湧々堂HOME 新譜速報: 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック 廉価盤 シリーズもの マニア向け  
殿堂入り:交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック SALE!! レーベル・カタログ チャイ5



la musica
(フランス)




※表示価格は、全て税込み。品番結尾に特に表記のないものは、全て1CDです。
品番 内容 演奏者
LMU-001
インディオのミサ(土着のミサ)
アリエル・ラミレス:メサ・クリオージャ〔キリエ、グローリア、クレド、サンクトゥス、アニュス・デイ〕
Tonada El Chimo(マルティネス・コンパニョン写本c.1782-1785)
ある愛に(En Aquel Amor)(‘青い目’ に基づく)
ルイス・リゴー:コンドルのフーガ
あなたは死んでいる(スオラ写本)
トナーダ・エル・ディアマンテ(マルティネス・コンパニョン写本c.1782-1785)
Hanacpachap(南米の音楽)
別れの歌(マルティネス・コンパニョン写本c.1782-1785)
Bico Payaco Borechu(南米の音楽)
エドゥアルド・エグエス:銀の糸のように(器楽)
Intiu Khana
エドゥアルド・エグエス:静寂についての歌(器楽)
エドゥアルド・エグエス:アレルヤ
ルイス・リグー(歌、笛) 
バルバラ・クサ(歌)
パンプローナ室内Cho(合唱指揮:ダヴィド・ガルベス・ピンタード)
ラ・キメーラ、エドゥアルド・エグエス
エグエス率いるラ・キメーラの最新盤は、「土着のミサ」と題したアルバム。古の写本からのミサとエグエスら現代の音楽家による創作を盛り込んだ内 容です。南米の空気感たっぷりの世界を、伝統の笛と古楽アンサンブルによる演奏で味わうことができます。 (Ki)
LMU-002
ラモー:新クラヴサン組曲集 第3巻より
第4組曲 イ短調〔アルマンド- クーラント- サラバンド- 3つの手- ファンファリネット- 意気揚々- ガヴォットとドゥーブル〕
第5組曲 ト長調〔トリコテ(ロンドー)- 無頓着- メヌエットT&U- 雌鶏- 3連音- 未開人- エンハーモニック(優雅に)- エジプトの女〕
アレクサンドル・パレイ(P)

録音:2014年5月12-14日/パリ、ボン=セクール寺院
アレクサンドル・パレイはモルダヴィア出身のピアニスト。6歳でピアノを始め、13歳でリサイタル・デビュー、16歳でモルダヴィア音楽コンクールで 優勝します。モスクワ音楽院でベラ・ダヴィドヴィチとヴェラ・ゴルノスタエヴァに師事。ライプツィヒ国際バッハコンクールで第1位、フランスのヴィクト ワール・ドゥ・ラ・ミュジークなどで優勝するなど、輝かしい成績を残しています。世界中のコンサートホールで演奏。チョン・ミョンフンやイヴァン・フィッ シャーらと数多く共演、また、ロストロポーヴィチらともよく演奏をしていました。現在はニューヨークとパリに拠点を構え、幅広いレパートリーとテクニッ クで世界の聴衆を魅了しています。 (Ki)
LMU-003
ラモー:クラヴサン組曲集 第2巻より
第2組曲〔アルマンド- クーラント- ロンドー形式のジーグ- ロンドー形式の第2のジー
グ- 鳥のさえずり- 第1リゴードン- 第2リゴードン- ロンドー形式のミュゼット- タンブラン- 村娘(ロンドー)〕
第3組曲〔やさしい訴え(ロンドー)- ソローニュのひなどり- 第1ドゥーブル- 第2ドゥーブル- ため息- 歓喜- いたずら好き- ミューズたちの対話- つむじ風邪- 一つ目の巨人- あざけり- 足の不自由な女〕
アレクサンドル・パレイ(P)

録音:2014年5月12-14日/パリ、ボン=セクール寺院
レクサンドル・パレイによるラモー。シンプルな旋律のすみずみまで慈しむように演奏しています。 (Ki)
LMU-006
ああむごい運命よ〜スペイン音楽の黄金期
1. Vaya de fiesta (Juan Manuel de la Puente)
2. Si me llaman a mi (Juan Vazquez)
3. Marizapalos (Santiago de Murcia)
4. Paseabase el rey moro (Luis de Narvaez)
5. Que alegre se viste el ayre (Anonyme)
6. Fantasia del primero tono (Luis de Narvaez)
7. Gritos daba la morenica (Esteban Daca)
8. Ay fortuna cruel (Esteban Daca)
9. Romanesca ? Guardame las vacas (Alonso Mudarra)
10. Zagales los que me oyen (Anonyme)
11. Isabel, perdiste la tua faxa (Alonso Mudarra)
12. Fantasia del octavo tono (Luis Milan)
13. Romerico tu que vienes (Juan del Encina)
14. Claros y frescos rios (Alonso Mudarra)
15. Sospiro una senora (Luis Milan)
16. ?Para que son las iras? (Jose Martinez de Arce
17. Fantasia de pasos largos (Esteban Daca)
18. Toda mi vida hos ame (Luis Milan)
19. Luceros volad corred (Tomas de Torrejon y Velasc
バルバラ・クサ(S)
エドゥアルド・エグエス(ギター、ビウエラ)

録音:2016年6月29,30&7月1日/パリ、サン=ピエール寺院
アルゼンチンのブエノス・アイレス生まれのエグエスと、サン・ルイス生まれのバルバラ・クサによる、スペイン歌曲集。スペイン音楽黄金期と題し、 16−18世紀の歌曲を集めました。エグエスのソロも収録されており、古の響きに思いを馳せる愉悦の1枚です。 (Ki)
LMU-007
チャイコフスキー:ドゥムカOp.59
 ロマンスOp.5
ムソルグスキー:展覧会の絵
ラフマニノフ:エレジーOp.3の1
 ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調Op.36
イリヤ・ラシュコフスキー(P)

録音:2015年8、9月/スウェーデン放送スタジオ2
1984年生まれ、2012年第8回浜松国際ピアノ・コンクール優勝のイリヤ・ラシュコフスキー。これまでショパンのアルバムなどがありましたが、待 望のロシア・ピアノ作品集が登場です。メインはムソルグスキーの「展覧会の絵」。師クライネフゆずりか、ブロンドの貴公子風容姿からは想像できない 骨太で強靭な演奏に驚かされます。同じく難曲であるラフマニノフのピアノ・ソナタ第2番もボルテージの高い爆演。またチャイコフスキーの「ロマンス」 やラフマニノフの「エレジー」という両作曲家若き日の叙情も、独特の濃さでたっぷり歌いあげます。近年珍しいロシア・ピアニズム満開のアルバムと申 せましょう。 (Ki)
LMU-008
シューベルト:ピアノ・ソナタ集
第23 (21)番変ロ長調D.960
第16 (14)番イ短調D.784
ドニ・パスカル(P)

録音:2016年7月4- 6日/ボン・セクール教会(パリ)
1961年生まれのフランスのベテラン・ピアニスト、ドニ・パスカル。これまでリストやショパン、さらにはジェラール・プーレと共演したショーソンのディ スクがありましたが、今回満を持してシューベルトに挑戦。パスカルはピエール・サンカン、ジャック・ルヴィエ、レオン・フライシャー門下で、2010年 からはリヨン音楽院、2011年からはパリ音楽院で教鞭をとっています。清潔かつエスプリあふれる演奏で、フランス・ピアニズムを堪能させてくれます。 (Ki)
LMU-009
ウィーン=パリ=ハリウッド
1. Serait-ce un reve ?(W.R.ハイマン)
2. Love for love(コルンゴルド)
3. I'm a stranger here myself(クルト・ヴァイル)
4. Sophie(グランツベルク)
5. Music in the night & Two hearts in 3/4 time(コルンゴルト)
6. Qui j'aime ?(ホレンダー)
7. Ohne dich(器楽曲/コルンゴルト)
8. Tomorrow (when you are gone)(コルンゴルト)
9. Gone with the wind(マックス・シュタイナー)
10. As time goes by(エルマン・ユプフェル)
11. Old spanish song(コルンゴルト)
12. Youkali(クルト・ヴァイル)
13. Quinquaginta Foxtrott(コルンゴルト(器楽曲))
14. Jenny la chance(グランツベルク)
15. Speak low(クルト・ヴァイル)
16. Ich bin von Kopf bis Fuss(ホレンダー)
17. Irgendwo aud der Welt & Sweet melody of night(ハイマン)
18. Leyg Dayn Kop(ライプ・レヴィン)
イザベル・ジョルジュ(S)
ジェフ・コ ー エン(P)

録音:2016年12月、マランボ・スタジオ、ボワ=コロンブ(フランス)
イザベル・ジョルジュはパリ(フランス)のミュージカル・スター歌手。ミュージカル「壁抜け男」や「雨に唄えば」などで主要な役を演じている他、自ら脚本・ 作曲をし、ジュディー・ガーランドに捧げる「星と私」を上演するなど、マルチな才能でフランス全土を魅了しています。この盤では、フランスやハリウッ ドに亡命したユダヤの作曲家達の作品を集めています。歌詞の明瞭な発語はさすが、そして芝居っけたっぷりな歌唱はまるでミュージカル劇場の客席に座っ ているような気分を味わえます。ジェフ・コーエンのピアノもそれぞれの曲の世界を盛り上げます。 (Ki)
LMU-010
ショパン:ワルツ集
華麗なる大円舞曲 変ロ長調 op.18/3つのワルツ op.34/変イ長調op.42/3つのワルツ op.64/2つのワルツ 遺作 op.69/3つのワルツ 遺作 op.70/ワルツ 嬰ヘ短調/変ロ長調 遺作 KKIVa/13/変ホ長調 遺作 KKIVa/14/変ホ長調遺作KKIVb/10/ホ長調 遺作KKIVa/12/イ短調 遺作KKIVb/11/ホ短調 遺作KKIVa/15
エマニュエル・シュヴィエルツ=ラムーア(P)

録音:2017年4月15-17日
エマニュエル・シュヴィエルツ=ラムーアは、9歳でピアノをはじめ、2年後にはコンサート・デビュー。16歳でコンセルヴァトワールに進み、ミシェル・ ベロフ、ドゥニ・パスカル、レオン・フライシャー、ペライア、クルタークらに師事、マリア・カナルスコンクールなどで入賞するなど、活躍が期待されて いるピアニストです。フランスの ‘ピアニスト’ 誌の好きなピアニストにも選ばれています。 (Ki)


このページのトップへ


このサイト内の湧々堂オリジナル・コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
これを複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます
万一、これと類似するものを他でお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです




Copyright (C)2004 WAKUWAKUDO All Rights Reserved.