湧々堂HOME 新譜速報 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 歌劇 バロック 廉価盤 シリーズ
旧譜カタログ チャイ5 殿堂入り 交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 歌劇 バロック


作曲家W



・掲載しているCDジャケットとそのCD番号は、現役盤と異なる場合があります。
・[御購入ボタン]を設置していないアイテムもありますが、ご希望のアイテムがございましたら、
 まずはご注文フォームメールでお知らせ下さい。
 最新の状況を調べて、入荷の見込みの有無、お値段などをお返事いたします。


ウォルトン/WALTON
交響曲第1番、交響曲第2番*
マルコム・サージェント(指)ニュー・フォルハーモニアO、
アンドレ・プレヴィン(指)LSO
*
1966年、1973年* 
ステレオ録音
EMI
7632692[EM]
“2人の指揮者の最良のセンスが生きた感動作!”
2曲とも作曲家立会いのもとで行われ録音。サージェント指揮による「第1番」は、彼が遺した交響曲録音の中でも最高の出来ばえの一つ。もともと洗練を売りにする人ではなく、時には鳴らしすぎてハーモニが濁ることさえあるサージェントですが、ここではその荒くれたエネルギーの放射が壮絶なドラマを生んで、この曲が抱える不安と葛藤を余すところなく音像化しています。第1楽章は、延々と繰り返される熾烈なリズムの打ち込みに意欲が漲り、11:49から一定の間隔で打ち鳴らされるティンパニの轟きが意味深く、割れんばかりの金管の雄叫びも真に迫ります。コーダで晴れやかなハーモニーに転じてからのストレートなダイナミズムも痛烈。血も臭いを漂わす第2楽章のリズム放射も魅力。第3楽章のニュアンスの繊細さも、サージェントのイメージからは予想しにくい迫真のもので、5:48以降の深いメランコリーは胸を締め付ける美しさ!終楽章も見事な風格!クレンペラーのオーケストラの俊敏なレスポンスも天晴れです。カラフルな色彩とダイナミズムの放射が続く「第2番」は、重厚さへの志向を強める以前のプレヴィンの研ぎ澄まされた感覚が徹底的に生き、眩いばかりの音のパワーに圧倒されます。両端楽章でそれを最も顕著に感じますが、どんなに音が炸裂しても、耳に届く時には不思議なしなやかさを湛えているのもプレヴィンならではの魅力です。ロンドン響のセンス満点のヴィルトゥオジティにも舌を巻きます。第2楽章もプレヴィンの温かな音楽性と色彩パレットの豊富さに感無量!



このホームページ内の各アイテムの紹介コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます。
万一、ここに掲載している文章と極めて類似するものをお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです。




ページ先頭へ