湧々堂HOME 新譜速報 交響曲 管弦楽曲 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 歌劇 バロック 廉価盤 シリーズ
旧譜カタログ チャイ5 殿堂入り 交響曲 管弦楽 協奏曲 器楽曲 室内楽 声楽曲 歌劇 バロック


声楽曲・新譜速報2


※発売済のアイテムも含めて、約3ヶ月間掲載しています。
※新しい情報ほど上の段に記載しています。
※表示価格は全て税込みです。



OEHMS
OC-769C(1CD)
エメリッヒ・カールマン(1882-1953)・チャールズ・カールマン(1929-)父子の作品集
マルジョリー・ワルツ…C
ウィーンへ愛を込めて…E
ヴァラジュディンより来たる…E
ジプシーよ来ておくれ…E
私の好きな踊り…E
それは何とすばらしい…E
夜は私を待っている…E
「陽気な軽騎兵」〜ハンガリー舞曲組曲…E
2つのメルヒェンのような瞳…E
あなたは覚えていますか…E
ジプシーの歌…C/人生は長いキス…C
つまり、それは素晴らしい…C
私のところへ来て.…C/幸運の夢…C
あれはまだ?…C/王冠の歌…C

※E…エメリッヒ、C…チャールズ
ミヒャエル・ズットナー(T)
ステファニー・C・ブラウン(S)
アンドレアス・コヴァレヴィツ(指)
ミュンヘンSO

録音2011年5月15-20日ミュンヘンバイエルン
オペレッタ好き垂涎の1枚です。20世紀のオペレッタ作曲家カールマンは、その香り高い作品で、今も人気を博していますが、彼の息子であるチャールズ・カールマンも音楽家としての才能に満ち溢れています。ここではそんな父と子の作品を並べ、「オペレッタの伝統」を強く打ち出すことに成功しました。ミヒャエル・ズットナーの甘いテノールは、ちょっぴり涙を誘うカールマンの作品を歌うのにうってつけであり、随所に挟まれるデュエットでは、ソプラノ歌手ステファニー・C・ブラウンが見事な花を添えています。ちょっと何かを聴きたい時に手が伸びるような、親しみに満ちたアルバムと言えそうです。
OEHMS
OC-828C(1CD)
高き天より天使たちが来たる
ボイレッケ(1933-):高き天より天使たちが来る
クーツィール(1911-2006):おお喜びよ、喜びよ
ヘルツォーゲンベルク(1843-1900):クリスマスの歌
ドラニツィン(1946-2010):優しきマリアさま
G.ガブリエリ(1557-1612):ピアノ・フォルテのソナタ
ヴォルターズ(1910-1989):茨の道を通ってマリアは行く
ボイレッケ:今、その時が近づく
クーツィール:誰が戸を叩くの
メンデルスゾーン:2つの詩編Op.78-1「なぜ異邦人たちは騒ぐのか」
シュツキー(1817-1893):ディエス・サンクティフィカトゥス
クーツィール:イン・ドゥルチ・ユビロ&暁の星のいと美しきかな
ビーブル(1906-2001):それでも誰もが神を知りたい
 こちらへおいで、天使たち
ゴッレ(1942-):クリスマスのナイチンゲール
ブッヘンベルク(1962-):信仰篤き人々よ
コバレイ(1935-):聖なる夜
ボイレッケ:部屋の中で
コバレイ:Potztausend mal tausend
ブッヘンベルク:救世主は生まれたもう
コバレイ:天国よ、静まれ
ボイレッケ:愛らしい幼子
ブッヘンベルク:御子が現れたもうた
ボイレッケ:ゆうやみ迫りて
ヴィルス(1957-):羊飼いたち
ボイレッケ:きよしこの夜
カール・オルフcho
シュヴェビッシュ・メタル
アニマート

録音:2011年7月
ドイツ、バイエルン州の保養地、マルクトオーバードルフで活動するカール・オルフ合唱団は、20年以上も前から、待降節の日曜日に聖マルティン教会で、伝統的なクリスマス・コンサートを行ってきました。そんな彼ら、この最新アルバムでは、「伝統と革新」を目指して、一味違うクリスマス音楽を聴かせてくれます。中世の音楽から21世紀の作品(民謡も含む)の美しい合唱の響きの合間を縫って、金管アンサンブル「シュヴェビッシュ・メタル」の華やかなファンファーレが置かれています。厚みのある響きはカール・オルフ合唱団が受け持ち、コンパクトな曲は、アンサンブル「アニマート」が担当。メリハリのある音楽が楽しめるようにプログラミングされているところも嬉しいです。

Ondine
ODE-1169(1CD)
ラウタヴァーラ:児童合唱のための作品集
マルヤッタ、いやしい娘(1977)
大工の息子(1975)
ロルカの詩による組曲(1973)
ロルレイ(1973)/無邪気なワルツ
もしも世界が開かれるなら
愛は決して失敗しない
子どものためのミサ曲
パシ・ヒヨッキ(指)タピオラcho 他

録音:2010年3月13-14日、10月9-10日、2011年1月16日
「子どものための合唱曲」とはいえ、現代屈指の神秘的作風を持つラウタヴァーラ(1928-)のこと、ものすご〜く面白い曲が聴けること間違いありません。それは第1曲目の「マルヤッタ」からイケイケです。北欧の叙事詩「カレワラ」からラウタヴァーラ自身がテキストを起こし、1幕の神秘劇に仕立てたこの作品、以前、BISレーベルからラウタヴァーラの朗読による演奏もリリースされていますが、この演奏はもっともっとコクがあり、印象深い肉付けがされています。また「大工の息子」はタイトル通り、イエスの誕生の喜びを歌ったもの。ロルカの詩による組曲は、比較的知られた作品です。その他、どれも民謡をベースにしながら、現代的な和声と、清冽な響きが求められる難曲をタピオラ合唱団が完璧に歌いこなしています。
<タピオラ合唱団>
世界でもトップクラスの人気、才能を誇る児童合唱団。1963年に、小学校の音楽教師であり、フィンランド屈指の音楽一家出身のエルッキ・ポホヨラ氏が創設(。その翌年にはコダーイとオルフが指導するために訪れています)。9歳から18歳までのフィンランド中から集まった才能ある子どもたちがメンバーとなり、民謡から現代曲、ジャズまで幅広いレパートリーを持ち、その歌声は世界中から愛されています。

RUSSIAN DISC
RDCD-00881(1CD)
ロシアの古い歌曲集
ブラーホフ:思い出をかきたてるな
デュビュク:口づけして愛しい人よ
マラシキン:私はあなたに会った
アバザ:霧の朝
マラシキン:おお言葉にすることさえできれば
シェレメチェフ:私はあなたを愛した
デュビュク:通り
シシュキン:夜は明るい
フォーミン:長旅
ズーボフ:去らないで、私と一緒に
ブラーホフ:輝け輝け私の星
バカレイニコフ:トロイカの鈴
民謡:ざわめく葦の葉
ゲルマン:黒い瞳/ブローク:ナジェジダ
フェリドマン:御者よ馬を急かすな
ワシーリー・サヴェンコ(Bs-Br)
モスクワ・バラライカQ
[ウラジーミル・イオチェンコフ(ドムラ=アルト)
アレクサンドル・ゴルバチョフ(バラライカ)
イーゴリ・コノヴァロフ(バヤン)
ユーリー・ビルジェフ(バラライカ=コントラバス) ]

録音:2005年、モスクワ、合唱芸術アカデミー
発売:2010年
RUSSIAN DISC
RDCD-00534(1CD)
エドヴァルト・コルマノフスキー(1923-1994):ベスト・ソングズ
沈黙(ウラジーミル・トローシン)
十字路(マルク・ベルネス)
あなたの愛が終わる時(マヤ・クリスタリンスカヤ)
私はあなたに微笑みかける(ドミートリー・グナーチュク)
ワルツのワルツ(クラウディア・シュリジェンコ)
私の愛する女へ(イオシフ・コブゾン)
川は流れ行く(エカテリーナ・セミョンキナ&アントニーナ・フロロワ)
アリョーシャ(マルグレート・ニコロワ&ゲオルギー・コルドフ)
男たち(マリア・パホメンコ)
私たちの町に雨が降る(マヤ・クリスタリンスカヤ)
ビリュシンカ(ドミートリー・ロマシュコフ)
タイガのワルツ(マヤ・クリスタリンスカヤ)
おやすみ、愛する人よ(アレクサンドル・グラトスキー)
窓の外に明かりは少なく(リュドミラ・ジュイキナ)
白い雪が降る(ウラジーミル・トローシン)
あなたが居た場所(ワレンティナ・トルクノワ)
鶴のひな(ゲオルク・オトス)
あなたは私に愛を語る(ニーナ・ブロドスカヤ)
私はあなたを愛する、人生よ(マルク・ベルネス)
( )内のさまざまな歌手、
伴奏者

録音:データ記載なし 
発売:2001年
RUSSIAN DISC
RDCD-00812(1CD)
ヴィクトル・ウリアニチ(1956-):合唱&管弦楽作品集
合唱二部作(1983)*[静かな時間/心へのオード]
チュッチェフの詩による2つの合唱曲(1984)*[人間の涙/夕べ]
カンタータ「こんばんは」(ウクライナ民謡による、混声合唱と独唱の為の)+
プーシキン三部作(1997-2000)*〜時よ私の友よその時が来た/私たちにとっていくつの発見が
3つの賛歌(2002)*[ 聖なる神/ようこそ、マリア、ようこそ/それは真]
キリストは死からよみがえられた(大管弦楽の為の Avetozvony VI;1993)#
室内合唱団「霊的復活」(*/+)
レフ・コントロヴィチ(指(*/+))
アレクサンドル・ヴェデルノコフ(指)#
ロシア国立シンフォニー・カペラ#

録音:2005年4月24日、グネーシン・ロシア音楽アカデミー・コンサートホール、ライヴ*
2005年11月21日、モスクワ音楽院ラフマニノフ・ホール、ライヴ+
1993年9月21日、モスクワ音楽院大ホール、ライヴ#
発売:2008年
RUSSIAN DISC
RDCD-00861(1CD)
子供をテーマとしたロシア歌曲集
ムソルグスキー:子供部屋(自作の歌詞による子供の生活のエピソード;全7曲)
プロコフィエフ:みにくいあひるの子 Op.18(アンデルセンの童話による)
ウラジスラフ・アガフォンニコフ(1936-):子供部屋(アグニヤ・リヴォヴナ・バルトの6つの詩)
ロスチスラフ・ボイコ(1931-2002):「銀のベルト」から 子供の為の9つの歌(V・ヴィクトロフの歌詞による)
ガリーナ・ボイコ(S)
マリーナ・アガフォンニコワ(P)

録音:2009年、場所の記載なし
発売:2009年
RUSSIAN DISC
RDCD-00863(1CD)
ゲオルギー・ドミトリエフ(1942-):ロシアの詩人の作品による抒情歌曲集
「セラフィムのハープ」(プーシキンの詩による5つの歌;1978、1998)(+/++)
コリツォフの詩による2つの歌;2005)(**/##)
レールモントフの詩による3つの歌(1978)(+/++)
チュッチェフの3つの詩(1967)*/ブーニンの詩による4つの歌(2000)(#/##)
「アレクサンドル・ブロークに」(アクマトワの3つの詩;1968、1980)*
渡し(トヴァルドフスキーの詩による;1976)(+/##)
ルプツォフの3つの詩(1978)(+/++)
タチアナ・クインジ(S)*
イリーナ・チスチャコワ(Ms)+
フセヴォロド・グリヴノフ(T)#
ワシーリー・ラジュク(Br)**
ミハイル・アルカジェフ(P)*
アンナ・ラフマン(P)++
ピョートル・ドミトリエフ(P)##

録音:2000、2001、2006、2007年、場所の記載なし
発売:2009年

NUMERICA
NUM-1222(1CD)
アジアの歌〜合唱曲集
Jinklie Nona(マラッカ)
Soleram(インドネシア)
Lenggang Kangkong(マレーシア)
Ni wa wa(中国−シンガポール)
Burung Kakak Tua(インドネシア)
Menceceh Bujang Lapuk(マレーシア)
Arirang(韓国)/Diu Diu Deng(台湾)
Bastiana(マカオ)
Garasu no chohchoh(日本)
Sohran bushi(日本)/Phra Met Ta(タイ)
The Sound of Portuguese Malacca(マラッカ)

Katakataka(フィリピン)
Jambatan - Geylang(マレーシア)
Lilo eh! (in Timor et non Tremor)(東ティモール)
Mamayog akun(フィリピン)
テレジタ・グティレス・マルケス(指)
リスボン室内cho

録音:データ未詳
NUMERICA
NUM-1202(1CD)
ヴィクトル・マセド・ピント(1917-1964):Emil Andersenの主題による変奏曲(ピアノの為の)*
スペイン女(ピアノの為の)*
7つの古謡(ソプラノ、テノール、フルートとピアノの為の)+
ピアノの為のソナティナ*
ルイス・コスタへの悲歌(ピアノの為の)*
礼拝ミサ(無伴奏混声合唱の為の)#
ルイ・ピニェイロ(P)*
アナ・キンタンス(S)+
ジョアン・ロドリゲス(T)+
ジャネテ・サントス(Fl)+
ジョゼ・マヌエル・ブランダン(P)+
テレジタ・グティレス・マルケス(指)リスボン室内cho#

録音:2008年7月29-30日、パソス・デ・ブランダン音楽アカデミー*
2008年12月17日、エスピニョ、アウディトリオ+
2007年7月23-25日、リスボン、聖ジョルジェ聖公会教会# (すべてポルトガル)
ヴィクトル・マセド・ピントはポルトガルのポルトに生まれ、ルイス・コスタ、ヴィアンナ・ダ・モッタ他にピアノを、クラウディオ・カルネイロ、フェルナンド・ロペス=グラサらに作曲を師事したピアニスト・作曲家・音楽批評家。コインブラ大学法学部を卒業し、1948年に外交事務サービス会社に就職、大使館で働くという兼業音楽家でした。

CORO
COR-16096(1CD)
マクミラン:ミゼレーレ(世界初録音)
ストラスクライドのモテット集〜全ての権威は我に与えられ、主は恩恵を与え給えり、突然天より、イザヤは預言し
おお慈悲深きイエス*
ストラスクライドのモテット集〜主はラザロの姉妹を見て、永遠の光、聖なる輝きの中で、我らは主をたたえ
テネブレ・レスポンソリウム
ハリー・クリストファーズ(指)
ザ・シックスティーン、
ロバート・ファーリー(Tp)

録音:2011年1月、聖ジャイルズ教会(ロンドン)&2002年7月4日、聖マイケル教会(ハイゲイト)*
良好な関係を保ち続けているクリストファーズ&ザ・シックスティーンとマクミラン。マクミランの「ミゼレーレ」は、ザ・シックスティーンが2009年のフランダース音楽祭で世界初演、2010年のスピタルフィールズ音楽祭でイギリス初演を行った2009年完成の新作であり、今回のリリースが世界初録音となる。敬虔なカトリック教徒でもあるマクミランの深き信仰心と、母国スコットランドへの愛情から生まれた「ミゼレーレ」は、近現代音楽という区分けとは無縁の純粋で崇高なる祈りの音楽です。アレグリの「ミゼレーレ」の作曲家から数世紀。スコットランドで誕生した21世紀の「ミゼレーレ」が、ザ・シックスティーンの歌声で美しく、そして神々しく響く ――。
CORO
COR-16043(1CD)
【未案内旧譜】
トラディショナル・クリスマス・キャロル・コレクションVol.1
牧人、羊を/ダビデの村の厩の中に
サセックス・キャロル
羊飼いの見守るうちに/三隻の船
荒野の果てに/ああベツレヘムよ
きよしこの夜/まぶねの中で
ロッキング・キャロル/もろびと声あげ
ディンドン空高く/冬のさなかに
ウェンセスラスはよい王様/柊飾ろう
柊と蔦は/世の人忘るな
真冬の雪の中に
コヴェントリー・キャロル
神の御子は今宵しも/天には栄え
ハリー・クリストファーズ(指)
ザ・シックスティーン

録音:1991年4月、聖ジャイルズ教会(ロンドン)
「きよしこの夜」や「荒野の果てに」、「神の御子は今宵しも」など、広く知られ長く愛され続けるクリスマス・キャロル集をザ・シックスティーンが歌う!ザ・シックスティーンの極美なハーモニーで響くクリスマス・キャロルはまさに天上の響き。至福の時間が降り注ぎます ――。クリスマス・シーズンのマスト・アイテムです!
CORO
COR-16004(1CD)
【未案内旧譜】
オディエ(今日)〜イギリスのクリスマス・コレクション
ウォルトン:祭りを祝いたまえ
レイトン:コヴェントリー・キャロル
フリッカー:御子が生まれ
ラッブラ:聖母の子守歌
ブリテン:聖母への讃歌
タヴナー:子羊
ブリテン:キャロルの祭典
ハウエルズ:子守歌を歌い
ヘイワード:リュート・ブック・ララバイ
ハウエルズ:汚れなき薔薇
ワーロック:キリストの御体、子守歌(バルラロウ)、いざ主を賛美せん
ガードナー:明日は私が踊る日
ハリー・クリストファーズ(指)
ザ・シックスティーン

録音:1990年1月&1992年9月、聖マイケル教会(ハイゲイト)
ザ・シックスティーンが歌う20世紀イギリスのクリスマス音楽集。ザ・シックスティーンが歌うブリテンの傑作「キャロルの祭典」やハウエルズ、ラッブラ、ワーロックからは、近代英国音楽への造詣の深さ、その音楽の素晴らしさが伝わります。

Classic Concert Records
CCR-62067(1CD)
モーツァルト少年合唱団の夕べ
きよしこの夜、アヴェマリア、神を讃えよ他
モーツァルト少年cho
ペーター・ラング(指)
トニー・スラマ(朗詠)、
イルカー・アルカリューレク(T)
クリスマスにちなんだ曲を集めたCD。聖歌を中心として、『きよしこの夜』や『アヴェマリア』など、なじみのある曲も沢山入っています。まだ声変わりする前の、少年たちの清らかな声で、もう一度名歌が生まれ変わります!クリスマスのBGMに最適。
モーツァルト少年合唱団は、1956年にモーツァルト生誕200周年を記念して結成されました。今や世界的な活動を展開しており、日本や中国、シンガポールなど、アジアでも絶大な人気を博しています。

PHOENIX EDITION
PE-453D(2CD)
C.P.E.バッハ:声楽作品集
クロップシュトックの「春の祝い」からの朝の歌 Wq.239 H.779
クリスマス・カンタータ「あなたにむかって」Wq.249 H.815
慈悲深きあなたを崇拝しますWq.243 H.807
聖なるかなWq.217 H.778
Herrn Pastors Gasie Einfuhrungsmusik Wq.250 H.821
Wer ist so wurdig als du, Wq. 222 H.831
Der Herr lebet, Wq.251 H.821g
ルバラ・シュリック(S)
ヨハンナ・コスロフスキー(S)
ヒルケ・ハイリング(A)
ヴィルフリート・ヨッヘンズ(T)
ゴットホルト・シュヴァルツ(Bs)
ライニッシェ・カントライ
ヘルマン・マックス(指)
ダス・クライネ・コンツェルト

※CAPRICCIO 既発盤より移行
PHOENIX EDITION
PE-456D(2CD)
C.P.E.バッハ:オラトリオとカンタータ
オラトリオ「イエスの復活と昇天」Wq.240
復活祭カンタータWq.244*
バルバラ・シュリック(S)…オラトリオ
クリストフ・プレガルレィエン(T)…オラトリオ
シュテファン・ヴァーコー(Bs)…オラトリオ
マルティナ・リンス(S)*
パウル・エリオット(T)*
ゴットホルト・シュワルツ(Bs)*
ライニッシェ・カントライ
ダス・クライネ・コンツェルト/ヘルマン・マックス(指)

※CAPRICCIO 既発盤より移行

Ondine
ODE-1183(1CD)
エリッキ=スヴェン・トゥール:覚醒 他
混声合唱と室内Oのための「覚醒」(2011)
無伴奏合唱のための「さすらい人の夕べの歌」(2001)
弦楽オーケストラのための「インスラ・デセルタ」(1989)
ダニエル・ロイス(指)
エストニア・フィルハーモニック室内cho
シンフォニエッタ・リーガ

録音:2011年5月31日-6月3日エストニア タリン,メソジスト教会
ヨーロッパの神秘、バルト三国エストニアの作曲家エルッキ・スヴェン・トゥール(1959-)の最新作です。彼はタリンで最初の音楽教育を受け、1979年から1984年までは「In Spe」というロック・グループを結成し、エストニアで大人気を獲得しました。しかし、作曲に専念するためにバンドを脱退。様々なオーケストラやアンサンブルから委嘱を受け、たくさんの作品を書いています。彼の作風は、確かに様々な様式の折衷でもあり、よく言われるようにプログレの影響を受けてもいますが、常に発展的で、多くの示唆に富むものでもあります。このアルバムは彼の合唱作品と弦楽合奏の作品を収録していて、中でも注目は「覚醒」と題された2011年の最新作です。自然の再生、春の神秘から着想を得て、そこにキリスト教の概念と古代エストニアにおける神の存在、それらを巧みに描いたものであり、湧き上がるようなオーケストラの音色と溶け合う美しい合唱に思わず心を捉えられることは間違いありません。七色の光のように乱舞する音。その響きの美しさの中に紛れこむ独特の和声は、確かに耳を欹てるのに充分なものを持ち、聴き手の脳をも覚醒させるパワーを備えています。さすらい人の夕べの歌はエルンスト・エンノの詩による合唱作品で、2001年、合唱団の20周年を記念して書かれたものです。また「インスラ・デセルタ」は1989年に作曲され、トゥールが西側で初めて大成功を収めた記念碑的な作品です。ダニエル・ロイスは1961年オランダ生まれの指揮者で、合唱音楽のスペシャリスト。2008年からこの合唱団の芸術監督を務めています。

ALTO
ALC-1151(1CD)
カントルーブ:歌曲集「オーベルニュの歌」 ネタニア・ダヴラツ(S)
ピエール・ド・ラ・ロシュ(指)管弦楽団

録音:1963、1966年、ADD
原盤:Vanguard
「オーベルニュの歌」の最初の全曲録音として知られる名盤です。
ALTO
ALC-4001(4CD)
英国のアンセム集バードからタヴナーに至る450年
[Vol.1 CD 1]
バード:O Lord turn Thy wrath / Teach me, O Lord / Exalt thyself, O God
モーリー(1557/1558-1602):Out of the Deep / Nolo mortem peccatoris
ジョン・ファーマー(1570頃-1601頃):The Lord's Prayer
リチャード・ファラント(1530頃-1580):Hide not thy face
ウィルダー(1500-1554):Blessed art Thou
クリストファー・タイ(1505頃-1572頃):I will exalt Thee
タリス:I call and cry to Thee / Purge me, O Lord / O Lord, give Thy Holy Spirit
ジョン・シェパード(1515頃-1558):The Lord's Prayer
バード:Sing joyfully unto God
ギボンズ(1583-1625):O Lord in Thy wrath rebuke me not / O Lord, I lift my heart to Thee
ウィールクス(1576-1623):Hosanna to the Son of David / O Lord, arise into Thy resting peace
トムキンズ:Then David mourned / O praise the Lord, all ye Heathen
ブロウ(1649-1708):My God, my God, look upon me
パーセル:I was glad when they said unto me
[Vol.1 CD 2]
パーセル:Hear my prayer / O God, Thou has cast us out
Remember not, O Lord, our offences
ウィリアム・クロフト(1678-1727):God is gone up
モーリス・グリーン(1696-1755):Lord, let me know mine end
ボイス(1711-1779):O where shall wisdom be found
バッティシル(1738-1801):Lord, look down from Heaven
アットウッド(1765-1838):Come Holy Ghost, our souls inspire
ウェズリー(1810-1876):Blessed be the God and Father
フレデリック・ウーズリー(1825-1889):Is it nothing to you? / O Saviour of the world
ウェズリー:The wilderness
ジョン・ステイナー(1840-1901):I saw the Lord
[Vol.2 CD 1]
スタンフォード:The Lord's my shepherd / Glorious and powerful God
パリー:My soul, there is a country
チャールズ・ウッド(1866-1926):O Thou, the central orb / Hail, gladdening light / Expectans expectavi
エドワード・ベアストウ(1874-1946):Blessed City, heavenly Salem / Let all mortal flesh keep silence
アイアランド(1879-1962):Greater love hath no man
ヴォーン・ウィリアムズ:Whitsunday hymn
フィンジ(1901-1956):Welcome, sweet and sacred feast
ホルスト:The Evening-Watch
ハウエルズ(1892-1983):Like as the hart
[Vol.2 CD 2]
ウィリアム・ウォルトン(1902-1983):Set me as a seal upon Thine hearth
ステュアート(1868-1942):King of Glory, King of Peace
バーナード・ローズ(1916-1996):Praise ye the Lord
ジョン・ジュベール(1927-):O Lord, the maker of al thing
ブリテン:Hymn to St. Peter
ウィリアム・ハリス(1883-1973):Harris: Bring us, O Lord God
ジョナサン・ハーヴェイ(1939-):Come, Holy Ghost / The Tree
ハーバート・ハウエルズ:Thee will I love / Come, my soul
レノックス・バークリー(1903-1989):Thou hast made me
ジョン・タヴナー(1944-):Hymn to the Mother of God
リチャード・ロドニー・ベネット(1936-):Verses I / Verses II / Verses III
ジョン・ハーパー:Salve Regina / Ubi caritas
ケネス・レイトン(1929-1988):Drop, drop, slow tears / Give me the wings of faith
ジョン・ハーパー(指)
オックスフォード・モードリン・カレッジ聖歌隊

録音:1983-1989年
原盤:Alpha (& Abbey?)
前出:Regis, RRC 4001

Etcetra
KTC-1421(1CD)
シュベルティアーデ・ナハトムジーク
シューベルト:つらい悲しみは過ぎ去りD.53
若き春の動きD.61/愛の心D.747
ワルツ ト長調D.365-19
ワルツ ト長調D.365-21
ワルツ ニ長調D.365-29
ワルツ ト長調D.365-29
ゴンドラの舟人D.809/遥かなる人D.331
ドイツ舞曲イ短調D.783-10
ドイツ舞曲イ短調D.969-9
地上の最も美しい幸せD.657
メヌエット イ長調D.334/ワインと愛D.901
明るい夜D.892/ワルツ ヘ長調D.365-36
ワルツ ヘ長調D.365-34
ワルツ ヘ長調D.365-35/山賊の歌D.435
夜D.983/アンダンテ(ソナタD.664より)
墓と月D.893/レントラー ロ短調D,790-5
レントラー嬰ト短調D.790-6
ドイツ舞曲変イ長調D.783-15
精霊の踊りD.494/墓D.569/ワルツ ト長調D.844
オルフェオン・アンサンブル
ヤン・フェルミューレン(フォルテピアノ)
ダニエル・ロイス(指)

録音:2010年3月、ベルギー
ヘレヴェッヘのコレギウム・ヴォカーレ・ヘントで活躍する12人のテノール、バリトン、バスたちで結成されたオルフェオン・アンサンブルが歌うシューベルト。オルフェオン・アンサンブルの抜群の歌唱力と、ベルギーのシューベルティアン、フェルミューレンが弾くフォルテピアノとの相性も絶品。

DUTTON
CDLX-7280(1CD)
ロナルド・コープ(1951-):カンタータ「そしてすべてのトランペットが鳴り響いた」(バリトン、合唱、児童合唱と管弦楽の為の;1989)*
マイケル・ハード(1928-2006):合唱交響曲「羊飼いの暦」(バリトン、混声四部合唱と管弦楽の為の;1975)+
マーク・ストーン(Br)*
ロデリック・ウィリアムズ(Br)+
ロンドンcho
ハイゲート・コーラル・ソサイエティ団員*
新ロンドン児童cho*
ロナルド・コープ(指)ボーンマスSO

録音:2011年6月27-28日、ドーセット、プール、ライトハウス
世界初録音と表示されています。

MEMBRAN
ARS-233420(1CD)
バッハ:クリスマス・オラトリオ 第4部-第6部 ゲルハルト・ヴェルリッツ(T)
ヨハネス・カムラー(B)
マルクス・ゴッペル(S)
ダニエレ・ジョアス(S)
Ferdinand Geirhos (A)
ラインハルト・カムラー(指)
ミュンヘン・レジデンスCO

録音:2010/9/25(ライヴ)

XCP
XCP-5040(1CD)
カミーユ・モラーヌ
旅へのいざない(4:24)
ためいき(3:35)/遺言(3:32)
フィレンツェのセレナード(2:05)
波と鐘(5:24)/哀歌(5:24)
前世(4:46)/フィディレ(5:09)
法悦(3:21)/悲歌(3:20)
ローズモンドの屋敷(2:28)
悲しき歌(3:17)
カミーユ・モラーヌ(Br)

録音:1954年2月16-23日、パリ
モラーヌ40代半ばのパリ録音。透明感がありまた品があるうっとり聞き入ってしまう1枚。

DUTTON
CDLX-7269(1CD)
マイケル・ハード(1928-2006):室内歌劇「エフェソスの未亡人」(デイヴィッド・ヒューズ&マイケル・ハード台本;1幕;1971)*

バラッド・カンタータ「オウエン氏の大いなる努力」(マイケル・ハード台本;語り手、混声合唱と小管弦楽の為の;1990)+
ピッパ・ゴス(ソプラノ:メイド*)
ルイーズ・ウィンター(メゾソプラノ:未亡人*)
マイケル・バンディ(バリトン:兵士*)
カンタベリー市室内cho+
ジョージ・ヴァス(指)オーケストラ・ノーヴァ

録音:2010年10月8-9日、ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール

※世界初録音

PAVIAN
PM-0024-2(1SACD)【未案内旧譜】
ヴラジミール・ゴダール(1956-):マーテル
Maykomashmalon der regen(女声、ヴィオラとチェロの為の;2005)*
Magnificat(女声、合唱、弦楽合奏とハープの為の;2003)+
Lullabies(女声、2つのヴァイオリン、2つのヴィオラとチェロの為の;2001/2003)+
Ecce puer(女声、2つのヴァイオリン、ヴィオラ、コントラバス、キタローネとハープの為の;1997)#
Stabat Mater [Mother Stood](アルト、ヴァイオリンと室内管弦楽の為の;2001)+
Regina coeli(女声、ヴァイオリン、合唱と室内管弦楽の為の;2003)**
Maykomashmalon der regen(女声、ヴィオラとチェロの為の;2005)*
イヴァ・ビトヴァ[ビットヴァー](歌)
ミロシュ・ヴァレント(Vn、Va)
ユライ・コヴァーチ(Vc)
ブラチスラヴァ音楽院cho
デュシャン・ビル(合唱指揮)
マレク・シュトリンツル(指)
ソラメンテ・ナトゥラーリ(管弦楽)

録音:2005年9月2-3日、スヴェティー・ユル(スロヴァキア)、聖ゲオルク教会
ECM New Series, 4765689 と同一音源。クラシカル音楽と映画音楽の両分野で高名なスロヴァキアの作曲家ゴダールによる大作。スロヴァキア語と英語の解説、歌詞原文(*イディッシュ語/+スロヴァキア語/#英語/**ラテン語)とスロヴァキア語訳・英語訳を完備したスリップケース入りハードカバー・ブック仕様。

IFO
IFO-03003(1CD)
トーマス・ガブリエル(1957-)/オイゲン・エッカート(1954-)台本:オラトリオ「エマオ」(ルカによる福音書第24章第17-35節に基づく、独唱、合唱、管弦楽とバンドの為の;2002) シュテファン・ミュラー=リュッペルト(イエスの弟子クレオパ、税官吏レヴィ、テクラの父)
ベアーテ・ハイツマン(テクラ、テクラの母)
パスカル・ショルツ(福音史家)
シュテファン・レッティヒ(旅人)
クリスティアン・ミュート、モニカ・ヴルツェル(公訴人)
シュテッフェン・ボーデンゾーン(ピラト) 他
トーマス・ガブリエル(指)エマウスO&cho

録音:2002年4月1日、ゼーリゲンシュタット(ドイツ)、アインハルト・バジリカ聖堂、ライヴ
復活したイエスがエマオという町で弟子の前に現れたという、聖書の中のエピソードに基づくオラトリオ。ポップス寄りの作風です。

GLISSANDO
779002-2(1CD)
レーゲンスブルク大聖堂少年聖歌隊のクリスマスの歌
グルーバー(ハンス・ミースナー編)Stille Nacht, heilige Nacht
メンデルスゾーン:Vom Himmel Hoch / Ehre sei Gott in der Hohe
Wie schon leuchtet der Morgenstern
コルネリウス(プフリューガー編):Drei Kon'ge wandern aus Morgenland
ミヒャエル・プレトリウス(1571-1621):In dulci jubilo
パレストリーナ(1525-1594):Missa Hodie Christus natus est〜Kyrie
ヨハン・ミヒャエル(1648-1694):Furchtet euch nicht
ヨハン・ヴァルター(1496-1570):Joseph, lieber Joseph mein
ヤコブス・ガルス(1550-1591):Venite ascendamus ad montem Domini
ヨゼフ・ラインベルガー(1839-1901):Ex Sion Op.176-3
カール・レーヴェ(1796-1869):Quem pastores laudavere
ヨゼフ・ラインベルガー:Prope est Dominus Op.176-8
ユルゲン・ゴーレ(1942-):Still, Still, Still
ブラームス:Der englische Gruss Op.22 Op.1
不詳:Es ist ein Ros' entsprungen
レーガー(1873-1916):Unser lieben Frauen Traum Op.138-4
ヤン・サンドストレム(1954-)Es ist ein Ros' entsprungen
民謡(ハンス・ラング編):O du frohliche, o du selige
民謡:Alle Jahre wieder
グルーバー(ハンス・ミースナー編):Stille Nacht, heilige Nacht(第1節のみ)
ローラント・ビュヒナー(指)
レーゲンスブルク大聖堂聖歌隊

録音:1999年2月、場所の記載なし 発売:1999年

MUZA
PNCD-1354B(1CD)
【再発売】
ペンデレツキ:ウトレニヤ[朝課](1969-1970)
第1部「キリストの埋葬」*/第2部「キリストの復活」+
デルフィナ・アンブロジャク(S)*
ステファニア・ヴォイトヴィチ(S)+
クリスティナ・シュチェパンスカ(Ms)
カジミェシュ・プステラク(T)
ヴオジミェシュ・デニセンコ(Bs)*
ベルナルト・ワディシュ(Bs)+
ボリス・ツァルメリ(バッソ・プロフォンド*)
ペーター・ラッガー(バッソ・プロフォンド+)
ハルツェルスキcho
アンジェイ・マルコフスキ(指)
ワルシャワ国立PO&cho

録音:データ記載なし
「PNCD-018」(廃盤)の新装再発売。旧盤での録音データは「1973年、ワルシャワ」となっておりましたが、当盤では「(P)(C)1972, 2011」と表示されているので、録音は1972年以前だったのではないかと推測されます。「ウトレニヤ」はロシア正教の聖土曜日の朝課(一部聖金曜日の晩課)の典礼文による、5人の独唱者、2つの合唱団と管弦楽の為の大作。
MUZA
PNCD-1373B(1CD)
ペンデレツキ:アヴァンギャルド作品集
ダヴィデ詩篇(混声合唱と打楽器の為の;1958)*
ストロフィ(ソプラノ、朗読と10の楽器の為の;1959)+
アナクラシス(打楽器と弦楽器の為の;1959/1961)#
時と静寂の次元(40声の混声合唱、打楽器と弦楽器の為の;1960)**
広島の犠牲者に捧げる哀歌(52の弦楽器の為の;1961)++
Flourescenes(管弦楽の為の;1962)##
ポリモルフィア(48の弦楽器の為の;1961)(***)
ゾフィア・スタフルスカ(S)+
フランチシェク・デレクタ(朗読+)
ワルシャワ国立フィルハーニーcho(*/**)
ワルシャワ国立PO(+以外)
シロンスク・フィルハーモニー室内O+
アンジェイ・マルコフスキ(指)

録音:1966年1月8日(*/#/##)/
1972年6月24日**
1959年9月17日+、1961年9月22日++、1963年9月26日(***)、
「ワルシャワの秋」、ライヴ(+/++/***)
***++(***)は「PNCD-017」(廃盤)と同一音源。他がCD初出であるかは不明です。

NIFC
NIFCCD-023(1CD)
ショパン:歌曲集
ポーランドの歌Op.74〜濁った水Op.74-3、愁いOp.74-13、メロディOp.74-9、枯れ葉よOp.74-17、春Op.74-2、リトアニアの歌Op.74-16、使者Op.74-7、乙女の願いOp.74-1、美しき若者Op.74-8
(以上、ドイツ語版&ポーランド語版の2種の歌唱)
ドロテー・ミールズ(S)、
ネルソン・ゲルナー(フォルテピアノ/プレイエル1848)

録音:2009年10月19日−21日、ヴィトルト・ルトスワフスキ・ポーランド放送コンサート・スタジオ(ワルシャワ)
ブリュッヘン、ヘレヴェッヘ、レオンハルトなど古楽界の巨匠たちからの信頼も厚く、古楽唱法にも長けたドロテー・ミールズが歌うのは、"ドイツ語"と"ポーランド語"の2ヶ国語による「ポーランドの歌Op.74」からの9作品。"ドイツ語"と"ポーランド語"の2つの歌詞がショパンの音楽にもたらす表現とニュアンスの違いを、ドロテー・ミールズの歌声が美しくも繊細に、そして感動的に歌う ――。ドロテー・ミールズの歌声と、ネルソン・ゲルナーが弾くプレイエルの響きのブレンドも秀逸。

フォンテック
FOCD-9537(1CD)
2011年11月2日発売
ソルシコス的夜
高橋悠治:北園克衛の六つの詩(2011)
世界でいちばん大きな木のうた(1987)
むすびの歌(1987)
ぼくは12歳(1977)
名前よ立って歩け(1981) 
妾ハ童唄抄(1983)*
だるまさん千字文(1983)
肥後幹子(S)
高橋悠治(P、トイピアノ*)

録音:2011年7月25-27日 富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ(セッション録音)
芸大、ウィーン国立音大でリートを学んだのち、シューベルトやシューマンとともに、ブレヒトや谷川俊太郎の詩に作曲した曲を歌い継ぐソプラノ歌手 肥後幹子。 2004年から共演をつづける高橋悠治の作品を、作曲者の伴奏で録音しました。 「北園克衛の六つの詩」は、このCDのために作曲されました。(フォンテック)

RUSSIAN DISC
RDCD-00216(1CD)
【未案内旧譜】
20世紀アルメニアの合唱曲集
エドガル・ホフハニシアン(1930-1998):Hop, Shorora, Shorora / I sew wheat / Hanor / Weeping of Adena
My house by the sea
ハチャトゥル・マルチロシアン(1945-):Weeding Song / Cilicia(E・エルカニアン編曲)
エドガル・ホフハニシアン:It seems I'm at home again / Gandza / The interminable / The River Araz
ロベルト・ペトロシアン(1930-2009):On the grey top of Ararat / The small tree of Pshat
Night comes bringing freshness
ダヴィート・ハラジアン(1962-):Songs of Love and Death
アルメニア放送室内合唱団
チグラン・ヘケキアン(指)

録音:1990、1991年発売:1993年
曲目は英語訳表記ですが歌詞はアルメニア語です。
RUSSIAN DISC
RDCD-00827(1CD)
【未案内旧譜】
ロスチスラフ・ボイコ(1931-2002):合唱作品選集&「ピョートルの鐘」
メッセージ/3つの歌/秋の風**
吹雪**/覚え書き**/冬の道
菩提樹の下は涼しい/松/畑は刈り取られ
空も大地も真白く/荒天
フィギュア・スケート(スポーツ組曲 から)*
チェリョームハは香り*/秋
私にその歌を歌って/暗い雲
ボナパルトとモンテネグロ人
3つのマドリガル+
アレクサンドラ・オシポノヴナ・スミルノワに
私が思うには/雨とともにあなたは行ってしまう
チュッチェフの詩による2つの三重唱曲+; 冬の魔女/春
3つの合唱曲+; 再生/銀の翼/ヴォログダのレース編み
ヴャトカの歌〜3つの合唱曲+
飛ぶな、はやぶさ/それは草原の上に
私たちの門のすぐそばで
私のすてきな人のところに行くだろう(ベラルーシの戯れ歌)+
オー、ノー、ジョン(イギリス民謡)+
ピョートルの鐘(ピョートルの青春)#
スヴェシニコフ記念合唱学校cho(無印/*/**)
アナトーリー・キスリャコフ(指(無印/*))
アレクサンドル・シションコフ(指)**
ラジオ放送「ロシアの声」児童大cho*
合唱芸術アカデミーcho+
ヴィクトル・ポポフ(指)+
エフゲニー・スヴェトラーノフ(指)ソヴィエト国立SO#

録音:2001年(無印/*/**)、2006年+、1980年#

ABC Classics
ABC-472606-2(1CD)
【未案内旧譜】
ノエル!ノエル!
作曲者不詳:久しく待ちにしすべての者の救い主なるキリストよ
シャルパンティエ:夜
イギリス民謡:牧人羊を
作曲者不詳:暁の星のいと美しきかな
ドイツ民謡:エサイの根より
モンテヴェルディ:主を褒め称えよ
グル―バー:きよしこの夜/他
サラ・マクリヴァー(S)、
ポール・ダイアー(指)
オーストラリア・ブランデンブルクO&cho
ブランデンブルク・ベルリンガーズ

録音:2001年12月14日、シティ・リサイタル・ホール(シドニー)
オーストラリアのピリオド・オーケストラ、ブランデンブルクOのクリスマス・プログラムは、毎年ABCで放送されるなど、国内での人気、知名度はかなりのもの。真夏にクリスマスを迎えるオーストラリアから届く本格的なクリスマス・アルバムです。

K617
K617-229(1CD)
リスト:ソナタ.ロ短調(リゲッティ編)、
「ミサ・コラリス」
ベンジャミン・リゲッティ(Org)、
スイス・ロマンド合唱アカデミー

録音:2011年5月、ベルギーのフランス教会
リスト生誕200年となる2011年を記念して、若くして数々の賞に輝き、いまやオルガン界を牽引する存在となった、リゲッティが満を持して世に送り出す注目盤の登場。自らオルガンへと書き換えて演奏した大曲「ソナタロ短調」は、冒頭の低音による下降音型から異様な迫力。残響たっぷり、地鳴りのするような低音部分から、敏捷に動く部分までリゲッティの腕が冴えわたり、説得力満点の仕上がりとなっています。リストの1860年代の宗教音楽作品の中でも最重要作品に数えられる「ミサ・コラリス」の合唱を担当するのはスイス・ロマンド合唱アカデミー。グレゴリオ聖歌に由来する旋律と厳かな響きを繊細かつ壮麗に表現しています。リゲッティの奏でるオルガンの豊かな音色と彼らの歌声の美しい調和が魅力です。 (Ki)

NON PROFIT MUSIC
NPM-0909(1SACD)
影のある3つの肖像
ロドルフォ・アルフテル(1900-1987):管弦楽の為の組曲Op.1
 陸の船乗り(ホセ・ラモン・エンシナル編)
エルネスト・アルフテル(1905-1989):ポルトガルの歌
フリアン・バウティスタ(1901-1961):3つの町/短い交響曲
ロラ・カサリエゴ(S)
ヘスス・アミゴ(指)エストレマドゥラSO

録音:2009年3月25-26日、バダホス(スペイン)、マヌエル・ロハス会議堂

Ladybird
Ladybird-79556818
(1CD)
ペーテル・マッテイが歌うクリスマス音楽
ニールセン:話さねばならない驚き
伝承曲:主の道をととのえよ
プレトリウス:一輪のバラが咲いた
ラーション:シシリアーナ
ケーラー:たくさんのキャンドルに灯がともった
リリェフォシュ:もうすぐクリスマス/他
ペーテル・マッテイ(Br)、
グスタフ・シェークヴィスト(指)
ストックホルム・シンフォニエッタ
現代スウェーデン・オペラ界の大バリトン、ペーテル・マッテイが歌うクリスマス・アルバム。ニールセンやラーションなど北欧の音楽をふんだんに採り入れたスウェーデンのクリスマス・プログラムを、METなど世界中のオペラハウスで活躍するマッテイの甘く気品あふれる歌声で・・・。

フォンテック
EFCD-4173(1CD)
2011年10月5日発売
東京混声合唱団愛唱曲集2
ジェリコの戦い
セット・ダウン・サーヴァント
Hail Holy Queen(映画「天使にラブソングを1」より)
Joyful Joyful(映画「天使にラブソングを2」より)
ジッパ・ディー・ドゥー・ダー(ディズニー映画「南部の唄」より)
チャパネカス
四つのイギリス民謡/11.海のあなたの
夢みたものは・・
涙そうそう/「風」「息」「秋」
山田和樹(指)東京混声cho

録音:2008年5月24日下田市民文化会館大ホール、2007年9月2日 サラマンカホール、2010年4月16日第一生命ホール
山田和樹の指揮による東京混声合唱団の第6弾!本作はEFCD4110「懐かしいアメリカの歌」に続いて、親しみやすい名曲を集めた愛唱曲集です。現代曲のイメージが強い東混ですが、実際のコンサートではポピュラーな曲も頻繁に採りあげ、会場のファンを魅了しています。山田和樹は2009年に第51回ブザンソン国際(指)コンクールに優勝し、2011年には出光音楽賞を受賞、2012年からはスイス・ロマンドOで首席客演指揮者を務めるなど、大変注目が集まっています。(フォンテック)

ROSA
RD-1845(1CD)
聖サルヴァトル・スコラあなたの王国が来ますように

■[待降節]+
オンドジェイ・シャーレク(1979-):天より滴らせたまえ
トマーシュ・ヤイトネル(1976-):あなたの王国が来ますように
ミハル・レイセル(1973-)/トマーシュ・ヤイトネル:エマヌエルよ、来たれ
トマーシュ・ヤイトネル:恐れるな、マリア
ヴォイチェフ・イルサ(1982-):昼は短く

■[クリスマス]
トマーシュ・ヤイトネル:入場/いけにえ

■[斎戒期]*
ミハル・レイセル:40週間の斎戒
トマーシュ・ヤイトネル:楽園
オンドジェイ・シャーレク:既に恩寵の時は来た
トマーシュ・ヤイトネル:人間の苦しみ
ヴォイチェフ・イルサ:アギオス・オ・テオス

■[中間期]+
オンドジェイ・シャーレク:太陽よ、ゆるやかに落ちよ
トマーシュ・ヤイトネル:秋の祈り

■[ジャズ・ミサ]#
ズデニェク・トシュナル(1975-):ジャズ・ミサ
聖サルヴァトル・スコラ(合唱)
器楽奏者

録音:2008年5月24日、プラハ1区、フラドチャニ、ロレタ、聖母マリア&聖天使教会*
2009年1月17-18日、プラハ1区、フラドチャニ、ヤナ・ネポムク教会+
2009年4月25-26日、プラハ3区、コメンスケーホ通り、
プラハ市立ヤン・ネルダ音楽学校ホール#
ROSA
RD-0076(1CD)
【未案内・再発売】
洗礼者聖ヨハネ・スコラ
ポジシェとベズドルジツェのクリシュトフ・ハラント(1564-1621):Maria Kron
不詳(ボジャヌーフ聖歌集 から):主をたたえよ
シャモトゥーのヴァツワフ(1524頃-1560頃):キリスト、私たちの日の光/すでに暗くなり、夜が来る
私たちの声に耳を傾けてください/ハレルヤ、主をたたえよ
ああ、天の父よ/神のお生まれの歌
コンスタンツォ・フェスタ(1485?/1490?-1545):キリスト、真の光
ビクトリア:二人のセラフィム
ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ(1525?-1594):イエス、誉れ高き王
フェリーチェ・アネーリオ(1560-1614):キリストは私たちのために身を低くされ
メンデルスゾーン:主をたたえよ、僕(しもべ)らよ
チャイコフスキー:私たちの父
アントニーン・トゥチャプスキー(1928-):私の魂は悲しむ/私の父
ズデニェク・ルカーシュ(1928-2007):ミサ・ブレヴィス
洗礼者聖ヨハネ・スコラ(合唱)
ヤン・ホルニーチェク(P)
アレナ・ハヴリーチコヴァー、
ヴィート・ロゼフナル(指)

録音:1993年6月18-19日、シュンペルク(チェコ、モラヴィア)、聖洗礼者ヨハネ教会

FUNDACION MUSICA ABIERTA
ARD-130(1CD)
子守歌集
レーガー:マリアの子守歌
イルゼ・ウェーバー(1903-1944):そして雨が降る
ショパン(ヴィアルド編):子守歌
メンデルスゾーン:ゆりかごのそばで
アントニ・パレラ=フォンス(1943-):黒い花の子守歌
アントン・ガルシア・アブリル(1933-):悪い子の子守歌
リスト:子守歌
コープランド:小さな馬たち
アンリ・ソーゲ:クレオールの子守歌
レブエルタス(1899-1940):子守歌
モンサルバジェ(1912-2002):黒人の子の為の子守歌
R・シュトラウス:子守歌
ジュゼプ・スレ[ソレル](1935-):子守歌
ロルカ(1898-1936):セビリャの子守歌
フォーレ:子守歌
カスティリョ(1927-2005):子守歌
ポール・ボウルズ(1910-1999):眠りの歌
ムソルグスキー:子守歌
チャイコフスキー:子守歌
イルゼ・ウェーバー:子守歌
アナ・ヘスラー(Ms)
エンリケ・ベルナルド・デ・キロス(P)

録音:2010年10月23-24、11月1、7日、ボアディリャ・デル・モンテ(スペイン)、
エル・ハルディン・デ・ベラグア(スタジオ)
アナ・ヘスラーはキューバのハバナに生まれたスイスのメゾソプラノ。テレサ・ベルガンサに師事した彼女は師の後継者と目されています。

ABC Classics
ABC-4766343(2CD+DVD)
【未案内旧譜】
ヘンデル:オラトリオ「メサイア」 サラ・マクリヴァー(S)、
アレクサンドラ・シャーマン(A)、
クリストファー・フィールド(T)、
ポール・マクマホン(T)、
テディ・タフ・ローズ(Bs)、
アントニー・ウォーカー(指)
カンティレイション、アンティポデーズO

録音:2002年7月
※当タイトルのDVD-Videoは『PAL方式対応のプレーヤーでのみ』再生可能です。予めご了承下さい。
南半球最高峰の古楽系合唱団カンティレイションとオーストラリアのピリオド・オーケストラ、アンティポデーズOのコンビによるヘンデルの「メサイア」!ソプラノのサラ・マクリヴァーやバスのテディ・タフ・ローズなどトップレベルのソリストたちを揃えた「メサイア」は、意外にもオーストラリアで初の全曲録音となります。

RUSSIAN DISC
RDCD-00532(1CD)
スヴェトラーノフの管弦楽伴奏編曲によるチャイコフスキーとラフマニノフの歌曲集
チャイコフスキー(スヴェトラーノフ編):ただ憧れを知るものだけが Op.6-6
 そんなに早く忘れて
 なぜ?(夜)Op.60-9
 私はお前が気に入らない Op.32-3
 私は野辺の草ではなかったのか Op.47-7
 昼の輝きが満ち Op.47-6
ラフマニノフ(スヴェトラーノフ編):朝 Op.4-2
 すべては過ぎ去り Op.26-15
 おお悲しまないで Op.14-8
 リラの花 Op.21-5
私はあなたを待っている Op.14-1
チャイコフスキー:幻想曲「テンペスト」Op.18*
タマーラ・シニャフスカヤ(Ms (*以外))
エフゲニー・スヴェトラーノフ(指)ロシア国立SO

録音:データ未詳
RUSSIAN DISC
RDCD-00604(1CD)
ロシア正教会の音楽
コソラポフ、チメレフ、ゴロヴァーノフ、
カプロフ、ダニーリン、
トレチャコフ、アンドルセンコ、
チェスノコフ、ニコリスキー、
ショーリン、カスタリスキー、
オゼレフ、スモレンスキーの作品(全19曲)
ニコライ・ゲオルギエフスキー(指)
モスクワ総大司教座救世主キリスト大聖堂cho

録音:データ記載なし
RUSSIAN DISC
RDCD-00858(1CD)
ロシアの民謡とポピュラー音楽
Handbell / The uhar-uerchant went on fair / I will sow orach
Oh, da ty Kalinushka / The guitar sings / Midge / Kashtanka
Chizhik-pyzhik / Ah, you, mother / When fad golden mountains
In the low attic / Khokhloma / Be silent grief
Live at the grandmother the greyish goat
There lived at the Granny two cheerful geese / Under a mansion boyar
Here the three post rushes / Gossips / The town of Samara
Whether in the orchard or in the kitchen garden / Over a window month
Scherzo on theme of Barynia / Apple tree / March
It's a good life, fellas! / Eh, my accordion / March / Kalinka
Has dropped the ringlet / Let's recollect, brothers, Russia and glory
スカス(ロシア・フォーク・クアルテット)
ワレンチナ・ソボレワ=ベリンスカヤ(ドムラ・プリマ、歌)
ドミートリー・ベリンスキー(バラライカ・プリマ)
アンドレイ・タラソフ(ドムラ・アルト)
A・プロホロフ(バラライカ・バス)

録音:1980、2004、2007、2008年
上記曲名は英訳ですが、歌唱はもちろんロシア語です。

露OLYMPIA
MKM-258(1CD)
グリンカからショスタコーヴィチまで
グリンカ:疑い*
チャイコフスキー:騒がしい舞踏会の中で+
ショスタコーヴィチ:映画「馬あぶ」から ロマンス#、他(全22曲)
フョードル・シャリアビン(Bs)*
アレクサンドル・オグニフツェフ(Bs)+
ボリショイ劇場ヴァイオリン・アンサンブル# 他、様々な歌手、演奏者

録音:SP復刻、モノラルを含む
露OLYMPIA
MKM-259(1CD)
プロコフィエフ:カンタータ「アレクサンドル・ネフスキー」*
ピアノ協奏曲第3番+
エレーナ・オブラスツォワ(Ms)*
クラウディオ・アバド(指)*
セルゲイ・プロコフィエフ(P)+
ピエロ・コッポラ(指)+
ロンドンSOcho*、LSO

録音:1979年6月*、1932年+、ロンドン、ADD

*はDEUTSCHE GRAMMOPHON盤と同一音源。
露OLYMPIA
MKM-212(1CD)
【未案内旧譜】
黒い馬〜ジプシーの歌
黒い馬/ゴルブチク/ソスニツァ
ヴェシェサ/ナネ・ツォハ
ワイン・グラス/トルコ人/菊
さようなら、私のジプシー・キャンプ
ウグリュム川/ドゥイ・ドゥイ
書き付け/キシネフ/あなたは望まれた
オ=ディヴェス/カリーナ/ジプシー
ジプシーの馬蹄
リューボフ・デメテル(歌)
露OLYMPIA
MKM-219(1CD)
【未案内旧譜】
夜はない〜ジプシーの歌
黒い瞳/二輪のばら/君は19歳
なぜ悲しむ/秋の露/歌は流れる
まったくの他人の/愛の遊戯
ソコロフスキー合唱団/鶴
ユーゴスラヴィア人/夜はない
乞食女/ジェレム/マルジャンジャ
小川/長い道/毛むくじゃらのマルハナバチ
最後に私は言おう/カイ・ヨンエ
リューボフ・デメテル(歌)

風樂
NOOI-5007(1CD)
Chor June15周年記念演奏会2011
中田喜直:六つの子供の歌
三善晃:木とともに 人とともに
ブリテン:キャロルの祭典Op.28
廣瀬量平:カムイの森で
いずみたく:見上げてごらん夜の星を
甲田潤:夢(アンコール)
Chor June(女声合唱)
甲田潤(指)、篠崎史子(Hp) 
東由輝子(P) 
弓田真理子(合唱指導)

録音:2011年6月13日東京文化会館小ホール
創立15周年を迎えたChor June(コール・ジュン)記念演奏会のライヴ収録。ChorJuneの澄み渡るハーモニーと情感に溢れた歌声は心を癒します。東日本大震災が起こった今、多くの人々に詠まれている谷川俊太郎・作詞「生きる」に三善晃が作曲した「木とともに 人とともに」や、CD初録音となる女声合唱版「カムイの森で」など、意欲的なプログラムを収録しています。 (Ki)
■Chor June(女声合唱)プロフィール
すみだ少年少女合唱団の卒団生が中心となり1996年に結成。同団出身者の他、学生から社会人まで若いメンバーで構成されている。都内にて演奏会や海外の合唱団とのジョイントコンサートを開くほか、活動拠点である墨田区の合唱祭への出演、福祉施設でのボランティア演奏、区内イベントへの出演、小中学校での招待演奏、すみだ少年少女合唱団との共演など、地域での活動にも力を入れている。2004年「伊福部昭卆寿記念コンサート」、2008年「軽井沢合唱フェスティバル2008」、2009年オーケストラ・ニッポニカ「芥川也寸志没後20年メモリアルふれあいコンサート」、2010年オーケストラ・ニッポニカ第17回演奏会「芥川也寸志管弦楽作品連続演奏会・その3」、等へ出演のほか2009年因幡一宮宇倍神社例祭「神へ捧げることほぎの歌〜伊福部昭の音楽〜」(鳥取県宇倍神社本殿)で奉納演奏も行った。これまでに、東京ヴォーカル・アンサンブル・コンテスト一般部門で二度の金賞、ルネサンス・バロック部門で銅賞、東京都合唱コンクール一般部門で銀賞を受賞。第4回合唱音楽コンクール〜コーラスの響き2009、第1位。

KLASSIC CAT
KC-0902(1CD)
ジュアン・クメリャス(1913-2000):海外領土の歌歌曲&ピアノ曲集
海外領土の歌 第1巻*/オマージュ組曲
アントニオ・マチャドの詩への歌のオマージュ*
ピアノの為の10のバラード Op.12
カタルーニャ語の3つの歌*
5つのピアノ小品 Op.19〜悲歌,風景
海外領土の歌 第2巻*
古い詩集 から 3つの歌*/聖なる言葉*
イネス・ムラレダ(Ms)*
マック・マクルーア(P)
ジュアン・クメリャスはカタルーニャ(スペイン)の民族主義的作曲家。ピアニストのマック・マクルーアはこのレーベルのアーティスティック・ディレクター。
KLASSIC CAT
KC-1005(1CD)
アルベニスのフレンチ・コネクション歌曲集
アルベニス:それは愛/たそがれ
 悲しみ/バルベリーヌの歌
ラヴェル:博物誌
 くじゃく/こおろぎ/白鳥/かわせみ
 ほろほろ鳥
ドビュッシー:抒情的散文夢に
 砂浜に/花に/夕べに
アルベニス:4つの歌
 あなたの苦しみを見ると
 見出された楽園/避難
 愛、不法の極み
フォーレ:夕べ/消え去らぬ香り
 アルペッジョ
ファリャ:3つの歌鳩/中国風
 セギディリャ
マリサ・マルティンス(S)
マック・マクルーア(P)
アルベニスと彼がパリ滞在中に交友した作曲家たちの歌曲集。
KLASSIC CAT
KC-1007(1CD)
エルネスト・ブラス(1928-):歌曲集「夕べの光」
歌曲集「聖なる指輪」
マリサ・マルティンス(S)
フェドラ・ブラス(Fl)
マック・マクルーア(P)
1928年バルセロナに生まれたエルネスト・ブラスは1980年代に彫刻家として、1990年代に作曲家としてデビューしたという異色のアーティスト。
KLASSIC CAT
KC-1011(1CD)
パブロ・カザルス(1876-1973):ピアノ曲&歌曲集
[ピアノ曲]*
慣れ親しんだページ/瞬間的
4つの歌詞のないロマンス
3つの有機的前奏曲

[歌曲]+
海に向かって/祖母の歌
いたずら好きな天使/白ゆり
あなたが見つからない(カタルーニャの歌 第3曲)
鏡の中に/人生は何と短いことか
象の歌/3つの愛の詩
あなたの愛するかわいい花々
マック・マクルーア(P)*
ロザ・マテウ(S)
マルコ・エヴァンジェリスティ
全曲世界初録音とのことです。

DIES
DIES-201020(1CD)
輝きに満ちてスペイン歌曲集
アントン・ガルシア・アブリル(1933-):3つのアラゴンの水彩画**
ロドリーゴ:私はロバを一頭持っている
ヘスス・グリディ(1886-1964):漕げ漕げ
モンポウ(1893-1987):魂の歌(*/++)
パブロ・ソロサバル(1897-1988):バスクの地よ++
ガリシア民謡(M・グロバ編):あんたの雄鶏が
エンリケ・ファブレス(1926-):セビリャのボレロ+
モンサルバジェ(1912-2002):5つの黒人の歌〜ハバナの小唄(#/**)/黒人の子守歌**/黒人の歌
ファリャ:カンタータ「アトランティダ」から 海のサルベ++
フアン・アルフォンソ・ガルシア(1935-):黄色〔輝きに満ちて/灯のともる夕べ〕
ヘスス・グリディ:マドリガル
民謡:川岸で
ヘロニモ・ヒメネス(1854-1923):サルスエラ「ラ・テンプラニカ」〜サパテアド(#/++)
エリサ・ベルモンテ(S)*
アナベル・アルダルル(Ms)+
イサベル・エヘア(Ms)#
エル・エスコリアル修道院聖歌隊
レアル・カピリャ・エスクリアレンセ
アルベルト・パドロン(P)**
エクトル・エリエル・マルケス(P)++
ハビエル・マルティネス・カルメナ(指)

録音:2007、2008、2009年、エルエスコリアル修道院(スペイン)、講堂・会計人室

Onyx
ONYX-4077(1CD)
シューベルト:歌曲集「冬の旅」D.911 フローリアン・ベッシュ(Br)、
マルコム・マルティヌー(P)
ロベルト・ホルの愛弟子であり、リート歌手として高評価を受けているオーストリアのバリトン、フローリアン・ベッシュのオニックス第2弾はシューベルトの「冬の旅」!2010年にはアーノンクール&ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスのハイドン「天地創造」でソリストを任されるなど、オペラ、古楽、リートの全てを高いレベルで歌えるベッシュの歌声は世界中の名指揮者たちから信頼を集めています。
Onyx
ONYX-4079(2CD)
ブリテン:歌曲集Vol.2
ミケランジェロの7つのソネットOp.22
子守歌のお守りOp.41
この子らは誰かOp.84/赤いオウム
波立たない湖の魚
ウィリアム・ブレイクの歌と格言Op.74
ダンス・ル・ボワ(世界初録音)
リュート歌曲第2番/室内楽曲第5番
鳥たち/かつて春が再び
チルドレン・アンド・サー・ネームレス(子供たちと名無しの卿)
ダウティーの献身/ザ・ガリー
トラディション
オヴ・オール・ザ・アーツ・ザ・ウィンド・キャン・ブロウ(世界初録音)
オー・ホワイ・ディド・エァ・マイ・ソウツ(世界初録音)
アラン・クレイトン(T)、
ジェニファー・ジョンストン(Ms)、
ロビン・トリッチュラー(T)、
ニッキー・スペンス(T)、
エリザベス・アサートン(S)、
ベンジャミン・ヒューレット(T)、
ベネディクト・ネルソン(Br)、
マルコム・マルティヌー(P)
グレアム・ジョンソンと並ぶ歌曲伴奏の世界的名手、マルコム・マルティヌーとイギリスの若手声楽家たちによるベンジャミン・ブリテンの歌曲集第2巻。フレッシュで可能性にあふれた歌声と、マルコム・マルティヌーのピアノ、プログラミングの一体感が、ブリテンの歌曲に秘められた知られざる魅力を響かせます。

NEOS
NEOS-11127(1SACD)
ヴァインベルグ・エディションVol.3
ヴァインベルグ:レクイエムOp.96
【1.パンと鉄(ディミトリ・ケドリン)/2.そしてそれから・・・(フェデリコ・ガルシア・ロルカ)/3.柔らかい雨が降るだろう(サラ・ティースダール)/4.広島、5本の詩句(深川宗俊)/5.人々は歩いた(フェデリコ・ガルシア・ロルカ)/6.種をまく(ミハイル・デュディン)】
エレナ・ケレシディ(S)
ウラディーミル・フェドセーエフ(指)
ウィーンSO、
ウィーン少年cho
プラハ・フィルハーモニックcho

録音:2010年8月レゲンツ音楽祭ライヴ
このレクイエムは作曲者がベンジャミン・ブリテンの戦争レクイエムの影響を受けて作曲されました。作曲の背景にはブリテンの友人でもあるショスタコーヴィチの薦めもあったようです。ロシアの詩人ケドリン、スペインの詩人ガルシア・ロルカの他、日本の詩人・深川宗俊の詩も取り上げられています。因みに深川宗俊は広島で被爆、戦後は峠三吉らと反戦詩人として活動した。楽譜は作曲後紛失、初演は作曲者の死後13年経った2009年11激潟買@プールにてトマス・ザンデルリングの指揮で行われました。ショスタコーヴィチ、シュニトケ・ファンは必聴!
NEOS
NEOS-11118(1CD)
ルドルフ・ケルターボーン(b.1931):FDへのオマージュ(2010)〜5楽器と女声のための想像上の情景
室内交響曲第3番(2007)〜2台ピアノと3つ楽器群のための*
イッヒ・ヘーレ・ミッヒ(2006)〜ソプラノ、オーボエ(コール・アングレ)、チェロとピアノのための#
ヴィオラ協奏曲(2009)##
ピエール=アラン・モノ(指)NECヌーヴェル・アンサンブル・コンタンポラン、
ジャニーヌ・ヒルツェル(S)、
アドリエンネ・ソーシュ&イーヴォ・ハーグ(P)*
ジェシカ・ロナ(Va)#、
トマス・レースナー(指)ビールSO

録音:2011年2月、2008年9月初演ライヴ*、2011年2月、2010年5月初演ライヴ##
ケルターボーンはバーゼル出身の作曲家でヴォルフガング・フォルトナー、ボリス・ブラッヒャーらに師事。ポスト・ウェーベルンの点描的な厳しい様式の流れを汲みつつブーレーズを思わせる輝かしい音響が特徴。室内交響曲第3番におけるピアノ、ハープ、ギター、金属系打楽器の奏でる輝かしい音響の中から生まれてくるヴァイオリン群の息の長い旋律の神秘的な美しさ、ただひたすらヴィオラとオーケストラが禅問答のような孤独な対話を続ける大作ヴィオラ協奏曲が聴きもの。
NEOS
NEOS-11119(1SACD)
ルイジ・ノーノ:作品集
「リゾナンツェ・エランティ(さすらう響き)」/マッシモ・カッチアリに(1986/1987)※世界初録音〜コントラルト、フルート、チューバ、打楽器とライヴ・エレクトロニクスのための
ドナウのための後-前-奏曲(1987)〜チューバとライヴ・エレクトロニクスのための*
アンサンブル・エクスペリメンタル
【ズザンネ・オット(S)、R.ファブリチアーニ(Fl)*、クラウス・ブルガー(Tub)】
デトレフ・ホイジンガー(指)ストラスブール打楽器アンサンブル
SWRエクスペリメンタル・スタジオ (ライヴ・エレクイトロニクス)

録音:2010年12月
《リゾナンツェ・エランティ(さすらう響き)》はハーマン・メルヴィルら数人の詩人の詩をテキストとし、他にいくつかの中世ルネサンスの歌曲が原型を留めぬほど変形してコラージュされて構成されている。コントラルトのモノローグとも言うべき独唱に打楽器、チューバ、電子音響が挑発的に楔を入れる形で進行するノーノ晩年の傑作。《ドナウのための後-前-奏曲》は現代曲の世界ではチューバの名曲として比較的知られており、本年6月にも日本初演されたばかり。予め録音され変調されたチューバの音と生のチューバが夢と現実の境も曖昧な幻想的な対話を繰り広げます。

独SONY-BMG
SONY-88697939742
(1CD)
ヘンデル:オラトリオ「メサイア」(抜粋) ジュディス・ラスキン(S)
フローレンス・コプレフ(A)
リチャード・ルイス(T) 
トマス・ポール(Bs)
"ロバート・ショウ(指)
ロバート・ショウO&cho

Bergen Digital
BD-7068CD(1CD)
スキーの抒情曲集
ホルムセン:ヴィルヘルム・クラグの詩による3つの歌曲Op.14
 バルヴィゼOp.13
シェルドス:無伴奏ギターのためのロマンティックな組曲Op.61
ゴートハウグ:ノルウェー民謡による変奏曲Op.51
シェルドス:無伴奏ギターのための即興曲Op.75、
 ギターのための4つのバガテルOp.67
ゴートハウグ:オルガンのための小組曲Op.52
シェルドス:ロマンサ・アモローソとコンチタート
ダグフィン・クラウセン(Org)、
ロイ・ヘニング・スニエン(S)、
エレーヌ・ウォルド(S)、
ヴェガルド・ルンド(G)、
ハルドール・メーランド(P)
抒情的な旋律を持つ19世紀後期〜20世紀ノルウェーの、声楽、ギター、オルガンのための作品集。

ALTO
ALC-1153(1CD)
キャスリーン・フェリアー/リートを歌う
マーラー:「亡き子をしのぶ歌」*
シューマン:「女の愛と生涯」Op.42
ブラームス:4つの厳粛な歌 Op.121+
 アルトの為の2つの歌 Op.91
サッフォー風頌歌 Op.94-4#
 頼り Op.47-1#
キャスリーン・フェリアー(A)
ウィーンPO*
ブルーノ・ワルター(指)*
ジョン・ニューマーク、フィリス・スプア(P)

録音:1949年*/1951年(*以外) AAD
原盤:Decca
前出:Regis, RRC 1153(*/+), RRC 1164#
ALTO
ALC-1154(1CD)
リスト:十字架への道行(独唱、合唱とオルガンの為の)
ミサ・コラーリス(合唱とオルガンの為の)
ゴードン・ソーン(指)
BBCノーザン・シンガーズ
フランシス・ジャクソン(Org)

録音:データ未詳 ADD
原盤:Saga

TROUBADISC
TRO-CD01439(1CD)
2415
シューベルト:歌曲集「冬の旅」 ニコライ・ボルチェフ(Br)
フリードリヒ・ズッケル(P)

録音:2010年3月27日、ドレスデン城、王子のギャラリー、ライヴ
ニコライ・ボルチェフは1980年ベラルーシのピンスクに生まれ、モスクワ音楽院でパーヴェル・リシツィアン他に、ベルリン・ハンス・アイスラー音楽アカデミーでハインツ・レー、ユリア・ヴァラディ、ヴォルフラム・リーガーに師事したバリトン。2003年よりバイエルン国立歌劇に所属、バロックから現代音楽まで幅広く活躍する期待の歌手です。フリードリヒ・ズッケルは1979年ベルリンに生まれ、ベルリン・ハンス・アイスラー音楽アカデミーでロルフ・ロイター、アレクサンダー・ヴィトリン、セミヨン・スキーギン、そしてボルチェフと同じくヴォルフラム・リーガーに師事したピアニスト・指揮者。
TROUBADISC
TRO-CD01432(1CD)
現代エストニアの教会音楽
アンドレス・ウイボ(1956-):アンティフォナ集(2005)
ヴェリヨ・トルミス(1930-):十字路で(1991)
 私の村の塔の鐘(1978)
アルヴォ・ペルト(1935-):痛悔のカノン(1996)〜コンタキオン/オードVI/カノンの後の祈り
ワレーリー・ペトロフ(指)
オースドクス・シンガーズ

録音:2007年3月、Kelia Newand(エストニア)、使徒教会
オースドクス・シンガーズは合唱指揮者ワレーリー・ペトロフ(1960年サンクトペテルブルク生まれ、エストニア音楽アカデミー卒業)が1989年にエストニアの首都タリンに創設した正教会音楽専門の室内合唱団。当録音では11人編成。
TROUBADISC
TRO-CD01421(1CD)
ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル:歌曲集 Vol.2(1837-1847)
Ach die Augen sind es wieder / Die Mainacht / Schwanenlied
Das Meer erglanzte weit hinaus* / Fichtenbaum und Palme
Du bist die Ruh / Sehnsucht / Dammrung senkte sich von oben
Gondellied / Wanderers Nachtlied
Anklange(3つの歌)*〔Voglein in den sonn'gen Tagen /
Ach! Wie ist es doch gekommen / Konnt' ich zu den Waldern fluchten〕
Nacht ist wie ein stilles Meer / Nachtwanderer / Traurige Wege
Im Herbst / Erwins Lied / Abendbild (Friedlicher Abend) / Vorwurf
Abendbild (Stille wird's im Walde) / Bitte / Kommen und Scheiden*
Dein ist mein Herz / Die Stille* / Traum / Bergeslust
アンネ・グリム(S)
ロスヴィータ・ミュラー(Ms)
コビー・ファン・レンスブルク(T)
マールテン・コニングスベルガー(Br)
ケルヴィン・グラウト(P)

録音:1999-2001年、ルートヴィヒスブルク(ドイツ)、バウアー・スタジオ
*は世界初録音と表記されています。
TROUBADISC
TRO-CD01420(1CD)
ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル:歌曲集 Vol.1(1819-1837)
Lied zum Geburtstag des Vaters* / Erster Verlust*
Sehnsucht nach Italien / Des Mullers Blumen / Der Neugierige
Die liebe Farbe / Sehnsucht* / In die Ferne / An Suleika
Harfners Lied / Wie dunkel die Nacht* / Allnachtlich im Traume*
Die fruhen Graber / Kein Blick der Hoffnung / Der Eichwald brauset
Nacht liegt auf fremden Wegen / Suleika / Uber allen Gipfeln ist Ruh
Gegnwart / Wenn der Fruhling kommt / Wenn ich mir in stiller Seele*
Wie Dich die warme Luft umscherzt*
Ich ging lustig durch den grunen Wald* / Die Mainacht
Ich wandelte unter den Baumen / Warum sind denn die Rosen so blass?
Wanderlied
アンネ・グリム(S)
ロスヴィータ・ミュラー(Ms)
コビー・ファン・レンスブルク(T)
マールテン・コニングスベルガー(Br)
ケルヴィン・グラウト(P)

録音:1999-2001年、ルートヴィヒスブルク(ドイツ)、バウアー・スタジオ
*は世界初録音と表記されています。
TROUBADISC
TRO-CD01417(1CD)
エセル・スマイス(1858-1944):歌曲&室内楽作品集 Vol.4
バリトンとピアノの為の5つの歌Op.4*
バリトンとピアノの為の5つの歌とバラードOp.3*
チェロ・ソナタ ハ短調(1880)+
海の3つのムード(バリトンとピアノの為の3つの歌;1913)*
マールテン・コーニングスベルガー(Br)*
ケルヴィン・グラウト(P)*
フリーデマン・クプサ(Vc)+
アンナ・シロヴァ(P)+

録音:1997年3月27-28日、10月1-2日、ルートヴィヒスブルク、バウアー・スタジオ
世界初録音と表記されています。
TROUBADISC
TRO-CD01405(1CD)
エセル・スマイス(1858-1944):室内楽&歌曲集 Vol.3
メゾソプラノと室内アンサンブルの為の4つの歌(1907)*
メゾソプラノとピアノの為の3つの歌(1913)+
ヴァイオリン、ホルンとピアノの為の二重協奏曲イ長調(1926)#
メリンダ・パウルセン(Ms(*/+))
エセル・スマイス・アンサンブル*
ウルリケ・ジーバー(Fl)
レナーテ・エッゲブレヒト(Vn)
ゲオルギー・ゲオルギエフ(Va)
フリーデマン・クプサ(Vc)
コリンナ・ツィルケルバッハ(Hp)
アレクサンダー・ゴトフチコフ(打楽器)
ヨハネス・シュメラー(指)
アンゲラ・ガッセンフーバー(P)+
レナーテ・エッゲブレヒト(Vn)#
フランツ・ドラクシンガー(Hrn)#
セリーヌ・デュティイー(P)#

録音:1992年5月1-2日、7月28月、ルートヴィヒスブルク、バウアー・スタジオ
世界初録音と表記されています。

EURARTE
EA-0066(1CD)
アヴェ・マリア
サン・サーンス:オルガンまたはハルモニウムの為の9つの小品 から 行列*
ヴァヴィロフ(1925-1973):カッチーニのアヴェ・マリア
アルカデルト(1504頃-1568):アヴェ・マリア
ドゥランテ(1684-1755):愛に満ちた処女よ
カレガーリ(1863-1952):トッカータ*
サン=サーンス:アヴェ・マリア
バッハ(グノー編):アヴェ・マリア
デランドル(1840-1911):アヴェ・マリア
オーギュスト・デュラン(1830-1909):アヴェ・マリア
フランク:アヴェ・マリア
サン=サーンス:オルガンまたはハルモニウムの為の9つの小品〜エレヴァツィオーネ*
ケルビーニ:アヴェ・マリア
ヴェルディ:アヴェ・マリア
メルカダンテ:めでたし、マリア
プッチーニ:めでたし、元后[Salve, Regina]
シューベルト:アヴェ・マリアOp.52-6
ボッティリェーロ(1864-1937):神に歓呼せよ[Exultate Deo](オルガン独奏の為の行進曲)Op.45-3*
パオラ・サングィネッティ(S)(*以外)
エンニオ・コミネッティ(Org)

録音:2010年5月31日、7月14日、9月8日、モンテヴェッキア(イタリア)、カルメロの聖母教会
使用楽器:18世紀終わり−19世紀初め、伝エウジェニオ・ビロルディ製
パオラ・サングィネッティはイタリアのパルマに生まれ、同地のアリゴ・ボーイト音楽院で学んだソプラノ。1994年の第15回マッティア・バッティスティーニ国際コンクールで優勝し、1997年から2005年までアンドレア・ボチェッリ(T)のワールド・ツアーに同行しました。
EURARTE
EA-0012(1CD)
教会アリア集
モンテヴェルディ:サルヴェ・レジナ
フレスコバルディ:十字架の下のマッダレーナ
ストラデッラ:憐れみたまえ、主よ
ロッシーニ:アヴェ・マリア
シューベルト:アヴェ・マリア
ケルビーニ:アヴェ・マリア
バッハ(グノー編):アヴェ・マリア
トスティ:アヴェ・マリア
ヴェルディ:アヴェ・マリア
サン・サーンス:アヴェ・マリア
フランク:天使の糧
レーガー:マリアの子守歌
レオナルド・アンドレオッティ(T)
シモーネ・ヴァレーリ(Org)

録音:ラパッロ(イタリア)、聖ジェルヴァージオ&プロタージオ・バジリカ教会、時期記載なし
使用楽器:1942年、フラテッリ・マリン製
EURARTE
EA-0010(1CD)
スピリチュアル&クリスマス・ソング
Nobody knows the trouble I've seen 1 / Joshua fought the battle of Jerico 1
Sussex Carol / The First Nowell 1 / Torches (Joubert)
Go tell in the mountain / Lullay, thou little tiny child
Nobody knows the trouble I've seen 2 / Joshua fought the battle of Jerico 2
I got a home in A-that rock 1 / Sans day Carol / Jingle Bells (Pierpoint)
The First Nowell 2 / I got a Home in A-that rock 2
Sometimes I feel like a motherless child / Go down Moses
Preghiera (Cappelletti)
アッリーゴ・カッペレッティ(P)

録音:データ記載なし
発売:2001年
イタリア出身で世界的に活躍しているのジャズ・ピアニスト兼作曲家アッリーゴ・カッペレッティ(1949年生まれ、同姓同名のクラシック作曲家とはもちろん別人)の編曲(最後の曲は自作)と演奏による黒人霊歌とクリスマス・キャロルの数々。

COL LEGNO
WWE-20303(1CD)
フラヌイ:マーラー歌曲集(すべてマルクス・クラーラーとアンドレアス・シェットによる編曲)

彼女の婚礼の日は/もう会えない/浮き世の生活/私はやわらかな香りをかいだ/彼女の青い目が/子供の不思議な角笛からダンスメドレー(魚に説教するパドヴァの聖アントニウス‐この歌をひねり出したのは誰?‐ラインの小伝説)/歌とピアノのための「シュトラスブルクの砦で」幻想曲/お前のお母さんが/私は緑の野を楽しく歩いた/トランペットが美しく鳴り響く所/原光/真夜中に/死んだ少年鼓手/私はこの世に忘れられ
フラヌイ
ヨハネス・エダー(Cl、B-Cl)
アンドレアス・フュッチュ(Tub)
ロメト・ホプフガルトナー(A-Sax、Cl)
マルクス・クラーラー(Cb、Acc)
アンゲリカ・ライナー(Hrp、チター、歌)
ベッティーナ・ライナー(ダルシマー、歌)
マルクス・ライナー(Trp、歌)
アンドレアス・シェット(Trp、歌)
マルティン・ゼンフター(Trb、歌)
ニコライ・トゥンコヴィチ(Vn)
ダニエル・シュムッツハルト(Br)

録音:2010年8月19-21日、チロル州立インスブルック音楽院コンツェルトザール
フラヌイは東チロルの小さな村インナーフィールグラーテン出身のバンド。元々は村の葬式などで演奏していたといいます。「シューベルト歌曲集」「ブラームス民謡集」に続く第三弾がこのマーラー。一聴するとデキシーランド・ジャズ、チロル民族音楽、現代音楽がなんとも不思議に融合した音楽で、クセになる独特の魅力に富んでいます。民謡と繋がりの強い「リュッケルト歌曲」や「少年の不思議な角笛」のアイロニーと懐かしさは勿論ですが、「さすらう若人の歌」「亡き児を偲ぶ歌」の素朴でセンチメンタルな編曲でマーラーの本質を鋭く突いて、聴かせます。マーラーが第九交響曲と大地の歌を書いたトプラッハに程近いインナーフィールグラーテン村の音楽家フラヌイの作曲家へのユニークなオマージュと言えるでしょう。 (Ki)
COL LEGNO
WWE-50501(1CD)
ヴォルクガンク・リーム:3つの歌曲集
ハイナー・ミュラーの11の後期の詩による歌曲集「手書きの終わり」
ヘルマン・レンツの8つの詩による歌曲集「すぐ戸外で」
リルケの4つの詩による歌曲集
クリストフ・プレガルディエン(T)
ジークフリート・マウザー(P)

録音:2003年10月5-8日、バイエルン放送スタジオ(ミュンヘン)
ヴォルフガンク・リームの400を超える創作の中でも、テクストを伴った作品は特別な位置を占めています。このCDに収められた3つの歌曲集はいずれもテノールのクリストフ・プレガルディエンとピアノのジークフリート・マウザーのために書かれ、彼らの手によって初演されました。ピアノと歌のみという伝統的なリート形式で書かれたこれらの歌曲は、テキストに沿った歌のメロディ・ラインはまさにドイツ・リートの王道をいく「美しさ」、そこに歌に対抗するように斬新なピアノが加わり、リームならではの世界が展開されます。演奏では、録音時(2003年)のプレガルディエンがまさに絶好調!艶やかな声、深いテクストの読み・・・いずれもそのベストを聴かせています。ドイツ・リートの伝統が現代に生きていることを実感できる素晴らしいCDです。 (Ki)

DHM
DHM-88697959522(2CD)
ハイドン:オラトリオ「天地創造」 ジモーネ・ケルメス(S
ドロテー・ミールズ(S)
スティーヴ・ダヴィスリム(T)
トーマス・ヘンゲルブロック(指)
バルタザール・ノイマン・アンサンブル、cho

URANIA
WS121.130(1CD)
オルフ:カルミナ・ブラーナ
ストラヴィンスキー:組曲「火の鳥」*
ヴァージニア・ベビキアン(S)
クライド・ヘーガー(T)
ガイ・ガードナー(Br)
レオポルド・ストコフスキー(指)
ヒューストンSO&cho、BPO*

録音:1958年、1957年*

Acte Prealable
AP-0216(1CD)
マルチン・コプチンスキ(1973-):一人の人間、いくつかの影
思い起こしたまえ、聖母よOp.44(2007)*
悲しみ、涙を流しOp.38a(2005)*
受胎告知Op.27a(2004)*
私はあなたの穿たれた両手を崇めOp.30(2004)*
聖母マリアの感覚は幸福であるOp.40(2006)*
ラクリモーサOp.1-1(1990)*
この世で最も価値ある元后Op.48(2008)*
ギター室内協奏曲「3つの印象」Op.41(2006)+
ピアノ・ソナタ第2番Op.19(1999)#
ピアノ・ソナタ第4番Op.49(2008)**
ヴァイオリン・ソナタ第2番Op.17(1999、2006)++
イングリダ・ガーポヴァー(S)*
クシシュトフ・メイシンゲル(G)+
カロリナ・ヴルベル=クシシュトフォルスカ(Vn)++
マルチン・コプチンスキ(P)(*/++)
バルトゥオメイ・ヴェズネル(P)+
ラドスワフ・ソプチャク(P)#
マルタ・オソフスカ=ウトリスコ(P)**

録音:2009年3月1日*、6月+、2010年7月8日#、11月25日**、
イノヴロツワフ音楽学校(*/+/#/**)
2006年11月14日、ビドゴシュチ音楽アカデミー、ライヴ++
マルチン・コプチンスキはポーランドのイノヴロツワフに生まれ、同地の音楽学校とビドゴシュチ音楽アカデミーで学んだ作曲家。現在は両母校で教えています。アルバムの前半を占める宗教的歌曲の作曲を彼は「愛の労働」であると語っています。世界初録音と表記されています。
Acte Prealable
AP-0240(1CD)
ユリウシュ・ウーチュク(1927-):オラトリオ「泉のほとりの歌」(1996) ボジェナ・ハラシモヴィチ=ハース(S)
ヤツェク・ラシュチコフスキ(T)
ヤヌシュ・ボロヴィチ(Br)
ジョゼ・マリア・フロレンシオ(指)
クラクフ・ポーランド放送cho
クラクフ・ポーランド放送室内O

録音:1996年8月17日、ロックム(ドイツ)、修道院教会、ライヴ
様々な宗教的背景を持つ14人の作家の作品からテキストを採ったドイツ語歌唱のオラトリオ。世界初録音と表記されています。

Avie
AV-2241(1CD)
バッハ:葬送音楽BWV.244a〜ケーテン侯レオポルトの追悼音楽(完全復元版世界初録音) アンドルー・パロット(指)
タヴァナー・コンソート&プレーヤーズ、
エミリー・ファン・エヴェラ(S)、
クレア・ウィルキンソン(Ms)、
チャールズ・ダニエルズ(T)、
トーマス・メグリオランザ(Br)

録音:2010年11月25日−30日、聖マイケル教会(オックスフォード)
1717年、32歳のバッハを宮廷楽長として迎え入れ、音楽活動を支えたケーテン侯レオポルト。
バッハがライプツィヒへと転出した5年後の1728年に34歳という若さでこの世を去った恩人のために作曲された「葬送音楽BWV.244a」の完全復元、世界初録音という特大プロジェクトがここに実現!「マタイ受難曲」のパロディとして知られながらも、楽譜の消失によりその全容がベールに包まれていた「葬送音楽BWV.244a」。パロット&タヴァナー・コンソート&プレーヤーズにより、その姿が"完全復元版"として明らかとなります!
Avie
AV-2238(1CD)
ブリテン:歌曲集
冬の言葉Op.52
お前はニューキャッスルの生まれではないのか?
かわいいウィリアム卿
サリーの園
ミケランジェロの7つのソネットOp.22
とねりこの林
夏の最後のばら/鋤で耕す少年
ニコラス・ファン(T)、
マイラ・ホァン(P)
ニコラス・ファンは、ブーレーズ&シカゴSOと共演したストラヴィンスキーの「プルチネッラ」がグラミー賞に輝き、一躍世界へとその名を広めたアメリカのテノール。上昇気流に乗るニコラス・ファンがソロ・レコーディングのデビュー・プログラムに選んだのはブリテンの歌曲集。楽しみな才能の登場です!
Avie
AV-2215(1CD)
クライスト・チャーチの財宝
ヘンデル:司祭ザドク
ウォルトン:汝の心に封印をするように
タリス:世の救い主よ
パーソンズ:アヴェ・マリア
ブリテン:羊飼いのキャロル
ハウエルズ:ライク・アズ・ザ・ハート
タヴナー:主の祈り
タヴァナー:イエス・キリスト
グリアー:マイ・ブレス・ライズ・クヮイエット
ワーロック:ベツレヘム・ダウン
ラッター:カンティクル・オヴ・ヘヴンリー・シティ(世界初録音)
バード:おお主よ、御身のしもべエリザベスが
ダーリントン:ヤコブの梯子
ギボンズ:グレート・ロード・オヴ・ローズ
グッドール:聖霊来たりたまえ(世界初録音)
ウィールクス:ホサンナ
パーセル:主よ、御身は我らの心の秘密を知り給う
スティーヴン・ダーリントン(指)
オックスフォード・クライスト・チャーチ大聖堂聖歌隊
1526年からジョン・タヴァナー(c.1490−1545)が合唱指揮者、オルガニストを務めていたオックスフォード・クライスト・チャーチ大聖堂聖歌隊が、英国合唱音楽500年の歴史を歌います。長き歴史を誇るオックスフォード・クライスト・チャーチ大聖堂のライブリーに保管されていたオリジナルのマニュスクリプトによる演奏、世界初録音となるラッター、H・グッドールの作品がポイント。

Regis
RRC-1379(1CD)
天使の声 様々なアーティスツ
Regisが所有する多くの少年合唱団の音源から、さまざまなジャンルの音楽を収録。

ALBANY
TROY-1244(1CD)
「なんて甘い響き」〜ダリル・テイラー黒人霊歌を歌う
アメージング・グレース、深い河、
ピーター鐘を鳴らしに行きなさい、主よ
私は参ります、
私の足を導いて下さい、
高い山への登り、誰かここにいる?他全20曲
ダリル・テイラー(C.T)、
ブレント・マックマン(P)

録音:2010年、DDD
ダリル・テイラーはミシガン州出身のカウンター・テナー歌手でカーネギー・ホール、ケネディ・センターを始めとする全米はもとよりヨーロッパでも盛んに活動している。黒人特有の柔らかい高音はまさにアルバム・タイトルの「How sweet the sound」である。
ALBANY
TROY-1256(1CD)
コンスタンティン・カヴァフィの詩による4つの歌曲集
デイヴィッド・ゴムパー(b.1954):愛の影
ジェレミー・デール・ロバーツ(b.1934):同じ空間で
カトリーナ・スタマテロス(b.1951):愛と恐怖
リチャード・ピアーソン・トーマス(b.1957):遠方
ジョン・ムリエロ(Br)、
デイヴィッド・ゴムパー(P)

録音:2010年3月 DDD
コンスタンティン・カヴァフィ(1863-1933)はギリシャ人の両親のもとエジプトで生まれ、後にイギリス国籍を得た詩人でノーベル文学賞を受賞している。彼の詩に4人の作曲家が曲をつけたCD
ALBANY
TROY-1258(1CD)
フランク・ティチェリ(b.1958):アメリカの夢(歌の交響曲)
ランシング・マクロスキイ(b.1964):プレックス・ペニテンティアリス*
レイラー・ディオン・エズラ(S)、
ゾー・ゼニオディ(指)フロストSO
アンドレア・フリングトン(S)*、
ブラッド・ラブマン(指)HGNM室内O*
ティチェリは南カリフォルニア大学で学び、作品はアトランタ響、フィラデルフィア管、デトロイト響などでさかんに演奏されているという。武満トーンの影響が感じられる詩的なオーケストラ付き歌曲である。マクロスキイもアメリカ国内の作曲賞を数々受賞し、作品からは武満、ストラヴィンスキーと幅広い影響が聴き取れる。

フォンテック
FOCD-20086(1CD)
2011年8月3日発売
茶木敏行/ある旅路で
ベートーベン:愛されないものの溜息 そして愛の答え
 新しい愛、新しい人生
シューベルト:リーゼンコッペの山頂で
 また会おう/プロメテウス
リスト:三つのペトラルカのソネット
ヴォルフ:ある旅路で/春に
 愛する人に/じゃーな
R.シュトラウス:セレナーデ
 変わらぬもの/憧れ/明日の朝
茶木敏行(T)
チャールズ スペンサー(P)

録音:2010年6月29日〜7月1日 ガリバーホール
茶木敏行は大阪芸術大学、京都市立芸術大学大学院で学び、ドイツ、ケルンへ渡り、ベルギッシェス・ゲザングインスティテュートでギゼラ・アオルマンに師事。ドイツ国内で多くのオペラ公演に出演したが、帰国後、著しい視力の低下のため、オペラ出演は断念せざるを得なかったが、オラトリオや歌曲の分野で活躍。視覚障害を背負った歌い手として限定された活動の中で、ドイツ歌曲への情熱を抱き続け、憧れと抒情性に横溢した歌声で、自由な精神の広がりを表現している。Uフォンテック)

Monopole
CC-011(1CDR)
モーツァルト:ミサ曲ハ短調 K.427
セレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
テレサ・シュティッヒ=ランダル(S) 
ヒルデガルト・レッスル=マイダン(A)
ヴァルデマール・クメント(T)
ヴァルター・ラニンガー(Br)
ルドルフ・モラルト(指)ウィーンSO
Monopole
CC-016(1CDR)
ハイドン:ミサ曲第7番「よき四季斎日のミサ」(戦時のミサ) ネタニア・ダヴラツ(S)
ヒルデガルト・レッスル=マイダン(A)
アントン・デルモータ(T)
ヴァルター・ベリー(Br)
アントン・ハイラー(Org)
モーゲンス・ウェルディケ(指)
ウィーン国立歌劇場O

Solo Voce
SV-8553208(1CD)
スッペ:「ダルマチアのミサ」(1833/1877) ロマン・サドニク(T)
マルティン・アッハライナー(Br)
ベルンハルト・シュピングラー(Ba-Br)
ブルニコ・コンツェントゥスcho
マルティン・ラナルター(Org)
アドリアーノ・マルティノッリ・ダルシー(指)

録音:2009年6月、カンポ・トゥーレス教区教会
スッペが14歳の時に生まれ故郷ダルマチアのカトリック教会のために書き、約40年後の1877年に出版したミサ曲。ウィーンで劇場人として一家を成したスッペは、偶然からこの若書きのミサの一部(キリエ)を目にし、ダルマチアの知人の協力を借りながら全曲のオリジナルスコアを手に入れると、熟練の対位法と和声に新たな工夫を施すことでまったく新しい作品として完成させました。作品は通常典礼文の五部構成で、オルガンを伴奏に独唱、合唱とも男声のみで歌われる壮麗なもの。演奏は良い意味でローカル色豊かな素朴さが魅力です。 (Ki)

THE MASTERCLASS MEDIA FOUNDATION
MMF3-037(DVD)
トーマス・クヴァストホフ/マスタークラス
シューベルト:歌曲「美しき水車小屋の娘」より「休息」ほか
生徒:ジョン・マクムン
ヴェルビエ音楽祭アカデミー歌曲マスタークラス

NTSC/音声:ステレオ
リージョン:All/77mm

ARTESMON
AS-738(1CD)
シモナ・シャトゥロヴァー〜グローリア
ヘンデル:オラトリオ「ヨシュア」〜Oh,hadIJubal'slyre
バッハ:カンタータ第151番BWV151〜SusserTrost,meinJesuskommt
 クリスマス・オラトリオBWV248〜Flosst,meinHeiland
 カンタータ第208番BWV208〜Schafekonnensicherweiden
ヘンデル:オラトリオ「メサイア」〜Pifa(器楽)/Rejoice
 オラトリオ「サムソン」〜LetthebrightSeraphim
 「GloriainExcelsisDeo」(偽作)〜Gloria
ヨハン・ダーフィト・ハイニヒェン(1683-1729):パストラーレイ長調(器楽)
モーツァルト:主日の晩課ハ長調K.321〜LaudateDominum
ズビニェク・マチェユー(1958-):AdTe
タルクイニオ・メールラ(1594/1595-1665):子守歌による宗教的カンツォネッタ
ズビニェク・マチェユー:AdTeDomine
シモナ・シャトゥロヴァー(S)
コレギウム・マリアヌム

録音:2010年8月10-12日、プラハ、鎖の聖母教会
ブラチスラヴァ(スロヴァキア)生まれのソプラノ、シモナ・シャトゥロヴァー。これまでの録音にはハイドンのアリア集(Orfeoレーベル)、ハイドンのミサ(Hansslerレーベル、ヘルムート・リリング指揮)マーラーの交響曲第2番(Ondineレーベル、クリストフ・エッシェンバッハ指揮)等があります。コレギウム・マリアヌムは17世紀音楽の演奏のため1997年にプラハで創設されたピリオド楽器アンサンブル。

AVIK
AV-032010-2(1CD)
作者に捧げる〜混声合唱曲集
ズデニェク・ルカーシュ:作者に捧げる(+/*)
 ミケランジェロ/レンブラント/ピカソ
ドヴォルザーク:自然の中でOp.63
 歌が私の心に入って来る
 森に夕べの鐘は響き/ライ麦畑
 白樺は坂に/私は今日歌いたい
ドヴォルザーク:モラヴィア二重唱曲集Op.32から*
 もし大鎌が鋭く磨かれていたなら
 スラヴィコフの小さな畑
 もみじの木にいる鳩/小川と涙
 野ばら/若草よ緑に萌えよ
マルティヌー:井戸開きH.354(#/+/*)
ペトラ・チノヴァー(ソプラノ#)
ヤナ・プテロヴァー(アルト#)
ヨセフ・ソンネク(バリトン#)
ヨゼフ・ネフトニー(ナレーター#)
ミハル・ポスピーシル(ヴァイオリン+)
ハナ・コプコヴァー(ヴァイオリン#)
ズビニェク・パジョウレク(ヴィオラ#)
ヴィエラ・ミュレロヴァー(P)*
ミハル・ポスピーシル(ヴァイオリン+)
ノヴァー・チェスカー・ピーセニュ[プルセニュ西ボヘミア大学混声cho]
スデニェク・ヴィムル(指)

録音:2009年、プルゼニュ(チェコ)
「新しいチェコの歌」という名を持つ学生合唱団によるチェコの合唱曲集。

PAVIAN
PM-0050-2
【高価格帯】
ヴラジミール・ゴダール(1956-):オラトリオ「平和の訴え」(2009)
 前奏曲−「マントラ」(エラスムス作詩「平和の訴え」;ラテン語)**
 レチタティーヴォ「兵士」(ヨハン・アモス・コメニウス作詩;ラテン語)#
 「市街地の包囲」(ヨハン・アモス・コメニウス作詩;ラテン語)**
 「大戦争」++/「哀歌」(ウリムの哀歌;シュメール語)(+/**)
 「祈り、アラー」(ヘンリー・ワーズワース・ロングフェロー作詩;英語)(*/**)
 詩篇「主よ、お聞きください」(詩篇101、詩篇51;ラテン語)(*/**)
 「ラクリモーサ」(ラテン語)(+/#/**)
 「この狂乱の時代の為の悲しみのパヴァーヌ」
 後奏曲−「マントラ」(エラスムス作詩「平和の訴え」;ラテン語)(*/+/#/**)
 子守歌「小鳥は何を話しているの?」
(アルフレッド・テニソン作詩;英語)(*/+/**)
エミリー・ヴァン・エヴェラ(S)*
ペトラ・ノスカイオヴァー(A)+
トマーシュ・シェルツ(Bs)#
聖マルチン大聖堂cho**
デュシャン・ビル(合唱指揮**)
ソラメンテ・ナトゥラーリ(管弦楽)
ミロシュ・ヴァレント(ヴァイオリン・ソロ++、アーティスティック・ディレクター)
アンドルー・パロット(指)

録音:2010年7月7-9日、ブラチスラヴァ(スロヴァキア)、聖家族教会
クラシカル音楽と映画音楽の両分野で高名なスロヴァキアの作曲家ゴダールがEuropaCantat(ヨーロッパ合唱協会)の委嘱を受けて作曲した、戦争と平和をテーマとするオラトリオ。2009年オランダのユトレヒトで開催されたユビラーテ・フェスティヴァルにおいて初演されました。ソラメンテ・ナトゥラーリはミロシュ・ヴァレントが1995年に創設したスロヴァキアのピリオド楽器アンサンブル。アンドルー・パロットとミロシュ・ヴァレント&ソラメンテ・ナトゥラーリ、デュシャン・ビルはゴダールが再評価に尽力したスロヴァキアの作曲家ヤーン・レヴォスラフ・ベラ(1843-1936)の教会音楽のCDでも共演していました(次項に記載)。ハーカヴァー・ブック仕様のため価格が高くなっておりますのでご注意ください。

HUNGAROTON
HCD-32649(1CD)
シャルル・グノー:歌曲集
ボレロ/春ばかりとは限らず
愛の女王
おお!私達は二人で春の花を摘めますように
気をつけて!/天使の魂
私の服/若い娘に
その花をぼくに/春の歌/春
痛手/木陰での宴/奨学金で
子供が祈る時/セシルに
漁夫の歌/若いギリシャの女に
メドジェの返事
ベルナデット・ヴィーデマン(Ms)、
ジュラ・オレント(Br)、エメシェ・ヴィラーグ(P)

録音:2009-2011年、フンガロトン・スタジオ
歌劇「ファウスト」や「アヴェ・マリア」で有名なグノー(1818-1893)は、メンデルスゾーン姉弟の影響を受け、フランス版リート=メロディを創始しました。100曲を超えるフランス語、30曲を超える英語とイタリア語の歌曲は、ラヴェルも「17・18世のクラヴサン奏者たちが持っていた感覚的な美しさの秘密についに至った」と評するほど洗練された魅力に富んでいます。ヴィーデマンの安定した歌唱、2010年のバルセロナ・ヴィニャス歌唱コンクールの優勝者で、ベルリン国立歌劇場他で活躍するオレント(1985年生まれ)の瑞々しい美声が聴きものです。 (Ki)
HUNGAROTON
HCD-12399(1CD)
ハンガリーのクリスマス
ハンガリーのキャロルとクリスマス民族劇(ソコライ編)
モハーチのクリスマス劇(女声合唱とオーケストラのための
民謡カンタータ)
クリスマスの羊飼いたち(女声とオーケストラのためのカンタータ)
クリスマスの牧歌(聖書と宗教的なテキストに基づく)
グローリア
セーケシュフェヘールヴァール少女cho(合唱指揮:ユーディト・ハルティアニ)、
ルテラーニアcho(合唱指揮:イェネ・ヴェルトラー)、ガーボル・トライトラー(Cem)、
シャーンドル・ソコライ(指)ハンガリー国立O

録音:1981年7月7-12日、フンガロトン・スタジオ
「血の婚礼」「ハムレット」「この人を見よ」等のオペラ作品で知られるシャーンドル・ソコライ(1931年生まれ)によるハンガリー民謡編曲と自身の作品によるクリスマス音楽集。児童合唱と女声合唱によるほのぼのとしたアルバムです。 (Ki)

MEMBRAN
ARS-232364(1CD)
マーラー:最後の7つの歌、
子供の魔法の角笛
トーマス・E・バウアー(Br)
ウタ・ヒールシャー(P)

Onyx
ONYX-4068(1CD)
リエゾンス〜アリア集
サリエリ:震えるほど私の愛しい人
モーツァルト:とうとうこの時が来た...恋人よ早くここへ、あなたの心は今は私にK.217
チマローザ:歌劇「秘密の結婚」〜シンフォニア、お許しください
ハイドン:ばらに刺がなくなったら、あなたはご存じでいらっしゃる、お嬢さん, ゆっくりお行きなさい
サリエリ:歌劇「焼きもち焼きの学校」〜シンフォニア
モーツァルト:女も15歳になったら、誰かわが 恋人の苦しみを知らんK.582、
 私の胸は喜びに高鳴るK.579、
 ああ, もし空に星々の恵みあればK.538
チェン・レイス(S)、
ヴェルナー・エールハルト(指)
ラルテ・デル・モンド
バイエルン国立歌劇場で上演された「ばらの騎士」でソフィーを歌い大絶賛を浴びたソプラノ、チェン・レイスのオニックス・デビュー・タイトルとなるアリア集!チェン・レイスは、サイモン・ラトル&ベルリン・フィルとの共演による映画「パフューム」のサウンドトラックで一躍話題となるなど、スター性も抜群の逸材です。

MSR
MS-1337(2CD)
ヴォルフ:メーリケ歌曲集(全53曲)
CD1
【1.療養者が希望に寄せて/2.少年と蜜蜂/3.夜明け前の心地よいひととき/4.狩人の歌/5.鼓手/6.彼は来た/7.捨てられた女中さん/8.出会い/9.恋は飽くことを知らぬもの/10.歩く旅/11.エオリアン・ハープに寄す/12.隠遁/13.明け方に/14.アグネス/15.旅路にて/16.妖精の歌/17.庭師/18.四月の山黄蝶/19.真夜中に/20.クリスマスローズに I/21.クリスマスローズに II/22.嘆息/23.一枚の古い絵に/24.春に/25.「眠るみどりごイエス」〜フランチェスコ・アルバーニの絵を見て/26.聖週間】
CD2
【27.新年に〜聖歌/28.祈り/29.眠りに/30.新しい愛/31.私の慰めはどこに/32.恋人に/33.ペレグリーナ I/34.ペレグリーナ II/35.問いと答え/36.さよなら/37.郷愁/38.風の歌/39.それを思え、おお魂よ!/40.狩人/41.ある年寄りの助言/42.少女の初恋の歌/43.恋焦がれる男の歌/44.炎の騎士/45.ニクセのビンゼフース/46.ヴァイラの歌/47.ムンメル湖の精霊たち/48.コウノトリの知らせ/49.戒め/50.頼みごと(戯れ歌)/51.ある結婚式で/52.身の上話/53.お別れ】
スーザン・ダン(S)
トーマス・ポッター(Br)
ジョン・ウストマン(P)
スーザン・ダンはグラミー賞受賞歴のあるソプラノでヴェルディ歌いとしてミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場などの舞台に立ち、ショルティ、シャイー、メータとも共演する一方、マーラー、R.シュトラウス、ヴォルフなどリートにも意欲を燃やしています。ポッターもヴェルディ歌いのバリトンとしてパヴァロッティ、キリ・テ・カナワ、クルト・モルらと共演し確かなキャリアを築いています。二人のヴェルディ歌手が歌うヴォルフの精妙な世界。ベテランの伴奏ピアニスト、ウストマンがバックを務めます。

MSR
MS-1310(1CD)
ソプラノ歌曲集
トム・シピロ:ロングアイランド・ソングズ
ジョージ・ブルンナー:3つの日本の歌
アン・ディンスモア・フィリップス:野の百合を見よ
 私の記憶では
 信仰の遵守とは?
 高く舞い上がる鳥はなく
クリスティアン・マクレアー:3つの光の小品
 永遠なる至福を望む
モニカ・ハート(S)、
トム・シピロ(P)、ノビー・イシダ(P)、
アン・ディンスモア・フィリップス(P)、
クリスティアン・マクレアー(P)

録音:2009年
モニカ・ハートはネヴァダ州リノ出身のソプラノ。アメリカ国内でオペラ、リサイタル歌手として活動している。収められている作品はいずれも.情的で親しみやすいものばかり。ジョージ・ブルンナーの「3つの日本の歌」は小野小町、和泉式部の和歌(英訳)が歌詞に使われています。
MSR
MS-1349(1CD)
リビー・ラーセン(b.1950):歌曲集
ポルトガルからのソネット(1988)
私のアントニア(2004)
マーガレット歌曲集(1998)
試してみて、良き王よ〜ヘンリー8世の妻の最後の言葉(2002)
アン・テダーズ(S)
マーヴァ・デュアークセン(P)

録音:2007-2008年
リビー・ラーセンは管弦楽、室内楽、声楽曲、打楽器、テープ作品と多くのジャンルの作品を既に400曲以上手掛けグラミー賞も受賞しています。調性に基づく穏健で.情的な歌曲集。
MSR
MS-1376(1CD)
聖典と聖歌の祭典
プレトリウス:来たれ汝・地球の救い主
フェルコ:オー・ヴェルブム・パトリス
リカーズ:来たれ我らが長らく待ったイエス
ディ・ラッソ:エルサレムのブドウ園
ヘルムスリー:おお彼は雲とともに降臨された/他
全32トラック(音楽は12トラック)
ブルース・J.・バーバー(指)
聖ジェイムズ大聖堂cho

録音:2010年シカゴ
シカゴの聖ジェイムズ大聖堂合唱団による新旧様々なキャロル集。曲の間に聖書の朗読が入ります。
MSR
MS-1377(1CD)
ロマンティックなイギリス歌曲集
ブリッジ:吹け吹け冬の風よ
 憧れ/最後のお願い
 愛は去ってしまった
エルガー:彼女は市場に行っていませんか?
 ロンデル/詩人の生活
 夜明けの風
クィルター:ゆけ愛しいバラよ
 いま真紅の花びらは眠る
 愛の哲学
ヴォーン=ウィリアムズ:旅の歌(全9曲)
スタンリー・ウィルソン(T)、
マルコム・ハリデイ(P)

録音:2010年
19世紀から20世紀にかけて活躍したイギリスの作曲家たちの歌曲集。スコットランド、アイルランド民謡を思わせる素朴なメロディに印象派の影響を受けた近代的で華麗なピアノ伴奏がついたノスタルジックな歌曲。テノールのスタンリー・ウィルソンはメトロポリタン歌劇場の舞台にも立つアメリカ期待の若手。初めて聴くのに何故か懐かしい近代イギリスの作曲家たちによる歌曲集!

DIVINE ART
DDV-24153(1CD)
ジョン・R・ウィリアムソン(b.1929):歌曲集
歌曲集「愛」「戦争」「悲しみと遺憾」
「失われた愛」「宗教」「田園」「競合」
マーク・ローリンソン(Br)、
デヴィド・ジョーンズ(P)

録音:2006年
※Dunelm Recordsからの移行盤
バイロン、A.E.ハウスマンらの詩に作曲した歌曲集。ウィアムソンの音楽はブリテンよりもさらに前の世代の様式を継承しており、印象派、ヴォーン=ウィリアムズ、フランク・ブリッジを思わせる、現代のイギリス田園楽派といえましょう。

ELOQUENTIA
EL-1128(1CD)
無伴奏合唱の至芸
ドビュッシー:シャルル・ドルレアンの3つの歌(1908)
モーリス・オアナ:ルイズ・ラベのトンボー(墓)(1990)
ヤッコ・マンティヤルビ:4つのシェイクスピアの歌(1984)
ヴォーン・ウィリアムズ:3つのシェイクスピアの歌(1951)
プーランク:カンタータ「ある雪の夜」(1944)
フィリップ・エルサン:アイヒェンドルフの3つの詩(委嘱作品、2008)
ライモンド・シュロイェン:アイヒェンドルフ歌曲
ラウタヴァーラ:言葉の遊戯
レイモンド・マレイ・シェーファー:Felix’sgirls
マシュー・ロマンド(指)
アンサンブル・ヴォーカル・エデ

録音:2009年12月
アンサンブル・ヴォーカル・エデは、フランスのヴォーカル・アンサンブル。5世紀以前から、今日生みだされる新しい合唱作品の有名無名を問わず、クオリティの高い演奏を目指す団体です。16名から32名まで、レパートリーによって変幻自在にメンバー構成を変えるこのアンサンブル、ここでは総勢19名(ソプラノ4名、アルト5名、テノール5名、バス5名)が素晴らしい合唱を聴かせてくれています。第二次世界大戦中の最後の冬に書かれたプーランクのカンタータは、作曲当時のプーランクが抱いていた不安、悲しみ、そして希望の入り混じった作品です。ラウタヴァーラの「言葉の遊戯」も、抜群のアンサンブルで聴き手に一気呵成にたたみかけるように聴かせます。ドビュッシー唯一の無伴奏合唱作品は、1909年4月9日にパリで初演されるや大人気となった作品。オアナの作品の詩人(ルイズ・ラベ)は12−3世紀のリヨンに生きました。音と言葉に対する鋭い感覚が魅力の詩を、オアナが12の声の無伴奏合唱に仕立てました。エルサンの作品は、アンサンブル・ヴォーカル・エデの委嘱作品でもあり、無伴奏合唱の魅力に満ちています。エルサンが付曲したのはアイヒェンドルフの詩。アイヒェンドルフはシューマン、ブラームス、メンデルスゾーン、R.シュトラウスら、様々な作曲家にインスピレーションを与えてきました。このエルサンの作品は、幻想的な雰囲気に満ちています。シェーファーはカナダの作曲家。Felixとは、カナダに移住したポーランド系ユダヤ人。それぞれの曲は一人一人の女性のことを描いています。無伴奏合唱グループといえばフランスの人気グループ・アクサンチュスがいますが、このグループはやや小ぶりの編成となっており、より親密な雰囲気が漂います。 (Ki)

BONGIOVANNI
GB-2452(2CD)
マスネ:オラトリオ「聖処女」 ダニア・マッツォーラ・ガヴァッツェーニ(S聖処女)
キアーラ・ピエレッティ(S大天使ガブリエル)
アモール・ペレス(Msマリー=サロメ,大天使)
マッシミリアーノ・フィケーラ(Br主人,シモン,トーマス)
カミッロ・ファッキーノ(Tジャン)
エレナ・バカノヴァ(S若いガリアの娘,マリー=マグダレーヌ,大天使)
ダニエレ・アジマン(指)
アブ・アルモニアエ交響楽団,
ミラノ・J.S.バッハcho
録音:2010年9月25日、ベルガモ県カラヴァッジョ
「エーヴ」(GB2442)、「マリー=マグドレーヌ」(GB2447)に次ぐ、デニア・マッツォーラ・ガヴァッツェーニとダニエレ・アジマンによるマスネの珍しい作品集、第3弾は聖伝説と称されたオラトリオ「聖処女」。マスネが1877年に「ラホールの王」で大成功を収めた3年後の1880年の作品。物語は聖処女マリアの生涯を扱ったもの。マスネ独特の甘く官能的な音楽に神秘性が加わって、たいへん魅力的です。10年ほど前にモンセラート・カバリエがしばしば取り上げたことで、近年再注目されています。ベテランのプリマドンナ、ダニア・マッツォーラ・ガヴァッツェーニの説得力のある歌が演奏の大きな核となっています。マッシミリアーノ・フィケーラは1971年、シチリア島のアチレアーレに生まれたバリトン。2007年、スポレート歌劇場来日公演でのロッシーニ「セビリアの理髪師」で、アントニーノ・シラクーザ、ソーニャ・ガナッシを相手にフィガロを歌っていました。ベルガモ近郊のカラヴァッジョという町のサンタ・マリア・デル・フォンテでの収録。スタジオやコンサートホールとはまた異なった雰囲気が醸されています。 (Ki)

Glossa
GCD-P10002(2CD)
ロベルタ・インヴェルニッツィ〜イタリアのヘンデル
カンタータ「炎の中で」HWV.170より アリア
カンタータ「フィッリの夜の思い」HWV.134より アリア
カンタータ「あの宿命の日から(愛の妄想)」HWV.99より アリア
カンタータ「高貴な望みの子」HWV.113より アリア
カンタータ「女猟師ディアナ」HWV.79より レチタティーヴォとアリア
カンタータ「クローリ、ティルシとフィレーノ」HWV.96より アリア、二重唱と三重唱
カンタータ「おお、何と澄んで美しく」HWV.143より アリア
カンタータ「アポロとダフネ」HWV.122より アリアと二重唱
カンタータ「死に瀕するアグリッピーナ」HWV.110より アリア
ロベルタ・インヴェルニッツィ(S)、
ファビオ・ボニッツォーニ(cemb&指)
ラ・リゾナンサ

録音:2005年−2009年、フランス&イタリア
「ヌリア・リアル〜スパニッシュ・アルバム」(GCD-P10001)が大絶賛を博しているグロッサのポートレート・シリーズ(Glossa Portrait)。リリース第2弾は"ヘンデルのイタリアン・カンタータ集"での名唱が印象強いイタリアの古楽系ソプラノ、ロベルタ・インヴェルニッツィ!ボニッツォーニ&ラ・リゾナンサとの共演で聴かせてくれた優美で劇的な"イタリアのヘンデル"のアリアをじっくりと・・・。

独ELOQUENCE
DECCA-4805216(1CD)
モーツァルト:戴冠式ミサ、
ヴェスペレ・ソレムニス
アヴェ・ヴェルム・コルプス
エディト・マティス(S)
ヤドヴィーガ・パッペ(M.S)
ハンス・ペーター・ブロホヴィッツ(T)
トーマス・クヴァストホフ(Bs)
ペーター・シュライアー(指)
ドレスデン・シュターツ・カペレ、
ライプツィヒ放送cho

WARNER-APEX
25646-74302(1CD)
シューベルト:ミサ曲第6番、
ミサ曲第5番
リューバ・オルゴナソーヴァ(S)
ビルギット・レンメルト(A)
デオン・ヴァン・デル・ヴァルト(T)
ヴォルフガング・ホルツマイアー(Br)
アントン・シャリンガー(Bs)
ニコラウス・アーノンクール(指)
ヨーロッパ室内O
アルノルト・シェーンベルクcho

録音:1995年

NIGHTINGALE
NC-00010011(1CD)
マーラー:歌曲集
冬の歌/春に/春の朝
思い出/ハンスとグレーテ
セレナード/幻想
「さすらう若者の歌」(全4曲)
「亡き子を偲ぶ歌」(全5曲)
あなたが美しさゆえに愛するのなら
私の歌を見ないで/真夜中に
私はやわらかな香を吸い込んだ
私はこの世に忘れられ
素晴らしく美しい五月に
春の夜に霜が降りた
ヴォルフガング・ホルツマイア(Br)
ラッセル・ライアン(P)

録音:2011年1月6-8日
オーストリアのバリトン、ヴォルフガング・ホルツマイアのマーラー歌曲集です。ホルツマイアは、1952年、オーストリア南部のフェックラブルックの生まれ。テノールに近いハイバリトンで、繊細で気品のある柔らかい声はドイツ・リートに打ってつけ。しかしこれまでどういうわけかマーラーの録音がありませんでした。今回は待望のマーラー歌曲集。しかも「さすらう若者の歌」、「亡き子を偲ぶ歌」、リュっケルト歌曲集に加え、たいへんに珍しい「素晴らしく美しい五月に」と「春の夜に霜が降りた」を収録。この2曲は「2つのスケッチ」と呼ばれるハイネの詩による未完の草稿。ニューヨークのモーガン・ライブラリーに楽譜が所蔵されているものの、実際に歌われることはまずなく、これが初録音と思われます。「素晴らしく美しい五月に」はシューマンの「詩人の恋」の一曲目と同じですから、比較するのも興味深いでしょう。 (Ki)

DACAPO
NAXOS-8.572623
マイヤール:ヒロシマの生き残り 他
ヒロシマの生き残り…希望へのメッセージOp.24(2006-2007)<大阪の6歳の子/インターリュード/戦争…/彼女は爆撃から逃げ惑う/彼女は広島に避難先を見つける/深き淵より/暗黒、黒ずんだ皮膚/死に至る雨/戦争に憎悪して生き残る/私たちの願い:生き残ったもの/地球上の豊かな生活>
合奏協奏曲(1961/2003改訂)
室内協奏曲第2番(1959-1960)
サラ・ジュフロワ(Ms)
エレオノーレ・ルメール(S)
マリー・プシェロン(Ms)
テデイ・エンリ(T)
ヴァージル・アンケリ(Bs-Br)
エミール・マクドノウ(Fl)
ジョン・アンダーソン(Ob)
マイケル・ライト(Cl)
ダニエル・ジェミソン(Fg)
クリストファー・パークス(Hrn)
ディオニシオス・デルヴィス=ブルニアス(指)
ロイヤルPO
フランスの作曲家、マイヤール(1931-)の3つの作品です。彼は1955年にローマ賞を受賞、フランスの先進的な作曲家として幅広く活躍しています。1957年には芸術監督としてフランスEMIに入社、そこでサンソン・フランソワやポール・トゥルトリエなど偉大な演奏家と接するも、どうしてもその仕事が性に合わず辞職。その後は製薬研究所で働きますが、音楽の夢捨てがたく、結局作曲家として生きることを決意したのでした。このアルバムの中で、やはり聴いてほしいのは「ヒロシマの生き残り」でしょう。実在の人物「ハマ・キョウコ」の話を元にしたカンタータとでも言うべき作品で、彼女は大阪の戦禍を避け、広島に避難していた時に原爆被害を受けてしまいます。悲惨な情景が目の前に浮かぶでしょう。しかし、副題が示す通り、これは「希望、命への讃歌」であり、決して悲惨さばかりを強調したものではありません。生きてさえいれば、きっと希望に巡りあう日が来るのですから。

VOICS OF LYRICS
VOLIC-217(1CD)
エマニュエル・ド・フォンコロンブ(1810-1875):全世界[Tout l'univers]*
ミサ・ブレヴィス[Messe Breve]
アヴェ・マリア
天使の糧[Panis Angelicus]*
カトリーヌ・マナンダーザ(S)
パトリック・ガライ(T)
マリオ・アクァール(Br)
フェリツィタス・ベルクマン(Ms)*
キャロライン・シュスター=フルニエ(Org)

録音:2010年8月、マルセイユ(フランス)、聖ジャン=バティスト教会
エマニュエル・ド・フォンコロンブはフランスのエクサンプロヴァンスに生まれ、同市のマドレーヌ教会の楽長を務めた作曲家。「夜間飛行」「星の王子さま」等で知られる作家サン=テグジュペリは彼の曾孫にあたります。ミサ・ブレヴィスは3人の独唱者、3声の合唱とオルガンのために書かれた未出版作品。「短いミサ」と称しながら当録音での演奏時間は40分近くを要しています。声楽パート(特にテノールの高音域)が技術的に難しいため、当録音では独唱とオルガンのみによる版が作られ、それが当録音でも用いられています。ベルリオーズやロッシーニの影響を感じさせる部分もあるなど、なかなか興味深い音楽です。

CEDILLE
CDR90000-125(1CD)
ピューリッツァー・プロジェクト
ウィリアム・シューマン(1910-1992):世俗カンタータ第2番「自由の歌」
コープランド:アパラチアの春
サワビー:太陽の讃歌
ライアン・J・コックス(Br)
グラント・パークcho
カルロス・カルマー(指)グラントパークO

録音:2010年6月25.26日シカゴミュージック・アンド・ダンス・イン・ミレニアム・パーク、コンサート・アット・ハリス・シアター
1943年に創設されたピューリツァー賞音楽部門は、恐らくアメリカの音楽家ならば誰もが熱望する賞でしょう。このアルバムには、そんな「選ばれた」3つの作品が収録されています(W.シューマンとサワビーの作品は世界初録音となります)。W.シューマンの「自由の歌」は1943年、創設の年の受賞作。ホイットマンの「Drum Taps」をテキストに用いた感動的な作品です。コープランドの「アパラチアの春」は1945年の受賞作。誰もが知ってる名曲であり、ここでの説明は不要でしょう。そしてもう1曲、サワビーの「太陽の讃歌」は、アッシジの聖フランチェスコの讃美歌を基にした作品で、こちらは1946年の受賞作です。天国と地上世界、これらをまるでパノラマで見るように、声と管弦楽で一連の音の絵を描いていくというもの。その迫力に圧倒されずにはおれません。

ORF
CD-3109(1CD)
ハンス・エーリヒ・アポステル(1902-1972):作品集
(1)レクイエムOp.4〜8声の混声合唱と管弦楽のための (テキスト:R.M.リルケ)
(2)ハイドンの主題による変奏曲Op.17
(3)5楽章の室内交響曲Op.41
(4)漁師の家のセレナードOp.45〜12楽器のための
(5)管弦楽のためのパッサカリアOp.50
(1)ミラン・ホルヴァート(指)ORFウィーRSO&cho、
(2)ヴォルフガング・サヴァリッシュ(指)ウィーンSO、
(3)ペーター・コイシュニヒ(指)アンサンブル・コントラプンクテ、
(4)オーストリア放送室内楽協会、
(5)ベルンハルト・ルーベンシュタイン(指)ニーダーエスターライヒ・トーンキュンストラーO

録音:全てウィーン、(1)1978年、(2)1994年、(3)1971年、(4)1972年、(5)1977年
アポステルはシェーンベルク、ベルクに師事し、ナチ政権時代には彼の音楽は退廃音楽とされ演奏が禁止されました。戦後はISCM(国際現代音楽協会)のオーストリア支部を設立し総裁を務めたこともあります。また現代音楽の出版社として有名なウニフェルザール社の顧問としてベルクの歌劇「ヴォツェック」「ルル」の新校訂版楽譜の校訂も行いました。作風はシェーンベルク、ベルクの薫陶を得た表現主義音楽で今日では作品が演奏されることは極めて稀なことと、ホルヴァート、サヴァリッシュによる20世紀音楽ということもあり、大変貴重な音源と言えます。
ORF
CD-3112(2CD+2CD)
ヘンデル:「メサイア」
(ボーナスCD:ウィントン・ディーン、ヘンデルを語る)
フィリップ・フォン・シュタイネッカー(指)
ムジカ・セクロルム
ルビー・ヒューズ(S)、
クリスティーナ・ハンマルストレム(A)、
ダニエル・ヨハンセン(T)、
ドミニク・ウェルナー(Bs)

録音:2009年8月28日ライヴ、DDD,134'20
フィリップ・フォン・シュタイネッカーは、マーラー室内Oやルツェルン祝祭Oのチェロ奏者であり、かつてはガーディナー率いるイングリッシュ・バロック・ソリスツなどのオーケストラにも頻繁に参加していました。近年指揮活動にも積極的に乗り出しています。ムジカ・セクロルム、シュタイネッカーが2008年に設立した古楽団体。まだ創設間もないが、既に高い評価を得ています。ソリストでは、フォン・オッターを継ぐスウェーデンのメッゾソプラノとして注目を浴びているハンマルストレムが素晴らしい。ボーナスには、今日のヘンデル・ブームを牽引した音楽学者、ウィントン・ディーンの話が、1950年代のヘンデルの録音と共にたっぷりCD2枚に収録されています。

Cybele
3SACD-KiG003
(3SACD)
ヘンツェ:レクイエム ディミトリ・ヴァッシラキス(P)、
ラインホルト・フリードリヒ(Tp)、
スティーヴン・スローン(指)ボーフムSO、
ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ(語り)

録音:2010年6月&8月
ハルトマン、アポステルに続くシベーレ(Cybele)の「演奏+オーディオブック」シリーズ第3弾は、ロンドン・シンフォニエッタの元ディレクター、マイケル・ヴァイナーに捧げられ、ピアノ、トランペット、オーケストラを要するハンス・ヴェルナー・ヘンツェの「レクイエム」。ハルトマン、アポステルと同じく、もちろんヘンツェの語り(ドイツ語)もたっぷりと収録!

MEMBRAN
DOC-233054(1CD)
ブラームス:ドイツ・レクイエム エリーザベト・グリュンマー(S)
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)
ルドルフ・ケンペ(指)BPO
ベルリン聖ヘトヴィヒ大聖堂cho

録音:1955年6月

Ars Produktion
ARS-38095(1SACD)
アントニオ・ロゼッティ(1750-1792):レクイエム変ホ長調(独唱、合唱と管弦楽の為の)
 Murray H15(1776;プラハ版)(*/+/#)
交響曲変ホ長調 Murray A23(Fassung A)
アントニオ・ロゼッティ(マインゴスス・ゲーレ編):グラドゥアーレ変ホ長調(ソプラノ、合唱と管弦楽の為の)
 「私の所へ来なさい、皆よ」Murray H24(*/#)
グラドゥアーレ変ロ長調(合唱と管弦楽の為の)
 「地上のすべての国々は見た」Murray H25#
アントニオ・ロゼッティ:サルヴェ・レジナ 変ホ長調(ソプラノと器楽の為の)Murray F85*
賛歌「イエス、最強の王」(合唱と管弦楽の為の)ニ長調 Murray H31#
マルシア・ポーター(S)*
アンナ・ハヴィルコヴァー(Ms)+
オンドジェイ・ソハ(T)+
マシュー・マーカム(Bs)+
プラハ・シンガーズ(合唱#)
ラ・ジョイア(合唱#)
カメラータ・フィラルモニカ・ボヘミア(管弦楽)
ヨハネス・メーズス(指)

録音:2008年8月13-15日、プラハ、聖ミクラーシュ教会
モーツァルトの死の9日後、1791年12月14日にプラハで彼の追悼式が行われ、ボヘミアの作曲家ロゼッティのレクイエムが演奏されました。この経緯からこの作品は「モーツァルトの為のレクイエム」と呼ばれるようになりましたが、実際にはこの追悼式のために新たに書かれたものではなく、式の音楽を任されたノスティツ劇場(現在のエステート劇場)ヨセフ・ストローバッハ(1731-1794)が時間的に新作は不可能と考え、友人であるロゼッティが15年前に書いたレクイエムに手を加えたもの(プラハ版)でした。長調で書かれたこのレクイエムはモーツァルトの絶筆となった同名作品のような劇的なものではありませんが、モーツァルトを愛したプラハの人々が彼の人柄と音楽を偲ぶにはふさわしかったのかもしれません。レクイエムの収録時間は23分ほどですが、ディスクの後半もなかなかおもしろい構成となっています。ロゼッティの交響曲に、その第2楽章と第3楽章にドイツの教会音楽家ゲーレが歌詞を当てはめた2つのグラドゥアーレが続き、締めはロゼッティのオリジナルの教会声楽作品2曲。すでに5枚ものロゼッティのCD(CPO、MD+G)を録音しているスペシャリスト、ヨハネス・メーズスの堂々たる指揮で楽しめます。全曲世界初録音と表記されています。

KNS Classical
KNS-A/004(1CD)
ショパン:17のポーランドの歌 Op.74(ヴィクトル・ヴィルデル訳によるフランス語版) アンニク・ヴァン・デ・ワッレ(S)
コルネリア・オゴルコヴナ(P)

録音:2004年2月25-26日、ジロナ(スペイン)、アウディトリ・ビアデ

ENZO Recordings
HFJCD-1001(2CD)
ヘンデル:オラトリオ「エイシスとガラテア」HWV49a 三澤寿喜(指)
キャノンズ・コンサート室内O、
廣海史帆(コンサートミストレス)
三宮正満(Ob,Rec) 
通奏低音:武澤秀平(Vc) 
平野智美(Cemb)
キャノンズ・コンサート室内cho
エイシス:辻裕久(Tn)
ガラテア:広瀬奈緒(S)
ポリフィーマス:牧野正人(Bs)
デイモン:前田ヒロミツ(T)
ソロ:千石史子(S)、福島康晴(Tn)

録音:2011年1月13日浜離宮朝日ホールにて24Bit/96KHzライヴ収録

解説・歌詞対訳付き
ブックレット16ページ
日本のヘンデル研究の第一人者として、楽譜の監修、評伝執筆などを手がけ、「レコード芸術」誌上でも健筆を振るう三澤寿喜氏のライフワーク。シリーズ開始から8年、満を持してのライヴCD化。
《エイシスとガラテア》は英語オラトリオの原点とも言うべき作品である。壮年期らしい名曲の数々からは、恋人たちの愛が歌われる前半から悲劇的な後半への鮮やかな変化、簡潔・流麗ながらも親しみ易いアリアと立体的・重層的な合唱との対比をはじめとする効果的な合唱用法など、後年の英語オラトリオの特徴を、そして円熟期に数々の傑作オラトリオを生み出していく大作曲家の片鱗を確かに聴き取ることができる。(河村泰子)

Ondine
ODV-4004(DVD+CD)
カリタ・マッティラヘルシンキ・リサイタル2006年
《DVD》
デュパルク:旅への誘い
 ミニョンのロマンス/戦のある国へ
 悲しき歌/フィディレ
サーリアホ:4つの瞬間(カリタ・マッティラに捧ぐ)
ラフマニノフ:美しい人よ私のために歌わないでOp.4-4
 夕暮れOp.21-3
 ミュッセからの断片Op.21-6
 ムーサOp.34-1
 何という幸せOp.34-12
ドヴォルザーク:ジプシーの歌Op.55
ヴィクター・ヤング(1900-1965):ゴールデン・イヤリング
フィンランド民謡:Minun kultani kaunis on(僕の恋人は美しい)

《ボーナスCD》
ベートーヴェン:君を愛すWoO123
 新しき愛、新しき命Op.75-2
 寂しさの喜びOp.83-1
シューベルト:ますD550
 野ばらD257/水の上で歌うD774
 楽に寄すD547/至福D433
ブラームス:49のドイツ民謡集より「お姉さん」
 永遠の愛についてOp.43-1
シベリウス:山彦Op72-4
 川面に漂う流木Op.17-7
 泳げ、泳げ、あひる
 春はいそぎ過ぎゆくOp.13-4
 しかし私の小鳥は姿を見せないOp.36-2
 逢引きから戻った娘Op.37-5
クーラ:Kesayo kirkkomaala/Sinipiika
メラルティン(1875-1937):ミルヤムの歌T ミルヤムの歌
《DVD》
カリタ・マッティラ(S)、マルティン・カッツ(P)

《ボーナスCD》
カリタ・マッティラ(S)、イルモ・ランタ(P)

収録 《DVD》
2006年10月1&8日ヘルシンキ フィンランド・ナショナル・オペラ・ライヴ収録
収録時間:本編90分
音声:ステレオ2.0/ドルビー・デジタル5.0(DVD)
字幕:英語・フィンランド語
画面:16:9/REGION All(Code:0)
DVD…片面2層ディスク
全てを圧する存在感、透き通るような声。メトの「サロメ」では40代後半…失礼!のボディを堂々と晒し(残念なことにカメラには収録されてません!)、聴衆の度肝を抜くことも厭わないチャーミングなソプラノ歌手、カリタ・マッティラ。この映像は、そんな彼女の素敵なリサイタルが収録されています。最初はデュパルクの歌曲から始め、サーリアホ、ラフマニノフそしてドヴォルザークという、何ともバラエティ豊かな選曲が見事。アンコールできっちり「お国もの」も用意しているという周到さ。あと、北欧ものをもう少し聴きたいという欲張りな方のために、既存のCDから良いとこどりをしたコンピレーション・アルバムがボーナスとして付いています。

NORTHERN FLOWERS
NF/PM-A9993(1CD)
ミハイル・クズミン(1872-1936):歌曲集(世界初録音)
アレクサンドリアの歌II(1905)
アレクサンドリアの歌I(1905)
神聖な詩(1901-1903)
ミラ・シュキルティル(Ms)、ユーリ・セロフ(P)

録音:2010-2011年
DDD、59:56
ミハイル・アレクセーヴィチ・クズミンは20世紀のロシア文化を代表する詩人でロシア・ソビエト文学に多大な足跡を残したと言われますが作曲にも並々ならぬ意欲を燃やし、多くの交響楽、室内楽、歌曲を作曲した。ここに収められた歌曲は自ら手がけた詩に作曲したもので19世紀ロマン派の様式による美しい旋律が印象的。

Ars Produktion
ARS-38497(1SACD)
ブラームス:連作歌曲集「美しきマゲローネの物語」 ドミニク・ヴェルナー(Bs-Br)
鈴木優人(P)

録音:2010年10月19-22日、グラフラート(ドイツ)、ムジークハウス・マルタスホーフェン
使用楽器:1870年、ヨハン・バプティスト・シュトライヒャー父子製
ドミニク・ヴェルナー、鈴木優人、田村吾郎(アートデザイナー)の三人が2007年12月に東京で結成した「日独リートフォーラム」(DJL)。その第1回公演に選ばれた作品が、ブラームスの「ティークのマゲローネによる15のロマンス」でした。ティークの物語の抜粋が日本語で朗読され、ドイツ語の歌詞に合わせて、物語に基づいて画家・深澤健作が描いた15の絵画に日本語の訳詞を載せた映像が舞台に投影されました。当CDには朗読は収められていませんが、田村吾郎のデザイン監修のもと、物語の抜粋と全曲の歌詞(ドイツ語原文、日本語訳、英語訳)が深澤健作書き下ろしの絵画をバックに印刷された全79ページのブックレットを装備しています。

Danacord
DACOCD-712(2CD)
ハートマン:北欧語とドイツ語の歌曲集
5つの歌Op.13より/9つの愛の歌
歌曲集「アハスヴェルス」より 墓地で
3つの歌Op.15a/4つの歌Op.1/失意
子守歌/歌曲集Op.21
歌曲集「ノルウェー抒情詩」Op.41
ベアンハート・マルムストレムの2つの詩
歌曲と歌Op.35a/歌曲と歌Op.35b
イーベン・ヴェスタゴー(S)、
カトリーネ・ペネロプ(P/ファツォーリF212)
デンマーク・ロマンティシズムの名匠エミール・ハートマン(1836−1898)が、北欧各国とドイツ語で書いた歌曲集。北欧の作曲家の音楽で、言語の違いによる発音、響きの違いを楽しむのもまた一興。
Danacord
DACOCD-705(1CD)
クーラウ、ハイセ、バーネコウ、ベクゴーの抒情歌曲集
ハイセ:「英詩集」の詩、矢と歌、
 世のさすらい人たち、
 美の女神の娘たちはいない、エコー、
 砕け, 砕けよ, 砕け散れ、
 眠らずに, ああ
クーラウ:たゆみなき愛、
 ゲルシュテンベルクの詩集「林」の3つの詩Op.21、
 5月1日、夢、オルフェウス
バーネコウ:トア・ランゲの訳による4つのロシア民謡Op.14、
 聞いたことがある、輝け、
 ああ, 垣の柳がしっかりと芽吹き、
 畑のはずれに細い白樺が立っている
ベクゴー:抒情歌集「エアンスト・フォン・デア・レケの詩」Op.19
エーリク・ベカ・ハンセン(T)、
カミラ・トルディ・ブゲ(S)、
エレン・レフストロプ(P)
クーラウなどデンマークの作曲家たちが、イギリス、ドイツ、ロシアの言葉を採り入れた抒情的な歌曲集。エーリク・ベカ・ハンセンは、デンマーク、オーフスの楽壇をリードする期待のテノール。
Danacord
DACOCD-685(1CD)
わが心を汝がみ手に
グラナドス:歌曲集「トナディーリャス」より
ニールセン:ルーズヴィ・ホルスタインの詩による6つの歌Op.10より、
 自然の研究
ランゲ=ミュラー:睡蓮、輝け明るい日の光よ!
エストヴァド:美しく明るい夜が再びやってきた
ゲバウアー:道の曲がるところに
ヴァイゼ:舟歌
モルテンセン:おやすみわが子、
 ゆっくりおやすみ
ランゲラン島の民謡:静かな深い森
アルヴェーン:わが心を汝がみ手に
アールフォルス:Har du visor min van
ランゲストレム:パン、風と木
ゴットランド島の民謡:私たちの牧場で
ニーストレム:魂と風景
シューベルト:春の思い、笑いと涙
R・シュトラウス:万霊節Op.10-8、
 朝Op.27-4、献身Op.10-1
ティナ・キベア(S)、
トーヴェ・レンスコフ(P)
1983年にデンマーク王立歌劇場でデビューを果たし、バイロイト音楽祭の「ニーベルングの指輪」でも活躍したデンマークのソプラノ歌手ティナ・キベアが歌うリサイタル・プログラム。北欧からグラナドス、シューベルト、R・シュトラウスなど鮮やかなプログラムも魅力。
Danacord
DACOCD-686(1CD)
北欧の民謡とバラード
デンマーク民謡:En yndig og frydefuld sommertid、
Det var en lordag aften、Roselil og hendes moder
ノルウェー民謡:Norsk springdans、
 Aa lensmand han ha no ei graaskijmra maer、
 Alt i heima dagjen graanar、
 Per Spelmann/
アイスランド民謡:Rioum, Rioum
フェロー諸島民謡:olavur Riddararos
フィンランド民謡:Ol' kaunis kesailta、
 Luullahan、Minun kultani
デンマーク民謡:Ja va lidinj horra
スウェーデン:Uti var hage、
 Nu ar det soligt、
 Kristallen den fina、Nu ska vi skorda linet他
ノルディック・トリオ
"ソプラノ"、"ギター"、"ヴァイオリン"というユニークな編成によるデンマークのアンサンブル、ノルディック・トリオが、北欧各国の民謡を「声+弦楽器」のためのアレンジで情景豊かに聴かせてくれます。

SOMM
SOMMCD-0102(1CD)
ソー・スウィート・ア・メロディ
ベルリオーズ:「キリストの幼時」第1部より トリオ
ラインベルガー:グローリア
リスト:眠りから覚めた子への讃歌
ゴダール:見よ、幼子を/
ブリテン:あの幼子は、バルラロー
ベルリオーズ:「キリストの幼時」第2部より トリオ
ラインベルガー:サンクトゥス&ベネディクトゥス
ゴダール:おやすみ、イエス
ベラ:言葉は肉となりて
ラインベルガー:幼な子はベツレヘムに生まれぬ
ブリテン:やさしい歌、間奏曲(キャロルの祭典より)
トスト:ボネ・ヘスレ
ヴォ―ン=ウィリアムズ:おお、わが心よ
ブリテン:4月の露のように(キャロルの祭典より)
ヒルデガルドcho
ガリヴァー・ラルストン(指)
エミリー・ファン・エヴェラ(S)

録音:2009年8月28日−29日&10月21日、サマータウン(オックスフォード)
オックスフォードのヒルデガルド合唱団の新録音は、母なる聖母マリア、イエスの降誕をテーマとした女声合唱のためのレパートリー集。イギリス、フランス、ドイツ、さらには東欧スロバキアから集められた音楽が、マリア、イエスの存在により一本の線で結ばれます。

Dynamic
CDS-633(1CD)
アダイェフスカヤ:声楽とピアノのための24の前奏曲
声楽とピアノのための前奏曲集第1巻(全12曲)
声楽とピアノのための前奏曲集第2巻(全12曲)
ガヴォット/サラバンド
ロココ風のエール
エストニアの子守歌(2曲)
クラウディア・グリマス(S)
アンドレア・ルクリ(P)
ルーチョ・デガーニ(Vn)

録音:2009年9月、フリウリ
エラ・アダイェフスカヤ(1846−1926)は、19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したピアニスト、作曲家、音楽研究家。本名はエリザヴェータ・シュリツ(エリーザベト・シュルツ)といい、サンクトペテルブルグに、ドイツ人の母親、バルト人の父親の娘に生まれました。ピアニストとして活躍する一方、作曲活動にも打ち込みました。このCDに収録されているのは1890年頃の作品。ガヴォット、サラバンド、ロココ風のエールのみピアノ独奏です。アダイェフスカヤの存在は比較的知られているものの、まとまった録音はほとんどなかったので、このCDは歓迎されることでしょう。 (Ki)

HUNGAROTON
HCD-32683(1CD)
エルケル:合唱曲集
ハンガリー国歌
第1ハンガリー王国国歌
輪舞/歌手の行進
誰のために杯を干すか
あなたがくれるなら、結婚するわ
ペスタロッチの記念年祝典のための合唱曲
熱望して/死へ
第2ハンガリー王国国歌
イシュトヴァーン王〜歌劇の合唱曲
ハンガリー・カンタータ
サビナ・シュネーレル(S)、
メルセデス・ハイム(C.A)、
バマ・コヴァーチ、
シャーンドル・ケチケーシュ(T)、
ヤーノシュ・ファートライ、
ラースロー・イェクル(Br)、
デメテル・ピンテール(Bs)、
ベーラ・バルトーク男声cho、
ペーチ大学女声cho、
ムジカ・ノストラ女声cho、
イシュトヴァーン王歌劇cho、
MAV響、
タマーシュ・ラクネル、
アーコシュ・ショモジヴァーリ(指)
フェレンツ・エルケル(1810-1893)はリストと同時期のハンガリーの作曲家。本領はオペラですが、何と言ってもハンガリー国歌の作曲者として記憶されます。ここではハンガリーの合唱団が、主に彼の愛国的な作品をとりあげていますが、さすがの巧さと熱い思いが感動的。ハンガリー色濃厚な国歌も本当に名作と聴き惚れてしまいます。 (Ki)
HUNGAROTON
HCD-32574(1CD)
レンドヴァイ:天国〜ヨハネの黙示録より(2004)
レクイエム(2003)*
ラースロー・イェクル(Bs)、
イングリート・ケルテシ(S)、
ラースロー・ティハニ(指)、
ラースロー・コヴァー(指)*
MR響、同cho
カミルロー・レンドヴァイ(1928-)はフランツ・リスト音楽院名誉教授を務める長老作曲家。主にオペラで知られますが、宗教曲も胸に迫るもののある逸品です。
HUNGAROTON
HCD-32484(1CD)
ティハニ:空想旅行
エンバンクメント埠頭からの帰り道
夜の節々/海王星通過
衛星トリトン/アティス
マーラーの不思議な角笛
アンサンブル・インターモデュレーション
ジグモンド・サットマリー(Org)、
ガーボル・エックハルト(P)、
ジェルジ・ラカトシュ(Fg)、
ペーテル・ショモジ(Vn)、
アンドレア・メラート(Ms)、
ゾルターン・メジェシ(T)
ラースロー・ティハニ(1956)は、ハンガリーの中堅作曲家。このアルバムは聴き手を約1時間の空想旅行に誘う好企画。ショルティ未亡人と散策したロンドンのエンバンクメント埠頭に始まり、ティハニ幼少期の悪夢の思い出から、宇宙に出て、ピアノ独奏による海王星と、ファゴットが主役の衛星トリトンを巡った後、時空を超えて古代ギリシャのアティスに会い、さらに20世紀初頭でマーラーにも会います。ここでは、詩集「子供の不思議な角笛」になかでマーラーが作曲しなかった詩に附曲するという興味深い試みを行っています。 (Ki)
HUNGAROTON
HCD-32619(1CD)
ジグモンド・サットマリー:ヤヌシュ
管弦楽のための3つの小品/談話
弔辞/振動
イーディコー・チェルナ(S)、
エッケハルト・アベレ(Br)、
アニコー・カタリナ・サットマリー(Vn)、
フランク・サットマリー=フィリピッチュ(Tb)、
ジグモンド・サットマリー(Org、指揮)
MR響、同cho
今日最も優れたオルガン奏者のひとりジグモンド・サットマリー(1939-)は、即興演奏の名手という点からもわかる通り、ひとかどの作曲家でもあります。当アルバムは彼のオーケストラ曲をあつめた本格的な作品集。独唱、合唱も含む大編成の大曲に彼の構成力が発揮されています。サットマリー自身、作曲家のほか指揮者、オルガン奏者としても参加しています。 (Ki)

DACAPO
MAR-8.226553(1CD)
ペーター・ブルーン:海の手紙
アンサンブルの為の「海の手紙」<夜更けゆくとき/海が他の海に溺れる/穏やかなれ/天の避難所>
メゾ・ソプラノとアンサンブルの為の「全ての生きとし生ける物とともに鳴らす銀の鐘」<あなたの歌を通じて/わが家を失くしたクラリネット/全ての生きとし生ける物とともに鳴らす銀のピアノ/悲しみに沈んだギター/コントラバスは今飛び立つ/今、雨の歌>
アコーディオンとアンサンブルの為の「反射する波」
フローデ・アンデルセン(アコーディオン)
ヘレーネ・ギェリス(Ms)
エスビェア・アンサンブル
ペッテル・スンドクヴィスト(指)
ブルーン(1968-)の音楽は一言では語り尽くせないほどの多様性を秘めています。彼は1989年に作曲の勉強を始め、同時に大学では哲学を学びました。1991年から1997年にはデンマーク王立音楽大学で、ノアゴーとラスムッセンからも教えを受けています。声楽作品と、アンサンブルの為の作品を得意としていて、このアルバムには彼の真骨頂とも言える曲が収録されています。アンサンブルの指揮は、NAXOSでもおなじみのスンドクヴィスト。どの曲も一度聴いたら忘れられないほどの強い印象を残しますが、中でもメゾ・ソプラノとアンサンブルの為の「全ての生きとし〜」のロルカの詩を元にした歌曲集は、その強烈な音色と言葉遊びがユニークです。

QUERSTAND
VKJK-1103(1CD)
アウフタクト
エデンロート:チリ・コン・カルネ
ガストルディ:美しい男
 愛しき乙女たち
メンデルスゾーン:船路
ジルヒャー:サンクトゥス
パレストリーナ:おお、慈悲深きイエスよ
マウエルスベルガー:主よ,知らしめ給え
グリュック:すずしき谷間に
フンパーディンク:宗教的な夕べの歌
レーガー:夜の歌
ブラームス:森の夜/民謡:黒い鳥
民謡:グリーンスリーヴス
エリントン:クリオール・ラヴ・コール*
ヘイマン:友よ、良き友よ*
ハモンド&ヘーゼルウッド:アイム・ア・トレイン/他,全20曲
オクタヴィアンス(男声声楽アンサンブル)
(*印のみ)ヘルマン・ヴェルナー(P)*

録音:2010年11月、イェーナ
2006年イェーナ・フィル少年合唱団OBで結成された若手男声アンサンブル、オクタヴィアンス。ルネサンスから民謡、ジャズまで2曲を除きア・カペラで歌います。
QUERSTAND
VKJK-1004(1CD)
シューマン、シューベルト、ツェルター歌曲集
ツェルター:テューレの王
シューベルト:漁夫D.225
 最初の喪失D.226/海の静けさD.216
 テューレの王D.367/魔王D.328
 人間の限界D.716
 月に寄せて(5-7曲目はツェルター作)
 歌劇「ヴィラ・ベッラのクラウディーネ」D.239〜「恋は至るところに」
ツェルター:さすらい人の夜の歌(2曲)
シューベルト:さすらい人の夜の歌D.768,D.224
シューマン:ベルシャザールOp.57
 憎みあう兄弟Op.49-2/手袋Op.87
 リーダークライスOp.39(全曲)
ゴットホルト・シュヴァルツ(Br)
ミハエル・シェーンハイト(Pf)
録音:2010年4〜10月、ケルン
ツヴィッカウ生まれのバス・バリトンのゴットホルト・シュヴァルツは指揮者としても活躍しています。このアルバムでは、シューマンのリーダークライスをメインに凝った選曲となっています。

Ictus
IMP-1111(1CD)
シクステン:合唱作品集
マニフィカト/アヴェ・マリス・ステラ
ユビラーテ・デオ/タントゥム・エルゴ
手を叩こう/ソロモンの雅歌
いと高きところにホサナ
アニュス・デイ/詩篇98番
レット・ゼア・ビー
アンデシュ・エビ(指)
ミカエリ室内cho
フリダ・ヤンソン(S)、
パトリック・サンディン(Br)、
ヘンリク・アリンデル(Org)、
ヨアキム・アグナス(Tp)、
ミカエル・ニルソン(Tp&打楽器)、
アクセル・シェーステッド(Tp)、
ミカエル・オアスカーソン(Tb)、
アーケ・レンネルホルム(Tb)、
ミカエル・ウェリン・ヴェスベリ(バスTb )、
クリステル・パルム(Tub)、
マルティン・ラーション(打楽器)、
マルティン・ヴェランデル(打楽器)

録音:2010年9月3日−5日
1970年に合唱指揮者アンデシュ・エビにより結成されたスウェーデンを代表する合唱団の1つ、ミカエリ室内合唱団が歌う、スウェーデン気鋭の作曲家フレデリク・シクステン(1962−)の合唱作品集。金管楽器やオルガンが鳴り響くシクステンの合唱作品は、作風は違えどもジョン・ラッターを彷彿とさせる。ミカエル室内合唱団の歌唱力も抜群。

Bluebell
ABCD-114(3CD)
ユッシ・ビョルリンク・アット・グレーナ・ルンド
ボロディン:ウラディミールのカヴァティーナ
トスティ:理想
ヌードクヴィスト:ティル・ハヴス
ヴォルフ:隠棲
リスト:それはすばらしいことに違いない
R・シュトラウス:セレナード、
 たそがれの愛、ツェツィーリエ
プッチーニ:だれも寝てはならぬ、他
ユッシ・ビョルリンク(T)、
ベルティル・ボクステット(P)、
ヘリ・エバート(P)

録音:1950年−1960年
ビョルリンクがスウェーデン、ストックホルムのアミューズメント・パーク、グレーナ・ルンドのステージで歌ったライヴ・レコーディング集。
Bluebell
ABCD-092(1CD)
ユッシ・ビョルリンク〜映画とラジオのための録音
映画「成功にむかって」より
映画「ジョン・エリクソン、ハンプトン・ロードの勝利者」より
映画「君への旅」より/他
ユッシ・ビョルリンク(T)、
スウェーデン映画産業O、他

録音:1937年−1960年
ユッシ・ビョルリンクの映画出演作からのサウンドトラック集。

Regis
RRC-1372(1CD)
ヴェルディ:レクイエム アルトゥーロ・トスカニーニ(指)
NBC響、
ヘルヴァ・ネッリ(S)
フェドーラ・バルビエーリ(Ms)
ジュゼッペ・ディ・ステファノ(T)
チェーザレ・シエピ(Bs)
Regis
RRC-1374(1CD)
イギリスのソプラノたち〜戦前に活躍したソプラノ歌手 マギー・テイト、イゾベル・ベイリー、
マーガレット・シェリダン、
エヴァ・ターナー、メアリー・ガーデン、
Elsie Suddaby、Miriam Licette、
Dora Labette、他
Regis
RRC-1375(1CD)
ヘンデル:アリア集、イギリス民謡集 リチャード・ルイス(T)

DUX
DUX-0690(1CD)
ヴワディスワフ・ジェレンスキ(1837-1921):歌曲集
夜のスキー Op.19
真夏の夜の夢 Op.23-1
贈り物 Op.26-2他(全19曲)
ウルシュラ・クリゲル(Ms)
アンジェイ・ミシンスキ(指)
ワルシャワ・ソロイスツ・コンチェルト・アヴェンナ

DUX
DUX-0807(1CD)
フェリクス・ノヴォヴィエイスキ(1877-1946):楽園にて(オルガン独奏の為の詩曲)Op.61*
ピエール=マリ・デルフィユ(1934-):十字架上のキリストの最後の七つの言葉による観想+
不詳:祝福(ザイツェフによるロシア第6旋法)#
セバスティアン・アダムチク(Org)*
ピエール=マリ・デルフィユ(観想)+
ワルシャワ・エルサレム修道会修道士&修道女#

録音:2010年8月、ワルシャワ、エルサレムの神の御母教会

ポーランドの作曲家ノヴォヴィエイスキの代表作の一つである「楽園にて」の前後と楽章間に、エルサレム修道会(1975-)の創設者デルフィユ神父の観想(Meditation)が説かれるという構成のアルバム。
DUX
DUX-0820(1CD)
ピオトル・モス(1949-):瞑想と詩篇(合唱と管弦楽の為の;2001)*
旅(2台のハープと管弦楽の為の協奏曲;2000)+
カスパー・ダヴィト・フィッシャーの5つの絵画(管弦楽の為の;2007)#
グラジナ・ストシェシェフスカ、アンナ・シコジャク=オレク(Hp)+
ポーランド放送クラクフcho*
アルトゥル・センジェラシュ(合唱指揮*)
ミハウ・クラウザ(指)ポーランド国立RSO

録音:2010年5月28日*、2009年3月4日+、2009年3月27日#、 カトヴィツェ文化センター(ポーランド)、グジェゴシュ・フィテルベルク・ホール、ライヴ
モスはグラジナ・バツェヴィチ、クシシュトフ・ペンデレツキ、ナディア・ブーランジェらに師事し、1981年パリに移住、1984年にフランス市民権を取得したたポーランド作曲家。

ALTO
ALC-1148(1CD)
英国民謡集
The Three Ravens / The Cuckoo
How should I your true love know(「ハムレット」のオフィーリアの歌)
Sweet Nightingale / I will give my love an apple / The Oak and the Ash
King Henry / Coventry Carol / Barbara Allen
Heigh ho, the wind and the rain(「十二夜」)/ Waly, Waly
Down in yon forest / Matthew, Mark, Luke and John
The Tailor and the Mouse / Greensleeves / The Wraggle Taggle Gypsies
Lord Rendall / Sweet Jane / The Frog and the Mouse
The Seeds of Love / Flowers in the Valley / Near London Town
O who's going to shoe your pretty little foot
Blow away the morning dew / Searching for Lambs / Sweet England
Dabbling in the Dew / Strawberry Fair / Just as the tide was flowing
アルフレッド・デラー(C.T)
デスモンド・デュプレ(Lute、G)

録音:1950-1960年代 原盤、前出:Vanguard Classics
ヴァンガードのオリジナル・マスター・テープからのリマスター盤。


このページのトップへ


このサイト内の湧々堂オリジナル・コメントは、営利・非営利の目的の有無に関わらず、
これを複写・複製・転載・改変・引用等、一切の二次使用を固く禁じます
万一、これと類似するものを他でお見かけになりましたら、メール
でお知らせ頂ければ幸いです。




Copyright (C) 2004 WAKUWAKUDO All Rights Reserved.