湧々堂HOME 新譜速報: 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック 廉価盤 シリーズもの マニア向け  
殿堂入り:交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック SALE!! レーベル・カタログ チャイ5



philharmonia・rec
(ドイツ)


ドイツの映像系レーベルACCENTUS MUSICが取り扱っている、スイスの名門歌劇場チューリッヒ歌劇場の独自レーベル。チューリッヒ歌劇場は、世界の名だたるオペラハウスをおさえて、2014年最優秀オペラハウスに選ばれるなど、今最も世界中から注目されている歌劇場です。


※表示価格は、全て税込み。品番結尾に特に表記のないものは、全て1CDです。
品番 内容 演奏者
PHR-0101
ベルリオーズ:幻想交響曲 ファビオ・ルイージ(指)
チューリッヒ歌劇場O

録音:2013 年 9 月チューリッヒ歌劇場
ACCENTUS MUSICが、スイスの名門歌劇場チューリッヒ歌劇場の独自レーベルphilharmonia・recの取り扱いを開始いたしました。CD第1弾は 2012/2013シーズンより音楽総監督に就任したファビオ・ルイージ指揮によるベルリオーズの幻想交響曲。ここ数年メトロポリタ ン歌劇場、チューリッヒ歌劇場と、オペラに巧みな手腕を発揮してきたルイージならではの力量が十分に感じられ、スリリングで求心力にあふれる音 楽が展開されていきます。チューリッヒ歌劇場管弦楽団の「音」も非常に魅力的で、色彩的なオーケストレーションを、瑞々しい音色で最大限に引き出 しています。 (Ki)
PHR-0102(2CD)
ワーグナー:前奏曲と間奏曲集
「パルジファル」前奏曲
神々の黄昏:夜明けとジークフリートのラインへの旅
「神々の黄昏」〜ジークフリートの葬送行進曲
「ワルキューレ」〜ワルキューレの騎行
「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲
「トリスタンとイゾルデ」〜前奏曲と愛の死
「ローエングリン」前奏曲
「タンホイザー」序曲/「リエンツィ」序曲
「恋愛禁制」序曲/「妖精」序曲
ファビオ・ルイージ(指)
フィルハーモニア・チューリッヒ(チューリッヒ歌劇場管)

録音:2014 年秋、チューリッヒ歌劇場(セッション/デジタル)
フィルハーモニア・チューリッヒ(チューリッヒ歌劇場管弦楽団)の話題の新レーベル、フィルハーモニア・レコード(philharmonia-rec)の第2弾 は、ルイージによるワーグナーの管弦楽曲集。チューリッヒ歌劇場とワーグナーは密接な関係があります。チューリッヒ歌劇場の前身アクツィエン劇場は、 当時ドイツを離れスイスに亡命していたワーグナーの活躍の場でもありました。その劇場が火災で焼失したのちに1891年に現在のチューリッヒ歌劇場が 建設。またフルトヴェングラーもそのキャリアをここでスタートさせ、バイロイト以外でワーグナーの「パルジファル」を初めて上演するなどの歴史が刻ま れている劇場です。
本アルバムは、スタジオでじっくりとセッション録音されただけに、ルイージの的確で情熱的な指揮が見事功を奏し、ライヴのような熱気を維持しつつ、 音楽性がより練られた内容となっています。選曲はルイージ自身が練りに練って行っており、チューリッヒ歌劇場と縁の深い「パルジファル」の前奏曲を冒 頭に収録。「神々の黄昏」「ワルキューレ」「トリスタンとイゾルデ」など傑作群が続き、最後には、ベルリオーズからの影響が感じられるワーグナー初期 の作品である、最初のオペラ「妖精」と第2作目のオペラ「恋愛禁制」の序曲が収録されています。ルイージは、神話性さらに音楽で官能性を極めたワー グナーの作品を、独特のうねり、芳醇な響きをオケから上手く引き出し、オペラ指揮者としての構築力を見せつけています。 (Ki)

PHR-0203(DVD)
ヴェルディ:歌劇「リゴレット」 マントヴァ公爵:サイミール・ピルグ
リゴレット:ジョージ・ぺターン
ジルダ:アレクサンドラ・クルザク
スパラフチーレ:アンドレア・マストローニ
マッダレーナ:ジュディス・シュミット
ジョヴァンナ:ジュリア・ライリー 、他
ファビオ・ルイージ(指)
チューリッヒ歌劇場O&cho
演出:タチヤナ・ギュルバカ
舞台、照明:クラウス・グリューンベルク
衣装:ジルケ・ウィレット
収録:2014年6月チューリッヒ歌劇場(ライヴ)

画面:NTSC 16:9
音声:PCMステレオ、
DD5.1、DTS5.1
リージョン:All
本編:124’ 39
ボーナス:15’ 07
字幕:独、英、仏
映像第1弾は、ルイージが得意とするヴェルディ作品から「リゴレット」。演出は 2013 年オペルン・ヴェルト誌で年間優秀演出家に選ばれたドイツ のマインツ歌劇場のタチヤナ・ギュルバカが担当。舞台にあるのは、白いシーツがかけられた長机とパイプ椅子。非常にシンプルな舞台演出で、ストー リーと音楽はより明確になります。
「リゴレット」の名演と言われるものには、その時代を代表するバリトン歌手が名を連ねていますが、ここではルーマニア出身のバリトン歌手ジョージ・ ぺターン。2000年にローマ歌劇場で「ラ・ボエーム」でオペラ・デビュー、2001年にはウィーン国立歌劇場で「セビリアの理髪師」のタイトルロールを歌っ てデビューし、好評を博しました。ここでも、ドラマティックな父親像を見事に歌い上げています。また売れっ子のテノール、サイミール・ピルグ。ポー ランド出身の美しきソプラノ、アレクサンドラ・クルザクなど申し分ないキャスティングです。ルイージの指揮もメリハリの効いた演奏と、オーケストラ の熱狂ぶりが舞台を盛り上げています。 (Ki)


このページのトップへ


このサイト内の湧々堂オリジナル・コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
これを複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます
万一、これと類似するものを他でお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです




Copyright (C)2004 WAKUWAKUDO All Rights Reserved.