湧々堂HOME 新譜速報: 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック 廉価盤 シリーズもの マニア向け  
殿堂入り:交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック SALE!! レーベル・カタログ チャイ5



Indesens
(フランス)




※表示価格は、全て税込み。品番結尾に特に表記のないものは、全て1CDです。
品番 内容 演奏者
INDE-001
グレート・フレンチ・コンチェルト1948-1956
デザンクロ(1912-1971):祈祷,呪詛と踊り、
ジョリヴェ:トランペット協奏曲第2番、
トマジ
:トランペット協奏曲、
シャルル・シェイヌ
(1925-):トランペットとオーケストラのための協奏曲第1番、
ジョリヴェ:トランペット,弦楽とピアノのコンチェルティーノ
エリック・オービエ(Tp)
マリウス・コンスタン(指)
パリ・オペラ座O
トランペット吹きの憧れの存在、エリック・オービエは、パリ・オペラ座管の首席奏者を長年務め、現在は日本をはじめ世界各地でマスタークラスや演奏会に大忙しの日々をおくっています。そんな彼による新録音が登場です。曲目はとりわけ管楽器ファンにはたまらないものが見事にそろいました。近頃、のだめの影響もあって人気上昇中の作曲家、ジョリヴェのトランペット協奏曲は名曲かつ難曲。名手オビエは迫力満点、歌心たっぷりに高らかに聴かせます。しかもオケは文句なしのパリ管。エネルギーと叙情の核融合作曲家、ジョリヴェ独特のリズムも見事に決まって思わずうなってしまう出来栄えとなっています。シャルル・シェイヌはコンクールなどにも作品を提供している管楽器界の大御所。他にもトマジで聴かせる色彩豊かな音色、デザンクロで聴かせる官能性すら漂う音色・・・。何度も繰り返して聴きたくなる一枚となっています。
INDE-002
フランス・トロンボーンの芸術
デュティユー:コラール,カデンツァとフガート、
サン=サーンス:カヴァティーナop.144、
トマジ
:アンダンテとスケルツォ、
ジョセフ・ギイ・ロパルツ
:演奏会用作品、カステレード:ソナティナ、
ロジャー・ブトリ
:カプリッチョ、
デザンクロ
:聖歌とアレグレット、
アレクサンドル・ギルマン
:交響的断章
ジャン・ラファー(Tb)、
オオツ ユミ(P)
パリ・オペラ座管首席トロンボーン奏者、ジャン・ラファーによる珠玉のアルバム。サン=サーンスのカヴァティーナは、発表当時「今までこの楽器のためにこれほどまでに素晴らしい作品は存在しなかった」と絶賛された作品です。トマジの作品は、もともとはオーケストラとトロンボーンのための作品ですが、ここではピアノが伴奏。トロンボーンの冒頭のカデンツァはまさに神業。見事としかいいようがありません。ロパルツの作品は、トロンボーン奏者たちの間で憧れの作品。どれをとっても珠玉の名曲を、この上ない名手が見事に演奏しています。ピアニストは日本人で、CNSM 出身。管楽器奏者との共演も多く、ここでもバッチリのサポートを聴かせてくれます。
INDE-004
デュティユー:初期の作品集
サラバンドとコルテージュ、
フルートとピアノのためのソナチネ*、
コラール,カデンツァとフガート**、
オーボエとピアノのためのソナタ#、
ピアノ・ソナタop.1
マルク・トレネル(Fg)、
ヴィンセント・ルーカス(Fl)*、
ダニエル・ブレジンスキ(Tb)**、
アレクサンドル・ガテ(Ob)#、
パスカル・ゴダール(P)
なんと豪華、パリ管弦楽団のメンバーたちが勢ぞろいしてのデュティユーの初期作品集の登場です。フルートとピアノのためのソナチネ は、鋭敏な和声感覚が非常に印象深い作品ですが、ルーカスが見事に演奏しています。ファゴットのトレネルも名手ぶりを遺憾なく発揮、 ブレジンスキのトロンボーンは神の声のように響きます。若き日から格調高い作風で鳴らしていたデュティユーの魅力がたっぷりと味わえる一枚となっています。
INDE-005
ORNOTES BRASS
ミシェル・ブデ:ミーチャの太陽
ジャン・バッハ:ラウデ
マルセル・ランドフスキ:白と炎
エドワルド・グレグソン:管楽器のための五重奏曲
ショスタコーヴィチ:ジャズ組曲第1番〜ワルツ/ポルカ/フォックストロット
オア・ノーツ金管五重奏団[ジュリアン・レール(Tp)、アンソニー・シェヴィヨン(Tp)、エティンヌ・ラマテル(Tb)、ピエール・ルモンディエール(Hrn)、シルヴァン・ティロウ(Tub)]
1曲目のミーチャの太陽のミーチャとは、ショスタコーヴィチの愛称のこと(Dmitri のMitia)。この作品には副題として「スターリン時代下のショスタコーヴィチ」とつけられています。オア・ノーツ金管五重奏団は、パリ国立高等音楽院の学生たちによって結成された優れたアンサンブル。フランスのオケを彷彿とさせる明るい音色と抜群のテクニックで、ヨーロッパ各地で開催されているコンクールでことごとく優勝、入賞している期待の星です。   (Ki)
INDE-006
プーランク:ホルン,トランペット,トロンボーンのためのソナタ
デュティユー:コラール、カデンツァとフーガ(トロンボーン、ピアノ)
マルク・デルマー(1885-1931):Balladefeerique(ホルン、ピアノ)
ピエリック・ウーディー(1928-):ディヴェルティメント(トランペット、ホルン、ピアノ)
アンドレ・チペリッチ(1962-):ヘトロクライト組曲(トランペット、ピアノ)【世界初録音】
ピエール・ガベイ(1930-):リクリエーション(トランペット、ホルン、トロンボーン、ピアノ)
フレデリク・メラルディ(Tp)、
フランソワ・オーヴァル(Hrn)、
ギョーム・コテ=ドゥムリン(Tb)、
ミクロス・シェーン(P)
パリ管といえば管楽器がうまいことでも知られていますが、ここに集結したのはパリ管の首席奏者ばかり。一曲目のプーランクからいきなり衝撃。プーランク作品でパリ管メンバーといえば、RCAからリリースのある、かの名盤なくしては語れませんが、ここではホルン奏者にフランソワ・オーヴァルを迎え、さらにパワーアップ。丁々発止のアンサンブルで、実にあざやかなプーランクです。新進気鋭の作曲家たちによる新作も収録されており、新たなレパートリーまでをも提示した、なんとも豪華な内容となっています。   (Ki)
INDE-007
ロッシーニ/オペラ座のトランペット吹き
「泥棒かささぎ」、「ウィリアム・テル」、「タンクレーディ」、「オテッロ」、「アルジェのイタリア女」、「チェネレントラ」、「ブルスキーノ氏」、「絹のはしご」よりアリア集
エリック・オービエ(Tp)、
アマウリ・ドゥ・クローセル(指)
ルーマニア放送PO
抜群のテクニックで常に我々を魅了するトランペット奏者、エリック・オービエ。今回のアルバムは、ロッシーニの名オペラの中から選りすぐりのアリア。   (Ki)

INDE-104
ピアノ・モダーン・リサイタル Vol.2
エイミー・ビーチ(1867-1944):前奏曲とフーガ(1917)
ユーリー・シャーモ(1947-2015):ピアノ・ソナタ第3番(1969)+
シマノフスキ:前奏曲とフーガ(1909)
(1934-1998):即興曲とフーガ(1965)
ミシェル・メルレ(1939-):パッサカリアとフーガ(1986)+
タネーエフ:前奏曲とフーガ Op.29(1910)
オルランド・バス(1994-):前奏曲とフーガ(2016)*+
ディミトリ・ミトロプーロス(1896-1960):パッサカリア,間奏曲とフーガ(1924)*
オルランド・バス(P)

録音:2016年10月3、4日(*以外)、2017年1月8日*、サン=マルセル聖堂、パリ、フランス
20・21世紀の「ピアノの為の前奏曲とフーガ」を軸としたプログラム。ユーリー・シャーモはウクライナの、ミシェル・メルレはフランスの作曲家。ディミトリ・ミトロプーロスはギリシャ出身の指揮者・作曲家。オルランド・バスはフランスのピアノおよびチェンバロ奏者・作曲家。
INDE-105
ドビュッシー:ソナタ、舞曲と狂詩曲

(1)ヴァイオリン・ソナタ ト短調
(2)フルート,ヴィオラとハープの為のソナタ
(3)クラリネット狂詩曲
(4)チェロ・ソナタ ニ短調
(5)サクソフォン・狂詩曲
(6)神聖な舞曲と世俗的な舞曲
マリー=ピエール・ラングラメ(Hp)
ベルリン・フィルハーモニーSQ
(1)タチアーナ・サムイル(Vn)
 デイヴィッド・ライヴリー(P)
(2)ヴァンサン・リュカ(Fl)
 リーズ・ベルトー(Va)
 マリー=ピエール・ラングラメ(Hp)
(3)フィリップ・ベロ(Cl)
 クレール・デゼール(P)
(4)ヴァンサン・リュカ(Fl)
(4)ジェローム・ペルノー(Vc)
 エリザベト・リゴレ(P)
(5)ニコラ・プロスト(Sax)
ローラン・ワグシャル(P)
(6)マリー=ピエール・ラングラメ(Hp) 
 ベルリン・フィルハーモニーSQ
INDE-108
ドビュッシー、フォーレ、ラヴェルのヴァイオリン・ソナタ
ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ第2番 ト長調
フォーレ:夢のあとに
 ヴァイオリン・ソナタ第1番Op.13
ドビュッシー:月の光*
ラヴェル:ツィガーヌ
マスネ:タイスの瞑想曲
タチアーナ・サムイル(Vn)
デイヴィッド・ライヴリー(P)

録音:2017年11月27-30日、フラジェ、ブリュッセル、ベルギー
*は「INDE-105」に収録されている録音と同一です。
INDE-109
ヴィヴァルディ:6つのフルート協奏曲 Op.10
第1番ヘ長調 「海の嵐」 RV 433/第2番 ト短調 「夜」 RV 439
第3番ニ長調 「ごしきひわ」 RV 428/第4番 ト長調 RV 435
第5番ヘ長調 RV 434/第6番ト長調 RV 437
ヴァンサン・リュカ(Fl)
トゥールーズ室内O
ジル・コリャール(指)

録音:2017年8月25-27日、レスカール・ホール、トゥルヌフイユ、フランス
INDE-110
ヒンデミット:5つの金管ソナタ
トランペット・ソナタ 変ロ長調(1939)*
ホルン・ソナタ ヘ長調(1939)+
アルトサクソフォン・ソナタ 変ホ長調(1943)#
トロンボーン・ソナタ ヘ長調(1941)**
テューバ・ソナタ 変ロ長調(1955)++
エリック・オービエ(Tp)*
ダヴィッド・アロンソ(Hrn)+
ニコラ・プロスト(アルトSax#
ステファン・ラベリ(Tb)**
ファブリス・ミリシェ(Tb)++
ローラン・ワグシャル(P)
エレーヌ・ティスマン(P)+

録音:2017、2018年、スタジオ・セクエンツァ、モントルイユ、フランス(*/**)
2017年、サン・マルセル聖堂、パリ、フランス+
2018年、サン=モール音楽院ホール、サン=モール、フランス#
2018年、ムードン音楽院ホール、ムードン、フランス++
INDE-111
ブラームス:クラリネット三重奏曲 イ短調 Op.114*
クラリネット・ソナタ第1番ヘ短調 Op.120 -1
クラリネット・ソナタ第2番変ホ長調 Op.120 -2
パスカル・モラゲス(Cl)
フランク・ブラレイ(P)
クリスティアン・ポルテラ(Vc)*

録音:2017年9月11-14日、モンス、ベルギー
INDE-113
テューバでピアソラ!
ピアソラ:秋のタンゴ
トリオ・インノヴァ
ダヴィッド・ザンボン(Tub)
パトリック・ジグマノフスキ(P)
ジャン=マルク・ファビアーノ(アコーディオン)

録音:2017年10月11日、ロベール・ドアノー文化スペース、ムードン=ラ=フォレ、フランス
INDE-114(2CD)
プーランク:管楽器を伴う室内楽作品集
[CD 1] 青年期の作品*
廃墟を見守る笛吹きの像(無伴奏フルートの為の)
クラリネットとファゴットの為のソナタ Op.32
2つのクラリネットの為のソナタ Op.7#
ピアノ,オーボエとファゴットの為の三重奏曲 Op.43
ホルン、トランペットとトロンボーンの為のソナタ Op.33
六重奏曲
[CD 2] 晩年の作品+
クラリネット・ソナタ Op.184
フルートと・ソナタ Op.164
オーボエ・ソナタ Op.185
ホルンとピアノの為の悲歌
パリOソロ奏者たち【ヴァンサン・リュカ(Fl)、アレクサンドル・ガテ(Ob)、フィリップ・ベロ(Cl)、オリヴィエ・デルベス(Cl)、マルク・トレネル(Fg)、アンドレ・カザレ(Hrn)、フレデリック・メラルディ(Tp)、ギヨーム・コテ=デュムーラン(Tb)】
クレール・デゼール(P)*
エマニュエル・ストロッセ(P)+

録音:2009年、サン=マルセル聖堂、パリ、フランス
INDE-116
トロンボーンと吹奏楽の為の音楽
フェレル・フェラン(1966-):TBON & JACQUES*
 Tricks & Jacques
 The love between Tbon and Jacques
 They chase each other
ジャン=ミシェル・ドゥファイ(1932-):Performance 4+
 Ambivalence#
ダニエル・ビンビ(1971-):@robase*
ジャック・モージェ(Tb)
ルクセンブルク軍楽隊*
ジャン=クロード・ブラウン(指)*
パリ金管アンサンブル+
ステファン・ラベリ(指)+
ドゥニ・ルルー(トロンボーン#)
12 vox A Cappelle(声楽アンサンブル#)

録音:2018年3月1-2日、ルクセンブルク音楽院、ルクセンブルク*
2017年3月28日、ギヨーム・テル・スタジオ、フランス+
1997年、スタジオ・シャンピオネ、フランス#
INDE-120
ウジェーヌ・ボザ(1905-1991):オラトリオ「鉱山の歌」 ディディエ・ケルカール(語り)
ゾエ・ゴセ(S)
サラ・ローラン(A)
セバスティアン・オブレシ(T)
ダニエル・オッテヴァール(Bs)
アトリエ・コラール・ドゥ・ヴァランシエンヌ(合唱)
コラール・デ・ミヌール・ポロネー・ドゥ・ドゥエ(合唱)
クール・デ・クラス・シャム・デュ・コレージュ・カルポー・ドゥ・ヴァランシエンヌ(合唱)
ヴァレンティアーナO
ニコラ・ブシェ(指)

録音:2018年4月11-13日、フェニックス劇場、ヴァランシエンヌ、フランス


このページのトップへ


このサイト内の湧々堂オリジナル・コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
これを複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます
万一、これと類似するものを他でお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです




Copyright (C) 2004 WAKUWAKUDO All Rights Reserved.