
ブラームス:ハンガリー舞曲第1番(アンコール)
■BD17
ジルヴェスター・コンサート2016
カバレフスキー:「コラ・ブルニョン」序曲
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番ニ短調
ウォルトン:「ファサード」より管弦楽作品(サー・サイモン・ラトルの編曲による組曲形式)
ドヴォルザーク:スラブ舞曲 op. 72より抜粋
カバレフスキー:組曲「道化師」より〈道化師のギャロップ〉
ブラームス:ハンガリー舞曲第1番ト短調
■BD18
ジルヴェスター・コンサート2017
ドヴォルザーク:序曲『謝肉祭』
ストラヴィンスキー:『ミューズをつかさどるアポロ』より「パ・ド・ドゥ」
R.シュトラウス:管弦楽伴奏歌曲集(東方から訪れた三博士 Op.56-6、献身Op.10-1、明日の朝 Op.27-4、子守歌 Op.41-1、母の自慢 Op.43-2)
バーンスタイン:『オン・ザ・タウン』より3つのダンス・エピソード
 『ホワイトハウス・カンタータ』より「テイク・ケア・オブ・ディス・ハウス」
ショスタコーヴィチ:『黄金時代』組曲
■BD19
ジルヴェスター・コンサート2018
モーツァルト:ピアノ協奏曲第26番『戴冠式』
ラヴェル:スペイン狂詩曲/道化師の朝の歌/:亡き王女のためのパヴァーヌ/ボレロ
ビゼー:『カルメン』組曲第1番(抜粋)
■BD20
ジルヴェスター・コンサート2019
ガーシュウィン:『ガール・クレイジー』序曲
ロジャーズ:『回転木馬』より『もしもあなたを愛したら』
バーンスタイン:『ウエスト・サイド・ストーリー』より『何てきれいなの』
 『ウエスト・サイド・ストーリー』からのシンフォニック・ダンス
ヴァイル:『ヴィーナスの接吻』より『愚かな心』
 『闇の女』より交響的夜想曲(ロバート・ラッセル・ベネット編曲による組曲)
ソンドハイム:『リトル・ナイト・ミュージック』より『ピエロを招き入れて』
アーレン:『オズの魔法使い』より『虹の彼方に』
ガーシュウィン:パリのアメリカ人
ロウ:『マイ・フェア・レディ』より『踊りあかそう』
ワックスマン:『隊長ブーリバ』より『ライド・オブ・コサック』
全て、BPO


■BD1
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指)
アンナ・トモワ=シントウ(S)、
アグネス・バルツァ(A)、
ルネ・コロ(T)、
ジョゼ・ヴァン・ダム(Bs)、
ベルリン・ドイツ・オペラcho
収録:1977年12月31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD2
マキシム・ヴェンゲーロフ(Vn)、
スウェーデン放送cho、
クラウディオ・アバド(指)
収録:1996年12月31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD3
アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(Ms)、
ロベルト・アラーニャ(T)、
ブリン・ターフェル(Br)、
ヴェロニク・ジャンス(S)、
ステラ・ドゥフェクシス(Ms)
、ミハイル・プレトニョフ(P)、
ギル・シャハム(Vn)、
オルフェオン・ドノスティアラ(合唱団)、
南チロル児童cho、
クラウディオ・アバド(指)
収録:1997年12月31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD4
ミレッラ・フレーニ(S)、
クリスティーネ・シェーファー(S)、
サイモン・キーンリーサイド(Br)、
マルセロ・アルバレス(T)、
クラウディオ・アバド(指)
収録:1998年12月31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD5
クラウス・マリア・ブランダウアー(語り:グレの歌)
ベルリン放送cho 、
RIAS室内cho、
クラウディオ・アバド(指)
収録:1999年12月31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD6
アンドレア・ロスト(S)、
アラン・ティトゥス(Br)、
ラモン・ヴァルガス(T)、
プラハ放送cho、
ラリッサ・ディアドコーヴァ(Ms)、
ステラ・ドゥフェクシス(Ms)、
エンリーコ・ファチーニ(T)、
エリザベス・フュートラル(S)、
ルーチョ・ガッロ(Br)、
マッシモ・ジョルダーノ(T)、
アナトリ・コチェルガ(Bs)、
アンソニー・ミー(T)、
カルメラ・レミージョ(S)、
クラウディオ・アバド(指)
収録:2000年12月31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD7
ダニエル・バレンボイム(指,P)
収録:2001年12月31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD8
キム・クリズウェル(ルース) 、
オードラ・マクドナルド(アイリーン)、
トーマス・ハンプソン(ベイカー) 、
ブレント・バレット(レック)、他、
ヨーロピアン・ヴォイセズ、
ウェイン・マーシャル(P)
、サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2002年12月、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD9
サリー・マシューズ(S)、
ローレンス・ブラウンリー(T)、
クリスティアン・ゲルハーヘル(Bs)、
ベルリン放送cho
ベルリン国立大聖堂児童cho、
サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2004年12月31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD10
サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2007年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD11
トーマス・クヴァストホフ(Bs-Br)、
ポリーヌ・マレファンヌ(S)、
サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2008年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD12
ラン・ラン(P)、
サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2009年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD13
エリーナ・ガランチャ(Ms)
、グスターボ・ドゥダメル(指)
収録:2010年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD14
エフゲニー・キーシン(P)、
サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2011年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD15
メナヘム・プレスラー(ピアノ:モーツァルト)、
サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2014年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)
●特典映像
監督:グレーテ・リッファース、字幕:英独仏

■BD16
アンネ=ゾフィー・ムター(Vn)、
サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2015年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD17
ダニール・トリフォノフ(P)
サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2016年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD18
ジョイス・ディドナート(Ms)、
サー・サイモン・ラトル(指)
収録:2017年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD19
ダニエル・バレンボイム((指)ピアノ)
収録:2018年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

■BD20
ディアナ・ダムラウ(S)、
キリル・ペトレンコ(指)
収録:2019年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

画面:1080i Full HD - 16:9 (Disc 1 in 4:3)
音声:PCM Stereo 、 DD 5.1, DTS 5.1
以前DVDボックスとして発売されていましたが、今回は内容を一部変更し、さらにディスク未発売の2つのコンサートが追加されています。 ひとつは、スター・ピアニスト、ラン・ランをソリストに迎えた2009年。曲目は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、チャイコフスキーの『くるみ割り人 形』第2幕と、ロシアものをあまり指揮しないラトルとしては、珍しいプログラムでした。ラン・ランは翌2010年シーズンの「ピアニスト・イン・レジデンス」 にも招かれており、まさに上昇気流乗っている只中。そのラン・ランが登場したラフマニノフのピアノ協奏曲第2番では、ラン・ランの輝かしい音色と正確 なテクニック、派手なパーフォーマンスで大喝采を浴び、後半は、ベルリン・フィルの華麗な演奏技巧とラトルの洗練された音楽作りに魅了された『くるみ 割り人形』。コンサートマスターは、当時入団したばかりの樫本大進が務めています。 もう一つは、2011年のチャイコフスキー国際コンクール優勝以来、若い世代の最も有望なピアニストのひとりとして、聴衆と批評家の熱い支持を集めてい るダニール・トリフォノフ。2016 年のジルヴェスターコンサートが彼にとってのベルリン・フィル・デビューとなりました。今回は、ラフマニノフのピアノ協 奏曲第3番という、「技術的に最も難しいピアノ・コンチェルト」が取り上げられました。トリフォノフの超絶技巧と優れた音楽性が存分に発揮されています。 曲目は、カバレフスキーの「コラ・ブルニョン」序曲、ウォルトンの「ファサード」というサー・サイモン・ラトルならではのひとひねりした選曲が目を引きます。 他にも、歴代の首席指揮者が登場。カラヤン全盛の1977年の「第9」、2000年12月に新世紀の幕開けを祝って行われたアバド指揮の「グラインド・フィナー レ」と題されたコンサート、ラトルは多彩なプログラミングで聴衆を楽しませ、そして最新2019年新首席指揮者キリル・ペトレンコのコンサートまで、忘れ られない貴重な20のコンサートが収録されています。


Treasures
TRT-231(1CDR)
オーマンディ/米COLUMBIAモノラル名演集5〜「英雄の生涯」他
チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」
R・シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」*
ユージン・オーマンディ(指)
フィラデルフィアO
ジェイコブ・クラチマルニック(ソロVn)*

録音:1953年12月23日、1954年3月14日*
※音源:英PHILIPS ABL-3228、米COLUMBIA ML-4887*
◎収録時間:63:59
“美くしさと迫力を兼ね備えたオーマンディの音作りの凄さ!”
■音源について
オーマンディは両曲とも4種のセッション録音を遺していますが、「ロメオとジュリエット」は第1回目、「英雄の生涯」は2回目の録音。

R・シュトラウスの作品が持つ色彩感や風格美ほど、オーマンディの音楽性と合致するものはないでしょう。年齢を重ねるごとにリズムの腰は低くなり、性急なテンポを遠ざけたどっしりとしたステレオ再録音盤も大名演ではありますが、このモノラル期の録音は、アグレッシブな表現がたまらなく魅力的。音楽する喜びを思う存分放出する清々しさに溢れ、これまた絶対に無視できません。
 冒頭テーマからリズムは冴え渡り、声部バランスの良さは驚異的。フィラデルフィア管の巧さにも舌を巻きますが、それが尊大な自己アピールとして響かないのは、オーマンディの人間性の表れでしょう。またこの冒頭部では、きちんんと句読点を打つようなフレーズ感の間の取り方がハンガリー出身であることを感じさせ、音楽をフォルム内にカチッと収めるような配慮は、この時期のオーマンディならではの特徴の一つです。
 「英雄の敵」での管楽器の発言の応酬はドキッとするほど生々しく、嘲笑う人間の声そのもの。「英雄の伴侶」はクラチマルニックのソロの素晴らしいこと!スティーヴン・スタリックの前のコンサートマスターだったこの人、独特の妖しさを伴う美音といい、芯のぶれないフレージング感覚といい、相当の名手であることは明らか。彼のソロが聴けるだけでもこの録音の価値が絶大です。「英雄の戦場」は、物凄い迫力にもかかわらず、乱雑さや狂気とは無縁なのは、いかにもオーマンディ。オーマンディと言えば、「比類なき豊麗サウンド」を連想させますが、その根本には生涯変わることのなかった品格が息づいていたことを再認識させます。「英雄の業績」では、後年ますます顕著となるメロウな響きへの志向が顕著で、過去の作品へのオマージュがメランコリックな風情を湛えつつしみじみと語られます。メランコリックであっても音色のハリを失わないの点も要注目。「英雄の隠遁と完成」ではそれが更に大きく開花します。黄昏の象徴とも言えるホルン(8:20)以降も、ヴァイオリン・ソロの陶酔美とも相まって、音像が曇ることなく、希望の光に満ちているのです。この幸福感になぜか目頭が熱くなるのは私だけでしょうか?
 チャイコフスキーは、クレッシェンド時の音の凝縮とソリッド感が印象的。主部第1主題のシンバル追加(ステレオ録音にはなし)や、中間部における最弱音を避けた分厚い響きからキラキラと色彩が溢れ出る様など、ストコフスキー的なテイストが濃厚。聴き手に苦痛を強いるような血なまぐさい表現ではなく、音楽とは耳に心地よいものであるべきというオーマンディの強いこだわりを感じずにはいられませんが、オーマンディが深みに欠ける指揮者と思われがちなのは、まさにその点だと思われます。しかし、自分の感性や趣味に正直で、それに磨きをかけ続けるのが真の芸術家ではないでしょうか?皆がフルトヴェングラーである必要なのないのですから。 【湧々堂】

CPO
CPO-555251(1CD)
NX-B10
カール・ゴルトマルク(1830-1915):交響詩集 第2集
演奏会用序曲「春に」 Op.36*
交響詩「ズリーニィ」 Op.47
序曲「イタリアにて」 Op.49
歌劇「ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン」前奏曲
序曲「若き日より」 Op.53
歌劇「冬物語」前奏曲
ファブリース・ボロン(指)
バンベルクSO

録音:2017年5月29日-6月1日*、2019年1月23-26日

※第1集…555160
ハンガリー出身のユダヤ人作曲家ゴルトマルク。ウィーンで学び、一度は故郷に戻るも、再度ウィーンでの活 動を決意、生涯にいくつかの歌劇の他、合唱曲や室内楽を書き上げましたが、交響曲や管弦楽作品の分 野ではそれほど多くの作品を遺すことはありませんでした。代表作の一つに交響曲第1番「田舎の婚礼」が あるものの、1887年に書かれた交響曲第2番はあまり演奏されることはなく、また活動初期の管弦楽作品 のいくつかは紛失しており、現在、ほんの一部が知られるのみという状況です。このアルバムは6曲の管弦楽 作品を収録。1889年作曲の「春に」や1904年の「ズリーニィ」、そして晩年の歌劇「ゲッツ・フォン・ベルリヒ ンゲン」と「冬物語」の前奏曲まで、ハンガリーの民謡風の旋律を随所に用いたドラマティックな作品をファブ リース・ボロンの指揮でお楽しみいただけます。
CPO
CPO-555385(1CD)
NX-B02
ロッシーニ:名序曲集
歌劇「イタリアのトルコ人」序曲
歌劇「ひどい誤解」序曲
歌劇「幸運な間違い」序曲
歌劇「絹のはしご」序曲
歌劇「ブルスキーノ氏」序曲
歌劇「タンクレディ」序曲
歌劇「アルジェのイタリア女」序曲
歌劇「セヴィリアの理髪師」序曲
歌劇「シジスモンド」序曲
マルク・アンドレーエ(指)
イ・ヴィルトゥオージ・イタリアーニ

録音:2017年11月
ロッシーニのオペラの序曲は、どれも幕が開く前から聴衆を魅了します。オペラ本編で使われるキャッチーな旋 律を織り込みながら、華やかな楽器の掛け合いにより気分を盛り上げ、「ロッシーニ・クレツシェンド」(特定 の楽句を反復しながら音の強さを加え、高音パッセージへと昇り詰めるという独特な書法)を効果的に用 いるという書法からは、ロッシーニのオーケストレーションと和声法の巧みさを窺い知ることができます。このアル バムでは9曲の序曲を、スイスのベテラン指揮者マルク・アンドレーエがイ・ヴィルトゥオージ・イタリアーニを指 揮、熱気と活力溢れる演奏を聴かせます。

Chandos
CHSA-5257(1SACD)
ドリーブ:バレエ組曲集
バレエ 「シルヴィア、またはディアヌのニンフ」 からの組曲#
バレエ 「泉、またはナイラ」 からの組曲
バレエ 「コッペリア、またはエナメルの目を持つ乙女」 からの組曲*
ネーメ・ヤルヴィ(指)、
ロイヤル・スコティッシュ・ナショナルO、
シャロン・ラフマン(Vn)#、
ヨゼフ・パツェヴィチ(Cl)*

録音:2019年11月4日−5日、ロイヤル・コンサート・ホール(グラスゴー)
500タイトル近くに及ぶ膨大な、そして多彩な内容のレコーディングという偉大な業績を誇り、2018年の英グラモフォン賞において「生涯功労賞(ライフタイム・アチーヴメント賞)」を受賞したエストニアの巨匠ネーメ・ヤルヴィの2019年新録音。ネーメ・ヤルヴィが1984年〜1988年まで首席指揮者を務め、その後も定期的に録音を継続し、現在は桂冠指揮者を務めるスコットランドの名門、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナルO(RSNO)を振った、レオ・ドリーブのバレエ組曲集が登場。
その抒情的な旋律、軽妙洒脱な音楽表現によってパリ・歌劇座を華麗に彩り、「フランス・バレエ音楽の父」とも称されるレオ・ドリーブ(1836−1891)の3つバレエ音楽。「シルヴィア」、「泉」(バレエ音楽全体はレオン・ミンクスとの共作だが、ここではドリーブが担当した第2幕からの音楽で構成)、「コッペリア」の3曲をネーメ・ヤルヴィ自らが編集し鮮やかな組曲版を完成。舞台芸術だけでなく、管弦楽組曲や様々な編曲・トランスクリプションとしても長く愛されるドリーブの麗しき音楽を、ネーメ・ヤルヴィの精妙なタクトでお贈りします。
Chandos
CHAN-20169(1CD)

PCHAN-20169(1CD)
国内盤仕様
税込定価
イスラエルの音楽〜ベン=ハイム:交響曲第1番
パウル・ベン=ハイム(1897−1984):ソプラノと管弦楽の為の交響詩 「パン」 Op.17*(世界初録音)
弦楽オーケストラとハープを伴う独奏クラリネットの為の 「田園変奏曲」 Op.31b#
交響曲第1番
オマー・メイア・ウェルバー(指)、
BBCフィルハーモニック、
クラウディア・バラインスキー(S)*、
ジョン・ブラッドベリ(Cl)#

録音:2019年12月16日(交響曲第1番)&2020年3月4日(その他の作品)、メディア・シティUK(サルフォード)
ニックの首席指揮者に就任したイスラエルの若きホープ、オマー・メイア・ウェルバー(オメール・メイル・ウェルバー)とBBCフィルの録音プロジェクトが始動。オマー・メイア・ウェルバーは1981年にイスラエルのベエルシェバで生まれた指揮者&作曲家。2008年から2010年までダニエル・バレンボイムのアシスタントとして活動し、2010年のサイトウ・キネン・フェスティバルでは小澤征爾の代役として歌劇「サロメ」を指揮するなどして頭角を現し、2019/2020年シーズンからBBCフィルハーモニックの首席指揮者という大役に就任。同時にパレルモ・マッシモ劇場(イタリア)の音楽監督、ゼンパーオーパー・ドレスデン(ドレスデン州立歌劇場)(ドイツ)の首席客演指揮者を兼任する、世界でもっとも期待を浴びる若手指揮者の一人です。
ジャナンドレア・ノセダとの「ムジカ・イタリアーナ」、ファンホ・メナとの「ラ・ムジカ・デ・エスパーニャ」など、指揮者の母国の知られざる管弦楽作品を系統的に録音し人気を得てきたBBCフィルハーモニック。これまでの人気に応え、オマー・メイア・ウェルバーとは、イスラエルの音楽を探求する「イスラエルの音楽」シリーズが開幕。記念すべきChandosデビューを飾るのは、ドイツからパレスチナへ移住し、名前もフランケンブルガーからベン=ハイムとヘブライ語風に改め、イスラエルを代表する作曲家の一人となったパウル・ベン=ハイムの音楽。ブックレット解説は、ウェルバーに作曲を教えたイスラエルの作曲家&教師ミヒャエル・ヴォルペ教授です。
国際的に多忙な活動を続けながらも、イスラエルの音楽教育プロジェクトに専念するラーナナ・シンフォニエッタの音楽監督も継続するなど、故郷イスラエルでの音楽活動にも常に情熱を注いできたオマー・メイア・ウェルバーならではの新シリーズにご期待ください!

ALPHA
ALPHA-660(1CD)

NYCX-10172(1CD)
国内盤仕様
税込定価
『ルートヴィヒを探して』〜ベートーヴェン、ジョヴァンニ・ソッリマ、レオ・フェレ
レオ・フェレ(1916-1993):‘Muss es sein? Es muss sein!’(かくあらねばならぬか?かくあるべし!)- ヴァルター・シヴィロッティによるチェロ、弦楽合奏と打楽器のための編曲版、レオ・フェレ自身の語りと共に
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第16番 ヘ長調 Op. 135 (弦楽合奏版)
ジョヴァンニ・ソッリマ(1962-):NOTE SCONTE(隠された音) (弦楽合奏版) より ※
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第14番嬰ハ短調 Op. 131 (弦楽合奏版)

※ NOTE SCONTEのうちCD未収録の下記楽章は、デジタル配信版に収録されています。
・II. Un Canone Allegro カノン アレグロ
・III. Dal Quartetto op.131 di Ludwig van Beethoven Presto
マリオ・ブルネロ (Vc、指揮)
ギドン・クレーメル (Vn、指)
クレメラータ・バルティカ

録音:2019年10月、2011年7月
【国内盤】日本語解説付き
ベートーヴェン生誕250年を記念する、趣向を凝らしたアルバムがまた一つ誕生します。クレーメルとブルネロという二人の名手がタッグを組 み、クレメラータ・バルティカと共に、名作とされる晩年の弦楽四重奏曲を弦楽合奏版で収録したという嬉しいもの。さらにはベートーヴェンに 触発された近年の作品2つを収録し、楽聖の遺産が現代の私たちにどのような影響を与えているかを掘り下げるという、興味深いものです。 アルバムのメインは何と言っても2曲の弦楽四重奏曲。ベートーヴェン最後のまとまった作品である第16番はブルネロの指揮による演奏。そし て第14番はヴァイオリンを担当しながらのクレーメルの指揮となっています。いずれもクレーメルの念頭にはバーンスタインがウィーン・フィルと残 した録音があったようですが、その濃厚な味わいとは違う、クレメラータ・バルティカらしい歌心と生き生きとしたフレージング、見通しの良いサウ ンドが、現在ならではのベートーヴェン像を感じさせる素晴らしい演奏に仕上がっています。 冒頭に収録されているのは、モナコに生まれフランスでシャンソン歌手として活動したレオ・フェレによる作品。革新的な思考を持った彼はベー トーヴェンに深い共感を抱いていたようで、「エグモント」序曲に詞を付けていたり、「コリオラン」序曲を指揮する映像が残っていたりします。こち らに収録された作品は、弦楽四重奏曲 第16番の自筆譜に書きつけられた「かくあらねばならぬか?かくあるべし!」という言葉がモチーフと なったもの。イタリア語でまくしたてるように語られるテキストは、「音楽はどこにあった?それは特別なところではなく、民衆の元にあるべきだ。 ベートーヴェンはストリートにある!」といった内容。フェレ自身がオーケストラを指揮しながらアジる版や、ギターなどによる版がありますが、ここ ではイタリアの作曲家シヴィロッティによる編曲版にフェレの声をかぶせています。 ヴェネツィアの方言で「隠された音」を意味するタイトルのソッリマの作品は、ブルネロの師でありヴェネツィア出身だったイタリアSQの チェリスト、フランコ・ロッシに捧げられたもので、彼が子弟によく語った「楽譜の中に隠された音に注意を向けなさい」がタイトルのモチーフ。 1968年にトリノで刊行された、ベートーヴェンの未出版作品から走り書きまでを網羅した作品目録「ビアモンティ目録」の中からソッリマが見 つけた宝のようなフレーズの数々を元に、チェロ・アンサンブルのために書かれました。ここでは弦楽合奏への編曲版にて収録しています。ベー トーヴェンの発想を詰め込んだような、魅力的な曲想が次々と登場します。

NAXOS
NYCX-55321(1CD)
税込定価
大栗裕(1918-1982):ヴァイオリン協奏曲(1963)
大阪俗謡による幻想曲(1955/1970改訂版)
管弦楽のための神話-天の岩屋戸の物語による(1977管弦楽版)
大阪のわらべうたによる狂詩曲(1979)
高木 和弘(Vn)
下野 竜也(指)
大阪フィルハーモニーSO

録音:2000年8月大阪フィルハーモニー会館
大阪生まれの作曲家大栗裕。商業学校時代に吹奏楽団でホルンを担当して音楽に目覚めた大栗は、東京で本格的にその演奏法を学 び、1950年に関西SO(後の大阪フィルハーモニーSO)に入団。ホルン奏者として活躍すると同時に作曲の修練を続けまし た。彼は東京時代から親交を結んでいた朝比奈隆から励まされ、独自の文化を誇る大阪を音楽で描き出していきます。商人の町として栄 えた大阪ならではの、多弁で濃厚な言語文化と、上方落語や松竹新喜劇といった芸能。そして大阪の蒸し暑い夏を乗り切るための賑やか な夏祭り・・・これらが作用して生まれた大栗の作品は、まさに「大阪のバルトーク」と呼びたくなるほどの独自性を備え、聴き手に強く訴えかけ てきます。1997年から2年間、朝比奈隆の下で大阪フィルの指揮研究員を務め、大栗=朝比奈直系の音楽を継承する指揮者下野竜 也と大阪フィルの演奏で。 ※解説、演奏者プロフィールは既発売商品[8.555321J]のブックレットから転載となります。

Ars Produktion
ARS-38253(1SACD)
弦楽オーケストラのための作品集
アレンスキー:チャイコフスキーの主題による変奏曲
ヒンデミット:弦楽オーケストラのための5つの小品 op.44-4
シュレーカー:弦楽オーケストラのための間奏曲 Op.8、
 弦楽オーケストラのためのスケルツォ
メンデルスゾーン:弦楽のための交響曲第10番 ロ短調
ルーベン・ガザリアン&インゴルシュタット・グルジア室内O

録音:2017年9月
インゴルシュタット・グルジア室内Oの芸術監督ルーベン・ガザリアンによるオーケストラ・アルバム第3弾。本アルバムでは、弦楽オーケストラのレパートリーとして人気の高いアレンスキーの「チャイコフスキーの主題による変奏曲」から、メンデルスゾーンが10代の時に作曲した初期の名作「弦楽のための交響曲第10番」まで、弦楽のために書かれた充実度の高い作品を集めています。これらの編成に興味のある方にとってはとりわけ嬉しいプログラムといえるでしょう。

Avie
AV-2434(1CD)
アンナ・クライン:神話集
仮面舞踏会(世界初録音)*
真夜中の時間#/女仕立屋+
ナイト・フェリー#/<<巻き戻し<< **
ジェニファー・コー(ソロ・ヴァイオリン)+、
アイリーン・バックリー(ヴォイス)+、
マリン・オールソップ(指)*、
サカリ・オラモ(指)#+、
アンドルー・リットン(指)#、
アンドレ・デ・リッダー(指)**

録音:2012年、2013年、2016年、2018年
1980年ロンドン生まれのアンナ・クラインは、2015年にグラミー賞の現代クラシック作曲家賞にノミネートしたアコースティックおよびエレクトロ・アコースティック音楽の作曲家。世界中の最先端の振付家、ビジュアル・アーティスト、映画製作者、ミュージシャンとのコラボレーションを行い、2010年〜2015年まではリッカルド・ムーティの下でシカゴSOのコンポーザー・イン・レジデンスを務め、その後も、ボルティモアSO、イル・ド・フランス国立O、バークリーSOの作曲家を歴任。2020年からはスコットランド室内Oのアソシエイト・コンポーザーに就任。チェロと管弦楽のための「ダンス」はインバル・セゲフによって世界初録音され、英グラモフォン誌によって「エディターズ・チョイス」に選ばれています。
アンナ・クラインの「神話集(Mythologies)」は、2005年〜2015年にわたって書かれ、BBCラジオ3で放送されてきたバービカン・ホールとロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ録音。マリン・オールソップ、サカリ・オラモ、アンドルー・リットン、アンドレ・デ・リッダーといった4人の名指揮者がそれぞれBBCSOを振っており、歴史的なスタイルから新しい音楽への変容、エレクトロ・アコースティック音楽のバックグラウンドと詩、ビジュアルアート、ビデオグラフィーなど様々なマルチメディアとのコラボレーションで培ってきたアンナ・クラインの豊かな魅力が凝縮された作品です。

CAvi
85-53007(1CD)
ボーン・トゥ・プレイ〜ガーシュウィン
パキート・デリベラ(ダニエル・フレイバーグ編):ブラジリアン・ファンタジーよりCorcovado、Doce di coco、Um a zero
ガーシュウィン:セカンド・ラプソディ
パキート・デリベラ:象と道化師
ガーシュウィン:「ストライク・アップ・ザ・バンド」序曲、
 「ガール・クレイジー」序曲、
 「オブ・ジー・アイ・シング」序曲、
 ラプソディ・イン・ブルー
ウェイン・マーシャル(指,P)&ケルン放送O、
パキート・デリベラ(Cl)、
アンディ・マイルズ(Sax)、
オマール・ロドリゲス・カルボ (Cb)、
ローランド・ヴィラロン(パーカッション)、
ダニエル・フレイバーグ(P)

録音:2015−2019年、クラウス・フォン・ビスマルク・ザール(ドイツ、ケルン)
2014年からケルン放送Oの首席指揮者を務め、2020年で契約終了となるイギリスの指揮者、ウェイン・マーシャル。十八番のガーシュウィンをメインとしたケルン放送Oとの6年間の記録がリリース!ガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」、「セカンド・ラプソディ」ではマーシャル自身がピアノを担当、カルロス・ジョビンの名曲「コルコバード」などのアレンジをベースとしたパキート・デリベラの「ブラジリアン・ファンタジー」では、サックスやクラリネットの名プレイヤーであるデリベラ自身がクラリネットで参加するなど、聴きどころたっぷりの1枚です。

KAIROS
0015045KAI(1CD)
ヴィキンタス・バルタカス(1972-):ウロボロス
リフト・トゥ・ドバイ(2009)(アンサンブルとエレクトロニクスのための)#/スモーキー・アーノルド(2015)(フルート、クラリネット、ピアノ、ヴァイオリンとチェロのための)+/ウロボロス-ツィクルス(2004-2005)(ソプラノ、アンサンブルとエレクトロニクスのための)*
レンサンブル・ヴィリニュス#、
ヴィキンタス・バルタカス(指)#、
ヘト・コレクティーフ+、リタ・バルタ(S)*、
クラングフォルム・ウィーン*、
ヨハネス・カリツケ(指)*

録音:2005年、2015年、2016年
2016年リリースのKAIROSレーベルデビュー作が大きな成功を収めたリトアニアの現代音楽作曲家、ヴィキンタス・バルタカス(1972-)の第2作!
ウロボロスは、蛇や竜が自らの尻尾を飲み込み、絶えず自己を創造し、円を形成している古代のシンボルで、しばしば自己変革や循環性を表すとされています。本アルバムに収録されたバルタカスのアンサンブル作品も、リサイクル、リユース、あるいは「発見」された音楽素材をベースに作曲されています。リタ・バルタ、ヨハネス・カリツケら、バルタカス作品の支持者たちによる理想的な演奏です。

Forgotten Records
fr-1697(1CDR)
アンセルメのモーツァルト
セレナーデ第10番「グラン・パルティータ」*
交響曲第38番二長調 K.504 「プラハ」#
エルネスト・アンセルメ(指)
スイス・ロマンドO

録音:1955年5月* 、1947年7月4日#
※音源:Decca LXT 5121*、LXT 2614 #他

CD ACCORD
ACD-271(1CD)
NX-C01
弦楽のための作品集
ドビュッシー:弦楽四重奏曲(ヨーゼフ・スヴェンセンによる弦楽合奏編)
チャイコフスキー:弦楽セレナード
ヨーゼフ・スヴェンセン(指)
NFMレオポルディヌムO

録音:2019年1月9-10日
ドビュッシーとチャイコフスキー。この対照的な作風を持つ2人の作曲家の作品を「同じコインの両面」と表現す る指揮者ヨーゼフ・スヴェンセン。彼は2人の作品を並べ、その特性と共通性を探っていきます。モーツァルトを 含む古典派の作品を敬愛し、美しい旋律を紡ぎ出したチャイコフスキーの「弦楽のためのセレナード」、旋律だ けではなく、新しい響きを模索したドビュッシーの弦楽四重奏曲。同じ19世紀後半に書き上げられながらも、 全く違った様相を持つ音楽を改めてじっくりと聴いてみてください。ドビュッシーの弦楽四重奏曲は、スヴェンセン の手によって弦楽合奏版に拡大され、更なる色彩と広いダイナミック・レンジが与えられています。

IBS CLASSICAL
IBS-112020(1CD)
現代スペインの管弦楽曲集
イグマール・アルデレーテ・アコスタ(1969-): Bailando con Arcos 踊りと弓
ルベン・ホルダン:Alzheimer アルツハイマー
フアン・デ・ディオス・ガルシア・アギレラ(1959-): Abisal アビサル
ラケル・ロドリゲス:Espiral 螺旋
モニカ・カルデナス:Influence インフルエンス
ホセ・ハビラ・デルガード:No Questions 質問なし
アウクシ・ベルモンテ(S)
ホセ・ルイス・モラーニョ(Vn独奏)
ノラ・プラット(Vc独奏)
アレハンドロ・ムニョス(指)
カメラータ・ガラ

録音:2019年9月7-9日
世界初録音
現代スペインの管弦楽作品集。何世紀にもわたり西洋音楽が辿ってきた表現方法に加え、スペイン伝統音 楽とラテンアメリカ音楽の融合作品や、ミニマリズム、民謡、抽象的な表現音楽などさまざまな作風が入り乱 れる現代の音楽のサンプルとも言える6つの作品を収録。ヴィラ=ロボスを思わせるむせかえるような弦の響き が魅力的な「踊りと弓」、郷愁に満ちた旋律が全体を覆うガルシアの詩による「アルツハイマー」、虫の羽音の ような空虚な弦の音で終始する「アビサル」、いつ果てるとも知れぬ永続的な弦の動きの中に様々な事象を 封じ込めた「螺旋」、ハバネラのリズムを効果的に用い、親しみやすい旋律に溢れた「インフルエンス」、アルバ ム中、最も神秘的で難解な内容を持つ「質問なし」。 これらをスペイン全土で100回以上のコンサートと行ってきた弦楽アンサンブル、カメラータ・ガラが演奏してい ます。今日の音楽シーンの縮図とも言える興味深いアルバムです。

SOMM
ARIADNE-5009(1CD)
NX-B04
偉大なる映画音楽集 第2集
1. 『新スタートレック』(ジェリー・ゴールドスミス) メイン・タイトル
2. 『007は二度死ぬ』(ジョン・バリー/イアン・サザーランド編) メイン・タイトル
3. 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(ジョン・ウィリアムズ) メイン・タイトル
4. 『ミッション』(エンニオ・モリコーネ) ガブリエルのオーボエ
5. 『鷲は舞いおりた』(ラロ・シフリン/イアン・サザーランド編) メイン・タイトルと愛のテーマ
6. 『シー・ホーク』(エーリヒ・コルンゴルト) メイン・タイトル
7. 『地中海事件』(コール・ポーター/ジョン・ランチベリー編) タイトル・ミュージック
8. 『パリの恋人』(ジョージ・ガーシュウィン) 序曲
9. 『フィニアンの虹』(バートン・レーン) プレリュード(メイン・タイトル)
10. 『青きダニューヴの夢』(ロバート・シュトルツ/チャールズ・プレヴィン編) 行進曲
11. 『旅愁』(クルト・ワイル/イアン・サザーランド編) セプテンバー・ソング
12. 『ソウ・ロング・アット・ザ・フェア』(ベンジャミン・フランケル) キャリッジ・アンド・ペア
13. 『みじかくも美しく燃え』(W.A.モーツァルト) ピアノ協奏曲第21番ハ長調〜アンダンテ
14. 『リチャード三世』(ウィリアム・ウォルトン) プレリュード
15. 『ヘンリー五世』(ウォルトン)パッサカリア/ファルスタッフの死
16. 『ヘンリー五世』(ウォルトン)彼女の唇に触れて分かれなん
17. 『アラビアのロレンス』(モーリス・ジャール) メイン・テーマ
イアン・サザーランド(指)
フィルハーモニック・プロムナードO

録音:1988-89年 ライヴ録音
1994-95年 スタジオ録音
スコットランド生まれのアレンジャー兼指揮者イアン・サザーランド&フィルハーモニック・プロムナード管弦楽 団による、楽しい映画音楽集の第2集。美しくドラマティックなオーケストラ・サウンドが、聴き手をハリウッド の黄金時代へと誘います。映画音楽の分野でも有名なコルンゴルトや、クルト・ワイル、ガーシュウィンや ポーターから、ジョン・ウィリアムズにモーリス・ジャール、そしてモリコーネの作品までを網羅。『新スタートレッ ク』や『007は二度死ぬ』から、モーツァルトの「ピアノ協奏曲第21番」が印象的に使われた『みじかくも美 しく燃え』などの名画からセレクトされています。もちろんイギリスのレーベルらしく、シェイクスピアの『リチャー ド三世』と『ヘンリー五世』のウォルトン作曲のエキサイティングなテーマも収録。

Chandos
CHAN-20148(1CD)
エリック・コーツ:管弦楽作品集 Vol.2
行進曲 「ロンドン橋」
管弦楽のための幻想曲 「わがままな巨人」
小ワルツ 「森のニンフ」
バレエ音楽 「魔法の庭」
セレナーデ 「フォー・ユア・ディライト」
組曲 「夏の日々」
ワルツ・ロマンス 「気だるい夜」
行進曲 「全労働者諸君」
ジョン・ウィルソン(指)、
BBCフィルハーモニック

録音:2019年11月14日−15日、メディア・シティUK(サルフォード)
指揮者、編曲家、そしてライト・ミュージックやアメリカ音楽のスペシャリストとして活躍し、Chandosではリチャード・ロドニー・ベネット、コープランドなどのアルバムを精力的に録音してきたジョン・ウィルソン。コルンゴルト「交響曲嬰ヘ調 Op.40」(CHSA5220)で「BBCミュージック・マガジン賞2020」の管弦楽部門賞を受賞し、レスピーギの「ローマ三部作(CHSA5261)」の録音でも絶大な評価を得ています。
英国のライト・ミュージックの全盛期を代表するコンポーザー=コンダクター、エリック・コーツ(1886−1957)の管弦楽作品集。第2巻は、コーツがクイーンズ・ホール・オーケストラの首席ヴィオラ奏者を解任された直後の1919年に初演され大ヒットし、1926年に録音された音盤は、エルガーが「ディスクが擦り切れるほど再生した」とコーツに伝えたという名曲、組曲「夏の日々(サマー・デイズ)」を始め、オスカー・ワイルドの童話に基づく「わがままな巨人」、スウェーデンの放送局に委嘱された「魔法の庭(エンチャンテッド・ガーデン)」などの代表作を収録。最後に収録された「全労働者諸君(コーリング・オール・ワーカーズ)」は、BBCのラジオ番組「Music While You Work」のテーマ曲として採用され、27年間毎日2回ずつ放送されたという、もっとも有名なコーツの作品です。
初期にはアーサー・サリヴァンやエドワード・ジャーマンの影響を受け、ジャズやダンス・バンドの要素を取り入れながら独自に進化していったエリック・コーツの音楽。かつてASVのライト・クラシック・シリーズ「White Line」でも2つのコーツ・アルバムを録音していたスペシャリスト、ジョン・ウィルソンの巧みな指揮で彩ります。

Sterling
CDS-10862(1CDR)
オーレ・オルセン(1850−1927):管弦楽作品集
交響詩 「アスゴールの騎行」 Op.10
交響曲ト長調 Op.5/弦楽オーケストラのための組曲Op.60
テリエ・ミケルソン(指)、
ラトヴィア国立SO

録音:2009年7月28日−29日
ヨーロッパ諸国の知られざる管弦楽作品の発掘を続けるスウェーデンのレーベル" スターリング(Sterling)"が贈る、グリーグと同世代の作曲家、オーレ・オルセンの管弦楽作品集が新装再発売。
ノルウェーのトロンヘイムではリンデマン、ライプツィヒではダヴィッドやライネッケらに作曲を師事したオルセンは、今でこそグリーグの陰に隠れてしまっているものの、存命当時はノルウェー国民楽派を代表する作曲家の1人として名声を築いた音楽家です。祖国ノルウェーの旋律を採り入れ、どこかドイツ的な雰囲気を漂わせるオルセンの美しく格調高きオーケストラ作品、中でも「交響曲」の第3楽章(アンダンテ)の優美で流麗な旋律は、歴史に埋もれさせたままではあまりにも惜しい。アルネスの交響曲集でも好演を聴かせてくれたミケルソン&ラトヴィア国立響の演奏によって、オルセンの音楽が再評価への新たな1歩を踏み出す。
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。
※2010年にリリースされていたSACD盤は廃盤となり、品番・バーコードは同じままCD-R盤として再発売いたします。

LSO Live
LSO-0821(1SACD)
ロトのラヴェル&ドビュッシー
ラヴェル:スペイン狂詩曲
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲*
 交響詩「海」#
フランソワ=グザヴィエ・ロト(指)
lLSO

録音:2019年4月25日、2018年1月25日*、3月38日# バービカン・ホール(ライヴ)
今や世界で最も注目を集める指揮者の筆頭であるフランソワ=グザヴィエ・ロト。彼が首席客演指揮者の任にあるロンドンSOとの最新アルバムが登場します。曲はラヴェルとドビュッシー。見たことのあるようなプログラムですが、ドビュッシーの「海」と「牧神の午後への前奏曲」はレ・シエクルとのピリオド楽器演奏で、モダン・オケとは初めてとなります。さらにラヴェルの「スペイン狂詩曲」は初レパートリーなのも大歓迎。
シエクルとのドビュッシーも解釈と音色で話題となりましたが、今回は世界屈指の超絶的高性能オーケストラであるロンドンSOのため、ロトの意図がさらに理想的な形で実現しています。「牧神の午後への前奏曲」では首席フルート奏者ギャレス・デイヴィスの柔らかく七変化する音世界に酔わされます。弦楽の弱音の美しさも絶品で、SACDによる高音質録音の効果が光ります。
注目はラヴェルの「スペイン狂詩曲」。ロトのラヴェルはいずれも絶品ですが、これも期待にたがわぬ出来で、魔術的なオーケストレーションがロンドンSOの名人芸で極彩色の絵巻となっています。さらにロトならではの解釈とエネルギーでスペイン的な妖しさと情熱も放ち、一期一会の驚異の名演となりました。ますます絶好調のロト、ご期待下さい。 (Ki)

BIS
BISSA-2463(1SACD)
(1)モーツァルト:セレナード第10番変ロ長調「グラン・パルティータ」 K.361/370a
(2)ベートーヴェン:モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」の「お手をどうぞ」の主題による変奏曲 ハ長調 WoO.28
(1)アレクセイ・オグリンチュク(オーボエ&指揮)、
ロイヤル・コンセルトヘボウOの管楽メンバー
(2)アレクセイ・オグリンチュク(Ob)
ニコリーネ・アルト(Ob)、
ミリアム・パストール・ブルゴス(コーラングレ)

録音:2019年3月&4月/コンセルトヘボウ内クライネ・ザール(アムステルダム、オランダ)
ロイヤル・コンセルトヘボウOの首席オーボエ奏者アレクセイ・オグリンチュク。BISレーベルより積極的なリリースが続 いておりますが、当アルバムではモーツァルト『グラン・パルティータ』とベートーヴェンの『モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」の「お手をどうぞ」の 主題による変奏曲』を収録しました。
全7楽章構成の大曲『グラン・パルティータ』は有名作ながらも名手揃いでないと演奏できないため、この新録音は大歓迎と言えます。近年指揮活動で も着実なキャリアを積むオグリンチュクですが、やはり室内楽アンサンブルは絶品の一言に尽きます。気心の知れたRCOの管楽メンバーと共に音楽の対話 を楽しみながら大作に挑みました。
カップリングは今年(2020年)に生誕250周年を迎えたベートーヴェンの『モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」の「お手をどうぞ」の主題による変奏曲』 です。2本のオーボエとコーラングレというユニークな構成の三重奏曲はベートーヴェンの20代後半の作品。ベートーヴェンの語法で書かれたモーツァルトも 実に聴きものです。 (Ki)

Linn
CKD-609(1CD)
NX-B09

NYCX-10170(1CD)
国内盤仕様
税込定価
バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV 988 (ユゼフ・コフレルによる室内オーケストラ編) トレヴァー・ピノック(指)
ロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージック・ソロイスツ・アンサンブル
ゲスト:トロント王立音楽院グレン・グールド校のメンバー

録音:2019年3月22-23日 スネイプ・モルティングス、ブリテン・スタジオ、UK
【国内盤】日本語解説付き
今や「ピノックのオケ」の感があるロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージック・ソロイスツ・アンサンブルとの最新盤は、従来のマーラーやブ ルックナーの交響曲など大編成作品を「凝縮して切り詰める」路線とは逆に、バッハの鍵盤作品を室内オケに「肉付けして拡張した」もの。編 曲者のユゼフ・コフレル(1896-1944)はストルィー(当時はオーストラリア=ハンガリー帝国領、現在はウクライナ領)に生まれ、ウィーンでワイ ンガルトナーらに学び、後にポーランドで十二音技法の先駆的作曲家として活動しましたが、1941年にナチスに捉えられ、1944年に家族 と共にホロコーストの犠牲となったとみられています。この編曲はヘルマン・シェルヘンの遺品の中から1994年になって発見されました。 チェンバロ奏者としてバッハの原曲を録音しているピノックは、この編曲にコフレルからバッハに対する心からの敬意と愛情を感じたと言います。 目指したのは、バロック風ではなく編曲当時の中欧の様式での演奏。合宿とウィグモア・ホールでのコンサートを経て臨んだ若き演奏家たち は、生き生きしたリズムに乗って明晰な対位法の綾を織りあげています。編曲当時の中欧にはナチスの軍靴が響き、コフレルにも悲劇的な 運命が訪れるのですが、その予感を感じさせない晴朗な響きは実に楽しい聴きものであり、それと知って聞けば不思議な感慨を残すことで しょう。
※この編曲版では第6変奏と第7変奏の入れ替えが行われており、第7変奏が「2度のカノン」(通常の第6変奏)となっております。編成: 弦五部(4/4/3/3/1)、 フルート、オーボエ、コールアングレ、ファゴット 各1当盤での演奏時間:79分38秒。

HUNGAROTON
HCD-32850(1CD)
モーツァルト:セレナード第7番ニ長調 K.250/248b「ハフナー・セレナード」
セレナード第6番ニ長調K.239「セレナータ・ノットゥルナ」
カペラ・サヴァリア(オリジナル楽器使用 a'=430Hz)、
ジョルト・カッロー(Vn)、
ニコラス・マギーガン(指)

録音:2019年/バルトーク・コンサート・ホール(ソンバトヘイ、ハンガリー)
ハンガリーを代表するオリジナル楽器のアンサンブル、カペラ・サヴァリア。モーツァルトの第2弾はセレナードです。
当団はハンガリー最古の都市ソンバトヘイに1981年に設立され、ハンガリーにおいて常設のオリジナル楽器アンサンブルとして最も歴史のある団体です。 フンガロトン・レーベルを中心に数多くのレコーディングをリリースし、幾度もハンガリーの「レコード・オブ・ザ・イヤー」に選出されるなど、高水準の演 奏には定評があります。これまでにハイドンのヴァイオリン協奏曲集(HCD 32771)、バッハのブランデンブルク協奏曲(HCD 32786)、バッハの ヴァイオリン協奏曲集(HCD 32749)、ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集(HCD 32729)、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲集(HCD 32761/62) などがリリースされています。
指揮を務めるのはニコラス・マギーガンです。マギーガンは極めて端正でこのモーツァルトのセレナードでも非常に見通しのよいクリアな演奏を披露してお ります。 (Ki)

ALBANY
TROY-1823(1CD)
(1)ゴッドフリー・ウィンハム(1934-1975):管弦楽のためのソナタ
(2)ゴッドフリー・ウィンハム:管弦楽のためのコンポジション
(3)ロジャー・セッションズ(1896-1985):ピアノ協奏曲
ジョエル・スーベン(指)
(1)(2)オーケストラ・オヴ・ザ・ウェスト
(3)ポーランド国立RSO
(3)バリー・デイヴィッド・サルウェン(P)

録音:(1)(2)2018年、(3)1995年
※ゴッドフリート・ウィンハムはイギリス出身。管弦楽のためのソナタは調性で書かれた 牧歌風の美しい曲だが、対する管弦楽のコンポジションは 12 音技法および自由な無調 で書かれた厳しい作品。アメリカ東海岸のアカデミズムを代表する作曲家セッションズの ピアノ協奏曲も 12 音技法と自由な無調で書かれた秀作。いずれも珍しい作品で貴重な 録音。
ALBANY
TROY-1822(1CD)
カート・カチョッポ(b.1951)作品集
(1)「武装と危険」(ロム・アルメの主題による幻想的変奏曲)
(2)「古代ギリシャ神話の女性」〜ルイジ・セラントラの詩による7 つの無伴奏モテット
(3)交響曲第3番「トスカーナ・フォリオ」
(1)エマヌエル・アーシウリ(P)
(2)ネイサン・ズリンガー(指)ヴィヴァ・ヴォーチェ・シンガース
(3)カロリン・ジレット(イングリッシュHr)
メルヴィン・チェン(Vn)
ジェームズ・ロス(指)イェールSO

録音:1991/2019-2020年
カチョッポはシシリア人を先祖に持つアメリカの作曲家。レオン・カーシュナー、イワン・チェ レプニン、ジョージ・ロックバーグら、それぞれ作風が大きく異なる作曲家に師事。ピアノ曲「武 装と危険」はルネサンス音楽でおなじみの「ミサ・ロム・アルメ」の主題による自由な変奏曲でモ ダンな和声とジャズ風なリズムが楽しい。無伴奏混声合唱曲「古代ギリシャ神話の女性」もジャ ズや近代フランス音楽に由来すると思われる洒落たハーモニーが美しい佳品。交響曲第 3 番はコープランドらの系譜に繋がる調性的でフォルクロアな旋律に溢れた親しみ易い作品。

Ars Musici
ARS-232183(1CD)
ヤナーチェク:ラシュスコ舞曲集
バルトーク:管弦楽のための協奏曲
ヴァルター・ヴェラー(指)、
バーゼルSO

録音:1993年1月27日−28日
ウィーンPOのコンサートマスター、同楽員と結成したヴェラーSQのリーダーとしても活躍したオーストリア出身の指揮者、ヴァルター・ヴェラーが振るヤナーチェク&バルトーク。ヴェラーは1966年に指揮者として活動を始め、ロイヤル・リヴァプール・フィル、ロイヤル・フィル、スコティッシュ・ナショナル管など、イギリスを代表するオーケストラの首席指揮者を歴任しています。本盤は、旧バーゼルSOを指揮した90年代の録音。

Indesens
INDE-078(1CD)
アメリカン・クラシックス
ドルリュー:アメリカの夜
コープランド静かな都会(原典版再構成)
コープランドクラリネット協奏曲
バーバー:弦楽のためのアダージョ
バーンスタイン:クラリネットとピアノのためのソナタ
コープランド静かな都会(第2稿)
バーンスタイン:ライフィに捧ぐロンド
バーンスタイン:前奏曲、フーガとリフ
アイヴズ:答えのない問い
エリック・オービエ(Tp)、
セバスティアン・ビヤール(指)、
ギャルド・レピュブリケーヌO、
クロード・シュニツレール(指)、
ブルターニュSO、
フィリップ・ベルロー(Cl)、
フィリップ・キュペール(Cl)、
ローラン・ワグシャル(P)、
ニコラ・プロスト(Sax)、
クリステル・シェジ(イングリッシュ・ホルン)、
アンジェリーヌ・ポンドペル(P)、
ファブリス・コラ(指)、
パリ・ライト・バンド

録音:1992年−2015年
エリック・オービエやフィリップ・キュペール、二コラ・プロスト、ローラン・ワグシャルなど、フランスの名手たちによるアメリカ作品のオムニバス・プログラム。
オムニバスといってもそのラインアップは豪華の一言!バーバーやバーンスタイン、コープランド、アイヴズ、ドルリューの傑作たちを、凄腕の管楽器奏者たちが奏でた、まさに「アメリカのパリ人」的なコンセプトのアルバムです。

TOCCATA
TOCC-0557(1CD)
NX-B03
モシュコフスキ(1854-1925):管弦楽作品集 第2集
管弦楽のための第2組曲 Op.47(1890)#
管弦楽のための第3組曲 Op.79(1908)*
シンフォニア・ヴァルソヴィア
ヤクブ・ハウファ(Vn)
ズサンナ・エルステル(Hp)
ダミアン・ショヴロンスキ(Org)
イアン・ホブソン(指)

録音:2019年11月12-13日,11月4日、2019年11月5-7日
世界初録音#、デジタルによる世界初録音*
ユダヤ系ポーランド人のモーリッツ・モシュコフスキは、生前ピアニストとして高い名声を誇ったためか、現在ではピ アノ曲の作曲家として知られています。しかし、彼が遺したのはそれだけではありません。ヴァイオリン曲や管弦楽 曲、オペラなどの大規模な作品が数多く目録に載っていますが、残念ながら1世紀以上、ほとんど演奏されるこ とはありませんでした。モシュコフスキの管弦楽作品を現代によみがえらせる当シリーズ第1集では大規模な交 響詩「ジャンヌ・ダルク」をご紹介しましたが、この第2集では2つの「管弦楽のための組曲」をお楽しみいただけま す。「サロン風」とも言われるモシュコフスキの作風が活かされた、上品で華麗な曲調による小品が次々と現れる 楽しい組曲を、シンフォニア・ヴァルソヴィアの巧みな演奏で。

Linn
CKD-640(1CD)
★NX-B09
R.シュトラウス:作品集
交響詩「ドン・ファン」
6つの歌 Op. 68
交響詩「死と変容」
ルイーズ・オルダー (S)
ロビン・ティチアーティ(指)
ベルリン・ドイツSO

録音:2019年11月5-8日 イエス・キリスト教会、ベルリン
2019年の来日公演が大きな成功を収めたロビン・ティチアーティとベルリン・ドイツSOにとって、初めてのR・シュトラウス・アルバ ム。ティチアーティのR.シュトラウスといえば、2014年グラインドボーンでの「ばらの騎士」(OA1170D/OABD7168D)での演奏が高い評価を 得ていますので、管弦楽作品のリリースは今回が初めてというのも少し意外なところ。オープニングを飾る来日公演でも披露された「ドン・ファ ン」では、勢いで押すことなく細部を丁寧に歌い上げ、作品の美しい側面をたっぷりと聴かせています。「6つの歌」では、近年急速にその評価 を上げているルイーズ・オルダーを起用。2017年のカーディフ国際コンクールでジョーン・サザーランド聴衆賞を獲得、2019年にはジョン・エリ オット・ガーディナー指揮によるヘンデルの「セメレ」でタイトルロールを歌ったことでも話題となりました。「若手のリリック・ソプラノの中でも最も輝 かしい声」(The Arts Desk)、「きらめくように美しい声」(The Gramophone)と評され、バロック、古典派から後期ロマン派までを驚 異的な表現力で聴かせる彼女の魅力を存分に引き出しています。「ドン・ファン」とほぼ同時期に書かれ、二十代前半の若きR.シュトラウスを 代表する作品の一つ「死と変容」では、目まぐるしく変化する曲想をそれぞれ見事に捉え、色彩感豊かに聴かせました。オーケストラを細やか にコントロールし、このように官能的な音楽を作り上げるティチアーティもまだ三十代。早熟の作曲者に深い共感を持って作り上げたアルバムで す。
Linn
CKD-635(1SACD)
NX-C02
三善晃へのトリビュート〜マリンバ作品集
三善晃(1933-2013): 組曲『会話』 (1962)
トルス III (1968)
リップル (1999)
マリンバと弦楽合奏のための協奏曲 (2001)*
六つの練習前奏曲 (1969)
加藤訓子 (マリンバ)
スコティッシュ・アンサンブル*

録音:2018年5月1、2日 相模湖交流センター、2018年7月8、9日 RSNOセンター、グラスゴー*
※日本語解説付(三善晃、加藤訓子)
加藤訓子×LINN RECORDS10周年記念盤。加藤訓子が学んだ桐朋学園の学長を長年務めていた三善晃のレガシーを世界に広めた いという、彼女の堅い意志で制作されたアルバムです。収録しているのはマリンバのソロのための全作品と、スコティッシュ・アンサンブルとの共 演による協奏曲。彼女の思いが結実した、高い緊張感の中にも「うた」を強く感じさせる素晴らしい演奏となっています。LINN RECORDS から邦人作曲家の作品集がリリースされるのは今回が初めて。日本国内流通分のみSACDハイブリッド仕様(海外は通常CDのみ)となり、 定評の高品質録音を最大限お楽しみいただけます。さらに、加藤訓子によるプロジェクトの解説と、三善晃自身の言葉を引用した作品解 説を日本語で添付いたします。加藤訓子の演奏活動の新展開ともいえる、重要アルバムの登場です。
「我が国を代表する作曲家三善晃氏を偲び、残された素晴らしい作品を世界の多くの人々に届けることができたらという思いで、このアルバ ムの一曲一曲を丁寧にしあげた。」 ―― 加藤訓子

NAXOS/日本人作品
NYCX-55975(1CD)
税込定価
芥川也寸志(1925-1989):オーケストラのためのラプソディ
オーケストラのためのラプソディ(1971)
エローラ交響曲(1958)
交響三章(1948)
湯浅 卓雄(指)
ニュージーランドSO

録音:2002年1月29-31日
※解説、演奏者プロフィールは既発売商品[8.555975J]のブックレットから転載となります。
作家・芥川龍之介の三男として生まれるも、2歳の時に父を失った芥川也寸志。父が遺したSPレコードの中からストラヴィンスキーの「火の 鳥」と「ペトルーシュカ」を愛聴して育ち、中学生の時に作曲家を志しました。まず橋本國彦に師事しその才能を開花させたのち、伊福部昭 に師事して強い影響を受け、その野性味あふれる作風を手に入れることとなります。最初期の作品「交響三章」(1948)は、憧れの地で あるソ連(当時)に持参して大作曲家達の目に止まり、当地で出版されるという快挙を成し遂げた記念作。その10年後の作品「エローラ交 響曲」ではかつての叙情性は影をひそめ、鈍く暗いクラスター的な不協和音と、随所で起こる爆発的な音響の効果が特徴的です。1971年 の「オーケストラのためのラプソディ」は打楽器を多用しており、作曲家自身が「魔法使いが小さな魔法の杖を振り回す音楽」と呼んだという、 せわしない音型が全曲にわたって支配し巨大な咆哮で終わります。 片山杜秀氏によるオリジナル解説も読みごたえ充分です。
NAXOS/日本人作品
NYCX-57693(1CD)
税込定価
黛敏郎(1929-1997):バレエ音楽「舞楽」/曼荼羅交響曲 他
シンフォニック・ムード(1950)…世界初録音
バレエ音楽「舞楽」(1962)
曼荼羅交響曲(1960)
ルンバ・ラプソディ(1948)…世界初録音
湯浅 卓雄(指)
ニュージーランドSO

録音:2004年8月23-25日
※解説、演奏者プロフィールは既発売商品[8.557693J]のブックレットから転載となります。
第二次世界大戦後の日本作曲界を代表する音楽家の一人、黛敏郎。彼は日本国内で約250本もの映画音楽を担当しただけではな く、ハリウッドに進出し、ジョン・ヒューストン監督の『天地創造』(1966)の音楽ではアカデミー賞にノミネートされました。また数多くの音楽 団体や文化団体の運営に携わり、1964年からは30年以上もテレビの音楽番組「題名のない音楽会」の企画と司会を務めるなど、メディア での幅広い活躍で知られています。しかし彼自身の作品については、一部の有名作を除いて十分に紹介されてきたとはいえません。「シン フォニック・ムード」や、後にその一部に組み込まれ生前には演奏されることのなかった、ラテンのリズムが炸裂する「ルンバ・ラプソディ」などは、こ れが世界初録音となります。1958年の「涅槃交響曲」に連なる仏教(密教)の思想に触発された「曼荼羅交響曲」、彼の作品の中ではよ く知られる「舞楽」も収録。どの曲も一聴すると異国風でありながら、じっくり聴くと日本人ならではの美意識が感じとれます。目を見張るばかり の鮮やかなオーケストレーションと、ふくよかな響きを生かした全4作品を湯浅卓雄の指揮でお楽しみください。 片山杜秀氏によるオリジナル解説も読みごたえ充分です。

Channel Classics
CCS-42920(1CD)


PCCS-42920(1CD)
国内盤仕様
税込定価
ラプソディ・イン・ネイヴィー・ブルー〜アメリカの吹奏楽傑作選
スティーヴン・メリロ(1957−):センディング
ロバート・ラッセル・ベネット(1894−1981):古いアメリカ舞曲による組曲
バーバー:コマンド・マーチ
コープランドシェイカー教徒の旋律による変奏曲、市民のためのファンファーレ
ジョン・コリリアーノ(1938−):バンドのためのガゼボ舞曲集
アイヴズ:行進曲 「オメガ・ラムダ・カイ」
コープランドエンブレム
ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー*
オランダ王立海軍軍楽隊、
アルヤン・ティエン(指)、
ジョージ・ガーシュウィン(P)、
ヤン・バウマン(ピアノラ)
1945年に設立されたオランダ王立海軍の名門軍楽隊によるChannel Classics第3弾。秀逸なプログラムと圧倒的なパフォーマンスで話題を呼んだ第1弾「ロシア」(PCCS40818)、第2弾「ドイツ&オーストリア」(PCCS42019)に続く期待の第3弾のテーマはアメリカ!
「ゴッドスピード!」などの人気吹奏楽作品で知られるスティーヴン・メリロ(b.1957)から、バーバー、コープランド、アイヴズ、そしてガーシュウィンといったアメリカを代表する作曲家たちまで、民族音楽、讃美歌、ジャズ、ブルース、行進曲や軍楽などアメリカの多彩な文化が反映された吹奏楽作品を、最上級の演奏でお贈りします。
注目の「ラプソディ・イン・ブルー」は、ガーシュウィン自身が弾いたピアノ・ロールを使用。元オランダ・フィルのホルン奏者を務め、現在はピアノラ(自動演奏ピアノ)の専門家、ピアノラ・オペレーターとして活動するヤン・バウマンが、2台ピアノ版として残されたガーシュウィン自作自演のピアノ・ロールから伴奏パートだけを削除し、1924年に初演されたオリジナルのジャズ・バンド編成で演奏。同様の試みは1976年に録音されたマイケル・ティルソン・トーマス盤でも知られていますが、このアルバムでは、実際のピアノの鍵盤の上に設置するタイプのピアノラを使い、動かすタイミングやテンポ設定、ダイナミクスなどをヤン・バウマンが最適に操作して、ガーシュウィンの自由でジャジーな解釈を最大限尊重しながら、現代のバンドで再現しています。

FONE
SACD-145(1SACD)
限定盤
ピアソラ、ロメロ、パサレジャ:作品集
ピアソラ:10月の歌(弦楽のための)、室内オーケストラのための3つの小品(前奏曲/フーガ/ディベルティメント)
エクトル・ウリセス・パサレジャ(1955-):リオプラテンセ組曲*
アルデマーロ・ロメロ(1928-2007):弦楽のための組曲
イ・ムジチ合奏団、
エクトル・ウリセス・パサレジャ(バンドネオン)*

録音:2015年3月、オーディトリアム・セラフィカム(イタリア、ローマ)
世界最高のバンドネオン奏者の一人、エクトル・ウリセス・パサレジャ(パッサレッラ)が参加した、イ・ムジチ合奏団のラテンアメリカ・アルバム!
バロック・ブームの火付け役として日本でも人気の高いイ・ムジチ合奏団。彼らは中南米の音楽にも積極的に取り組んでおり、本アルバムではアルゼンチンのピアソラ、ウルグアイのパサレジャ、ベネズエラのロメロと、ラテンアメリカの国々から3人の作曲家を取り上げています。多くの曲にフーガ楽章が含まれていることからも分かるように、これらの作品にはタンゴだけでなく、バロックの要素もふんだんに取り入れられており、イ・ムジチ合奏団にはうってつけのレパートリーといえるでしょう。パサレジャの「リオプラテンセ組曲」にはパサレジャ自身がバンドネオンで参加しており、その名技にも注目です。

EUROARTS
20-67628(6DVD)
マリス・ヤンソンス〜レトロスペクティブ
■DVD1
『ヴァルトビューネ1994〜ナイト・オブ・ダンス・アンド・ラプソディ』
スッペ:歌劇「軽騎兵」序曲
シューベルト:幻想曲ハ長調「さすらい人幻想曲」
エネスコ:ルーマニア狂詩曲第1番イ長調
スメタナ:歌劇「売られた花嫁」序曲
リスト:ハンガリー狂詩曲第2番
J.シュトラウス:ポルカ「雷鳴と電光」
パウル・リンケ:ベルリンの風
■DVD2
ウェーバー:『オベロン』序曲
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調Op.77
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番ト短調BWV.1001より
プレスト(アンコール)
ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調Op.88
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲ハ長調Op.72-7(アンコール)
■DVD3
『ヨーロッパ・コンサート2001・フロム・イスタンブール』
ハイドン:交響曲第94番ト長調Hob.I-94『驚愕』
モーツァルト:フルート協奏曲第2番ニ長調K.314(285d)
ベルリオーズ:幻想交響曲−ひとりの芸術家の生活のエピソード作品14
■DVD4
『ヴァルトビューネ2002〜アンコール名曲の夕べ』
モニューシコ:『ハルカ』より「マズルカ」
ヴィエニアフスキー:ポロネーズOp.4
チャイコフスキー:メロディ(『なつかしい土地の思い出』Op.42-3)
チャイコフスキー:ワルツ・スケルツォハ長調Op.34
チャピ:『人騒がせな娘』より「序曲」
・キム:エレジー
ロンビュー:シャンペン・ギャロップ
・外山雄三:バレエ組曲『幽玄』より「天人の踊り」
シベリウス:悲しいワルツ(付随音楽『死』Op.44より)
エルガー:野生の熊(『子供の魔法の杖』第2組曲Op.1b)
ワーグナー:『ローエングリン』より第3幕への前奏曲
クライスラー:中国の太鼓*
・ガルデル/ジョン・ウィリアムズ編)):タンゴ「首の差で」(映画「セント・オブ・
ウーマン」より)*
パガニーニ:ヴェネツィアの謝肉祭Op.10*
ツィーラー:ウィーンの市民Op.419
マスカーニ:『カヴァレリア・ルスティカーナ』より間奏曲
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲ハ長調Op.72-7
チャイコフスキー:『くるみ割り人形』よりパ・ド・ドゥ
ビゼー:『アルルの女』第2組曲より「ファランドール」
マスネ:『ル・シッド』よりアラゴネーサ&ナヴァレーサ
パウル・リンケ:ベルリンの風
■DVD5
『ザルツブルク音楽祭2012』
R.シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』Op.20
ワーグナー:ヴェーゼンドンク歌曲集
ブラームス:交響曲第1番ハ短調Op.68
■DVD6
『ヨーロッパ・コンサート2017・フロム・キプロス』
ウェーバー:歌劇『オベロン』序曲
ウェーバー:クラリネット協奏曲第1番ヘ短調Op.73
・コンツ:ウェーバーの主題によるハンガリー幻想曲(アンコール)
ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調Op.88
ブラームス:ハンガリー舞曲第5番ト短調(アンコール)
■DVD1
ミハエル・ルディ(P)
ベルリンPO
マリス・ヤンソンス(指)
収録:1994年6月19日、ベルリン、ヴァルトビューネ(ライヴ)
映像監督:ブライアン・ラージ
画面:カラー、4:3
音声:PCMステレオ、DD5.1、DTS5.1
■DVD2
ヒラリー・ハーン(Vn)
ベルリンPO
マリス・ヤンソンス(指)
収録:2000年11月26日、東京、サントリー・ホール(ライヴ)
収録時間:99分
画面:カラー、16:9
音声:PCMステレオ、DD5.1、DTS5.1
■DVD3
エマニュエル・パユ(Fl)
ベルリンPO
マリス・ヤンソンス(指)
収録:2001年5月1日、イスタンブール、聖イレーネ聖堂(ライヴ)
収録時間:129分
画面:カラー、16:9
音声:PCMステレオ、DD5.1、DTS5.1
■DVD4
ヴァディム・レーピン(Vn)
ベルリンPO
マリス・ヤンソンス(指)
収録:2002年6月23日、ベルリン、ヴァルトビューネ(ライヴ)
映像監督:ボブ・コールズ
画面:カラー、16:9
音声:PCMステレオ、DD5.1、DTS5.1
■DVD5
ニーナ・ステンメ(S)
ウィーンPO
マリス・ヤンソンス(指)
収録:2012年8月、ザルツブルク音楽祭(ライヴ)
収録時間:95分
画面:カラー、16:9
音声:PCMステレオ、DD5.1、DTS5.1
字幕:英、独、仏
■DVD6
アンドレアス・オッテンザマー(Cl)
ベルリンPO
マリス・ヤンソンス(指)
収録:2017年5月1日、キプロス、パフォス城野外特設会場(ライヴ)
映像監督:ヘニング・カステン
収録時間:90分
画面:カラー、16:9
音声:PCMステレオ、DTS5.0,DD5.0

NTSC
Region All
6DVD9
633分
EURO ARTSの新シリーズ「コンダクターズ」。時代を代表する指揮者たちの映像をBOX化したものです。第1弾は、2019年11月に惜しくも亡くなっ たマリス・ヤンソンス。 1977年の初来日以来、度重なる来日で日本の聴衆にもお馴染みの存在だったマリス・ヤンソンス。指揮者アルヴィド・ヤンソンスの息子として1943年1 月14日にラトヴィアのリガに生まれました。ムラヴィンスキーの指名でレニングラード・フィルでムラヴィンスキーの助手となり、1977 年にはムラヴィンス キー指揮レニングラード・フィルに副指揮者として同行し、初来日。1979年から2000年までオスロ・フィルの首席指揮者を務め、世界トップレベルのオー ケストラへと育て上げました。2003年にバイエルンRSOの首席指揮者に就任。2004年にはアムステルダムの名門ロイヤル・コンセルトヘボウ管 弦楽団の首席指揮者に就任(2015年まで)。世界の2大オーケストラをまとめあげ、そのほかにも、ウィーン・フィル、ベルリン・フィルにも度々客演、名 実共に世界最高峰の指揮者として活躍しました。 このDVDは、日本のファンを興奮のるつぼへ叩きこんだベルリン・フィルとの2000年の来日公演、ヴァルトビューネ、ヨーロッパコンサート、そしてウィー ン・フィルとのザルツブルク音楽祭の映像が収められています。ダイナミックでありながら要所を引き締めたヤンソンスの指揮ぶりを存分に堪能することがで きます。 このシリーズは今後、ズービン・メータ、ベルナルド・ハイティンク、小澤征爾などの指揮者が予定されています。 (Ki)

ONDINE
ODE-1357(1CD)
NX-B04
ヒンデミット:室内音楽集 第2集

室内音楽 第4番Op.36 No.3(1925)
独奏ヴァイオリンと大室内オーケストラのための(ヴァイオリン協奏曲)
1. I. Signal
2. II. Sehr lebhaft
3. III. Nachtstuck
4. IV. Lebhafte Viertel
5. V. So schnell wie moglich
室内音楽 第5番Op.36 No.4(1927)
独奏ヴィオラと大室内オーケストラのための(ヴィオラ協奏曲)
6. I. Schnelle Halbe
7. II. Langsam
8. III. Masig schnell
9. IV. Variante eines Militarmarsches
室内音楽 第6番Op.46 No.1(1927/1929)
ヴィオラ・ダモーレと室内オーケストラのための
10. Masig schnell, majestatisch ? Doppelt so schnell ?
11. Langsam ?
12. Variationen ? Lebhaft
室内音楽 第7番Op.46 No.2(1927)
オルガンと室内オーケストラのための協奏曲
13. I. Nicht zu schnell
14. II. Sehr langsam und ganz ruhig
15. III. [Tempo = 184]
クリストフ・エッシェンバッハ指揮
クロンベルク・アカデミー・ソロイスツ(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ奏者)
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン祝祭Oのメンバー
(管楽器とパーカッション奏者)
【ソリスト】
スティーヴン・ワールツ(Vn)…1-5
ティモシー・リドゥ(Va)…6-9
ジーユー・シェン(ヴィオラ・ダモーレ)…10-12
クリスティアン・シュミット(Org)…13-15
シュー・ペイジュン/シンディ・モハメド(Va)…1-5
杉田 恵理/サラ・フェランデス(Va)…1-5
マチェイ・クワコフスキ(Vc)…1-5,6-9,10-12,13-15
チェ・ハヨン(Vc)…1-5,6-9,10-12
アレクセイ・シャドリン(Vc)…1-5,6-9,10-12,13-15
リー・ラ(Vc)…1-5,6-9,10-12
アレクサンダー・エーデルマン(Cb)
…1-5,6-9,10-12,13-15
マティアス・ソッレ(Cb)…1-5,6-9,10-12
ツァイ・イェン(Cb)…1-5,6-9
マリー・ラフォルジュ(Fl)…1-5,6-9,10-12,13-15
ヤゴダ・クシェミンスカ(Fl)…1-5,13-15
アーロン・シリング(バス・クラリネット)…1-5,6-9,10-12,13-15
アンドレアス・リップ(B♭管クラリネット)…1-5,6-9,10-12,13-15
レイレ・ルイス(E♭管クラリネット)…1-5,6-9
オマー・レヴィ(Fg)…1-5,6-9,10-12,13-15
ジェレミー・ベイガー(Fg)…1-5,6-9,13-15
アレクサンドル・エルヴェ(Fg)…1-5,6-9,13-15
ベネディクト・ノイマン(Tp)…1-5,6-9,10-12,13-15
ホアキン・アンドレウ・ビセンテ(Tb)
…1-5,6-9,10-12,13-15
ニクラス・ホルン(バス・テューバ)…1-5,6-9
トビアス・ガッサー(パーカッション)…1-5
ジェイコブ・ディーン(Hrn)…6-9,10-12,13-15
フィリップ・オルキス(Tp)…6-9
オルテガ・リカルド(Tb)…6-9
アルベルト・エステベ・ヒメネス(Ob)…10-12,13-15

録音:2019年6月30日-7月4日
オランダの名オルガニスト、ヴィム・ファン・ベーク(1930-2017)。60年間にわたり、フローニンゲンのマルティー ニ教会オルガニストを務めたほか、ヨーロッパを中心に演奏会を行い高く評価されました。この録音は、彼がし ばしば訪れたデンマークのロスキレ大聖堂のマルカッセン・オルガンを演奏したもの。長い歴史を誇るロスキレ大 聖堂はユネスコの世界遺産に登録されており、このオルガンも16世紀に製作され、1833年にオルガン・ビル ダー、ユルゲン・マルカッセン(1781-1860)により再建。以降、何回かの修復を経て1980年代に徹底的な 再調査が行われ、一部が16世紀の原型に戻された銘器です。ベークは歴史的オルガンから美しい響きを紡 ぎ出し、一連のバッハ作品を壮麗に聴かせています。
ONDINE
ODE-1356(1CD)
NX-B04
ピーター・リーバーソン(1946-2011):作品集
『IX REALMS 六道』(2000)-アンプリファイド・チェロとオーケストラのための
『Songs of Love and Sorrow 愛と悲しみの歌』(2010)-バリトンとオーケストラのための
アンッシ・カルットゥネン(Vc)
ジェラルド・フィンリー(Bs-Br)
ハンヌ・リントゥ(指)
フィンランドRSO

録音:2019年12月 ヘルシンキ・ミュージック・センター、フィンランド
コロンビア・レコードの社長ゴダード・リーバーソンと振付師ヴェラ・ゾリーナを両親に持ち、恵まれた環境で 音楽教育を受けたリーバーソンは、30歳の時にニューヨークを離れ、かねてから興味を抱いていたチベット 仏教の研究を始めました。その後、マサチューセッツに於いて、瞑想プログラムで知られる「シャンバラ・ト レーニング」を監修するなど仏教思想に耽溺、これは彼の考え方に大きな影響を与えています。 「六道」はまさに仏教思想から生まれた作品で、アンプリファイド(電気増幅)・チェロとオーケストラによっ て、一切の生きとし生けるものが輪廻を繰り返す世界が象徴的に描かれています。「愛と悲しみの歌」は リーバーソンの2度目の妻となったロレイン・ハント・リーバーソンのために構想された歌曲集。彼が愛妻のた めに書いたのは「ネルーダの歌」が良く知られていますが、こちらはその初演後すぐにボストンSOから 委嘱されたものでした。しかしロレインが亡くなり、作曲家自身も病を宣告されたため仕事は中断。少しだ け時間を置いてからリーバーソンは改めて作品に取り組み、2010年にようやく完成させることができたので す。同じ「ネルーダ」の詩が用いられた歌曲集はフィンリーのために書かれており、リーバーソンは作品の初 演を見届けた翌年、療養先のテルアビブでこの世を去りました。 今作ではハンヌ・リントゥが見事に2つの作品をまとめ上げています。

BMOP SOUND
BMOP-1068(1SACD)
「タイム・リリース」〜スティーヴン・マッキー(b.1956)作品集
都会の海(2013)
タイム・リリース(2005)〜打楽器と管弦楽のための*
トニック(2011)
ターン・ザ・スカイ(2006)
ギル・ローズ(指)
ボストン・モダン・オーケストラ・プロジェクト
コリン・カリー(Prec)*

録音:2017年6月
スティーヴン・マッキーは当初、ロックバンドでエレクトリック・ギターを演奏していた。 その後、クラシック系の音楽の作曲に転向し、現代音楽とロックを折衷したスタイルを 確立。「都会の海」は強烈な低音のビートに乗せられて次々と展開する音の風景がと ても魅力的。「タイム・リリース」は 4 つの楽章からなる一種の打楽器協奏曲。近年ステ ィーヴ・ライヒの演奏で著名なコリン・カリーの超絶的なソロが聴きもの。マッキーはミニ マル、ロック、現代音楽の要素を融合した作曲家としてアメリカでは評価が高く、グラミ ー賞を受賞しています。

BMOP SOUND
BMOP-1071(1SACD)
エリック・ネイサン(b.1983):作品集
管弦楽のためのパエストゥム(2013)
ジェズアルドヘのオマージュ(2013, rev2017)
スペース・オブ・ア・ドアー(2016)
木の鐘(2011)
欠けている言葉I(2014)
イカルスは夢を見た(2008)
シンフォニエッタのためのパエストゥム(2013)
ギル・ローズ(指)
ボストン・モダン・オーケストラ・プロジェクト

録音:2017-2018年
エリック・ネイサンはアメリカ・ローマ大賞ほかアメリカの多くの賞を受賞し作品はニューヨー ク・フィル、ボストン響などでさかんに取り上げられています。エリオット・カーターに代表されるアメ リカ東海岸流の前衛手法で書かれているものの、オーケストラの機能を最大限に生かした管弦 楽法、色彩豊かな音の万華鏡が魅力的。

Phasma Music
(Willowhayne Records)
PHASMA-019(1CD)
NX-B05
アルキス・バルタス(1948-):映画音楽「恐怖から抵抗へ−ナチス収容所パブロス・メラス、テッサロニキ1941-1944」 スピロス・ムリキス(Cl)
アステリオス・プーフティス(Vc)
ヴィッキー・スティリアヌー(P)
2018年の映画『恐怖から抵抗へ−ナチス収容所パブロス・メラス、テッサロニキ1941-1944(From Terror to Resistance - Pavlos Melas Nazi Camp)』のジョージ・ケラミディオティス監督の委嘱に より、映画の舞台となったギリシャのテッサロニキで生まれたアルキス・バルタスが作曲した映画音楽集。ギ リシャのパブロス・メラスの軍事キャンプは、ナチス占領下でギリシャ人愛国者の刑務所や処刑場として使 われました。映画は、囚人の一人であったレオニダス・ヤシマコプーロスが、収容所での出来事を毎日詳 細に記した日記を基にしたもの。このCDでは、バルタスが作曲したクラリネット、チェロ、ピアノによる音楽を 完全な形で収録しています。「私の音楽では、ゆっくりとした楽器の独白で、痛み、恐怖、絶望や静け さ、そして怒りを表現することが多いです。このCDに収録されている各曲は、作曲中に自分の気持ちや 心の中で見えたイメージを表現しています。」(アルキス・バルタス)
Phasma Music
(Willowhayne Records)
PHASMA-020(1CD)
NX-B06
アルキス・バルタス(1948-):音楽のモザイク
キプロス組曲 弦楽合奏のための Cypriot Suite for strings
グリーンスリーヴス-夢 Greensleeves Dream
お救いください、おお、神の母よ Help me, O Mother of God
異国の大地で In Foreign lands
朝の星 Morning Star
わが師、聖ジョージ Saint George, My Master
アヤソフィアの長老 The Elder in Hagia Sophia
今夜遅くに Tonight at Midnight
風が吹いている Wind blowing
ニコス・ツフロス(指)
アテネ・アカデミア・オーケストラ
1948年、ギリシャのテッサロニキで生まれ、地元で活躍を続ける作曲家、バルテスのキャリアの様々な時 期に作曲された9曲が収録されたアルバム。伝統音楽にのっとったメロディラインにギリシャの詩人の優しい 詩を載せた、シンプルな子守唄のような「朝の星」、ルネサンス期のイギリス民謡を基にした「グリーンスリー ヴス-夢」、ダビデの詩篇39篇(38篇)からタイトルが取られ、儚い人生が表現された「風が吹いている」、 そして「今夜遅くに」は小アジアの歌に基づいており、移民となった息子を異国の地で守ってくれるよう、聖 母へ祈る母親の姿を描いています。「お救いください、おお、神の母よ」もギリシャやキプロスの伝統音楽と 詩に触発されたもので、「わが師、聖ジョージ」のメロディは小アジアのシナソスのものが元なりました。「キプ ロス組曲」は1969年、バルタスがテッサロニキ国立音楽院の学生だった頃の作品で、もともとはヴァイオリ ンとピアノのための作品。

AMORARTE MUSIC
AA-221972(1CD)
ホセ・カルロス・ゴメス(ミゲル・アンヘル・コリャド 編曲 & オーケストレーション):アンダルシアの風景 [Paisaje Andaluz](ギターと弦楽合奏の為の) (2018) ホセ・カルロス・ゴメス(G)
ブラチスラヴァSO
ダビド・エルナンド・リコ(指)
ホセ・カルロス・ゴメスはスペイン、アンダルシアのアルヘシラス生まれのギタリスト・作曲家。フラメンコのギタリストとして名声を得て、クラック・ギターにも進出。「アンダルシアの風景」は2018年9月21日、モレリア国際ギター・フェスティヴァル (メキシコ) で初演されたギター協奏作品で、録音は当盤が世界初です。収録時間は21分弱ですがフルプライスです。ご了承ください。

Capriccio
C-5408(1CD)
NX-B05

NYCX-10163(1CD)
国内盤仕様
税込定価
ハンス・ロット(1858-1884):管弦楽作品集 第1集
「ハムレット」序曲(1876)…世界初録音
ヨハネス・フォルカー・シュミットによる再構築版
組曲 ホ長調(1878)
前奏曲(Nicht zu langsam 遅すぎず)
Langsam 遅く
「ジュリアス・シーザー」のための前奏曲(1877)
管弦楽のための前奏曲 ホ長調(1876)
組曲 変ロ長調(1877)より
 II.スケルツォ/IV.フィナーレ Sehr schnell とても速く
牧歌風前奏曲 ヘ長調(1880)
クリストファー・ヴァルト(指)
ケルン・ギュルツェニヒO

録音:2020年1月23-25日
ウィーン近郊に生まれ、ウィーン音楽院で学んだハンス・ロット。音楽院ではマーラーと机を並べる傍ら、ブルックナーにオルガン演奏を学び、音楽家 の道を志しました。しかし1878年には音楽院の作曲コンクールに「交響曲第1番」の第1楽章を提出するも、審査員たちに酷評されてしまいま す。唯一、彼の師であったブルックナーは擁護しましたが、結果は落選。卒業後はブラームスに作品を見せるなど再起をはかりましたが、ここでも酷 評され、ついには精神を病んでしまったロットは25歳の若さでこの世を去ってしまいます。20世紀後半になってようやく注目された彼の交響曲第1 番は、長い間「マーラーのエピゴーネン(亜流)」と言われていましたが、最近の研究では、マーラーがロット作品からの引用を行っていたことがわか り、彼の独自性が評価され始めました。このCapriccioのシリーズは、再構築版を含むロットのオーケストラ作品を録音することで、ロットの魅力的 な遺産を後世に残すことを目論んだもの。第1集には世界初録音となる「ハムレット」序曲を含む全6作品が収録されています。師ブルックナーを 思わせる厚みのある響きが存分に楽しめるロットの作品をお楽しみください。

CPO
CPO-777702(1CD)
NX-B10
シュレーカー(1878-1934):管弦楽作品集 第1集
交響曲第1番イ短調 Op.1(1899)
間奏曲 Op.8(1900)
祝典円舞曲と円舞曲風間奏曲(1908)
ゆるやかなワルツ(1908)
組曲『王女の誕生日』(1905)
スティーヴン・スローン
ボーフムSO

録音:2014年2月21-28日
ナチスにより「退廃音楽」の烙印を押され、存在を抹消されかけたものの、20世紀末になって再評価さ れ、最近は人気作曲家の仲間入りを果たしたフランツ・シュレーカー。彼は10歳の時に父を失うも、貧困 の中、1892年に奨学金を得てウィーン音楽院に進学、ロベルト・フックスに作曲を師事し、卒業年に作 曲した「間奏曲」は“新音楽新聞”誌から賞金を授与されています。卒業後は作曲家、指揮者として活 動を始めたシュレーカーですが、すぐには認められず、1908年に上演された『王女の誕生日』で注目を 集め、1912年に初演された歌劇「はるかなる響き」の初演でようやく名声を確固たるものにしました。こ のアルバムにはシュレーカーの初期作品が5曲収録されており、彼が作風を確立していく過程を、後期ロ マン派を得意とするスローン指揮の演奏で辿ることができます。学生時代に書かれた交響曲は、師フック スを模範として4楽章形式で書かれましたが、後に最終楽章が散逸。第1楽章から第3楽章のみが残 されています。第3楽章の冒頭、ホルンの息の長い旋律が耳に残ります。

RUSSIAN LYRE
RLCD-046(1CD)
勝者たちの凱旋〜ロシアの行進曲集
近衛プレオブラジェンスキー連隊行進曲
近衛騎兵連隊行進曲 #
第5キエフ擲弾兵連隊行進曲
行進曲「擲弾兵」
猟兵連隊行進曲*
ペチョーラ連隊行進曲*
バトゥリンスキー連隊行進曲
サラトフ連隊行進曲*
行進曲「砲兵隊は陣地へ」 +
行進曲「遼陽会戦」 +
行進曲「バグラチオン」
行進曲「スラブ娘の別れ」
行進曲「こんにちは、音楽家諸君」*
行進曲「郷愁」*
レニングラード軍管区司令部軍楽隊
ニコライ・ウシャポフスキー(指揮(無印))
ヴラジーミル・エルドゥイシェフ(指揮#)
アレクサンドル・スラトコフスキー(指揮+)
セルゲイ・ソコロフ(指揮*)

録音:1992、2004年
RUSSIAN LYRE
RLCD-047(1CD)
追憶〜ロシア・ワルツ集
アーチボルド・ジョイス(1873-1963):秋の夢
フョードル・マリツェフ(1874頃-?):フィンランドの朝 *
ピョートル・ガポン:吊りひも
ヴァシーリ・ベッケル(1859-1926):森の物語
フベンティーノ・ロサス(1868-1894):波濤を越えて +
イリヤ・シャトロフ(1879-1952):満州の丘 *
マクス・キュス(1874-1942):アムール河の波 *
ヴァシーリ・アガプキン(1884-1964):青い夜
アーチボルド・ジョイス:追憶
マトヴェーイ・ブランテル(1903-1990): 町の公園で
ヴィクトル・ヴォロンコフ:イヴァノヴィチのワルツ「ドナウ川のさざ波」の主題による演奏会用幻想曲
レニングラード軍管区司令部軍楽隊
ニコライ・ウシャポフスキー(指揮(無印))
アレクサンドル・スラトコフスキー(指揮+)
セルゲイ・ソコロフ(指揮*)

録音:1992、2004年
RUSSIAN LYRE
RLCD-050(1CD)
ロシア正教会聖歌集〜ロマノフ朝400年記念(1613-2013)
詩篇103「天地創造の詩篇」(キエフ・ペチェールシク大修道院聖歌)
詩篇140「主よ、われは御身に呼びかける、答えたまえ」と日曜日のスティヒラ
(カスタリスキー(1856-1926) 作曲)
夕べの賛歌「静かなる光」(ズナメニ聖歌)
今こそ穏やかに逝かせたまえ、主よ(エサウロフ (1800頃-1850頃) 作曲)
詩篇134,135「ポリエレオス」(僧ナファナイル作曲)
アンティフォン「わが若き時より」(三位一体修道院聖歌)
生神女マリアのコンタキオン「勝利せる統治者」 (アレマーノフ(1867-1918頃) 作曲)
ロシアの新殉教者の為のスティヒラ
ロシアの新殉教者の為のトロパリオン
ロシアの新殉教者の為のコンタキオン
皇帝ニコライの為のトロパリオン
オプチナ修道院の偉大な長老たちの為のトロパリオン
新殉教者大公妃エリーザベトと修道女バルバラの為のトロパリオンとコンタキオン
神はわれらと共に在り(ジノヴィエフ作曲)
ペンテコステのスティヒラ(ズナメニ聖歌)
肉においてあなたは眠りに落ちた(復活祭のエクサポスティラリオン) (クルイロフ作曲)
天使は嘆いた(復活祭のザドストニク)(バラキレフ (1837-1910) 作曲)
あなたの聖なる晩餐の参加者として(聖大木曜日の礼拝から) (リヴォフ(1798-1870) 作曲)
すべての肉は沈黙し(聖大土曜日の礼拝から) (チェスノコーフ(1877-1944) 作曲)
祝福されし神の御母への祈り(チェスノコーフ作曲)
主イエス・キリストへの祈り(チェスノコーフ作曲)
真に祝福に値するものなり(生神女マリヤへの祈り) (ヤイチコフ(1869-1953) 作曲)
長年!(祝福の歌)
ノヴゴロド聖ニキータ正教会男声cho
RUSSIAN LYRE
RLCD-051(1CD)
秋の夢〜ロシアの行進曲とワルツ集
不詳:近衛プレオブラジェンスキー連隊行進曲
不詳:サラトフ連隊行進曲*
ヴァシーリ・ベッケル(1859-1926):森の物語 +
バトゥリンスキー連隊行進曲
マトヴェーイ・ブランテル(1903-1990): 町の公園で
ヴャチェスラフ・レイセク(1857-1935): 行進曲「バグラチオン」 +
マクス・キュス(1874-1942):アムール河の波 *
不詳:近衛騎兵連隊行進曲*
アーチボルド・ジョイス(1873-1963):秋の夢
ヴァシーリ・アガプキン(1884-1964):行進曲「スラブ娘の別れ」
不詳:行進曲「砲兵隊は陣地へ」 +
フョードル・マリツェフ(1874頃-?):フィンランドの朝 +
L・ゲーデ:第5キエフ擲弾兵連隊行進曲
ヴァシーリ・アガプキン(1884-1964):青い夜
不詳:ペチョーラ連隊行進曲
V・エファノフ:行進曲「遼陽会戦」*
アーチボルド・ジョイス:追憶
不詳:行進曲「郷愁」
レニングラード軍管区司令部軍楽隊
ニコライ・ウシャポフスキー(指揮(無印))
ヴラジーミル・エルドゥイシェフ(指揮*)
セルゲイ・ソコロフ(指揮+)

DIGRESSIONE
DCTT-72(1CD)
吹き鳴らされるトランペット〜モルフェッタの聖週間の儀式における葬送行進曲
ジュゼッペ・ペルッツィ(ミケーレ・コンスエト編) :悲壮 [Patetica]
ヴィート・ルチヴェロ(ミケーレ・コンスエト編) :無名称 [Senza nome]
伝承曲(ミケーレ・コンスエト編):パルミエリ [Palmieri]
フランチェスコ・ペルッツィ(1ミケーレ・コンスエト編):シモン・ボカネグラ [Simon Boccanegra]
アンジェロ・ルイーゾ(ミケーレ・コンスエト編) :悲しい夕暮れ [Triste tramonto]
グラン・コンプレッソ・バンディスティコ・フランチェスコ・ペルッツィ・チッタ・ティ・モルフェッタ (吹奏楽)
ミケーレ・コンスエト(指)

録音:2016年4月、ディグレッシオーネ・スタジオ、モルフェッタ、イタリア

Channel Classics
CCS-36620(1CD)