新譜速報: 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 オペラ バロック 廉価盤 シリーズもの マニア向け  特価品!!
殿堂入り: 交響曲  管弦楽  協奏曲  器楽曲  室内楽  声楽曲  オペラ  バロック レーベル・カタログ チャイ5



チャイコフスキー:交響曲第5番〜全レビュー
TCHAIKOVSKY:Symphony No.5 in e minor Op.64
大植英次(指揮)
Eiji Oue



掲載しているCDジャケットとそのCD番号は、現行流通盤と異なる場合があります。あらかじめご了承下さい。



チャイコフスキー:交響曲第5番

大植英次
ミネソタ管弦楽団
第2楽章ホルン・ソロ:
Minnesota Orchestra
VOLUME-12
録音:1997年11月28日 ミネアポリス,オーケストラ・ホール(ステレオ・ライヴ)
演奏時間: 第1楽章 14:55 / 第2楽章 12:40 / 第3楽章 5:42 / 第4楽章 11:57
カップリング/グリーグ:「ペール・ギュント」抜粋 [オスモ・ヴァンスカ(指)ミネソタO]
"大植英次の音楽性とミネソタOとの関係性を知るための録音"
 大植英次は1995年から2002年までミネソタ管弦楽団の首席指揮者を歴任。Referenceに録音もあるものの管弦楽小品ばかりだったので、この本格的な交響曲録音(ミネソタ管の過去の演奏を集めた12枚組CDボックス)は、大植の指揮センスを知るうえで重要な意味を持ちます。しかしその演奏内容には、称賛すべき点がほとんどありません。アメリカ特有とも言えるマイルドなサウンド志向が足を引っぱってしまった感もありますが、何よりも大植のビジョン不足が最大の要因。昨今はお客を呼べるだけではなく、「一緒に楽しく仕事ができる人」が主席指揮者に選抜される例が増えていますが、このコンビもただそれだけで誕生したのでは?と勘ぐりたくなります。リズム感もニュアンスの焦点もどこか不安定で、終楽章コーダでテンポの切り替えにメリハリ感がないことなどを考えると、大植の指揮技術そのものにも疑問符が付きます。
 第1楽章は第2主題に入るまで全て鈍重で、それがロシア的な重厚さや暗さを目指しているならまだしも、中身が空虚なのですから困ったものです。結局第1楽章が終わっても、この作品でどんな世界を現出させようとしているのか全く見えず、一方で、中途半端なポルタメントを挿入したりと、これまた一貫性を欠くニュアンスが顔を出すのですから戸惑うばかりです。
普通に音楽を楽しんで演奏すればそれなりに聴き手にもそれが伝わる第3楽章でさえ、どこか迷いがあるので、表面的に小気味よいだけで、華など求めようがありません。終楽章の主部の入り方は露骨なムラヴィンスキーの真似で、偉大すぎる巨匠との説得力の開きを露呈。
 明確なビジョンを持たぬまま演奏に臨み、一般受けする解釈でやり過ごしたとしか思えません。以下のコメントでも「不足」とか「欠落」という単語を何度も使う羽目に陥り、辛いひとときでした。【湧々堂】
第1楽章のツボ
ツボ1 クラリネットは素直なフレージングを続ける中、弦は途中で超弱音を交えて交響曲ニュアンスを注入。両者の一体感が希薄。
ツボ2 テンポは中庸。ユニゾンのバランスは極めて良好。
ツボ3 スラーならではのしなやかさが感じられない。
ツボ4 丁寧に奏でてはいるが、どこか「ときめき」が足りない。と
ツボ5 インテンポのまま滑りこむが、ここでは心の底からのニュアンスが溢れ出ている。
ツボ6 強弱の幅を抑えて、上品に歌わせることに終始。
ツボ7 場面転換にふさわしいメリハリ感に欠ける。
ツボ8 直前でテンポを落とさずそのまま滑りこむのが珍しいが、強固な集中力に欠けるので、どこかぎこちなく響く。ただ、この副次主題自体は引き締まった表情が冴えている。この主題には特別な愛着を感じているのか、再現部では更に濃い表情付けを行っているが、それはややとう唐突感がつきまとう。
ツボ9 16分音符は聞き取れる。表情は鈍重なままで、クライマックスとしての緊張感の増幅がまるで感じられない。
第2楽章のツボ
ツボ10 導入の弦は、コントラバスが強すぎる。冒頭の3音で既にセンス・ゼロ!自己顕示欲丸出しのリズムの崩し、デリカシーに欠ける音色が感興を削ぐ。
ツボ11 心のこもったフレージングだが、注視しなければ気づかない程度のポルタメントを盛り込む意図は理解不能。フォルティシシモは高揚感不足。
ツボ12 テンポの変化は殆どなし。クラリネットもファゴットも技巧的に完璧だが、どこかあっけらかんとしている。
ツボ13 直前でティンパニのロールが早く収束してしまう。ピチカートは、表情皆無。
ツボ14 強弱にはドラマがなく、フレージングにどういう思いを込めたいのか全く見えてこない。
ツボ15 ムード音楽。
第3楽章のツボ
ツボ16 ほとんどインテンポのままだが極めて自然な理想形。
ツボ17 小気味良さは出ているが、ワクワクさせる何かが欠けている。
ツボ18 1回目が特に素晴らしい。
第4楽章のツボ
ツボ19 テンポは中庸。ここも表情不足。
ツボ20 ホルンは基本的に裏方だが、後半に次第に浮上してくるのが意味不明。
ツボ21 ティンパニは。冒頭クレッシェンドを無視し、弦の冒頭も弱音で開始。テンポも高速で、極めて分かりやすいムラヴィンスキー・スタイルの踏襲。皮肉にも、ここまでの演奏でこの箇所が最も音楽的な凝縮度が高い。しかし、真に自発的な表現ではないので、完全には表情が炸裂しない。
ツボ22 完全に無視。
ツボ23 音像がかなり明快。
ツボ24 わずかテンポを落とす。
ツボ25 鈍い響き。
ツボ26 インテンポのまま。
ツボ27 直前でテンポを落としておいて、ここかtら加速。
ツボ28 8分音符の音価はやや長め。
ツボ29 直前で最高に高揚しきった後に、ここからふやけたような音楽を垂れ流す演奏が少なくない。この演奏もまさにそれ。モデラートを意識しているなら、それが際立たなければならないはず。
ツボ30 弦は一貫してレガート。トランペットはレガートだったり切ったりと曖昧。こんなにトランペットが虚弱体質なのも珍しい。
ツボ31 改変型。
ツボ32 いかにもドイツ風の深遠な響き。トランペットのバリバリの響きが強烈!
ツボ33 インテンポだがどこか不安定なのは、決然とした意志力に欠けている証し。最後の3音の前に全休止を挿入するのも、音楽的とは言えない。


このページのトップへ


このサイト内の湧々堂オリジナル・コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
これを複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます
万一、これと類似するものを他でお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです




Copyright (C)2004 WAKUWAKUDO All Rights Reserved.














チャイコフスキー:交響曲第5番
レオポルド・ルートヴィヒ(指)ハンブルク国立フィルハーモニー管弦楽団
第2楽章ホルン・ソロ:
コロムビア
COCQ-84442

録音:1960年3月28-30日 ハンブルク・クルトゥアラウム(ステレオ)
演奏時間: 第1楽章 14:15 / 第2楽章 12:13 / 第3楽章 5:50 / 第4楽章 11:46
カップリング:イタリア奇想曲/トーマス・シャーマン(指)
“S・イッセルシュテット以上にドイツの意地を誇示した、マニア向け名演!」”
ルートヴィヒには、バイエルン放送響との気が遠くなるほど低速テンポを貫いた「スラブ行進曲」とうい珍演がEMIに遺されており、ドイツ的なゴツゴツ感が更に強調されてチャイコフスキーのチの字も感じさせないニュアンスには唖然としましたが、ここでは、そこまで常識破りな手法は用いてはません。しかし、徹底的にドイツ流儀にこだわり、女々しいイニュアンスを一切排したアプローチの徹底ぶりは、カイルベルトの薫陶も受けたハンブルクのオケの雄渾な響きと相まって、独自の緊張感に満ちた演奏を展開しています。カラヤンやアバドのように誰にでもお勧めできるというわけには行きませんが、古き佳きドイツの響きと、精神から律して高揚させる、この独特の響きと厳格な造形力にはまった人は抜け出すこととは困難でしょう。とにかく全パートが決死の形相で弾ききっている様子が目に浮かぶほど最後まで音楽が熱く、弦の中低域をを主体として響きを構築することが多い従来のドイツ流儀の中でも、ルートヴィヒは更に管楽器をかなり露骨に強調しているのが特徴的。マイク設定の関係だけではないことは、演奏を聴けば納得していただけるはずです。その管は弦の動きを妨害することなく絶妙にバランスをとり、なおかつ火の中で演奏しているような決死の緊張感が聴き手の腹にずっしりと響くのですからたまりません!場面が変化するたびにテンポを変えるなど野暮、と言わんばかりにまっしぐらの進行を基本としていますが、共感に欠けるどころか、そのテンポの背後に「黙って俺について来い」的な凄みと求心力があるので、「はいわかりました」と聴き手を捻じ伏せてしまう強さがあるのです。
まず第1楽章の展開部。表面的な美感は二の次で、これほど全員がしのぎを削って演奏している演奏を聴いてしまうと、他の演奏は生ぬるく感じてしまうかもしれません。
第2楽章の67小節以降も音が芯から熱しており、美しい旋律を美しく奏でることだけが演奏者の使命でないことを痛感させます。142小節以降の盛り上げ方は、史上屈指の感動の瞬間!これだけでも十分に推薦に値します。
第3楽章は、リズムが下にズシンと下がるドイツ流儀で、流麗なワルツの雰囲気はどこにもありません。しかし、中間部のもう後がないような神経勝負を目の当たりにして、誰が笑えましょうか!
終楽章は音量をケチらずに、ワーグナー的な音の奔流に身を委ねてください。金管の咆哮には血がしたたり、「運命動機」の斉奏など、いにしえのドイツ軍楽隊のあの響きを愛する方はたまらないでしょう。
第1楽章のツボ
ツボ1 1音ごとの音価をたっぷりと保った超低速の滑り出し。かなりオンマイクで捉えられたクラリネットの響きは巧みはなく、素朴そのものだが、明確な意思は宿っている。弦はゴリゴリ唸るまさに度ドイツ流。
ツボ2 テンポは中庸。ここでも響きは渋い
ツボ3 何とスラーは外している!そのため無骨さがさらに助長されている。
ツボ4 減衰しきった最後の音まで意思が宿り。まるでベートーヴェンのよう。甘美なロマン姓からは遠い。
ツボ5 インテンポのままなだれ込む。最初のフォルツァンドはやや曖昧だが、フレーズの膨らませ方が確信に満ち、音色にも張りがあり、真剣に作品に対峙していることが明確に伝わってくる。
ツボ6 微妙にテンポを落とす程度。あくまでも造型の厳しさを保持することを優先。
ツボ7 弦の質感が伝わる素晴しいピチカート。テンポは前と変わらず。
ツボ8 ここまで甘美な旋律に酔うことを固く戒めた演奏も稀。アゴーギクもほとんど見せず、響きも洗いざらしの木綿のように雰囲気だが、共感が欠如しているのではなく、造型重視のアプローチとして説得力を持って迫り、自然と納得させる不思議な力を孕んでいる。
ツボ9 強固な意志を持ったインテンポ進行。最初の木管の動きには厳しさがあり、その緊張が次第に増幅。遂にはヒットラーが登場しそうな只ならぬ縦割りリズムの行進と化し、戦慄が走る!
第2楽章のツボ
ツボ10 導入の弦は、6小節で最初に第2ヴァイオリンが入る瞬間が理想の響き!だんだんと音の層が重なっていくのではなく、いつ進入したか分からないくらいにスーッと低弦の土台の中に溶け込むセンスは、ルートヴィヒというよりも、当時のオケに潜在的に備わっていたセンスなのだろう。ホルンは田舎風味。音色は、絡み合うクラリネット共々太く逞しう。
ツボ11 ここもアゴーギクは最小限。細部にこだわらず、闘志一本で音楽を盛り上げる男気が全開!
ツボ12 テンポを落とし、第1楽章冒頭のように粘り越しのフレージング。
ツボ13 これも身を切るような緊張感。
ツボ14 この直前で全リタルダンドすることなく突入してしまう果敢さが天晴れ!音量そのものは大きくないかもしれないが、音の熱さと決死の覚悟での4つへの上り詰め方は、これこそが真の絶叫!チャイ5演奏史上に残すべき感動的な演奏!
ツボ15 色気はないが、ホルンが敷き詰める背景が音像に符深みを与え、絶妙な余韻を残す。
第3楽章のツボ
ツボ16 ほとんどインテンポのまま。
ツボ17 羽のような軽やかさとは無縁。遊びは一切なく、各声部の連携の強固さは史上屈指。
ツボ18 ややマイクから遠く、輪郭が曖昧。終結部227小節から240小節までの繰り返し部分をカット
第4楽章のツボ
ツボ19 厳格なフォルムで威厳見満ちた表情。テンポは中庸。トランペットのスフォルツァンドが効果的。
ツボ20 ホルンは完全に裏方だが、下地を支えていることを明確に主張。
ツボ21 ティンパニはスコアどおり。テンポはごく標準的だが、音に緊張が漲り、微温的なムードは一切なし。70小節のフルートをかなり強調し、ストコフスキーを思い起こさせる。の
ツボ22 完全に無視。
ツボ23 音自体は明快ではないが、強い意志を反映している。
ツボ24 インテンポのまま。
ツボ25 響きは鈍い
ツボ26 主部冒頭のテンポに戻す。
ツボ27 インテンポ。ただ、音楽の熱さは尋常ではなく、内面から噴出するパワーに圧倒されるばかり。ティンパニ連打の響きも近年のオケからは聴けない雄渾さ!8分音符の音価は、テンポを落としているのでほぼスコアどおり。
ツボ28 8分音符の音価は正確にスコアどおり。ティンパニは最後の一撃あり。
ツボ29 怖いもの無しの威厳満点の進行!弦ははち切れんばかりに強い弓圧で思いを込めぬき、トランペットは圧倒的勝利の歌を謳歌!
ツボ30 弦もトランペットも音を切る。
ツボ31 改変なし。
ツボ32 いかにもドイツ風の深遠な響き。トランペットのバリバリの響きが強烈!
ツボ33 インテンポのまま終結。最後まで力感が弛緩することなく、これほど最後が決然とビシッと決まる演奏も珍しい。


このホームページ内の各アイテムの紹介コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます。
万一、ここに掲載している文章と極めて類似するものをお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです。





このページのトップへ