湧々堂HOME 新譜速報: 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック 廉価盤 シリーズもの マニア向け  
殿堂入り:交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック SALE!! レーベル・カタログ チャイ5



IBS IBERIA CLASSICAL
(スペイン)


2011年に設立されたスペインのレコード・レーベル。独奏曲、室内楽から大規模なオーケストラ作品、オペラまで注目アルバムを次々にリリース。とりわけ日本のアーティスト西澤安澄や、アルデオ四重奏団など若く才能のあるアーティストを大切にしています。


※品番結尾に特に表記のないものは、全て1CDです。
品番 内容 演奏者
IBS-6201(2CD)
バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番−第3番 BWV1007-1009 ホセ・アントニオ・サラサル(Vc)

使用楽器:未詳(ピリオド楽器)
ホセ・アントニオ・サラサルはスペインのグラナダに生まれ、ホセ・ラモン・セラノ、アルバロ・P・カンポスに師事したチェロ奏者。グラナダ市立O員、アルメリア市立Oソリストを歴任。2012年現在グラナダ・ビクトリア・エウヘニア音楽院教授。ジャケット・デザインは変更される可能性がございます。
IBS-11002(2CD)
ホセ・ファウス:作品全集Vol.1
1913年ー1984年
グラナダ・ウィンド・オーケストラ、
ガルシア・ロルカCho、ラウダCho

録音:2009年10月
アイ・ビー・エス・クラシカル(Ibs Classical)よりスパニッシュ・コンポーザー、ホセ・ファウスの作品全集新シリーズ始動!スペインのアルハンブラ宮殿や地中海などからインスピレーションをうけ作曲されたマーチ、賛歌、音楽の祭典など知れれざる作曲家の陽気で愉しい音楽を聴くことが出来ます。
IBS-12011
ヘンデル:天と地/オペラ&オラトリオ・アリア集
歌劇「ジュリオ・チェーザレ」HWV17〜序曲*
ブロッケス受難曲 HWV49〜アリア「Brich Brullen der Abgrund」
オラトリオ「時と悟りの勝利」HWV46a(1707)から アリア「Urne voi」
オラトリオ「復活」HWV47〜アリア「Cosi la tortorella」
オラトリオ「アレグザンダーの共演」HWV75〜レチタティーヴォとアリア
 「Give the Vengeance - The princess applaud with a furious joy」
歌劇「アルチーナ」HWV34〜組曲*
 序曲,ミュゼット,メヌエット,ガヴォット−サラバンド−ガヴォット,
 メヌエット II,ガヴォット II,タンブリーノ,不吉な夢のアントレ,アントレ
歌劇「アルチーナ」HWV34〜アリア「Un momento di contento」
歌劇「ロデリンダ」HWV19〜
 アリア「Io gia t'amai」,「Pastorello d'un povero armento」
オラトリオ「アチスとガラテア」HWV48〜アリア「Where shall I seek」
歌劇「タメルラーノ」HWV18〜アリア「Ciel e terra armi di sdegno」
ダビド・エルナンデス・アンフルンス(T)
ダリオ・モレノ(指)グラナダ・バロックO

録音:2011年7月11-14日、マヌエル・デ・ファリャ・コンサートホール、グラナダ、スペイン
2007年にチェンバロ奏者・指揮者のダリオ・モレノによりスペイン、アンダルシアの都市グラナダで創設されたピリオド楽器オーケストラ、グラナダ・バロックOのデビューCD。ダビド・エルナンデス・アンフルンスは1982年バルセロナに生まれ、カタルーニャ音楽学校、ジュネーヴ高等音楽学校(スイス)で学んだスペインのテノール。ディジパック仕様。
IBS-12013
ハワード・バス(1951-):スパニッシュ・メモワール
パッセージの祭典 [Rite of Passage] (マリンバの為の)
呪文 [Incantation] (B♭管トランペットと打楽器の為の)
スパニッシュ・メモワール(スペインの思い出) [Spanish Memoires] (トランペットと打楽器四重奏の為の)+
夜の潮流 [Night Tide] (トロンボーンとマリンバの為の)*
空気 [Atmosphere] (トランペットと打楽器の為の
チョン・ユジョン(打楽器)
ディエゴ・アリアス(Tp)
マヌエル・ケサダ・ベニテス(Tb)*
アントニオ・ホセ・エレナ・モリナ、ダニエル・ヘスス・マルティン・マルティン、
ホルヘ・カノ・ロドリゲス(打楽器+)

録音:2012年8月、グラナダ、スペイン
ハワード・バスは管楽器の為の作品で人気の高いアメリカ合衆国ペンシルヴァニア州出身の作曲家。チョン・ユジョンは台湾に生まれ、台北大学を卒業後フランスのリュエイユ=マルメゾン音楽院でガストン・シルヴェストルに師事した打楽器奏者。2005年以来2012年現在スペインを本拠に活躍しています。ディエゴ・アリアスはグラナダのビクトリア・エウヘニア音楽院を卒業後リュエイユ=マルメゾン音楽院でエリック・オービエに師事したスペインのトランペット奏者。ディジパック仕様。
IBS-22011
ファリャ、トゥリナ、ホセ、ロドリーゴ、バリオス:ギター作品集
マヌエル・デ・ファリャ:ドビュッシーの墓碑銘の為の讃歌
ホアキン・トゥリナ(1882-1949):セビリャナ
アントニオ・ホセ(1902-1936):ソナタ(1933)
ロドリーゴ:ヘネラリフェのほとり
アグスティン・バリオス(1885-1944):森に夢みる
ラザール・シェルアーナ(G)

録音:2011年5月7-9日、エル・バニュエロ、グラナダ、スペイン
2011年セビリャ国際ギター・コンクール優勝者であるフランスのギター奏者ラザール・シェルアーナ[Lazhar Cherouana](1988年ウィーン生まれ、カタカナ表記が適切でない可能性があります)が、アルハンブラ宮殿のふもとにあるアラブ浴場(蒸し風呂)の遺構で行った録音。スリップケース仕様。
IBS-22013
内なる印象〜ピアノの為の音楽
バッハ(リスト編):前奏曲とフーガ,イ短調 BWV543
モーツァルト:ロンド イ短調 K.511
シューベルト:ピアノ・ソナタ第4番 Op.164 D.527
モンポウ:内なる印象
グラナドス:嘆き,またはマハとナイチンゲール
アンブロシオ・バレロ(P)

録音:2013年10月7-9日、マヌエル・デ・ファリャ・コンサートホール、グラナダ、スペイン
アンブロシオ・バレロは1984年スペイン、グラナダの音楽一家に生まれたピアニスト。バレロは8歳でグラナダ音楽院に入学。2005年にマリサ・モンテイル国際ピアノ・コンクールで第2位に入賞したことをきっかけに助成を受けスペイン音楽を専門とする「ムジカ・デ・コンポストラ」においてホアキン・アチュカロ他の指導を受け、最終的にグラナダのビクトリア・エウヘニア音楽院でアントニオ・サンチェス・ルセナに師事し卒業しました。デビューCDとなる当盤ではスペインのピアニストらしいプログラムを聴かせてくれます。ディジパック仕様。
外装には誤った規格品番「IBS-42013」が表示されております。
IBS-32013
【高価格帯】
アルハンブラにて〜ピアノの為の音楽
アルベニス:組曲「アルハンブラ」〜ラ・ベガ
ドビュッシー:前奏曲集第2巻〜ヴィノの門/リンダラハ
ヘスス・トレス(1965-):パセオ・デ・ロス・トリステス
モンサルバジェ:ヘネラリフェでの即興曲
トゥリーナ:ジプシー舞曲集 Op.55〜ヘネラリフェ
 シルエット Op.70 〜ベラの塔
 スペイン物語 Op.20〜アルハンブラの道
アンヘル・バリオス(1882-1964):グラナダの夜明け
アルベニス:旅の思い出 Op.71〜アルハンブラにて
アントン・ガルシア・アブリル(1933-):アラヤネスのバラード
フアン・カルロス・ガルバヨ(P)

録音:2013年9月2-5日、マヌエル・デ・ファリャ・コンサートホール、グラナダ、スペイン
スペイン、グラナダのアルハンブラ宮殿にまつわる作品で構成されたアルバム。フアン・カルロス・ハルバヨは1969年スペインのグラナダ県モトリルに生まれ、グラナダ音楽院を卒業後助成金を得てアメリカ合衆国のラトガース大学およびニューヨーク州立大学ビンガムトン校で学んだピアニスト。ソロの他、1996年に結成したアルボス三重奏団のメンバーとして、また指揮者としても活躍しています。ハードカバー・ブック仕様(縦横157mm)です。
IBS-32014
サクソフォンとピアノのための音楽
フランセ:主題と変奏曲(原曲:クラリネットと管弦楽またはピアノのための;1974)
シューマン:3つの幻想小曲集 Op.73(原曲:クラリネットと管弦楽またはピアノのための)
バッハ:ソナタ.ホ長調 BWV1016(原曲:ヴァイオリンとチェンバロのための)
ヒンデミット:ソナタ.Op.11 No.4(原曲:ヴィオラとピアノのための;1919)
ドビュッシー:アラベスク第1番
ファリャ:7つのスペイン民謡(原曲:歌とピアノのための;1914)
アニマ・デュオ
[マリアノ・ガルシア(Sax),、アニアナ・ハイメ・ラトレ(P) ]
6人の作曲家の「音の彫刻」にサクソフォンで新たな彩色を施そうという趣旨のアルバム。マリアノ・ガルシアはマドリード王立音楽院で学んだサクソフォン奏者。
IBS-42012
ナルバエス、ポンセ、サインス・デ・ラ・マサ、ジラルディーノ:ギター作品集
ルイス・デ・ナルバエス(1500頃-1560頃):ファンタジア第4旋法/ファンタジア第8旋法/対位法のバス
ポンセ:スペインのフォリアによる変奏曲とフーガ
レヒノ・サインス・デ・ラ・マサ(1896-1981):サパテアド/パテネラ
アンジェロ・ジェラッルディーノ(1941-):ソナタ「グアダルキビル川」
サーニャ・プロール(G)

録音:2012年7月10-12日、マヌエル・デ・ファリャ・コンサートホール、グラナダ、スペイン
スロヴェニア生まれのギター奏者、サーニャ・プロール[Sanja Plohl](カタカナ表記が適切でない可能性があります)のデビューCD。スリップケース仕様。
IBS-42013
スペインのピアノ四重奏曲集
バウティスタ:四重奏のための協奏的ソナタ第2番 Op.15
トゥリーナ:ピアノ四重奏曲 イ短調 Op.67
レマーチャ:ピアノ四重奏曲
トリオ・アルボース、
ロシオ・ゴメス(Va)

録音:2013年1月26日−28日
2013年にスパニッシュ・ナショナル・プライズを獲得し、今注目を集める三重奏団、トリオ・アルボースのスペイン・プログラム。ジュリアン・バウティスタ(1901−1961)、ホアキン・トゥリーナ(1882−1949)、フェルナンド・レマーチャ(1898−1984)の知られざる室内楽作品を華麗なアンサンブルで。
IBS-52012
ルネサンス・ポリフォニーにおけるソロモンの雅歌
ティブルティオ・マッサイーノ(1550頃-1608頃):聴け、甘美なるわが恋人よ[Audi, dulcis amica mea](7声)
ジョヴァンニ・ピエルルイジ・ダ・パレストリーナ(1525/1526-1594):茨の中の百合のように[Sicut lilium inter spinas](5声)
ルートヴィヒ・ゼンフル(1486頃-1542/1543):あなたは完全に美しい[Tota pulchra es](5声)
トマス・トムキンズ(1572-1656):それはわが恋人の声[It is my well beloved's voice](6声)
メルヒオール・フランク(1579頃-1639):あなたは完全に美しい[Du bist aller Dinge schon](5声)
ジェン・レリティエ(1480頃-1551):私は色黒[Nigra sum](5声)
ロドリゴ・デ・セバリョス(1525/1530-1581):閉ざされた庭園[Hortus conclusus](4声)
ヤコプ・プレトリウス II(1586-1651):起き上がれ、すぐに[Surge propera](1607;5声)
起き上がれ、すぐに[Surge propera](1611;5声)
オルランドゥス・ラッスス(1532-1594):その口で接吻したまえ[Osculetur me osculo oris sui](8声)
ジョヴァンニ・ガブリエーリ(1554/1557頃):何と美しい[Quam pulchra es](8声)
ヌメン・アンサンブル
エクトル・E・マルケス(指)

録音:2012年7月20-22日、サン・ホセ教会、アルバイシン、グラナダ、スペイン
セビリャ、グラナダ、ムルシア等の合唱団から優秀なメンバーを選抜して2011年に創設された声楽アンサンブル、ヌメンのデビューCD。エクトル・E・マルケスはバーゼル(スイス)のスコラ・カントールムで学んだスペインの指揮者・作曲家。スリップケース仕様。
IBS-52013
ガルシア:無限の現在〜合唱作品集
マチャド:Canciones del Aito Duero、Siete Proverbios
ヒメネス:Senor, me cansa la vida、
 Lo que Vos querais, Senor、
 3つの抒情詩
E・M・ヴィヴァルディ:アマリージョ
ロルカ:6つのカプリース、
 Cien jinetes enlutados
カルバハル:Cada vez que una mano se me ofrece、Oda la musica
ヌーメン・アンサンブル
スイスの古楽総本山バーゼル・スコラ・カントルムで学んだヘクトール・E・マルケスが2011年に創設したスペインのヴォーカル・アンサンブル、ヌーメン・アンサンブルによるフアン=アルフォンソ・ガルシアの合唱作品集。アンダルシアの作家、アントニオ・マチャド、フェデリオ・ガルシア・ロルカ、E・M・ヴィヴァルディなど20世紀の現代作家の詩を、ヌーメン・アンサンブルの美しい歌声で。
IBS-52014
練習曲集
ヴィラ=ロボス:12の練習曲
ブローウェル:シンプルな練習曲、
 新しいシンプルな練習曲
ホアキン・クレルチ(G)
クラシカル・ギターのために書かれたヴィラ=ロボスとブローウェルの42曲の練習曲集。30ページにも渡るフィンガリングやポジションの写真付き解説はギタリスト必見。

IBS-GR-34
グラナダとハエンの闘牛/吹奏楽の為のパソドブレ集

[パソドブレの古典]
アントニオ・アルバレス(1867-1903):スペインのため息
フランシスコ・アロンソ(1887-1948):グラナダ万歳+
マヌエル・ペネリャ(1880-1939):山猫
アルフレド・マルトス(1878-1951):故郷の思い
エミリオ・セブリアン:チュルンベレリアス+

[グラナダのパソドブレ]
アドルフォ・モンテロ(1906-1980):グラナダの闘牛+
ルイス・メヒアス(1905-1976):ヒタニリョ・デ・カマス
ホセ・ファウス(1913-1984):闘牛士の王
アニセト・ヒネル(1951-):緋色にして巧みな+

[ハエンのパソドブレ]
アルフレド・マルトス:アンダルシア
エミリオ・セブリアン(1900-1943):ラゴン・ファレス
ホセ・サペナ(1908-1987):アントニオ・オルティス+
マヌエル&ホセ・ルイス・ビルチェス:サンタ・マルガリタ闘牛場
エンリケ・モヤ(1968-):アントニオ・ロブレス

[闘牛パソドブレ歌謡曲]
フランシスコ・イゲロ(1933-):パコ・ピカド*/ファンディ、ファンディラ*/新聞記者アンヘル・グエラ
マエストロ・エンリケ・ポンセの栄光*/ホルヘ・イベニェス*
ばらのために*
フランシス・コンデ(歌)
グラナダ市立吹奏楽団
ミゲル・サンチェス・ルサファ(指)

録音:2010年12月、キンタ・アレグレ宮、グラナダ、スペイン(+以外)
旧録音のリマスター音源+
IBS-GR-63
ヘルマン・アルバレス・ベイグベデル(1882-1968):室内楽作品集
ヴァイオリンとピアノの為の親密な小品集(6曲)*
チェロとピアノの為のロマンス+
ヴァイオリンとピアノの為のソナタ*
弦楽四重奏曲ト短調#
ガルナティ三重奏団
[パブロ・マルトス(Vn(*/#))
アルベルト・マルトス(Vc)+
アンヘル・ヘベガ(P(*/+))
ねりいし・あつこ(Vn)#
ヘルマン・クラビホ(Va)# ]

録音:2008年12月、グラナダ、スペイン
ヘルマン・アルバレス・ベイグベデルはスペイン、アンダルシアのヘレス・デ・ラ・フロンテラに生まれ、バルトロメ・ペレス・カサス(1873-1956)、マヌエル・マンリケ・デ・ララ(1863-1929)に師事した作曲家・指揮者。カディスやヘレス・デ・ラ・フロンテラにおいて吹奏楽団の創設や音楽教育に尽力しました。
外装に規格番号表示がございません。
IBS-GR-253
沈黙のサエタ
フランシスコ・デ・パウラ・ソリス:8つの沈黙のサエタ*
リカルド・ホセ・エスピガレス・カリリョ(1988-):ソレダド・デル・カルバリオ(行列行進曲)+
ミゲル・アンヘル・ゴンサレス・ガリェゴス(Ob)*
イグナシオ・ロペス・カレニョ(Cl)*
アウレリオ・ベルナベウ・イボラ(Fg)*
グラナダ市立吹奏楽団+
ミゲル・サンチェス・ルサファ(指)+

録音:2010年12月、キンタ・アレグレ宮、グラナダ、スペイン
サエタとはスペインのアンダルシア地方で聖週間に行われるキリスト像や聖母マリア像を載せた山車を担いだ行列行進に向かって歌われる民衆の歌のことです。
IBS-GR-1022
グラナダの聖週間 2010/プロセシオン(神輿行列)の為の行進曲集
ミゲル・サンチェス・ルサファ(1956-):エリシェバ/グラナダの聖週間
アンヘル・ロペス・カレニョ:グラナダ受難曲
フランシスコ・イゲロ(1933-):ロザリオの御母
フアン・アントニオ・バリオス・ホダル:苦しむ者を慰める人よ
マヌエル・マルティン・モリネロ(1977-):ロザリオ
ルイス・カルロス・マルティン・コンスエグラ(1956-):孤独
アルベルト・アロ:苦悩
E・ルケ・ベガ:サイディンの光
ホセ・マリア・グアダルペ:完全なる安息
グラナダ市立吹奏楽団
ミゲル・サンチェス・ルサファ(指)

録音:2010年1月、グラナダ、スペイン
IBS-GR-1718
アウロラ、戴冠せし女王 行列行進曲集
ホセ・メルチョル・ペレリョ:Llegada la Aurora
ヘスス・アロンソ:Coronada por tu Albaycin
エリク・ロケ・ベガ:El Albaycin te Corona
ビクトル・M・フェレル:En el cielo de tus ojos
マヌエル・ゴンサレス:Aurora del Albaycin Coronada
リカルド・J・キロス:Ahi viene Coronada
ビクトル・M・フェレル:Costaleros de la Aurora
ホセ・メルチョル・ペレリョ:Aurora Coronada
サン・イシドロ・デ・アルミリャ吹奏楽団
ホセ・メルチョル・ペレリョ(指)

録音:2011年4月、アルミリャ・コンサートホール、グラナダ、スペイン
スペイン、グラナダのアルバイシン地区で聖木曜日に行われるアウロラの聖母の行列行進の為の音楽。
IBS-2009(1CDR)
ペドロ・エステバン・アルパニェス(1851-1934):教会音楽作品集
聖母への祈り(*/+)/聖母の別れ+/聖なるマリアへの祝詞(*/+)
アヴェ・マリア*/御身、聖母に(ビリャンシコの詩節)(*/+)
聖母への祈り+/ディオス・テ・サルベ・マリア[アヴェ・マリア](*/+)
ディオス・テ・サルベ・マリア[アヴェ・マリア]+
奏でるメロディーとともに(ビリャンシコの詩節)(*/+/#)/アヴェ・マリア(*/#)
アレナ・シニオノフ(S)
アンニ・ラウニオ(Ms)
グラナダ市立吹奏楽団(#以外)
ミゲル・サンチェス・ルサファ(指(#以外))ラファエル・カマラ(P)

録音:2009年3月26日、ライヴ、聖フアン・デ・ディオス教会、グラナダ、スペイン(#以外)
2009年6月10日、セルバンテス劇場、サクス、アリカンテ県、スペイン#
ペドロ・エステバン・アルパニェスはスペインのサクス(バレンシア方言ではサイシュ)に生まれた作曲家・指揮者。1875年から1914年までサクス吹奏楽団の指揮者を務めましたが、作品の多くは教会音楽でした。
本体、外装ともに規格番号表示がございませんが、弊社では便宜上「IBS-2009」として管理いたします。CD-R盤、紙部分が簡易印刷されたものであるにもかかわらずプルプライスです。
IBS-GR-2943(2CD)
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調 Op.18*
リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」Op.35
パブロ・セグラ・トレス(P)
グラナダRCSMO[グラナダ・ビクトリア・エウヘニア王立高等音楽院SO]
ホセ・デ・エウセビオ(指)

録音:ライヴ、2011年5月14日、第23回ウベダ国際音楽祭、スペイン
IBS-GR-3599
グラナダのパソドブレと歌謡曲集
ホセ・マリア・グアダルペ:完璧
マヌエル・マルティン・モリネロ(1977-):キリスト聖体祭(パサ・ラ・バンダ)
 ホセ・マリア・グアダルペ&セバスティアン・ペレス/
アンヘル・ロペス・カレニョ:グラナダの青空市場
ルイス・メヒアス(1905-1976):サクロモンテの噂
ホセ・ファウス(1813-1984):グラナダの風景−南から北へ(スペインの版画 第8番)
ルイス・カステリョ・リソ(1967-)&ルイス・カルロス・マルティン・コンスエグラ(1956-):銀細工屋(ペニャ・フラメンカ)
フランシスコ・イゲロ(1933-):ファンディ、ファンディラ
フランシスコ・ラストラ(1932-2006):それが私のグラナダ#
マエストロ・リト:グラナダ、エルビラ通り#
フランシスコ・イゲロ:グラナダの女#
アニセト・ヒネル(1951-):パライソ・デ・ラ・ベガ#
グラナダ民謡:ラ・レハ(*/+/#)/ラ・タニ+/アルムニェカルのファンダンゴ*
 ルイス・メヒアス:カンペオン[チャンピオン]**
マカレナ(歌*)
ベロニカ・カルモナ(歌+)
フランシスコ・コンデ(歌#)
リリコCho**、グラナダ市立吹奏楽団
ミゲル・サンチェス・ルサファ(指)

録音:2009年11月、グラナダ、スペイン
IBS-GR-4207(2CD)
クリスマス・コンサート 2009 & 第4回ルセナ市教会音楽祭

[クリスマス・コンサート 2009]*
シベリウス:アンダンテ・フェスティヴォ
ヘンデル:「メサイア」 抜粋(9曲)#
ビクトル・ナヘラ:ぼくらのクリスマス#

[第4回ルセナ市教会音楽祭]+
ヴィヴァルディ:ソナタ「聖墓にて」RV130/シンフォニア「聖墓にて」RV169
マルチェッロ:オーボエと弦楽の為の協奏曲ニ短調++
モーツァルト:レクイエム K.626 から(**/#)
 Introitus / Kyrie / Diea irae / Rex tremendae /  Confutatis / Lacrimosa / Hostias / Lux aeternam
ナタリア・ポリシュチュクs**
マリア・フェルナンデス・ブエノ(Ob)++
サンタ・マリア・デ・ビクトリアcho#
ルセンティナcho#
ルセナ・マエストロ・チカノ・ムニョス専門音楽院O
ビクトル・ナヘラ(指)

録音:2009年12月11日、ライヴ、神の御母教会、ルセナ、スペイン*
2010年3月12日、聖ドミンゴ・デ・グスマン教会、ルセナ、スペイン+

IBS-112018
NX-B07
バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV998
(フランソワ・メイムンによる弦楽四重奏編)
アルデオ四重奏団
[梁 美沙(Vn)
キャロル・プティドゥマンジュ(Vn)
原 裕子(Va)
ジョエル・マルティネス(Vc)]

録音:2017年8月27-30日
スペイン モナチル,アグスティノス教会
■Quatuor Ardeo
「アルデオ」(ラテン語で私は燃える、の意)を名前に冠したSQ。2001年にパリ国立高等音楽院で結成されたアンサンブル。大阪生まれで、フラ ンスと日本を拠点に活躍するヴァイオリニスト梁美沙、日本人ヴィオラ奏者、原裕子を含む4人の女性メンバーは、文字通り燃えるように激しい情熱で音楽に 取り組み、成功を収めています。 このアルバムで彼女たちが演奏しているのは、バッハの名作「ゴルトベルク変奏曲」の弦楽四重奏版。編曲を行ったのはメンバーたちが10年程前に出会い、 作品を演奏してきたという作曲家フランソワ・メイムンで、彼は長い間「ゴルトベルク変奏曲」を弦楽四重奏曲に編曲したいと考えていたといいます。メンバーた ちは編曲のプロセスをつぶさに見ることで「メイムン版ゴルトベルク」を深く理解し、ここに共感溢れる見事な演奏が生まれました。
【アルデオ四重奏団より】
「今から十年程前、作曲家のフランソワ・メイムンに出会い、彼の弦楽四重奏作品を何曲かと、彼がアレンジしたバッハのトッカータ BWV913を演奏しまし た。彼から、いつかゴルドベルク変奏曲を編曲したいと思っていると聞いたその瞬間から、その経緯を間近に見ることとなり、彼のこの作品への情熱、音楽的理 解への並々ならぬ探究に心を打たれたものです。2015年、パリのブッフ・ド・ノール劇場で初演し、それ以来演奏の度に、この鍵盤楽器の名作を弦楽器奏 者として体験する歓びを味わってきました。弦楽四重奏というジャンルが確立される前の時代、バロック音楽の金字塔と言える作品だからこそ、声部間の調 和、もしくは立体感、モチーフの繊細なアーティキュレーション、また、フレーズと各ヴァリエーション、更に全体を俯瞰した構築感など・・・SQとしての 力量が試され、多くのことを学ぶ作品でもあります。この度、私たちの長年の念願が叶い、この新しく編み出されたゴルドベルク変奏曲を録音し、さらには日本 でも発表できる機会に恵まれ、感激しています。ただただ美しいアリアと、その三十の変奏曲に沿った素晴らしい音楽の旅路を、この録音によって多くの方に 発見・再発見していただけたら、と願ってやみません。」





このページのトップへ


このサイト内の湧々堂オリジナル・コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
これを複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます
万一、これと類似するものを他でお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです




Copyright (C)2004 WAKUWAKUDO All Rights Reserved.